合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 第39話 「1970年11月25日……追録2」


タグ:
720 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:18:30 ID:D/zZEeTk

はい、それじゃ、ゲリラ投下行きます。

現代文学のちょっとした裏話。


721 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:18:48 ID:D/zZEeTk

【1970年11月25日……追録2】

           ト、  ト、 |\   ∧
         _|:.:.:\|:.::ヽ!:.:.:.\/:.:.|
        _>:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|/|
        \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.へ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.¨フ
       弋´:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.く
       <:.:.イ:.:.:.:/.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.!:.:!.:.:.:.ヽ:.:_,>
      弋´.:.:.:.:.:.:/.:.:.:./ |:.:.!:.:.:.:!:.ハ.!.:.:.::.:\
       <:.:./.:.:/:/T ト、∨:.:.:/!レ小:.:!:.小、>           鉛筆、ボールペン、定規、千枚通し、こより、
       <:八 小| 代圷 |:.:Ⅳイタヽ小|ヽ!             紙袋(大中小それぞれ)、便箋、原稿用紙、
        厶込、N   ̄ レ !  ̄ ム、               カーボン紙、バックナンバー、サインペン、
         rイ!.ハ     , j   八 \              そして広辞苑……っと。
         / V  ヽ  ー : -'  イ    \_
      ,. -へ.  \  >、 _, ィ \ /¨「 ̄ ̄ `ー 、        これで全部入れたな。
     /     ヽ   \  /  ',  \ !       }、
     /     / !   \   |\ソ |       /  \     と、いうわけで編集長、行ってきます。
.    /     /  ,    /マニ/ / ,厶    ∠、    ヽ、
   /     /   ',  ∧ G〉/ / /  \/   \     \
  厶-―-、 /    |./  ∨|/ r' つ  ノ Yヽ    \     \
  |     \  !      |イ| {レ '´ ィク )     ` 、    \
  |       ヽ !      |d |    '   / )        \.    \
  ∨   \  |/        | ! 〉    ' , ィ }            \   \
  ∧     \/        ! /    ,. -―'            ヽ    ヽ、
  i ヽ     }       /   /                  |     !
  |    ,. --- ∨     /   ∠、                  ! ,__   ノ
  /ー‐ 彡'  ̄¨ 弌  /     / ヽ \___              ヽ_ト― ´
  `ー<_∧     }/    , '| ! /      |
     | ∧    /      / | ∨      |
     ヽ ∧        /   | /         |\
      |  \    /    |G 、        !::::::\
      |   >‐'        | |>`ー-、     !:::::::::::\

           【村松友視】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのとき、村松友視は、大日本印刷に行くため、準備をしていた。

 文芸雑誌の場合、印刷所で「出張校正」をかけるためにである。
 彼は当時、中央公論社の文芸誌「海」の編集部員であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
    前の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 第40話 「Mの戦争・その後」』  
    次の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 第38話 「1970年11月25日……追録1」』  

722 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:19:03 ID:D/zZEeTk

     _____________  
   /|:: ┌──────┐ ::|
  /.  |:: │市ヶ谷駐屯地 | ..::|  
  |.... |:: │で、三島氏  . | ::| 
  |.... |:: │ひきこもり   .| ::|       , --  、    
  |.... |:: └──────┘ ::|        /      ヽ   うーん……これは厄介な事件だお……
  \_|    ┌────┐   .|         ゝ     ノ
                           (|     |)
                              |     |
                             し   J
                       【某取締役開発室室長】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのとき、付けていたテレビに、字幕テロップが走った。

 「市ヶ谷の自衛隊に、作家三島由紀夫氏が立てこもり」

 事件の始まりであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


723 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:19:24 ID:D/zZEeTk

        ト、 ∧  /|  /| /|  _/|
        |:.:∨:.:ヽ./:.:.:.:!'´:.:.:.:.:.::.:.!'´.:.:.:/
     |\ |:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::. ̄ ̄ ̄ ̄/
     |:.:.:.V:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:/
    ト、|:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::∠ _
 __}:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.<¨
 \:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.__:>
   >:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.!:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:>
 <_:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:!:.:.:.:.小:.:.:.:.:.:|ヽ:.:.!:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\
  /:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.::./!:.:./  !:.:.:./  !ハ:.:.:.:.:.::.:.:.:.ト 、>
  厶イ:.:.:.:.:.::.:.:|:.:.:.:.:.::/ V   |:.:/  |/ \:.:.:.:|ヽ|
   厶イ:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:/―- 、_  |/  ィ佗¨> |Tヽ\
     /:.:.:.:.:/|:.:.:.:./ r ' 丐}ヾ’    ヾ''¨  ! トミ.ヾ}
    ,厶ィ:.:.:| 从:.:.|  ` '"          |ノ
     ムィ人  V          !    ノ}
        |7>へ u             /V       はぁ? 何が、どうしたんだ?
         _|/   ヽ     ,. -‐ァ  /::: `ー-、
       //     `  、 `' ´  ィ \_::::::::::::\
     /::::い         ` r- く/      ̄ ヽ:::::\
   /::::::::::::\\    ヽ     //        !\:::ハ
. /::::::::::::::::/ \\    \  //         !  Vハ
:::::::::::::::::/     ヽミ二二二二/         !   |:::|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 やがて「たてこもり」から「割腹自殺を試み」となり、
 「割腹して死亡」に変わった。

 いつの間にか三島由紀夫「氏」から、単なる三島由紀夫となっていた。

 村松はわけの分からぬまま、大日本印刷へと向った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


724 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:19:38 ID:D/zZEeTk

      /
    /
   ∠________
  │;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;│      パンパカパーン! 大本営発表!
  │;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;│
  │;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;│      国賊三島由紀夫は
  │;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;│      市ヶ谷駐屯地に立てこもり後、
  │◎│++++++++│◎│      自決せり!
  └────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 印刷所では、誰かが持ってきたトランジスタラジオに、全員耳を傾けていた。

 とてもじゃないが仕事に手がつかない状況である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


725 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:19:55 ID:D/zZEeTk

  γ::::::::::::::::ヤス:::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
(:::::::::/ _ノ   ヽ、_ \:::::::)
\:/  (●)  (●)  \ノ
 |     (__人__)     |        しっかしまた、三島もケッタイなことしたなぁ……
 \    ` ⌒´     /
 /            /
 \       (__ノ

     【安原顯】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 後に「スーパーエディター」として名を馳せ、
 死後ある事件で名を落とす安原顯(通称ヤスケン)も、当時「海」編集部にいた。

 余談ではあるが、彼は男性である。
 しかし、後姿がオバサンに似ていて、よくオバサンと勘違いされていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


726 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:20:11 ID:D/zZEeTk

  __ー-\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::'-‐,
  \:::::::::::::::::::::::::::::,:::,:,:::::::::::::::::::::::::::::::::::---,
 _<::::::/:/:/:/::l:::l:l/:レ1:::::l::、::\::ヽ、::::::::::::::>__
  ー-,::l:/,:::::::::::/:|:::::::::::::ト、!:::\::ヽ、:::\:::::::::::/
   /::::/:::::/:/::l:!:,::::l´|/;-ート、!::\::\::',::::::`\
   >'´:/l/::::l-v!-l:::| /´,ィtオミ、 ト:\::::::::::\ ̄
   ̄,フ:-,:::::l:、r''_ぅヾl   _うzソ   l:::lヽ、:::::::\        まあ……そうは言っても、
     ̄イ::::∧   l         l:∧)/l:::ト ̄        このゲラチェックをしないとなぁ……
      ´/|;ハ   '`-       ',-<:::l `!゙`         (早く帰ってプロレスが見たいんだよ、俺は……)
           .   _, ― 、   ∧:/:!`! _| 
           ヽ  ` ー ´  /. l::l`'( ´ \         ……ん?
            ` 、__ ,  ´ l |`' ヽ    \
           / ヽ    / \       \
          /_   l   l「l |   `ヽ       ヽ、
         _/l「 l|   |   l |_| !   ト、!ヽ        `ヽ、
    _,..-''"/ l l l ヽ∧__/"´l ヽ  | |  ヽ         `ヽ
   / l- '"´  〃 / l フ' /\\//  / ∧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そうは言っても仕事中である。
 この校正を完了させなければ、今日の仕事は終わらないし、
 「海」の次号も出版できないのだ。

 村松は手元にあったゲラ(校正用の見本刷り)に目を落とした。
 そのとき、ある小説のある表現に目が行った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


727 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:20:39 ID:D/zZEeTk

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                _ ,, --
              /::::::::::::::::::::::ヽ
             ゝrリ:::::::::::::::::::::::::i
              i、ヾー、:::::::::::::::::|
               | } リ、:::::::::::::::l
               ', イ ル、::::::::::',               宮様の前だし……
               ヽ_/´ ̄ ̄ ̄ヽ_
             ,ィー‐'ー─ ̄二=三'ー 、_          ここで一服、飲んじまおうじゃないの。
                /   ヽ         ',   `ヽ
           /,--、 ',          ',    ∧
           tー--‐' ,         '     }
         _/ ` 、  l      >     i     .}
          //      リ  >      i    |
       /;;/        ,、 < __..      | ヽ,  |
       レi     / i "´         i   ヽi
        .} 、.   /   .',          l    ,'
       `ー''´       ',             l    '
                i /         l    ,'
                    }/    -‐ーー‐‐  '
                   i/ -‐ " ̄ ̄ i   ,'

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

728 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:20:53 ID:D/zZEeTk
     ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂二ニニニ⊃

          i\  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ:::::::/
          !:::::\!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ∧:::::::::::::::::::::::::::/
       ___\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::レイ_
        \: ̄::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::\:::::::::::::::/
         >:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::\:::::<
       <:::::::::::∠、::::::::::::::::::::i::::::/|:::::!:::::::::::::!::i:::::::::::::::,::::\::\
         >:::::::/::::::i::::::i::::::!::::/ .i:::/i::::::::::∧::ト::::i:::::::::::,::::::::--ゝ
       <:::::::::∠:::::::::/::::::|::::!|::/ヽ |/ .|::::::ハ:| ハ:iヽN:::::::::: :,__\
        ⌒>::::::::::::/::イ:::::/ィ==ミミ、ミ|::/´,.リ,ィ===ミ::::::|\i   ̄´
        ∠__::イ:::::/⌒ i::八   ノ彡汽|_i._...   .》∧i―-\
          /::_{ ( Ⅵ|=´三彡 ´!⌒  `ヾミ彡|i ハ  `´
            ̄  `i\ イ  ! ! _______   ! !i' \i           (ちょ、こ、これ……)
              !:::::::::i   /ヾ―-------ヽ  !
          __∧卅/i::::ゝ /r -- 、_:::::::::::::::|i/   从          (すごくまずくね?)
          i     \|/ 〉Yニ≡== -⌒ ヽ__jj〃i从ヘノ 弋
        卅        (`(¨´ ̄ゝ二 イ¨)¨)      ∥
        /      i    \\  ::::::::::::::://       `i
       从      !  / \\   ン / }    i   ⅱ
      Ⅳ  |      i/     \` ̄_//  \   | /   I
      |      / /         ̄  /     \ | /   |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 それは文壇の大御所の一人、武田泰淳の「富士」の一節だった。
 登場人物に、いかにも三島由紀夫らしき人物がいて、
 その人物が宮様の前で服毒自殺をする、という内容だったのだ。

 村松は、武田の担当だった。
 しかし偶然今回の分に限っては、彼ではなく別の者を代理として原稿のやり取りをしてしまったため、
 彼は今回の分については原稿のチェックをしていなかったのだ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

729 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:21:11 ID:D/zZEeTk

                  □
                ┌─┐
                └─┘
               ┌───┐
               └───┘
                    ┌─────┐
                  ┌┼─────┼──┐
                  │└─────┘    │
              ┌─┼─────────┼───┐
              │  └─────────┘      │
              │                        │
              └───────────────┘

730 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:21:29 ID:D/zZEeTk

       _>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ∠:::::::::::::::::::::::::::::;::::;::::;::::::::::::;::::;::::::::::::ゝ‐
      >'¨フ:::::::;::::'::::;::::/// l::::::;::::::;::::::::::>‐
     イ:.::::':::::::::::::::::::/l/十ー l/vl::/l/l:::::::::::\
      フ::::::::::_::::::l/ l でテ l/ .V 气レ':::::::::ヽ、
      /:': :/: ;t: l  ¨ ̄  /  !tフソ;::::::::ゝ、
       /¨ヽ  i:::ゝ     _ :  ¨ .;::::/`
          ーヘ           /"'          ごめんください、中央公論社のムラマツです。
            人    r==、  /
          z ┤  \     /
        / ヽ'    ` >‐<
        人   \  : : : / : : : \
     / ̄ 亅  /  ;   : : :冫 : / |
   /     |  /  .入ー―‐': : :ゝ |
. イ       レ'    亅::::::::::/   > \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 村松友視が武田泰淳の担当になったのは、「海」の創刊からである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


731 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:21:43 ID:D/zZEeTk

                , -=ニニニ≧ 、
            / ´+ ※  ※ +ヽ\
          // +_r冖^::丁:「:トミヽ、\ヽ、
            〃 /:l:::l::j::.::l|:::|::|::.:ヽ::.\}〈
.          ハ/::.::.:|::.|::l::.::l|:: ト:レく::.::、::.:lハ
         l {::.::.::.l|::|::|:::/|l:::| l|x=ャ、|::.:l}::.ヽ     はいですぅ。
         | l::.l::、::Vィ7厶lハ:j ヘ:::ノ!|ハノ|::.::.:\
         `T:ト、:ヽヽれ:::〉  ,  "リl ノ:_::_::_:::ヽ、
.            ヽ:::ヽ::\ミ`゙  <__} ,.仏 ト{ r'´: :`丶ミー--冖、
              `ヽト、`丁≧┬r彡' _」/ ヽ: : : : : : : :`: : :八:_ヽ-ュ             /^h
             j:::} }:」 rー≠()く⌒ヽ  \: : : : : : : : :/イ l「 ` ー--―rv、  / //
             /:::| /: r1V/ノlト、\_}\ >r  ̄、l ,‐┐ヽV | |        { l|冫´-クノ
               /::.:「//: r1イ / |:ト、\   `丶、 /|ヽ }_:_:;:ィ! Y¬ー- 、  }||廴/
           /::.:rく: : : >}{// |::Vヘ }  r-vハ ̄`ヽノ::.::∨ト、ハ\    ̄
          /::.::厶: ヽ:勹 ,'::|  ヽ:∨乙ヘノ, イ::.:丶、 ::.:::\::.:|: : /〉 〉
         /:::_r1{><\/:7::::トヘr-ヘ:\r-'´≧ヽ、__::`ヽ、::.` | :〃:/
        /r‐'´※ ハ|: : ハ{:_:_广:;ゝ二ニこr'′: : : :Y>、::`丶、V/ト、
.     /::.::;ヘ _/   ヽ/: : ∨_/: : `ヽ「∨: : : : : : : : \}\::.::.::丶、::ヽ
    ,.イ::.::/::.:rヘ、   /: ; :-'´/: : : : : : : : : :/: : : : : : : ヽ〉:` ー- 、:丶、\
 ,.:'´::.::./::.::.:r=ミ、 _/::}/ r彳 : : : : : : : : : ∠: -:'´: : : : : : : :\: : : : : `丶、:_ヽ         _
./::.::.:∠::r-r'´ /ヽ>'´: :r‐' /: : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / 〉: : : : : : : : : : `T¬ー―く  }
-―┴‐::`ニニ>'´: : : : : :〉 /: : : :!: : : : : : : : :/: : : : : / : : :.:/ノ: : : : : : : : : : : : : ヽ }: : : : : ヽ }

               【武田百合子】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 打ち合わせや原稿のやり取りなどで武田邸を訪問すると、
 いつも出迎えるのは武田の妻、百合子であった。

 武田百合子は後に「富士日記」など、多くの随筆を残すが、
 このときは特に何かを執筆していた、と言う話はない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


732 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:21:58 ID:D/zZEeTk

            , - - - 、 _ _
          /´_ -―-―- 、`ヽ
        / /´     ※ `''-、\
       //  ※ _, - - 、 _ ※', \
     / / ※ r‐' '´:: :: :: :: i:: :: ::ゝ、 ',  >
     / .i/  /´:: :: :: :: :: :: :: :l:: :: :: :: ヽV''´
    ./  l  /:: :: :: :: :: :: :: :ィ:::ト:: :: :i:: :: ::i
    ´-、|  /:: :: ::i:: :: :: /:::ハ::::A-―:l:: :: ::l
      | .イ::l:: :: ::l,::-::ナ´ // ,ィ=-ァ.|:: :: ::|、
      |∧::l:: :: :: Vォ=-、ノ´  迅.ソ/:: :: :i|::',
      |※',i:: :: :: :ト弋及  、   /ィ::,イ/ |:: :',          ムラマツさん、今日は急ぎますか?
       }  ト、\:: ::ミ    - ' ノイノ/ 人r-、,
     ./   i r、, Xー-ニ> _ //※ / { i }、ヽ
     i ※ /i i }、 `   `i  イ l   i  { i }: |:::',
    /   ノ|:{ il }    r''ニフ不ヲ  / .{ i }: : |:: ヽ
   ./   イ::|: } ili }    // /, |}{/.※人  { i }: : :|:: ::',
   / ※ イ:: ::l: : ヾ i }  // //| | ||  ∧ヽ/∨: : : |:: :: :',
  ./  イ/:: :: ::|: : : :>V y/ .| | | | .| イi > >: : : : ::|:: :: :: \
 / / /:: :: :: :|: : : : :< <  ///∧/|  |、//i: : : : : ::ト:: :: :: :: ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 村松が訪ねたとき、百合子夫人は必ず「急ぎますか?」と尋ねたという。

 というのは、急がないときは、必ずビールやつまみ、料理を用意したからだ。
 ちなみに急ぐときは、茶だけを出した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


733 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:22:18 ID:D/zZEeTk

       _
        { ::三}
      ..|  =|
       |  :=|
        |  ::=|
      . i   :=
       i    :::i.
      .,'     .::',
     /.;   ;;;; .::',
    ./ ;     ;;;;; .::',         ,-'-"^⌒、_
    ./       ..:;',   。  (⌒      ⌒
   |::______=|     ( (  ∪   ⌒ )
   |r―――――- |     ( (,,,,、,-,,, ‐,,,∪,,,_`)。
   |::..  __   ::|    。|:。 ∪ °。 ┌└─┐
   |::  (beer)  :|   。 |:  。  。 ° ┬┐ |
   |:    ̄ ̄  :::|     |:::::::i:::::::i::::::::i::::i::::! | |
   |:   ヒ゛ール   :|     | :i:::::::;;::::i:i::::::i::::::」_/ /
   |______:|. ____ |:::::::::;::i::::;;:::::i:::::「___/____
   |ー――――― !     |i_:_ i _:_:_i_:_:i :_:_i |
   lL_____=」     └────‐‐‐┘

        ,,ノ⌒ノ
    __ /⌒;;_,ノ (⌒;''"⌒>__
   / ¨ ̄_ノ⌒)(⌒⌒⌒ン \
  |  /⌒;,-'´∠`'⌒⌒⌒). |
.   \__¨ ̄       ̄` ̄´´__/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 当時独身だった村松にとって、武田家でビールを飲み、料理を食べさせてもらうのは、
 ありがたいことだったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


734 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:22:33 ID:D/zZEeTk

      ,//: :ヽ: : Y: /:、: : : : : : : :\: : : : : : : : \
    /: :/: : : ∧: : ;′1: : : : : : : : : l: : : : : : : : : :∧
   ∠二ィ: : : : l::∧: :!:::::l: : : : : : : : : :|: : :ヽ: : : : : : :∧
      /.: : : : :|::::::∨::::::l: : : : : : : : : :l: : : : ∨: : : : : :∧
    ,r': : : : : : 「¨¨`""¨1: : : : : : : : : l: : : : : ∨: : : : : :∧
    |! : : : : : : l       l: :;ィ: : : :∧ : | : : : : : ∨: : :ヾ : ∧
   イ!: : : : :i: : !.      !:/ l: : :/ ヽ: ト、 : : : : ∨: : : :\;ハ
   /l: : : :,∧:厶-‐、  レ' !‐ナ―-ゞ! ヽ、: : : :i: : : : : :l ヾ
    !.:!: : ;ィ: : ト1===ミ:、   l.:/彡==`=ミ:、ヽ : : l.: : : : : |
   .l.;イ : ;ハ イl:i゙ '乍ミ1L..../;」i ィ卞ぅx、 ! ヽト、:l: : : : : :|
   .レ'l: :/  リ |:|  ヒ;リ |「 ̄"゙1l  ヒzリ` l l`ゞ- 、.: : :lヽ:.!
    レ'’   ヾ ___ノ.'   ヾ: 、__.ノノ ´rハ !:、:| ヾ
          i ̄ ̄ i       ̄ ̄ ̄  ムソ:.;ハノ             やあ、どうも。
           、             r彡;〃´
           ヽ   ヾニフ       ノレ'´
            \          ´ ,L. -‐ 、_
              ヽ . _ ,   , ィ´   ,.、二ミ:ォ
               ,.-‐=ニj,.ィ'´   / ̄ "¨ヾ\L、
             _r'´  レ"   _ニ=′    二ニ=   \
           rく ヽ   j ,-=ニ¨       イ=‐- 、    >"

              【武田泰淳】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 応接間でそんな風にしているうちに、
 二階からゆっくりと武田泰淳が下りてくる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


735 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:22:50 ID:D/zZEeTk

                     ___
                   /       ̄ ̄ ヽ
                  / ____       \ `丶、
                 /: ̄: :/|: : : : : :`「 `ー 、   \   \
               /:/: : :/: |: : : : : : : : : : : : : :ヽ   ヽ    \
              /:/: : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : ヽ   ヽ
             .:' : /: : : : : : : :/: : : : : : : |!: : : : : : : : : : :ヽ  |
                //: /: : : : : /: :/: : : : :/ : :ハ: : : :|: : : : : : : !  |
            //: /: : : : : /.: : : : : : :〃: /  ヽ: : !: : }: : : : :|  |
           .:/!: ′: : : :ィ‐≠‐-://: :/ ̄ ̄7ー!: /: : : : : }  / ,ィ´ ̄
           |! |:.|i: : : : : :|/: :/ //  _.//|:/!: : : : : '  | ̄: |
           | |八: : : /ィx==ミ    ィ≠=┬ト、|: : : : /  /: : :.:|
            |  ヽ: : :从ヾ∨リ    ∨:: リ  /: : : :/  /: : : : |
               \: : :ゝ  ̄ ,      ̄  /: : /  |: : : : : |         はいですぅ。
               |: :| ヽ: ニ=-  、フ   ‐=ニ: : :イ    |: : : : :.:|
               |: :|    !> 、  _  < |__: : :|    |: : : : : :|
               /: /    /: : : : ノ〈}   _ノ  \|     |: : : : : :|
                 /.: :i    ノ、ィ二ニニ右二\     |     |__: : : : :.
             /: : /   イ .ハ〔/,イハヽ \\ 八   ∨ヽ: : : :ヽ
               /: : /   /}  { ヽ/〃 | |ヾ//   '.    厂∨: : :
           /: /   /{  ノ  イん ( | }      ハ   ヽ::∨: : :
              /: /   /:::ノ  {  jイ/ノ{ | |     / ハ    V::∨: :
          //   ノ:::::::/  /  }〃X{' ! !     ノ /::::\  ヽ::∨:
         /   ,イ:::::::::ノ  {  ノイ { } | |     | ノ::::::::::::>ー \: :
       /    /ノ>‐┴‐ <  }l !〈X{. | |     } 〉::::::::::::::::::::::::::ヽヽ
      /   ./\〈 <二二>イ ノ|_| } .ノ |_j    ノ  ):::::::::::::::::::::::::::::ト、
     /    r‐┴- ヘ       〈\  ノ_{ └――┘ ,ノ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /     { 二ニ<ハ   く二¨ヽ\三`ー========/::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.   /     /{ ‐┐ト> >===く `>‐ ` ≪三三三У:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 百合子夫人はタイミングを見計らって、
 武田が飲むビールを持ってきて、酌をする。

 その後はつまみや料理を作るために台所に行ったり、
 ビールや料理を持ってくるためにこちらに来たり……と、現れたり消えたりしている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


736 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:23:09 ID:D/zZEeTk

  __ー-\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::'-‐,
  \:::::::::::::::::::::::::::::,:::,:,:::::::::::::::::::::::::::::::::::---,
 _<::::::/:/:/:/::l:::l:l/:レ1:::::l::、::\::ヽ、::::::::::::::>__
  ー-,::l:/,:::::::::::/:|:::::::::::::ト、!:::\::ヽ、:::\:::::::::::/
   /::::/:::::/:/::l:!:,::::l´|/;-ート、!::\::\::',::::::`\
   >'´:/l/::::l-v!-l:::| /´,ィtオミ、 ト:\::::::::::\ ̄
   ̄,フ:-,:::::l:、r''_ぅヾl   _うzソ   l:::lヽ、:::::::\
     ̄イ::::∧   l         l:∧)/l:::ト ̄
      ´/|;ハ   '`-       ',-<:::l `!゙`           しかし……戦時中の精神病院とは、凄いですね。
           .   _, ― 、   ∧:/:!`! _|
           ヽ  ` ー ´  /. l::l`'( ´ \
            ` 、__ ,  ´ l |`' ヽ    \
           / ヽ    / \       \
          /_   l   l「l |   `ヽ       ヽ、
         _/l「 l|   |   l |_| !   ト、!ヽ        `ヽ、
    _,..-''"/ l l l ヽ∧__/"´l ヽ  | |  ヽ         `ヽ
   / l- '"´  〃 / l フ' /\\//  / ∧


                                                     __   -─- _
                                              -=ニ二::::::::::::::::::::::::::::_>
                                                 /:::::::::::::___:::::::::::::::::`7
                                            /::::::::::::::::f┴‐ヘ::::::::::::::厶
                                            ∠ イ::::::::i:::::::|_,.∠、ヘ:::-、:::::/
                                                |:::::::::|l:::ト〈    } Ⅵ }::/
                                               lハ::::|「`Y、 ¨´  `y'´ ̄ ̄`i
                        ホ、ホ、ホ                    ヽ个‐' _ .ィ  // //   ヽ
                                                   V ノ> 、__.. </  '     { r匀
                                                        / /      ∨l::|
                                                      |         }l::|
                                    .                    l         |l::|
                                                          ′           |l::|
                                                      〈     /    |l::|
                                                          /      /     |l::|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 武田泰淳の小説「富士」は、敗戦直前の富士山麓の精神病院が舞台となっている。
 異常な時代に「異常な人」として扱われた人々の日常が描かれた作品であった。

 村松の当初想定していたものとは異なっていたが、
 素読みした予感から、「担当者としてわが意を得たり」という心境になっていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


737 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:23:28 ID:D/zZEeTk

    ∧,,∧  ∧,,∧    今、「海」で連載されてる「富士」だけど……
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )   あの作品、おもしろいよね。
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u   一条実見、どうなるんだろうね?
     `u-u'. `u-u'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 武田泰淳の「富士」は瞬く間に話題作となった。
 特に登場人物である一条実見がどのような行動を取るか……それが読者の興味だった。

 この一条という人物、自分のことを「宮様」と思い込んでいる、アレな人で、
 その個性の設定は、どことなく「あの人」を想起させるものがあった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


738 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:23:45 ID:D/zZEeTk

 /::::::::::::::::::::::::::::/::::\:::::|::::::ヽ:::::::::::::::::\::::::::-──
_,,- -ィ::::::::::::::::::::/::::::::::i:::V::::::::::::>:::::::::::::::::: \:::::\
 /::::::::::::::::::::/::::::: : :|:::::V/ ̄ V:::::::::::::::::::::::\::::ヽ
/::::::ィ:::::::::::::::{:::::::::::::::i: | ̄     V::ト:::::::::::ハヽ;;::ゞ:::ヘ
:::/:::::::::::::::::::|::::::::::::::ハ:|        |::i \:::::::}:::::ト-;;::::ハ
/:::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::| リ───''  i:リ ニ彡:::iト、;ヽ \::i
:::::::::::::::::::::::::::::|::::::: :: |_,,,-===ヽ/ _||=__メ:| ||   ヾ
::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::-::|>'' ̄=.ィ-  ||=||{t..:jア ||
::::::::::::::::::::::::::::i>\:: |||マハ廴ソ  ..川 ハ ̄ iノノ         しかし、こう言っちゃなんだけどね、
:::::::::::::::::::::::r-、}''´ \||  ̄    //  ノ ` ̄ |´          「自分を宮様と思い込んでる男」と「本当の宮様」……
::::/i:::::::::::::::| /ヽ    ヾ==─''´´      /
:/ |::;;::::::::::ヽ  >        `ー -  /            この間にどれほどの違いがあるんだろう?
  レハ:::::/i::::::≧::-:、          /
     レ'  ̄ ̄ ̄Yi      ____./ _
     _...-:::'´ ̄ ̄`:-..、    |ー- ∧ }、_
    i: : : : : : : : : : : : : : : : `::-.┴..、: /: :}: :}: : : ヽ
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : ヽ /::/: : : : ∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さらに武田は、この小説の中に別の視点を組み込んでいく。

 「自分を宮様と思い込んでる男」と「本当の宮様」との間に、
 どれほどの差があるのだろうか?

 小説「富士」の大きなテーマと言え、
 それを表すのがまさしく登場人物である「一条実見」の言動であろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


739 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:24:02 ID:D/zZEeTk

   \   |  i/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:l:.:.:|:.:.:.:.:.:.ヽ:.`\   |
    \ _|_/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::l:.:.| .:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.: \...|   ,
        フ:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:../:./:.:イ:.: |:.: |:.:.:ヽ:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:Vト<:.:
     /:.:.:.:.:.:.::/:.:.:.:.:.:.:.::/:.:.:/:.::八 : |:.:.从:.:.:.:\:.:.:i:.:.:.::.:.:.Vi:.:i:.:
.     /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.//:.:./i:.人:.:.:.:.:.:.:.:.i: |:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:l:.:
    i:.:.:.:.:.:.:.:.i>、:.:.:.:/:.:.:.:./:./ /:.:/.//  ヾ:.:.:.:.:.::l: レ:.:.:.:.:.:l:.: |:.
    i八:.:.:.:.: l:.:.:>.< ´ / // //   ><:.:. |:.:.:.:.:.:.:..l:.: l:.
      ∧:.:.:.:..ヾ:./≠、=ミー 〃 // ー彡=≠≧/:.:.:/:.:.::/i:.:.l:
      /:.{{\:.:.::Vi Ⅵo(;;):::カ   /  彳o(;;) .V/イ:.:/:.:イ/ .l:.:.|:.     いつものアンニャロだと、
.    /:.:.イ} .\:.:ミ、 弋:::::ソ        乂  ク//::.:.:./〃 .|:.:.:.     途中で書けなくなっちまうんですけど……
   /:.:/:.{{   >、廴´ ̄`         ´ ̄`彡:.イ:{{ .* .|:.:.:.:
.  /:.:/:.:.:{{ * }}∧""""    `     """" ./:.:.:.i:.{{   }}:.:.:     今回の「富士」は順調に進んでるようですぅ。
  /:.:/:.:.:.:.}}    {{:.:.:>、     r== ァ    / \:.:{{   }}:.:.:
. /:.:/:.:.:.:.:ハ{    }}´  >   `ー ´   <     {{    }}⌒
/:.:/:.:.:.:.:/ハ{{ .* }}     \> ._ </        }} .* {{: : :
:.:/:.:.:.:.:/: : :{{   }}.       \  /          {{    }}: :


     >、:::::::::::, '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
    <::::::::::::, '::::::::::::::::,;:::::::::::::::;:::::::::::::::::::>ー‐
     >、::,:::::::::::::::://l:::::::::::::/l:::i:::::::::::::::::>z_
     zソ::,:::::::/:::,l://._l:::::/ソ:' l::'l:::::::::::::::::::>、
    <::::::ノ::::,'/:/_l:'ィイ,'::// >ーヤ!::::::::::::::::::::>ー
      ̄>:::::::l ! ぞ! /   !ぞ!\¨l::::::::::::::zー'            そうは言っても、途中でペース乱れて、
       >l ;l ー‐'  .   ー-' .l::,ヽ::::::::\            書けなくなることに定評があるからなあ……武田先生は。
       ̄ニ! i    :       ,' ノ::< ̄
        ∠.::、  _ _      _' イ:ー≠ー             ここまで順調すぎることに、かえって不安が……
            、 r_ _ヽ  イ::::::へ'            ,_      
           _ .l\    イ,'V'¨ ヽ            / ノ     ィ-‐‐フ
          /   >: : : : .へ、_            , ' 〈_ , ' ノ >ーy'
        _ イ   / .}: : : l   /ヽz_       /  ;   >  ィ
     < ̄  癶  /  l: : :〈 、 /\ \  ヽ     {  . '     イ
  /        V' >‐イー‐ ' )/ー \ノ  :.∧     l     /
 l  ゝ  , '     .: >、\ ; ; l \     :  }   .l    /
. .l    У       .:  \ l; /〉 ./   .: :   ェ、 l  .  l
 l     、:   .   :   l l; l /     ,'    l ,    l
 l      :      : :     l;l ノ 〔ニニ〕,  ,'  V    ,l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 武田泰淳という作家にはある特徴があった。
 それは、最初こそ快調に執筆がスタートしたとしても、
 途中でペースが乱れて書けなくなってしまうのだ。

 しかし、不思議なことに「富士」のときは、そのようなことがなかった。
 それこそ百合子夫人がびっくりするくらいであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


740 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:24:20 ID:D/zZEeTk

              ┌───────────────┐
              │                        │
              │  ┌─────────┐      │
              └─┼─────────┼───┘
                  │┌─────┐    │
                  └┼─────┼──┘
                    └─────┘
               ┌───┐
               └───┘
                ┌─┐
                └─┘
                  □

741 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:24:32 ID:D/zZEeTk

       `ミ、z:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_
     `ミ::::::::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       >:::::::::::/:::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>‐
    ―<:::::::::::イ::::::::'/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>‐
      >z:::::::::::::::/::::::::::::::;::::::::::::/:::::::/l:::::i:::::l:l::::::::::ヽ::\
       ー>,:::::∥/::::::::;'::/l:::::/ .l:// l:::/l::/孑:::lゝ:::::::ゝ、
        ∠::::::'::,‐、::::/:::; .l::/‐‐十= 'l:/ .l/l;ラl::::::厶 ̄
       ‐<'フ:::::l  :/l::::〈 ./  弋ツ ./ / ;  l }ゝ、
         /:'l::::、  ;:::l::i    ¨     :; .ハ.ll       (コイツはまずいな……)
         " .l:'l:::::ヽz、v`        ‐ /  〉
          / .l:/vV: :ゝ       _  , /i   l       (この本を読者が手にするのは12月……)
       .   /   \ : : : : \    ー‐'./  ./
         厶    \: : : : : >. ,   イ  ./        (作者が三島事件をモチーフにして書いたと考えてしまう……)
      / ̄  ゝ    \: : : : :/   ̄;   /、
    /      ;      ,ゝ: :/l      ./\;.ヽ、
   /    .     ;:    /  l==〉     l   / }
 /_  ‐ ― 、   ノ ;   /   ゝ:::::;     |_ /  .l
./       V /   V´     \:l      l/   .|
l         ヽ           l:::l   .  ∧ .   |
l          ゝ   :       l::∧     ∧  .|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 武田泰淳が村松友視(厳密にはその代理の者)に原稿を渡したのは、
 この事件が起きる5日前のことである。
 そうじゃないとこの校正には間に合うわけがない。
 そして当然、武田はそれ以前に執筆を完了させていたことになる。

 一方、今校正をしているものが出版されるのは12月7日……

 編集者ならば、武田が三島事件をモチーフにしていないことは分かるはずである。
 しかし読者はそのようには考えないだろう。
 おそらく三島事件の影響を受けて、武田はこれを書いたと考えるはずである……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

742 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:24:57 ID:D/zZEeTk

           ,イ
      ,:{  ,...:.::´.::|   ,.イ  __,.ィ
   l{  /.:|/.:.:.:.:.:.:.:|  /:/,.:.:´/
   |:|ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l/.:.:/'.:.:.::`ニ=‐' ,.ィ
  ‐'.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー彡'
  .:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.`ー-,ァ
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\:.:. ̄:二=‐'
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::∧:::::::::.ヽ::.:.:.:.:.ニ='
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::|::::|::::::::|::::::.:.:.:.:.二=‐
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :| :::::::|::: ト、::: |:::::::|::|::.ゝ
  ::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::{::|:::::::∧: |斗-|:::::::|::|::|
  :::/:|:::::〃.:::::::::l::::::::ハ:|::;孑´|::| |:::ト、::::|∧|          (しかし……)
  /.:::|::/:l::::::::::::::|:::::::||'|  , ィT |:::l ∨、 }
  :::::::{'.:::|::::::::::::::| :::::| ! {<  {:}, |/    \         (「富士」は優れた作品だ。)
  :::::::::::::|:::::; :::::::l::::::| リl  ` ´        ,イ
  :::::/.::::|:::/:;ハ:::l、::!                }          (このようなことを心配するのは……)
  ::/.:::::::|/:/ ,∧!.ヽl             . ィ' i          (武田泰淳の文学の力をなめてる、ってことになるかもしれない)
  '.:.:;ィ.:::::/ヽ、  {  `         ' ´ {
  イ:/.:.::/.::::::/`ー‐'´>、             l
  l/};イl::::::/       ` ー―ァ――‐ '
    `メ、}::/            / ̄ ̄`ー- _
      X            /       f´ ̄`ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、文学作品の本質にとって、この日時の前後関係はどうでもいいのかもしれない。
 多かれ少なかれ、作品の周囲にはいろいろな噂が取り巻かれているものである。
 その中には作品を致命傷にするほどのものも当然ありえる。
 しかし今回の「富士」の件は、そこまでのものなのだろうか?

 本当に優れた作品ならば、そんなことを突き破って読者の心を打つのではないか?

 村松はそのようなこともまた、考えていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


743 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:25:16 ID:D/zZEeTk

                             _____
                            /    `‐-、_
                          /:.        :.`:‐-、_
                           /:.:.:        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ____
                 _____    l:.:.:         :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
             _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.           .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
      ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:... ヽ   ヽ
  ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.        ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ   ヽ
/i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:.; ヽ   ヽ
:i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヽ   ヽ
:i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ヽ   ヽ
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.           :.:.:.  :.:.:.:  ヽ   ヽ
li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:          :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.  ヽ   ヽ
.li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.        :.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:..  ヽ   ヽ
..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:          ,-‐--、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
. li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:       /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`-‐--、___ヽ   ヽ
 li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.     ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三=ゝ
 .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:   ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,--'´三三‐'´
  li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三 ‐-'´
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,--'´三三-'´
  li:i:i:il                       ..:.__,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄
    .`´ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結局、村松は何もすることはなかった。

 12月7日、「海」が販売され、やはり武田泰淳の「富士」は話題になった。
 しかしそれはあくまでも文学的な話題であり、三島事件と絡めるようなそれではなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


744 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:25:45 ID:D/zZEeTk

         /|, -──---,
      〈  . :.::::.:.:.:.``く
     , ..-' .:.:.:::::::::::::::::.:.:.:. ヽ
   ∠.:/.::ハハ|:::::::::1::::.:.:.:. \
    ム:从r'''''|/N:::|.;;;!;;;;;;;「 ̄
     l/N ̄|__r─|/ヾ|;;;;lヾ|
      `| ̄ノ└‐┘``ウ'゙            まったく……三島さんのおかげだよ。
        \ ー' ,..ィ二[
         ̄r'"´,. -‐L_
        ∠二     1i
        |    `ヽ|  | ',
        |     .:j.  | ト、
        /     〈  | | |
         / __ __」.  | | |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しばらくして。

 「富士」の最終回の原稿を村松に渡したとき、
 少しばかり酩酊していた武田泰淳はこのように言ったという。

 「まったく……三島さんのおかげだよ。」

 三島さんを追悼しながら飲んでいるのかな……
 村松はそのように感じたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                                 【おしまい】


745 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:26:18 ID:D/zZEeTk

以上でございます。ご清聴ありがとうございました。


746 :yournet.ne.jpで規制だお[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:32:55 ID:hj6h3dNE

乙でした
今だったら差替えですかね・・・
ネットとか文壇以外からほじくり返すだろうし


747 :規制解除、キャップ発行書式を守ってくれお[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:43:32 ID:q.iouP7k

三島だって金閣寺で実際の事件をネタにしてるからなぁw






第40話へ進む




第38話へ戻る




まとめ一覧へ




 
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する