合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

スポンサーサイト


タグ:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    前の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 小ネタ6』  
    次の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 第41話 「阿川佐和子のこの人に会いたい」』  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 埋めネタ2 「フィクションとノンフィクション」


タグ:
952 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/12/27(火) 20:58:01 ID:ymUf1tYs

埋めネタ投下します。


953 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/12/27(火) 20:58:17 ID:ymUf1tYs

【フィクションとノンフィクション】

⌒     ノ  )ノ
( ⌒ ヽ・ ノ ノ  ’
    ノノ;’・ ’
  ノ´ ’ //
/ ヽ / /
  /| /        __________
/  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ ○_____  ヽ/   0 /    o
   |       __________  ヽ/.ノ 、 、/    。      /|,  ゚
   |     __________   ヽ/  ● ●) l  ゜        。/|/ |    。
  /  ゜  __________  ヽ/   (人__) |o       。 /|/   | o
/    _____。___  ヽ/   0 ヽ    ノ   。   /|/   。゜ |         o
   __________  ヽ/   0   /   .ヽ      /|/ o    /|   ゚/ 〃
 __________  ヽ/ /|   /(|   | |  。/|/    / | 。' 〃  。
________  ヽ/  |0 |  /  ゝl  し'   /|/    / 。 |/ 〃~~~~~~~
____  ヽ/  ゜  |  | / o   `(_ノ /|/o:   /     。 〃~ ~~~~。
  ヽ/    0  |  /     。     /|/   |:  /  ゜   〃~~~~~~~
ヽ / ゜  0  。 |/        /|/    |/:  ○  〃~~~~   。
/   0    /           /|/  ゚   。|:  o  〃~ 。   ゜      o
    0   。 /        /|/ 。     /|:    〃~~~~~~~ ~~
 0    /         /|/     / |  〃~ ~~~  o
  o   / ゜        |/   o  /。 ゜ |:〃~ ~。~~~~~~~~~
   / 。       |,o' |:      /    〃~  ゜~~~~~   。~~
  /       /|/  |: ゜  /    〃~~~~~o           ~~
/ ○     /|/。  /|:  / ゚   〃~   ~~~~~~o~ ~~
      。 /|/。 /   |/   〃~o~~~ 。  ゚       。      ゜
 ゚    /|/  / ゜   |:゜   〃~    ゜  ~~~~~~~~~~~~~
   /|/  /      |: 〃゜~~~~ ~~~ ~~o~~。~
  /|/  / ゚     〃~  ~~~。~~  ~~~~~~~~~~~~~
/|/|: /   o  〃~    o     ~゜~~。~~~○~     。
 ゚       。          ゜         o               ゚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 北杜夫の「どくとるマンボウ航海記」は、
 船医として水産庁調査船に乗り込んだときの経験に基づいた「旅行記」であり、
 ノンフィクション作品と言える。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
    前の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 小ネタ6』  
    次の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 第41話 「阿川佐和子のこの人に会いたい」』  

954 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/12/27(火) 20:58:35 ID:ymUf1tYs

                       ,.ヘ、___ __
                    ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                  /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
                 〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ
                 ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉
                // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ
               /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ
                |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
                \l,! ヘ|Z彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
                 ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |             「楡家」だと龍子だな。
                   |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
                   | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
                   | ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
              /}       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
     ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
    /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
   /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
  | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
  ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
   l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
   |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::
   /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::
  /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::

                       【斎藤輝子】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一方、「楡家の人びと」は、
 実際の斎藤家を元にした作品であるが、これは小説であり、フィクションの作品である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


955 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/12/27(火) 20:58:52 ID:ymUf1tYs

          | |  | |  | |\\  (二二二二二二二二)
          | |  | |  | | i\\
 ─┐     | |  | |  | | | | \\  (二二二二)
 ―┘──┘、| |  | |  | | | |  '\\
 `゙゚'''─x、、,,,, ;| |~~''| |-、,_| | | |   ||           //
  ""'''''ヘi 』:|-(只,, (只  | |,,,,| |   ||  __、=''⌒''=、___i/
     .| 』.|   ~'l.l 』-、,(只,,,(只--(只 ;;;;;;;;|,__,|;;;;;;;;;;;| /i|
     .| 』.|     |.l 』  l 』 |: l:| l ┌―┐|l~~~l |;┌┐| li:::i|
     .| 』.|     |.l 』  l 』 |: l:| l ::|   l :|i   i |;;;|丶│ li:::i|
     .| 』.|   __,,|.l 』,',',',l 』,','|: l:| :nn『『 ̄ ;:|l__l |;└┘|[:li:::i|
  ._,,,,,,,、| 』.|',','、、-|.l 』゛ .l 』 |: l:| ll;,,,, ̄|;;;;;;;|    |;;;;;;;;;; |[:li:::i|
  ''゙,,,、--| 』.|     |.l 』  l llソiァ━r、   l|;;;;;;;|    |;;;;;;;;;; | li:::i|
 ''"   | 』.|     ハ ハ,r''',r":;:;|ァ━r、i . .||;;;;;;;| |ll l| |;;;;;;;;;; | li:::i|
     .| 』.|  ∧(ー゚*)''";:;:;:;:;:;lァ____r∥ ̄ ̄- -、 ̄ ̄\l:_i|
     .| 』.| .,r(゚ー゚*)c);:;:;:;/ : : : : l l   ● ●) ヽ   \iY⌒||
     .,,、| 』.i, r゙|  U );:;:;:/ : : : : : /'/   (人__) ノ     iY⌒||
  ,,r' ' ,,,/:;:;;:;: :|  |~"------、/゙/    /      ヽ      i;::;:;:;::;:\
.,r" ,,,/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:< .                (|     し'     ||ヽ;::;:;:;:;:;\
 r'゙":;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/: : : : : : : : : :/./     .し    J     :i| :ヽ;;:;:;:;;:;;:\
;:;:;:;:;:;;:;;:;;:;:;:;:;:;;:;/ : : : : : : : : : : / /                 ヽヽ : ヽ;;:;;:;::;:;:\
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:/: : : : : :: : : : : : :/ ./ ハ ハ                ヽ  ヽ;:;:;:;:;:;\
;:;:;:;:;:;;:;:;;:;;/: : : : : : : : : : : : :/ ./  (*゚ー゚)                 ヽ  ヽ;:;:;:;:;:;\
;:;:;:;:;:;:;:/: : : : : : : : : : : : : :/ ../  ~(._,,)                   ヽ  ヽ;:;:;:;:;:;\
 ;:;;:/: : : : : : : : : : : : : : :/ /                          ヽ  ヽ;:;:;:;:;:;\
   : : : : : : : : : : : : : : :/, ,,/                            ヽ  ヽ;:;:;:;:;:;\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇俊三の「時刻表二万キロ」は、
 国鉄全線完乗を目指すという一風変わった旅行記であり、
 これもまた、ノンフィクションであるといえる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


956 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/12/27(火) 20:59:06 ID:ymUf1tYs

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \       宮脇君の「時刻表昭和史」は、
    |     ___'___      |       あれは教養小説ですよ。
     \    `ー'´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ        本当はぼくがああいうの書きたかったのに……
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |        先を超されました。
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

      【奥野健男】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、宮脇が同様に「ノンフィクション」のつもりで書いたであろう「時刻表昭和史」……
 奥野健男はこの作品のことを、「教養小説」として書評を書いている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


957 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/12/27(火) 20:59:19 ID:ymUf1tYs

     _____________
   /|:: ┌──────┐ ::|   
  /.  |:: |            | ::|   
  |.... |:: |            | ::|   
  |.... |:: |            | ::|   
  |.... |:: └──────┘ ::|   
  \_|    ┌────┐   .|     ∧∧
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .∬  (  _)   ……
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄(_,   )
            /             \  `
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|、_) 
             ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
              ̄           ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ここで、スレ作者として、また一人の読者として、一つの疑問にぶち当たる。
 ノンフィクションと、フィクションの違いは何なのか。

 より具体的に言うならば、自伝的・社会的小説とノンフィクションの差である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


958 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/12/27(火) 20:59:35 ID:ymUf1tYs

          / ̄ ̄ ̄\
       /─    ─  \
      / (●)  (●)  ヽ
       |:::⌒(_人__)⌒::  |`ヽ        今日は清水港線に乗りにいくお!
   ,ィTl'ヽ\  `ー´    /`ヽー;、
    kヒヒど, ((        (({⌒Yィ 、 ソ
      `´ ̄ヽ      ハヽ/`^ー′
           ヽ   ` /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /    キュムキュム
      〈、    /
       \、__ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ウィキペディアによると、ノンフィクション (Non-fiction) とは、
 「史実や記録に基づいた文章や映像などの創作作品」となされている。

 もっとも、フィクションにnonという否定の接頭辞がついているので、
 「フィクションの逆」と考えるのが分かりやすいのかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


959 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/12/27(火) 20:59:48 ID:ymUf1tYs


          / ̄ ̄\
        /  _ノ   \
     |  ( ●)( ●)
        |      (__人__)
       |     `⌒ ´l            澁澤さんの訳した「悪徳の栄え」は最高だろ。
      |         }
      ヽ        }
       ゝ     丿
  ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 では、フィクションの意味であるが、ウィキペディアによると、
 「架空の物事」となっている。

 要は架空の舞台・人物・出来事を設定し、そこから物語を組み立てたもの、となる。

 架空の出来事を散文で書く小説が代表といえよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


960 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/12/27(火) 21:00:11 ID:ymUf1tYs


                             ___ r -ーー-、r - 、
                           /__i /   /   \
                      _ , ‐ ' "´   /  ̄´ト.、__  i
                 , - ー< , - 、 ,.ヘ       .! .丶\  |
              ,r- ´     /   X  |   ., ヘ, .i    ヽ ̄ ̄`)
          ___/           /    .| /  f-┴ .、   ヾ.、 h
         /             //  ∧ |/., i   !   .├ー 、丶\i
        /      /       ./  /ゞi  /彡|  i    !   !  .`、\
        .i  /  ./        / ./ ``ゞ ´ ´゙ |  !     `、ト、 .i  )
         V   /  /   // .ハ ./       ノ  .,        \ レ´
        / ,   i .i ヽ、  ,从 .i ゝリ、     L/ /|  ./      、>
        | ./    リ.|  入 ./  り   `゙ i   ∠ -,´ /__∧       ̄,ゝ
        リ|     ト、| ソ ‐ ----‐´. !    .ミ メ- 、  |  i  i    !
          `ヽ、人|i .|リ ミ≡≡=="    ´`ー- ,,_ `メ_ノ   !    )
           /{ .Y.| i i.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:  /   `-==≧≧ー |ノ,イ    /|    宗吉……
           .i .| / .| ヾ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:  /         ̄テ≡ ノ   / ト、!
           | Y  |ヽ |.;.;.;.;.;.;.;:   ,           ・ フ   /|/.| .|    いくらフィクションと言ってもな、
          .| .|  | ソ.;.;.;.;.;:    ゙ ´'          ケ‐┬、`) .| |
          ./ .|  ||.;.;.;.;.;.;.;:                彡//| .i ./  |.!     物事には限度ってのがあるんだよ……
         ノ  .|  | |.;.;.;.;.;.;::  _ 、_           ノ/"  .|/|  .|
        /   |  .! `、.;.;.;.;.;.;,,/:::::)`ヽ、        /|   |  |   |
      .// i .|     ヽ.;.;.;/\/ ̄ ̄ヽ      /  |   |  |   .|
     / /  |  |      .X:::::::/ ``        /|i  .|    | .|   |
   /  /  |  |     ./:::::X          /  |  .| i  |  i   i
  /   ./   |  K  ./:::::/ | \    ,   ´    |  | |  .|  .i   |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのように考えると、「楡家の人びと」がフィクション、というのはよくわかる。
 「楡家の人びと」は、あくまでも「楡家」という架空の家の物語であって、
 実在しないものの物語だからだ。

 たとえ斎藤家がモデルであったとしても。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


961 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/12/27(火) 21:00:26 ID:ymUf1tYs


        , '  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       /             \
     /              ヽ
.    /  '´ ̄`   " ̄`     ヽ
    |   ( ⌒)    ( ⌒)        |
    i  ´""     ""゛       j
    ゝ       '           /
.     \   ' 二  ̄    __, "
       `  _ _   ,  ' ´  /::\
        /:/ /:::::入     ./::::::::::|""\
      /:/ /:::::::::::∧  /::::::::::::|::::::::::::" - 、
    //:::::|V∧::::::/  \/::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
   /:::/:::::::|  /:=:::i    /::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
  /:::::::::|::::::::| /::/::::|  /:::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 では、どうして奥野は「時刻表昭和史」を小説と考えたか。

 そのことについて、奥野は特にこれが理由だとかそういうことは書いていない。

 これはあくまでもスレ主の推測だが、
 奥野は、この作品における宮脇本人の心理描写などをもって、小説とみなし、
 時刻表などのデータは、リアリティを持たせるためのもの、と考えていたようである。

 確かに玉音放送の時の、山形県今泉駅の描写は圧巻である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


962 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/12/27(火) 21:00:43 ID:ymUf1tYs


     _____________
   /|:: ┌──────┐ ::|   
  /.  |:: |            | ::|   
  |.... |:: |            | ::|   
  |.... |:: |            | ::|   
  |.... |:: └──────┘ ::|   
  \_|    ┌────┐   .|     ∧∧
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .∬  (  _)   実はあまり大差ないのか?
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄(_,   )
            /             \  `
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|、_) 
             ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
              ̄           ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そう考えると、こと個人の経験したことをモチーフにした小説と、
 それをそのまま文章化したノンフィクション作品では、大差ないことなのかもしれない。
 舞台を架空にするか現実にするかの違いに過ぎないのかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


963 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/12/27(火) 21:01:08 ID:ymUf1tYs


    ,,;⊂⊃;,、
    (*・∀・)
    と  #)つ
    丶Jノ
iiwjwjv从wjiwiiwjwjv从Mww
                  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、例えば旅行記とかに多少の虚構が混ざっていても、
 実のところ面白ければ問題ないのかもしれない。

 極端な話妹尾河童がインドに行かずに「河童が覗いたインド」を書いたとしても、
 別に誰も困るわけではないし、
 宮脇俊三が国鉄全線乗車をせずに「時刻表二万キロ」を書いても、
 別に誰に迷惑がかかるわけでもない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


964 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/12/27(火) 21:01:30 ID:ymUf1tYs


                          _r 、_      /ヽf ,_ _ ヾ,,
                       , - ',,ノ!  \`ー 、    >_.∨;;r=;;、 |!
                      /_,メ、  \   _  \  i_ j (ヾ;(;;ソfー!!
                    //´、  ヽ   X´    ゙、  メY. ヾ-;メソ
                   _j/ ■■■■■■\   l  `iヽ.イノ
                  ィ-!  u  ■■■■■'  `ーi !     '` '
                   >ー、    r ─ 、 iii  ー、,∠, __,__ . __
                  /f ,._j! ヽ. |   /   メ`ゝ、r ノ j_/)' `i )
                   メ r ー' 、!_ / ( メ,> =゙‐`'´  ̄//)-、`ノ
                   ,_;;=/   ´ ̄ ̄ ̄´      //)   )
               ,, -''´   、  r ,r── 、._.      //)ヽ_ ノ
       _ _,.. -─ ''´        ` ''_イ_/ー、ヽ.  \..  //)-、//
  , -‐ ''´                  ''メij   ヽ \.  ソ'ノ)   )
  (  ̄ ̄./`''ー 、_,             / ! !    \,,>'、/)ー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 大体、実話系の話に虚構が混じって問題だというのなら、
 ↑この人のエッセイとかはかなりまずいことになるはずだ。
 実話よりもホラ話のほうが多いと、自他共に認めているのだから。

 でも、別に問題ないと思ってる人のほうが圧倒的に多いだろう。
 むしろそのホラを楽しんで読む人のほうが多いはずだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


965 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/12/27(火) 21:01:45 ID:ymUf1tYs

     _____________
   /|:: ┌──────┐ ::|   
  /.  |:: |            | ::|   
  |.... |:: |            | ::|   
  |.... |:: |            | ::|   
  |.... |:: └──────┘ ::|   
  \_|    ┌────┐   .|     ∧∧
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .∬  (  _)   まあ、面白ければ、いいんじゃね?
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄(_,   )
            /             \  `
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|、_) 
             ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
              ̄           ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 要は他人に迷惑を掛けず、かつ面白ければ、どうでもいい話なのかもしれない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


966 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/12/27(火) 21:03:43 ID:ymUf1tYs

以上でございます。ご清聴ありがとうございました。





小ネタ6へ進む




第41話へ戻る




まとめ一覧へ




 
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。