合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 番外編11 「とある精神科医」


タグ:

108 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/10/31(水) 03:54:14 ID:.AyqBfiI0

藤本義一さんお亡くなりになられたそうで、合掌
11PMでお世話になりましたわ


109 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/11/04(日) 19:15:14 ID:gmD6awfA0

>>108
79歳ですから、「大往生ですね」といいたいところですが、
文壇だと「まだまだ若いのに……」って言いたくなる不思議。

関西在住の作家さんだと、山崎豊子さんも田辺聖子さんもまだご存命なだけにね……
(田辺さんは義一さんと仲が良かったと記憶してます)

ご冥福をお祈りいたします。



110 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/11/04(日) 19:22:22 ID:gmD6awfA0

そんなわけで番外編投下しますです。



111 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/11/04(日) 19:22:33 ID:gmD6awfA0
         ,、          _
      / l          ヽヽ
      ,′|          ヘ ヽ
      l  l           l ヘ
      |  l           l. l
      | ヘ              l  |
      ヘ  ヽ         /  j
      ヽ  \ , -┬┬、/.  /
       \   7   ヽ ヽ_∨
         ヽ  l   .  二 --`ゝ
          /ゝ' _.. '-'´ ・   ・ ヽヽ
         j-'´ |  =   _人  ~ l 〉       ロンドンから帰るよ。
        / ̄ ̄l         ノ´
         / ̄ ̄~|      _.. ィ‐┐
        ゝ──'>ー<二○'´i ̄
           `ー┐      l
            _」      つ
           ゝ───…  ̄
         /
      ⌒ヽ/

             【夏目漱石】


夏目漱石は1900年(明治33年)から、1902年(明治35年)まで、ロンドンに留学しています。



    前の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 小ネタ11 「音楽ネタ」』  
    次の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 小ネタ10 「終生悔やむ話……」』  

112 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/11/04(日) 19:22:47 ID:gmD6awfA0

  ,、          _
  / l          ヽヽ
 ,′|          ヘ ヽ
 l  l           l ヘ
 |  l           l. l
 | ヘ              l  |
 ヘ  ヽ         /  j
  ヽ  \ , -┬┬、/.  /
   \   7   ヽ ヽ _∨
     ヽ  l   .  二 --`ゝ
      /ゝ' _.. '-'´ >  < ヽヽ
      j-'´ |  =   _人  = l 〉          英語研究って何すりゃいいんだよ!!!!!!
     / ̄ ̄l      `′  ノ´
     / ̄ ̄~|      _.. ィ. ̄)
     ゝ──'>ー<二○'´i ̄
        `ー┐      l

文部省の国費留学生ってことで、当人もかなり光栄に思ってたようですが、
御上からの研究の指示が「英語研究」ってことで……

漱石は留学前から腑に落ちない印象を抱いていたようです。



113 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/11/04(日) 19:23:02 ID:gmD6awfA0

::::::::::::::::::::::: ,、::...         _
::::::::::::::::::::::/ l::..         ヽヽ
:::::::::::::::::: ,′|:::..         ヽ ヽ
::::::::::::::::::::l  l:::....         l ヘ
::::::::::::::::::::|  l::::...         l. lヽ+
::::::::::::::::::::| ヘ:::::..            l  | |
::::::::::::::::::::ヘ  ヽ:::::::       /  j| |
::::::::::::::::::::::ヽ  \:::, -┬┬、/.  / | |
::::::::::::::::::::::::::\   7   ヽ ヽ_∨ | |
::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  l   .  二 --`ゝ | |
::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ' _.. '-'o '  :: o'::ヽ| |
::::::::::::::::::::::::::::::::j-'´ |:::: =   _人  ~::l |〉...
:::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄l::::::    "  ::::ノ| |::::.....
:::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄~|:::::::..    _..::::ィ/二7::::::....
::::::::::::::::::::::::::ゝ──'>ー<二○'´i:::::盲:::::::::.....

それだけならまだしも、ロンドンでの生活は、彼の精神を蝕んでいったようです。
例えばホームシックにかかったり、イギリス人たちの東洋人に対する蔑視に悩んだりとか。
それこそロンドンのあの鉛色の空ですら、漱石にとっては気分の悪いものだったようです。

そんなわけで、ロンドンにいるうちに精神衰弱になり、
さらにそれに尾鰭がついて「夏目漱石が発狂した!」と日本に伝わってしまい、
2年間で緊急帰国させるということになってしまったようです。



114 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/11/04(日) 19:23:16 ID:gmD6awfA0

      ∨     ヘrヘ__ ,,,,}、
      {   ,,> ' ´: : : : : : : : : :.`:ヽ、
      >、/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、
     / ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヘ
   /  /: : : : : : : : : : : : : ,: : : i: : : :、: : : :.ハ
  /    |: : : : : : : : :,: : : : ;イ: : :}ヽ: : :.ハ : : : }リ
  ム__  {: : : : : : : : :ハ: : : :ハ: :.l  ヽx「ヽ:.リ:.|
    {、 .|: : : ',: ヘ,; :l-レ''l7'''、リ゙   ソ''´ レ:.ノ
      \{:r-ヽ: リW,, -‐‐ -、    ! i!ノl''´
       ヽ }`ヾ       fj ゙   、- '´}
        ヽゝ   `ゝ-‐''    .ノ  ノ             金之助さん、帰ってくるのね……
         `''へ、    r‐‐ァ  /
           ,人.> 、_ ヽ-',ィ´、              えっと、船は……これね。
        ,, ィ'´ : : :.ヽ、__7 ̄/ヽ、ヽ
       /: : ヽ: : : : : :/i ニ}∨{二 }、:ヘ
       ,': : : : :',: : ;,,;/ ヽ -):'}:.}、 ノ:ハ;ハ
.      }: : : : : /''´: {  ノ: : l: キ`': : :ヘヘ
      ,': :r '':´: : : : `-'{: : : :l: :{: : : : : : :.ヘ
.      l: ノ: : : : : : : =r': : : : :l: : ヽ: : : : : : :.}
.       {: : : : : : : : : ,ノ: : : : : ll: : :.゙i、: : : : :/
.      ヽ: : : : : :r'´: : : : : : : l l: : : : ヽ==ィ'

まあ、それはさておきとして、日本にいる家族にしてみれば、
予定よりも早く帰ってくるというのは、うれしいことだったに違いありません。

……同じ船便にある人が乗っていなければ。



115 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/11/04(日) 19:23:31 ID:gmD6awfA0

                 /: : : : : : : : : : : : : :i: : : : ヽ : : : : \
              _,.イ: : : : /:/: : : ,.イ: : :ハ: : : : : }: : : : : : :ト、
                    7:| /: :〃_A-、:/ /: : :/|: /: /|: : : : : : :|. .\
               | |: |: / レ' |/\/: /  j,イ__/-|: : : :/: :,'. . /
               |: VⅥ /⌒ヾ、ヽ.X  ぃ>jへ |: : :/ : //
               Y⌒、|     0 `   ´0     ヽイ ,.イ´
                  ヽ {_,| ‐┬―     _     /        ちょ、な、なんで……
                `ー! || |    、 ,.    ̄ ̄ /         同じ船便に精神科医が乗ってるのよ!!!!!!
                  ヽ                /´
                      \   r-―v┐  /           ちょっと頭のお加減が悪いとは聞いてたけど……
                       ` . ゝ:.:.:.:.ノ ,.イ            そういう状況なわけ?????
                _  __r‐L`二´__」┬─ァ┬-、
                  /  |7. . . / く__,ム___ > ,| . . .! |   ヽ
               /    !'. . . /|/ /∧ヽヽ/ |. . . | |    |
                 /   /. . . /  </  Ll   !. . . ! /   |

と、いうのは、乗客名簿に、ドイツ留学から日本に帰国する精神科医が、
偶然乗っていたからです。

しかし漱石の精神状態がおかしいという話を聞いていた家族や関係者たちは、
「精神科医が付き添わないといけないくらいヤヴァい状況なのか!」と早合点してしまいます。



116 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/11/04(日) 19:23:47 ID:gmD6awfA0

                     r-、
          r-,          l l
          | .|          l l
            l l          l .l
            l l         / ./
          l ヽ  _ィ―‐t-v_' /
           ' ,  Y´ \_ヽ_く
            ソー'  /´ __二ニ>
            l_ィ┴' ̄ヘ .ヘ ヾヽ       スコットランドとか言ったり、
           /___l ニ    人 ニ i _l       自転車に乗ってたりしたから、
           /ー―l        _ノ´        意外に楽しかったよ。
          `ー--ト―ャー―''フl´
             /   、`,'a''´ ノ
            (    ヾミ   )
             `ーャ二ノー''´

もっとも、漱石本人は帰国直前に自転車に乗る練習したり、
スコットランドに旅行しに行ったりで、精神的には充実した生活を送っていたようで……

まあ発狂とかヤヴァい状況とは遠かったようです。



117 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/11/04(日) 19:24:06 ID:gmD6awfA0



                             , ――-、     私はドクトル・メジチーネだろ、常識的に考えーて!
                            /       .:\
                               / __     .::|                         ,.-、
                           ∨     ヽ ....:::/                     _,.、/:∠_
  ___, - 、             __,. -――<二二二>≦――-,、           ,. ‐'´::::ヽ:.:.:.:.:二ニヽ
 ゙ーァ:.:.:|::::::::`` ―- 、、    _r:'Ti::、:::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::/:ハ、       ,. ‐'´:::::::::::::::::|‐--―一'
 /:_,:.:.,|::::::::::::::::::::::::::::``ー-‐'´:::::::ヾ', '、::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::://:ィ::`>―‐-- ‐'´::::::::::::::::::,. - '
 '-´一'´`ー- 、、:::::::::::::::::::::::::::::::`丶:ヾ}}:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::/:'シ':/::::::::::::::::::::::::::::::::,. ‐ '´
          `` ‐- 、_::::::::::_,. -‐``^ヾ::::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::fr‐ '<-_::::::::::::::::::::_,. ‐'´
               ` ̄      /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::〈     `'-一''"´

もっとも、仮に漱石が精神衰弱になっていたり、発狂していたとして……

その精神科医が果たして漱石を介抱できたのかは、疑わしいなあ……とスレ主は思ってます。

と、いうのは、このとき同乗していた精神科医の人生の記録がある程度残っているからです。
……その人の遺族の手によって。



118 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/11/04(日) 19:24:22 ID:gmD6awfA0


             / ̄ ̄\
            / == == ヽ
            |   ○―○  |
            |  ___(_::::::)___|          私は日本唯一のドクトル・メジチーネだろ。
            |  \___ へ__/ |          常識的に考えーて。
            ヽ        }
          __,, -ヽ      ノ-、         うむ、君の脳は悪い。ぶっちゃけ腐っている!
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .      だから私の作った薬をあげよう。
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ      これを飲めば絶対に直ーる!
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"

            【斎藤紀一】

その精神科医の名前は斎藤紀一といいます。
元々山形の農家の出身でしたが、
山形で医学を学んだ後、東京に出てきて開業し、大繁盛していた医者です。



119 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/11/04(日) 19:24:47 ID:gmD6awfA0


        .r-、       / ̄ ̄\
       /て )     /   == =
        ( _ノ  フ.     |      ○-○)
       ゝ、 〈     |    ___(_::::::)___
       / ハ ヽ.     |    \___ へ__/       よーし、ドクトル・メジチーネ、
       /〃 ヘ  \ . . |         }.        頑張って脳病院作っちゃうぞぉぉぉ!!!
      i !   \  `.  ヽ        }.
      丶丶   _ >   ヽ     ノ
          ゝ'´- 、_  y-、       \
        〈      ̄  う       /、  ヽ
            `ー― ¬、__ノ     |  >  /
               |      r'^ヽ'´ _/
                |      `く__ノ´

さらに留学から帰ってきた後の1907年(明治40年)、東京・青山に脳病院を設立します。
「青山脳病院」です。

……ここまで書くと、もう先ほど私が書いた「遺族」とは誰のことか、わかるかもしれません。
人によってはその遺族のどの作品に彼のことが書いてあるかすら、わかってしまうかもしれませんね。



120 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/11/04(日) 19:25:03 ID:gmD6awfA0







































        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|               よりによって、こんなおもしろい人が、
     |: : : ´"''",        "''"´ :l                ぼくの爺さんなんだよなあ……
      ',: : . . (    j    )   ./
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__           ぼくは会ったことないけど。
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|

           【北杜夫】

そう、「遺族」とは斎藤紀一の孫である、斎藤宗吉こと北杜夫、
「記録」とは「楡家の人びと」のことです。

「楡家の人びと」の第一部の主人公と言っていいだろう楡基一郎は、斎藤紀一のことです。
もちろん、細かい部分を脚色しているのは事実ですが、大枠ではあのままの人物といわれています。

マンボウさんは、後に斎藤茂吉の評伝を書いたとき、この斎藤紀一のことを、
「大言壮語が目立つ」とか
「口先がうまく、成り上がり者で貴族趣味の俗物」とか書いています。

でもまあ、このスレ的には、結構おもしろい話なので、番外編で取り上げてみました。



121 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/11/04(日) 19:26:31 ID:gmD6awfA0

以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

いつか「楡家」はやる夫化したい作品だったりします。



122 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/11/04(日) 20:41:04 ID:bAMZQD9.0

乙でした。この辺りの縁は面白いですよね。


124 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/11/05(月) 22:01:29 ID:a9pZcwC60

乙です
漱石でググッていたら池田菊苗(うま味の発見者)がロンドンでの下宿仲間
だと知って驚いた


125 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/11/05(月) 22:12:18 ID:TK/9.QGU0


楡家は中学の頃から読んで好きだったな
和製”百年の孤独”だよね


126 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/11/05(月) 23:01:53 ID:o26CbbYs0

>>125
「百年の孤独」、実は今図書館で借りて読んでます。

北さんがトーマス・マンの『ブッデンブローク家の人々』に影響受けて書いたのが、
「楡家の人びと」なのは有名な話ですが、
ガルシア=マルケスの「百年の孤独」も結構似てますよね。

この3つは読み比べると結構おもしろいかもしれないです。
あと島崎藤村「夜明け前」も似てるかもしれないなあ。







小ネタ11へ進む




小ネタ10へ戻る




まとめ一覧へ




 
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する