合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

スポンサーサイト


タグ:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    前の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 小ネタ10 「終生悔やむ話……」』  
    次の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 埋めネタ3 「齋藤茂吉と『楡家の人びと』展」』  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 第48話 「宮脇家の結婚事情……」


タグ:
1 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:12:10 ID:y4mw3vfw0

               ___ , -‐――――< ̄`ヽ
                /   /´ ̄,`‐=  ヾ< -、 ヽ ヽ
            /     '-‐ /    / !  ヽ   ヾ、}
               |     .|   /     '         ヾ
               |     .| . /                ヽ
               |     ,| /  i  f   /       /      i
               |   / レ   .|  |   イ     /l ,l    ',
               |  ./ . |   . |―|=7、l   ,ィ .7`'|>'.l /   :|
               |  /  ! |、 .lr'⌒ヽ | / .l イ´`|' .| / 〉 !
               レ'    ∨ヾ|{    }´    レ'{ ノ |" ハノ
               |´   ,   lこつヽ- '      `´こつ|´
           ,' /    l |、     rァ      イ | ト、         このスレの真の主役は、ギャル実だよん♪
             /zイ      | | `` r‐- r--‐<_   | | .\_
       __/     /_〉 ヽrヽ´  `^い  _>ァ'"}   /
    <          / !、 ̄``ヽ〉,___〉,l、 |  _イ ̄ ̄
      \     , <`ヽ rヘ__|´: : : : : : : }、`コイ〉、ヽ__ィ
        \_/   > } ゝ_二フ: : : : : : : イ:∧|__,ヘ、} ̄ ̄
               / / (,' / : 7廴: : : : :_:_:〉: :∧   リ
               / /   〉、_ / l  ̄ ̄   lヾ: : >
         -‐"‐"´    ヽ-'  /    |   l ゛''′....  ┏┓                                  ┏┓
                       /^ヽ‐、__,,z‐ぅ,       ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
                   /: : : : : : : /,z": :|       ┏╋───────────────────────╋┓
                      ヾ、_: : r"_,イ´.       ┃|                                  |┃
                   /: : :/ ̄`} : : |        ┃| 現 代 文 学 の ち ょ っ と し た 裏 話.( 第 5 巻.)   |┃
                   /: : :/    |: : :|        ┃|                                  |┃
                   /: : :/    |: : :|        ┗╋───────────────────────╋┛
                  ヾ_/      ヾ_ノ.          ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
                                    ┗┛                                       ┗┛


    前の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 小ネタ10 「終生悔やむ話……」』  
    次の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 埋めネタ3 「齋藤茂吉と『楡家の人びと』展」』  

2 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:12:37 ID:y4mw3vfw0
                                                   ,r'ニ:二ュ、
                                                   (      》
                                           -‐=:=:=-.、__,..-‐:─::─'':─-..、_
                                              `> : : ...::.:.:.:i.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.、:.:.:`ヽ、
                                             /::,ィ: : : :/:/::;|:.:.:.:.i:|:.:ヽ、:.:.\:::.:.:.ヘ
                                            /:;//:.:;.::/:/:::/|:.i:.:.:|:|:.:.:.:.ヘ: : : \::.:.ハ
                                           '"´ /:.:.:j:.:j:.l::;/ |:|:.:::i:|`ヽ、:.ハ::.:.:.:、:\::}
   まあ、どこかの若作りアラサーの言うことはほっといて……       j:.::/'|:.:|:.|:|⌒ |:|:.:.::リ ⌒ヽ:.:l::.:.:l:..:|:`::ゝ
                                             |:;/ .|:.:|::.リ___!'∨::|____∨:.:.:.ト、|:::/
   このスレの過去スレと、まとめサイトです。                 '´  |:;∧::}≡≡ ヽ|≡≡ |:`ヽ|:::.:〈、
   毎度まとめていただき、ありがとうございます♪               ,ノ|'::::::::j        ’|:.:.::|)ヽ:::`ヽ、
                               .                ,r'⌒ ー:-‐:`-、_ー'ー' _ j:.:.:.| ,イ´`ヽ::〉
                                             {       { {{ {'´`ュ|| ;}´ ̄ ̄ ̄⌒~`}
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 【前スレ】
  現代文学のちょっとした裏話・第4巻
  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1324812688/

 【過去スレ】
 現代文学のちょっとした裏話・第3巻
  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1319973753/
 現代文学のちょっとした裏話・第2巻
  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313333383/
 現代文学のちょっとした裏話(リメイク版)
  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1307188912/

 【まとめサイト】
 「ぶらりとやる夫」様
  ttp://buraritoyaruo.blog79.fc2.com/blog-entry-386.html
 「やる夫短編集阿修羅編」様
  ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-category-72.html
──────────────────────────────────────────────────



3 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:15:15 ID:y4mw3vfw0

こちらでもよろしくお願いします。

……そんなわけで、
現代文学のちょっとした裏話。



4 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:15:36 ID:y4mw3vfw0

<宮脇家の結婚事情……>

            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)
          .|    (___人__)
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',

            【北杜夫】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 北杜夫の小説「奇病連盟」の一番最後、
 主人公山高武平の結婚式のシーンにおいて、仲人である出版社社長のこんな台詞がある。

 「そうだ。普通の社会とちがい、出版界では再版ということはめでたいことだ。
  それに再版の本のほうが、誤植が直っていたりして、かえっていいものだ。……」

 武平が37歳にして初婚なのに対し、相手の女性である山根潤子が再婚だったことから、
 そういうことを受けて飛び出した台詞である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



5 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:16:16 ID:y4mw3vfw0
                                         _____
                                    r'ff77"/////〃〃∠=:、      フ ア ツ ク
                               .     レ'''‐-!!!-‐::''"::::゙::ヾ:三三l     lニ    l
                               .    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:三三!    ! U C K
                                   |;:、:ニニニニニ:::::_;;::、:::::::l三三l          ユ ー
                               .    l´\゙ll::!:::lLニ-‐'' ̄::::::|三三ト、       ヽ/
                                   }==。ァ ::,, ==。== ::::::r;=、ミ|. \      l  O U
                               .    l.`ニ! ::::: `ニ二´  :::::rニ||:ミ!  ヽ、._
                                _,... -‐1 ! :::::_┐ヽ._    ::::::-リ ミ|   l
                                    l/゙= ---─っヽ  ::::下ミ:ミミ|   | 再版にするぞ………
                                    l ` ̄ ̄´  | .::::::|:: ヾ:ミ|   |
                                     ト、 ゙゙゙゙ ........_;;:::-‐':::   >|   |  ゴミめら……!
                                 , --、 |  ` Tヾ ̄::::::::   / |.    |
                                 l;';';';';';}|.    | \    ./   |     |
                               .  〉-y'´|   _|   \ /    |_    :|
                                /7./ .>'' ´ |   / \     | `''‐<






    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)                    「再版」かあ……
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃                  なるほど、上手いこと言う。
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、この、バツイチ女性を「再版」などと称したスピーチだが、
 実際に北が出席したさる出版社のある編集者の結婚式で、
 その会社の社長が言ったものだといわれている。

 今でこそ、女性蔑視だのなんだの言われそうであるが、
 当時はまだおおらかな時代だったのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



6 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:16:52 ID:y4mw3vfw0
                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                    | :::::::::::(⌒).(⌒ )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ
                     | :::::::::::(__人___)     .|:::::::,. -ーy:::::::::::::::::::: /        えっ、誰の結婚式かって?
                      | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                 | :::::::/::::: |        |   /):::::::::::::::::::::: /         そりゃもちろん……
                  | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                 i ::::::::::::::::. ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r/:::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r





























































       ___
      /     \
    /        \
    /::::::           ヽ
    |:::::          i         どう考えてもやる夫だお……
    ヽ:::        __/
    /::::        \
    |:::         _)
    |::::         i
    \___、_____  ノ _)

     【宮脇俊三】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 なお、この「編集者」とは、宮脇俊三のことだろうと言われている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



7 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:17:13 ID:y4mw3vfw0
       _____
     / ノ ' ヽ_\
   / .( ●) ( ●)\
  /  ::::::⌒(__人__)⌒ \
  |      |r┬-|    |
  \       `ー'´ __/
  /        (
  |     \/⌒) /⌒)
  |    \   /|,,.__ノ
  |    ( \/
  /   /⌒\
 |        \
 \___ノ\  l
  ノ  ノ   ) ノ ヒョコ ヒョコ
  レ´ ^    レ´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もちろん、宮脇は「奇病連盟」の武平のように、変な歩き方をしてるわけではない。
 就職する会社がことごとく倒産の憂き目に合ってるわけでもない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



8 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:17:37 ID:y4mw3vfw0

          /    /´ -‐…‐- .`\
        /     /´    i   !`ヽト、
.    ,ヘ  ,'   i    !  !  | |i  |ハ i ヽ
   /  ゝ!  ノ|  ! !::__!::ノ ´  ̄  i::.i |!
   \  .| .:i i :i i |´   ノ   ヽ  `!、ハ:!
      `ヽi  从 i i |           !:::::|
.       |  YハiハN ニニ`  ´ニニ '::::N        のう、息子よ。
.       |  ヽゝ u ´         `ハ!`
.       |∧   Ⅵ!        ′ ,':::|         朝餉にはご飯とおみおつけのほうが、
       j/∧  _!::} 、   ⊂' ..イ:::::|         身体のためにはいいんじゃぞ。
      ///∧´ ∨  `  ,.... ィ´゙Y:::::|
.     /////∧ ヽ    {ト、∧ |::::::!
     ,< ̄ ̄∧  } `ヽ  >''} { ̄`ヽ
.    /   `ヽ:::::::::Y´ヽ      i´`∨::::∧
   /      ∨:::::| .:: !       i .:.: !::::/ i



                                                         /  ̄ ̄ \
                                                        /ノ  ヽ__   \
                                                      /(―)  (― )   \
                                                      |.  (_人_)   u |
                                                           \   `⌒ ´     ,/
                                                       /         ヽ
                                                      ./ l   ,/  /   i
                                                      (_)   (__ ノ     l
                                                      /  /   ___ ,ノ
                                                      !、___!、_____つ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、武平の母親に関する描写は、宮脇の母親の像と重なる部分が多い。
 朝早起きなところとか、古風なところとか。

 そのまま書き写したのではないかと思うくらいである。

 北は宮脇家の隣に家を建てて引っ越してきた後、
 幾度か宮脇の母と話をしているので、それを思い起こしながら書いたのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



9 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:17:51 ID:y4mw3vfw0

     |    | ̄ ̄| ̄ ̄|三三|       ├┬─┬┬─┬┬─┬─┰─┤  |   |
     |    |    |    |三三|       | |,,,,,,,,,,| |,,,,,,,,,,| |,,,,,,,,,| /////ヽ,|  |   |
     |    |__|__|三三|     _|______________/|  |   |
     |_____________| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |||_|/∧
     ////////////////////////////|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|///// ヽ
   //////////////////////////////////////////////////////////////  |ヽ
    ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄  .|
     |               _____                   |  /| |
γ⌒ヽ  ∵∴ ̄ ̄|三三|.     |三||───||   | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|三三三| .|  |/ |
;;(;;;;;;;;;;;;)∴∵∴   |三三|.     |  || 「 「  ||   |      |      |三三三| .|.    |
二二二二二二二二二二二二二i.  ||o.     || i二二二二二二二二二二二二二二二二二  
二二二l二二二l二二二l■〒■| |  || 「 「  ||  |狂人注意 二二l二二二l二二二l二二二l二 
二二二l二二二l二二二l二二二|_|_||___||_|二回二l二二二l二二二l二二二l二二二l二  
二田二l二田二l二田二l二田二|.            |二田二l二田二l二田二l二田二l二二二l二  
二二二l二二二l二二二l二二二|.            |二田二l二田二l二田二l二田二l二二二l二  
                                                      
                                                    ., ' ^ ̄`丶.
                               どーでもいいけど、          .', ト从Vv .     お約束かしら!
                               お前も懲りないヤツだな……     .i(レ.゚ -゚リ
                                                    《ハ《|†|》)        , ⌒⌒ヽ   
                                                    .ヽィ_八_,ゝ     ,.ζリノヽ、卯)   
                                                     |__|__|     ⊂'⌒m,9、゚ ヮ゚ノミm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、北が宮脇家の隣に引っ越してきたとき、
 宮脇家は宮脇と彼の母の2人暮らしであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



10 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:18:05 ID:y4mw3vfw0

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |                「奇病連盟」の、た、武平とは違って、
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)          未婚独身魔法使いじゃなかったんだお……
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/           一応、結婚はしてたんだお。
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


11 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:18:23 ID:y4mw3vfw0


           _-─―─- 、._                  でも、お母様と2人暮らしですよね。奥様は当時、どこに?>
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)           ・ ・ ・ ・ ・ ・
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、宮脇は1966年の現夫人との結婚まで独身、というわけではなかったようだ。
 現夫人と結婚したときには、バツイチだったことを明らかにしている。

 もっとも、その件について、宮脇はあまり多くを語らなかったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



12 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:18:38 ID:y4mw3vfw0

                        / ̄ ̄\
                      /   _ノ  \
                      | u   ( ⌒)(⌒)   ____
                  .    |     (__人__)  /::\,三_ノ\         おい、こらスレ主!
   まあまあ宮脇さん。        |     ` ⌒´ノ/ル( ●)三(●)\  ,∩__  人の過去を暴露するなお!
   「憂行」だの、       .     |         /::::⌒ ⌒(__人__)⌒ \fつuu
   躁病のときの言動を、  .     ヽ        |::::::::::::::::  ` ⌒´  u  | |   |
   ネタにされた私よりは           ヽ        \::::::::::          ,/_ |   |
   マシだと思いますよ。           /  ̄\   /⌒ .ヽ         i    丿
                       |  ヽ、 \/   /(⌒)       ξ) ̄ ̄´
                          \ .  |   / /        |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのため、宮脇の初婚に関する記録は、
 「自筆年譜」と「私の途中下車人生」という書籍ぐらいでしか把握できない状況になっている。

 その少ない資料を紐解いていくと、なかなかおもしろい経緯が見えてくる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



13 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:18:59 ID:y4mw3vfw0


                                   ●


                                   ●


                                   ●


                                   ●


                                   ●


                                   ●



14 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:19:19 ID:y4mw3vfw0

     |   ヽ |:::::::: |  i  i:::::::  i  ____  |::::::i i    /..:::::ヽ \i i i i i i  |
   _,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,__,_,_,_,_,_,_,_/~\\\,\\______________; ...|
  /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/ニ日ニ\\/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;.//ヽ
  /;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/!|      |/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,// ヽ\
 /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/|      |,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;// 三 ヽ\
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| :|王||王i |ニi ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |三三三|
 ゞ;ミゞ |王|王| .  ||   |王|王| . |      |ニi  |王|王| .  ||   |王|王|.   |三ノヽミゞ;;;
 ソミゝ:ミゞ!LLLi   .||  .'LLLLLLi. .|      |ニi :.LLLLLLi  ||  LLLLLLi  |三;;;ミ;;ヽミゞ;;
 ;ノ:;:ヽミ;:;ミゞ;;;    ||        i=======i====i  .  .  . . ||  .    .    .|:ニノミヽミゞ;;;
 ソ;ノ:;ミ;;ゝミ;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ソミヽミゞ;;;ミゞゞ
 ソミゝミゞ;;;;    ..    .i^^ii           .i^^ii                      ;ノノii;;;ヽミゞ;::;;
 i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄|: |i         |: |i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 .~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i~i: |i'''''''''''''''''''''''''''''''''|: |'~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   '" '':'.'   .   .   ::  :     ''  "  '    .''    " : ' ."'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 以前、宮脇の終戦に関する作品を公開した折、
 宮脇の当時住んでいた家は、空襲の被害を受けず焼け残ったことを書いた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



15 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:19:49 ID:y4mw3vfw0
                             _,,,,,,,,,_
                          , '",':.:.:.:', `  、
                           , ':.:.:.:/:.:.:.:.:.:'、:.:.:.:.:` 、
                      /:.:.:.:.:, 'r'"~`ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:\
                      /:.:.:.:.:/:.:.:'"~ ヽ:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.',
                        |-ー':.:.:.:.:.:ヽ _ノ:.:.:.:.:.:.:.:`ー-:.:.:!
                        !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
                     l--ー― ''''''""""````'''''' ―ー-l
                 __,,,,  -―''''''"" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ''';;;;―- ,,,,__
             ,  ''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,, -ー=ニニ;, ""i!r=ニニ==''ー-、:.:.:.:.:.:.:.:.:.゛`  、
              (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ'i;;;| ;=ニ( )ヽノi  ミ{;<( )ニ=、   |;;;il/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ
               ``''' ―ー- ;;_:i`! /` - '", ';;; ⌒ ;;;`,;;`'''  ヾ l,'"`;―ー '''"´
                        l |      /i   ;;ハ `    ノ l.ソ .l
                     .| l.    ./`-=、_,=-ノ、   i   !/ .,'      ふざけるな!
                     !.' ,   i!    l !   ゙i!  l!  .,' /
                     `-ゝ   i! ;,'"⌒゛ヽ,; .i!   .,' ‐"       金持ちジャップの家など接収だ!
                       ',   i! (~i ̄ ̄i~! .|   ./
                ,,-―、   /:..l .l! |! ',t--ーt/ i! / ,'
                  /i  :::',  ,./:.:.:.', ',',  ` -ー' . ノ .,' /,,,__
                 ノ.i ',  :::! '゙:.:.:.:.:.:.ヽヽ   `''''''"   / ,' ',`-ヽ二二ニ'' ー-、
            __,,,.! .ヽゝ ,,,_:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` \.、    __ノ./  ',:.:.:.:\:.:.:.:.:.: ̄ ̄` 、
        _, '":.:.:/ ;;     ::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ニ二ニ- '"ヽ、 ',:.:.◎:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     ., '" ´ , '":.,!ヾ   ...:::::::::!ヽ,:.:◎:.:.:.:.:.:.:.:.\ /ヽ_,,,,_|::\',:.:.:.:.<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
     l:.:.:`',''":.:.:.:./ ` ー― '''''' ー--  、, ―- ,:.:.:.ヽ::::::l   \:::`',:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
     .',:.:.:.:.:.:ヽ/ヾ、           /:::`'、,'/;: ̄⌒ '、:|    ` 、,:.:.:.:.:.:.:.:.>=======.|
   .__,,j\:.:.:.:l゙             ::::::::::::!::::::::::::::::::::|゙ゝ     ',:.:.:.:.:.::/====:.!
   ,':.:.:ヽ:.:.`:.:.:.!::::...             :::::::::::',:::/:::  l'"l:.:ヽ     !:.:.:.:.:/:.|二二二二||
  .|:.:ヽ:.:.:.:\:.ノ::::     -rー-,,,,___  ::::::::::::!::|:::  ヽl:.:.:.ヽ     ,:.:.:.:./:.:.|三三三三|:',
   !:.:.、:.\:.:.:.l           ! () l:::::::"::``、:::::/"ヽ、  ,):.:.:.:.:.\   !:.:.:.,':.:.:.,:.*i*i**,,*、:.:.l
  !:\:.:.\,゛:.:',          !l{{}}!:::::   :::|:::/:.:.:.:.:.:.`,゙":.:.:`:.:、:.:.:.\ i:.:.:/:.:.:.:.:|:.父:.:○:.:!:.:.,
  !.  \:.:.ヽ:.:.!   ........  ,! () l::    ::/'"-ー ''":.:.:',:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:.:!:./:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところがこれが厄介な事情を生む。

 というのは、終戦後進駐してきたアメリカ軍やアメリカ政府関係者が、
 空襲で焼け残ったある程度の大きさの家を接収するという噂が立ったからである。

 当時の東京は空襲で焦土化し、住居として用いることができる建物が乏しい状況だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



16 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:20:08 ID:y4mw3vfw0


              ゝ「-  ̄ ̄}/ヾ ̄ ̄  - _   ` <三三三
                {r==三三三三≧=-   _ ̄ ¬ _ ` <ニ
            ∠三三三三三三三三三 ≧=- ,_`丶 _
           /三三三三三三三三三三三三三⊆}   ヽ
            ̄ ̄}:::L_:ヽ ̄:::::ー======z-¬'´}::::>=、
               l:人_,゚ィ:!::::::::::::::i,ー- 。-ノ   j:::/ ,r:ハ V
             r、,|   .:/     ヽ ー '     テ {ハ ,. /ミx
             , z '  :,   {:....._            └ ,.イ,._     どうせ接収されて持っていかれるくらいなら、
        /斗    ∧   ヾ:r:::           √´        今の内に現金化しておいたほうがいいだろうな……
       /  .仆  { {∧  ,...._         j´
.       7',  ム  .| L_<:.,   `¨ヽ    xチ´
    r≦.〈,ハ   }  \ \ ¬= _ ___广       ,. -=ニ
.   / (::::::\ `丶ゝ,z_  \ \{ { {「 | l≠      ,. -=ニ

                【宮脇長吉】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その噂を耳にした宮脇の父長吉は、接収されるくらいなら売ったほうがマシと、
 家を売り払い、現金化してしまう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



17 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:20:23 ID:y4mw3vfw0

三三三三三=/ r'てミ孑三\___,___、
三三三三/   ヽソ三二{ ̄       \
三三二/   /三三二三 ̄ ̄ミ`ヽ孑' へ
三三/   /三三ニ――ニ⌒ヽ  ソ / ̄ ̄ヾ
三/  /~三三彡: : : : ヾソ\ \/. ( ,,;ー―ヽ
_/三=='"ノ―‐、 /   ーヽ .}  {l   //
:::::;;二    'ヽ゜ ノ       /. |  {l  /  厶
ヾ;;;        ̄  ,,   /,,  |ヽ、|  {__/ ノ
┤''                   |:::::::ヽ    ノ      まあ知り合いから、熱海にある別荘を借りることができたし、
ヽ,   .         __,   |:::::::/ ヽ、         しばらくそっちでゆっくりと過ごそうか。
__ヽ      ー‐―'".     }  {   {__/
    \、  l ;;     ,; /:}  ヽ::; ;::
__弋=======___ー':::::/   \∥ ,,,,,,,,;"
    ======____::::/  ;";,,; ヽ ノ
  ヾヾ          ''''     /  弋::::::::::::::
\、        '',;",;     ;;;''';/.    | ヾ::::::::
  =========弋弋弋ヾヾヾ  /      |  ヽ:::::::::
                 /      ヽ   \::::
                 /        ヽ
               /   \    {l ミ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、知り合いが熱海に持っていた別荘を貸してくれたので、
 住むところには困らなかった。

 むしろ今はゆっくりしたいと考えた長吉は、熱海でしばらくのんびり過ごそうと考えていたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



18 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:20:41 ID:y4mw3vfw0

          __                                            /三三彡
         ノ〃∧\__r‐、                                       /彡//∧',
         「〃人三三三人_/ ̄{__r─、                              ///人∥/ハ
        /∧::::::: Y   X/', i!:::::::::::::::::: ヽ__    __,´ ̄`ヽ、                 /彳i:i:/' ,///ハ
       / 从::::::: Y:::::::}::::::::  i!:::::::::::::::::: ∧}  ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶__ィ´ ̄`ヽ、        |从从∧:::::::∨
      ∧ノノ', }   {:::::::| |:::::: l||::::::::::::::::::X.  ト‘´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,_/¨ヽ、__|i:i:i:Y;;;;;;| :::::::',
___    ∧:::::::ノ    ノ:::::::| |::::::: |l:::::::::::::∧  |  / ̄ ̄∨ ̄ ̄\     _       __|i:i:i:/;;;;;;;;| :::Y
: : : :\/::::/::::::: 从∧:::::::|  |:::::::: ',:::::::/、   | ノ.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;∧   /::: ::\   /.;.;|i:i:i:|;;;;;;;;;;;| ,'
: : : : / ::::/:::::::::::   Y 从:::  |:::::::  ',::/ 从  |/.;.;.;.;.;.;.;.;.;У.;.;.;.;.;.;.;.;.;`ー彳::::/:::::::::\丿.;.;.;.|i:i:i:|;;;;;;;;;;;| :|
: : : /;;;;;;;;;;;Y:::::::::::;;;;;  ノi::::::::::::::∧::::::::Y  /  K  |.;.;.;.;人.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;::::::::::::/  :::::::/.;.;.;.; |i:i:i:|;;;;;;;;;;;| i:i:
: : ∧;;;;;;;/',::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::: |  ハ::::::::::   |::::  !ii  |.;.;/ :::::::::::.;.;.;.;.;.人:::::::::::::::/   ::У    |i:i:i:|;;;;;;;;;;;| i:i:|
: : {::::::::ハ;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;:|∧ノ::;;;;;:: 人 )(::::::::  i! │ノ ::::::::::: .;.;.;.i!  ::::::::::::∧ :::::::::::::::   __{i:i:i:Уヽ;;;;|i:i:i:|
: :ノ;;;;;ハ::::ハ;;;;::::::::;;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;::::::ソ:::::: ;;〃:::::::::iiY |  :::::::::::   i!_r┬┬r_::::::::::::::::::::::::/i:i:i:i/;;;;;;;;;;;|i:i:i:|
ノ;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;幵幵幵__::;;;;;;;;;;;_人─────|____ノ────/i:从/;;;;;;;;;;;;;;;ノi:i:i:| ,'
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二TTTTT ̄ ̄工_____ノ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ーー  ̄ ̄ー._/从从;;;;;;;:;/i:i:i:i:/从,'
__   ___\二二二¨フ___  ーー_ ____  ー                     ̄二=≡=一二 ̄ ̄
  ̄ ̄                          ̄ ̄ ーー    ̄─__   ー二__   ___
     ‐‐   _二二一 ___   一ー    二二    __ーー ̄     ─____  ̄ ̄  ̄ ̄  __
 ー-               ー    __    --‐    二二_  ー─    ____       二 _
      __二  =__     __      ー一              i~
  ー一                             ̄ ̄   ーー-.   |    __    |    _
          ___     ---=二二一                 {\|__∧  ヽ__|
二二一    ̄ ̄ ̄            ___二 ̄ ̄      ー-__    人 ー──────彳フ  __
 ____────     ー    ̄ ̄ ̄ ̄──二___          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´__二-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 熱海の別荘は遠くに初島なども見え、また温泉などもすぐに入ることができ、
 東京と比べると別天地のようであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



19 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:20:58 ID:y4mw3vfw0


             ´        _____  ` 、
          /       / /       \ \
          /    /     〃  _ .. -― - .\丶
             /      厶  ´       i   ``  :.
          i      ,イ      i   ィ        |   !   ハ
   ト、   _」     /     |  ハ       N   ト   ヾ、
  !  ̄ j    / i     |  ,ハ  i    |イ  i |ハ   
   ` ー=彡   .′| i   厶イ   ーL -一 ー-ト ' }ハ   i
         i       | |   {     -一    _   ト、ト、 |
         |     /! イ   | ____ _     .: `  ' ` i丶
         l     i `トハ   i |'¨7抃ミト      .'__  /.:   |
         }     { 廴`ト ト、{  ゞ-゚'’     丐7У.:i   '
            jト、   `           `¨ 厶:. :|  i    熱海の駅まで歩いて40分、
        i    ′:.:.7`:.            、   ′`v ヽノ    配給とかもそっちに行かねばならぬから……
        |    i.:.:.:.:.:.:.  、      __    イ
        |    |.:.:.:.:.:.:}   \     `´  イ |          難儀じゃのう……
      ,     人:r…く     ` r- _.:1:  i  |
        }  / /.:.:.:ヽ   ヽ     ハ´ {.   |  |
        / /.:_.:./丶  {     トミx  ':.. |:. |
      / 厶才:::::`ヽ }  :.        }  ト、 }:. :
.     /;ヘ::::::::::::::::::::::ヾr- ゝ     ! i::::`:ー'┐
     У   丶::::::::::::::::::{  .:「`丶  , -'Y⌒ヽ:::::::::|丶
    /      \::::::::::::ヽ .:\      ヽ:. !::::::!  }
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 だが、いかんせん駅から遠く、結構難儀したようである。
 熱海駅から歩いていくことしかできず、しかも40分ぐらい歩く山の方であった。

 配給を受け取るためにたびたび街へ下りなければいけなかった宮脇の母は大変だったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



20 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:21:15 ID:y4mw3vfw0

          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \
     |       (__人__)    |      ちょっくら東京行ってくるお。
      \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんな中でも宮脇は週に一度くらいのペースで東京に行っていたようだ。

 表向きは大学に通うという理由である。
 宮脇は当時、東京大学理学部地質学科に在籍していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



21 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:21:30 ID:y4mw3vfw0

                 / ̄ ̄ ̄\
               / ─    ─ \
             /  (●)  (●) ヽ
              |    (__人__)   |          地質学科なんて、つまんねーお。
              \   ` ⌒´  __,/
               /            \  ビリッ
             | ̄ ̄そ    Σ ̄ ̄|
          _(,,)    ヾ    て  (,,)_
          /  |    ヤ    〆   .|  \
        /    |___λ  メ____」   \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、終戦の混乱で新潟県村上、そして熱海と住む場所を転々としていた宮脇にとって、
 大学は行きにくい場所になっていた。

 また元々地理が好きで地質学科に入ったのだが、自分の考えていたことと学ぶことが異なっていたので、
 やる気が失われていたというのもあった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



22 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:21:45 ID:y4mw3vfw0

           ,;:=ミΞツ;;,.、
         _,.r"ミツ!l|lli!ll彡ヽ
        ,;「ミf"=≡=≠''ヾシ、
        iミ/    .    ';彡}
        {ミ{' `ー-、',,' ,,.-‐" }彡}
        ト"! z.t;f  k t;ァ }彡!             ここの定めに従って、俺もテストをやる。
        ',ヒ'|   ' .:;ヾ、 , ,|l!リ
         レl!|  , :'   ' ;"ソ              名前が書いてあれば丙、
          ゙;!  , - -、  人              名前の他に何か書いてあれば乙
        ,,.r<ト、、,,;;;,、.ノ  シ7-、            俺の言ったことが少しでも書いてあれば甲だ。
      /.;.;〃;.! :: - " ,' /.;.;/~\、
     /.;.;ノ;';';./ ', :  ;' ,.ノ.;.;./    |`゙"''ー-、、_
 ,..-<___,.;.;.;.;/  〉  : ,r'.;.;.;.;/  <´       ̄フヽ、
/      |!.;.;.;.;ト、   <.;.;.;/    `7      /~  ヘ

           【辰野隆】


                                               ____
                                             /      \
                                            /─    ─  \
                                          / (●)  (●)   \
        (……なるほど、フランス文学は奥深いお)           |    (__人__)      |
                                          \   ⊂ ヽ∩     <
                                            |  |  '、_ \ /  )
                                            |  |__\  “  /
                                            \ ___\_/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんなわけで、大学に行ったところで、宮脇は地質学科の講義を聴くわけではなかった。

 その代わりに、彼は文学部の講義にもぐりこんでいたようである。
 和辻哲郎の哲学の講義や、辰野隆のフランス文学の講義にもぐりこんで感銘を受けていたらしい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



23 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:22:06 ID:y4mw3vfw0

         ___
       /      \
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \           まあ、別に東京に行かなくても、
    .|      (__人__)   |    __     本さえあれば適当に時間をつぶせるお。
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 東京に行かない日は、本を読みながらダラダラと過ごしていたようである。

 もっとも、東京に行っても大学に行く以外は闇市を回るくらいしかできなかったので、
 そういうことを考えればこっちのほうが健康で文化的といえた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



24 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:22:24 ID:y4mw3vfw0

                                                    , '.´ ̄`ヽ
                               ,'´`ヽ              ヽ、_,'  ノ   ,'
,ィ´ ̄..`.:ヽ...、                       ,'    '::::,、_             `ー = '´
        ヽ、                   ( , '         '.:::、
     ,.:'´ ̄  )、                 ,.::' ,     ,.:'     (
.,,;_,_,_,_,_;_       `ヽ                  ,'   i     ':...、     ':...、
: : : ;_; ; : : ': :.:.:.: ., , , _ _ヽ _________,,;'__,';;____;'::.,____;':.、____________
:.:.,;'l; 弋二 ̄  ̄ 二ニ = -―  :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,:, :, :, :, :, :, :, :,:, :, :, :,:, :, :, :,:, :, :,
戈江ニ戈    弌 _   :,  :,  :,  :,  :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
弋 \         `丶 、  :,  :,  :,  :,  :,  :,  :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
  ',  ',,,           '一二三    :,  :,  :,  :,  :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
  ' ,,,                  `丶 、:,  :,  :,  :,  :,  :,  :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
 : : : : : :     ___.  ,.-ーー 、    ’'ー二三二   :,  :,  :,  :,  :,  :,  :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
: : : : : : : : .. / @  \ミ((`ソ")          ’'ー 、_;,   :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
 : : : : : : : : |    @ ミd ゚∀゚)                 ’'ー二三二   :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
: : : : : : : :: : \@    >O,,_O                         ` ー= 三 二 = 、 :, :, :, :,
 : : : : : : : :: :  ̄ ̄ ̄ (_,,つ : : : ..                               ` ー 二
: : : : : : : :: : : : : : : : し' : : : : : : :: : : : : : : : ..
 : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : ..
: : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : ..
               【志賀直哉】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、この当時の熱海は、いろんなところからいろんな人が逃げてきている場所であった。
 例えば↑この人なども、この時期熱海に越してきて住んでいる。

 そんなわけで、多くの財界人や文化人、その子弟たちが熱海で暮らしていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



25 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:22:57 ID:y4mw3vfw0

   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\         じゃあ……今日はみんなで議論してみようか。
  /  |         |  ヽ       犬と猫はどっちがかわいいか。
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |        そりゃあやっぱり猫だお。
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




        ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
   _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
  ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
  l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
  l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
  l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
  ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
. // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
//,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./           いや、やっぱり犬よ。
イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
  /,,_   }li ゝ、i, )).      .lil .li l i ,l .{
 l    7 i! !i)..ゝ..,_. ⌒",./il  il \\\
    ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
   /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
   7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのような中から、いろいろなところで接点とかが出てきたのだろう。
 いつの間にやら、疎開してきた学生たちのサークルが出来上がってくる。
 それも旧制高校のような男臭いものではなく男女混在のサークルであった。

 最初はハイキングみたいなことをしてたようだが、
 だんだんと文化的な活動をしたりするようになったようである。
 討論会をやったり、演劇をやったり……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



26 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:23:29 ID:y4mw3vfw0

           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /     ( ●)  (●)'            そんなわけで、先生にお越しいただきたいんだお。
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /           あっ、これは吉祥寺から熱海までの切符だお。
      /       ー‐  '             あと熱海までは大混雑だから、東京駅には早めに行ったほうがいいお。



                                                 ィ7///ニ 、
                                                  /{l//// 仁ニ\
                                              ,ヘr‐一…=ミニニニヽ
                                              У     __ ∨ニニハ
                                               irtミ} {≦ォァ ∨ニニl!
         ……俺は、乗る予定の汽車の、                    | `7′  ̄   }ニr=リ
         前の汽車に乗り遅れるように行動してる。                 ゚. ゝ-     !ニ' /
                                               } ‐…‐   〈/广
                                               厶`兀     イ 廴
                                              /:.:.:.〉ー一 彡   〉、}\_
                                          __ /:.:.:.:../} ヽ      /:.:/  ヘ>‐ 、
                                      r匕´  く:.:.:.:.:._:/ ハ   } /  /:.:/   |   >‐ 、
                                      |     / ̄「:.:.:ヽ    / ..イ:.:/   く         \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 時にはいろいろな先生を呼んで座談会なんかをやったようだ。
 それも熱海に疎開している文化人だけでなく、時には東京から呼び寄せたりしている。

 例えば辰野隆を東大の講義室の前で出待ちして依頼をするとかしたようだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



27 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:23:45 ID:y4mw3vfw0

ニ三三三三三三三三三≧ョュ、
三三三三三三三三三三三三ヨ≧、
三三三三三三三三三三三三三三ヘ
三三三三三三三三三三三三三三ヨi
三三三三三三>ニニニニニニニニ、三ヨ/
三三>- ' "      ,-'ヘ,_____ .ヽ'"
-'"    ,  - ' " ¨ ヽ--'   .`゙'i,
  , - '"     ,,.ュョョ三三三三三::ヘ
-'"    ,...ョヨヨ三三三三三三三三ヨ\
 ,,..<三三三三三三三三三三三三三::ヘ
三三三三三三三三三三>--::;;-、:::|-'"
;;;;;;;>-、三三三>- ' "--ヽ  ', ・i ',i
;;;;;;;;;i  ,='"   , ‐'"¨',      ヽ,ノ i          そろそろ、落ち着いてきたし、
;;;;;≠ ヽ  r'´    ’j     ヾ;-' ', .',          東京に近い辺りに家を買おうか。
;;;;;≠    `----‐'"         i i
:ヾ;;'                イ7 i         ……藤沢の片瀬(江ノ島の近く)なんかどうだろう?
  ヽ             /,,  /  j
                    `ー' , ,'
 ,,      冫    _,,  -‐'" i゙ヾェ、,
´  ^'---,;ヘ,   ̄ ̄ ̄  , -、    ,,|`゙''、, ヾ
  ,,,     〃,, , ,,..-‐'", ヘヘヘ , ; ノ〃y7
 ''  ;; ., ,,  ヾ,,ヘヘヘヘ ヘ ', ',.',,イ:://
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、そんな風に宮脇がダラダラと文学青年気取りな生活をしている間も、
 社会は徐々に落ち着いてくる。

 社会の落ち着きを感じ取った宮脇長吉は、神奈川県藤沢市の片瀬……江ノ島の辺りに家を買い、
 そこに引っ越すことを決めた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



28 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:24:02 ID:y4mw3vfw0

                         ____
                       /      \
                    /─    ─  \
                  / (●) (●)    \
                   |    (__人__)       |      ちょっくら熱海に行ってくるお。
                    \.   `⌒ ´      /
                / !::::         ヘ
                    ゝ_|::::       ヘ  ハ
                    |::::          \/
                     |::::        |
                      ヘ::::: /       i
            キュム キュム  \: |     /
                     ヘ\_/|
                         \_/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、宮脇は、片瀬に引っ越した後も、ちょくちょく熱海に通っていたらしい。
 主な名目は、サークルの活動なのだが……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



29 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:24:18 ID:y4mw3vfw0

         ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
   _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
  ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
  l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
  l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
  l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
  ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
. // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
//,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./         あら、宮脇さん、こんにちわ。
イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
  /,,_   }li ゝ、i, ))   、 __フ  lil .li l i ,l .{           遠くからおつかれさま。
 l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  il \\\
    ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
   /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
   7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |           あ、うん、こ、こんにちわだお。
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 実はこの頃から、恋をしていたのではないかと推察される。

 というのは、そのサークルに参加していた女性と、のちに結婚しているからだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



30 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:24:34 ID:y4mw3vfw0

         厂 ̄ ̄)_.    --─‐‐))__/ ̄ ̄`ヽ
          /  {f必 }ニ二    二ニ{必7}ミ   i
        i  ((У/        ̄ ヽ \)) |   |
       ノ / / ′        l     ヽ |   |
      / / /     | l      l|     ハ八  \
.    /   / l  | |   | ヽ.  |  l| ┼ ハ  :  \  \
    (    /   !  l!| 从  |i | ∥ /| / |  |   )  )
   ハ.  /   | | ((rfTヘ、|!ハl/.fo:::ハ / /   /  /
  / /  ′ ハ,ト、/N{yi ク又 }    弋:少  /   /  /
 l /  i  {  \  ト辷Xノ      :::::::/ /   /   人
 Υ   \,\  ー((::::::::   _..._  :::::{  {   { /  .\
 /    / ノ.\ \..> .  ` ´  . ィ フへ_  \ ̄`ヽ \
八.   / /  r──ィ⌒ヽ.>-:< rz| レァ/´ ̄ ヽ.  /   ノ
  ) /  /  / /′   |イ てノ ̄乙ノ  r' ソ     } /  /
/ /  /  / .{     \n/ }    んイ/        }   /
.  /  /  /  |      マーィ⌒ー:| У         |.  /
  {  {  {   }       ∨≫Υ≪/        }. /
 / /   i  ノ       ノーァ ___(         / (
ノ /    l 八        ノ トー) ヘ        /  ハ
./(     V /\     /       }     / ̄  ノ  i
   \   / 八  |_    {       (     /  〃  /
    \/ / | \ `i   ∨)    /   /  / i   {
.   // / ハ  ) |    い、._  /   /   i ノ  i
  ./ 人  \ \ノ  |     マ_ノ. /   /\   Y   /
./ /  \_.ヘ_)イ.|    ∨レi     {  \ \ .ノ

               【宮脇愛子】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 彼女の名は荒木愛子。のち結婚して宮脇愛子。
 熱海の資産家の娘で、芸術的なセンスを持ち合わせている女性であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



31 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:24:50 ID:y4mw3vfw0

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j         実は……地質学科を退学して、
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜         新たに史学科を受け直したいんだお!
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \          これからの日本のために必要な教養は、歴史なんだお!
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.



                                      _ , r ‐ ' ´ ̄ ̄` ' ‐ - 、
                                     r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'i
                                     {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}
                                     };;;;;;;r'''´  _,m--- ,, _`'''‐'-'}
                                     |。‐,,,'''´-‐´` ̄‐;;;--`,,。‐|
   ……まあ、いいだろう。                     iヽ;'´>、,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;r'´ヽ ;r´`}
                                   ,,r;;{ヽ; ' ( ・`i'/i‐''''´! ・ } | r };;ヽ
   (今のまま文学青年に堕するくらいなら、)     /;;;;;;;;;ヘ ヨ   `ー' r'   `ー‐´  | ' ノ;;; ヽ
   (まともに歴史を勉強したほうが、)         r';;;;;;;;;;;;;;;;;`|     =、=      |'´;;;,r'´,;;;}
   (よほどマシな道だ。)                { ヽ、;;;;;;;;;;;;|      _    |;;'//;;;;;ヽ,
                               ´ヘ;;;、  ヽ'、;ヘ、 '´ ̄ ̄   ̄` ノ /;;;;;;;)ヽ /ヽ
                                !、'' 、 ;;;;;,, ヽ;;;ヽ、    , r;'//;;;;;;;;;'''´//  ヽ
                                 ヽ;;;;;,,, ヽ、 ヽ;;;;`ー‐‐´;;'/;;;;'''''' ´/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、宮脇はこの時期に、東大地質学科を退学し、
 あらたに西洋史学科を受験し直し、合格している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



32 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:25:05 ID:y4mw3vfw0

         /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ソ;:;:;:;:;:;:;:ゝ、
       〃;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:Yイ|;:;:ヘ;:;:ヽ:;:ヽ
        /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾヽ;:;:;:ハ
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
     ノイ;:;:ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノノ ハヘ ∧;:;:;:;:;:;:;:ヽ
      ルノノ;:;:;:;:ノノ;:;:ノ彡'ソ/ノ ヾミハ;:;:;:;:从リ
      /彡彡ニ彡イ彡ニニ"   __ ヘ;:;:ハル'
       ト彡イ イ.l|   ̄`   ´fォッ` /ソ''
      ヾ;;;;ヾ. ソ         {    ,'
       ル;;;;ヽヘ      ー-'   ノ
       从;;;;;;;;;|    / ̄ ̄ ̄`ミ辷ニニヘ
         >ハルj ヽ  l´        |  i `ヽ、
       |>ー--、.ヽヘ           /ニニ≧.  |
        |.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ゝミ、      zヘ、___.  、 |
     /.:.:|φl.:.:.:.:トY´ ̄`Yニニ>ヾ::(    、 |___
--一'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.   ハ ヘ   |.:l´ ̄  、  ∨.:` ̄`ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人   |::  J  j.:.:ヽ、       }.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>ト、___∠.:.:.:.:.:ヘ、.   /.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミヽ='.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:

           【村川堅太郎】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そこで、恩師村川堅太郎に出会い、めきめきと勉強をするようになる。

 そして「モーツァルトより見た18世紀の音楽家の社会的地位」という卒業論文を残し、
 1951年(昭和26年)3月に東京大学を卒業し、翌月中央公論社に入社する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



33 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:25:21 ID:y4mw3vfw0

               , -―――――- 、
             /__ノ   ∧      \
             /         ヽ      \
              /  /⌒ヽ       /⌒ヽ    ヽ
          /  /   }     /   }      |
           /  {_   ,ノ     {_   ,ノ       |
          |    しノ ////// しし'      |     「婦人公論」ってこんなにメチャクチャ忙しいんかお!!!!!!
          {     (_,~ 、_)        /
            丶    |/  ',         /     毎日が修羅場だお!!!!!
            \    {/   }         /
           _ >─r ァ t─ァ――― '
          /.:.:.:.:.:.:.:.:/./厶ヾ" /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
         /YYY.:.:.:.:./.:ィ7ト、V.: /YYヽ.:.:.:.:.:.}
        /\ /.:.:.:.:く〃 // }}'.:.:.{  /∨.:.:./
.       /:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.{{i // ノノ.:.:. ∨.:.:.:.:}.:.:/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 中央公論社に入社して、最初に校閲部、次に科学雑誌の編集に回った後、
 その年の10月から「婦人公論」編集部にまわされる。

 宮脇いわく、とても忙しい部署だったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



34 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:26:18 ID:y4mw3vfw0

                                ,、-'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                             ─,、-'´               i
                         ∠f込     勿´              l
                     ,,,  ,-\=_ト、_ ̄  ̄ ̄》           l
                 ,   ,《/ ,,- ―― ,_ `⌒ヽjへ)の )イー‐:≪___   l
                《  ,,r''´    ヽ   ヽ ̄ヾ<{イ示}> ヽ'ヽ 」 、         `` ‐ 、
                 ゛ー/ ,ノ 、 i  i! ヽ  丶,ノ/ 弋Yス´、ヽ、ソ`ヾ ` ‐ 、        ` ‐ 、
               ,-'⌒,'  !/  !ハ  !从 .!.  ',/!/ 》ヘナゝヽ,く>                 ` ‐ 、     ト、
               《  /    》!, !/!∠!ィゥァ!   | i ! ヘi'》、', \、ソ@)`                i     ヽ、」
               ' ,' !i  iヘ《-z i' 弋ツi!  i!ヘ!i | !jヘヽ ,i、《ヽ入ソノ`` ‐- 、._             l
                 ! i! ぐ必ソズ     |  .| | | / `V、ヽ ` ‐ 、      `` ‐- 、._        l
                 ', |y !`レy-' 、    ! ', /|ヘ V          `‐、        ``     /
                 V \,,iY ´  _,    ヽ! i/ i ヽ             \           /
                  ヽハ 《リゞ、      ./r'i | \                      /
                   `iヾ/ ハヘ`フーァ- ヘ 。o@ \                    l
                    ! i! / i ノ`i弋! /|>'´ ̄丶-、_ \                  l
                    | / i! ! / y'_ i         `‐\                   l
                 ミ( ) (-) ノーく⌒)l              `‐ 、              `‐、ヽ
      |         ∠二〉ヽ、_人  ) ト l    /    l     i `` ‐- 、.____       `‐、
     ∥         ミ/ へ⌒ ) `‐ーく ̄ヽ  l    ノ   l  .l           `` ‐- 、._   `‐、
  ─=  =─    <三l ヽ┘イ ',/フプヽト:::::::::〉イ-lヽィ     l l .l   <>            ` ‐ 、  \
     ∥        /_「 入7ト\   \ノヽゝ /  L,ヘ  l   l                     ` ‐ ヽ
      |            ̄l し',ノ l ヽ   l    l    レL_,.イ /'"´ ̄',
             , -'´/ イ 入人ソ,ゞ ',  l    l        / /  ,、 `` ‐- 、
          , -'´ / // /レ´ヽ、ノ l ',. l    l    , - 、  l /   〉  ,、-'´l               _ , 、 -‐ー
        /  / / / / ,' l人ノ  ̄  ', !    l  ,-'´   \、-‐、-、' /   /       _ , 、 -‐ー ''"´
       / / /   / / ,' ,'l ',      ヽ、_ノl く    ヽ  \ ヽ 〉/_,、-‐''´_,、 -‐ー ''"´
       /// /   / / i l ヽゝ、_,、-‐ー- 、    l \      ,、-l_」ノ  ̄ ̄ ̄    く
      レl  ヽ',   / /  l l_,、-‐ー-、 ̄ ̄ ヽゝ  l  ヽl  /  ,イ',ヽ` ‐ 、.__,、-‐''"´ `` ‐- 、._
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この忙しい最中に、宮脇は荒木愛子と結婚し、
 片瀬の家を出て、荻窪の借家で新婚生活を始めている。
 ちょうど愛子が日本女子大を卒業する直前で、タイミング的によかったというのがあった。

 なかなか充実した時期を送っていたのではないかと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



35 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:26:33 ID:y4mw3vfw0

          ___
       /::::::::::::::::\  ゲハッ !
      /::::::─三三─\           :∴: :;. ;. .: :`:: ∵:゛
    /:::::::: ( ○)三(○)\     :゛;∴゛` ;`: :゛;:`´..;.∴;.`:':
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |  ゛;.゛;. ; :″:: :゛;. :∵゛ ;. :'-、
     \:::::::::   |r┬-|' ;`∵: ;`;.:`´..; ` ;.゛;.: ::゛;.゛;.
    ノ::::::::::::  `ー;:: :゛;.・:゛∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵゛ ;
  /:::::::::::::::::::::     ∵∴゛;.゛;.:: `;  :; `,  ・
  |::::::::::::::::: l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところがである。それから1年ほど経ったある秋の日。
 宮脇は、突然吐血してしまう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



36 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:27:11 ID:y4mw3vfw0

          ; ____;
         ;/      \;
        ;/   /   \\;
      ;/   o゚((○) ((○)゚o
      ;l        (__人__)   |;     や、やる夫も死んじまうのかお……?
      ;\     ` ⌒´   /;
      ;/             ヽ;

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 レントゲンを撮ると、肺に大きな黒い影が写っていた。

 病名は結核……今となっては処置さえ間違えなければなんてことない病気なのだが、
 一昔前は「死病」と恐れられていた病気である。

 事実、宮脇は兄2人を結核で失っていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



37 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:27:33 ID:y4mw3vfw0

                 ___ _
             _.."´         _ `  _ ,.= 、-- 、
          ,. '´            ヽヽ_f Yfrtッj   ヽ
     _ .. r ≦-- ノ´            ゝ-ゞゝオツ,    \
   ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
  '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
  |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',         大丈夫よ、やる夫さん。
  |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i
  |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   i         今はいい薬もあるし、
  |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_|,_jj_|_ |  i  │ │  ハ        空気のいいところで療養すれば、
  |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j _ハ_|リ| ,ハ     | │    ヽ       きっと直る……はずだから。
  |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--ゝ,ゝ ヾイrzヽゝ‐| ゝ \|  ゝ    \
  |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j       lハ:ノフ, |ハ ト  ヾ,   \     \    とりあえず、私の実家で療養しましょ。
  |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ         ` ´  ! │ |  \ \  \     \  東京よりも熱海のほうが空気きれいだし。
  '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト  ヽ.  \    ヽ
 /     , / ' /  ハ) )        ′      ,/|个ゝ.!    ! \ l    ' ,    ',
       ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_     ー  ´  ,√| |7!   \.   !   リ     Y'
      レ  !/   / `r(  >ー-、      ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ     |
     /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..  │
'    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',
  i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l
  '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |
 /  Y    /   _j__ ゝ-r‐、 `) \__ イ   __ゝ\| '  |  i:       |
    i   ,'     :::| / /`¨´ >_,..--<___|::i\ヽ|  |   v'     |
      レ     :::i`…ー r' / |f´ ̄ ̄`ト|::L \. 、ハ.   V
      i      ハ     ` 'ー-i ゝ i  ,ハ__ノ   ゝ  ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、宮脇にとってよかったのは、結核の特効薬であるストレプトマイシンが開発され、
 それが使われ始めたころであったことだった。
 なので肺を切除することなく、自宅療養と投薬でそれ以上の拡大を防ぐことが出来た。

 もっとも、結核菌に冒されて空洞になった肺を元に戻すことはできない。
 それをカバーするだけの体力回復のための休養が必要だった。

 そんなわけで宮脇は、中央公論社を休職することになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



38 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:27:48 ID:y4mw3vfw0

      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、        新人さんはやる夫よりも立派に見えるお……
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /        もうやる夫は中公じゃお荷物かも……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その休養が、今度は宮脇に挫折感を与えた。

 「自分は会社のお荷物ではないか?」 
 「会社は、自分には期待していないのではないか?」

 そんなことばかり考えて悶々としていたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



39 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:28:06 ID:y4mw3vfw0

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     ,/                      ヽ
    /                  ./\   ヽ
   r ''´ ~`ー、          //\\   ヽ
 r´       ミ>、_____//   \\__ヽ
.ぃ       ミミΣ.     // l ̄l ̄l \\ |
 <;::     ミミミシ.    //   l_l_l   \\
  `wv,i;、vi;w'´    //             \\
     |;;!;;li;;r'.        ̄  |            |  ̄
 ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l| |  .[llllllllllllエllllllllllll]   |.|| ̄ ̄l ̄
 ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄| ̄|| |  | ̄ ̄ l  ̄ ̄|   .|.|| ̄l ̄ ̄l      , -- 、
 ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄「 ゙|_||_,,|  |     l     |   ,|」|l ̄ ̄l ̄     /     ヽ ジーッ……
l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄| |  |     l     |   ,| .! ̄l ̄ ̄l     ゝ    ノ
 ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l| |_,,|___l___|__,| .!l ̄ ̄l ̄     (Y    |)
l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄|                | ̄l ̄ ̄l     {ソ    |〉
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄      し   J


40 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:28:20 ID:y4mw3vfw0

          ., '´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ.
        /            \
       /  --      ‐‐   .:::\
     /                .:::::ヽ         建築って……素晴しいお。
     !  ....((;;;;)) ::::: ((;;;;)).... .::::::::::!
     !      (___人___)      .::::::::!         ……もしかしたら、これがやる夫の天職、かも?
      ヽ              ..:::::::/
      \            ..::::/
       /    ....::::::::::.....  ::::::::\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんな中で、建築への興味を抱き始めていた。

 元来「何かを作る」みたいなのが好きな性分でもあったのだろう。
 それに宮脇自身「移り気なところがある」と自分で述べている。

 もっとも、この「建築家への転進」については、自分の置かれた状況からの逃げてる印象もある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



41 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:28:36 ID:y4mw3vfw0

       ,==(◎)=、 `\、 、
       ∠_______\  \ヽ\
      /  "\,  、/゙\   \\\
   /  ( ●)  (●) \   \\(@)
    |    :::⌒(__人__)⌒::: l    /\\\       そんなわけで建築会社に再就職だお!
    \、   ` ー ´   /  //´ \\\
    (⌒ヽ、  ー‐  ィヽ. //     \\ヽ
    l \  \     i //           \ヾ、
    |  \  \  /, イ              ヽ !
    |    \ , '⌒く/ /                 ゙!
    l      ゝ、ニ≠ソ
     |     `´  ̄ |
     |    ,ィ'    |
      |    | ヽ   ,l
     |    ,|ノ   /
      l,    l   (
    ..(_"__゙)ヽ、,,)



                     ↓ 1 年 後 ・ ・ ・ ・ ・ ・


                -─‐──‐-、
             /             \
            / ;              ヽ.               身体がもたねーお……
           l  U                l
           |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、       やっぱ、建築家は無理だお……
           !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \
            ヽ ((ー)  (ー) )::  /⌒゛`       l:
             /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |
             /   /` ⌒ ´     |.    |    ,   !
               /   ∪    |∪`-,,,.|"   |___,ノ   |
           /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
        , --‐-ー、_/∪    l ∪   ,|    |   ,/ )    )
       く / / ァ- ,ノ _   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
        `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結局、宮脇は茶室などを専門に取り扱う建築事務所に入社する。
 しかし1年持たなかった。

 あまりに「建築家」という仕事を甘く考えていたのだと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



42 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:29:01 ID:y4mw3vfw0

         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::      もう一度、やる夫にチャンスを!
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





                                                 ,ヘ           ,:ヘ.
                                               / : :\       /  ::!
                                             /  ::::....`―‐--- '   .:.:::...!
                                             /              :::::::',
                                             ,'                 :::::::i
                                            .i   '''''''        '''''''    ::::::.!
          ……わかった。                        !  ( ● ),    、( ● )   :::::::!
                                           |    . ,,ノ(、_, )ヽ、,,        ::::::::l
          明日から、来なさい。                         i    ノ       ゝ      .::::::::.!
                                            '.,     ー‐ ==-        .:::::::::/.
                                             .\    ゝ--‐ '      ..:::::::/
                                                `ゝ           ....:::::::/
                                               イ/\゙>介   √:::::|::::::::::\
                                           /::::::ヽ:::ヽ }:::{ ./::::::::/:::::::::::::::ヽ
                                               i::::i:::::::::::ヾヽ {::::iУ:::::/:::::::::::::::::::::ヽ
                                          !::::!::::::::::::ヾヽ{:::/::::/:::::::::::::::i:::::::::::::::',
                                             .!::::!:::::::::::::::::ヾ<::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::}
                                             i:::::!:::::::::::::::::::::Y:::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::|
                                          i::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんなわけで、宮脇は中央公論社に頼み込み、再入社させてもらっている。
 1956年(昭和31年)9月のことであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



43 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:29:25 ID:y4mw3vfw0

||              宮脇俊三の編集者時代の仕事
||               ・中公新書の刊行
||               ・「世界の歴史」「日本の歴史」の刊行
||   ∧ ∧       
||   (*゚ー゚)         ・奇人変人の本を出す
||_  (o  o_______________________
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |
||三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

       _              __  ∧∧       ___ ∧,,∧
      |\  ̄ ̄ ̄\     |\ ̄(  ,,)\      |\ ミ   ,ミ
      |ヽ|ニ| ̄ ̄|ニ|     |ヽ|ニ| ̄ ̄|ニ|     |ヽ|ニ| ̄ ̄|ニ|
         |  |──| |         |  |──| |         |  |──| |

    ___ ∧_∧          ____ ∧∧       .___ .∧_∧
   |\ (,   .)\      |\  (   .)\      |\ (   )\
   |ヽ|ニ| ̄ ̄|ニ|      |ヽ|ニ| ̄ ̄|ニ|     .|ヽ|ニ| ̄ ̄|ニ|
      |  |──| |         |  |──| |.         |  |──| |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その後の宮脇の功績については、このスレでも幾度となく書いてきたことなので、皆様もご存知であろう。
 中公新書の創刊、「世界の歴史」「日本の歴史」の刊行……

 無論、「あの御仁」を世に出したというのもある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



44 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:29:42 ID:y4mw3vfw0

             , -┐_rュ     ,-v- 、 _, -z__,
             _ / ,ィ´ ..斗-z―r-l f:! __r'_ィ7、 __ト、
            {!」_/ / _ ノ  、_ヾ=' l !`ヽi__ノ } ヽ
         ,ィレi  ´ /   、_  ̄ ヽ:!_ー<-'´ヽ i!
          (/ レ′ ,     i    ヽ ̄、_ノ´i`iLィ´  l
          /  〃    |     l  ヽ r' (」_    |
            ′ /    , = 、_ノ  |  }  「`iノ    !
            l i l _{_>-、{{ ! -――!‐i !  l ´   |
           Lハ,イ_r'_ヘ.! 'r'└'ィチ孑z ル'l  l      l
          {iY ゞ'_ノ_ノ   辷シ /  l  l     |        なーんか、この辺のタッチが気に入らないのよね……
            7ト仟'´ '       ;  r'  、      ト、
          /  iT>、  ^   ,. イ ヽ、__,. -- 、   ヽ
         /      '.-'"   /  /  /"/  `'ヽ、  ヽ
        /      . -/ ヽ ,/  ./ / .l     .ヽ、   \
    _ . ´     /、 .|、_/"'ヽ'" '' "' ヽ/l       ヽ、 / /
―- '´       /  ヽl_/ ''-─''"ヽ- '" l.l  .li     '/ /
           /   i l "__''',.'ニ -─ ' " ゚ ヽ、l    ./ ./
          /   l/,l PIYO ,.、 PIYO   ヽ  / /  ヽ
          l    .i     <^ .ゝ    :::::... i/ /    l
          .|    ヽ、   `"´   :::::::... / /l  ,.-''' ヽ,l
         ./      ,ヽ:::.....         ヽ、 /_ /_,.-、 ./
         /  ,.__   .l ゝ,,,..__,..- ''      .ヽ.、./   ヽ/
        ./    ヽ / /             ', ヽ  ./ヽ'
        ゝ  _,. - ヽ /.              ', .',/ "´
        ヽ- '"  __. '/               .| ',
         \ ,. '" "/                |. ',,.-ヽ、
          /__,ヽ ,. /                .|  | .ヽ ヽ
           ./ /                 l  .| l ヽ ヽ
          / ,. '/                  .|  .| ', ヽヽ
    ,.-─-、./ ././                   .|  .| ', ヽ
   .///  ヽ、' /./                    |  .|  ',
  .//  //ソ/./                    l  |',  ',
_,.-ヽ、// // ./                    .|  l  _,.-'"
./  ヽ、- '  / l                     .l   |-'
/ / /   /  ヽ─--- 、.,_              l   l
 ///   /         "'' - - 、 .,____ ___,..... --"   |
 //   /                           l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、この時期の宮脇愛子は、何をしていたのだろうか?

 まず、日本女子大卒業の後、文化学院に入り、何年間か絵の勉強をしている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



45 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:30:15 ID:y4mw3vfw0

                                                 _ ,, -=_‐‐‐-、,
                                           __,, ==-‐''´,..ィラ'''..`'''、)) 'i,
                                         ./` / ., 、  !,,-'已\ l,  ∧
                                        ,,-'-,   i i  i !, {l .炒  l'´! 、  l
                                      ./7'"i`/ , / .i、ヽ l,ヽ__T_='__/ i l  .l
                                      !./后/ l  l li.、ヽ, \ i  l .l\ l .l  l
                                      "ヒl  .l  .l l i, l、入_,,i--- l.l  i l .l  l
                                       l l  .li ! ヽ,  iゝlゝ、 _ ____, l.i .i l l l   l
       やる夫さん、                         l l  .l,,'"--、    〃´ ̄ l.l .l l, l  .|
       ちょっとばかりアメリカに行ってくるわ。        .i`i.ヽ,、, l l{秘}i     ""  l  .l l i .l  .|
       絵の勉強しに。                          .| .l .// ヽ,ミ彳" '   _ ,   .l.  l! l .l ,  .|
                                     .,-!、!//l .l lゝ     i,´  .,! ,.ィ  ./ !/ l  l
                                    /_`,、''!''l l l `'-、_ .`''‐'_/-'--'-、 ./ l  |
                                    !ニ='´'  l l l_,,--'''´_´/ ̄`'、 __.f'´ !  .il
                                    ..ゝ- ''´i l  l,/   ヒ/      i `l   /i




         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\                そりゃいいことだお!
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \
     |       |::::::|   ,---、             しっかり勉強してくるんだお!
     \       `ー'   しE |
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さらに文化学院を卒業したのち、何度かアメリカに絵の修行に行っている。

 普通なら妻がこんなにフリーダムな行動をしてたら、夫は怒ってしまうものだろう。
 しかし宮脇は、その辺まったく怒らなかったという。

 この夫婦、当時にしてみればとんでもなくフリーダムだったといえよう。
 っていくか、どう見ても当時の夫婦の観念からはずれていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



46 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:30:37 ID:y4mw3vfw0

       ___
      /     \        )-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
    /   ⌒  ⌒\     /   ,′  ´ ̄、`Y  l
   /   ( ⌒)  (⌒)\   /    /   、    l くハ |
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i   ,′ , l !   , |  、 |  l l|
   ヽ、    `ー '   /   l  | | | /| ∧__ハ| | | |
    /         入   | |  l | ¦l7/   、| | | |
   /            \ |∧ |Nヘ、!/ ⌒  〉  ,′l|
  /  y        ヘ   \ ハjミYシ、_,、_,, ⊂⊃  /  l| \
  l  ノ         lヽ   ヽs《 ヽ、     ,イ  /   l|   ヽ
  l  :          l \つS/  ̄⌒ | }≧≦‐ | ∧  ヽ}  `、
   し(          l   ヽ ーフ{^ ーメ‐┤ | |\   `ヽ、 l
    ヽ         ヽ  |/ / rく_∠__」 「ヽヽ \_ l ! |
     l         )   / { く'′   / ∧ ト、| |  / ノ |/ /
     :;   y    /   / / //乙ヘ__/_/  〉 V| |イ7′ l||
      ヽ /   /゙゙   / ,ハ// ハ _| `ヽ_爪 ∨| | | ,  l| |
       V   /     ヽヽ〈く  | {∧x 「交7 | } | Vl |ノ| ∧{
      /   / \    `ヽ\`ヽ`ーヘ」爻ハ__j// `ヽヽレ'´ `ヽ
    (⌒__) ̄ V    ー'∠/  ̄ ̄|__/´ 〈〈    ` ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、そんなに夫婦仲は悪かったわけではなく、むしろよかったようである。
 遠くに離れていようとも、信頼しあうことができる関係だったのかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



47 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:30:58 ID:y4mw3vfw0

               /        ___   l. l               /             ヽ      l
           /        l゙ o }   l, !           /              ヽ     .|
              _    ._..‐'.!  ゙ー-'   l l,            l             ゙L    .!
         /゛/ ,..-'".,..-'゛        l l            l                 ll、   !
        / .!'´., /              l /  ̄/     /               l!__r‐|r‐-'"
        / ,/゛                l,二二    _rt'ト                  i″  /
        ! l       ._..〟        /__/    ,..-、                 /  ,/
         l .!   _.. ‐''´._..ノ         /l   l _..-'" _..ノト、               / ,,┤
         ! し-''". _.. ‐'″          / .l,..-'" _..-'"゛ !| .__-、       ./ ,/ l
       !_.. -'"                 // _..-'"     __ l__l \_    / /   l
         |              ,! ゙゙‐'ヽ ヽ     l__l    / /-, / ,/
         l                 i′    l,、 l.    リ   / /,,ノ./
            l                !     ,i" ヽ.l.   │  /__/ /
         │            l    /    '<'、 ,..-'゙ll、 ._//        l
          !            |   ./      ヽ`ぃ-l゙.!'" /         /
`'ー..、       .|、              |  ./       l.! l.l .,! /           /
、   ゙゙'-、、    .l'-             ! /        〃 ゙'ミ .ヽ             ,!
 ゙''-..,、  `''-..、 / !          /l゙        ||  .ヽ .ヽ           /
    `゙'ー ..,, .`''" .\         l .l           !|   ヽ  ヽ       ./
        `゙'ー 、  .\         ! /         !l、.    l  .ヽ     /             ,/
            `、.   \     ! .l゙            !|ニニ=_ .ヽ  ヽ    /           /
             ヽ,   .\  / l            |.!    `゙''ヽ  .ヽ  ./        /
               \   `ゞ ,!          !.!      ヽ  ヽ〃      /
                 \    ,!             | l      ヽ  /      /
                   \  |           ! !       ヽ \    /
                       `''!、             }.l       ヽ  ヽ  /
                          \.        .! .!        l  `'ッ′
                         \       l l           l   く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 だが、それだけ信頼しあう関係だからなのかもしれないが……

 その信頼がなくなったとき、関係はいとも簡単に崩壊してしまうものなのかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



48 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:31:17 ID:y4mw3vfw0

                 _ , - ― - 、 _
            _, - ''' ´          ` ''' -、
        (ハ //          `    ゝ \_ ,_
       X<>ァフ⌒}                   /イx入__
     /ゝ=5ソ                    タX=ヾ)  ヽ
    // ト_、圭ヲ      ,   /   |  ,     \三ノTソヽ \
   / / .| |-´      , /   .|    |  | |  |  ノソilヲ  ト  |l
  ,| /  | |  /    //    |   |  | |  |  / ノil i _  | |
   | | i  | || |l    | |     |   | lヽ | |  | ヽ /| | |  |  | |
   | | |  | |  |    /_||    ハ   .|x|  | |  |  / | | |  |  | |
   | |l   | | | .|    トX.|   / .|   +代 ̄ ‐-、|  || | | |  |  ||
   | |  .| | | |    | |r=X ./  i、   |ハ \| |  || | |   .|  .|
   | |   | | ヽ   | |アメ V_  ヽ  .|iイi弐カ\|  |  | |  .| /|      やる夫さん……
   .| |  |  |  |ヽ <<ィゥ薔ヌ/、  ヾソ 冫::::::ソ V / 、//   |  ||
   .| |    || ヽ`、 て互Xノ┘   ` 弋 ゚ ソ|i// / | |   /|       実はミラノに、絵の修行に行きたいんだ……
   | |    |  |  斗ヽハノ   、       イ  | |    | |
   | |    |ヾ \  |i ((           ノi   | i |   | .|       また別れ別れになっちゃうけど、いいかな?
   |    ヽ |     { |i \    `ー ´  /i |  /  |    |
   .| |    | ヽ   | ヽ ト>、    /  | .|  /   |    |
    | |  |  | i    |  |/⌒ハ >< /⌒) i   |   |     |
   /  /       |  | (⌒)ハ(⌒}、_,/⌒ヽ,|  |   |     \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 きっかけは、愛子が「ミラノに絵の修行に行きたい」と、宮脇に言ったことだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



49 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:31:32 ID:y4mw3vfw0

        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \         うん、行ってもいいお。
  |  /// (__人__) ///   |
. (⌒)              (⌒)        やる夫も、仕事の関係でずっと家空けてたし、
./ i\            /i ヽ       今度は愛子さんが行く番だお。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇はこれまでと同じように、賛同したようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



50 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:31:58 ID:y4mw3vfw0

        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///   |       それに、やる夫には、仲良くしてる人がいるんだお。
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ











































        <  r=-、  > ' ´            / /  rァ/ }v'´`i > ゝ
        >イ{r-j}ソ                     トv´ ゝイ.人K i
        廴Y/ ┘      /              ヒ=-ゞ イノ小 |
        ノiヾイ'´        /            i i   ≧三≦ .| ハ
    、 _/ィ //        i              il .il   i  升 ハ .ヘ
      ̄  ノ i .i           il     i.      i  il .il   il  |.i  ii  .ヘ
      / /       i    i  i   il       ハ .il .il   il   Ⅶ   ハ
     /            il i__ ハ.  il     .升 iⅦ   i   i.lハ  ノ ハ
     i     i    ナTl   il    ilヽ.  -ハナil ァ‐\- |l  ト ソ   i   i
     |       il    il il -‐fヾil i  il i  /   ,:',ィ:'"::::::::`F   il     il {ハ
    ..人.     il    il ilメーこミ、ヽil il il /   ム:::::::f'i}:::; イ  小、 i  .il   ヽ
     .ハ    il     il ノl_fi,く(ン、リ7ハi/',ハ ̄¨' ‐-、` ― '´イ / il  il.   il ( ミ;,、        ……は?
       V>‐  il  i  il人``>一'_'ノ  / \}        ̄ ̄  / .il  il  / ハ  ヽ
       } i ハ .il  ハ \-`-                  /  il  il ./    i   ヽ      今、何て言った?
      ノ  .|/ Ⅶハ i i i __ヽ、      ___     -=彡イ  il  il// i  人   ',
    , '´  /   /  ヾハ 人  ̄       ∠二二>       V lil_ .il   i / il    ノ
   /   /   ,.´    }人 ゝ、        ==           / {!  ,ハl  i(  il   (
  /ハ   /  γ´       il  ゞ \               ,.イ   ,ノ‐  i  l∧  il    ヽ
  iハ ゞ. i   i        { 人 K、V.\           /,.イ   {  イV / ゝ i ヾ   ヽ\
  ノ.  ヘl  /        `ヽ )レ::(  . ヽ 、      ,.イ (.      {i  |  /    \     ) ヽ
 (    V          ,.ノ   ⌒つli <`  - ´>il  )    ハ   i ノ      )  ,.イ   `、
  )           γ´.       (´ li >>  << il ノ    / ゝ、       ( /  l    )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ただ、いつもと違ったのは、ここで宮脇が、ふと、ある一言を漏らしたことであった。

 「僕はもう他に仲良くしている人がいる」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



51 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:32:18 ID:y4mw3vfw0

              , -―ー- 、
            /ノ  ヽ、_  ヽ て
           '==   ===   、 そ
          ' =    ==   l
            {  〈_,ィ、_,ノ      }
          、.  レ'_,ノ     .. ノ            あ、いや、その、あのぅ……
           >        <、
          / ー―- .、   r 、 ヽ、
           `ー―- 、_ノ   l  \  \
           ,'           l   ヽ _,ノ
            l          |
          弋           イ
            | /ー ―一、 |
           し       、_,!


52 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:32:34 ID:y4mw3vfw0

               _  -─────‐-_  _
          __,>'"¨´::::>-ゞ='"+-   `丶`ヽ::`゙<
      , ィ"´::::::::::::__;イ´ヽ`丶  ` 、 `ヽ  ヽ 丶:::r-`゙>-、
   ,≠"´:::::::::_r7}://    {、  \、  \ ハ   ',  ヽ {´:::::::::::ハ
 /::::::::::;,=、r'以イ / ノ   !\  ヽヽ 、 ヽ ',  l   い::::::::::::::|
 !:::::::::::::`r'`フ'`´/′ | |  ハ ヾ__   ', ヽ ', i     ',ノ:::::::::::::|
 |:::::::::::::::! ,イ{ / ,' l  l   },イ´| ヽ |ハ !  | {  |  : | !ー-‐‐'|
 | }:::::::::/|f/`゙  |│ ! i   l ,ィ,ィ≠ミミk l  | ! l  !  | i |ー‐ ‐l
 lヾー_7ノ!| |│ ! } ∥|\ i-ォ´ ィぃ. l´| ノリ }  |、 t ヽ.{::::::::::::_|
. !`ヽ、__∧ ! l  ヘ ', ハ {  ヽ{ キ マソ / ノ.イ ! |  l、ヽ ヽ、>"´_ !
  !__:::::::::::::ぃヘ   N{-、`    ` ‐- ' ´  | { |  ト、ヽ ̄ ,≠´      やる夫さんには、私以外に、
  l__ `ヽ::::::ハ',\ 仟rヾヽ=、、       ト、ヽ_, ', \ ̄ _  ′   仲良くしてる人がいるんですってねぇ……
 ∧::ヽ、 ゝ'ノ|}ハ |`ヾr'ソ'!,}   ゙"¨´ ノ}  | リ ハ  ヽ、`,孑‐-、 7
   ',、:::`¨´::i ハ、{ ハ`》¨ `ヽ´__ ィ,彡'ノ  /レ |`l   ,>、 ヾ ,'     さあ、それって、どういう意味かしらぁwwwwww
   ',`ヽ__ノ ノ } `、', !《ヽ、 `¨ ‐ ´ /__! !l=ヽ、_,ス  ヽ-、}′
.   ヘ/ `ヽ ノ __ヽj、_r'´≧__,  _/::f´; l : 、 》〈  \ ヽノ
    /  /´ヽ ,-´-' /_ ノ   ヽ_ゝ、' {_f´`ーi  \ヽ/ \ 丶 ヽ
.   /  / /´\, -、__(,-、   {´_r 7/ rレ'ヽ、  ヘ.  \ \ソ
   `´,' /  /  }  _`フ 、_ ,`  ゝ‐-' ヽ、/ ̄´\ `ヽ`´
.    / }/  イ  r' /  { {´r-、fリ        l r'´孑-`ヾ、ソ
    ¨ノヽ/ノ´}/::,{-‐、 `¨´ゝ'`}{´{r、_r‐┐r-,i_r-'  ゝ、/
     `¨´ `¨´∨  /:`ー--´¨ハ`¨ `  ヽ´ `}    , ′
          \{::::::::::::::::::::::::ヘ      ノ::丶、/
            ヽ  ___`_‐-_  --一 '


53 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:32:51 ID:y4mw3vfw0

      ,r‐┐/)
      / ////>
    / イ └'´/
   ./  .\_.ンニニス_(\(ヽ              あ、いや、その……
   /  .__...二つヽ、_(._'弋 \\
  (   /o゚(( ●)) (<)\`┘ ヽ\          そ、その……そ、そう!
   ヽ  .ヽ、 .(__人┌─‐' /   .ヽ、
    \ ヽ  ノ  (`¨乙二..__/ ノ         話せば分かる!、話せば……
    . |    ` ⌒´    `ー‐- ィ'


54 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:34:48 ID:y4mw3vfw0

                                                 ))
                                       _ ..-‐―r‐‐‐‐‐‐.フ匸、-- 、
                                      , '           . ヽ≧V}  ヽ
                                        , '  .../   `ヽ   ヾ{i}il´\ヾ∧
                                   /./ ../  / /  乂`ヽヽ((|\  Y..ハ
                                     / /  /  i !.  i i ヽヽヽ ヽ | l  !
                                       i i  i  ))ili从il斗ili从i i / /  .ハ  i
  あ゛?                                 i i ,'ヽ((ili   ,ォチア.,' 丿 .i   .|   l
                                     l !l乂!l{薔}   ゝ。ノ/../`  人 │   l
  分かるわけねーだろ、このタコ!                 l !l从ヾ .))丶    / ,.' _  _!_!i| .|   .!
                                   rヘ从 丶. .' ` (__( 丿ヽ/.〈,;'^,.|   .l
                                  ._ゞ r '廴r、ヽ、,rヽ,.'./ゝ  彡ヽ_/_ヾ,  ハ
                                 .(       r..ヽ弋二レソ'  彡   \ .\  ヽ
                                丿 u,'`ヽ,∧丶、 . 3. ,,'ヽ.`ヽ  `ヽ.   ト  ヽ.  \
                              __     く (    '...` 、r,',く.'`ヽ,i`゙     .l  .:.! \ .l   \
                       ,r'  .く`ヽ 丿 . ヽ_ヽ     `く `ヽ,i   __.丿   !   リ     \
                        . /XX,'     .\く./    ヽゝ       .......彡 .,.′ V !  .j      ヽ
                       /XX,'  ..    .\     ., ' .ヽ    ....彡   .,..′    !  人
                        /XX,'          .\ / . ,,,,,,\∠彡    .く      V''  ,'  ヽ      }
                        /XX,'              `\ ) ( (`ヽ      ヽ    .V''  /    i
                     . /XX,'    .∧        \へ    ヽ--、r⌒l___)  .V''  /   /     /
                   . . /XX,'     /..∧         〉Z__        ヽ.  V''  /   /     /
                  .. . /XX,'     /  ∧       /  __.)r--、  r⌒l___)ゝ..V''  i   /     /
                    ./XX,'    ./     .∧     .ノ  (____          ゝ   |  /     /
   ,. -、             /.X..,'   ......,′    ....∧--…イ     __)          .) .| /      ./
  /    、            /X/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   ∧       ..,'               .)   |/      /
  {     i          //          . \  ∧      (____         丿  .l        '
 ノ     j        /          ;   \ 入   .   ..r ― 、        .,:::′        {
 {;;;;    {      /      ,,,/⌒"∪\,,,   ヾ、, .\...   ...|r -.,i  ,. ヘ, .,:: |   /      ハ
 `ーi    ヽ    /     /´  `ヽ   /´  `ヽ  \`丶、,r 、 ハ`_ノ /ィ   i| l l   /l       ハ
/⌒ヽ、 ,.  ヽ  /      (   ○ liii||||iil  ○  )  \、 ): ソ   `"./   /‐-、l  / ヽ       ヽ
i    i ',   \|       ヽ_   _彡   ヾ _  _ノ  ;   | /,.ノ ー -  { く` /v  ,〉/    \  、    }
    .|: ゝ    |    ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪ r-‐"  、_ _ `ー ',ノ  ,ハ       ハ   }`ヽ ./
-⌒ \´ ̄`)ー '、   ∪     `┬─'^ー┬'       .r、.ヽ      `,  (く`/ 〉    /  l  /   リ
ヽ ー´ ー ´__ 人           |!il|!|!l!l!il|!|        /,.ノ,         ,`'´/         //

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 要するに、宮脇は自らが浮気していることを、ついポロッと言ってしまったのだ。

 その発言に当然愛子は激怒、そのまま家を出て、ミラノへと向かってしまう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



56 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:35:42 ID:y4mw3vfw0


         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::      本当にやる夫が悪かったお!
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::   もう浮気は絶対にしないから、よりを戻そうお!
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




                        九   |         i、   __  ミx、  _,、
                         i :..  |     __, }ノィ¨´  `ヾ:、≧( ん}ァ
                         ⌒):  |     ._rУ  /   /  ヽヽ y/}ヾく
                          く   〈    7" //イ  { イ i  ハ∧} リ }ヾ:、
                           }   ヽ. / / / 《  /_,ノハ|__| l | |   |
   あ゛?                        /    | {   {ィ|弋l|ヽ   ヽ  V!/l |   |
   わざわざミラノにまで来て、        |     {    ノ||必!}}ニ  千三込、}ム.   |
   何言ってんだ、お前?         \  r┘   |`゙テソ´          }!    ト、
                            }  `¬   ⊂⊃       ⊂⊃厂l|   |{
   もう、お前さんとの関係は、         ヽーヘ{   _ ->、       _∠i ハ   | \
   終了だっつーの。                   </   } ̄`7Tブ´. ∨ |   |   丶
                              ‐¬    /   | 「. ,ノ  \|   L.  く
                          r≦-‐   ̄|l    |    | `フ⌒{    ヽ  {_.  \
                          |       |l   〈   / j′  |     ∨Tー-ミ、. |
                           |       (^ー 、  \く  「   |       V{    j〉ソ
                           |       `7 「 ̄`ヽー<   〈       |`  リ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その翌年、宮脇は出張の折に愛子と会ったことを、「自筆年譜」で明らかにしているが、
 「日本出国時に実質的に別れていた」とする愛子の発言と微妙に食い違う。

 おそらく会ったのだろうが、それは夫婦和気藹々というわけではなく、
 むしろよりを戻すための談判みたいな感じだったのではないだろうか。
 もしくは離婚に向けた協議とかだったのかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



57 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:35:59 ID:y4mw3vfw0

         (( ____ ))
       _√ィ´    ` ヽ\
      ,イ / ,' l  |   } ト、
      j / ,  |  !  / | !
      / ,' /   |  ハ   { 〈 /
      | { /ト、 ノ、/  ,イ   ,ヘ
      ', ∨ l }丶 l|   {'  ∧ヽ、
     ハ i! ∨ _ノ   ヽ  j! \丶             ・ ・ ・ ・ ・ ・
    ./ l|  |  ヘ    l|ノ   jl }
   / 彳  ゝ  i   /ト、  ハソ
    { 〃 !   《 ヽ ム  j i| ヽ/  \
   \ヽ/   l|    } / リ   l|    }
     ヽ\  //  l! /  '   ハ    ノ
    /}_」ハ/ ヽ  {ト、    }∧  jヽ、
    !///ハ }  ノ ヽ  イ/ '. /  |
    / ./  l| ∨ l|    Y  ソ  '/  i!
--イ   / ノ  ヘ ハ   /  i!ヘ  l|   リ
_ -‐ ′(     '人i  j  '  \i!  /|
     \i    〃  '  ,'      l ∧{
       }   ノ!   l|  \    ,' ' ト、
      ゝ、 l|  ハ    ,' .ノリ\ノ j
        レ'仆、/ヘ从ノ\l!ソレ′
        |   / ヘ- =∨ { \
        |ミ≡彳  《彳 Y' \ `ー 、_
        |    !  j|   |   ゝ- 、
        !    |  l|   j       ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんなわけで、1965年8月。
 宮脇俊三と宮脇愛子は、協議離婚をすることになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



58 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:36:15 ID:y4mw3vfw0

              厂 ̄ ̄)_.    --─‐‐))__/ ̄ ̄`ヽ
           /  {f必 }ニ二     二ニ{必7}ミ   i
              i  ((У/        ̄ ヽ \)) |  |
             ノ / / ′        l     ヽ |  |
           / / /     | l      l|     ハ八  \
        /   / l  | |   | ヽ.  |  l| ┼ ハ  :  \  \
        (    /  ! l !| 从  |i | ∥ /| / ;|  |  | )  )、
        ハ /  l |  l .!.ハ. ト、ヘ ト i!i リ }ハ ハl  |  | /  /ソ;
     /   /   | ヘト. ト{'〆rァォヾゞ}ル'气テ丐l  |  l/  / ι
     l  / い i  | ヘ{ 《ハ{必}jr!}   {込シ./  |  |   人  )        こ、こんにちわ。
      Υ i ! \ i  l l 乂ト々;ツ ,  """,イ  | { /  \い、
       )    /   .l  ! ゞ|`ζ´  _   イ l  />、 ! ̄`ヽ  \i        お名前はかねがね……
     i   /  ;l  /|  ハ _)`  ー ´ | / /_ノヽ l   / ヽノ !
     |  /  ,/ l  { l   !゙^);う`¨ζ⌒l  l/ノ  } l  /   / ヘ
     i! i   i   ! ハ ヘ  .|_,'ミノ'、ノしァ彡l  |ノ  ハハ    /  ミ
     ハ  !   l i .ハ  V .! | |≫≪| | l  l.   ハ|. i   / ;  :}
     ( ハ  )  | | i.ハ  V |ム乙几zr‐ァム| |  ハ | l  /   リ
     )  \i  ノ | i!.ハ  V | | | | | .| | ヘi !  / ! | |: /   ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その後、宮脇愛子は、同じ1966年のある展覧会で、ある人物と運命的な出会いをする。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



59 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:36:32 ID:y4mw3vfw0

   ,/テ=、
   | ///,.-ー`,〃´レ,
.  | // / ̄ 、,、、、,、,、,Z  〃
  |   /   ミ     \  ′
. /`ー、ノ|. r‐、ヽ ,.==ヽ' -ヽ  _
/、   > 1 |.l=| | ' ,=、 .=,<   ´
 ` ヽ´彡. `ー|/ ////r_~'ヽゝ  っ
   / イ  /|  ,=:=:=,=,=「
  / 7 ./|. .|  .ー'ーヽ'ノ. ̄|           いやあ、こちらこそ、お噂は……
 / 三/  |i. ヽ .l l i ; ;  |
./´ ̄ .|   |:|  `ー---,―--'
     |   |+|、___/|  |''ー..,,__

        【磯崎新】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 磯崎新。後に「ポストモダン建築」の旗手と呼ばれ、世界的な建築家となる人物である。
 当時は丹下健三研究室から独立し自分のオフィスを立ち上げたばかりの、新進気鋭の建築家であった。

 なお、彼の初期の代表作といわれる大分県立中央図書館が建てられるのはこの翌年、1967年のことである。

 アートプラザ(旧・大分県立中央図書館)
 ttp://www.art-plaza.jp/data/information.html

 しばらく後、二人は結婚する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



60 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:36:44 ID:y4mw3vfw0

      r-、| \/    /       ヽ   ヽ `ヽ
      \ ヽノ_ __._ ,.イ/             ヽ \
  .,_ z--_ィ__>イ ---- /             !     !  ヽ、
     ̄// /! |           !   '     |     |     !\
     /!/ | ! |     i     l  │     ||    'i     |`ー`-
    !/    | |/     |    ノ  ,.|     ||  __ }    l |ヽ
  /    レ′   │   ハ  |j__ .,ハ||  f⌒イ__ノ  l |\\
,./              | l   | ィ '!´| ゝ -ノ |ヽl  /r|-__ ノ,ノ  \\
              ヽヽ ヽ Vゝ≧≡ミリ、 ヽ人Y⌒ファ    \\
              ハ Nヽ!  丶 ゝ,rィj     ゝr'´_フ        \ヽ
         /       'ヽハ!       ` ´       弋f「 |         | '
         /       ! !l ||                入| |         , |
       ./       / |ム||          _ ,   ハ |       / ,
      /      / |ヽ||           ` ´ ∧ ||     _/ /
     ./      /  ノ‐.||ヽ_        ´ /  |ヽ.|  <´_ ̄´
             '   /ヘ-||‐、\ ̄ヽ´\r- ‐、´|  ヾ '.   \ヽ
      __/_  入__.ノl  ヽ ̄ ̄ヽ__ ヽ,∠_人    |       \\
     '´      ̄ `'ヽ//`ー- .、   ヽ `| /   \ │      j ノ
  /             \     \    ヽ ,. -─- .、    __/
                  、           \     ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一方、宮脇俊三は現在の夫人と1966年9月に結婚をした。

 そして今度は終生別れることはなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



61 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:37:06 ID:y4mw3vfw0

以上でございます。ご清聴ありがとうございました。



62 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 10:49:28 ID:5y7l6yMw0

朝も早よから乙でした
戦後直後のこういう文化人たちのサークル的な集まり、もし機会があるなら見てみたかったものだ


63 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 18:52:24 ID:KaY10s9Q0

既出かもしれんんけど
12月2日まで開催中のようだから
世田谷文学館 齋藤茂吉と『楡家の人びと』展
ttp://www.setabun.or.jp/exhibition/exhibition.html



69 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/24(水) 18:45:30 ID:pcQIEM.M0

今前スレに、埋めネタと称して「斎藤茂吉と楡家の人びと」展の感想をざっと書いてきました。

ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1324812688/



64 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 21:54:03 ID:Zy4go1R60

乙でしたー
まあ物分かり良くて浮気もしない配偶者なんてそうそういないってことだなw


67 :名無しのやる夫だお[] 投稿日:2012/10/21(日) 23:54:43 ID:lNsEQHZc0

宮脇さんは由布院駅の駅舎とか見て何か思っただろうか・・・


70 :名無しのやる夫だお[] 投稿日:2012/10/25(木) 00:54:28 ID:awwfgIJA0

筒井康隆って出てきてたっけ?



71 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/10/27(土) 20:42:53 ID:6zJMrzy60
こんばんわ。では今日も番外編をお一つ。


>>70
筒井さんはまだ出してませんね。







小ネタ10へ進む




埋めネタ3へ戻る




まとめ一覧へ





 

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。