合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

スポンサーサイト


タグ:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    前の記事『【高校】STUDENTやらない夫【生活】 オマケ1 「マスター × STUDENT」』  
    次の記事『【高校】STUDENTやらない夫【生活】 最終話「CARNIVAL」』  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【高校】STUDENTやらない夫【生活】 裏話 「STUDENTやらない夫のできるまで」


タグ:
1 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/10/28(金) 00:23:16 ID:mv5sZoqM

             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |    ┌──────────────────────────────┐
            |  (__人__) |      |_|. T f⌒__ |_|  (二ヽ f⌒ |_| f⌒! f⌒! |    ┌‐、 .∧ ヽ/ (二ヽ
            |   ` ⌒´   |      |  | ⊥ヽ_,ノ| |  |  、_). ヽ.ノ |  | {_} {_} .|__  |___ノ /-ヘ、.|  、_)
            ヽ        }    └──────────────────────────────┘
          __,, -ヽ     ノ -、
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .                STUDENT : Yaranaio
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                              ※ 注意書き ※

                ・オリジナル作品になります
                ・ほのぼの作品を目指しています 目指しているだけかもしれません
                ・キャラクターは普通の人から変な人までいます
                ・タイトルが似ていますが、Nice boat な要素はありません

                ・前作【マスターやらない夫】の設定を引き継いでいます
                    前日談という位置づけですので、読んでいなくても大丈夫だと思います

                ・合いの手は自由にどうぞ

                ・こんな感じでよろしければお付き合いください

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      ― 前スレ ―

      1時間目    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14429/1307709519/
      2時間目    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14429/1309955535/
      3時間目    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14429/1312118001/
      4時間目    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14429/1317042007/

      ― まとめて頂いているサイト ―
   
      ぶらりとやる夫 様   ttp://buraritoyaruo.blog79.fc2.com/
      やる夫まとめも 様   ttp://blog.livedoor.jp/matomemo3/

      ― 雑談所 ―

      珈琲店KING CRIMSON 2店舗目
      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1316778363/


3 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/10/28(金) 00:27:23 ID:VjMWJR1w

スレたて&完結乙!


4 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/10/28(金) 00:29:47 ID:HlzHTMGU

スレ立て乙でございます&完結お疲れ様でした!


7 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/10/28(金) 01:29:10 ID:v4fMU29c

スレ立て乙です
そして本編完結乙です!長丁場お疲れ様でした


9 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/10/28(金) 02:29:47 ID:1cv8eh9I


楽しませていただきました!


 
    前の記事『【高校】STUDENTやらない夫【生活】 オマケ1 「マスター × STUDENT」』  
    次の記事『【高校】STUDENTやらない夫【生活】 最終話「CARNIVAL」』  

1000 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/10/28(金) 21:17:09 ID:XOf6KI/Q


>>1000なら、やらない夫×ハクさん


15 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/10/28(金) 21:30:34 ID:A16il6XM

        .-‐‐- ..
      ∠._  ,ィ:::::::.、ヽ    
      ,':::::::::i i::::::::::::i ∧          前スレ>>1000付近の皆さま、ご安心を
      i:::::/rっヽ::::::::::`.ム  
     (iっi  ¨ ノ::r‐、7^Y         番外編タイトルは「マスター×STUDENT」でございます
      .i 〈:.っ (:::::.、 | リ  
      } ,-=   ヽ::ノ | '|          常連客たちとクラスメイトが一堂に会しますよ
      i ⌒` r _ノ 弋     ____ 
       ヽ⌒´≦三ム  ` ̄`7´___,ィ=-.、 ヽ   .
        |.Ⅳム マ三ミヽ'"´,イ三:リ孑'⌒ヽ  ∨  
        / |イミ:ム マ≦彡≦三彡' {    i.  i  
      / 辷イ /,ィ三=彡 =〈 、圦厶 〈   |  
     / _,.ィミ7 ./三ミiリ    〉、ヽ∨介∧  |  
  _,.イ_,.-=7ir=/ /三三/   /i    ∨寸∧ '. 
,ィ´r≦√´/i:/ | ,i三三/  ィ´  |    ∨寸∧ ',



                                
                 ,.  ..::=::... 、       
                 /....::::::::::::〃   \     
              / ⌒):::::::::::| ! :   ヽ     どうやら>>1000さんは意表を突くのがお好きらしい
               , .:.....:::::::::::::::| :. ::.   i     
                l ::::::::::::::::::::::| :: j::::: |    え? それは何?
             」 :::::; -‐ミ::::ノノ∠...  L、   
              /ヘ ⌒<こ>:::. .:: <こ>,  うハ   ハクさんにも修羅場参戦させろってことかしら?
               {::〈 .::::r‐' 7.:: :::.  _):::.  〉.:}  
             ヽ::. 、::::::::::::〈_.:::; ヽ::::::: .::ノ   それともラブラブチュッチュなシーンを書けばいいのかしら?
              ゝ!::.ヽ::::::::/_J_   }::;  /`ヽ- 、
           /  ∧:::::.::::::::''ニニヽ }  ∧     
          _/   ///ヽ :.::::::::(⌒_ノ  イ ∧   
       ,.  ´     ////O 丶、:::::::  .イ O/∧__
    -‐'"´  ̄ __ /////////ヽ  ̄ ////////三三


17 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/10/28(金) 21:32:25 ID:k2dnFczE
>>15
そこでラッキースケベですよ!

一堂に会するのはうれしいし楽しみだ


21 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/10/28(金) 21:55:08 ID:A16il6XM


        .-‐‐- ..             質問にあった
      ∠._  ,ィ:::::::.、ヽ      
      ,':::::::::i i::::::::::::i ∧           ・各ヒロインのフラグや好感度等
      i:::::/rっヽ::::::::::`.ム          ・スパイクさんと最後に会話していた人物
     (iっi  ¨ ノ::r‐、7^Y         
      .i 〈:.っ (:::::.、 | リ          このあたりの質問は、裏話で解説いたします
      } ,-=   ヽ::ノ | '|         
      i ⌒` r _ノ 弋     ____   投下はもうちょっとお待ちください
       ヽ⌒´≦三ム  ` ̄`7´___,ィ=-.、 ヽ   .
        |.Ⅳム マ三ミヽ'"´,イ三:リ孑'⌒ヽ  ∨  
        / |イミ:ム マ≦彡≦三彡' {    i.  i  
      / 辷イ /,ィ三=彡 =〈 、圦厶 〈   |  
     / _,.ィミ7 ./三ミiリ    〉、ヽ∨介∧  |  
  _,.イ_,.-=7ir=/ /三三/   /i    ∨寸∧ '. 
,ィ´r≦√´/i:/ | ,i三三/  ィ´  |    ∨寸∧ ',


31 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/10/29(土) 00:39:50 ID:TIC4.vyc

たまたま閣下が仕事仲間のミクを連れてきて再会とかも中々ロマンチックな気が…するけど相手はミクさんだしなーw


32 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/10/29(土) 20:21:53 ID:Iqx0S/Cs

春香さんとミクって仕事で会ってたりしないのかな


38 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/10/30(日) 20:40:27 ID:iHPRd8wY

____
 ...:::::::::`:::::....、       
 `':::. :::::::::::::::::\
   ::::. :::::::::::::::::::::ヽ    
   ::::. ::::::::::::::::::::::::: .   
    :::. :::::::::::::::::::::::::ヘ     >>31-35
    ::::. ::::::::::::::::::::::::::'ハ    春香さんとミクさんは、同じ事務所です
     ::::. :::::::::::::::::::::::::| i     年齢的な設定を細かくはしていませんが
_    ::::. :::::::::::::::::::::: i│     だいたい7~10くらいは離れていますかね
' ̄`ヾ    _ヽ::_::::くヽ::::|│ 
廴__ノ    |:::i,ィ⌒ヾ、.:ノ.リ    まぁでもミクさんはあのとおりミクさんなので
`7ニ'フ   |:::|>-‐'::.... i′    仲良くフランクにやっておりますよ
:::::::::    ノ::∧⌒ヽ::::|│ 
:::::::   イ:::::::::::}:.、 /::::i│    ちなみに春香さんは、ミクさんがマスターの
::::    '´,:`ー':::::`:::::' ,!      同級生だとは知りません     まだ
       {::ハ:::::::::::/ / 
  -‐==ヌ:ェi::::://   
 、_,ィテ.:::::::::::::::/ , '     
:. ヽィ⌒ヽ::::::/ /      
:::.      ノ:::/ /
:::::::....  '´:ィ/



                 ,.  ..::=::... 、       
                 /....::::::::::::〃   \     
              / ⌒):::::::::::| ! :   ヽ   
               , .:.....:::::::::::::::| :. ::.   i         さて、ついでに予告です
                l ::::::::::::::::::::::| :: j::::: |  
             」 :::::; -‐ミ::::ノノ∠...  L、       STUDENTやらない夫 裏話
              /ヘ ⌒<こ>:::. .:: <こ>,  うハ 
               {::〈 .::::r‐' 7.:: :::.  _):::.  〉.:}      11月1日(火)   22:00より投下です
             ヽ::. 、::::::::::::〈_.:::; ヽ::::::: .::ノ 
              ゝ!::.ヽ::::::::/_J_   }::;  /`ヽ- 、    よろしくでーす
           /  ∧:::::.::::::::''ニニヽ }  ∧     
          _/   ///ヽ :.::::::::(⌒_ノ  イ ∧   
       ,.  ´     ////O 丶、:::::::  .イ O/∧__
    -‐'"´  ̄ __ /////////ヽ  ̄ ////////三三


46 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[] 投稿日:2011/10/31(月) 22:42:50 ID:YQq9usYo

完結乙でした!

こちらの最終回を見た後にNight Owlの19話を見直すとなかなか感慨深かったw


50 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 21:45:03 ID:HcskWePo


                 
       ,. _人人人人人人人人人人人人人人人_
     /....::::>   ゆっくりしていってね!!!   <
   / ⌒):::: ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
   ., .:.....:::::::::::::::| :. ::.   i         /  _ -‐ ‐- _
   .l ::::::::::::::::::::::| :: j::::: |      {! /`,  ̄二= \    まもなく投下時間です
   」 :::::; -‐ミ::::ノノ∠...  L、       ゞ≠イト、\ Y⌒Y⌒y               かしら~
  /ヘ ⌒<こ>:::. .:: <こ>,  うハ       / / /\\ \\ヵナノ','.   
  {::〈 .::::r‐' 7.:: :::.  _):::.  〉.:}       |  /   `ー-=<¨_ミ !:|   よろしくお願いします
  ヽ::. 、::::::::::::〈_.:::; ヽ::::::: .::ノ      !|i! ⌒      ⌒`Vリ}
   ゝ!::.ヽ::::::::/_J_   }::;  /      ∧川 `∩      ∩´ !从、
    ∧:::::.::::::::''ニニヽ }  ∧        {ミ{ `! ∪      ∪ iリミ}
     ヽ :.::::::::(⌒_ノ  イ         `メ.    ワ    _ノ
      丶、:::::::  .イ             ` ー----─
           ̄



                        ___
                     「 ̄´.:.:.:.:.:r‐≧、、
                   /:.:\:.:.:.:..://⌒ヽ/ニヽ
                   /:.:.〃:/ \:.:.〉ヽ {薔} v゙)
                  !:.://;/   `ヾ入、 //:i
                   !/'´,.--、   ,.--、ヽ、/:.:|    今日は52レスなので、まったり一分投下でいくわね
              .      ぃ          i:.:V
                   代 ⌒  ,  ⌒   }シ,
         ..::ー-、       ハ_'、_ ┌‐┐  ,rニ〈リ
         〃::::..  ',       ∨ ニ>.`__´_ ,.イ==/         スローペースです
        j:::::::::ji:... |       〉、ニ ソ〈介トヽ { ニ、/- 、
      (::::::`¨:j:¨´     ,/  }=〈 〈八〉´ 1__l/   ヽ
       ∧:::::-:::イ     l     テ l  :  ,l テ     |
    __rー'   ー‐' |  .    \ 、 , ノ>=< ヾ  〃 ノ
  / r弋ミNイ::}_{:.. ヽ       .|   {.  ∞   /  /´
 ,':.. /从 (::..... Yアミ  \    l    ! .∧  ,/  /

54 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 21:59:59 ID:HcskWePo

                     /7
                     {: {       ____
                     ヽキ f⌒ミx: : : : : : : : : : :` 、
                      >{: : : : : : : : : : : :_:_: : : : : \
                     ./: : :ゝ、: : : : : : : : ノ __`ー '.ィ=、ヽ
                    /: :.:./ \: : :、: :〈 〈  f:薔ト、/ ハ
                    i: : :/    \: :\\Уrー‐ヘУ:.!   それじゃあ、裏話 投下開始よ!
        .-‐‐- ..       {: :.i\   / \: :\`ヾ≧x_ソ: : :!
      ∠._  ,ィ:::::::.、ヽ      ヽ! 、    ィ=彡、: : : : : : : : : /   BGMを聞きながら、ゆっくりしていってね!
      ,':::::::::i i::::::::::::i ∧     ミイ沁     {゚:じ:::}´ヽ\-x: : : /
      i:::::/rっヽ:::::::::`.ム      八ソ    ー一'  j/_ /⌒i′,ィ   
     (iっi  ¨ ノ::r‐、7^Y    /ハxx  、    xx ,r/ト、ヽj  .ノ ´/
      .i 〈:.っ (:::::.、 | リ    {i ゝ.   < _フ  ,ヘ: j シ f ̄`ヾZ__
      } ,-=   ヽ::ノ | '|     ゙   r≧. ---t≦「 ̄ソ1 ノ-、  〉 /     探偵神宮司三郎 KIND OF BLUEより
      i ⌒` r _ノ 弋     _ _フ /⌒介、「ヽ._Y f‐、  / ̄)      「blue, over the blue(so what live ver.)」です
       ヽ⌒´≦三ム  ` ̄`7´___,ィ .l__./ 〈_/「! 〉¨{ ゝ.{__  ノ -へ
        |.Ⅳム マ三ミヽ'"´,イ三:リ   L〈  〈/| ー∠ i フ ` ー‐く 〉一’
        / |イミ:ム マ≦彡≦三彡' {  </  i .ゝ' 〃Lヾ'⌒ー' 7¨ ヽ
      / 辷イ /,ィ三=彡 =〈 、圦 /   .|  /  L ヘ   /  /

         【ttp://www.youtuberepeat.com/watch/?v=xGBrg72YsX4&feature=related

55 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:00:59 ID:HcskWePo


                【裏話】 STUDENTやらない夫のできるまで

____        
 ...:::::::::`:::::....、   
 `':::. :::::::::::::::::\  
   ::::. :::::::::::::::::::::ヽ                                      /⌒
   ::::. ::::::::::::::::::::::::: .    ―――――――注意書き―――――――       {!      _ ____
    :::. :::::::::::::::::::::::::ヘ                                    ,ヘ -‐<   r-く ̄Yヽ√V⌒ヽ,
    ::::. ::::::::::::::::::::::::::'ハ           このお話は                 { ヽ \\」、  ,r-‐仆一ヘ, く_
     ::::. :::::::::::::::::::::::::| i                                 /入 \  { -厂 ,ィァ:示ミく冫」__
_    ::::. :::::::::::::::::::::: i│     【高校】STUDENTやらない夫【生活】        .///  \  、 辷厂_{i{Yδ}lリ} !:::::く
' ̄`ヾ    _ヽ::_::::くヽ::::|│                                ///      \ し'{._}::::::込ゞ≠くノ:::<|
廴__ノ    |:::i,ィ⌒ヾ、.:ノ.リ     の舞台裏・ネタバレが含まれています     i/,'         \  ̄):::;イ:ト≠彡'\:::( !
`7ニ'フ   |:::|>-‐'::.... i′                              ||         >∨ l!::;ゝー≠イ V|
:::::::::    ノ::∧⌒ヽ::::|│                                ヽ!  ‐-、     '´   \|/  `¨´__ 、,'
:::::::   イ:::::::::::}:.、 /::::i│    未読の方は、そっとブラウザを閉じて      l!         ≠示ミ__`¨ヾミ/ ̄ヾ/
::::    '´,:`ー':::::`:::::' ,!                                 | ≠示ミ __ 〃 {:::し} ヽ   rヲ }
       {::ハ:::::::::::/ /      先に作品を読むことをオススメします       メ ̄{:::し}Y⌒{{  Vツ  /  , ー=く
  -‐==ヌ:ェi::::://                                 + 〈| Vツ }   ゞ===≠7 ≠   ミ}
 、_,ィテ.:::::::::::::::/ , '                                    ,ゞ==="`      / /イ{  ==≦、
:. ヽィ⌒ヽ::::::/ /      ―――――――――――――――――――   / ミ>_.. _ ー  ___{  {_,.Lゝ== ミ}
:::.      ノ:::/ /                                     >={ /:∧:≧ーァ{__,...` }_}){   ミ<
:::::::....  '´:ィ/                                    /  ミ} !::l__>仆={__,..  /_ )、 ̄`>彳

56 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:01:59 ID:HcskWePo

■始めるにあたって

        .-‐‐- ..
      ∠._  ,ィ:::::::.、ヽ
      ,':::::::::i i::::::::::::i ∧
      i:::::/rっヽ::::::::::`.ム
     (iっi  ¨ ノ::r‐、7^Y
      .i 〈:.っ (:::::.、 | リ
      } ,-=   ヽ::ノ | '|                " マスター " の第21話を投下し終わったくらいで
      i ⌒` r _ノ 弋     ____
       ヽ⌒´≦三ム  ` ̄`7´___,ィ=-.、 ヽ     この続編を思いつきました
        |.Ⅳム マ三ミヽ'"´,イ三:リ孑'⌒ヽ  ∨
        / |イミ:ム マ≦彡≦三彡' {    i.  i
      / 辷イ /,ィ三=彡 =〈 、圦厶 〈   |
     / _,.ィミ7 ./三ミiリ    〉、ヽ∨介∧  |
  _,.イ_,.-=7ir=/ /三三/   /i    ∨寸∧ '.
,ィ´r≦√´/i:/ | ,i三三/  ィ´  |    ∨寸∧ ',


前作、マスターやらない夫の前日譚としてスタートしたお話ですが
白状すると、筋書きとか本っっっっ気で何も考えてませんでした

元々こうする予定だったとかではありません

マスターが終わりそうな頃、次は何を書こうか、と考えて
「学園モノとかかなぁ……あ、マスターの高校時代……」
くらいの発想で構想を考えはじめました

ある意味でラストは決まっているので、どうとでもなるんじゃなかろうか
という思いと、縛らないで書いたらどんな感じかなぁという思いがハイブリッドして、
このお話が生まれたのです

初期のお話は作風とか何か定まってない感じがするのは
こうしていきあたりばったりに作り始めたからなのです


57 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:03:00 ID:HcskWePo

■作る上で考えたこと

     / / 、_ _   〕 | /{/i ィzjハ ̄フ',
     / , / ヽ ` ー- { く:::::::} Y厶ソ }ヾ´ l|
     /!   /   丶 _ \ ヽ/ヾ二ヱイ、::::\
    ,' |  /         _Y \    / ヽ/
    |! l l/  \     '´二´ゝく 「 丁,-、_」ソ
    l V /  ̄ ヾ.   / , ィ::T:::ヽY  ̄  l /
     /r'、{ __, l  l   ゞじノ }/⌒Y /
      { |.ヘr┐ ̄ r}ー‐{j   ̄ ̄ / j´ リイ
     /イ/ / ー一' 〈、 ` ー一〃, --イヽ       主に " マスター " でやらなかった事をやる、というのが
    li/∠__  、 __ ,   ィ|{::::::::::::::::ノ
 /}__/  _ー、┘ __ ィヘ Vム}三≧彳        前提としてあったかしら
イ l/'┐  r__>、」::| lー} |ーl {__} |:::::::::::::::〉― 、
ヽ\ |ーイ {:::::::}ヽ二ノ!0ト--'≧三彡'   \
ーtヽ.\ 辷」三イ/  | / j | 「:::::::::::;〉
 └t.ヽ.\ 廴ソ   j_|0 {.」 〔::::::::::ソ
/ └t ヽ.\_ 了 /   / ゞ=' ̄
   / └t.ヽ/\ / 0 /   |
  _ - '  / r―r‐r―┐ ̄ \  -―
´       / |   }ー}  |    \ --- 、 /
__ - '´ /   ̄    ̄     / |      Y
      }            イ  }      |


ともかく、前作はいわゆる一話完結、登場人物はほぼ一対一の会話だったので
「STUDENT」では、複数人物の掛け合いを念頭に置いて作りました

メインキャラを男女6人づつにしたのは、これくらいならキャラが埋もれることなく
お話を作れるんじゃないだろうか、という考えです

流れとしては、あくまでもこの12人がメインのお話にすること
その他のサブキャラクターはオマケでフォローしよう、と考えました

考えたのはそのくらいで、後は書いていくままに、という感じでした

なので、「クラスのお話の後は、女性キャラ一人に焦点を当てる」という構成も
書いていくうちにこうするか、と決めたものです

なので、第1話~第3話のお話はその法則に従っていなかったり


58 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:04:00 ID:HcskWePo

■キャスティングに関して

    __   _____   ______
  ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
  'r ´          ヽ、ン、    まえにでたキャラがつかえなかったのは
  ,'==─-      -─==', i 
  i イ iゝ、イ人レ/_ルヽイ i |    たいへんだったよ!
  レリイi (ヒ_]     ヒ_ン ).| .|、i .||
   !Y!""  ,___,   "" 「 !ノ i |    >>1さんはひきだしがすくないよ!
   L.',.   ヽ _ン    L」 ノ| .|
   | ||ヽ、       ,イ| ||イ| /
   レ ル` ー--─ ´ルレ レ´


キャスティングに関しては、「メインキャラは同作品から出さない」という
前作からも共通した繋がりです 

同作品キャラの関係、というものを意識してしまうと、自由度が損なわれると
思ってしまうタイプですので、そういう縛りを自分で決めていたりします

垣根を越えてキャラクターが会話するのは、コラボの醍醐味だと思いますし
やる夫系作品の醍醐味じゃないかなぁ、と勝手に考えています

変な視点や別の方向性から共通点を持たせているのが、メインキャラの
家族構成ですね  考えるのはすごく楽しかったです

サブキャラクターは、かなり数が多くなってしまったので
その縛りからは外れています
こなたと、ななこ先生がメインとサブのいい例でしょうか


59 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:05:01 ID:HcskWePo

■キャラクター解説  やらない夫

                 / ̄ ̄\
               / _ノ    .\    
               | ( ●) (●) |.   
              . |   (__人__)  |  _,__,       やらない夫のAAは大量すぎるので
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l      最初に選抜しておかないと
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,    選ぶだけで苦労するよな……
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i   という理由もあったりします
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|


前作に引き続き、主人公
口調がくだけてはいますが、ほぼ変わらないイメージです

AA数も前作を踏襲し、5種類
表情差分を含めれば20種類は使っていますが、あまり変化の無い男です
普段からあまりブレない男、という意味も込めてあったり

彼だけは前作と変わらないので、書き手側としては非常に安心できる存在でした
そして安定のフラグメイカーでもありました
フェロモンでも放っているんじゃなかろうかこの男は

なお、やらない夫・圭一・太公望・藤木 の四人は、私の高校時代の友人がモデルに
なっています
一応私の立ち位置はやらない夫なんですが、こんなにチートな男じゃありません
モテてもいません


60 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:06:00 ID:HcskWePo

■キャラクター解説  前原圭一

:.:.:.:i:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:.:.!:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.: ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
:.:.:.l:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.l:.:.:.:.l:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ハ
:.:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.l:.:.:.:l:.:.::.l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
:.:.:.l:.:.:.l !:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:!i:.:.ハ:.:.:ハ:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     このAAの表情が、この物語の俺を
--:Ll_:l ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:l ';.:l .!/ _l /-l‐l‐:.:.:.:.:.l:.:.:.:.l
.:l:.:! ゝ!二≧ヽ\、:、__」キ仁二.lム l:/:.:.:.:.:.:.:ト.:.:.:!     全て表していると言っても過言じゃ
.:ヘK ト-イ::::;}`ヾ、ヾ 、:.:.!´ト-イ:::} } >l:.:.:.:.:.:.:.:.!ハ:.:i
\:ヘ. ゝ、二ノ     \!.弋.二ノ /:.:.:,ィ:.:.:./ l:./     ないんじゃねーかな!
、ヘ、ヘ ::::::::::::       ::::::::::::: /:.:./}l:.:./ l/ 
>ミヘヾ、     il        /:,イ/イ:/
: :l`ヘ `     `    l ,  /'´/-イ/l/
: :l  ヽ、   ヽ=====┼‐   , イ/l/: : `i 、
l: :l  ハ` 、  `ー--‐' ! , ィ i : l: : : : : : : ! :l`ヽ、
l: :l   !  ` 、   , ' / !: :! : : : : : : l: :!   ヽ
ヽ:ヽ、      ` ´    !  l: :!: : : : : : :l: :l   i


友人がモデルの人物 その1
明るく、よく喋る性格だったので、拡大解釈して配役は圭一となりました

安心と信頼のボケであり、物語の進行役、兼掻き回し役
多分、やらない夫と同じくらい喋ってる気がします

良くも悪くも目立ち、そのよく回る口は、美点でもあり欠点
ただ、人を本気で傷つけることだけは言わない
むしろ人一倍、仲間や友達を大切にする
そのようなキャラクターとして書いていました

前作の春香さんのように、放っておいても勝手に喋ってくれるので
非常に万能性の高いキャラでした

一人だけ勝ち組になったのは、これまで頑張ってくれたご褒美です


61 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:06:55 ID:nIubzDD.

なんだかんだ言ってK1一番おいしい立ち位置だったなw


62 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:07:00 ID:HcskWePo

■キャラクター解説  太公望

         /{
           / '|                  ,イ
            l                 //
         ′ |               __,ノ /l
       {   水Zr=='二⌒´込ミー- 、/   /' |
        ,√`ブ´                 \ {  !
      {仏イ  ´ /´ ̄\ニ二≧='⌒ヽ   `ー 1
       〈/ {ノ ト、{      \ \      ヽ. i    ジャンプ漫画で最も好きな主人公を上げるとしたら
      ,イ  ノ ̄| \       \ \    、 l l
     ノ厂フ'   l'   \       ヽ      j |    >>1の中でわしは上位らしい
    //! ' ノ !  、     i、        ∨ |
.   //ハ   i i |_\   │>、ノ\}  j\〉 |    そのくらいに気にいっとるそうな
   ,ノ'′ }! } }  !ノ  \  | 芹抔ミ | l/   l  l
      {i i j lVレィ'万ミ \,j   込ソ j/   リ V
        从N川ハi八し'ノ  ゛         /イ l/
        }乂廴≧=一    、        / レ′
          `ーヘ     、__ .... '  /ト匕!
             > .      /|川ブく
            〈`ー'^二 ー-'´-‐'´ ̄`八
            `7ー          ∠コ}
           __ノフ^ー      -‐'´   〈


友人がモデルの人物 その2
知識(ムダなものも含む)が豊富で、独特の語り口を持った性格から
太公望を配役しました
本人はジジイ口調じゃあないですけどね

四人の中では中立的立場で、空気を読んで行動する人物
基本的にはやらない夫寄りだが、場合によっては彼を陥れる
良くも悪くも読めない人物、という立ち位置が定着していきました

クラスの中では成績も頭脳もトップクラスなんですが、あまりそれを
生かす場は無かったかなぁ、とちょっと反省
その分、エピローグがとんでもないことになった気がしますが

簡略化AAが非常に使いやすく、本来の顔より使ってたような


63 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:08:00 ID:HcskWePo

■キャラクター解説  藤木源之助

       |    ,,-''"//彡彡彡彡彡彡ヽ、/
     /  ',__,,-"ミミl| l| //彡彡彡彡彡彡彡、
     ',  /ミミミミミミミl|/''"  /    彡彡彡'.
     \/ミミミミ''゙゙      /     彡彡彡',---、
      lミミ゙゙ ヽ、      |  _,,,==-  ミミミミ:',_________,---
   ,--- |彡    ` ---  、_,,=='_,,,--、,  ',ミミl_____
   /   l彡'.   __,,,,   :::::::/´匕ノ "   彡/-、 \    山口キャラは強烈な個性を持つがゆえに
       '彡.,==_,,,-、゙ヽ ::::::::'‐'':::::      ', l´ヽl
        ',:| /´匕丿'::::|  ::::        /;;ヽ| /      主役級で扱われることが少ない…
      / .',:: ゙‐‐'"   l、_/:::::       ./ > l |____
     .(   ',      l_ヽ  '       /  |丿 l       強化外骨格は良く見かけるのだが…
        〉、',       ゙-       /  l-''"----'
       ./ ヽヽ     ,-´ ̄ ̄`     /',::|\
       |   ヽ ',    ゙ ::::::::::::::     /  ',|  \____,
       |    `ヽ           /   |ヽ___,
        \    `ヽ、_   ,,,,:::::::::/     ',-、
               / ',` ‐‐‐        // `ヽ、
              ./  ',           //    `゙ヽ、
             (  ___',   `゙'''    .//       `ヽ、
                ∧ヽ     :::::::  //          ヽ_____
               / ', \       //               ̄ ̄


友人がモデルの人物 その3
真面目で品行方正・成績優秀という人物がモデルなので、武士的な方向性から
藤木くんを配役
本人はもうちょっとフランクです  でもリアルで握力60kgくらいありました

圭一とは対照的に、言葉少なだけれども、存在感がある
そこに居るだけで場が引き締まるような安定感を持つ
そんなキャラクターになっていきました

なにげにシリアスもギャグもこなせる逸材でしたね
むしろ高校生やっている姿こそがギャグとも言えるんですが

普段の会話に使えるAAが7個  メインの中では最小のAA数です
この数でも立派にレギュラーを張ってくれました
もっと藤木くんの出番が増えますように…

あと小ネタとして、藤木くんは物語中、一人称で喋っていません
第11話冒頭で「自分で買いに行く~」が微妙なとこですが


64 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:09:00 ID:HcskWePo

■キャラクター解説  エドワード・エルリック

                       ヽニ\/ ` ー- ,_
                      / : : : :l: : : : : : : : : ̄::`:ヽ
                     / : : : : : ,ヘ: :、: : : : : : : : : : ' ,
                      ノイ: : : : l.  l: :ト、: : : : : : : :l: :∧   どっかで使おうと思って
                      l: : : :い   ヽ::l _ゝ、', : : : : !: : ∧
                         l: : : :lY_  ヽY.仏ゝ!: : : : l: : : : !  結局使えなかったなこのAA…
                     l: :!: :V ヒ!     ニソ、: : : : ト,: : ヽ、
                     l: :l: : l ` ´./         !: : ィ lノ: : : : ::ヽ、
                     ∧::l : :l  ` '         l: :lシ´, --、_/ ヽ-'´ `-r- .ー-、
       /ヽ_,. - 、_  _ ,-、 __,.l::Y!::lヽ  =ー  _ ,.l: LYナ:: ::/:: :: /::// :: ::/:: `'´:: ̄` ー-,._ -‐ ヽ_
    _,. .:'´ :: :: :: ヽ:: :: :: ̄:: :: ´:: テ7 ::/リ !l: : ト、    l!:::::::::l::!:::/:: :: :: ::/:://:: :,.-/:: :: :: ::,.:'´:: :: :: :: :: ::, .,イ:: :: `ー 、
  /:: :: :: :: :: :: :: :ヽ::,. :: :: :: :: :: ::l ' ::〈 :: ∧: :イ!::ト -- ‐ナ!:::::::::リ:/:: :://フ/:: : /:: :: :: :: /:: :: :: :: :: :: :: :/::/:: :: :: :: :: :: ヽ、
.∠::_::_::_ :: :: :: :: :: l:: ::,:: :: :: :: ::l :: :: ヽ:ヽ::∨l::::ヽ, .〃::::::::::/::/:: :: ::,イ:: :::,イ´ :: :: :: ::/:: :: :: :: :: :: :: :::l::l:: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ
!:: /     ヽ :: :: :: :l: /:: :: :: :: :: :ヽ :: :: ヽ::∨:l::::::::,∨::::::::::// :: :: /::/ :: ::/:: :: :: :::/ :: :: / :: :: :: :: :: !_l :: :: :: :r――--t._ヽ、
V        l:: :: :ノ-く:: :: :: :: :: :ヽ, ∨:: ::T ゝ::l::::://:::::::/_::,:- T: ̄:: ::/:: :: ::l:: :: :: /:: _,. '´:: :: _ ,.: --‐┘ヽ:: :: /       ヽ`7
.l    〃  ,_, ヽ/   ` ー 、:: :: :: :ソ:: /:: у/:::::〉〉::::::::V :: `-4:: :: :: /:: :: :: l :: /::_/_ ;: -‐'´           ∨     , ,   ∨
l l  / l   イ |         .!_::_:: /::/ :: :/::::::://::::::::::::::l :: :: :: l:: :: /:: :: :: :: l:: :: :: 〉l´                   l ,イ  /     !
| l 〈.  !  / l /            `l::/ :::/::::::::://::::::_ ;_::,:-l :: :: :: ! :: :: :: :: :: :: ト:: :/:: !              l .ハ  !  l l l
.',.', ',. l  l. ヽ、!             /:: :/'´._ _,ソ´ニ'´-..‐.'´:::!:: :: :: !:: :: :: :: :: :: :l:: /:: :/                    l_ノ l   l / l  !
 弋.ィ.L./            /::/   //'´::::::::::::::::::::::::::::::∧ :: ::l:: :: :: :: :: :: ::l:: :: :/                  l  l / //
   `ー'             .//--‐.〈 l - 二ニ_- 、::::::::::::::::::l :: ::! :: :: :: :: :: :: l :: /                   ト-' !/´
                   /,イ_::,.::::::::_ム上_::::::::::::`ヽニ、、::::::::::l :: :: :: :: :: :: :: :: l::./                       `'´
                /::://-/7フ¨ニ三_ _`_ー- 、 _::::::::::::::::::l:: :: :: :: :: :: ヽ: :: V


普段は優等生だけど、ノリの良いキャラ
ない夫や太公望と頭のレベルで対等に会話できそうなタイプ
そんな枠として彼を配役しました

視点がない夫や三馬鹿中心なせいか、影に隠れがちでしたが
前に出たときは、どんな場面にでも対応できる非常に万能なキャラでした

そして良く考えたら、彼だけメイン回が無いことにいまさら気づく
(仗助は第2話がある意味メイン回と言えるので)
でも元から完成している感があるので、まぁいいかな、と思ったり

しかし、彼はない夫に続いて女運がいい気がしますね
妹たちもそうですが、エピローグでも後輩は二人女性にしちゃったし……
これがニーサンの力なのか……

まぁその分と言っては何ですが、彼の身長は伸びませんでした
等価交換、等価交換


65 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:10:00 ID:HcskWePo

■キャラクター解説  東方仗助

 _,,.oェェェェェェェェx,,,_
≦爻爻爻爻爻爻爻爻爻≧x。.__
r爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻> 、
)爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻ハヽ
_〕爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻乏〉ヾノ  \
 )爻爻爻爻爻爻爻爻厂` ノ ハ斗ヽ   }
 ハ爻爻爻爻爻ハ厂´   _,,厶彡⌒ヾヾ/
ヽ ⌒ヾ/´⌒´ //  _,,,≦ノノノ彡彡⌒ヾ::j
、`ー ___ 斗匕ノノ> ' }彡彡⌒ヾ∨      ジョジョで学生っつたら
 ` ー<三三三三>´_,z_ヘく彡彡⌒ヾ:/
  || 芹㍍:} : r==≦㌘´_Ⅵ }彡/Υ:/        何人か選択肢はあるけどよぉー
.   Vヽ`ー¨'r‐、: :゙弋て芍`'' し' /ハ/://ヽ
   }:  ̄ /ヽ \: : :`¨¨  _ ソ人彡'`ヾ      やっぱり普通に高校生やってたのは
   |  ヽ _,′   ̄ : =ニニ/ー‐'  ∨}_
   _j,  、__        ニ/::   /ニニ}       俺くらいだよなぁー
.≦::ハ └=ミ三ヲ     ニ/::  //_ヽミ}
/´:::::::::l `ー一    _ ヲ―<ニ/ {ニ)ノミ}
´ ̄`ヽl、)   _,o≦ ∨ニニニニ廴彡そ}
._/ /ヽヽ`¨¨´ ̄\    ∨ニ|>>ニニ}/∧
_  .{| .| | \ニ(ヽニニ\ .∧ニニ`¨¨¨´ニニ \


気は優しくて力持ち  でも成績はあんまりよろしくない
そして自分の進む道に悩んでいる
普通の高校生らしいキャラとして、彼を配役しました

まぁ悩んでいたのは第2話まででしたが

なんかスタンド出してたりしましたけど、あれはイメージです
ドラララとドラムロールを組み合わせた全く新しい表現方法は、個人的にお気に入り
割と破天荒な人物の多い中、極めて普通に反応したり、突っ込んだりしてくれる
稀有な人物でした

仗助が極めて普通という状況はなんか間違ってる気もしますがキニシナイ!


66 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:11:00 ID:HcskWePo

■キャラクター解説  長門有希

                     、_
                 `、ー―-=ミ:ー‐-
                   >: ‐-: : : : : : : : : `ヽ}ヽ
              -=≠ ´ : : : : : : : : : : : : : : : : : :j
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :〈ノ
               /: /: :/ : : : : / : : : : : : \: : : : : : ヽ
          ー=彡/ / : ,': : :/: :/: : {: : : : : : : ヽ: : l : : : ':.
             l:イ: : :|: : /: :j{: : : {: : : l: : : : :}: : |: : : : :}
             { | : : l: /⌒八: : ハ:- |: _ : : |: : |: : : : :{     いろんなキャラ付けがある私だけど
               N: : lf行心、ヽ:| _\l\` /: :.ハ : : 八
              乂:l小r:::リ }=Y´行心Y∨: :∧/ : ∧     可能な限り>>1の中では原作重視で
                   /イゝ!ー"ー'  ヽ r'::ソノ/ : /ノ: : /
           _r 、_ {ハ : \  。   ー"イ: :./: : 从{       書いているらしい
         rく ∨ ノ   '; :.j/ >、 _   < : /j/
         f^ヽ_}J {    r∨ァー x┤ ∠イ∧            原作を読んだのは何年も前だけど…
        {¨ヽ)/  }  // / ∠.__    ノ  `、
         ヽ   ハ // / /ー-、 \/    \__
         ∧ /( {/ / /ー―-、/       ><
         {:::j'::::::::∨ / ノ   ,/     / 二=ーヘ
           〈:::::::::::::::::l | {   /     / / -―‐::、\
         V ::::::::::::|l│ lf几/    / /_/:::::::::::::::::〉ハ
            ヘ::::::::::::ハ \| /___,/ /'"´:::::::::::::::::::: ノ// }
             ヽ:::::::::::}\{ノー―-/:::::::::::::::Y:::::::::::::ヽ{∨/
            \_::;;>ト'}ア¨丁::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::{∨


女子の配役を決めるに当たって、とりあえず文系の3人、体育会系3人と考え
まずは文系の一人なら、やっぱり文学少女だよな、と彼女の配役しました

当初は藤木くんと同じように、多く語らない無口系キャラだったのですが
その要素は薔薇水晶へと移動し、彼女は大人しいけど豊富な知識があり
それを活用した解説役となっていきました

しかし、物語の最初に自分のメイン回があったり、その性格上ガンガン表に
出てくるタイプでは無かったが為に、第14話で、自分から前に出てくるという
シーンを作ることが出来ました

眼鏡メイドの長門がつくる珈琲……アリだな!
とか、そういう理由じゃないんです              本当です

振り返ってみると、割と優遇されてる気がしないでもないですね、長門さん


67 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:12:00 ID:HcskWePo

■キャラクター解説  泉こなた

           l:|  __,, . . . . . . /: :.`、 __
            ,.-`'": : : : : : : : : /: : : : :.l: :‐-、二ニ=‐-
           ,.:.': : :, ': : : : : : : : : :/: .  |! `、: :`:ヽ.、
         /: : :.;.' ,: : : : : : :/: :/:./: : : : !:l、. . ヽ \  \
        ,.'  ..:/: :/: : : : : ;,厶、/:.イ: : : : :!:j ∨: :.i:. . ヽ   ヽ
.     ,' . : :/: :./: : : :/:/ :〃:/ !: : : : l::l ⌒v、:!: : : .゙、,  `、     あたしはこの作品じゃ
     i . : : /: :./: : : : : :./:.//;.′l: : : :.//   V: :!: : : :.゙:.丶、ヽ
      l: : : ;': : ;l: : : : : :./∠/ム l: : : /:' ≧、、∨:!: : i: : :i.  ヽ`、   ゲームオタク的な側面が大きかったから
     !: : :,: :/:l: : : : :ォ=ニ示了' l: : :/" 仗ホァ,!:l: : : !: : :!   ヾ:、
     l: : :!:/:::l: : : : /N !レ、 ィ| l: ; '′  !、川.ハj:: : :.l、: :.l       ある意味では>>1に一番似た思考
.     l: :.l/: ;イ: : :/l:::l  l { '}l ! '    l{ }/ i:、::::. : :| l: :.!
.      !:.i: :.| |: :/:::::l:::! ヾ-゛' /    , ``"・l::::i::: : :.! !:.!       なのかもしれないねー
       l.:|: : `!/|:::::::ヘ::!      ,_,_,      ,!:::;!: : :l  l/
      l:j: : : ':|::!: ::::::ヘl     (_ノ  _,. .::'゙:::: !l: :,'
        |: : : : |::l: : : :::ヘ「!丶 、,_. . .<:|:|:::::::::: : l l/
       |: : : ::l::i:!: : : : ::゙|     {ヽ`:、:::::!l::::::: : : l   ,.、     ,.-、
        !: : : ::!:j/l: : : : : ヘ_,,,,..`ニ、 \l!:: : : : i  / }  / / __
      l: : : ;rく\l、: : : : ヘ:、    l   |: : : : ,{   l /_,/_∠-',ニ-、'
        !: : :.{,ヘ`ヽ`、: : : :ヘ ヽ    !   !: : : :/|  i′    _,.-'",/
      l: : :./  \`ヽ: : : : ヘ. \   l  l: : : /、| 八    ,. -‐<


文系少女の一人で電脳(オタク)少女、として彼女を配役

日々楽しく過ごすことを信条とした彼女は、文系少女の中ではどちらかというと
活動的な部類に入ります
場を引っ掻き回したり、盛り上げたりと、女性版圭一的なポジションと考えていました
でも、お話の中ではどちらかというと場の空気を読んで行動する、立ち回りの上手い
やらない夫+太公望的なタイプだったかなぁ、と思いました

趣味は趣味として割り切っていたり、きちんと自分の将来や、進む道を決めていたりと
私の中ではリアリストとしての側面がありました
今を全力で生きる、というある種ミクと同じ考えを持った人物だったかな、と思います

そう考えると、全力を出したまま突っ走っているミクと、吉良吉影的な道を歩んだ彼女
相似形の二人が全く異なる道を選ぶことになったのですね

なんとなく感慨深いです


68 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:13:01 ID:HcskWePo

■キャラクター解説  薔薇水晶

                 /  /                            ヽ
              ′ .′   /                        
            イ       ′     __                  .  
            / i   i         \(⌒i}     i           i   .     
          /   |   |    i    i{  i \{{ Ν 1 | i        |  i 
.        丶  !   |    Τi/ト八 || }トJノノ斗vヒ人     }  !      …台詞と場面にあったAAを選ぶ時
           /     !    kr‐-ミ,ハ|| {{ ,>‐┴┴‐-ミ  j| ハ  '. 
.          /      \人  ,小. h_j゙刈人/乂{,__Y7⌒ミY } i从/ 八   .     …ピッタリのものが一番多かったのは
              .' .:ヽ,/ ハ  乂_ッ      ヽ 乂_r匀ハ ,ハ/|  V  : .   、 
                / .: : /V               \ ー少く   |i  {  : : .  \   …私らしいよ
            / .: : / / 八     〈      `⌒)) \,|{  {   : : : .   ヽ
              / .: : / / /. : ぃ、   、      `¨´   /八   、   :. : : .    …さすがローゼンキャラのAA量…だって
.             / .: : / /  ' . : 八 \       ´     r=ィ^了:.ヽ  \ : : : : . 
.           _,.  -‐‥・・‥‐<. : :Y⌒>、      . :___ ノノ ,レ' { : : : \  、: : : : .
.         <⌒ヽ         `マ⌒r‐ 辷_ ´: :/⌒ア´  ____,\ : : : : .  \: : : : .
            Lノ⌒'           \乂,____ `Vl  / /´ / /\: : : : .   \: : : .
.           )´ ̄〕             \〔 ̄\>‐‥・・ァ /   ヽ : : :.ヽ  ヽ: : .


文系少女の一人で芸術少女、として彼女を配役

前作で銀ちゃんをメインに使っているので、原作的には製作者別
じゃあ設定的には従姉妹でイケル、と思い彼女を選びました
「マスター」との繋がりを意識した配役の一人です

実は彼女、どんなキャラにするかほとんど決めていなかったのです
第9話で女の子皆を動かしてみて、ようやく方向性が見えてきたという難産なキャラでした
でもキャラが決まってからは、なごみ役や、芸術家らしいひらめき役のような形で
様々な場面に対応できるキャラクターになりました

最終的には、口数は少ないけど、独特な感性を持ってて、ちょいと天然という感じに
…よく考えたら女性版藤木くんなんじゃなかろうか、と今気づきました


69 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:14:01 ID:HcskWePo

■キャラクター解説  ヨーコ・リットナー

          __    /.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ ==
           >..`ヽ∠.:._::.:.:._::==‐: ̄:ヽ    ==7
         , ´.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.`ヽ:.__.:.:.:.:._.:.:==‐ ̄
       , <..:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.:.::.::.:.::.:.:/{:::::フヘ..:.:.:..::.:.:∧
      〃⌒ ー、=-.:.:.:.:.::.::.:/ミ-‐i_`ー' _ }:.:.:..::.:.:..∧
    /    __ノ:.:/i.:.:.::.::.:{    L ヾ::_フ.:.:.:.:.:.:.:..∧
   ∧__, '⌒ :.:.>‐=ヽ:.:.:.:.:.:', ̄`ヾ |i ̄.:.:.ヽ、_:_.:∧    AAの数と使いやすさは別のものだと
   ,':.イ:.:.:.:.:.::.::.:.{ ,-‐ ト:.:.:.:.iヽ}‐- 、 }ハ ヘ:.:.<:_.:.::..:ハ
   l:.i {:.:.:.:.:.::.::.:.:k弋心 \:.i 弋てメ |.:ヾ.:.:ー-‐イ ̄.::.:}    私から学んだって
    | ヽ:.:.:.:.:.::.::.ヾ辷リ  ヘ} 廴_ソ .|.:|ヽ:..::.::.:.:.:..:.:.:.::.:.|
      \iー-Zー          i.:レ'.:.:.::.:.:.:..:.:.:.:.::.:/    …大変だった分、愛着もわいたらしいけど
        ` |.:.:、           イ.:|:.:.:.:.::.:.:.:..:.:.:.:.:/
        ,‐7:.:示    O    / |.:.i-、.::.:.:.:..:.:.:.:/ 
       | i.:.:.:.| rr´ ̄ 「i ̄ } } |.:.:.i L:..:.:..:.:.:.:/
      」 i.:.:.:.| 〉〉   | |   〈〈 |.:.:.i 〈.:...:.:..:.:/  
     _{  {.:.:..:.|/{     { }   ヾ |.:.:.:i ヽ.:.:.:/
     L /.:.:..:.|LL    | |    〉.|.:.::.:i__ 〉:/
    / 7.:.:...:.:.| ー─- ハ - ―' |.:.::.:i `ヽ
      {.:.:...:.:..|              |.:.::.:.i   ヽ
  ,'    |..:.:..ハj            }ハ:.:.|    ',
  i    、i..:.{::〈    、::..      ,' }:./    i
  |   ヽi..:i::::: 、   ',::::::.    /: レ`ヽ    !


体育会系少女の一人でリーダー的少女、として彼女を配役
女性版やらない夫的な立ち位置として設定したので、彼女の出てくる頻度は
かなり高い気がします

でも、彼女はわりと常識人な方なので、どちらかというと仗助目線に近い感じの
突っ込み役が多かったですね  第5話でやらない夫家に放り込まれた時
非常識に打ちのめされた二人は書いていて楽しかったです

癖の無い素直なキャラなので、作者的には動かしやすかったんですが
彼女に関しては別の問題を抱えていました

AA数が40ほどと少なくはないのですけど、極端に感情のある表情が多く
フラットな表情(何の台詞にでもあう表情)が少なかったので、
毎度AAの選定に悩まされておりました


71 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:15:27 ID:ArE68942

グレンラガンは感情を爆発させる作品だったからなぁw


70 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:15:01 ID:HcskWePo

■キャラクター解説  初音ミク

                        /////∧ _
             __    . . . -‐…://////´: : : : : ` : .
        ,. <//>: : : : : : : : : : : `: <{: : : : : : : : : : \
         //// У.: : : : : .: : :|: : : : : : : : :\ : : : : : : : : : : :ヽ
.       , :////: / : : : : i : : : : | : : : : : : : : : : ゚。 、: : : : : : : : : :.
      /:////{/ : : : : : | : : : : |:\: : : : } : : : : i∧ : : : : : : : : : :.
      . :.{////:′ : : : : }| : : : : | /\: ハ: : : : :|/∧ : : : : : : : : : :
.     : : ∨//, : : : : : : 八_.: : :i:|   x伐芋ミ : : : |// } : : : : : : : : : :     実はSTUDENTで一番最初に
    |: : : ∨/|: :: : : ´/  )ヘ从   弋_:ン |: : : ;///: ∧: : : : : : : :|
    |: : : : ∨| : : : : : x伐芯 ) \    ,: : :∧,/: /  : : : : : : : :|     メインキャストとして配役されたのです!
    |: : : : : 八: : : : |{{弋_:ン   ,    厶イ⌒′′ |: : : : : : : |{
    人 : : : : : : \: : V∧          ノ  乂 . : :i   | : : : : : : 八    そして最後を飾ったのも私!
   . : : .:\: : : : : : :) 、V分。.  ー    イ   {.: .:|   : : : : : : /: : ゚。
.   ′/   ゚。: : : :V   )ハ//≧=‐- ‐   |‐、  、 : :  /: : : : : :/ | : : :}   …まぁ初期案のエンディングは卒業式だったので
  i: :′   : : : : ゚。     ^⌒^ /::}  /::::::\ \∨: : : : : :/ ,: : : :
  |:{      i : : : : :         /:::く__::く:::::::::::::::/ー-ミ: : : : : ′/: : :/    最後は偶然ですけどねー
  、:.      }|: : : : : }    _,. 厶イ⌒ヽ::\::::::/::::::{{  ヽ.: : : /: : :/
.   \   八: : : : :|   /}}::::::::}|    }::::::`^:::::::::{{     : : /: : :/
     \ /: : :}: : : | ,  ノノ::::::::八_ノ::::::::::::::::::::::{{     ∨: : :/
.       /: :/|: : : :| i ,,″:::::::::::::} |:::::::r―┐::::{{     ゚。__/
      /: /   : : : :,   {:::::::::::::::::::   |:::::::::::::::::::::::rヘ     〉 }
.     / :/   /: : :/  |,八:::::::::::::: ′ |::::::::::::::::::::: |: : ゚。  //∧
    /: /   /: : :/ / ,ハ ::::::::::i   |::::::::::::::::::::::|: :く⌒ ////,∧
.   / :/   /: : :/ く,_////}::::::::|   | :::::::::::::::::: |  `く////// ∧


体育会系少女の一人でバンド少女、として彼女を配役
軽音部は厳密に言えば体育会系じゃないんですけど、まぁ体力要りますし

マスターとの関連性を持たせた二人目のキャラです (正確には彼女が一番先ですが)
つまりは春香さんの先輩ということになります
ちなみにハクさんは765プロから独立したプロデューサーです
CRYPTONプロは姉妹プロダクション的な感じですね

世間って狭いなぁ… いや、私が狭くしてるんですけども

彼女も最初にキャラが定まっていなかった一人なのですが、第9話を契機に
女性版圭一として、私の中で固定されました

それ以降の彼女は、圭一と同様に物語を動かしていくキャラとして
ボケたり突っ込んだりと多彩な表情を見せることになりました
彼女も放っておくと勝手に喋りだすキャラなので、圭一よりは自制していました

クラスメイトが実は芸能人、というお話は彼女を配役した当初からありました
その当初は彼女がこんなにフリーダムになるとは思っていなかったんですが…


72 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:16:01 ID:HcskWePo

■キャラクター解説  ホロ

     |.  ヽ、: : : : : _,、-‐'"´ ̄: : : : :  ̄`ー-,,ィ"   |  l!
.     |!    .ゝ'"´: : : : : : : : : : : : : : : :_,,ィ'"     |  |!
      `! ,ィ'´/ : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、      |!ノ!ノ|!
       ゝ´: /: : : / : : : : : : : : : : : : : : : .i: : : :`、     |: : : :|!
    /:/: :./: : :./ : : : : : : : : : : : : : : : : :.|!: : : : :`ヽ   | : : :.|!、      最初、わっちの口調が分からんかった>>1は
   /:./{: : ./: : ./: : : :.ハ : i: : : : : :: |: : :: : :.|: : : : :: : :`、  | : : : |!:.'、
   // /: :.l!: : :.l!: : l!:..|!.|: :.|: : : : : :/: : :: :|: :| : :.|: : : : : :`、 |!: : : : |!: :'、    花魁風の言葉づかいを必死で調べたでありんす
.  // |: : :.|: : :.|!: :.|: / |: :|: : : : :./: : : : .| : :|: : .|! : : : : : :`i: : : : : |: : '、
  l/  |: : :.|: : /!: : |:リ  |: :|: : : : /!: : :: : |!: : |: : :.|: : : : : : : :|: : : : :: : : :',    ま、そのうちほぼ自己流になって
  |  |: :.|:.|ハ|! |从!:リ  |: |: : : .//: : /: : : :.| : : :|: : : :: : : :|:|: : : : : : : :.|
  `  |从!| |!`_| リij  |:/: : :/ /: :/: /: : : /!: : : .|: : : : : : :.|:.| : : : : : : :.l    気にせんようになったがの
.     | : : : :|トミョュ、  /レレ´‐//レ´!/: :/!/!: : : | : : : : : : |: | : : :../ : |!|
    | : : : :.|弋Pリ     ィュ、__   .レ´ / |: : : |! : : : : : : |: |: : :./: : /!:|!
    |: : : : :l `ー"/     lト:::又テュャ、 ./ : :.:|! : : : : : : :|:.|!: :./ : :/ |!:|!
     |: : : : :l  .ノ      弋ひ::シ 〃`/: : :.|! : : : : : :./:/: :/ : :./:l  .|:.:|!
.    _|! : : : l ヽ         ̄´´  /: : : :|! : : :/: : /:./:./: : :./!: ゝ、 |: |!
  .,ィ'´ `、: :.:∧             /:/ : :./ : : ./: : /:./:./ : : /!:l: : : :ゝ|:.l!
. l!.............'、 : : ∧ ヽー---ィ     /:/: : :/ : : :./ : :/:./:./ : :_,,-‐'´ ̄ ̄``
 |!................'、: : : ∧. `ー‐'´     /:/: : :/: : : :/ : :/:/_,,-‐'´..............................
 |....................ヘ : : : :.、       _,/:/ /: / : : :/_,、-‐'´............................................
. |!.....................∧ : : : :.ー ‐ ..T .´./:/ 7 :/:,,ィ'´´............................................................
 |..........................ヘ : : : : : : : .:.| .//_,,ィ ''´..........................................................................


体育会系として配役……と言いたいのですが、少々特殊な経緯がありまして
元々配役する予定だったキャラを、急遽彼女に変更したのです
今ではかなり気に入っているキャラクターの一人なんですけどね
このお話に関しては、第3話の解説で補足します

立ち位置としては、女性版太公望
エンジョイ&エキサイティングの精神で、面白いことには貪欲に取り組む
考えの持ち主で、頭は良いけど学校の成績に興味を見出せないタイプ
という具合に、太公望とは別方向だけど頭の切れる人物として書いていました

主にボケ役なんですが、真面目なときは真面目に
TPOをわきまえた行動をとることが多かったです   圭一はその逆
いろんな立ち回りが出来るので、出番が多かった気がします

また、圭一とパートナーになっても、あんまり変わらないホロさんです
むしろ、変わらないからこその関係、なのでしょうか


73 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:17:01 ID:HcskWePo

■キャラクター解説  ストッキング

                       ∴:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ◯,
                          ∴: :::::::::::: i:::::::i ::::::::::::::i ::::::::::::::i::::::::::::::)Y⌒
                    ‘ .::::::::::::::::::|:::::::| i :::::::::::| i:::::::::::::|::::::::::(_人___ノ.
                       . .::::::| ::::::::i |:::::::| |::::i:::::::| |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::‘,
                         ; ::::::: | ::::::::| |:::::::| |:斗ィf庁まk'⌒寸:::::::::::::::::::::::::::∴
                        ┃::::: i | ::::::::| |::/   {{ {i{__}i}灯 !::::::::::::::::::::::::::‘:   そもそも>>1は
                   ┃::::: | |:i::::,ィ爪_ハ      乂沙′   : :::::i::::::::::::::::::::::;
                    ┃::::_」_|」:::{{ Ⅵ_}i|     ’’’    j :::: |:::::::::::::::::::::┃  わたしメインのお話にするつもりで
                ___♪'´   {__ハ Vツ           斤| :::::| :::::::::::::::: ┃
.    .━━━o、   ,√三ア´   \_ノ::} ’’’  ,   〇 o /⌒| :::::| ::::::::::::::::::┃  この続編を考えた……らしいわよ
…━ァ’      iハ  //|:::::/  \  i _>ニニニニニ{     イ/i:i:i:i:| :::::| i:::::::::::::::::┃
  /       |:i:∧〈〈 {:::{    \}'⌒ア\_≧=‐--‐ァf   ̄/i:i:i:i:i:| :::::| i:::::::::::::::: ┃
::、厶-‐===‐- .|:i:i:∧\|:::::\__ァ―┤ (: : : ゚:):i:i:i:i:{/i:::|、  /:i:i:i:i:i:i:| :::::| i::::::::::::::::::┃
::/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i;i:i:i:i∧{。\ :::::::::::::: /⌒⌒⌒⌒ヽ∠:::/l:::| `7:i:i:i:i:i:i:i:| :::::| |::::::::::::| :::┃  いまじゃその初期案は
/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:┃i:i:i:i:i:i〉゚O\ニ=‐く|___」u-‐ |_厶l斗<i:i:i:i:i:i:i:i:| :::::| |::::::::::::| i::┃
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i┃i:i:i:i:/\℃。|i:i:i:i:_」(c7 c|<c)〈{ }    ヽi:i:i:i:i:i:| :::::| |::::::::::::| i: ┃  影も形も無いけど
-ー==≡==‐- ┃i:i:i/   〈 ゚o|:i/ └---‐'ー―┘ ̄ア⌒   ∨i:i:i:i:| :::::| |::::::::::::| |: ┃
          ┃/   ( o|にニニニ==-┬…__´      }:i:i:i:i:| :::::| |::::::::::::| |:::::
          ,       (o|:::::::::::::::(゚o|:::::::::: ̄\ー-      ノ^!i:i:i:| :::::| |::::::::::::| |:::::
          】       Y| ::::::::::::: (o|::::::::::::: /`>-‐=ニ   |:i:i:i:| :::::| |::::::::::::| |::::,


クラスメイトではないけれども、やらない夫の人生に大きく影響を与えた人物
しっかり予告編にも登場していて、第7話にも小さく出演している
ヨーコの姉、というサブキャラポジションではあるものの、出番の多いキャラ
破格の扱いに感じると思います

何故なら彼女、当初はヒロイン予定だったんです

予告を作った時はもう少し舞台が広くて、他のクラスとの交流があったり
学校以外の場所に全員で行ったり、とかを想定していました
具体的には、太公望を成績でライバル扱いしてるキャラとか、
修学旅行回とか、想定しておいて使わなかった設定もあります

彼女は当初、他校の生徒(同級生)という設定でした
ですが書いていくうちに、物語が初期案とは違う方向性にシフトし
彼女のヒロイン設定も、その他の設定と共にお蔵入りとなりました

またどこかで出番があれば使ってあげたいキャラです


74 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:18:01 ID:HcskWePo

■キャラクター解説  黒井ななこ & 金栗高校教師

                      __,、.. ./: : : : : : `ヽ、
                     /Y::)/: : : : : : : : : : :ヽ:\
                    /:∨::/: : : : |: : ,|----_-}: : |〉
                    ∨::〕}..: : :__ィ´  /,-- リ: .|〉
                     `イ:〉:〈 ,,ィミ`   イニ'' リイ)〉   妾が校長と組んで、楽しい楽しい
                      Yヽl イ-''  丶    |/ソ、
                       ゝ)、     __,   ノr'./   イベントを起こす予定もあったのだがなぁ…
                       /`Y、  ` -‐  /r''.(
                        (__ ゝ>、   /|'  `   ま、出来なかったものは仕方ない
                           )   ,ヘ. ̄_,, ィ:| __r‐、__
                            | ̄::::::::::::/ハソ':/::::::Y.、
                             丿-ィ二イ、)/::::{::::::::::}:::\
                     _,,ハYヽ='>'":::/:::::::::\:::::ヽ__:::}:::::::::)
                    /<´`::`:::''"::::::::::::{::::::::::::::::::Y::::/::::ヽ::/
                  /:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::{::::::::::::::::::::}:::{:::::::::}:ヘ
                 Y:::{::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::}::::::::::::::::::/::::}:::::::ノ::::}
               /   ∨::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::{:::::::::::::/-:、{:::::/:/
             /___.  ヽ::::::::::::::::::,>-::--:、:〉::::::::イ/:::::::::::/´
           /二   `ヽ|'<>-'´:::::{::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::/
          イノ / __,,、-- |__ ``ヽ、:--、:::::::::::{::::::::::/:::::::::::/
        ィニニニ_/   | ̄}_``ヽ-、_.Y::::`>-、:::::/::::::::::/
      /         〔 ̄/   ̄ ̄ `}}:::::::::::::::::::ヘ::::::::/
   赱/          / ./   __,, }}:::::::::::::::::::::::::::/|
                r‐/─''"´,,、--‐‐}}::::::::::::::::::::::::/-ヘ
                {__ソ ̄ ̄   ,,...}}::::::::::::::::::::::/ /`Y\


「担任の先生か……よし、黒井先生だな」
ここはほぼ即決でした  学校の先生と聞いてパッと思い浮かんだのが
ななこセンセーだったもので

それと校長先生がクマー、教頭先生が幻海さんというのも即決でした
馬鹿をやる人とそれを諌める人、というコンビにしようという感じで

その他の方々は、担当の科目に関連したり、似合いそうなキャラクター
もしくは、全く似合わないキャラクター、とかなり遊びながら選びました
物語の展開上そう多くは出番の無かった人たちですが、いつも非常に
賑やかな職員室であることは間違いないんだろうな、と思いました

実は、設定だけして出番がなかったんですが、金栗高校理事長として
ベアトリーチェさんが居ました (豊富な学校設備の資金源的な)
悪ふざけコンビで教頭先生の胃がストレスでマッハ、というシーンを考えて
いましたが、どーしても出す機会が見つからず、お蔵入りになりました


75 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:19:01 ID:HcskWePo

■キャラクター解説  ご家族の皆様

             r‐,  /`l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....  レ!
          l  l / /!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...  \
          / /'  //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..   |
          / / / /:::::::::::::::::;r‐、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ|
        / / / /ヘr‐-、._/:::::/:::::::::::_,,.-‐-、/ ̄ ,l  本当は私も最終回に出たかったんですけどねぇ
      /  l / /_ヽ、|    ゙、:〈ヾ‐''"´     |r‐‐'":|  でも、前原家に関係しているというだけでは文化祭にまで
     /    ' /´  \彡ニ=-、゙、l   ,,.z=二ミ、ヽ::::::::l   顔をだす理由にはなりませんし、なによりカズヤですら仕事で
   /    , l  r‐'`ヽ、_,j --┬┬―――┬-- 、.|_:/   来ていませんから、上司である私がこれる理由が無いわけで
  /     /  | r=ヽ  l | ||   _    | |   ,ィ'ス   なにより、私はカズヤと違って遠慮を知る男です
''´      /   `ー'"´ `ヽ、_| || / ゙、  |l,.-'"| lヽ )   ですので、本編にお邪魔する事はせずに、この場をお借りして
     -‐'     ,.-‐''"| ̄ ``''ー'   `ー''"   l:/ノ/    喋らせて頂いているわけですね
          /   ヽ:l  ,    、  ,.    ,  k'‐'     まぁオマケのオマケという場所に出演した私ですので
__,,.-‐--‐''"´     r''l、 `''ー―――‐一''  / \     エンドロールに名前が載っただけでも良しとしておくべきでしょう
                |ヽ、\   -‐‐‐-   /l /⌒7    それが大人の対応というものです
-――ァー---- 、...____,,|  l  ヽ        , '  l/  /
::::::::/               l  |   \     , '  ./  /ー――--- 、.,,__
:::::::::\          ヽ、    |    `'ー‐''    /  /          \ ̄``ヽ
::::::::::::::\        \  |         /  / /         ヽ::::::::::
::::::::::::::::::::\          l`ー-------‐'/  /           /::::::::::


オマケとして、各メインキャラクターの家庭環境を紹介していたわけですが
当初はこれ、四馬鹿のものしか考えていませんでした

でも、第4話(長門回)を書いていたときに、どうせなら全員考えてやるか! と
思い立ち、実行に移したわけです
そんな行き当たりばったりなので、第14話でヨーコ・こなた・ホロの三人をまとめて
紹介するハメに

だってねぇ……第13話の後で、ふざけてるオマケとか投下出来なかったんだもの

家族キャラの配役は、オマケ後に説明した通りで、息子・娘たちから共通点を
見出して設定しております
どの夫婦も好きなんですが、個人的に気に入っている夫婦は、ドラ&ルリです
なんだか>>1の中でハマリ役というか、妙に違和感が無いというか
あと圭一がツッコミに回るデレデレなのはさんも楽しく書いておりました

兄弟姉妹の有無は、わりと適当でした  エドがニーサンなのは確定、くらいで


76 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:20:01 ID:HcskWePo

■キャラクター解説  Wammy's House の皆様

             ,xf´  __r'´∠/ .r' 《⌒》ヽ,
            r'_{>=≠ ¨¨ >ミ{  Y ;}} \
           〃 / /  :}!  > .、 ゝ=壬ソ}  )
          〃 / ./ ;!  :}!   `;, ヽ ヽ}  丶  ヽ
          i ' :i '  |   }!  } }i }!  ;}!   \ \
          | !∥.!  i! , ハ  !}ヽ;j 从;刈!》=ミ、>-ヽ
          | !:||. ! :!.ハ } ;} }_;>''⌒ ̄Ⅶ|:iハ 、_  ヽ  \      前回の春香さんのように
          |! 川∧;ヒL_     ,,ニ≧x Ⅶ:iハ ` _- 、\  !
             |N{ハ  ,,ニミ.、  〃 _㌧;)》}ハ ),ハ'⌒ソヽ,\ ヽj      アイドルマスター枠からの出演
              V;{ ハ 《ハr';ハ    ¨´   rチリ リ;.;.;.;.;.;.}!、i  }
              |! ! !ハ  ¨´  !       .' /! 人 __ノ};}.|ヽリ、    ……をする予定でしたわ
              |! }_川ヽ,_   `   ,   / ,'::k'_ 二ミ, ヾ、,ハ,)
          >''"  ̄.::.:.:ヽ、 `    イ!ノ:::::|; ;r'´  ;}/⌒ヽK
         xf.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)> _ イ::{::::::::::ノ; }!   {{   }! }
        r';.;{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__;.:.:}; ;√ヽ >r=彡; ;}!  r-ゞ)  .;!! }
        }、;.`==xr⌒'マ__ノ; ;{、  `   r,;メリ /- ,リ  ノリり
      >''} `=ァ一k'   }; ; ; ; }}   ー '' rソ      〔 {{い
      { /'   ;! r' ソ; 、 ヾr=;.{{      rソ     ,r=ミxヽ;}
      リ;/    ;i :j〃 :! ヽ r'.:.:.:ハ   , _r'´:r'     >''/))
     ノ〃    ;i/⌒ ; i  .Y;.:.:.:.:.:.:.ヽzr'´.:.:.:./ゝ  -‐1r'" 〃
    ( Ⅵ    ;i    :{ ヽ ;!:::::::::::::::.:.:.::.:.:.:.r'    ,,,..ノ リ  {{


やらない夫はバイト先でもきっと突っ込み役だろうなぁ、ということで
賑やかで楽しい面子にしようと、様々な作品から配役しました
私も過去にファミレス系統のお店でバイトしていたので、その経験も
少しだけ作品に反映されています

お気づきとは思いますが、ここの雰囲気は完全に「WORKING」なイメージです
本当はぽぷらさんを含め「WORKING」の面子で統一しようかとも
考えましたが、やらない夫の立ち位置は完全に小鳥遊くんなので、
さすがにまずかろう、とこのような変更を施しました

店長のLさんは圭一の変わりに…むしろ圭一より暴走してた気がします
ここでやらない夫はその鋼の精神を鍛え上げていったのですね……多分

社員・アルバイトの役職は、キャラによっては似合わないことになってましたが
そもそもファミレスはアルバイト中心だしなぁ…ということで押し切りました

実はここでも配役変更の悲劇が起きており、当初マミさんポジションだったのは
アイドルマスター・四条貴音さんでした
世間ズレしたボケ役、というポジションで、プロットも9割方出来ていたのに、
私がまどマギを見たせいで、急遽マミさんに配役変えするという暴挙に
貴音さんもいつか使ってあげたいものです


77 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:21:00 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第01話

            /                 \
           /                 `ヽ 丶
             /        .:ノ            ',  ヽ
         / /  /   .:.:/     :ヽ:. ヽ:ヽ   V   l      見返してみると、四人のキャラも
         l.:.|  :/  .:./.;イ    :ヽ:...:.:l.:.: .:|:..:l   l:  !
         |.:.| .:l .: \!/ l:.:{  .:.:.|ヽ:.:}ヽ .:j .:.!    |:.  |      定まってないプロトタイプっていう感じね
         ヽハ:l:.| !:.:.:jV\{:八 .:.::.l }:/_,j;ィト:.l   .:l:.:  |
            ヽ从:.: iイfチ心ハ 、从ィ厶斗<V  .:.jl:.:  |      …なんで私がここで喋ってるかって?
             \ト小._V;zソ ノ/  V;;_z1 '/  .:.:.:ハ:.:. 八
              リ :} .:::::: ,     :::::::..  /  .:.:.:/.:.ヽ:.:.: ヽ    ……オマケのパンツが私のだからよ
            _..ノ/八            /  .:.:.:/.:.:.:.:.\:.:.  \
         , -‐´ :/ .:.:>,.、 ´ ヽ   ィ′ .:.:.: ハ;.__ .:.:.:.:\:.:.:   ̄`丶、
        〃 .:.:/  .:.:.:.:.: ノ'¨ ヽ、_ , ィ≦7   :.:.:./'´  ヽ.:.:.:.:.` ー- 、:.   ヽ
         l .:./  .:.:.:.:. ;.'イ\ ノ} /`∨  :.:.:.:{     ゝー、.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:  }
         {.:/  .:.:.:.:.:/  }  Vx1_/  {   :.:.:.:ヽ      ∧.:.:.:.:.:.:.:}:.:. ,′
       〃  :.:.:.:./   j/  ̄ ̄ ヽ入   :.:.:.:.:.\      ヽ.:.:.:.:./:.:/
       {  :.:.:.:.{      |     /  \   :.:.:.:.:.\     ):.:/:.;イ


一回目ということで、物語の中心人物である四馬鹿たちのお話
タイトルはまんま「高校生」

四人の立ち位置は、最初からほぼ決まっていたので、会話を走らせて
それを馴染ませていきました
同時に、やらない夫が目指している夢、というものが主題の一つとしてあったので
他の三人はどんな道に進もうと考えているのだろう、というのも会話の中に
出すことにしました

逆に言えば、ここでその設定を書きながら付け加えました

圭一がわりと真面目に会話してる最初で最後の場面かもしれません
というか、このお話の圭一は別人じゃね、と思ってしまう…

オマケのタイトルは基本「~の日常」なんですが、ここだけ「性欲」です
こーゆー所に、細かく考えていないのが見え隠れしていますね


78 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:22:00 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第02話

〃           / /  /      | l  l|ハ  ヽ  ヽ
||            ′,   i    }  l l  l| l|   i  ',
||               i    |  |     '  ' ′ リ l|   |   i     初期案ではわたしが
ヾ 、___       l i  |||   / / / ,.ィ  ,'}   |   |
   ̄ ̄ ⌒)       : !   |┼|-{    /}厶-┼トイノ   |   |     食堂のおねーさんでしたねぇ
      ´      i   、笊ミ   〃}笊丐云ト リ  .ハ  八
                |l   从c:}ヽ/´  c::::::〃/   /、!   丶   まぁその後、教師として再配置されたんですが
             八{\{ 代リ      弋z// ' / ノ |
               /    {:.:.:  '    :.:.: フイ /´ |       結局、ほとんど出番無し…
           /  ノ  个x   ー   ィ /  /    |
          / /    丿  ` ¬ァ_´≦/ r‐v、   ! |
         / /         rv《トヘ》__/r'7⌒ヾ,> ||    |
       ′/      ′     f:::/ 只ヽ:/r'7   V〉 |    |
      / /           〈Y {∧} i {コ    》 | |    |
        {  {    /       {二V::::}! ! !ヘコ⌒Y〈  |    |


四馬鹿以外の男子クラスメイトを出そう、というお話
タイトルは「友人」

レスの意見を取り入れ、あらすじにゆっくりを出演させました
まぁ、有って無いようなあらすじでしたが
タイトルコール前のトークは、話の内容に関係してたり、単なる駄弁りだったり

前回と同じように、男たちの夢が会話の中心になっています
もう決まってるエドに対し、まだ進む道が見えていない仗助
それにアドバイスするやらない夫
以降の女子メイン回に通じる流れになっているのかな、と思います

ここから圭一が通常運転になりました

80 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:23:00 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第03話

                      /..:.../..:..:..:./..:..:..:..:..:ヽ:.\
             〔//     / :.    ./, ../...     l   :..:.\
              ./ O  .o /  .../ :..:..:|.l..:..l..:..:..:..:..:..|:..:.!:.... ヽ. ヽ      o
 __,冖__ ,、  __冖__   /  // / :../..:.!..:..//!:|:..:..:..:..:..:..:j:.|:..:.|::.:..:..:l:..: ハ ゚  O
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ / i:..:..:!.:.::|:..:../ |ハ:..:i.:..:..:..:イ:ハ:.ハ::.:..:}:..:..:.i  o 。
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /.,ィ7 .:..:|.:::ハ:/_|_.レ:|:.::::/ 廴__|__ |:../.:..:..: 「:ヽ
  __,冖__ ,、   ,へ    ./l.:..:..:.ハ::{´,.{ _ミ Ⅵ/ / ,z _ ミ}/.:.|.:..:..:|:..: ヽ    ある意味、一番扱いがひどいよぅ
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7.//:..|.:..:..:..lrぅ´ ̄`ヽ ′   '´ ̄`rぅ}.:リ.:..::|:!::.:...、ヽ
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /.ヘ:|!::.:..:ト:V i/ i/   '   /i/i/ j:イ:..:.:小:::..:..:ヽ{
   n     「 |      |  .lハ::.:..lハヽ       ,、        /ノ}.:.:リ  V:::.:..:.ヽ
   ll     || .,ヘ   /    Ⅵト-、     / ヽ      /ィ/.::/   ∨:::..:..:.ヽ
. n. n. n  ヽ二ノ__  {.      ヽ!  \    { _ }   ,. く //    ∨:::::..:..:.\
  |!  |!  |!      _| ゙っ  ̄フ       /^i  . __ .. イハ} /´        ∨::::::..:..:...ヽ
  o  o  o     (,・_,゙>  /r v‐,-、_   j_ _ __ _|_   _,.-、‐v┐   ヽ:ヽ:::::.. ..:.\
.              /  .∨ / / 〉、ィ'7:7=.T: :ヽ弋:ヽ,.ヘ ヽ. } V     ヽ:ヽ:::::..:..:..:\
            ./   /. {    ' r, 〉く_/__士 ニ!┴.〈 ri `   }ー. 、   Ⅵi\::::..:..ヽ:ヽ
:           /.   /. . . ∧     `〈 . . . . . . . . . . . . . . 〉′   /. . . .ヽ   }:l:l  ヽ:::.:..:i:..}


早いとこ女子達みんなを紹介せんと潤いが足りない、というお話
タイトルは「大きいか、小さいか」  要は「巨乳と貧乳」

一気に紹介するんだったら、やっぱり選手入場にするか!
そんな感じで、バキの選手入場テンプレで作りました

バランスよく巨乳三人と貧乳三人にするかー、と思って
クラスメイト達の配役を確認したところ、ここで問題発生
この時点で決めていたキャラの一人が、巨乳か貧乳か判断できなかったのです
ということでキャラを差し替えを行い、代役としてホロがレギュラーに昇格しました
…彼女も正確には巨乳じゃないんですがね

ストーリーの犠牲となって降格したそのキャラクターは、みなみけ・南夏奈
当初、圭一とコンビで暴走するポジションとして想定していました
仕方ないから他クラスのゲストとして出演させようか、と思っていましたが
物語の方向性が変わってそれすらも無しに……すまん、夏奈ちゃん

まさにOPPAIが起こした悲劇と言えましょう     全部私のせいなんですが


81 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:24:01 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第04話

         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト'^ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      _,,. ‐'.::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::|     ',::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::、:::::::、:l
     ̄ー-‐'7´:::: .:::::;:::::::;::::::::::::::::::::l:. ::l     i:|!:::: : :i::::::::::::::::::::::.::::::ヽ:ヽトヽ._
        イ.:.:.:::_;:/..:::/::::j: .:;i:: .::::;!::、:!   _」;!l:::: .:::!:::::i::.: ::::::::::::::::::::ト、:ヽ
        ,'::;.ィ´:/:.::;.イ::::/」:/_|:..::/ l::;リ     リ |::::::;ハ::::l:::.:.:l:::::|:::::::::::l:::ト、}
         i/ /::://::/;ィ‐‐/¬:;/_=/、  ,. -__l:::/l|-、l:::j!:::::;!::::li:::::::::;l::::l ′    一人くらい親が学校の先生でも
        ' /::::'´:::/:i;ヘl 〃{ヘi'r㍉^i:l   l:/´ /イr‐-7/'|::/ 〉/:|::;イ/ !::::l
       /:::::::::::/:::::::゙!lハ!ム. い:ゞ'j l;二ニ':|    {rf:{:リ:}トlハV::::::lイ´ /::::::::、     良かったかもしれませんね
      /:::::::::::::/:::::::::::ハVl  ー-゙‐'"´ ,リ   l:!  -.い辷ソ i}〃::::::l' /::::::::::::ヽ
    , '::::::::::::::::/::::::::::::/〃`トー---‐‐'´ !   ヾ、_  ` ̄  /'!::::::::|ヘ:::::::::::::::::::}    そういう意味では私なんか
  , ':::::::::::::::::;/:::::::::::://: : :.!       〈     ` ー--‐'' ,イ::::::::|/ \::::::::::/
 /::::::::::::::::/'::::::::::::/'´: : : : : ヽ               , ' l::::::::::l: : : : : :\:/     適任でしたけど
/::::::::::::_://:::::::::::::/: : : : : : : : : `ト、   ,ー-、-‐     /  i:::::::::::!: : : : : : : : ヽ
::::::::::f´/: :/::::::::::::/: : : : : : : : : : :,l  | >'    \   /   /|:::::::::::l: : : : : : : : : :
::::::::;イ i: :/ :.::::::::/: : : : : : : : : : :.,'| /       > ´    / ,'|: :::::::i|: : : : : : : : : :
::/ !:l:./. :.::::::::': : : : : : : : : : : ,'::K      / ヽ    / ' l.: ::::::li|: : : : : : : : : :
′  l l/::::::::::::;': : : : : : : : : : : i::.::! \.   /:::::`ヽ    / /: !:.::::::::lj!: : : : : : : : : :
   /ィ:::::::::::i: : : : : : : : : : : :l::.::.l  | ヘ.イ::::::::::::::::ハ / /: :.j:::::::::::リ: : : : : : : : : :
 /'´/:::::::::::i: : : : : : : : : : : :.l::.::.:|  '   t:_:::::::;ノ  ヽ' /: :./:::::::::::/ : : : : : : : : : :


長門さんメイン、のお話
タイトルは「図書室の少女」

前作「マスター」の雰囲気を踏襲して、女の子はメインの回でやらない夫と
二人きりで会話させてみよう、と思い立ち物語を作成
やらない夫のモノローグが多めなのも、そういう理由です
まぁ、これっきりになっていますけれども

女性メインのお話は、基本的にやらない夫がイイ一言で締めることが多いですが
このお話はどちらかというと、長門さんがやらない夫にアピールしているような
お話になっていますね   モゲればいいんじゃなかろうか

本当は眼鏡長門で押し切るつもりでしたが、AAで断念し眼鏡を外させることに
この時、眼鏡合成の術を知っていれば……
いやまぁ眼鏡無しでも可愛いからいいんですけども

このあたりまでは製作スピードも非常に早く、順調だったので
予告を作って投下を始めたのが、このお話を完成させた頃からだったと思います

その後を考えれば、見切り発車過ぎたのかもしれませんね…


82 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:25:01 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第05話

              ___
          ,.. -‐.:´::.::.::.::.::.:`:.:‐-..、
        ,.ィ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.`ヽ、
      ,.イ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ、
     /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ
    /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: ハ
.   /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: /i::.::.::.::.::.::.::i、::.::.::.::.:、::.::.::.::.::.::.ハ
   l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.l |/L____」 ∨|::.::.::.i::.::.::.::.::.::.:ハ
  l::.::.::.::.::.::.:;イ_;;:-‐'         `ー-、|::.::.::.::.::.::.::.ヘ     私とメイド長が珈琲を作れるという設定が
  |::.::.:i::.::.::.::|-―--t、      ,ィ-―''゙ l::.::.::.::.::.::.:iヘt
.  l::.::.::|::.::.::.:l     `     '´     |::.::.::j::.::.::.:l `    6話も後で生きることになるとは思いませんでしたわ
 /:/::.::.l::.:ヘ::.l ≧≡t、       ,ィ=三ミヾ.l::.::.:/::.::.::.ヘ
//l::.::.:j、::.::、Y´んまミヽ     / {ト-'イミ}`|::.::/、::.::.:ヾヽ、   練習シーン等も、当初は書くつもりでいたのですが
´ ,'::.:/.';::.::トヽゞ_ノ        ゞ__.ノ j::;イ  ヾ::.:ヽ`ヾ
 ,'/ヾ、‐ヾミ                ,レ/__.../|`ヾゝ    結局書かずじまいでしたね
    ヾ`マミヘ、              ,イ::∧::.:/
     ヾ;j ';:::`..、           ,、ィマ/ ∨
        ∨ヾノヽ、 ヽニニラ'   ,. ' ヾ!
            }` 、   ,.ィ' {
.     r―‐ラ=--ノ、   ̄   :|ー、
      |  l     ゞヽ、    lミl ゙i
.     i   i    ./´ ヽ、   j、| :ト、
.     |   ゝー― ' 、   ヾヽ./ :| :| ヘ


ここいらでやらない夫家族の紹介といきますか、というお話
タイトルは「楽しい我が家(いろんな意味で)」

テスト前の勉強会ということで、男女二人づつを自宅へご招待
今思えば、この時無理にでも第9話のように全員を一気に出していれば
早くからキャラクターを掴めていけたのかなぁ、とちょっと思います

現に、書いている私ですら第9話で全員のキャラを掴みましたから…
逆に、ここに出てきた仗助、ヨーコ、ホロは早くからキャラが決まりました
だから動かしやすかったのか……

マスター状態のやらない夫に変人耐性があるのは、家庭がすでに変人だらけ
と考えた私は、破天荒かつチートな両親、変人ぞろいのメイド達をテーマに
配役を行いました

でも最終的に、ダメなのはまといさんだけな気がしてきました
ハルヒ母さんは行動や思想は突飛ですけど、まだマトモですし…
他の皆さんも、外見は空恐ろしい方もすごくマトモですし…
私は、好きなキャラにどーにも間違った愛情を注ぐようです

また、第5話で150レス近くの内容になり、投下時間を考え前後に分けたり
投下時間を早めたりしました
テンポと時間はちゃんと考えて投下しないといけませんね

そんな私が最終話は395レス投下したのか…
あの頃はまだ坊やだったんだね…


83 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:26:01 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第05話 オマケ

               _____
           .>'"´ィ      `゙ヽ、 __
          , '  彡-‐-、      `,":::::i ヘ
         ./ ,イ´     キ、   、ヽi  |: :',
       r'´「," /       キ `、  ヽi|:....::|: : }
       i  ii ,'      _,=+--i  、 i {;;;;;;;', : i
        {.. ...| .i._,=‐-、   ィテ=ミi i L',::::::ヘ::i
       ',;;;;;;| ir行ミ、   i 弋':ノ| i |r゙〉┬ゞ'
       ∧:::| |',.弋:リ   `  ¨ i i .レ´:i |        前作に比べれば、メインキャラは
        ゞイ. |ii ¨  、        j i | |i:i. ',
         ', ',iii、         ,+'´i i | |i:i. ',       すごくマトモなのよね~
          i iiii::ヽ、++ェっ+'´.,∠i i | |i:ii  ',
  r'⌒ヾ、    | |iii:|| :i::≧:ュェ≦++-| i |i.|i:iii  ',       前が極端すぎたせいもあるかもしれないけど~
  ゝ__ 〈    .| |iii:|ヘ i::ヘr‐、. r'ヌ ̄i i |ii|i:iiii.. ',
  r'´ `く     | |iii:| `、ヽリ.ハ∨.,入 | i |ii.| ̄`゙ヽャ、_
  (_  ,、_j     | |iii:|-‐'´ノ/;ィ:n:、く 〉| i |iii.| / ./⌒ヽ、
  .`"x==-‐―┴ラi:|  /.//i:::|.|::}::} | i |iii i  ,.'     i
   .__ム.,、,、,、,、,、,/i:i ._ラ//,':::,' |:::i、:', i .ii iリ | .,' /    |
   (_λ     iii:| { // i::::i |:::|i:::i.| .ii |ii ,'/ , '    .i
    `7弋     jii:| i〈〈__i:::,'oi|:::|j:::|| .ii |i/.i /     .,'
    ふ 'ゝ==={',i:|ハ ゞ/::i ,'.i:::|-'´i iii |'、{//ィ´ , ,イ
     ト、_二二) ',| ヘ./:::,' i i:::i/ i iii i γ /´/  |.|
     |、ミ三jj:リii ', ヘ_/o ,',ト"  j リ.ノ、|, '/   i |
    ,イ`ヾ、// i i|. i0/ i  ;.|   ,イ.//::/´     ノi|


ホロさんの耳にツッコまれたことに関する返答、のお話
実はここにツッコミが入るとは思わなくて、ちょっと焦りました

でも良く考えればホロも人外だ
人外度でいえば ケロロ>>>ホロ なので、私は麻痺しておりました

実は、ケロロさんやロボットのアイギス・メティスはマスターに出演した
斑木ふらんの生みの親 斑木直光が製造・製作協力したという話が
裏設定として存在しました
ゆっくりを生み出したふらんの親なら、そういうのもアリじゃないかな、と

仕事上で会ったハルヒが「面白いじゃない!」という鶴の一声でメイドとして
雇ったとか何とか、そういう話を考えてました
出す機会の無かったネタなので、ここで供養


84 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:27:01 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第06話

        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ---- ι    北斗の格ゲーを選んだのは、AAを使ってマジに戦闘シーンを
       |::::::::::::)  ◯  ○ (
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ    やろうかと思っていたからぜ
      ゝ---η.   |||||||  ゝ
        /≦ ヽ .|  | ≧     まぁそこは力を入れるべきところじゃない、ってすぐに気付いたけどなー
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^


こなたさんメイン、のお話
タイトルはまんま「ハイスコアガール」  押切蓮助先生の漫画から引用

ゲーセンネタにしましたが、最近のゲーセン事情には明るくないので
わりとライトな描写で収めました
また、彼女にはらきすた本編の「少女A」ネタから、ゲーセンに君臨する
「AYA」となってもらいました
ぶっちゃけ、畑違いのゲーム全てで頂点に立つってとんでもない才能な
気がします  海馬社長もやってましたしね

音ゲーネタも出しましたが、最近はぜんぜんプレイしていません
むしろ昔より指が付いていかなくなってしまって、プレイできません
昔はもっと難しい曲も出来たんですけどねぇ……

ギタドラはプレイしてた頃の初期~3rdくらいが一番好きです
思い出補正なんでしょうけどね


86 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:28:34 ID:M4BHO2JY

最近また使用禁止級のバグが発見されたんだよなぁ、北斗


85 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:28:00 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第07話

                           _
                      /::::::::::::`ヽ、
                      /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    /:::::::://!::::::::::::::::::::ハ
                      i::::::: _LL!::::::::::!ii:::::::::i
                      /::::::irz┬  ̄_`_'V::::::j     ツッコミキャラのやらない夫さんが主役な以上
                      /::::::::!,,ゞ′  {;ソ `!::::::i
                  /:::::::i:::i   '  ''〃:::::::!     引っかき回すキャラが絡めやすい
                     /::::::::::i::!::\_ ^ .イ::::j:::::::i
                 /:/ ̄ハ;! `ヽ/´イ,-/:::::::ハ     つまるところ出番が多くなる
                  _,-ナ´丶 ハ!zz7ハz }|/ ヽ::::::ハ
              _ ┤     i / L_〃Vll゙゙ j |   V::ハ    だから好きなキャラをボケタイプに配置することが
〈\      _ -‐´  _ヽ   _.../   〈/ー‐l〉´ l     ヾ!ヽ
 \`ヽ、-‐ ´ _ -‐   ヽ/ `i     i    }、   /ヽ   多いのかなぁ、と山田を書いてて気づいたそうです
  `ヽ-‐  ̄             |        /  ー'´\  \
                    j  ´       /       `丶  ヽ
                   ノ           {        `ヽ、 \_ -‐ァ
                    /-‐-、      ヽ          `ヽ_ っ
              / (石幵 )       ヽ


やらない夫の学校以外の姿を書いてみよう、というお話
タイトルは「働く少年」

「ぽぷらさんとやる夫のなれそめでも書こうか」 と思い立ち、舞台を整えました
当初はメインストーリーで来店することを考えていましたが、このあたりから
話の徐々に方向性が変化してゆき、ストッキングさんの登場となりました

そして、実はオチに困った話でもありました
当初考えていたやる夫で落とすシーンはオマケですし、どーしよーかなー
と考えた末に、山田で上げて杏子ちゃんで落としました
この二人、オチが思いついていれば登場すらしなかったと思います

でもWammy's Houseメンバーではこの二人が一番動かしやすいという矛盾

隠しメニュー「みつどもえ」にマミさんの頭があるのは、当初配役に無かったため
なのですが、逆に自分の顔を光栄に思っているというマミさんの天然ぶりに
拍車をかけてくれました  災い転じてなんとやら
ちなみに、顔AAの残り二人は、るろ剣・雪代巴、ローゼン・柏葉巴です
こんな扱いでごめんなさい

あと、やる夫の告白シーンは個人的に物凄く気に入っています
あのテンポと台詞の勢いは何度読んでもクスリときます


87 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:29:01 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第08回

              . - ─ - .
                /::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
           /:::::::::::::\:::::メ、::::ヽ:ヽ
          /::::/:/:人:::::::::X/:\::::ヽ:ヽ
            //:://:/!  \:::::::\:_::レヌ::::::i
         l:i::::i::l:::l::!   >-.┬::く::ト.:X::ト、      せっかく本編に顔を出してるし
         |:l::::l::l:::iリ    .化r:i|:::i::i::レ::l::l|
         |:l::::l::l::ルrテ.   `ー' |:::l::l::|::::l::l|       エピローグも出演してるし
.        从: |::l:::ト.必! .     ノ::i!::! !::::i::リ
        /  Y|::l:::l:l|   < ノ ル'レリ::::::ル' __       あたしたち部活メンバーで
           |::l:::l:l|> ‐-ァ く  /レ'イ´: : メvヌ
           |::l:::l:リソ: ∩X Yソ: : : : : : : : : :: : :く   もっとヨーコのキャラを掘り下げられたかなぁ、と
           レハルく: : :| |ん、K: : : :メ´⌒ <: :て
.               .ィハ::| |   | 「   i  /´/⌒i!   ちょっと思った>>1なのでした
              / f ニ __,|   | |    レ' //´`!
         /  /し'´  ノ_/__ ! !   j   { レ'ノ
        /   i {  」::::::::::::| |◎ ノ    フ /!
       /     | レ'´ \ノY:| |  /   ./ /ノ
      /  ヽ.  /.!  X  ノ: : : :フ /    / /.|
.   /   __ ∨  .|  リ \ ソ: : :くK\  / / |
  〈    ´  {   ! /::::::ノ Y: : : :∧`ーx」 i  j
.   \     \ ノ 〈 V::::〉: }: : :Y  `ー‐r-'  /!
     \ .ソトvV  ∧.〉::`Y: : : j      /∧!


ヨーコさんメイン、のお話
タイトルは「狙撃少女」  結構ムリヤリな日本語

このあたりから、どうやってやらない夫と二人きりにするかを悩むことに
迷った末、次のカレー回に絡めて、二人で買出しという結果に
多分、一番苦しい理由で二人きりになったと思います

実はこのお話まで、クラス委員などという設定は決めていなかったり
でも、このクラスならこの二人しか居ないよなぁ、と自分で納得
こういうのが筋書きの無いドラマという奴でしょうか   違うか

悩みを聞いて、ステキな言葉で解決する
珈琲が無いだけで、マスターに一番近いお話です

このお話でない夫は「暗い顔してたって――」 とヨーコの過去の発言を
振り返っていますが、これは第3話でヨーコが本当に言った言葉です
これ以外にも、以前の発言を踏まえて台詞回しを考えるのは何回かやって
いますが、誰かそれに気づいていたんだろうか……

射撃部の面々は完全に趣味です
しかしよくよく考えると   ピストル射撃 : ヴァッシュ  アサギ  のび太
                ライフル射撃 : ゴルゴ    ヨーコ   キノ(ピストル兼)

すごくバランスが良い事に気づきました


88 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:30:01 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第09回

           ,.-‐、    |`ー-.、_
           /'   \-‐'´|、 .、   ̄ ̄`ー-.、_
        /     _\/::∨ ヽ、ヽ、:.     `ヽ、
        /     : |;ヘ: : : :∨  |、 ヽ:.     ∧
         /.,'     :: |'`゛``|´∨ |∨ :ハ::.   ヘ::ハ     まとめサイトさんにあったコメントなんやけど
.       | :     i: |   |  ∨:| ∨  :| ::: :、:: ∧:|
.        | :    i |l: |\  |   | :|  V/|、:::.∧:: ∧    「摩り下ろしのリンゴ+ご飯って食えるんじゃね?」
.         | i    |: :|| |   ヽ.|  | |、/l  |∨:::.∧::、:.∧
       | |   |: :||/___、 |  |/  ∨ | ∨::: ∧リ\ヘ   >>1はその組み合わせ、想像しただけで吐き気が…
       | |   |: マ弐テォ、      ,_∨l,, ∨::: ∧   `
        | |i   |i::|、 V:ィ:;|     ミ三彡"ハ\:: : |      でもまぁ、味覚はそれぞれやから、確かに20kgという
        | ||    |l:∧ ゛-‐            |:|_ノ\:|
        | |:|    |ト、ゝ      `      ゛゛/|:|    `     量をネタにした方が納得は出来たかもなぁ…
.      | | ∨   ||:::|`ヽ、  ー-‐(   / |:|
.      | | ∨  ||::|   ,>:::r -::r::<、  |:|         …ちと反省です
       |:|  ∨ ||::| /_r:‐┴v┴‐ュ_::\__|:|
       |:|   \||::|‐'´ゝ::─‐r‐r──‐:;'´ |:|‐-、
       |'   /´  |:|   `ヽ. |o:|   ..ノ´:  レ ,ハ
          |ヽ  .|:|      |o:|'"      /:: |
          | `Y |'      ~        ハ::: |


全員ではっちゃけるか、というお話
タイトルは「食うか死ぬか」   考えておいてなんだけど、ひどいタイトル

クラス全員で何かやるかと思い立ち、じゃあ料理勝負したらいいんじゃない、と思いました
なぜカレーかというと、ペルソナ4のムドカレーからです
当初はペルソナ4のカレンダーイベントで進めようかな―、と考えていた名残です
林間学校のイベントをアレンジしたということですね

ない夫のチームは、あまり絡んでなかったエド・ミク・ばらしーを
Bチームのこなた達は割とマジメチーム
Cチームはいうまでもなくオチ要因   太公望と長門は犠牲になったのだ…

ちなみに優勝チームがBチームになったのは、ない夫優勝ってのも安直すぎるな、というのと
私が辛いカレーが好き、という理由でした   今考えるとろくでもない理由です


89 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:31:01 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  1000安価

        /:.〃:.:./:.;.:.:.:.:.::.:./.  . : : : , : .           、 \ \\\
        ,:.:/:.:/:./:.:.:.:.::.,:.':.: :., . . : :/: : : : . . . .:   : : : : : :. :. 、: :\: : ヽ\ヽ
        {/:.:,':./:.:.:.:.:.:.:./: : : /: : : : :/: : : : ;.、: : : : . : ヽ: : :ヽ:.、: ヽ: :、ヽ: :}  ヽ}
        {:.:/::,':.:.:.:.;.:.:.:../:.:: : /: ;': : :/:.:.;:. : / :iヽ: :ヽ: . : :ハ: : : }: ',: : : :..ヽヾi   j
          V:./:.:.::./:.:.:./:.:.:.:.:/:./:.:.:./}:.:/:..:/}:.:.:} i;:.::.:.}: : }:j,.}=‐ァi-:}:..:}i: : :} }   /
   __   V{i:.:.:/ー=ミ :.:.:.:..{:.:.{:.: :/ j:/;.:,ィ=j-ァ‐}i:.:,イ}:.:.// i:.;イ:.}イ: :jハ: :j ,/
. ,ィ´:::::::::::::`≧xV:.:.f f ヽ{:.:.: :. i:.:..l:.:/ /;ハjノ  }ノ 从ノ/Ⅳ/ /jノ}ノ:.:|:.:ノ _}/     やらない夫に幼馴染っていうのは
ゝ:::::::::,ィ彡":.:.:.:.:.\:{ rf=ォ:.:   |:.:.:|/ /            `ー=彡':..:..:|/
:.:.:.`:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.>ヾゝ!:.:.  !:.:.:{  .≧xzzzィ彡'     i    }: :.:..|         ホント予想外だったみたい
ヽ:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.;ィニf二ニ{:.:.:.. ',:.:.ヽ            ..::`ァ  ノ: : :..|
 .>:‐=彡'"´      `ヽ:.:.:.:.:.,ヾ:.:.:ミ=-            ′イ:..:.. . |         でも、こういうのが投下する楽しみでも
 {:.:./              \/.:. ∧㍉、      ー= ´,.イ   |:..:.: : .|
 >´                  ∨:.:.∧            /  ヽ .|:..:.: : .|         あるんだよね~
/                 V/.:∧ ..> ー= ―'    ∨!: : : : |
                        \/∧ .{ハ   \.     ∨:..: : :|
                        \:.:\           }:.: : : |


やらない夫の幼馴染という、考えもしなかった安価
でもまぁ面白そうだから採用しました

美月さんとやらない夫の関係は 「良い関係」 としました
何でも言い合える関係というか、互いを男女としてではなく
「赤坂美月」と「やらない夫」として見ている関係でしょうか

ある意味、一番長続きする関係なのかもしれません

あとで思い返してみたら、美月さんはゲーム本編でも
「男と女って意識してギクシャクなんかしたら、つまらないよ」
という台詞を言ってるんですよね
無意識でそのことを覚えてたのかしら   多分、偶然でしょうけど

安価により、赤坂美月さんが幼馴染として採用されましたが
もし我妻由乃さんが選ばれていた場合は
「友達以上、恋人未満」な美月さんとは真逆に
「彼以外目に入らない盲目的恋愛者」となる予定でした

あれ…それ春香さんじゃね?


91 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:32:15 ID:SIioDBso

ひでえけど前作の春香さん見てると否定できねえw


92 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:32:44 ID:M4BHO2JY

ゆのっちverもまた別の形で見てみたくはある、余裕と構想があればだけど


90 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:32:01 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第10話

                   ,イ ,イ  ,__ヽ
                /  ,.イ  豺テハ__,........._,.,ィィ'lハ
               /  /   弋ヘノ´ ̄`.ヽ `ヽハヘ.l
               /,、./   ,/`=i,-‐r― 、 ` 、_〉' ノハ
            ,イ 、':::,イ    ,イ   l illll!ヽ__,!  ,__ l l .i
          ,イ  .,イ    ,イ    Vlll    `‐i、_,.イ .l .l     薔薇水晶はばらしーだから…
         .,イ   ,イ    ,イ    .,イr‐ミ,ヽ_, -=、、ィi   .l _ l
          ,イ   .,イ    ./    / ri'´ .lY  / .'リl.l   .l_,!.l     私はどろしーね!
      ,イ   /     ./     ,' .l ヘ  ll  ,! ,'´ll   l .l
     ,イ    /    ./     {__i′.ハ  l  l ,! l.l   l .l    なんて会話も考えてたわ
     ,イ    ./      /     r'三二ミハ 、!  .l l ,、.l┴-、 l .l
   .,イ    /    ./    ,イ´フ`‐、ミ三〕l,.., -‐―-ヽ .  `,.l  l
  ./    /      /     /  .,! ,(>' ´ .i      .ll.l  `'、 l
 /     /      /    ,イ___レ'´     l     ,ノ,! .ヽ、  ` .、
./    /    ,'    l三l三l三l     ,」.      l l   \   ` 、


ばらしーメイン回、のお話
タイトルは「形成する少女」  まぁ彫刻って意味です

ばらしーの独特なノリが存分に発揮されたお話でした
その不思議空間に巻き込まれて、やらない夫も翻弄されてしまう
ある意味、やらない夫も御しえない存在として書いてみました
お父さんっ子ってキャラクターとして初めて書いたんですが
…なんか良いなぁ   親父はすごくアレですけども

ばらしーを書いていて思ったんですけども
私、無口系キャラ好きね
書いていて面白いからかなぁ

あとばらしーの台詞に何回か出てきました「先輩」というのは
設定上は、美術部に在籍している三年生の岸辺露伴さん
あとドロッセルお嬢様も同じ二年生で部活仲間となっていました
双方出番は失われましたが

ここいらで書きためが尽きてマジ焦りました


93 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:33:01 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第11話

                       
             _,,. -‐::::::::::::‐..、  
            ,. <:::::::¨ニ ミ、`:::ヽ::ハ 
        /:::::::::::::-‐三三ニ::)ヽ}:::::::ノ
      /::::::::::::-‐ ¨::::::::::::/::::/::::::;::リ           去年のお化け屋敷の装飾は
     ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::"::::/::::::,ノヽ!
   ,.イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>'"   l          僕が担当していたんだ
   ,>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>'"    .ハ i
  〃ニ::::::::::ト;/ヽ/"/// / 丶、 /,r_lハ          薔薇水晶くんの先輩関連のネタは
 ー=ラ:::::::::ヘ     ,.、  ./.,, __ ∨,ッフ.!..,,_
  /レ/>''">‐- 、ヘ/ ヽ.,ィtテァシ   !  l   ̄ヽ‐、---=  オマケでフォローしようかと思ったんだけど
     l´  ', 「ハ `┘i  `¨ ´  ,  ', l、l  Vヽ \
        \ヽし、 ヽ.       L、.ィ ,i ¨  \',l  /i/  結局お蔵入りにしちゃったね…
        /l`¨I´'、  `     _,, =' ) /l   i / / /
        /,ィ:/ F.i `> ..,_   ` ー''丁/: : l___ l:i.//─
      l\i:/   !i ! ヽ   ¨  ー‐ ':/: : : : : :`>"´ ̄
      l  ` ー- ..,,__     〈  /: : : : : :/¨ヽ
     /ヽ、          ̄ ̄l |.∨; : : : /ニヽ ,ノ /
   /    > ..,,__  _..  -‐┘! ( 〉: : !、  _ノ └
  ,.'  ¨"´       ̄  _,,.. /   ll: : ,ノ`¨  /、  /
 /   /        /      r┴ァ/ 、  /  ` /


文化祭の相談しようぜ磯野~、というお話
タイトルは「祭りの支度」

あと、冒頭のコントでミクさんの正体を仄めかしたんですが
これはもうちょっと曖昧にする予定でした
でもなかなか上手い言い回しが思いつかず、中の人の名前そのままに
でも芸名として次に繋がったので、まぁ良いかと思ったり

文化祭で喫茶店をやるという行為は、のちのマスターフラグなんですが
逆に言えば、この時点で私は物語をどう終わらせるかを考えていました
このお話は、やらない夫が珈琲に走る " きっかけ " ですね

ちなみに、プロットが難航したお話でもあります
過去はどういう出し物があったのか、じゃあ自分達は何をやりたいのか
そしてやるためには、どういった点を打ち出して差別化を図るのか

それらを会話の中で行うので、何を誰にどう喋らせるかという台詞回しが
非常に大変でした
テンポよく会議が進んだように感じられたでしょうか?

作り手にミク・長門が選出されたのは
長門さんは、「第4話ぶりにを表に出そう」という理由です
ミクさんになったのは、次の話の展開上です
[料理◎] のこなたと[料理○] のばらしーには、珈琲以外を作ってもらおう
[味覚×] のホロ、[料理×] のヨーコは無論、選外です


94 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:34:00 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第12話

                / ̄ ` "''"´ ̄ `''==s 、
             , -‐'              ヾ\
            /      ::.            \ヽ
           /     :.   :::..    ヽ     :..  ヽ .ヾi,
          ./     :::i   ::::.   _|\_  ::::  ::l  li      当初はMEIKOさんの役割は
         /  .:   ::::|ヽ,ヽ ::::::.. : :´.i _ヽ_`ヽ::: :::::|  |i,
         ,'  i::::.  :: ::_:√ヽ...ヽ_:::::..::::|z==、 ';:::. ::::::l:i  l i     私(ルカ)がやってたのよねぇ…
         l :: : |:::::.. :::'ヽ l ,z=、 ヽ:::::::'l.仆テ∧ヽlヽ: ::::Li | ',
         | :::::/';:::::. ::i:: :'/{∧ラハ  i`:':.、弋_ソ !:::l:::/ |/ヽ . l    でも文化祭の展開を考え始めて
         l:::::l/ヽ::::. :|i !::弋_ソ  ;!::..      ./ i::::|' ./ヽ | |
         |';::|/ | |\ lヽヽ             ./ /! l  l  | l  l   VOCALOIDシリーズのメンバーを組んだ方がいいな
         / ヾ!!//  ヽ! l `             / ' /  .! ヽ.ノノ::  |
        /  ヽ'_  /、  ':,      ゚     // : ゙ーl ´ :|::  .l   と思って急遽役割を変更
        /  .:::: .l/´ノ/ノ-ヽ、       / |/ .:/ :::::|  :l:: : |
       ./  .::: / イ//'‐--' `>- ....-'   ! .::/| :::::l  ::l:: :. l  …そしたら出番が無くなっちゃた
      _ -  ´  ´ <  l::..\,.. -'‐ ニ!ニ  ‐-//.,l ::::::|  :l::  :: |
    /         ソ l:::..<..- '' l .| l;;;;;;;; ̄' '' ‐-! :::::::l::. ::  :: l
   /       ノf--イ.l::.. l /!;;;;;;;;r ニヽ;;;;;;;/;;;;;;;;;/ :::::::/:::   _ |
   ノ     r-イ .|  | ヽ:: ヽ;;!;;;;;;;| l  l i;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ :::::/-z ' ´  `ヽ



ミクさんメイン、のお話
タイトルは「歌う少女」

普段のノリとは裏腹に、頑張りやさんな彼女が抱えている悩みが吐露され
それを受けたない夫さんがイイ一言を放つ展開なのですが
ミクさんが自重しないので、ものすごいノリの軽いお話に

ない夫さんが珈琲に目覚めている発言をしたり
ナイトオウルの店名が決まったりと、後につながる重要な回だと思うのですが
ミクさんのシリアスブレイカーっぷりには霞んでしまいます
さすが圭一の意思を継ぐもの…

…ここに彼女を持ってきたのは人選ミスだったやも

まぁおきらくだけじゃない一面も書けたので私としては好きな話だったり


95 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:35:00 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第13話 その1

          _,,.. --──-__/\
       ,..::''"::::;::::::::::::::::::\  龍 >
      /:::::::::::::::::_;;::::: -─ |_,.. -、 .|:::\
     /::::::::;>''"´         ヾ!<:;ハ
     |::::/  /  /         ヽ. \|
.     Y   ,'   ./ /-/|  /| ,    ', ハ
     |   |   ,' / ァ_-、|_/ |_/-/|  |.  !
     |   |   | |イ´ ハ    ァテ、! ,'   |     私は前作にも関係しない唯一のマスター職ね!
     ,'    \__!__| ゝ-゚'     l_リ ハ/   /
    ./     / (_{X}xx     '   x|_/      …ポッと出とも言うけど
    /   /   }X{、  l´ ̄ ヽ  ,ハ/
  ,:'  /    /∨}|\   - ' ,. イX}         最初からプロットに存在していれば
 ./ ./  __ / }X{ト 、`'ーrァ''´/ 八メヽ
../ ´,  /  `ヾ} ̄ヽrく} ̄ ̄「「lヽ、ハメ)        もうちょっと絡みもあったのかな…
'  //      l_アハ」、__/|ハ∧[`ヾr‐┐
 //         /  |:::::::::::(ンヽ):::\[]__/
./ |-、       |_/::::::::::::::::\}|::::::::::`ヽヽ   ,-、_
  l__/>/ ̄`ヽ/ }|:::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::Y ./ / ,  `ヽ
  /`'ー/   、\|、.ソ::::::::::::::::::::::::::::l]ハl]:::::::::::::l (し'_/_/  ハ|
. /  /   ヽソノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::;ハ   ヽ.,_'ー( |
,'  ./   _ノ´/ヽ;::::::`゙''::::::::::::::::::::l]{l]:::::::イ/ \  /`  |
  /   /\/  ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::|'    `゙/    !


やらない夫の契機&ストッキングさん、のお話
タイトルは「お菓子天国」  お菓子好きですので

第13話と第14話は、どういう流れにするか非常に迷いました
最初期のプロットでは
「肉親に反対されてまでも貫きたい夢を持った彼女(ストッキング)に出会い、
すぐそこにあった夢を目指した自分(ない夫)が、ひどく薄っぺらに見えて困惑する」
という流れでした

ですが、これまでない夫を書いてきて、彼に迷いが生まれるとすれば
「どちらも遜色ない二つの夢の板ばさみに合う」 
こちらの方が相応しいかと思ったので、現在の流れに変更し、彼女の役割は
「持っていた夢と、新たな夢、どちらを選ぶかの岐路」
ここに導く役割となりました

まぁ、ヒロイン役から落とされても、重要な役割と担ったということで
私の中での扱いは大きいです


96 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:36:00 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第13話 その2

       /  / \      ∨   :/   |---―…'''''¨¨´
       . ′ //  / \     ∨ :/ /         \
.     / /ニ|   ヽ   \     V/            \          /
  / /ニニ.|   \__〉` ー─────────xヽ      /    スパイク氏の珈琲が " 決定打 " だとしたら
__ .... イ三三三|_        |     /      `ヽ   | i       /
三三三三三三リ\      / !⌒ヽ   \____/   | |    〈      私の珈琲が " 火種 " ということになるのか
` <ニニ三三八  ` ー<  ノ   \            八       ‘,
   ` <三三从      Y´      ヽ_______   \\   ‘,
        ノ乂     `ヽヽ             } }}  ヽ /'\\  \
        イノ∧    -- ..         イ人   ハハニ`ヽ\
        // ∧     ` ー`ヽ         ノ乂个ー′三三ニニニ\
          / ∨ ハ     ヾゝ           //ノノ丿` <三三三三三
.         /{/\\∧           .  ´//     ` <三三三
      __/.:乂: : \\ 、      .  ´   /_
二三三三ヘ: : : : : : :.\\`¨¨¨¨´    .  ´ /


当初のプロットで、ストさんとない夫さんは
「駄目なお菓子を出す店にケチつけてるストさんを、ない夫さんが華麗に助ける」
という展開で出会うことになっていましたが、どーにもいい絵が思い浮かばず

「珈琲の練習をしている→材料を調達するお店が必要→その店で出会う」
こんな流れに改変しました

私が実際に豆を買いに言っている「珈琲焙煎工房 美鈴」という店があったので
マスターは悩むことなく美鈴さんになりました
裏表の無いさわやかなお姉さんです    子持ちですけど
旦那さんは登場していませんでしたが、設定上はバキ・烈海王さんです

また、ない夫さんに衝撃を与えたマスター・シャアですが
彼の精神を受け継いだのが、マスター・クルーゼとなります
まぁ「仮面」に「珈琲」に店名が「サンライズ」なので丸分かりでしょうけども

この話の最後に、普段は固定AAのない夫さんがすごく動きましたが
「ぶれない男が、初めてぶれた」みたいな意味を込めていたり
あとこのシーンを作っていて
「ウチのない夫がこんなに表情豊かなわけがない」
とか酷いことを考えていました

BGMはちょうど制作中にこの曲がかかり、ピッタリだ、と思ったので


97 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:37:00 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第14話

                        、_ -‐:、―<ヽ.ヘ_
                   _> : : : : : : : : : : : : <__
                    -―`: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∠    よく考えたら
                   \ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                 <: : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : Σ  前作から数えても俺とない夫って
                    厶イ : : : 从:/`ヽ:イハ:、 : : : : : : : : /
                   ノイ : 〈 ̄ヽ  ̄¨`メヘ : ト、 : : : ア   一度も会話してねーんだよなぁ……
                     /フ} ̄j:  ` ̄  ノ:ノ 八: 彡
                        /      /` ー-=ミゞ     __ _/\    _ .へ
                      _ .. -ヘ` ___ |    _{ __. -/.:.:.:.:/:.:.::::::::::>':"´.:.:.:/.:.:\
      _ ..  --―…r ――.:.ァへ>-、:.ヽ ー‐' |   /ア.:.:/.:.:.:.:.:.:.'.:.::::::/:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.
     _ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:::.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ゝ-: イ_/  /. /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.::/.:.:.:.:.:://.:.::/ ̄
   /:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.|:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. / ∨ :} /  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|/.:.:.:::::://.:.:.:.「 ,__
   「 ̄ \∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:':.!:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:./∧/ ̄/ .//-― 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{.:..:::://.:./.::::|/
  /     \::::::::::::..:.:.:::.:.',|::::::j.:.:.:.:.:.:.:.:.,' 、 }マ"´_//     \.:.:.:.:.:.::.j /:.:.:.:./::::::::::/
.  У ̄¨ヽ,  ヽ、:::::::::\:::::{:::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:∨ //  ./        ヽ:.::::::イ.:.:.:.:/:::_>"7
ー/    ,ヘ _/-’ ̄` <\|::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_{__./        / ̄.:::::/.:.:/:::/   /
. /   / ̄       ` ソ.:.:.:.:.:.:.:.:..,. :´      __/:.:.:.::::::/.:.:/:::/.   /
/  ./             {.:.:.:.:.:.:.:.:/   -‐.:.:.:.: ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/.:.:/::::/´    ./   ./


ホロさんメイン、のお話
タイトルは「一味違う少女」  原作が「狼と香辛料」なんで

ホロさんには、ない夫が解決する悩みとかないよね
そう思って、彼女にはない夫さんの迷いを打ち払ってもらうことにしました
相も変わらず、よくAAの変化するない夫さんにイイ言葉を浴びせるホロさん
いつもとは真逆の形が、私には新鮮でした

場所を屋上にしたのは、メイン回の通例で二人きりにするためと
第2話のオマージュ的な感じで、仗助の心情に自分を重ね合わせる
シーンを思いついたからです

屋上のシーンが終わり、ない夫さんが前回と同じくモノローグに突入して
前作のラストで明かされたスパイク師匠の店へと向かうのですが
ここの台詞は、作中で一番リテイクを繰り返しました

そもそも、「マスター」の終わりで考えていた初期案と、現在の物語案は
大幅に変わっているので、統合性をとるのに非常に苦労したわけで
もしかしたら、何も考えず物語を作ってた一番の弊害だったかもしれません

そしてラストに親父登場です
真っ当なことを言ってる気がするのですが、どうみてもラスボスなのが困りました


98 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:38:00 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第15話

                _
             ,.ィ<´__
          ,ィ≦爪マムマムミム、__
         ,ril州lム.Ⅶli、マムⅥli圭圭≧=‐'
        ィil州州Ⅶl|!ト州州Ⅶ州州圭'′
        i!ソリl州}.Ⅵliムヾ;rt‐Ⅶ州州ミヾ、    『使ってみると分かる、僕の異様な利便性』
        リjネィf'li ̄ヾⅦ、,`リ '.}州州lム、
        イ州州iz‐zミ   イl云lil州州` ヽ    『どんな使い方をしても " クマーだなぁ " と思われるのは』
        ,ル州=li fサ    ゞ-''洲ハヾl、
          .lr.、マ、     .}     i|ハ!        『キャラクターの懐が深いってことかな』
          .!}ヽ_ム、   ., ァ  ./′
            l从}.ヽ.、` _, イ_
          |l二ニ===┬┴≧                           __
          .,ィ≦三三三}.| l三Zト、_                   / / ,___
.       ,.ィ//////////ミリ///////7777z、             / ` ̄`ヽ、二ニ≧
     ,ィ/ハ'//////////,o'///////////,'ハ、            .|   , -―‐―─‐}
    〃///ム'////////f´_ ̄-=}'//////,i//i、        ,ィ77Z} ./  , '´ ̄ ̄´
   ,イ'/////,ム'///////,{;;  ‐=}'/////,i///≧、      ////l,.ヽ__z,/
    f三ニ=///ム'//////l=--、=}'/////l//ニ三ハ、    //////>zzハ、
   ル'/////////Z7=/'´ ー―‐`/////,{三三三'ム、_ _////////////>
   }三二彡'///,.イ/}l{   `二二/////,{///////////////////////
    ル//ィzzzrz'///|..|    ,.ィ///////,トミ//////////{:|l///////,'´
  .,'/,イ/////o'///l、`Z7///,o'//////ハ  ヾ////lリ'//!:!;'//////
  .///////////////>zイ////////////i   `ヾ////ム'/////


ラスト前の2-A教室、というお話
タイトルは「祭りの前」

「祭りは、準備をしている時が面白い」と言いますが、
最後のお話の前に、いつものクラス風景を書きたいな、と思ったもので

ホントはもっと前に登場する予定だったクマー校長と幻海教頭
全校集会とかで、文化祭に向けての挨拶をさせたりする予定でしたが
その場を与えられず、ここでの登場となりました
圭一の上位互換として書いたら、案の定ひどいことになりました
でも似合う  さすがクマー

みんなが頼んだジュースですが、コンビニのサンクスで全て買うことができます
まぁ、三ツ矢アップルサイダーは9月末くらいで店頭から消えてましたが…

今回も過去の話 (第3話) のオマージュとして、今度は女性陣に男性陣を
イジってもらいました
なんだか、コスプレしない他の男子がもったいないなぁ、と思ったので

K1→キラ、エド→ジョルノ、はほぼ即決  藤木くんもフォーゼ放映中ということで
ゲンちゃん繋がりで  こなたが以前藤木くんをゲンちゃんと呼んでいたのが
こんなところで生きるとは思わなかったです
一番悩んだのは仗助のコスプレでした
「ジョー東」か「矢吹丈」か最後まで悩みましたが、名前ネタということで東さんに


99 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:38:48 ID:M4BHO2JY

流石原作主人公だけはあr・・・え?


100 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:39:00 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第16話 その1

              r ‐ 、
               j  ノ
           _,. ∠ニヾ、
         /     _  `ヽ
         /, '´     `ヽ   i,
       //   /./ .i    ! ノヽ
        ! !   .,1/! l |   .lヽ-, !      ななこ先生と親友、っていう設定は
       ! l   l l !.l7ー!'´ ノ l l l
        ヽヽ ーヘヽ l' '='´'i l' |      結局生きなかったなぁ…
         ヽ_,ィ-‐'   , 、 ! l _!_
         | 〉、'' 、- ' ノ,ィ1 !´  l   _, - 、_, 、
  rー ',ニヽ  l /  7''ヽ〒' ( ! !, ! .!  ,ィl、 -、ーく
  7´/ ,ノ>、//  l ゝ'ヽ_Y_fフ i ヽ !'.レ'^ヾ>‐、_ー_'、
 ,イ(´r''´ ゞ/´`ヽ、. l/ `ー! o r''く  l l/  /    ヽ))
. ((/‐' ,l ̄.l    ヽ!   /) ,.ゝr' .,' l! イ
   / ! ノ  r__ ,>‐く_/7  l_ ,ィ l Y |
   `ヽト !    ィ1、ヽ、_ l __ヽ l  !、ヽ!
     ! ヽ , ィ´l l ヽ、 -´--‐1  ! `ー
     ヽ,.イ / / lー, 、 _` ー--_,!  l
       l /  ,' ,'  l  ̄ ̄  l   l


最後なんだから、これまでのキャラ総出演させたる、というお話
タイトルは「お祭り」
前話で二回「~FESTIVAL」を使っているので、最終話を「CARNIVAL」にしたんですが
別に物騒な意味を込めた訳じゃありません
まぁ、一部キャラが物騒なことになっていましたけどね

最初の言葉通り、総出演を目指して話をつくりました
一日目を飛ばして二日目からにしたのは、他クラスの描写を最低限に
留めるためと、先生方の描写を入れるためでした
メインは完全に二日目ですしね

ということで、入れ替わり立ち替わりで来店させて、来た人たちに関連した人物を
メインで喋らせ、それでも顔を出せない人はアイキャッチに一コマ出し
それでも顔を出せない人はエンドロールに顔を出させ……と
ともかく数多くのキャラを登場人物・サブキャラを出しました

それでも、Wammy's House、美鈴さん、シャアさんはお店持ちなので、例え日曜といえども
これないだろうなー、ということでWammy's Houseからの代表という形になりましたが

女性陣のAAも、本来はメイド服なのですが、まともに着ているのはばらしー、長門さん
こなたくらいですね  ミクさんのメイド服が無いのは以外でした……
ということで、ミクさんは眼鏡ver ヨーコさんは大人ver ホロさんは通常服以外に
他AAからのヘッドドレスを合成したり、と色々やりましたが、それっぽく見えていたでしょうか?
長門さんとヨーコさんの眼鏡合成が地味に大変でした

……で言われて気付いた眼鏡率の高さ
そうか、この最終話は眼鏡フェスティバルだったんだね


102 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:40:00 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  第16話 その2

  ' ;...   :.'.         i,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,i           ,:   .;
   ,.::.  :.:.,'      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.‘,          ,:   .;
.   ,'   .:.'       /.: : :i!: : : :i!: : : : : : : : : : : : :.‘,       ,:   .;
   .'  ..,'       i_:_:_:_ii:_:_:_:ii:_:_:_:_:_:_:_: : : : : : : :i       ,:゙  .;
  ':.   ':..        i:.i===' ===i!: : : : : : : |       ,; ..:;
  ,:′  .`:..,     {.ii              i!: i-、.: : : :!       ;. .:;'    前回から皆・勤・賞
  ':.       :..':.     i::i    ,        i!: ii }i:: : : :|       ,: ..;'
   ':...       ':..   i∧           j!: :i!〃..:: : :!     ,: .;'      (物語上は別人)
     ':..:...:  :.:.:. ゙::. ::. .:.丶.....=、      /. :i!: : : : : : :!    ,:'. .;
      ゙゙  ゙゙ ゙   ゙゙ ゙i゙゙:.:.i゙ヽ ゙='     i!: :.i!: : : ィf.v :!   ,...:'...;"
                 i: : :.!   _≧=-─i!: :.i!r、,: : 〉〉==""
                 _|: : ::!</| /¨i ̄ i!: :.iィ"‐ュ///.::!
          . : ' ´ .|: : ::| ./ .^/¨i∨ i!: :..i.}´   i\|
.           /i;   .|: : ::|/i ./  ! `´i!: :.:i{    /  .\


 親父とない夫のシーンは、「Night Owl」に来店したアーカード的な雰囲気を
 意識しました  ここだけ空気が違う… まぁ前話の終わりもそうでしたけど
 息子の巣立ちをレシピという形で残しておきたい、というのは個人的に気に入ってる
 シーンです
 これをやりたいが為に第11話で、レシピ販売を決定した……わけではなく
 作った設定をラストに生かしたという形が正しいです
 STUDENTではよくこういうことをやりました
 しかし…書いていて、やっぱり親子だなぁ、と感じたり

 ちなみに、この話で出たブレンドの名称ですが、前作の繋がりから " SELECT " を
 出すことは確定していたので、それに関連付けPSコントローラーの各ボタンから
 名づけました (十字キーで4個、○・□・△・×ボタンで4個、スタート、セレクトボタン)

 最後を飾ることになったミクのライブシーンですが、当初は本気でVOCALOIDの曲と共に
 ライブシーンをやろうかとも思いましたが、さすがに無理がありすぎると気づき止めに
 一応、ミク、リン、レン、ルカ四人の楽曲から構成した演目も設定上はあったのですが
 書いていくうちに、ライブ最後の曲からエンドロールに移行する流れになったので
 ライブ開始の曲すらも伏せることにしました
 設定だけして本編でボツる、ということがSTUDENTでは多かったですね…

 ミクの最後の台詞は、今の物語を終わらせなければ、次の物語を書けない
 という創作者が抱える共通の悩みじゃないかなぁ、と思います
 大きい物語の基盤を作って、なんでもありにしてしまえば問題ないかもしれませんけど
 そうなると収拾がつかないというジレンマ

 風呂敷は広げ過ぎちゃいかん、と心に決めております


103 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:41:00 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  エピローグ その1

                  /:::::::::::::::::::\::::::::::::::::::\
          _       /::::::::::::::/l::::l::::::::ヽ:::::、::::::::::∧
         n| |、    /::/:::::/:::::/ |::::|ヽ::::::::!:::::ハ::::::::::∧
         | l l ヽ  ./:::/:::::/|::::/ |:::/ ̄`ヽ|::::::::l:::::::::::::l
         / ) ヽ \/::/`!::::|´|:/` |/ イテミハ |:::::::::!::::::::::::|
        〈 〈 \\ ∨ /:|::」/ミュ    しク/ |:::::::::!:::::::::::ハ     私も前回のトンデモ枠の一人ですね!
         `、  、  /  |:::|:| l しク    xxx.  |::::::::|:::::::|:::::ハ
          \ ヽ   |:/:::!xxx  '       !:::::/::::::::|::::::::}    なにせ現役アイドルですよ! アイドル!
           ∧   イ/!:::ハ   r─‐┐  /:::/::::::::/::::::/
          / `ー--'´> ヽ::::\   ヽ__ノ /::::/::::::::/:::/
        /ヽ__/___ \::::\   , ィ/:::::/::,イ/:/
       //     / \_|`<:::::::::::T  | |::/|:/ |/:::>
      /      /- '"´/   -=イレ'l   |/ ̄ ̄ ̄ ス
     /l      /    |   / _,, -─‐'´      /  ハ
.    /  /  ./    ,l\ / /             / /  !
   / /   /} ,-─//|__∨く_______ノ    /
   !       /,, -//´: :O,x</:::::::::::::::::::/       /
   └- -─ '"´  |:::ム====イl: : : \::::::::::::::::,'      /
            |:::::::::| /ll: : : : ||::::::::::::::,'   l   /
            |:::::::::|/::::::::`>、/::::::::::::::,'   !  /
            |::::::::::::::::::::\_:::::::::::::::,'    | /
           /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'    | /
            /:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'     ∨
          /:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      |


前作はエンドロールと共にお客さんたちの本職を明かして、みたいな流れを
やりましたが、今回は卒業後に皆がどんな道を辿ったのか、ということを
エピローグとして考えました

一応縛りみたいなものがあって
「第三者からの視点で、本人は台詞のみ 最後にAAが表示される」
という形式にしました

藤木さんだけ特別扱いですけど

結果的に、それぞれの夢を順風満帆に叶えてみたら、とんでもない精鋭ぞろいに
なったような気がします   まぁ、マスターない夫の客もトンデモばかりでしたし
問題ないんじゃなかろうか、と考えています


104 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:42:00 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  エピローグ その2

            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉   ラグーン号の面子を合わせて
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /     最多出演賞かねぇ、ブラックラグーン枠は…
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・!
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!   /
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl   |   r―
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7   _ / :l   r'  _ノ
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  (マ;ム::::`、l  |   l
       :::|      l    l     丶.__./::マ;ム:::::\ ) ノ
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,:::::::::マム::::::::丿 (
;;;;;;;    :::::/\     l     !        ヽ:::::::::マム::/ _ノ
ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;::::/       l    l         /:::::::::::マッ´:/


【圭一・ホロ】
こいつらはマトモに就職するはずがない、と考えていたので
相性いいんだからもういっそ二人でビッグになっちゃえよ、と思いこのようなお話に
ラグーン号の面子を第三者として選んだのは、前作のバラライカ繋がりです
バラ姉さんに海外からの商品を卸してる、みたいな感じでイメージしました

この二人の組み合わせが割と好評で何よりです


【ミク】
第12話で話だけ出てきたプロデューサーをメインに考えました
ここの繋がりだけは、連載最初期から決めていたエピソードです
本当は社長とPだけだったんですけど、画面がどうにも黒いので
彩りとして小鳥さんを急遽添えました  小鳥さんは可愛いね


105 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:43:00 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  エピローグ その3

          「`'^〉, -‐'ー - 、 「`'^〉
        _r‐f⌒/::::《@》:::::::::f^Y⌒7⌒ヽ
        〈_ヽl/^⌒^⌒^⌒^ヽト~7⌒)イ
         く∠ | /{   〃ハ  トヘんイ_ノ
         くY| l| /_ハ、 /\}メ∨{ / ∧
         〈∧ |lイ━    ━ ノ「`ーヘ. ヽ
    イ三≧|:lヽゝ||     ||∠ノ|:::::::|::|≦三二    この日は仕事で行けなかったのよぉ…
         /|:| /::ゝ、. つ _/ r‐く:::: /|::|  \
       イ |:|ハ:::::::/l:><:::| |:::::::::::: 〉|::|   ト      ちゃんと期間中にはばらしーに会いにいったのよぉ…
       l ノ八`フ:::ヒ@入|::r ┬′|::| ヽノ
        〈/_ 厶>::::::::::::::<_ノlノ}人::.、
       /:::::::/〈/X|::〉::::\::::`ー- 、\〉
       /:::::::/::/::/ 凶ヘ:::\:::\::::::::::\
      ー┬|:::X::/ {   \:::X::/ーr―┘
       ヽー┬~r~r~rへ厶イ
          }三ヲ⌒⌒}三シ-‐,
            /.::::/    ヘ:::::::/
        /.::::/        ̄
        ‘ー≦三三三三三二ニ=

【仗助】
割と原作に忠実のような職種です
恩人さんが非番の警察官ということにしました
原作の祖父も警察官ですし、誰かの役に立つという彼の夢を後押しする存在として
設定したのですが、原作ではあの人は高校生(みたい)なんですよね…
まぁ元々設定を微妙に変えてますし、大人が助けたってことで
アバさんは原作の警官つながりで配役  真面目に働いています
ルシールさんも「おまえのような婆さんが道に迷うか!」状態ですが
好きなおばあさんなので…

【薔薇水晶】
カナさんついに本編進出!
クリボー?  彼は私みたいなもんですから……
薔薇乙女たちを何処まで出すかは悩みましたが、カナさんと真紅さんの二人に
ハイテンションなカナさんに対し、真紅さんはエレガントに振舞わせていただきました
真紅さんは淑女役が本当に似合いますね

レスにもありましたけど、原作のフェイスレスガードだとまちがいなく娘を取られますね
まぁこのお話のフェイスレスさんは幸せになってるから大丈夫!   たぶんね!


106 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:44:00 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  エピローグ その4

       ,イ ̄`
     { ヽ   , -―≦ ̄⌒ヽ
     ヽ ` ̄つ=三⌒`ヾミ、 ヽ
      / ̄´|    、  ヽ  ヾ  ヽ
     /     |    ヽ   ヽ  ヽ  ヽ
.     '    ハ     ト       ヾ  }、
    ,'      |^i     .{ ヽ   .|ヽ   }} lヾ、_
    l      .| {    } __ヽ|_ .X  f、 } 
   '   |  .|, 十ヘ  ヽ ,z-ミ、 ヽ .セ} ,       おっぱい枠が取られてしまう……
  } 人  ト、 {、ィセミ ヽ、{ 代zソ}  〉}"/ _
  '  ヽ  {ヽミ 弋ソ     `´ } ./ ,イ三三ヽ
      了  ヘ`´ '      ノj /<三三三三}
       {    i > 、_ ` _ イ イ  .ト<==セ{
        ∧  }ヽ K{ ヽ  {´   ノミ、:ヾ三比
         ヽ { /ヾ_} ノ  |  f´ : :ヾ: :弋彡
          >{ : : //、` ´>、 }: : : : :ヾ;_}、`ヽ 、_ ィ
         {: :{ z//\ ̄´  } ハ: : : : :{にハ  \ ̄´
         | / イ     _ -∨{: :|: : : : : :}}ハ   ヽ
            >´     /    ∨; { : : : : :ト}ハ   \
         /           ∨ミ: : : : : }ハ ハ     ヽ
        {              ∨{: : : : :l :ハ }    ,、 ヽ
           ヽ    _  、     ∨}: : : :l : : ラ  }  } ヽ  \
          トr、_≧ ̄`―- ―1} }: :: : : : : :   ハ   }  \ ヽ
            } } : : ヽ   ̄´    } ; }: : : : : : }イ }  |   ヽ }
           | l : : : : 〉        { }}: : : : : : |ノ |  ./    ヾ


【エド】
錬金術繋がりで、トトリさんと毒島さんを部下に配役
可愛い後輩が二人も……ギギギ  まぁ、身長が伸びない対価だから許します
後でキャラ設定を確認してみたら、後輩二人はエドより身長が小さいんですね
エド : 156cm  トトリさん : 146cm  毒島さん : 145cm
エドさんは職場で、物凄く穏やかに優しく接しているんじゃないかと思う次第です

【ヨーコ】
特技をそのまま仕事にしました
仕事、というと厳密には語弊がありますが、まぁオリンピック選手ですし
チート揃いの部活メンバーだったから、もはや狙うは世界じゃないかなぁ
と思い、このようなお話になりました
アサギとの関係は永遠のライバル的な感じなんですが、もう少し掘り下げたかったです


107 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:45:00 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  エピローグ その5

                                        ,,
                             .           /( /(  从彡__
                             .    , ノ)/"           フ_,
                              、 ,从ノノノ).:,.; ,:       <_,
                               ヽi;l;l;l;l;l;ノノニノノン       ミ
                               v;ゝ;l;l;l;{ヽヾ 彡''"三;      ミ
                             ..  j;l;l;l;l;j从 ;j__  `ミ三7 ヽ〉ミ;ミ;ミ    俺もだな
                                从;l八_彡rッ゙   7; ) /ミ;ミ;ミ;ミ
                             .     寸 ,´´    ,::  厂"`゛``、
                                  厂 、      ;: ,::   ::ヽ
               , - ,.,,,, ,- 、           .      ゝ彳__,..,    ,.::  j    :::\
             /  ヽ,|,,- ヽ                  て     ,.::  /      :::::::.,
          !  彡":::: ミゞヽ                  ヽ_,.:≦    ′ ,::       ::::::::.,
          / 彡_:::_, ミゞゝ  うむ、皆勤賞だな!        ヽ,::     - ‐  ̄  ‐- :.,
            巛" `´↓`´ iミゞ                     /   /           :::::ヽ
        _,, -‐ゝ| ´ー=-`∧ `丶ー-、                 /  .′            ::::::::,
      /  /   { ヽ、 ̄ ノ 〉     \              ,:  .::{               ::::::}
   ,, -イ      ! ∧  ̄∧ i \   ソ`ヽ、  .           /   ..::l::,           .:: ::|::,
  /   !   _==ゞ ◆●◆ソ       /´丶         /    .:〉:::,,          ,.:::   |:::,
 /    |= == ̄  || 〈|O|〉 ||ミ    /´   .           j     / /       ,.イ;:  /:::,
 ゝ_  i       || ヽ|O|/ || ヾ  /       ノヽ      {    / /           ,.:|;  '::::::,


【太公望】
エルシャダイEND   嘘です
まぁルシフェルさんが店員だったので、お店が拡大したらイーノックさんも
きっと採用されるよね、と思ってこんなお話に
経営方面には明るくないので、こんなことありえん、という記載があるとは思いますが
まぁそこは大きい心で受け止めてください

【こなた】
こなさんは、その思考ゆえにビッグにしづらかったので、前作からのゲストと
ちょい絡む、という感じにしました
ガッツさんをここに選抜したのは、ある意味こなさんも中身と外見が相反しているので
その繋がりですね


108 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:46:00 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  エピローグ その6

            _, -‐‐ ''.'' ─-、
          /´::::::::::::::::::::::::::::::::::`\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          / ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        |::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::|
.       |::::::|::::::::|::::::::l!::::::::::::::::ll、::、:::::::!::::::!
      │::::|:::::::l!|:::::::ll|:::::::::::::::|||:::::||::::::!::::::!
       |:::::::!::::|||∟:_」|l____||.∟:l|: :::|::::::|
       !:::::!| :::|l/'l';jlヾ    ',.イr;リ`!:::: l.!::::|    純和風な方…
      .!::::::l|: :::!|ヽ-'      ヾ-'´|::::::l|:::::|
       |:::::::::!::: ||           |:_:_|:::::::|    私以外にもいらしたのですね…
      .!|::::::::|:::::l、    _'_:_    /::::: :::::|
     ,ll.!::::|::|::::::|:::`t、  ` ´  , . ' :|:::|:::::::: :!
     /l:!:::::|::|::::: |::::::| `''ー- ´|::::::::|::::l: ::::|::l|
    /,|:|:: :l|:l|::::::|:::,r1      |ヽ ::|::::||:::: |:|l|
.   /./|.l : ||.!|::::::l´ .!      |  │::||:::::.|:.lll
   / / l.|,.-||:||::::::|   l __ _ _ /  |:::::l'ト、||::|.|
   /, !' \l |:|:::::.!   .|-ニニ、/   |:::::!.! ,> 、
   ,l! :::::::l...| |:|::::::|ヽ._  |   /  /|:::::|,.|.'/ :::::::: !
   !:|:::!::::::l.!:.!|:::::::ト、 `'- ! .//_┤:::| |/:::::::/ ::|
  l:::|::::ヽ::::l: !|:::::::|ヾ ` ̄ヾ//  ,l|:::::l/|::::::./ :::::!


【藤木】
覚悟さんの後を告いで格闘技指導員に  でもきっとそれだけに留まらず
彼は常に勤勉であり続けると思ったので、武道家のような形になりました
隊員さんは軍人繋がりで集めましたが、後でよく考えたらフルメタル繋がりでもありました

最後に出てきたボーさんですが、原作初期のボーさんと考えています
(だから一人称がオレなんです)
ここで藤木とバトルして、なんやかんやあって、現在のボーさんの性格に至るみたいな
原作スプリガン的なエピソードがあったり
「強敵」と書いて「とも」と読む、そんな関係です
あと、藤木エピローグがなんとなくLIVE A LIVE の現代編のように思えたので
ゲームENDの台詞を使用しました

【長門】
彼女は作家デビューだろうなぁ、と考えていたところへ閃きが
結果、彼女は前作の厨二トリオを生み出したきっかけとなりました
もちろん彼女自体は厨二ではなく、その層に受ける作品を作れる、ということです
この話を書いていて、Web小説家のサイトに入り浸っていた頃を思い出しました
懐かしいなぁ…

それにしても、あの三人に言い寄られる長門さんを想像すると実に和む


109 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:47:00 ID:HcskWePo

■ストーリー解説  エピローグ その7

                            /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
                      /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
                      /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: イ:::::::::::::::::::::::::.ヘ
                      /,.ィ.:::/.::::::::::/.::::::::::::::::::::::::,.イ ,'.:::::::::/l::::::::::::::::.'.
                     /.::/.:::::::: /.:::::/..:::::// | |/.::::::::/ }:::::::::::::::::}
                       {/!::::::::/{:::::// _/| _`ヽ|/.:::::/   !::::::::::::::!::!
                    /ノ:::/{ |:::/ 弋:::::ュ、`/.::/  __ l:::::::::::::::!リ   全てを明らかにする必要など無いだろう
                     /}::::∧ /l{     丁´//  <:::/}:::::i::::::::|
                   厂`ヽ从::ヘ__ l      | ′      /.::/|:::∧!    …隠し事のない人間など居ない
           _______/:::::::::::::..\  ヘl               /.:/ !/
         /..::::::::::::::{:::::::::::..`ヽ::::::::::::::..`丶ヽ ー- .. _     /И
           /.::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::...丶.、:::::::::::..`ヽ.      ̄ ¨/
        /.:::/.::::::::::::::::::/.:`::::::::::...___`ヽ::::::::::::..\   /
         /.:::/.::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::... ̄ ¨ヽ:::::::::..\ ´
      r‐_:/.:::::::::::::::::: /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\::::::丿
      {::::::::::}::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`く
   /.:::::::::/.::::::::::::::: /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\


【やらない夫】
師匠であるスパイクさんの独白  ない夫さんを語るのはこの人しか居ないと思いまして
ここでスパイクさんが話している相手は、修行中にお店に来て、ない夫の珈琲を飲んでいた相手
その後、NightOwl 最初の常連客となった人物になります

……まぁぶっちゃけ銀ちゃんです
NightOwl のお話は最初と最後を銀ちゃんで締めたので、STUDENTでは見えない相手として
登場させました
他の人のエピローグにも銀ちゃんの影があるので、ここで出さなくてもいいかなー、と考えまして


最後のシーンはここに繋がらなきゃ前日譚じゃないよね、ということで
Night Owl の店先で締めました


111 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:48:00 ID:HcskWePo

■好感度について

                              気になってる人もいるかもしれないので
                                前回のようにグラフ化しておきましたお!

               
,,..-''"´      '' -..,,                   ┌────────────────────┐
   ''"⌒ヽ、     `ヽ                 │                                  │
    _       -‐ヽ               │  長門      ★★★★★★★★★★     .│
 /´(;;;c)ヽ      _ ',               │            ★★★★★★★★★★     .│
 ヽ、_ 丿    /r;;cヽ|              .│                                  │
   /´     .ヽ ヽ-' ',              │  ミク         ★★★★★★★★★★   ..│
   ヽ       ',`¨´ ',             │            ★★★★★★☆☆☆☆     .│
    l  ̄ ヽ .__丿     l               │                                  │
    ヽ、  ノ       ,'               │  薔薇水晶   ★★★★★★★★★★    .│
_____.  ̄        /             .│            ★★★★★☆☆☆☆☆     .│
 :::::::::::::::::`ヽ、   _,,..-''´               │                                  │
`''-..,,_::::::::::::::. r''"´                     │  こなた     ★★★★★☆☆☆☆☆    ...│
        ヽ、                     │                                  │
          ヽ、                   │  ヨーコ      .★★★★★★☆☆☆☆    ...│
            ヽ   _丿ヽ         .│                                  │
                 ',   ) .,-.、         .│  ホロ       .★★★★★☆☆☆☆☆    ...│
              |    | . |       │                                  │
               |  /r''⌒ヽ、      │  美月       ★★★★★★★★★★    ...│
                 |  / /―-  l       │                                  │
             | / /―   ./     └────────────────────┘


一応、クラスで彼が立てたフラグで、恋愛へと成長するフラグを立てたのは
作者の中では長門・ミク・薔薇水晶の三人と考えています

ホロはすでに相手がいますし、こなた・ヨーコの二人は友人関係以上にはならない
だろうな、と書いてて思いました
あと、やらない夫さんは接してみて初めてその魅力が解るタイプだと思うので、
クラスメイト以外にはフラグ立ってないと考えています

美月さんに関しては、好感度は高いけど前述したとおり 「良い関係」 を維持しているので
これ以上の成長は無いという感じです

また、マスター編では春香さん、ハクさんが該当者でしょうか
バラライカさんは、前回のENDオマケでガッツさんが相手になっております
あいちゃんは……番外編にて

銀ちゃんに関しては……作者の中で、やらない夫と一緒になるという絵が無いんです
彼女は>>1にとって " Night Owl という店を構成する存在 " と思えるんですよ
銀ちゃんがそこに要るから " Night Owl " というか…
ある意味、すごい特別扱い

これらのフラグをいかにするか…それは番外編で完結させる…つもりです


112 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:49:00 ID:HcskWePo

■次回作について

                           _ , -―- 、
                          /.:::::::::::::::::::::::::::ヘ
                         /从::::::::::::::::::::::::::::',
                         'l'`i Vヾj‐、::::::::::::::::!       げんしけん本編を読み返して
                         j、.j ,,  . (' ト;:::::::::::ノ
                         ヽ_,.、rァ ノ  `ヾ>'_ユ、    俺に幸せになって欲しい、ってーので
                           `ー'  ' _,、‐"  ̄ `  \
                          Z.  `  ̄ `f  ` 、         「斑目さんち」を書いたんだってさ
           。 ,  ―― 、    Z.        ,!、_  ,.\
            o /,  M ヽヽ、ヽ  z         j'‐、__, -!/
            。{.〈レレ レレレv レヘ         /      /       …100レス超える長編に疲れてたのも
             ∬| l-‐ ー-l lミ} 〈         /       /
        ___旦l ト"~ "ィ l≧"        / /    〈          理由の一つだけどね…
     / ※ ̄※ ̄7 ̄※ ̄※ ※\    r'‐"  _,./::l'、_
    /※ ※ ※/ ※ ※ ※ ※ .\. /` 、_, -"|:::| lー'
  /※ ※ ※ ./ ※ ※ ※ ※ ※゙/       / |::::l `!


ひとまずは、「STUDENT」の番外編
そして埋めネタとして投下した「斑目さんち」の作成を行います

多分、番外編だけじゃ1スレ埋まり切らないと思いますので、「斑目さんち」も
一緒に投下しようかな、と考えています
なお、斑目さんとレンさんがNight Owl に来店するお話ですが、「斑目さんち」本編が
ある程度進んでからじゃないと書けないと気づいたので、しばしお待ちください

そして、新作として書こうとしている作品ですが
「ドラゴンクエスト1」 を下敷きにした作品を考えています

現在、平行してプロット作成中ですが、一度ゲームやらないと書けない部分も多いので
しばらく時間がかかるかもしれません
完全なるストーリー物なので、プロット練らないと書けそうにないんですよね…

まぁ現在考えているだけでも、ゲーム本筋をぶっちぎった展開になりそう…というかなってます
ほら、すでにここでも 「DQ1を下 敷 き に」 と言ってるし、まぁいいよね

あと、その話でも主役はやっぱりやらない夫です


113 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:50:00 ID:HcskWePo

■振り返って

                               __   /
                           ,  '´ , -‐‥ ̄'ヾー:、
                         /   /     /  ヽ.丶
                 ,. -‐―‐-、  〈_ /         /:    ', ヽ
                 /         ヽ.   ヽ _    /:     l   ,
              , '           ∧     ヽ _/      !   ',
                /           ∧      // ` ー 、   l   l
            / f⌒i     f⌒i   i      // __   ̄ ヽ __」
             i ゝー′   ゝー′  i     // ./ ̄j〉_
             |     /           i    //  :{「´    `ヽ      途中、ものすごくモチベ下がったり
             |            O   i   //  /ソヽこ r'⌒'⌒'Y,      したこともあったんですが
            i           .∩  / /⌒}7 {/__  __L=薔=.」:l       皆さんのレスがあったからこそ
                i  γ二ヽ    ∪ ./  ゝノ」|ヽf:| l   l ヽ|」_l」ノ/         乗り切ることができました
  ∧    ∧     ∨ ゝー ′     /  //:::::}}  \ー―┐  りイ
  { 乂_ノ .}     〉        /   〈/!:::::{{    ><´ 弋_,ノ┐
  ヘ    ,ィ′    / ―‐   _ ∧    {{::::」} , -‐!〈,小.」 L. ト  ̄`¨Tァ   みなさんのレスは宝物かしら!
    `ーイ \   /  ―‐ / _    i    ゞ='´   | 天  \    // )
       ! ヽ \// ゝー ./ _ ∧', i         / t.jュ     \ //、´
        ヽ. \ / ,イ   /    /  i   i        Y /|ー- 、__゙Y_ \
          ゝー‐"/   /   o i  i │i        {{::| , -┘    l:::::::::::}〕
           / /´ ̄`ヽ 0 |  ゝー′       ヾ/ /      |:::::::ノ'
           ,'   ゝー一′. i        , - 、  .r┘ l, / j   ノ= '´
            ,  /   ∨.  i       〈   〈ヘ ㍉_    _r'┘ jト 、
            /./ /\ ∨  i        ',  水入 /∟「ノ  又´}  |
          (_,,/   .\∨ j        ヽ   y' __    f士ソ  |
     二三三三三二二二三三三二  二三三\/三三三二二.\__ノ
       二二二一一一一二二二     二三三三二一   ̄ ̄


前作の " マスターやらない夫 " と比較してみて
やっぱり短編より長編は大変だ、ということを身をもって実感しました

製作にかかる時間もそうですが、掛け合いがメインのお話で
誰に何を喋らせるか、その場所(舞台)をどう整えるか、その話をどう落とすのか
そういった要素を考えていくのが、非常に時間のかかる作業でした
前作では登場人物が基本二人  そしてテンプレートもあるという
基本形態が出来ていたのは、今考えればすごく便利だったんだな、と思いました
最初にそうやっておいたから、ちゃんと完結できたんだな…と改めて感じます

紙の下書きなぞする余裕も無く、最近では(´д`)Edit で台詞だけ打ち込んで
その後AAを当てはめて清書していくという形式になっていきました
まぁそっちのほうが作業しやすいですし、早いからいいんですけどもね

本当は、" STUDENT " も短編(40~50)くらいで収めようと思っていたのですが
いま思うと浅はかな考えでございました
本編は第16話で終了し、総レス数は1940コマ
前作は裏話・ENDオマケを含めて1172コマですので、非常に濃い16話だったなぁ…

と、まぁこんなことを考えながら作ったお話でした

それでは、この裏話をもって " STUDENTやらない夫 " 本編は終了とさせていただきます


114 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:51:00 ID:HcskWePo




                        /×( ゚Д゚)             【裏話】
                        |×( ´∀`) 
                       ⊂××××つ         ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                        |××××|          d⌒) ./| _ノ  __ノ
    (;ノ";";~);;/  (ヾ ;";(;;";)      ヽ_ ⌒ヽ
         ((;ノ ;;;";"ヾ';''ヾ;( ̄```' ‐ .、._,,) ノ `J
                 (;ノ ̄```' ‐ .、._,, ̄```' ‐ .、._
                ヾ人);;;::::::.......    ̄```' ‐ .、._"'ヽ
                  |(;ノヾ;;;::::::......          ヽ ヽ
                  | (;ノ;;;::::::......           ヽ,..;;'、
                  |((;ノ;;;::::::......           , i.;:::|
                  |(;ノヾ;;;::::::.......         /二二二二二二/i
                  |((;;;;:::::.....,           |   c a f e  ..;;| |
    ______________,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l       |:King Crimson..:| |
    __|__|____|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l;;;   |______;|/
    _|__|__|__|_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   |:|∥.;:| |:| ∥
    __|__|__|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ,|:|∥.::| |:| ∥
    """'''           """'''~  """'''" ""'''"""'''"""'''"""'''"""'''


116 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:52:18 ID:40QtqG5E

おつかれさまでした

長門の好感度が高すぎるw
薔薇水晶頑張れ


119 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:53:14 ID:g.fCfdMU

乙です
やっぱり最後の常連客は銀ちゃんだったのか


79 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:22:52 ID:ArE68942

兄弟と言うと大尉が好い男扱いされたのは何故? いや、実際好い男なんだろうけどね。


115 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[##] 投稿日:2011/11/01(火) 22:51:46 ID:TbwwNhQg

毒島って、原作で素顔晒してたっけ?


118 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:53:00 ID:HcskWePo

                   r┐
           {, --r 、  r=L.7
     _   /.X\'ーヘ. l   〉             とゆーことで裏話 終了よー
  r' ̄「 \ {/f:i f:iYj }/ /       ,r_‐-、
    ̄{L. t.fZ{ ¨r-┐「 } / ,ィ 了ー ヘマ >┴‐'     楽しんでいただけたかしら?
       ` ー 、` T T´ヘ} し' /: : : : : 「
          \\'_}┐ /.:: : : : : ::/     
              丶└'´_/:.::.:: :; イ「         さてさて、続いて番外編の投下予告をするわ!
             ', 「::.:.ー.:イ::::〃
               └」: : :  ̄{='           プロローグとして40レスくらいあるので
               {:: : : : :.:|
                \:. .::.ノ             明日 11月2日(水) 22:00 より
               └L. 」
                   | |             投下しちゃうかしらー
                  }ー1
                   {ーリ  
                ..::ー-、
               〃::::..  ',
              j:::::::::ji:... |                  連日投下とかひさしぶりである
              (:::::`¨:j:¨´
              ∧:::::-:::イ



____
 ...:::::::::`:::::....、
 `':::. :::::::::::::::::\
   ::::. :::::::::::::::::::::ヽ
   ::::. ::::::::::::::::::::::::: .        レスにちょい返答
    :::. :::::::::::::::::::::::::ヘ
    ::::. ::::::::::::::::::::::::::'ハ       >>79  大尉がモテてたのはイケメン補正です
     ::::. :::::::::::::::::::::::::| i            きっと彼もフェロモンが出ていたのでしょう
_    ::::. :::::::::::::::::::::: i│
' ̄`ヾ    _ヽ::_::::くヽ::::|│      >>92  ゆのさんver か……
廴__ノ    |:::i,ィ⌒ヾ、.:ノ.リ            もしかしたらやるかもね  予定は未定ですけど
`7ニ'フ   |:::|>-‐'::.... i′
:::::::::    ノ::∧⌒ヽ::::|│      >>115  最終話に1コマだけですね
:::::::   イ:::::::::::}:.、 /::::i│
::::    '´,:`ー':::::`:::::' ,!
       {::ハ:::::::::::/ /
  -‐==ヌ:ェi::::://
 、_,ィテ.:::::::::::::::/ , '
:. ヽィ⌒ヽ::::::/ /
:::.      ノ:::/ /
:::::::....  '´:ィ/


120 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:53:39 ID:nIubzDD.

乙でしたー
大尉は野性なフェロモンがきっと出てたんだろうな



37 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/10/30(日) 13:53:31 ID:IniVXYUc

そういえば、ある国の女王がロリカードだったな


48 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[] 投稿日:2011/11/01(火) 15:18:12 ID:M4BHO2JY

しかし世界的な大企業なら旦那はどこかでロリ旦那と出会ってそうではある


49 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 18:06:43 ID:t6YAwi.2
>>48
初対面の時には妙な緊張感が漂っただろうねww


121 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:54:00 ID:HcskWePo

       |、   (⌒×⌒)
       | `二¨ヽ〈 八 〉 |
       |   _ ` トイ'、l        それと、>>48-49さんのネタを拾うかしら
       |  ィこ:Y_| Vハ/
       |   {しリ`イ ソ         とゆーことで、唐突に小ネタ投下するわー
       | ̄ }   ,、.ノイヽ   ..::ー-、
       |ー_'_ イヽ Lヽソ〃::::..  ',
       |lヽ⊥〉  ハ {ソj:::::::::ji:... |
       |ー|┘    V´(::::::`¨:j:¨´         ファーストコンタクトです、どうぞ
      r-、_ 〈 、 l, ィ、ヘ ∧:::::-:::イ
     └j  !\-くノ:ト、〉}   ー‐' |
       {_ ノ|    |」l_!イミNイ::}_{:.. ヽ
       |:::::j      人(::..... Yアミ  \
       |_:ムzェ--'´   \:::.从:::....... Y `ヽ.
       |   └ヒュ、_    }三三ニV jハ .j
       | l   l └'冖=ュォ’三三三チ | || イ
       | l    l  l 丿ミ三三彡' :| || }
       | ヽ   l  l イ   }={    :: || j
       | 、 ヽ   ノ ネ、  }={    :: ヾ ヽ


122 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:54:40 ID:HcskWePo

【オマケ】  王立国境騎士団

                        , ィ彡}
                      /彡イノ  ト、  ト、
       ,r≠         (/i(___ ヾ\ゞヽ
     //  f⌒ヽ       ゙ヾ///////フナ////\
    '1!|{   ト、_____r≦i//////////////∧
      \\ `ー三三三ァ/////////////////////`ヽ
      `ーミ三彡//////////////////////////////∧         ___
    ニヽ   ` ̄{/づ/////////////////////////////∧       //// ̄
      ヾ≧x1__二ソi////////////////////////////∧     /////ー‐ァ
      !////////////////////////////i//|!////////}    /彡/////                  プリンセス
      _乂//ト-=≦////////////////// | |/ |∨///// ∧  / ∠///{      お初お目にかかります 王女様
    r=≠ \{  >//////////////////|_i|-‐|__∨/ r<//∧       `Y∧_
.     )爪ー=≦三彡///////////木ソ/////|ヒ弋ツノ }//} }///\     |// ̄    NSDコンツェルン総帥
   //////////////////////// ///∧//|  ̄   |//|ノ//////\__ノ/ノ
   /////////////////////// ムイ}/  \ト、     |////////////// /       アーカードと申します
    / ̄ ̄Y////////二ソ//∧ | /   | │ \  |///////////////フ77ー彡
      /{_}/メ≠} /==フ人/{ ヽ ヽ_ヽ_'_/ イ//∧ヽ ̄: :==<三//////
    _i/二ニ-‐  ̄: : ::/イ: : ヾ\{∧`ー三─ '/人/ {: : l l: : : : : : : : : :  ̄: :==
     ̄ : : : : : : : : : // : : : : | ̄\. \   //  /Y : : ヘヽ: : : : : : : : : : : : : : : :
   : : : : : : : : : : : / /: : : : : : : :|   ゝ、  ̄ /   / }: : : : ヘ ',: : : : : : : : : : : : : : :
   : : : : : : : : : : / /: : : : : : : : :i.0 ,イヘ  } /λ σ/  |: : : : : :ヘ ',: : : : : : : : : : : : : :
    : : : : : : : : : / / : : : : : : : : : |∨ ヾY三Yリ \/  l : : : : : : ヘヽ: : : : : : : : : : : : :
    : : : : : : : : / / : : : : : : : : : : |\  }三ミソ     /|: : : : : : : : ヘ ヽ: : : : : : : : : : :
    : : : : : : : / / O : : : : : : : : : |_ィ彡川川  //i! : : : : : : : : : ヘ ヽ: : : : : : : : : :
    : : : : : : : \\ : : : : r==≦彡イ彡イ彡イ     |: : : : : : : : :O: :} }: : : : : : : : :
    : : : : : : : : : :\\ : : }イ彡イ川{イ爪イ爪イ   / | : : : : : : : : : //: : : : : : : : : :



  ,イ::/:::::::/::::/::::::/::::::::/::::::::/::::::/:::: i::::::::i:::::::::::::ハ
 /::::/:::::::/::::/::::::/::::::::/::::::::/::::::/i:::::: リ::::::::|::::::::',::::::i
,.':::::/::::::/::::/::::::/::::::/:::::::;イ:::::/ L:: イ|::::::::|::::::::::i::::::i
i::::;イ::::/::::::i':::::ノ==‐- ⌒´ ィ"´,ィ示㍉、::::: ト、 :::::|::::::|
|:::|::::::i::::::::ム'´ _二二_   / 弋歹 ノ::::::|k.1::::|::::::|
|:::|:::::/{`ヽ 〆 {歹イ´   `ゞ===彳::::::| /::::::|::::::|       ほう、これはこれは
|:::i:;イ |:∧_ハ ゙=イ´   ;:i        .|::::::::|'::::i::::|::::::|
レ′ .|:::::::::∧.      ゙::|        .|::::::::|:::::|::::|::::::|       何とも奇遇だな
   ノ:::::/::::;:ヘ     _ ,. --‐‐ュャ'  |::::::::|:::::|::::|::::::|
  /:::::/::::::::::∧  `ヽy' ´ ̄ ゙̄rj  |::::::::|:::::|::::|::::::|
/:::::::/:::::::::::/:::ノゝ、  `ヽx__ ,メノ  .|::::::::|:::::|::::|::::::|
:::::::/::::::::::;イ::/::::::::l≧x、 `ー‐'´ /|::::::::|:::::|::::|::::::|
:/::::::::::/::::/ .,r=/\  > -‐ ≦´,ィ.|::::::::|:::::| 、!::::::|
::::::::::/:::::::/ / ./   \    イ  .|::::::::|:::::| ` ̄ヌ、ー-
::::/::::::::::/ / ∧     ゙'yr'´ _    |:::::::i|::i::|    .ハ
:::::::::::// / ./  '.   /ヽi    /リ::::::リ::i |     .〉〉
:::::/:::/ /  i   ヘ  / } 八   .//::::::/::::::リ    //
イ:::::;イ /   .|    ∨ゝく  ヽ._//::::::/::::::/    //
::レ';イ ./     |    ,イ  }    レ'^リ从'´     //
   ./    ヽ  /   ノ               //


123 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:55:19 ID:mBmnKbdY

なん・・・・・・だと・・・・・・


124 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:55:20 ID:HcskWePo

               /.::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::.`ヽ
                .::::::::::::::::;i_i::::l‐i-i::ハ::::::::::::i
              /.:::::::::::::/[l::|::::|,rッく::::::::::::::::l        _
        . -、ー=彡'.::::::::::ィゞ从:::ゝ ̄ }i:::::::::::::l       { \
ヽ    / /`Y´.:::イ::::::::::(\〈{`ヽ. 从:::::::::::|     { \  \{
 }.  / / /人 i{ |::::::::::::.ヽ_,_-‐=-' ノ}::::::::::::..      ∧  \
 }/ / / , く  ヽ:|::::i::::::::::ト´ -‐'  ハ::::::::::::::..    { ' .  ヽ     仰る通りで
〃  ' / / ノ  ノ::l::::i::::::::::}ト.、   //::::::::::::::::.\  |、 ヽ
 、    ' /ー=彡::l::::|:::::::::「\>-='/.:::::::∧:::::::::::::`ヽ| \ _ヽノ    世界には自分と同じ人間がいるとは聞きますが
 : .ヽ  _/      |::l::::|:::::::::lニ厶=‐<イi::::;′:ヽ._:::::::::::人  . : : : :
 : : : : : /     |:::::i:|:::::::::ト^Y^ヽ/ ノリ:::l   ::::::::ト=ニ. __`ヽ : : : :    私と同じ名前の方が
ー-=r '    ____」::::八:::::::.∨∧.:/彡:::::;リ .::::::::::i , , , , , /∧二ニ
ー-ァ′,.-< , , , , ,〃イ:::::ハ:::::::ハi「:.:.\l::::::i:! .::::::::::::. .:::::::/∧::{7 ノ    遠く離れた地の王女とは
:∨  /∧::::::::::::/{ {八:' /}::::::|∧:.:.:.:.:从{八‐- ... _::::::. .::://.::::.Vくo
::::\, /.::::ヽ::/.:::::乂:/ //}::|リ{:.:.\:.:.:.:.)ヽ:.:.:.:.:.:.:/.:::::::∨ ::::::::::|  >'
o::/,'.:::::::/.::::::::::::/ //八l  》、:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:./.::::::::::::V.::::::::::l/o::
:/ /.:::/.:::::::::::::::   .::::{ {:::{  || \:.:.:.\:.:.:.:.:く::::::::::::::::::ヽ::::::〈::::::::::
' .::/.::::::::::::::::::  .:::::::Vl:人 /,=   ).:.:.:.:.)ー-、:.:ヽ-=ニ二_:::::::::.\:::::
:::::::`二ニ=-、::::   ::::::::::(  //  /ー‐‐く    )'⌒::::::::::::/.::::::::::::∧::



         ///////////////////////////////////////ヽ
      //////////////////////////////////////////ヽ
      .////////////////////////////////////////////∧
     //////////////////////////////////////////////∧
    ./////////////////////////////////////////////////',
   ,/////////////////////////ト、///,'|ヽ/////!////////////,
   ,'///////////////////, ' !///,'| '///,| .,////| ,////////////,
  .'//////////////i//|i//l  |///,リ |///| .|////| |////////////
  /,'////////////' |//|!/,'|  l,'///  |//,リ |///,リ |////,///////,'      うむ、実に愉快なことよ
  .'/////////////| |//|!/リ  }///  |//ナ ̄,ィ≦彡三フ|i////////
  .'/////////////{ !//{  ̄ 7//,'  ー ´  ィ"´l::::::i:::::} リ |i//////// 
  .,'/////////丶 マ二三三≧ミ        ."  ヾ≡ィ彡'.|!///////,'
  ///////////∧ ヾ  ヾ;:::!::ノ      ``  "´ ̄     l!////////
  ///////////|i.∧ ゞー  ̄ "                 , リ////////
  ///////////|i/,ハ             }         //!////////,'
  ///////////|i///,ヽ             ,.ィ ゙ ./ .|/////////
  ///////////|i/////>, .   ー-=ニ二.彡'" /./  .i/////////
  ///////////|i////r'´   > .       . ィ´ /  リ/////////
  ///////////|i////    ,'/{   `≧ ≦ r ´ /   '//////////
  ///////////|i///,    l! '.      / `ヽ     '//////////'
  ///////////|i//     i| .ヘ      /   ∧   .リ///////////
  ///////////|i,/      i|  .ハ   /i   / } ./////////////
  ///////////|!,       .i!   ヽ /  .ミ= く.  !i ,'////////////,'
  ///////////;,'      !    '.  ./ ´川`!!  //////////////'
  ,'//////////リ         |    '. / / ! {. ' ///////////////
  .//////////,'        i    y      }////////////////

125 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:56:00 ID:HcskWePo

              ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、:::::::::::::::::::::::::,,ィ≦ ',::::}::::::::::::::::::::i, ´ ヽ:::::::::::::
            /:::::::/i::::::::::::::::::::::、,::::::::::ヽヽ:::::::::/,,.´ 心i!`ヾ:リ:::::::::::::::::::| {  ヽi::::::::::::
         /:::::::::' .|:::::::::::::::::::::::',\:::::::::::ヾ 、/ i!  ゝ::i!:::ィ} !.|::::::::::::::::::| ) ,'/ミ、::::::
        ,':::::::::::l .l:::::::::::!|::::::::::丶___ ̄ ̄    `  ̄ ̄ l::i.|:::::::::::::::::i!./ノ/:::::::::::::::
        .l::;'i::::::::! |::::::::::{ i:::,イ ̄, - 、゙ヾ            |:::!:::::::::::li::::ト、_ ノ, ィ ´ `
        |:::' |:::::::| l:::::::::', !::iヽ  {::::i!:::', ,          |::::::::::::::リ!::リ /       …しかし不思議なものだ
       ,::::l .|:::::::{ ',::::::::::ヽ.ヾ. ` ゝ彡"              l:::::i:::::::,' |::/
       !:::{ レ'´   ̄i ::::`:::::',         i        _. ィ' |::::|l::::/ /          名前もそうであるが
          ´       !:::::::| |ハ      ` 、´ . ィ彡'´ |::::|.!;ィ’ __
               }:::::::| |::::ヽ     、__ ィ.´ィ´    !;;;;l,'     `         お前の姿を見ていると…
                ,':::::::::l !::::::::` .          , ´
                  /:::::::::::| |::::::::::::::i >,.        /     __ ,
             /::::::::::::::}.|::::::::::i::::!/   `>   __/    彡'´



                    \
               、____>\_ノ|
         \     >::::::::::::::::::::::::::::::ノL_
          ヽ‐-‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ'lヽ::::::::::::::|__
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ⊥L::::::r、::|.:.:.:.:.:.:.|\           ………
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ,ィTフ|::::l ノ::|:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:\
      //7::::::::::::::::::::::::::::::::/l/|    ̄ ノ:::::::::::!.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.\_
      /  |:::::::::::::::::::::::::::::::/  l::|      l:::::::::::!.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.         |:/l:::::::::::::::::::::::::|        /::::::::::|.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
        /i':::|:::::::::::::::::::::::::ヽ ´ ̄ ̄゛ /lイ:::::::〈.:.:.:.:.:|.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:. |
        /:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::\ _ / .| 〉ノl|ノ\.:.:.|.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:/
        /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::|ヽ!ー-、_/ /、.:.:.:.:.:..:\l.:.:.:.:.:.:.:\.:./\
        /::::::/:::::::::::::::::::::::::::/{.:.:.:.\/\/  \.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:..:.\.:.:.\
.     /:::/::::::::::::::::::::::::/.:.ゝ.:.:.:.:.\.:.:.:\  \,-─<___.:.:.:.:.:.:\.:.:.\
.      //:::/:::::::::::::::::::::/l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l\ /´ヽ   \.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:
    /´:::/:::::::::::/!::::::/::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\.l.:.:.ハ\_ \.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:./.:.:.:.:.
    /:::::/::::::::,ィ/::|:::レ:::::|.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.\.:.:.:\.:.:.:  ̄ヽ、:.:.:.|.:./\.:.:.:.:.:
   〈::::::|:::::::/:::::::::::|:::|:::::::!.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.`ヽ、.:.:.:.:.:\| /:|   \.:.:.

127 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:56:40 ID:HcskWePo

           ミ   rfミミヾ    ,,  `ヾゞ
         ミ _ -―――- ,,_ ゙゙  ミ
       , -‐''´::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、 ミ
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ彡
      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
    ,i:::::::::::::::::::::::::::::|l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    l:::::::::::,::::::::::::::::::||:::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::|
    |::::::::::l|::::::::::::::::::|l:::__:|_::::::::::::::::::::::::|     ちっとも他人の気がせんのは何故だろうな…
    `ヽ、::ヽTfェ、 ̄ `,-, -‐ーァ|:::::|'ヽ::::::::::|
      |:::::::| lイ:ト   イi j::::| ´ .|:::::|ソl:::::::::::|
      |::::: | `'´ ,   ヽ_ソ   |:::::レ'::::::::::::|
       |:::::l:'、   `       J l:::::::|:::::::::::: |
       |:::::|::::ヽ、   ―-、   /|:::::::|:::::::::::::|
       |:::::|::::::|::`丶、  , ‐'´l:::::|:::::: |:::::::::::::|
       |:::::|::::::|::::::::,ト  ̄  /ヽ,|:::::: |:::::::::::::|
.      |:::::|:::::::|:,, -|v,ハ二// .|::::::::|:::::::::::::|
     |:::::|::::::::| / |ヾ┬tヽ,イ  |:::::::::|`ヽ、:::|
      lr'´|::::::::|'  | ./ | / ,l  .|::::::::::|    \
     |ヽf::::::::|   |/  レ' |   |:::::::::::|    イ|
      | ,'::::::/  .|  /   l  |:::::::::/ , -''´ |
      |/|:::::/ヽ、 | /  ,r'l  . |::::::イ    ヽ,|
    ,イ .l/ ,|く  /   ‐|   |/|ソノ     >
     | l  ii |  ソ   , -‐|      |´    /
     l l  ii | /, - '´  |      .|    /|
    ,','  ii ,l | O-―'  |       |    |
   ,','  ii ,|  |,ト'ー-- .f|      |     |
   ,','   ii |   |,|    ||     |     |



              -‐::´::::::::::::`ヽ、
          --ーフ::::::::::::::::::::::::::::::::\
          ´フ彳::::;/iノi:::ノヽ;ハ ::::、:::ヽ
          ´ノ〃:/lr  l|/'  .リ|::l::|:::::i
           レ!小ノ    `ヽ从::::|:::ハ           プリンセス
             ヽ|l ●   ● ..:::|::!     …私もです王女様
               lハ⊃ 、_,、_,⊂⊃W''
                /⌒l,、 _ _, イ-.._
               /::::::/:::!`弁´N`(/::\
                |:::::::l: 、| 川:.Lゝ`、.:.:│
                              【オワリ】


128 : ◆jsXgrE.VEg[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:57:20 ID:HcskWePo

                             __ _
                         ,「⌒`´ ,.== 、_ _` 、
                        /j  ヽif  fォ;ハ `l! \
                       / / \  ゞrゞzハ/   ヽ
                       | ノ_   ⌒_ \_./ヽヽ  !
                       l. l _`   r、ハ. ヽ\ \! |      とまぁ、こんな感じじゃないかしら~
                        Yハi    ゝ-'  z, - 、:| ,/
             ..::ー-、       ,. -l ` 丶_ __ "   li ンノ レ        ということで、本日の投下はこれまで
             〃::::..  ',      !  l   V ノ ゝr ─-く::ノ
              j:::::::::ji:... |      ヽ- r 、 `   _jニ ンーヽ、       また明日よろしくね
          (::::::`¨:j:¨´         r⌒`ーr:::
           ∧:::::-:::イ       / ,`二ヾ/Y 'ーヾ_ノ      ヽ
          __rー'   ー‐' |      /   L二,ノ:.:.:.L二V          l
        / r弋ミNイ::}_{:.. ヽ     ヽ_  {三 }o:.:.:くヾ<ゝ     〆/
     ,':.. /从 (::..... Yアミ  \    /、_ン:.´:.:、_:.:_jノ´ トゞ、`  |´          お疲れさまでした
      (.  //   ヾ::::.从:::....... Y `ヽ. / ! _ヾ!:.o:./     |  |  │
      イ // j  ,イ辷三三ニV jハ__/ノ_/::f::j::ヽ .__    |  |   |
    ' //  ,'  {;三三____/´:.:.:.:.:.:.:.`ヾ V   ヽ \ノ^/   \
    {. f〈  人  ヾ´:.:..::.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Lヽ       ∨   !  \
    | |l|  }  Y /:.:.:.:.:.:.:.:. __ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. L.\   ヽ /        \_ __
    | |l| 从 |/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ,|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L \   i         /ヽ/ノ_


129 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 22:57:40 ID:ArE68942

おつー。野生のフェロモン出てたとしても羽衣狐を釣り上げるのはマズイww


132 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 23:04:50 ID:ARhWVkbs

乙っしたー
>「ドラゴンクエスト1」 を下敷きにした作品
あなたが書くドラクエがどうなるのか本気で気になるw


137 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/11/02(水) 03:32:31 ID:ntunJyBg


ドラクエ1かー
一人旅になる気がまっっっっっったくしないwwww
今のうちにモゲロwwww


133 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 23:11:23 ID:5RM.EMbU

世界観だけ~ってやつだろうか
どうなるのだろうか、ひのきぼうから始まるのか、モブからなのか


135 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 23:17:49 ID:M4BHO2JY

乙でした
番外編での2ndContactにも期待せざるを得ない


136 :名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2011/11/02(水) 00:20:01 ID:3l.RxD6I

乙でした!
やっぱり丁寧な裏話は読んでて面白い





番外編へ進む




最終話へ戻る




まとめ一覧へ




 
関連記事
[ 2011/11/02 23:48 ] STUDENTやらない夫 | TB(-) | CM(1)

修行中のやらない夫のコーヒー飲み続けて
NightOwlにまで追っかけてきた常連第1号が「破壊的な味覚(マスター談)」を持つ銀ちゃんなのかw
喜んで良いのか判断に迷うところだな…
[ 2011/11/05 18:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。