合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

スポンサーサイト


タグ:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    前の記事『童帝 ◆HyQRiOn/vs備忘録『泡沫』 「やるジェネシス ふつかめ!」』  
    次の記事『童帝 ◆HyQRiOn/vs備忘録『泡沫』 童帝劇場 その5』  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

童帝 ◆HyQRiOn/vs備忘録『泡沫』 童帝劇場 「どうでも良いんだけど童帝の考えたゲーム」


タグ: 童帝劇場
249 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 22:49:14 ID:i8ZpV2Dc
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   どうでも良いんだけど童帝の考えたゲーム
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/   システムだけは考えたんだけどどうせ世に出ないのでぶちまける
          /     ー‐    \


252 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 22:49:46 ID:i7fncae2

ほうほう
おいちゃんが聞いたげるから話してみ


253 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 22:50:13 ID:BW.YgWUI

童帝システム構築も好きよなあw


255 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 22:50:35 ID:juuoptMQ

そしてそれを有志がゲーム化すると

 
    前の記事『童帝 ◆HyQRiOn/vs備忘録『泡沫』 「やるジェネシス ふつかめ!」』  
    次の記事『童帝 ◆HyQRiOn/vs備忘録『泡沫』 童帝劇場 その5』  

259 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 22:51:48 ID:i8ZpV2Dc

      / ̄ ̄ ̄\
    /         \
   ./          ヽ
   .l           l    「世界には初め、闇も光も無かった
    l             l
    .l           l     そこには最初の人、【始まりの巨人】だけが居た」
    ヽ          l
     ヽ         l
      .)     __,,../
     /===、_〈
   /       \
  /            ヽ
 .i       、    . l
 .l i         l     l
 l .l        l     l
 l l       . l     l
 l l       . l    l
 l .l       、   .ヽ
 ヽ .l       ヽ   ヽ
  ヾ、__  ___ヽ_, ')
   l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
   l   l   l  l   l


260 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 22:52:19 ID:V7S/1Lvw

ひかりあr


261 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 22:52:20 ID:fcoVLrFQ

ウルトマラン?


271 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 22:54:18 ID:i8ZpV2Dc

       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |
     |      (__人)    「始まりの巨人は何かを求めて世界の端から端まで歩いたが
     |        ⌒ノ
     ン        ノ      この世界には何も無かった」
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   (○) (O)
. |.   .|| (__人__)   「巨人は寂しくなってひたすらに泣いた
  |    ノi  !   | }
.  |   し' ` ⌒´ノ     声を上げて大きく泣いた、巨人があまりに泣くので
.  ヽ        }
   ヽ     ノ      涙は海となり、声は風になった」
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

275 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 22:56:29 ID:i8ZpV2Dc

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \
 |    ( ○)(○) \ \
. |   o゚ (__人__)  __
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\              「それでも収まらずに巨人は暴れた
.  |     /  }         \
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨        この時、巨人があまりに暴れるので海には波が
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\             打ち上げられた水は星になった」
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \




    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \
  (●)(● )    |
  (__人__)゚o    │    「そして、巨人はいつしか涙も声も枯れ果ててしまった」
   (,`⌒ ´      |
  . {        |
    {        ..:/
    ` ー     \
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'


287 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 22:59:28 ID:i8ZpV2Dc

       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |    「そしてある時、巨人は気付いた
     |      (__人)
     |        ⌒ノ     海と、風と、そして星々が有ると言う事は
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ       自分の体から何か作れないかと」
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ



     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)     「そこで、巨人は自分の心臓をえぐり出した
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ      この時、巨人に血はあまりに熱く炎となった」
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ         \
     l/   く   \          \
     |     \  \         \
      |    |ヽ、二⌒).、           \

298 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:02:14 ID:i8ZpV2Dc

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +        「巨人の心臓からは大いなる精霊が生まれた」
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|             
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +         「しかし、精霊は言った」
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.          何と言う事だ巨人よ、アナタは自分の心臓を使ってしまった
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |          このままでは死んでしまう            「と」
    >   ヽ. ハ  |   ||



              _________
            /       'r r.r.r.i
           /        | | | | |           「巨人は嘆き悲しんだ
          /     u  .ノ.ノ.ノノノ
          ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ            折角自分以外の誰かが生まれたと言うのに
         / (●)(● ) .(    l ヽー―ー-、
        /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ    死んでしまうなどとは」
         ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l
      /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                 ', |     /         ,'
                   ト、   ノ          ノ


299 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:02:19 ID:qPKk.rOA

神話系だと割とよくあるけど無茶するよなぁw


306 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:04:04 ID:1SoPf75c

意外とアホの子やったw


308 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:04:25 ID:i8ZpV2Dc

    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |     「そこで精霊は言った」
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ      ならば巨人よ、アナタの両目を天に向かって投げると良い
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.     一つは海の向こうへ、もう一つは星の向こうへ投げなさい
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |    「と」
    >   ヽ. ハ  |   ||




   / ̄ ̄\
 /       \
 |          |     「巨人は精霊の言う通り
. |         |
  |          |     右目を海の向こうへ、左目を星の向こうへ投げた」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽニニニニノ 、_
  /::::::::::::::::::::: ̄`ー
  ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:
   ヽ::::::::::::::::::::::::i


310 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:04:59 ID:juuoptMQ

どんどん体がバラバラになるなぁw


314 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:05:29 ID:fcoVLrFQ
>>310
神話の最初の存在なんて大体こんな感じだしなあ


315 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:06:25 ID:i8ZpV2Dc

,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ - ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ    「こうして、巨人の燃える瞳は
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
-'' ' '   ー'' ー  ''' ''                                       太陽となり」
                                       .:: ..'...:⌒`  : .: ..,,;.,
                                 .: ...:::⌒` ''           '.':. .,.; ,..
                             (    .: .....:   ...:.: .: ⌒` .: ..:.: .: ... .  .:.:.
                              (., .: ... : .  .:  .  ::: ....::.. :  . .: ... .. .
                                 ` . :. .;;,  .:;.   .  .  .:    . ..::
                                      '' ' 'ー '''  '' ―''' '' ‐-''



:.ヽ   _     _ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:~:::..... ノ~::::: ... ヽ  ,:::::::...) ::::::::::::::::::::::::::::::::::  ― - :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::.:..........  :: .... ノ..ソ....:::...:.:. ノ::::::::::::::::::::: /       \ :::: ::::: ::::: :::::::::::::::: :::::: ::::: :::::: ::::::: ::::::::::
::.....::::....  ゛::  ..:...........::::::ヽ      /             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   「穏やかな瞳は月になった」
  ,....:::::::::........ .........  .....く::::....    |            |  :::::::::::::::::::::::::(;;,,,,, ___):::::::::
....: ::::....ノ....::::.:::: .... ノ:::::::: ............ノ........  |      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(,,,,___):::::::::::::::::::::::::
::::ヽ,.....  .,,....:::::::::::::....:::...  ゛....    ヽ          /::: ::: ::: ::: ::: ::: :::: :::: ::: :::: :::: :::: :::: ::::: ::
:::::::........ .........  .......::........,,....:::::::::.ノ ::: ::::: \       / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:........ノ::::.....::::....  ゛::  ......:..... ....::::::::):::::::   ー―  ...::::::::::::: ::: :::: :::: :::: :::: ::::: ::::: ::::: :::::: :::::: :
ヽ  ,',:.....:::::::::.......... .::::.., .........:::::::::ノ:::: ::::  ::::::   ::::::::  :::::::: ::::::::: :  _,,,

321 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:08:40 ID:i8ZpV2Dc

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +     「こうしてこの世界に昼と夜が生まれた
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +       精霊は、これが交互に繰り返され
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.         巨人の瞳がずっとこの世界を見守る事ができる様にした」
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




          _______
        /          \
      __/             \     「そして、それを終えると巨人は死んでしまった」
    /.            、    |
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |
    l  lヽ      )>       /
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \


323 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:09:20 ID:5tLgkEf2

結局死んじゃうのかw


335 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:12:16 ID:i8ZpV2Dc

    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)    「精霊は、巨人がずっと寂しく無い様に
.   |:::::::::      ノ.-=ラ
   \:::::::      `フ      その右足からまずは巨人に似せた「人間」を作ってやった
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i     巨人と同じ様に寂しく無い様に、「男」と「女」を作った」
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




         /\___/ヽ
        / ''''''    '''''' \
       │:::::::(ー),  、(ー) l       「次に精霊は、左足から「エルフ」を作ってやった
       │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │ +
        /‐:::  `-=ニ=- ' /        右手からは「ドワーフ」左手からは沢山の動物を作った」
      _,,,l ;! |:::______/     +
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_  +
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|

344 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:15:47 ID:i8ZpV2Dc

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    「しかし、全てが終わると少しだけ骨と、皮が余っている事に気がついた
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/     そこで、精霊は小さな人「ノーム」と「フェアリー」を作ってやった」
   /`ー‐--‐‐―´\



    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +      「精霊は彼らが溺れない様に
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +        それらを海に浮かぶ巨人の背に乗せてあげた」
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

348 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:17:56 ID:i8ZpV2Dc

                         _,,,...:-‐‐=-..,,,_
                     ,r'":: ::      ::\,,.....,
                        ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、
                      ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、    _,,(("
                ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_,((" .:.:.::..  「そうすると巨人の背骨は山になり
                 ,r'"::::  ...::: :...::: ::       :::  .::   :; :: _,,((" :;; .:;;:..
              ,r'"...::::.. ......:::::            ::.     _,,,(( :;; .:;,i' ::;;;:.     体毛は草木となった」
           ,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...             ._,,,"( (( ::;;; r;; ;;
     ,("゛))、r'"::....::(~::~~j;,  .:....  ::......  _,,,,     ._,,,-":((: (:;;:; Z;; ;; ( ::::;;;;
    (;;;::;;;;;; リ   f;;;:;;:::::::リ  .      f;;::: :;''))  (( ..::从 ;;:f::;;: :( ::::;;;; f;.:::; ;;
   r'" ミ|l lリノ   ((从wyル       ム;;::;;;::;;;::リ ((:;;;::(::: :::;(:::::;;; :f:::; ;; (::;;;.. ;;:
     ,,jl |    ll ,'丁 ト 卅 ji从 个 YwWWリノ v;;;:: ;((;;:::;;;((:;;: :; ゞ::;;;.. ;;::: ;;::::.:..:...
    ''^~''""゛ ゙ ゙゙  ,jl; j| ゙゙゙ ゙゙゙ ゙~` ゙   "' ' |l; :|"   `゙';ミwリノwv从w从wv从w从wv
           ~^゙゙'"""          ,,j|l; |,,       |l:: |ll;:: |ll;;: |ll ;;: ||ll;; i:;;|ll;:;:.:..
      ''""゙''                 `"'' ^'     .::jl:; jll;:: |ll;;: f:l i;: !:ll;; i:;;|ll;:;;:.
 _,,,...          ''''"゙゙'''             .;;^''-=:;,._jll;;:..|ll;: .jll;:!: ||ll;; l:;;|ll;:;:.
                         ゙゙゙゙゙     ...;;  ':: :: :;; :;゙゙'-..jll;;;:: ||ll;; l:;;|ll;:;
     "゙''                                 :: ;;゙゙'ー--'、;;;;:;;:|ll;:::...

                           ''"''
                                       _,,,...、,,_

359 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:21:39 ID:i8ZpV2Dc

    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)    「精霊は、彼らが安心して住める様になると
.   |:::::::::      ノ.-=ラ
   \:::::::      `フ      巨人の魂を安らかな遙か遠い所へ連れて行ってやる事にした」
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\    「この時、巨人の魂の息吹が世界に満ちて
  . |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     世界には魔法が生まれた」
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\

368 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:24:42 ID:i8ZpV2Dc

    /\___/ヽ
   / ,,,,,,,ノiヽ,,,,,,:::i|li:\
.  |(○),   、(○)、 :| +      「しかし、同時に巨人の死の汚れが
.  | ⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒ u.::|
.  |.u   (^・^>  。.:::::::| +        世界に落ちてしまった
   \ ゚  ⌒´ u .::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.         こうして魔物が生まれた」
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



    /\___/\
  / /    ヽ ::: \
  | (●), 、(●)、 |     「そこで精霊は、ドワーフには武器の作り方を教え
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  
  |   ,;‐=‐ヽ   .:::::|      エルフには弓と矢の使い方を教え
  \  `ニニ´  .:::/
  /`ー‐--‐‐―´´\      ノームとフェアリーには魔法を教えた」


369 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:25:11 ID:1SoPf75c

エルフには弓矢
鉄板ですよね


372 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:26:47 ID:i8ZpV2Dc

.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V    「人間はそれを見て、精霊に聞いた」
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /         何故私達には何も教えてくれないのですか
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´           「と」
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::



    /\___/\
  / ⌒   ⌒ ::\
  | (●), 、 (●)、 ::|   「すると、精霊はこう答えた」
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|
  |   ト‐=‐ァ'   .:::|    人よ、君たちは契約と言う言葉を教えよう
  \  `ニニ´  .::/
  /`ー‐--‐‐一''´\    「こうして、人間は契約を結ぶと言う事を知った」

385 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:29:56 ID:i8ZpV2Dc

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\    「こうして、精霊は巨人の魂を連れて遠い世界に立ち去った」
  . |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\




                    、
                   _ヽ ,. -―‐-:::、
                /´`v'::::::::::::::::::::::`ヽ
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::ハ
              /:::::/::/:::/l:::::::ヽ::::\::ヘ:::;ハ
              ,':::::/::/:::/,_l::ヽ:::::トヘ::::\::ヽ:}     「こうして、世界は作られた」
              ,'::/l:::/:::/セ=',:::iヽ::|ヤミ::ヘ::::::::l__
              l/ .|/l::rY弋i} ヽl `ヽ{iソ` YヾΣ
             |! ヾ{、`ー  ,  `゙´ ./ゾ`
                ハ   _ _   ,イ/
                ` 、   ,/ |
                  ノ `ー _,,='´\__
                   _// /`ヘ   / ∧`ヽ
             , r'/  {∨l__,∧_,/  ∧   > 、
           r'"´::〈  /| /ソ | ∧     〉    ,>、
          /     マ' | i / |,/  \ /    Y   .',
            {i       > |/   /    .マ     /     .}
           |l    /   .|  ./    /  i  ノ     |
            |ヽ|  \   .| ./   /     ', i'       |
         ノ  |    \ ∨ ./      ヽl        |

390 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:31:08 ID:i8ZpV2Dc

                   |;;:ll|       |:.:: ;;:::ll|    |:::;l;l|    ゞ;;;!.::;;.:::;ll ゞ;;ヾ;;|.:ll;.::;;il:;l||;;;シ .|;.;;:l|
                   |:;l;l|       | .:::;i;;::l|    |;;.::ll|      .|;;;::.;l::l| ゞ;;;:;;|.:;;.:::;;;l:;l||;/   |.:;l;l|
   ,,.、         ,.::;,   |::l;l|    ::;,   |:: ::;l;;:ll|   ,; :::.|.:;;l;l|::   .; :;|.:::,;;::ll|    .|;;il.::;;ll:;;l|| ;;   |;;::ll|
                   ,;|::;ll| ::;;..  ,;::: |::. :;;:.;il|  ;:: ,;; | ,;::ll|   ;;:.  |;;..il;::;l| ;;::.   |.;ll;:.::;l;;:l|!.::. .:;|::;l;l|
              ,; ;:.     ::.:: .:: ;;; ´"'' ;;:: |: l|;;:::;;l|;;::. .:;;ノ.:::;;lリ、 .:::: ;;|.::;;:::;ll|  .::  |.:;,.::;;ll;;:l|! ,vj、 |.::;ll|
    ,,.,,.          :: ,,:::::   ::::;;;  ,;;::::. |.:;l,;:.::;ll|     .:::  ''';;;::::..  |.::.;:;;:ll|    .::|;;:i;;;:.;;l:;l|!   ノ :;从
                  ,viwハ、        | :: ;;:;;ill|           ..ソ;;::.:;;;llハ .:::;;; |:;:l.::;;ll:;;l||  `" '';;;:::..
                       :::;;''"  ,;ノ ::.::;;i;;ll|;;、 .;;:::..    .:::.   ..:::  ;;;;, :::"´ |.::;;:;;;:li::l|!
       ,,.,,.                    :::::: ;;;;;; ;;   .::;;,           ,.vVw,  .::;;; |.::;;:il.;;:;;l||   .::::  ,;;;,
                                                   |:;;,.::;;,:::;l||         ,;;:.
                                              .:;;:. :.. /.; ::;;l|.;;::il|l、,f゙; "´'''::
       ,              ,,.,,.               .:;;:.:.              ノ;;ノ ::;;ハ ::;;t;;ヾ ::;;,   .:::;;
     `|'             '''""''                                ;;'''"""  ::;;;;;;;;;;,   :::.
  '''"'       vVw,
                           .,,,..             ,,,.,,..、                .::;;   .:::
        ,,,.,,..、                                       ,;: ;:.

                                  「さて、それから長い年月が経った」

397 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:33:25 ID:i8ZpV2Dc

.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |     「最初、人間もエルフもドワーフもフェアリーもノームも
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V      皆、同じ場所に住んでいた。
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /          しかし、お互いに数が増えると困る事が出て来た」
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::



                -  - 、
                 / (● ●)ヽ
                ゝ(_人_) ノ     「小さなノーム達はフェアリーと違って空を飛べないので
              /    ヽ
.                (|      |)      足下に居て踏みつぶしそうになったからだ」
              .し    J

403 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:36:32 ID:i8ZpV2Dc

                  , -‐ノ 、
              /  (● ●     「ノームは精霊に問うた」
              ゝ  (__人)
                 | 、/ )   ヽ     精霊よ、我々はこのままでは皆に踏みつぶされてしまいます
             `ー ′ .|)
                 し'   J      「と」



    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)     「すると、遠き世界より精霊は彼らに答えた」
.   |:::::::::      ノ.-=ラ
   \:::::::      `フ      ならばノーム達よ、君たちは南の森多き場所に行きなさい
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i     「と」
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




                -  - 、
                 / (● ●)ヽ
                ゝ(_人_) ノ   「しかしノームは言った」
               くミ/〉    ヽ
.                 `∨     |)    精霊よ、我らは小さくその場所までたどり着けない
              .し    J
                        「と」

412 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:42:05 ID:i8ZpV2Dc

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\         「そこで、精霊はエルフを半分に分けて
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|          残りの半分をそこへ残し、もう半分をノーム達と共に
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +    南の森多き場所へと導いた」
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




               ,. ‐'"´ ``ヽ ,. ‐''" `ヽ、
              //  ,^ミ、 ',   _  `゛、
            // /,'", べ`〃 _ -、\  \
            {'//, '/   ,ヘ`,.彡ソ⌒{ヾ !ヽ 、ヽ
               レ,' ,'/   /⌒゙:´":'〃;イト、! l `,、ヽ|
           ,'/ ,/  /: : : :_: :_: :,"{ l li ! ゙、ヾ!
           i/,〃 ,.へ、、: : ヽ:::::::`>,ハ {゙、 l  |i} }
           レ ∠__`: 、 :ヽ/{.!-=、゙、、 l  !} !    「その道中、エルフ達は南の土地があまりに暑く
          /./i!、:.ヽt。f!ヽ.: : : : : {;.t、‐;-、ヾ.、゙、ソ
         / /| |├ヽ: : : : : : : : : : :!:``'゚‐\\ ゙、!     肌が黒くなってしまった
           {.∧/ /∧: :、 : : : : : : : : : ヽ : :∠/!ト、`、;
         、! ヾイノ,人ノ! : : : : ` ': : : : \: :/ lトヾ、 ゙、    精霊は彼らをダークエルフ呼ぶ事にした」
          />ニ‐-‐',ノ、: : : :  ̄` : : : : : ベ{ ヾ ゙ 、 \
         ///  ̄/|{l!| ` 、: : : : : : :,: イ|{{i,トl、 \\` 、.\
         ,'// /'/,'{{!! : : ヽ -‐:": : :!|゙{}'ijヾ、.  \ヾ、\. ヽ、
         !/ //'/ /ノ,」: : : : : : : : : : :ヾ」 !_\\.  \ヾ.ヽ、 \
    _  ,-‐l'//イi-─:": : : : : : : : :_. : : | !:. ̄>ミ=ヽ、_\\.\ `、、
   /:::::::``:‐/'/,//j': :  ̄ ̄ ̄``ー: :': : : : : :| レ'´::::::::``::‐--==ミ、、ヽ.ヽ\
 / .::::::::::/イ'//〈 ト..、: : : : : :‐ 、 : : ,.: : : :/!.!:::::::::::::::::::::::::::::::... ̄フミ、ヾ. }、\
 \.:::::::::/彡'/:::| i:::::::::``.‐、 : : `Y´: : /:::::} l  ::::::::::::::::::::::::::::::く、ト、ヾミ{ハ、. ヽ


417 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:44:54 ID:D.U8n5cs

ダークエルフ=日焼けとはwww


421 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:46:09 ID:EYB/Olps

日焼けでダーク呼ばわりされるとはテラ不憫www


416 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:44:53 ID:i8ZpV2Dc

.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|    「しばらくの間は平和だったが
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !         また問題が起きてきた、それは
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /           ドワーフたちが道具を作るのに、地面を掘り返しすぎて
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、            地面が穴だらけになってしまったのだ
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\      そこの海の水が流れて、世界には河ができた」
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::



    /\___/ヽ        
   /''''''   '''''':::::::\   
.  |(●),   、(●)、.:| + 
.  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, u::|    
.  |  u `-=ニ=- ' .:::::::| +        「精霊は、このままでは世界が穴だらけになってしまうので
   \  `ニニ´  .u:::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.          ドワーフ達を北の山々へ導いた」
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


420 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:45:35 ID:Ea8o7uFM

ドワーフの道具は地を貫く道具だ!w


423 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:46:50 ID:l.bi9Ntw

ドワーフどんだけ環境破壊してんだwwwwwwwwwwww


435 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:51:42 ID:i8ZpV2Dc

          ,. -―‐  ―-、
        ,ィ´'´        `ヽ
       / .:/  , ト.ハ.  . ヾi. ,     、 j
       〈  ::{ i . l!´゙"|:i :i! |!.|: |    ー O -
、 l ,    ヘ ::,iA-‐!ト  T!‐-!ト!.|: |  ~´ ' l ヽ
- O 、_,~  }.i::ハィ≠-  リィ≠、 ト,: |
 ' 丶      l |:⊂⊃ __ ソ⊂⊃i: !
         ( .|、:| ト. 乂丿 . イ: |人゙、
          ヽ! ゙| ト、≧r=y≦_,i: ,j         「そしてまたしばらくして
          ` | | ,※|;;;;;|※、|:ノ!
          ヘ|'i::,:::|;;;;;|:::::;:j',           今度はエルフが人間の取り分以上に獣を狩るので
            ∧(:..:ヾ/.:::):::.',
         /.::::<:::::∧::::::>:::::ヽ.          人間が飢えてしまいそうになった」
           /.::::::[::]f ̄j[::]:::::::.ヽ
        〈::::::::ノ!/,'TT、ヽ::!:::::::::::〉
         ゞチ:::/、,__|_.!ゝイ、:ゝ=彡
        /ノ!::/:::|‐‐|::|‐‐|::ヽ:\ゝつ
           /.:/.::::|;;;;;l:::l;;;;;|:::::.\:.ヽ
          .〈::/-―|;;;;;!‐|;;;;|┬,-ソ'´
           `   .|;;;;;! .|;;;;|ト乂´i
            「 ̄|| ゙̄|、:.ハ::>
         / ̄`ヽ‐ }{‐/⌒ヾハ)
        lー――}_{ー―‐!ノ′
            ̄ ̄ ̄  ` ̄ ̄



     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|
  |    /,.ー-‐、i  :::::|    「そこで、精霊はエルフを東の広い草原へと導き
  |    //⌒ヽヽ  .::|
  |    ヽー-‐ノ  :::::|     人間に獣が増えるまで植物を育てる方法を教えた
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\      こうして農耕が始まった」


443 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:54:52 ID:CsKE24VY

人間そろそろ慢心するんじゃね?


444 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:54:59 ID:i8ZpV2Dc

    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)   「世界はこうしてもっと広く使える様になったが
.   |:::::::::      ノ.-=ラ
   \:::::::      `フ    ある時、人間の一人がこう訊ねた」
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




       /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
      l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
      {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
      |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
      |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|
      |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|
        |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|    精霊よ、我らは田畑を作るので
        ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ
           \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l      もっと土地が欲しい、西の大地に行かせてくれ
            |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|
            |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ
            l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {      「と」
                `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l
      _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
   /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  {  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
   l   l/  / ヽ | ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \

451 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 23:57:58 ID:i8ZpV2Dc

     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|
  |    /,.ー-‐、i  :::::|    「精霊はこの時、人間を戒めた」
  |    //⌒ヽヽ  .::|
  |    ヽー-‐ノ  :::::|     人間よ、西の大地は巨人のはらわたから出来た不浄の地である
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\     故に、西へ向かってはならぬ             「と」




                 , ...'.:´  ̄`:丶、
               /.::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
              /.::::::::: ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
             j : :::: : .::::::::::: .:: .:::::::::::::::::::::::: ::i!
             ! ..i:: :: .: .:: : .::: ..: :::: .:! ::::::::::}: :::!
             .'.::::!.::.{: ..::.::::イ;ィ::.: .}.:!}!::::. :: ::!::. {
               /イ::::!::::!::メ、´〃}!.::/:/ハ{!:::} ::!i!:i:ヽ
           /./イ:::{!:{K辷_メ///斗≠ミ/::..:i::!:ト、ヽ、
           ノ´ハ{:ハ:ト、`¨´/ イ ヒェz/}ノ::ノ:ハ、`      「この時、人間は一度は精霊の言葉を聞いたが
            / i!:!ヘヽ、    !   ノイ:::/{:{:{
              リハ}ヽ、 -_ 、  //:/{ハ|.ヽ         しかし、後になってもっと土地が欲しくなった
               {!` =.\   .イレ'/ リ ! ヽ
         ,  -  、  j!: :._∧_:.}!´¨¨〒}               精霊の言葉を無視して、一部の人間は
       /´ ̄`ヽ: : `丶: ヘ}{∩!!: : : {{:{
      !: : : : : : : : '. : : : : :.`Y´: {!: : : {!ハ、              不浄な大地へと渡った」
      !:/: : : : : : : :.ヽ、: ! `{j´: : {!: : : iハ}`丶.、
      i{: : : : : : : :.:.:.:.:.}: :}:. ___,{!: : :ヽ`ヽ: : : :.`丶、
       ': : : : : _.: :.:.:.:.:.i.: :!:.:}} ̄ ̄`: : : :.ヽミ 、: : : : : :ハ

459 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:00:35 ID:uNCiUoAE

     /\_____/ヽ
      ノヽ       ,ヽ
    / ⌒''ヽ,,, ,,,r''''' ::ヘ
    | ン(●),ン..<(●)<:|
    |  `⌒,,ノ(、)ヽ⌒´ :l    「精霊は激怒し、不浄の地へ向かった人間の姿を
.   ヽヽ  il ,.-、|li r ;/
    ヽ ll.. |  |  l! /      醜い姿へと変えた」
     ヽl! |  |  l! /ヽ
   / ヽl! .ヽ/ l!/
  /    ヽ`ニ´




 /'´ ̄ )/ヽ
./  Y/´ /,へ、
く、 {./  // ├(⌒ヽ
 \ ヽ ヾ」  | ./  /
  ヽ ヽ !! /Y  {     /ヘ /iヽ ハ
   `ヽヽノヽ( ( )ヽ    / V:.  |:::V |
     \ ||| ||| ||| i   ノ::/ .:ィ |::::::V
.      ト、_ _ノ }.  N::/:://´⌒ヽ:::|
      |: .::厂T :.:{_/二二_/     i::レ/    ,ィ
.     |: :::i .:::|: :: |    ./{     }ん   //
     |: :::i .::::|: ハ:|\  |:ヽヽ、  ノ:/  / /
     i.| :::i ::::::レ  |  ヽ<iヽゝヽ-彡ノ─'   /    「こうしてデモンと呼ばれる不浄な者達が生まれた」
.    | |.::i :::::/ .:/|:::::/ハシ⌒ー、ー'/   _/
    /| :::: ::/ .:/ .|ハ彡二ニヽ\」_/
    / | ::厂|' ...::/ ヽ...}-{__二ニy ヽミ、-、
   {  .|ノ: ::| :::/   ヽノ ヽ.....-:::::::::::}:::::::}、ー}... ヽ
   ヽ::/::: .::::ヽ.........::ソ /ヽ:::::::::_ -ヘ-、::...}、:::: |
    ヽ:::...:::::::::::::_/:: :    ̄   ..:: \,、:::ノ
     廴__ハ─'i::::::: .::            >'
       ヽ, ::|:::::: .:::    ..:  ...:::::   /
         ヾ、:::::::  ..:..:::  ...::::::::   /
          ヽ::::: ...::::::: ...:::::::::::::  ./!
           ヽ:::::::::::::::::::::::::::  .:/::/
           <:::::::::::::::::::::: ..::::/:::::ヽ
           ノ::::::::::::::::: ..::::::::::::::::::|       __
     ノ⌒ゝ_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     <:::::::
   、ノ::,--、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    _):::::
     ̄ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ー─'::,-─‐、

466 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:02:53 ID:uNCiUoAE

                          //
          、         _ _    {. .i
          ヾマヽ     /´  ヽ\  \i\    「デモンは精霊に対して怒り狂った」
            \ ',   ,'i    }: :ハ  '|. . .i
              }}   i::',   /: : :il   l. . . ゝ    我らは土地が欲しかっただけなのに、何故こんな
              ヽi、  ヾミ=彡:.:.::/ イ. ,/
               ヾミミートヽ://:/レ/イ  _    醜い姿にしたのだ
                \:..ノハ::::::/:::::/::::::/フ`::::::::ヽ
           r-, _r─≧:ノr-イ:>i::::≦ハ. .ヽ:::::::::ト=.、  _..:::-::..._     「と」
         /. . .V:::::/:.:ァ彡イ::::::/\三三ミ∧. .\;/::::>´. . . . . , =-≧=、
        /i}. . . .ヽノ//::::::ノi::::/\_::::/;;i:::ハ. . . . . . . . ., -´ ̄     /
        /. . .il/:.廴ノ//::≧/:::i l::::::::::/i:::/:::::::|::::::\. . ._ '´           /
     r. . . . . .K:.:.ミ/:/::::/{i∧l::::::::::/: i:イ:::::::::il:::::::::/ハ´         /
     V. . . . ..ハ:::..:.:/:::::/ミイ: : V:::::/: : :<:::r-:八::::://:::i         /
     ',. . . . . i V/::i::/:> ト: : : ii ̄: : : : 彡/  il::::l l:::::l      ./
      i. .il. . . l  i::V:::::/.i: : : :il: : : :≦: ::/   |::::||::::イ     /
    r,  V:.il. . .V ハ:::::::イ/ミ=-: ll: : =フ: : : i   rフ:レ:::::',    /
  /. ..V/. .i. . . .i/:::/:::::/: : : : : ll: : : : : : : :\  i/::::::::::::i   /




                          /l
                         //
                        _//
                       _/ /
                     _/ _/
                     「 V^レ-'
                    くf彡へ、
                ノ^Xへ._/   ..,   r‐^‐、   、      「そして、デモンは悪しき魔物達を率い
                ×〆\    .( {   {l   l}   } )
               /  \ノ\__\ ‐-ヽ=''-‐' /       再び巨人の地へと戻って来た」
                  \_::::::::::::::::::::::ト┴┴''´
                       ̄ ̄入|:::|: : : : : `ー-ァ
                       /   |:::\: : : : : : /
                        /   i::::::::::\ : : : :\
                    /    .〕::::::::::::..\: : : :.\
                      /     .ヽ::::::::::::::::./\:: : :\
                   /       .〉::::::::::::::::i_  \: : :\
                     /       .//::::::::::::::::::\_ .\: :.\

470 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:05:28 ID:uNCiUoAE

                |    /  , ´   r ' ´  /
                |   ./ , '     /    ./   「戦乱は長きに渡り続き
        ,       /    //       イ   /
       /        /  /      / ./ /       いつ果てるとも分からぬ戦いが続いた」
      //   _......-::::/_ /ヽ_, - '´  .//                 ノ
     .//  ,..:´:::::::::::/:::::::/   /    //           , - '  ̄ ̄
     //  ./_::::::::::::::/:i:::∠ィ  ./   / //         /
    i{   / ̄ ヽ::::;:'::::::::::::/ノ /  //  //      , - '´
    | |  i     Y.::::::ヾ::/:イ/ / .ノ ./_     /   r<_ - ───────、- -、
    .ハi!  ',    ノ:/::::/:i::::::Y  /:r:::'::´::::....::ヽ /  /_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    i ハ_≧、 /::/:/イ::::...::..:}  ./ヽ::::::::::::::;;ン   ./ ̄::::: ̄`::..、 ___::::::::::::::::::::::::::::::\
    ヾミ三三ミ>-'イ´\::::ハ:::::| ./ :::...、 ̄ ̄   ィ´.....:::::....::r::-::-::、:ヽ    ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::`..-..、
      ̄ ̄ ̄ ̄ヾ - ノK:::::::/彡イ:::::ハ:: ̄::: ̄::::ヽー─ 'ヾ_::::::ヽ::::\    \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
            } i}:::i::::::i:::-::::-::::/:::::....:::::...   ハ      ヽ:::::\::::\_  ` ー- 、::::::::::::::::::::::::::::::\
            i  /∧::::ト:::-:::::::人:::/:::::r-,:::......::i}       ` -::/D.O.M >    ` ー - 、::::::::::::::::::\
            |//ヽ:::i::.. .....::::::ヾ_::i i::/ノ:::::\        \`i  i´/ ̄i          ` ー - _
        ,イ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ヨヽヽ /i ヽ ヽ二二二二|
       /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ヨ!-´V //r'彡イ ̄ ̄ ̄ ̄
                   iィ::::::)   ヽ廴  イ //  /:::::::\    `'´ー´='´
                  ヾ:::i     ソハ   / i  /:::. :::::::i




.     /: : : :u: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : :u: : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈 (・) |/:::::::レ(・) }|:./ヽ : |
  <:: |. 小{   _,,.. - :::::::::::、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ   ::::::::::::::::::::、::::::::::::::: {ハ/ V    「そして、耐えかねた者達は口々に精霊を罵った」
      \_! u     _ '     !
        ヽ    /   `t u /         彼らを醜い姿に変えねば、こうはならなかったのだ
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´            全ては精霊の勝手な言い分では無いか
  /::::::/::::::|  \u  ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、        「と」
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!


471 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:06:12 ID:lSkMfkcA

確かに精霊ヒデェw


478 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:09:08 ID:grTZ0RoE

不浄の地に行ったから醜くなったのではなくて、不浄の地に行ったことを怒った精霊の仕業だからなあ


482 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:10:26 ID:sWyH6ecY

いっそ醜い姿にするとか無しで直接罰してた方がまだ良かったな


477 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:08:22 ID:uNCiUoAE

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +         「精霊は言った」
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +           この世界には正しき事と悪しき事の二つが有るのだ
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.            それは決して交わらぬ事であり
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |            それを曖昧にしてはならぬ
    >   ヽ. ハ  |   ||                                「と」




    /\___/\
  /        ::\
  |  ─   ─   |    「こうして、世界には秩序と言う物が生まれた」
  | (●), 、 (●)、 |
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    「しかし、精霊に対して己の傲慢さを顧みない者達に対し
  \   r‐=‐、  .:::/
  /`ー `ニニ´一''´ \    精霊は罰を与えねばならなかった」

483 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:11:01 ID:uNCiUoAE

  ヾ     i|! ∧    ::o::: il  /|   //
     :*::   ∨  /\ l>  |/
  <l    +     |:l | |   il| ,、 ::::*::::
      liー、  ∧ /゙、.:| |    //   ⊿  ,,,.-‐'''゙       「こうして、精霊はしばらくの間
  ::+::  ゙、ヾ、 |i /∧ 、 ./〉/ /  __    _
        ヽ ゙/ヽ| | | |//'゙ // ./´./  _∠/-‐''''´        世界を凍りに包んだ、こうして世界には氷が生まれた」
     l\:|\丶゙. ゙| l l |/ :/:// /_
  *: \、ヽ 、ベ..::i i i ! /::/'´ ./ ̄ /  ::::o::::   :::::::     
   __,\ \ ゙.<´..:::..\../ / ;:ィ´ く>   ---
   `>  \ヽ\ .......::::::::::::.....,三三三> --------        「そして、罪と罰と言う物が生まれた」
    `´⌒ヽ/\_  /ヽ、/ヽィー'´

490 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:14:06 ID:uNCiUoAE

                          //
          、         _ _    {. .i
          ヾマヽ     /´  ヽ\  \i\
            \ ',   ,'i    }: :ハ  '|. . .i    「デモンが西の不浄の大地に去って行くのを確認すると
              }}   i::',   /: : :il   l. . . ゝ
              ヽi、  ヾミ=彡:.:.::/ イ. ,/     精霊は世界を再び暖めたが」
               ヾミミートヽ://:/レ/イ  _
                \:..ノハ::::::/:::::/::::::/フ`::::::::ヽ
           r-, _r─≧:ノr-イ:>i::::≦ハ. .ヽ:::::::::ト=.、  _..:::-::..._
         /. . .V:::::/:.:ァ彡イ::::::/\三三ミ∧. .\;/::::>´. . . . . , =-≧=、
        /i}. . . .ヽノ//::::::ノi::::/\_::::/;;i:::ハ. . . . . . . . ., -´ ̄     /
        /. . .il/:.廴ノ//::≧/:::i l::::::::::/i:::/:::::::|::::::\. . ._ '´           /




.              :.  . . .   . .. ..   . . :.     ....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;: """''''''''"''''"'''''''''''''''':;:;:'''""
..   :.  .. . :.:       ο       ο ;;;;;;;;;;;''''''"""'''゙°     "             ""''''''''':::::......"""''''''"""'
.            :.  .. . :..       "';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…       .,.,;:;:;:,.,.,_
               :.:.           ο."""''''''''''':::::::::;;;;,, °._         ο.""'"
:.:.. ..  . . .. .. .. . .                            ::::;;;;;;;;;,,,,.....  ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""
          o     ゚                       ο        °         ""'''''"''''':::::;;:;;,..,,
__________..o....._  _   _   °        _    _   _  _ _ _ ___________
::::::::::::::::::::::::...... ........:::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ο゙/ヘ             ::::::::::::::::::::::::::::............. .::::::::: /ヘ ::::::::::::::::::::::
...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   、     ::::::::::::::~~~~~~~ ::::....... .......:::::::::::::::::::::::::::::::.......   ............:::::::::〈`/´`>:::::::::::::::::::::
.....  :::::::::::::::::::::::::::: /ヘ:\.__ :..................  .:::::::::::::::::::::::::::: 、 ::::::::::::::::::::             ~~~~~~ :::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::...... ....::::: 〈`_、/´.l'´ ̄ ;i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ヘ: \, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: °::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙~~~~~~~~~~~~~~~ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... 〈`_、/´_` >  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ```ヽ、..  :::::::
:::::ィ```ヽ、 ::::::::::: ο::::::::::::::::     ο     :::::::::::::::::::::: ~~~~~~~~~~~~゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ノ´ヾ、_:::;;/:、:::::::::::::
゙ノ´ヾ、_:::;;/:、゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........::::::::::::::::: /.:::::ヾ´ Y::::〉、:::::::::
:::::::ヾ´ Y::::〉、         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{::::... ソ´´:: ::::::〉


「遙か北の大地と山々の上には、氷が残ってしまった」

497 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:17:04 ID:uNCiUoAE

         /\___/ヽ
        / ''''''    '''''' \
       │:::::::(ー),  、(ー) l
       │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │ +     「精霊は、これを見る度に
        /‐:::  `-=ニ=- ' /
      _,,,l ;! |:::______/     +     あのつらさを思い出せば悪しき事はすまいと思い
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_  +
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、       しばらくの間、眠りにつくことにした」
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|



        |:.:.:.:.:.:.\_ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
       /:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>   ̄  <:.:.:∧ /l
    |\ /:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./            ヽ:.:.} :.|
    |:.:.:>――ァ:.:.:.:.:.:. /            ∨:.:;     r 、
  // ̄ ̄./:.:.:.:.:.:.:.:,                 W     ∨ \
_//: : ://|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i              i:|     ∨ヘ:.\
./: : ://ヽ:.|:.:.:.:.:.:.:ll:.:.|                ,リ:.     | :|: : :.\
: : : :/ ./   }|:.:.:.:.:.:.:ll:从             ,::         | :|: : : : ::}
: : :/ ./     八:.:.:.:.:. ∨:∧              //       | :|: : : : /   「しかし、この大地に再び
: : { {     ムイ∧:.:.:.:∨:∧         .イく、___ィ彡| :|: : : /
: : | |ミ===|{::∧:.:.:.:.\\>  ___ ィ彡    ̄ ̄ ̄   :| ,: :.:./     デモン達が現れる時
: : | |       { ̄ヽ\:.:.:.:.:\ >:.:.:.:.::/:.:./           / /:.:.:/
: :∧ ∨   rく入、  \>t、: :ヾミ=彳            / /:.:.:/       精霊は目覚めると言う
: : :∧ ∨ jノ:   \ {⌒ヾ:>、 : : //}_             / /:.:.:/
: : : : :\\:.∧ ー===|   \\,イ 「xヘ          / /:.:.:/         不浄なる者達が滅びる姿を見る為に」
: : : : : :.:.\\ \\___.|      l}  |l |{ハ:.:\.     / /:.:.:/


500 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:17:42 ID:YT5ru2pk

精霊が滅ぼすんじゃないのかよ!


501 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:18:37 ID:grTZ0RoE

自分たちでつくっといてほったらかしかよ・・・


506 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:21:51 ID:uNCiUoAE

「そして・・・・・・」

~第二王国歴506年~

::::::::::::::::.:.:.:. : :  . . . . . :: : :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽミゞ;;ヽミゞ;;ヽミゞ;;ヽミゞ;;
:::::::::::::::::::::::.:. : : : : : : : : : :.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽミゞ;;ヽミゞ;;ゞ;;ソ;ヾゞ:;ゞ
:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::, '⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: , ゞゞ:;ヾゞ:;ヾ;ヾゞ:ミゞゞ:;ヾゞ
::::::::::::::::::, (⌒ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, (⌒  )::::::::::, (⌒ ⌒ヽ::::::::::::::::::::: ゞ:;ヾゞ:;ヾゞ:;ゞミゞ /ミゞ:;ヾ \
:.:.:.:.:., (⌒  ⌒)、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,, (  ⌒ヽ ヽ ,, (      ⌒ヽ:.:.:.ゞ:;ヾゞ:;ゞ:;=ヾー、ゞ:;ヾミゞミゞゞ;ヾゞ
:.:.:.:.r'⌒: : : :    ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,r'⌒     :   r'⌒   : : :   : : :)  ゞ:;ヽミゞ;;ソヽミゞ;;/ii/ヾゞ:;ヾヽミ|
, (⌒: : : :   )  ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,,(    : : : : : , (⌒     : : : ,r'⌒   :   ゞヽミゞ;;ソヽミ\ゞ;;ソヽミゞ;;
: : : : :    ノ   ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., '⌒, (⌒  : : : , '⌒      : : : , '⌒  ゞ:;ヾゞ:;ヾゞ:;ヾ: : :ゞ:;ヾゞ:;ヾゞ:;ヽヾ
  : : : : :    ⌒ヽ、:.:.:.:.:., '⌒ , '⌒  : , (⌒   : : : , (⌒ ⌒)、     ゞ:;ー、ゞ:;ヾ/ :;ミゞミゞ:;ヾゞ\ :;}ヾ
: : : :    : : : : : , (⌒ヽ        : : (    : : : , '⌒   : : : : )  ゞヽミゞソヽミゞ;;ソゞ;;ソ、 ゞ:;ヽミゞミゞii
: : : :       ,, (   ⌒ヽ   : : : r'⌒ ⌒ヽ: ,, (     : ⌒ヽ : : : (    ゞ:;ヾ\;ヾゞ:;ヾ :ゞ:;ヾゞ:;
     ⌒ヽ      , '⌒  : : : , (     ⌒ヽ     : : : : ⌒)、: , '⌒ ゞ:;ヾヽミゞミゞミゞヾ_,.____ゞヽミ
: : : : : : :   ⌒ヽ: : : , '⌒   : : : , (⌒ : : : :  _i,、  ,i、 : : : :  , '⌒ __,,.. -‐'''" ゞ:;ヽミゞ;;ソ;';_ ;ゞ}ヽミゞ;
⌒`゙''ー-、,_         ,,i,ィiー'木i;i;ヽ イ木木i;木木i;木ヽi;木 _,,.-‐''"    ;';_;; ,;';_;;,;';  ヽミ\ : /;;ii/ゞ
;_;;`、;_T,;';;;`ヽ    r';木i;;林i;;林i;;i;;木林i;;木i;;林木i;;i;;林i;;/ ,;';_lili/ ';_;;,;';_;;,;' ;__,,.-‐''" :\;;Y;;ii/ 7ii
;li;Ylili';ヽ,;';_;;、 }、_ 傘 iii林 i;;i 艸i;;i;;森i;;木l;;林i;;l;;木i;;i;;林i/ ,;';_li;';_/ ;;,;/;_';_;;,/   ;';_;;; ;_:; }..;;;ii{ /i/;;
;lili,i;lililili;ノ;_;Y;;,;';_;;`ー- -、';_;;,;';_;;,;';_;;,;';_;;,;';_;;,;';_艸;,;'林;.,./ ';_;lili/ ;'/ ;lili,i;;_;;,;'li/;  ;,;';_;;,;'ヽ _li |..;;;ii|/ i|i
:':‐.:':'‐:':':':':'‐ :':':':':'.:‐:':':':':': :':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':'.‐:':':':' ̄`゙ー''ー -、,_,;'i_;;,li_/ ;;i|';/lililili;lili;i 'lil |..;;;ii! |;i|i|i
::.::.::.::.::.:.: .: .: .:‐.: .: .: .: .i!_: .: .: .: .:i! .: .: :.::.::.::.::‐ .:.::.::.::.::.::.::.::.::.:‐.::.::.::.: .:.::.:‐ .`:':':':'ーー:' ̄`ー:':ー |..;;;ii|ーー
: ‐ : .: .: . ‐.: .: .: .: .:.i!/三 三 .i!/i.: .: .: .: .: .:: .: ..: .:‐ .: .: .:: .: .: .: . .::.::.::.::.:_::.::.:.:.::.::.:: ‐:.::.::.::.:‐.:.::.:: |..;;;ii|:':'‐.:.:
: .‐.: .: .: . .: :.:.:::.:.:./三 三三 ./! i|::.-: .: .: .: .: .: .: .: . .: ‐.: .: .: : .: .: .: .: .: . .: .: .: .: .: .~ .: .: .: :.::..:: |..;;;ii| :.::..:.:
~: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.i|./二ニ.二二i!/:i|::~:-:.:-:.:.:.:..: .: .: .: .-.: : .: .: ..: .: .‐ .: .: .: .: .ー: .: .: ..: .: .: .::.`.: .:‐ . |..;;;ii| .: .: .:.:

509 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:29:22 ID:uNCiUoAE

        |:.:.:.:.:.:.\_ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
       /:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>   ̄  <:.:.:∧ /l
    |\ /:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./            ヽ:.:.} :.|
    |:.:.:>――ァ:.:.:.:.:.:. /            ∨:.:;     r 、
  // ̄ ̄./:.:.:.:.:.:.:.:,                 W     ∨ \
_//: : ://|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i              i:|     ∨ヘ:.\
./: : ://ヽ:.|:.:.:.:.:.:.:ll:.:.|                ,リ:.     | :|: : :.\
: : : :/ ./   }|:.:.:.:.:.:.:ll:从             ,::         | :|: : : : ::}    「西の大陸であるインティス大陸より
: : :/ ./     八:.:.:.:.:. ∨:∧              //       | :|: : : : /
: : { {     ムイ∧:.:.:.:∨:∧         .イく、___ィ彡| :|: : : /      デモン王ゼロより親書が届いた
: : | |ミ===|{::∧:.:.:.:.\\>  ___ ィ彡    ̄ ̄ ̄   :| ,: :.:./
: : | |       { ̄ヽ\:.:.:.:.:\ >:.:.:.:.::/:.:./           / /:.:.:/        ジェント大陸に生息する
: :∧ ∨   rく入、  \>t、: :ヾミ=彳            / /:.:.:/
: : :∧ ∨ jノ:   \ {⌒ヾ:>、 : : //}_             / /:.:.:/          魔物の活動周期が活発化していると言う
: : : : :\\:.∧ ー===|   \\,イ 「xヘ          / /:.:.:/
: : : : : :.:.\\ \\___.|      l}  |l |{ハ:.:\.     / /:.:.:/           警告の文章であった」




                                ヾヽ
                         _,.-‐'´ ̄ ̄ヽノノ-、
                          /:::イ::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      /:::/::::::::_;:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                         /::::;:':::::::,イ-/:::::,ィ:/:::::::::::i:::::::::ハ
                      /::::/::; イ ,_,≠_///:::::::/ハ:::::i:::::ヘ
                  _,ノ::://j:/ 乂:::7 ` /:::イ/イ`ヽ:::::|、i、:i
                  >、::::::∧,′   `  彳´ 7心、 ',:::从|     「しかし、既に政治腐敗が激しくなっている
                   ̄ム::;_::::i        冫 ヽソ〃i/:::|
                    ´ ',:::〉   ヽ-  _     /!:::::::j       ジェント第二王国 国王はこれを無視した
                         j′、   `‐-、ソ   /:ハ::::7
                    _,-、ィ、   ヽ       ...イ::〃 j:::/        宗教的価値観により、彼らを軽蔑して
                 _,.ィ´\::::\ `ヽ、 `:y‐ ´ j:::::/  i/
              ,ィ´、:::::::::::::::ヽ::::::ヽ  y<',   iイ             いたからでもある」
              i/::::::::\::::::::::::::ヘ::::::ヘ人:::::iヽ、             _
                 j::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::フ:ヘ j::ハ i::::\            jニ,)
             /::::::::::::::::::::::',::i:::::く::::::::::ハ!::::',ヘ:::<:ヽ        i .i,-、_
               /:::::::::::::::::::::::::::ij!::::::::ヘ:::::::::::',:::::', i::::ヘ:::ヽ       j_i_ i ヘ、
           i´:::::::::::::::::::::::::::7ノ:::::::::::ヘ::::::::::',:::::',.i::::::|:::ハ     i´ ,r-</_/ノ!
           |::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::ヘ:::::::::i:::::i.|:::::i::::::i:',      ヽ、,.. 、___ノ
              j::::::::::::::::::::::::::7:::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::i::::i!::::j:::::::|:i      7 ,'  j
             7i::::::::::::::::::::::::7:::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::i::::!:::i::::::::|::',    _/i7 ,'  7


511 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:30:14 ID:e.HipzhI

あれ?デモン達良い人?


514 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:31:34 ID:o07r8obM

精霊に恨みがあって、人間はあんまり恨んでなかったんじゃね?


521 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:33:58 ID:uNCiUoAE

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ト、:::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー-、 _:::::::::::::::::::::::::::::::::! ';:::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ヘ|::::::::::::::::::::::::::! ';:::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |::::://IIj:|:::::::::::::::::ト::::/   !:!
::::::::::{:/:::::::::/::::::/   !::/ ヽ |;ij |::::/レ:::::/ |/    リ
:::::::::::i:::::::::/ |:::/   i/    ヽ7 |:∧ |:/ ′
:::::::::::::::::::/  |/          ゙  ヽソ
:::::::::::::::::∧               \     「しかし、何よりもこれに耳を貸さなかった最大の理由は
:::::::∧:::/ `ー             /
:::::/ ∨             `ー=ニフ /        軍事費への税金の投入よりも
/ヘ                  , '
\  \      _        /           市民の娯楽に対する税金の投入の方が、遙かに
  \  \    /  ` ー - ′
   \  \__ /                    市民の支持を得られると言う理由であった」
      ̄\ \



      ,、∧,、
      | ○ |
     _,;ト - イ、        「デモン王は呆れかえるばかりであったが
    (⌒`    ⌒・ 
    |ヽ  ~~⌒γ⌒)      自国の防衛もあり、これ以上は彼らに対して警告はしなかった」
.    | ヽー―'^ー-'
   │  〉    | |
    !  /───| !
   |  irー-、 ー ,} !
   ! /   `X´ ヽ|

527 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:37:01 ID:uNCiUoAE

                -  - 、
                 / (● ●)ヽ     「さて、物語の主題は人間では無くノームへと移る」
               (V) (_人_)(V)
                 (っ)    た)
.              |    「
              .し    J




                , - -     「彼ら小さき人達は、争いを好まず、また住む場所もあまりに狭いので
              /  (● ●
              ゝ  (__人)     諍いの火だねを持ち込まれず、神話の時代以降、長い長い
                ハ    'ミ〕
                 (J人_ ┐ノ      平和の時代を謳歌していた」
                 ‘ー´|___)


533 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:39:33 ID:HIw.cSKA

ちっちゃいってことはいいことだね


535 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:41:23 ID:kzE2nAUg
>>533
??「ちっちゃくないよ!」


536 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:41:36 ID:uNCiUoAE

                                     - - 、
                 /⌒ヽ              ● ●) ヽ    「自治体は王を持たず、原始部族制度に
             ( ^ω^)              (人__) ノ
               ハ   ⊃                /      ヽ     ほんの少し毛の生えた、周辺部族との協議制で
                 (人  l_,                 (|  ,   し'
              ‘ー´\ノ                  ヽ(_ノ       その部族間も至って平和であった」




                ヽー-.、_
        __ゝ ̄ ̄ ̄``ヾ、ヽ `ヽ、   ト、
      ‐ニ_  `ヽ.、 ヽ. 、 ヘ ヽ 、 `ヽイi ゙、
      ノ´   、ー -ゝ`ヽ ヽ!  ハ  、 `l ヽ   ,
    -ニ.、`ヽ:.   ヽ、  /`ヽ、:.    ::|i ノ !  ゙、 /i
     _ メ、:::::::....  ヽ/    `ヽ、 '!'/_ノ,_  y' i
     `ヽ`ヾ、::.ヽ、::r‐'       `´  ´  i:. , /
      /.:ヽ::::::...、 /____           ノ, ' /
      /.、::::/`ヽ;./ ,___`ヾ=、_,ノ       ヾi /_
     ´  Y /ヽ ゙〝圷j心メ=、    ベ=.、_  !/     「彼らが他の種族と接するのはダークエルフ程度であり
        ! ヽ   乂゙ノ      メ=ェ、  `゙/
          ゝ、_i             佗j;ノヾメ/         彼らは王を擁する地方自治を行っていたが
             ヘ             , ゛‐'′ /-、
             ヘ.             /―、゛y‐、_     ノームとの間に諍いは起きなかった
           心、_  -=ニヽ    ,.イ-、  〉' /´,`ー、
        ,ゝ‐'´.::::::::i、    _ , ィ'´ ゝ、`´! 〈 / / i   起こす程の理由が無かったとも言える」
        ヘ.::::::::::::::::i::l__`二´__i;;;イゝ   ヽ、_ーノ、!__i_ノi、
       ≠ゝー.....一└‐┬┬┬┐_    ゞ、三三彡、i
    _,ィ‐'´.::::::::::::::::∩::|__|__」__|__」:::,、`ヽ、  ヽ;::::ゝ::::゙i
   〈.ヽ.:::::::::::::::::::_|i|,ゝ、==三=ヽlil__/.:i   `ヽ::::::::ヽ
   /.:::::::::`ヽ:::::::ー゙r-、゙ー===≠"∩'.::`ヽ、   ヘ.::::::::.∨
   /.::::::;:i:、::::::i::::::::::::| ゙`Y;;;;;;;;;`ゝ,、'_;;;;;| `ヽ::::::::.`ヽ、_i:::::::::::.∨
.  /.:::://.:!:ヽ::::|:::::::::;:!: . |;;;;;;;ゝ',ィ‐‐、ヽ」,、:リ::::::::::::::::::::ト、:::::::::.∨
 /.::::::::::::::::::::__ノ::::;:';ィ゙!:,、,,!,,,,,,,ノ/;;;;;;;;;;;;)〉;;;ト、::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::.|
./.:::::::::::::::::/ ヽ、ィ´'''''''''''' |;;;;;;ヽヽ;;;;;;;;;ヾゝ.i ` ヽ 、__、::::::::::::丿
'.:::::::::::::/    `ヽ;;;;;;;;;;;>ー='〈;;;;;;;;;;;ノくノ;i      `゙ ー'´
:::::::::/       ヘ;;;;;;;;;;;;;〉、゙='、ゝ='ノ;;;;;;;|
::::,〈             ヘ;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|__
,:::::.ヽ、      __rニ「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|三王|ヨ::::|
 '´ ̄'ーゝ―'、´/´, ̄`ヽ ̄::::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;|:::∧

539 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:45:19 ID:uNCiUoAE
...::..:::..:::.. . ..::...::.: .: . ...                  ,;;'":::.:.....::.::...
,.,, :.. . ..::...::.: .: . ...                 ,,.r'":::.:.....::.::....::...
;;;,;ヽ、                   ,,、、-'';":`::::::.:.....::.::...:...,..::...   「そんな平和な彼らノームが災厄の渦中に
;;;;,';;;;ヽ;,               ,..-''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,..:..:....::...::...
======================,;;r''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,.:...:...,..:..:....::...::...    引き込まれるのは、デモン王の親書の到着から
;;;ii ;;;;;ii,;;;;;,ii.;;;;;ii.;;;;;.ii .;;;;;,ii.;;;;;( ::::::.:.:.:..:....::..::...:...,:...:...,.,,..:..:....::...:..:....::..
''_'''''_'''_'',.'''_''''_''_'''''_'',.'''_''''_''_''''',;;;"''ー-l、,,'""'゙,゙'""'"、.wiルv,iルwviw.:   僅か7ヶ月後の夏の時期であった」
__- =_≡ _- _-_=_ = - _-_ -_ =≡_-;`--_ _、.,     .,,iルv,iレv:.:
^ _ _ -_ ^ _ _=_ -_^__ =_ - _. - ∧∧≡=゙"''ー-、_:::: ::.::::: ::.:
=__-_ -__= - _-_ -_ =_ -_ ^__-_=  (- ゚*,,)  _,,.、。v-`::' :::, :::,
_ -_ __ -_^__ =_ -_ ^__   _,,、。v- |  ∪`"::::' .::゙ ::,'::' :::, :::,
_ = _ -_ _ _ = __ __,,、。-ー''"`゙:::, :::,: |  |~ ::' :::, :::::' ::: :::
  _,,.,..、。v-ー''"゙~ :: ' ::: : :::  :::  U"U:::::: ::, ' :::::, :::::,:::: ::.:
`"゙  :::: :: :::' ,:: ::::  : ::: : :::' ::':: :, :::::::::::: ::.:: ::': :,:: ::.:: :::: ::.:


541 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:46:51 ID:oy7KHWI6

なんか指輪っぽくなってきたな。イイヨイイヨー


542 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:47:43 ID:z1b/cXU.

ノーム達カワイソス


544 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:49:11 ID:uNCiUoAE

            ___ , __
        ,=-''' ̄`' '-'´ ̄`''`‐,        「彼らの予想通り、ジェント大陸各地で魔物が活発に活動しはじめた
     f~'//   ヽ,  ヾ ;     \
     !''j fイl  l──、 \  ,  ,   ' 、     その最大の被害を被ったのはノームである」
     ヽゝ!一!l j  `''i`| ; : ; f  !ヽ !,
         ソ    lー|   ;  j j '  . ヽ
              I√|    ;、  '    |___ __            , -‐、
             /|' 'ー|   ij ' - ‐.,. |' - ' '゙``'‐.、       /ニf|
           /_j' `'一ヽ  i -..,  !,; ;  i   ヽ     jニ! i
            ̄ | l'´`'-一\,| ´    | ;  !! ニ,  ヽ`=ニ=-´' ,i
              i !´`'-‐一ゝ| 、‐  、. |  、|' 1 !   |   _  ノ
             /;´ フヾ`'--一i'  ハ. /-‐_,-|,}   j ヾ/ ̄;  |´
            / ;  / `─ -i´ `   /,┴;┴‐|   _,ム  |
          / ;; /      |ヽ_! ヽ/ ∠∠ノ `-- '  丿 ;  |
      ___/ ,  ./    _ _j j`-、!/         //ヽ_ /
     ,/,/,/,,, ,..-‐'    /フフフ_,--'           ̄  ̄
               ' ̄  ̄




            (((⌒Y⌒)))
                \ /      「元々、ノーム達は野生動物を魅了する
              :  ,  、 、  :
                : ≡ ≡) ヽ :    魔法を武器に生きてきた
                : (人__)//ノ :
              :   /J  し :      これにより、武器を持たずとも十分に生きてこられたのだ」
           :  |  __  | :
               し   J

549 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:53:41 ID:uNCiUoAE

         _
        _,/_`ヽ、__
     /   `ー゚′     ̄`ヽ   「しかし、魔物達にはこれが通じなかった
   , -'′         `  |
  /    , -,_r'^1-ィr-,、  /    これにより、ノームの住む森は荒らされ、部族ごと消滅すると言う
  l   (  / \j∨Vエリ、ノ
  l     ! ,レァ-r t/∠        悲劇があちこちで起き始めた」
  ヽ    j 丿 \Y′ ヽ_
   \ヽ、 `1'フ   ()       ̄ヽ
    `i ヽ `勿┬'リ _       ヽ
   __人 \__V‐久'┌ト、   ヽ. ヽ_
.   H二入    ̄i´ j, (V`7    j  l ヽ、
 __ヾ=' ノ\   ヽ__ノ└' ノ ノ j  /  i
i´ <__` ノ / i、     / ´ ノ   ノ  _ノ
`ヽ、 _,/  _ノ `ー 、_  _,イ-レ-ケ´ ̄
   `ー-t.彡l /ー'´  ̄   Y  , _ヽ、_
     '´ ∨        ヽ'^rJ`ヽ_\
                    | .j \_j ̄
                  '´




              , --  、
               /      ヽ   「こうして、ノームは故郷の『シュヴァントの森』と呼ばれるシュヴァント地方から
                ゝ     ノ
.               (|   三|)    安全を求めて人間の住むシヨルド地方やダークエルフの王国などに
                | 三三|
              し   J三   その居住を求める事になる」
                三三三三三
                  三三三三三

553 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:55:52 ID:uNCiUoAE

:::::/:::::::::::://:::::::::::::://::::::/::::/:::::i:::::::::i::::::::::::::::l:::::::::::|
/::::::::::::::::/::::::::::::::::/´:::::::::/::/::::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::!::::::::::l:
::::::::/´i::/::::::::::::/::::::,,,、,/:::::::\,,∧:::::l::::::::,':::::::::::::::: ノ:::::::::;!
:::::/ ::::!/:://:::::::::/  /::::::::::/´ ∨/::::i:::::/::::::::::::::::/i:::::::::/:
:::::`::::::/ ./::::::/   /::::/,"::::::::::"メ:::::::!::/::::::::::::::::/ l:::::/
::://  /::/    // ヾ\:::::::/:::ヘ::/::::::ハ::::::/   l:::/:
//'., ' , ∨     /  u::::::::゜ミメ/:::::/)ノ:::/ /::::/   i:/
/   ゝ       ::::::::::::::::::::::::::::/::/i //:::/ /:/   /:
     ヘ     U      /´   ',///´:
                     '、
             ij       _ゝ:
、               _ _ / ´
;;',   /` 、        ´ , ̄′:     「王国も腐敗していたとは言え
;;;;', /     `` 、   , ":
;;;;;ヾi           `´:             この外敵に一蹴されるほど弱体化はしていなかった」
;;;;;\\:
;;;;;;;;;;;\\:                   
;;;;;;;;;;;;;;∧ \




    ヾヽ    \
     ヾヽ     \
      ヾヽ  .    \
    . ヾヽ        \
       ヾヽ         \
      ヾヽ        ,、,、\        「各地方に住む者達も魔物と激しい戦いが繰り広げられた」
       rl;;ヽ     /l'" '"'" '‐7 、
        i;;;l;;ヾヽ_N       ミ \
       ヽ;ヽ;i;;〉ヽ,l          ミ  \
         l;;〈`r':ヽト、      ,クヽ「ヽ \
         ヾ, l::::::::ヾ、     i' ,i'.r' rヽ_ヽ
            ヽ:'::r'"::ヽ   ,,人ニユ==―-、〉`ヽ、
            i:::l::::::/!`'"`/::::::::::::::::::/:::\r'"ヽ-‐、_
            ヽ:::::::l〉、:::〈::::::::::::::::::::/::::::,:::::::`゙゛ヽ::-‐ヽ::ヽ
             ヽ:::::l:::∨:〈:::::::::::::::::l::::/'"::::::::::::::::::::::::`゙:::ヘ
              \:}‐- ;;;;l;;:::::::::::::::l'::::::::::::::::::::::,::-‐::':::::::;ノ
               \ト- 、_!::::::::::::::l:,,:::-;―tt‐――'"´
                 ヽ-ヽ;;;`゙ヽ- 、:::::::::/;;l
                   ヾ∧ヾ;;y‐'ヽニニノ;;ノト ,,
                   〈 \;;;l;;;;;;;;;/;;;;;;;/::::::〉、
                   ∧  `ヽ;;;;;;l;;;-‐'  /::i:\

555 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 00:58:44 ID:uNCiUoAE

         ⌒ \
         ⌒ \
         ⌒ \
        _ ―_
      /= =)\      「だが、この戦いは激しく、またいつ終わるとも分からない
     ( (_人_)   )
      |,__ ー ,! ノ|     自力での奪回能力を持たないノームの大地はただ荒れるに任せるしかなく
      mm) x mm)ノ
      (_,(___ィっ      自分達の土地を取り戻すだけの力もまた無かった」




        _,―、
    / (O (O\
    (::::⌒(_人_)⌒:)   「自分達の土地を取り戻す、たったそれだけをする為に
     > 、∩´  ヽ
     / ゝ_,ノ   ∪    かれらはまず戦う力を求めねばならなかった」
    弋     ノ
     ∪‐-‐∪

560 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:03:45 ID:uNCiUoAE

          /⌒ヽ
        /( ´ω`)  「有る時、ノームの一人がドワーフの戦士にこう訊ねた」
        | | |  | |
         ( | |ノ| |    ブーン達の帰る場所はどうすれば取り戻せるんだお・・・
         ノ>U U
      ..........レレ



       /ミミ_,,,---- ._
      oシ'"        ヽ、
   ./;;/         、、 、ヽ
   ,{ミ/          、、ヽ}} ハ         「ドワーフは答えた」
   ,{ミ:l       ,:: _,,,,__`ヽ))_,,,)
   ,{ミノ-、;ii     `===`テ'''{=''〈
   ,{ミ{ iニ l!!     ''' ''''",'-''ヽ、,,}       お前達小さな者がどうやって魔物と戦うのだ
   {ミヽ{ ' |!!      -''"` ` -' ヽ
   `>-ヽ~ |!!       ..: ,i!'/三ヨ、i!       そんな物、我ら人間が陸に戦船(いくさぶね)を浮かべるのと同じだ
    {川リ`ーl!!     .:::,i! '" ,,,,、`} i!   , -'ニ ー- 、
    l川ノリ} |!!、       ,i!;; ' ⌒ { i!__,ィン/ 二
    〉=〈 }i!|ミ、`\、   i! i!!,,,,,,,,,,,,i!i(`〃 / _
   ( <ニ)!i | ::...  ` ナ-!i!i!i!i!i!i!i'' ノ )/) /) _          「と」
   (二ニ、ミミミミー-- /、:::..__,,,,-、)/ `ー^ー-'ー-'  `ヽ
   二ニニニニニニニニニニニ ニヽ/,-'"          }
    ‐- ..._=、----''"O ̄<ニヽ\,,,;;'  .::''   ノ ノ
        )_  \ニニ> O <ニニヽヽ      /` 'ヽ
        ⌒)  'ヽニニ> O <ニニニ} };;;''     /\
         //`) / }ニニニ> O <ニノノ-''ー、_ノO
        ノ/ /(  ハ }ニニ> O<ニソO}ヽヽヽ\ノ

567 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:06:54 ID:uNCiUoAE

       /⌒ヽ
     /( ゚∀゚ )!!    「この酔ったドワーフの戯言が、後にノーム達の運命を転換させる事をまだ知らない」
     | | |  | |
      ( | |ノ| |        「・・・・・・そう」
      ノ>U U
   ..........レレ





           ミミ|ヽ                        /lイ,
________ミミト、.\,,                   ,/ィチィ__________
テテテチチチチFFョ=ュ.ミ}  }                   { ィチィィィ..,-ャ-ャ-ャ-ャ-ャ==ァ≡ニニ
,/ ,/,/,/,/ ,/,/,/--‐‐=チ| |!                       l! !三三ニ=、ヾ、ヾ、ヾ、ヾ、ヾ、ヾ、ヾ
, ,/,/,/,/ ,/,/,/f''-─=チ| {                      } |三三≡=、ヾ、ヾ、ヾ、ヾ、ヾ、ヾ、ヾ
,/,/,/,/ ,/,/,f-=≡ニ三チ| |                     | !三三≡=-、ヾ、ヾ、ヾ、ヾ、ヾ、ヾ、   「後に”ノームの巨人”と
,,/,/,/ ,/zチ-=≡ニ三チ∧ `、                   ,/ ,/∧ミニ≡=-、ヾ、ヾ、ヾ、ヾ、ヾ、ヾ、
,,,/,/ ,/z'チ-=≡ニ三,/^' ^ ̄`i、      /^\     _,ィ´T ̄ ̄∨ミニ≡=、ヾ、ヾ、ヾ、ヾ、ヾ、ヾ、   呼ばれる事になる
_//_,/zチ-=≡ニ三/___  弋ミュ、_A/    `A_,,./zュ|‐弋,   \ミ、≡=-ヾ、ヾ、ヾ、ヾ`
       イ彡/     `ヽ、 ̄i_lil|.   ∧     |,/  ,r‐''" ̄ ̄`ヾ、ミニ=-ヽ、           移動要塞のヒントとなる事に」
       ィ彡{         `ヽ{ }|!.  | |     |! /         Yゞ、
      ,ィ彡'|──‐-、       },メ._,r'| |'ャ、__L {     ,r───-/ミゞ、
       ,イ',|三干-、 ヽ,,..__/f⌒l三l、| |,,lf三l⌒l_ゝ. r"  ,,二i^i__|,ミ`
        /⌒ヽ.  `ヽ/ __,<⌒>l  | |  l<⌒>≧`\/  (-‐_メ、
    r‐、_f/⌒ヽ.  ゝ'⌒マ ィチ  |  | l  | |  | |  |  `Y.{   / ̄,r― 、ヾ∧_
   / / |   / /   ∨\ . |  |||lliii| |iiiilll|||  | ,//, -'    |   |r'´  |
  r‐'‐|-―,|   /  `ー 、 f^l   ill| | ̄|,.::'::'::.,| ̄|.  ||l| f'`! |r-─' ___|_,r-、r\
 f ⌒y  ,| ̄ ̄ ̄`ー、ヽ! |` ̄~ :: |  |':;:;:;:;:;'|  |:: ̄`|_,/|_|,r' ,r─'' ̄   _| _| ̄`!
 |   ⌒メ|       Y_|.xXXXl|  |XxxX|  |XXXx.| |,, /´__| ̄ ̄`Y´    |
 | ̄ ̄`> |    /  /  |XXXX| ,r' ̄ ̄ ̄ヽ∧XXXX|─チ   |    |      |
./   /  |    /  /   |XXXX| |ミ┌|^|┐ミ|. |XXXX|-チ     |     |     |::...
  ,,.:::::::  | :::::::::::::::::::|:::::::::......XXX| |>l´,r、`l. |. |XXx,r'チ|  :::::::::::::::::::: | :::::::::::::::::::::::..
;;;;;;;;;;;;;;; ::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;::X| |三l l爻l l. |. |XX,/ヾ、 ! ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


568 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:07:54 ID:yBe4KoY2

巨大兵器フラグキターーーー!!


569 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:07:55 ID:oy7KHWI6

えええええ 予想外の展開w


572 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:08:07 ID:fQytbNeM

作っちゃたのかロボ


585 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:14:00 ID:o07r8obM

なんとまあ、知恵で体格差をおぎなうかw


586 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:14:21 ID:uNCiUoAE

                     「種族説明」
                     【ノーム】
          __
        n_ / - -\       「平均身長5cm程の小さな人、原始部族制で主な生活は
      (_/ (● ●)\
      ( :::: (_人_) ::: )      菌糸類の栽培と現地植物の収穫
      ヽ   ヽノ   ヽ
       l         l、_つ     戦力は皆無であり、野生動物を魅了する魔法が使える
       |   x   |
                      魔物の活動が活発になり、故郷から離れる事になるが

                      後に”ノームの巨人”と呼ばれる移動要塞で故郷を取り戻す事になる

                      宗教は人間とほぼ同じであるが、原始社会であるからか巨人崇拝がメイン

                      それが移動要塞の下地になったと思われる」


593 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:17:40 ID:cwxT6fPw

予想以上に小さかったw


595 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:18:13 ID:sWyH6ecY

5cmじゃ踏み潰されるわな


600 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:20:29 ID:uNCiUoAE

.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \       【人間】
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',      「最も広く大陸に分布している種族
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|      大陸の中央部であるシヨルド地方で巨大王国である
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |        第二カタール王朝を築き、他地方にまで強い影響を持つが
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|    
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V        現在では政治的腐敗により、軍が十分に機能しておらず
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /            地方の権力や軍事力が高まっている事に警戒している
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´               宗教的には精霊信仰であるが、この宗教
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、           実際には人間独自の宗教にノーム、ドワーフ、エルフ、フェアリー
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::         五種族の神話が取り込まれた物である」

610 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:25:38 ID:uNCiUoAE

       /ミミ_,,,---- ._                 【ドワーフ】
      oシ'"        ヽ、
   ./;;/         、、 、ヽ              「鍛冶だけでなく、戦士としても種族的に優秀である
   ,{ミ/          、、ヽ}} ハ
   ,{ミ:l       ,:: _,,,,__`ヽ))_,,,)             セキ地方の山地に住んでいるのだが、魔物が活発化する事で
   ,{ミノ-、;ii     `===`テ'''{=''〈
   ,{ミ{ iニ l!!     ''' ''''",'-''ヽ、,,}             各地に傭兵として派遣されている
   {ミヽ{ ' |!!      -''"` ` -' ヽ
   `>-ヽ~ |!!       ..: ,i!'/三ヨ、i!              物作りに異常に執着する奇人なども種族として時々おり
    {川リ`ーl!!     .:::,i! '" ,,,,、`} i!   , -'ニ ー- 、
    l川ノリ} |!!、       ,i!;; ' ⌒ { i!__,ィン/ 二       その何人かが、ノームの巨人制作に関わる事になる」
    〉=〈 }i!|ミ、`\、   i! i!!,,,,,,,,,,,,i!i(`〃 / _
   ( <ニ)!i | ::...  ` ナ-!i!i!i!i!i!i!i'' ノ )/) /) _
   (二ニ、ミミミミー-- /、:::..__,,,,-、)/ `ー^ー-'ー-'  `ヽ
   二ニニニニニニニニニニニ ニヽ/,-'"          }
    ‐- ..._=、----''"O ̄<ニヽ\,,,;;'  .::''   ノ ノ
        )_  \ニニ> O <ニニヽヽ      /` 'ヽ
        ⌒)  'ヽニニ> O <ニニニ} };;;''     /\
         //`) / }ニニニ> O <ニノノ-''ー、_ノO
        ノ/ /(  ハ }ニニ> O<ニソO}ヽヽヽ\ノ


613 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:26:37 ID:YT5ru2pk

やっぱドワーフも関わるのか


620 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:29:38 ID:uNCiUoAE

       -‐‐ニ ¨- ̄ ̄`ヽ.
    /'´ ̄.<´       ̄` 、
   〃   / ィ  ,ヘ ハ    ヽ. 丶
   /′ , ' // / トヾv,ハ.  i     ,
  ,'   /  ' ,' ハ |゛゛^"´|i_ト.     .
     ',   {.i!,++ト、  .'T|__j`ト、.i  |
      }   ヘハ_ィチキ-   ナfえ艾_|_  ,
     :  .i ヾヘ`匕}    匕ノj, |ハ} !       【エルフ】
     |  ハトi`ト、       ,イ i'ノ .|
     { i!|ヾ| |゙ヽ   .-,  ク! |  i、.!       「ノームほどでは無いが、部族制度を好んでおり
     ∨|l! | |、ィ゙> _ イ_)j! .!、 八',
        V!ヽ.| レヘ::|:.゙iYi´.:.:.:.:.|! |:.:i′ ヾ、       現在でも大量のエルフがターモ地方の広い草原に住んでいる
      .>ナレ^i|〈:.:.|||:.:.:.:.:.:.| .|!:.>‐- .
       i、  | j゙  ヾ:、:|||:.:..イ| .|レ'    ゙),      多くの者が狩猟生活になじんでいるが、一部の変わり者が
       ト.'、 j,|,-ニ、O}ォェャ{O_.| .|_,    //i
       | ヾjレ´.:.:.〃入ハ_>!i:.:.| .!:.゙、,  / ' }_     人間の住む都市にも居住している
     〈、./.:.:.:.:〃:.〈∧.〉:.il:.:.:.l .!:.:.k'/   }゙.、_
      | {:.:.:.:.〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:|l:.:.:.:l i:.:.:}、___,  ノヘ.  地方支配力が強固でないので、魔物に手を焼いている」
      |弋:.:.:.|i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|l:.:.:.:.l i:.:ナi、___/'.:.:.:.j|
       j ,=ヽ:.ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.li:.:.:.:.l i'. ハ:.:.:.:.:.:.:.:./ヘ
     i´'⌒`l゙=;=-i:.⌒.;==-;--‐l レ′ヽ=、=彳:.:.:.:.',
    {     i i `i!:.:./'  j   .| |     ,ゝ'⌒ヽ;.:.ヽ
     |  ,ィ= } .|  ゙、/'   |   } !)   /'´ ̄`〈o>、〉
     |/'.:.:.:.| !  i|i    j  ノ ハ.  /.:.:.:.:.:.:.:.:.介'ヾ>
     {'.:.:.:.,イ.〉 ,!  |||   ,!  ,イノ / _,:':.:.:.:.:.:.:.:.:./
     !:.:/!`! ,'  ,j.!   ゝ' メニ⌒i!ヽ`ヽ:.:.:./
     Y〈ヽ!_j/  ,∧、   _〉'_.-= ヾ:.〈む厶
     〉'トハ    /.:.:.ヾ.   `<_/_ィ ゙У`ヽノ
     ヽ):.:.、 ∧、:.:.;∧ ,/.:.:.`:./_,i´
      /.:./.:.∧':.i:.゙、/.:.:.∨i:.i:.:.:.:.|:.`:.:.i
     ,':.:.,':.:.,'/.:.:.|:.|:.:.:.:.:.i:.| i:.i:.:.:.:.l:.:.:.i:.゙、
      ::.:.i´ /.:.:.:.:.|:.|:.i:.:.:.:.|:.i ヾ`、:.:.、:.:.i:.:.:

625 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:33:25 ID:uNCiUoAE

             /l/l/     '"   ム'"/__
           N               ´`゙ヽ、    【ダークエルフ】
           |                  /
           |  /`ヽ、             'フ
           |  _!   `゙゛ヾ'" ̄ ̄ ̄`7   `>    「元々ノームと同じ地方に住んでおり、この種族とは
              !'" _           !    /
              ,ヘ  ̄ \ヽ、        ヽ  `>      長い間友好関係にある
          〈,rl  ヽ_≧ト、 !r==≦ニ- i__彡
.           ヽi    '".  |    ヒテ   n !         肌が黒い以外は特にエルフとの違いは薄いが
                l.      |       ././
              ヽ            ,イ´          エルフが精霊信仰に対し、ダークエルフは
            _>、 ー―‐--   /_ !
             /:::::! ヽ       / ノ.);i,r┐         ノームと同じく巨人信仰である
       _ ,-―'l:::::::::〉 !>―‐ '" / /「:::::::|、
, -‐――'"::::::::::::::::::ヽ::::/_'" , r―-.、 ' ./;;;|:::/::ヘ、       最もノームの活動に対して協力的である」
::::::::::::::::::::::`゙ヽ::::::::::::::::::l‐y;>'     }  ' )'":'":::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::r―┐:::::::r':::::i i     / _i;;|:::::::::::::::::::::::_::_.:\__
:ヘ:::::::!::!::::::::l「:l i:::::,,「´:::::::〉ヽ、__,rf"V´;;;;;|:::::::_::'" ̄:::::::::::-‐\
:ヘヽ:::V:,-―ト'ノム'"::::::::::::〈/'":::::::/´;;;;;;;;;;i:::::i'r7/:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
::::ヘヽl::i__ニ//::::::::::::::::::::::::::::/l.i;;;;;;;;;;;f`\f,l//::::::::::;::::::::::::::::::::::/ノ!

634 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:38:02 ID:uNCiUoAE

          ,.r777 、_
        ,. :///,.7//∧  , ィ   【フェアリー】
      /:/// ,//`ヽ:_:、 /  }
      / {//{///:、:\<::::ヽ 、 j   「ノームが部族単位であるのに対し
      {: ∨////、: ,-   `¨´ } ;
      ヽ:{/ー-'、ヽ/:::ヽ   / /    フェアリーは家族単位でしか生活していない
       V/l: :\ヽ`¨´  ,.ィ /
  r―――-ヽ: l:ゞ、ニソr‐┴ハ'      何気にノームとは近似類らしく、極稀に結婚して子をなす事も有る
  ヽ、     l:从: ヽ:j ヽ:.-'_jつ
    `ー-----'-`/ヽ、ノ:..:..:}      ノームと違い、生活分布は大陸全土に広がっている
         r'´/ /`:..:..:..:!
         ` ヽ,/、:..:..:..:..:..l      一部の学説では、ノームから派生した種族では無いかと指摘されるが
        _r‐、ヽ三/三三_>
       /;;{ 、  /` ̄/ 7´       教会によって弾圧されており、一般には広まっていない」
         ` ̄`ー イ /
            /`¨´/
            {、,r-/
            `ー'

645 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:46:39 ID:uNCiUoAE

        |:.:.:.:.:.:.\_ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧                【デモン】
       /:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>   ̄  <:.:.:∧ /l
    |\ /:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./            ヽ:.:.} :.|              「西の汚れた大地に渡って呪われた
    |:.:.:>――ァ:.:.:.:.:.:. /            ∨:.:;     r 、
  // ̄ ̄./:.:.:.:.:.:.:.:,                 W     ∨ \        ・・・とされているが実際には
_//: : ://|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i              i:|     ∨ヘ:.\
./: : ://ヽ:.|:.:.:.:.:.:.:ll:.:.|                ,リ:.     | :|: : :.\     遺伝子異常の病に罹ってしまった者が
: : : :/ ./   }|:.:.:.:.:.:.:ll:从             ,::         | :|: : : : ::}   
: : :/ ./     八:.:.:.:.:. ∨:∧              //       | :|: : : : /     西の大陸に追放されたのが元である
: : { {     ムイ∧:.:.:.:∨:∧         .イく、___ィ彡| :|: : : /
: : | |ミ===|{::∧:.:.:.:.\\>  ___ ィ彡    ̄ ̄ ̄   :| ,: :.:./       額には個々によって大小の違いは有るが
: : | |       { ̄ヽ\:.:.:.:.:\ >:.:.:.:.::/:.:./           / /:.:.:/
: :∧ ∨   rく入、  \>t、: :ヾミ=彳            / /:.:.:/        角が生えて、犬歯が鋭い
: : :∧ ∨ jノ:   \ {⌒ヾ:>、 : : //}_             / /:.:.:/
: : : : :\\:.∧ ー===|   \\,イ 「xヘ          / /:.:.:/          その外見を嫌い仮面を被る者が多い
: : : : : :.:.\\ \\___.|      l}  |l |{ハ:.:\.     / /:.:.:/
                                             宗教的価値観により弾圧されたので

                                             逆にこの時代にしては珍しく、それらの

                                             価値観から脱却した種族

                                             学術研究が盛んで、また、王の権力が弱く

                                             評議会の権力が強い」


646 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:47:24 ID:NhwUPN9E

あー。所詮神話は人の手によるものか


649 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:49:32 ID:YT5ru2pk

元々精霊関係ないのかいwww
それでも普通の人間に勧告してくれるんか
それくらい魔物がヤバいのか?


652 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:52:10 ID:uNCiUoAE

          /ニYニヽ      【リザードマン】
        / (0)(0)ヽ
       / ⌒`´⌒ \    「遙か東方の南国の諸島に住むトカゲ人間
      | ,-)    (-、.|
      | l  ヽ__ ノ l |     人間側が宗教的な理由で隠しているが
       \  ` ⌒´   /
      (⌒`::::  ⌒ヽ     最近になって接触があった
       ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
        ヽー―'^ー-'    造船技術に長け、また水中呼吸ができる為水泳能力も高い
           〉    │
         /    _  i      ”神話に記されぬ者達”の一人
         |   /  ノ
        |   /  /      ノーム達が海洋に出る際に知り合う事になるが・・・・・・」
        (   )  )
          |  |  /
          |  |  |、
        /  |\ \
       ∠__/   ̄´


656 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:55:32 ID:NhwUPN9E

隠し玉とは素晴らしいww


659 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:57:27 ID:oy7KHWI6

成る程、神話は神話にすぎないってわけか。
然しデモン先進的で素敵


658 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:56:42 ID:uNCiUoAE

              ,. ,,,,,-;;{@};;;;-,,、
           /;;;,'''- ― - 、;ヽ丶                     【バードマン】
             /,.ri ! ト l ヾ,.ヽ lヽ ヽ
          i| !ト、ヽl、| '´!レ;=ミ | lY,‐!                    「”神話に記されぬ者達”の一人
          |l l レイ,=ミ、 ´ ゞイl ! !.:i
          ヾヽlゝゞ'  、 __ |l l rj|                     リザードマンの住む諸島の北部
             !lヽ   <  j l |イ|,|
            | i ヽ、__`´ ,iィ !_j |       ,_,___          ア=ノザ大陸に住む
            | | i!ゝ>,.二=レ'  >‐-,. =、-- ‐'":::::::;;ノ___
            |_ii >-- 、   /::フニ--、j ::::::::::::::::::::::::::::::::::〆     彼らの神話では、太古の神々が人間を作り
  _, -― 、    _|,.- ィ薔7/.: .\_/.\_//!r'⌒丶rニ 、__。 :::>" ̄ ~
 ァ:::::::::::::::::丶r' '7.::..::| _j/::. .:::::::::::::::.:.: |シj{_  - ┴、--‐'´           人間は反映を極めたが神々の怒りに触れ
  ´イ:::, -ャ/:::::|.::::. :「l.::::.  :..::::::::、::/ヽl//7´  ヽ、 `ーァ
   レ  / \:::::ヾ:::..ヽヽ::::..  .:::::::.l ::. ::ヽ |  ヽ._  l ̄            自由な大地を追放された、後に鳥をバードマンに
      ´しイ:::::::ゝ=oゝ>:::.-- ' :::::::| !:i::.:::::jヽ、_ __ , j
      ィ'::::::::::::::j.://:.. .::::::::::::. :::.!j.::::/ ! l l l ! l l |              トカゲをリザードマンにしたとされる
    /- 、:::::::://ハl::::::... .:. :.:::::::.. /  ヽj ! !l j | |
     「 ̄二!〈ィ::::// !l:::::::::::::.:.___:/      丶'ヽ! ´              リザードマンとは友好的な関係」


661 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:57:42 ID:YT5ru2pk

RPGの中盤以降に唐突に現れて「神話」への疑問を突きつける存在だな
こういうのは好みだ


671 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:01:33 ID:uNCiUoAE

             )、    、       __,.. r- 、
       ,、___ .__ゝ`ー--、)\   r∠ノ ,rュ‐r、hi      【魔物】
      __>`~ _/  /`ー-ヽノ   ,イ^1'^´,ィ'リ
     < // ノ ̄ ヽ   _, --',   /止' nイ"        「異常な外見を持った生態系その物に干渉する生命
   ,__∠r‐' /_∠--- __r―`ァニ_r   汀L (. ,n
  \' ̄L -´    __r-―' ̄| / -‐  `〔,-'ユノ)ノ         活動には周期が有り、百数年に一度活性化して
  ヾ_ヽ l   `r-‐'      丿       イ⊂'--、_
 ,、,ゝ、ノヽ/- /      /        /    l        生態系を破壊する怪物達
 ト ''´ `ーュ./__      /        / ,r   /
  ヽ-‐'´/フ  L--,_r-、(`--、_  __,-'ノ|イ   /         ノームだけでなく、ほとんどの生物の敵である」
    // /   ノ /二ー‐---= - ツ/ヽ/__ノ
  ∠/ /  イ /    ̄ ̄ ̄ ̄ `ー '∠/
   ∠,-´, - ' ´ ,j/
  ∠ -'´

676 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:06:10 ID:uNCiUoAE
     _
,r.=、 /´ ,r=―、' ̄,勹ス._        【ノームの巨人】
l ! .ゝヨ l l l´品lヽニ┴、j 、 l,
.ヽ.ソ,イファヶrーキi ̄\\\ヽ      「要するに移動する巨大要塞である
  //ヽ`'ヽ、 ヽ 臼   \ ヽ北、
 ヽヽl丶  i  l Eヨ、    ノ´r ニ、ヽ    大きな物であればノームの集落一つを住まわせる事ができる
  `ナ\ ノ__ノ__Fキミミヽl´ i´。 ロL|
  /  ̄フ´ _)、ヾjjjj、三ゝ.`ー、旦l,j    要塞と言うよりは”移動するノーム達の城”であると言って良い
 ( >(´   丶ナ弋、‐山) `ー┬'´
  ヽ、 \    ̄`ヽ、ヽ._´ ̄ ̄      その為、内部には居住施設だけでなく、集落として機能する為の
    `ヽ、`ヽ、  r‐イ`)-入
   _ -〃ヽr┴、  ̄ `´ー-、二‐、__    施設などもの載せる事になる」
   `ーゝ∠_ `ー--、    ` ̄´
           ̄`ー‐'


677 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:07:10 ID:kzE2nAUg

ノウムの動く城か…


678 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:07:19 ID:60GghEJQ

何メートルくらいなんだ?


679 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:07:38 ID:CrZsHGm.

人型ではないのか


683 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:12:34 ID:uNCiUoAE

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   ゲーム的にはこのノームの巨人をカスタマイズして
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/    戦力を強化していく事になる
          /     ー‐    \



                                /
                         /  / ○ /
                      /    // / // /
                   / / /  ○ //,,// /
                  / {! / {// rく{ / {/=ミ //
               /{_{_く=〉レ⌒ヽ{ /」」」」{ /!
            ___/={¨¨¨¨¨ミメ、}:ト├―=ミ、}
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   `ー┐::o:::。:.))! /{    「最初、この巨人に乗るノーム達は
            /  n n n┌─r====}}:::::::::::::{{」{ {
          {r───=ミ」`ヽ|ノ ̄し⌒Y:||--=ミ{== Y´}    村を追われて散り散りになった者達が
         〃¨互互互「}互}}      ノ ||--=ミ.>─┤=ミ、
         {{  {互====ミ}      (___||`Y´く   :|  }}   他のノーム達が作ったノームの巨人に助けられて
           八 {〃      )__〃 ̄ ̄ミメ、ノ__.」ヽ__}}
           /`ー{{_〃 ̄ ̄`Y ̄\/_/_/_/_/〃 ̄ ̄厂互   自分達も!と決心して
       ,J((   「 ノ,,.. -‐=‐ミメ、  ̄》 ̄ ̄/〈___く互互
       :' ( \ (:,レ´「l 「l 「l ri }ト、 /' ー―〈   ̄i|⌒>'    ダークエルフに頼んで、ドワーフの住む都市に
      Y :.,火ノ) } ;} |:| |:| |:| || }}ノノく/J{`ー==彡く, ,';
      )从  ( ,;{ノ .:},斗===ミ火彡' ;j .;} |:| |:| |:| }} ,; .     連れて行って貰いそこで作って貰う事になる」
       災, .: ::.)ノ人{      },;八  _〉:},斗===ミ彳' ,
      Y.;:  人: :..,, く| 「:l 「:l 「:l 爪.: し ) .| r..i r..i r.i{ 乂
      } , ; ;''  , ; ; ,} |::| |::| 火爻 .;'ノ兆 :| |八:;,:| | 从〃
      ,, ; ;; ,;; ;; ;,, ;ノ,,:|人, ;;) : .:.,.,, ; ,仆{,; ; .. ,;,,;火:,; ,, ヾ(
      ⌒彡, ; ;;, ;(; ;,ノ , ; '' ,',, ; ;;; ; 八: ノ: } , ;; :| : :. :.ヘ :し
        ノ災乂'' , ;; ; ;; 狄,ノk_,, '' , ;) '' , ;; ;;人 , ; .,;; :必


686 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:14:32 ID:cy5Pus8Y

ファンタジーRPGだと思ってたらロボットACTだった
な、何を言っているのか(ry


687 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:15:06 ID:br5Colb2

居住地改造と兵器改造って面白そうだなぁ


692 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:16:57 ID:uNCiUoAE

                         「巨人には【パーツ】が存在して

     _                   【駆動部】【動力炉】【武器】【居住区】等が有る
,r.=、 /´ ,r=―、' ̄,勹ス._
l ! .ゝヨ l l l´品lヽニ┴、j 、 l,          他にも補助的なパーツも有る
.ヽ.ソ,イファヶrーキi ̄\\\ヽ
  //ヽ`'ヽ、 ヽ 臼   \ ヽ北、       【駆動部】は移動する為の足で、これには
 ヽヽl丶  i  l Eヨ、    ノ´r ニ、ヽ
  `ナ\ ノ__ノ__Fキミミヽl´ i´。 ロL|      【速度】と【積載量】が設定されている
  /  ̄フ´ _)、ヾjjjj、三ゝ.`ー、旦l,j
 ( >(´   丶ナ弋、‐山) `ー┬'´       【速度】が速いと速く行動でき、【積載量】が多いと
  ヽ、 \    ̄`ヽ、ヽ._´ ̄ ̄
    `ヽ、`ヽ、  r‐イ`)-入          沢山のパーツを積むことができる」
   _ -〃ヽr┴、  ̄ `´ー-、二‐、__
   `ーゝ∠_ `ー--、    ` ̄´
           ̄`ー‐'


701 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:22:09 ID:mK7bbWIw

フロントミッションみたいだ


702 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:22:23 ID:fQytbNeM

凝りすぎだろw


706 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:23:54 ID:uNCiUoAE

               / ̄`ーv‐ - 、       /!
               __  |  ┌     >-- 、_,/ l    ノi      「【動力炉】は文字通りのエネルギー源で
            / /-‐弋 rァ ヾ ‐<    ./ ト、//
             | ヽ   ヽ-`、_/ ` 、`ヽ、_ノ   ソ /__       これが無いと載せたパーツが稼働しなくなる
          i ̄j  \   `ー- ニ ー 、__ゝ レヘ ┘ /  ヽ,ィ
         > ノ    Y ̄|┐  \  ,、〈立 i勾┐!  rァ`ー-、   沢山パーツを載せても動力炉の【出力】が少ないと
            j /    ノ  .ヒ′   ヽヽヽ ノi 'リi ノ/ r-,´   ノ
          ,r' ´   , -'  ,人' .n    `ーこ`└` 'ノ `′ r'フ     稼働してくれないので役立たずになる
      、ー-=三r 、 | n  |  ヽ`   _,   `ー‐ '  _,/ /
      )`Y\ ヽ `i / ! j\  \ ´\ n n 「l ∠    ト、     ただし、【出力】の多い物はどうしても重い」
      ヽ | j \ヽ.,j | ノ  \  `ー- ゝミ__ニ_,不 ,ト、_ノ |
       `フj   j Y j /    `ヽ、_____, --┤|      /
       //  || '  ,リ        ,〃´     キ )    ノ
      ノ/  ,j |   |ヽ ,   、  /_/      l-' ___  |
____//  ,j 「ヽ- ' ノ‐l   >-キ ヽ      ノ.‐'´  \フ
ヽ ヽ、_/   / /     l  `ー‐' ,-| ノ-、  / : `i  {
 ヽ`i    _ノ,/     .\ ---‐'´ 「 /   `ー L_,イ_,ノ  ノ `i
  | |   / ,/        \_, - タ′   ___,-'´ `‐てノノ
  | j / ,/        /j_Lヽ|、   ノ ̄>、_    ´
 ノ ' ´ ,/         ノ'   ヽ_| `ーL _ノ  ノ
./   /          /ー' ̄`ーx'コ     ̄ ̄
j  /           ヒー―'ニソ′
レ'′              ̄ ̄




   , -- 、          ,rァ
  F-' ̄ ̄ヽ-、__     i' l
  /  _r――、_ヽ`ー、  ,、ヾ 、_    ,ノ|
  |_/     `ヒ'i ヽ_/彡^ヽノァ-‐'´ノ
  l   r-' T ┬ l^ヽ-' lヽ'`句 フ´ ̄
  l  トミ‐'´ ノ   j`‐ト、 Lヽ ,r┼!ミー 、       「【武器】は大砲から武器アーム、魔力砲等が有る
   ヽこ'  ̄ _/__人フ'ミ'ヽ_ノ / ヽ ト、
      `ー〈__r‐ '´ ◇   _j´ /\| i.       これが無いと戦えないので注意
       ├ -- -歹Tー‐-Yフl ヽ-ク ノ
       _,ゝ   ヽ ヽ    ノァ)-エ_ノ┐      「大砲」は出力を【消費】する分は少ないが
    ,ィク  爪- _ }イ T -彡/     j
   /./ ノ ,/.∧`┐ \_'^<リ] ム  _,イ       「兵器庫」のパーツを載せ、砲弾を載せないと攻撃できない
   l l ノ ,/ / \\.   ̄,彳 | `ー'、,j
   Y´/ /   コ、 L_,.彡[  T 、   ヽ       砲弾も載せた分を使い切れば弾切れになる
    l´  /  __ノ _,j┴ イ l ├、ヽ、  |
    フー'-/_j__//   l  l ヽ--ニ -ノ       「武器アーム」は砲弾を使わないが【消費】が激しく
   /    / / `!ヽ    l  l  >--ヲ
  l    人ノ  l  ヽ_ -'´  ヽ ヽ./ヽ j        近接しないと使えないのでダメージを受けやすい
  ス /  フ  .ノ  /.   __`! }勹 Tヽ.
.  l [ミー-イ__/ ,勹   / / ノ l レ'┐|       「魔力砲」は弾丸も要らず、遠距離攻撃できるが
  ト、 ] 〕 /rヨ / 「ーK__,/‐| /ノ  //
  l ヽ_リノ┤ ./  / /  フ/ '´  .ノ'´        【消費】が激しく【重量】も非常に重い上に
  ヽ   ̄ /  l  / /  ,ノ/
   ヽ  ノ  /   ノ ノ-イ ノ               運用には【魔術師】が必要になる」
     ̄   ,ス./ ∠ニミ<
        (__ `クー┴,回\
          ̄L____|


713 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:26:45 ID:uNCiUoAE

  iニ二二二二二二二二二二二二二二i.   |
  |;:;.. : i;::,. : ;!..:. : i;::;.:.::.|:;; . .:i::;; :.;:|;; .:;:::!::; i!    |
  |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;; ||    |    「【居住区】には住民が住む
  |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;: |!    |
  |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;: |!    ¦     どんなに素晴らしい要塞でも運用できる者が居ないと
  |;:._,.:_|;:._,.:_|;:._,.:_|;:._,:;_|;:,_,;:_|;:._.,:_|;:._,:;_|;:._,!
                                  i'゙||     単なるでくの坊に過ぎない
   _/_                         |..||
  ({;::[串]::;}).   r ― -―‐‐―--―-ぅ―┴||     住民にはそれぞれに持っている能力が有り
 |i ̄| ̄| ̄|_||||]| ,ノ. '′,ノ ,' ノ'   シ′,ノ .(,.   ||
 ||___|_:,|__,,|_||||]|(_,..、_,.:-‐、:;ン、_,._,.ス,_,.j:_,),,__,,||     特殊な能力を持っていないと運用できないパーツも有る」
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

721 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:30:34 ID:uNCiUoAE
                                /
                         /  / ○ /
                      /    // / // /
                   / / /  ○ //,,// /      「他のパーツには色々な効果が有る物が多い
                  / {! / {// rく{ / {/=ミ //
               /{_{_く=〉レ⌒ヽ{ /」」」」{ /!      例えば【鍛冶場】を作ると、砲弾を作り買わなくとも
            ___/={¨¨¨¨¨ミメ、}:ト├―=ミ、}
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   `ー┐::o:::。:.))! /{     自動で補充してくれたり
            /  n n n┌─r====}}:::::::::::::{{」{ {
          {r───=ミ」`ヽ|ノ ̄し⌒Y:||--=ミ{== Y´}    【加工場】を作ると、敵からドロップするアイテムが増え
         〃¨互互互「}互}}      ノ ||--=ミ.>─┤=ミ、
         {{  {互====ミ}      (___||`Y´く   :|  }}   【市場】を作ると敵を倒した際に、お金を入手でき
           八 {〃      )__〃 ̄ ̄ミメ、ノ__.」ヽ__}}
           /`ー{{_〃 ̄ ̄`Y ̄\/_/_/_/_/〃 ̄ ̄厂互   【教会】を作ると乗組員をタダで補充できる」
       ,J((   「 ノ,,.. -‐=‐ミメ、  ̄》 ̄ ̄/〈___く互互
       :' ( \ (:,レ´「l 「l 「l ri }ト、 /' ー―〈   ̄i|⌒>'
      Y :.,火ノ) } ;} |:| |:| |:| || }}ノノく/J{`ー==彡く, ,';
      )从  ( ,;{ノ .:},斗===ミ火彡' ;j .;} |:| |:| |:| }} ,; .
       災, .: ::.)ノ人{      },;八  _〉:},斗===ミ彳' ,
      Y.;:  人: :..,, く| 「:l 「:l 「:l 爪.: し ) .| r..i r..i r.i{ 乂
      } , ; ;''  , ; ; ,} |::| |::| 火爻 .;'ノ兆 :| |八:;,:| | 从〃
      ,, ; ;; ,;; ;; ;,, ;ノ,,:|人, ;;) : .:.,.,, ; ,仆{,; ; .. ,;,,;火:,; ,, ヾ(
      ⌒彡, ; ;;, ;(; ;,ノ , ; '' ,',, ; ;;; ; 八: ノ: } , ;; :| : :. :.ヘ :し
        ノ災乂'' , ;; ; ;; 狄,ノk_,, '' , ;) '' , ;; ;;人 , ; .,;; :必


723 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:31:54 ID:.RE/1NgU

教会wwww


727 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:34:44 ID:jFiKO.MQ

え?教会って何やって乗組員用意してんの?w
宗教で人を集めるって意味だよね?
決してホムンクルス作成とかそんな意味じゃないよね?w


731 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:35:26 ID:uNCiUoAE

>>727 結婚して子供ができて・・・・・・と、言う事だな


     li,                          |:i;i;.,, ,
    l:i;i;i;.,, ,                       'l'i':i:i:i:l:l llll iii i:::∧:::::!! !! !!ll ll:l: l:l:l:!:,
     'l'i':i:i:i:l:l :lll llll iii i::::∧:::!! !!l ll:l: l:l:l:!:,              /:;;ヘ       ':!l:l:|
              /:;;ヘ      ':!l:l:|             <__>       '!l
                <__>              /⌒ヽ -‐< ::;;>‐-..,
           _,..-‐'< ::;;>‐-..,,    ./^l  /^/:::/ニヽト二テ--ヘ二ニイ
             トニ二 テ--ヘ二ニイ   .|   |   | ,イ:_/\_l    ̄ ̄    |     「また、【学校】で乗組員に
           ,|    ̄ ̄ ̄ ̄  |    l,.-‐ '',-<:\::\_ノl\ ‐-...,,,__,,,..-'ヽ
         / `''‐-U ...,,,__,,,..-‐'ヽ . /(::-( :::;;;ヽ_::>::::>、l::,.-'‐‐-..,  __,,,...-ゝ    能力を付加できたり
.          l       ,‐-..,,__,,,...-‐ゝ:l   ヽ, `r‐-'く_:イ::/      ヽ|`ー-‐''´|
        |      l`l`''‐‐--‐''´ |_|_∧ \ヽ:::::\ /     ,,..-‐‐-\|    l    【病院】を作ると乗組員が
.          |      |::|       |  〈 |\/`'''‐--l`''‐-..,,__∧\_,-‐-.,i   l
           ト 、    |::l       l┬-ヽl l`'''‐-..,,_l,-、___ l_∨   `i  /     戦闘などで負傷した際に
         l  `''‐U-ヽl       / `l,_| l     ||:::::ヘ  ̄{  {    l/
         `i        \    /  /ヽ>i、     ||:::::::ヘ  ∨ ∧..,,__,,.イ        復帰が速くなる
          ヽ,      `''''7´ /  ,イ   `''、.,  ||::::::::::ヘ   `'‐--‐',.'
           ヽ,      / /  r‐'  \    ̄ `'‐‐--`‐--‐',''´          【点検室】を作ると
             \,,_,/   /_〈    「:l  ̄:|      __,,,..-‐'´
                     / __ \.._ノノ   ノ‐-7'7''´ノ >‐-、             状態異常からの回復が早くなる」
                  / /,ニ-‐-ニ.,l‐''---イ__,l l-ヘ´ ./   >=‐--、
                    l // ,へ.ヘへ.ヘ  |     l l   ∨    /二ニニ、ヽl
                      | l l〈:::::::∨:::l∨   |   l l   ヽ   ト--'ヘ  ∨
                  ヽ ヽ∨〉ヽ∨〉   |    l l     \ {ヽニ二∧
                   ``ー'`´`ー'    .|    l l      ``ー‐--‐'
                            |    l l
                            |    l l
                             ヽ   l l
                             \_l_l

736 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:38:04 ID:uNCiUoAE


   , -- 、          ,rァ
  F-' ̄ ̄ヽ-、__     i' l
  /  _r――、_ヽ`ー、  ,、ヾ 、_    ,ノ|
  |_/     `ヒ'i ヽ_/彡^ヽノァ-‐'´ノ
  l   r-' T ┬ l^ヽ-' lヽ'`句 フ´ ̄
  l  トミ‐'´ ノ   j`‐ト、 Lヽ ,r┼!ミー 、
   ヽこ'  ̄ _/__人フ'ミ'ヽ_ノ / ヽ ト、     「また、最初は陸路のみだが
      `ー〈__r‐ '´ ◇   _j´ /\| i.
       ├ -- -歹Tー‐-Yフl ヽ-ク ノ      リザードマンに接触して造船技術を学ぶことで
       _,ゝ   ヽ ヽ    ノァ)-エ_ノ┐
    ,ィク  爪- _ }イ T -彡/     j      海を移動する足を入手できたり
   /./ ノ ,/.∧`┐ \_'^<リ] ム  _,イ
   l l ノ ,/ / \\.   ̄,彳 | `ー'、,j       バードマンと接触すると飛行までできる様になったりする」
   Y´/ /   コ、 L_,.彡[  T 、   ヽ
    l´  /  __ノ _,j┴ イ l ├、ヽ、  |
    フー'-/_j__//   l  l ヽ--ニ -ノ
   /    / / `!ヽ    l  l  >--ヲ
  l    人ノ  l  ヽ_ -'´  ヽ ヽ./ヽ j
  ス /  フ  .ノ  /.   __`! }勹 Tヽ.
.  l [ミー-イ__/ ,勹   / / ノ l レ'┐|
  ト、 ] 〕 /rヨ / 「ーK__,/‐| /ノ  //
  l ヽ_リノ┤ ./  / /  フ/ '´  .ノ'´
  ヽ   ̄ /  l  / /  ,ノ/
   ヽ  ノ  /   ノ ノ-イ ノ
     ̄   ,ス./ ∠ニミ<
        (__ `クー┴,回\
          ̄L____|

742 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:42:57 ID:uNCiUoAE
     _
,r.=、 /´ ,r=―、' ̄,勹ス._
l ! .ゝヨ l l l´品lヽニ┴、j 、 l,        「システムとしては敵を倒す
.ヽ.ソ,イファヶrーキi ̄\\\ヽ
  //ヽ`'ヽ、 ヽ 臼   \ ヽ北、      ドロップしたアイテムをドワーフの工場に持ち込む
 ヽヽl丶  i  l Eヨ、    ノ´r ニ、ヽ
  `ナ\ ノ__ノ__Fキミミヽl´ i´。 ロL|     それを元に加工して貰って更に巨人を強化
  /  ̄フ´ _)、ヾjjjj、三ゝ.`ー、旦l,j
 ( >(´   丶ナ弋、‐山) `ー┬'´      また敵を倒して~となる」
  ヽ、 \    ̄`ヽ、ヽ._´ ̄ ̄
    `ヽ、`ヽ、  r‐イ`)-入
   _ -〃ヽr┴、  ̄ `´ー-、二‐、__
   `ーゝ∠_ `ー--、    ` ̄´
           ̄`ー‐'


744 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:45:13 ID:mpR3jy5k

携帯機向けのゲームだと思うな


746 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:47:22 ID:uNCiUoAE

  _∩
 / 〉〉〉
 {  ⊂〉     ____
  |   |    /⌒  ⌒ \
  |   |  /(●)  (● ) \     「ストーリーは村を焼かれたノーム達が、巨人を作って貰い
  |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \
  ヽ   |     |,┬‐ |       |    散り散りになってしまった村の仲間を全員揃え、その中で他の
   \.\   `ー ´     /
     \       __ ヽ    逃げてきたノームなんかも仲間にしつつ、村を奪回する」
      ヽ      (____/



         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \      「が、村は焼かれて、魔物の手で汚されてしまい
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |     また、魔物の襲来もそれで終わりでなく
      \           /
        /         \     何度も襲撃される事が予測されていた
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /     そこで、プレイヤーは魔物を根本から倒す方法を探すか
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |     新たな新天地を求めるかを選ぶ事になる」
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ


747 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:50:46 ID:wowRXraU

マルチEDなのか
他の種族をヒャッハーして絶滅させて土地を奪うとかも出来るんかな?


748 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:51:03 ID:gt6Dcuqs

他の国々とも同盟とか戦争とかできるかな


749 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:52:23 ID:uNCiUoAE

    / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \     「魔物を倒すルートに向かうと、神話では魔物を操っていたと言われる
 /  (●)  (●)  \
 |    (__人__)    |    デモンと接触する事になる、そこで
 \    ` ⌒´    /
 /            |     デモンは決して邪悪な存在では無い事を知り
(_ )   ・    ・  ||
  l⌒ヽ        _ノ |     魔物の問題を根本から糾すには、魔物の本当の出生を知る事が必要になり
  |  r ` (;;;U;;)   )__)
 (_ノ  ̄  / /       リザードマンと接触し、遙か古代の文明の有るア=ノザ大陸に渡る事になる」
        ( _)




               ____
             /      \     「新天地ルートでは、他種族と接触して平和な土地を探そうとするが
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   結局どこも戦乱の渦中に有り、どこにも平和な場所は無い事を知る
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/    そんな時、リザードマンなる者が居る事を知って、彼らと接触すると
          /     ー‐    \
                          別大陸ア=ノザが有る事を知って、そちらに向かう」


750 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:54:20 ID:wowRXraU

結局ア=ノザには行くことになるのかw


751 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:54:46 ID:sWyH6ecY

どちらのルートでも目的地は同じなんだな


752 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:57:31 ID:uNCiUoAE

         ____
       /⌒  ⌒\       「魔物撃退ルートでは、バードマンの神話を調べに
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \     過去の人間の古代遺跡を調査に向かう、そこで
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /     古代の人間は現在より遙かに優れた文明の力を持っていたが
      >         <
     ( |        / )       それを悪用し、暴走の果てに魔物を作ってしまった事
      `|       /'
         |   r  /          結局、その後魔物を別大陸に投棄していた事を知る」
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......



     ____
   /      \
  /  ─    ─\         「しかし、ここで根本的解決策が無い事を知り
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |        また、王国は惰弱である
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃
(  \ / _ノ    \/ _ノ     魔物を撃退するだけの能力が無い事を知って
.\ “  /  . \ “  /
  \ /      /\/       ここでさらに「デモン共闘ルート」「王国支援ルート」
    \       \
     \    \  \       二つへと分岐する」
       >     >   >
       /    /  /


754 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 02:58:51 ID:RuZwc36U

どちらも滅ぼすNルートは無いんですか


755 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:00:27 ID:uNCiUoAE

                             ,.-、
                 ____        ( ノ゙\
                /      \    i′ ヽ_ )    「デモン共闘ルートでは
              / ―   ―  \   .〉  ,.く
             / (●) (●)   \/   ハ ヽ     魔物の積極的排除と撃退を望むデモン評議会と共に
              |   (__人__)      |   /  ヾ
             \    ヽノ      / /  ! i    王国と敵対して彼らの自治権を奪い
                   \_          <、   〃ノ
              /       ,.-、   _, -` く '"      デモンと共に魔物と戦う事になるED」
                 /   |       (`   ̄     〉
                !  <|       ヽ、__,.― --―'
             \_ ヽ''^ヽ      |
                `ヽ、_ン′       |



          ____
        / ⌒  ⌒\
      / (● ) (●)、
     /::::::::⌒ (__人__)⌒\        「王国支援ルートでは、他のドワーフ、エルフ、ダークエルフを説得し
     |      |r┬-|   |
     \       `ー'´  / (ヽ       王国の指揮下の元、大々的な魔物の撃滅作戦を展開
      >        <  ( i)))
     γ´          ,ヽ/ /       彼らと共に魔物を戦う事になるED」
     / /、:::..  、      _./
   / ノ .):::..       |
  l∪ノ /   ,      /
  UJ' i   |     |
      ヽ_,ヽ__,  |
        ヽ..:::\   ヽ
        ノ::: ノ  ,ノ
       (___(_.._ヽ
               .


761 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:04:31 ID:FaOwOD8o

なんだろう、どことなくエウシュリー臭がw


762 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:04:40 ID:wowRXraU

全種族と協力する綺麗なルートはないんですか?


764 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:05:18 ID:uNCiUoAE

         ____
       /      \      「新天地ルートでは、ア=ノザ大陸にも魔物が居る事を知り
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    ただ平和な場所は無い事を知る
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    ここで「ア=ノザ大陸」ルートと「更なる新天地ルート」
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |     この二つに分岐する」
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



     ____
   /      \        「ア=ノザ大陸ルートでは大陸の古代遺跡を巡り
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \      魔物の活動周期をせめて伸ばす方法を探る事になり
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <      最終的には不可能である事が分かり”ノームの巨人”製造技術を
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /       こちらに根付かせる為にバードマンとリザードマンを結託する事になる
  \ ___\_/
                    「ア=ノザ大陸定住ED」


767 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:08:13 ID:uNCiUoAE

    / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \     「更なる新天地ルートでは、古代遺跡の遺産を入手して
 /  (●)  (●)  \
 |    (__人__)    |    技術大国であるデモンにその技術を持ち込み
 \    ` ⌒´    /
 /            |     巨人に外洋探査能力を付加させるために
(_ )   ・    ・  ||
  l⌒ヽ        _ノ |     デモンとバードマンを説得、最終的に
  |  r ` (;;;U;;)   )__)
 (_ノ  ̄  / /       デモンの住む大陸から更に西を目指す「新天地ED」」
        ( _)


770 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:10:44 ID:xeiygZww

一瞬
「デモン共闘ルート」制覇勝利
「王国支援ルート」外交勝利
「ア=ノザ大陸ルート」文化勝利
「更なる新天地ルート」宇宙開発勝利
が浮かんだ


771 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:11:28 ID:gfgZGXQg
>>770
シベ4の宇宙MODか


773 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:14:12 ID:uNCiUoAE

         ____
        /― ― \      「そして、もう一つのルートが
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \    魔物討伐ルートから更に分岐する
      |    ` ⌒´      |
      \           /     デモンの科学者をリザードマンに接触させ
        /         \
       |   ・    ・     )    ア=ノザ大陸へと移動させて
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |     古代遺跡を調べさせると分かる
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |      古の時代、暴走した魔物を討伐する為に作られた
     (___ノ-'-('___)_ノ
                       巨大ロボットを作る為に奔走する”本物の巨人”ED」




    / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
 /  (●)  (●)  \
 |    (__人__)    |   この五つです
 \    ` ⌒´    /
 /            |
(_ )   ・    ・  ||
  l⌒ヽ        _ノ |
  |  r ` (;;;U;;)   )__)
 (_ノ  ̄  / /
        ( _)


774 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:15:07 ID:YT5ru2pk

救いっぽいのは一応あるのか


775 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:15:24 ID:60GghEJQ

結局魔物は根絶できないままか


777 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:16:21 ID:wowRXraU

“本物の巨人”
なんとも浪漫溢れるワードが出てきたな
魔物が根絶されたら次は他種族同士の絶滅戦争ですね


781 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:20:25 ID:60GghEJQ
>>777
共産主義はまやかしだ
共産主義者は処刑する。


782 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:21:22 ID:kzE2nAUg
>>781
おとなしくでっちゃんと共にFalloutの世界にお帰りください


785 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:35:53 ID:uNCiUoAE

                                /
                         /  / ○ /
                      /    // / // /
                   / / /  ○ //,,// /
                  / {! / {// rく{ / {/=ミ //
               /{_{_く=〉レ⌒ヽ{ /」」」」{ /!
            ___/={¨¨¨¨¨ミメ、}:ト├―=ミ、}
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   `ー┐::o:::。:.))! /{   こんな時間に電話かけてくんなよ・・・
            /  n n n┌─r====}}:::::::::::::{{」{ {
          {r───=ミ」`ヽ|ノ ̄し⌒Y:||--=ミ{== Y´}
         〃¨互互互「}互}}      ノ ||--=ミ.>─┤=ミ、
         {{  {互====ミ}      (___||`Y´く   :|  }}
           八 {〃      )__〃 ̄ ̄ミメ、ノ__.」ヽ__}}
           /`ー{{_〃 ̄ ̄`Y ̄\/_/_/_/_/〃 ̄ ̄厂互
       ,J((   「 ノ,,.. -‐=‐ミメ、  ̄》 ̄ ̄/〈___く互互
       :' ( \ (:,レ´「l 「l 「l ri }ト、 /' ー―〈   ̄i|⌒>'
      Y :.,火ノ) } ;} |:| |:| |:| || }}ノノく/J{`ー==彡く, ,';
      )从  ( ,;{ノ .:},斗===ミ火彡' ;j .;} |:| |:| |:| }} ,; .
       災, .: ::.)ノ人{      },;八  _〉:},斗===ミ彳' ,
      Y.;:  人: :..,, く| 「:l 「:l 「:l 爪.: し ) .| r..i r..i r.i{ 乂
      } , ; ;''  , ; ; ,} |::| |::| 火爻 .;'ノ兆 :| |八:;,:| | 从〃
      ,, ; ;; ,;; ;; ;,, ;ノ,,:|人, ;;) : .:.,.,, ; ,仆{,; ; .. ,;,,;火:,; ,, ヾ(
      ⌒彡, ; ;;, ;(; ;,ノ , ; '' ,',, ; ;;; ; 八: ノ: } , ;; :| : :. :.ヘ :し
        ノ災乂'' , ;; ; ;; 狄,ノk_,, '' , ;) '' , ;; ;;人 , ; .,;; :必


786 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:36:12 ID:toGnHy66

こんな時間にか・・・w


787 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:37:46 ID:kzE2nAUg

この時間はないわーw


789 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:38:09 ID:.RE/1NgU

地球の裏側からなら、まぁ許さないでもないw
忘れないがw


794 :無触蹌踉童帝 ◆HyQRiOn/vs[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:41:15 ID:uNCiUoAE

次スレ
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1322937635/

まぁ大体ぶちまけ終わったので寝る、お前等もネロ


795 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:41:56 ID:wowRXraU

ネロちゃまprprする夢が見れるよう祈って寝る!


798 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:44:14 ID:UZJIxKts

童帝おやすみー
普通に面白そうなゲームだな。やってみたい。


799 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 03:44:16 ID:fNiAVmNg


このゲームやってみたいが積みゲー化する可能性も高そうだ


802 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 04:19:14 ID:/KRZGfTk

乙でヤンス

ノームの巨人、面白そうだな…こういう妄想を形にしたのが世間に流布する同人ゲーなのだろうな~


824 :AAを作っても良いよという方は管理スレまで[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 05:49:20 ID:60GghEJQ

童貞のノームの巨人は魔物問題解決してないけど、綺麗に全部締めちゃうと話が終わってまうんからかな~。
グレンラガンみたく。





まとめ一覧へ




 
関連記事
[ 2011/12/12 22:26 ] 童帝 ◆HyQRiOn/vs備忘録『泡沫』 | TB(-) | CM(1)

面白いな
TRPGなら実現できるかもしれない
[ 2014/07/26 02:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。