合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

神父とアコ 最終回 「神父とアコ」


タグ:
185 : ◆t6jWidPmo6[] 投稿日:2012/06/03(日) 22:07:42 ID:jnxZ5cjY

           〟――- 、
          /       \
         /       _,ノ  ーヽ
         !       (●) (●)
         !.           '   }
        !         ─_- ノ
::::::::::::::::::::::::xヘ.ヽ.       /
::::::::::::::::::/、  \ `'ー─‐,, '
::::::::::::/ /\   \ `Yh\
.  / /     \   \ハ辷」
∠ィ⌒ヽ.       \  /万]>、
′     \       ∨ゞミ|,ハ}
...:::::::::::ト、   ヽ       ノ |/V
  . ::::::い   |      {. |/{
   :::::ヽ.  | ト、    } |/ハ
.   '   :::::\ | 川     {  |く〈
      ::::|.Y ノノ     i  | | \
   ,   :|ノY´     j  | |  )

最終話:神父とアコ







[ 2012/06/24 23:08 ] 神父とアコ | TB(-) | CM(0)

斑木やる夫の平穏な日常 第十八話 「続・焼きたて ジャ(神)ぱん   ~あるいは斑木ふらんの日常~ 」


タグ:
595 : ◆jingaiPNcg[sage] 投稿日:2012/06/18(月) 23:03:06 ID:KsVyKWbQ



                 ルート
    ~ 昼休み ・ 3年 √組 ~




            ‐ - - - 、
       , ′,      `ヽ
   ,'i ̄ i/ /, ´   :;;;   、ヽ       ♪
  i l  l  ,   ,-‐==-、_  ゜、!     ♪
  l i   l/   /        ゜ヾ ヽト,'`i‐、
  V_ ハ'l ,´        +!  ト' l |
    ‐',l l ト‐- 、      メ i  ト' ; l
   ,′v !_ _= 、,   ,_-≠- l ハ_/ /
   ∥l  トて心   ィ=- 、 リ|‐- '
  ∥l   l        ゞテノ ,  l
----┤|l ト 、   ,     /  l
|   l   ト 、 ‐ __ ‐ ÷ ノ リ l     ごっはん~、ごっはん~♪ 今日のおべんとは何かしら~♪
|  ´´l  |゜, ゝ  _  イィ l /
ノ ,´ l  l ゝ_ / /lゞ゜' リl`ト、
 ,,   l  ト'〈‐,ハ、/ l ヽ /l  ! l
 ^゜ /l   リ ,′l ゜、 l ヾl ノ l
/,>.-l l  lリ o 仆゜  l l l / ξ             _______________
r'   ノ | | /。/人ヽ  k'l k´ イ .            /_廴爻、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:i}
l  /  l l l i Uノ.  l l l゛゛  l .          /廴rd廴廴} :::::::::::::.ー ‐ 、ーァテ ノ〉:::::/::::: i}
l /   l l.j ゚,'_ノ゜′  !l l   l .        /:::::::::::ノ r‐爻{ ::::::::::: `ミ、 ,,f´ 彡::/::::::::::::i}
l /   l レ 十  , ィ ´1ll> =_ r゜,      /__∠__{!_______`(_ ノ:'´_/::::::::: ,。o'i}
レ 、   l l{ {   / i yl,'   /.      i{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i{::::::::::;o'’/i}
>、   ll {o}__- i   l ||、  /       i{`゜~゚‘`∵':・*+∴:.o。:.;。,_::::::::::::::: i{,。o'’::/:::: i}
゜` ヾ=‐ リ-t- -‐′  | llゞ /        i{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `゜~゚‘`∵i{::::::/ :::::::: i}
       ̄ ^  ヽ  リ リ、 ノ         i{二二二二二二二二二二二二二二j{/ ::::::: ,。o'i}
      --‐‐′,丶L /V          i{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i{::::::::::;o'’/
              `   、   .      i{`゜~゚‘`∵':・*+∴:.o。:.;。,_::::::::::::::: i{,。o'’::/
             i 、   、        i{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `゜~゚‘`∵i{::::::/
                            i{二二二二二二二二二二二二二二j{/




[ 2012/06/24 22:50 ] 斑木やる夫の平穏な日常 | TB(-) | CM(2)

蒼星石は、悪役の正逆となるようです 第六章 『二人の印象』 その2


タグ:
693 : ◆Jw1fiTCtfA[] 投稿日:2012/06/17(日) 22:05:51 ID:iABEY4Fk0
       ・     .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;
   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
          : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:

。          +
            '    ‘  .       .    .              l|     .  .   。   .  ・        .    .     ホー、ホー
            .               。    .       。_;;;(;;);;__。
                  . . ゜ ゜       .        .    ヾ;;!;;!;;!;;!;!/         .
                                  .      i::::::::::!:::::::i
                                      .:;:''"'"'' ‐i:=;;;;;;i;=;:;;i                       _.,,,,,....:;;:''"
       .     ,  . . ゜         .  ,,....:;;:''"'''‐- ,..:''":::::::::::::::: `l;;;;;;;;;;;l;;l´‐-;;,_,,,..             _,,,,,,,....:;;:''"::::::::::::::::::::::
               .        ,,,,,....:''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::: !  :::::::::::""'' ‐-,,,,,,,,___ _...:;;:''"::::::::::::::::::::::::::::
               ,.,;:;:;:;:;'''"""::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: !::::::::::: !        ::::::::::::::::"'''‐- ,..,,,...,::::::::::::::::::::::::
       ,-----‐‐'''''''゙゙゙゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      !::::::::::: !           ::::::::::::::::::::::::::::::::'''‐-
         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          !;;i;;;;;;;:::!                 :::::::::::::::::::::""'' ‐-,,,,,,,,___ _
          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :          !:::::::::::::!:            +
             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::              ::!:::::::::::::!:           |:  。___+
               ::::::::::::::::::::::::::: 。 : 。 +            : :::!;;;;;;;;i;;;;!:_     。,=!=!,,_,,,,,,l;;;,,,,,!└└;;!;;;;!
                       i_,,,,,,,i_,,:i   。    。  。_i::!:::::::::::!:::i__,,,,,,_!;;;;; [l[l;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;!-!;;;;;;!;;;;;!_,,_。,
                 ____,,,_ ::! :::::!::::!;;;;;;;;:i------i---::i :i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;!
                _,.,.,_, i;;;;;;;l'":::::::::"'''''::::::::!::::::::::::::::!:::::::: !':!-i-!-!-!-i-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!;;;;;;l""""""

              。   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"""""""""":::::::::::::::"""::::"""""""""""""'::::::::::::::::::::::::::::::::::""":::::::::::




蒼星石は、悪役の正逆となるようです 第六章 『二人の印象』 その1


タグ:
601 : ◆Jw1fiTCtfA[sage] 投稿日:2012/06/09(土) 22:35:15 ID:InUwWxwo0

       第六章
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               『二人の印象』
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┌───────────────────────────────┐
│                                               │
│              __  , -―===--===‐- 、  __                │
│              く必}廴__     _,    _ .. ≧f必}ア三ニ=         │
│          -=ニ三竺勹    ̄ ̄    「   `ヽ ヽメ≧≒=-         │
│         ,イ必ナ /    ,,  / ;   |       、 Y^ヾ\         │
│        厶斗/  /   〃  l|  !   |    、   ', l  ヾ ヽ.        │
│            〃/  /     ||  l| i|  | ! |!  :   |¦   ヽ ヽ         │
│        〃/  / ! ! ヽ、l|  l| }i|  | |∥ ! i :  j  !    〉 }        │
│         〃/  ,′| | ¦`ヽ、 jjハ||  ! }i|| |¦i i :   ハ     /       │
│        {L{..__,′ { { {_j_j_L≧xl|{ j}、ji|| ||| | }l ,′ . / /        │
│.        `¬7メ、、 \ 云=弌 从メ≪卅ナナノノ从ハ   ∨/          │
│          ,′}ハ i  i l}{戈::::!:::}    ヽ≧≪j乂i| |ハ  / /         │
│          ,′ノノ }i  i 从   ̄       `~フノ| i| ¦  y /ハ          │
│         ,'/ / i  l/j l|ヽ、   _'_   `ナ| i| i  / / ハ          │
│         / / i| i  i¦l| j}>。、    ィァ| i| ¦ { { / ハ         │
│        //  __」..⊥ /¦l| `ヽ≒ `Y´ア≠ア¦ i| i _≧ニニミ、        │
│     /〃,'   ハ    `ヽ j| __ノ^ヽ`'~'゙^≠ヘ、j__j|_ノ´    / )メ        │
│     `≒=、 { ヽ、 _      ‐- 、,≧zく           -‐ f´}//∧        │
│        ,'\\    )  ̄ _ 二ニ=  {f必) }  =ニ二 ̄   / // ハ      │
│        ,′ ヽ ヽ   ̄ {    /^}゙¬{ヘ、`ヽ、  / ̄  // / ハ     │
│       ,′   ノノノ 、   ヽー<  イヽノヽ、 フ¬ー ′   {{_  ハ       │
│.       ′ //   >‐-、    ̄ヽ/ハr'´ ̄   ハ、_,.  彡≒、`ヽ/ ∧      │
│.    ,′//   / / ハ     Y_     / ハ´    =ヘ. 〉 } / ∧    │
│      //   /  / / ハ         `ヽ / / ハ      V /  / ハ     │
└───────────────────────────────┘

                 合ったり合わなかったり
                   共にあることとは
                   複雑な束縛のこと
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




蒼星石は、悪役の正逆となるようです 第五章 『無知のお知らせ』


タグ:
514 : ◆Jw1fiTCtfA[] 投稿日:2012/06/03(日) 22:05:19 ID:Flz2zns.0

      第五章
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 『無知のお知らせ』
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌──────────────────────────────────┐
│                          _                      │
│             .           /´ |   |lヽ.                  │
│                        //   |   || ハ                  │
│                           { {   └‐一'  i                 │
│             .          〈ハ           .                   │
│                        } }        ノ                  │
│                        //    > ´                   │
│                        //   /´                      │
│             .         〈/   /                         │
│                      //   /                         │
│                       //   /                           │
│             .         //   /                            │
│             .      .//   /                            │
│             .      //   /                            │
│             .      //   /                            │
│                  //   /                             │
│             .    //   /                              │
│                //   /                               │
│             .  //   /                                │
│              //,ニ、./                                 │
│             . { ! 、 ノ/                                  │
│                ー ′                                │
└──────────────────────────────────┘

                    一体何が敵なのか
                    歴史か人か常識か
                  それともその全てだろうか
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 小ネタ8


タグ:
718 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/06/11(月) 20:19:59 ID:0hwcZs5c0

小ネタ、その1。

今年の2月に、オペラ「沈黙」という作品が上演されたそうです。
ttp://www.nntt.jac.go.jp/opera/pdf/20000464.pdf

   |.〃  、         \ノれ:}zヾ_K´
  ノ'/ , -=z、ヽ    , -― ヽ、レ.:リ:.、`
  !/ i ,イ c}     、_     〉:.、 ヽ:.、
 〃Y ヾz_ノ     イi cYz /、ハ:.ゝ`ヾ!
彡i!八〃〃       ゞ=チ'`/ヾ' '´
≧三}ヘ     `    〃〃/'´ リヘ      ,.....<>'゙´
>'゙´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   , イ   ,'  ∨ ,...<>'゙´_,..'''"
          ':, \チト、   ,.....<>'゙´_,..'''"
 ,イヽ        ':, Y .}///><>'゙´,ヘ'"
}´! }ヘ `ー-、 ヾ`Y ', ハ ∨>'゙_,..、'''"彡'_,
ノハ {   ハ ∨}_ノ゛ `'゙, ,','´',', ゞ'  ̄ 八
`ヽ ノ r<>゙ー'ヘ`>''ヾj r<//,ハ      ':,
 ノ ヽ. `´j>' ゙´_ノ   ∨///ハ      ∧
 ヽ_ノ  /.:/  ハ      ∨///ハ _,..-'". !
_ 彡'.. /.:/   ヘ      ∨///,{´     ノ
    /.:/     {`ー==彡-<  ∨  彡'
   ヾ.::i     ハ    / rー-ヽ '´ ̄
..    `´      ` ̄`:{ ´二二}  ',

     【遠藤周作】


もっと早く気づけばよかった……
作品が作品だし、日本舞台の日本語オペラってのもなかなかないし。




現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 番外編6 「 「「である」ことと「する」こと」の読み方? 」


タグ:
618 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 21:21:37 ID:xZ2XY22k0

丸山はなあ
戦争に協力した知識人たちに「擬似インテリ」というレッテルを張ってインテリ層を安心させたり
戦時日本をファシズムに分類したりなのが


620 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 22:44:48 ID:aN20Suec0

乙です
丁度、大学のゼミで丸山真男をやったばっかりなので、何という俺徳
派手さはないけど、丸山のいう民主主義がやはり必要だと思う。昨今を鑑みるに
あと、>>597が全員でオワタ\(^o^)/やってるみたいでワロタ

>>617
「であることとすること」の話だとしたら、あれは権利の上で惰眠を貪る人間を揶揄した話だから、少し違うと思う
惰眠を貪る人間というのには、自発的に権利をどうこうしようという意思はなくて、他人任せでそれは違うんじゃね、って言いたい話かと


621 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/28(月) 18:06:37 ID:3oOPBmws0

>>611
「市民運動」「学生運動」の評価が難しいのは
現在言論界のトップにある人間がそういう運動に参加していたというのも大きいんじゃないでしょうか
本来ならもうそろそろ第三者による批判というフィルターを通すべき事柄だと思うんだけどなあ


622 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/28(月) 20:53:52 ID:k1UyN1QA0

あと現在も継続中な運動ってこともあって大局的な評価ができないってがありそう


623 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/28(月) 21:29:57 ID:5ctSvlaE0

当時の学生運動の関係者に話し聞きに行っても、話したがらない人が多いみたいね


624 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/28(月) 22:09:06 ID:LaDLYbyM0

「ガレキ乗せたトラックを阻止してやったぜ!」とか「前進」に載ったりしてるねぇ。


625 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/29(火) 23:28:12 ID:C9qfU3Sw0

>>621-623
産経が少し前に出した70年安保あたりのインタビュー本の題が
「総括せよ! さらば革命的世代」だったのがその辺の事情を
象徴しているような気がするな


626 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/06/06(水) 10:59:29 ID:yNaNSZxI0

20年ぐらい前に現役東大生が、東大紛争や学生運動の当事者・関係者に
インタビューするドキュメント本出してたな。
内容忘れたから、もう一度読みたいんだけど絶版なんだよなあ。


627 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/06/06(水) 20:54:57 ID:JFBvH7MU0
こんばんわ。

>>618
丸山批判は、右翼的なのもポツポツありましたけど、
重要なのはやはりこの人かなあ?

              _   -‐ … ‐-
.            ´           ` 丶
.        /                    ヽ
        /                      ‘,
.        ′                     l
       l            ノ  ̄ ヽ       !
      l  、_ ノ                 l
.       l               ,ィ=≠ミ        !
        l  ィ=≠ミ.        ゝ'ノ        l
.        l    ゝ'ノ  l                 l
       !       l             l
.       !        l             l
         l       ヽ            l           国家とは共同の幻想だよね。
.         l              、      l
         l     、 __ ___   イ       .!
.           l     ヽ _ _ ノ       / l
.           ヽ                    /   l
            ヽ                /    !_ _
.              ヽ        /  /   トー \> 、
             _`l ー -        /    !    .〉  > 、
          _ -=≦/|                 /      > 、
..   _ -=≦   /  ノ                /
  /         {
               【吉本隆明】


この人の権威批判と、久野収らの市民主義が化学反応して、
60年代後半期の学生運動やその後の市民運動へと展開していったイメージが強いです。


628 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/06/06(水) 20:59:01 ID:JFBvH7MU0
>>625
実は私がリアルで知り合いな人も、その本でインタビュー受けてますw

さて、>>620が「「である」ことと「する」こと」を話題に出してくれたので、ちょっとした番外編です。
今回は現代文や小論文が苦手な人必見……かもしれないと思いたい。


629 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/06/06(水) 20:59:30 ID:JFBvH7MU0

【番外編……「「である」ことと「する」こと」の読み方?】

           | ̄l\     .| ̄l\
      | ̄l`|  | | ̄ ̄ ̄ ̄|  |  \                                 キ~ンコ~ン
     TTTTT.|  | | (┘)   |  | TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTlヽ
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]\lヽ
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |   \l
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   |i-i-i-i-i、
    `l []l[]. |  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     |二二二]\
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     l二二二]  |
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[]. |  | l| ̄| ̄|ニl .|  | | 田田| ̄| ̄| 田田 田田 田田 田田 田田 l     l二二二]  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |] _|_| [二二二|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |/         |  |   ________
               |  |  |           |  | |どっかの高等学校|
               |  |  |____, _ _ |  |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |           |  |
 _______|_l/        .    .|_|__________________________




『【四コマ】やる実の! 夏休み編【まったり】』 まとめ


タグ: まとめ
             ―┼―┼┐
               |                          (__,,,, _,, - '""" '' ー 、
               |                           //i i        ヽ
               |                          / /,| |', i'、 ヽ ヽ   '、  ヽ
.              ―――┐                   ,'/, /.i.| '、i ヽ, ヽ、 ヽ,   ヽ ','、
.              ┌――┘                  .,',' |_|-'T'''丶、 ヽ弋ー 、 ', i  i ',
.              └―――┐                     i ! l!!| _,,,,,_ `  _,__`ヾi i i i, }
                   |                     | | l|i '" ̄ ` 、   ̄"''' il i .| | i|
             ┌┐  |                    | | ||⊂⊃、__,、____,⊂⊃,/i l| | ,' !
             └┴―┘                     ',i',!ヽ  ',r'  `,   ,_,"| ,'、 |/
                                    /~、`!. ` 、 ' 、_,,,ノ_,,,'/ /  ヽ
           ┌――┴――┐               / -ー- 、 i ` ー-ー '  //,.r'"   }
               ―┼―                  ,r!'、 丶、 〉!.!  r==〈   /'" _,,,__  i
               ―┼―                  'i 彡- 、 { ', /〉-i' `V/_,,,,、    i
             ――┼――                i/~ ̄` Vi  ` i;;;;;;|  /   `ヽ /
                   /\                {/    }   |;;;;;;;| /     iヘ、|
                 /   \               ,'   ,_..!.,__  .i;;;;;;;;|/     ノt'"
                                 |  ,@ ,,,,_ `'"@;;;;/    / ,'
       夏     ┌――┬――┐          /`i//   `\ >^ー  /  <
              |    |    |         / ̄ `-'  """   ソ/^` ー-、  /,,,__
       休     |    |    |.       , ' ,/|`ーマ      _`'_〉---,ーー ミ '"- 、 \
              └――┘    ┘.       ''"´ .i`ー-ニ'i    'ー--t  ./-ー"、 \ ` - 、
       み                       {- ニヲ     {三彡イ   ',  \  `丶, |
                     ┌┐              .i`'´        =',/ i   ',   ヽ   、!
       編         .||            _, -'ー-        -'、 |   ',   ヽ   /
                     ||           ( 、,__  _,, -''^> 、_    'i .!    ',    ' 、 /
                     └┘            \, ゝ/  ./   i` 、 | |.    ',     >
                     ┌┐             > /  /    | i /  |    ',   イ
                     └┘             でノ ` i 〈    | ,,!/   |   __>'"  ',



無事最終回を迎えました。