合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

スポンサーサイト


タグ:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    前の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 第44話 「ミヤワキチュンゾー、デテコーイ!」』  
    次の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 嘘予告5』  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 第43話 「中公労使紛争」


タグ:
461 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:15:16 ID:KD7lrXVs0

こっそりと本編投下します。

それでは、久々に……

現代文学のちょっとした裏話。



462 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:15:35 ID:KD7lrXVs0

【中公労使紛争】

          _Y_
         r'。∧。y.
         ゝ∨ノ       >>1が糞スレ             ,,,ィf...,,,__
          )~~(             立てている間に   _,,.∠/゙`'''t-nヾ ̄"'''=ー-.....,,,
         ,i   i,                        ,z'"    ̄ ̄ /n゙゙''''ー--...
         ,i>   <i     文明はどんどん発達し    r”^ヽ      く:::::|::|:::〔〕〔〕
         i>   <i.     ていく・・・・・・。      入_,..ノ ℃      ̄U ̄_二ニ=
`=.,,ー- ...,,,__  |,r'''"7ヽ、|  __,,,... -ー,,.='             >ーz-,,,...--,‐,‐;;:'''""~
  ~''':x.,,  ~"|{ G ゝG }|"~  ,,z:''"                     ___
      ~"'=| ゝ、.3 _ノ |=''"~      <ー<>         /  l ̄ ̄\
        .|))    ((|        / ̄ ゙̄i;:、      「 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄ ̄\
             ))|       r'´ ̄「中] ̄`ヾv、   `-◎──────◎一'
        ↑            ├―┤=├―┤ |li:,
   これは違うけどねw    |「 ̄ |i ̄i|「.//||「ln|:;
     (1970年)       ||//__|L_」||__.||l」u|:;
                   |ニ⊃|  |⊂ニ| || ,|/
                   |_. └ー┘ ._| ||/
                   ヘ 「 ̄ ̄ ̄| /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1960年代……

 それは日本社会にとって、大きな発展へと向かう時代であるとともに、
 非常にきな臭い時代でもあった……

 ということは以前書いたと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    前の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 第44話 「ミヤワキチュンゾー、デテコーイ!」』  
    次の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 嘘予告5』  

463 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:15:48 ID:KD7lrXVs0

     _   , -─- 、
   / ニ `′二_`ヽ.\
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
 / / , l f'``"" | ト  l l |
 ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |
. | /l''==a= , =a==''|r、!
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ            それでは、確かに、
.  ド||. ,__ヽ__、 l'イ|            「憂国」の原稿を受け取りました。
  l l.ト、   __   イ l |
-‐'''l ! l.\     /:| ! |`:ー-
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::

     【井出孫六】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 浅沼稲次郎社会党委員長暗殺事件から数日後のある日……

 当時、中央公論社社員、のち直木賞受賞作家となる井出孫六は、南馬込にいた。
 三島由紀夫から、「憂国」の原稿を受け取るためにである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


464 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:16:02 ID:KD7lrXVs0

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ            ああ、頼むよ。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ             ……ところで、深沢七郎さんの新作、
       `|      ^'='^     ム'′            あれ、君のところで扱うんだってね?
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

        【三島由紀夫】


                 __
            xー´ ̄:::::::::::::::\
          /:::::::::ハヘ:::::::::::ヽ:::\
          }::::::::::/イ  ヽ:::::::::::\::::ヽ
          V}::::/ーx  >ヘ}ハト、:::::::::'.
           ハ{≠ex  xe≠ .ト、::::::}
             '.`¨ア `゙¨´  ,ノ::::::|              そうですが……
              '.ム-  _,   /}:::::Lj
                ハ ̄こ  / ,ル}::::>-            どうかなさいました?
            , <へ  ./  ,イ::::::::::::::
          ./:::::::::::::::::`爪   / |::::::::::::::
      __/__,-x::::::::::::::::{  X´   }::::::::::::::
   Y´ ̄    {州ノ::::::::::::::::|.,イ ゙ト、 /:::::::::::::::
   .|        {州::::::::::::::::::::| .}示{ ./:::::::::::::::::
  /!        {州::::::::::::::::::::| ,ハ/ハ/:::::::::::::::::::
  /:|.        {州::::::::::::::::::::|ハ///::::::::::::::::::::/:
  |::|.       {州::::::::::::::::::::|///:::::::::::::::::::::/:::
  |::!       ⊂二二⌒ヽ: |//:::::::::::::::::::::/::::::
  | |       と二二  .}::|/:::::::::::::::::::::/::::::::


465 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:16:19 ID:KD7lrXVs0

        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'
    .l;; ∴/ィ,ニ'';;;;;;;;,y.  .uェ;;ijニニニ以
     ]/'.l.|  '゙.l,,ノ゛    ." l ノ" .l、.!             深沢さんの今度の新作……「風流夢譚」だったかな?
     ,!゙ .川  `゙゙゙'ー    .!‘'' ̄´  .l l
     ヽ ゝ            |     !.|l゙             あれはなかなか扱いが難しいと思うけど、
     .'Lヽ         ,     l゙/             僕のこの作品と並べてのせれば、
      l'ァ.l       `..'"    .|’              毒が相殺されるはずだよ。
      .リ ヽ    .ー===-   /
      /'゙i  .ヽ    .......   .,┤               このことを、編集長に伝えておいてもらいたい。
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_
 .″/   |  .i .l      !  !  .゛ |   ヽ.`‐   ̄'''ー ..、
  .l゙   !  ..,|___.l     ′ l゛ _...l   ヽ  .― ,,,,  `''-、.
  ./   .|,,,    ゙゙̄^" ...,,, .,r'" ̄  .,,〕    ヽ     `''ー..,、
 /    l          : !         !    . l        ゛
,/     !          !         l     .ヽ
      |          l       .l     ..l
.フ'''ー 、,  .,!          l       !   .,/゛
    .゙> .|                     ! .<,,_
  . /   |             !       ..l   .`''ー............,,,、
-.     .l          ゛           }     ./    l
,,..ミi、    !                     l゙   .,イ----- l
   .゙ュ.   ..!        /  、         |   ./       !

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 深沢七郎は「楢山節考」などで有名な人物である。
 一方でギタリストでもあり、プレスリーやビートルズ、はたまたジミ・ヘンドリックスまで聞いていたという。

 三島は深沢の書いた「楢山節考」を激賞していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


466 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:16:34 ID:KD7lrXVs0

         / ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
      ,.-''⌒´              \
   /         ⌒`          ヽ
  /       i"'"! !`、         |
  '/     イ| |   | i i、      \  |
  |ィ′ / /ノ j lノ  ヽ\ヾト、、    丶 ヽ
  l'|.イ ,イ' ``丶、  ×´\\\     i
   |へ.| ===。=、  = 。==== ヽ \、  |
      |.` ー‐ '/   ー― '" |ト、   |           ・・・・・・わかりました。
       |   /            ||,) |ヽ. |
       |.く__ - 丶      |!'ノ i||          編集長にお伝えいたします。
       ハ ー――‐一    /! i |_  |
       ゙イ,`、 ===     / ,||||  ~"'''‐-
    ,. -‐'''"~ヽ.     /  ノノノ/|
          \__/    /  |
           | \    /    |
               |   ヽ/     |
             l  /\      |
            l/|  /\  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 深沢の「風流夢譚」という作品を読んだことがある人は、ほとんどいないと思う。

 というのは、この作品は「都内で起こった革命のようなもの」によって、
 天皇、皇后をはじめ、皇族たちが首を斬られるという描写があり、
 この描写があることにより後にいろいろなことが起きてしまい、
 深沢自身が復刊を拒んだためである。

 それに対して、後年のことを考えると分かるように、
 三島は保守的、というよりも極右に近い政治志向を有していた。

 その人物がわざわざ、自分の作品と並べて掲載するように進言する理由……
 これは文学性の故なのか、それとも別の考えからか……

 三島のこの発言を、井出がどのように思ったのかは分からない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


467 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:16:47 ID:KD7lrXVs0

       __________                   __________
    r´ ´\                \               r´ ´\                \
    (    \    中央公論     \             (    \   小説中央公論   \
     \     \              \            \     \              \
      \     \                 \             \     \                 \
        \     \                 \             \     \                 \
          \    \                 \            \    \                 \
          \    \_________\             \    \_________\
                \   r´=========r´              \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ                 ヽゝ==========ゝ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井出が三島のこの発言を編集長に言ったかどうかは分からない。
 というのは、結局深沢の「風流夢譚」は中央公論に、三島の「憂国」は小説中央公論に、
 別々に掲載されてしまったからである。
 これが井出の伝え忘れなどによるものか、それとも当時の編集長の意図か……
 今となっては分からないだろう。

 ともあれ、三島の考えと異なり、別の雑誌で二つの小説が掲載されることになった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


468 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:17:01 ID:KD7lrXVs0

     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /
         ホアーーッ  ,-‐-、  /   /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、     ホ、ホォォォーッ!!
  i ,-、_{二二●ニl'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノニ●ニjノノ`i, /    ●i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結果「風流夢譚」は問題作となってしまった。
 宮内庁は「皇族に対する名誉毀損・人権侵害」とクレームをつけ、
 右翼団体が激しい抗議運動を展開するに至ってしまった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


469 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:17:14 ID:KD7lrXVs0

  ブス…  ∫ ;′ ∫  ,;′
   ブス…',. -――-゙、  ;'  ジジジ…
    ;  /      へ `>、'; ∫
   _;'___{.  ,>-/、/=;´イヽ;'_             お詫び申し上げます……
  /三三j='rー、\_>、)_℡, >;;〉三'`、ジジ…
 /三三└'゙ー:;‐;;‐;;'`ー;;ヾ'`"´三'三;`、
 囮ヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱ囮
 囮災炎災炎炙災炒炎災灸災炭囮
 ◎┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴◎

  【嶋中鵬二(中央公論社社長)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 中央公論社側は、編集局長が宮内庁に謝罪に出向いたり、
 また中央公論の編集長を更迭するなど、沈静化に努めてはいた。

 しかし、右翼の抗議活動は収まることを知らなかった。

 そして……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


470 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:17:48 ID:KD7lrXVs0

              _,,          !゙.,,.,i";;;;;;;;;,./  .iУ                             ,i'/ .,..r'";;;;;
   .i}′        / ;;,! .,      /;゙;;;;;;;;; /   .l″            ,ν         / /_..-'";;;;;;;;;;;;;;
   `           i";;;,/ /      /;;;;;;;;;;;;/                   il l′         _..-";;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.
           l /  ."、    / ;;;;;;;;;;/               _    ,,i!!″     .,..r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,r‐ー'″
          /./    l「    .../ ;;;;;;;;; /              ,,il″   .´     .,,./ ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;_ン'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./ ;;;;;;;;;./    .,.     _ /″           _/;;;;;;;;;;;;;;;;;,./ ´        _ン'
    ,lゾ  .〃   .,〃 ./  ,i";;;;;;;;./     ./     ,r'./     .,    ._/;;;;;;;;;;;;;;,,,./ ゛       . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir / ;;;;;;; /    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  _/丶;;;;;;,ン'″    ,, ;;二二r‐''''、;;;;;;;.
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ / ;;;;;;;;;;;;l  .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'";;;;;;;;;;;,/゛  _,,,,,__ ,ir!'"       `'''″
  .il″ / ;;;;;/ ,ノ゙''゙,i彡'゙i/'";;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐''"./     ,-/'" ,.. ;;/!"._./ ";;;;;;;;;;;.,./ _..-、., />'"゛
. ,i|′ ,/;;;;;;;;l゙./ ;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'|  ,.il!ン''/...-彡 '',゙..-'";;;;;;;;;,..;;二―'",,/'!'"
// ./;;;;;;;;;iレ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / .,. |/‐ンン'∠゙‐'゙´;;;;;;;;;;;;,i;;iU゙‐'''^゙゙''″         _..i
/r'";;;;;;;;;;; 〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'";;゙´,iテ '´;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'“;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   __..;;メ`-ー'"゛            _,,.. -ー'''''゙゙''゙ ̄,゙/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i 彡‐''゙,゙.. /               ,..-''゙´;;,,..、;;;;;;;;;;;___,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,./ '´             _..- ._,,./ ;;;;_,,./   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,./ ″   ._,,,,_,,,..;;ニニ!゙彡''彡-‐'"゛        ‐‐‐'"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;./ ._,, ー'''゙゙´;;;_.. ;;ニ`- ゙゙゙̄‐'"゛
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.. `-'''''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iiijj⊇....--‐',゙,゙,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,..r‐ '" ̄゛ . _..yrー''“''''"    . _,,.. -;;ニニコニ;;r‐
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_..-‐'' 二ニ  ―ニニ`-'”'"゛     .,_iiir=`-''''"´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1961年1月31日。

 中央公論社嶋中鵬二社長宅を右翼の少年が襲撃、
 家政婦を殺害し、夫人に重傷を負わせる事件が起きた。
 俗に言う「嶋中事件」である。

 右翼かぶれの若者の「凶行」「愚挙」であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


471 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:18:03 ID:KD7lrXVs0

    ___,,,,... 、 -‐ァ´/'''7
   f r―-- ...,,,,__/./  /
.  | | |j~    //"'\/         
  | |    ヾソ /ミ三彡ゝ,
  | | |j~ /,.<\     //\       
  | `‐-//_ゝ"    i!/__ヽ.   /   おっ、おわびを……
.  | r‐.//<´ ̄`ヾ u. /´ ̄フ } ./ /
.  | レ´,.イ | ヾヽ 。 /   `i.゚=彡,.レ´ /     おわびをしなければ!
,、-'´,、.'_`| |  ゞ三(  |j u ト.ァ''´,、-'´
 ,、i.| f. `| | /二ノ } u ,、-'´,、-'-、|       おわび、おわび……
'´ | l に.|.| r‐t-,.、/,、-'´,、-'´u. ) u\    
.  /| ゝァ|.| |二ン-'´,、,=;'_,=,=,´,-,‐n i      急いで新聞に、社告を出すんだ!
  |::::|. / `!,!-'´,、-,'〒〒〒〒〒〒.ヲ }__  
/::::::| !,-'´,、-'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  {::::
::::::、-'´,、-´|  u     三三三 u.  !:::   
-'´,、-.リ   '、__       u  /:::::
-'´:::::::|\ u      ̄ ̄"''‐-、._/|::::::::::
::::::::::::::|  \               /|::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが被害者である嶋中は奇妙な行動に出る。

 社告に「暴力に屈しない」としながら、なぜかお詫び文を掲載しているのである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


472 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:18:17 ID:KD7lrXVs0

     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /
         ホアーーッ  ,-‐-、  /   /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、     ホ、ホォォォーッ!!
  i ,-、_{二二●ニl'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノニ●ニjノノ`i, /    ●i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 事実上右翼反動にの暴力に屈した、ということなのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


473 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:18:32 ID:KD7lrXVs0

      _______,,,,,、 ---―‐'''''!!!"/ /.〃〃/
      fミヽ ヾ ヾ ヾ   !!!  !!!  !!! !/ ./ 〃〃/
     |   i''"""""'''''''‐‐-、!!__!!!___!!!/ .∠,,,,_〃〃/
.     | 三 !   | ,~          、/ /   .\"/
     |   !  U  ヾ.\   `'-/./-、,___、-'´ \
.    | 彡 !       \\'//'-、,____、-'´ .ノ'ッ
    |   !    | ,~ |j.  //`''-、.,___、-'´ /./.\
.    | 彡 !.   U     //\\         /./   \
    |  !、.      // ___.\ 》       i!./___.ヽ,
    |  彡`''‐- 、,,//,、-´ ̄ ̄ヾ   u    〃´ ̄ ̄/ }    /  おっ、降ろすんだ・・・・・・!
.    |彡   彡 // ヽ        ヾ.      /     /  !   / /
    | .r''""'',、-´/!   \        〉       ヽ.o   //u|  / /
    | |. ,、-´,、イ  i    ヾミヽ、 o  /   |.| u   |三彡/ ,!-'´./     左の連中を降ろして、保守の論客をっ・・・・・・!!
   ,、-´ ,、-´ ヽ|三|   u \ゞ三三(   .|j    |--‐´,、-'´,、-'´
,、-´,、ィi´ |/⌒ヽ|  |    __ ` ‐--‐´}   u u .|ヽ,-'´,、ニ'_|
,、-´. | ヽ,ヽ,  .|ミ|. /  __`   ノ  !     .,、-'´,、-'`‐-、 !        は、早く・・・・・・!!
  . /|彡.i i ⌒ | |. / ̄  ̄`´  / |j  ,、-'´,、-'´ \    'i
  /:::|   | 'i  |ミ|  __   U /  ,、-'´,、-'´  u  ヽ U ヽ,
  i::::::::|彡 | ゝ-''| | { .|  | ̄.T''‐i,、-'´,、-'´       ノ   ,、-、ヽ,     今すぐにだっ・・・・・・!!
. |:::::::::|   ゝ-ァ'´V  !_|  |  |、-'´,、-'=ニニ=、__,,=ニニ´i-‐T´ | _D .!
/:::::::::::| /〃/  {  i'__ ̄`,''-'´,、-、'__|___|_|_|_|_|_|_,,、!-‐''"_} |
:::::::::::::::::|.〃 i.   | {,,、-`´,、-'二!二!ニコニコニコニコニコ二!二!二!__.ノ {
::::::::::::::::::|/ |.   ,,、!''´,、-'´                           }‐-
:::::::::::::::::::|〃|.,、-'´,、-i´                                 |:::::
::::::::::::::::::,.!-'´,、-'´ ';';'i     U      ≡≡≡≡≡           |‐-
:::::::::,、-'´,、-!´    ';';';|              ≡≡≡     U       !:::::::
,、-'´,、-'´::|/     ';';';ゝ_____            u       /:::::::::
,、-'´::::::::::::|\  U ';';';';';';';';';';';';';';';';';';""'''''‐‐-- 、          /|::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::|. \   ';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';`'' ‐- 、, __/ /|:::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このときから、中央公論の方針が極端に右傾化していく。
 革新系の論客が使われなくなり、替わって保守系の論客が登場するようになった。

 これらは嶋中の指示によるものと伝えられている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


474 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:18:47 ID:KD7lrXVs0

         _,,,ィー=ニ=ュ,,,,、,         
       ,.-彡三三三彡三三ミンィ.     
     /彡彡三三三彡三ミ;i彡ミ、    
     /彡彡彡三ミ 彡彡三ミシミミミト   
   .〈彡彡彡⌒ーァ/ _,ィ彡⌒ヾミiリ    
     V彡く  ー=― ''"     {ミl    
     V彡}  /´⌒ー---       V__    
    r-V´  ,.r-===='  ヾ=⌒  |k }  
    {ノハ     <二9シ i゙/ニ9`  .|ノノ            おやおや……
    ヽ. ハ         ',     |/    
      \!       ,.- ヽ    l              これはちょっときな臭くなってきたぞ……
   _/二L___     ヽ____ノ    ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ --、__.    ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)  ^    ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_   /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|

          【鶴見俊輔】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 元来、中央公論社は戦前から革新系の論客を多用する傾向があった。
 特に非共産系の左派を好んで使う傾向があり、鶴見俊輔なども多くの仕事をもらっていた。

 ところが、その仕事が徐々に減っていった。

 革新系の論客たちは、中央公論社のこの動きを訝しく感じていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


475 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:19:04 ID:KD7lrXVs0

          _____
       ,  ´ :::::::::::::::::::::丶
.     , '´,:::::::::,.ィ::::,ィ:::ハ:::!:::::ヽ
    /;;;::::::::,::〃×./ノソ.i:!:::;:::::i
    ,';;;;::::::::i://てさヽ,  ィさ:i::::!
    ,';;;;;::::::::l' l ヒi;!リ   イリ i::!::i
.  ,';;;;;;:::::::::! ゝ ゞ'′  む/i:'::::!
  i;;;;;;;:::::::::|    ,. _ 丶  l!:::l          うちら使わなきゃ、
.  i;;;;;;;;:::::::::ト,、  〔   ヽ   丿::j           右翼に対して負けを宣言してるようなもんやないか!
  ,';;;;;;;;;::::::::i'  丶、ー',. ィン、:::::i
. l;;;;;i;:::::::::::! \   ,ベ:/  ヽ/
  !i∠_!::::::::l  ヽーゝノ      ',
. 〃‐、 ゞ;:::::!   ヽ, i      /
. !   丶 ヾー-┐ ∨    /

        【久野収】

                                                 __,,..-‐‐‐-、_
                                                ,ィ´ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ヽ
                                               l i'´ ゞ、:.:.:.:.:.:.:.:.::::`,
                                               ヽn____v'´'i::::::::::::l
                                                ノリ    リノ::::::::ゥ´
       だからといって、嶋中社長の心情を考えると……               `l__   rゝ:::::ソ
       こうならざるを得ない部分もある。                     .  l   /: : :l
                                                 ゝ=ニニ--‐‐ュ
                                                _,,-d三二彡".::::`'‐、
                                              ,r'´/ l,.ィ'´:.:.:.:.:    ヽ
                                            / ,r´  l:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                            ゝ ト、,  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l
                                             `'ィ'´`'-‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::l
                                             l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l

                                                 【丸山真男】


          ,.-''" ̄ ̄" ̄`ヽ,
       /゙ ノ --    --ヾヽ
      /   /  ●    ● | i
      `ヽ,,_(  ´ ( _▼_ )` ノノ    ・・・・・・
      ,.-''' 、/    ,,川 |   ''-.,
     ( ,i''゙(   __/ )|川( \ ゙'' i,)
     .| ゙-..;;_''  ''''',, '',,,._ ,,,..-'゙.|
      l,     ̄ ̄ ̄ ̄     .|
       'l,             ,/
       \          /
         ゙l'-、..,,,,,,,,,,,,..,、-'l゙

          【都留重人】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この当時、中央公論社は「思想の科学」という雑誌を出版していた。
 編集委員として鶴見俊輔、丸山真男、都留重人、久野収らを擁していたこの雑誌は、
 左派系の論壇誌として、確固たる地位を築いていた。

 その編集委員たちは、どうやら中央公論社の動向について、議論を重ねたようである。
 もっとも、この時点では、現状を維持する方向に至ったようだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


476 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:19:24 ID:KD7lrXVs0

    ___,,,,... 、 -‐ァ´/'''7
   f r―-- ...,,,,__/./  /
.  | | |j~    //"'\/         
  | |    ヾソ /ミ三彡ゝ,
  | | |j~ /,.<\     //\       
  | `‐-//_ゝ"    i!/__ヽ.   /   「思想の科学」で天皇制特集だと?!?!
.  | r‐.//<´ ̄`ヾ u. /´ ̄フ } ./ /
.  | レ´,.イ | ヾヽ 。 /   `i.゚=彡,.レ´ /
,、-'´,、.'_`| |  ゞ三(  |j u ト.ァ''´,、-'´
 ,、i.| f. `| | /二ノ } u ,、-'´,、-'-、|       いかん! いかん!
'´ | l に.|.| r‐t-,.、/,、-'´,、-'´u. ) u\    
.  /| ゝァ|.| |二ン-'´,、,=;'_,=,=,´,-,‐n i      すぐに印刷を中止させろ!!!!!!
  |::::|. / `!,!-'´,、-,'〒〒〒〒〒〒.ヲ }__  
/::::::| !,-'´,、-'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  {::::
::::::、-'´,、-´|  u     三三三 u.  !:::   
-'´,、-.リ   '、__       u  /:::::
-'´:::::::|\ u      ̄ ̄"''‐-、._/|::::::::::
::::::::::::::|  \               /|::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが「思想の科学」メンバーが看過できない事件が起きてしまう。

 「思想の科学」の印刷が、嶋中の指示によりストップされたのだ。

 その号は天皇制を特集するものであったのだが、
 その内容が右翼を刺激すると嶋中は考えたようであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


477 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:19:43 ID:KD7lrXVs0

              ,,,...〟r-ーーーーー-〟.. ,
          ,〟r'''~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`丶、
       ,, r''~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`丶,
     ,,r ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶,
.   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;;/.ヽ;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;/ i;;;;;;;;;/.  ヽ;;;;;i ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ.
 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ/;;;;;/  i;;;;;;;/   ヽ;;;;i ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ.
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /;;;;;へ、  i;;;;;/     ヽ;;i  ヽ;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ,,,..r.こニニヘ、;/      ヽi  ,,,>;;;ナ;;;;;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /;~/;;;;;;;;;;;ヽ.`\〃   .レ,r'こヘ、,ヽ;i.ヽ;;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i /  / ;;;;;;;;;;; i       ~''./ ;;;;;;;;;.\i. ヽ;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i .|   i  ;;;;;;;;;; .i.        i .;;;;;;;; .i ヽ ヽ;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  !   ! ;;;;   .i        i ;;;;;;;; i  |  i;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i     .ゝ....... ノ         ! ''''' /  |  .i;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i                   ゝ... .ノ  .'  .i;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.                /          .i;;;;;;;;;;;;i       嶋中のヤロウ、やってくれるやないけ!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.        -ー‐ ..               i;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.     /      ~ ''ー-- 〟,        .i;;;;;;;;;;;i       こーなったら全面闘争や!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i     /             :::::i       .i;;;;;;;;;;;i       中公への執筆は全面拒否や!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、   /              ::::!      ./;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::ヽ.  .i               ::/     ./;;;;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;! :::::ヽ、丶,,               /   ,. イ~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;!  ::::::::\, ~ '''.ー-- ...,,,       ,, イ~;/∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;!   :::::::::::`丶、..,,______,,.....〟 ー'' //~./:::::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
..;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;!     :::::::::::::::::/   /    // /::::::::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
...;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;!       :::::::/.   レ'    // /::::::::::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
 .;;;;;;;;;;;;; ;;;;;!        / |   .レ   .// /::::::::::::::::::i;;;;';;;;;;;;;;;;/
.ヽ,.;;;;;;;;;;  ;;;;!.       / .|      .// /:::::::::::::::::::!;;; ;;;;;;;;;;/
 ヽ\;;;;  ;;!       i  ∥     .// /::::::::::::::::::::!; ::;;;;;;/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この行動に「思想の科学」メンバーのうち、強硬派はいきり立った。

 中央公論社の出版物への執筆拒否、版権の引き上げなど、全面的に闘争することを主張した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


478 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:20:00 ID:KD7lrXVs0

       ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
      /:::::∪:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    ∠:::::::::::f::f:::::::::::::∪`l::l::::::::::丶
    ../::::::::::::|::|ノ___メ:::メ、_|::|::::::ハl
    人λ::::(|::|( ー) (ーノレ´
.      |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ|::|         鶴見先生すまない。
      .|:::::::|::|、   ̄ノく:|::|
     、ノ:::::::|::|.ヘ ./ )ヽ::|::|         オレら事務方や、中公労組も頑張ったんだけど……
      (  \m/__ノi ) , )
       \.彡ノ /i::|'., ヽ/ /
       !、乂_/:::::|::|.::\ソリ

                                                        z‐====‐-
                                                      彡=-‐ミミヽ:::::::::::::
                                                       / /⌒ヽ::::::::::::::
                                                       , ミ:.、`ヽ   ヽ::::::::::
                                                      ノ 、\   /.::::::::::::
                                                     _   ´ く::ハ ヽ  ヽ:::::::::::::::
             ・ ・ ・ ・ ・ ・                         (  、    `       }::::::::::::::
                                               _ヽ ソ        〈::::::::::::::::
                                            ::ニニ7' }L             ゙゙二ヽ::::
            (やりたくはないが……執筆拒否か。)          / x仁..`           )  }:::
                                            _≠-‐┴‐っ             、_  イ::::
                                            / -‐‐、て¨´       _ノ    _」:::::
                                          /  -‐ヘ. \≧=-、:::::     -‐ . :'^ヽ
                            .              l   ノ  `T   _」ニ=‐   . . : ´: /: : :
                                       |    }  / /;:|    /: : : :/: : : /
                                     _  /      /´/:;:;:;:;|   /: : : :/: : : /: : :
                                    /V/`〈   _ ,ノ/>ゝ;:;:;:;l /: : : : :/ : : : :/: : : : :
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 鶴見もあまり乗り気ではなかったが、最終的に執筆拒否に賛同したようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


479 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:20:20 ID:KD7lrXVs0

     /        ヽ
     〈         l、
      ヽ,        ,r'
        l!j       ソ
      l ヽ、__ ン                ・ ・ ・ ・ ・ ・
       l_i, -‐'==ヽ
       ィ'_,,. -‐'''  ̄ \
    ,ゞ'''<         ヽ
  /     ヽ         ヽ
  l        l          l
  |        l        l
  |          l        l
  l        l        l

                                                   , _
                                                __≧::::\ ト、ト、
                                               ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
                                             ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                            , ' :::::::l:::l´:::::::::::::::::::`l`l:::::::::::\
       丸山先生は信用できねえ!                    ヽル:::::|:::|乂ヽノ/ヽ;;|::|:::::::::ト、|
                                              ヽ:|:::●) (● ).|::|)::::::リ
       この言論の危機、自分のことなのに、             r‐ぅ__     | :|i  r‐ュ   .|::|::::::|
       非協力的で……                       (⌒ 厂   .ト|:::|:ゝ.   ,イ.|::|::::::ヽイ
                                        ` ´     〉ヘ|::::丁レ∧ノ リヽ:::::ヾ
                                               rヘ,、ノ./7:「⌒Y   |::::::::}
                                               ヽ ' ヽ{ l::ト, ´.ヽ/ .|:::::::}
                                                ヽィ彡ヘl::lヽ,ィ彡  |::::::}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 丸山も乗り気でなかったが、とりあえず賛同したようだ。

 ただし、この闘争の前面に出てくることはなかった。
 このことから、中公労組や「思想の科学」関係者の不評を買うことになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


480 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:20:38 ID:KD7lrXVs0

     ____
   /      \
  /         \
/           \        こいつはまずいお……
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/        これじゃあ右翼に屈していることに他ならないお。
(  \ / _ノ |  |         どうにかしないと……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

   【宮脇俊三】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、その頃宮脇俊三は、中央公論社の出版部にいた。
 「世界の歴史」を組んだり、北杜夫と酒を飲んだり酒を飲んだり酒を飲んだりしていた頃である。

 翌年から中公新書の刊行を考えていた彼にとって、
 知識人が執筆陣からいなくなるのは、かなり大きな問題であった。
 新たに発行する新書の執筆をボイコットされてしまう恐れがあるからだ。

 もちろん、出版に生きる人間として、
 言論が暴力に屈することに耐えられなかったこともあるのだろう。
 そういう意味では保守的とはいえ、出版人の一人であったといえる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


481 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:20:58 ID:KD7lrXVs0

           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l       一応動いてみたけど……やはり社長の意思は固いお。
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /        でも、どうにかして和解させないと……
         /  `''ー─‐─''"´\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇はこの時点でヒット作を次々と作る名編集者であった。
 また若くして第二出版部の部長となった人物でもあった。
 要は社長の覚えめでたき人物であったのだ。

 その宮脇をもってしても、嶋中の意思を変えることはできなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


482 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:21:18 ID:KD7lrXVs0

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \         ……というわけで、鶴見さんや久野さんに連絡とって欲しいんだお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/         社長のほうはやる夫が説得するから。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


                                                 , _
                                              __≧::::\ ト、ト、
                                             ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
                                           ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                          , ' ::::::l::l´:::::::::::::::::::`l`l:::::::::::\
                                          ヽル::::|::|:ナヽノ 弋:::|::|:::::::::ト、|
                                            レ:|:(●) (● )|::|)::::::リ
             ……なんとかやってみます。                  | |i  _  ,,.|::|::::::|
                                                |::|:ゝ.     |::|::::::|
                                                |::|::::::ノ  /  |::|:::::::しi

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 状況が動いたのは、宮脇が「中央公論」の編集長になったときである。

 「中央公論」という雑誌をより良いものにするために「思想の科学」系論客の意見も必要と考えた宮脇は、
 以前「思想の科学」を担当していた人物に交渉の窓口となってもらい、
 「思想の科学」の論客の面々と嶋中を和解させようと行動を起こした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


483 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:21:38 ID:KD7lrXVs0

|   ',     /:::::::::::::::/ .r"  ヽ'´  /   .l:::::/lヽ        \
|   ゙、   ,.':::::::::::::::::;r'  ゙、,  ,ノ゙、、       !::/ .l::::ヽ       ヽ
|.    ヽ,_r'::::::::::::::::; '      ゙'"     --,=.l:/‐‐l::;'!:::',         ゙、
|    ,r'::::::::::::::::/    ,、-‐、,.      i゙   '゙';  リj::::::}         ',       おいこら、嶋中!
|   ,r':::::::::::::::;r'   , ‐'゙: : : : : ゙:ヽ.、    '、,,,_,ノ  '/::::/        i
|  ,、';/::::::::::::/゙、  ,r'゙: : : : : : : : : : : ::゙ヽ、     /::::/          l      お前男なら、すぱーっと謝罪せんかい!
| /'゙/::::::::::/l〃゙、/: : : : : : : : : : : : : : ::::;リ    /:::::/         /     ,rァ
l ' i::::::::/ ,〉:::::::>; : : : : : : : : : : : : : ::;;/   ./::::::/         /  _,_r=, /-ッ
l  l:::::/ ,、‐":.ゝ‐' ヽ,: : : : : : : : : : : : ;.'   ,r'::::;r'_    _,、 -ニ -‐ ''" ,r' ∠_

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結果、とある料亭で会合するところまでは話を進めることができた。

 ところが、嶋中はその会合で一切謝罪をせずに、言い訳めいたことを繰り返し言ったために、
 「思想の科学」メンバーの怒りを買ってしまう。

 和解交渉は土壇場で失敗に終わってしまった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


484 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:21:57 ID:KD7lrXVs0

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \        社長のせいで、ポシャっちまったお……
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /        次の手を考えないと……
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この失敗を受けて、宮脇は事後策を考えていたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


485 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:22:14 ID:KD7lrXVs0

、ー-、=ミ 、\ヽゝ、  〃
>≧ ` ー-、ヽ :. `Y jイ
    ̄`ミ .、   \  リ ハ
´/  Zー- ミソヘシヽ .!__ノ
彡'´ 彳´ ゞ=ミ、 ヽK, ノ┘
/ノ     .>=ミj i|j,イ彡
Y´ ̄ヽー-<!.::(・) !__,:'⌒Y
.j }::)   ::. ゝ-- ' 人__.ノ
ヘ.ゞノ rヘヽ  Y、  〉/
j,:`リ    ト、_____`二,'              と、いうわけで、編集長、交代していただきましょうか。
::レ゙     \+-+-+-{
ミ:.、   `ー ̄:..´ ̄,ノ
"'''- .._ヽ彡ソ,, ,,, ,,, ,|
////// >z、`ー=チ
///////////>z、\
/////////////} |/
ー.、//////////| |}、_
///\////////ハ :./// ̄\

   【粕谷一希】

                                               /  ̄ ̄ ̄ \:
                                              ::/        ::::\:
       やる夫には、雑誌作りは向いてないんだお……           ;: |          :::::::| :
                                              \.....:::::::::    ::::, /
                                              r "     .r  /゚。
                                            :|::|     ::::| :::i
                                            :|::|:     .::::| :::|:
                                            :`.|:     .::::| :::|_:
                                             :.,':     .::(  :::}:
                                             :i      `.-‐"

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、今度は宮脇が「中央公論」編集長の座を更迭されてしまう。
 宮脇は社長と「思想の科学」メンバーとの和解ができなかったことに悔いを残して、
 編集長の座を粕谷一希に譲ることになってしまった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


486 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:22:36 ID:KD7lrXVs0

          ,___
        /゙      ` ̄ ̄`-,―ー,ハ、 _ ,--、 ,_
       l            |   ゙//:´::::|(二二,)
       ゙l \ヽ`ー―-- - |   ,iii,,ゝ:::::|(二二 )
         |    _`、_ 。 。 。.|。 。,ii,l iノ ̄ヽ(゙~l`)
        ゙l  i  ` ̄~`tーーl_,_:/:lヽ、___,/-´
         ゙|  i  ー´~l::::::::::::::::://::::_,(二)
         l  i       |::::○ ::::○::::: | ,ー´
           l, i   イ ゙l::::::::::::::::::::::::::|i:::|ヘー、_
         く  i   i   |:::(二)ヽ::::::::::|i:::|lノ ゙゙  `ヽ
           ゙ゝ`i ノ ,i⌒i⌒i⌒l~ヽ i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー、
         <´ゝ- (二| ,i  l  i , |iiニ,__i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
゙\   ,_,ー´ ̄ー ,/ /:゙ヽ,_,_,_,,ノ゙> |i:::|y  _,ー´ ̄/
  ヽ ヽ,   _-ー´,,ノ:::::::。,>`-ーー、,ゝ.|i:::|    i  ゙̄/
   |ー,く (,_,ー゙ ̄´ :::::::。゚::: )/ゝ::/ ゙̄/゙|i:::|   ,i ヽ_」
   ゙| ヾ\ \:::::::::::::::。゚:::::::::i//   / , |i:::| \i  ,l/
    ヽイ-`ヽ ゙\;:::::::::゚。::::::::。\_,/゙。  |i:::|   ヽ, l゙
\    \ヽ \ ゙\ :::::::゚。_。゚:::::::`\ 。 |i:::| 丶  ,|ノ゙
ヽ,ヽ_   ` ̄´`ヽ ゙l ::::://:::::::::::::::: i\、|,ノ  丶/
 `ー-、` ̄`ー,_/ /:iニ, ,ニl::::::::::::::/ / ヽ   _,,ノ
_,-ー´ ̄`ー、_/::::://´::::::::::::://゙ー- ̄(       _,,-ー´ ̄
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::ヽ,ヽ  _,,ー`゙ヽ,_, /     ,__
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::::::::ヽ,ヽ    ,,ノ/ /~ ̄:::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\  ソ/ /::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\_/ /::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,_,/´:::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 粕谷一希。
 1955年中央公論社に入社。
 主に思想系、論壇系の雑誌を中心に社内を転々としていた人物であった。

 保守的な思想の持ち主で、そこを嶋中に見込まれ、
 1961年から「中央公論」の編集部次長を勤めていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


487 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:22:51 ID:KD7lrXVs0

          _灸ヽヾヽi ヽ`´゙´´` r -,
          ,> ,r´ ̄`゙´ヅ´`´々, ´゙;,
         彡;.゙           ヾ, ミ
        .ミ . i! ,: =ニヽ、  ,r=ニ=;,. ゙;彡ソ
        ;`7/゙r∥_,r=-, i|=|i´,r=ヘ`li,. ;彡>,
        彡l ,:/ヾ_゙ _ ._ノ .|l|.ヾ=,. _ ノヾ`ミソ
        i!ヽヾ´   ̄ /∠_ヾ、  ̄ヽ` `;/!ミ
        liゝ|       |ソ |三|ヽゝ  ヽヾ|/.:i      宮脇君のやり方は失敗だった。
        |l :.|  ,r ,_  ____  _, 7 ,i, y゙
          ヾ.l/ ゙ ` ゙̄ー===―` ̄ ´ ゙ lソ       やはり「中央公論」は中公の旗艦誌だ。
           i// , .          ヾ、゙,!       読者の期待を裏切るようなことがあってはならない。
          ト、// /,. .il||!. ,. liヾ i!イ
           _,r┤  > 、i!ll|||||||lli!l.|l/.i!ト:、
       /゙ ,/゙ ̄ ̄トミー―゙ノ ̄ヾ:y,,|  `ヽ、
      /   l::::::::::::::::::::i,     i!:::::::::::::`il    \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇は、「中央公論」の編集方針として、若者向けへの転換を図っていた。
 ところが、それが旧来の読者から支持されず、結果売り上げが落ちることになってしまった。

 長く「中央公論」の編集部に勤めていた粕谷は、その点が売り上げ低迷の原因であることを見抜いていた。

 そこで、まず誌面を以前のようなスタイルに戻した。
 王道の論壇誌スタイルにである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


488 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:23:08 ID:KD7lrXVs0

     ヾ:;:;:;:;:;| /.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ.:;:;:; ソ:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\_〉:;:;:;:;:}/
      ヾ:;:;:;:レ′:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶ノ::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ/
      |´\:;:;:;:;:;:;:,,====、 :;:;:;〉  〈;:;:;: , ====、 :;:l.ヾ,イ 〈
      |.i:i:i:iヾ:;:; ,〃     .ヾ._ゝ一'、 ,〃      Y:i//iノ`l |
      | ヽ:i:i:i:\|i       i|/´⌒ヽ. i       .i|/イ´:i:i | |
      .ハ、r′:i:i:i:ヾ.     ,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ      ,/:..:.| i:i .リ
      .ハヽ:i:i:i: :i:i:i:ヽ.__,,イ:i:i:i:i| ゙̄Y、:;:;:ヽ.__,, イ:..:..:.| リ /      サヨクがギャーギャー言ってるが、
       ヽ.∨|: : :i:i:i:i::..: : :i:i| //.| : : :i:i:i:i:i:i:i:ヽ\:.Y´/       これからの時代は保守!
         \|: : : : :  : :i:i:i:|  .|  l、: : : : .丶V|ノ
         /|: :     : :i:i:i:i:i|// .|  .〉ヽ,: :    〉`|´\      保守の論客をどんどん使っていこうかね。
       , /:i:i:i:|: :r─: :.: ::i:i:i:i:i|// .| ノ;/´   .,、/: :.リ:i:i:i:i\
     / .ノ:i:i:i:iハ: :、 r、   : ::i:i:l、_,|i´;/:    ,ゝ '  ::ノ:i:i:i:i:i:i \_
 ,_/ /:i:i:i:i:i:i:iハ: :` ヾ.ーr‐r‐r─┬─r─r-r,/   ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i   \
   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ: : : ヾ.lー|ー|─‐|─/‐/‐/./   ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、   \
 /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ: : : ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:    \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一方で粕谷は、より保守色の強い誌面作りにこだわっていく。
 これは彼自身の持つ保守的な思想によるものであった。

 山崎正和、塩野七生などを世に送り出したのが彼だといわれている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


489 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:23:25 ID:KD7lrXVs0

 _                 _,,-ー''"´゙ "-,,__           _____
/   \            _,,-‐'"     ヽ, ,,ソミ         /      \
    |          /,,ゞヘ'゙"ソ-,,、   i '"`"ーミ、__     |         |
 早ハ .|          /,ミ"_...,,ミ彡,,../ミ   ヽー-.,, ノヾ"ゝ    | 来 垂 .能  |
 .く リ.|       ./../,ミ"__ 、_, _゙iソ ヽ __ ゝ `i'r-,,,_.       | い れ 書 .|
 !.| |     /  i| i ィ_r‐-,ヘ,r-、 ノハヽ,,__iノ_、 `ヽミ  ノ´゙゙ヾ .| よ .て き  |
    /   /'""   ヽゞ`ー'ー'--' イ ___/-'" '''ノ-,,ミ i:;:..'"、 |   ね    |
  _/   /-''" ゙゙̄ヽミ ヘ:::.,_ヽ_ィ=ヘ'"ー―- `ヽ__/彡_/~ヽヾ.|    え   /
  .\    l|/ /ノ ヾヽ__r-'" ̄~゙ヾミ ̄` ー-- \__.:...,__  ノ´ノ. \  .で  /
   .\ ヾ /.::'"   /  ir´\ ヽ  `ヽ\      `i,,  ノヽ彡_,,/     \
.___ .\`i./     \.f-` ヾ.\ \  ,,_,,r'"~''"ヾ-,ゞ  ミ .//        .|
| ―‐‐|  | `|      /  `ヽ/_〉_i,ー''"  /    ヘ ,, ミ / |   か     |
. ̄| ̄ ハ| l|      ノ:. ゙´ヽ | ̄/ノ  ///l         /..|   か    |
. ̄| ̄   | |l      ソ ,  __.ノ-,_i/ .//ノ/       /   |    っ   ...|
      | l|     f/-' ノ/ \/ヽ::..ノ /i      /    |   て     .|
 /  リ | |l ..:'",,⌒ `ー'-'`"'/ \"  / l|     /     |   来    |
 \    | l|:彡'" ̄~`ヽノi    \ \'" i|    `ヽ     |   い    /
     || .ノ'ゝ,/ ̄ ̄`ヽミi  ii/::::::\ \ i|       \    ヽ   __/
  r-、  |ソ.::`i      i_| |_:/ \ \        ゙,   ノノ ̄  ',
  | |   .|/  |      i!ーi r-'::i i  \ \      ',         ',
  ゝ'   /´゙゙ヽ |       !::::| |:::::::i 、 / .\ \     i     ::     ゙,
  (_) ./ー--.::|       !::::|_|::::::::!ヽi! /  .\ \-、_ i,,   :::     ',
.__/ー―-.::|r-,     .!:::::::::::::::::! i.:::/   \ \  ヽ-i__.....:::::      ',
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さらに仕事に対する考え方も宮脇と異なっていた。

 宮脇は「会議ベタ」を部下から揶揄されるくらいの孤独主義、
 一方で部下のやりたいようにやらせる放任主義だったのだが、
 粕谷は強引に物事を引っ張っていくタイプの上司だった。

 それゆえ、独断で推し進めていく傾向が編集にもあったと言われている。
 もっとも、その性格ゆえに面白い雑誌を作れる人でもあったといえるのだが。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


490 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:23:41 ID:KD7lrXVs0

        ___________
      /´  , -‐- 、.           /
.      i  /::::::::::  `''‐ 、..__,. ‐'´ヽ. /
.      !  ,'::::::::::    、       ∨
     |  i::::::::::  、 、`''ー---‐''´  ヽ
     |. l:::::::: /へ.\` ー---‐ ´/,.ヘ
     │ \:::::::: _\\,   /∠_  |
      |. /"ヽヽ:::==。=`,,   /=。==│
      | { i⌒| |:::::` ー-‐'    .::.\-‐ ´│
    /|. l ト、|.|:::::: ー-‐ '   ::::::::::: l::-‐'.|         粕谷君、よくぞ「中央公論」の部数を伸ばしてくれた!
  /  | ヽ.._||::r':; -‐‐' r __::::::::::::: l ー、|
_/    |   /l!:::/:: ー----------ー'--.|         君は我が社になくてはならない存在だ!
.!     .|  ./ ::|::::::::::              |
|     │./  ::|:::::::::::     =====     |\
|     |/   ::|:::::::::::::...          ,.イ  .!`
|     |\   :`'' ‐- 、::_:.......   ,. ‐'´/|  │
|    │ \   ::::::::::::::::::`~`''"::::::::/ .|    |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そういうこともあってか、粕谷の編集長就任後の「中央公論」は売り上げを回復させ、
 さらに宮脇就任以前の数字を上回る実績を出したという。

 会社としては、なくてはならない人物となっていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


491 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:23:55 ID:KD7lrXVs0

粕谷ってウゼエよな……
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´`д´) (`Д´ ) ∧∧
( `・Д) U) ( つと ノ(ヘ・´ )  うちらの企画つぶしてくるし……
| U (  `・) (・´  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、「中央公論」の編集部員からは、その独善性から不評を買っていた。

 企画はまず通らず、粕谷の意向に則った企画による仕事が強制される……
 そしてそれに従えないものは冷や飯を食わされる……

 誰もが自ら企画を立て、その誌面を作りたくてこの業界に入っているのに、
 こういう状況を繰り返されてしまったら、その不満は鬱積するに決まっていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


492 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:24:10 ID:KD7lrXVs0

ベトナム反戦だよね。
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´-ω-) (-ω-`) ∧∧
( ´-ω) U) ( つと ノ(ω-` )  革命こそ正義だよね……
| U (  ´-) (-`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さらに編集部員……特に若い人々は、粕谷のような保守よりも革新勢力に親和性が強かった。
 当然ながらそういう記事を書きたいのだが、粕谷の意向が強く書けなかったのである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


493 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:24:28 ID:KD7lrXVs0

      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)        と、いうわけで、今度の労使交渉では、
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ         「職場の民主化」も要求してください!
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'


                                          ト、 ト、 ∧
                                        |\i:.:.ヽ|:.∨:.:.V|/|
                                      弋´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.フ
                                      <:.:.:.:.::.:.:/^.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
                                     <:.:.:./:.:..:/!:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:..!.::.:.:.>
                                     厶:.:.:.!:/V┼!:.:| ┼!、!:.:.|:.:.:.:...>
                                      厶小 rャ‐ !V rャ‐ぃ小::..::之
      はぁ……                            八,!  ̄ ,!   ̄ |f .}.:.::ト、
                                        ハ   ` '    ムィ.:|ヽ!
      (早くプロレス見に行きたい……)               \  - 、  ,イⅣV
                                            ム|` -  Ⅳ
                                         __i     {
                                      ,. -<ヽ `ー―― 予-、_
                                    /       ̄ ̄ ̄ ̄ / >、
                                   ∧                  \
                                  / !                  / ハ
                               .  /  V           ◇    /  !:|
                                 /   /            ◆  ! /  .!:|

                                         【村松友視】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのような不満の声が、徐々に労働組合の本部にも上がるようになっていった。
 彼らは口々に今の会社の不満を主張し、「職場の民主化」を求めていく。

 村松友視は当時、中公労組の書記長を勤めていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


494 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:24:54 ID:KD7lrXVs0

       _>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ∠:::::::::::::::::::::::::::::;::::;::::;::::::::::::;::::;::::::::::::ゝ‐
      >'¨フ:::::::;::::'::::;::::/// l::::::;::::::;::::::::::>‐
     イ:.::::':::::::::::::::::::/l/十ー l/vl::/l/l:::::::::::\
      フ::::::::::_::::::l/ l でテ l/ .V 气レ':::::::::ヽ、
      /:': :/: ;t: l  ¨ ̄  /  !tフソ;::::::::ゝ、
       /¨ヽ  i:::ゝ     _ :  ¨ .;::::/`
          ーヘ           /"'          何で俺が?
            人    r==、  /
          z ┤  \     /             総会にもほとんど出てないのに?
        / ヽ'    ` >‐<
        人   \  : : : / : : : \
     / ̄ 亅  /  ;   : : :冫 : / |
   /     |  /  .入ー―‐': : :ゝ |
. イ       レ'    亅::::::::::/   > \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、村松書記長という人事は、かなりきな臭いものであった。
 というのは、村松は書記長になる以前、ろくに組合活動をしていなかったのだ。

 どうしてろくに組合活動をしていなかった者が、突然労組の幹部になっていったのか……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


495 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:25:15 ID:KD7lrXVs0

         _                                                    _
       /三三"ヽ                                               ./.ニ三ミ\
     /三三三三ミ`、                                             ,'ニ三三三ニ.ヽ
.     lニ三三三三ミ〉                                            ヽ三三三三三.l
     ',ニ三三三ミ/ _,-‐、                                       r-、_ . ',三三三三ミi
      ',ニ三三三.,' i´三ミ`h                                     .ィ´ニニ`i ',ニ三三三.,'
    _, ,/ニ三三.ノ .'、ニ三ミ.l                                     .!ニ三ニノ `._三三三ヽ,,_
. ,.r ''三三三三三.i、  r'三_/                                     `_ミヽ  .ノニ三三三三ミ -、
i三三三三三三三ミYニ/三三"ヽ                    _ ,, ,,_                  /.ニ三ミ\Yニ三三三三三三ミ`
',ニ三三三三三三三/三三三三ミ`、                 ,r'ニ三三ミヽ                ,'ニ三三三ニ.ヽ三三三三三三三ニl
..',三三三三三三三.lニ三三三三ミ〉               ,'.ニ三三三ミ',.              ヽ三三三三三.l三三三三三三三ミ.,'
 `、三三三三三三 ',ニ三三三ミ/ _,-‐、         lニ三三三三.j           r-、_ . ',三三三三ミi三三三三三三ニ/
.  `、三三三三三三 ',ニ三三三.,' i´三ミ`h.           {ニ三三三ニ.}.          ィ´ニニ`i ',ニ三三三.,'三三三三三三ニ,.'
   ',三三三三三_, ,/ニ三三.ノ .'、ニ三ミ.l.         ,r'ニ三三三ニヽ           !ニ三ニノ `._三三三ヽ,,_三三三三ニ/
.    ',.三 . ,.r ''三三三三三.i、  r'三ミ/       _,.r.'ニ三三三三三三`.‐ 、.    `、ニミヽ  .ノニ三三三三ミ -、三ニ,'
    i.ニ i三三三三三三三ミYニ三ニ{.    ,r.'"三三三三三三三三三三ミ 、.    〉ニ三ニYニ三三三三三三ミ`三三.i
    ,'ニ三',ニ三三三三三三三三三ニ/.   ,'ニ三三三三三三三三三三三三ミ',   `、ニ三三三三三三三三ニl三三',
   ,'.ニ三..',三三三三三三三三三ミ,'     ,'ニ三三三三三三三三三三三三三.',     ',ニ三三三三三三三三ミ.,'三三.',
        `、三三三三三三三三〈    ,'三三三三三三三三三三三三三三ミ',.    〉ニ三三三三三三三ニ/
           `、三三三三三三三三.',...... /.三三三三三三三三三三三三三三三`、 . ,'ニ三三三三三三三ニ,.'
          ',三三三三三三三...n f.in.'ニ三三三三三三三三三三三三三三三ニ`n.fi..n..゙三三三三三三ニ/
             ',.三三三三.゙,- .-‐.!.ト!.ll.三三三三三三三三三三三三三三三三三ミll ヒ!.!‐- -,......三三ニ,'
           i.ニ三三三...`"''、ミ三三三三ミ,イニ三三三三三三三三三三ト三三三三三ミr'"´......三三三.i
          ,'ニ三三三三三...`´` 、ミ三ミ, ィ'..jミ三三三三三三三三三三ミ', ゝニ三ミ,イ.`'..三三三三三三',
          ,'.ニ三三三三三三三三.` .´   .{三三三三三三三三三三三ミl  .` ´..゙三三三三三三三三.'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 どうやら、労組側の黒幕は別にいたようである。
 その者が学生運動勢力や新左翼勢力と接点を持ち、活動していたようだ。

 もっとも、そのような者が組合の幹部でいることは、かなりまずい状況である。
 そのため、そのカムフラージュとして、活動とはあまり関係のない人間を幹部に据えたようである。

 さらにこれは、参加率の悪い組合員への強制の意図もあったようだ。

 このような意図をもって、あまり活動と関係ない者を幹部にしていったとしたら、
 労組もまた酷いものだったといえようか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


496 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:25:50 ID:KD7lrXVs0

          \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          >.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
       ,...:´::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::ハ::::::::::::::::::::::::::/ !::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
          ̄ ̄/.::::::::::::::::::::::::::::/l/ >|:/ |:iハ:::::i:::::::::/ j/ハ::::/!::::::::::::::::::::::::<
        /.:::::::::::::.イ:::::::::::::/<でうラ'ヘ`}:ト::∧:l::::/厶イ´.::::∨::|:::::::::::::\ー―一
          ー‐ァ.:::::::::{ 厶イ:::ハ/  `ニ ノ.:::jノ.::::::八/.:::'でうラヽ/.:::|:::::::::::::::::::\
         /___::∧ (|/   〈::::::::::::::::::::::://.:::::::::::::ー一'.:::::::j/!::::::::::\ ̄
           /.:::::ハ ∧    \::::::::::::::/  {::::/ ̄ ̄\::::::::::/ }:::::::「 ̄
          ∠::::::::::::八 :.       \:::::/   }::j\    /.::::::/ ∧ハ|
           厶イ:::::::::ーヘ            ´/ノ.::::::\_/.::::::/イ  }     あ゛?
            ノイ::/i:::ハ         {:::::::::::::::::::::::::::∧丿
                |/  |::::::|\     , -‐='::、::::::::::::::::::::/         闘争やるなら勝手にやってくれ。
                  x≦ハ| ::\     ー‐.:::::::::::::::::::/          俺はシラネ。勝手にプロレス見に行っから。
                 / ∨//|  ::::\    `7.::::::::::::.イ\
              /   ∨/j   \:::\  ;::::. .<:::::'///\
             /     ∨′   \:::::: ̄::::::::::::::::'/////⌒ヽ、
            /         >x:::.、   \::::::::::::::::::::{'/////////\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、村松は後に直木賞作家になるくらい自意識の強い人間であり、
 またケンカ早い人物でもあった。
 さらにあまり労組の活動にいい印象を抱いていなかったようである。

 そんなこともあってか、2年ほど労組の活動に従事しているが、
 その間労組が暴走することはなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


497 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:26:10 ID:KD7lrXVs0
          __    ___     __
         乂_\ (_⊂⊃_) /_ノ
                  ̄
            ,ィ /! ,イ ,.ィ
            ,、/!/::レ'::::/:::::':::/,.ィ'
         ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡'
        `ミ、::::::::::::::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::ア
         弋::::::::::,ィ‐卅ヘ:::::l::!:、::::::::::ミ=
         ∠::::ノイ/⌒ヽl|l|Vl/ミj/::::::::ミ、       というわけで……
          ノイ´ュ `~"   ⌒ヽN::::ミ、
          ノ:ヽ、       `~゙/、::::ト、        頭上を見てもらえば分かるように、
        彡イ:ヘ  ⊂、ヽ   /ツミヾ         俺も体調悪いから、しばらく休職するわ。
           ム从\ _`. イ:jヾ           労組も下りさせてもらう。
         /ヽ ̄|    | ̄,ハ、
       /‐' 〉{´    ゙}〈ヽ‐\
           \.二二ノ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、会社からの職務と労組の活動の同時進行は大変なものであった。
 そんなこともあってか、村松は体調を崩し、休職するハメになってしまう。
 そしてこのとき、労組の幹部も辞任するに至った。

 労組に歯止めをかける人物がいなくなった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


498 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:26:33 ID:KD7lrXVs0

        \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \_,.-'": : : : : : _,.-'"
       ,.-'": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _,.-'"
      /: : : : : : : : :/: : : : ,イ: : :∧: : : : : : : : : :k: : : : : : : : : `ヽ、_
.   / _,.ィ : : : : : : l,.-‐/¨l‐-メ、 ヽ: : :l>=‐'"¨l゙',: `ヽ、: :/: : : : :\
.  /-‐'"/ : : : : : /l/   l;/   ヽヽ/l  `ヽ、l ',: : : :ィ': : : : :-、---ヽ
    /: : : : : : :/           Y ヾ      ',/ l: : : : : : :\
   /: : :_:_: : : : :{       ・     }     ・     }: : : : : : : : :ヽ、
 ィ=-‐'"/: : : : ::ヘ           ∧         ,イ/´`ヽ===
    / :_:_:_:ァ'"ヽ/ゝ、         / ヽ、       / ',   〉
     ̄   〈  .{   `ー-=====f´    ゙jー-===‐'"___ ',_ノ   _       はぁぁぁぁぁっ?!?!
   _    ゝ=ィ _,. -‐───-≧==≠-‐'"´ ̄ ̄  `ヽ   f´ `フ_
  (   ヽ___/´                        ゙i_,.-'"\  く    なんでストなんてやってんだよ!!!!
  f´ /    /                           i     >=‐''
. _> f゙_       l                            /    /
 ゝ-'' ` ー 、_ ',      _,. -‐───- 、          ノ   /
         ヽ`ー-‐'"´          ¨ー--------‐'"ヽ./
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しばらく自宅で静養して、村松が再び職場に戻ってきたとき……

 彼の職場はまったく機能していなかった。
 長期のストライキに入っていたからである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


499 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:26:52 ID:KD7lrXVs0

                _ --― - 、
             _,__'´    \     `ヽ、
            (´  ,)  (´ ̄ `)     ヽ
            / ̄     ̄ ̄      i
             ,' l、_人  ノ         l       賃上げと「言論の自由を守れ」、
              i    l .l  ̄  ,    u   l       「職場の民主化」ぁぁぁぁぁっ????
             ヽ  l l    /       /
             `.l、_ノ__        /        んなことやったら、
                  `l        `、         出版物が全部労組の物になっちまうお!!!!
                  /       ヽ、
              __/     _/    `ヽ、
                `ヽ、_/l  <_/     l
                      l              l
                   ヽ、        /
                     `l   _,-   /
                        l   /  /
                      / ./ヽ、〈
                      ̄    `
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 団交で要求したのは賃上げと言論の自由の厳守、職場の民主化だった。

 「職場の民主化」とは、いうなれば、出版物の編集決定権を、
 編集長ではなく編集部員の総意で決めるというものであった。
 さらにここでいう守られるべき「言論の自由」は、保守化によって抑圧された言論……
 すなわち革新的な言論の自由を守れということであった。

 要は保守的な思想に基づく出版編集を排除し、
 革新的な思想に則った出版物を作ることを、労組は求めてきたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


500 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:27:20 ID:KD7lrXVs0
         _                                                    _
       /三三"ヽ                                               ./.ニ三ミ\
     /三三三三ミ`、                                             ,'ニ三三三ニ.ヽ
.     lニ三三三三ミ〉                                            ヽ三三三三三.l
     ',ニ三三三ミ/ _,-‐、                                       r-、_ . ',三三三三ミi
      ',ニ三三三.,' i´三ミ`h                                     .ィ´ニニ`i ',ニ三三三.,'
    _, ,/ニ三三.ノ .'、ニ三ミ.l                                     .!ニ三ニノ `._三三三ヽ,,_
. ,.r ''三三三三三.i、  r'三_/                                     `_ミヽ  .ノニ三三三三ミ -、
i三三三三三三三ミYニ/三三"ヽ                    _ ,, ,,_                  /.ニ三ミ\Yニ三三三三三三ミ`
',ニ三三三三三三三/三三三三ミ`、                 ,r'ニ三三ミヽ                ,'ニ三三三ニ.ヽ三三三三三三三ニl
..',三三三三三三三.lニ三三三三ミ〉               ,'.ニ三三三ミ',.              ヽ三三三三三.l三三三三三三三ミ.,'
 `、三三三三三三 ',ニ三三三ミ/ _,-‐、         lニ三三三三.j           r-、_ . ',三三三三ミi三三三三三三ニ/
.  `、三三三三三三 ',ニ三三三.,' i´三ミ`h.           {ニ三三三ニ.}.          ィ´ニニ`i ',ニ三三三.,'三三三三三三ニ,.'
   ',三三三三三_, ,/ニ三三.ノ .'、ニ三ミ.l.         ,r'ニ三三三ニヽ           !ニ三ニノ `._三三三ヽ,,_三三三三ニ/
.    ',.三 . ,.r ''三三三三三.i、  r'三ミ/       _,.r.'ニ三三三三三三`.‐ 、.    `、ニミヽ  .ノニ三三三三ミ -、三ニ,'
    i.ニ i三三三三三三三ミYニ三ニ{.    ,r.'"三三三三三三三三三三ミ 、.    〉ニ三ニYニ三三三三三三ミ`三三.i
    ,'ニ三',ニ三三三三三三三三三ニ/.   ,'ニ三三三三三三三三三三三三ミ',   `、ニ三三三三三三三三ニl三三',
   ,'.ニ三..',三三三三三三三三三ミ,'     ,'ニ三三三三三三三三三三三三三.',     ',ニ三三三三三三三三ミ.,'三三.',
        `、三三三三三三三三〈    ,'三三三三三三三三三三三三三三ミ',.    〉ニ三三三三三三三ニ/
           `、三三三三三三三三.',...... /.三三三三三三三三三三三三三三三`、 . ,'ニ三三三三三三三ニ,.'
          ',三三三三三三三...n f.in.'ニ三三三三三三三三三三三三三三三ニ`n.fi..n..゙三三三三三三ニ/
             ',.三三三三.゙,- .-‐.!.ト!.ll.三三三三三三三三三三三三三三三三三ミll ヒ!.!‐- -,......三三ニ,'
           i.ニ三三三...`"''、ミ三三三三ミ,イニ三三三三三三三三三三ト三三三三三ミr'"´......三三三.i
          ,'ニ三三三三三...`´` 、ミ三ミ, ィ'..jミ三三三三三三三三三三ミ', ゝニ三ミ,イ.`'..三三三三三三',
          ,'.ニ三三三三三三三三.` .´   .{三三三三三三三三三三三ミl  .` ´..゙三三三三三三三三.'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 労組の黒幕たちの狙いは、
 彼らの所属するセクトの思想を宣伝するような書物を中央公論社から出版することであった。

 そのため、そういう人物を入社させたり、オルグ活動を繰り返していたのだ。

 そしてその黒幕たちの先には、当然新左翼セクトの影がちらついていた。
 新左翼セクトによる中央公論社乗っ取り……
 彼らの狙いはここにあったのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


501 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:27:38 ID:KD7lrXVs0

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \        このままいくと、中公は新左翼に乗っ取られるお。
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /        これだけは阻止しないと……
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新左翼セクトに中公を乗っ取られることだけは絶対に避けなければいけない!

 経営側は、この点の回避だけを狙って、団交に挑むことになった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


502 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:27:55 ID:KD7lrXVs0

                                              _,.-'''"C. |
                                              | W._,.-'''"_,.-
                                               -'''"_,.-'''"
                                             _,..-'''"
                                                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                                 |
                   三三三三...                   |
    三三                 ,----、 -、   三三三三三三     |
        /;;;'''- .  三三三      {;;;;;;____} __}.                 |
三三     {;;;::::::__}      _,.- '' ̄"''ー-;;. ゝ_ン                 |
   / ̄~ Yヽ:: _ 〉   ,.- ''::::::::::/::::::::: ::.. ヾ.}    三三三.          |
  /:::: .::ノ .: }'^〈"    ヽ/:::::::::::::i :::::::::::::::::..:}l.                  |
 {::::: ;;;::::  .::  ヽ_,--、,.,.,/:::::::;;,,,:::::::::::::::;;;;__,イ \__                |
  >、:::.ヽ   ノヽ、_{_,,,,,}.../::::::::::i ::::::::::::/=l:::: l======、ー、,.,._,.-'''"⌒ ー、..    |
../:::::: ヽ、\'、____ll________/:::::::、:::,ヽ::::::::{ー--`ー',,,,.,.,.,.,,.,. )) "'' -       l ヽ、   |
/:::::,,,,,,,/ヽ,,__)======={:::::::::::..ミ  、 ::)'::::.:::.::::.:.::_,.-'''"===ii;;;,,,;;,,;,;;,;,;,ヽ,___/  |
{::::ミ/;;;;;;l ;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;::l::::::::::::::::::: イ::;;;:;:;_,,..-‐'' ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l    |
.l;;;;;;;};;;;;;;;ヾ ̄ ̄:|| ̄ ̄ l:::::::::::::::::.ヽ \, -'": :: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄         |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 団交は、労組側が経営幹部をつるし上げることに終始していたようである。
 おそらく長時間つるし上げて疲労困憊させて、追い込んでいく作戦だったようだ。

 その結果、まず嶋中が倒れ、他の幹部も次々と倒れていった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


503 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:28:12 ID:KD7lrXVs0

           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |    なんか気づいてみたら……
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ


         ____
    .   /     \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|   やる夫しか残ってないお……
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そして気づいてみたら、団体交渉の場の経営側の席に座っていたのは、
 宮脇一人だけだった……

 必然的に、宮脇が交渉の最前線に立たざるを得なくなったのだ。
 あの会議下手で、オタク気質の宮脇がである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


504 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:28:30 ID:KD7lrXVs0

 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *    。
      +    。  |  |
   *     +   / /   +    。     +    。 +    *
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +  ./ 》〉   。     +    。   *    。
      ,-     f    | | ∧_∧
      / ュヘ    | *  ヽ ヽ ´∀`)_    。     。
     〈_} )   |      ヽ    _ヽ          〉
        /    ! +    。 .|  ({__〉 +      ○ノ
       ./  ,ヘ  |       |   |         <ヽ |
 ガタン ||| j  / |  | |||    ||| .| ,ヘ \ || |||ガタン i!i/, |i!ii ガタン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この状況に労組側は大喜びだったようである。

 経営幹部が次々と倒れ、残されたのは会議下手で仕事も閑職に回された人物……
 もはや目的は達せられたも当然のように思ったのではないかと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


505 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:28:45 ID:KD7lrXVs0

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |       えーボソボソボソボソ
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、そうは問屋が卸さなかった。

 労組側委員の執拗な質問に対し、宮脇はあいまいな答えを、小声でぼそぼそと答えるようにしたのだ。
 
 この回答が労組側にほぼ聞こえず、労組側は拍子抜けしたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


506 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:28:59 ID:KD7lrXVs0

         ____
       /      \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (●)  (●) \
    .|    :::⌒(__人__)⌒::: |   __
     \      `ー' / ̄ ̄⌒/⌒  /
    (⌒\     / 時刻表/    /
    i\  \  ,(つ    /   ⊂)
    .|  \   y(つ    /,__⊆)

                                           ト、 ト、 ∧
                                         |\i:.:.ヽ|:.∨:.:.V|/|
                                       弋´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.フ
                                       <:.:.:.:.::.:.:/^.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
                                      <:.:.:./:.:..:/!:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:..!.::.:.:.>
                                      厶:.:.:.!:/V┼!:.:| ┼!、!:.:.|:.:.:.:...>
                                       厶小 rャ‐ !V rャ‐ぃ小::..::之
                                        八,!  ̄ ,!   ̄ |f .}.:.::ト、
         あのオッサン、何読んでるんだ?            ハ   ` '    ムィ.:|ヽ!
                                          \  - 、  ,イⅣV
                                             ム|` -  Ⅳ
                                          __i     {
                                       ,. -<ヽ `ー―― 予-、_
                                     /       ̄ ̄ ̄ ̄ / >、
                                    ∧                  \
                                   / !                  / ハ
                                .  /  V           ◇    /  !:|
                                  /   /            ◆  ! /  .!:|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 労組側は今まで同様につるし上げ作戦を展開した。
 しかし宮脇にはなぜか効果がなかった。

 団交の休憩中に宮脇は時刻表を見ていたという。
 彼は時刻表を見ることで精神安定を図っていたのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


507 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:29:23 ID:KD7lrXVs0

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \         あー、これってぶっちゃけ「下克上」だお。
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|        歴史的に見れば、これまでたくさんあったことだお。
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さらに彼は、大学で歴史を学び、「世界の歴史」「日本の歴史」とヒットさせてきた人物である。

 彼は団交の間、労組側の行動を「あの時と同じ」「このときと似ている」といった感じに、
 過去の歴史的事実と引き合わせて考えることができた。

 歴史と現在の事実をすり合わせることによって、自分を客観視することができたのであろう。

 だから、労組に対しても醒めた行動を取ることができた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


508 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:29:46 ID:KD7lrXVs0

             ____
           /      \
          / ─    ─ \      ぶっちゃけ、うちの労組は、
        /   (●)  (●)  \     トップが傀儡で、後ろの黒幕が牛耳ってるんだお。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/     その黒幕が権力を得たら最後、
 r、     r、/          ヘ     あなたたちも自分たちのやりたい仕事ができなくなるお。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

                     
       確かにうちの労組、変な感じだよなあ……      ∧,,∧ ∧,,∧
                                  ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧
                                 ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` )   どう考えてもセクトに金流れてるし……
                                  l U l (  ´・) (・`  )l と ノ
                                  .u-u (   l). (l   ) u-u'
                                       `u-u'   `u-u'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかしこの状況だと単なる時間稼ぎに過ぎない。
 物量的に強い労組側が勝つことは時間の問題だった。
 なんとか打開策を見出さないといけない。

 そこで宮脇は、穏健な組合員に目をつけた。
 彼らと秘密裏に接触して説得、交渉を開始したのである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


509 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:30:01 ID:KD7lrXVs0

         .∧__,,∧      私たちもいろいろと企画出してます。
        (´・ω・`)     でも、その企画が強引につぶされてしまう。
         (つ と)
         `u―u´      これじゃあ、本を作る気にもなれないですよ……


                                                  /  ̄ ̄ \
     ……うん、その辺の気持ちはよく分かるお。                     /ノ  ヽ__   \
                                               /(―)  (― )   \
     ただ、会社としては売れる本を出したいから、                   |.  (_人_)   u |
     その辺の判断は全体を見通せる人がやらないと……              \   `⌒ ´     ,/
                                                /         ヽ
     売れない本を放漫的に出しても、                      ./ l   ,/  /   i
     時間や費用の浪費だお。                              (_)   (__ ノ     l
                                               /  /   ___ ,ノ
                                               !、___!、_____つ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 穏健な組合員たちは宮脇に対し、今の会社への不満を主張した。
 待遇や編集の問題など……

 宮脇はその中から、会社としてどこで妥協するか、定めていったようである。
 その中には越権的なものもあったようだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


510 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:30:19 ID:KD7lrXVs0

     ____
   /      \
  /         \          編集……特に「中央公論」の編集に対する不満が強いお。
/           \
|     \   ,_   |         旗艦誌である「中央公論」の編集を、
/  u  ∩ノ ⊃―)/         セクトにやらせるわけにはいかないお……
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |          しかし、ガス抜きしないと、この不満は……
  \ /___ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その中で、宮脇は組合員の不満の「ガス抜き」をする必要があることを感じていた。
 会社に影響なく、かつ組合員の不満を抑えるような策……

 普通の会社だと待遇を良くすることである程度のガス抜きが可能であっただろう。
 しかし中央公論社の労使紛争の場合、「表現の自由」というある種の思想が関わっていた。

 編集権を労組に渡すことなく、組合員の「ガス抜き」をする方法……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


511 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:30:46 ID:KD7lrXVs0

           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)       一つだけ、手があるけど……
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その中で宮脇は、あることを思いついたようだ。

 確かにこの手は組合員のガス抜きになるだろう。
 しかし当事者がどのように思うか……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


512 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:31:00 ID:KD7lrXVs0

                        ____
                        /     \
                       /三三二.    \
                      /三三二        \
                 |三三二          |       とりあえず、入院している社長に、
                 \三三二         /        このことを一応提言してみるお……
                    Y──----   く
                      /三二 三二二   ヽ.
                        l三二 三三二二   ',
                   l三二 三三.二二    ',
                       ,'三二 三三.二二.     ',
                  /三二 :∧:三三二二    ',
                    /三二 :/ ∧三三二二     ',
                /三二 :/ /  Y三三.二二    ',.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本当ならば、このようなことを提言してはいけないのだろう。
 しかし、中公を守るための手段として、宮脇にはこれ以上の策を思いつかなかった。

 彼はそれを社長に報告したようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


513 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:31:22 ID:KD7lrXVs0

    |      |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|      |
    |      |┃`) ((__))  < @ > ┌──;;;;;;;;;;;llll;;;;;;;:;口;:;:; ┃|      |
    |      |┃ 「 ゚ 。|    匚\。。|_|二二 r。。ー 丿 手n,、 > ┃|      |
    |      |┃ /┘兄 丿;;;;;;;;;;└‐ l ヽ | ヽ; ; ;E ノ || r lト、_,;-;;┃|      |
    |      |┃/ ( Y。。) ヽ   r─/l┌ ヽ| ヽ\ヽ:::;;;;;;||ヽ__|;; ┃|      |
    |      |┃ / 川 ) ⌒ フ 〉 !  /i 丿   \  V | l::::::::::::ヽ┃|      |
    |      |┃ ノ丿器 ノ;;)_>>iーi L_   > r \ヽヽ:::::: ノゝ ┃|      |
    |      |┃○─毛 ;;r、__;;;;l L ( <;;;|  / ノ ノゝ ソ ー r ─ -フ┃|      |
    |      |┃彡=二(´`ノ‐─/ヽヒ==〆::〔〕─┌ ヽ/ム√レ┃|      |
    |      |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|      |
    |      |                                    |      |
    |      |                [ ̄ ̄ ̄]                  |      |
    |      |             |    |               |      |
──|___|──── / ̄ ̄ ̄ヽ───´ ̄ ̄ ̄ヽ,─────|___|──
              / l|||||]         (('=')) ヽ,
              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
              |                   |
              |                   |
              |                   |
              :: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::
             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 数日後。

 全役員招集参加の緊急役員会が開かれた。

 議題は労使紛争の妥協案の諾否である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


514 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:31:37 ID:KD7lrXVs0
               ,.、-rァァァァァ‐-,.、
               ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ
            lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl
            || へ、_`ー '_,._へ ||
               rョl ,.=。=゙ '=。=、 h
               |ヒ|. `二} {二´ :|j.|            粕谷君は編集長の座を自ら辞すべきだと思うが……
.             ,ゞ|   人__人   |く                             ~~~~~~~~~~~~~
     _,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._      諸君の意見を聞きたい。
   /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ
   /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l
  ハ : : |: : : : : : :│: : |     ><   | : :│: : : : : : :| : : 〉
.  {: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }
  ハ : : :│: : : : : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : : : : |: : : ;ハ
  〉:\ :│: : : : : :./: :│  |/ |   | : :\: : : : : : :|: : :/:〈
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「粕谷君が編集長の座を辞すべきか、皆の意見を聞きたい。」

 嶋中はこのように言った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


515 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:31:56 ID:KD7lrXVs0

パッ   パッ   パッ    パッ   パッ    パッ
 [つり]   [ヲタ]  [池沼]  [厨房]  [氏ね]  [終了]
  ∥∧∧  ∥∧∧ ∥∧,,∧ ∥∧,,∧ ∥∧∧  ∥,∧∧
  ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)
   (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
   `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 各役員は当人が思っていることを言ったようである。

 もっともその多くは、社長の顔色を伺ったのか、
 「粕谷君は自らその職を辞すべき」というものであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


516 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:32:16 ID:KD7lrXVs0


                    //
            _  -―-(  (___
        /                -`―-、
      /   /ヽ            ―-- ゝ
    / / /              ´ヽ \
   / / /   / / / |  |      ヽ  \
    // /   / / / | | | || | | \ ヽ\ \
    / /    / //ノ  V | | || |  |  | | ヽヽ
    |/   / /_二三ヽ|| /三二_|  .|  | |  ゛
    /  /ノ| ` `´  l   `´´/| |  | |            まあ、それがベストでしょうが、
   /  / || |      |〉  メ /ノ.| ||  |レ             粕谷君は自らは辞めんでしょうなあ……
  /_/   | |\   --  /v V | /
      / ヽl | \_  _/W\   V       へ
     /  .ヘヘ|        ト7 >ヽ、      / \ >
      <  \\      / /  / \   /|二|/
        \ \\   // /    /|二|/

         【綱淵謙錠】

                                          _____
                                      riff7//////〃〃∠ヽ
                                      レ"⌒''ー''"´  `ヾニ三|
                                       l  ニ_ー‐'_ニ   |ニ三|
                                   .   レヘ\ ̄、/,へ  }ニ三!
                                       } ==,=> _=,==  |r=、 |
         そんなことは聞いておらん!            .    | 二/    二´   |.6.| |\
                                       |  |_, -` ヽ   k‐':ニ|  |`''ー-
                                   _, -‐''| l⊂ニニ⊃ l   | \│ :|
                                        ヽ!  ---  l , ‐'  /|  |
                                        /` r、-‐ ' ´   /  :|.  |
                                        /   | \  ./    |   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、別のことを言った者もいた。
 例えば、綱淵謙錠は、粕谷を編集長の座から下ろすのは妥当だが、
 一方で粕谷が自ら辞することはありえないだろうと主張したようである。

 綱淵謙錠。当時出版部長で、のち「女性公論」編集長。
 数年後に中央公論社を退職ののちは日本ペンクラブ事務局長として活動する。
 1971年「斬」で直木賞を受賞する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


517 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:32:58 ID:KD7lrXVs0

                         x≦三/ハ三≧x
                            // ̄ /i  i∨ `ヾ\
                        /イ /゙イ/ !|   |: 〉ヽ   ハ
                          / / /彡{ .!|   |∧ヾヘ.  ハ
                      / / /゙//∧ .:!   !! :! \} } :i∧
                          , ,! 小///∧:!   !! :! !ⅣV | }
                          !/ i i | ∨,/ ∧   Ⅵ ∨ }} ハj
                          {  ∨i| Ⅸ / ∧   V/i! /i /  :}    (やれやれ、この期に及んでまだ保身か……)
                            Ⅵ ∧从乂∧  Ⅵi/ i/
                            ∨乂,x==小.  Vハ/        (粕谷君もかわいそうにな……)
                             /:::::::::::::::::iⅥ!  Ⅶヘ、
                      . イ:::-=二三!iⅥi   Ⅵ::::ヽ、
                     /::::::::Ⅵ:::::::::::::::: ;' 从i   |!|i:::::::::\
                       ,イ:::::::::::::::: |:::::::::::::::// //!   ! !::|:::::::::::ヽ.
                  / : :::::::::::::::∧::::::::: // //:i|   | |!:l::::::::::::: ハ
                     /::::::::::::::::::::/:: i::::::: // //:::!|   | |!:l::::::::::::::::ハ
                  ∧/゙::::::::::::::/::::::|:::: // //:::::i:|   | |!:l:::::::::::::::::ハ、
                   /:゙∧:::::::::::::/:::: : |!::// //:::::::i:|   i i! l::::::::::::::/:::::::::ヘ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「そんなことは聞いておらん!」
 綱淵の発言を、嶋中はこのように言って遮ったという。

 おそらく綱淵の発言は、嶋中の一番痛いところを突いていたのだろう。
 本当に粕谷に問題があるとするなら、社長が更迭をすればいい。
 しかし社長である嶋中がそれをせず、自ら辞めさせようとしている……

 綱淵はおそらく、嶋中や他の幹部たちの保身に気づいていたのだろう。
 更迭という手段を取れない嶋中や幹部たちの保身……

 彼らは、粕谷が自ら辞めることで、自らはなんら手を汚さずに、この件が解決できると思っていたのだろう。
 粕谷がそういわざるを得ない状況を作ることまでして……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


518 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:33:15 ID:KD7lrXVs0

           ヽ
              j ,イ v1 /
    ね    気   ∨// レ/ // ノ
               トv'////∠/
   え    に    :| i l //く三三三ニ
               |// j^゛"ヾ;二二ニ=
   よ    入    :レ"´     \ヽ<´
              |         くヽ
  !!    ら     |    ___ ',
              .  i / ./ __ ヽ
            /  i !l// / ヾ、
            ハ  i l レl// ◎ ノノ }
              ∧ヽr' l {/ム===''´∠
\__  ___/::::..` `// _rr' ̄ ̄ ̄ヽ.
;!:::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::: 〈/ / {{o  ー、 }}
i{  \_rr' ̄ ̄ ̄ ̄ヾ,__V/ヾニニニニニ〃
ヽヽ_,; (。{{      c} }7 ̄く   ゞ、_ \ ヽ!
 >>-、¨ヽニニニニニニソ    ヽ i   __\ |
/::::/:::::::',: : . .      l     /   ,ィ7l`;
::::/:::::::::::|ヽ; : ; ,    ` -― ' -' ¨,イ/ ; :
::7:::::::::::::|::: \: : . ;    ,-―'´  +'// ; : :
/:::::::::::::::|::::.. i\: ; ; , </++'__// ; : ::l
::::::::::::::::::ヽ;::....l  \, ,:  二二二二´ , ; : :ノ
:::::::::::::::::::::::\ ',   ヽ:;;: ; ; ; : . , ;; ; : :; ; ;/三
:::::::::::::::::::::::::::::\三三三三三三三三三三三
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 粕谷はその場では態度を保留した。
 しかし、ほとんどの幹部が、編集長を辞すべきという見解を示した中で、
 編集長の座に居座り続けるほど厚顔な人物でもなかった。

 結局、この場では辞意を示さなかったものの、
 後日、嶋中の元に電話で辞意を伝えたという。

 もっともそれは、嶋中を罵倒する内容だったといわれている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


519 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:33:32 ID:KD7lrXVs0

  、;."`;: .:..――――
  ;":::::::::::::::::ヾ:::::::::::  \
:::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::  ;―i よ か ろ う 嶋 中 と 宮 脇―――
::::::::::::::::r^i::::::i^i_::::  /  l
::::::iヽ○i l○〉:〉ヽ::::/  ..:::|  我 ら の 神 罰 の 味――――
:::::rヽ∨  i_/ //;イ  .::::::::|
:::::::\iJesus //:::i .::::::::::|   か み し め る が 良 い――――
::::::::::::>  † :〈::::::: | .::::::::::|
:::::::::/>―<i :::  |.....::::::::::|
:::::::/:::::::::::::::/:::::::::::| .:::::::::::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 粕谷は電話でその事情を伝えたその日から、しばらくの間休職した。
 この会社で働くことが馬鹿らしくなったのだろう。

 もっとも、しばらくして歴史系の雑誌の編集長として復職、
 さらに70年代半ばになぜか再び「中央公論」の編集長に復帰している。

 それくらい中央公論社は人材が枯渇していたのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


520 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:33:51 ID:KD7lrXVs0

                        ____  _  _,  -‐ァ
                   ,  -‐ァ'´ ̄ ̄"   // ̄ / ̄ ///
              /   / //   , /  /    /厶-、
               / //   /   //   /    / ィ⌒ヾ`\
            , '        /   //   /   /   イ !、  \
         /          /   , ′   /   /ハ | |  、    ヽ
.         /  / /       ′   ,/     /   / } j||  、   ',
         /  / /  ′/  /  /,′  _,厶≠ミx//} | ∧   ',ヽ  |
       ′/ /′ /    /  / /   /寸斧ミメ.く//   ,   |   |
      !   /′ /  / //  ′/  //、Vノ: !`ヾ//!   ', | ヽ'|
       ‘  〃  ; / /   ,′ /   //{{ ヽ ゞく_,, /イ }    i |   }|
         ∨′ i|:  イ  / ,′ /`,ー'     / 乂    } j    |
         |{ヽ  | |_」_,/| / // /´`¨´          > || ′
        {| ゝ".:::::::::::`|   /イ /               _ j´    |レ′   この会社にいてもロクなことにはならなそうだ……
             ).:.:.::::::::::::::! / |/              ‘;´
      , -‐ァ' フΠ⌒「`ヽ/       _       /´
.      / //〃 |   !   '     ,′`  、   /                        *     +    巛 ヽ
     ///′:|!  ,    '=‐- .、i     `¨´                                    〒 !   +
.    / / /  | i  !   ′   '::....:::::::::`...、                                  +    。  |  |
   / // 〃  | i  i   ,    ',::. :.::::::::::::: _>-―- 、                         *  , " ̄^ `  / /   +
.  / // /″  | i  i   ′   ∨´:::::: ̄ ::. ::. ::. ::. ::. ::. ..、                          <vV从'| / /
  ′/ / ′   | i  i   ',    ',:::::::::::::::::.... :.:.:.:::::::::::::::::::::::.....、      ペンクラブへカモォーン!   リ´Δ`リ)i/ / +    。
 { / / :′   | {  {     、   '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....、                     ,-     f
  ∨ ,′i     い、 ヽ、   ヽ.   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、                  / ュヘ    | *     +
  ,′′ |       \ \    \  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...、               〈_} )   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 事実、中央公論社からは人材が次々と流出していった。

 例えば、綱淵は1971年に職を辞し日本ペンクラブ事務局長となり……。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


521 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:34:10 ID:KD7lrXVs0

     _   , -─- 、
   / ニ `′二_`ヽ.\  
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
 / / , l f'``"" | ト  l l | 
 ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |
. | /l''==a= , =a==''|r、! 
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ           この会社では、もうオルグとかはできないだろう。
.  トl.|   _ ヽ _   l'イ|
  l l.ト、.‘'''" ̄ ̄`'''’,イ l |           とっとと辞めてしまおう。
-‐'''l ! l.\   ̄  / | l |`:ー-
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井出孫六も、退職しフリーライターとなった。

 なお、この中公労使紛争の黒幕の一人が井出だったのではないかと言われている。
 確かに現時点でも名前を検索してみると、市民運動などとの接点が色濃く出ている人物であり、
 左翼運動との関係が否定しきれない人物ではある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


522 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:34:31 ID:KD7lrXVs0

パッ   パッ   パッ    パッ   パッ    パッ
 [穏健]   [穏健]  [穏健]  [穏健]  [穏健]  [穏健]
  ∥∧∧  ∥∧∧ ∥∧,,∧ ∥∧,,∧ ∥∧∧  ∥,∧∧
  ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)
   (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
   `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 中公労組も穏健派が要職をおさえ、活動が穏健化し……
 一方で、過激な活動を志向する人々や、セクトとつながりのある人々が冷や飯を食わされることになった。

 そういう人々もまた、中央公論社を退職していくことになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


523 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:34:56 ID:KD7lrXVs0

   ┃   共産革命!米帝出てけ!    ┃
   ┃   ベトナム反戦!自衛隊廃止!  .┃
.   r ̄ヨ                       ┃
.    |  ヨ━━━━━━━━━━━━━ εrn.
    |, |        ,,,-~-丶,.         冫〃>
    |  |       /;;;;;,ー‐´⌒ヽ        f  /
   |  |      ./::ミ「' u __ __. i        |  |
  |   |      |:::::ミ|,‐{ = H{ =)       |  .|
  ヽ   \     (ej u ニ'凸ニ')      /   |
   \  \.     ソ、;; :::: r=i 丿    /  /
     \  ノリ\,/"-ヘへ ==ノヘ_,-ヾ  ,/
      / ノ ハヽ\\  ⌒ ´〃.   \/
 プーン ミ \ 丿  ヾ.\\ノノ  @ヾ /彡 ツーン!!
   ツーン ミ Y'    ヽヽ \\ノノ   Y 彡 プーン~
        ||\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        ||\\                \       ∧_∧
        ||  \\                   \   ( ;´Д`) (オイ、なんか変なのがいるぞ)
            \\                \  /    ヽ
              \\                   / .|   | |
               \ ∧_∧         (⌒\|__./ ./
                 ( ´,_・・`)目合わせるなって ∧_∧
                  _/   ヽ          \ (     ) うわー、こっち見てるよ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 時代も徐々に変わりつつあった。
 学生運動や新左翼運動を口実にした暴力事件などが頻発したからである。

 人々は学生運動や左翼運動を批判的に見始めるようになった。

 そんな中で、中公労使紛争を支えていた人々も、冷たい目で見られるようになってきた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


524 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:35:21 ID:KD7lrXVs0

            _
           ,, -':"::::::::゙:''ヽ、
          /:::::::::::::/!:Λ::::::ヽ
         i::::::://|/‐レ |/|,!::|
       |:::::::イi'(;;;) (;;)'i|:::|       ま、そろそろ引き際やな。
        |::::::::i         i::::|       中公への執筆拒否を解除する頃合やろ。
       |::::::::ト、  (⌒) ノ:::|
       |:::::l^lレ|`'‐┬''":,::::|        この労使紛争で中公さんも、
       i::;r|└、ヽ__」\/|::;j        かなり痛い思いしたはずやし。
       / ノ iノ ヽ |  |/
      / /`‐<^'' ‐V‐'"v |
       | /`‐-<   ||   | |
      .|/   /   | |   | |
      (   /   .|. |.  | |
      ヽr'"    | |   | |

                                           ,ィ ,イ/⌒Z__
                                           ( |/  ´         ≧
                                          /::::::         `ヽ
                                        ∠:::::::::::::::      `l .l   丶
   (人の気も知らないで!)                        /:::::::::::::::::      | .|ノルリノ
                                         人λ:::::::::::::    .i.).|
   (中公で実際に闘争やったオレらが、)            .     .|:::::::::       l.|..|゚。
   (今どうなってるのか、知ってるのか、こいつら!)          . .ト、ノ::::       しi|__
                                         ゝ、:::::::       .,ノ .|
                                         :|::{::::::::::::     ::::}| :::i
                                         :|::{::::::::::::     .:::::}| :::|:
                                         :`.|{:::::::      .:::::}| :::|_:
                                         .:.,' ルヘリレ゙ソルヘリレ゙(  :::}:
                                         .:i          `.-‐"
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのような社会情勢の中、久野や鶴見らは、中公への執筆拒否を解除することにした。
 表向きは「一定の効果があった」とするものだが、
 実のところは「自分たちの本が出せず、自分たちが経済的に苦しくなった」が本音のようである。
 また社会情勢の変化は、新左翼に肩入れの強かった彼らを、冷遇する方向に流れ始めていた。

 しかし、それは中公で労使紛争をやってきた人々の感情を逆撫でするものであった。
 彼らは、久野や鶴見の「表現の自由」を守るために闘ってきたのである。
 それが、守られるべき人間たちがいつの間にか会社と再び手を組み、
 一方で会社と闘ってきた私たちは、冷や飯を食わされている……

 幻滅した労組過激派は、どんどんと先細って行く。
 退職するもの、転向するもの……
 誰からも見捨てられた状況を戦い抜くだけの人間は、数多くなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


525 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:36:02 ID:KD7lrXVs0

                   _____
                   /
              /                  \
             /                     \
            /                       \
           /                          ',
          /                               ',
        i                              .
        |                              i          ・ ・ ・ ・ ・ ・
        |                              |
        .                           
         '.                             }
           __',_______________      ノ
      /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\   /
     /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二}/
     }二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ∧
     i二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結局、宮脇の描いたシナリオどおりになった。
 穏健派が労組を押さえ、その穏健派の人々と妥結する。
 結果、どうにかこうにか労使紛争は終結し、中央公論社に平安が戻った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


526 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:36:21 ID:KD7lrXVs0

        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'
    .l;; ∴/ィ,ニ'';;;;;;;;,y.  .uェ;;ijニニニ以
     ]/'.l.|  '゙.l,,ノ゛    ." l ノ" .l、.!
     ,!゙ .川  `゙゙゙'ー    .!‘'' ̄´  .l l              で、ムラマツさんは、あの争議のとき、
     ヽ ゝ            |     !.|l゙
     .'Lヽ         ,     l゙/              どんな役割をしなすった……
      l'ァ.l       `..'"    .|’
      .リ ヽ    .ー===-   /
      /'゙i  .ヽ    .......   .,┤
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_
 .″/   |  .i .l      !  !  .゛ |   ヽ.`‐   ̄'''ー ..、
  .l゙   !  ..,|___.l     ′ l゛ _...l   ヽ  .― ,,,,  `''-、.
  ./   .|,,,    ゙゙̄^" ...,,, .,r'" ̄  .,,〕    ヽ     `''ー..,、
 /    l          : !         !    . l        ゛
,/     !          !         l     .ヽ
      |          l       .l     ..l
.フ'''ー 、,  .,!          l       !   .,/゛
    .゙> .|                     ! .<,,_
  . /   |             !       ..l   .`''ー............,,,、
-.     .l          ゛           }     ./    l
,,..ミi、    !                     l゙   .,イ----- l
   .゙ュ.   ..!        /  、         |   ./       !



   、__`≧=-.:/.:.:.:./..:.:/:/.:.:.:.:.:./.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ニZ.´
  、_`ニ ⇒..:.:.:.:./.:./.:./:/.:,:.:.:.:./.:.:/.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.-:≦二、
    `'¬彡.:.:./.:././.:./:/.:/.:.:.:/.:.:/.:.:,:.i.:.:j:.:.:.!.:.:.:.:.i:.:.:.、:.:.:.:.:.ー'Z^
   ー=≦/.:.:.:.'i:.:i:./i/,〃.:.:/.:.:/:/:,1:.!:.:'i:.:.,1:.:.:.:.:!、:.:.:\:.、≦二
     __彡.:.:.:./.:.!:.:!∨/l/!:./.:.:,.:./:/ }:.j/_j:/.」:.:.:.:i:|い:、:.:.:.:\く ̄
     `¨ア.:〃.:.:!!.j厶{劣iイ.:.:/:/:厶イィ岱㍉〕.:.:.:i从V.:\_:_:_戈
       ///.:/.i|i∧ {iJ^|:./:/i/'¨下'{iJ ノ从:./:.}:.川:.:ヽ.≧=-
     ´ /イ.:/!い^`=‐彳/      ‐='^″}':.://∧\:.:\_
        |/|小.i     '」〉        /イ、く:\ヽi^''ー一     (また、ストレートな物言いだな……)
          |;小    !{            /|「:.、:\`:ト
              、              / !!:厶トへ|        (でも……こういうのは嫌いじゃない)
              \  ─…‐-     '   i「》} 〉
                 .\        /   /″ /{
                //个 .___   ´ r<    / }
           //  /j       }/ハ  / _,厶__


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、世間は中公労使紛争のことを忘れたわけではなかった。

 例えば労使紛争から少し経ったある日、村松友視は、三島由紀夫宅を訪問した折、
 三島から中公労使紛争のことを尋ねられている。

 それくらい世間からは注目されていたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


527 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:36:45 ID:KD7lrXVs0

 \:::::::::::/::::://::|::::::::/:!:::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::∧:: ト、:::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
___>:::/:::::/イ::: |::::::::|r|::::::::/::::::l:::::::::::::::::::::∧::l::::|:::|:::丶::::::::|{:::{:::::::::. :::::::::::::::::i:::::::
 ̄ ̄7ィ:::::/::::|: /|::::::::l::|:::::/>::、ト、:::::::::::::::/:::l::|::::|:::lL孑ヤ´::l:ヽト、::::∧:::::::::::::. |::::::
  /::::|:::/::::: l/:::|:::::/:{{|::/下芥斥ミY:::::::::/:::::|::|;斗::|≫斧笊斤l|ミx::l::::|:::::::::::::::ト、:::
/:::::::: !/:::::::::::::::ハ::::l:::::|{ 弋):ツ|::ヽ|::::::/::::::::l::|::::l:/:、弋乏ソl| 〃::l|::::|:::::::::::::::| 〉    どんな役と言ってもですね……
-── |イ:::::::::::〈:::l:::|:::::| ゞ=-- -:'゙::|:::/:::::::::::|/::':─-:二ニ::::彡'::::::::::::|イ:|::::∧j /::
     /:::::::::::::::ヽ从::::::::::::::::::::::::::::: l/ .::}  ̄ ̄`ヽ、::::::::::::::::::::::::::/ ::j小/ノ:/::::     全員団交というのは、
   /:::::::::イ:::::介ト、::::::::::::/ ̄ ̄ /:/::l         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   、_::...::/:::::::     アングラ芝居のようなところがあって、
  /'^´ ̄ 厶イ/:::ハ:::::::::::\   /:〈::::j                    // ̄::::::::::::::
          レ′,.ヘ:::::::::::::::\/::::::l:::{              lj .:/〈:::::l\{^ヽ、    あるときは役者、
     -──:::::: ̄:::::∧:::::::::::::::::::::::::::`ヽ.::::-‐           .:/::::∧l|∧\      あるときは観客というふうに、
  /   .:::::::::::::::::::::::/:::::ヽ:::::::::::::、____{::_______:;ァ:::.  .::/::::/::::::|/∧      役割がころころ変るんですよね。
/     .::::::::::::::::::/::::::::::l\:::::::::::::マ(______..ア/   .:::/:::::/:::::::::l///l
     .:::::  .:::::::/:::::::::::::|//\::::::::::`::.ー──‐  ´   .::/::::::::/::::::::::////j
       .:::::::::::::::::::::::::::∨// \:::::::::ー=-─一   .::/:::::::::::/:::::::::://///


             / /  
''´´´ ̄ ̄ ̄` ー--、_   ̄ 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.ヾ、 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ 
;:;;::ヾヽゞζ)ヾ゚''心,ヾ;:;:、;:,, '゙ 
;:;:'         ハソ  ''!ヾ 
;:;:.';       .ノ´)ノ   !  
;;::;:/〃二二ーーー-t   fー-,,! 
;;:/   r==f ̄ ´  ∧<''  
リ    、迅y. ´   K庁 !   
イ            ヽ` !
             ヽ .!
          __ ノ |
           ´  l               ハハハ、なるほどね。
ヽ        ー=二ア  j
 ` 、     、____,   /
    、        /
  、   、    ! /
.  '     `,,ーtー´
..  `.       !

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このとき、村松は労使紛争を「アングラ芝居」に例えて、
 「役割がころころ変わる」と言っている。

 もっとも、村松が「アングラ芝居」と例えているように、
 多くの組合員にとっては、団交は「闘争の場」ではなかったのだろう。
 おそらく多くの組合員が、この団交を醒めてみていたのだと思う。

 この時点で労組側の団交の失敗は明白であったのかもしれない。
 労組過激派は、他の組合員の心を置き去りにしたまま、走ってしまったのだから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


528 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:37:05 ID:KD7lrXVs0

                    ., '                      ^ _
                   , '                          ´ ,
                 , ':                            ´_
               , ': :                               ',
             ,' : : :                              '.
              ,' : : : :                               ',
           .,':: : : : :.                                   '.
            ;: : : : : : .                               ',
           .;: : : : : : : .                                  i
            .j: : : : : : : : .                                  i
           ;: : : : : : : : . .       __,,....,,___ __               }
.          Ⅳ : : : : : : : :_,. -.='彡三ー―-- ミ、 `ヽ、`ヽ、           ,′
           .キ  _ -  ̄,=-'" ̄           `\`ヽ、``ヽ、         ,′
            .,X´ ,/´         _____ _....   \ `  ``ヽ、..,,__  /
          r''",/´   _,.-==ニ二 ̄   ___ 三二ニ=キ-‐ー''""''ー‐ヲキ≠ー--‐ー‐‐- 、
           ㍉、  ,、‐'´     , -ー''" ̄   _,,、-‐''"”   ......    //::::::::::::::::::::::: /` `ヽミミ=
           Ⅳ  ___,、-''"   ,,、=-‐''"”        ....:::::::::::::::::::::/ / :::::::;;:'''  '''''/      ......`ヽ、
        ..ト‐''" ̄  " l、     .....:::::::::;    .....:::::::::::::;;::''''  '''/ /        /.. ...........  :::::::::::.. i、
  ....__,.,.=-=キ-ー     |            ::::::::::;;::'''     ..../ /:.::::::::::::.   /:::::::::::::::::::::::;  ''':::::::::::::'i.
    il           /      ......:::::.....    ....       ::::::/ /:::::::::::::::::;  /::::::::::::;;;;:::::::::::::::; \ '':::::::::i
    .||....   .....:::::::::::::.. |   ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ..:::| |::::;;:::;;;:''''  /;:::::::;:'''  ''''''''''''   \  ''::::i
  ....||:::::::::::::::::::::::::::::::::::; |  ;::::::::::::::::;;    ;:::::::::::::::::; ......:::::::::::::| |      /  ..............   .:::::::::::::::::..\   i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 中公労使紛争は、宮脇俊三の尽力によって、一応の決着をみた。

 もっとも、この紛争であらわになった問題については、そのまま置き去りにしてしまった。
 そしてこの紛争で生じてしまった問題についても……

 微妙な火種のくすぶりが残ったまま、中央公論社は会社としての歩みを再び始めた……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                                【 了 】


529 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 19:37:38 ID:KD7lrXVs0

以上でございます。ご清聴ありがとうございました。



530 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 20:09:01 ID:M0ezzKBg0

乙。今はネットで、ステマステマ五月蠅いけど、半世紀前だと出版社を牛耳るのがそういう場だったんですな


531 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/04/21(土) 22:23:03 ID:mmLIbB.o0

乙でした
しかし乗っ取りは図るけど自分たちで別会社立ち上げないあたりが実に労組だなあw


532 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 01:17:08 ID:/VNc5hjs0


当時の社長も労組も、ついでに思想家もみんなアレだなあ

学園闘争も発端は当時の大学の腐敗が一因だったと聞くし
構図としては似たようなものを感じさせられたわ

そして過激派がいまだに自治会牛耳って
アジビラまく傍らグダグダ運営やってる我が母校ェ……


533 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 01:27:25 ID:3zJ1fplk0

乙です。

20年くらい前とある漫画の舞台になった大学受けに行ったら駅前でドカヘルにタオルで覆面した連中と機動隊がにらみ合ってて
一気に入学する気無くなったことあったなぁ。結局試験途中で抜け出して新宿で映画見て帰った。


534 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 01:40:41 ID:MKJEqcEo0

乙でした

時代が時代だから、全共闘とか全学連とかも今の目線で否定はしないけど、今も昔のまんまやっててもなぁ、とは思う

うちの大学は去年、自治会解散動議が代議員大会で出された(否決)と思ったら、今月ついに自治会が過去における特定党派(=民青)の介入を大学新聞で認めた
一体何が起きてるのかマジでなぞい状況になってる


535 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 13:42:00 ID:buC0.lhE0


他の様々なアカを扱ったスレも見てきたけど、
こいつら結局弱者を効率良く奴隷にして甘い汁を吸うシステムを構築したいだけなんだよなぁ
その背後にあるのもスターリンによるレーニン偶像化からの宗教的共産主義なんだから笑わせる
救世主の振りをした奴隷商人に過ぎないんだよな
それが結局上手くいかなかったから今でも辞められずgdgd続けるしか無いって言う







第44話へ進む




嘘予告5へ戻る




まとめ一覧へ





 
関連記事

※535
結果新規の運動員が増えず、自治会があちこちで崩壊して新しい組織に入れ替わってるよな。

当時の運動家も今は60~70代か。時代が変わりつつあるね。
[ 2012/04/23 23:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。