合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

あずにゃんは世界一のバンドのギタリストだったようです Story06 「the Inner Light」


タグ:
460 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:08:27 ID:Q0A9JuVk
それじゃあ、ちょっと遅くなったけど、始めます。


461 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:08:38 ID:Q0A9JuVk

             ,.  -――――‐-  、    _
          / : : : : : : : : : : : : : : : : : \/: : : \ ̄ ̄ ̄`ヽ
       / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \⌒ヽ: :}       |
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ }从/      |
      /: : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : :|: : : : : :i { /      ;
     : ノ^⌒^ヽ: : : : : : : : | : : : : :| : : : _,| : : :i: : |‐'{        '
      |:{ fY^ヽ Y: : : : : : :| : : : : :| : :´/ |: : :,ハ: :| ;       ,
      |:‘t.|:l : : ∨ : : : : : : : : : : : : | : /  |: :/,x|:|  /〉    ′
      l: : :|:|: : : :i: : : : : : : : : : : |: : !:,x==ミ|/ ヒ从| ′|:|〈\ .′
.     ': : |:|: : : :l: : : : : : : : : : : | : 〃_ノハ   {_:V (`:´ハ iヽ    あずにゃんは世界一のバンドの
      ': |:|: : : :|: : : : : '⌒ヽ: : |: 从Vぅソ    / (\:_:,)|| }                   ギタリストだったようです。
      ∨: : : :|: : :\{ ⌒ヽ| : \:{       /   \\」 ∨
.      ' : : : : |: : : : : :、(_ |: : : : :     /   ⊂ニニ、  |    
       i : : : : :|` ー┬:f ー {:|: : : : :,   /        }   |     S t o r y 0 6   「 t h e  I n n e r  L i g h t 」
       | : : : : : :,   |从  从{: : : : \/         ,′  j    
       | : :|: : : :‘.  /yニニニ\ : : /           .′  /    
       | : :| : : : : ∨,ノ八\    ,ン′        i  /     
       | : :|:|i : : : : V | | ) }  〃             | /
       | : :|八 : : : : ‘.| | ,ノ  //           j/ 
       | : :|   、 : : : : :ヽ{__//            .'\
       | : :|    、 : : \: : : /               |: : : \
       | : :{    、: : : :\′ (⌒'⌒)       |: : : : : :\
       | |i: :、    \ : : : \ \/         |\ : : : : : ` : . __
      ノ:八 : \    \ : : : \            ハ  \: : : : : : : : : : :


    前の記事『あずにゃんは世界一のバンドのギタリストだったようです Story07 「While My Guiter Gently Weeps」』  
    次の記事『あずにゃんは世界一のバンドのギタリストだったようです Story05 「Within You Without You」』  

462 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:08:51 ID:Q0A9JuVk

:::::::::::::_____________:::::
::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
::::::::::::|:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::i:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|::[|||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
::::::::::::|:::::|______|:::::|:::::|______|:::::|::::
::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その日、ブライアン・エプスタインは、ロンドン郊外にある自分の別荘にいた。

 夕食の時間に下りてくる予定だったが、寝付いていたらしく、下りてこなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



463 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:09:04 ID:Q0A9JuVk


        ∧,,∧ ∧,,∧      まあ、あのホモ野郎のことだから、いつものことだよね。
   ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧
  ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` )
   l U l (  ´・) (・`  )l と ノ    夜更かしばかりしてるから。
   .u-u (   l). (l   ) u-u'
        `u-u'   `u-u'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、それまでそういう生活が当たり前だったことから、
 その場に居合わせた知人たちは、放置しておくことにした。

 実はエプスタインはヒステリー気質の持主で、
 少しでも気分が悪くなるとすぐかんしゃくを起こすことで有名だった。

 彼のかんしゃくを避けるためにも、その対応が妥当だったといえた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



464 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:09:17 ID:Q0A9JuVk


:::::::::::::_____________:::::
::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
::::::::::::|:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::i:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|::[|||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
::::::::::::|:::::|______|:::::|:::::|______|:::::|::::
::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、いつまで経っても彼が部屋から出てくることはなかった。

 これは部屋の中で何かが起きたのかもしれない。
 知人たちはそのように考え、扉を壊して開けることにした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



465 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:09:32 ID:Q0A9JuVk



:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ドアは内側から鍵がかけてあったのか、なかなか開かなかった。
 しかし、鍵を壊してどうにか扉を開けて、幾人かが中に入った……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



466 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:09:44 ID:Q0A9JuVk


    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|
   l(( ゙′:::::::::"   f:::::::::::: |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\

【阿部高和(ブライアン・エプスタイン)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ベッドの上に、エプスタインは横たわっていた。
 知人の一人がエプスタインの顔を確認すると、彼は白目をむいていた。

 手首を触り、脈を確認するも、脈動は感じられなかった……
 彼はベッドの上で、息絶えていたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



467 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:10:04 ID:Q0A9JuVk


     _-==ニニ二二二ニニ==-_
     丨__  ̄ ̄. ̄.::::::. ̄:. ̄ ̄´::」
.      `こ三三三三三三三三ラ´
     ノノ   .........................    ヽ
.     //, .:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:゛:.、',
     i i.:.:.`.:.:.:.:.:.:.:.:.‐-‐.:.:..:.:.:.:.:.:´..: i
     i i |` ‐- :.:._.:.:.:.:.:_:.: -‐ ´| i
     l.i::|                | |
     |.i::|                | l
     |.i::|                | |
     |.i::|                | |
     |.i::|                | |
    .',',`.:.:‐-  _    _  -‐.:´. i
    .ヽヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.: /
        `tー- .:._____ .::-一ァ''´
       `¨  …―…  ¨”´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 机の上には、空っぽになった薬ビンが置かれていた。

 後の調査で、この薬ビンの中には、睡眠薬が入っていたことが明らかになっている。
 そして司法解剖の結果、睡眠薬の成分が遺体から大量に検出された。

 エプスタインの死因……それは睡眠剤の飲みすぎから来るショック死だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



468 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:10:17 ID:Q0A9JuVk


              ,..-''":::::::::::::::::::::"''‐.、
.           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.            ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
         l::::::!゙`''~^~ァrr--''^`"´.!::::l
          |:::::|      ノリ      |::::|
         |:::::|              |::::|
.           /|::: ,ィf竓ミx、   ,ィf竓ミx、|:::lヽ
         l .|:::| ,.:::::::::::::    , .:::::::::::: .|::lh|
.           ', ヾl.::::::::::::::    :::::::::::::: |リ./
          ヽl        l       .l_/ 
            ',     ` ^     /|   
              |.、   __     ./ |
            __| \ ´ ー‐ ` / .|、
.          / _.|.   \___/   .|. \-―――――
    _,,..-‐/  //            ヽ  ヽ
,,..-''"´   /   .l   ヽ        /    |  ∧
.       /     |‐-..,,_\    /_,,..-―|   ∧
     /     |     `ヽ、 ,..'´    .|    ∧
      /     |       Y         |    ∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっともこの事件、いまだに自殺なのか事故死なのか、不明である。

 睡眠薬の過剰投与による異常死なのだが、自殺にありがちな遺書が見当たらない。
 だからどっちにもすることができないのが現実である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



469 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:10:29 ID:Q0A9JuVk


          _ _ _
      ,. ;:'´;:;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、
    ,r'´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;ヽ
   !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ミミ`゙゙゙゙゙゙从リリリ
   !;:;:;:;:;:r- 、;:;:/          !
   {;:;:;:;:;l ハ!;;! ,z==イ ;、,,j
   {;:;:;:;:;l い!;:!  =='  芹′
   .i;:;:;:;:;入 こ  //´    リ        ビートルズとツアーができないなんて……
    i;:;/   !  l,′  ( __ノ
  ``Xく     ト、 {  ;‐─./
   `ヽ\ _ L. \  ´¨¨/
      ̄ ̄``ヽ `ー く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 確かに、彼は精神的にも社会的にも不安定な状況にあった。
 というのは、ビートルズがツアーを止めてしまったために、
 ツアーの折衝をするのがメインの仕事であった彼の職分があいまいになってしまったからである。

 さらに、エプスタイン自身が、ビートルズと行動をともにするのが大好きだったといわれている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



470 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:10:48 ID:Q0A9JuVk


                   ,,,;.:.:.:.:.:.:.:.:.:...,
                    ,,:.:.:.:.:.:.::::::::::::::.:.:.:.:.:.,
                   j.:.:.:::.:.::::::::::::::::::::::::.:.:.;
                     }.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.!
                    !:::::f⌒^ーァjr-―-ァ:::{
                   }:::;' ___   __ }::ノ
                 小{ 'ラrッ:::} {::::rッァ {ハ              最近の彼らの服装……
                      ヽハ    l l     少              だらしがなくて、ダメだ。
                  }i    ー‐'    イ
                    ィ \ ´  ̄ `゙/人               ヒッピーとかインドとか、そういうのは、
               ,..::   .: : : ::ー一.:::::{::    :..            彼らには似合わない。
            ,,.::     : : }: :. : {  /: : }      ::...,
          _,.:: ___,: : : :ヽ i}: :. :.∨:/ : :/ : : :. :.  __:.,  _
        /: : : : : :  \  ―-  ∨  -―‐   Y      \
       /: : :.       }:      :..     : : : : i     : : : ハ
        /: : : :     /      \ /       \    : : : : : :.
       {: : : : :.              }{          ハ  . : : : : : :i
     人: : : : : : //: : : . .       八       . : :{{i  . : : : : :/:,
    /: : :.\ : ー く{: : : : : : . .    / ハ   . . . . : : : : : ::}}: : : : :/: : ;,
   ./: : : : : :    }::::::.......    /    \. : : : : : : ::::::::ノ  イ    ;,
   i!: : : : : : : . .  {:::::::::::::::ー=         ー::::::::::::::{        i!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さらにはビートルズのファッションのあり方も苦痛だったようである。
 ヒゲを生やし、長髪で、派手なデザインの服装……

 彼にはこれが理解できなかった。
 彼は、マッシュルームカットに襟なしスーツの彼らが好きだったのだ。

 さらに、ヒッピー文化やインド文化なども理解できなかった。
 彼が理解できるのはあくまでも英国文化の枠内であって、その外の物は理解できなかったのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



471 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:11:03 ID:Q0A9JuVk


        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 映画評論家の淀川長治がビートルズを評した言葉に、
 「大英帝国のお稚児さん」というものがある。
 「稚児」という言葉には、男色の対象とされる若年の男性という意味もあるので、
 淀川はそういうものを感じ取って、あえて使っていたのだろう。

 そしてそのようなビートルズを作り上げたのは、まさしくブライアン・エプスタインだった。
 彼が「大英帝国のお稚児さん」を作り上げたのだ。

 そしてそれは、彼の性癖の表れでもあった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



472 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:11:18 ID:Q0A9JuVk



      ,. . -―‐- 、
      / : : : : : : : : : \
     l : : : : : : : : /ィ: _ハ
     |: i: : :|: : : : |ミ|'´{i:j
     |: |i : :|: : : : トl| ∨
     |从:} :レ{ : :|l| ノ
        Vヘ|-Vレ'jニ|´ _ - 、
      {{     {{ ヽ { } /7
      ハ      {{  Vミ'v′
        | }     ミ、 ∨
        ! {        ト- '
      j ノ        l
     /、{ミ:、_  __. ヘ
     /ミ/`7ー--r一''´|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、ビートルズの面々だって、何時までも「お稚児さん」と言うわけにはいかない。
 彼らにだって当然自我はあるし、自由に行動したいと思っている。

 それが明確な形となって現れたのが、ツアーの中止という行動だったのだろう。

 しかし、それはエプスタインにとっては苦痛だった。
 「お稚児さん」たちが育ての親に反発するのだから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



473 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:11:33 ID:Q0A9JuVk

                              n.  _
                              ||n,、∥
                           r‐、j    i
                            ` t   /
                             /  ,'
               ___            /  !
             r´:::::::::::::ヽ            / ,'  l
             i:::::::::::::::::::::i       r'⌒` 、 !
            (i:::::::::::::::::::::ソ     /`"'‐、 i'
             `;:::::::::::::::::i    _, '"´ ヽ /  `r'
              ト,"'゙'"''"|_, -ー'´     i/ , '´
           _ -''´  ̄  `         ' /
        , -''                 /
       i、                 /
      / ヘ                i
      /  ヘ          /   /   {
      〉 / ヘ         /   /   |
      //  ヘ           / /  !
      〉    |!          / /   ;
     ゞ‐- ‐'´∧       /  ,'   i
.      |"''‐‐''´} ',    -‐ '   ,     !
      ゝ--‐ 〈  ヽ、 __ ,/ /   /   {
      i ̄   |  冫            i
        l    i  / ==   ', ===  |
      |  ,'  i       ',         |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ある種の「お稚児遊び」をしていたエプスタインは、
 どこかで自分の心の中を整理する必要があったのだと思う。
 しかし、それがなされぬまま、時だけが過ぎていった。

 そのような中での悲劇であったようにスレ主は思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



474 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:11:45 ID:Q0A9JuVk


             , . : :──: . . . 、
       |   . . : : : : : : : : : : : : : : :\
     \  /: : : : : : : : : : : \: : : : : : :\
    _   〃: : : : \: : : :\: : : :\: : : : : : :ヽ
.       //∧ \: : :\: :_:_:ヽ: : : : ヽ: : : : : : : .
      | |┤ヘ⌒\: : :\: : |:`ト : :| : : : : : : ;
      | |┤ \  \l\lヽl : |: : : :|: : : : : : : :|
      l|| ィ癶、   ィf癶x |\: :|- 、: : : : :|
      | |∨{::::ノi}     {::::ノi}〉 : :∨⌒} : : : :|       えっ、何? ロンドンからって?
      l: :ハ辷り    ヒZり|: : |Zノl: : : : : |
      | : : | `¨ ,       ¨´ | : :|: :.|: : : : : |
      | : 八         ノ: : :∧ : |: : : : : |
      |/l: : :\/777   / : : /::.:|:l | : /: :从
      |∧: : : :{ ノー‐/: : : /::.::ノ从 :/ :/{
      | ∨ :/ /l>:←--‐::´::.::.::.:/::.::}/ :/八
           ∨ /´::.::.ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ノ∨ハ
           / /::.::.::.::.::.ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:}
.        /)/:.::.::.::.::.::.::.:}::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.|

         【平沢唯(ジョン・レノン)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、ビートルズの面々が、ブライアン・エプスタイン死去の連絡を受けたのは、
 エプスタインの死が確認されてすぐのことだったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



475 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:12:04 ID:Q0A9JuVk


      /.:.:.:.:/...:.:./:.l..:..:..:./.:.:../ハ..:ヽ..:.:ヽ
      .:.:.:.:.:/..:.:.:/.:..l..:..:../..:. /:/ |..:..:|.:.:.:.:.',  っ
.      .:.:.:.:/..:.:.:/.:.:..l../.:/..:..:/;/ |.:..|.:.:.l:.:.l   っ
     |.:.:.:.i:.:.:.:.|.:.:...l/_:厶.:イ:/  `トl.:.|.:.:.l.:.:|
     |.:.:.:.|:.:.:.r|.:.:丁:/__.:./:/   |ノ:.:厂:|.:.:|
     |.:.:.:.l:.:/(l.:.:.:「 {:::::ヽ     ,.:イ |.:.:.|.:.:|
     |.:.:.:.|:八_|.:.:.:l ゞ:::ノ     {:::ノ l_:__|.:.:|         そ、それが……
     |.:.:.:.:.:.:.|.:|.:.:.:|  `¨    、 ¨´ l.:.::| ̄
     |.:.:.:.:.:.:.|.:|.:.八         ノ.:.:.|           阿部さんが……
     |.:.:.:.:.:.:.|.:|.:.:.:| \   ´'   イ.:.:.:. |
     |.:.:.:.:.:.:.|.:|.:.:.:|   > r ≦.:.: l.:.:.:.:.:|
     l_> '"´ |.:.:.:|ヽ    } ヽ<:」_.:.:.: l
    ,rくマハ    |.:.:.:|  \ /  |  マハト:|
.   /  Vム   l.:.:.:|、 /}/⌒ツ   Vム.:.lヽ
  /    Vム  l:/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/∧
  /     Vム  /            /|/ ',
 ,′     マV´ ̄`ヽ        /`ヽ  ,

     【秋山澪(ポール・マッカートニー)】


476 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:12:15 ID:Q0A9JuVk

               ___
            . : :´: : : : : : :`: : .、
          ,.: ´;,.. -‐‐―‐‐-- 、: :`ヽ、
        ,.:': : :/,,.. -‐‐r┬―ァ-: ,.、`! : :`、
       ,.': :!: : !__ムvヽjヽ!,ル'ヘ/ムィ,`!: : l:ハ
      ,' : :l: : :!           `キ : :|: :l
     ,イ: : :l: : :|    ,,. ノ ヾ、      |: : |: :.!
      / !:.!: :! : :.! ‐--‐'′   ` ー-- !: : |: :ヘ
    { !:.l: :|: : :.!  ‐- 、   ,. -‐   |: : :!: : :',
    | !ノ: :|: : : !ィテ千ミ     ,ィ云示ォl: : :|: : :iハ
    ! /: : f| : i :| 弋::ツ     弋::ツ !: : :|): :.ト}        なんだ?あのホモ野郎、また変な仕事でも入れたのか?
     ムィ: ソ!: ハ:|  ,,    .::.     ム: : l: : : |
        |/|.:l: : :i|             ,|.: : :l: :iヘ!
       レ'!: : |ヘ、             ノ:|: : 八リ
          ,.へ :!:.:l> .. ' ̄ ` ,. イ:.:.:.|: ∧
      /.:.:.:.:.:リ:.:.!   ヽ、‐-‐ フ l:.:.:.:.:|/:.:.:ヽ
     /.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.l   ,ィ=Yヾ   !:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.\
    ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.ト// /l_li ヘ、 !.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
  i'´ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:! {ィ'! | !ト、ゝ|:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:|  ヽソ |ト_ソ !:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}

        【田井中律(リンゴ・スター)】


477 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:12:29 ID:Q0A9JuVk

       /:.: : : :/: : : : : ': : : : : : :./: : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : ヽ
        /: : : : /: : : : :./: : : : : : :/: : : : : :/ヾ: : : : : : : : : : : : : : :ハ
.       ,':.: : : :./: : : : : :!: : : : : : /: : : : : :// \: : : : : : ハ: : : : l: : |
      |:.: : : : |: : : : : : l: : : : : :/: : : : : ://    ',: : : : : :.i : : : :|: :.|
      |:.: : : : |: : : : : : l: : : : : l: : : : : ://     |: : : : : :|: : : : |: :.|
      |:.: : : : |: : : : : : l: : : : : }ハ: : : ://     |: : : : : :|: : : : l: :.|
      |:.: : : : |: : : : : : l── ' └ー' '/      リL: :_: /i: : : :/: : !
      |:.: : : : ヘ: : : : : :|     __             リ: :/: : /
      |: : : : : :{'ヘ: : : :| ィf'乏え`圷        fえ乏圷 /: /WV
      |: : : : : :j { |:\:.:| ヽ jん^ハリ      lト' イリ" ': :イ
      |: : : : : :ゝ j: : :.`|  o弋 :::ン      弋:::ン。/: : :|           そうじゃなくて……
      |: : : : : : !: l: : : :.| ""        ,    "" ': : : :|
      l: : : : : : l: l: : : : |ゝ              /: : : :.:|           死んだのよ!!!!!
      リ: : : : : :レ'|: : : : |‐Y丶    ( 二つ   イ、: : : : :|
      /: : : : : '  j: : : : :|: . !  >      <l   V:.: : :|
.     / : : : : /  |: : : : :|. : | 、      ̄ _|: . : |   V:.: :|
    / : : : : :'   !:.:.:. : :|: . |   ̄     L: . :|    V:.:.|
    ' : : : : :/    |: : : : :|. : L.. _____,─'´ __\  /`ー‐、
  / : : : : /     ゝ: : : |: . : . : . : . : :/   ̄丶\}/ />' \


478 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:12:42 ID:Q0A9JuVk

            .. ---. . .._
          , イ´: : : : ----- : ミ: . .、
      /: : : :/'´  ___  \ :\
      / : : : : :/ィ ´ : : : : : : }: : `ヽ.`Y: :\
    ,ム: :/: : :|: > --ミ、}:.ノ: : : :, ノY: : : : }
   /1: : ′: : :|⌒     `´ ´ ̄ ` ー|: : :i /
  /′ ! : i : : : : | u              |: : :|廴__
     |: }:|.. : : :|\        ノ  |: : :|
     |:/ !: : : : :| -__≧ー'‘ー≦__-  } : :,{            はあ?
    i! :ハ: : :i: :|弋j:_歹   弋j:_歹} .′:小.
    }'.人': :∧:{ ー '    , ` 一 ' {リ:/ |: :\          なんで、どうして????
    /.:.:,:ハ: : :ト '''         ''' イ:. : トー‐`
  /イ ノ彡'. : |> . (  ̄ ` ⌒)  ...ィ:.: : :厂`
       }ヘ: {:.:.:./下、 ブ爪::::::.:|:.: :.ん、
       {:.:∧|:.:〈:.:.|,ィr'く i::::.:{:.:.: |: :/:.:.:.:}
      |:{:.:ヽ:.:.〉:l/,Yi. ト.!:./:.:.:.|/:.:.:.:.〈
         }:.:ヽ:.:.:/:./ { |l! | |ヽ:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:}
         |:.:.:.:}:.:.|:.:ト、人_j |:.:.〉:.i:./:.:.:.:.:.:./


479 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:12:59 ID:Q0A9JuVk

        ,,......-‐..―ヘ、
     /::::::,:::::::::::`\::::ヽ、
    /:::::/:::/|:::::::ヘ::::、:ヽ、:ハ
.   //::/:=/ :|:::{:::::|\:::::::::::::ハ
   i/::::|:=/ ´V' \| ` \::、::::ハ             阿部さんはお亡くなりになったんだ。
   |:::,::{::::l  、    、 |::::|::}:::!
   |/i:::ヘ:|  ()   () }::/}:|:::|            阿部さんは、この世を去ったの。
   |:::|:::::|{     '     i/::l:|::::|   r、
   |:ハ::∧   rュ    /:::/:|::::! _ | |_         事切れてしまった。
   レヘハ::::::`ー , -- ,-‐/::/::/レ" l }| { iヘ,
       \|:/\_ _/`j/'"    { ヽ `'{ノ       息を引き取り、神の御許に逝かれた。
    __ ,,. -'´\/ll\ノ`lllllー、  ∨ _ /
  , ヘ,ー      バハカj  |||| |^}  {   {        死体。命尽きて、永遠の眠りについている。
  {  ハ.⌒   .V|| ||V   ||||. |}. \l   |
.  〉  V     .l| |l   ||||/.  /   i        阿部さんはその生涯に幕を閉じ、昇天なされたの。
  /   `|            ||||l{  /     l
  |    |          ||||l {, {     i
  ソー- i          ||||| ハ     ノ


480 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:13:20 ID:Q0A9JuVk

                      __
                ,. : : : : : : : : : : :': ,
                /: : : : : : : : : : : : : : \
            /: : : : : : : : : ', : : V : : l: :ヽ
              / : : : : ∧ : : : :',: : : V:.: | : : :',
              ,′: /:.:/.: :.l.: : : :.ト、.:.:.l : :|:.:l: :マ>、
            /:ハ: :l: : | \|\: : |/Vヽイ.:.|: :∧: : :.,
          /: : / ハ:ヽ仆ヘヽ \!xヘヽ| |∨ ヽ : :\          先輩、この非常事態に茶化さないでください!
         : : /   ハ: :Y込ソ     込k  |: :|/   ',: : : \
        ': : /    |: :i´:.:.:.:    :.:.:.:.` |: :lヽ,   ',: : : : :ヽ       だいたい、そのネタ、
        /: : /    イ 八     -‐(   丿イ jハ    ,: : : : : :',      時代が早すぎます!!!!
      ': : /   / jイ (_>  _, < / イi V   ,: : : : : :',
      /: : /   / { ト、  二二{_ _}/ /::::|i  i}   ,: : : : : :,
      ,′:/    ′ ゝ ____{  } イ:::::::::::|_jく   ,: : : : : :,
      : i    |::::::::|::::::::::::::::::::::::/  〈::::::::::::::::|  l.:.:ヽ   ,: : : : : ,
     l: : |    /:::::::::| :::::::::::::::::::::|    ', ::::::::::::|  l.:.:.:.l    ,: : : : :.,
     l: : |   , :::::::::|::::::::::::::::::::::|    ',::::::::::::|  l:.:.:.:.l   ,: : : : : ,
     l: : |   l:::::::::::::| ::::::::::::::::::::ト,    ',::::::::::|--|:.:.:.:.l     ,: : : : : ,
     l: : |  /:::::::::::::::l ::::::::::::::::::::|::',     ', :::::::|  |_.:.:.:ム   ,: : : : : ,
     l: : | ,'::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::|o:',    ';::::: |  |.:.:.:.:.:ム   : : : : : ,
     |:イ:| l:::::::::::::::/ l :::::::::::::::::|::::::',     ';::: |  |.:.:.:.:.:.:.ム   ,: : : : : ,
     l  | |::::::::::::/   l::::::::::::::::::|::::::::',     ' :.|_|.:.:.:.:.:.:.:.ム   ,: : : : : ,

           【中野梓(ジョージ・ハリスン)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ブライアン・エプスタインの死は、4人に大きな動揺を与えた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



481 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:13:37 ID:Q0A9JuVk


                 _ __ _
             , . :.:..:´..:.:.:.:.:.:: : :`丶、
           , . :´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : ヽ、
           ,.:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.、.: : :.\
          /.:./.:.:.::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:}.::.:.:.:.}.:.:.:.:.:.:.:ヽ
       /.:./.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.`ヽ.}
         ′.:.:.:.:./:l:.:.:.:.:.:.:.:.::./:.ト、.:.:.:.|.:.:.:.:.:|.::.:.:.:.:./:`ヽ
       |:.:.:|.:.:.:./l.:l.ノ:.:.:.:.:.:/メ:.|、.:.:.: |.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.',
       |.:.:.|.:.:.:レ リヽ.:.:.:.:.;'  リ \:|.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.:i.:.:.:.:.:l
         ',.::ヽ.::| ,r=、 ;.::::/   ,.zテミヽ.:/.:.:.:|.:.//.:i.:.:.:.:.:l        阿部さんはビートルズの一員です。
          '; . ヽ|V ト。:} V   イ.:.c:j /.:::::: ト、.:/.:/i.:.:.:.:.:|        多くをささげてくれた彼を私たちは愛しています。
        V.:.ハ ヽヒツ    ヒ少ノ '.:::::|:::| }:/ l.:.:.:.:.|
          i.:.:.:.:; ,.,, ,     ,.,,,  l.::::::|.::レ'   l.:.:.:.:.|        死なんてものは存在しません。
         |.:.:.:.:}           /.:.:./:/:.、    l.:.:.:.:.|        あの人は……私たちと、ともにあります。
         |.:::::::|\   `    /.:.:./:/.:ヽ::ヽ、  l.:.:.:.:.ト、
            ヽ..:::|:./ >.. _ ,. イl.:.:/l/.:.:::::i.:::::::.\.:.:.:.:.:l.:.',
           ヽV/.:::/::/,r‐く l:/ /.::::::::|.:::::::::::::.\.:.l.:.:l
           /.::::::/.::// ハ ヽ  /.::::::::::::|.::::::::::::::::::.\.::l
          /.::::::::::/::// /  } ト、/.::::::::::::/.:::::::/.::::::::::::::}.:|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、処理しなければいけないことはたくさんある。

 まず、マスコミへの対応をしなければいけない。
 ビートルズのマネージャーが死んだとあっては、当然ビートルズが何かのコメントを求められるのは当然だからだ。

 これについては、そつなくこなすことができた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



482 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:13:48 ID:Q0A9JuVk

            ,.  ´ ̄ ̄     、
           /            \
          ´    l         l ヽ  ヽ
         /   l  l  |       | |  ハ
        ′  l | | |    | |   l |  i
       l l  l l l 八ト   l | |   | |  |
       l |  | l |/ | `ヽl | |   | |  |
       | L 丁ノノト  l  ´]_丁 |  }ノ  |
       |  |V 灯仍     f広刃!  ハ l  |       マスコミへの対応はいいとして……
        ∟ |ハ  込リ     込り |/|}   |
           | ∧""   ,    "" |  lノ l  |       問題は今後、私たちはどうするかよ。
           | ∧     __      j|  | l  |
           | l  ト 、     イl |  l l  |
           | |  |  }>r-< /V  ノ l  |
           | |  |_ム∧r-く  / /、  l  |
         ィ´ /,/ 〃´ ||.  ∨ /  ト<  |
.         / |   {/ {{  ||  /  /  |   `  、
        ノ  |  /ヽ ゞーァ介ァ  / r-┘     }
.     /  / / / |//l l/  /  |     ,     l
   /     { / 〈.  l// |/  / /     ′   |
  /      ∨   \. |//  //    /       |


483 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:14:00 ID:Q0A9JuVk

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::.:.:::.:..: : : : : : : : .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::.:.:::.:.. : : : : : : : : : .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:-――----  、: : 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ´: : : :/: :/ : { : : ヽ\                          ―――― 、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: : : : :/: :/==:∧: : : : : :ヽ                      / / ̄ ̄ ̄ヽi `ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::: /′ : : :,'i: :.|==;/ '; : : :}:.::::',                     / ソ ̄ ゙゙`´゙゙゙゙゙ー┤ | .ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: : i: : : : /_|: :.|: :/二∧: :∧: :: i                     レ |  /  \_  v ! } .!
:::::::::::::::::::::::::.:: :.: :.:..:{/: : .:{'^|: : V弌::テ ∨_ }:/ |                    /  |        / | j |
:::::::::::::: (ヽ.: :.: :.:..: :/: : .::::ヽ| : : ', 、、  弋:ナ :::|                   /  | r==、  ==-、| ∧! i
:.: :.:..: .::ノ..:}::.: : : :厶: : .::::::::| : : :|  r‐ 、.:::/_/;′                  レ|  |} U     U | /`j |-ゝ
. : : .::{ (⌒): : : : : : ∨::::::/Vヘ: }   ー.:':ノ :::: /    ..:)               | |ヽ   /ニヽ  /./ー´ヽj
: : : :'、__ノ :  :     \/{ニ=-个ァ‐</ :::::::/    .::八          fヽ_ /\!::`ラ、`ー‐゙<フ|/::::::∩ヽ
                 /\   ¨7∨厶ィ/    .::(⌒ )        ⊂´__`´フ:::::::/:::::〉/ {/i !} |::/:::::::| ゙v´}
               _ノ   \_/介\        :::ー'         レuー::´|:::::::::|:::::|::/ //゙||゙ |::〉::::⊂  ⊃
            〃_/_,     {/ |い:\                   ヽ∀;;/`/::::|/ |j  !} |/:::::::ヾーし'
           /'´  ヽヘ.   し'| Y::::ト}                       /:::::/   o   |:::::::::::::`=-´
          {     ∨   Lノ:::::ト{                      /:::::::/   o   |:::::::::::V
           V     ∨   ::::::::|:|                     /:::::/        i:::::::ニ:ヽ


484 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:14:19 ID:Q0A9JuVk

            /:::::::::::::::::;′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶.:.:.:.:.:\:\
          '::::::::::::::::::::| :::.:.:.:.:.:.:|/ .:.:.:.:.:. ト、:.:.:\:.:.:.:.:.';:. !
        i:::::::::::::::::::::| :::.:.:.:.:.:.:|.:.:. :.:.:.:|.:| l\´:.\ :.:|:.:|
        |:::::::::::::::::::::| :::.:.:.:.:.:.:|:.:.l :.:.:,'|.:| i  ヽ_斗j:」.::|
        |:::::::::::::::::::::| :::.:.:.:.:.:.:|:.:.|.:.:/ |.:| i  ィiハノ|::.:.:|
        |:::::::::::::::::::::| :.::.::.:.:.:.:|:.:」斗=ミ|    ヒソ ト :::|
        |:::::::::::::::::::::| :::.:.:.:.:.:.:レィ'_)i::ハ       ´ { Ⅵ
        |:::::::::::::::::::∧ :::::.:.:.:.:| 代辷ソ     、 '' }          ……まあ、とりあえず、早急にロンドンに戻らないと。
        |::::∧:::::::::{.(丁 ::\}  ,, ´        /          ここでは、今後の話し合いとかできないし。
        |::::{ ';::::::::::`ー|:::::::.:.:|        ' ’ /
        |::::l  |:::::::::::::::::::::::.:.:.ト          /|           残念だけど、セミナーはここで打ち切りね。
        |::::|  |::::::::::::::::::::::::..:.:∨_` ーr:::-イ:: !
        |::::|ヽ |:::::::::::::::人::::::.:.:.∨  \∧、 ::!:::.|
        |::::| '.| :::::::::::/ ヽ ::::::.:.:\  T^ヘ:::::八
        ヽ i  | :::::::::;′  '、:.:.:::.:.:.:\_」\_∨::.:'、
          }:|  |:::::::::::     \ :.:.:.:.:.:ヽ{  ヽ\:.:ヽ
            j {  |::::::::::i       ̄`\:.:.\ ト、_}\〉
            |::i  |::::::::::|             \:.:.Ⅵ |\\
            |::l  |::::::::::|      /⌒ヽ |:.:.| |__厂o 〉


485 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:14:36 ID:Q0A9JuVk

                                             .. -───‐-  ..
                                          ...:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:...、
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                                       .:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                 .    /.:.:.:./.:.:./.:.:..:.:/.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                                    /.:.:.:./.:.:./.:.:.: /.:|.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:l.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:\:!
                                   〃.:.:.:/.:.:/.:.:.: /:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:l.:.:.:.l:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:|、
                                  /|.:.:.:.:|.:.:.|.:.:./.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.|:. /|.:.:.:l∧.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:,.:|:.\
                                 / .:. |.:.:.:.:|.:.:」:.厶イ ∧:.:.:.:.:.:l/`ト:.⊥_|_.:!.:.:.:.:|:|//:.|.:.:.: \
                                 .:.:.:.八:.:.:ハ.:.Ⅳ   |   V:.:.:.:/ ノ:.:.ノ j .:|.:.:.:/.:|:.:/:./\.:.:.:.:.ヽ
                                 .:.:/   Y.:.:V ィ穴ミx  V.:./ xう穴㍉ .:|.:./.:.:.|V:./  丶.:.:.:.:.:..
                                 :/   |.:.:∧《 {///}  V  {///i} 》:ノノ:.:.:.:! V    ヽ:.:.:.:.:.:.
       ・・・・・・止むを得ませんね。              |.:.:.:∧ ゞ少      ゞ少'  |.:.:.:.:.:.:.:|ノ        ',:.:.:.:.:..
                                     |.:.:.:.:∧::::::..        .:::::::: |.:.:.:.:.:.:.:|          ':.:.:.:.:.:.
       (この続きは、いつか……)                  |.:.:.:.:.:∧       ′       ノ.:.:.:.:.:.:.:|        i.:.:.:.:.:i
                                     ',.:.:.:.:.:.:.:ト     ‐ -    / |.:.:.:.:.:.:.:′       |.:.:.:.:.:|
                                      V:.:.:.:.:.:|ィ个:...、   _  イ  |.:.:.:.:.:./、       |.:.:.:.:.:|
                                      V.:.:i:.:.|::.:l::.:| V  ̄   /  ノ.:.:.:.:./::.:.丶        |.:.:.:.:.:|
                                     /\|ヽ|::.l::.::|  \  /  /}ノ};イ::.::.::.::.:.:\    |.:.:.:.:.:|
                                 .  /::.::.::.::.::.::.::.|::.::|  く不>、  /::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.:: \   |.:.:.:.:.:|
                                   {::.::.:::.::.::.::.::.::.:|::.::l/〃人ヾ\/::.::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.::.}  j:.:.:.:.:ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ビートルズの活動に関しては、ロンドンで話し合いを行う必要があった。
 エプスタインこそいないが、他のスタッフはまだロンドンにいるのだ。彼らと話し合う必要があった。

 そのためには、セミナーを離れる必要があった。
 彼らはセミナーを中断して、ロンドンへと戻った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



486 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:14:52 ID:Q0A9JuVk

           ,  -  ̄  ̄ `::::.......、
         , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::i:::::::、:::::::::::::',::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::/'、:::::::'、:::::::::::',:::::::::::::i::::::::::::::::'
     ./::/:::i:,'   \::::','、::::::::':::::::::::::l::::::::::::::::::i
     '::::l:::::iリ  `‐-ヾ,_\__|:::::::::::::|:|:::::::::::::::|
      |::::|:::::| ノ.          |:::::::::::::|:|:::::::::::::::|
      |::::|::/,      .イテ:ハ|:::::::::::::|:|__::::::::::::|             阿部さんがいなくなって、
     !::::´::::' {'テiミ   弋_:リ.!::::::/::::! .}:::::::::!             私たちはバラバラになりつつある……
     ',:::::::::i:: ', ヾリ      レ'i´::::::::|_./:::::::::|
      ヽ|:: ', :: i   ,       .|:::::::::::!::::::::::::::!             もう一回まとまらないと……
.        !'´ ',::::.,         |::::::::::,:::::::::::::::|
          ,:::ヽ,  -    ノ|:::::::::;::::::::::::::::|             でもどうすれば?
          ヽ::::`i 、_ - ´_ i:::::::::,ヽ :::::::::::ト,
           ',i::::| |:::::::/イ´/:::::::::,'-‐ヽ;:::::::!::ヽ
           _|::::i-‐´/rA./:::::::::/    ヽ,::::::::::' ,
          //::// イl |'/::::::, '   _ _ ',:::::::::::ヽ
         , .//i_/! !//:::::/  /    `',l::::::::ヽ;::\
         ,' , ' / /,し' /:::::/  i        ヽ:::::::::ヽ:::ヽ
         / レ´   ./:::::/  .|        ',:::::::::::',、:::',
        /       /::::::/   !         ',:::::::::::' `'|
      ,'          i:::::::l   ',         ' :::::::::::., !
     l         ヽ:::::ヽ   ヽ         ' ::::::::::',
       ,          \:::\  ',         ',::::::::::::.
      !,  l         ';::::::',  |,          ,:::::::::::::'.
       |:',   ',         .|:::::::| ,:::',         .}::::::::::::::i


487 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:15:17 ID:Q0A9JuVk

           , ..::::'":::::::::::~:: ̄ ̄::~:::::`........、
         ,.:::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
        ,.::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.      /::::::::::::::::::::/::::::::::::/::::::;'::::::::::::!::::i::::::::::::::::::::';::.,
      /::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::::::∧::::::::::ト;:::|::::::::::ヽ:::::::i!::',
      ,'::::::::::::::::::::;'::::::::::::/ ::::::/  ';::::::::! !:i!\::::::::!:::::::i!:::',
.     i:::::::::::::::::::::i!:::::::::::;':::::::/丿 i!::::::| |/   ';:::::i!:::::::|:::::}
.     |:::::::::::::::::::::i::::::::::::レ-'  __、L;;;/ "  丶i!::::/::::::i!
      i::::::::::::::::_:::|::::::::::::| ,y'斧示ミ、    ,,__ `~L∧:::::;'         私たちには音楽しかない……
     |::::::::::::/, `j:::::::::::iイ r::ハ      ィ斥ミ、 ;:::};;/
.       ';::::::::〈 "`jト、:::::::i!_ 込:リ         r:ハ }} ,':::::::|         でも、何をやる?
      i:::::::::::\ i!:::`ヽ:::」           ヒ:ノ _''/:::::::::i
.       !:::::::::::::::`!::::::::::::|          ,   i`::!:∧!          新しいアルバム? シングル? ライブ?
        !::::::::::::::::i:::::::::::::i!       ⌒    ノヽ!"
      ,ノ:::::::::::::::::|:::::::::::::|`  、      '  /  ノ|           ……それとも、もっと新しい何か?
    /::::::::::::::::::/:!::::::::::::i\ _ ` -( ̄' ⌒" /::::i!
.   /:::::::::::::::/ヽ!::::::::::::|    `ー-yヽ,    〈_::::|
   /::::::::::::/:.:.:.:.:.|::::::::::::i\    f~ヽ∠ヽ____Vヘ:|
  ,':::::::::::/:.:.:⌒:ヽ:!::::::::::::|:.:.:\/ `Yiハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'i!
  ,'::::::::::::{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!::::::::::::ト:.:.:.:.:\ //| i';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!_____
  !:::::::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|::::::::::::!:.:.:.:>.://、! |j';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`7、
  i::::::::::::::';.:.:.:.:.:.:.:.:.:i::::::::::::|:.:.:.:.`ヽし"`し'"ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.}
.  !::::::::::::::i:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::::::::::::!:.:.:.:.:.:.:.:.:.`r"~ ̄~`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:/
  !::::::::::::::ト;.:.:.:.:.:.:.:.!:::::::::::i!:.:.:.:./~`"ヽ     j_):.:.:.:.:.:ノ
  |::::::::::::::';.:.:.:.:.:.:.:.:|::::::::::::|.:.;.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y―"  ̄ ̄
  ';:::::::::::::::}`:.:.:.::.:.:.i::::::::::::i":.:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ロンドンに戻った後、ポールは一人、いろいろなことを考えていた。

 エプスタイン亡き今、ビートルズはどうなるべきか?
 そもそも、今、何をすべきか?

 メンバーが集まって話し合うことは決まっていたものの、
 その日までに、今後……特に直近にどうするかを考える必要があった。

 なにしろ、そういうことを考えて、お膳立てをしてくれた人が、突然他界したのだ。
 そういうことができる代わりの人が現れるまでは、自分たちで考えるしかなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



488 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:15:36 ID:Q0A9JuVk

        , -‐::´::::::: ̄:::::`::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::\
     /:::::::/:::::::l::::|::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::/::::::::∧:ヘ::::::::::::::iヽ::::::::::::::::::::ヽ
     i::::::::/==/斗::へ::::::::::::ト-\:::::::::::::::::ヘ
    ハ::::: |==/´  ヽ:| ヽ::::::|  ヽi:::::::::l:::::::i、
    l:::::::::|:::::::i   、    ヽl ,   l:::::::|:::::::lヘ
    |:::::::::i:::::::l ,ィチミ     ィチミx |:::::/::l::::| ヽ
   /::::::::ヽ::::| 〃んィ:}`   ´んィ:}リ |:/::::::l:::::i
   イ:::::l:::::::ヘ::l ヽcヒ::ソ     弋::ソノ レ:::::::|::::::|
   |::::::::|:::::::::ヽ       '      ∧::::::|::::::|           映画を作る?
   i:::::::::|:::::::::::::i               ,:::::::::::|::::::|
   l::::::::::l::::::::::::i       rっ     ハ::::::::::l::::::i
   レヽ:::i::::::::::::|>        イ:::::::::::∧::/
    \::ヽ:i::::::| ./、`≧‐  <::::::::::::::::/l/ /
      ヽイ ヽ:|/  へ  , イ l\ レ
       イ´ ∧   , -`-  |  i ヽ、_
     ´ |  |   ヘ、/ l∧ ヽ /  ヘ  `ヽ _
 Y´  ヽ|  |   ∨/∥ ト、ヽ、  ∧     ハ
 |     |   |‐-   ヽイ | ||ヽ イ  /   /   i
 |     ヽ .| /  ヽ || || /  <     /    |
 |      | | <   ヘ   ./    〉  |/    |
 |      i /  \     /  /    |.     |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 エプスタインの死から数日後。

 ビートルズのメンバーは秘密裏にポールの家に集まった。
 今後を話し合うためである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



489 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:15:54 ID:Q0A9JuVk

               __
            ,....:::::::::::::::::::::::::....、
         /::::/::::/::∧::::::、::::::::::\
        /:::::::::::::;イ::.:;' ハ:::::::ハ::ヽ:::::::ヽ
.        /:/::::/:::/-:::/  ハ:|‐::ハ::::|:::、:::ハ
        l::::::::::|::::| |/     | ヾ::N:::::|:::::|       
        |:::|::::lレ'≦、     ,,≧、|::::l:::|::!
        |:::|::::|〈{.んハ      代ハ }〉::l:::l::|         
        |:::|::ハ  Vソ       Vソ´リノ:::|::l            そう。
        |:(lヾヘ ,,,,   '   ,,,, ム:イ:::!       
        |::::|::::ハ    、_ _,.    ノ::::::|:::|            映画を作るの。
    | ̄ ̄ ― --  .、   ,. -- ―    ̄ ̄ 7   
.    V           `|´               l
     l                           l   
                  |               /
     V           |              ,    
      r―   ―  .、 | __   .  ----  /
    /ハ          |          /ハ    
.   /   ハ __                 __ /  .l
  |   /  ヽ       |      / \  !    !
  |  〈 ー―¬.j _     |     _,r'―‐‐ .〉 |
  |/ (   ――x.!    ̄ |  ̄  ├―‐  ) 、|
  /  |   ――}     |     ├―   .|  |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そこで、ポールは、直近の目標として映画を作ることを提案した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



490 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:16:13 ID:Q0A9JuVk

                                         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚.
                                      /::::::::/::::::::l::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::Y⌒ヽ
                                       |::::::::':::::::::∧::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|
                                       |:::::/::::::::/ !::::::::::/ '⌒\:::::::::::::|::::::|:::::::::|
                                       |:::,'::::::::/⌒j八:::::′     ∨::::::: |::::::}:::::::::|
    映画って……                             V::::::::/  _,.  ∨   ィfた抃|:::::::::|::::/l:::::::::|
                                       |:::::::{ fた心     弋ぅシ|:::::::::|::/ |:::::::::|
    「HELP」のような、ドタバタ喜劇ですか?           _斗‐ぅ::、 弋.ツ     、、、、 |:::::::::|/ |:::::::::|
                                    /   ニ)::::ハ 、、、  ,       |:::::::::|  .|:::::::::|
    ああいうのは、今はどうなんでしょう?            /   r‐':l::::::入             |:::::::::|  .|:::::::::|
                                    |   }:::::|::::::::fへ    `   ィ |:::::::/   |:::::::::|
                                    l___.|::::八:::::|   _>‐ <ノ`‐|::::/   .|:::::::::|
                                    f:..:..:..:..\:::|\l>'..:..:! >T<    j/:..`ー-、::::::::|
                                    |:..:..:..:..:..:.i::j/:..:..:../:.:.| ./∨\  /:..:.l:..:..:...:..:.\::|
                                    l:..:..:..:o:..:|/:..:..:. /:.:.:.∨/}{ヽ .l__j:..:..:.}:..:..:..:..:..:..:.丶
                                    |:..:..:..:..:..:.|:..:..:..:〈:..:..:..:} l .}{ i |:..:..:..:/:..:..:..:..:..:..::..:..:i
                                    |:..:..:..:o:..:.∨:..:..:.丶:..:.l i 凡 l |:..:..:./:..:..:..:..:l:.:..:..:..:.:|
                                   リ:..:..:..:..:..:..:.i:..:..:..:.:./:..:.∨八∨:..:..:.!:..:..:..:..:.l:..:..:..:.:..:|
                                  /:..:..:..:..:..:..:..:|:..:..:..:.〈:..:..:..l l:..:l l:..:..:./:..:..:.:...:.l:.:..:..:..:.:..|
                                  i.:..:..:..:..:..:..:..:.|:..:..:..:..:.\:..UVU:./:..:..:.:..:..:..l:.:..:..:..:.:..:|
                                  |:..:..:..:..:..:..:..:..|:..:..:..:..:..:..:.\∧/:..:..:.:..:..:..:..:.l:.:..:..:..:.:..:|
                                  ヽ:..:..:..:..:..:..:./:..:..:..:..:..:..:..:..:.O.:.:..:..:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:..:..:.|


493 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:18:27 ID:Q0A9JuVk

              _____
                ,イ´: : : : : : : : : : : :≧.、
          /:〃: : : : : : : }: : : :!: : : : :\
          ,: : : /: : : : : : 〃/: : :∧: : : 、: : : 丶
        /: :/:/: : /: : : :/:/,: : : ,小: :|: : }: : : : : .
          : : 〃: : /: 〃: :.//: : :/ |:!: |!: ::|: : : : : ::!
       ,': : /: : : :!: //: /_7: : /   !|: :!!: ::!: : : : : :i
       |: : l: : : : :!〃: :{´ |: :/   .|: : | l: |: : : : : ::!
       |: : |: : : : |/|从|  !/     .!: : ! !: !: : : : : :|
       !: j !: : : : !イc笊ヽ     从リ |: j: :/: : : |
       |:{ :!: : : : | 7う リ 〉     ィ笊く从/.. : : : !
       |: 、|: Vj: :! 弋ソノ     7う リ ソ 〉.: : : : |       ああいうのじゃなくて、
      ノ: : |: : ::|`        弋 ン  ./: : : /: |       私たちの音楽を映像化して、それを見せる、とでもいうのかな。
     ∠: : : j: : : |、       '       ,': : : /: : :!
   ,ィ´¨¨¨¨¨!: : ::!∧   r=-ァ       /: : :l/: : : :!       ストーリーの中に私たちの音楽があるんじゃなくて、
  /: : : : : : : :|: : : | l\  ゝ- '     イ: : : :|<: : :|        音楽があって、それを忠実に映像化する感じ。
  |:\: : : : : ::!: : : !∧ > __ < }: : ::|: : : ::!: : : :ヽ
  |: : :\: : : ::|: : : !:/∧   / / |: : : |: : : ::|: : :/}!
  !: : : : :ヽ: : :!: : ::| / .∧__/_リ: :,ァj_(⌒ヽ/: : :||
  〉: : : : : : : ::|: : ::|::∨ゝ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨/(´ ̄__`ヽ: : |ハ
  ∧: : : : : : : :j: : ::j: : V∧ L S D /ゝ( ̄`¨   |: ::|}:|
  |: :\: : : : : ::|: : ::|: : V/∧、______ノ´¨フ´`丶  リ): :V
  \: : : : : : ::|:!: : ::!  //|| | Lj |: :./ .{`丶  //|: /
   ∨/: : : : :|:!: : :j  {≧j!cjゝ=' くく  ゝ\_  /: !::|
   |:|: : : : : j::i: : :|: : :| | ィ|  | ゝ: .、丶lゝ=彡' : :|: |
   |: : : : : : 、:|: : :!: :::| |∨ゝ__j:: }: : :`¨ ̄ : : : : : !: !
   |: : : : : :ノハ: : : 、:凵: : : : : : : :|: : :0: : : : : : : :リ:|
   |: : :/: 彡'::l: : : l ⊂⊃: : : : : !: : : : :: : : : : : :レリ
──|: /: : /: : : : !: : ::!: : : : : : : : : : :i: : 0: : : : : : : :|/────-、
   !: : : : : : : : : |: : ::|: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : :!
   丶: : : : : : : /: : リ: : : :≧─<__|: : : : : : : : : :/
      \: : : :/: : :/ ̄ ̄¨      、: : : : : : : :/
      ゝ、三: 彡'          ゝ──<

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ポールの考えていた「映画」……

 それは、既存のストーリーがメインにあるものではなく、
 自分たちの音楽を映像化するという物であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



494 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:18:41 ID:Q0A9JuVk

                  ,. -====ーz- . .
                    /'了 ̄: ̄:>.、 〉: :ミ: .、
              ,.ィ' : _:_{_z‐'´⌒ー-ミ| : : : : : \
            /:/:/´            }: : :ハ:  : ヽ
               i. : :V        '⌒`ヽ|: : : : |: . : :.
               | : : |/⌒`     r‐__ | l : : :|:ヽ: : : ',
                ∨: :{  ,zミ      /示ミ|:{: : :|:.| |: : :l
              小:..:、 《! i心    トィf}V: : :ト、|: :{: : :{
           /: | :.:ハ ` ヒリ    `¨´ }: : :ら }:.: :!: 小        へーっ、おもしろそうじゃん。
           | : }: :.:.:.:} 、、、 ヽ    '"" |: /:/ ノ:. : |:. :ト{       覚えるセリフとか少なくていいなら、
           |: /: : :.小.    r== ぅ  ノイ: 爪:.\:...ト、{        私はそれでいいよ。
         , ┐ |:ハ: : :.:|:}ヽ.   ` ´  /.ィ|/:.:.:N⌒ヽ{
     r‐ 、{ {   {  ヽ: .:リ /:.>,. __  イ´,斗vヘ{   丶         で、具体的にはどんな感じなんだ?
     /r―`} 〈     ヽ| ノ´ ノ..イヽ  /  /:.:.\
     ノ ー‐、) {     ノ //::/ ,ィく.   /:.:.:./:.:.:\
     { ー 、}.  }   rー‐ 彡:ノ::::{ /乂 ト、 /:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:`:.ー- 、
    ヽ´スノヽ ハ j:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_:///|l { ∨:<´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:ヽ
      ∧   ノ:.:.l ノ:.:.:.:.:.:.:厂:.///} イ |! V:.:.:.:.:.〉:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:}
     {:.:ヽ /:.:.:. |!:.:..:|:.:.:.:|:.:.:从 V/ ! |j }:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.|
     |:.:{ノ:.:.:.:.:.:.∧:.:.:|:.:.:.:|:.:/  7'| トrイ:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
    ∧:.:.0:.:.:.:.:.:{:ハ:.:.}:.:. |:/  i | ||j:.:./:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
    {:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.: l:.: /    | ノ |||:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ポールの提案に、他のメンバーは興味を持った。
 そこで、より具体的にどのようなものであるかを聞いた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



495 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:18:54 ID:Q0A9JuVk

  __________/____/⊆⊇⊆⊇_⊆⊇⊆⊇〕、_________________
 ┏┳━━━━━━┳┓| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ┃┃.ビ ー ト ル ズ.┃┃|___________________________________|
 ┣┻━━┯━━━┻┫|| ̄|| ̄|| ┏━━━┳━━━━┓____┏━━━━━━┳━━━━━━┓ |
 ┃ 」二二] |((( l.ll )) .┃||  ||  || ┃ ∧∧ ┃ヽ(´ー`)ノ┃ |⌒彡  ||┃(-_-) ∧_∧ ┃ ∧__∧ ∩_∩.┃ |
 ┃(´∀` ).| (lロ-ロ )).┃||  ||  || ┃ (゚Д゚ ) ┃(___)┃ |冫、)  ||┃(∩∩) (゚ー゚* ).┃(・∀・ )(´ー`.)┃ |
 ┃⊆⊇⊂ | ゝ ∀ ノ ┃||  ||  || ┗━━━┻━━━━┛ |` /   ||┗━━━━━━┻━━━━━━┛ |
 ┣━━━┷━━━━┫||  ||  || ━━━━━━━━━━ |======|| ━━━━━━━━━━━━━━━|
  |二二 【 2ch 】二二二|..||  ||  ||        ロ           |      ||.                      |
 [|口\       /□[].||  ||  ||  γ ⌒ ヽ_________|      ||      γ ⌒ ヽ.                |
  |.口.  ┌―┐ /  □.[|||  ||  ||  |  ∴  |      |   |      ||      |  ∴  |            _|
  |二==_└―┘.二==二二||___||_||_|  ∵  |      |   |二二二||___|  ∵  |            |_〕
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゞゝ__ノ ̄  ̄ ̄ ゞゝ___ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ゞゝ_ノ  ゞゝ___ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ポールが提案した映画企画……

 それはチャーターしたバスにビートルズとスタッフが乗り込み、
 行く先々で起こったことを即興的に録画し、
 それを一本の作品にまとめる、というものであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



496 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:19:10 ID:Q0A9JuVk

                  , -‐―‐ ― 、
                 ,イ: : : : : : : : : : : : : ヽ 、
               /: : : : : : : : : : : : : : : /: : : :\
           、_ノ: : : //: : : : |: . : : : ∧:: : : : ::ヽ
            `フ: : :/: : : : : :/| : : : :/  i: : : ヽ: ::ヽ
            / : ::/: : : : : :/ i: : ::/ ⌒ {: : ::.::|: ::∧
             / : : :i: : : : /   { : :/    |/: :i: ::.:::|
           /: : :.::..|:/レ' _    |/      i/: :|: . ::.|
             /: : : :i:: :::l ィ=ミ、      _    |: :.::/: : : :ハ
          i: : : : :|: :: i         ゝ=ミ、  }: /:::: : : ::ヘ
          |: : ::::::|: :::,  ""   '     ` |/:::::: :.:.:|: : ハ        なかなか面白そうじゃない。
          ヽ :::::::|: :::          ""   /: : i :. : :|:::: ::|
         , -― |: :.人    ` -       イ :i :/ : :.:/::::::./        まあその場で考えていきゃいいわけだし。
        /     \|   、       イ : ::|/:::./ー、./
          /   i    ハ  > ≦ ´ /,_./|:/    ヽ
        /    ∨   ハ  /o\  / /  '   /    i
     /     ∨ / { し    ./\/  |  /     ∧
    _/        ∨  ヘ  ハ o /\/   ∧/  _   ヘ
   {     ̄ ヽ  /   ヽ ハ /\./   /  /       ヽ
  /        ―--   ヽ   /   -ー´         ∧
 /             /` -_ , ー ´
              /  /    ` 、 、
              i  i _ _ ヽ_〉' _, 、 _     - ―
                    ``'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 他のメンバーは、ポールのこの案に乗ってみることにした。
 やることがほかにあるわけでもなく、とりあえずの仕事としては向いているようにみえたからだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



497 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:19:23 ID:Q0A9JuVk

            r ──-  、   /
         /. : : : : : : : : : : ヽ  ・
        /. : : : : : : : : } : : : : ハ
          /. : : : : :i: : : :/. : : ⊂⊃             r ─ ===- 、
       i: : : : : : :|: : / : : : : ⊂⊃           | /`'´`"冂'i : |
       l: : : : : : :}/.: : : : : : : :|             j:{  n| ̄ ̄|n.:|  はい
       レヽ、: : : : : : : : : : : : :|            /: :i/ ||__|!Vハ   カメラ回すよ~!
             {ヽノVヽ:ノヾヽくV           レ/  /   丿 Ⅳ
          ヽ        ヽ         /  イ  ̄ ̄l  |
               ヽ     \  ヽ         ヽ/ \ / \ノ
              ヽ      ト _,'          |ー────{
              }___ ,. r.'.:/          l          l
                 /:.:.:.:.:_ - 、::/         |_____|
             /ヽ:/    /             ト、: : : : : : .:/i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 バスに乗って、即興的に映像を撮るということそのものは、
 彼らにとってはそこそこ楽しいものだったようである。

 何しろ自分たちが「面白い」と思ったものをどんどん撮影すればいい。
 そこには脚本とかスケジュールがあるわけではないから、自由気ままに行動できた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



498 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:19:37 ID:Q0A9JuVk

           .... -────- .....
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      |:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::|::::::|::::::::::::::::::::::::::!
      l::::::::::::::::::|::::::::|::::::::::::}::::::|::::::::|:::::::::|::::::|
      l::::::::::l:::::∧:::::lilililヽ/_∨_\:::|:::::::::|::::::i
      |::::::|/_∨__∨ハ::::/=て__) ̄ |:::::::::|::::/       はい?
      |::::::| ̄てノ ̄ ∨  ヾ≡彡 |:::::::::|::/        うちがビートルズの映画に出演?
      |::::::| ヾ=彡'           |:::::::::|/
      |::::::|    ー(::::::)─(::::::)‐   |:::::::::i         なんでこんなペーペーのコミックバンドに出演の依頼?
      |::::/ \    ~~     ハ::::/
      レ´   `>_─ _ ─ _イ<}  ∨          そりゃうちは面白い音楽を目指してますが……
          / |::::\/ 丶/::::ト、::ヽ_  ノ)
          / |::::::::| >< |:::::::::| ヽ::::彡'
         i   |::::::::ヽl l/::::::::::|   i
          l  |:::::::::::∨::::::::::::|  !
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、全部が全部筋書きがなかった、というわけではないのだろう。
 筋書きがなければ作れないようなシーンもいくつかあった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



499 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:20:05 ID:Q0A9JuVk

                /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
                    ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::ト、
                /.:::::::::::::::/:::::::::::::::::.:::::/.:::::::::::::::::::::::::|:::::ヽ
.               /.::::::::::::: /.:::/.:::::::イ::::_/_:::://::/::::::::::|::::::}::::.
              /.:::::::::::::_/.:::/.:::::〃|::::厶ィY::::':/.::::::::/:|:::::八::::.
             ;:::::::::::〃/.:::::{:::::N x==ミ 刈:://.:::::/_l:|:::/.:::::ヽ:\
               {/.:::::八/.::::::::::::::|〃ん::ハ  ル/:::/⌒刈:::::::::::::::::::ト\
              {::::::::::::;:::::::::::∧::| 弋::ツ   / =ミxイ::::|i:::::::|i:::|i   `ヽ
  , -‐===‐-ミ    {:::::::::/.:::::::::::i ヽ \   〃{んハ }}ノ::::八::::八八
 -‐<       `丶八::::/.::::::::::::::|     (:::::::)  乂:ヅ/::/}:/l:/
    \      ニ=∧::::/.::::::::::|           ´ (::::::)イ 丿 /     まあ、依頼された以上、しっかり仕事しないとね。
        ` ー-=ニフ(  V.:::::::::::::ト、     -‐   .イ:八         違和感あるけど。
        /.::::::::::>彳:::::::::::::::| \       . イ:://
        〃へ::_/  |:::::::::::::::::|   >‐=≦:::::::::|:::::i           ……しっかし、ビートルズって、
       /  \\  八:::::::::::::::|   ∧    八:::::|:::::|           面白いこと考えるわね、ホント。
.     /       \\  \:::::::::|    `マ!  ヽ:|:::::|           私たちに場末のストリップ劇場のバンドとは。
.  _/_        \\  ヽハ     ||\  ヽ八
  /   `丶、      \\  ̄`   ´ ̄/,  \
. /       \      \\___//     \
          ヽ       ` ー-ヘ く       ∧
           }             ヽ       /  \
           }/                 〈     、
          /                   ヽ    \
.         /{                }      〉

         【さか奈(ニール・イネス)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 例えば、ストリップ劇場のシーンがあるのだが、
 そのシーンで演奏しているバンドは、ボンゾ・ドッグ・ドー・ダー・バンドというコミックバンドである。

 ttp://www.youtube.com/watch?v=ZZvYk-VEzOU

 いくらなんでもそこそこ有名なバンドが、常態的にストリップ劇場で演奏するなんてありえないから、
 このシーンは事前に筋書きがあり、ボンゾ(以下ry)に依頼したということだろう。

 なお、このときピアノを弾いていた人物が、
 一部のコアなマニアの間で「鬼才」と呼ばれるニール・イネスである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



500 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:20:24 ID:Q0A9JuVk

         ヽ      ノ `‐'  `ー{       ノ
.    | ヽヽ.   ヽ. ヽ_ノヽ       ヽ、...........  ノ
.  ―十―      ゝ―、__| .....  .........  / ̄ ̄ ノ
  /  | ヽ     ィ‐,=========================、‐、
. /   .|  ヽ   ヽく___/            )__ヽヽ
           ̄ ̄ ̄≧、_,、_ィ、_,、__/ ̄ ̄ ̄
.  ヽ.           /:::::/:::::::::::::,、:::::::::::::::\_
       /.      /::::::::/:::::::::::/::/ ヽ:::::::::::::::::ヽ `
   ―‐´.        / :: ::/:::::::::::/::/   |ヽ:::::::: ::::: '.ゝ、_
.           / :: ::/ : :_/、/_,,、__ヽ:::::::::::::::'.
.  | | |      ,/:::::::/\/ ::} ,.―.、、 ,.―.、/|/┬'`'`
.  l | |.    /| ::/ :::| :: ::{  ̄´  ` ̄´| | : |\
.   ・ .・ .・      |/ :::::::「| :: :::>、  __   .ノ::| : |ヽ:ヽ
          / :::/ :::〉! :: ::|' ヽ`┬┬‐´ヽ:::| : |:: '.:::`,
.         / :::/ :::::| ヽ:::::| //八ヽ/ 〈|: | : |: : |、: |
        / :::/ :: ::::|  '. ::{ \/ ヽ/ .| |: | : |::::/ノ/
.        | :::::|:::::::::::|  ヾ|.  |\/| //::/`┴、 "__
         \:::\::::::|  /ヽ、   ` ./ |::/   .了ミ
.          `┬―┤      ̄{―、ヾ ̄`ー―‐'‐´
            └、  `ー―‐、_/、_ン. `┤:::
            `┬――、 |   .__| :::::
.              |  |   | |   .ゝ ...|――――‐
.              ̄\_/ ./  /  ┌l二二二二二
             /ヽ/ ./―'´   /  ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのような感じで、一部は予定を立てつつも、大部分は予定なしで、即興的に撮影していった結果、
 録画されたテープはとんでもない量になったという。

 そのような計画性なく撮影されたテープを、ポールは必死になって編集作業を進めていった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



501 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:20:47 ID:Q0A9JuVk


  _ ‐..::  ̄ ̄ ::::... 、                              -―――‐-
. r'::/::::イ:::::::l:jハ:::::ヽ::::\                          . :´==/: : : : : \: : : \
. |:::|::/‐|:::::::l/┤ハ::l:::|:::::rヘ                           / /: :/{: :{: : : : : :ヽ: : : :',
. l:::仏≦ヘ::/ z≦ハl:::|:::::|::::|                       /: :{=/  {: : |\}X: : : '.: : : :}
/::::リ ヒソ ′ヒソ /::::l:::/:::::|                         {: :人{_ノ\ヽ_ ヽ: j: : : :i
|::::{        /::::::「):::::::|  (うぜえ……)              |/: :ハ ●    ● ∧/ ト: : |    (うぜえ……)
lハ::仆 .._ -   /:::: /´:|:::::::|                       |: :j: ⊂⊃、_,、_, ⊂⊃ : |ノ: :|
 Ⅵ::::ソ勺 7:イV_  |:::::::|                        {八: ゝ_   ⌒  /: : :.:|: ;} }
  |::/ 爻___ん'´ッ'⌒ヽ:::::::|                        \{\{ >ァr‐七{: : /リ:/|/
  ソ /‐―一弋{、  |:::::::|                          // {メ^く_/∨`ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、ポールが一人、編集作業に必死になっていた9月の終わりごろ。

 ジョンとジョージはあるテレビ番組に出演していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



502 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:21:04 ID:Q0A9JuVk

       /⌒⌒γ⌒ 、
      /      γ   ヽ
      l       γ   ヽ
     l   i"´  ̄`^´ ̄`゛i |
     |   |         | |
     ヽ  / ,へ    ,へ ヽ./         今日は、唯ちゃんあずにゃんを呼んで、
      !、/   一   一 V          インドのことについて聴こうと思うんやけど……
      |6|      |     .|
      ヽl   /( 、, )\  )          瞑想ってどんなんやん?
       |   ヽ ヽ二フ ) / 
       丶        .ノ  
        | \ ヽ、_,ノ
       . |    ー-イ

【「島田紳助」さん(デイビッド・フロスト)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 テレビ番組のタイトルは「フロスト・プログラム」。
 ケンブリッジ大学出身のデイビッド・フロストというインチキ臭い売れっ子テレビ司会者が、
 時事問題を識者に尋ねるトーク番組である。

 なお、このデイビッド・フロストというインチキ臭いテレビ司会者だが、
 1977年にアメリカのニクソン元大統領にインタビューを録ったのが、一番有名な仕事だろう。
 このインタビューに関しては後に映画化されている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



503 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:21:17 ID:Q0A9JuVk

             , へ'  ̄ ̄ ` 、
           /:::::::::::::::::::::::::::::i:::::::\
            /::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::!::::::::::.ヽ
         ,'::::::::::::::::::i:::/::i:::::::::::::::|:::::ヽ;:::`,
        ,-|::::i::::::::::/レ:ハ::|:::::::::|i:::|、:::::.i:::::ト、      (うぜえ……)
.        /:::|::::|:::::::::,':::ノ i:ト;:::::::i !;:| `;:::::::!:::i::}
      ,':::::ト;:::i::i::::::k,'   i| V:::i, .!i  l:::::::|::|::|      命は人それぞれ、あるリズムを刻みながら鼓動しています。
      ,'::::i:::| Viハ::::| `ニ' i ∨ `ニ".|:::::i:ハ::|      マントラという言葉や音が与えられると、命のリズムに合わせて鼓動するのです。
.     ,':::i:::|  ソ::..v|弋ホテ   弋ホテ}:::::ii::::!:|
.     ,i::::i:::i   |:i::::}   ~      ~ i::::::| i:::i:|      要するに思考の限界を超えてもっとも繊細なレベルに達すると、
.     i::::i::,'    i:::i::ハ, '''   '  ''' .ノ|::::::| |:::i:|     マントラと思考が入れ替わるということです。
    ,i:::,':,i     i|:::!| > .  ^ . /  |:::ノi |::i::|
.    i:::,i:,i     `,::|'::{ ヽ ` 7lヽ、 .ノノ  .i::i::|     さらにマントラは繊細になり、最終的には消えてなくなります。
    i:::i::i   ,. - '" /:::.i.  ヽく、|::マ`.く,   i:::i:|     そこまでくると、純粋意識のレベルに到達したといえるわけです。
   i:::i::i  .i:: :: ::i:: ::/:: :: i 〆i|i`i.}: ::V: :: :`:., i:::i:|
   i::::i::i   i: :: :: i: :: \:: ::Y_ソi| |ソ、ノ: :: :: :: ::i i:::i:|
.  |::::i::i  |: :: :: :i:: :: :く:: ::∧.i| .i|:: :>:: :: :: :: ::| |:::i:|


504 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:21:51 ID:Q0A9JuVk

       /⌒⌒γ⌒ 、
      /      γ   ヽ
      l       γ   ヽ
     l   i"´  ̄`^´ ̄`゛i |
     |   |         | |
     ヽ  / ,へ    ,へ ヽ./         
      !、/   一   一 V          邪念が入ったきたときはどうすりゃええねん?
      |6|      |     .|
      ヽl   /( 、, )\  )          そのマントラというやつ唱えときゃ、どうにかなるんか?
       |   ヽ ヽ二フ ) / 
       丶        .ノ  
        | \ ヽ、_,ノ
       . |    ー-イ





                 _.  -―‐-
              . : :´ : : : : : : : : : : `丶、
          /:: : : :/: : : : :/ : : /: : : : : :\
          /: : : : : / : : : : /ニニイ : : : : :ヽ: : \
       /: : : : : / : : : : /ニ〃|i{ : : : :|: : : ヽ
       / : /: : : {: :/ : :/: //{ | ハ : : : : | : : :ヽ: ,
        {://: : : :_:V : :/ / l八 |′ ; : : /:i : : : |: :
       /:' : : :/´7: : :l:イ 、_ 、 \  : : ハ/: :}: : l: :|
     ´ / : : : ハ '|/: : |:| んヘァ`  j:/'"}: :/ : /: :         (うぜえ……)
      / : : : / : ヽ!:| : :l:|" ` ー     fぅァイ: : /: :/
     {-‐1:/: : :/ | |: :∥       , ゞ''.イ} : / : /         ……まあ、そんな感じだけど。
      / ̄`ヾ⌒マ| : :|u       "//:ィ':|: :/
     /        l: : |\   </   イ/l /: :レ'           まず座って、心の中を空っぽにする。
   /         | : | , ヘ`:ーr:ァi´: : : :|: :/ |            そしてマントラを取り入れる。
  /           i |: :l   Vイ/: l: : : : :レ i |
  ,′         | !;ハ -ーマY`j:ハ: : /   リ            そうすりゃ自然と入れ替わるものよ。
  i            l   }、_ 〉〉 Y} /
  | i         /   /: : : : Y′ レ′               (実はよく分かんないけど……このバカならこれでいいか。)


505 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:22:04 ID:Q0A9JuVk

                      __
                ,. : : : : : : : : : : :': ,
                /: : : : : : : : : : : : : : \
            /: : : : : : : : : ', : : V : : l: :ヽ
              / : : : : ∧ : : : :',: : : V:.: | : : :',
              ,′: /:.:/.: :.l.: : : :.ト、.:.:.l : :|:.:l: :マ>、
            /:ハ: :l: : | \|\: : |/Vヽイ.:.|: :∧: : :.,            (本当にうぜえ……)
          /: : / ハ:ヽ仆ヘヽ \!xヘヽ| |∨ ヽ : :\
         : : /   ハ: :Y込ソ     込k  |: :|/   ',: : : \        私たちは6週間修行しただけなのに、
        ': : /    |: :i´:.:.:.:    :.:.:.:.` |: :lヽ,   ',: : : : :ヽ       私にはこれで上手く行くことがはっきり分かったんです。
        /: : /    イ 八     -‐(   丿イ jハ    ,: : : : : :',
      ': : /   / jイ (_>  _, < / イi V   ,: : : : : :',      しかし実際は、
      /: : /   / { ト、  二二{_ _}/ /::::|i  i}   ,: : : : : :,      意識のレベルを目指しているレベルにまで引き上げるには、
      ,′:/    ′ ゝ ____{  } イ:::::::::::|_jく   ,: : : : : :,     長い時間がかかります。
      : i    |::::::::|::::::::::::::::::::::::/  〈::::::::::::::::|  l.:.:ヽ   ,: : : : : ,
     l: : |    /:::::::::| :::::::::::::::::::::|    ', ::::::::::::|  l.:.:.:.l    ,: : : : :.,
     l: : |   , :::::::::|::::::::::::::::::::::|    ',::::::::::::|  l:.:.:.:.l   ,: : : : : ,
     l: : |   l:::::::::::::| ::::::::::::::::::::ト,    ',::::::::::|--|:.:.:.:.l     ,: : : : : ,
     l: : |  /:::::::::::::::l ::::::::::::::::::::|::',     ', :::::::|  |_.:.:.:ム   ,: : : : : ,
     l: : | ,'::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::|o:',    ';::::: |  |.:.:.:.:.:ム   : : : : : ,
     |:イ:| l:::::::::::::::/ l :::::::::::::::::|::::::',     ';::: |  |.:.:.:.:.:.:.ム   ,: : : : : ,
     l  | |::::::::::::/   l::::::::::::::::::|::::::::',     ' :.|_|.:.:.:.:.:.:.:.ム   ,: : : : : ,

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 トークの内容は、インド思想……特に瞑想に関するものだった。

 フロストは、マハリシに関することを詳しく質問したようであるが
 ジョンもジョージも適当にあしらったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



506 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:22:21 ID:Q0A9JuVk

            ___
       . . : : :´: : : : : : : : : : . .
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : `: . 、
   /:/: : : :/: : : : : : :/: : : : : : : : : : : :\
.   /: : : : : : /: : : : : : :人: :/| : |: : : : ヽ: : : \
  /: : ; : : : /: : : : : : :人: 〉 | : l: : : : : :i : : : : ヽ
. /: : /: : : /: : : : : : :/: : 〉   !: :l: : : : : :|: : : : : : :',
/: : / : : : |: : : : : : :/: : /   | 八 : : : : |: : : : : : : :.
: : / : : : : | :/: : : : ': : / \ !  ヽ: : : :|: : : : : :.|: :|
: / : : : /V : : : : |/    ヽ|_  ',: : ∧}: : : : :|: :|
/: : : : { ⌒|: : : : : | ≧x、_    |:_/ イ: : :|: / : |
: : : :/ :\_j: : : : :| {辷Z厂     }/  ノ: :/:l/: : /
: : :/ : : : : |: : : : : l""¨¨´     テ≧x// : |: : /
: :/ : : : : : |: : : : : |        辷} /} : : :ノ: /
-──- 、|: : : : : l       '  ""/:ノ: / : ′
     ∨ : : : : |         /: :l/:/: /        ぶっちゃけ……
      V: : : :∧  /)   ノ: : : : :/: /
       ∨: / ∧>-: : :'"´: : : | : ://         あずにゃんの言うような、インド哲学とか、
       } ∨l   ト: :ノ/|: : : : :| :/            理解できないんだよね……
      l   |     マハl_ |: :l : : ∨
      |   |、   マハ.`ヽハ: :/
      '  ノ }___ノ }   l }/
     /  /_____)ノ  | ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、ジョンが、
 そこまで深いレベルまで、インド哲学や瞑想のことを感じていたかは疑問である。

 彼はおそらくファッションや流行として、このようなものを捉えていたのではないかと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



507 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:22:38 ID:Q0A9JuVk

 ,r'ニニニヾヽ、       \/〈     //ニニニヽ、
("´ ̄ ̄ヾ))     __〉,ヘ   ((/ ̄ ̄`゙`)
|   、ィ_ノと)'   /"\三/"\  (つ(_,,ア   |!
i|   ` イ_/  ./((○))三((○))\  _Y   |!
.ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /    ベトナム戦争なんてアメリカの帝国主義的な戦争にすぎないお!
  \  \l     i|    |!     l/  /     あんなものはとっとと止めるべきだお!
 l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l
     \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i     愛と平和こそが大事なんだお!
        ヾ、    ``"´      /
   ゚   |!  Y           ィ |!  。
   ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
 ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。

       【やる夫(オノ・ヨーコ)】

                                                     -───-
                                                  /: : : : : : : : : : :ヽ: : :\
                                       .         /: /: : :/: : : : :ヽ: : : : ',: : :.ヽ
                                               /: : /: : :/{: : : : : : |: : : :.:|:.:.:.:.:.:..
                                                /: : /:\/∧: : : : : :|:. :. : :|:.:ハ.:.:.:',
                                       .        /: : : |\/___ノ : : : : :トx___ l.:.|:.:|.:.:.:.|
                                              ': : !: :|: :{   ∨\__| ヽ: :l:.:|:.:|.:.:.:.|
                                             i: : :|:八: |   __     __ V: /: :|.:.:.:.|
          うん、そうよね。                          |: : :l : :ヽ| ィ'⌒`   '⌒ヽV: : :.|:.:.:.:|
                                             |: : :| : : ハxxx      xxx|: l :|.:.:.|
          (やる夫さんって凄いわ……)                     |∧:|: : : :八   ~~   ノ: l :.ノ.:.:.:.|
          (私の知らないこと、何でも知ってる……)          l ハ: : : :l:.:> 、   .. イ.:|: l /.:.:∧{
                                                \: |ヽ_ノl\  ̄/ト、j: l/.:.:/
                                               ,...:-‐ヾ".:.:.{  >j<  }.:.:.∨lメ‐-:..、
                                               /.:.:.:.:.:.:.:///∨ ∧ /.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:.:.:.}
                                              .:.:.:.:.、.:.:.{ ノ∧/|V.:.:.:.:/.:.:.:.:,:.:.:.:.:|
                                              |.:.:.:.:ヽ.:.//.:.:.:.:{ || }.:.:.:.ヽ:.:.:/.:.:.:.:/
                                              |:.:.:.:.:.:V/ヽ.:.:.:. ー||ー'.:.:./.:|/.:.:.:.:./

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ジョンにとって、「ジョージのインド」にあたるもの……

 それはオノ・ヨーコの存在だった。

 ヨーコは、会うたびに発想豊かなアイデアを語り、ジョンの精神を啓発した。

 この頃から、頻繁に会うようになり、
 また頻繁にスポンサーとして出資するようになっていく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



508 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:22:56 ID:Q0A9JuVk

       /⌒⌒γ⌒ 、
      /      γ   ヽ
      l       γ   ヽ
     l   i"´  ̄`^´ ̄`゛i |
     |   |         | |
     ヽ  / ,へ    ,へ ヽ./
      !、/   一   一 V
      |6|      |     .|
      ヽl   /( 、, )\  )          ワイに頭下げれば、テレビ出放題やでw
       |   ヽ ヽ二フ ) / 
       丶        .ノ            ……さてと、使えないあいつらの様子でも見に行ったろか。
        | \ ヽ、_,ノ
       . |    ー-イ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、ここで話はビートルズから一旦離れる。

 インチキテレビ司会者として、当時から名を成していたデイビッド・フロストだが、
 彼はケンブリッジ大学在学中、「ケンブリッジ・フットライツ」というコメディ劇団の会長だった。

 そして、テレビ業界で有名になった彼は、
 自分の後輩をどんどんとテレビ業界に売り込んでいき、財をなした。

 当時のイギリスのテレビ業界の「フィクサー」と言ってもいい人物だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



509 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:23:11 ID:Q0A9JuVk

       /⌒⌒γ⌒ 、
      /      γ   ヽ
      l       γ   ヽ
     l   i"´  ̄`^´ ̄`゛i |
     |   |         | |
     ヽ  / ,へ    ,へ ヽ./
      !、/   一   一 V
      |6|      |     .|
      ヽl   /( 、, )\  )          やあやあみなさん、元気でやってまっか?
       |   ヽ ヽ二フ ) / 
       丶        .ノ  
        | \ ヽ、_,ノ
       . |    ー-イ


510 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:23:33 ID:Q0A9JuVk

                                              , _
      ., -- 、           .,-‐ 、                     __≧::::\ ト、ト、
      i.:::::::. ゙i, '⌒ Y  ̄ `ヽ, ,r'.::::::::::i                    ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
      i.:::::::::'(ツ. .:: ::::..::::....ノ ( ヾ)j:::::::::::i                  ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      リ:::::y(, :: : : : ,.ヘ..:.:::⌒::..::γリ::::::,'                 , ' :::::::l:::l´:::::::::::::::::::`l`l:::::::::::\
      (,リル (:::::: ,r'   !、_ :.:::::::.. (, (,yY                 ヽル:::::|:::|乂ヽノ/ヽ;;|::|:::::::::ト、|
          )::○) (○ ) )::::::リ                      ヽ:|:::ー) (ー ).|::|)::::::リ
          (ハ   .__,   ハ::::ハ      (うぜえ……)   r‐ぅ__     | :|i  r‐ュ   .|::|::::::|       (うぜえ……)
          ヽ    ィ( ( (                (⌒ 厂   .ト|:::|:ゝ.   ,イ.|::|::::::ヽイ
             < `X´ >、                   ` ´     〉ヘ|::::丁レ∧ノ リヽ:::::ヾ
         / 〉-允ー 〈  、                        rヘ,、ノ./7:「⌒Y   |::::::::}
          、/::::::::::::::::ヽ___ >                       ヽ ' ヽ{ l::ト, ´.ヽ/ .|:::::::}
          |ヽ::::::::::::::::::::| |                         ヽィ彡ヘl::lヽ,ィ彡  |::::::}

        ,、       ,、                              _   _,
        l ,`- ー- ,,,,r' l                           ___,> Y´'ー-、
       ,r' @  o @  ゙ヽ                         _>z二_ ___`ー≧__
      i' ,r'⌒^^ ⌒ ^ヘ ,  Y                        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
      (:.ハ : : : ,ヘ...:::..:::::..:ヽ  l                      ./        ヽ `Y′之>
      (:::::: ,ィ'  ヽ、 ( ̄\:`}                      /  ,  l、 、 , 、  ヽ  ヽ }<、
       /):: ○) (○ ) `<´`ヽ                     l ,ィ ,{ノl ハ ト、ト、|ヽ}  }ノ | 入
      ( ((i   ‐‐、   ハ:::)   〉     (うぜえ……)        |ハ|7Tノ ヽ| 弋 ナ }/ / ,/レ′
        ヽ Y''ヽ    ,ィ'ノ_/  /                        `(○)}liil{(○ ) 「)'/|/       (うぜえ……)
       \ /i    /   /                      /⌒ |  (_,、__)     レ|| /⌒i
           i i ̄`ロ ´  ̄〈 /                       \  ヽ、_ lill!) ._,.ィT//   /
          〉i_/∧\_/|                         \  l 7Eニ::ィ1  /  /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 また、テレビ番組に出演するほどではない後輩を、自分のところに囲い込み、
 スケッチ(コントのこと)のシナリオを書かせたりしていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



511 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:23:49 ID:Q0A9JuVk

       /⌒⌒γ⌒ 、
      /      γ   ヽ
      l       γ   ヽ
     l   i"´  ̄`^´ ̄`゛i |
     |   |         | |
     ヽ  / ,へ    ,へ ヽ./
      !、/   一   一 V
      |6|      |     .|
      ヽl   /( 、, )\  )          やる実がいないようやけど……どした?
       |   ヽ ヽ二フ ) / 
       丶        .ノ  
        | \ ヽ、_,ノ
       . |    ー-イ

                                      ,' ⌒ハヽ、,_r - -¨⌒`へ _,、,ハ⌒ 、
                                     ノ....:::::::::.%〃:::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::ヽ`ヽ:::::::::::ハ
                                    i...:::ィ::::∧::::::::  ::_::::::::,::::ハ:::::::::::ヽ:ヽ ´丶:/:i
                                    ト..:::/::/::|/:::  :/´:::::::::メ:/ヽ:::i::::::: :ゝ:::ヽy::::::::i
                                   /.:::ノ::::リ/:::/:::::/:::/´::::/::/| l:::::l::::::::::::丶::ヽ::::::リ
                                   {.: 〈jYyノ::/::::イ:::::::::::::::::/|/ l:::/l:::/l::::::::i:ヽ::l:::〈
                                    )   |/|/:::;;/l;::/.レl/,. j  l::/l;:/ !:::::::l::::l ルリ:::、
                                        l:/::::l;::/.レl/,.    l/ ,l;_ l:::,::::l:::!   ヽ)
          (うぜえ……)                      レ∧:j:l"弋ラ``  " ヒラ``レ::i::l:Y
                                         |/::ハ''''    .   ''',!ノ:l:::l:/
          ロケ行ってますけど……何か?            !/:::::`ト    ,、  , ':::/|:::i:|
                                          l:::,':::i:::;;l:`r 、_ , イ/:::/:::|:::i:|
                                        :l::l/:::::l/:l;l:::l     |l::从:ノl:.:.V
                                       :::/ ...;;::::l:/l::l:{ヾ、  _ ソ/ ̄/'ヽl:.::ヽ,
                                       /'l..,ィ'´‐∧ ゞi ヘ-‐-イ/  /   `ヽ、
                                       /:.::{ ゝ ヽ  '⌒`V^~^V⌒ヽ   / i/ 'ヽ


512 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:24:09 ID:Q0A9JuVk

       /⌒⌒γ⌒ 、
      /      γ   ヽ
      l       γ   ヽ
     l   i"´  ̄`^´ ̄`゛i |
     |   |         | |
     ヽ  / ,へ    ,へ ヽ./             そりゃそうやろなw
      !、/   一   一 V
      |6|      |     .|              何しろあいつは、おまいらと違ってオモロイねんwwww
      ヽl   /( 、, )\  )
       |   ヽ ヽ二フ ) /              ま、あいつもワイがいなけりゃ終わっとったけどなwww
       丶        .ノ  
        | \ ヽ、_,ノ
       . |    ー-イ


                                                   ,ハ /\      /::::::ヘ
                                             /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
                                             /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
                                            ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
                                           i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
                                           /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
                                         /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
                                        , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
                                        {::::::/:::://|'::::::l-/-ー- _   ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
     きゃーかっこいー、しんすけさんすてきー(棒)        l::::// l:||::l:::::::::l,'        '__ _}|:::レ'::!ヽj/ )ヽ
                                        `/,'  l:||::l:::ヽ∧iゞ=r'''"     `V,ソ/|:::l丿::リ::|  `丶
     ……シナリオ書かなきゃいけないので、           ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,      ;l|::::|::/イ|::l     )
     仕事に集中させてもらえますか?                ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|:::i|| リ
                                            \|::| ||::::ト、   ~~  ィ:::レ':::::jl:::l
                                              |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
                                              |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
     (本当にうぜえ……)                              |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
                                               /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ
                                             / _ 厶ィ'::::/  ー一' _/∠_ヽヾ.     ̄`ヽ
                                            / ̄   〃 j::/ ̄ ̄`  ´ ̄ ̄  ヾ.j       }
                                          /      {{              ヾ.j


513 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:24:30 ID:Q0A9JuVk


               |   |                    |               |
      バタン  .. |   | ○                 |               |   <ま、ワイのためにがんばってくれやwww
               |   |                    |               |
      ,.         |   |                    |               |
    ,;:' ゙        |   |                    |               | :.;'
               |   |.                 |               |   :.
               |   |                    |               |
               |   |                    |               |
               |   |:                 |               |
               |   |                    |               |
              .::' |   |                    |               |
               |__|__________|________,;;'|
            /                                \
            /                  ,';.              \
         ,/                  ,
      /
      /
:   /
:';./


514 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:24:46 ID:Q0A9JuVk

             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
      ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l/;;;;;;;;;ヽ:::::::::::::::リ∠;;;;:::::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l'{  。 `:::::::::::::::‘ 。 .}:}|:::レ'::!ヽj/ )ヽ
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧:ヾ  .::::::::::::::::::   ノ:/|:::l丿::リ::|
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::|::/イ|::l          だーれがあんなクサレ外道の「島田紳助さん」のために!
   ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|::i|| リ
      \|::| ||::::ト、 ヽ=ニ三)  ィ:::レ':::::jl:::l
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
         |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
         /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ
       / _ 厶ィ'::::/  ー一' _/∠_ヽヾ.     ̄`ヽ
      / ̄   〃 j::/ ̄ ̄`  ´ ̄ ̄  ヾ.j       }
    /      {{              ヾ.j


515 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:25:03 ID:Q0A9JuVk

        , ―-..   ..-―- ..   ..-― 、
       i     >´         `<     i
       |/_r‐っ              、  |
       ,r/ 「´ (r';;)    ・    (r';;)   とヽー、
        /   |     , ヘi⌒ヽ/`ヽへ     /   ',
      ノ'´ ̄`ヽ   _______   {__  |
    ,.ァ´       | l斗/T メ ∧ ヾ T ‐- 、 ̄7´  ` l 
   イ       l/ | /レ'レ{ ,′} }∧ ヽ lヽ/      ヾ:
     :',        l |/´)ヾ、{  レ'ィ´)\} .! /        }
     ヽ      | {  「  l    「   lヽ| |        /:
     `ヾ.     ト、!ヽ レ イ}     レ、.イ} } l        〃          でも、シナリオ書いて給金もらってるから、
       ',      | 弋zノ  ,   弋zノ | |       /            それなりのことはしないといけないのだ。
       ∧   lUlト、///     //// /U|     ∧
        {/ヽ   |   丶、   o  _.. <| |     /}/
        ` ,=_(/ ∧ニ∧_ (´-、___ │  /


516 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:25:17 ID:Q0A9JuVk

   /     l       |       \  ∨// |  | │l      ヽゝ
.  /./   |       |  |  │ ヽ. ヽ. | '/ |  { │| |    )
 /./  / |       |  |、   ト. │  | | l /ヽ. _>l│ |  | /
 | |   |  ト.       |  L≧ |‐\|  | | |./ / l ::| |│ |  { {
 | |   |  | |ヽ    l\|¬ `'__ |  イ | | Y/ イ::::| |/j/    ヽヽ
 | | ',  |  |ノ─ヽ  |  チ斤万:}ノ l /l ハj l },イ::|::::|         ト.ゝ    まあ、私たちが出演する分はともかく、
 }人ヽ ', lr≦云\ |  .ゞ--≠ |/ }ノ ノ// l:::|::::|    l  ノ}ノ      出ない分までとやかく考えて無理に作る必要はないでしょ。
 '  ヽヽ ヽト⊥斗' l`          r‐'、y│|:::|::::|  | .ノ /
    丶ハ  .≧  '、          ノ   lゝi |:::|::::|  | イ /         まともに作ったところで、ボツにされるのがオチだし。
        },イ∧   (_人_)     ., ' /∨::|| |:::|::::|  |. レ
       レ' \   ` ニ´   ∠/ヽ': : : ::lレ|::::Τ\Ⅳ          それよりも、二人とも、
            `  、    ∠/Y: : : :///\::|   `           「ドゥ・ノット・アジャスト・ユア・セット」のシナリオ考えないと。
               ` <∨: : : : : //: /: : : \             子供番組とはいえ、せっかく枠がもらえたんだからさ。
                 >二二'_´/: : : : : : : : : :ヽ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
             /: :.∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,
            /: : :∠___i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i


517 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:25:32 ID:Q0A9JuVk

         ,  , イ  , ─- z
       // /::://::::::::::::≦ 、
       {::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`Ζ 、
       `>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,<:::f´f:::::::::::::::::::::::::::::::::::: `l::`l:::< ̄
   ∠::::::::::::|:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::l:::::::ヽ
    /:::::::::|:::|::::::::::ハ::::::::::::::ハ:::::::::|::::i::::::::::ヽ
    iイ:::::::::|:::|:::ナナ弋:::::::::ナ弋弋|::::l:::::::lヽ:|
     弋l::::::|:::|:::.ノ,.  .∨::リ ,...._ヽ::|::::l:::ソ       オレも「アット・ラスト・ザ・1948・ショー」のスケッチ考えねえとな……
      レl:::|:::|l"弋ラ``∨ " ヒラ`.|::::l:::|
       |::|:::| ''''    .   ''' ,!:l:::l:::|        でもやる実と一緒に作ってるから、
       !::|:::|`ト    ,、  , ':::::|:::|::|        一人で考えるのはどーもなあ……
        l:::|:::|:::::::`r 、_ , イ:::::::::::|:::|::|
     ゝノ::::|:::|::::;::/--ァ-ォ-ヽ::::::::::|:::|:乂
     冫::::::|:::l / | `ソ,:::::::>,ノ|ヽ、.|:::|:::ヽ,
     /::..,ィ'∨/ .|   |::::|  |  `∨`ヘ::ヽ、
     /:.::{ / /  |   |:: |  |   ヽ  ヽ::ヽ


518 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:25:44 ID:Q0A9JuVk

         ,⌒ハ             ,ハ⌒ 、
        ,'...::::::ヽ、,_r - -¨⌒`へ _,、_-_:.:::ヽ
       ノ....:::::::.ィ〃:::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::ヽ`ヽ::::::::ハ
      i...:::ィ::::∧::::::::  ::´::::,::::ハ:::::::::::::::::ヽ ´丶/:i
      ト..:::/::/::|/:::  :/´:::::::::メ:/ヽ:::i::::::: :ゝ:::ヽy::::i
     ル.:::ノ::::リ/:::/:::::/:::/l/::::::/| l:::::l::::::::::::丶::ヽ::リ
     { /jYyノ::/::::イ::::/::l::::::/|/ l:::/l:::/l::::::::i:::::l:::〈
      )   |/|/:::;/l;::/.:::l/    l:/ ,l;/ !:::::::l::::l ルリ:::、
            レ::l;::/.レl/.,   l/_, l;_ l:::,:/:::l:!   ヽ)   お互いに「自分の仕事」があるってのはいいことですよね。
            l/:l::i " ̄``    " ̄``レ::i::l:::l         あんなクサレ外道のチンカス野郎の下請けじゃなくて。
   fヘ    ,ィァ_ |::::::ヘ''''     .    '''/::l::::l:/
  .イ ) ,彡 /)ノノ::|/::::.::ト.   r‐‐ァ    ,':::/|::::i:|        それはそうと、前の打ち合わせのとき、
シ | } ヽ、 /^) l/ ,、,':::::i::::::l:`r 、_  イ/::::/:::|::::i:|         さか奈さんが面白いこと言ってましたよ。
  ヘ ヽ、/ ′}/ /::::::l/:l;;;l:::l     |l::从:::ノl::.:.V
   ∨,/ ヽ   /;;;;;;::l:/l/l::{ヾ、    ソ/ ̄/'ヽ、ヽ
    { {   } /ヽィ-‐/  ゞ ヽ   イ/    /ヽ
    ノ    /::::::::|ゝ\  ゙⌒`V^¨^V⌒"  / i/ ',


519 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:25:58 ID:Q0A9JuVk

            __    /{
           ⌒ァ 二_ー:′└- 、
          ,ィ彡ィ __  V ⌒ヽ.  \
     ヽ. __ 才,ィ /厶-‐;`‐rチ:、 ‘, ト 、
       ーァ /^{/  "⌒ `ヾ}/ ハ ヽ \
     ー=彡 ′   /     _ノハi  ', {
        / / ‐大  /rt、  l  Y ト廴`_フ
.       /ィ  //-ハ / -v \j  i |/  7
        { ∧ !T;:;T、 { T;::;:Ti ィトぐ i ′
      ヽハ {,, ー  \ ー,,/ ィノ ノ ∧{          さか奈……ああ、ボンゾ・ドッグ・なんたらバンドのね。
       八「`  (__,   , u厶ク_夭 { ヾ
         ヽ>  _ ̄__ ..ィ7 ト>ミx
           /L____/ ∧ `ヘ〉    `
          /:::√⌒⌒く::::ヽ


520 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:26:13 ID:Q0A9JuVk

   / ¨ヽ-、  _ _  _  _ / : : :.ハ: : :ヘ
  ./:.:.:.,:.ハ,ハィ.: ' :.:.-:.:.::.:ミ、:..``ヽ く、_: : : :ヽ
.../ ̄ : : :ヽ:.:/`-: : : : :./ ヾ:.r´`ヽ:.:.:.ヽ、 : : : :〉
/ : : : :ヽ../丶:.:/:.:../.:..:;::ィ':.:/ヘ:.,.:ヽ、:.\/:.:/!
!: : : : : : :/!:.:.:.':./:.:./: : : : :.イ,:.、 : :く:.:.丶 : : :、〈
〉 : : : : :/:.|l:.,:.:.,':.:./ : . .;:.:/:.:./:.:.ヽ : ヽ: : : 、 : :ヽ)
: : : : : :,':.:..:.,/:.:./ : : :,.':./:ハ:.:.:,1:.!:.:.!:.:∧ :ヽ、 :V
 /:.;'::.lヽ/;/:.:.:!: : : :/;イ:.l  ', :/ |:.:.:.ト、:.:.:.!ヽハ : l
〉:::::,/~i ;' :. .イ:.:.:.:/!;' !:./  l|:./_l_ ! | :i : : !:.:.:.:.|
::::/   |:,':.:/レ|:.:.:.;' /-.|/_   /|/,- /__!/| : :イ : :lリ
ヽ〉   /'ll:.|γ!:.:.:.!:'てィヽ`   '゙こ'テ;ハ|:./:.:.:.i ム     さか奈さん、ビートルズと一緒の仕事したらしいですよ。
/  |/!|:.i.(、レ: |゙ゞ-' '      `ー'´ l/:.1l:.ナ  ヽ
   /:.:.|/:.|:.::|、!| " "        "'/:./|/        どうやら今、映画撮ってるようで、
   /:.:!:人| !:| iヾ、   、__ '_,.    , イ :!          それに出演するとかで、1曲ばかり演奏した、とか。
  :.イ !:|::!:.i.|:! !_/:`:..、      , ., '´ チ:.!、
 /ノィ ¨ヽ.:l´ | .⌒ヽ.`,. - . ィチ/  ィ!,!:::::::|`ヽ
  イ:::::::::::丶|:.| !:.`ヽ. ヽ ,ィ ,イ´ ,/ /::::::::!  |
 /\_   ゙!:.|/ヽト、!  `'"´    ゙'i /:::::::/   !、
ィ   ヽ、:::::|:.!\!  ,!        ヘ::::::/   ノ !
      ゙、:.ヾ!  !,/.|        /:/,. - ィ;.:.ノ
       ゙、!'  /,ノ     ,.イ /;ノ    ,′


521 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:26:27 ID:Q0A9JuVk

               x────<  }\
               ._二ニ=-::::::::::`''‐イ::<
        .x-ニ'´二 ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           . >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::ヘ::::::::.:::ヽ
         , <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::ヘ:::::::::::::::ヽ
      , <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::ヘ::::ヘ:::::::::::::::::',
     ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  ._ヽ:::ヘ:::::l::::::::ヾ ̄
       ̄フ::::::::::::::::l丶::::::::::::::::ト、}r''" ̄ヽ::|::::|::::::::::::ヽ
       /:::::::::::::::::::リ _ゝ、:::::::::| ´ .,__ヽ|:::::ト、::::::ト、|
       l:::::::::::::::::::::l'´    \|. 〃 ̄ ̄ |:::::| ソ:::リ        すげーじゃん。
         .レヘ::;:::::::l:::::',  ,__.        |:::::|/:: ::l
            `ヽ::::ト、::ヽ〃 ̄  '   , -.、 |:::::|.::::::::l         ……景気のいい話って、あるとこにはあるもんだな。
           `゙` ';:::::ヽ   , -‐'"-'" .} .|:::::|::::::::::{
                }:::::::|:`ヽ、_ヾ--‐''"゙/|:::::|::::::::::ゝ、ノi
               ji::::::|:::::::::::::`r       |:::/::::,. -‐ .‐┴、


522 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:26:41 ID:Q0A9JuVk

        .ト,‐- 、  __ ,,, 、__  _ ─-ァ
        | !  >´      ヾ   ,イ
        | | ''´ @    @ \ ./ l
        /       o      ヾノ
       {__              __}
.        {三ー二 、__三三__, -―´三}
       /  /__/ l  l \_   \
  _rvク  ,/  /´i /` l  l ´ \`     ヽ
  て_.う/   /,r===、    ,r===x  \ \ rvっ
   <ー-‐イ ハ′    `   ´     `ト、  \_乙  う       私たちだって、そういう話がいつかは来ると思うのだ~っ♪
     \  \| // , ‐--‐、 /i/ i_ノ ̄ ̄ く⌒′
      \  ゝ、  {      i   ノ〉     /         ……ところで、その映画、何時公開なのだ?
       \   仄ゝ ____ノイ´/   /
            \i /  \_し___/ i  /
          /  ,r─'人\  ヽl/
           /   ̄ ̄  \〉  ',
            /               ',


523 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:26:56 ID:Q0A9JuVk

       /⌒ヽ_ /ヽ      __       /:.:.ヽ __
       |:.:.:.:.:.:./:.:.:./〉-‐:.:.:- ´:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、   _/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
       !:.:.:.:.:/:.// ̄`:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:´ ̄:.:.`:.:ヽ/l ',: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
       l:.:.:.:.:.:〈 ,.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ', ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      |/: : :.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ_\ >:.:.:.:.:.:.:.:.!
.      /:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ !: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.|:\:.:.:.:.:.:.:.:.',
.      .:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.〃  .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:|: :.l:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.',
.       i:.:.: :イ:.:.:.:.:.:.:l: : /!!   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:ヽ:.',:.: : :.:.\: :.:.:ヽ
     l:.:./: !: : :.:.:.:.|: ,' .|!     \:.:.:ヽ: :.:.|: !',.:.:.:i:.:.',:ヽ:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.\
     !:.: :./!:.:.:.:.:.:/!:.!.斗‐-    ヽ:斗‐メ!:.! l: :/:.!:.l:.:.:.\: : :.:.:.:ヽ.:.:.:.:',           どうも12月に放映するみたい。
      l:.:.:/ .!i\:./:.ヽ! _      ヽ!:/ j/ !/!:.:!/:.:.:.:./ \:.:.:.:.:.:',:.:.:.:',\
      |: ,'  il  `i:.:.:.:!.´ ̄`ヽ     ‐==ミ、,':/:.:|: :.:.:..:.:/.   \:.:.:.:',:.:.:.:!  ヽ
      i:.   !i   |:.:.:::!             /:/ノ/: : :.:.',     ヽ:.:.i: :./   )
     l:!       |:.:.:|::ト、""  r `‐ァ   ""/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ     )//
      ヽ     !ヽ:!:.::.:>、   ー´   ,..イ!: :.l:.:.:.:.:.:.:.:\:.',\  .〃´
            ',ヽ`ヽ:.:.:.::;>.--‐ < /:.j:./.:!ヽ、:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ                             見てみるのだ♪>
            イ.-ヘ:|:.:\.::ヽ`´  イ/:./イ:::::::::::\::::ヽl::.:', :.:.:.;、
           / |:::::::|:.:.:.:.l>リ、 、‐_,‐<イ/:::|::::::/::::::::\i:.:.:.:.i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんなフロストの元にいた、この時点では無名の若者たちも、ビートルズの動向は気になっていたようで、
 そんなことをネタにいろいろ話をしていたようだ。

 この無名の若者たちの中には、後に大ブレイクして名を残す人たちも出てくるのだが、
 今はまだそのときではない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



524 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:27:10 ID:Q0A9JuVk


         ┌───────────────────────┐
         │  というわけで……it's!
         │  ……じゃなくて、12月だゴルァ!
         └──────v-────────────────┘

                  ∧∧У _/
                ⊂(゚Д゚⊂ ̄`つ≡≡ピューー≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ・  .        .:::::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::. .
       .+     .      .          .::::::::::::::::°.   .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

                          カァ             カァ
                                  ⌒T⌒    ....::;;;;;;;;;;;;;;;;;::....
   ㌔㌔                ⌒Y⌒             ...:;;;;;'''''     ''''';;;:::...
       ⌒Y⌒          キル!!           ..............:::;;;'''         ''';;::::...
                 ⌒T⌒ ...............................:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;'            ';;;;;;;
    ....................................::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    :::::::::::::::::::::::::::::::: _____::::::::::::::::::::::「|:::::::::::::::::__:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::
   ./三三三\   |-_.__=_ __=| /三三三\    |FF|ニ|   |!_____i|   /⌒\
   | ̄同 ̄同 ̄|  |= |+| |+| |+| |  | []_[]_|  /二二ニ,ハ /=‐::::::::::::::::::: ∧ ]皿皿[
   |==/\==\_ | _ ‐=‐   =-| ./[     ]ヽ |E E E|日|  | ̄田 ̄田 ̄| | /≡≡≡


525 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:27:29 ID:Q0A9JuVk

       ,. ----- .,    ____      ___
       ', ',\   `'"´      `゛ー 、'"´  ,. --, `,
       ', ', \  ヽ             く  / /
        ', ',/  ◎ ,ヽ 、 ____   ◎  ヽ/ /
        λ   ,. - ''"// /ト、`゛- 、     /
          `ヽ /: : : ;ハ‐人 :__: 人‐ハ:   /
            /ヽ : : /         ‘,  l
              ⌒iヽ/ | ,x:=ミ    ,x=ミ、∧ /        
                |:{ |: |.:.:.:.  __  .:.:.:.|: |          今日は、待ちに待った、ビートルズの、
             `|: |   {    }   | /          「Magical Mystery Tour」の放映日なのだ~♪
              从\ 丶  ノ  /ν
                 >┬┬<
                /: { }} ∨ {{ }:l:


526 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:27:41 ID:Q0A9JuVk

       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)       と、いうわけで、早速テレビつけてみてみるのだ!
      リ::::::( ( ⌒) (⌒::(        ビートルズが何をやるかな♪ 何をやるかな♪
.      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )
        Y ヽ    ̄イ' y                                                      ♪~~>
        / 'ヘ   j ̄ヽ
       /、  ヾ /    ヘ        あっ、始まったのだ♪
       /rー'ゝ  Y   〆ヽ
      /,ノヾ ,>  i!  ヾ_ノ,|
      | ヽ〆   i!    l |                            ※ttp://www.youtube.com/watch?v=HLpS__RmvmI


527 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:27:57 ID:Q0A9JuVk

           _λ_                  
         /  @ ⌒ヽ/l                                 
        /,.ィ-‐‐''^^ヽ゚ @〈                                   
        l r: :::.:.: .:ノ ,、 :ヽ、ヽ  ━┓                     ttp://www.youtube.com/watch?v=HLpS__RmvmI ~>
        ソ :ノ :ノ -‐ ` :::ヽノ  ┏┛                                       
        リ::::::::r (●)  ヽ:::)  ・     ん……?                              
        ハ::::::リ ,,    (●:::(                                   
         Y ハ   ヽ  ソ )        なんで突然澪ちゃんが、                
        / ヘ   r、く y'         丘の上で踊りまわってるのだ?        
       /、   ヾ  / ヽ                                 
       i |     Y   l


528 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:28:10 ID:Q0A9JuVk

        r 、.      r、
       / ヽ - ー - '  ヽ
       /  @ o  @   ヘ                   ttp://www.youtube.com/watch?v=Ig0HkrhmcAo&feature=related
      Y ,ィ^ ⌒ ^^ ⌒ ^ヽ ヘ
      .l.γ::..:::::..:::..ヘ、: :u : ハ.j      なんで脈絡もなく変な軍人が出てきたり、
      `ノ:u..:ノ _ノ  ヽ、::::::):ハ      バスと派手な色のミニクーパーが、
      (:ハ: ( ○) (○ ))::):)      カーチェイスしてるのだ?????
.       Y.ノゝ ,, .r‐ュ ,, ノ 、Y
       /、   ヾ /    ヘ


529 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:28:33 ID:Q0A9JuVk

       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ                    ttp://www.youtube.com/watch?v=qlPIjPf9SJw&feature=fvwrel
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
      リ::::::(u( ○) (○::(       なんで脈絡もなく、魔法使いの扮装してたり、
.      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )       変な婆さんのキスシーンがあったり、
        Y ヽ   nl^l^ly       変な扮装して歌ってたりするのだ?
        / 'ヘ 「   ノヽ
       /、  ヾ ヽ く ヘ       しかもこの歌(※)、歌詞メチャクチャなのだ……
        il     Y ヽ \ l      この歌詞作った人、アタマおかしいのだ……
        l ヾ .._  i!  ヽ、_)
        l j    i!    l                                        (※……「I Am the Walrus」のこと)


530 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:28:46 ID:Q0A9JuVk

      r 、.     ,、
      l ヽ,,, -ー -', l
      /  @ o  @ ヽ  て_ _
     Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ  ((
     l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j                   ttp://www.youtube.com/watch?v=8THgwMiGyQU&feature=related
     `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
     リ::::::( ( ○) (○::(           なんであずにゃんが地べたに胡坐かいてて、
.     ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )           変な歌(※)を歌ってるのだ?
   ___Y ヽ    ̄イ' y__
  / ___ ) ̄ヘ   j ̄ヽ _ ヽ       しかも最後はバスに轢かれそうに……
  l /  `、   ヾ /   ヽ  ',  i
  ! i     l     Y    i  .i .l、
 [[|_|」ア'  ヾ .._  i!  .. イ  [「i i i_|
         j    i!    !、  ´ ̄                                     (※……「Blue Jay Way」のこと)


531 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:29:03 ID:Q0A9JuVk

       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ                 ttp://www.youtube.com/watch?v=yY2SXrQPxwg&feature=related
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j                 ttp://www.youtube.com/watch?v=VYW6w7qf37E&feature=related
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
      リ::::::( ( ○) (○::(       なんか終わったみたいだけど……
.     ,.イ ハ::::ハ  ,,  _ j) )丶、      何が何だか、さっぱりなのだ……
―――(  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ) ̄ ̄ ̄) ――――――――
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`¨´¨´ ̄ ̄  旦


532 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:29:17 ID:Q0A9JuVk

        r 、.     ,、
        l ヽ,,, -ー -', l
        /  @ o  @ ヽ
       Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      リ:/ ̄)ノ  ヽ ::::::)\
.      / /(○)lil(○)::( \ \
    ./ /ハ   ,r‐ァ  ) )  )  )          結局……この人たちは、
    (  ( Y ヽ   ̄ イ' y / /          一体何がしたかったのだ?
    \  )`  'ヘ   j ̄(( 、 /
      \/、  ヾ /    ヘ/
        l     Y   i
         ヾ .._  i!  .. イ
         j    i!    l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1967年12月。
 「Magical Mystery Tour」がテレビ放映され、多くの人がこの番組を見た。
 視聴率は75%。考えられないような数字であった。

 もっとも、多くの人はこのテレビ番組を見て困惑したのではないだろうか。
 とにかく何が言いたいのか、映像からは読み取ることができなかった……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



533 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:29:35 ID:Q0A9JuVk

  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::ヽ
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)'::::::::::::〉
 ル:::::リγ::..:::::..:::..,ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ー) (ー)::(            なんかマスコミも酷評だけど、
.    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )            「Magical Mystery Tour」、ありゃ酷いわ。
     ) ) )、    ̄ノくハ(
    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))            私がもしもビートルズのドキュメンタリー映画作るなら、
      ,r ''    \ノ ̄∨ ̄'''''ー-v‐''7     あの作品のことは「初めての失敗」って位置づけるわね。
      |         /::::::::::::::::::::/:::::/
      |  ト.    ./::::::::::::::::::::/:::::/      ……まあ、んなもん作る機会はないと思うけど。
      |  |     ./::::::::::::::::::::/:::::/
      |  ┴──rつ::::::::::::::::/:とヽ
      'i───‐(_つ:::::::::::::/::と}ノ
               ̄'''ー'-‐
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 翌日の新聞は、ビートルズ批判一色だった。

 「月並みで底が浅く、ユーモアに欠ける」
 「視聴者を金で操ったビートルズ!」
 「騒がしいだけのクズ」

 そんな感じの言葉が新聞に並んだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



534 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:29:49 ID:Q0A9JuVk

                  _____
                   , ィ"´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::|::/::::|:::|::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l
              !::::::::::l: | i::::::|:::|::::::::::::|:::|:::::::::::::::::::|
           |:::::::::::l`ト、  |:::|::::::::::::|::::| | i l|:::::::::|
            |:::::::::::r┘!  |::」 `刈|::::| | i l|:::::::::|
           |:::::::::lf^fマ    ィ升i^|::|リili仆、:::::.|           これからは音を見てもらう時代なのよ!
                ̄|:::l 込ノ     込ノ |::| ilr' /::::::|           だから、音と画像を一体化させたものを作った。
                 |:::l             |::|::l_rく:::::::::|           画面の一つ一つが音を捉えていればいいのであって、
                 |::人   .⌒ヽ   |::| :::::::::::::::::|           ストーリーなんか要らないのよ!
              ∧:::::l>、 l  ノ  ,<|::lヘ ::::::::::::::|
               /  l::i__,斗>、_, ィ升/|::|/`ー--、:|
             / ̄ヽl:|  l Y   / |::|     `>く
              /    l::|   |  \.rく  |::|     /    l
          |    l::|  ヽ/l_j/ ∨|::|   /     /
          |    l::|    /ハ\ |::|   /     /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのような批判に対して、ポールが反論した。

 「これからは音を見てもらう時代だ。だから、音と画像を一体化させたものを作ったんだ。
  画面の一つ一つが音を捉えていればいいんで、ストーリーなんかいらないんだ。」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



535 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:30:06 ID:Q0A9JuVk

.        /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:\
       /:.:.:.:.:/.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:ヽ.::.:.:.:.:.::.:.:.:.\
.      /:.:.:.:.:/.::.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:}:.:.',.:.:..',:.::.:.:.:.:.::',
      /:.:.:.:.:./::.:.:.:.:.::./:.:.:.:.::/.:.:.:.:.::.:.:.:.:.∧::.:.',.:.:.',:.::.:.:.:.:.::',
     i:.:.:.:.:.::.レ'´'¨ゝ、:.::.:.:.:〃.:.::.:.:.:.〃:/  .::.:.}:.:.:レ‐ 、_|.::i
     |:.:.:.:.:./  ´  `ヽ:./.i:.:.:.:{:.:;斗:/  .i.:./:./´`   ヽ::ト、
     |:.:.:.:/.     r'ノ:.|ー|:.:.:.ハ./j:/  ヽ jメ__{ ヽ    V \
     |:.:.:.:|     /l`¨´ .\j        ヽ`Y     !
     |:.:.:.:}    ,.´:.},.ィfヲテミx      -─    \   |
     |:.:.:/.   ′:代 {r(::::ハ     7ヲ行ミx ′!    |
     |:./     i:.::.:|  ヽ込::フ     {{:::::ノソ/.:.:.:.j    !
     //.     }:.::..!   、、、、    '  `¨¨´{.:.:.::.}!    {      やっぱり……いい映画じゃないのかも。
.   //.     L:.::|.      __     、、、 ,′./.l    ',
   //      ,′`:.:\   ´   ̄`   , イ.:.:.:/ ,'     .',     でもこれは私たちの初めての試みで、
.  //      {   i:.:.ヽ   、 __  ,. z≦z/.:.:,ヘ/      .',     次は上手く行くと思う……
 /.:i.      ∧.  |:.:.:..i    ! ´ヽ  /.:.:./ {
./.:.::|      / /   i:.:.:.:| \  /   ', ./.:.:./} .∧      i
.:.::./{.     ' /   |:.:.:.:|\    __」,'.:.:.∧ } .}      ,'
.:./::.:.>‐┬‐┐   /i:.:.:,'  `¨¨¨´   .}.:.:/ ', .{       /
.,':../::.:.:.:.:\/  <ノ.|:./         !.:.|  i .',`ー┬─'´
.:./::.:.:.:.:.::.:.:「 ̄    j/          |.:.:|  ト、ヽ/
.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.|                .|.:/  {:.:V
..:.::.:.:.:.:.::.:.:∧               j/   .}:.:.|
.:.::.:.:.:.:.::.:/  ヽ                  .i:.:..!
.:.::.:.:.:.:.::,'                     |:.:.|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、ポールは後日、このようにも語っている。

 「これがよい映画だとは言わない。これは僕達の初めての試みだったんだ。
  僕達が下手を打ったというのなら、確かにそうなんだろう。
  (この映画は)挑戦で、うまくいかなかったんだ。次はもっとうまくやれると思う。」

 これを見るとポール自身も、あまり映画のつくりが良くなかったことは、自覚していたようである。
 ただ、単純な「失敗」とするのは、プライドが許さないというのも見え隠れしている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



536 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:30:21 ID:Q0A9JuVk

      ______________
      ||:::::|┌────────┐|:::::||
      ||:::::|│MTV           │|:::::|| 
      ||:::::|│                │|:::::|| 
      ||:::::|│                │|:::::|| 
      ||:::::|└────────┘|:::::|| 
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
        / ̄ ̄ ̄ </⌒\>.  ̄ ̄ ̄\     ∧∧
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∬ (  _)       最近のPVは面白いね。
      |         /   .       (:::.:) 旦 (_,    )
              (ニニニニニニニニニニニニ)  \
             /※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ \、_)
.            /※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ .ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結局「Magical Mystery Tour」は失敗と言う認識が正しいのだと思う。
 少なくとも当時の人はそのように考えた。

 もっとも、単なる失敗だった、と言うわけではなかった。
 というのは、それから約10年強ほど後から「プロモーションビデオ」というものが作られるようになり、
 またそれを放映するMTVなどのケーブルテレビ・チャンネルが現れるようになると、
 「Magical Mystery Tour」のような手法や考え方で作られるプロモーションビデオが多数作られるようになったのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



537 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:30:39 ID:Q0A9JuVk

                |:::|::|:!::|:::!::::/:::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               |::|:::|!:::|::|::::!::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               |:|l:::!::::|:|::::|:::::::|:::::::i::|::::::::‐-::::::::_::::::::‐--
                ∥l::::::::l|:::::!::::::l::::::::|l:|:::::ー--::::::=:::::::-ー::
                |  :::::::!::::::::::::|::::::::|::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:
                    ヽ:::::::i::::::::|i::{`ヽ:::::::::::::::ー--:::ニ::´::::
                  \ハ;::::::|!:::ヽ \::::::::::::::::::‐:::::´::::::
                        l\ト、__ヽ  ヾ:::::--‐::::::::::::::::::
                       l l:i:::i::::::} iハ:::::::::::::::::::::::::::::        今になってみると……
                        , ヘ.|:i::i:::::{ ノ  ヽ:::::::::::::::::::::::::
                    _/  |:i::i:::::::i´   \::::::::::::::::::::        別に悪くはないわね。いいPVよ。
               _ ,--<:;{___, l::ソ:::::::|      丶::::::::::::::
           ...::´:::/         |::::::::::::|` ー-、     ` ー-
            /::::::::::::|-=ニヽ、___ノ::::::::::::l     }
            ,::::::::::::::::l '⌒ ー_=:::::´:::::::::::::ノ__′
        ィ{::::::::::::::::::`ン'´::::::_:: --一 ´――-- ̄二_ー--‐_,'
       /   :::::::::::::/':::://                 ̄
    /    ヽ:::/ {::_//
   〃 ,    /''´ ̄ ̄/                     /
  〃/. ィ'  /                          イ:{
  /' / ノ ノ                         / L.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「今改めて見てみると、全く問題ないと思う。僕達もこの映画に満足していたと思う」

 最近のポールは「Magical Mystery Tour」について、このように言及している。
 確かに現在のプロモーションビデオという観点から見ると、遜色のないつくりであるといえる。

 「Magical Mystery Tour」は、「映画」ではなく、「早すぎたプロモーションビデオ」だったのかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



538 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:30:54 ID:Q0A9JuVk

             , へ'  ̄ ̄ ` 、
           /:::::::::::::::::::::::::::::i:::::::\
            /::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::!::::::::::.ヽ
         ,'::::::::::::::::::i:::/::i:::::::::::::::|:::::ヽ;:::`,
        ,-|::::i::::::::::/レ:ハ::|:::::::::|i:::|、:::::.i:::::ト、
.        /:::|::::|:::::::::,':::ノ i:ト;:::::::i !;:| `;:::::::!:::i::}
      ,':::::ト;:::i::i::::::k,'   i| V:::i, .!i  l:::::::|::|::|
      ,'::::i:::| Viハ::::| `ニ' i ∨ `ニ".|:::::i:ハ::|
.     ,':::i:::|  ソ::..v|弋ホテ   弋ホテ}:::::ii::::!:|       あまり作品作りに関与しなかった私が言うのもなんだけど……
.     ,i::::i:::i   |:i::::}   ~      ~ i::::::| i:::i:|
.     i::::i::,'    i:::i::ハ, '''   '  ''' .ノ|::::::| |:::i:|      この作品には、いい面もあれば悪い面もあります。
    ,i:::,':,i     i|:::!| > .  ^ . /  |:::ノi |::i::|
.    i:::,i:,i     `,::|'::{ ヽ ` 7lヽ、 .ノノ  .i::i::|
    i:::i::i   ,. - '" /:::.i.  ヽく、|::マ`.く,   i:::i:|
   i:::i::i  .i:: :: ::i:: ::/:: :: i 〆i|i`i.}: ::V: :: :`:., i:::i:|
   i::::i::i   i: :: :: i: :: \:: ::Y_ソi| |ソ、ノ: :: :: :: ::i i:::i:|
.  |::::i::i  |: :: :: :i:: :: :く:: ::∧.i| .i|:: :>:: :: :: :: ::| |:::i:|     ……あと「Blue Jay Way」が変な曲ってのは、心外です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ジョージはどのように考えていたか。

 「僕は参加していたとは言えないね。」
 ジョージは「Magical Mystery Tour」について、このように述べている。

 しかし一方で、エプスタイン亡き後のポールのこの時点までの活動には感謝していたようで、
 「良いところもあれば悪いところもある」
 「あいつらは新曲を出しても文句を言う。いつものことさ」
 と、作品に関しては擁護する発言を繰り返していた。

 もっとも自分がミニ・クーパーを乗り回すシーンについては、撮影されたにも関わらずカットされてしまったので、
 「なんであんないいシーンを使わなかったんだ」と不満を漏らしたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



539 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:31:09 ID:Q0A9JuVk

        ...:::´:::::::::::::::ii:::::::::`丶、
       /::::/:::::/:::}::::::/::::::i::::::l::::::\
     /、::/|::::::|:::/:::}/|:::::::l::::::|::i::::::::ヽ
     /:::}}::::::|::::::|/:::::/‐|:|、::l::::::|::|::::i::::::':、
    /::〃::::::|::::::|:::〃  |l::::::::::/‐ト、:|::}:::トヽ、
   /::::':::: - |::::::|/.ィ¬ミj! ヽ::::::::ハ:: l/::::|/ノ }
   :::::|::::{ ' |::::::| ノ;;:: }ヾ \/ィ'∨:::/l  ;ヘ
  /::::::ト、ハ  |::::::| V:::ン    ん}ノ}イ   /::::::,
  /:::::: l \ヽ|::::::| ""      ヒ/ /:::|_ ∧:::::::',           依頼を受けたからには、しっかり仕事しないと……
  ::::::::::|   `l::::::|        '"}:::::| `} __マー-,
 |::::::::::|    |::::::ト    _  .ィ|::::/ 〃 ヘ 「ハ          私の個人としての初めての大きな仕事だし。
 l::::::::::|  , -―ヽ:::l、  >r{_)´  |::/  Y   V{:::',
 |:::::::::: /   `ヾ| `7^ハ∧ ̄`j/   {    人::,
 |:::::::::| {        \{ `Y^   /     ト、    ヽ
 |:::::::::| 、       ` ー-- v彡  イ ∧      l
 |:::::::::|  ヽ                  { | { {      |
 |:::::::::|  ヽ  `> 、             |  ヽ    |
 |:::::::::|    ヽ  ーニ三>_. __   __ノト- ‐┬--イ
 |:::::::::|     ヽ     ̄ ̄  i/ ̄   |   |:::::::::|
 |:::::::::|     ';        /    |   |:::::::::|
 |:::::::::|       |、           |   |:::::::::|
 |:::::::::|       | ヽ、          ノ   |:::::::::|
 |:::::::::|       |            人   |:::::::/
 ヽ::::::j       ハ            彡ノ )  l:::::/
   \     {            /,. ヘ   |::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ジョージがあまり「Magical Mystery Tour」に関われなかった理由……
 それはジョージが別の仕事を抱えていたことも一因としてあった。

 この年、ジョージは映画「不思議の壁」のサントラの作曲を依頼されていたのだ。
 この仕事で手一杯だったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



540 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:31:23 ID:Q0A9JuVk

                 ,. -──‐-.、
              , . .: ´. : : : : : : : : : :`ヽ、
             , .:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.::...:.:.:.:.::.:.:.:\
           /. : : : : :/: : : : : : i: : : : : ::、:ヽ: : :\
             /: : : /: :/: : : : : : :.:|: : : : : : |: :i: : : : :ト、
              i: : :.:.|: : {.:.:.:l: : : :l: :ト、: : : : :.|: :|: : : ,.イ: :',
              |: l: : |: :ム: :l: : : :l: :|ー\: : :.|: :レイ:∧: :.',
              |: l: : Ⅳ  Vヽ: :∧/   i: : :|: :レ:.//:./: : :',       サントラ……ってあまりよく分からないけど、
           V: : .{ r=r.テ V  rテ テ V.:/: :.レ'/.:∧: : : :',      映画の企画書見る限り、
           V: :ハヽヒソ     トヒ辷ツV: : :.ハ::::l::::ト、: : : ',      いろんなタイプの音楽用意していたほうがいいのかな?
            i: :i:::} ,,,      .,,,,  /l: : : レ'::::l:: | ',: : :.i
           ∧:l:::i    __    u l/: : :/: l::::l:::|  l: : :.|     ブルースっぽいのから、インドなのまで、
           /: ∧ :ゝ、   `   ,. イ: :.:./、:::l::::l:.:|  l: :.:.:|     いろいろと作ってみます……
             /. : i ',.:.:.:| >r- <  /: : /: :i:丶、: :|  l: : : |
            ,': :.:.:l  \:|イ: :/.:/\ /l : /: : :|: : : :\. l: : : |
            i:.:.:.:.:| ,.イ::::,':/: : レ芥ヽ.l:/. : : :.|: : : : : :\: : : |
            |.:.:.:::.レ': :i::::i:〈: :./ /.ハト、V: : : : : |: : : : : : : .ヽ: :|
            |.:.::.:.:ハ : |::::|: :X 〈ノノ l Lノ::.\ ̄./ : : : : : : : i: :|
            |.:.:.://: : |::::|:/: :V  L/: : :: /: : l: /: : : : : :.:.|: :|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 企画書など資料を読んでも、どのような音楽をあてるのがいいのか分からなかったジョージは、
 とりあえずたくさん作ってみて、パイロットを見た上で妥当なものに当てはめようと考えたようだ。

 まず、1967年12月から1968年1月初めまで、ロンドンで西洋風のものを録音し……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



541 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:31:38 ID:Q0A9JuVk

.                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::ヽ:::::: \  |///////|///
               /:::::::::::::::::::::::|::::|!::::::::::::::|::::::::: !:::::::::::i_ |///////!!///
                 /::::::::/:::::::/::::::::l:::ハ:::::::::::::!::::::::::|::::::::: /::::::ヽ//|////|l///
             /::::::::/:::::::/:::::::::/l:|  ∨:::::::|::::::::: ! ::::: l:::::::::::l//|////!!///
.             イ::::::::/:::::::/:::::::::/ィ':厂 ̄Ⅳ ::!::::::::::|::::::: |::::::::: |//////|////
            / !:::: /::::: /T:/:::/|/ , x=z、∨::/::::::|_::: /!::::::::: !//////////
          /   V ,′:∧; !」/  / 'チi└i リ|:/::::::: h∨ !:::::::::::!/////|!////
             ィ|::::/ ∧《fぅ、    ヽ-′/:::::::::::レ/::: |:::::::::::|/////|!////
           /彡|:/:::::::ハ ヾ′     /:::::/::::/「::/|:::::::::::l/////|!////
          /::::::::::::!:::::::::!::::ハ  '     /:::::/::::/ !/  !::::::::://////!!////     少しばかりインドに行ってきますね。
.          /::::::::::::::::::::::斗/ ヽ  <フ  /:::::/ ∠.... |!   !/:::://////イ!////
          /::::::::::ム-‐'´/″  `丶、 /:::::/::/ ̄ ̄ ヽ j :: ///////|!/////
        /::::::::::/  /    ___Z::: 彡'  ̄ ̄ ̄7´ :::///////イ!/////
.         /::::::::: /       /  ヽ`丶、 `丶、     〃/::////////|!―-<
.      〃::::::: /        /    \ `ヽ、 \ /:/: ///////////////
     /l::::::::::/        /      ∧   ヽ ./ /:::////////////////
     ! |::::::::,'      /       ∧   レ'´/::::: //////////ー―--、
     | |:::::::!      /           l //::::::::::://////////ー―--、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その後、インドに渡り、インド楽器を用いた曲の録音をしている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



542 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:31:53 ID:Q0A9JuVk

.                , ´:::::::: /:::::::::/::::::::::::::::::::::::\
.              / ::::::::::: /:::::::::/:::::::::l:::::::::::::::::::::::ヽ
              /::::::::: /::::/:::::::::/::::::::::::!:::::::ヽ::::::::::::::::’,
.              /:::/:::::/::::/!::::::::/:: ∧::::::!:::::::::|:::::::::::::::::: }
             ’:/:::::/:: ム|::::::::|:::/‐t-:::|::::::::::!:::::::ト:、:::ヾト、
             !::|::::::|:::/  |::::::::レ′ |::::∧::::::::!:::::::|::::: `|::|::::',
             |::|::::::| l _-、Ⅳ::::!  _」ル!、∨:::|::::::::!:::::::::|::|::::::i
             l:::l::::::!V:ぅヾ \:| ´iうヽヾァ!::/::::::::|::::::::::!::!::::::|
            |:\:| 辷!  `  辷ソ ' |/|:::::::ハ::::::/:::!::::: l    あまりに順調すぎて、時間が余っちゃった……
             Ⅵ:::::::!           |:::!:::::::h !/|::::!:::::::|
              |:::::: :!   ´       !::|:::::::レ′ |:: !:::::: l    せっかくインドにいることだし、
              |::::::込   -z       |::|:::::::|   !:::!::::::::l    本場のミュージシャン使って、自分の曲録音しちゃおかな……
              |::::::::::::丶/       ィ:::|::::: ′  |:::!::::::: i
               斗―-/:::|>┬‐ '"´ イ /:::/、    l::!::::::::::!
.            /   /l_/ヽ_|_/ハ  / .|/:::/ :|丶、 .!:!:::::::::::!
            /   /   /:../:..:.! ><   !:::/:..:.|:..:..:.` ー- 、:::::!
         , -‐'う  /   /:../:..:..:レ'小 ヽ ∧!:..:..:!:..:..:..:..:..:..:..:.` :|
       ィ´  ノ  /   /:../:..:..:/ /∩|、 ∨:..:..:..:.:|:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.l
    __/    くー'´\ /フ:..:\ィ 〃 | | l| |:..:..:..:. ノ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.l
   /:/      \iヽ_ソ':..:..:...:/:| レ' | | !j !:..:..:..く:..:../:..:..:..:..:..:..:..:..!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 録音は滞りなく終了し、時間が余ってしまった。

 そこで、ジョージは、次のアルバムに入れるつもりの自分の作品を、
 インドで録音しようと考えた。

 典型的なラーガ・ロックなので、インドのほうが録音するにも都合が良かった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



543 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:32:10 ID:Q0A9JuVk

       ,. ----......_
      /::::::::::::::::::::::::::`..、
     /::/:/:::::::::::::::::ヽ:::::::::::ヽ
      |:::|::|::::::::::!::::|:::::::|::::::::::::∧
   ,.イ:::!::|::::::::∧:::!::::::ト、::::::::i:::ト、
   |::::V::::|::::::/ `V:::::::「 _ヽ::::|:::|∧                     
   |:::::|:::::|::::/=ミ、j,ハV´芯ハV:::!::∧                    
   |:::::|{V::Vィ代ハ     ¨´ |::::ト、::∧                    
   |:::::|八!ハ     '    ハ:::! V∧            oooo∞、    
   ト、::ヽ ヽ:人   ー '  ,.イ::::::!  |:::::|          r‐┼┴≦ }}   
   | |::::::| |::::::!>  _,. イ::::j∧:!  !:::::!           j j/// /ー'   
   | |::::::! /\::|∧ \/ !\::::::!  |:::::|         /∠,ヘ,_/      
   乂:::/::::::::::|:::::V 只ヽ::、\!  |::::∧      /∠_/
     /::::::::::::::::L___V | ト、_〉::\\/:/|:∧  /∠_/
      |:::::::\::::::::\《_j | |、》:::__\/ j八!/∠〈 V〉           
.    ∧:::::::::::\:::|::::\!j:V::::/:__〉'7::/∠〈ヽ_} }            
   /:::∧::::::::::::::\::::::::::::://:.:.:/:.:./∠  /´/             
  /:::::::!  :::::::::::::::::::\::::/ /:.:.:.:.:.{∠∠///              
  //::::::|  ∧:::::::::::::::::::_/_/∠ニ_}'///}::}                
. //|:::::::|ヽ/::∧::::::/:::::::〉:::::::::::::} ヽ' / ./:/                 
|| |:::::::| {/:.:.:V::::::::::::::::___/_ノ{_  /:/                 
|| |:::::::| /:.:.:.:.:.:.::≧=-//,イ_} \}/´
|| V:::∧|:.:.:.:.:.:.:.:.:.fi 「V´/  __/
人| \:八:.:.:.:.:.:.:.:.|| |=V´_//|
  \_|::::|:.:.:.:.:.:.:.:.V%'(=/_/:| i!
     V∧ ̄ヽ:.:.:.:.:/(=/  | ├┘
      〉oノ:.:.:.:.:\〈(=、__/ ̄/
      {{´\:.:.::.:.:.|/ ∧   ′
     ヽ   ̄ /!.  /,ノ  i
       \__| Vイ {`ー.イ
            |、j__|__V:::/__
          V:::::|   !::|     ̄\
              V:::!  j八       ヽ
           }:八  ヽ__j         }
            ヽ__》           /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「The Inner Light」と名づけられていた曲は、すぐに録音され、一つの作品となった。
 ttp://www.youtube.com/watch?v=7oSuzEqHOcE
 (歌詞:ttp://beatlesbeatles.blog39.fc2.com/blog-entry-209.html

 ジョージらしい東洋哲学的・内省的な歌詞であり、
 またそのメロディも優れていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



544 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:32:21 ID:Q0A9JuVk

          //  {__j      |  \
.         {/  /i「 ̄ハ  i   !  ⌒ヽ       ',  |
           l  .:! i|_j´ヽハ i |   _\    ', |
     、       | .::| i「 ̄「 」__八| 〃ァ=ミメ、   ハ||::/
   / |       | i::|八. i ,ィ´うハ ヽ     ん:::ハ}、  ∧| j::/
   !  !    八ハ|  ヽl {{ い:::j      い::::ノ' \/   ハ        ねえ、あずにゃん。
   {  !        | ∧ハ ゞシ        ゞ-''′ /   /i ノ
r‐ハ  |       | / / /} ,,, '       ''''   /   /イ /       インドでいろいろと録ってきたみたいだけど、
{  、ゝハ.       |′ //j             /   / ノ' /        どんなの録ってきたの?
ヽ ノ}   }      /  //八    ヽ)        /   /  / /
  ,ノ   j      /  /// /丶、         /   /  / /        良かったら聞かせてくれない?
 {    ノ    /  / . : : : : : : : :ヽ.     ..イ{___∧ イハ {
   /     ノイ:厶 : : : :八: : :iヽ: ー‐ i x::´:::::::::::::::::::`ヽヽ
  /           }ノl/   >┴―ーハ/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::
. /              /.::::::〃⌒イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /{:::::::::::{{ ( /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、ジョージがインドから帰ってきた後、
 ビートルズのメンバーは、ジョージがどんな曲を録音したか、聞きたがった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



545 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:32:36 ID:Q0A9JuVk

                            -―…―-
                    ー─一'"´ : : : : : : : : : : : : : :`丶
                  ── 、    /:/ / : :/: : : : : : : : : : : : : : : \
                 /たいへんヽ  /: :/ (\│ : : : : : | :|: : :\: : : : : ヽ
            {   よ く   } /: :/ : : \∧: : : : : : : |: : : : : : : : : : : ':
              ヽできました /: :│:(\ /  V: : : : :!∧: : : :|: : : : : :|: :'
              |`=┬= イ /: : '│: \) \ | : : : |/\ : |: : : : : :| : '.
              |   |  {/: :/ : |: : : /    |: l : : :|   ヽ|: : : : : :| |: ',
              |     }: / : 八: : x= 示ミ|:八: : | ィ示ミ.: : : : :│!:八
        -、  , -、│ │  |:{: : {: :∨{{. ん::ハ  \| ん::ハ }} : : : : l | : : \
.       {  ヽ{  `! _ L  }八 : ヽ: |  V/ソ      V/ソ |∨} 八| : : :ト、\_ ノ   すっごくいい曲じゃん!
       {   {|   {       V/\: : \ 、、、    .   、、、  | : : : |八: : :{ `
          '、  ヽ   |       ヽ/ ヽ : : ヽ     _      | : : : | : : : : }       次のシングルに入れたらどう?
         \__八 `}         ∨ハ : : :}   V:::::)    /│: : : ! : : :∨       私の曲を外してもいいからさぁ。
         ハ ⌒ ー'          \}|: : : ト .   ー'    イ  | : : : |⌒∨
        {∧               ̄ ̄ ̄)>‐-</ l   | : : リ
         |/ハ             ___,/ \ ,/ /  厶イ     }
         ∨{> 、_,.. -=- .,__ イ // | \ /Vヘ /      |      /
          \\  \__ // V/  |  f^lエ^エ^エ^エ^エ^エ^l^7 ,′
           \\___,/  ノ7   \)| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨7'/ {
                 \    _  イ∨     (│         (二 ヽ ∧


546 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:32:54 ID:Q0A9JuVk

             .. -――- ..
           .  ´ . .-‐…‐ミ: : `: .、
        / . . :´ : : : : : : : : `ヽ  ヽ
       / . :´: : : : -‐……‐- : : :\  :.
       〃 ' : : . :´             ヘ ヘ:.、    
      〃 /  /                V∧:.:.    
    ' //    /          \    ∧JV:.:.
.     |//                \  >ヘヘ:.:.i  
.     |/      | ヽ\       `ヽ Y  /∧∧ト、 
.   / i      |  i ヽ \  ト .   `ヽ|  i { i「∩:.ヽ              ……確かに私もいい曲だと思う。
    ′ |     |  ト、 ヽ \!/ `丶、 |:. ! { ! ∪〉:.:.}
   {  |     |  | \ ヽ く^ヽ ,x==|∧ 〈 、ゝヘヘ:.:,′            せっかくジョンがこう言ってるんだし、
.  ヽ  |     |  | _ノ  ヽ   ァ'爪..ィv| :∧ 丶=彡刈/ヘ、          シングル入れちゃおうか?
    | |     |イ厂 ー    ′弋r:シj/ 个ト==彡く: : : :/ー- .
    | |     | i x==ァそ             |(   || ): : ′   ヽ.__    (私の曲は、変えられたくない……)
    | |八八 _从ヾ^弋r:::)         从`ト...||.イ: : .:}      ∨ハ
    | ∧   〈  ̄`ヽ  ~    `     /  i | i||人: :/        ∨/!
    |,′∨//⌒ヽ、  \      ‐  /  i| | i||  V          ∨|
    {    {    \  ` ーr- ―一 '    i|∧ i|| iハ          ヽ|
          ',     /     ∧         i|{/i i|| i i∧`ヽ.        \
          〉   /    /\\ーv―v―v从i i i|| 八: .:.、 \       \
.          /   , '      /:.: : :\\   / // i|| '  :、: : ー‐\      \
         / /       /i: : : : : : `ー=ミo′ // 」||    :.、: : : : :{/ヽ         \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「The Inner Light」を聴いたジョンとポールは、「メロディが美しい」と絶賛したという。

 特にジョンに至っては、
 次のシングルに入れる予定だった自分の曲を外して、この曲をシングルに入れるよう推したくらいだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



547 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:33:07 ID:Q0A9JuVk

                   _ ____
            ,. .:.:´.:.:.:::::::::::.:.:.:..`丶、
           ,.:.'´.:.:.::::::::::::::::::.:.:.:.::::::::.:.:.::`ヽ、
          ,.:'.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /.:.:.:.:.;'.:.:.:.:.:./.:./.:.|.:.:.l.:l.:.:.:.:.:.:|.:.\.:.:.:.:.\
         /.:.:.i.:.::l.:.:/.::/.:./ l.:.ト、.:l l.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:ヽ、
       _ノ.:.:.: l.:.::|.:.|.:.:|.:./__」_l_ V.:l.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.|.:.: : |:.ヽ`ー'
    /.:.:. }.:. :.l.:.::|::.|.:.:|/´  l/  V.:.:.:.:./:l⌒ヽ. |.:.: : |..:::|
  /.:.:.:.:.:/.: : .l.:.::|.::|.:.:{ , テミヽ  |.:.:.:./ リ _ニl/ |.:.:.:.ノ.::.:}
  .:.:.:.:.:. ∧ ミミ.:.: ト、ト、V´んハ`   |:/ イんハ V:::::::::::::/
  .:.:.:.:/  ヽミ{.:. {.:.:\|ヽV:りノ      ヒソノノ}.:.:/.:/l/{        B面とはいえ、シングルにいれてもらえた……
  ::/     ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.| ////   ,   ////レ'.`Y´.:.',        頑張ってきた甲斐がありました……
         |.:.:.:.:.:.: :|             {.:.:.:.:.:l.:.:.:.:',
         |.:.:.:.:.:.: :|     `ーー'     ノ.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.i       いつかはA面に……
         ヽ.:.:.:.:.:.::ト、          イ.:.:.:.:.: ∧.:.:.:.l
             \.:.:..:|〈 丶、 ___, <ノ |.:.:.:.:.:.,' i.:.:.: l
            ,. イヽ::|  `丶、  ∧   |.:.:.:.:./  l.:.:.: l
      __,. '´. : :.|: : :.{    ,r V  ',`ヽ |/|/  l.:.:.:..l
    /. ヽ: : : : : :.|: : : ト、  / >ⅩくVi: : ',:.ヽ、   l.:.:.:.:.l
   /. : : : : \: :.:.:.:|: : : :ヽ V //l l ト、l:. く: : :i: `ヽ、.:.:.:.:.|
   /. : : : : : : : \: :. ̄フ: :.| // l l V}: : 〉: :|: : : : }.:.:.:.::|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 かくして、「The Inner Light」は、シングル「Lady Madonna」のB面曲として入れられることとなった。
 ジョージにとってははじめてのシングル曲となる。
 ttp://www.youtube.com/watch?v=7oSuzEqHOcE
 
 これをきっかけに、ジョージはもっと頑張ろうと思っていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



548 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:33:21 ID:Q0A9JuVk


                  , -‐ ´ ̄` ‐- .
               ,. ‐´           `ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :    'ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ
            ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ヘ
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ
           | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}
           i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : : _    /
           ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,
        /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
       ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ
     /´: : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :      ハ
    /: : : : : : : : i': : : : : : : 〃: : : : : : : : : : : :   ヽ、: : :      i、
   /': : : : : : :   i: : : : : : : '": : : : : : : : : : : : :   ヘ: : : :     ハ
   / : : : : : :  i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ : : : :     ハ
 ノ' : : : : : :  /i : : : : : : : : : : : : : : : : : :       ヘ: : : : : :    ハ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、ビートルズの混迷は既に始まっていたのだった……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



549 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:34:16 ID:Q0A9JuVk

以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

次回は8月5日(日)21時より投下いたします。


550 :どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 21:36:35 ID:t0Ot47ak

乙ー


551 :どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/08/02(木) 02:43:46 ID:haaQ70bA

乙です


552 :どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/08/02(木) 23:17:01 ID:sCJ2fJ8o

早く新しいのが見たいぜ乙!






Story07へ進む




Story05へ戻る




まとめ一覧へ




 

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する