合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

スポンサーサイト


タグ:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    前の記事『あずにゃんは世界一のバンドのギタリストだったようです Story12 「This Song」』  
    次の記事『あずにゃんは世界一のバンドのギタリストだったようです Story10 「Bangla Desh」』  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あずにゃんは世界一のバンドのギタリストだったようです Story11 「Layla」


タグ:
146 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:00:30 ID:9ACFAN4A

こんばんわ。

それじゃあ、投下しますね。



147 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:01:03 ID:9ACFAN4A
                                   __
                               / ̄〉  |__| 匚l
                  ___           /  / 〈 \
          _    /     `丶、    /  /   ヽ \
           //l 「l_∠ __  /〉      ヽ   /_/     \/
.      __/ /,ィ´ -‐ 、.__\/      }         __       _
    / /____ /|     ヽ、\ )  \,  /        |___  ̄l / /
     l |、.__ 〈/   -‐ ト、  )  、::::j 7               ̄ ./ /
     l |、  ̄入       、_`j    , r'             / / 〈X〉/〉
.       ヽ\_〈::::::\__、__ノ  (__ノ_ )              \/     〈/
.   \   ̄/\::::::/ l |       `)‐'
      ̄ ̄l   ̄ //     __/
         /     //  ヽ  {ヘ、
    、___/   _/    `ヽ \    ___/ヽ
    /    ̄ /|           `¨\ ̄ ̄ ̄〈_/,、 \
.         / /              \.   (__,. ‐-  l、
        , ' /、.: :`ヽ..,____..  -‐::::::i:‐:..、 ヽ   (___,.   |ハ
.       / l/ ̄ \:::::::::::::> "´    ̄  `ヾ:、Y ‘ー┬r‐' |
      /l /: :   ` 匸´___/__,..-  ` .、___ |  /│|__,ノl
.     ∧/: : :     /  }/、        |  } ││|__ノ
.      | |: : : :    {   /  )   ,  '"^ト-〈 │ | |__/
.     | |\:_:_   ノヽ._/ー一^ ー‐´   │  V l | |、
      | |    ̄`ヽ: : i     ,     ,ノ、__,ノ  l |/|
     | |        ∨ `     〈  _/ |  |   | l !
.      ! |  |     ∨       ̄ ゙,  ,!、__\ | | |
.      ││  l     |, -- 、    -┴‐' ヽ.  ̄\ !__|__
.     | |  l   l  /    ` 、          jハ:::::://
      ! !     |  ,'       ` ー 、     ___ ∨/l
      | l     l  i              /o |  |' l|
     │ |      l/|               / / /|_ |、l|
.       | |    /l:::八              イ    / / ヽ|::ヽ

           【やらない夫(パティ・ボイド)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 パティ・ボイド。
 1960年代を代表する、イギリスのファッションモデルである。

 16歳からファッションモデルをはじめ、
 19歳のときからヴォーグのイギリス版およびイタリア版のモデルを勤める。
 当時の若い世代のファッションリーダーであったといえる人物である。

 後にミニスカートで一斉を風靡するツイッギーは、
 モデル業を始めるにあたり、パティを目標にしていたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    前の記事『あずにゃんは世界一のバンドのギタリストだったようです Story12 「This Song」』  
    次の記事『あずにゃんは世界一のバンドのギタリストだったようです Story10 「Bangla Desh」』  

148 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:01:20 ID:9ACFAN4A

                  / ̄ ̄\
                /  __,ノ `⌒
                |    ( ⌒) (⌒)
                .|     (___人__)
                |     ` ⌒´ノ.
                |        |
       ,. --、― --ー y:ヽ      丿
      / ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::..\ __ _ r.〉
     / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... _ ィ\
    //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ヽ
   ノ ..::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 丶
  / ...::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `,
 / ..:::::: -、::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... `,
 i :::::::::::.. -‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r/ノ::.. `、
 ヽ::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: j::::::::::::::::.. ヽ
  \::::::::::::::::::::::.. 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ヽ:::::::::::::::::::.. ・、
    \:::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::: /   ヽ::::::::::::::::::::::::.. 、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 パティの最初の転機……
 それは1964年、ビートルズの映画「A Hard Day's Night」に出演したときだった。

 セリフもろくにない、はっきり言ってしまえば端役……
 それでも彼女は、慣れない仕事ながらも、必死に役目を果たそうと頑張っていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



149 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:01:35 ID:9ACFAN4A

 l|    |////////|
 l|    |////////|  ....-──‐-....
 l|    |////////|/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\
__j|__|////////|.::/.::〃.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ
__j|__|////////|/.::/{.::.:.{.::.::.::.::.:}.::ヽ::.::.',
 l|    |////////|.::/-∨八.::.::.::.∧.::.l:.::.:.}
__j|__|////////|んf心  }.::/- }.::.}:.::.ハ
77777||,'////////|l  ヒソ  ノ'´心xノ::/.::/.:: |
/////||,'////////|l ,.,.,.     ヒソ ∨.::/l::.::|
/////||'////////圦   _'  ,.,.,. /: /.::l:.::.|        ・ ・ ・ ・ ・ ・ あ の 人 、 カ ッ コ い い
/////||,'////////|个 、ー'   /.::/l.::.:l::.::|
77777||,'////////|∧ _アTハ´  }:/:イ.::.l::.::|
/////||,'////////| 夲  /::.:|\ノ/ |.::.l.::.:l
/////||,'////////|{[人]}/::.::.:|::.::.\ |.::.l.::.:|
/////||,'////////|// V::.::.::._|::.::.::.::.ヽ.::.l.::.:l
/////||,'////////|/{ /::.::.「´::.::.::.::.::.::.}.:l.::.:l
/////||,'////////K /::./::.::.::/::.::.::/l::.l::.:|
/////||,'////////| ∨´::.::.::.:/::.::.::.::/ !.:l::.:|
/////||,'////////| |、::.::.::.//::.::.:{  |.:l::.:|
/////||,'////////| | }\::/::.::.::.::.::ノ  |:l.:..l
/////||,'///////人_ ノ::.::.\::.::.::.:/   ll.::.|
/////||,'////////|/o::.::.::.::.::.::.::.}   l!.:.l
/////||,'////////|\::.o::.::.::.::.::.:ノ     |::.|

   【中野梓(ジョージ・ハリスン)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんなパティに熱い視線を送る一人の男性がいた……

 ジョージ・ハリスン。
 ビートルズのギタリストである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



150 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:02:01 ID:9ACFAN4A
             ,  ´:::::::::::::::::::::::`   、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
             , ':::::::::/::::::/:::::::::!::::::::::::::::::::i::::::::ヽ
            /:::::::::::/::::::::i:::::::::::|::::l:::::::::::::::|:::::::::::ヽ
        , ‐i::::::::/::i:::::::::::l::::::l:/|::::!::::::::::::::l、:::|::::::::i
      /::::::!:::::::l::::|:::::::::::!:::::l/|:l:::::::::::::: ハ:::l:::::::::|
      ,′::::|::::::::!:::|:::::::::::!-┼ -、l、::::::::::/_⊥ハ::::::::!
       !::::::::::!:::::::|::::!::::::::::|ヽl__- 、{ ヽ::::/  l/ !:::::,′
     l:::::::::::ハ::::::!:::::ヽ::::::l/!_,ノ`iヽ  V' ィ'フiヽハ::/
      !:::::::::::! ヽ:{ヽ:::::::\{ ヒ_ソ      ヒ.ソ /:::!'i
     l:::::::::::::!  丶i:::::::::::|        .   i:::::l::|
     イ::::::::::::l    l:::::::::::! ""       " ,′:l::l          私と、結婚しませんか?
    l::::/::::::l    l::::::::::ト、      o  ,.イ:::::::l/
     l::/::::::::!   ,.イ!:ハ:::::!、`  、 _, ヘ:::::::::::::!
     !′::::/ /:.:.:l.:′i::::| `丶_ノiヽ/:::::::ヽ:::::i::|
   /::::::, -‐':.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.ヽ! /゙介i !:.iヽ:::::::;ハ:::N
  ,/:::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:i///l i.ヽ:.!:.:ヽ/ ヽ!


                                                        / ̄ ̄\
                                                      / ノ  \ \
                                                      |  (●)(●) |
           な、なんですか、この人?               .             | u.(__人__) .|
           いきなり結婚とか言ってきてるけど……               r、      |   ` ⌒´  .|
           (カワイイけど……)                         ,.く\\r、   ヽ      ノ
                                               \\\ヽ}   ヽ     /
                                                rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
                                                 └'`{  .   \.|   /   i
                                                     ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
                                                     `ヽ、   /'  |
                                                        `'ー'´


151 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:02:11 ID:9ACFAN4A


   / .i ..:.::.::.:.:.:i zzzz、ヽ  {:i ヽ :::::::l ≡三≡\ ::::::::::::::::::::}ーー、
  / ..:.:::i. ..::.:::.:.:.i 夕 , i:ヽヾ  l  \::l ii }うハ、 ミ i ::::::::::::::::} :::::::: ̄ヽ
 / ..::..::::i ..::.::.:.:.i《 ん':゚::ハ       { ん':゚:::::ハ 》 i ::::::::::::::} ::::::::::::::::::::\
/ ...::.:.:::::/\ ..::.:.:i` 弋::。ソ        弋:::。ソ   i ..:::..:.:.:::} :::.::.:.:.:.:.:.:.:.......\
 ..:.::.:.:./ i ..\ .:.\ ^‐'‐¨^        ^¨``^   i ..::.::.:.:.::.}\ ..::.::.:.:.:.::: .......\       じゃ、じゃあ……お食事でも。
 ..:.:.:./  i ..:.::.ヽ ̄ /////    '    /////  i \ ..:.:..}  \ ..:::.::.:.:.::.:.:.:.:.:.::\
 ...../   i ..:.::.::.l                   ζi /l ...}    \ ...::.::.:::...:.:.:.:.:.:.:.\
 ::./    i ..:.:.:.:i.                  i  ノ i...}      \ ..:::.:.:.:.:.:.
 /     i ..::.:.:ハ        ' ヽ       /‐ '   i..}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ジョージはパティに早速アプローチする。

 「結婚しないかい?」

 それが、最初のジョージのアプローチだった。
 このアプローチに面食らったパティが笑った後、すかさずジョージは、

 「じゃあ、結婚してくれないなら、今夜夕食でもどう?」

 と言ったという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



152 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:02:32 ID:9ACFAN4A
                       , ' ;:  ;  ̄   ̄    ̄`丶、
                        _r゙ej◯,.ヘi^ビ、,,-─、!、    ヽ
                     ,{_(Yj、。ソ@ノノトjヾニヽ,-,-=ニヽ    ヽ
                  r´. : ..: ..:.::::.:::::::::::::::::::\、./'{_r7`ト、'"ヽ、    `、
                 ◯ . : :. ::..:::.:::::: :::::::::::::::::i"ゞヽ_jソ } f /--、    ,
                              i'"\_て,,...ノ_/`i '~_,,/~    ヽ
                    /._ノ'′  `、    ___入_  ,ノr'"       `、
                   ./ ● )    "ー--   (⌒)  7,-、 ,、ィ|' ,     、
                   l          (● ) (こ○こ)Oう ゙ヾ、 . ' ,      、
                   | l    j         ‘ーヘ_ノ::::‘ー’  ',   . ヽ      、
                   l, ‐' .-‐"ヽ.    )   .|:::/:/ 丿:::::|ヘヽ::、 、_ ',    ヽ     、
                    .}   ` ー-`ー-一'′  |::::::◯:::::::::::ト!|\_  ',        ` 、
                    丶            |::::: トヽo:::::::::::ヽ. ''ー'::\         `、
                    :ヽ         ,. ィ。0゜´ ̄   ヽ:::::::\:::::::::\
                        ヽ   ァ …ュヤ o◯/        ヽ::::::::\:::::::::\o◯
                      ,.-‐ ニゝフ.  〉-丿,. -  ;'         ヽ::::::::::\::::::::\
          ,-─、. , イ. 、_/  .P{ニ二フ/ `    ソ          '',:::::::::::::\:::::::\     ,
        ,-=ニヽ  7'"ヽ /   .ニ二フ__}    / ̄`_/            },:::::::::::::::::\:::::::\   ,
     l''"/'{_r7`ト、'"ヽ、  / !  厂" 7 /-'ア/  / {ヽ     rノ /   ノ ::::::::::::::::::: \::::::\
   ニ~ ll `i"ゞヽ_jソ } f /--、 ,′.ヘ__〃  /  /  `ヽ〈ヽト、!ヽト、!ヽト、!〉ヽ:::::::::::::::::::: \::::
    . ヾ_i'"\_て,,...ノ_/`i '~_,,/ニ_  ,!.ト  /  /     ./〈ト、ヽト、!ヽト、!ヽト〉\::::::::::::::::::::  \
   ,-、  l\_  入_  ,ノr'"r..┤  l./(  /  /    /  Уl     l 、   \::::::::::::::::::::
  てOう ~7゙ー'"  7`i"ル,、ィ(⌒)   /⌒!、  ,l   /   / l       l :::::::::\:::\:::::::::::::
   ‘ー(⌒),,-、  |ゝレ(⌒)゙(こ○こ)   .|=ニヽ、  /   , ′ 仆~~~|\:::::::::::::\:::\::::::
    (こ○こ)う ,-、 こ○ ‘ーヘ_ノゝ  ,ノ   \ ヽ  /  /:::::i     |::::: ‐ - --\::::\
    ‘ーヘ_ノ‘ー’てOう,-、 ヘ_ノ-(⌒)=二 、   丿丿__/_r′:::レ--ト、 |´        ,''::::
      /(こ○ ‘ーてOう lメ~(こ○こ)、、"'''‐'´イ      ̄ ̄    |        ,'::`\
    ( (‘ーヘ_ノ| ノ ‘ー’ヽ__ノ‘ーヘ_ノ->, イO             |____      ,'!:::::::::::
     ) ) 巛( (彡r'|//⌒ソ! /  /``'>ー  --  、 ____ へ、    ̄~' ,' \::::::
    ( /(   彡) )巛从彡    !/   /  |  ヽ  ヽ        ヽ     ,'   \
     ) ) 巛( (´ ミミ     |!  |   |    ヽ   ヽ     ヽ  ヽ  ,'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 それから2年後。
 パティとジョージは結婚する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



153 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:02:47 ID:9ACFAN4A

              .|
              A
           | _γ ⌒ヽ_
           A ..l.i i:I I:i iI_________∧________
          龠./|.i_i:I I:i_il ________i龠i____/∧ ______i龠i________\
           ./ |.ロ:IロI:ロl/::.::.:::.::.::.::..:::.../ [] `::..:::.::.::.:::.::::.:::.::.:..|
          ===.|   ニニニニニニニニニニ    ニニニニニニニニニニ
            .|∩| l'⌒`l | l'⌒`l l'⌒`l |γΠヽ| l'⌒`l l'⌒`l |
            .|:! !| l.__i__i | l.__i__i l.__i__i | ゝЦノ| l.__i__i l.__i__i |
            .|  | .____ ...| ._____  _____ | .____ | ._____  _____ |
            .|「l | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|  | __∧_..|           |[::圀::]|           |
    :::::::     .|  | .I:I:i | l===l ;l===l | |   i | l===l ;l===l |
     :::::::    .|  | .I:I:i | |__|__|....|__|__l | |....:::::l | l__|__|....|__|__| |
      :::::::   .`:::;:;================ |ニニニニ]:==========i
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、ジョージとパティは1年ほど前から同棲していた。
 だからこの結婚は、あくまでも法的なものであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



154 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:03:19 ID:9ACFAN4A

                     l⌒\  __
                     !   〈     \
                    /   /  __,.ノ` ⌒
                  /⌒ト、/  (> )(●)
                  r-='´     ヽ    (___人__)         家の壁、インド風に塗ってみたらどうだろ?
              |    _∠ ノ |    ` ⌒´ノ
              } ⌒´     `V       |>ー- 、
              〉       -‐く       |:::::::::::::::::::ヽ、
              ヽ   ̄      /`ヽ.,___ ,__ノ7::::::::::::::::::::::|
              ハ      /|/:ヾー--ー" ゞ:::::::::::::::/::::ヽ
                7 |     ̄ , /ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::i
           /::::l| 、    /ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::∧


                                                       -――――-        ♪
                                                   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   /
                                                  .:::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ
                                                 /:::::::::::::::;':::/:::::::::::::::::j::::::::::::::::::::.
                                                 ,':::::::: /:::/|:::::::::::::::::::::::|\::::|::::::::::i
                                                /|:::::::i::|::⌒|:::{::::::::i:::::::/|⌒i:::|:::::i::::|\
                                              /::::::|:::::::i::Ⅳ |:八::::::i:::::/ j/ V|:::::i::::|::::::\
                                                / :::::::|:::::::N,ィうテミハ :::!::/ィうiテト│::::::/\:::::::ヽ
                                             /:::::::::/ハ:::::i:::.、V::.ソ ヽレ' V::..ソ :::/V  ヽ::::::::::.
                  それ、いいかも。          .      /:::::::::/  レ:V^7ゝ    ,       /:イ ::|    '::::::::::,
                                           /:::::::::/   {;:::{ { い、   、 ,   ∩/h::iト 、  i:::::::::,
                                            ::::::::::;′/∨トヽ丶.\     _ ノノ // リ  \ |:::::::::i
                                           i::::::::::| {   l::\    ` 、‐‐/   /:::/     }│:::::::|
                                           |::::::::::| |   ∨|/丶、  }_{   /∨|/    │|:::::::::|
                                           |::::::::::| |     ∨ ̄\ |八 / ̄│ /    |│:::::::|
                                           |::::::::││     /    o\「o     ∨     |│:::::::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ジョージのインド趣味の強さは有名だが、パティも、インド趣味に講じていた。、
 そんなこともあってか、当時住んでいた家の外壁をインド風に塗りなおしている。

 まさに似合いのカップルである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



155 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:03:32 ID:9ACFAN4A
                              .|
                              A
                           | _γ ⌒ヽ_
                           A ..l.i i:I I:i iI_________∧________
                          龠./|.i_i:I I:i_il ________i龠i____/∧ ______i龠i________\
                           ./ |.ロ:IロI:ロl/::.::.:::.::.::.::..:::.../ [] `::..:::.::.::.:::.::::.:::.::.:..|
                          ===.|   ニニニニニニニニニニ    ニニニニニニニニニニ
                           .|∩| l'⌒`l | l'⌒`l l'⌒`l |γΠヽ| l'⌒`l l'⌒`l |
                           .|:! !| l.__i__i | l.__i__i l.__i__i | ゝЦノ| l.__i__i l.__i__i |
                           .|  | .____ ...| ._____  _____ | .____ | ._____  _____ |
                           .|「l | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
                           .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
                           .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
ここが梓ちゃんちね。              .|  | __∧_..|           |[::圀::]|           |
         _              :::::::     .|  | .I:I:i | l===l ;l===l | |   i | l===l ;l===l |
       ,ィ´   `ヽ         :::::::    .|  | .I:I:i | |__|__|....|__|__l | |....:::::l | l__|__|....|__|__| |
      从 ,ノjノヽハ          :::::::   .`:::;:;================ |ニニニニ]:==========i
       ゝ({ ゚ ヮ゚ノ           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ⊂)}iー'})つ
        くj_,_,_,〉
         しし′

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんなジョージとパティの家をアーティストの友人が訪れることも多くなっていた。

 そしてこの頃から、あるギタリストがジョージの元を訪問するようになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



156 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:03:46 ID:9ACFAN4A

  /: : : //: : : : : : /: : :/: : : :/: : : : : : 、: : : : : '、
. !: : :/ 〈/: : : : : : / /: : : : : /: : : : : :/!,: :',: : : : : :ヘ
 |: : :ヘ__,': : : : : : /!/: : : : : /: :/: /: :/ |V: }: : : : : : ヘ
 |:/: : :/! : : : : : : : !: : : : : : //_∠!:/ .| V:}',: : : : : : ::}
../イ : / ,{ : : : : : : : |: : : : : /イ / l l  l V!`、: : : : :l !
  l: :Lハ: : : : : _:_:|: !: : :l/ /'   lリ   ! ,l|  }: : : : lリ
  {:/ ̄.V: : / 、`! l : : |     -     _  ハ: : !: :}
  l'     `<:l. ヽV\ l  z≠ミ    z=ミ .:: : /! /
          \-、  ヽ ´ ,,,,      ,,, /:/ l/
           ヽ+、         、  .}"           手土産はやっぱりニッポンのチキンカツよね?
          r―--! ヽ      、 _    /            (ttp://blogs.yahoo.co.jp/ruvypapa/23649394.html
          {  ヘノ   >        /
       /   \     ` ァ-_ - ´
   / ̄ `\    ≧、  /   ̄ヽ‐- 、
  /.       \     ヘ/¨\    !  ヽ

     【平沢憂(エリック・クラプトン)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 エリック・クラプトン。
 元ヤードバーズのギタリストで、当時クリームに所属していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



157 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:03:58 ID:9ACFAN4A


  /: : : //: : : : : : /: : :/: : : :/: : : : : : 、: : : : : '、
. !: : :/ 〈/: : : : : : / /: : : : : /: : : : : :/!,: :',: : : : : :ヘ
 |: : :ヘ__,': : : : : : /!/: : : : : /: :/: /: :/::|V: }: : : : : : ヘ
 |:/: : :/! : : : : : : : !: : : : : : //_∠!:/:::.|::V:}',: : : : : : ::}
../イ : / ,{ : : : : : : : |: : : : : /イ /::::l l:::::::l:::V!`、: : : : :l !
  l: :Lハ: : : : : _:_:|: !: : :l/ /:::::::::lリ::::::::!:::,l|:::: }: : : : lリ
  {:/ ̄.V: : / 、`! l : : |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ: : !: :}
  l'     `<:l. ヽV\ l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: .:: : /! /
          \-、:::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/ l/
           ヽ+、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}"
          r―--! ヽ      、 _    /
          {  ヘノ   >        /
       /   \     ` ァ-_ - ´
   / ̄ `\    ≧、  /   ̄ヽ‐- 、
  /.       \     ヘ/¨\    !  ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ジョージとクラプトンとの出会い……

 それは生涯にわたる友情の始まりであるとともに、
 ある不幸の始まりでもあった……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



158 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:04:13 ID:9ACFAN4A



                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●



159 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:04:26 ID:9ACFAN4A

    _____  }、   . . : : : : : : : : : : : . .
   ´\_: : : ヽ!:},/: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.   / : : : /f': : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : \
   /: : : : :// i !---: : _: : : :i: : :/: : : : : : : : :/ :j: :ヽ
.  /: : : : : { { //、: : : : : : : : :|: :/: : : : : : : : :/l::ハ: ::ヽ
  |: : : : : :ハ ’/: : ` - : : : : : |: !: : :/: : :/ /1/  }: :| ヽ
  i: :|: : : : : }'1: : : : : : : : : :__ヘ:| : /: : :/ '  / - /: :|` ー
 Λヘ: : : : :{ .|ヽ: : : : : : :/ ヽ`ヘ :|: : /   ,xrテ .:::: j
  ヘ| ',: :{: :ヽ!: :ヽ : : : : { 、'{  ',:!: ::!   f./y' ::://         あずにゃんは世界一のバンドの
    ゝ,:V: Λ: : :ヽ: : : :ヽ _  }l、: |   、゛  {/                      ギタリストだったようです。
       V  ゝ: : : : : : :,r'     ヽ!        ヽ
          ` <_:_: >               /          S t o r y 1 1   「 L a y l a 」
.                7          ‘`/´
                  /      ,r ....___/
            / ヘ     /
              / ̄~\ \  {、
            _ノ ´ ̄ `.\ \ー ヽ_
.           (          ヽ ヽ `ー }、
           }          ヽVム` ー'ヾt、
        /           ヽム  /'ヘ
          i            }ム ´  .Λ


160 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:04:40 ID:9ACFAN4A


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


161 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:04:56 ID:9ACFAN4A

  |LLLLLL|l,l,l, i                 .|i i i|LLLLL
  |LLLLLL|l,l,l, i  _i三i___   .      ___,|i i i|LLL ,-''ト------t
  |LLLLLL|l,l,l, i  |ロロロ| i r--t      li レ|i i i|L___,,|i i | ロロロロロ.|
  |LL,,,LLL|l,l,l, i  |ロロロ| i |i i iI     li レ|i i i| |ロロl|i i | ロロロロロ.|
,,ノ从 (")  .ノ'ミ  火 ノ'、| i | ___,,,..........,,,__li レ|i i i| |ロロl|i i | ロロロロロ.|
ミ、;;:;:ミ(;:;:ゞ ノ゛,,ミ 彳ゞ 木 / ,-------、\ i i | |ロロl|i i | ロロロロロ.|
 il l} l ii; `|li|  i i_,,,-ー~~ ̄         ̄\ `..|ロロl|i i | ロロロロロ.|
,,ノi|i Lノl__,,,,,-ー''"~  ~~    ~~~    \` 、l|i i | ロロロロロ.|
-ー''"~   ~~     ~~ ;;;;;;  ~~   \ ` 、| 日門日|
___.○______,○______,○___\____,○__
___| |______| |______| |______| |_
|||| |||||||| |||||||| |||||||| ||
|||| |||||||| || ∧_∧ || |||||||| ||
|||| |||||||| ||( ´∀`) || |||||||| ||
====__=======(    )======= .∧,,∧====
     ヽ|__ノ)    モォ ((  人 Y           ノリノリハレリ
       (‘-‘ ハ   _)_, ―‐ 、し(_)    ∧,,∧    パー゚,ノリハ
     /(Y (ヽ_ /・ ヽ     ̄ヽ     彡・ー・ミ   リ( †リとリハ
      ノ___ゝ  ` ^ヽ ノ.::::::__( ノヽ    と @つ  ハ/  '' ヽハリ
      _/ヽ      /ヽ ̄ ̄/ヽ        |  ,O   リ<ノ、ノ_,i_,ゝハ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ヘンリーオブテムズ。

 ロンドンから西に約55km。テムズ川河岸の静かな町である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



162 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:05:13 ID:9ACFAN4A

;;:;: ;;'``、;::;;'、;。:;;.: '、;:。         |
.:.。:;;.:'、;;.;::。. :。::;;`.:..'、;、;",:,       ∧
;: ;;'、;::;;'、;。`:;;.:.;:,,.,;;'、;:,.;`'、;。:|:. ,i ./" `i,
。:;: .i:i. ;.: ・..:.;;'、;::;;'、;。:;;.:   ,|、 |l,/:.:..... 'i,  |    |
:;;'/、;。:;;.:.;: ;;'、;::,.,  |     .i;;;i |/     'i,/iヽ   ∧
。:;;.:.;: ;;'、;::;;'、;。:,.・ ∧  i|  /''|''i, lコココココココl__|__\ /:|.'i,          |    ,:;.,-.::";:;: '"; :;;;.:;
.i:i. ;.: ..:.;;'、;:;: .,.  /::... i, _|'''/:: .| 'i,|_i __ i __ i|::, |:. ̄|/:..i:..'i,         ∧   。:;: . ;` ・..:.;;'、;::
;::;;'、;`。:;;.: ;;'、;::;;'::..:.....'i,::....| ̄| ̄| i.:.:..:  i:.\|i_i_i:|l ̄i ̄|        /::::'i,  ,,;.:'、;::。.:;;`.:;:;;:; :;;: :。:..
;: /i.:; ;;`'、;::;;'、;;;:、ロ:.ロロロ}__|=|=| |.:.:..:  l____ヽ___|l:.|:.i ̄|       /::..:. 'i, _;.;::;.:'、;'、;::;;' ;:;;.; ;:`.:..
;:|:i| ;;'、`;`il。:.;;::;'、i::.:........i 、; ,-、i,-、| |.:.:..:  |::..:.....|::../\__|, ,   ..,  ,,lココココ_/   /ヽ;、;;'、;。'、;::;;'
;:|i;| ;li;'、`;`。:;.::;;'、iiXi..... |.::;;'、_l|  | |]:.:[]:.:[]|:i_i_i_i|::..|iXi'''|::.|::`;;、;;'、;。:;::|:i_i_i_i/:.:..:...../ ;;、;; ;'、;y。/
;:|:i| ;;'、`;`il:.;;。::;'、iiXi..... |:;.::;;;`,,:.;; .|:.:.:..:.  |:i_i_i_i|::..|i _i::.|::.|`;:;'、,,.:;.::;;';: ;|:i_i_i_i:| ̄ ̄|:.:..'';;:;.il'ヽ;:i''、;::;;'
;:|i;| ;li;'、`;`。:;.::;;'、,,.;:''、..|,。:;;_;'.; .;'、|.:.:..:  |::..:.....|::..|i _i::.|::.|.::;;、`。'; `;`;:;|:i_i_i_i:|:.o o |;, ;... ii''".;:|:i|''"
;:|i;| ;li;'、`;:;.,,._:`。 i':.;;::;'、|_| |_|.:..'、;,;,、i_i_ii_i_ii_i_ii_i_ii, |i _i::.|::.|:;.。.;;';:; ;.;';: ;|'i_;:; ;.;':`;;、;;:: ';il、...;:|:ii,..
,..,.-=ー''’"”~、 ''''"''゛~  ''"''゛"'"''"`’ ' ''"'“"'"''"`’"'"''"`’"'"''"`’"'"''"`’ "''`"'ー=:;;;;'、.;':;:ii.,
 ;:; ;: ; ;; ;,- ''    ,,-'';:;: ;: : ;: ;;; ';、;: :. .:. :;:;:. :.: .:. . . :.';、;: :. .:. :. :.::;:; .:. . . :.';、;: :. .:. :. :.: .:. . . :.’'::,;:,j"i.'".;:"
  __,,- '    ,,- '';、;: :. ';、;: :. .:. :. :.: .:. . ';、;: :. .:. :. :.: .:. . . :.. :.::;:;. :. :.: .:. . . :.、;: :. .:. :;:;:. :.: .:. . .  :.';、;:
''”     ,,- ''';、;: :. .:. :. :.: .:.i" ̄'" ̄' i'";:.: '"":.'"''"i ̄'":.:..i'":.:... ̄'" "'' i, 、;: :.  .:. :;:;:.  :.: .:. . . : .';、;:
  ,., _- ''';、;: :. .:. :. :.: .:. . . :,i :::;;、`;';.i|.:.:..:  |::..:.....|::..|i _i::.|::.|::;;、`。';:.: : ..i,、;: :. .:.   :;:;:. : . : .:. . . :.';、;:
,, '' ;: :. .;.; ;.:. .:.:. :. :.: .:. . . :,i: ;。::: ;;;;;.!;:|.:.:..:  |::..:.....|::..|i _i::.|::.|i;:   .. .:. .: .'i,、;: :. .:. :;:   ;:. :.: .:.  . . :.';、;:
;: :. .;: :...:; ;.:. .:.:. :. :.: .:. . . ,i . .. : ...:. ,i;.|]:.:[]:.:[]|:i_i_i_i|::..|iXi'''|::.|:.:. . .:   .:.: . :i,.、;: :. .:. :  ;:;:. :. : .:. . . :. ';、;: .
、;: :. .:. :;:;:. :.: .:. . . :.';、;: :.,i' . .: `-'i`-'| |.:.:..:  |::..:.....|::..\/__|,i: .:. . .:   .: .: 'i,、;: :. .:. :;:;:. :.: .:. . . :.';、;:   .:.:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その町に、打ち捨てられた大邸宅があった。

 ヴィクトリア朝時代の法律家が建てたものだったのだが、
 その法律家の死後、使われることもないまま、所有者だけが転々としていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



163 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:05:27 ID:9ACFAN4A

       , ──── 、
    ゝ/ _______ヽ
     i  | / /⌒ ヽ/⌒ヽ
     | _| _|   ・|・  |__
  , ─i 、    ヽ __ o__ ノ  ヽ        うーん……面白そうな邸宅だけど、ちょっと改良が必要だね。
  !  `-、          |  !
  \   ヽ、   ──┘ ノ /        ちょっと、ボクの手には余るかな。
    \   \二二へ二ヽ/
     \ |        |
       |        |

 【野比のび太(ピーター・セラーズ)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ある日、面白い邸宅が売りに出てるという話を聞いたピーター・セラーズは、
 とりあえずどのような場所か、見学することにした。

 建物の壁に彫られているレリーフとか、確かに面白そうではあるが、
 あまりに放置されていた期間が長すぎて、いろいろと改良をしないといけないように彼には見えた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



164 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:05:43 ID:9ACFAN4A

           , -──- 、
       ゝ/ ______\
        /   | / - 、 - ヽ!
.        |   |  /     |   |
       ヽ   |─|    ‘|‘   |
        /⌒` ` ー   ヘ ー l        ボク自身はちょっと買えないけど、
   ( \  ヽ_   /⌒ー──つ        この家を大事に使ってくれそうな人がいたら、紹介するよ。
    (ヽ ヽ/ ) \ ヽ __//
   ( )'   ノ   /` ──く
    ` ー、  ` ┬´ \/ \/ヽ
      \._|_ノ      |_|
           |         | |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結局、彼はこの家を買わなかったのだが、
 ほかに家を欲しがっている人がいたら、紹介することを考えた。
 知り合いに紹介するには結構いい物件だと感じたからであろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



165 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:05:57 ID:9ACFAN4A

      ゝ/____\
     / | / ─ 、- 、!
     !___|─|   ‘|<  |
     (    ` - o -|      いい物件だと思うんだけどな……
      入    へ  ノ
     /ヽ-、` ┬┬ ィ´       やっぱり改良がネックか。
     | (/`v二)|          特に庭とか……よほど時間ある人じゃないと。
     ヽ_入 _ ノ
     |───┤
     |____|[
      |  |  |
       |__||__|
     __|__||__|_
    (__ ノヽ__)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 実際に、何人かの人に紹介しているようである。

 しかし、大邸宅の建て直しや、庭の手入れなど、手を出すには負担が大きすぎた。
 大体、家を欲しい人は、すぐに入居できる家が欲しいのであって、
 入居までに手間がかかる家などは、欲しくないものなのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



166 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:06:12 ID:9ACFAN4A

      , ─── 、
   ゝ/______\
   /  | // ⌒ヽ ⌒ヽl
   |   |─ |   ・|<  |           へえ……
   Y ⌒  ` ー  oーヽ、
    ヽ_   ┌───┘l |           だとしたら、手ごろかもしれないね。
     ヽ  \   // \          ちょっと紹介してみようか。
       >ー── く `\ ヽ
      / \ /\l  ̄| ̄  ノ
    /  |       ├‐┴-´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんなある日、セラーズは、ある人物が郊外にある程度の家を欲しがっていることを知った。

 ある程度のセキュリティやプライバシーを確保できる家が欲しい……
 セラーズの旧知であったその人物は、そのような家を求めていた。

 建て直しや修繕が必要なことさえ承諾してもらえれば、結構いいのではないかと彼は感じた。
 早速セラーズは、その人物にコンタクトをとった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



167 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:06:49 ID:9ACFAN4A

         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚.
      /::::::::/::::::::l::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::Y⌒ヽ
       |::::::::':::::::::∧::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|
       |:::::/::::::::/ !::::::::::/ '⌒\:::::::::::::|::::::|:::::::::|
       |:::,'::::::::/⌒j八:::::′     ∨::::::: |::::::}:::::::::|
      V::::::::/  _,.  ∨   ィfた抃|:::::::::|::::/l:::::::::|
       |:::::::{ fた心     弋ぅシ|:::::::::|::/ |:::::::::|           なるほどね……
       _斗‐ぅ::、 弋.ツ     、、、、 |:::::::::|/ |:::::::::|
    /   ニ)::::ハ 、、、  ,       |:::::::::|  .|:::::::::|           これは確かに面白いわ。
    /   r‐':l::::::入             |:::::::::|  .|:::::::::|
    |   }:::::|::::::::fへ    `   ィ |:::::::/   |:::::::::|
    l___.|::::八:::::|   _>‐ <ノ`‐|::::/   .|:::::::::|
    f:..:..:..:..\:::|\l>'..:..:! >T<    j/:..`ー-、::::::::|
    |:..:..:..:..:..:.i::j/:..:..:../:.:.| ./∨\  /:..:.l:..:..:...:..:.\::|
    l:..:..:..:o:..:|/:..:..:. /:.:.:.∨/}{ヽ .l__j:..:..:.}:..:..:..:..:..:..:.丶
    |:..:..:..:..:..:.|:..:..:..:〈:..:..:..:} l .}{ i |:..:..:..:/:..:..:..:..:..:..::..:..:i
    |:..:..:..:o:..:.∨:..:..:.丶:..:.l i 凡 l |:..:..:./:..:..:..:..:l:.:..:..:..:.:|
   リ:..:..:..:..:..:..:.i:..:..:..:.:./:..:.∨八∨:..:..:.!:..:..:..:..:.l:..:..:..:.:..:|
  /:..:..:..:..:..:..:..:|:..:..:..:.〈:..:..:..l l:..:l l:..:..:./:..:..:.:...:.l:.:..:..:..:.:..|
  i.:..:..:..:..:..:..:..:.|:..:..:..:..:.\:..UVU:./:..:..:.:..:..:..l:.:..:..:..:.:..:|



                                                    / ̄ ̄\
                                                  _ノ  ヽ、_   \
                                                  (●)(● )    |
      でも、ちょっと大変だろ……                              (__人___)    |
                                                   |      u  |
      家の修繕もそうだし、                                    |        .|
      庭も最初からやらないと……                             ヽ 、     ,イ
                                                   /ヽ,ー-   ト、
                                            _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__
                                     __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
                                     \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::'ー、
                                       } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                      /:ゝ/ ./ __  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 数日後……

 その人物……ジョージ・ハリスンが、その家を見学しに来た。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



168 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:07:02 ID:9ACFAN4A

                 -――――-        ♪
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   /
            .:::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ
           /:::::::::::::::;':::/:::::::::::::::::j::::::::::::::::::::.
           ,':::::::: /:::/|:::::::::::::::::::::::|\::::|::::::::::i
          /|:::::::i::|::⌒|:::{::::::::i:::::::/|⌒i:::|:::::i::::|\
        /::::::|:::::::i::Ⅳ |:八::::::i:::::/ j/ V|:::::i::::|::::::\
          / :::::::|:::::::N,ィうテミハ :::!::/ィうiテト│::::::/\:::::::ヽ        手入れすれば、かなりいい家になると思うわ。
       /:::::::::/ハ:::::i:::.、V::.ソ ヽレ' V::..ソ :::/V  ヽ::::::::::.
.      /:::::::::/  レ:V^7ゝ    ,       /:イ ::|    '::::::::::,      私は気に入った。
     /:::::::::/   {;:::{ { い、   、 ,   ∩/h::iト 、  i:::::::::,
      ::::::::::;′/∨トヽ丶.\     _ ノノ // リ  \ |:::::::::i
     i::::::::::| {   l::\    ` 、‐‐/   /:::/     }│:::::::|
     |::::::::::| |   ∨|/丶、  }_{   /∨|/    │|:::::::::|
     |::::::::::| |     ∨ ̄\ |八 / ̄│ /    |│:::::::|
     |::::::::││     /    o\「o     ∨     |│:::::::|
     |::::::::│ ∨     /       }|     ∨    /│:::::::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ジョージはその家を気に入り、買うことを決める。

 1969年のことであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



169 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:07:30 ID:9ACFAN4A

   |  |   ..:|  丁 __r-t= ... _           ̄ ̄ ゞ';ゞ';爻  _ ..ゞ';Y:::| :|ゞ';ゞ';ゞ';  ゞ';ゝ'; |::
   ゝ‐ゝ--ィ  l|/   ||   Tr‐- .r.=‐- ,.. ____ ..,::\ゝ'丁 ゝ';|ゞ';':::| :|ゞ';爻ゞ';ゞ';ゞ';ゝ'; |::
   l:::::|  .:|  l| /′||   / 'l|   |:.l   | ̄ ̄||:. ̄ ̄丁\\ ゝ;l :|::::| :|ゞ';ゞ';爻ゞ';ゞ'爻  |::
   L:::L._ .:」__l|__」|___l|___ゝゝ:=ィ____」|___」|:__\`ーく:...」::::|;ゞ';ゞ';爻ゞ';ゞ';ゞ';   |::
    |:::::| ̄| ̄ .:丁rf ̄ |__r'´ 丁 ̄/|::lL..:」. ̄ ̄||   / || ̄ゞ';爻ゞ';爻ゞ';ゞ'; 爻ゞ';ゞ';ゞ';    |::
    |:::::|  | /′||{''´  ||     l|/ ′丁 ̄!    || / ′||  ゞ';ゞ爻ゞ';ゞ';爻ゞ';爻ゞ';ゞ';     |::
    |:::::|  |__/|l__」|___l|____||  |__:」|___」|_ゞ';ゞゞ';爻ゞ';ゞ';ゞ';ゞ';爻ゞ';ゞ     |::
    |:::::|  | ,  ̄||/ ′ || ̄ ゚̄|l ′/:||  |:. ̄ ̄||:  ̄ ̄|| ̄ ̄|ゞ';ゞ';ゞ';爻ゞ';ゞ';ゞ';爻ゞ';ゞ';爻';|::
    |:::::|  |/   |l  / || / .:||/⌒Ⅵ   |    l|   / ||   ゞ';ゞ';爻ゞ';ゞ';ゞ';\\} |ゞ/ゞ';'.:|::
    |:::::|  | ′/|l ′/||   :||    .|  |    l| / ′||    | ゞ';ゞ';爻ゞ';ゞ';ゞ;ヽ ∨ゞ';ゞ'ゞ|::
    |:::::|  |___」|__」!/ ′.:||‐,_|  |z__l|___:||__|__ゞ';ゞ';爻ゞ';ゞ';乂ゞ';ゞ'ゞ爻|::
    |:::::|  | ̄ ..:l| ̄ ̄.|| ̄ ̄:|| ̄ ̄:|  |:. ̄ ̄||: ̄ ̄ || ̄ ̄| ̄ ゚̄|:::::::| :|ゞ';ゞ';爻';\ゞ';ゝ';';|::
:.__|___|_|__ ..:l| /  || ′/||    :|  |    |ト、   ||    |   :|:::::::| ゞ';ゞ';爻ゞ';ゞ';爻ゞ';:|::
`Y⌒Y⌒Y⌒Y  :l|  / ||/   ||    :|  |    || L..r‐||    |   :|:::::::| :| ゞ';ゞ';';爻ゞ';ゞ';ゝ|::
 |   |   |   |   l|__:|L....... 」|......... 」_.:|――┴──┴─‐┴―‐┘:::::|_」.... ______|::
 |   |__ |__ l<三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三||::
-‐=ニ二 ̄三三三]|__ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ヽ三三三三三三三三三三三三|||::
:..        |_.:/⌒i   .:/ `Y                 | | ゞ';ゞ';ゞ';ゞ'; ̄ ̄|三二ニ=-  ̄l|::
:..         /〃l :r┴/:.|―r'{ニニニニニニニニニニニニ| |ゞ';ゞ';爻ゞ';ゞ';爻 |-=ニ二: . .
:.     /v Y |r'/Y__」Lr'/}            ゞ';ゞ';爻ゞ|ゞ';爻ゞ';ゞ';爻ゞ'; |ニ=-: : .
    /〃|| |r/!‐.:」:┘∠」_|.:|        ゞ';ゞ';爻ゞ';ゞ';爻ゞ';ゞ';爻ゞ';ゞ'  |-=:: :: ..
   /⌒il !l /._」|‐r'.:/丁:| .::「| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ゞ';ゞ';爻ゞ';ゞ';爻ゞ';ゞ';ゞ';ゞ';  |-:: .. .
 Y⌒i  :|L」〃l___」l.:/..:| |__|  :|:|       .. :: :: :: ゞ';ゞ';ゞ';爻ゞ';ゞ';//ゝ';.爻 |:.
:く:| :||r ┘/⌒i|‐r', '   .:| |__|  :|:|        .. :: :: :: ::ゞ';ゞ';\ゞ';ゝ'/.ハゞ';ゝ';  |.
 || r'―〃Y‐r'‐'/    .:l |__|  :|:|        .. :: :: :: :: :: ゞ';ゞ';ヽ∨/ゞ';ゝ
 ||r┴/.:||‐:|:r'.::/======' |__|  :|:|        . .. .. :: :: :: ::| :|ゞ';ゞ';爻ゞ'
r‐'―〃:.||-:r'.::/.:丁 ̄ ̄| |__|  :|:|         . .. :: :: :: ::| :|  :Y川
――il―||.r'.::/!  |    | |__|  :|:|                 | :|  ノノノ
__||___||」.:/|:| .:|    | |__|  :|:|                 | :|Y 〃
 ̄ ̄|| ̄| :/ :|:| .:|    | |__|  :|:|                 | :|ノノ
――||‐r':/  |:| .:|    | |__|  :|:|                 | :|´
__||_」/   :|:| .:|    | |__|  :|:|  __ ..   -‐=====_」
-‐=ニフ:|   :|:| .:|    | |__|=-‐    ̄
-‐ ´Y.:|   :|:| .:|    | |__|
   ||.::|   :|:| .:|    r'...:|_上:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、実際に入居するまでには1年ほど時間をかけたという。
 
 まず、あまりにも建物の劣化が激しかったこと。
 また建物が19世紀仕様だったので、20世紀の生活に合うように改良しないといけなかったこと……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



170 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:07:44 ID:9ACFAN4A

       , '´ ̄ ̄` ー-、
     /       、 \
    / /  /       ハヘ___
    |i    |        _}ハ〉  |       あずにゃん家はすごいにょろ。
    |i | |       小N  |
    |i              i|.__|       一時期ご厄介になってたけど、
    |    j          i|/⌒)       確か部屋数が85、それに加えてコテージが2つあったにょろ。
    |              |  ノ
    |          :/| |ソ|         確か、敷地の広さは5万坪……
    |        :/||| |::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そして、そもそもこの家が大きすぎた。

 何しろ敷地だけでも5万坪といわれていて、人工湖やマッターホルンを模した岩山があり、
 さらには後々へリポートまで作ってしまうくらいの大きさである。

 そんな敷地なのだから、母屋の建物もとんでもなく大きなものとなる。
 何しろ部屋数が85室という、とんでもなく大きな邸宅なのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



171 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:08:03 ID:9ACFAN4A

;;:;: ;;'``、;::;;'、;。:;;.: '、;:。         |
.:.。:;;.:'、;;.;::。. :。::;;`.:..'、;、;",:,       ∧
;: ;;'、;::;;'、;。`:;;.:.;:,,.,;;'、;:,.;`'、;。:|:. ,i ./" `i,
。:;: .i:i. ;.: ・..:.;;'、;::;;'、;。:;;.:   ,|、 |l,/:.:..... 'i,  |    |
:;;'/、;。:;;.:.;: ;;'、;::,.,  |     .i;;;i |/     'i,/iヽ   ∧
。:;;.:.;: ;;'、;::;;'、;。:,.・ ∧  i|  /''|''i, lコココココココl__|__\ /:|.'i,          |    ,:;.,-.::";:;: '"; :;;;.:;
.i:i. ;.: ..:.;;'、;:;: .,.  /::... i, _|'''/:: .| 'i,|_i __ i __ i|::, |:. ̄|/:..i:..'i,         ∧   。:;: . ;` ・..:.;;'、;::
;::;;'、;`。:;;.: ;;'、;::;;'::..:.....'i,::....| ̄| ̄| i.:.:..:  i:.\|i_i_i:|l ̄i ̄|        /::::'i,  ,,;.:'、;::。.:;;`.:;:;;:; :;;: :。:..
;: /i.:; ;;`'、;::;;'、;;;:、ロ:.ロロロ}__|=|=| |.:.:..:  l____ヽ___|l:.|:.i ̄|       /::..:. 'i, _;.;::;.:'、;'、;::;;' ;:;;.; ;:`.:..
;:|:i| ;;'、`;`il。:.;;::;'、i::.:........i 、; ,-、i,-、| |.:.:..:  |::..:.....|::../\__|, ,   ..,  ,,lココココ_/   /ヽ;、;;'、;。'、;::;;'
;:|i;| ;li;'、`;`。:;.::;;'、iiXi..... |.::;;'、_l|  | |]:.:[]:.:[]|:i_i_i_i|::..|iXi'''|::.|::`;;、;;'、;。:;::|:i_i_i_i/:.:..:...../ ;;、;; ;'、;y。/
;:|:i| ;;'、`;`il:.;;。::;'、iiXi..... |:;.::;;;`,,:.;; .|:.:.:..:.  |:i_i_i_i|::..|i _i::.|::.|`;:;'、,,.:;.::;;';: ;|:i_i_i_i:| ̄ ̄|:.:..'';;:;.il'ヽ;:i''、;::;;'
;:|i;| ;li;'、`;`。:;.::;;'、,,.;:''、..|,。:;;_;'.; .;'、|.:.:..:  |::..:.....|::..|i _i::.|::.|.::;;、`。'; `;`;:;|:i_i_i_i:|:.o o |;, ;... ii''".;:|:i|''"
;:|i;| ;li;'、`;:;.,,._:`。 i':.;;::;'、|_| |_|.:..'、;,;,、i_i_ii_i_ii_i_ii_i_ii, |i _i::.|::.|:;.。.;;';:; ;.;';: ;|'i_;:; ;.;':`;;、;;:: ';il、...;:|:ii,..
,..,.-=ー''’"”~、 ''''"''゛~  ''"''゛"'"''"`’ ' ''"'“"'"''"`’"'"''"`’"'"''"`’"'"''"`’ "''`"'ー=:;;;;'、.;':;:ii.,
 ;:; ;: ; ;; ;,- ''    ,,-'';:;: ;: : ;: ;;; ';、;: :. .:. :;:;:. :.: .:. . . :.';、;: :. .:. :. :.::;:; .:. . . :.';、;: :. .:. :. :.: .:. . . :.’'::,;:,j"i.'".;:"
  __,,- '    ,,- '';、;: :. ';、;: :. .:. :. :.: .:. . ';、;: :. .:. :. :.: .:. . . :.. :.::;:;. :. :.: .:. . . :.、;: :. .:. :;:;:. :.: .:. . .  :.';、;:
''”     ,,- ''';、;: :. .:. :. :.: .:.i" ̄'" ̄' i'";:.: '"":.'"''"i ̄'":.:..i'":.:... ̄'" "'' i, 、;: :.  .:. :;:;:.  :.: .:. . . : .';、;:
  ,., _- ''';、;: :. .:. :. :.: .:. . . :,i :::;;、`;';.i|.:.:..:  |::..:.....|::..|i _i::.|::.|::;;、`。';:.: : ..i,、;: :. .:.   :;:;:. : . : .:. . . :.';、;:
,, '' ;: :. .;.; ;.:. .:.:. :. :.: .:. . . :,i: ;。::: ;;;;;.!;:|.:.:..:  |::..:.....|::..|i _i::.|::.|i;:   .. .:. .: .'i,、;: :. .:. :;:   ;:. :.: .:.  . . :.';、;:
;: :. .;: :...:; ;.:. .:.:. :. :.: .:. . . ,i . .. : ...:. ,i;.|]:.:[]:.:[]|:i_i_i_i|::..|iXi'''|::.|:.:. . .:   .:.: . :i,.、;: :. .:. :  ;:;:. :. : .:. . . :. ';、;: .
、;: :. .:. :;:;:. :.: .:. . . :.';、;: :.,i' . .: `-'i`-'| |.:.:..:  |::..:.....|::..\/__|,i: .:. . .:   .: .: 'i,、;: :. .:. :;:;:. :.: .:. . . :.';、;:   .:.:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 それでも、時間をかけて整えていくうちに、だんだんといい家になっていった。

 修繕していくうちにわかってきたことなのだが、
 この家には、修道士をモチーフにした多くのレリーフがあり、
 またこの家を建てた法律家の言葉がいたるところに刻まれていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



172 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:08:18 ID:9ACFAN4A

               ___
          ., -‐ '"::::::::::::::::::::::`> 、
.         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::ィ:::::::::::::::::::l::::::::::::: \
       ,':::::::::l:::::::::::::/|:ト,:::::::::::::: ト,::::::::::::::::`ヽ
       イ::::::!:::|:::::::l ム+!-、:::::::::::| V::::|:::::::::::::トゝ
     /:::::::::: |:: |:::::::!/  _L  、::::イ厂l::/:::::::.:::::}
.  /::::::::ハ::: !:::lハ::::レ'朽.ヾ  ヽ/,チモミ〈|::::::::::::/
. /::::::::/ .ヽ }::::::::ヽト弋_ソ     ト' リ 〉l:::::::,イ           「やればできる!必ずできる!そして本物になる」……
/::::::::/    Ⅵ::::::::: | ,,,,,,   ,  `´ イ レ':∧
::::::::/       l:::::::::::|    __  "" j: |l::::::: |          なかなかいい言葉ね。
:::: /         !::::::::::|    ヽ...ノ   ノ::::|ハ:::::: |          曲作りの参考になりそう。
::./         l:::::::::|>、      イ:::::::::ハ::::: !
'         入:::: l`ヽ、`' ‐r<  |:::::::/  l:::::::!
       , -<  |ヽゝ  ,ィV,、 ト、_lイ/   !::::::l
     /      |  ト  / 〉仆、j  l>、_   !:::::}
.    /       \ ヽ' //l!!ト、v |;;;| >、 .!:::::l
.     {        く  V〈/.ハl } | |;;;|   } !::: |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ジョージは、これらの言葉から、
 いろいろなインスピレーションを得て、曲作りをしたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



173 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:08:33 ID:9ACFAN4A

                ___
             '"´       `丶、
            〃           \
          (⌒{{し'⌒)⌒)⌒)しくし ⌒)〉
            〉/´::::::::::::::::::::::::::::::: `'~く⌒)
            7::::/:::::: /::{::::::::::::::::}:::::::::::Vく
             / ::::i::::::⌒:∧::::::::::::∧::|:::::::|::::::.
         /:::|::::|:::::/∨ |八/|/ V| ::::j|::::::::.
            ′:ハ八Vx=ミ    x=ミ |::::小:::::::::.
         /:::::八|:::::{ 、、     、、 :::::::| ::::::::l
         .::::::/  |::::::.    r:::‐   /|::::::| l:::::::|
       l:::::::|   :::::::ト,、 Vノ  イ|´|::::::| |:::::::|          と、いうわけで、今日も庭造り♪
       |:::::/⌒^V\|レノ>‐ ´ト{ Ⅳ::::/⌒} :::|
       |:::/⌒〉 ヽ-〈 `\/´〉-厶ィ{⌒V::::::|
       |::l  〈∧ー{ |\_,∧/| }=-、〉  }:::::|
       |::{    ∨}│ ー=彡 | {. _/   l|:::::|
       lノ     ノ {. ∨___/ }  ) -ヘ|:::::|
       〈    ( 二}      {/⌒     〉::::|
       |\_  ⌒∨        ∨    _/| ::::|
       |:::::|(ニ=ー  〉   | l  〈  ー=彡〉 │::::|
       |:::::| ∨   ∧   リ  /    /  │::::|
       |:::::| ∨   マニニニニ7     /     :::::|
       |:::::| ∧    ∨‐=ニ/   /     :|::::::|
          ':::::∨〔ム     Vヽ/   /〉`ヽ  ノ::::/
          /⌒{⌒l∧    } {   /⌒}⌒∨ ::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 実際に、ジョージ夫妻がこの家……フライヤー・パークに住むようになったのは、
 1970年3月のことだという。
 ちょうどビートルズが解散に向かって事務処理を進めていた頃であった。

 そういうごたごたから逃避したかったのだろうか。
 ジョージはこの家を買ってから、しばらくの間、この家の庭作りに没頭している。
 音楽活動もこの家でできることはこの家で済ますようになっていった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



174 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:08:54 ID:9ACFAN4A

       / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ○)(○)
     . | し   (__人__)
      |     ` ⌒´ノ               あずにゃん、また土いじりしてるだろ……
     .  |         }
     .  ヽ        }                音楽の仕事とか……大丈夫か?
       ヽ     ノ
  __  _ノノ ヽ、  ,仆---、__
⌒ヽ.        \     / ⌒ヽ
   Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´ ̄ ̄`ヽ   `、
 `ヽ |          |      }    i
   ノ          |      |  丿|
   )、          人   / ̄ ̄``ン
  ヾヽ`ー─── ¬  ̄ ̄´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その姿を見て、ジョージを案じたのがパティであった。
 この家を買う前のジョージは、音楽活動とビートルズとしての活動に没頭していた。
 それが今では、カントリーライフを満喫している、引退老人みたいな状況になっている……

 ロンドンで生まれ育ち、若い頃から大人に混じって仕事をしていたパティにとって、
 ジョージのこの変化は、理解できなかったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



175 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:09:36 ID:9ACFAN4A

三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
===== ---  --  ‐     ‐   --  --- =====
===- --- ‐ ‐                 ‐ ‐ --- -===
=--                                       --=
-- _ _              .........::::::::::::::::::::::.........              _ _ --
                 .::.:.......::::::::::::::::::::::::::::::.......::.:.
             ....:.:.::::::::::::::_-≡三≡-_::::::::::::::::.:...
             ..:.:.::::::::::_- ~         ~ -_::::::::::....:...
            ..:::::::::-,.-             -.,-:::::::::.:....
          .....:.::::::::::-=                 =-:::::::::.:....
        .. .:.:::::::: ‐=                  =‐:::::::::.:......
        ...::::::::::-=                  =-:::::::.:.....
       ....::::::::::-=                   =-:::::::::::....
 ^゛~゛゛゛゛'""~^゛~^゛~゛゛゛゛'""~^゛~^゛~゛゛゛゛'""~^゛~^゛~゛゛゛゛'""~^゛~^゛~゛゛゛゛'""~^
 ,.',.'〟.',.'〟,.',.'〟.',.'〟,.',.'〟.',.'〟,.',.'〟.',.'〟,.',.'〟.',.'〟,.',.'〟.',.'〟,.',.'〟.',.'〟,.',.'〟.',
 ,’,’,’,’,’,’,’,’,’,’,’,’,’,’,’,’,’,’,’,’,’,’,’,’,’,’,
 ~''~~''~~~~''~~~~~'''~~~~~~'''~~~~~''~~~~''~~
 ::.. .. . .,,. _ _~~^ ― ‐  ~~_ _ ~ __ ―_- ―  ^ ~   --. .::. .:::::
 ::::::..::.:.:.:..::..... .. . . .. . . .. . . . . . ~ ..   .  .,'´    ヽ  . .. . . . . . . . . .:.:.:.:.:.:::::.::::::::
                         / )ミi 从リ)l、
                         l ヽ(l |゚ー゚ノi l  やっぱりインドは落ち着きます……
       ∧_∧             | l (|_)芥i_|)|
       (・∀・ )             ヾ  く/_i_> ''
       ヽ , U 〉                (_ノJ
       (_(____ノ
~""'''ー一‐- ..,,__          /■\           ,ハ,,ハ          ________
      ( A :::"'''- .._    (´∀` ∩    (○)   i,;;゚Д゚ミ 。      ヘ、-=--
 ー--;;;  V  ̄V:::    "'''ー- |    l ..,,,,_,,,,,,l〃  彳;;;;;;;;;i!        l  \ 二三 二
                (( とと  ,,,ノ      `(⌒),'(..  ノ ゚ー-- 、  /;_/\ \ー----
     __  ,..        ''   ~^...::: ノノ        ~^^      ~"''l:::::: : \ \
      ;;:: :::         `ー;;;::::.::.                     ~~.::.:::::: \ \
  _______                                         :.:::::::::: \
     `ー----、               ∧ ∧                    :::: :::
            ̄  ,____...._ (;゚Д゚)      ∩ 人  ゚ o
               :::::::::::::...    ::..つ,,ノ    (ヽ I∧__∧∩  っ 
                           ( ((  c  (´∀` ,ノ l   つ
                                ゜ 。ヽ   人_从   ))))
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さらに、東洋文化に対する受容の度合いも変わってきていた。

 もともとシタールやインド音楽というつながりからインドを受容していたジョージは、
 時を追うに従って、どんどんと深いところを受容することを求めるようになるのに対して……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



176 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:09:51 ID:9ACFAN4A

              ,. -‐- 、
             /       ヽ
           {     ,、 ',
           ヽ ノ `フノ-‐ュ',                   インド文化なんて……
           〈゙y'´ ´ '´,≠-,
                i     ,r ´i ` ー‐‐‐- 、 _          潰えてしまったフラワームーブメントと同じだろ……
           /    ノ _ノ    ; _,-‐x'ニ=、 `丶.
       ,. -‐ァ′  /´ー=、_r‐‐='´ ゝ、   ヽ  ハ
       /  /  / .,'     '.      ヽ    :  ゙i-、
      ,iゝ'´  , '   /     ;       `ヽ.  ム、.ム ヽ
      〃 / /   /     }           ,ハ爪⌒:´    ',
      ! , '´{    / o     ノヽ_   o  ノ ハ   ヽ  ノヽ ',
     Y´    ,/ ゙ゝ--‐= ´ ゙i!  `¬==.´  ,ノ \  v ⌒ヽ!
     ゝ-、___ノ.  ,ノ {,. -‐¬! ̄` ¬ヤ ∨   `ー/    / }
              ゝ. i  i      ;  ____.ム   i       ,'   , ' リ
              ゙} ├ '´ ̄ ; :´    i.ノ !      {,.  '   /
             i ハ,... ...ノ,.ヽ.__.. '´i   !   , '     /
              {  {    ¨     リ、  |_  /     /
            ゝ. ヘ       /:,.-‐‐' `¨   /
              人.\ヽ     ι/,.-     ィ
           /   `ヽ> 、.... -‐ ι',/> ,.、-- '
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 パティはフラワームーブメントの衰退にあわせるかのように、
 インド文化への興味を失っていったようである……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



177 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:10:06 ID:9ACFAN4A

      rfニ、ヽ
      l。 。 f9i  インド音楽?つまんないだろ、あんなの。
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,     でもカレーは旨いけどな。
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"   ゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ               ロンドンで食うカレーなんて、
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、               インドの食いもんじゃないだろ。
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 インド文化への興味を失ったのは、パティだけではなかった。
 この頃になると、ロック・アーティストたちもシタールとかを使わなくなる。
 唯一の例外はインド料理屋くらいなものであろうか。しかしそれも以前ほど盛況というほどではなかった。

 60年代後半の若者文化の枠内で受容がされていたインド文化は、
 それらの若者が成長していくことによって、むしろ「ダサイもの」に変容してしまったのだ。

 ウッドストックに代表されるようなフラワームーブメントが、
 ろくに社会に影響を与えぬまま、エネルギーを発散しただけで終わってしまったこと、
 そしてそのエネルギーの発散に数多くの犯罪が付きまとったことも、それに拍車をかけたのだと思う。

 要は、イギリス社会全体が、インド文化という物に興味を失ってしまったのである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



178 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:10:19 ID:9ACFAN4A

               ,  イ   ̄  ̄  `  、
              イ               ヽ
           __/                  \
         イ /   /  / /     |        ヽ-.、
       //  i  / /. / l   :|   ヽ        i ヽ
       / ./  l /  .|  ∧     |    ハ      |  .∧
       //   i |  : .| | l 、   |    :l ヽ  | l  |   .∧
     / l    l    .| l_i l斗     A i_l  |   l、   .∧
     l| l  . ∧   l ∧|| レ ヽ   ノ レ   i ./    | ヽ   ∧
     |/   / l  |  レヽ|   _` ヘ  |´_    レi    | ヘ   ∧
     /   /  |  |  i ィ=ぅ笊ミ  ヽ .| イぅ笊ミxl    l  ヘ  .∧
     /l  ./   i  | :ヘヽヒ::::ノ     `  ヒ::::ノノ ,  从i   ヘ  .∧    やらない夫さん、
    i |  /    ,  :|: ヽ             ∧/ /l レ    〉   |    以前はあんなにインドに熱心だったのに……
   l  | :/l , イ ´ l   l`丶""     '    ""ハノ  :| `ヽ、   |   :| 
   /  | iイ    |   :ト 、_     _ _    , イ l / :|    \ |   :|   最近、どうしちゃったんだろ?
  /|  | 〈      i  :|   ` ー 、     ー ´ノ .l / i      i |   :i
 l ,   |ヽ     l   ト‐、     ヘ´     孑 /  l     / ,   :|
  i   :| i     .ヽl\|  T   .∧   イi´ / ノi/     i| |   ::|
  |   :| l      ヽ / ヽ   l .ヘ  /  `  /     l  ,   ::i
  |   :| ヘ        /   \ ハ  ∨    ヽ/      ,l  |   :|
  |   ヘ ヽ      /        〈 o     ヘ      |  |/  :|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、ジョージはこの変化に気づくことができなかった。
 おそらくそれは、彼がパティ他の人々よりも、深いところでインド文化を感じ取っていたからであろう。

 すれ違いの始まりであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



179 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:10:34 ID:9ACFAN4A
     _,,..
    /    ` ヽ
  /         ',
  |__ r=_ニニ`ヽ  l
  ヾ|.   ┴'    .l
    |
    (人__)    / ヽ
    ヽ⌒´   ./   ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|                                ___
                                                 .....::´:::::::::::::::::`⌒丶、
                                               /:::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::ヽ
                                          .     /::::::::::::/:::::::/:::/:::::::::::::::ヽ:::ハ
                                              {/::::::::|::::::::::::,'|:::∧::::::::}:::|::::::::.
                                             /::ヽ:: ー=| ::::::i:/ |/ーヘ::::八j :j::: |
                                          .  /::::::::}::::::_| ::::::|テぅト、  ∨ー∨:::i|
                                            ':::::::::リ::Y´ | ::::爪)ソ    rぅト、}:::::リ
                                          . / ::::::: ∧人_..|:::::i:| 、、    Vソ /::j/
                                          / :::::::::;'  \::::| ::::i:|        、、':::/
                                          :::::::::::/     ヾ| :::::i|   `  ノ∨
                                          ::::::::/     ,人 ::八> -r::::´::|::ノ
                                          ::::::;'    ∠二Vニ\> | :::::: |/
                                          ::::::i     「        `⌒^ヽ:::|
                                          ::::::|   /            ∨
                                          ::::::|  ./           │
                                          ::::::|  ′           j
                                          ::::::|   |   \ |      ノ
                                          ::::::|   |     ∨    _彡ヘ
                                          ::::::|  |     {        、_ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 広すぎる家が、それに拍車をかけた。

 何しろ85部屋もある家である。
 自分のテリトリーにこもってしまえば、家の中ですら出会うことがなくなってしまう。

 そんな感じで、だんだんと家庭内離婚に近い状況になっていった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



180 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:11:00 ID:9ACFAN4A

             ,  ´:::::::::::::::::::::::`   、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
             , ':::::::::/::::::/:::::::::!::::::::::::::::::::i::::::::ヽ
            /:::::::::::/::::::::i:::::::::::|::::l:::::::::::::::|:::::::::::ヽ
        , ‐i::::::::/::i:::::::::::l::::::l:/|::::!::::::::::::::l、:::|::::::::i
      /::::::!:::::::l::::|:::::::::::!:::::l/|:l:::::::::::::: ハ:::l:::::::::|
      ,′::::|::::::::!:::|:::::::::::!-┼ -、l、::::::::::/_⊥ハ::::::::!
       !::::::::::!:::::::|::::!::::::::::|ヽl__- 、{ ヽ::::/  l/ !:::::,′
     l:::::::::::ハ::::::!:::::ヽ::::::l/!_,ノ`iヽ  V' ィ'フiヽハ::/         やらない夫さん……
      !:::::::::::! ヽ:{ヽ:::::::\{ ヒ_ソ      ヒ.ソ /:::!'i
     l:::::::::::::!  丶i:::::::::::|        .   i:::::l::|         ちょっと、夫妻で行かなければいけない、
     イ::::::::::::l    l:::::::::::! ""       " ,′:l::l          仕事があるんですが……
    l::::/::::::l    l::::::::::ト、      o  ,.イ:::::::l/
     l::/::::::::!   ,.イ!:ハ:::::!、`  、 _, ヘ:::::::::::::!
     !′::::/ /:.:.:l.:′i::::| `丶_ノiヽ/:::::::ヽ:::::i::|
   /::::::, -‐':.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.ヽ! /゙介i !:.iヽ:::::::;ハ:::N
  ,/:::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:i///l i.ヽ:.!:.:ヽ/ ヽ!


181 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:11:11 ID:9ACFAN4A

                                                / ̄ ̄`ヽ
                                              /       ヽ
                                               {   ー-       \
                                               )  (●)    ', \
                                               (●)  -、    }  .` - 、 __
                  ……別に、いいだろ。                \(_,ト-'   リ   ',    `ヽ._
                                                 >--、/´).ハ  リ_,.>-''、⌒``ヽ、
                                               /´  ヽ' ./´  },. -'/´    `     ハ
                                              /! ヽ     }`,¨´   i          ::.   }
                                              / ,/ }   ;  ,ノ /  ヾ.{        ;    ハ
                                             {   ,ゝ. -'  ヘ./     〉‐- 、__.._ _,. -‐ イ,  }
                                            {  、 }ヘ、    \    /´ .;        ヒ'" !
                                           ,/ゝ-、 _{  ',     ヽ.__{  ::   :'       } ,!
                                            /     ゝ、ヘ ',     (´  ``ヽ    :       ! !
                                          { ,... _:    ``〉', 、   ヽ、      ',     / /
                                          }'"  `ー‐- 、..⊿ムヽ ヽ、  `     ,} ゝ ,/ /
                                           {    _,. -‐'´   ヘ.  `、.___   ノ  メ、, ;/
                                            }'  ´ ̄     ,..._ゝ、、ヽ、`¨¨´ ./゙Y′i'
                                           ',ヽ     _,. '´/  ゝ、.___  ,/二)´  |
                                           ゝ-<二_メ'´        `¨`ー'    .リ
                                                     }  ,.、      ',    ,/)ヽ
                                                  /,ハ、`'′       ;   ,./ ,/ヽ∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 それでも、しばらくの間、マスコミの目の前には、夫妻で現れるようにしていたようである。
 ……体裁を取り繕うためであったのだろう。

 以前、ビートルズのレコーディングにビリー・プレストンを参加させた際、
 ジョージは、ジョンやポールが「仲のよいビートルズ」を演じていたと証言しているが、
 このときのジョージもまた、「仲のよい夫妻」を演じていたといえるのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



182 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:11:31 ID:9ACFAN4A

: :`ヽ__...: :-: : . ._
彡ア:´: : : : : : : : : :`:.ー-:.、
´:.: : : ; : : : : : : : : : i: : : : :.ヽ
: : : : ,': : : : : : : : : /{ : : : : : : :ヽ、_
: : : /: : : : : : :.;イ./ V: :i、: : : : :`:r`ヽ
: : / : : : : : :./-!:;'   V.:l-V : : : : l
: :,': : : : : :.:/  l:.!   ヽ} !: :i: :i :i
:._i: ;イ: : :./,x=. レ   ,ィt、.i: :|: :j/
/ !/」: : ィチ::ハ      ん:} V: :/
  } !:./弋_.ソ     弋ソ /イ/
ヽ、__j/       ,    i j'             ……なんか、様子が、おかしい?
  ヾト 、           ノ
 ,.-ァ'  > .、   '   イ
./ ヽ、    / ー ´
′  ` --:{、
        ヽ
         ヘ、
       , -‐_ニ>、
      // ,.-‐-、}、
 .     / /  /     i
    / /  /      !
\   /./  /         l
ヽ、ヽ/./  /       i
、_ `ー′./        l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そして、その演技や取り繕いは、公的な場に限られなかった。
 例えば友人をフライヤー・パークに招いたときとかですら、そういうことをしていたようである。
 まさしく、「仮面夫婦」と言える状況だった。

 しかしそのような関係は、他人から見れば意外に簡単に分かってしまうものである。
 回りもうすうすは気づいていたようだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



183 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:11:51 ID:9ACFAN4A
                        |
           \            |
            /`゙''―‐┬   |
              | 、_  l   ..|
              ヽ    丿   |
                          |
                      l\
              l      ,'  \
      人        丿      /    \


                                                _, -、.―- ..∠: :‘ー―: - 、
                                            . ´ ̄: {: : : : : : : : : : : :>: 、: : :__: :ヽ
                                          / : : : : : : : l!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ\\:`\
                                 .         /: : : : : : : : : /{: l : : : : : : : : : : : : 、: : ヽ:\\: ハ
                                         /: : : : : : : : : / l: l: : : : : : : : : : : : : :ヾ: : :寸_,/',: ヘ  
                                 .       /: : : : : : : : : /   l: l\: : : : : : : : :.ヽ: : :', : : ',: : :ハ: :ヘ
                                 .     ′/: : : : : ハ: {.   l: l  ヽ: : :\: : : :.|: : :.!: : :ハ: : : }゙ー’
                                       ’ /: : : : :.斗z七   ゞ   \: : }、: : :.! : : |/: : :} : : {
                                      ムイ: ′: : : /      \ 斤≠x∨:∧: : !: / リ: : :,'
                                         |: |: : : : :| ,ィfてミ       ん心∨:/: :/_/:./: : :/
   (最近のやらない夫さん……)                    |: |: : : i :| { {:::::::|      { {::::::::! j/ : /^ヽ/: : :/
                                 .        Vヘ: : :V  乂::ノ       ゞ-'’ j: / Yノ: /{
   (なんかうつむいてるように見える……)              ヽ: :ヘ       ′       '"辷∧: {
                                            ゞ∧             /!-'’ ゞ
                                             '      ―      /|
                                             ゝ          /  !
                                                  > 、 _.   ´ .<ヽ
                                                   Y   .<    入_
                                                   /ヽ才       /  `


184 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:12:12 ID:9ACFAN4A

                                               , - '  ̄ ̄ ' - 、 _  _.ノ!
                                            ,  ' : : : : : : : : : :, : : : : : :`ヽ, ̄_∠_
                                          _, ' : : : : : : : : / : /| : : : : : : : : : ヽ,- 、ヽ,
                                     __ -,_ニ/, ': / : : : : :,イ: :/  .i: ::l : : : : : : : : :ヽ .ヽ ',
                                        , ': /: :/: :/ : :/,': /    ',: iヽ : ', : : : : : : ',  ',ヽ,
                                   .      /: :/: :/: :/ : :/_,/::/-´  ヽ|::| ' : :l : : : : ', : i,  ヽ、ヽ,__
                                      /:, /: :/: :,': : :/ ´| .'     i |ヽ ',: l: : : : : :',: !l  lヽ`¨`
                                      ,'/ i: : ,': : !l: :/  |,'      l:|  `',:| : : : : : |:l | _ノ: :l
                                      !  | ;イ: : |.|:,'    !      リ   ',|',: : : : : !,'t´: l : :|
     (しかし……やらない夫さん)                  !:!,', : | リ              ! l : : : /:| |: :/|: /
     (今まで梓ちゃんのだったから、)               リ|.{', :| ミ≡=-‐     ,     ,': : /: :! !:/ ,'/
     (あまり意識してなかったけど……)               '、.ヽ!           ヾ== /:/´'i: ,' l´ /
                                          , _\| ///   ,       /'´ } ,'/ /
     (色白で、筋肉質で、面長で……)             /    ,l          ///  /  /L/
     (結構いい男かも)                      /     / ヽ,.     r,      / i ´   ヽ,
                                     ,    /   'r、   `    _/  |      ヽ
                                     ,' .i   /    ,'  ヽ __  -‐ ´ |   |       ,
                                     i .'  /  _ . |\     , -‐,'     |      i
                                     l  ヽ l /  i'、.|  `    ´  /    |    / .,i
                                     .}  ',.レ   | i`!       ./,r‐t‐ 、 !   /  /i,'
                                     {l   ヽ    ! |.|',     /´//   .ヽ! , '  //|
                                    ./ ',   /    .l |.l ヽ   /  //     /  / ._/
                                    ',  、. ,'    .| ! ', |  i  .//     /,/ / |
                                    .lヽ ヽi     ',.', '、! , ! , ', '     !/ /  /
                                    .', ヽ .|      ヽ'、.l.i. ///    ,/ /   /i
                                     , ヽ!       >,i|〈〈    / , '/  _/ ,'
                                     ヽ .ヽ    , '///!|ヽ',  , ' / / /  .{
                                      }  \   //.// .l.| ',ヽ/ , '  ,' ´   ./
                                      ヽ, \ ヽ、|.| ,'/! |.|  .〉 /   i   _, r´


185 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:12:29 ID:9ACFAN4A

                                           ,/: : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : ::ヽ: : : ヽヽ_
                                         / : : : : : : : Λ: : : !: : : : ', ヽ: : : : : : ヽ: : : : : ハ:: : : ハ゛ ̄
                                    .    //: : : : : : :/: / ',: : :|', : : : |: : :ヽ: : : : : :ヽ: : : :::::}::::: : :|
                                    _/__/: : : :/: : : |: :!  ',: : !:',: : : |: : : : ヽ : : : : : :,: : : :::!::::: :!
                                       ̄./: : : :/: : : /l: :!   ', :|`ヽ : :l、: : : : :ヽ : : : : :',: ::::::|:::::Λ!
                                       / : : : :l: : : :, !: |/   ',:!\_,: :| ヽ: : : : | : : : :!: |:::::::リ: / ヽ
                                    .  i: : : : : !: : : ! , イ    '!  ', 「`'\: : :l: : : : !、:!:::::/::イ
                                    .  |: : !: : :{: : : !  jL_        >f=ミ、.ヽ、!: : : /_:l|:::/´ |!
                                       !: :ハ: ::ヘ: : :|. 〃,-ミ、      〃⌒ヽヾ l : :/_ V|/
                                       !:/ ヽ: :ヽ ハ {{ { .ム       lト.-、} }ハ .l: /}:  !イ
       (……私、なに考えてるのよ!)             |'    ヽ、ヽ.ヘ. 弋_リ       'ー '   .|// /
                                            ヽ!`ハ::.:.:.:.:. ,    :.:.:.:.:.:.:  '/-゛
       (やらない夫さんは、梓ちゃんの彼じゃない!)           八            / !ハ-、
                                    .             ヽ    ` `    // ハ::::ヽ
                                               _ >....      < /  ./:::!::::!::::ヽ
                                            _....:::::::::::::::::/:::::7tヽ゛ /   /:::::::::/::::::::::ヽ
                                            ハ::::::::::::::::/:::::::i .ヽ/   ./:::::::::::!:::::::::::::::::::\
                                           ,:::::',:::::/:::/:::::::::::::!_/Vヘ   ./::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::\
                                           }::::::V::!::::::\:::::://!', <', /::::::::::::::::}::/:::::::::::::::::::::::::::}
                                           |:::::::|::{::::::/:::::///! |{ 'y':::::::::::::::::::/':::::::::::::::::::::::::::::::!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 エリック・クラプトンも、そういう2人の状況に気が付いたようだった。

 ただ、クラプトンの場合、他の人と少し違っていたのは、
 ジョージを気にしつつも、パティに同情する気持ちがあったことだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



186 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:12:45 ID:9ACFAN4A

           ,ゞ`:⌒> '':´ : : : : : : : : : :`:丶 、
            /: : /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /: : / : : : : : : : : / : : : :ィ : : }: : : : \: : :\
     _/: ; :〃: : : : : : : : : :/ : : / |: : ∧: : i: : : : : : : :ヽ
      `¨7/ /ヘ : / : : : : / /: /   l: :/ ト、 | : : : : : : : : ',
         ':{ ∧: : :/ : : : : / / :/   ,:/   | l|\: : : ヽ : : :
       { :〉l : ヽ l: : : : :/: :l :/   〃   !、:|  ヽ: : : : : : :、
         }:| | : : : |: : : : |: /j/ー‐=/″   j゙'=j‐- ': : :i: : :、: \
       ノィ |\ : l: : : : |/ ,斗ミ:、      ,斗ミ、 ' :/: : : } `¨
        | |: : ヽヘ: : : :| ん:::::ハ      ん::::j 〉 j/: : : ;′
        lJ: ;ヘ{  ヽ : |  Vーク      ト-ク ′/: :i :/
          V ヽ  \:、゚ `¨´         `¨´°/: /j/      ……どうしよう。
             \.__   """    '   "" ハ:/
                  _ヽ                       最近、やらない夫さんのことばかり、考えてる……
                 /7T\    ⌒ ¨   ノ
    x< ̄¨''ー-‐イ:::::{ ヽ  丶 、      <
    /:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::l   \   `7´l\` ̄ ̄ ̄`:.、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::ハ    \ /   V::\:::::::::::::::::::::,
   l::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::ヽ     _X__   |::::::::ヽ ::::::::::::::::i
  / :::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::ヽ / {二} ヽ j:::::::::: 〉:::::::::::::: |
  ,′::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::V /j | l ヽ V::::/:::::::::::::::::::|
  {:::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::/:::::::::::::Vリ人| } /::::\::::::::::::::::::::l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 クラプトンのパティに対する同情の気持ちは、やがて恋愛感情へと変わり、
 どんどん大きく、激しいものになっていった。

 親友の妻を好きになってしまう苦しい気持ち……
 クラプトンは苦しんだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



187 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:12:59 ID:9ACFAN4A

               _, -、.―- ..∠: :‘ー―: - 、
           . ´ ̄:;:;{: : : : : : : : : : : :>: 、: : :__: :ヽ
         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ\\:`\
.         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/{: l;:, : : : : : : : : : : : 、: : ヽ:\\: ハ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/::::l: l;:;:, : : : : : : : : : : : ヾ: : :寸_,/',: ヘ  
.       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:::::::l: l\;:;:, : : : : : : :ヽ: : :', : : ',: : :ハ: :ヘ
.     ′/:;:;:;:;:;:;:;ハ:;{::::::::::l: l:::::ヽ;:;. \: : : :.|: : :.!: : :ハ: : : }゙ー’
      ’ /:;:;:;:;:;:;斗z七:::::::::ゞ:::::::::\; : }、: : :.! : : |/: : :} : : {
     ムイ:;:′:;:;:;:/::::::::::::::::::::::\::::斤≠x∨:∧: : !: / リ: : :,'
        |:;:|:;:;:;:;:;:|::,ィfてミ::::::::::::::::::::::::ん心∨:/: :/_/:./: : :/
        |:;:|:;:;:;:i:;:|::{ {:::::::|::::::::::::::::::::{ {::::::::! j/ : /^ヽ/: : :/      どうしよう……
.        Vヘ:;:;:;V:::::乂::ノ:::::::::::   ::ゞ-'’ j: / Yノ: /{
        ヽ:;:ヘ::::::::.::...:::::::′       '"辷∧: {         表立って言うわけにもいかないし、
           ゞ∧::::::::::::::::::.        /!-'’ ゞ        でも、押さえつけることもできない……
            ' ::::::::::::::::::―      /|
            ゝ:::::::::::::::::.     /  !
                 > 、:::_.   ´ .<ヽ
                  Y   .<    入_
                  /ヽ才       /  `
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 なにしろ、結婚している親友の妻を好きになってしまったのだ。
 そんなことを表立って広言することもできない。

 一方で、忘れてしまうということもできない……

 この難しい気持ちの中で、彼は悶々と悩んだという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



188 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:13:18 ID:9ACFAN4A

       ,/: : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : ::ヽ: : : ヽヽ_
      / : : : : : : : Λ: : : !: : : : ', ヽ: : : : : : ヽ: : : : : ハ:: : : ハ゛ ̄
.    //: : : : : : :/: / ',: : :|', : : : |: : :ヽ: : : : : :ヽ: : : :::::}::::: : :|
_/__/: : : :/: : : |: :!  ',: : !:',: : : |: : : : ヽ : : : : : :,: : : :::!::::: :!
   ̄./: : : :/: : : /l: :!   ', :|`ヽ : :l、: : : : :ヽ : : : : :',: ::::::|:::::Λ!
   / : : : :l: : : :, !: |/   ',:!\_,: :| ヽ: : : : | : : : :!: |:::::::リ: / ヽ
.  i: : : : : !: : : ! , イ    '!  ', 「`'\: : :l: : : : !、:!:::::/::イ
.  |: : !: : :{: : : !  jL_        >f=ミ、.ヽ、!: : : /_:l|:::/´ |!
   !: :ハ: ::ヘ: : :|. 〃,-ミ、      〃⌒ヽヾ l : :/_ V|/        ……この気持ち、歌にしちゃおうかな。
   !:/ ヽ: :ヽ ハ {{ { .ム       lト.-、} }ハ .l: /}:  !イ
   |'    ヽ、ヽ.ヘ. 弋_リ       'ー '   .|// /         名前とかを架空の人にして、
        ヽ!`ハ::.:.:.:.:. ,    :.:.:.:.:.:.:  '/-゛           うまくぼやかせば……
             八            / !ハ-、
.             ヽ    ` `    // ハ::::ヽ         分かってくれる人は、分かってくれるかも。
           _ >....      < /  ./:::!::::!::::ヽ
        _....:::::::::::::::::/:::::7tヽ゛ /   /:::::::::/::::::::::ヽ
        ハ::::::::::::::::/:::::::i .ヽ/   ./:::::::::::!:::::::::::::::::::\
        ,:::::',:::::/:::/:::::::::::::!_/Vヘ   ./::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::\
        }::::::V::!::::::\:::::://!', <', /::::::::::::::::}::/:::::::::::::::::::::::::::}
        |:::::::|::{::::::/:::::///! |{ 'y':::::::::::::::::::/':::::::::::::::::::::::::::::::!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 彼はこの気持ちを、歌にして表すことにした。

 言葉を選びながら、慎重に……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



189 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:13:51 ID:9ACFAN4A

      ⊂二ニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /           ヽ
  |             |
  |               |  
  |              l   
  |          /   
  |        〃/    
  \、__     (     
     _)_ ===\   
    /          \ 
   /            ヽ
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |
   |     |.        |. l
   l    |       |.│
  /    ノ        | |
  /     /        l /
 (ヽ、__,/____  __,У
  ヽ_ィ  __ __ ̄ ̄_ ̄_,|
  ¦  ¦ ¦ j l   |

                          . . : :♪                          . . : :♪
                        . : ∮ :                           . : ∮ :
          . . . .          . : : : :             . . . .          . : : : :  
       . . : : : : :|ヽ: . .     . : : :#: :            . . : : : : :|ヽ: . .     . : : :#: :   
      . : : r‐┐ : C|: : : : . . . :c/⌒: : :          . : : r‐┐ : C|: : : : . . . :c/⌒: : :    
    . : : : d d : : :   : :♭: : : :              . : : : d d : : :   : :♭: : : :
  . :c/⌒: : : :        : : :             . :c/⌒: : : :        : : :
: :♪: : :                         : :♪: : :


190 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:14:10 ID:9ACFAN4A

                          . . : :♪                          . . : :♪
                        . : ∮ :                           . : ∮ :
          . . . .          . : : : :             . . . .          . : : : :  
       . . : : : : :|ヽ: . .     . : : :#: :            . . : : : : :|ヽ: . .     . : : :#: :   
      . : : r‐┐ : C|: : : : . . . :c/⌒: : :          . : : r‐┐ : C|: : : : . . . :c/⌒: : :    
    . : : : d d : : :   : :♭: : : :              . : : : d d : : :   : :♭: : : :
  . :c/⌒: : : :        : : :             . :c/⌒: : : :        : : :
: :♪: : :                         : :♪: : :

              , イ ´:  ̄ ̄:: `: : :::ヽ、
             / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
            ': : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : :: : : :、
           /: : : : : : : : : : : :.:.:.:|: : : : : : : : : : : : : :ヽ
         /: : : : : : : : : :/|: : :.:.:.:.|: ,: : : : : : : : : : : : : :i
          {: : : : : : : : :./ }:.:.:.:.::.::|:/ヽ: : : : : : :: : : : ::.ヘ,.--、
        /: : : : : : : : :/ ,斗: : : : :::ト-|: : ∧: :::| : : : : : i: : ::ヽ
         /:::|: : : : : : .|/  |: : : : :/  ヽ: | ∨:::.| : : : : : :|: : ::ヘ
       /:.:. :|: : : : : :/_=≧ レヽ:.::::| ´,≦i  ∨:| : : : : ::/: :.:::.:|
     ∧ :::.:|: : : : :|〃ん。ヽ   \|  ん。:ハ` ∨ : : : :/|: : :.:::.:|
      ∧: : ::|: : :∨ ゝ ヒ::::ソ      `ヒ::::ソノo〉: :: ::/ i: : ::... :|
      |: : : : :}: : : :: i              i: : ::|ノ   }: : : : .|
      |: : : : :|: : :::∧  """   '   """  /: : : /'  |: : : ::.:|
      |: : : : :|: : ::::小             i: : : : |    }: : : :::|
      }: : : : :|: : : ::::|人    r ー_っ   , イ|: : ::/    i : : : :i
      ∨: ::::'|: : : : :i  `>       イ /: ::::/    }: : : : |
     ヽ:: :::ハ: : : ::/、/ヽ  l` ≦  ' ,_ //|/    /: : : :/|
      ∨/ レ'ヽ/ ヽ   \ -‐<彡  ヽ ̄  ヽ、: : :∧i
      ハ         ミ       /        i::/ |
       {           ` ー‐ ´          |



⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂二ニニニ⊃


191 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:14:27 ID:9ACFAN4A
            _ゞヽ、 __
        ,. '´:,ィァ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、
       ∠:/:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.l:.l、:.ヽ:.:.:.\
        /〃:.:.:/:.:.:.:.:/:./:/l:.:lハ:.:.:!:.:.ヽ:.ヽ
         /〈/:ヽ/:.:.:.:.:/:.//  l:/lハ:.ト、:.:.:',:.:.',
.       l:./i:.ヽl:.:.:.:.:/:.〃 _,l/ l  l:.lハ:.:.',:.:.',
      ∠l l ヽl:.:.l:.:l/V  ̄ / ゙ `リー ',:.:.l:.:.ト、
         l l:ヽハ:.:l:.:l ,ィf乏「    fテt.、 l:.:.l:.:.l ̄
         UVi/^N:.:lヽ込タぅ ,,,,,,, 込タぅ.:.:.:l:./
          ヽゞVl ゚xxx  . xxx゚ハ:./l/           作ってはみたけど……
             ー 、          iイ/
     ,. -―─ - ァ/7iヽ、   ⌒⌒ /
     /:::::::::::::::::::/|::: 〈 \    _,. イl⌒  ̄ ヽ
.    l::::::::::::::::::::l/|::::::Vハ>、/ l/i:::::::::::::::::l
.   /::::::::::::::::::::::::|::::::::Vハ/爪ヘ l::::::\:::::::::::l
   l:::::::::::::::::::::::::::\::::::Vハi以ハ.l::::::/:::::::::::l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このとき、クラプトンが作った曲が「いとしのレイラ」の前半部分だといわれている。

 彼はここまで作り上げたのはいいが、後半部分を作らぬまま、ここで放置してしまった。
 さすがに気が重かったのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



192 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:14:44 ID:9ACFAN4A

               _, -、.―- ..∠: :‘ー―: - 、
           . ´ ̄:;:;{: : : : : : : : : : : :>: 、: : :__: :ヽ
         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ\\:`\
.         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/{: l;:, : : : : : : : : : : : 、: : ヽ:\\: ハ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/::::l: l;:;:, : : : : : : : : : : : ヾ: : :寸_,/',: ヘ  
.       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:::::::l: l\;:;:, : : : : : : :ヽ: : :', : : ',: : :ハ: :ヘ
.     ′/:;:;:;:;:;:;:;ハ:;{::::::::::l: l:::::ヽ;:;. \: : : :.|: : :.!: : :ハ: : : }゙ー’
      ’ /:;:;:;:;:;:;斗z七:::::::::ゞ:::::::::\; : }、: : :.! : : |/: : :} : : {
     ムイ:;:′:;:;:;:/::::::::::::::::::::::\::::斤≠x∨:∧: : !: / リ: : :,'
        |:;:|:;:;:;:;:;:|::,ィfてミ::::::::::::::::::::::::ん心∨:/: :/_/:./: : :/
        |:;:|:;:;:;:i:;:|::{ {:::::::|::::::::::::::::::::{ {::::::::! j/ : /^ヽ/: : :/
.        Vヘ:;:;:;V:::::乂::ノ:::::::::::   ::ゞ-'’ j: / Yノ: /{
        ヽ:;:ヘ::::::::.::...:::::::′       '"辷∧: {              ・ ・ ・ ・ ・ ・
           ゞ∧::::::::::::::::::.        /!-'’ ゞ
            ' ::::::::::::::::::―      /|
            ゝ:::::::::::::::::.     /  !
                 > 、:::_.   ´ .<ヽ
                  Y   .<    入_
                  /ヽ才       /  `
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結局、この曲は、1年ほど後に、後半部分が付け加えられた後、
 デレク&ドミノスの唯一のアルバムの表題曲として、発表されることになる。

 デレク&ドミノスは活動期間が2年程、アルバム1枚と短命なバンドである。
 それがそこそこ有名なのは、この「いとしのレイラ」があったからであろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



193 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:15:09 ID:9ACFAN4A

        /: : : : :ー: :_>------ー、__
        /: : :._:>:'": : : : : : : : : : :::|:::`::::....、
       /: :.//: :./ : : : : : : : : : : : : |::::::::::::::::\
     /: : : /::/: : //: : : : : : :/: : : :::l: ::ト、::::::::::::::::::丶    
     /: :/: :∨: :.//: : : : : : :/ : : :::::/: ::|ハ:::::::::::::::::::::ヽ    
    ノ: :/: : :/ : : |:' /: : : : :./: : ::::/|: :/  ヽ:::::::::';:::::::::::..  
.   ー'7: : : l\ |: :|: : : : :/: :::/:::::,':/:::::::::-}ト;:::::::'::::::::::::'  
     {: : : :|: :.ヽ|: :|: : : :/|:/_::::::://::::::::::::::jハ::::::|:::::::::ハ  
      ',: : :{:\: |: : : : :/fテミュ`:::/::::::::::::,::_-、:::|:::::|::::::|::|ハ 
       V: ヽ: :r‐、 : |: {ん)い ::::::::::::::::::::ィ示ミ、.l:::/:::::::|::|    
       V: :∨/ 〉: :ト/弋z:タ::∠ヽ::::::::::ん:う 》|/:::::::/|/ 
         j∧:.\(〈ヽ!       丶:::::rゞ='':::::/}:::::/ / 
         };/\__,           .'::::: ̄::::::://;/ 
               Ⅵ、      ___{::::::::::::::::::,'      
                | 丶    `7:::::::::::::::ノ     
              __|_ \、    }:::::::,  ´      
           /    \ \>-ァ ´        
        _/\   /:::\}::::/\
   __ -―'"     \,/:::::::::::〉r{マ::::ト、
 /-、         /:\:::::://介ハ::{:::`::::..、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一方で、「いとしのレイラ」を作ったところで、クラプトンの気持ちは治まるわけがなく、
 むしろ募る一方だった。

 そういうこともあってか、また自身の活動の伸び悩みもあってか、
 彼は1970年代の半ばは薬物依存症状態となり、またその後アルコール依存症にもなってしまう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



194 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:15:28 ID:9ACFAN4A

              ,. -‐- 、
             /       ヽ
           {     ,、 ',
           ヽ ノ `フノ-‐ュ',
           〈゙y'´ ´ '´,≠-,
                i     ,r ´i ` ー‐‐‐- 、 _              なんで、あずにゃんは……
           /    ノ _ノ    ; _,-‐x'ニ=、 `丶.
       ,. -‐ァ′  /´ー=、_r‐‐='´ ゝ、   ヽ  ハ
       /  /  / .,'     '.      ヽ    :  ゙i-、
      ,iゝ'´  , '   /     ;       `ヽ.  ム、.ム ヽ
      〃 / /   /     }           ,ハ爪⌒:´    ',
      ! , '´{    / o     ノヽ_   o  ノ ハ   ヽ  ノヽ ',
     Y´    ,/ ゙ゝ--‐= ´ ゙i!  `¬==.´  ,ノ \  v ⌒ヽ!
     ゝ-、___ノ.  ,ノ {,. -‐¬! ̄` ¬ヤ ∨   `ー/    / }
              ゝ. i  i      ;  ____.ム   i       ,'   , ' リ
              ゙} ├ '´ ̄ ; :´    i.ノ !      {,.  '   /
             i ハ,... ...ノ,.ヽ.__.. '´i   !   , '     /
              {  {    ¨     リ、  |_  /     /
            ゝ. ヘ       /:,.-‐‐' `¨   /
              人.\ヽ     ι/,.-     ィ
           /   `ヽ> 、.... -‐ ι',/> ,.、-- '
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんなクラプトンの気持ちにパティが気づいていたかどうかはわからない。
 ただ、ジョージの気持ちが自分から離れていることには気づいていた。

 そんな寂しさからか、パティはいつの間にか、別の男性と逢瀬を重ねることになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



195 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:15:50 ID:9ACFAN4A

                        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                      / /" `ヽ ヽ  \
                     //, '/     ヽハ  、 ヽ
                     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
                     レ!小l●    ● 从 |、i|
                     ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
                      |ヘ   ゝ._)   j  ,| ,|         ヤッホー、遊びにきたにょろ!
        ,r-,、            | l>,、 __, イァト |/ |
       く"~  `''7ニニー- 、   ,ィ'、´  ヾ:::|三/::// ヽ|
        ヽ  ,.:"〈:;jl゙''ー- 、 ` ´ _ .',_,__ヾヽ /:::/ ヒ:::彡|
         ,レ'_  l     ヾ ヽ;'´  ``ヽV/ ソ  ,ノ|
        /ー―-、`'",r     ヽ,  ̄ ヽ、__<父(_-t '´ヽ|
       /   ●/ ,へヽ、 ,.r-‐'二i;:'".レV、  /川ヽl|∧、,|
      , '    , ':/ ,....,.ゝ彡'''"~   `丶'"~:;ヾ:, 从 |イ 'リー、   ,.....、
     /   , '/, -',.シ' "              ::;i! ;!  !∨/ヽ、i^ー'"  ソ
     ,'  ⌒ ニ'rク"ヽ            _,,;j! ;;( ノ .i!ヽ、ノ  `y"
    i ,、 '""  _)"   ヾ      _,,..-‐'''"__,,, `,,.-‐-、;!      |
    `丶、メ~ ,.ノ     ノ、 _,.. -‐''" ,,..-r :f"   | |            |
       `''"       i"i`!ーr l''"~  ! :; i  ,:', ミ、            |
               l,_iノ ト-ヽ   L_丿 ヾゝソ             |
                `! └‐‐'      ,r一''''T'''"~~       |
                |    |     /     |    |       |
                |   |       |     |    |     |
                |   |       |     |    ||     |
                |   |       |     |    | !    |
                |   |       |     |    | |    |
                |   |       |     |    ||    |
                |   |       |     `ー―' |    |
                     `ー-┤      |          `ー‐''"
                         !、..,,__,,ノ

                 【ちゅるやさん(ロン・ウッド)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんなある日のこと。
 ロン・ウッドがフライヤー・パークに遊びに来た。

 ロン・ウッド、またはロニー・ウッド。
 後に、ローリングストーンズのギターを担当するのだが、
 当時、ロッド・スチュワートらとともに「フェイセズ」で活動していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



196 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:16:13 ID:9ACFAN4A
                   __
               ´::::::::::::::::::::::`丶
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           .:::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::\:::::ヽ         , -、
          /::::::::/::::::::::::/:::::::::::}: l:::::::::::::::iハ.      /´∨ ,ノ´゙)
           ::::::::::i:::::|:::::::{:::::::::::∧:|\:::::|:::::::::}\.   / ,/  / /`)
         |::i:::::i:|:::∧::::j|::::::::/´ |_` ::::j::::∨j:::::ヽ / ,/  / / /
         Vi:::::i:|:::| |::ハ::::/ ィんiハ∨::::::|∧::::::∨ /  / /  ′
         ∧:::从::lイんiハ∨   弋:ソ '|:::(⌒\:::::/ ⌒ `ヽ( !
         |:::::::::ハ小弋:ソ     、、│:::\  ∨        {
         |::::::Vヘ∧ 、、  ′     |:::::::|:ハ    ー--、   ,′       ちゅるやさん、一緒に曲作りませんか?
         |:::::::ハ::::::::i:、   マ::ノ   イ|:::::::|_,∧   `ヽ    /
         |:::::::| l::::::::i个ト,、   . イ\|:::::/i/ 人       /         せっかくだし。
         |:::::::|八::::::i:|ノ^八 `´/  |イi:i|.:{::.{{`ー  _...イ}
         |:::::::| __\/「::{. `)く.    リ::|:i:i|::.::Vい、__///
         |::::/.::.::.::.:/.::.:| /大\  /.::.|:i:i|::.::.::.:.\__/o:〉
         ∨.::.::.::.::.:〈.::.::.:∨/}|小 V.::./|:i:i|ヽ::.::.::.::.::.::.::.::/
          |.::.:{:.::.::.::.:>::〈〈_八jハ〉〉::.`|:i:i|::.::\.::.:_/|
          |::.::.∨::.::/:.::.::.::∨| l |∨:.:: /|:i:i|.::.::.: 厂|:::::::: |

                                                      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                                      / /" `ヽ ヽ  \
                                                  //, '/     ヽハ  、 ヽ
                                                  〃 {_{       リ| l.│ i|
                                                  レ!小l\   `ヽ 从 |、i|
                            うん、いい話にょろ。           ヽ|l >   ●  | .|ノ│
                                                    |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | ,|
                                                    | /⌒l __, イァト |/ |
                                                    | /  /::|三/:://  ヽ |
                                                    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ロン・ウッドはしばらくの間、フライヤー・パークに逗留したようである。

 その間に、「Far East Man」という曲を2人で作曲している。
 (ジョージ版)……ttp://www.youtube.com/watch?v=ffADzGM3ApI&feature=related
 (ロン・ウッド版)……ttp://www.youtube.com/watch?v=jsdYGdg-ayw&feature=related
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



197 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:16:32 ID:9ACFAN4A

          _ -‐   ̄ ̄ ¨ ‐- 、
         /         . : : : \
         /          ノ L: : : : '.
       ,:′     、     ⌒^: : : : : :.
.      /_ -‐'′    `ー-  _   . : : : : .;
     /   ,        ニ=‐- _    . : : : i
    { _彡'     \ ̄⌒     . : : : |
   xxX/        \XXxx  ι: : : :|
     /    {      ‘,    .:. : : :|
    八__,/ \_   _ノ     . : : : : :|
    |  |: : : : : : : :  ̄丁      ; . : : : :|
    | |: : : : : : : : : |     U: : : : : :|
    |   ! : : : : : : : : : :|      . : : : : : : ;
    |   |: : : : : : : : : : |      . : : : : : : ,′
      ,   |: : : : : : : : : ノ    . : : : : : : :/
      }   ー‐…一彡′   . : : : : : : : ,:′
     、    ̄        . : : : : : 〈
      }          . : : : : : : : :{
       ̄¨ ・…r‐- . . : : : : : : : : : : : :.、     _  -―- 、
             |i : : : : : : : : : : : : : : : : : :> ´       \
  /⌒ ー-  __,ハ: : : : : : : : :_ : :-‐: : ´                .:‘,
 /         /: : : : : _ :-‐     . : : : : 、          : :'.
. ′      `⌒ー ´        : : : : : : }/           : : :.
.{ /                  . . : : : : : : /           . : : : }
八                . : : : : : : : : : ,:′       . : : : :,′
  }                . : : : : : : : : : /        . : : : .:/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、その間に、パティとロン・ウッドは密会し、
 まあ、そういうことをやったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



198 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:16:47 ID:9ACFAN4A

               /  ハ:::::::\
                 /ャー'^ ゝ-―`::ー-...._
           ..:‐v'{ノン'´::::::::::::::::::::::::::::::::`丶ー-... _
         /:::::::::';:V::/:::::::/:::::::/:::::::::::::::::::\:::::::`::ッァ
         /::::::::::::::::}//::::::::::〃:::ィ':::::::!:::::::|:::ヽ:::::::ヾァ" /
     /:::::::::::::::::/:::::::::::::::/ {/`|::::i::::::::}:;|::::::|::::::::::ミゞ/
    /::::::::::::::; イ::::{:::i:::::::::l/ーァミ Vリ::::::〃|::::::l::::::::i::レ′
   .::::::::::::::::/  {::::ハ::l:::::::::|、ノー'′ j://__j::::/::::}::::!ノ
  /:::::::::::::::/     V/ハl:::::::::トッZン     /ア::/:::::/::八
 .:::::::::::/::/    _ゝ‐vー;:::::、 ̄`     んン/:::/レ'::::::\
/::::::::::/|:::;    /´ l l }::::トヾ゙゙   _ ′ //::::::ト、:::::::::::\       それが人の彼氏のやることか????
.::::::::/ l:::|   {′、 |、_トr''´)\  '´ノ  ゙゙.' :::::: i::::| i:、::::::::::::
::::::::  l:::|   j\_}-'/ `ンV、 `ァ--‐ '´|::/::::/l::::| |::iヽ::::::::
:::::::{  l:::l   /ヘ、 } _ノハ  `7厂ハT}ミlイ__//l::::| |::|  ;:::::
::::::::、  |:::l / l `  ∧=ハ /示`Vノ{-‐_´`iノ:ノ ,:/  ;::::
::::::::::ヽ ヽ::V  l    ,′V} V\|  }}ー{二  ト\//    ::::
ヽ:::::::::::\/   l    l  ヾ   `ミ// {、 __  |  `\   i::::
  \:::/    l    |    ヽ    ∨   ∨   |    ヽ |::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この顛末が、ジョージはおろか、マスコミに伝わり、一気に広まってしまった。

 当然ながらジョージは激怒し、パティをフライヤー・パークから追い出してしまう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



199 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:17:02 ID:9ACFAN4A

     _,,..
    /    ` ヽ
  /         ',
  |__ r=_ニニ`ヽ  l
  ヾ|.   ┴'    .l
    |                       追い出されちまっただろ……
    (人__)    / ヽ
    ヽ⌒´   ./   ヽ           まあ、それだけのことをされるだけのことはしちゃったけど。
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 パティは、いろいろなところを点々としながら……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



200 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:17:16 ID:9ACFAN4A

          ,. : : : : : : : : : : : : ` : 、_
.      / : :/: : !: : ハ: :、 : : : : : ヽ: :ニ=-
.     / : : :/: : /l: :/  ',: ト、 : : : : : ヽ、:ヽ
     / : : : : :l: : ,'_.!:/   ', |.__',: : ', : : : ',ヽ{
    ,':/ : : : : !: / ll.    l:|   ', : |: : : :ハノヽ
    i ! : : / /!/__ !!    !:!__  ',: l: : : : :! :r ゝ
    | !: : :| j .,rェェ、 !     j/,ェェx、',:! : : | :!V
.   八l : : レy''だ:ハ     ム:ハ,ヽl : :/: l! |
    ヘ: : l ヘ弋_ク      .弋_ク.j' l :/: :リ| l
     |ヽ{   ̄   '     ̄  .l;イ |/Vリ              やらない夫さん!
.       ゝ、lト """       """ '}' /
       ヘ      , ‐、     ハイ                 その、うちに、来ませんか?
          ヽ    ‘--’   ,イ
.          >.、     ,.ィ'
         ___,r'| ` - ´.|、_
   ____, /: :リ \  ./ !:ヽ、____
.. , ´: : : : : : /: : :l   〉-〈   } : ヽ: : : : : : :` 、
. { : : : : : : :/: : : :ヘ /{ 介 }.、 j: : : :',: : : : : : : : l
. l : : :ヽ : く : : : : :/ /.リ,イ ハ ヽ/: : : : 〉: : , : : : : !
/|: : : : ',: : : ` x: :l レ/ |、l .} y : : / : /: : : : : j
{ ! : : : : ',: : : :/ : ヘ__/| |ヘV/: : : :ヽ: : : : : : : : ;{
.}: : : : : : ヽ: 〈: : : : : | | | !': : : :://: : : : : : :/:l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 最終的に、エリック・クラプトンのところに落ち着くことになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



201 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:17:43 ID:9ACFAN4A

                                                          -――――-        ♪
                                                      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   /
                                                     .:::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ
                                                    /:::::::::::::::;':::/:::::::::::::::::j::::::::::::::::::::.
                                                    ,':::::::: /:::/|:::::::::::::::::::::::|\::::|::::::::::i
                                                   /|:::::::i::|::⌒|:::{::::::::i:::::::/|⌒i:::|:::::i::::|\
               どうしたの、憂。                         /::::::|:::::::i::Ⅳ |:八::::::i:::::/ j/ V|:::::i::::|::::::\
                                                   / :::::::|:::::::N,ィうテミハ :::!::/ィうiテト│::::::/\:::::::ヽ
               突然、押しかけてきて。                    /:::::::::/ハ:::::i:::.、V::.ソ ヽレ' V::..ソ :::/V  ヽ::::::::::.
                                         .      /:::::::::/  レ:V^7ゝ    ,       /:イ ::|    '::::::::::,
                                              /:::::::::/   {;:::{ { い、   、 ,   ∩/h::iト 、  i:::::::::,
                                               ::::::::::;′/∨トヽ丶.\     _ ノノ // リ  \ |:::::::::i
                                              i::::::::::| {   l::\    ` 、‐‐/   /:::/     }│:::::::|
                                              |::::::::::| |   ∨|/丶、  }_{   /∨|/    │|:::::::::|
                                              |::::::::::| |     ∨ ̄\ |八 / ̄│ /    |│:::::::|
                                              |::::::::││     /    o\「o     ∨     |│:::::::|


      //: く/: : : : : : : : : : : : : : : : :\
   -=彡イ : /: :/: : : : : : : :/ : : : l : : : :\
.     /: /: /: : /: : : : : : : :/ : : /l: : }: :l : : : : .
    ノ: : !: /: : /: : : : :/ / : : / /!: ハ: :!: : : : : .,
  ´ ̄ /} {\/ : : : : /´: : :/一/ .!/ } |: : : : : : ',
     l ノ:{ヽi: |: : : :/: : /__  /  |' ヽ:ハ: : : : : : }
     /' l:V:|/|: : : {,ヤ7~示   /  l|ヽ! : /: : }:|
       l// `', : : |{ Vr ツ     ァミノ |: /: : / l
.      ノ \'-\ |   ̄     んrリ} l/ / Λ:|
            `マi          ,   `ゝ' '/ : : / リ            やらない夫さんのことなんだけど……
.           ム_           /ノ/!: /
        _// ノ、   ´ `    / ´ .|/
. v――vー/ / ̄コΛ\    __  イ
/     } / / / /l} ヽ ヾ~不
.     }     〈.  i  } V}} l\
      ,      {    } Λ.j  ゝ---、
.     {     }    | i/!/       }
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 それからしばらくした、ある日のこと。

 クラプトンは、フライヤー・パークを訪問した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



202 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:18:01 ID:9ACFAN4A

      / : : ://: : : /: : : : : : : : : : : : : : `: 、
     /: : : //: : : /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : \
    /: : : : く / : : : : /: :/: : : : : : /: : : : : !: : : : : : : : \
  /: /: : :〃: : : l : / : : : : : / : : /: : :/ : : ハ |: : : : : : : : :\
 ―- ァ: :/:/!|: : :V: : : : : : / : : /: : :/|: : /||: : : :| : : : : : : \
    !: : l:.{ |: | !: :/:/ : : : : /: :/| : :ム|: :/ l: !'、: : |: : : : : : : :|⌒
    !: : | L!: : ヽ:! l : : : : : : :斗 1:/   !:/ |!ヽ!: :|l : : : : : |: |
    !: /| : ':ヽ : :|/| : : : : ! /  _.|'-、  !'   リ  |: :ト|: : : : :|:|
    V !: :ハ: :\!|: : : :.|/,x芹芸ヾ      _-∨|: : : : :!: |
.      j /ヽ}: |: :/|: |: : :小,イノ:::゜}      ,芸芯 | : : : : ハ |
     /   |: !:/Λ !、: : | 之Zソ       {.ノ:::ハ}/|: : / / |!
        V ヾ { ( \!    、、、     、ゞソ ハ:|/|/
             \_                 `` ハ/  /        正直なところ、もう、感情止められないんだ……
              !ヽ       , 、    ′           そのことについて、梓ちゃんに聞きたいの。
              _|  \             イ
           r-く >、   .         ゛
           /::::::::\   >、  ¨7 "´
.           rく、:::::::::::::::\   \/
        /::::::::::\::::::::::::::\   〉、
      /:::::::::::::::::::::::\::::::::::::::\/ア} 、
     .::::::::::::―:::::::::、::::::::ヽ::::::::::::::ヽ{ ! ヾ:.、
    /:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::ヽ:::::::::::::::ヽ|l、 l ';::::、
.   i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::ー::ァ:::::::',{ }| ヽ:::l
.  〔::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::/:::::::::::', |ヘ }::::}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 少し歓談したあと、クラプトンはこう切り出した。

 「もう止められない感情が生まれているんだ。そのことについて、君がどう思うか、知りたい。」

 これは、
 「パティとの件に関して、君の決定に従う。答えてくれ」
 と言っているのに等しかった。

 彼は、3人の運命を、ジョージに委ねたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



203 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:18:15 ID:9ACFAN4A

     /::::::::::::/::::::::::::::::}::::::::::ヽ::::\::::::::::ヽ_
.    /::::::/::::::/:::::::::::::::::::l、:::::::::::ハ:::::::ヽ::::::::::lへ
   /:::::/:::::::/.!::::::::::::::::/j∧:::::::::::l:::::::::::l:::::::::|:::::ヽ
    |::::/:::::::/__l::::/:::::::/l:/⌒\::::::!::::::::::l:::::::::|:::::::::丶
    }:::':::::::/´ !/j::::::/ /     V::|:::::::::::!::::::::|\:::::::::\
   |::l::::::::l  _ l/   ,ィfう「゚圷}:::::::::::}Y:::リ   \:::::::::\
   |::l::::::::l ィfヤ心     弋ぅツ l:::/:::::l }::/    \::::::::\
   }∧:::::::ヘ 乂ぅツ      ´,,,, /:/:::::://        \::::::::\      やらない夫さんのこと、わかったわ。
   i! }从:::::'. ,,,,, 、      l:/:::::/´          ヽ:::::::::ヽ
     ヽ::V:::ヘ    、‐ ァ    j:::::/、_           ',:::::::゙,     憂に譲る。
      八:.:.:人    `    ィ}:/≦丶            l:::::::::::l
      /丶:.:\:.:.:> ≦匕..-──--ヘ           l:::::::::::l
     /::::::/>、j` ,斗≦--、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\         }:::::::::::!
   /::::::/    __/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:\       |:::::::::/
  /::::::/     li´/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l      ノ:::::::,′
/:::::/     _フ´:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{    /:::::/
:::::/   /'´ ̄_フカ:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:V:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.|   /:::::/
/      (( /i:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:./::.:.|./:::::/
.          /:.:l:.:.:八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.i:.:.:.:.:.:.:'i:.:.:.:|:::::/
        /:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:}:.:.:.:.:.:.リ:.:.:.:|<
        /:.:.:.:ヽ:.:.:.:.∧:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
        /:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:./:./:.:.:|
        /:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:..:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.:|
.      }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ジョージは紳士的に、こう答えたという。

 「分かった。君のものだ」と。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



204 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:18:32 ID:9ACFAN4A
             ___
             /     `ヽ
          /         ',
          | /         l
          ヽty        |
            ',        |
              (__)       ヽ、                                  ___
            l    /    ヽ                              .....::´:::::::::::::::::`⌒丶、
            _y`ーイ      ヽ ',                           /:::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::ヽ
   ,-‐‐‐-、__,,-''" ヽ- / _   ‐.、 ',                     .     /::::::::::::/:::::::/:::/:::::::::::::::ヽ:::ハ
   tUUUU} {     ./    `ヽ  .l |                         {/::::::::|::::::::::::,'|:::∧::::::::}:::|::::::::.
   l     l).rヽ-‐‐|./      l  || |                        /::ヽ:: ー=| ::::::i:/ |/⌒ヽ:::八j :j::: |
   ヽ、.| ヽ`y-‐''"´._{       / ‐''´.|.|                     .  /::::::::}::::::_| ::::::|テぅト、  ∨⌒V :::i|
     .|.|  〈r‐‐ ‐''" ヽ  _ /   ノ/                       ':::::::::リ::Y´ | ::::爪)ソ    rぅト、}:::::リ
     ヽ   /__    / l      | |                      . / ::::::: ∧人_..|:::::i:| 、、    Vソ /::j/
      \    ノ  /  ヽ、    | |                      / :::::::::;'  \::::| ::::i:|        、、':::/
       ` ̄ ̄ ̄.{ー'         | |                      :::::::::::/     ヾ| :::::i|   `  ノ∨
             {ー'       /                       ::::::::/     ,人 ::八> -r::::´::|::ノ
             トー'      ,,-''´\                      ::::::;'    ∠二Vニ\> | :::::: |/
               r''"` ̄ ̄ ̄´::::::::::::::::',                     ::::::i     「        `⌒^ヽ:::|
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                     ::::::|   /            ∨
                                             ::::::|  ./           │
                                             ::::::|  ′           j
                                             ::::::|   |   \ |      ノ
                                             ::::::|   |     ∨    _彡ヘ
                                             ::::::|  |     {        、_ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結局、ジョージとパティは1974年に別居し、1977年に正式に離婚。
 結婚してから8年での破局であった。

 パティはクラプトンと一緒に暮らすようになり、
 ジョージはフライヤー・パークに残ることになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



205 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:19:06 ID:9ACFAN4A

                     l⌒\  __
                     !   〈     \
                    /   /  __,.ノ` ⌒
                  /⌒ト、/  (> )(●)
                  r-='´     ヽ    (___人__)         最近、元気でやってるだろ。
              |    _∠ ノ |    ` ⌒´ノ
              } ⌒´     `V       |>ー- 、
              〉       -‐く       |:::::::::::::::::::ヽ、
              ヽ   ̄      /`ヽ.,___ ,__ノ7::::::::::::::::::::::|
              ハ      /|/:ヾー--ー" ゞ:::::::::::::::/::::ヽ
                7 |     ̄ , /ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::i
           /::::l| 、    /ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::∧
           l:::::lト-ゝ==- '´丁::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::∧/⌒ヽ


                                                       -――――-        ♪
                                                   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   /
                                                  .:::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ
                                                 /:::::::::::::::;':::/:::::::::::::::::j::::::::::::::::::::.
                                                 ,':::::::: /:::/|:::::::::::::::::::::::|\::::|::::::::::i
                                                /|:::::::i::|::⌒|:::{::::::::i:::::::/|⌒i:::|:::::i::::|\
                                              /::::::|:::::::i::Ⅳ |:八::::::i:::::/ j/ V|:::::i::::|::::::\
                                                / :::::::|:::::::N,ィうテミハ :::!::/ィうiテト│::::::/\:::::::ヽ
                                             /:::::::::/ハ:::::i:::.、V::.ソ ヽレ' V::..ソ :::/V  ヽ::::::::::.
                  いいことですよ           .      /:::::::::/  レ:V^7ゝ    ,       /:イ ::|    '::::::::::,
                                           /:::::::::/   {;:::{ { い、   、 ,   ∩/h::iト 、  i:::::::::,
                                            ::::::::::;′/∨トヽ丶.\     _ ノノ // リ  \ |:::::::::i
                                           i::::::::::| {   l::\    ` 、‐‐/   /:::/     }│:::::::|
                                           |::::::::::| |   ∨|/丶、  }_{   /∨|/    │|:::::::::|
                                           |::::::::::| |     ∨ ̄\ |八 / ̄│ /    |│:::::::|
                                           |::::::::││     /    o\「o     ∨     |│:::::::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、友人としての関係は、この後も続いたという。

 そのくらいの距離感が2人にはちょうど良かったのだろう。

 事実、ジョージは、1979年に行われたクラプトンとパティの結婚式に出席している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



206 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:19:31 ID:9ACFAN4A

: :`ヽ__...: :-: : . ._
彡ア:´: : : : : : : : : :`:.ー-:.、
´:.: : : ; : : : : : : : : : i: : : : :.ヽ
: : : : ,': : : : : : : : : /{ : : : : : : :ヽ、_
: : : /: : : : : : :.;イ./ V: :i、: : : : :`:r`ヽ
: : / : : : : : :./-!:;'   V.:l-V : : : : l
: :,': : : : : :.:/  l:.!   ヽ} !: :i: :i :i
:._i: ;イ: : :./,x=. レ   ,ィt、.i: :|: :j/
/ !/」: : ィチ::ハ      ん:} V: :/
  } !:./弋_.ソ     弋ソ /イ/
ヽ、__j/       ,    i j'           ・ ・ ・ ・ ・ ・
  ヾト 、           ノ
 ,.-ァ'  > .、   '   イ
./ ヽ、    / ー ´
′  ` --:{、
        ヽ
         ヘ、
       , -‐_ニ>、
      // ,.-‐-、}、
 .     / /  /     i
    / /  /      !
\   /./  /         l
ヽ、ヽ/./  /       i
、_ `ー′./        l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、そのクラプトンとパティであるが、
 結婚直後は「お似合いのカップル」として大きく報じられた。

 しかし、クラプトンの薬物・アルコール依存が強く、そこから脱却できないことにパティは苛立ちを感じてしまう。
 そんな感じで、結婚当初から仮面夫婦のようだったと伝えられている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



207 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:19:50 ID:9ACFAN4A

 /: : : : /: : : : : : : : : : l:.:.:.:.:.:ヽ
/: : ///: : :': : : : : ,: : : : :|:ト,:.:.:.:.:.:.:ヽ
: : :ゝソ: /:i: : : : :/: : : ::イ:l:l ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  
: : :.:ミ: :|: :|: : : :/: : :.:/}:/: : l:.:.:.:.:.:.:.:.∧ 
: :.:.: :ミ:|: :|: : : /:.:./: //: : : }リ、:.:.:.:.:.:.:.ヽ 
: ::.:. : :.|: :,: : //-、: :/' : : : :レ;.;|:.:.:.:.:.:.:ト:ゝ
ヘ: :.: :,-、:ヽ:.{{´::::ハ: : : : : :"=〟!:.:.:.:.:.:リ.  
 }: :.〈{ .ヽ:N ヽいノ: : : : :.ルノl}}リ:.:.:./l'  
 レ}: :>、ヽゝ   ' '   ': :.`-":.:/:.:./    
  `' `‐ 、      ; : : : : : l'l:イ
       | 、    =: : : : : :ノ      
      |  ヘ   : : : ィ         
    /´ \ : : ー  '           
 -─ ^ヽ  : : : : `y{ l.、         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 クラプトンは、この息詰まる状況を、不倫することによって発散させていた。

 その結果、クラプトンはいろいろな場所に女を囲うようになり、
 さらには子供まで作ってしまったという。

 しかもこの状況をパティには黙っていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



208 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:20:05 ID:9ACFAN4A

               _, -、.―- ..∠: :‘ー―: - 、
           . ´ ̄:;:;{: : : : : : : : : : : :>: 、: : :__: :ヽ
         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ\\:`\
.         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/{: l;:, : : : : : : : : : : : 、: : ヽ:\\: ハ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/::::l: l;:;:, : : : : : : : : : : : ヾ: : :寸_,/',: ヘ  
.       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:::::::l: l\;:;:, : : : : : : :ヽ: : :', : : ',: : :ハ: :ヘ
.     ′/:;:;:;:;:;:;:;ハ:;{::::::::::l: l:::::ヽ;:;. \: : : :.|: : :.!: : :ハ: : : }゙ー’
      ’ /:;:;:;:;:;:;斗z七:::::::::ゞ:::::::::\; : }、: : :.! : : |/: : :} : : {
     ムイ:;:′:;:;:;:/::::::::::::::::::::::\::::斤≠x∨:∧: : !: / リ: : :,'
        |:;:|:;:;:;:;:;:|::,ィfてミ::::::::::::::::::::::::ん心∨:/: :/_/:./: : :/
        |:;:|:;:;:;:i:;:|::{ {:::::::|::::::::::::::::::::{ {::::::::! j/ : /^ヽ/: : :/
.        Vヘ:;:;:;V:::::乂::ノ:::::::::::   ::ゞ-'’ j: / Yノ: /{
        ヽ:;:ヘ::::::::.::...:::::::′       '"辷∧: {          やっぱり、私も……耐えられない。
           ゞ∧::::::::::::::::::.        /!-'’ ゞ
            ' ::::::::::::::::::―      /|
            ゝ:::::::::::::::::.     /  !
                 > 、:::_.   ´ .<ヽ
                  Y   .<    入_
                  /ヽ才       /  `
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このような不貞行為が続いた結果、クラプトンもまた1989年に離婚するに至ってしまう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



209 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:20:19 ID:9ACFAN4A

          / ̄ ̄ ̄ヽ
       /       ヽ
        |   _,ノ ヽ、_  |
        |  (●)(●) |    まあ、多分、これで俺の出番は最後だろ。
       |  (__人__)  |
         ヽ.        ノ
          .>      く
      /        ヽ カリカリ
    _/((┃))____i |
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄(,_,ノ \
 /  /_______ヽ..  \
  . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 クラプトンとの離婚後、パティはイギリス南部の小さな別荘で、
 時折執筆活動などをしながら、自由気ままに暮らしているという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



210 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:20:39 ID:9ACFAN4A


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●



211 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:20:53 ID:9ACFAN4A

         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚.
      /::::::::/::::::::l::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::Y⌒ヽ
       |::::::::':::::::::∧::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|
       |:::::/::::::::/ !::::::::::/ '⌒\:::::::::::::|::::::|:::::::::|
       |:::,'::::::::/⌒j八:::::′     ∨::::::: |::::::}:::::::::|
      V::::::::/  _,.  ∨   ィfた抃|:::::::::|::::/l:::::::::|
       |:::::::{ fた心     弋ぅシ|:::::::::|::/ |:::::::::|
       _斗‐ぅ::、 弋.ツ     、、、、 |:::::::::|/ |:::::::::|           人間は、生まれたときから死ぬときまで、一人なんです。
    /   ニ)::::ハ 、、、  ,       |:::::::::|  .|:::::::::|
    /   r‐':l::::::入             |:::::::::|  .|:::::::::|
    |   }:::::|::::::::fへ    `   ィ |:::::::/   |:::::::::|
    l___.|::::八:::::|   _>‐ <ノ`‐|::::/   .|:::::::::|
    f:..:..:..:..\:::|\l>'..:..:! >T<    j/:..`ー-、::::::::|
    |:..:..:..:..:..:.i::j/:..:..:../:.:.| ./∨\  /:..:.l:..:..:...:..:.\::|
    l:..:..:..:o:..:|/:..:..:. /:.:.:.∨/}{ヽ .l__j:..:..:.}:..:..:..:..:..:..:.丶
    |:..:..:..:..:..:.|:..:..:..:〈:..:..:..:} l .}{ i |:..:..:..:/:..:..:..:..:..:..::..:..:i
    |:..:..:..:o:..:.∨:..:..:.丶:..:.l i 凡 l |:..:..:./:..:..:..:..:l:.:..:..:..:.:|
   リ:..:..:..:..:..:..:.i:..:..:..:.:./:..:.∨八∨:..:..:.!:..:..:..:..:.l:..:..:..:.:..:|
  /:..:..:..:..:..:..:..:|:..:..:..:.〈:..:..:..l l:..:l l:..:..:./:..:..:.:...:.l:.:..:..:..:.:..|
  i.:..:..:..:..:..:..:..:.|:..:..:..:..:.\:..UVU:./:..:..:.:..:..:..l:.:..:..:..:.:..:|
  |:..:..:..:..:..:..:..:..|:..:..:..:..:..:..:.\∧/:..:..:.:..:..:..:..:.l:.:..:..:..:.:..:|
  ヽ:..:..:..:..:..:..:./:..:..:..:..:..:..:..:..:.O.:.:..:..:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:..:..:.|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一方のジョージは、この離婚によって、久々の独身生活に戻った。

 しかし、独身生活を満喫するとか、そういう状況にはなかった。
 彼にはやらねばいけないことがたくさんあり、またトラブルをいくつか抱えていたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



212 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:21:47 ID:9ACFAN4A

以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

次回は9月9日21時に投下いたします。お楽しみに。


213 :どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:22:59 ID:lqtr0Tj2

ドロドロだぁ…


214 :どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 21:24:43 ID:lqtr0Tj2


ジョージがクラプトンに譲るまでは上手く鞘に戻ったと安心してたのに…
ままならんね人生は


217 :どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/03(月) 09:57:41 ID:e53Pbn9Y

乙です
ない夫で時々笑ってしまうw だがこれはいい男女逆転配役。






Story12へ進む





Story10へ戻る




まとめ一覧へ




 
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。