合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

できる夫はかつては言葉をなくした王子でした 「真紅で学ぶ老子の言葉 第2章 ─罪と老子─」


161 : ◆X0w9eXOmmQ [sage] 投稿日:11/11/09(水) 20:49:41 ID:jM9Nv0h8


     r‐,ィ': : :`ヽ_,.x=ッ'´: : : : : : :{::::l;ノ:::::::::ノ
     ,ィ'/: : : : : :/三ミ/: : : :  ̄:fハ: 〉:::::::::::::::`i
   《 _ノ=-: : : /三l/:__: :-:‐: : 〈 ー' ヽ::::::::::r‐'
    〈:_: ; -‐: ;三ミ!:ニ:=:-‐: /}:ノ   ヽ::_;ノ
     {: : : : : l三ミ}:-:‐: :.r‐、)´  i   ';〉
     lヾ: : : :.l三ミ!: : : :.リゞ'l   l !  l l l
      l〃lー、_:l三ミ!: : r‐' l l  /ムl ///    儒教が日本へ入ってきたとされるのは5世紀(古墳時代)。
      ! ,' ヽ {薔}:ノ l、__ヽlト、 /,ム/'l/
    ,' ,   l ヽヾミ! '弋ツ   ゞ'/l ′    日本最古とされる正史の日本書紀が完成されたのは8世紀。西暦720年。
     ! ′ l  l`ヾx ヽ    ' , ' !l
.    / /    ,  ',/:`ヽ ヽ、 _´ィ´! l 、',      古事記もこれと大体同時期ね。
   / /     ', ,イ: : : :.}  ヽ三三! ! l l
.  / /    /: : : : : :`ヽ、 ヾ、三! '、l l __   儒教と共に大陸から人がやって来た以前と以後とで、日本人がどう変わったか。
 / /  _  /: :/: : : : : : : :l: `ヽ_,>ゝ-、--′
./ / /: :.`ヽ/: : : : : : : : :.l: : ',ヽ<´_,>>    それを知る文献はまだ見つかっていない…と思う。知ってる人が居たら教えてプリーズ。
. / {:ー:-、: ´: : : : : : : : : : :.l: : :ヘ< < ヽ7
/  ヾ: : :l`ヽ、: : : : /: : : : :l: : : : ヽノ '´     あと、韓国の歴史も詳しい人が居たら教えてほしいのだわ。




                  -‐ rーイ ̄¨ト、-┐
              ,r::┘、」;;;;;;::j/:::::/入
            _i -、_>- --- <:::::┴i     物事の原因は一つだけとは限らないのは世の常なのだわ。
             〈 -::./  ," ヽ `; .ヽ:::::イ
             ._|::-./ :i ,l|  li  i,   i::::::〉    王朝を簒奪しなかったのは、単にNO2でいた方が楽でオイシイ、
             ┐::i .|Vlハk .i|/.ソ .. i_イ
            九ハ_i( f:jヽ.'f:j )ソハヽ     と判断しただけなのかもしれないし。
            「^、/| ト、 " 、-,  // _ ヽ.ヽ
               `i::::::`->  `_.イ「ニ}  | |
               /`、:::::::::/て),-..'::`,    | |    だけど古代日本人の精神のあり方の変遷を各方面から分析しながら
          ___   / / `,、__i_/::::::::::.:i   .| |
       | | | --' ,'  「__,':::_;;.-‐''":イ  .  | |    空想も交えつつ、読み解いていくのも面白いかもしれないわね。
        「|_|----'    ./:.:.:.:.:.:.:.:.::.`、    ..| |
                \く.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.:.:.:j  「二二>
                  \`ー,へ;:'-...,''" <二二」
                 ,'k'j  `7 j
                .`--'   '-'

 
    前の記事『できる夫はかつては言葉をなくした王子でした 「真紅で学ぶ老子の言葉 第3章 ─ネトウヨと老子と─」』  
    次の記事『できる夫はかつては言葉をなくした王子でした 「真紅で学ぶ老子の言葉 第1章 ─中国人と孔子と老子と─」』  

162 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:50:05 ID:jM9Nv0h8

         .-- 、-- 、
          f:::::::::::::::::::::::`ヽ.、
        /:::::::::::::::::::::::::::::::ゞ::≧x--r--r―――一ァ
      i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ;;;;ヽ:::::::::::::::::::i
     /:::::::::::::::::::: .-―― 、:::::::::::::::キ;;;キ:::::::::::::::::}
      {::::::::::::::  ´      `7:::::::::::キ;;;キ:::::::::::: イ
     ゝ:::::::::/          \:::::::::キ;;;キ:::::::::( 、
     .{::::::::/          \   i::::::::::!;;;;;!:::::::::ソ l!
.       \/ ./      、   ヽ  `、::::!;;;;;!:::::「  .l!         [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][]
        | l   {      !   /ォ' ゙ヾl;;,ャ、 /   l!           []                                        []
        l l!   \   ノー‐ャォ´ /  / ゞ'_}  !  、       []          真紅で学ぶ老子の言葉              []
        、  、  ゙==tッ   ー一'  / / 」  l   ハ        []                                        []
        \从|キ ー’_.-v‐.y.′/i;シ¨ミ、 l!   ハ        .[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][]
            l .〉一ヘ  \ ヽ /、|_:!'::::::::::::\    ハ
          // 、  ヽ. ト、 ヽ._ノァ:::/:::::::::::ヽ   ヘ
          //    ヽ__/ゝ.j ゝ.ソ__ レ7:/:::::_:_:_:_:_ヽ  ヘ
          ./:::/    、.______.ヽ':/彡"::::::::::}:::::〉  キ
         /:::/     /ヾ;;;;;;;;;{薔}ヾ;;;;;;;;/´:::::::::::::::::/:∨     、       □■□  第2章 ─罪と老子─  □■□
        ./:::〈     ∧/、;;ー一';;;l!;;;;;;フ::::::::::::::::::::/::::::!_   ヘ
        ハ::::::ゝ   ./::::ハ:::`ー一'「::ヽ::::::::::::::::::::::/:::::::::}::::::!     〉
       \::::::::ー:'::::ソ / ̄ ̄`ヽ::::\:::::::::::::::i!::::::::::{::::::!   く
  ‐―── ー一 ´-/        ヾ::::::ヽ:::::/::::::::::::|::::::!  ./―――
                `ー――――一ヘ::::::Y_:_:_:_:_:_i一' /

163 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:50:28 ID:jM9Nv0h8


              ,. -‐- 、
             /       ヽ
           {     ,、 ',      あるがままに生きよ。俺はその言葉を誰かに言われるのを待っていた。
           ヽ ノ `フノ-‐ュ',
           〈゙y'´ ´ '´,≠-,     そうさ、弱虫の俺の背中を押してもらいたかっただけなんだ。ありがとう、やる夫。
                i     ,r ´i ` ー‐‐‐- 、 _
           /    ノ _ノ    ; _,-‐x'ニ=、 `丶.    衣服という欺瞞を体から解き放ち、
       ,. -‐ァ′  /´ー=、_r‐‐='´ ゝ、   ヽ  ハ
       /  /  / .,'     '.      ヽ    :  ゙i-、   俺は、今日、新しい自分に生まれ変わった……!
      ,iゝ'´  , '   /     ;       `ヽ.  ム、.ム ヽ
      〃 / /   /     }           ,ハ爪⌒:´    ',
      ! , '´{    / o     ノヽ_   o  ノ ハ   ヽ  ノヽ ',
     Y´    ,/ ゙ゝ--‐= ´ ゙i!  `¬==.´  ,ノ \  v ⌒ヽ!
     ゝ-、___ノ.  ,ノ {,. -‐¬! ̄` ¬ヤ ∨   `ー/    / }
              ゝ. i  i      ;  ____.ム   i       ,'   , ' リ
              ゙} ├ '´ ̄ ; :´    i.ノ !      {,.  '   /
             i ハ,... ...ノ,.ヽ.__.. '´i   !   , '     /
              {  {    ¨     リ、  |_  /     /
            ゝ. ヘ       /:,.-‐‐' `¨   /
              人.\ヽ     ι/,.-     ィ
           /   `ヽ> 、.... -‐ ι',/> ,.、-- '




.      _     -──- 、
      {               ヽ
.     ノ-─-、  ___     ',
.    ,' _   ´u __ `l    |     あー、ちょっとそこのお前。
    ,.匕--、ヽ{レ'´, --、ヽヽ    |
    r| こ,。r゙'ーr'^ヽ  L,} ! ,ィュ、    全裸で歩いている男が居ると通報を受けて来たんだが、
    |l    / ニ,`''゚'゙    |_/ん.リ}
     |   {__,r┘ ,, ,, u  .!レ' //     署まで来てもらおうか。
   ` ',     ,,  ,"-‐-、'   r.、/
     ハ  弋エ´| | l }  ,' ト、     あ、その前に公然わいせつ罪で現行犯逮捕な。
     ┌‐、 ,,,, ~"''ー '゙ // .ヾ'ー-v
  ,> '"∧ . ', _,_,_,_,_,  イ/    /
. /|    / |  レ'´ _ `Y ´    ,r'゙
./ |    '┬! '´ , -┴.ゔ⌒\/
! |     l |  /   '' ""}
.      V  /  " ~~}
.     /      ,ノ´  ̄ ̄ ̄
            /´

164 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:50:44 ID:jM9Nv0h8


               / ̄ ̄\
            / _ノ ヽ、_ヽ
            | (●)(●) |      え、うそ。
            | (__人__) |
               |  `⌒´   |、.__   __
              ヽ.    ノ !  ̄‐'´(⌒ヽ、
               ヽ_ノ'  ,/ {  ゛   ',
                 ,ノ八ヽ、, -'′  ヽ       ',
            /⌒`''´``〉     \    ∧
              /´ /     ヽ        i ヽ イ .}
          |  '       ヘ.    o !     !
  /`ヽ、      ', へ         ヽ、._ ,,...-ヘ    ',
  ヽ.  々       i   \o   ,.-‐' 〉´`  ∧  ,  i
   ヽ、人      {    ',`¨´ -‐‐‐'ヽ '⌒v'′ヽ ,ノ  i
    \ `ヽ、..._」    ,ハ、_      .i    ゙v'′ ,ノλ
      \    `ヽ、 、,{ / ` `¨´`〉'⌒''´/  / /´
       \    ,〉 .}.{ 、_ ヽー 合、 _ /,./  /
           `ヽ ´ .,/'/゙ヽ ',   リ /´  ,イ
           `¨´ i  ',    〃/  ,/ i
              /`ヽ、_リフ´ ̄  ,/ '′,i.
                 i    /,    ノ..ィ''"´¨_ |
              i、  ソ 〈.ィ_,__,/ 彡|ヽ彡 i
               i `¨´      /,    >イ|


  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             O
            。
      _____
     / ノ' ^ヽ_\
.  ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\°
.  / o'゚~(___人___)~o°\゜     ……というわけなんだお!
.  |     ゚ |/⌒ヽ|  ゚    |
  \     ` ⌒ ´    /

165 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:51:19 ID:jM9Nv0h8


               __
            /r': : :└、
         , ./ r┘: : : : : :乙 
     r‐z- イ(  ' { ' ̄ ヽ 、: : 〕
     に/r'/ // イ」 川 ト、ヾ」
     |i 〈  l::|' ノ_lトリレヽノソ
      li | ヽ l::||.K◯   ○ ||
     li | .(6l||ぃ ,-┐ ノ.||   …………ハァ。
      |i.,!  ヽ|トゝ、ニ.イ .||
      li |   ,ノ||::、 ◎:`ヽ.||
     .|i |   /:((:::::;i:::}::;;:;:;)((
    . |i |    ̄))::〈l:::|;;j^  ))
     .|; |  ,ノ::((:ハ:川l:_:ト、 ((
     .| i と'::::::{ミk::|川l,ソ::::ヽ
     ,|ノ   ^^~~~~ヽ^^





       ____
     /      \        自然体で生きることが老子の教えだったんじゃないのかお?
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  /⌒)   ⌒゚o  \     いい言葉だと思ってやらない夫に教えてやったら、このザマだお!
  |  / /(__人__)      |
  \/ /   ` ⌒´     /     偉い人のことばを実践したら、逮捕されるこんな世の中じゃ…

166 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:51:41 ID:jM9Nv0h8


                  (::.::.::.::.::.::.::.::.::.::,  '    `ーく:ト、::::::\::.::.::.:イ  _
                ヽ::.::.::.::.::.::.:/           ソ\:::::::ヽ::.::八/  `ヽ
                r‐┘::.::.::.::., '              弋:::くヘ::::::::',::__ノ二二;了ヽヽ
                L::.::.::.::.::.:/                i l^Y_:ハ:::::::i:.ト仆\/:/   丶
                  ̄}::.::.′         i | | |i |ヽ_}::::: |::r‐ハ::lー'    ヽ\
                     f¨´::.::.|    i l     | l|ハハ|(::.|, =ミ:∨ l::|l\       ヽ\       ポイ、ズン!
                    ゙┬、::.:!     | ト、    | |ル'∠_ イ/ )jハう} }  l::|l  \     ヽ丶
                //ノ::.:',  | 、ハ__ヽ\ト、j/∠ イ |i (∧ニソ  j:」ヽ.   \     ヽ\
                . - 、// ゝ_:>、 ト、 \≦二>      u | l |:::/      ヽ丶   丶
             \ )、 // fヽへ _>、ト、    '__ -ヘ  | l ド-─‐-、
                ハ  V/ { |   | iヘ.  Y7::::::1 ∧ lヘ::.::.::.::.::.:ヽ        つかダメに決まってんでしょ!当たり前よ!
          -、     //ヘ _〉-‐ヘ ヽ.  |! li`  `二゙/::.::l l \::.::.::.::.:',
       {_ ヽ // /〈   -─{ }  ,ノ ' j|   /::.::.::.::.l l   ヽ::.::.::.ヘ       第一、偉い人の言葉だから正しい。
      __)   \_,rく  r{   -─〈.厶/ / __/L. イ::.::.::.::.::._ノノ   }::.::.::.::.ヘ
了 ̄ ̄ __     __{::.::.:┴‐トヘ -々 j´ ̄ ̄`ヽ::.::.::.::.::.::.::/ ̄Y二 _,ノ::.::.::.:',::.:ヽ      そう鵜呑みにするのは思考停止してるだけよ!
`  ̄ ̄イ    (::.::.::.::.::.::.::.::.:\>、_`ハ::::::::::::::::::::\::.::.::.::く 丶 \{ ̄´::.::.::.::.::.::.,::.::.\
.  /〈/    )ヽ:,'::.::.::.::.::.::.::.\::.::.:`ト、:::::::::::_/',::.::.ハニ\_`ー ` ー─-┐::ヽ::.::.::丶
  / / 冫′-ァに::.::{::.::.::.::.::.::.::.::.::.::`:<廴>f´::.::.:__:l::.∧ \「 ̄`¨::.::.…ー─'::.::.::.:\::.::.::\
. / // /' / 廴:」::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽヽ::.:ハヽ:\丶\::.::._;:.:-─‐-::.:、::.::.::.::.::.::.::.::.::.:> 、
/ / ー' / .′   |::.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::.::., - 、_人 `ト、ー\丶_> .::.::.::.::.::.::.::.::.〉、__ -‐ ´ ::::::::}





          (⌒ヾ`
       ゝ´ ,))
  (( ⌒ゝ   lij
     ー" ミ  ___
        ノ(_     \       真紅が教えてくれた言葉なのに、随分勝手な言い草じゃないかお!?
      /"\,, 、/"`` \
    / ( ●)´`(● )  \    自分が口にした言葉を易々と信じるな、なんて、じゃあ真紅はなんで語ってるんだお!
     |   '" (__人__) "'    |
      \  ` ⌒ ´     /    聞き手に信じてほしくないなら、チラシの裏にでも書いておけばいいんだお。
      / ゝ  ``     ィヽ

167 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:52:08 ID:jM9Nv0h8


       r-':、 ̄ ̄ ¨ ヽ   ___
    , - '  : :.l      \/   ´ ̄ヽ
    {     : ::ーヵ      |::\    |
    〕   : :.:./ └i:: . .   ヽ:::.∨   ヽ
    └i  : .:/     └t.:..   ',::::|:. .   」、
     {  .:/  /    l  }::.   l::::|:. . r┘ :|    そういうことを言ってるんじゃないわよ。
      ヽ.;/ / l |   l / ゝ-、:. !::l::  /l l :|
     〔_:|l | :l l   .:l ,.:i| _ト|  T |:l: 「 l | :!    嘘を嘘と見抜けない人に、人と語り合うのは難しいって言ってるの!
       |l/! |!\ イ!ィi´:::|.レ'| |l l:|: 」 八 l|
       l| ヽlト rヵl   L.r’'ノ| l{ |j Y/  ',l |    なんでも鵜呑みにしてるようじゃ、そのうち怪しげな新興宗教や自己啓発セミナーに
           / l ハ.{」_, - 、 /:| 」:.../'    lハ
        / / { ヽ{  」_, -'´ ̄ ¨ヽ   ヽ :|   引っかかって、カモられる羽目になるのだわ!
       , r'´ ̄ス、!_>t.zッ'.::: --― ::',    ヽ!
     / レ' ̄-'´ l__{ヅ .: :___  - /.:|!    |
    /i/く::.'    /l└t. _  .::ー './ .:::|    :ト、    語られた言葉がどういう意味を持つのか、真実であるか嘘であるか、
   / イ /\::.  ,:. l '  L.. _  /.:: .: ,'    l ',
  , / i 〈 、 lハ:::.     _∟ .:' .:: .: {       l i|   自分の頭で考える必要があるって言ってるの!
  ! i :|   ト 、}>、__/!,_ イ.::    └ァ     l lヽ
 | ! |  〈 ヽ r ---:.ヽ/┘::.ーt. __「i′    l l ',
  l l |   _r‐'、-、  _「.: --_└'¨ ,::: :.}       l !l l
  ! | l  〈, -|_」 {::り;:」 .::  ' ´   /.:: : : \    | !| !
  l  !| └t_〕j/      /.:::: .: : : :. \   .j l| |
 ∥ ! i    /         ::::::  :. :. . . \/ ,リ |





      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu    やる夫だってちゃんと考えたお!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |     その上で、老子は正しいって思ったんだお!
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´      やる夫もボランティアは偽善だと思ってたし…
 / /       /

168 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:52:28 ID:jM9Nv0h8


           ヾ:::::::丶:;:;:;:;:;丶::\
           「´::::::::::::::::;:. -‐}、::::ヽ__/:::::::::::L
           `フ:::;.ィ ´    ヾゥ:::;ハ `ヽ.:::::::::人‐┐
              У   ,      〈::::::ハ   !;:::::::`)ヽ、〕
               / i   !   ',   ゙)::::|  |::::::::〈 、 、〉
           ! |  .|   l/!,、 `):::|  |:::::,-'   .|    …この解説本によれば、老子(老子道徳経)は、上篇、下篇
           、λ、  、   .ノ'ナ l∧ノ`i!  !:::,!|    |
              ヽトヾ、 ヽ!゙ ´ ー‐'  1! {薔}:)' !    !    あわせて81の言葉を収録しているわ。
             ` |゙ |}´   _ ""/l | (ノフ   、   、
              / ,!ゝ  ヾノ__/┴‐イ´   |   |    この前はその中から、ほんの3つを紹介しただけ。
             l_ー< '⌒ヽ><!'7,.イ`ヽ、   、  、
       ,..--、  /_〕}‐、 (´::::::::::| `≧)::::::ハ    |  |   たった3つで、老子の教えの本当の意味を理解できるわけないでしょう。
 ヾ`ヽ,/´,. - '^ヾ、.∧(::::::::Y::::::::::::ゝ==':::::::::::ハ   、  、
.  ヾ'- '"´     ヾv‐‐{〉::::::::::::::::丶ノ::::::::::::::::::::::\. !   !   聖徳太子だって1つの言葉で10個までしか理解できなかったのよ。
   \\      ヾ、:::/::::::::::::::::::::::::|::::/'⌒ヽ:::::::::::::`>  .|
    、 、      ヾ、ヾ::::::::::::::::、::::|!´:::::::::::>―^、/ ト、!
     、_ 、      y::::\::::::::::::::、:"::::::::/!`ヾ<.    !l、 、  それに、別に老子はボランティア自体を偽善だと言ってるわけじゃないわ。
    ._i^!レr 、,. -≦´:::::゙:::|:;:ヾ:::::::::::::::::/::::∧::::::::\  ||  ',
    {::ヽ  ヾ:::::::、::::r‐::':;:;:;:;\::::::/:;/´:::::∧:::::、::〉 .!!  、
     ゙ー1`=〈::::ノ:::/!::::::::;:;:::::::: ̄:/:::::::::::::i:ヾ:;::::::〉 ,'l    !
┌───────────────────────────────────────────────────────┐
│上善(じょうぜん)は水の若(ごと)し。水は善く万物を利してしかも争わず。衆人の悪(にく)む所に処る。故に道にちかし。        .│
│居には地を善しとし、心には淵(えん)なるを善しとし、まじわりには仁を善しとし、言には信を善しとし、正(政)には治を善しとし、  .....│
│事には能を善しとし、動には時を善しとす。                                                      .│
│それ唯だ争わず、故にとがめ無し。                                                         ......│
└───────────────────────────────────────────────────────┘





       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\     じょうぜんみずのごとし、って日本酒だお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /

169 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:53:45 ID:jM9Nv0h8


        ,r-'⌒:ー‐v‐、
      _f:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ      そう。ビール党なのに良く知ってるわね。あのお酒の名前の由来は、この老子の言葉よ。
      ノ:::,.-―‐- 、:::::::::::フ
     У  ,  ,、   \::::::{      「善いお酒は限りなく水に近い」という意味を込めているらしいわ。
   / ラ,  /--//ハ_、 、ヽ::}
  /  /1l._ ! 、__  x-、l゙ |l i:ノ      その名の通り、水のようにさらりとした飲み口が魅力の美味しいお酒よ。
. /  / 〈j、l!|    ,  ヒソ./,、}´ヽ
/  /   ,Y人  r 、  //-}!:! ヽ
  /  ___rラ-.>- '-:イ/¨i^i-!  ハ    「真実にもっとも善いこととは、水のはたらきのようなものである。
. i  >、∧_{l薔l} `ラ/'フヘ!  ハ
. !./:::::::〉、  |::! \/::ゝ_`ー.ソ   |   水は万物の生長を助けて、しかも競い、争うこともなく、多くの人が蔑む低い場所に留まっている。
 l〈:::::::::/::::::¨´:::`ーム'∧: ̄:::\ .|
.└ハ::::::}:::::::::::::::::::::::::/::::::ヾイ¨´  .!   これは「道」のはたらきにも近い。」
 く ∨::::::::::::::::::::::∠\__/|_   !
  / /::::::::::::::::::::::::::ヽ/     /   〉
  ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::\. /   /





               ,...-┐ ,.-―-..、
           ,.イ:::::::::::|/:::::::::::::::::}
        _ r'´::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ゝ__, -t
         ,イ:::} ヽ:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/:::::::::::}
       /::::::::しi´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐'     さらに詳しく「善い」とされることについて述べると、
    , -、く__:::::::l::::l:::::::; ィ ´  ̄ ` ー- 、::::::::::廴
 __,ノ: : /: : /:::::::::; イ            `ヽ:::::_ノ     「住居は土地の上が善く、心の働きは奥深いのが善く、
/:.: : : :r‐r‐'::::::/       i    ヽ ヽ ヽ:〉
〉: : : :く: :|:::::::/        l      :,  ヽ i      人との交わりは情け深いのが善く、言葉では信義を守るのが善く、
: : :.:`:iト、l_::::′ /      !     トム- l !
: : : : :.{三ミi!/ /    /   i /! i  l lイ 从l /i/      政治は平和に治められているのが善く、事業は有能なのが善く、
: : : : : ヾ三}i  l    l /-/‐l‐从ヽ レ',イ}ヽ! /}
ゝ: : : : : ヾ/l ト、!   l l' /xョョュ、   ヽ弋リ ! l       行動は時にかなっているのが善い。
 ヽ_; -、: :{ frzヘ  ヽヽ '弋リ      '  八}
.,ィiタハ /}`ヘゞ"ノiヽ、ヽヘ       , ,イ
.ヾミxv三}  ヽ`ー、:__ヽ ヘ-     ̄ ィl !        そもそも水を模範とし、競い、争うようなことをしないから間違いもないのだ。」
   ヾ三}   ヽ /: : ヽ `ヽ二ミ}¨ __l,x=ュ
   〃ゞ' ヽ   ∨: : : : : `: ー―-'寸三ミ}
  〃   ヽ   }: : :、: : : : : : : : : : :Vミ三!            と、続くわ。
  {{      }  l: : : :ヽ: : : : : : : : : : `tリ

170 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:54:03 ID:jM9Nv0h8


         ____
       /   u \
      /  /    \\      え、そうなのかお。なんか普通だお。
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /





   _r<¬‐- 、__
 rJ::.::.::>'´ ̄て::.::ヽ`Y⌒)
  }::.:; '′/   、└ヘ::.Vハ::.:7
. 〔:::/ ,′| l  |  、ヽ:Vハ::.:}/Y^ヽ
 (」 l|l  、 | | >\rヘ::}_/_ノ
  _| l| l ヽ_、ヽ l| /エ=ミ T小ヽ \    さらにもうひとつ。
 {∧ 、ヽrrーミヽl/ハ::.::.::l| |/ ヽ\
 `Yへ\ヘ::丿   ゙ー'´! }    \ヽ
  |l /|`ヽ、   rっ/7 /__    l |
    / , / 「 ̄て)′/ /r勹く}  | |
.   /_/ 厶-レ-=介 く_/L7  }   | |
  / {二ニラ/_/::.|_く/∧` ̄   ! |
 ! 「77´/::.::.:`⌒´::.:{{__:`ヽ、  /  |
┌───────────────────────────────────────────────────┐
│天は長く地は久し。天地の能(よ)く長くかつ久しき所以(ゆえん)の者は、その自ら生ぜざるを以って。故に能く長生す。   │
│ここを以って聖人は、その身を後にしてしかも身は先んじ、その身を外にしてしかも身は存す。                 ...│
│その無私なるを以ってに非ずや、故に能くその私を成す。                                       ..│
└───────────────────────────────────────────────────┘

171 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:54:18 ID:jM9Nv0h8


          .x――‐ォ、
         /:.:.:.:.:.:.:.:ノ:::::\
  ._r―r‐r<:.:.:.:.:i⌒¨´::::::::::::::::\
  i:.:.:.:/ /:.:.:.f⌒´  ̄ `ヽ:::::::::::::::く
「.7:.:.:i l:.:.ノ        、:::::::::::j
.゙∧:.:.:{ !:.:}     /     .ハ:::::::f    「天も地も永遠であり、永久の存在を続けていけるのは、天も地も無心で、
/ (:.:.l !:.:! k \{    ! !  i::::ノ
   〉:.V:.:.{ t=ミゝ  ノ≠./ }′    自分で生き続けようとはしないからだ。
.   /¨゙{薔} |ヒzリ    f:フ/ /
  /   \| i|""    "7 く   _
/   /⌒ハ>. ゚ <1 ハ  ./ 〉   だから「道」と一体になって天地の道理をわきまえた聖人は、人の後をついていき、
    ./:.∨ Lム_」薇}_ノ:〉! ト.ヽ/ /
 _./:.:.:.l ヾ ニヨ  Y:.:.j_.ソく 人    それでいながらおのずと人に推されて前に立ち、わが身を人の外側におきながら、
´:.:.:.:.:.:.:.く` `ーヲヽ_〉:.{彡イ ゝノ.)
ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:`:¨:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ら'~~く    それでいて自ずから人に招かれてそこにいる。
:.:.}}:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉:.:.:.:.:.:.:.:〉
:.:.{{:.:.:.:.:厶x:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:}    それは、私利私欲を持たないからではないだろうか。」






       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\      何言ってるんだお、天地は永久じゃないお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |     始まりも終わりもあるって小学校で習うお!
  \      `ー'´     /

172 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:54:35 ID:jM9Nv0h8


          _
       /: : :ヽ:ー、   _            こらこら。ここで現代の科学を持ち出すのは無粋ってものよ。
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __      ま、「天地」の部分は人間のちっぽけさの対比、悠久さの一表現。
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉  という風に捉えておいたらいいと思うわ。
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ    「従って、無私の塊である聖人は、だからこそかえって自分をつらぬいていけるのだ。」
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ    と、締めくくられているのだけど。
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三} リ
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´     つまりこの言葉に当てはめると、
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}      やらない夫は、もし本当に老子の理想とする人物であれば、皆からみとめられて
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ        好きなだけストリーキングできるはず、という事になるわね。
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}





     ____
   /      \
  /  ─    ─\    やらない夫は人、それと法律や社会のルールに従わず、勝手したから自滅した。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   いわれてみれば当たり前のことだお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

173 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:54:55 ID:jM9Nv0h8


                          ,イミx
                         r彡: : /:ヽ._  __
                    ,ィt―:-’: : : :`:.、: : {ヽj: :}L_
                      ヾ: :`ヾ: : : : : : : :\:ヾ:.〉:ヾ:}    __
                  ,ィ:.、ノ: :_:ノ: : :_: .-― -ミ: : :彡し:、  /∧:
              r―_ァ′: : :三:.' ´          `ヾミ:〈: `ー'-、》
              ヾハソ: : :ィ: /                  ヾぅ: : :r=、ィ=ミ、
                〈:_:_: : : : ,:′               /:ハヾ: :`ヾ:、 //
              <∧Y): : :// /  /       i    i }_:圦ァx: く `く      そうよ。その勝手を「私欲」と言うわ。
               ヾ'廴:.// /  /  ,ィ   i !   |l    ハ  ¨ヾ: : : : 〉  ヽ
                /r=):/イ イ  ィ/ 从  从  从  il N  ,イ:}: : r'_     \
                  /.入: j/:! ハ  /イ ,ハハ Nハ  jハ! イ !}i /:.|:1: : : :{     ‘,  そして老子は続けて、「上善若水」の項で、
    -、         .′  ヾ: | N  ト:L_イ ゞ | ! l 斗匕_/! /   〉:Ⅵ:y: :人     :.
    i \        !.〃  辷ハ l { k f´ミ、     ィf`ミ   |ハ  ヾ:.リ彡イ   ヽ     i  人と争わずにいることが最上と説くのね。
     ヽ 丶 _    j/}  / j厂}:ト !弋リ     弋リ  |!  厶イYツ、ヽ   \  |
   _ ..'  ヾミ`ーァv:イ:辷yく、′ Y 八⊂⊃     ⊂⊃ ィ   〃:トイ! ヽ :、    i   |
    { (  ̄¨ 、ヾ〈: :ヾ: `ー=≦:xくr|   i1ヽ、  ヽ_ァ   ./=!  /:.:.ノjハ!|   \\ :  l  人の歴史は争いの歴史。
   rヽノ ̄ヽ   `)辷:_:\: : : : ノ: : |  /く彡ミ≧t _ ..<:::::::::|  !ィ' ′}!     } 〉′ /
   ト! ト、   _,.ニ イ: : :/: : :): : :.{: : : | 八::}:::::::::::ヾxヘ:::/:::::::::::| √:ヽ、ィ:|    レ′ /   だからこそ、「争わないこと」は
   し`yミ三≧: 》r彡:/: : : : ミ、:ノ.∧: :入:::::::::::Y:「ヾ::::::::::::′/: : : :.ヾ.|     /   /
     ヾ-r<: :.Y}: ノ: : : ;.-‐:./ /: /:/:::::ヽ::::::/!:ハ::::::\:/ ∧: : : :_:.X...=彡   ′   とっても貴重なのよ。
       廴:斗ヘ人:ィァ彡:>イ //: :\::::::1`´:|: : ヾ:::yr{ ./孑≦  ̄//   _ /






               ____
             /      \
           /   ⌒   ⌒\
          /   ( ●) ( ●)ヽ    善いことは得がたいこと、というわけかお。
            l      ⌒(__人__)⌒ |
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ

174 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:55:34 ID:jM9Nv0h8


    /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: >て`:: :: :\   ハ  ___
   5、:: :: :: :: :: :: :/´      ヾ:: :: テ| ̄|,、_ ゞ//┐|
   ノ:: :: :: :: :: :/         ',:: :: ::|  | < X__ | |      あと、さっきやる夫が言ったボランティアだけど。
   廴:: :::: :: :: /           `):: ::|  |:: ::} V/ | |
   /:: :: :: :: /    |    ',  、  ,{:: ::|  |/X/.ノノ      もしそれが私欲のない慈悲の心のみから出てるのなら、
   てィ: :: :/  {   |    i  i  i.i`}:|  |.>//ミT´
    <_:: ::|  i   i  i   | ィ十ナィハ|{|| ,、|}ハケ-ニ=、_    老子によるとおのずと誰かのために働く場所が得られるはずだわ。
   //}ノ::|  ',   ', ハ  ハ/ィヽァテク'、`ゞソi || ヾヽ ', `\\
  <<V/、_:::',  lヽ_,-+-´ヽノ  ´之゚ンl i .ヽ || } }  ',  \ヽ あるいはもう手に入れてるのに、気付いていないのかもしれないわね。
.   \廴v=::'、 i トヾィtヶ、      ̄  | l<ソ',ノ └ト ∧   レ'
    L _Xミvノ 、ヽ ゝ弋ゞノ  、     イ |´`V´ ̄`ヽ、_\    良いことをしているはずなのに、「偽善」とやる夫が感じるのは、
    // |ノ /i ゞ/T'\    - ´ / } }  i',:: :: :: :: :::ヽ
.   //  / / } {/ il _ _,>-_=、- イ rノ /ハ  ハ}:: :: :: :: :: ::}   その人の行動の裏に私欲が見え隠れしているからじゃないかしら。
   | | ノ / ,' ハli{:: ::{   - -ィ、 }、 | i | ハ」:: :: :: :: :: ::',
   ´ イノ  ,' イ  i |:: ::\   、,  ト-イ V /:: :: :: ::i:: :: :: ::}、  もしくは色メガネで見てるのかもね。
  / ̄/  v i ∧ |:: :: :: :\/ノノ ∧ > V:: :: :: :: ::|:: ::,:: ::i:::ヽ






     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \     ところでさっきから聖人、聖人ってよく出てくるけど、
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /      聖人って一体誰なんだお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

175 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:55:49 ID:jM9Nv0h8


                    r=..、、
                rー-ヘ::.::.r':.:\
                r‐、_)ヽ::.:.:.:.:.::.:ー^j_rヽ
            r:j_):..:..:.:.:.:丶::.:..:..:.:.:.::.:r':ヽ
            r..、}:.:.:.:....:..:..:..:.:.:..:.:.:.:.::.::.::.ーr':\
            _ヽ:.:.:.:.:.:._.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.::.::.::.:ーヘ:..ヽ
           {_:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> ―、― - {`::.:.:.:.\-..、
         _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/          \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、   _
            {:.`:.:.:.:.:.:.:/  /      |      Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}/_:.ヽ
         ⌒}:.:.:.:/  / ,′    |   .|  ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ∠⊥ノ、
           {_:rュ/l!  l  i      |l!   |  .l _}:..ヽ|..:.|:._:小 ̄ ヽ:ヽ
          Vl|    | ハ      ;'|     ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィト\__ノ.:.:}
.           | ..{|H   | | l__,     / |  /  |r‐'::./:../:.:_レj:.ト- ヘ´
.           人  ハl!ヽ 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ不::.{__/:.:‐ァv'.|::l:. l |     誰でもないわ。
.          ̄`Y´ ̄ トト 乍≧x ヽ/ソ ィチ乏カア/イVrj、}:.:.{ィ  .|:.|:. l |
         |    | |j 弋zノ      弋zノ  イi :ト{にソ{^´  |:j:: j.|
               | |{     `           |リ::/⌒´    リ: .:/ !
               | | 丶、    __ ノ   ., イ.| .|      j:../ l }
               | |    >=、-- r <   | .|     /‐   /
               | |   ィイ   rz=.、  > 、| .|      / //
               | |/     {{r勿}}     | .|ヽ   / //
               | |      `゙T゙´     .| .|  ヽ./ /





       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\
  /   (__人__)  u. \    はぁ?
  |ni 7   ` ⌒´    . |n
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''

176 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:56:06 ID:jM9Nv0h8


        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |    儒家は最上の人を、伝説上の尭(ギョウ)、舜(シュン)などとしたけど、
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |    道家では特定の人を理想像として挙げなかったわ。
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |    道家の言う聖人とは、絶対不変の「道」と一体化した、
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |   理想的人格を指すのよ。
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !   このへん、いかにも「無」を重視した老子らしいわね。
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i





      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \
   /  (●)  (●)  \    理想の人も「無し」かお。
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /    なんとも概念のみに生きてる思想だお。
   /              \

177 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:56:27 ID:jM9Nv0h8


 \             ,. ´     )       \ ー-- ∠   _」
  丿        / /        (         ヽー-- __ノ  <二二ヽ
 {     ....:::: /  .′     i \_        ヽ  ヽ∧   下、マ〈
  `つ::::::::::::::/   |       !    〉::.........    ゙.  ゙, ∧/ ̄\勹ト|
  (::::::::::::::::/   ; |    i|   |   {:::::::::::::::::::::.... |   ! 厂 ̄ヽ\〈,ノ
     ̄`j:::::′   i |    ||  | |__∧::::::_::::::::::::::::| __ | /   _ノ i\
     弋| |   ! |    ||   ルイ /厂/!ハ)::::::::::::/アr=ミ、:::::::/_/  i |\
       | |   i ヘ   | | イ j/斗=≦、 し-、:::::ゞtヘ匀}l:::::::::::`!  ||:::::|
       ||  i ,..ゝ‐、| !/  〃 i!‐r‐yヘ「 | ん:::`iヾ='ァ':::::r―1   l |:::::|
       ヽ\ ヽ〈 ニ=ミ       弋 ー' 丿||  く:::!  /::::::::::) | |  ! \|
        \ ー-\《 トヘ       " ̄`  | | | (:/ /::::r―'′ | | !
            ハ ゝ'               | | |  | /::://    | |  |       そうね。
            | :.   ` _       リ| !/ /      | | |
            | ヽ.   ヽ ノ       ///! |′       | i |
             | /ト          ,. //  ̄| 「|_         | ! |      ちなみに、「無」についてはこんな言葉があるわ。
               / /| |   > _r' ´ //   | | ||        |   |
           / /|j_ イ     ,≧ //   | | | ̄ト 、     || |
             //r ´     r乞マ〉/   ||\  \   |   |
           /   \    //レごム {    /  〉/     ヽ   |   |
┌──────────────────────────────────┐
│三十の輻(ふく)、一つの轂(こく)を共にす。その無に当たって、車の用有り。    │
│埴(つち)をうちて、以って器を為(つく)る。その無に当たって、器の用有り。    .│
│戸ユウをうがちて以って室を為る。その無に当たって、室の用有り。        ...│
│故に有の以って利を為すは、無の以って用を為せばなり。              ..│
└──────────────────────────────────┘





         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\    無があるからこそ、有の使い道が現れる、と言ってるのかお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

178 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:56:44 ID:jM9Nv0h8


        ,r-'⌒:ー‐v‐、
      _f:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ      ええ。
      ノ:::,.-―‐- 、:::::::::::フ
     У  ,  ,、   \::::::{      「車輪は軸の中心に何も無い穴があるからこそ、車輪として働ける。
   / ラ,  /--//ハ_、 、ヽ::}
  /  /1l._ ! 、__  x-、l゙ |l i:ノ      粘土を固めて作る器は、その中心に何も無い窪みがあるから器として使える。
. /  / 〈j、l!|    ,  ヒソ./,、}´ヽ
/  /   ,Y人  r 、  //-}!:! ヽ    戸や窓をくり抜いて家は作られるが、しかし家の中心になにも無い空間があってこそ、
  /  ___rラ-.>- '-:イ/¨i^i-!  ハ
. i  >、∧_{l薔l} `ラ/'フヘ!  ハ   家として成り立つ。
. !./:::::::〉、  |::! \/::ゝ_`ー.ソ   |
 l〈:::::::::/::::::¨´:::`ーム'∧: ̄:::\ .|
.└ハ::::::}:::::::::::::::::::::::::/::::::ヾイ¨´  .!   このように、何かが有ることによって利益がもたらされるのは、
 く ∨::::::::::::::::::::::∠\__/|_   !
  / /::::::::::::::::::::::::::ヽ/     /   〉  なにも無いことがその根底で働いているからなのだ。」という意味ね。
  ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::\. /   /





       ___
     /   ヽ、_ \        なるほど。奥深いいい言葉だお。
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \     つまりニートは何の役にも立っていないけど、どこかで有の役に立っている。
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /     そういうことだおね。
     ゝ  ノ
   /   /

179 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:57:12 ID:jM9Nv0h8


                /)
            _,. イ;;;;;;:〈 }
      l.`ー-┬┬イ;;;;;;;;;;;;;;;;j }
     〈 〉;;;;;|iiiii|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r' ノ
    γゝ、;;;;|lllll|;;;;;;;;、;;;;;ノ'!l/
    l/`〉、r=ォ、;;;;;;;;`メ=リノ     えっと…、その例はどうかしら。一概にこうだとは答えかねるわね。
     | `'//kゞ=イーイ' 0 0l
     li  /l| |ヾll l| u r‐ノ
.    li  /l| | /l ||≧ー ´     ともかく、人は「有」にのみ注目し、価値を見出すけど、そこで切捨てられがちな「無」の
    || / l| l/;|l l|≦'i》》
    | ! / l| |;;;;ミ、.l|;;;;;;;;}      必然性を説いた、良い言葉だと私も思うわ。
    〉、/、l|ミ|`_l`ミミ;;;;t::i
    ミミヾリ /:::::::l;;;;;;;l:::ヽ
       /::::::::::::::ヽ丿::::::ヽ




       ____
     /_ノ   ヽ_\
    /( ●) ( ●)\      …なるほど。今日の話は割りと分かりやすかったお。
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
  |        ̄      |    やらない夫に謝らないといけないお。
  \               /

180 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:57:46 ID:jM9Nv0h8


        _)≫:::::::::::._ ''"         ` 丶、:::::::::::::.(_
    __(::::::::::::::::::::::/               \::::::::::::::::├─x
   ./ r─.≧:::::::./                 ヽ:::::::::::≪ニ7》
   に二三彡::::.∧                    ハ:::::::::.|\Y《
   仁{_/つ::::∧                    :ハ:::::::) . ) )
  . 廴__,.イて ,'.l                 j | |  |  }::ム辷彡'    前回は結構とりとめがなかったからね……
   .ハ ; (::::.| |  { | | ハ V     .l   イ.∧ l  | :!.|::::/. | |:|
   .ハ ,: l| 辷| l  .V.L | ハ.ヽ    | / ,/7 .Ⅵ jl !.}:::}  .| |:|
   ハ:/ :!l  .|!ト{  .ヘlV>>zリ,,,. ハ  l/./ィ-七7.l ∧リノ|::lハ  | |:|    だけど、「あるがままに生きよ」って、
  .ハ/ ::l|  .|::|ヘ\ =Y´jう㍉`\V/7´たうj.Ⅵ从ンj .|:| .l.  |:|
   /  !|   |::ト叮アト、ヘ. ヒン        ヒン  7イ |ソ}l::| .l   |    その一言でストリーキングに走るくらいだから、
  ,'   |   |::|.  | .l∧         ,       ./ ! .|'  川 :l:   i|
  .′  :|   川  .l .|.`ヘ.    r─‐┐   / /l .|    |:   i|    やらない夫も単純よね。
  ;    :l      / リl.  >、.  ` ー ′ .イ.  |..|..    |::   |
  |   ::|    / .∧}./´.::.ニ>tー 'チニ`ーzxノ八.   |::   |
  |   ::|    ./ /´::マ.:.::.:.:/ニ{ 只 }ー=、...:.:.://::Vム  |::   |
  |   |  .//>、::マ: _,::-‐‐'..:》ー.イ :.:..:.::`ー//::〈 .Vム .|::   l
  |   ::l .《∠≪:::::::へ.マ .:.:.:.:.:.::イ|:::::ト、.:.:.::. //:::::::\Vム,!|    |
  |   ::|::: ヽこ二ニミへマ .: : /.:.:|:::::|.:.\__./ムニニ三彡'l::   |
  |   r上≦三ニy__ > 小く. :.:.::::|:::::|:::.. \:::::ィ≪<::::::入.l    |
  | r─{    ¨´`ー三三>-x _|:::::L_,,-‐'¨,ィ<≪三>カl   .|
  | ∨::ヘ.         ̄`¨三≧|:::ィ≦三‐'¨´        .|::≫|ー-、
  | ∨::::`、             .{| ̄ ̄|}            .|:::::::::::::::/
  |  ∨(⌒ヽ          ||    |}          /⌒)::::::::::/
┌───────────────────────────────────────────────────┐
│知りて知らずとするは上なり。知らずとして知るとするは病(へい)なり。(それ唯だ病を病とす、ここを以って病あらず。)   │
│聖人は病あらず、その病を病とするを以って、ここを以って病あらず。                                 │
└───────────────────────────────────────────────────┘





       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \    知ってても知らない、とするのが良いって?
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /    知らんふりしなさいってことかお?
     ゝ  ノ
   /   /

181 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:58:09 ID:jM9Nv0h8


                、_          , -―  ―- .、          _)
            _ノ        ,  '´              `  、    (_, ^i
         ,.-‐(__       /                     \    _ノ,. -‐-.、
          | r‐-ァ_)   , '                      ヽ   (ノ)<フ /
           rt  ̄(__   //                     `、    )iヘ、X
        i l´ヽク/ノ  //      j            l i       i  (〈_l V /    ちがうわ。
        ヾ= ,イ(__  l |        小          | |   `i    l ( ゝ---'
          /.:l|i フ | |  { | |  :i| i       |   ,| ト、 |  |  | |  ):i:::|::::|     ここで言う「病」とは、人としての短所とか欠点って意味ね。
            /.:/.|l 弋っ| | .: || |、:;| l |      |  /l/ i l|  |  !:i /:::::k:|!:::|
        /.:;/ |! ::|〈 :i.|| 、 | |什三|上i k. |  .j / / リ  |ム j  , j l 〈::::: i:||::::|
        /.::/ | :::| | :| |kl  ヽト.l ,ィ干=tt_ヽ|、 .ノ//    .| | /, / /,'i :l|:::: . l:||::::|   「自分でよく分かっていても、まだ十分分かっていないと
        /.:::i  | ::::| | ::|c,ヘ(⌒ヾイf¨:::::::ト ̄ヾソ/ノ ._    |ト,リ/iノノ | ::|l:::. |:!|/
       \|  | ::::|.|::|{回}ヽ ヾ代::.o.ノ      z=≠ミ´ソ! |{廻})::||::::. |l     考えるのが最も良いことである。
          | :::::| | :::i⌒ l.∧ ∨ ̄    ,        / l |´⌒|..::||::::: |!
            | . :::::| ヽ、l  .| ∧ .マ´/^) ┌―┐      / . | |  ヽ、||::::: l!    わかっていないのによく分かったと考えるのが、
.           | ::::::|       _厂ヽ ∨ /   ヽ ノ    . <  l . !     |::::. . |
          | . ::::::|    ,._「 \ ヽj |..>  _  < ,...‐-..、..,| |    |:::::. |    人としての短所だ。
           | :::::::|   ./ |  ̄ヽ_}.イ |:,-―.==、ー-、:::::  ..y'k .!     |:::::. . |
            | :::::::|  , '  |´ ̄ヽ ′ j::;;;::::({薔}))::`ヾ....、.:::,' .ハ ヘ、  |::::::. |    (そもそも己の短所を短所を自覚するからこそ、
.          | :::::::レ' , ∧   〉  ∧:::::::::7~'イ:::::::::::: .:::/ ハ\ゝ、`.、 .|::::::. . |
         | ::::::::ト、 ̄二∧    /  ::::::::/| ::::|ヽ :::: .:,.' /   `、ソ ゝ|:::::::. |    短所もなくなるのだ)」






          ____
        /_ノ  ヽ\      「聖人に短所がないのは、聖人が短所を短所と自覚しているから。
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\   だから短所がないのだ。」
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ   と、続くのかお。
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

182 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:58:54 ID:jM9Nv0h8


 l! ̄オ |:.:.:.:.:.|   と′  ,      丶  .:   r┘
   ̄リコ l:.:.:.:.:.| _「┘ / /  l |      \ノ  _〕      ええ。それに「道」と一体になった聖人は、もはや知るとか知らないとか、
  く」!L.|:.:.:.:.:.! L. // /,  l| l  l  i  l ハ:.  _〕
 〃l| l L.i:.:.:.:.| r┘,./ /,   !|| l|  l  l ハ:/└i_     そんな事は超越しているから。
 |i l| !└l:.:.:.:| 〕// //l  l ! li l|  l  l |!:: と__〕
 li〃!|l トz水゙/イ ,://l:| l |l l| li  |  ! l|! とl「´
 |! |   !小こシ」 !/ ≧:xイl ! ,'! /l  , / /l _.」!|!     これが論語だと、「知るを知ると為し、知らざるを知らざると為す。是知るなり」
   ,l| l |ハ:.:!|l イ iイ:r::ハ` / '//二ラ// イ| l| l!  __
  /!| l l   \! l|  `¨      イrソ/iツ行l 〃  / |  と出てくるけど、ちょうど正反対の言葉ね。
  ,'/ ! l|l  「¨| llト、   r ァ  ¨´イ |l i |l |!   / /
 ,' ! i  l|i _|:.:.l:.|l:.|:.> .、__  イ´ !:| ! l| l   / /
 ! l ,  l|'「  |:.:.l|:li |:.:.:.:.薔:.:.:.:.:.:.|、ハ! l::-‐rz/ '´ハ   どちらも良い言葉だと思うし、
./ , i /l|| ヽ/ l| l;,;,;,ノ゙ヘ;,;,;,;,;,;,Y ̄|ヽ  {!'   / / ノ!
! / l , l| !   / l |:.:.:.|  |:.\:.:/ i  〉 \{!」、ヽ'イ丿  それだけ物事を知る、ということは生半可なことではない、
| li / l| / l -_〕:.l  |:.:.:.「´ 〈  ト.、 、\テ¨´
,'  l | // ̄ , イ´.:.:.:.:.:.:! i:.:.:.:ヽ  ヽ |  、_ ヽ     という主張が伝わってくるわ。
   l| \ <ー- 、__:.:.:| /.:.:.:.:.:.:.\  \ \ ヽノ
  l l|    ̄工>_/-、j |, -、_, - ゝ _|__〉、  〉





     ____
   /⌒  ⌒\
  /( ●)  (●)\
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \     やらない夫のお勤めが終わったら、教えてあげるお!
|     |r┬-|     |
/     `ー'´      ∩ノ ⊃
( \             /_ノ
.\ “  ____ノ  /
  \_ ____  /

183 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/11/09(水) 20:59:13 ID:jM9Nv0h8


                    r=ミ r=ミ
                  ノrヘ ∨从_`Yマ、
                     /:/  Y´_,ノ:.:.:.:.:.:.`ー'⌒ー'⌒ーヘ
                    《《  ノ´:.:.ゝ'"´i:i:三二ニニニ≠-\
                    /ゝミ彡:./i:i:i:i:/:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.:.:......
                   //, ノ:.:. /i:i:i:i/:.:.:.:.:.しヘ:ノ⌒ー'⌒ー'⌒ヽ:.:.:.:.`.:.:......
                  ,/:.//(_:.:. /i:i:/:.:.:ノし'´              \ー'⌒ーヘゝ、
                《_//:./(_:. /i:i/ :.:.:ノ   /       /        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
               /:./ (_:./i:i/:.:ノ´ / /       /  / /       ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:)
                |:.i| (_:.|Ⅳ:ノ / / /-ミ /    / / /      i:.:.:.:.:.:.:.:.:_;ノ
                |:.i| / 《薔》 / /l,,l,,/ / ヽ   / / /    / / i:.:.:.:.:.:_;ノ
.                《_j/ (_|i:i| l ィf斧抃ミメ、 / / / /    / / /:.:.:.:.ノ
               /   (_|i:i| l |弋z::ツ ミ / / /_ / /   / / /ーヘノ
                 /   /ヽ| l | `¨´     / /__/`ヽ/ / / /
                / ___,/ーヘ| l |        f斧抃ミ / / / /    それがいいわね。
.             //:.:.:.:.:.:{i:i:i:i| l |        , 弋zツ ////i|
         / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}i:i:| r-ミ  ` ー    ー=彡'´|// i |
        / ,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::}i:ノ ,l:.:.:.`ー‐r―――'-ミ| | |/|  i |     それじゃあ今日のところはここまで。
       /  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ //:.:ミメ、:.:.:.:.)__,ノ´`ヽ)l |  |  i |
      '    /:.:.:.:.:.:.:._彡/ /゙ /:.:.:.:.:.:.:\:.:.:):ノ:.ノ:.:.:.:.:'., l i|  |  i |     第2章、終了よ。
.      '   /: .:.:.:.:_彡: / / //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ー{:ノ:´:.:.:.:.:.:.:.:.',ヽヽ ヽ  ヽ\
.    {   /:=ニニ=:.:.:.:.:{/  //:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:..:|i:∧: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.', \\\ \\
     ヽ/:.:.:.:. -=ニ=-:ヽ/ ,':.:.:.:.:.:./:..:.:.:. |i:i:Λ:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:',  \\\ \\   第3章へ続く。かもね?
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :./ / /i:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.:.:. ノi:i:i:i:i\:. .:.:.:.:.:.:.:.:',   \\\ \\
   /:.ノ:.:.:ノ:.:.:. :ノ:.:.:.:. { / /ミ{:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:{i:i:i:i:i:i:ii:i:\.:.:.:.:.:.:.:.:',\  \〉 ヽ \\
.   (:.(:.:.:(:.:.:.:.:(: .:.:.:.:.:.:.`:.´:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:i\i:i:i:i:i:i:i:i:\:.:.:.:.:.:.',ミ\,\,〉   )   )))
   `ヽ:.:.:`ヽノ:.):ヽ:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.|:. :=ニ三ニ=.:|i:i:i:i:\i:i:i:i:i:i:ノ:.:.:.:.:.:.:}:.:.`ヽ } } ノ  ///
    ノしヘ:.:.:ノ:.:.:.:.:\:.人:.:.: ',:.: =ニ=:.:.: ,'i:i:i:i:i:i:ノー‐'´:.:.:.:.:.:.:.:.ノしヘ;ノノ,ノ   ノノノ
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ:ゞミ:.:.:.:.:.: ノi:i:i:i:i:i:ノ  ̄ ヽ:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   ` ー―:i´i:i:i:i:i/      ` ''' ´


                                                        ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                                        d⌒) ./| _ノ  __ノ

185 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:11/11/10(木) 00:10:53 ID:l//uxA0+


自滅って言ってるけど、そもそもやらない夫が警察のお世話になったのはやる夫が背中押したからだよねw


186 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:11/11/10(木) 01:34:16 ID:fRboHADH


儒教については、はっきりと人の意識に根付いたのは江戸時代からじゃないかなあ
戦国時代までの武士も公家も、意識や善行や道のたとえとして神仏を上げるけど
儒教や孔子がでてくることは(個々人の例を除けば)ない
このあたりは日記や手紙、教訓家訓などで確認できる


187 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:11/11/10(木) 06:38:55 ID:4gnPEsYr

おつおつ





第3章へ進む




第1章へ戻る




まとめ一覧へ




 

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する