合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

スポンサーサイト


タグ:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    前の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 番外編6 「 「「である」ことと「する」こと」の読み方? 」』  
    次の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 第44話 「ミヤワキチュンゾー、デテコーイ!」』  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 第45話 「丸山のリズム」


タグ:
579 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:35:25 ID:0NRt6gOQ0
こんばんわ。久々に投下します。

それでは、現代文学のちょっとした裏話。


580 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:35:38 ID:0NRt6gOQ0

【丸山のリズム】


          ,. -───- 、
       ,. -'´         ヽ!l__
      /    , ---- 、  ___  ヽーヽ
    r'´ ___r─'´      ´   r‐、  ヽ
   /  r'´/             \\ ヽ
   /|  レ'               ヽミヽ!
   j      /         l       ヽヾ|
   /       〃 ,ィ /  /|ハ/ト、.   | ヽ |、
  /イ/   ////┼! //、リ┼||ト|  | | l|、
   | |   rヘ ー一 l/l/〃 ー一' リ ト、|/!
   |/|/!,ィヘ__      i      /ノ ヽ|ヽ!
   ! !|/ |/|ハ  、_'__ ,  ,ィ| || /リ!               兄がいつもお世話になっております。
        ! l/´「lヽ、     /「ll/ l/
         ト、\`ー‐ '// |
 , ---┬‐┬イ! lヽ、 ̄ ̄/  |ヽ----- 、
'´    |   | / └  |___| ┘ | |   |   ``
     /  |/  \      /ヽ  ヽ

           【庄司薫】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1969年に発表された庄司薫の小説「赤頭巾ちゃん気をつけて」の中に、
 興味深いシーンがある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    前の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 番外編6 「 「「である」ことと「する」こと」の読み方? 」』  
    次の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 第44話 「ミヤワキチュンゾー、デテコーイ!」』  

581 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:35:52 ID:0NRt6gOQ0

                                         .  ヽ ̄ L、      i 〈-'´
                                            ヽ.  __,,...-‐'  / i,‐z,
                                             ヽ  -     / _,.‐'´`>、_
             やあ、やあ。                          ヽ.  __,.. - '-‐'_,.、‐'´:::::.:.:ヽ_
                                             ┌'`]'"´~__,,.‐'´::::::::::::::::::::::::::..``'''‐‐--..,,
                                          _,,..、-‐'~'‐t-‐彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.::.:.::ヽ
                                        ,r'´ ィ'´     i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                                      .  !  i     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                        ヽ _i    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                                        /:ヽヽ ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                                      .  i:::::::`ヽ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                        i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                        i::::::::::::O:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                      . |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                      . i::::::::::::O:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                      . |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
                                       .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
                                      . |:::::::::::O:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                                      . i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l

                                                【「大山先生」】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 主人公である「薫くん」が、兄と一緒に銀座を歩いていたとき、
 兄の指導教官である「すごい思想史の講義をしている教授」と出会ったところである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



582 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:36:07 ID:0NRt6gOQ0

        λヽ、 :.:.:.        :.:|    |
         ヾ~`|, .:.:.        , .j    .i
          yゝ:.:.:   _          /
           | ヽ:.:.   `ー‐-----   /                   まあ、お茶でもどうだね?
           |:.:.:ヽ.:.      __   /
          Y、_.:. ヽ      .:.   /
          || `‐-、_y_        /  |、_
       /~ |‐-、_   " ̄ ̄ ̄ ̄´ノ´~|_;;;;; ̄`ー-、_____
_,-‐――";;;;;;;;;;;|、  ~、__ ̄`、. /´ /λ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ、_     `ー、_,_//"~|;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  `ー----フ´  λヽ'   |;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|      /    |ヾ ヽ  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     /      ヾ|  \ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その先生……「大山先生」は、「薫くん」兄弟を気軽にお茶に誘い……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



583 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:36:20 ID:0NRt6gOQ0

  ノ    ノ   ノ
 ノ    ノ  ノ
::::::|::/ ノ  ノ
::::::|/         ________________
::::::|       /:::::::::::::::::\:::.\:::.:\:::.\:::.\:::.\:::.\.:::\
::::::|      .// ̄ ̄ ̄\\::::.\ [_焼_き_鳥_モララー_]:::\
::::)`⌒ヽ  .//   ;;;;;;;;;;;;;;;;;; \\:::.\:::.\:::.\:::.\:::.\::\:::.\
::::(  モ:||  ┏┫.r....―┐┌\\:::.\:::.\:::.\:::.\:::.\:::.\:::.\
: :::)ヽ ラ.|| /三三ヽ----:| ||--|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l||
::::( ビ :|| {三焼三}  ..::| ||  ゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛||皮|゛゛゛゛゛゛||つ||゛
: :::) |  :||{;;三き三;;} ..::| ||  ‐■■■   ∧_∧    .||.く.||
::::( ル...:|| {三鳥三}  ..::| || /########/  ( ・∀・)    ||ね||
: :::)..;.:;;;;;;|| ヽ三三ノ   . .:| ||  ||,,从人、、||  (  つ つ‐■■■
::::'⌒ヽ'...|| ..┗^┛...─―| || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
::::::| ... .. .||......./r|;;;.||   ::| ||     全 種 類 一本\100      |
""""''''''''""""''''''''""""''''''''""""''''''''""""''''''''""""''''''''""""''''''''"
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 それから次々に話がはずんで、
 食事にお酒にと席を変えながら、とうとう真夜中すぎまで一緒にいたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



584 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:36:59 ID:0NRt6gOQ0

       _l: : : : : : : l               _ l::::ノ'''
⌒'‐-‐'⌒ ̄ ./'´l: : r‐、: l               /ッ''‐- ,,__    、-‐ッ‐''´ヽ
::::::::::::::::::::::::::/:::::'''‐l `'、弋              ノ /::::::::::::::: ̄`'‐<二ニ:⌒: ヽ
:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::} ij.               l /::::::::::::::::::::::::::/丿、ヽ `ヽ |,,__
:::::::::: ''''''''/::::::::::::::::::l ゙i            ;     l:::::::::::::::::::::::::::::::~:::::ノ ,'  '  |:::::    ほんとうに、こうやって、
     /     ''l l ヽ,,!         '     /::: '''' '''''' ::::::::: '''''/ , '    ノ::::::    ダベっているのは、楽しいですね。
      ̄ >   l  l ヽ |    、 -‐ー‐- ,,   l |  <  ̄    ノ  ,.'    ノ'::::::::
     r'´     l  ヽヽ\    `'‐-ー-‐'  /'´   `''‐,  {      /  ::::::
    ヽ      ヽ  \ヽl     ´`   / /     ノ __,,,_l   _,,∠ -- ,,_ ::::
      \       \  \\_____ノ-‐ ''' ‐‐‐--/   `r'´      `} :
      \       \‐- ,,_l   l  \        / 'i l⌒ l   __,,,,,__ ノ
       \      \  l   l    \      /  l ‐-‐}-‐''     ヽ,



585 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:37:11 ID:0NRt6gOQ0

                                        ./          ^ヾソ ,   \
                                       ,/,,   ,/              \
                                     /_/  /                 ヽ
                                    '"´ /  /                   ヽ
                                     .〃 /        /     /       ',\
                                     //|/     / /./     /', l 、    ヽ
                                    /' / /,   / /_// /   /// .!,|ヽ, 〕   、 \
                                      7 jYl  .-''/^"゛~l`i   /|'/',,"゛^"゛'''ト  . /ヽ〉`
                                     /, イ| | /i/lヽ''""'^ト| // r' '''"^'''ヾ' Wi ト | ./
                                    〃  ハl//ぃil.    ' !/'        /イ〉i| ./V
      (本当に楽しそうに話し続ける先生だな……)      |/i/' ヾ,ヽ.      .|〉    /ニ〃!|/
                                        l/ ,,i ,i .ィ\   ー- .-一'  ./,,,、r'´
                                        !/´|/`´,'ー‐ト、.       イヽ-i/
                                           /  j ` 、  / l,  `、
                                         ,/'  ,/ノ   ` ´   .l`i  ',\
                                       ,,- '"〃  〈/         ! |  iヽ,`丶、
                                     /  /i|.   ',           .l  |、    `ヽ、
                                    /   / ./.|.   ',、__    __./  | ヽ     \
                                  /    ,,./ l.    ',____ヽ  ‐'"_,,./_.    ',_      \
                                       ,,ノ/  z.‐'' ヘ, '::::`"::""´゛./ノ``i   ',丶、     \
                                     / |_,,,,...ノ'',  / .ヽ::::::::::::::/(.  L_____i  `丶、    l
                                   ,,/       ', `ト、,' ,:::,./_,,. ,>          ヘ/   |
                                  y'    、     `   ,>o''"´           / /z,,..‐-l
                                  '',     ヽ       \ ヾ、    __   ,..-r, / /    ||
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「ほんとうにこうやってダベっているのは、楽しいですね。」
 などといって、いつまでも楽しそうに話し続けられるその「先生」を見て、
 「薫くん」は感銘を受けたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



586 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:37:25 ID:0NRt6gOQ0

             _,、、_ ', i /ヘ、
            ´ _,∠ ̄ゝ| l7〈-‐z__
           , ‐'_, - '´ l 7ヘ ‐=、‐`、
           ノ/ /'´   , /|  l   \`
          // /  / // j l | l ヾ' 、l
           ノ/ / ノ, /7/l`,ハ! jハ_}、i ト l
       イ/ /l∠、イ/ /''弋^}/(Lj,l/ !リ
        // 八'K!{l        'イノ!|′
       / _/ rゝィ     -‐ ¬ /                先生……大丈夫かな?
       ´ ̄/イ//, ! `       /
          ´ソj/レ|  i   r一′
           r‐┴ 、l   |
          _∠、   7i {ー 、
      _, ‐ '´    l  丿,ト ヽ、\
      /       ヽ '´く ヾ==| 〈lハ、_
    /   ヽ\        ` ー\j /`' i `\ __
    / ,._ \ヽ l         V  _」 - ' ´ 、__ \
  〈 |    \ ヽト、        j /    、\\\ヽ
   i |       \l '、\      / _ ,. - 、 ト、ヽ. l¨L|
    !|   \    \ ヽ ヽ   /   ∠z_ァ'{|} |人
    l|     `丶、__,\  >'´   /  /l `'_ゝ'′_`'ー、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、「赤頭巾ちゃん気をつけて」では、その「大山先生」のことは、
 「すごい思想史の講義をしている教授」で話好きのことぐらいしかわからない。
 もっとも……当時のそういう知識人として該当する人は限られており、
 分かる人にはこれだけで十分分かったらしいのだが。

 この「大山先生」という人物は、庄司薫の次作である「さよなら怪傑黒頭巾」でも会話中に登場しており、
 その際は「大学紛争に疲れて入院中」とされている。

 「大山先生」が誰のことか、読者の多くはここで分かったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



587 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:38:22 ID:0NRt6gOQ0

           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::;;ィ"ッ/ノノノ ゙i:::::::::l
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::/::;ィ:/~ ⌒ノ ノノ   l:::::::::l
         /ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::/'´  `´          i':::::::::ji
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/ -‐-_,,,,___          i:::::i::ノ
          {;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;::i_,,-‐l ̄   `'t-__' ,,,___-‐- i:::ノ'´
         l;;;;;;;;;/ ヽ;;:i   i     ノ  {    ゙̄l
         ヽ;;;;;;l i ) V    `'‐--─"   l、__  ,ノ、
          \ヽ ゝゝ          ,  〉  ̄ }ノ
            ヽ\     ,          /ノ
             \ト-i     `''‐- 、,,,_    /‐'
              l ヽ       _  ̄ ノ
              l゙  ゙i           /
             _,l    ヽ         /
           ,r'´ .l ,r‐- 、,_`'‐-─-- ,,_,,ィl` >
      _   \ l/r'     ̄``'''─--─'´ノ-、
  _,,-‐''"´ _,,二ニニ=-、______,,,,,--‐ッ‐'  ``‐、,,_

                【丸山眞男】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 実は、「大山先生」とは、丸山眞男のことである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



588 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:38:48 ID:0NRt6gOQ0

   /     _ノ  ヽ |
   |   /ノ     .l l
   '、. r.、l ─-、   ,r‐ レ'
   ヾi' '`''l´ ̄ フ'f´ ̄リ
    l'、   ̄´  l ̄~l
    ヾl   、   '  /
     | ヽ   ̄  /
     ,. l`ーヽ___/.ト、_
r─‐r'  |`ー- =、 ノ,r',!  、 ̄ ̄
  /   l`ー--ノ~ヽ,´ l   ヽ
  /   l  /   ヽ\l   ヽ
                                       ///  l         \ヽ\_
                                         / /| |/ |  ト、 \ \ ヽ  ヽ―<__
                                        |イ .|/_/|  |-N\|\| ト、|\|::::::<_
                                        |/ |/nヘ | ヘ_厂`' ヽ|k_〉l::::::::>
                                        │ |「 ∧|        ∧|::::::Z ̄
                                          |ヘ ヽ__      レ'7ー¬―、
                                            \  ̄      | /:::::::::::::::::::\
                                            /ヽ -イ\   /::://::::::::::ヽ:::\
                                           /:::::ヽ:::::::::〈:《ヽ ..:/:::/:::::::::::::::::::::::\::\
                                           |:::::::>-::::::::::\_//::|:::::::::::::::::::::::r―>::
                                           |::::::::::::─\:::::::::/:::::|:::::::::::::::::::::::|─::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 庄司薫(本名福田章二)は、東京大学法学部卒で、丸山のゼミに所属していたのだ。

 なお余談ではあるが、
 元参院議長の江田五月も同じ時期に丸山ゼミに所属していたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



589 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:39:03 ID:0NRt6gOQ0

         //    /                  、\
       イ´ /    /                    ヽ丶
       / / /    /     /                 ヽ ヽ
      ノ/ /    //   /       ,              .l
     /,.ノ   ,r'`ヽ /    /_,./ ,ィ       i     l ,ト、.l
    ∠彡    ! r >l /,   / ∠-、,./ /    / / /!     l | ヽl
     イ l /   l ゝ /// /Tヒj`ヽ` /   イ/l,/ |     l/  .i
     /// ,  ヽ、 /     `゙`  /,イ//,イツヽ /!  l   /
     ノノ .」   | l        〃/  l ┴' /┤ /l イ./
     ∠ノ/   ハ               l!  ./  レ' l/レ'
      _,'イ i,/         `ヽ、.     ノ ノ
      /  ``ー-- _l ヽ        ̄`  /              ウチのゼミの同人誌に、
    /        `ヽ、 ヽ、      ,/                これを入れてもらえないかな?
   <T ー─-、 .__        \'´ヽ、  , '
  /´ ̄ ̄```─ヽ、       ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 当時の丸山ゼミで同人誌を発行しようという話になったとき、庄司も短編小説を1編、持ち寄った。
 「赤頭巾ちゃん気をつけて」の元になった作品だといわれている。

 同作が発表される10年ほど前のことであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



590 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:39:18 ID:0NRt6gOQ0

          -ー―ー-ー'へーー,┐) )
         ,,..>           ''゙lノノノi
       ,r'"   ,z-''' /        ,,ト、 K
      ,r'″::Z;;/  /    ..:::/ .:  ::ヽy ゙ミ,,ヽ
     /Z∠゙//...::::/″__..::::::://..::: ::::::...:ヽ  N
 __∠"///7/ ....:/:/7__,,.ニ-==7:::::..::::.;;;ハ;;::::l::::::゙l,
   ,l ,,//,/::::::....::/// x'''"V::::リ/>"/リ/:::イ/-リ、li::::::::::':,
  /,:i'//i/:::::///゙ !″     ̄ 7/::∠/K::エ_'yl::l::::::ハ
  {:::::;,i///::::iK::〈:::::.......      //  7/゙ {:::リ::::::ハl
  l/l::i/::::i:::/:<:::li、::::::::::::::::::.   ー―--_,,.  l:::::::/l/
   l:::::::::r'Kヽy゙l::::::::::::::::::::::::          j:::l:/
  ム::::'《;'v,└i,::::::::::::::::::::::::::::        /ヘl/
    フ::::~`::=、-rへ::::::::::::::::::::::      /
    li::::::::::::::::::ヘ::::::ヽ:::::::::::::::::::...    /
    l,i:::::::::::::::::ト:::::::::::::::::::::::::::::::::::... /
     l:::::/!,il,i,レl::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄
     l/ l/ llヘ:l::::::::::::::::::::::::::::::/゙'l
          l::::::::::::::::::::::::::/. l
          .l::::::::    r'"   l
           l::::::   :::::_____,,,,,l,,,,........,,__
           l:: _,,zー''"         ,l
       ..r''''",,レ'"        __,.,::....,,,,,〈
     _,.-'':::::r‐、  .......:::::  ,'" ̄二ーー''''l,______
   <"_::::::::::::l : :ヽ:::::::   ,.イ            ⌒`ヽ、
    i : i:::::::/::l: :/:::::   /          r-ー''''' ̄ ̄`>、
    ヽ l"<::::l l::    / /         /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「赤頭巾ちゃん気をつけて」の「薫くん」は、都立日比谷高校に在籍していたものの、
 学生運動の余波で東大受験が中止された年の受験生(高校生)という設定である。

 もちろん庄司はこのとき高校生であったはずもなく、
 30そこそこのオッサンが高校生になりきって、小説を書いた、ということなのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



591 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:39:40 ID:0NRt6gOQ0

   /     _ノ  ヽ |
   |   /ノ     .l l
   '、. r.、l ─-、   ,r‐ レ'
   ヾi' '`''l´ ̄ フ'f´ ̄リ
    l'、   ̄´  l ̄~l
    ヾl   、   '  /
     | ヽ   ̄  /
     ,. l`ーヽ___/.ト、_
r─‐r'  |`ー- =、 ノ,r',!  、 ̄ ̄
  /   l`ー--ノ~ヽ,´ l   ヽ
  /   l  /   ヽ\l   ヽ
                                       ///  l         \ヽ\_
                                         / /| |/ |  ト、 \ \ ヽ  ヽ―<__
                                        |イ .|/_/|  |-N\|\| ト、|\|::::::<_
                                        |/ |/nヘ | ヘ_厂`' ヽ|k_〉l::::::::>
                                        │ |「 ∧|        ∧|::::::Z ̄
                                          |ヘ ヽ__      レ'7ー¬―、
                                            \  ̄      | /:::::::::::::::::::\
                                            /ヽ -イ\   /::://::::::::::ヽ:::\
                                           /:::::ヽ:::::::::〈:《ヽ ..:/:::/:::::::::::::::::::::::\::\
                                           |:::::::>-::::::::::\_//::|:::::::::::::::::::::::r―>::
                                           |::::::::::::─\:::::::::/:::::|:::::::::::::::::::::::|─::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 無論、「大山先生」のことも、小説中では「薫くん」が兄から紹介を受けたように書いているが、
 実際のところは、庄司自身がゼミなどで接してきた丸山眞男に基づくものであるのだろう。

 だから「話好き」なんてことも書けたのだと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



592 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:39:57 ID:0NRt6gOQ0

                 \
                  ヾヽ、 |ヽ
            ,,_,,-'^`"´`‐' ヾ i } ,,/
       ,,,_____,,、-'‐''"  ニ=ー',,, ミ! レ'/
  、、  ,,,,_>        ''""´´ -‐ヾ/~'ニミ、
   \`‐---‐'"          "´ ,,, ニミ\
    \__ニニニニ/  .. 彡  /  /'!   i, iトミヽ,,
    、,,_/,,-=彡  ,イ ,   -/‐‐メ!  i! llヾ\!
 、_____,,>,       彡'ニミ!/;;///` ̄li'| ノ!ノ| ,|  `
  `ヽ--,,,__,,  ヲ" ,〈 |6,i//ソ〃:   / 入'' !,/
   ..彡// " 〃ヽニキ/: : : : :   7'´ >
   .〃|///'"/ /! /'' ~ilヽ: : : : :  -‐,'´         今日から紘子さんツアーだからな……
   ,,,.-‐'ニ=ヾ/' !!: : : : : :`: : : : :   i’
 ,/;;;;;;;;;;;;/ : : : : : : : : : : : :_,,‐--,,,__ノ           猫は僕が面倒みないと。
r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| : : : : : i l : ,, ‐'´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;_ : : : | r 'l;;;;ヽ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\`‐-、.j: :ト ;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´\, : :/: :i;;;;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7/-‐ ';;;;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~;;;;;;;;;;;;;;;/    __,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;i  _,r'iii |
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾiii`=-‐'''"~~  '''ソ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;/;;;ヾ''´     i〃!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;/|;/   ヾミ __ riiヲ,ノ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;/ ,/'     !,, <iiノ` 。 ノミ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  r'      〃トー-‐'i'/~'l__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;} /           |'"!  ` 〉
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|           レ´`ヽ、 リ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    __,,,,-‐'';;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;l'
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~;;"''"~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ただ、これだけを書くと、単なる恩師を褒めてるだけなんじゃないか、と見ることが出来てしまう。
 しかし、どうやらそういうわけではないらしい。

 それなら、いつでも書くことが出来たからである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



593 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:40:15 ID:0NRt6gOQ0

                __,,..-‐‐‐-、_
               ,ィ´ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ヽ
              l i'´ ゞ、:.:.:.:.:.:.:.:.::::`,
              ヽn____v'´'i::::::::::::l
               ノリ    リノ::::::::ゥ´
               `l__   rゝ:::::ソ
             .  l   /: : :l
                ゝ=ニニ--‐‐ュ
               _,,-d三二彡".::::`'‐、
             ,r'´/ l,.ィ'´:.:.:.:.:    ヽ
           / ,r´  l:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
           ゝ ト、,  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l
            `'ィ'´`'-‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::l
            l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 なぜ庄司薫は、1969年というこの時期に、
 「大山先生」という丸山がモデルとなっている存在を自らの小説に出したのか。

 それは当時丸山が置かれていた状況が理由としてあったのだと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



594 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:40:30 ID:0NRt6gOQ0

     /        ヽ
     〈         l、
      ヽ,        ,r'
        l!j       ソ
      l ヽ、__ ン                ・ ・ ・ ・ ・ ・
       l_i, -‐'==ヽ
       ィ'_,,. -‐'''  ̄ \
    ,ゞ'''<         ヽ
  /     ヽ         ヽ
  l        l          l
  |        l        l
  |          l        l
  l        l        l

                                                   , _
                                                __≧::::\ ト、ト、
                                               ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
                                             ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                            , ' :::::::l:::l´:::::::::::::::::::`l`l:::::::::::\
       丸山先生は信用できねえ!                    ヽル:::::|:::|乂ヽノ/ヽ;;|::|:::::::::ト、|
                                              ヽ:|:::●) (● ).|::|)::::::リ
       この言論の危機、自分のことなのに、             r‐ぅ__     | :|i  r‐ュ   .|::|::::::|
       非協力的で……                       (⌒ 厂   .ト|:::|:ゝ.   ,イ.|::|::::::ヽイ
                                        ` ´     〉ヘ|::::丁レ∧ノ リヽ:::::ヾ
                                               rヘ,、ノ./7:「⌒Y   |::::::::}
                                               ヽ ' ヽ{ l::ト, ´.ヽ/ .|:::::::}
                                                ヽィ彡ヘl::lヽ,ィ彡  |::::::}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 以前、「思想の科学」が中央公論社社長嶋中鵬二の独断により、出版を差し止められた事件があった。
 この際久野収を中心に中公の出版物への執筆ボイコットを行ったのだが、
 そのときあまり賛同していなかったのが丸山であった。

 そして、このスタンスは「思想の科学」執筆陣と中央公論社の対立が続けられている間、
 ずっと踏襲されたものだったようであり、
 その結果として、この紛争に参加した知識人や活動家の不評を買ったことは、以前も書いたとおりである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



595 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:40:45 ID:0NRt6gOQ0

         /                    \
        /                      ヽ
     /                   /        ',
      /               /|         l
     ,'              /   ',        |
     l           _,,..-''"    ヽ     .l
    ',      ,..-‐''"´         ヽ   ,'
      ∨    /               l  /
_,,..-――ヽl⌒ヽl ―‐-..,,_     _,,...-―‐ |/⌒l―--..,,__
::::::::::::::::::::::::∨ .|-r'" ̄ ̄ヽ__r'" ̄ ̄ヽ |   /、:::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::/::ヽ、l ヽ __ ノ  ヽ __ ノ l ノ:::∧::::::::::::::::        ・ ・ ・ ・ ・ ・
:::::::::::::::::::/:::::::::::`i         l       .i´:::::::::::∧:::::::::::::
::::::::::::::::/::::::::::::::::|.',        .|         ./|::::::::::::::::∧::::::::::
:::::::::::::/:::::::::::::::::::| .', _,,..-''"  ̄"''‐-..、  //|::::::::::::::::::∧::::::::
::::::::::/::::::::::::::::::::::>'"r''"´ ̄ ̄`"''-.、_jヽ<./:::::::::::::::::::::∧:::::
:::::::/:::::::::::::::::,,-'´   `"''"´ ̄ ̄`"''-、  `''-..,,:::::::::::::::∧:::
::::::::\::::::::/     r‐''"´ ̄ ̄ ̄"''"      .`ヽ、::/:::::
::::::::::::::>''´       ヽ-―< ̄>'            \:::::::::
::::::::/           -,‐‐-...,,_`ヽ、,,..、-         ヽ::::::
:::::/          /  r'",.-''ヽ_j  ヽ、        ヽ::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、この事件、丸山側から見ると、またおもしろいものが見えてくる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



596 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:40:57 ID:0NRt6gOQ0

             /: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
          /: : : : : : : : : : : : ;.イノ\ : ',
         i: : : : : : : : : : ;. - '´ ′ │: }
         |: : : : : : ://__       l /
         |: : : : : : :L -‐{〒ぇ>‐rfデ1
         ヽ: : f ヽ;|     ̄  ト -〈
          \:! ぃ         ′ ./
            `!ヽ.、   r_:三ヨ /           安保改定をあんな強引な形で行おうとするとは……
            L:_| ヽ     ‐  /
             │ \      亅
             │ __二二ニヱ‐ 、_
               r弋/ _  -‐ フ´    | ̄  ‐- .._    __
         ,. ‐ '"´  ̄\=ニラ'´        !         ̄    \
      _ /   / /  |/   ____」      /        ヽ
      //      /.   |     \           /            ',
    / 〈ヽ       /    |         >        /             i
    /   \\   L. _  │_, -‐ ´         /               |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 丸山の世間一般での知名度を高めた事件として、60年安保が挙げられる。
 
 彼はこのとき、積極的に安保改正反対を主張し、また反対運動へも積極的に参加した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



597 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:41:12 ID:0NRt6gOQ0

                                  ,-、
                               .,|IIII|,、
                             ./;;;;;;;;;;;;;;\
                             .._日iiviiviiviivii日_
                            |:::゚:゚:゚:゚:゚;゚;゚;゚;゚:゚:゚:゚:゚:::|
                                ェ|::::i━━━━━i::::|ュ
                            |::|::::| ||:||:||:||:||:||:| |::::|::|
;ヾ ;                          台 |::::| !!:!!:!!:!!:!!:!!:! |::::| 台                         "
; ゞ ; ;                     ___.iェェェ:|;;;;|二二二二二|;;;;|:ェェェi.___                   " ;ゞ
;ゞ ヾ; ;"                   |:::,-、::[.___[((~.)()(.~))].___]::: ,-、::|                ;ヾ ;"/" ;
;"ヾ ; " ;;--、.__________|:::IIII :|:::┌┬┬┬┬┬┬┬┬┐:::|:: IIII:::|____________ ; ;ヾ ; " "
;; ;ヾ ; ; ヾ ___________|:::::::::::|:::││││││││││::.|::::::::::::|___________ヾ ;"; "i "; ;
";;;ゞ゛;;; ゞ.|:|[]|::|[]|::|[]|::|[]|::|[]|::|[]|::|[]|:::「」 :|:::││││││││││::.|:::「」 ::||[]|:::|[]|:::|[]|:::|[]|:::|[]|:::|[]|::゛;ゞ ;" "ゝゞ;
; ゞ ; ;ヾ ;;::|:|__|::|r'" . .: ;;;`、:|__|::|__|::|__|:::l:::l:::|:::││││││││││::.|:::l:::l::::||__|:::|__|:::|__|/⌒ヽ-、|__|::ヾ ;"; "i "; ;;
"ゞ; ;;ゞ゛;;::|:|[]{"  .;;;;;;;;;;;;;;ヽ]|::|[]|::|[]|:::「」 :|:::││││││││││::.|:::「」 ::||[]|:::|[]|/....;;;;;;;;.、`ヽ.::|[]|.:;ゞ ;" "ゝゞ ;
ヾ;ヾ;ヾ; ;";;;;/∴` . .::: ;;;;ヽ;;;;;;;).|__|;;|__|..__..|___|..││││││││..|___|__..:::||__|:;;|./"⌒';;  ∴;;;);;;)._|;;ヾ ;"; "i "; ;
"ゞ;;ヾ ; ; ;__i_ || ....,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)¬¬:::|::::::::|./. ┴┴┴┴┴┴┴┴ \:i::::::::|¬¬;;;(,,, ...::;;;;;;;;||,,,;;;;;;;;;;);;;゛ ヾ;\ " ヾ;
ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽ
ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/
 ヽo/ ヽo/ヽo/ ヽo/  ヽo/ ヽo/  ヽo/ヽo/  ヽo/ ヽo/ ヽo/  ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/
ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/
ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/
  ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/
ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/
\○/  \○/  \○/  \○/  \○/ \○/  \○/  \○/ \○/  \○/ \○/  \○
   \○/  \○/ \○/  \○/  \○/  \○/ \○/ \○/ \○/\○/ \○/  \○/
 \○/   \○/\○/  \○/  \○/ \○/    \○/  \○/\○/\○/\○/\○/\○/
\○/ \○/  \○/  \○/  \○/  \○/  \○/ \○/\○/\○/\○/ \○/\○/\○/
 ||  ||    ||   ||    ||   ||    ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このときの国会前はデモですさまじく、
 あるときなどは17万人ものデモ隊が国会前で展開されていたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



598 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:41:27 ID:0NRt6gOQ0

          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
     7  l       _,. l!   l
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ        ……この運動にはエネルギーしかない。
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /         秩序形成的な力がまったくない。
       ',   `     /,ノ
        ヽ  -─-  ノi'           単なる形式的な反発にとどまってしまうかもしれない。
        lヽ、__ / _l、
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、この安保反対運動について、丸山は危惧感を抱いたようである。

 反対運動が単なるエネルギーの結集に過ぎず、秩序形成することができず、
 たんなる形式的な反発に止まっていることがよくないと考えたのだ。

 そして彼は、カール・マルクスの言葉を引用してこのように述べている。

 「有頂天の革命的精神の後には長い宿酔が来る。」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



599 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:41:42 ID:0NRt6gOQ0

            _、-‐‐‐-..,,__
            , ':::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`,
          /::::.:.:.:.:.:.:.:.:,;:.:.:.:ノl
           l::::::::::::i'`'v____n,j
          `k::::::::(,リ     .リ{、
           ヽ::::::::ゝ、   __,'          そんな風に面会を強要するのは、私の趣味に合わないし、
            l: : :゙i.    l          民主主義に反すると思うんだが……
           ェ‐‐--ニニ==イ
         、‐'`::::.゛ミ_二三b-,,_
        ,r'    :.:.:.:.:`'ィ.,l \`ヽ
        イ..:.::.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:l   `v. \
       l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  ,、ハ ,ノ
       .l::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'‐-'``'ィ'
      l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 例えば、このようなことがあった。

 首相に面会するために官邸の応接室で座り込みをしていたある知識人に対し、丸山は、
 「そんな風に面会を強要するのは、私の趣味に合わないし、民主主義に反すると思うんだが……」
 と述べたという。

 おそらく、座り込みという活動に対し、彼は単なるエネルギーの発露としか見ていなかったのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



600 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:41:58 ID:0NRt6gOQ0

         /                    \
        /                      ヽ
     /                   /        ',
      /               /|         l
     ,'              /   ',        |
     l           _,,..-''"    ヽ     .l
    ',      ,..-‐''"´         ヽ   ,'
      ∨    /               l  /
_,,..-――ヽl⌒ヽl ―‐-..,,_     _,,...-―‐ |/⌒l―--..,,__
::::::::::::::::::::::::∨ .|-r'" ̄ ̄ヽ__r'" ̄ ̄ヽ |   /、:::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::/::ヽ、l ヽ __ ノ  ヽ __ ノ l ノ:::∧::::::::::::::::         ・ ・ ・ ・ ・ ・
:::::::::::::::::::/:::::::::::`i         l       .i´:::::::::::∧:::::::::::::
::::::::::::::::/::::::::::::::::|.',        .|         ./|::::::::::::::::∧::::::::::
:::::::::::::/:::::::::::::::::::| .', _,,..-''"  ̄"''‐-..、  //|::::::::::::::::::∧::::::::
::::::::::/::::::::::::::::::::::>'"r''"´ ̄ ̄`"''-.、_jヽ<./:::::::::::::::::::::∧:::::
:::::::/:::::::::::::::::,,-'´   `"''"´ ̄ ̄`"''-、  `''-..,,:::::::::::::::∧:::
::::::::\::::::::/     r‐''"´ ̄ ̄ ̄"''"      .`ヽ、::/:::::
::::::::::::::>''´       ヽ-―< ̄>'            \:::::::::
::::::::/           -,‐‐-...,,_`ヽ、,,..、-         ヽ::::::
:::::/          /  r'",.-''ヽ_j  ヽ、        ヽ::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 彼の考える「民主主義」は、あくまでも「一般市民」が「対話」していくことにあった。

 彼は普通の人々が、普通に政治を語り合い、
 そしてパートタイム的に政治に参加していくことを希求していたようである。
 例えば政治家に投書したり、今なら政治家にメールを送ったりすることになるだろうか。

 遠回りで地味ではあるが、今の市民にとって出来ることはこれくらいであることを、
 丸山は気づいていたのだと思う。
 普通の市民は、簡単に政治に参加できるほど、暇ではないのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



601 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:42:12 ID:0NRt6gOQ0

        ,,. -‐'''''"""''''''ー- 、
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::::;:::::::;ヘ;::::::、:::::::::::::::::ヽ,
    /::::::::::::;:::/!:::::/ | ヽ:::::i、::::;::::::::::::::i
  . i:::::|:::::/:;/,|;;;/  | ヾ;;;|._i::|i::::::::::::::i
   l:::::|:::/'!/ _|/_` |  ´ i_|. i;|`!::::::::::::|
   |:::::|::i. ,|r'r:::ヽ` '  'r:::ヾ,l、|::::::::::::|
   |::::::l:| i {:::::::::|    {::::::::::i i゙|:::::::::|        この安保運動は「市民主義」の成立と見ることができるんや。
   |::::::::| ! io:::::ノ    io:::::::i l !:::::::::|        いままで国家権力に対し「市民」が反発することなんて、
   |::::::::|  `'''"     `''''"  |::::::::::|        ほとんどできなかったわけや。
    |:::::::::l      '      /:::::::::::|
   /7::::::::ヽ、    iーi    /:::::::::::::|        この変化は大きいで。
  //:::::::::::::::;`'':;,、, `''" ,..ィ、'゙:i!::::::::::::::::|
  /ニ>::::::::::::::i;'-'〈| ``''"´ |〉ヾ,i:::::::::::::::|
 / ニ>:::::::::i'"   l     .l  ``!:::::::i::|

          【久野収】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが久野収らは、丸山と別の考え方をしていた。
 彼らは「これまで権力に対して受動的だった民衆」が、「生活者」として権力に反発したのが、
 今回の安保運動と見ていたのだ。

 これをふまえて久野は60年安保運動を「市民主義の成立」、と見ていたようだ。
 そしてその発露のスタイルの一つとして、デモや集会があると考えていたようである。

 久野のこの考え方は、現在でも、
 「週刊金曜日」辺りに参画する言論人や運動家には踏襲されている考え方のようだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



602 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:42:33 ID:0NRt6gOQ0

          /::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         ,/::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         'i:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
         i;:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ii:.:.:.:.:ゞ
_,.、-‐'''"´^~ ̄;;リ:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i i:.:.:.:.リ^~`゙`'‐-、,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i"'i_;、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.i`'i、:.:.:,ノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'‐-、.,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i'´,/:.;ノ~フ.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`'-ミi, 'i,'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'‐、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ -,l´ /ィ'"´⌒).:.:(⌒l/ミゞ  ヾ 〕;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i / .イi'´ ,,r‐'´:.:/´フ匕 `ヽ  } /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i !  ' 彡ィ'⌒''レィ'`'-、_`i  i  ,i. };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    ',/  f´ ``'r、 `'゙     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i       | '-、/ 〕      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-‐、ィ'       lこニニニl       i、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ヽ.      ノ  -   l        ,`ィ‐-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l   ,-‐'‐-------‐'ゝ、    ,r'  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l_,,ィ'´ゞ`'‐,r''´⌒`'-、‐''´'‐、 ,r'   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 丸山のいう「対話」や「投書」などの市民参加は、はっきり言って地味なものである。
 それこそ「本当に自分が政治参加しているのか?」という疑問を抱かせてしまう部分もある。

 一方、久野らの言うような「市民主義に基づく市民運動」……デモや集会は、
 インパクトがあり、かつ参加者も政治参加しているという認識を持つことができる。

 こういう運動の社会において、久野らの言う運動のほうが、参加者に支持されやすかったのは事実であろう。
 実際、デモ集会を軸とする市民運動や学生運動はどんどん隆盛していく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



603 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:42:47 ID:0NRt6gOQ0

            ,.,,,.--;;,.、
          ,.-':::::::::::::::::::\
         j';;:::::::::::::::::::::::::::::ス
        l':::::r',l,.,っ:;-;:::;:(゙ 、;、
         l:l'j -' l/,''-ァ- y lぃ
.         ゙l   ′' /j''゙l  ,l'  ,.-、
.       ,.......゙,   ,''ニ__;.l   ゙y 〉::::::`:::::-::、
      /::::ヾ 、 ,ィ'゙-- ' ,゙-、 / /::::::::::::::::::::::::`:::-
     /:::::::::::::::,ィ゙ - 、=,ッ''l:::゙、ケ入::::::::::::::::::::::::::::::::
   r'ス::::::::::::::::::/:l゙ -ッ=---、:::::゙l,;;;;;;;;` -、::::::::::::::::::::
  ,l'::::::::::::::::::::/:::::::゙、,j::::::'.:ヾ.:.:.`.、:::::` :y;;;;;;;`::-、:::::::
,./::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;j::::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,l::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:- イ:::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのような中で、反体制運動の中からは、丸山を敵視、裏切り者呼ばわりするような者も出てくる。
 おそらく、多くの者は、丸山に対して60年安保のときのようなイメージを抱いていたのだろう。
 だから彼らの多くは丸山を批判するようになっていく。

 一方で保守派は保守派で、丸山を60年安保のイメージで見ていた。
 反権力を標榜し、国体をダメにする学者と言うような感じで。

 時が経つにつれて、丸山は文化人の中で孤立していくような感じになっていったようだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



604 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:43:15 ID:0NRt6gOQ0

                     , /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,!   ,
                   〃:::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ,、//r;
                / |::::::、::////::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,!
                 `.、':::::::::/l/  ´  ヽ, |ヽ 、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::,!
                   l:::::::::,|. ゙     .ヽi ` ` ヽ、. r-、:::::::::,ノ         ナチスもやらなかったことを、やるのか。
                |::::::│              l. l r゙'|::::::/
                   ヽ .!           /゙'  / レ. l !::::/
                   丶| ‐-_、 、 、.ィ´,   /     ,i゙ノ/                ,__
                     `''i~~~゙'ッ-i゙'~~~゙i/     ,l. |ヽ―--r‐ー------―-‐''"´゛ `゙゙''ー 、
                   `t-‐'゙! ゙-‐‐´      l  /l..;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                    ヽ  `          l / |  _,,;ー、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                    ,,,ヽ  、-‐ー,     丿/ _,!'''"´´ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                  _/;;;;/ ヽ  ̄´     /‐"´    /. !;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
               ,,_/;;;;;;;;;;;,i   '、______,,,..../__;-r‐ー‐‐- ( ''''";;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
             r-''´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;.l.ヽ`、/,゙゙゙´´        \;;;;;;;;;;;;;;;;,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
               /;;;;;;;;;.l;;;;;;;;;;;;;;;;!-‐/ ...l ` ! 、             l;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
              l;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;.!   ! ヽ            /;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
             ,/;;;;;;;;;;;│;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;ヽ _l,  .ヽ、        !;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、;;;;;;;;;ヽ;;;ヽ   ヽ,,___,,    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`/_;;-‐'"` 、    ,ノ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;` 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`"ー'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` - 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,..、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そして1968年12月……
 東大学生らによって法学部研究室が襲撃され、ことごとく破壊される。

 丸山は、学生たちのこの行動を、「ナチスもやらなかったこと」をやったとして非難する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



605 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:43:32 ID:0NRt6gOQ0

        / ̄ ̄ ̄\
       | 」」」」」」」」」)            ______( ̄ ̄`´ ̄ ̄) )))川川(((
       |(6ー③-③|ノ   / ̄ ̄ ̄ ̄\(::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/(三三◎三三)(三三三三三)
       |:::|ヽ   .> |  彡彡ノ((((^^)))))|::/ ノ   ー|ミ _  _ ミ(6 ー□-□-|)
       |ミ   (=)/  彡ミ ー○---○ |(6ー[¬]-[ー].|(∴ ` 」´ ∴)|___´ つ )
     / ̄ \;;;;;;;;;/ ̄\ミ(6    ( 。。) |/∪   ^^  |/\ ( へ) /|時刻表| ∀ / ↓FP4700Z
     |  |       ||ミ (∴   (三)∴)  :::: )3 ノ   (___)(⊃   |__/|「| ̄[]
     |  | ガイナックス / ̄ ̄ ̄\,,,,,,,,,,,,,,ノ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄\ / ̄ ̄ ̄\ .| ̄|⊃ ⊂|\
    / ̄ ̄ ̄ ̄\ ( ((((((^))))))´ ̄ ̄ ̄ ̄\(# ノノノノノノノノノ)|___A_|.´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ)
   (  人____).|ミ/ \=/| ノノノノメノナノノ)  ノー◎-◎|ノ川 ノ  ー))/))ナ)))ナ)ヽ,)
    |ミ/  ー◎-◎-)(6ー[¬]-[¬] ノー□-□-|リ(彡ミ)\   っ |ノ川 ー●-●| ノ  ⌒ _ ⌒ |ノ
   (6     (_ _) )|    、」 |川) ∴)`_´(∴)ゝ彡ミ)、 | ∀.ノリ|   (・・) |( ///)  3 (//)
  _|/ ∴ ノ  3 ノ \  (ー)// \___/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)/:|   (三) |)ヽ____ノ()
 (__/\_____ノ_|  \___/ |_|       | ノ三三三三|/::::::::\___/ヽ.      ヽ()
 / (__))     ))| | スクウェア命.| | ヒカ碁命(6ノー⊂⊃⊂⊃:::::::::::::葉鍵命::::|ノ はるとき命(())
[]______.| | どれみ命ヽ |       | |       |彡    ・・  |:::::::::::::::::::::::::::::::::/|       )|
|]  | |______)_)三三三国(__)____ノ彡   (ー ノヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/_)_____))
 \_.(__)三三三国三) \:::::::::::::::/ . \::::::::Y::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|三三[国])、_/)_/)_\
  /(_)\::::::::::::::::::::| ̄ ̄|:::::::|:| ̄ ̄ ̄ ̄|::::|:::(⊃ GGX全国1位 ⊂):::::::::::ヽ;:::(∴)◎∀◎(∴) \
 |Sofmap..|:::::::::/:::::/   .|:::::::|:| まん森 .|::::|:::::|________|´,):::::::/⊂) ̄ ヲタラー ̄(つ ̄
  |____|;;;;;;/;;;;;/.____|;;;;;;;|;|____|;;;;|:::/;;;;;;__.へへ__;;;\/;;;;/;;/(~ ̄ ̄ ̄) ̄ ̄~)
     (___|)__|) ..(___|)__|)..(__|(;;;;;;;;;;;___||__;;;;;;;;;;)_|)_|) (____)___)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「ナチスもやらなかった蛮行」。

 この発言が学生たちにとってよほど不愉快だったのだろう。

 翌年2月24日、丸山は講義に行こうとしたところを拉致され、
 文学部の大教室に連れて行かれ、いわゆる「つるし上げ」にあってしまう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



606 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:43:46 ID:0NRt6gOQ0

   / ̄`ー 、
  /     E三ヽ
 l  ,.、 ⊂ニヽl
  〉 l 。し⊂ヽ. l          君たちの行為は、暴力によるものだ!
.'´ヾ、ヽ ,r‐、/ <ー--        発言を拒否する!
.゙、 ヾ、i、゙ー/ / l
  ヽ--y゙ー'、_ヽ∠_

                                               ,,,,,,,,,,,,,,,
                                 ,.....、          ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                                 fェゝヽ    ,rニ'''ー、  ;;;/ニヽ;;;;;;;;;;;;)
   形式的原則に固執して、            r 、_ 〈o リl_   lr。ヽ,r、 l  > ''` 〉;;,.r---、.、
   我々の追及への実質的な回答を       `>。ヽ 'Y、ノ  `ヽv'、  -''v'`'-`l._  ,r'";;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
   拒否している!                   ヾ-、`''ーニ、__,......l"`'[__ノ   l`´ 〉'"   l;;;;;;;;;;ヽ
                              _  `l'-、__,..⊥ 〈l      >‐'< r―  <;;;;;;;;;;;;;;l
                             lwヽ、_l ヽ、_,r'"  ヽ ヽ  /   /  リ エ  レ'´`';;;/
                             `ー‐'、__==' l ,,,..r'"‐ヽ `イ'ー‐/、_ .<、 、    ,r'_,l,_
                               f"  `ーソl´  ,r'''''''''L, /ノ  .7  i,'ヽ、  ´ /;;;;;;;`'''ー、
                               l   <" l   l __,r'ェ' /  /! /i'''"  ,ノ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                               l   λ l   l `,r'" /  / レ';;;`ー''<、ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                               l  .〈 ヽ l  / i,  i, /  /   /;;;;;;;;;;;,..r'´`i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                              _ヽ__l .ヽl / l i,  ヽ.,r'  ,..=_;;;;;;;;;;;,f    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                             (___ノ  /   l i、  ヽ、,r'" `ーュ'l、    !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                   /  l  i、   ヽ   / ヽ  ,..ュ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                  '     !   ヽ     '"    ヽ'" `''`'''''''''''''''''''''
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この「つるし上げ」だが、2時間以上の押し問答をしたようだが、
 ろくに対話も成立しないまま、終了したようである。

 もはや、丸山と学生運動に参加する学生たちの間には、対話が成立しないほど、言語の断絶が起きていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



607 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:44:01 ID:0NRt6gOQ0

    /   /  .:::i :      \       :::::..\
    /,〃/ /::..::/::/i: ::.   :..   `;:.. ` 、....    :::;:::::ヽ、
   ゛ //::/ /:::::/:/ !:|';::.   ::::....  ';::, . `、::::::..   `、 `
    ゛'!/|:/::::/∠、__|!: ;:::::...  ::::::::..  ';::';::... ;:::::::::... :::':,
        |!|i,リ |!'7タヽ、':;:::::::::... ::::;::::.  ';::';::::::.;:::::::::::::::::::',
    、- ‐ '"   l ''゛ ‐''゛ ;::i:;::::::::::i:::;:::::.  ;::'::::::::::::::::::::::::::::',
    ヽ`         . ,!::::':;::::::i::::l:;:::: ;:::::::::::::::::::::::::::::::i::'、
     '、..,_      . : : :l:;/<';::::i::;'::::';::. ;:::::::::::::::::::::::::::i;:::lヽヽ
      i   ``'   . : : : : ゛(ソ_;';l'ノ::::::::'l::;l::::::::::::::::::::::;::::lヽ! ``
        l     . : : : : /`'゛ : :!::::::::::::::::`:::::::::::::::::::;'、:::l `         丸山先生も、おかわいそうに……
      !   . : ;、 '": : : : : : : /::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' ';::l
      !、. : : : : : : : : : : : : : /:/!::::i::::::::::::::::;ヘ::::ノ
        ̄`` ''ヽ、: : : : :  /': : l::|!:l;:::::::/|::/ |:;'
             '; : :   : : : : |! ! l::::/ !l  !
               ヽ  . : : : : : : : :';/_ `
              ヽ _; : -‐ '" ̄``'' ""`゛!
          _,、 :-‐ '" . : : : : : : : : : : : : : : :|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのような頃、庄司薫の「赤頭巾ちゃん気をつけて」が刊行されたのである。

 彼は作中で、「薫くん」に「大山先生」の思い出を、このように語らせている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



608 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:44:19 ID:0NRt6gOQ0

          -ー―ー-ー'へーー,┐) )
         ,,..>           ''゙lノノノi
       ,r'"   ,z-''' /        ,,ト、 K
      ,r'″::Z;;/  /    ..:::/ .:  ::ヽy ゙ミ,,ヽ
     /Z∠゙//...::::/″__..::::::://..::: ::::::...:ヽ  N
 __∠"///7/ ....:/:/7__,,.ニ-==7:::::..::::.;;;ハ;;::::l::::::゙l,
   ,l ,,//,/::::::....::/// x'''"V::::リ/>"/リ/:::イ/-リ、li::::::::::':,
  /,:i'//i/:::::///゙ !″     ̄ 7/::∠/K::エ_'yl::l::::::ハ
  {:::::;,i///::::iK::〈:::::.......      //  7/゙ {:::リ::::::ハl
  l/l::i/::::i:::/:<:::li、::::::::::::::::::.   ー―--_,,.  l:::::::/l/
   l:::::::::r'Kヽy゙l::::::::::::::::::::::::          j:::l:/
  ム::::'《;'v,└i,::::::::::::::::::::::::::::        /ヘl/
    フ::::~`::=、-rへ::::::::::::::::::::::      /
    li::::::::::::::::::ヘ::::::ヽ:::::::::::::::::::...    /
    l,i:::::::::::::::::ト:::::::::::::::::::::::::::::::::::... /
     l:::::/!,il,i,レl::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄
     l/ l/ llヘ:l::::::::::::::::::::::::::::::/゙'l
          l::::::::::::::::::::::::::/. l
          .l::::::::    r'"   l
           l::::::   :::::_____,,,,,l,,,,........,,__
           l:: _,,zー''"         ,l
       ..r''''",,レ'"        __,.,::....,,,,,〈
     _,.-'':::::r‐、  .......:::::  ,'" ̄二ーー''''l,______
   <"_::::::::::::l : :ヽ:::::::   ,.イ            ⌒`ヽ、
    i : i:::::::/::l: :/:::::   /          r-ー''''' ̄ ̄`>、
    ヽ l"<::::l l::    / /         /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「例えばぼくは、それまでにもいろいろな本を読んだり考えたり、ぼくのすきな下の兄貴なんかを見ながら、
  ……たとえば知性というものは、すごく自由でしなやかで、どこまでもどこまでものびやかに豊かに
  広がっていくもので、そしてとんだりはねたり突進したり立ちどまったり、
  でも結局はなにか大きな大きなやさしさみたいなもの、
  そしてそのやさしさを支える限り強さみたいなものを目指していくものじゃないか、
  といったことを漠然と感じたり考えたりしていたのだけど……」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



610 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:44:38 ID:0NRt6gOQ0

            _,-ー'´           `'´<._
            >           \  l    \
         _∠´            >Nレ'     ヽ_
         /                       1‐-
         /.:::  ..:                      ',
        /::::.: .:/   ...::  ..:/    l: l:.        ヘ、
        /イ:::: .::/   ..::::/ /l    / ノ \ヽ::..:. :. :. l:. l`ヽ
         l.::イ  .:::::::/:/  レi   /:: /_.. -ー\‐、l:: l:. ∧!
         j:::::l .:: .::://ナ    :: /:/l::/7Z=サナ‐ャ.〉l:: |:リ '
         ノ:::::|.::リ l.::/ -==-、゙:/l´ l/  " ヾ-' " /f`|! |'
       /-イl::i:l´リl/X  ,,   `         /)ソ:l::リ      ああなっちゃったけど……
          l:/::|::::|、Kヘ      〈L      /-'/|/
          /´l/ヽ:l::::::::::\   ー- - -一'  , '::/         僕は先生の言ってること、間違ってないと思うんだよね。
             ノノl/V|::::`-、,.      /l |/′
                 l´  |:::`' -、_,/ .|
                    |::       |
                 _-ー」:::..      ト、__
                /i7:::ノ:::::..      ',l  l、
               ../::: `ー、_::::::..    ..::r'´  ト、
             _/´レ:::: /`ー`):::-、:. -‐十⌒〉 \ `ー、
            /∠´-ー┘::::「{...____.. -‐|! く.___\  `ヽ、
        _,.-''´     .了 / |::三=ー ̄:|:\  ` ̄、    `ヽ、
     _,.-'´     _,-'´   `ヽ、l、::::::::::::::::::::/:/     ``-、   `ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「いつまでも楽しそうに話し続けられるその素晴しい先生をみながら、
  ぼくは(すごく生意気みたいだが)ぼくのその考え方が正しいのだということを、
  なんというかそれこそ目の前が明るくなるような思いで感じとったのだ。」

 おそらく、こういう時代や、丸山眞男が置かれた状況を受けて書いた、
 庄司薫の社会に対する皮肉だったのではないかと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



609 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:44:30 ID:f758vKyQ0

ラノベの円環少女でもある登場人物が当時を振り返って、
「あれに参加していたのは本当のインテリゲンチャではなかった。
あの運動の中核を担っていたは上京した地方の道徳家だった、だから彼らは暴走した」
と話してたね


611 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:46:04 ID:0NRt6gOQ0
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

>>609
特に60年安保から始まる、いわゆる「市民運動」「学生運動」ってのは評価が難しいんですよね。



621 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/28(月) 18:06:37 ID:3oOPBmws0

>>611
「市民運動」「学生運動」の評価が難しいのは
現在言論界のトップにある人間がそういう運動に参加していたというのも大きいんじゃないでしょうか
本来ならもうそろそろ第三者による批判というフィルターを通すべき事柄だと思うんだけどなあ


612 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:48:17 ID:f758vKyQ0

乙でした
以前読売新聞で元検察官の回顧録が載っていたんですけど、
日本赤軍や左翼を取り調べた際、取調べの合間の雑談に
古典文学の話を振ってみたけど誰も知らないんで驚いた、と話してましたね



614 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:54:06 ID:0NRt6gOQ0
>>612

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|


同じようなことはこの人も言ってますね。

確か三島はこの当時、つるし上げ目的で学生から呼ばれて講演会やったんですが、
結構そういう古典文学とかのネタが通じなかったとか……



613 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:49:51 ID:JMXCeV6E0


政治に参加するのが国民の、市民の権利であり義務だけど普通の人はそんなヒマねぇよ
ってのは今でも通じるというか答えが出そうにないテーマっぽいですね
今でも市民という名の専門家と、ノンポリに二分されますし


615 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 20:57:29 ID:0NRt6gOQ0
>>613
ある意味「プロ市民」って概念を作ったのは丸山かも知れないです。
政治参加において「アマチュア市民」というのを志向していたということは、
裏返すと「アマチュア市民による社会」と対峙する「「プロ市民による社会」というものを想定してたのは事実だと思うし。

しかし丸山の考え方は、調べれば調べるほどどつぼにはまる印象w



616 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 21:00:02 ID:f758vKyQ0

日本人はブームというか、多数派の意見にのらない人間を徹底的に叩く風潮がありますしねえ
今のネット議論とか見てるとほんとに


617 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 21:10:21 ID:OtjbrEMM0

権利がありながら自発的に放棄した奴は奴隷だ


ってのも、もっともらしいけど詭弁ですね


619 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 22:15:17 ID:NuGUSxjQ0

実際目の前に暴力を見せ付けられてどのくらいの人が抵抗できるんだろうか


620 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 22:44:48 ID:aN20Suec0

乙です
丁度、大学のゼミで丸山真男をやったばっかりなので、何という俺徳
派手さはないけど、丸山のいう民主主義がやはり必要だと思う。昨今を鑑みるに
あと、>>597が全員でオワタ\(^o^)/やってるみたいでワロタ

>>617
「であることとすること」の話だとしたら、あれは権利の上で惰眠を貪る人間を揶揄した話だから、少し違うと思う
惰眠を貪る人間というのには、自発的に権利をどうこうしようという意思はなくて、他人任せでそれは違うんじゃね、って言いたい話かと


622 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/28(月) 20:53:52 ID:k1UyN1QA0

あと現在も継続中な運動ってこともあって大局的な評価ができないってがありそう


623 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/28(月) 21:29:57 ID:5ctSvlaE0

当時の学生運動の関係者に話し聞きに行っても、話したがらない人が多いみたいね


625 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/29(火) 23:28:12 ID:C9qfU3Sw0

>>621-623
産経が少し前に出した70年安保あたりのインタビュー本の題が
「総括せよ! さらば革命的世代」だったのがその辺の事情を
象徴しているような気がするな





番外編6へ進む




第44話へ戻る




まとめ一覧へ





 
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。