合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

スポンサーサイト


タグ:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    前の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 小ネタ15 「翻訳とバイアス」』  
    次の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 小ネタ13 「カレーライス」』  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 番外編13 「ごんぎつね」


タグ:
417 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/10(金) 23:27:24 ID:i6uHu3tE0

芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介
川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥
龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川
之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥 ,. ======== 、龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍
介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川(___r‐、   \介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之
芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍___}   `ー' ̄ \ノ芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介
川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍 >:::\_______人芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥
龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之∠イハ rtx /ナtテ-}:h:::≧之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川
之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之 ノ l  lハ`ー厂`ークイl/ \芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍
介芥川龍之介芥川龍之介芥/ ̄`ー T'´  l  lハ\ rっ ./l     ` ー 、___川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之
芥川龍之介芥川龍之r‐とく        l.   l   \` </     /        `ー--- 、_川龍之介芥川龍之介芥川龍之介
川龍之介芥川龍之介/U´  \__,....,,___l      ̄「      {              r'f´l´ト、介芥川龍之介芥川龍之介芥
龍之介芥川龍之介 U`ー⊂イ         ̄\   o      `‐ァー―-<  ⊂´UUしl..}介芥川龍之介芥川龍之介芥川
之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍\  o      ノ´⌒ヽ     ̄ `ー‐^ー′川龍之介芥川龍之介芥川龍
介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介.>   o            '、.芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之
芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介/    o          }川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介
川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介 <      o            ノ龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥
龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川.\             /之介芥川龍之介芥川龍之介芥川龍之介芥川


……とまあ、そんな風に、芥川龍之介の名前を書き連ねた、
太宰治の学生時代のノートが寄贈され、報道陣に公開されたとのこと。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130510-00000060-jijp-soci.view-000

なんという芥川愛w



    前の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 小ネタ15 「翻訳とバイアス」』  
    次の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 小ネタ13 「カレーライス」』  

418 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 00:32:20 ID:83mT5J920


太宰は自分大好きなところあるけど、芥川はどうだったろうな?



419 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:52:35 ID:cjksz1xo0
              ,,===、、
              //    ヾ、
                 l:|      ヾ.
              __!__/:ヽ、___l|_
      ,. -‐_´:-: : : : : l: : : : : : : : : : :`: .、
      /‐/: :,: : : : : :, :l: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : /: : : : : /: /l: : : : ハ: l: : : : : : : l: :`、
     /: ,//: :/ : : :_LL_l: : : l:l レA、:_: : :、: l : : l
   ////: : :l : : : ∧/ l: : : リ l: |丶:`: : l: l: : :l
  / //l: : : l: : : /_V_ヾ: : |l _ヾ__ヽ: : : l:ll: : :l
      /│: : ,、: : :lT亦テl ヾ: l  T示┬l: : W :、:l       「ごんぎつね」の感想をめぐって、
      l : ハ: : ハ`、'::,┤ ヾ   P:,:::ノ'lヽ: ト`,:x       いろいろ議論になっているようだけど……
       V  ヽ:l: :l `''´  ,   `''´'.: ヽl_ノ: N
         `  N: :ゝ、_   _    .ノ : : N : : l        ギャル実さんはどう思う?
         │: : :|  ≧ t - <: : /: : :ハ: : :l
            .l : : :|./ |,─ 、./ //: : : l: l: : :l       ttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1760931.html
           .| : : :|   |ィ ヽ/ // : : :/彡l、: l
             |: : : |  .| ⌒/ //: : : /〃彡l l
            |: : : |  .| / // l l /,´/  |l


420 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:52:48 ID:cjksz1xo0

                ____
            / ̄/    `‐-、`ヾ‐-、ィ´ ̄ヽ
          / /  ,       ヽ  `ヽ ヽ   }ヽ
          |/   {     ,、      ヽ ヽ   l  ヽ
            /     ハ     ハ   i    ヽ }  }   |
        /  l l  / l   /  }   ,' }    ヾ     .|
          / /  { ト、 l  ヽ  {  十‐z/ /l    l     .|
         ,'イ   ヾ、二ニヽ\{ ≦二/_,' | i   .l     .|
        ! {     ∨てリ `   て孑リ`' / ,イ  ト、   .|      ぶっちゃけ、どーでもいい。
        |  ィ ⊂⊃゛‐' 、    ヾ-"  ム⊂⊃レ ヽ   l
        ∨ハ  l {            u | |'   ヽ  .l      だって、「感想」文なんだから、
           |  |八    __    ,、_ノ l    ヽ l      その作品を読んでどう感じようが勝手な話。
           |_| O\        , イ O  .l      |
          |   ̄ヽ `l ぇr-‐ ´   {_/_ /       . |
          了==-ヽ__,l_/    ィ  ̄  /  ヽ    .|
             .L__ヽ∧ヽ  / レ―丁〈     \ .l
            ̄ヽ、` ∧     {__/ ヽ      ヽ
                   ∧    /__)/   ヽ       >
                   ∧  /       { \__/


421 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:53:01 ID:cjksz1xo0


 |:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/! `i:.:.:.:.:.:.iヽ:.:l:.:.:.:.:.:∧ 、:',
 |:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.: 、//  |:.:.:.:/:.l ∨!:.:.i:.:.:.∧ \
 |:.:/://:.::.:.:.:/ >、__,, |:.:./レ'/|:.l:.:.:!:.:.:.:.:|
 |:.|:/:,、':.:.:.:/ヾ 弋ヲ` .!:/ rゥ‐, !::!:.:.|:.:i:.:.:|
 |:.|/:{ !:.:/:.|  ミ三" |'  , 三 ・::.!:.∧:ト、:.!
 |:/:.:.ヽ|:/:.:.:!           .}:.:lレ !' V        そんな、身もフタモないことを……
 |':.:.:.:.:>'´ ゙̄ヽ、      c ィ´:.:.:.|
 ':.:.:./     ヘヽ `Tニ ´‐.|:.:.:.:.:.:|
 :.:./       l \/⌒ヽ、|:.:.:.:.:.:|、



422 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:53:14 ID:cjksz1xo0

          / >'´ ̄        `ヾ\
       ././ /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
       /./ 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   i
        lイ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト    l
        |ヽl |l||ト、 ||  l| i |  |     |     実際、感想文なんて、
        |.ハl ll .| | l \|| ,,リ l l ∧   |     本を読んでどう感じたか、を書かせるわけだから、
        | ハハ ハ圷 ㍉   ィ〒ミ⊥/ / .ハ   .|     本当のところは何でもアリなんじゃないかと思う。
        |   ヾ *(●)′ (●)*ノ| lノ // :   |
       |.rヽ |⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|!§/l   |     例えば「どくとるマンボウ青春記」の憂行ネタを取り上げて、
       |.i ! |§.|ゝ、ゝ._) ィ´| §  |    |     「憂行wwwワロスwwww」
    r;r‐r/ | |  :| メ、  ̄ ノヾ |  |  |   |     ってのも、立派な感想なわけだし。
    〈_L (`ヽ .}r'l  |`||  ∂  ||´|  |`ヽ.l   |
   l` ( ``/ |仁二] || `  ´ ||仁二]   l   .|
    ヽ   l  |仁二] ヽ У  /::仁二]   |   .|
.     |,.   l  レ')ソ: : : : :≡: :´: : : )ソ: :}  |   .|



423 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:53:32 ID:cjksz1xo0

                 _   __ /::::|
         ィ=、----v'::::;⊥--ヘ:::::::::ヾ/;>― 、
        /  :}` ̄:> '´   メ |:::::\::|^⌒ヽ .:.ヽ
.       /l l l ト、//     '´  \__:::::| ヘ   ヘ |
.        !//l li/ ./ .// ,、}r、      /:∧ ヘ ∨ |         この「ごんぎつね」の件も、
.        |l l l./ ./ /.;'  トヘi'ヘ  :| .|. \::ヘ: ヽ ヘ |         「ごんがかわいそう」ってのが王道感想だけど……
       ヽ. | | | | .||! |.   |:| :| .小 j! ハ;ハ  ヘヽ |
        | ヽ:|ハハ圷 ㍉  ,jハィ〒ミ!lハ/Y゙| ヘ  |         実のところ、
.          |l l l`ヽli *(●)   (●)* /j/ハ|  ∧ |          兵十の家にごんが栗とか置いていたことは知らないんだから、
.         |!: | :|:!⊂⊃、_,、_, ⊂⊃,ξイi:|  ∧ |     /〉  ごんが銃で撃たれてもしょうがない、って部分はあるんだよね。
        ハ: | ./*\.  ゝ._)  /|*ノ.:.リ /  /      /./7
         / :| レァ:、_ .>、ー ,. イ ノ:7!_;j/  i|    /-'./―;、
.        /  レ' {     ィく 「   ,/   / / /|     | 〈:r! ノ,ハ
       / /  〈 /\ §   ξ   // / //: |     _|.  } ^ドr'′
      /   .::|   \|∝ ξ /::::::,.イ/ 人_:|    _ノ `ー-::イ
    _,/      :. :./.::   ヽ/ o ̄ |   /    ____〉 厂L __ _,人
.  /        ;/    //       |  | ./   } | :|   〉  〉
  \     __/      ://    __r'  _丿 |    {  | :|  :/



424 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:53:45 ID:cjksz1xo0

             ,ィヘ ____ _, ィ ⌒ ヽ
           .// /_´、 ∠_  ` ヽ    \
           ' /   /´  ` `ヽ  ヽ    l
           .| ,'     l        \ ヽ   |
           .レ                ヽ ヽ  .|
          /                 ヽ}、 |     だから、そのスレ立てた人の姪っ子が、
          ,'   ,    |   ,、    ,   l }:.|
          |    ト  ヘ |   | ヽ   イ   .| }.:|     「やったことの報いは必ず受けるもの」とか、
          |    ヾ | ヽト、 l  ∨/ハ ィ  l ,' l     「こそこそした罪滅ぼしは身勝手で自己満足でしかない、
          ∨ヘハ寸‐弋う \| ,ィ弋う .}/ l ∧ .|     撃たれて当たり前 」
          |' ヽ、rュ´           ´rュ.l./ .∨|
          |    | ゝ_   -    イ ノヲ、   .l     って感じるのは、別におかしくはないと思うんだよね、私は。
          |  ,r-‐'´  ヽ、-r≦  }_/イ `ヽ .|
          /  /   _ュム/ 、_  { ̄ _ノ|    i ト、    ……っていうか、
        /  /  /  |       フノ l    l、 \   子供がそう感じることも想定してる作品のように思うし。
   __/   ./   '-‐y廴_____zイr‐=-f'     \
  r ´ /   ./    ,  /: : : : : : : : : : : : : : :∧  |      \
 < ̄ /  /   //{: : : : : : : : : : : : : : : :.:∧ .|        \
  >'、__,'   /´  l: : : :‐- 、:_: : : : : : : : : ノ . l\       >
  |\__{_ / r-―ゞ‐、二二二__  イ  |  ヽ ― ´ヽ、
  |       rf壬_   __            '         }
  \         ̄―― ´       ` ‐- 、_ノ      ‐-‐ ´
    ヽ _ィ



425 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:53:58 ID:cjksz1xo0

      _,_,;_‐: :'':'':¬:‐.-. .,,_  _,,,r.、. . . . .,,_
          ̄,.¨ニ=-: : : : : :``/: : : : : : : : : :`:`:丶. 、
        /,. ‐ '':":´: : : : : :.:l::: : : : : :: : : : : : : : :ハ: :\
         ,:'゙'"   ,.     /.::;:!:::. : : : :.::. : : i;. : : : :J、: : :.ヽ
     /  . . /: : : : : : /:::/ !:::|: : : : i:::ハ: : i::. : :  ヽ: : : ゙:,
     /. . : :,,: イ: : : : : : : : :i:::/ !::::!: : : :.l::l. i: : i:::. : : : :i, ゙; : : : i
    /: ; -'" /: :/: : : : : /:.;!:::i  l:::::{: : : :.|:l  i: :.i::::. : : : i: :i: : : :|
  //   /: ;.l: : : : : :/、/!::l   l::::!i: : : :.!l   i: :ト;::::. : : :i: :i: : : !
  '"     ; :/ !: : : : : l: :l`ト!、,,_,,i::| ∨; 、| _,,. ⊥j‐<": : :.!: :i: : :!
         !:.! !: : : : : !:≧土ュ,,__ !| ∨.:.「 _,,,」:L-v: : :.|: :j: : !
         !:l  !: : : : :i:!:lヤ[゙゙天゙トヾ  V:.| 行゙天゙丁ヤ: : j: :.|: :i     え?
         l:l  ∨: : :.i::!ハ r' ーイ|     ヾ| r' ーイ ! j:};. :.l:|; j):l
        l:!  V: : :!:i:{::i ''" ̄        ̄l゙lT・l:i::i: :!:j,}:!: l     またギャル実さん、変なこというなあ……
       {|   ∨.;!::::::::!、             ,':':::V:.i:{:リ: |
           V l:::::::::::`丶.、,,_ ∠ヽ  _,,...イ':: : : /:::!.: :.|
                 l.:.::::::::::::i:::::::::::/丁´ ̄,レ ヾ:l: : : /:::ヾ!: :.|


426 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:54:10 ID:cjksz1xo0

        /"´       ̄``< \
     , '⌒Y-‐   ,  /     \ \ ヽ
    ./   .├=/ / / /   ハヘヽ ヘ ',
    l    トヽ,'  ||  | |   ,   l l| | l l
    |     |  l i ||   | |  ,イ | .l l| レ' |
    |    ∧ :| l リ、 .| |/ l  l .l l| |   :|
    |   ハ.∧ヘ ハ圷 ㍉   ィ〒ミハハ/  :|    いやいや、別に変なことでもなんでもないよ。
    |   ヾ ヽl   l*(●)  `(●)* /   :|
    |    |\§ |⊂⊃、__,、_, ⊂⊃ l     |    「ごんぎつね」って、日本昔話にありがちなパターンなんだよね。
    |    |  § | ゝ、 {__ノ , イ §|     |    因果応報って意味では。
    |    |.  |   l メ、_ ̄_ノヾ |  |     |
  r、    | r´|   |´ll  ∂  ll`|  ト、   :|
  ヽヾ 三 |:l仁二]|| `  ´ ||仁二] |   |
   \>ヽ/ |` }:二] ヽ   У∧仁二]: 、   |
    | ヘ lノ `'ソ)ソ:: : : `: :≡: : : )ソ.: : :}   l
    |  /´  /ゞ : : : : : : : 人: : : : : : :.ノ   :|
    |  \. ィ  l: : :―: : ´: : : `ー 1´ |   :|



427 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:54:24 ID:cjksz1xo0

                ____
.           ,  ´        ` 、
        ,へ/             \
.       / , '                    ヽ, へ
      / /  /   ./    、       キ'" l   ヽ
.     / i  ,'   ,'     l  .i    l冫'.l.   .i      ごんが最終的に銃で撃たれたのは、
.   ,.  l  l  __ ,'   ,  .l __,'  i  .l /,'.|     .l      ごんがこれまで悪いことをしていたからなのよね。
   l  ', .l '´ ,`   ,l  ,' '´/``/ ,' .l'./ ,'    .|     ウナギをわざと逃がしたりとか。
   l   ', .|ヽ.,ィテz、  l.レ'l.,ィテz.、,' / .l' ,'l     |
   l    ヾ.l  b::::::lヾ'  レ'b:::::::l,イ   .l`}' l     |     「桃太郎」や「猿蟹合戦とは何か」とかでもそうだけど、
   l   l l  ゞ_り    ゞ_;り l   l/ l    |     悪いことをしている鬼や猿は最終的にとっちめられる。
   l    l .`⊂⊃  、_,、_,  ⊂⊃  § |    |
   l    l .l  ` 、  ヽノ  ., イ.  § |    |     そう考えると、ごんのやったことは、
   l    l . l     ` ‐r-‐ 1´ .l  ./   .l    |     鬼や猿と同じで、とっちめられるべきことなのよね、本来は。
   l   l l _,ィ―-r'゚。o。゚'‐-,'  ,'    l    |
   l   l l´ l: : : : i. δ  /  /l`ヽ |    |
   l   l l  .l: : : : :i`ヽ   /  /: l  i..|    |
   l   l l  .l: : : : : i   '  ' : : l  .l.|    |
   l   / '.--}: : : : : :\/l  l: : : :ヽ l.|    |
   l  ./ /ー/: : : : : : : : : :.l  l: : : : : Y-,    |
    l / /.  {: : : : : : : : : :.:/  , : : : : :;'.f.|    |
    l./ ,仁二ゝ; : : : : : : : /  /: : : : :/ |.|    |
    ll {_.l ,ヘ  }: 、: : : :.:/  / : : : :,<二ユl    |



428 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:54:35 ID:cjksz1xo0

              ,. '",二、゙ヽ、
            //    \゙、
               {'′ .     ヾ!
            _   /\―--'' 、
    ,.. -__''二¨-   `/           `丶、
   '" ̄,. :'"     l             ヽ
    /  /    / j j  |   !    !  `、
    ,:'  ,.ィ  /   ! '| ∥   !゙、  l   l |  :、
  / ,. '゙/  /   ,⌒ l l !   ! `⌒ト    !. l   i
  /'´  i   !   /| ,'  !l `、| ゙、 l`、  l. |   |       えー?
    | l  ./ l |   l| `、j  ヽ| `、  |.!   l
     |. /'!  ∧ '゛____  `、!__l_ ゙{. |!  j        でもごんってさ、うなぎ逃がした結果、
    !! .l  |! li作三三    三三ミ ハ. |) メ、       兵十のお母さんが亡くなったことを悔いて、
      {  l l.! !               ‘! `」 `ト ゙、       償いのために魚や栗を兵十の家に届けるわけでしょ?
       V | ヘ、    △     ,. イ   | |
         |  |「二フ¬ァ ''てjヘ、/   !   !        その辺が「桃太郎」の鬼とかと違うところだと思うけど。
         |  |l /  l′   / / / i|  |
        |  }′  l ̄ ̄/ //! /ヘ|  |
        |  lミ:、  |  /  '" l //∧   |



429 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:54:52 ID:cjksz1xo0

                         __
                ~ヽ  . :  =   :: 、  `ヽ
             /     :>´      ヾ `ヽ、ハ
         /     /   〃        ヽi
         /    ,           /    `ヽ \
           ,     i    ,'     !:   ., \ }  八
          i      !    :| 从  i|   |ト、 ソ. ソ ‘,     そう。
         |     l|   斗 ⌒ト、 ハ  斗┼メ ´  i      その「改悛の情」があったことが、
         |!     ',   ∧r=≠ヾリ ヾィ≠z 从 ハ lリ      「ごんぎつね」という話を単純な勧善懲悪にしなかったわけ。
           i     ゞ ハ 八::::リ !   {::リノ ル/ / V
          }     (人こつ ` ´     ,`´ こつハ /       しかもその「改悛の情」は、
         l〃 :::::::ゝ=ト、    r=ッ  イ レ′ l|        一方当事者の兵十は知ることが出来なかった。
         |/  :::::::::爪  ト   `¨ < ハ    ,′
         |   ::::::::{lハ /}   ¨´{=-、{ハ   /         それゆえに「悪いことをするのはやめましょう」ではなくて、
          ル′ /⌒.{lハ≧x、     !. ノ{ハ.  /         そこからさらに一歩踏み込んで、
         /    /   ヾ _ }`ー‐ ´-‐≦ヽ          いろいろなことを考えさせるようになってる……と思う。
        /    ,    てニミ  ,__ , `ー‐ソ´
      /      i     メソ          そ:\
    /    ,>´¦    l          )  ヽ
   ヾ、 > ´   l|     !::.             }
      ` =  ミ、ヽ.    !::::.            ノ
           )ソ.    l:::::、      , ィ ゞー ィ´
             / |    i::´ ` = ´  ,    ,′
         (         }          /    i
               i     .i.        /    !



430 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:55:04 ID:cjksz1xo0

                         /  ̄ミ 、
                     ,. -─…─-ミ    \
              . ⌒>ー=ミ     `    ヽ
            _ / /              \  .
         /   /                 ヽ
       /⌒  //
        .′             i       i| ¦! i     .
        ⅰ  /          |i     i| _,」⊥|、    i .
        |  .′    ′   |i   ∧ i|´仏以ハ / i| i       ちなみにこれ、
        |  │    |i  |i 八   ′Ⅵ刋::}ハ ∨  i| |       王道感想は「ごんかわいそう」だけど……
        │  |i |    |i  _j仏以 /    乂 ノ⊂⊃八:
.      :  八 |、  八  イ升:}ハ          ハ/  |       実はごんを撃ち殺した後の兵十も、
        | /   | \ 个.人 乂 ノ    `     /| i  |       すごく大きな罪の意識を背負っちゃうことになると思うんよね。
        | /       \| ⊂⊃       ,   .イ :| i  |
        |      /  i八 'マ个: ..,_     个:| | i  |       おそらくその辺も考えさせるような、
        |    /    | ハ ∨Tアヘ,      ト‐ャノ 厶以       そんな構造になってるのかな……って気がする。
        |  /      レ'⌒, ∨   }       //  }: : `ヽ
.      |/       / : : ′ \       /   ′ : :}    だから、本当は、
     /        {_: :人   \         人: : /|    「ごん、かわいそう」って感想が、
    /         「⌒\{ \ _,}   {,__ /}//  |    王道になるのはおかしいんだよね。
  .          / |   )\ __,}   {,__ / (   ;
   ーく      . < \│  / : : ー=ミ、___,.ノー=彡 : : ヽ  |    もっと多様な感想が出てきていいはず。
       ー一     \│  .′              : : ; ¦
              )|   : :                : : ノ │
      丶 _ ___彡¦ 人: :                : : イ   |
               !  ヽ>: :        : :<ノ    |



431 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:55:21 ID:cjksz1xo0

              ,. '",二、゙ヽ、
            //    \゙、
               {'′ .     ヾ!
            _   /\―--'' 、
    ,.. -__''二¨-   `/           `丶、
   '" ̄,. :'"     l             ヽ
    /  /    / j j  |   !    !  `、
    ,:'  ,.ィ  /   ! '| ∥   !゙、  l   l |  :、
  / ,. '゙/  /   ,⌒ l l !   ! `⌒ト    !. l   i
  /'´  i   !   /| ,'  !l `、| ゙、 l`、  l. |   |        あー……
    | l  ./ l |   l| `、j  ヽ| `、  |.!   l        確かにごんを殺した兵十もかわいそーだよね。
     |. /'!  ∧ '゛____  `、!__l_ ゙{. |!  j
    !! .l  |! li作三三    三三ミ ハ. |) メ、        でも、なんで、私たちは、
      {  l l.! !               ‘! `」 `ト ゙、        あのとき「ごんかわいそう……」って、
       V | ヘ、    △     ,. イ   | |         感想を抱いちゃったんだろ?
         |  |「二フ¬ァ ''てjヘ、/   !   !
         |  |l /  l′   / / / i|  |
        |  }′  l ̄ ̄/ //! /ヘ|  |
        |  lミ:、  |  /  '" l //∧   |



432 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:55:33 ID:cjksz1xo0

    /    | ハ  \ `    ヾ     `i       |
.   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ :. :.ト、 /}ヘ      i
   , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソ ヽハ、 リ    |
  l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ.  /i/ ヽ.    |          まあ、一番の理由は、
  レl  |ヽ`z'ヾヌヽ\ヽ l , ィrァzュ l / lヽ∧     l          「先生がそれを望むから」
  |ハ ハヘヾィfマ∧  ヾ  {∨ウ》 イ' レイノ  ヽ.  .:|          ってのじゃないかな、って気がする。
   ∨、ルヽヘリ ゞリ     ゞ‐'とつ/ |'     ハ.l
     マlヾ| |とつ             /} |  ヽ    !          要は先生が一番望む答えが、
    ヾ ' .l ハ、    、     , イ イ ハ   \  ∧         「ごんかわいそう」だとすると、
     `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ         それを出しておけば正解になるという、
.      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ        そんな安堵感かな。
      ,  /≧ュ、__|_|_,イ   .|__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ
      | ./ r孑‐-┐ノ|:.:.:.:.l>リ、‐_,‐<ヽイ/:::|::::.../ )
      レ  / ト‐-┘  // /´ ̄ ̄""'''ー--、,__/_ /
     ,′ ,  にこ}| ::::::「:/              _/ム _
     ,  '  ィヾ `丶:::::/           f゛―-、 __ 丿
     | /   ノ´⌒``:::::/           > 、_  ノ
     | /   ,'    ::::/           r| 〈` ヽ イ
     レ    {    _::/            ヽ ニ7 /
     /   人、 ヽ、:/             /‐―"/



433 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:55:46 ID:cjksz1xo0

    /    | ハ  \ `    ヾ  /  |i      |
.   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ ::.:.ト、 /∨     !         ちなみに「読書感想文」でググると、
   , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソヽ,'  :.  リ   |         結構いろんなサイトが出てくるんだわ。
  l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ  廴丿ヽ     |
  レl  |ヽ`z'ヒ十个ヽ\ヽl L__,, ルl / l ∧   l         例えばこのサイトなんか、
  |ハ ハヘヾィ_ー一  ヾ   ¦  リ`}イ/ イノ :.ヽ |        ttp://www2.ocn.ne.jp/~kansobun/
   ∨、ルヽヘリ  ゞ丿     `‐'とつ/ |      ハ l        読書感想文は「感想文」じゃなくて、
     マlヾ| |とつ             /} | ヽ      l        「生活作文」である、なんていってるわけだし……
    ヾ ' .l ハ、    、¬   , イ イ ハ   \  ∧
     `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ        一方でこんなリンクフリーの、
.      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ       読書感想文コピペサイトなんてあったりする。
      ,  /≧ュ、__|_|_,イ   .|__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ       ttp://www2k.biglobe.ne.jp/~onda/
      | ./ r孑‐-┐ノ|:.:.:.:.l>リ、‐_,‐<ヽイ/:::|::::.../ )
      レ  / ト‐-┘  // /´ ̄ ̄""'''ー--、,__/_ /
     ,′ ,  にこ}| ::::::「:/              _/ム _     でも、こーゆーサイトができるってことは、
     ,  '  ィヾ `丶:::::/           f゛―-、 __ 丿     裏返すと、読書感想文は自由に書かせるものではなく、
     | /   ノ´⌒``:::::/           > 、_  ノ      むしろ「何らかの解」があって、
     | /   ,'    ::::/           r| 〈` ヽ イ       その「解」と合致してれば合格、って感じなのよね。
     レ    {    _::/            ヽ ニ7 /
     /   人、 ヽ、:/             /‐―"/



434 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:56:02 ID:cjksz1xo0


                         /  ̄ミ 、
                     ,. -─…─-ミ    \
              . ⌒>ー=ミ     `    ヽ
            _ / /              \  .
         /   /                 ヽ
       /⌒  //
        .′             i       i| ¦! i     .
        ⅰ  /          |i     i| _,」⊥|、    i .         この辺は、おそらく、
        |  .′    ′   |i   ∧ i|´仏以ハ / i| i        「読書感想文」をどうにか評価しないといけない、
        |  │    |i  |i 八   ′Ⅵ刋::}ハ ∨  i| |        先生側の事情もあると思うよー。
        │  |i |    |i  _j仏以 /    乂 ノ⊂⊃八:
.      :  八 |、  八  イ升:}ハ          ハ/  |        好き勝手書かれたら、本当に評価できなくなるから、
        | /   | \ 个.人 乂 ノ    `     /| i  |        ある範囲に限定して……って感じ。
        | /       \| ⊂⊃       ,   .イ :| i  |
        |      /  i八 'マ个: ..,_     个:| | i  |        ただ、そこからどれくらい汲み取れるのかは、
        |    /    | ハ ∨Tアヘ,      ト‐ャノ 厶以        やっぱり個々の先生の力量だけど。
        |  /      レ'⌒, ∨   }       //  }: : `ヽ
.      |/       / : : ′ \       /   ′ : :}      その辺がヘボな先生ほど、
     /        {_: :人   \         人: : /|      自分の考える「解」に固執するだろうし、
    /         「⌒\{ \ _,}   {,__ /}//  |      そんな先生に教わった生徒たちは、
  .          / |   )\ __,}   {,__ / (   ;      その「解」を見つけ出して書くことに執着する。
   ーく      . < \│  / : : ー=ミ、___,.ノー=彡 : : ヽ  |
       ー一     \│  .′              : : ; ¦
              )|   : :                : : ノ │
      丶 _ ___彡¦ 人: :                : : イ   |
               !  ヽ>: :        : :<ノ    |



435 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:56:16 ID:cjksz1xo0

      _,_,;_‐: :'':'':¬:‐.-. .,,_  _,,,r.、. . . . .,,_
          ̄,.¨ニ=-: : : : : :``/: : : : : : : : : :`:`:丶. 、
        /,. ‐ '':":´: : : : : :.:l::: : : : : :: : : : : : : : :ハ: :\
         ,:'゙'"   ,.     /.::;:!:::. : : : :.::. : : i;. : : : :J、: : :.ヽ
     /  . . /: : : : : : /:::/ !:::|: : : : i:::ハ: : i::. : :  ヽ: : : ゙:,
     /. . : :,,: イ: : : : : : : : :i:::/ !::::!: : : :.l::l. i: : i:::. : : : :i, ゙; : : : i
    /: ; -'" /: :/: : : : : /:.;!:::i  l:::::{: : : :.|:l  i: :.i::::. : : : i: :i: : : :|
  //   /: ;.l: : : : : :/、/!::l   l::::!i: : : :.!l   i: :ト;::::. : : :i: :i: : : !
  '"     ; :/ !: : : : : l: :l`ト!、,,_,,i::| ∨; 、| _,,. ⊥j‐<": : :.!: :i: : :!
         !:.! !: : : : : !:≧土ュ,,__ !| ∨.:.「 _,,,」:L-v: : :.|: :j: : !
         !:l  !: : : : :i:!:lヤ[゙゙天゙トヾ  V:.| 行゙天゙丁ヤ: : j: :.|: :i
         l:l  ∨: : :.i::!ハ r' ーイ|     ヾ| r' ーイ ! j:};. :.l:|; j):l
        l:!  V: : :!:i:{::i ''" ̄        ̄l゙lT・l:i::i: :!:j,}:!: l       それじゃあ、感想文の意味ないじゃん。
       {|   ∨.;!::::::::!、             ,':':::V:.i:{:リ: |
           V l:::::::::::`丶.、,,_ ∠ヽ  _,,...イ':: : : /:::!.: :.|
                 l.:.::::::::::::i:::::::::::/丁´ ̄,レ ヾ:l: : : /:::ヾ!: :.|



436 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:56:32 ID:cjksz1xo0

             ,ィヘ ____ _, ィ ⌒ ヽ
           .// /_´、 ∠_  ` ヽ    \
           ' /   /´  ` `ヽ  ヽ    l
           .| ,'     l        \ ヽ   |
           .レ                ヽ ヽ  .|
          /                 ヽ}、 |
          ,'   ,    |   ,、    ,   l }:.|     実際、そうなってるケースが多いか、
          |    ト  ヘ |   | ヽ   イ   .| }.:|     もしくは逆に「出した、出さない」だけで評価してるか、
          |    ヾ | ヽト、 l  ∨/ハ ィ  l ,' l     どっちかだと思うよ。
          ∨ヘハ寸‐弋う \| ,ィ弋う .}/ l ∧ .|
          |' ヽ、rュ´           ´rュ.l./ .∨|     いろんな考え方出てきちゃったら、
          |    | ゝ_   -    イ ノヲ、   .l     成績つけるための優劣なんか不可能だし。
          |  ,r-‐'´  ヽ、-r≦  }_/イ `ヽ .|
          /  /   _ュム/ 、_  { ̄ _ノ|    i ト、
        /  /  /  |       フノ l    l、 \                              ピーンポーン♪>
   __/   ./   '-‐y廴_____zイr‐=-f'     \
  r ´ /   ./    ,  /: : : : : : : : : : : : : : :∧  |      \ あ、お客だ。
 < ̄ /  /   //{: : : : : : : : : : : : : : : :.:∧ .|        \
  >'、__,'   /´  l: : : :‐- 、:_: : : : : : : : : ノ . l\       >
  |\__{_ / r-―ゞ‐、二二二__  イ  |  ヽ ― ´ヽ、
  |       rf壬_   __            '         }
  \         ̄―― ´       ` ‐- 、_ノ      ‐-‐ ´
    ヽ _ィ



450 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:59:49 ID:xmzLXWWA0

こういうのだから、作者に聞いた答えを書いたら間違いって採点されるって小話ができちゃうわけだよねw


437 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:56:44 ID:cjksz1xo0

 l|    |////////|
 l|    |////////|  ....-──‐-....
 l|    |////////|/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\
__j|__|////////|.::/.::〃.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ
__j|__|////////|/.::/{.::.:.{.::.::.::.::.:}.::ヽ::.::.',
 l|    |////////|.::/-∨八.::.::.::.∧.::.l:.::.:.}
__j|__|////////|んf心  }.::/- }.::.}:.::.ハ
77777||,'////////|l  ヒソ  ノ'´心xノ::/.::/.:: |
/////||,'////////|l ,.,.,.     ヒソ ∨.::/l::.::|
/////||'////////圦   _'  ,.,.,. /: /.::l:.::.|        こんにつあ~
/////||,'////////|个 、ー'   /.::/l.::.:l::.::|
77777||,'////////|∧ _アTハ´  }:/:イ.::.l::.::|
/////||,'////////| 夲  /::.:|\ノ/ |.::.l.::.:l
/////||,'////////|{[人]}/::.::.:|::.::.\ |.::.l.::.:|
/////||,'////////|// V::.::.::._|::.::.::.::.ヽ.::.l.::.:l
/////||,'////////|/{ /::.::.「´::.::.::.::.::.::.}.:l.::.:l
/////||,'////////K /::./::.::.::/::.::.::/l::.l::.:|
/////||,'////////| ∨´::.::.::.:/::.::.::.::/ !.:l::.:|
/////||,'////////| |、::.::.::.//::.::.:{  |.:l::.:|
/////||,'////////| | }\::/::.::.::.::.::ノ  |:l.:..l
/////||,'///////人_ ノ::.::.\::.::.::.:/   ll.::.|
/////||,'////////|/o::.::.::.::.::.::.::.}   l!.:.l
/////||,'////////|\::.o::.::.::.::.::.:ノ     |::.|



438 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:56:54 ID:cjksz1xo0

        / >'´ ̄        `ヾ\
     ././ /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
     /./ 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   i
      lイ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト    l
      |ヽl |l||ト、 ||  k-、  |  |    |
      |.ハl ll .| | l \|| ヽヽヽ、___ヽ    |
      | ハハ ハ圷 ㍉   ィ〒 ヽヽ //y、}   |
      |   ヾ *(●)′ (●)* `<^r'  '、  l
      |   |⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|! ヽ   、 |           あずにゃん、チーッス♪
      |   |§.|ゝ、ゝ._) ィ´| § \  \
      |   |  :| メ、  ̄ ノヾ |  |  | \  \
      |  r'l  |`||  ∂  ||´|  |`ヽ‐- \  \
      |  |仁二] || `  ´ ||仁二]     `   ノ
      |  |仁二] ヽ У  /::仁二] ー―――‐'
      |  レ')ソ: : : : :≡: :´: : : )ソ: :} |    .|
      |  ゞ、: : : : : ::人: : : : : : : : :ノ . |    .|
      |  | `i --: ' : : :` : --: : :1  |    .|



439 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:57:05 ID:cjksz1xo0

                      |:::|      ,、       ___
                 _,.-┴':‐:─:─/::.:\─:-:‐'"::.:..:.:;二ニ=‐-
                  ,ィ'´:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.::;':.:.:.:.:.:.:.:.:l::.:.:.::.:.:.:.:.:<
                 /...:;'.:.::/:.:.:.:.:.:.:../.:.:.;:.:.:.:.: :.:|:.:.:.:.:.:.:..\::.:\
              / . ../. . / . . . . . / : :/::.:.:.:.: :.:|、:.:.::、: : : .\: :.\
               / . ../....:/.:.:.:.:.:-‐;'‐:.:/|::|::.:.:.:..:::| ∨:.:|:.:.:.:.:.:.ハヽ、::\
           /:.:.::/.::.:/:.:.:.:.:.:.:::/:::.:/ |:|:.:.:.: ::i::| ,-l‐:|、:::..:.:.:.:.∧  ̄`
             l:.:.::/:.::,イ::..:.:.:.::::/|::.:/  |l:.:.:.:.::.|::|  |:.:|::::.:.:.:.:.:.:.:∧
             |:::/::.://.:.:.:.:;/__|:;/_、  |:.:.:.:.:.:|::|  |:.:|:::::.:.:l:::.:.:.:.:∧
             |/::/:/:.:.:.::;:イ'マテ弐z、 |:.:.:.:.:人|,.__|:;ハ:::.:.:.|:::.:.::.:. ::|
          /::/:::|::;/: ::| | |::::::(_/` /::;/ テ弐マアV:::.::|l::.:.|:::.: :|
            j:/:::/j/:l:: : :::| 、. V:::;/, '"´  /::::(_/,''∧::.:.:||::.::|、::: :|     あっ、あずにゃん。
           |::/::("|:.:.: :::|  ゛ ̄        V:::;/, ,ハ:::|::./ |::/ \|
           |/: ::::`|:.: : :::|:、         `  ̄"・,lノ:::|/::| l/        大学行ったセンパイとのお茶、終わったんだ。
            |:.:.:.:.::::|:.:.:.:.:::|::ヽ、  ゝ-'ーr'  ,.イ:::::::;'::.:;':l
             |:.:.:..:::::|:.:.:.:.::::|::::::::>r-`=="‐<::::ノ::::;:':.:./: :|
              |.:.:..:.::::|:.:.:.:.:.:::|:/ / ' /  /:;:'::;::':.:/:::: :|



440 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:57:16 ID:cjksz1xo0

         /      / ,'     ヽ`丶 /   ヽ{     l
        '     /,'  i      :.     \.  ハ   |
        .i     , ' / ,. !  .   ::      ヽ / !ハ  : |
       l    / , / /  |  :   :::.    ',   V::j:::! : l
.       l  , 'イ ..i  .:l .:/ |: |i::.  ト:::::...  l:  l:: l::::::l:  !
      l /l  .::l .:/| ./  l:. | l::. | ヽ:::.   l::.  |::..l::::;|:. j
       l  :l  .;イ .::;ヘ!/'-一!:.| 、!:. l`ー=、 . !:::. lj,:::!/:!:: |
.       l  ::| ::!::|.::ハl'圷 ㍉!.|  ヽl ィ〒ミ、: ト、:. Kl::|:::|::. |      おお~っ、
      l  :::!..::!:l::l:ハ ヽ(●) 丶   (●)ハ | i::.!/ハ:!::l:::: !
      !  ,  ヘl§!`、 ⊂⊃      ⊂⊃ Ll:レ'―-、:::::  |      あずにゃんに男がいましたか♪
     / /  /仁二] i  ゝ  、_,、__,  ノ 仁二]   ',::   !
    / ./  .:i [二二] !\   、 / j'_ ,.イ  [二二]  .:i::        それも、大学生とは、
  -‐' ,.イ . .::{ [二二} l:::::::\r、/ /    / [二二}   ::|: !.       さか奈センパイもうらやましい限りw
  ̄´ / /: ::::i  ̄)ソ |:::::::::::ノ/ ./` ξ::::::::i ̄)ソ ..:/:::l:  l
    / j::: ::::::l      l::::::// ,レ'⌒!:::::::::::j    ..:j':::::::j::: l
.   / ,イ::: ::::::l       !:::レ'´    ⌒j:::::::::l     ::/:::::::/::  |
   i  ' |:::::.::::::|       l:::l     ´_,.〉:::::;'   :::/:::::::/::::.  !
   | l |::::::::::::l      l:::|      j.ノ:::::/   ::/:::::::/::::::: l| l



441 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:57:28 ID:cjksz1xo0

               ,  イ   ̄  ̄  `  、
              イ               ヽ
           __/                  \
         イ /   /  / /     |        ヽ-.、
       //  i  / /. / l   :|   ヽ        i ヽ
       / ./  l /  .|  ∧     |    ハ      |  .∧
       //   i |  : .| | l 、   |    :l ヽ  | l  |   .∧
     / l    l    .| l_i l斗     A i_l  |   l、   .∧
     l| l  . ∧   l ∧|| レ ヽ   ノ レ   i ./    | ヽ   ∧
     |/   / l  |  レヽ|   _` ヘ  |´_    レi    | ヘ   ∧      そりゃ、お茶してたのが、イケメン男子大学生なら、
     /   /  |  |  i ィ=ぅ笊ミ  ヽ .| イぅ笊ミxl    l  ヘ  .∧     私もうれしいところですけどね……
     /l  ./   i  | :ヘヽヒ::::ノ     `  ヒ::::ノノ ,  从i   ヘ  .∧
    i |  /    ,  :|: ヽ             ∧/ /l レ    〉   |     残念ながら、同じバンドやってる先輩です。
   l  | :/l , イ ´ l   l`丶""     '    ""ハノ  :| `ヽ、   |   :|
   /  | iイ    |   :ト 、_     _ _    , イ l / :|    \ |   :|    ちなみに、こっちは何を?
  /|  | 〈      i  :|   ` ー 、     ー ´ノ .l / i      i |   :i
 l ,   |ヽ     l   ト‐、     ヘ´     孑 /  l     / ,   :|
  i   :| i     .ヽl\|  T   .∧   イi´ / ノi/     i| |   ::|
  |   :| l      ヽ / ヽ   l .ヘ  /  `  /     l  ,   ::i
  |   :| ヘ        /   \ ハ  ∨    ヽ/      ,l  |   :|
  |   ヘ ヽ      /        〈 o     ヘ      |  |/  :|



442 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:57:39 ID:cjksz1xo0

                  /      \
               {       ヽ
         ____   ハ     }
         ̄`>: : : : : ∨: : ー‐ --yz 、
         /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : 、: :\
       /:_: : : : :/: : /: |: : : : : : : : : : :\: : ヽ
      / /// : :/: : :/:/:!: : :.:.|、: : : : : : : \: :.',
.      {/ // : :/: : :/_/: | i:. :.:.| ヽ: : : : : : : ヽ: l
        l/l : : !: : :/__ l| V:.|´ ̄ヽ : : :、 : : l: |           新美南吉「ごんぎつね」の感想について、
         |: :/|: : fTヌカ j|  〒TTi \: : \: :!: \_       グダグダと。
         |/ |;/l/xヒzソ    ヒ,.ソ.ハ: :.ヽl\: : : :\
        r┬z/:.:|           ∠─-ヘトr-く ̄ヽ :\
       r「「l {: : :\   ー'ー'   ////「 { \ヽ:.:\ \ :\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



443 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:58:08 ID:cjksz1xo0

                ____
            ,  ' ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.ー- 、
          /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
       __/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:!:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ:.:.:.:.',:.:.:.:.:',
     /:::::i:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:,:.:.:.:ハ.::.:.|.:.:.:.:.:.:.: i  ',:.:.:.!:.:.:..:..',
.    /::::::::::|:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.!:.:.:/ ',:.:.!ヽ.:.:.:.:./―-!:.:.:!:.:.:..:.:ハ
   /:::::::::::::!:.:.:.:.:.!:|:.:.:.:.|:.:/,.斗ヘ:! ',:.:.:.,′  ',:..|:.:.:..:.:.:.i
   /::::::::::::八.:.:.:.:.!ハ:.:.:.:!イ    !  i:.:/ ,. x=xV!.:.:..:.:.:..|
.  !:::::::::::/  \:.:.:|.:.:、:.:|  x==x   |/  ん价}リ.:.:..:.:.ハ}      じゃあ、都合がいいかな。
.  |::::::::ム--、__,>:|.:.:.:ヽ!〃 ん:ハ      v少 ,:.:.:.:.:.∧
   !::::/::::::::::::::::八|:.:.:.:.:.| ヽ vとツ      、、 i:.:.:.:./::::::,      実は今日会った先輩なんですけど、
   |:/:::::::::::::::::::::::::!:.:.:.:.:|r‐-、 、、     '     ,.:.:.!/:::::::::ヘ     大学で教育学やってる人でして……
.  /::::::::::::::::::::::::::::{!:.:.:.〈` ヽ〉         ,ハ.:./:::::::::::::∧
  /::::::::::::::::::::::::::::: 八ゝ┴ 、  \   ° , イ:.:.:./::::::::::::::::::人
. /:::::::::::::::: ̄ ̄ ̄¨ヽ::::::::::::::\ }`  , -く|:::::!:.:./:::::,.:::-――‐ヽ
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::∨ ,X.  /::斗レ':::´:::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::C::| /-┴‐':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / ̄ ̄ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( / / /,、  〉::::::::C::::::::C:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

            ⊂二ニニニ⊃

        ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶


444 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:58:22 ID:cjksz1xo0

             ,. . . : : ̄ ̄ ̄:ミ: . .、
             / . :, : : / : : : : : : :ミ: : \
             / : / /: : : | : : :| : : : :\ : :ヽ.
             ;′/:∧V/{: {: : :ト、:\: : : ヽ }ハ
         /: : {/: :廴_  V: :/   \ヽ : : :.{: \
         /. : .:/:{==′、_ ̄ ヽ{ヘー≦(_ヽ: : : }ヽ: :\
        / . : : :/: :|.:/ (廴__))    (廴__))ト、:N:ハ: : : ヽ
      ′/: :/. : :lィ i i l        し'  ヽ: ::. : i: : :ト }
     |:/ |: ::|: : : |:} | !    __   | | |  ヽ :. :|:: : |       じ、児童文学のレポートがぁぁぁっ!!!
     |′| i::|: : : |:ト.i     /ーヘ    ! /イ}: : :|:: : }
         l∧!: : : l/:入   {rー‐|   ノ:.:.:.:| : 小ハノ       どうしよ、どうしよ!!!!
         |ハ: {〉ーく:>,. ミ==' . r<ム-┴|: :ル′
         厂三三三三三三三三三三}:::ノイヽ
        ヾ         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{/::::::::::}
         }レ‐、            _|::::::::::::{
        イ´二ヽ}          r' --∨::::::::}
       /::| --、j!          {´二ヽヽ:::::ヘ
      ,.‐y'7{ 个ー′         {_rヘ   ト、:::}
     {:::::::::{ 廴ノ!              {  人::ミー..、



445 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:58:35 ID:cjksz1xo0

         ,. : ´ ̄ヽ---- 、
        /: : : : : : : : : : : : :\
.         /: :/: :/: : : : : : : : : : :.ヽ
        /: :/ :/、 :,イ:ハ : :i:ヽ :ヽ :ヽ:ヽ
     / .:/: ::ト、:/斗‐ヾ::ト、ヽ: :'; : i: :i
    ,イ :.:.i: : :i: /,=、   ヽ! ゙`i:: ! / :.|
   / |:.:.:.:i: : :i/ ( ノノ   ,=、 !: : i: : :!
     |/!.:.i: . :l U     (( ノ /: :./://        確か、あずにゃんの知り合いに、
    __!::i: : :l      U /::/:イ/         国文学の権威みたいな人、いるよね……
   /  `、`!: :.:ト、. /T  _./::::: : /リ
.  /     i `ヽ:! / i.|7´ー!:: : : /           お願いだから、その人に、
  i    ii   / i |/   !イiV            児童文学史の話を聞いてきてほしいなあ……って。
  |     i ソ ./ i. !  i / |
  |      V/レ'^i_i _rレ、 |'  .!
  |___,ィ(    )´  { .|   |
    ヘ  /  ,イ   //ーiっ'
    |ヘ ´   ./ ハ ´ \ |



446 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:58:59 ID:cjksz1xo0

                . . .―-‐ヶ≦ ̄ ̄ ミ:.、
              /. : : : :v :/ : : : r―<⌒`\
             /: :__,: :ミ/:./ : : : : : : : __:.\___.ノ}
       __,. -―ァ≦ ̄ : : :__/:. : : : : : : : : : : : ミ:.ヽ_:ノ
       >ーァ' : : : : ノ: :´:.:.:.`: : : : : :- 、: : : :ヽ: :.:.:\   ノ
        ム ―,. : : : :, : / : : : : : ̄`: : \ミ、: `二二彡'}
        /.:.:.:.:/. : :/ : :′ :. : : : : : : : : : :ヽ:.ヽ: :.:.:.ー:く
      {斗-ァ' : : : /: : : : :{ : : ::.、: : : : : : 廴__:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.\
       /: : / :∧ : : : : ∨: : : \ : : : : : : : : ̄:`ヽミ:.:.:.__:.:.}
       /....: ,.ムイヽヽ: / {: : : : : : \ : : : 、__ : ヽ―\:.:廴.ソ      ごめん。本当にごめん!
     {:.:.:<:.:.:. | {: :.〉’   、: :ト : : : : :`ミ:ヽ\ト、:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミ:.、
      >:.:.:>┴'イ   __,\{ `¨廴三z‐ミー\=ミ:.:.:.:.:.:、-- 、:.}    いつか、あずにゃんにも、その人にも、
     /:.:.:.:.:.:. _; イヘ ´     ′`          ム ノ:ヽ \:.:.:ノ  }ノ    ちゃんとお礼するから!
      {:.:.:./´   {廴ヽ 三三′   三三. /イ:::::::}  )′
     ヽ:.{     |:::::::ハ ' ' '   ,  ' ' '  ∧:::::::::/            だから……お願いします!
       `     V::::::::::ヽ.   r―‐ ┐ ..イ::::::::::::/
            |::::|::::::/r≧z三三≦__ノ::::::::::::/
            |:::::、::\:{廴ノ/{ トミニ'ノ:〉:::::::i:: {
              、::ハ:::::rー≧.イ.o`廴_ノ>::::::::/:: |
             ';::::i:::: ̄´\:∨`フ¨´:::::::::l::::::′
              }:::|:::::::::::::::::::Y´:::::::::::::::::: |:::/
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

        ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

            ⊂二ニニニ⊃


447 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:59:10 ID:cjksz1xo0

            .. -───‐-  ..
         ...:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:...、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      .:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /.:.:.:./.:.:./.:.:..:.:/.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
   /.:.:.:./.:.:./.:.:.: /.:|.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:l.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:\:!
  〃.:.:.:/.:.:/.:.:.: /:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:l.:.:.:.l:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:|、
 /|.:.:.:.:|.:.:.|.:.:./.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.|:. /|.:.:.:l∧.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:,.:|:.\
/ .:. |.:.:.:.:|.:.:」:.厶イ ∧:.:.:.:.:.:l/`ト:.⊥_|_.:!.:.:.:.:|:|//:.|.:.:.: \
.:.:.:.八:.:.:ハ.:.Ⅳ   |   V:.:.:.:/ ノ:.:.ノ j .:|.:.:.:/.:|:.:/:./\.:.:.:.:.ヽ
.:.:/   Y.:.:V ィ穴ミx  V.:./ xう穴㍉ .:|.:./.:.:.|V:./  丶.:.:.:.:.:..
:/   |.:.:∧《 {///}  V  {///i} 》:ノノ:.:.:.:! V    ヽ:.:.:.:.:.:.         ……とまあ、こんな話でして。
    |.:.:.:∧ ゞ少      ゞ少'  |.:.:.:.:.:.:.:|ノ        ',:.:.:.:.:..
    |.:.:.:.:∧::::::..        .:::::::: |.:.:.:.:.:.:.:|          ':.:.:.:.:.:.
    |.:.:.:.:.:∧       ′       ノ.:.:.:.:.:.:.:|        i.:.:.:.:.:i
    ',.:.:.:.:.:.:.:ト     ‐ -    / |.:.:.:.:.:.:.:′       |.:.:.:.:.:|
     V:.:.:.:.:.:|ィ个:...、   _  イ  |.:.:.:.:.:./、       |.:.:.:.:.:|
     V.:.:i:.:.|::.:l::.:| V  ̄   /  ノ.:.:.:.:./::.:.丶        |.:.:.:.:.:|
    /\|ヽ|::.l::.::|  \  /  /}ノ};イ::.::.::.::.:.:\    |.:.:.:.:.:|
.  /::.::.::.::.::.::.::.|::.::|  く不>、  /::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.:: \   |.:.:.:.:.:|
  {::.::.:::.::.::.::.::.::.:|::.::l/〃人ヾ\/::.::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.::.}  j:.:.:.:.:ノ


448 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:59:21 ID:cjksz1xo0

           ,. <"´      ̄` <\
     ,r⌒Y-‐  ,  /     \\ヽ
     ,'  ├=/ / //  ハヾ ヾ、
      i   / l | i |   | | | ,'| |i |l:|   l !
     i  / :∧ |  l リ-十/l/l十十lハ| lハ
    .i / /∧ヾl |ヽ*( ○)  ´( ○)*':リ  |
    i   /  \§! |⊂⊃、_,、_,  ⊂つl  |        い、いや、児童文学について、
   // /     §人'ゝ、 ⌒ ., イ:§\ 人       いろいろ教えてもいいけどさぁ……
  / / /     r//_r,<|``@'゙「<_  丿| \ \
, / ハ∨    .仁二]/ rー'ゝ',  }::::::ヽ〆ヽ | /
//  l |    仁二]/,ノヾ ,>:', /:::::::::ヾ_ノ,| |l |
∧ / |    [二メ| ヽ〆::::::∨::::::::::::::::`y| ./ |



449 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:59:33 ID:cjksz1xo0

: : : : : : :/ : : : : : : : ヽ: : : ヽ: \ー-≧x
: : : : : :/ : : : : : : : : : : }: : : : ヘ: : :\
: : : : :/ : /: : : :__:/: :ト、: : : : |ヽ__: :ヽ
: : : :/ : /: : : : : : :/i\i_,∨: : :|: :', \ ヘ
: : :/ : :{ : : : : :/:/ :|: :/  } : : j: : ヘ  ヽ}
:.∨ : /|: : : : /:/  Ⅳ  │: :/: : : |
∨: :/ :| : : :/:/≦三三, | :/ ヽ: : |
{: :/⌒| : : {:/{│  {  j/ |ヽ| : :j              そもそも授業のことで高校生の後輩を頼る大学生のセンパイって、
:Ⅴヽーヘ : :∧ヘ| 、_j、__ ∨ } ://^ー― 、
>-、\ハ: {: ヘ ∨   /  /  j/^Y    `ヽ        どーなのよ、それ!
: : : : :¨¨ Ⅵー:ヽ}、_ ノ /   {           }
: : : : : : : : : : : : :\_j/     \       .′
_;_;_: :イ´ ̄`ヽ : :ヽ、        `ー┐    |
          \ : ',        }    |
           ',: :}         ノ     j



451 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 21:59:51 ID:cjksz1xo0

                    ______
             _人.::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
           //  '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
          .:::::::i{   }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::乂つノ:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,'::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::'
           |/:::::: ::::::::::::: i::::::::::::::: |:::::i::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i
       /⌒|ー ::::|:::::::::::::: | ::::::::::: ∧:::i::::::::::::::::::::| :::::|::::::::i:::::「`ヽ
.      /::::::::::jト::::::::|:::::::::::::: |::::::::::::/ :|::i::::::::::::::::::∧ :::|::::::::i:::::|::::::::.
    /:::::::::::/i:::::\|:::::::::::::: | :::::: /  |::i::::::::i :::::/ l :::|::::::::i:::::|:::::::::|
     | ::::::::/ ':::::::: |:::::::::::::: |::::::/\__人i ::::::j::、厶ノ|::::j:::::::::::::リ:::::::::|
     | ::::::::  ∨::∧::::::::::::::|:::/      :|:::::/∨   |::/|:::::/:::/ :::::::::|
     |:::::::::|   ∨⌒:::::::::::: |/  --   j/  -- j/ :| :/ :∧ :::::::::|     いや、私もそう思うんですけど……
     |:::::::::|   {   | :::::::::::| '三三       三三 /|/:::/ ;ハ ::::::::|
     |:::::::::|     \_| :::::::::::| ⊂⊃      ⊂⊃,′ :::: /::,'| :::::::|     だからといって、先輩のこと、無下には出来ないし。
     |:::::::::レ-‐…‐-| :::::::::::|                !::::::::::/::/│::::: |
     |:::/        | :::::::::::ト,、     }-     人::::::/∨ | :::::::|
     |/         | :::::::::::iハ>      _  イ|::::::::/  } | :::::::|



452 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:00:03 ID:cjksz1xo0

    /    | ハ  \ `    ヾ     `i       |
.   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ :. :.ト、 /}ヘ      i
   , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソ ヽハ、 リ    |
  l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ.  /i/ ヽ.    |        ま、せっかく「ごんぎつね」の話してたわけだし、
  レl  |ヽ`z'ヾヌヽ\ヽ l , ィrァzュ l / lヽ∧     l        ちょっと日本の児童文学史みたいな話、しておくか。
  |ハ ハヘヾィfマ∧  ヾ  {∨ウ》 イ' レイノ  ヽ.  .:|
   ∨、ルヽヘリ ゞリ     ゞ‐'とつ/ |'     ハ.l        まず、「ごんぎつね」を書いた新美南吉は、
     マlヾ| |とつ             /} |  ヽ    !        1913年、愛知県半田市生まれ。
    ヾ ' .l ハ、    、     , イ イ ハ   \  ∧       没年は1943年だから……わずか30年の生涯なのね。
     `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ
.      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ      ちなみに作品集は3つあるけど、
      ,  /≧ュ、__|_|_,イ   .|__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ      そのうち生前に刊行されたのは、
      | ./ r孑‐-┐ノ|:.:.:.:.l>リ、‐_,‐<ヽイ/:::|::::.../ )      1942年の「おぢいさんのランプ」しかない。
      レ  / ト‐-┘  // /´ ̄ ̄""'''ー--、,__/_ /
     ,′ ,  にこ}| ::::::「:/              _/ム _
     ,  '  ィヾ `丶:::::/           f゛―-、 __ 丿
     | /   ノ´⌒``:::::/           > 、_  ノ
     | /   ,'    ::::/           r| 〈` ヽ イ
     レ    {    _::/            ヽ ニ7 /
     /   人、 ヽ、:/             /‐―"/



453 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:00:21 ID:cjksz1xo0

      ,. :'",,. -‐ァ'": : : : : : : : : : :|: : : : : ::::ヘ: : :.i : : : : : : : : 、: :`:、
   ,〆 ' ´  /: :,: : : : ; : : : : /: : |: : : : : :::|::|V: . :i.     `、丶: :ヽ
 /    , '   , ′  /  . . /: .::;イ: :l: : : : :l::| ∨: :.i:. : : .   丶`、: i
     /   ./   .:i: : : :.::;': .::/|:::l: : : : l::! ∨: :i:::. : :ヽ: : : `、:. : !
    /  イ  . : :.::i: : : .::::i: :::i |::jl: : : ::l:!  V: :ト;::. : :゙i:. : : :.i::.i: |
    / , ' /. : : : :.:::i: : : ::::::!:.::i   !: | i: : : :{、、,,_ V: i_;ノ.: :.i:::. : :.i:::.i:|
    ,' , '  i: : j: : .:::::|: : : ::`ト-i-‐'゙ i::|. V: :|   ̄、:l ∨: : i::. : : ト ヽ
   ,'/   !:.:;イ: : ::::::|: : :.::::i | l     !|  V: :!    ヾ ∨: :l:::. : :.l::、゙、
  /    .|: :i |: : :::::::l: : .::::i !|      ゙   ヾ: l. --‐―― V: :!::::. : l::!ヾ!
       |:::l. l: ::::::::::l: : ::::l --‐――    ヾl  ト::'::;;:..:リ V:ト;:::. :.|l
.        l::l l: :::::::::::}.: ::::ト 三三三三     ` ´―-"'  ・ハ:|::i::: :.{        しかし、戦前って、早世の作家多いね。
       !j  i.::::::::::jヘ: ::|:::.                     l:::l|::|:i:: :!
       {.  ヾ:::::::|:`ト:::|:::l                    ,ノ:::::: |: i: |       新美さんも結核?
             ヾ::::|: :!ヘ:l::::ト.、     ー'ー一'   ,,..イ::l:::::: :|: :.N|
            ト::l: :l: :ヾ:l:::::::``:::::-....,、,,__,,. ,-:::'"::::::::l:::l:::. : :!:: :|
           l::N.::l: : :::l::::::::::::::::/r|     !`ヾ::::::::::l::l: : : :j::: :|
               l:|: :::i: : : :l:::::::::;ノ  |'′    ゙|  \:::l:l: : : :j:::: :|
              l:!: ::::i: : : :l;、く     l'''""""'''j   //|: : : :j::::: :l
             ll: : :::i!: : : :トヽヽ   i.    j   // イ: : : ,{:::::. :l
              ,!: :.:::|ヘ: : : :iヽヽヽ   i.   i  // //l: : : ,〈l:::::: :.l



454 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:00:41 ID:cjksz1xo0

       ー、 _,. -‐ ' ¨´`¨ 'ヽ /~`ヽ
      / /      `ヽ    \    ヽ
     .У         ヽ    〉    ,
     ,'        ハ     ヾ / l}    i
    i     ,  i   ハ  i   .l}  l}     !     まあ、結核はあの当時の日本じゃ、
     i    i  | i   ハ |l  、 l}  l}     !     「国民病」みたいなもんだし……
    i   ,  |l リハ 〃ハ八 リ l}彡}     i     新美南吉もそんな結核なんだけどね。
    i  八 从ニニ ソ  .二ナメ  l} l}  \ |
    ソ、  ハ´弋}    ヒツ 从ソ/     メ     それはさておき、新美さんが世に出たのは、
      ヾl 从゙゙  '    ゙゙゙ .l}:i   |l   / !     「正坊とクロ」という作品で、
.         Υ { >  _  ィ´ l} i  |l  .ソ !     「赤い鳥」って雑誌からデビューしたことがきっかけなんよね。
       i { 〃ー´  1  .l} i\ {l    !
       .{l .{l/ {l  ー ‐ /  l}:::::\   |
       {l .{l_ヾ、   ≦  /:::::::::::::::ヽ  ヽ
       ヒ__=.ン;;\,'/≠ ン:::::::::::::::::::/   ヾ、
      /ミ ン:::::::〈:::::::::ソ:::::::::イ、:::::::! ヾ    `
     /   ソ:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::l}:::::::::| 彡イ =イ
    ゞ、    ゝ、:::::人::::::::::::::::::::/::::::::::| /~~~~~
        =≦彡/:::/  ‘,ー = ´{l::::::::::!
   ー=彡イ //    ',::::::::::::::{l:::::::イ
       .ノ ヾl}¨` ー= ',:::::::::::::{l:::::::|
         〃     `¨ ' ‐.{l:::::::|
.         /   i         \:::::!



455 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:00:53 ID:cjksz1xo0

             ,  ´:::::::::::::::::::::::`   、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
             , ':::::::::/::::::/:::::::::!::::::::::::::::::::i::::::::ヽ
            /:::::::::::/::::::::i:::::::::::|::::l:::::::::::::::|:::::::::::ヽ
        , ‐i::::::::/::i:::::::::::l::::::l:/|::::!::::::::::::::l、:::|::::::::i
      /::::::!:::::::l::::|:::::::::::!:::::l/|:l:::::::::::::: ハ:::l:::::::::|
      ,′::::|::::::::!:::|:::::::::::!-┼ -、l、::::::::::/_⊥ハ::::::::!
       !::::::::::!:::::::|::::!::::::::::|ヽl__- 、{ ヽ::::/  l/ !:::::,′
     l:::::::::::ハ::::::!:::::ヽ::::::l/!_,ノ`iヽ  V' ィ'フiヽハ::/
      !:::::::::::! ヽ:{ヽ:::::::\{ ヒ_ソ      ヒ.ソ /:::!'i         「赤い鳥」……
     l:::::::::::::!  丶i:::::::::::|        .   i:::::l::|
     イ::::::::::::l    l:::::::::::! ""       " ,′:l::l         そういえば、その先輩も、
    l::::/::::::l    l::::::::::ト、      o  ,.イ:::::::l/         「赤い鳥」がなんとかと……
     l::/::::::::!   ,.イ!:ハ:::::!、`  、 _, ヘ:::::::::::::!
     !′::::/ /:.:.:l.:′i::::| `丶_ノiヽ/:::::::ヽ:::::i::|
   /::::::, -‐':.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.ヽ! /゙介i !:.iヽ:::::::;ハ:::N
  ,/:::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:i///l i.ヽ:.!:.:ヽ/ ヽ!



456 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:01:05 ID:cjksz1xo0

          / >'´ ̄        `ヾ\
       ././ /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
       /./ 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   i
        lイ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト    l
        |ヽl |l||ト、 ||  l| i |  |     |      まあ、日本の「児童文学」のスタートって言う意味では、
        |.ハl ll .| | l \|| ,,リ l l ∧   |      「赤い鳥」は無視できないからねー。
        | ハハ ハ圷 ㍉   ィ〒ミ⊥/ / .ハ   .|
        |   ヾ *(●)′ (●)*ノ| lノ // :   |      1918年創刊、1936年廃刊の児童文芸誌で、
       |.rヽ |⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|!§/l   |      中心人物は鈴木三重吉。
       |.i ! |§.|ゝ、ゝ._) ィ´| §  |    |
    r;r‐r/ | |  :| メ、  ̄ ノヾ |  |  |   |
    〈_L (`ヽ .}r'l  |`||  ∂  ||´|  |`ヽ.l   |
   l` ( ``/ |仁二] || `  ´ ||仁二]   l   .|
    ヽ   l  |仁二] ヽ У  /::仁二]   |   .|
.     |,.   l  レ')ソ: : : : :≡: :´: : : )ソ: :}  |   .|



457 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:01:20 ID:cjksz1xo0

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ,.vv、
     、∧Λフ__
    、-(・)(・)フノ
   (:・:・:)二) >>
    ̄ :i:::;:':;'.';;::i;
     ;i;:;:;;::';:;:';;i:,,
    , .,:;:':;:';;;::';:;;'/ヽ                  ,、          _
 .,:<   ヽ  /'   \               / l          ヽヽ
/:;;;:\>CA| /R Pヽソ/.;,.              ,′|          ヘ ヽ
i:;;';/    i /    'i;:';;:';;i;              l  l           l ヘ
ヽ0    / |     :(:;;';o;i;              |  l           l. l
 8、.__|__|___);( ))              | ヘ              l  |
  'i::;':;:;::'':;:;::;:;:::;':;';;;::'';::i:;               ヘ  ヽ         /  j
  '':i::'':;:;::;::';:;::::'';;':;..;;ノ:''                ヽ  \ , -┬┬、/.  /
   ヽ:;::;:;:'::/ヽ.';:;:':;:イ                   \   7   ヽ ヽ _∨
    i:;::'':;:;i  i::;:;:::;'i                     ヽ  l   .  二 --`ゝ
    i::':;:::;'i  i:;:;::'':;i                      /ゝ' _.. '-'´ >  < ヽヽ
    i:;':;;:::;'  i::;::';::;i                      j-'´ |  =   _人  = l 〉   つーかなんで僕の弟子って、
   /i i ヽ' (::/ヽヽ                    / ̄ ̄l      `′  ノ´    こんなのばかりなの?!?!?!
                                / ̄ ̄~|      _.. ィ. ̄)
   【鈴木三重吉】                    ゝ──'>ー<二○'´i ̄
                                    `ー┐      l
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

        ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

            ⊂二ニニニ⊃

                    /"´       ̄` <\
           r⌒Y-‐  ,  /     \\ヽ
          ,'  :├=/ / //  ハヾ ヾ、
.            i   ,:|、 /   |l  | |   ,  l l:| l ゞ、
            i   / :l |  i :|l   | |   ,'| | | l:| l ハ∧
.           i  / :∧ |  l ,リ--十l/ i|十十l| lハ',∧         鈴木三重吉は、俗に言う「漱石四天王」……
           i  / ハヽヽ⊥ |圷 ㍉    ィ〒ミ ハハ iヽ∧        まあはっきり言っちゃえば、
.          i / /'∧ヾl |ヽ*( ●)   ´(● )* '  :i i ヽ,∧        一番漱石の家に出入りして、
.          i   / i ∧ §! |⊂⊃、_,、_, ⊂⊃ノ、   ∨ l l|       好き勝手やってた4人のうちの一人ってところかしらね。
.         / / i  ∧§人`ゝ (_ ノ , イ:§\ ∨ | l|
        / ∧ .ヽ _// ,< |  ` | >、 ヽ  ∧\ヽ| l|       ちなみに漱石は、晩年、
       / ハ ∨ .} -< ヽ:\ §    ξ /,[二二二] l|       自分の弟子の不出来を愚痴ってたのは有名な話。
       / ハ ∨ [二二二]、::::::\∝  ξ |::::::[二二二_] 八
       ii ∧/{ [二二二] \:::::::\ £  ∨[二二二]/ ∧ヽ
       ii i .∨、彡=‐┘ヽ  |:::::::::::::\  \::(ソ‐‐ヘ∨ ヾヽ
       ii i∨∨;l       }  |:::::::::::::::::::\\\:::::::::::::\  `ヽ
       ii i ∨ヾ      /  /::::::::::::::::::::::::\ヽ \::::::::::::\ l |
       ii i:. .∨l     i /:::::::::::::::::::::::::::::::', ) /The Big:} l |
       ii. i  i ii      {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::/、/
       ヾヽi.  ',ii     ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



461 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:02:33 ID:xmzLXWWA0

弟子の不出来を嘆くって、それは自分の教育が悪いか、自分に人を見る目がないと言ってるのと同じでは?w


458 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:01:46 ID:cjksz1xo0

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

::::::::        ┌─────────────── ┐
::::::::        |  三重吉がやられたようだな…    │
:::::   ┌───└───────────v───┬┘
:::::   |フフフ…奴は四天王の中でも最弱 ….      │
┌──└────────v──┬───────┘
|   漱石山脈から干されるとは  │
|  我ら四天王の面汚しよ…    │
└────v─────────┘
  |ミ,  /  `ヽ /!    ,.──、
  |彡/二Oニニ|ノ    /三三三!,       |!       ゚\,、/゚,,
  `,' \、、_,|/-ャ    ト `=j r=レ     /ミ !彡       ミ゙,、∧,、ミ
T 爪| / / ̄|/´__,ャ  |`三三‐/     |`=、|,='|      ミ<(・)(・)ゝ , , ,,,
/人 ヽ ミ='/|`:::::::/イ__ ト`ー く__,-,  、 _!_ /      ミ/   ( ` ̄ ;;oo;  俺を勝手に干すなってピロ。
/  `ー─'" |_,.イ、 | |/、   Y  /| | | j / ミ`┴'彡\  /´ ̄`ヾ| ̄ ̄`゙`゙  

  小宮豊隆      安倍能成    森田草平

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

        ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

            ⊂二ニニニ⊃

                       ,r'ニ:二ュ、
                     (      》
             -‐=:=:=-.、__,..-‐:─::─'':─-..、_
               `> : : ...::.:.:.:i.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.、:.:.:`ヽ、
     ニヤ      /::,ィ: : : :/:/::;|:.:.:.:.i:|:.:ヽ、:.:.\:::.:.:.ヘ
                 /:;//:.:;.::/:/:::/|:.i:.:.:|:|:.:.:.:.ヘ: : : \::.:.ハ
               '"´ /:.:.:j:.:j:.l::;/ |:|:.:::i:|`ヽ、:.ハ::.:.:.:、:\::}
              j:.::/'|:.:|:.|:|⌒ |:|:.:.::リ ⌒ヽ:.:l::.:.:l:..:|:`::ゝ
               |:;/ .|:.:|::.リ___!'∨::|____∨:.:.:.ト、|:::/
       ニヤ      '´  |:;∧::}≡≡ ヽ|≡≡ |:`ヽ|:::.:〈、       (四天王……こんな感じかねwww)
                  ,ノ|'::::::::j        ’|:.:.::|)ヽ:::`ヽ、
.                ,r'⌒ ー:-‐:`-、_ー'ー' _ j:.:.:.| ,イ´`ヽ::〉
              {       { {{ {'´`ュ|| ;}´ ̄ ̄ ̄⌒~`}


459 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:02:07 ID:cjksz1xo0

          / >'´ ̄        `ヾ\
       ././ /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
       /./ 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   i
        lイ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト    l
        |ヽl |l||ト、 ||  l| i |  |     |
        |.ハl ll .| | l \|| ,,リ l l ∧   |      で、当時、子供が読む本とか歌って、
        | ハハ ハ圷 ㍉   ィ〒ミ⊥/ / .ハ   .|      政府主導で作られたようなものばかりだったのよね。
        |   ヾ *(●)′ (●)*ノ| lノ // :   |      「文部省唱歌」なんか典型例なんだけど。
       |.rヽ |⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|!§/l   |
       |.i ! |§.|ゝ、ゝ._) ィ´| §  |    |      しかしそんな唱歌や童話とかを、
    r;r‐r/ | |  :| メ、  ̄ ノヾ |  |  |   |      「低級で愚かなもの」と三重吉は考えた。
    〈_L (`ヽ .}r'l  |`||  ∂  ||´|  |`ヽ.l   |
   l` ( ``/ |仁二] || `  ´ ||仁二]   l   .|
    ヽ   l  |仁二] ヽ У  /::仁二]   |   .|
.     |,.   l  レ')ソ: : : : :≡: :´: : : )ソ: :}  |   .|



460 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:02:21 ID:cjksz1xo0

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

   ヘ ヘ ヘへ
       ピゝ )∧^て'""',、
      >ヘヘハ∧lノ   '"'、           ジャビ……じゃなかった、
      `'(・( ・), 、フ  , ; "',、         政府が主導する唱歌や説話は低俗ピロ。
       ノ   ノ,,    , ;  ,.ミ                      
      ,,Yヽ /'; ,,   ,,ー' ̄ ̄ヽ       子供には、子供の純性を育むための
      (0.0 ) "';''';;;''´ , ー 、 \      話や歌が必要ピロ。
           ノη/)i' (ロ彡 `i  ヽ
    ,__、    人} ./ー|_,__,___,,_、`i   \
    ピロ)"'''"'"´へi,,''"" ;;  ' " ミ亅   ゝ
      || , ' "(ヾヽ,'"   ';   ,;-'""´ー-、  >
     ''' "';, ''"ヽ´ノ,'",,, ,.;.,.,,;''"ノ ̄ ̄`ヽー-'}

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

        ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

            ⊂二ニニニ⊃

                       ,r'ニ:二ュ、
                     (      》
             -‐=:=:=-.、__,..-‐:─::─'':─-..、_
               `> : : ...::.:.:.:i.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.、:.:.:`ヽ、
     ニヤ      /::,ィ: : : :/:/::;|:.:.:.:.i:|:.:ヽ、:.:.\:::.:.:.ヘ
                 /:;//:.:;.::/:/:::/|:.i:.:.:|:|:.:.:.:.ヘ: : : \::.:.ハ
               '"´ /:.:.:j:.:j:.l::;/ |:|:.:::i:|`ヽ、:.ハ::.:.:.:、:\::}
              j:.::/'|:.:|:.|:|⌒ |:|:.:.::リ ⌒ヽ:.:l::.:.:l:..:|:`::ゝ
               |:;/ .|:.:|::.リ___!'∨::|____∨:.:.:.ト、|:::/
       ニヤ      '´  |:;∧::}≡≡ ヽ|≡≡ |:`ヽ|:::.:〈、
                  ,ノ|'::::::::j        ’|:.:.::|)ヽ:::`ヽ、
.                ,r'⌒ ー:-‐:`-、_ー'ー' _ j:.:.:.| ,イ´`ヽ::〉
              {       { {{ {'´`ュ|| ;}´ ̄ ̄ ̄⌒~`}


462 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:02:36 ID:cjksz1xo0

                , -‐- 、, -‐――ニ三 ̄¨`ヽ、 ィ―- 、
                 /   / ´イ ´ ̄/ヽ\`ヾ‐、 ヽ      丶
                ,.'   /    //   l  ヽ  \`ヽヘヽ    \
            /    ,     / /    |    、 `  ヽ ヽ    ヽ
              /    /   イ  |      :|   l  l 、   、 ', ヽ   }
           ,ヘ  /   .i |  l |       l  :| l  l  ,   ', i   、 |
           | ヽ ,.   i l |\l |   i  |  l/ l |  l  l |   ハ !     子供には子供なりの、
           | ヽ lイ   l ',斗―-ヽ  ト、 |z-/―- |  |  ||   ∧ |     純粋な感性みたいなのがあって、
           |  ヾハ、 l l、,ィz=ュ\|  \ヘィチ弌ォ. /  リ       |     それを汚すようなものを、
           |  ∨l\|ヽ i「イリ込}ヽ    ヾリ込} '〈lイ /リハ    |     子供に見せたり聞かせちゃいけない……
           | .f^ヽヽハ ヾ、弋zノ      弋:zノ リ |ィ |/、    |
           | ハ  i i /ヽ⊂⊃     '     ⊂つ  |   ヽ   i     三重吉はそう考えたのね。
      .      /  i | | l  |ハ      r‐ 、    /イ.l   |      |
           /、_r‐| ト l l  |§` 、  ヽ_ ノ  , / §l/ .|      |     ちなみにこの考え方を、
            〈 l⌒, i { l l  l    |` -- '´!    |  |      l     「童心主義」っていうの。
             l、_}ヘ ムノ  |〈  |\_ィr     |ミ、  /  |      |
        __ l   '´!  } ヾ /// '      lハ、 /  .イ〉      !
        ∨/`77ヽ、  くヽ  \l/イ  `    ´ l/〉イ ∠、 ヽ、.     |
           ∨//////`7アヘ_ ヽ」、       イ-=- .ハ | l\   i
            {>、_,イ///\//7 r-"       |∧/  〉.l l  \¦
         ノ////////} ヽ  ヽ、|            |/ _/  ト、,     ヽ.
           l/\/////イ-、r rミ、  Y        /ヽ/, ̄`}.| ヾ    〉


463 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:03:03 ID:cjksz1xo0

             ,  ´:::::::::::::::::::::::`   、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
             , ':::::::::/::::::/:::::::::!::::::::::::::::::::i::::::::ヽ
            /:::::::::::/::::::::i:::::::::::|::::l:::::::::::::::|:::::::::::ヽ
        , ‐i::::::::/::i:::::::::::l::::::l:/|::::!::::::::::::::l、:::|::::::::i
      /::::::!:::::::l::::|:::::::::::!:::::l/|:l:::::::::::::: ハ:::l:::::::::|
      ,′::::|::::::::!:::|:::::::::::!-┼ -、l、::::::::::/_⊥ハ::::::::!
       !::::::::::!:::::::|::::!::::::::::|ヽl__- 、{ ヽ::::/  l/ !:::::,′
     l:::::::::::ハ::::::!:::::ヽ::::::l/!_,ノ`iヽ  V' ィ'フiヽハ::/
      !:::::::::::! ヽ:{ヽ:::::::\{ ヒ_ソ      ヒ.ソ /:::!'i
     l:::::::::::::!  丶i:::::::::::|        .   i:::::l::|        童心、主義……
     イ::::::::::::l    l:::::::::::! ""       " ,′:l::l
    l::::/::::::l    l::::::::::ト、      o  ,.イ:::::::l/
     l::/::::::::!   ,.イ!:ハ:::::!、`  、 _, ヘ:::::::::::::!
     !′::::/ /:.:.:l.:′i::::| `丶_ノiヽ/:::::::ヽ:::::i::|
   /::::::, -‐':.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.ヽ! /゙介i !:.iヽ:::::::;ハ:::N
  ,/:::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:i///l i.ヽ:.!:.:ヽ/ ヽ!



464 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:03:15 ID:cjksz1xo0

         /      / ,'     ヽ`丶 /   ヽ{     l
        '     /,'  i      :.     \.  ハ   |
        .i     , ' / ,. !  .   ::      ヽ / !ハ  : |
       l    / , / /  |  :   :::.    ',   V::j:::! : l
.       l  , 'イ ..i  .:l .:/ |: |i::.  ト:::::...  l:  l:: l::::::l:  !
      l /l  .::l .:/| ./  l:. | l::. | ヽ:::.   l::.  |::..l::::;|:. j
       l  :l  .;イ .::;ヘ!/'-一!:.| 、!:. l`ー=、 . !:::. lj,:::!/:!:: |     まあ、純粋な子供を、
.       l  ::| ::!::|.::ハl'圷 ㍉!.|  ヽl ィ〒ミ、: ト、:. Kl::|:::|::. |     政府の言いなりになるような人に育てるな、
      l  :::!..::!:l::l:ハ ヽ(●) 丶   (●)ハ | i::.!/ハ:!::l:::: !     ってニュアンスもあるのかもしれないけどね。
      !  ,  ヘl§!`、 ⊂⊃      ⊂⊃ Ll:レ'―-、:::::  |
     / /  /仁二] i  ゝ  、_,、__,  ノ 仁二]   ',::   !     まあそんなわけで、三重吉の提唱した「童心主義」に、
    / ./  .:i [二二] !\   、 / j'_ ,.イ  [二二]  .:i::       多くの人が賛同して、そして出来た雑誌が、
  -‐' ,.イ . .::{ [二二} l:::::::\r、/ /    / [二二}   ::|: !.       「赤い鳥」だったわけなのだ。
  ̄´ / /: ::::i  ̄)ソ |:::::::::::ノ/ ./` ξ::::::::i ̄)ソ ..:/:::l:  l
    / j::: ::::::l      l::::::// ,レ'⌒!:::::::::::j    ..:j':::::::j::: l
.   / ,イ::: ::::::l       !:::レ'´    ⌒j:::::::::l     ::/:::::::/::  |
   i  ' |:::::.::::::|       l:::l     ´_,.〉:::::;'   :::/:::::::/::::.  !
   | l |::::::::::::l      l:::|      j.ノ:::::/   ::/:::::::/::::::: l| l



465 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:03:32 ID:cjksz1xo0

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                                          ____
                                       _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
                                      /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
                                     //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
                                    〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
                                    i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
     ゚\,、/゚,,                          l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj  三重吉さん、執筆しますんで、
      ミ゙,、∧,、ミ  ピロッ                     li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/  これ、解いてくれませんか?
     ミ<(・)(・)ゝ                        !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
     ミ/   ( ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ )     , , ,,, 
    /´ ̄`ヾ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;oo;
   /η   \ヽ                             ̄ ̄ ̄ ̄` ニ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゙`゙ 
   /μ   /ミ,,ヽ                           丨   丶、  /
   | o ゙゙ ミ  ミ}                         ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
   |___゙ミ∠,,,)                     _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ;;゙``゙`    `  ノ                 __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|ヒ ロ ポ ン|
 ゙`;;'゙丶、、,,,,  ミ                 /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  ミ  ミ ミ   ミ                |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
  ( ̄ ゙̄ヽ( ̄ ゙̄ヽ              ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥
   ``~~~′ ``~~~′
                                       【芥川龍之介】

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

        ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

            ⊂二ニニニ⊃

                       ,r'ニ:二ュ、
                     (      》
             -‐=:=:=-.、__,..-‐:─::─'':─-..、_
               `> : : ...::.:.:.:i.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.、:.:.:`ヽ、
     ニヤ      /::,ィ: : : :/:/::;|:.:.:.:.i:|:.:ヽ、:.:.\:::.:.:.ヘ
                 /:;//:.:;.::/:/:::/|:.i:.:.:|:|:.:.:.:.ヘ: : : \::.:.ハ
               '"´ /:.:.:j:.:j:.l::;/ |:|:.:::i:|`ヽ、:.ハ::.:.:.:、:\::}
              j:.::/'|:.:|:.|:|⌒ |:|:.:.::リ ⌒ヽ:.:l::.:.:l:..:|:`::ゝ
               |:;/ .|:.:|::.リ___!'∨::|____∨:.:.:.ト、|:::/
       ニヤ      '´  |:;∧::}≡≡ ヽ|≡≡ |:`ヽ|:::.:〈、       (こんな強引なこと、してたりしてwww)
                  ,ノ|'::::::::j        ’|:.:.::|)ヽ:::`ヽ、
.                ,r'⌒ ー:-‐:`-、_ー'ー' _ j:.:.:.| ,イ´`ヽ::〉
              {       { {{ {'´`ュ|| ;}´ ̄ ̄ ̄⌒~`}



466 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:03:48 ID:cjksz1xo0

    /    | ハ  \ `    ヾ     `i       |
.   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ :. :.ト、 /}ヘ      i
   , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソ ヽハ、 リ    |
  l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ.  /i/ ヽ.    |          ちなみに、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」「杜子春」、
  レl  |ヽ`z'ヾヌヽ\ヽ l , ィrァzュ l / lヽ∧     l          有島武郎の「一房の葡萄」なんかは、
  |ハ ハヘヾィfマ∧  ヾ  {∨ウ》 イ' レイノ  ヽ.  .:|          最初の発表が「赤い鳥」だったわけで。
   ∨、ルヽヘリ ゞリ     ゞ‐'とつ/ |'     ハ.l
     マlヾ| |とつ             /} |  ヽ    !          そういう意味じゃ、「赤い鳥」は、
    ヾ ' .l ハ、    、     , イ イ ハ   \  ∧         児童文学はおろか、近現代文学にも、
     `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ         大きく影響を与えたともいえるかもね。
.      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ
      ,  /≧ュ、__|_|_,イ   .|__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ        もしくは戦前児童文学と、純文学は、
      | ./ r孑‐-┐ノ|:.:.:.:.l>リ、‐_,‐<ヽイ/:::|::::.../ )       かなり接近していたと見ることも出来る。
      レ  / ト‐-┘  // /´ ̄ ̄""'''ー--、,__/_ /
     ,′ ,  にこ}| ::::::「:/              _/ム _
     ,  '  ィヾ `丶:::::/           f゛―-、 __ 丿
     | /   ノ´⌒``:::::/           > 、_  ノ
     | /   ,'    ::::/           r| 〈` ヽ イ
     レ    {    _::/            ヽ ニ7 /
     /   人、 ヽ、:/             /‐―"/



467 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:04:08 ID:cjksz1xo0

              __
          ,  ..' ´ :: :: :: :: `.. .. ..、
        , ':: :: :: :: :: :: ::i :: :: :: :: :: ::`.. .、
      / :: :: :: :: |:: :: :: :|:: :: :: :: :!:: :: :: :: \
.     , ':: :: :: :: /:: ::!:: :: :: :! ::i:: :: :::| :: :: i :: :: :ヽ
     / :: :: :: :: /::,i ::| :: :: :::| ::|:: :: :::| :: :: |:: :: :: ::'_
    ':: :: :: :: :: :!::,' ' ::! :: :: ::|, :|:: :: :: !:: :: :|:: :: :: i´ :',
   i:: :: i :: :: :,'リ  ' |', :: :: :!' :i,:: :: ::| :: :: |:: :: :: |:: ::i
   |:i :: |,:: :: :!   リ ヽ :: :| '、!ヽ :: !:: :: ::!:: :: :: ! :: |
   .,リ:', :|::, :: :|  、   '.,:: :! ノ ヽ,:|:: :: ::|,-, :: :|:: ::|         あれ?
  .,' :: :V! ::ヾ,|  `   ヽ,| ´   `!:: :: :|  , :: !:: ::!
  i:: :: :: |::: :::|`   ._       _   |:: :: :| .}/ .| :: :|         でも、「蜘蛛の糸」も「杜子春」も、
  |:: :: :/!:: :: |   'J       'J   .|:: :: :|/  .! :: :!        「一房の葡萄」も「ごんぎつね」も……
  |:: :: i. |:: :: |            ' :: :: !   .| :: :|
  |:: :: |. |:: :: :ヽ,          /|:: :: ,'     | :: :|        「童心」と言うわりに、子供が出てきませんね。
  |:: :: | リ:: :: | > ,  _ -   ,./ !:: ::,'__.   | :: :|
  |:: :: i , ! :: :!´ | / `‐ヽ_´ ./ .,'!:: :'  ` ‐- 、!
  |:: :/´  ヽ, | /     `_/ ,' | :,'       i|
  |:: :i    ` / ̄ ̄ \  ,ノ /  !/        |
  |:: :',     ,      ヽ<、/   |'       /!
  |:: :: i    !       //ヾ, /i       ,':: |
  |:: :: |}  /        /i'   | /         / :::|
  |:: :: |i  /        //|ヾ_.//       /|:: ::|
  |:: :: |{ i       /,' |   ,'       / .|:: ::|
  |:: :: |ヽ.|     / i   /        /  !:: ::!



468 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:04:24 ID:cjksz1xo0

                 _   __ /::::|
         ィ=、----v'::::;⊥--ヘ:::::::::ヾ/;>― 、
        /  :}` ̄:> '´   メ |:::::\::|^⌒ヽ .:.ヽ
.       /  ト、//     '´  \__:::::| :.  .  ::::|
.        !   i/ ./ .// ,、}r、      /:∧::.. :.   :::|
.        |  / ./ :/.;'  トヘi'ヘ  :| .|. \::ヘ:::. ::.  ::::|           そう。
       ヽ. | | |:| :||!:.:|.   |:| :|:.小::j!:ハ;ハ :: :.:.i. .:::|           「赤い鳥」の童心主義は、実はそこが問題になる。
        | ヽ:|ハハ圷 ㍉  ,jハィ〒ミ!lハ/Y゙| :: :::'. :::|
.          |  `ヽli *(●)   (●)* /j/ハ| ::: ::' :::|           簡単に言ってしまえば、
.         |!: | :|:!⊂⊃、_,、_, ⊂⊃,ξイi:| :::.,' : :.|     /〉    子供の読み物のはずなのに、
        ハ: | ./*\.  ゝ._)  /|*ノ.:.リ:::/ .:::/      /./7     読者である子供が同一視する必要がある、
         / :| レァ:、_ .>、ー ,. イ ノ:7!_;j/. .:::i|    /-'./―;、   「子供の主人公」がなぜ出てこないのか。
.        /  レ' {      ハ「   ,/  / ..: .:::/|     | 〈:r! ノ,ハ
       / /  〈      /   ̄   / .: .:::/: |     _|.  } ^ドr'′  その疑問を発展させると、
      /   .::| ..::: o! ..   ,.イ .:   _;人_:|   _ノ `ー-::イ    結局、「大人と子供の価値観は違う」と言っておきながら、
    _,/      :. :./.::   ヽ/ o ̄ | :  /    ____〉 厂L __ _,人   実は大人たちが、自分たち流の「子供の価値観」というものを、
.  /        ;/    //       |...: | ./   } | :|   〉  〉  子供たちに押し付けるという独りよがりなんじゃないか。
  \     __/      ://    __r' . :_丿 |    {  | :|  :/  /
   |ヽ ー '´ {      :ゝゝ   /:r一'´   ヽ    ヽ,j | .'  /
   |      ゝ    { {   /       }          /
   |       }` - " | ト 、        /          /
          l    | |  '  _ イ



469 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:04:42 ID:cjksz1xo0

              ,. '",二、゙ヽ、
            //    \゙、
               {'′ .     ヾ!
            _   /\―--'' 、
    ,.. -__''二¨-   `/           `丶、
   '" ̄,. :'"     l             ヽ
    /  /    / j j  |   !    !  `、
    ,:'  ,.ィ  /   ! '| ∥   !゙、  l   l |  :、
  / ,. '゙/  /   ,⌒ l l !   ! `⌒ト    !. l   i
  /'´  i   !   /| ,'  !l `、| ゙、 l`、  l. |   |
    | l  ./ l |   l| `、j  ヽ| `、  |.!   l
     |. /'!  ∧ '゛____  `、!__l_ ゙{. |!  j        あー、確かに。
    !! .l  |! li作三三    三三ミ ハ. |) メ、
      {  l l.! !               ‘! `」 `ト ゙、       「蜘蛛の糸」とか、
       V | ヘ、    △     ,. イ   | |        典型的な道徳的な説話だものね。
         |  |「二フ¬ァ ''てjヘ、/   !   !
         |  |l /  l′   / / / i|  |
        |  }′  l ̄ ̄/ //! /ヘ|  |
        |  lミ:、  |  /  '" l //∧   |



470 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:04:53 ID:cjksz1xo0

    /    | ハ  \ `    ヾ     `i       |
.   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ :. :.ト、 /}ヘ      i
   , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソ ヽハ、 リ    |         さらに「今の子供」が描けないってことは、
  l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ.  /i/ ヽ.    |         必然的にストーリーの舞台設定は、
  レl  |ヽ`z'ヾヌヽ\ヽ l , ィrァzュ l / lヽ∧     l         過去か架空世界の話になる。
  |ハ ハヘヾィfマ∧  ヾ  {∨ウ》 イ' レイノ  ヽ.  .:|
   ∨、ルヽヘリ ゞリ     ゞ‐'とつ/ |'     ハ.l         要するに昔話かファンタジーの世界しか
     マlヾ| |とつ             /} |  ヽ    !         書けないってことになっちゃうのよね。
    ヾ ' .l ハ、    、     , イ イ ハ   \  ∧
     `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ        そして現実の子供世界を描けずに、
.      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ        そういうファンタジックな世界を子供の世界とするのは、
      ,  /≧ュ、__|_|_,イ   .|__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ       果たしてどうなのか……
      | ./ r孑‐-┐ノ|:.:.:.:.l>リ、‐_,‐<ヽイ/:::|::::.../ )
      レ  / ト‐-┘  // /´ ̄ ̄""'''ー--、,__/_ /
     ,′ ,  にこ}| ::::::「:/              _/ム _
     ,  '  ィヾ `丶:::::/           f゛―-、 __ 丿
     | /   ノ´⌒``:::::/           > 、_  ノ
     | /   ,'    ::::/           r| 〈` ヽ イ
     レ    {    _::/            ヽ ニ7 /
     /   人、 ヽ、:/             /‐―"/



471 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:05:09 ID:cjksz1xo0

        /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.       /.:::::::::/::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
       '.:::::::::/::::::::::::/:::::::|:::::::::::::::::::::}:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::i
     l::::::::/::::::::::::/」:::::::{::::::::::::::::::/ ハ:::::::∧::::::::::::::::::::l::::::::::|
      i::::::/::::::l:::::i´八::::∧:::::::::::::/-‐|::::/. ハ::::::::::'::::::ト.、:::}_         でも、欧米から輸入される児童文学とかって、
      i:::::::::::::::l:::::|   ∨ ∨::::::/  |::/  ヽ }:::::/:::::::!:::::::/:::::ヽ       ファンタジックな作品多くありませんか?
     ∧::{:::::::八:::|ァ==ミ  ::::::/   j/    ハ!/:::::::::|///::::::::::::.
.    /::∧ト、:::::::|Kl rし.::ハ   ∨  xァテミメ.ノ::|::::::::::::|//ハ::::::::::::::      例えば「ふしぎの国のアリス」とか、
   /::/:::::i:::::ヽ::ゝ V:::::゚ノ        rし.:::::}ヽ刈:::::::::从::/∧:::::::::::::.     「オズの魔法使い」「ピーター・ラビット」
.  /::/::::::::|:::::::::ト  ,,,          ヽ:::゚ソ  ノイイ:::::/   ',:::::::::::::.     「星の王子さま」「ムーミン」に
  i::::::::::::从::::::::j       '    ,,,     /::::::::::::/    l::::::::::::::l    「ナルニア国ものがたり」にハリポタと……
  |:::::::::::/ハ::::人                  /::::::::::::/     l::::::::::::::l
  |::::::::::'  ',:::::::::`ト .    、          .イ::::::::::::/      l::::::::::::::l    ただ、みんな子供の主人公がファンタジックな世界で、
  |:::::::::!   V:::::::::l斗へ、          .イヘ|::::::::::/        l::::::::::::::l    どうにかこうにかって話ですけど。
  |:::::::::i  /}:::::::八: : : :/ヽ. __   <    ノ:::::::/\        !::::::::::::::l
  |::::::::::V: : ∧::/: : : : :/  }       /イ:::/: : : :\    j:::::::::::::::!
  ',::::::::/: : //∧: : : : :,′        /: :ノイ: : : : : : :\  ,:::::::::::::::∧
   ∨/: :.://∧∧: : : i`ヽ       / : : : : : : : : : : : /〉 /::::::::::::::/ }



472 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:05:35 ID:cjksz1xo0

                         /  ̄ミ 、
                     ,. -─…─-ミ    \
              . ⌒>ー=ミ     `    ヽ
            _ / /              \  .
         /   /                 ヽ
       /⌒  //
        .′             i       i| ¦! i     .
        ⅰ  /          |i     i| _,」⊥|、    i .
        |  .′    ′   |i   ∧ i|´仏以ハ / i| i       確かにね。
        |  │    |i  |i 八   ′Ⅵ刋::}ハ ∨  i| |
        │  |i |    |i  _j仏以 /    乂 ノ⊂⊃八:      話題を先取りしちゃう感じだけど、
.      :  八 |、  八  イ升:}ハ          ハ/  |       実は「童心主義」批判の人たちは、
        | /   | \ 个.人 乂 ノ    `     /| i  |       子供を主人公にすれば舞台はなんでもいいのか、
        | /       \| ⊂⊃       ,   .イ :| i  |       それともファンタジックな世界や昔話がダメなのか、
        |      /  i八 'マ个: ..,_     个:| | i  |       その辺をはっきりとは言わないんよね……
        |    /    | ハ ∨Tアヘ,      ト‐ャノ 厶以
        |  /      レ'⌒, ∨   }       //  }: : `ヽ     仮にファンタジーがダメだとすると、
.      |/       / : : ′ \       /   ′ : :}    それらの文学は「童心主義」批判の人たちからは、
     /        {_: :人   \         人: : /|     批判される作品ということになる。
    /         「⌒\{ \ _,}   {,__ /}//  |
  .          / |   )\ __,}   {,__ / (   ;    一方で「ムーミン」の翻訳なんかは、
   ーく      . < \│  / : : ー=ミ、___,.ノー=彡 : : ヽ  |    「童心主義」批判に対するアンチテーゼみたいな、
       ー一     \│  .′              : : ; ¦    そんな側面もあるかもしれないしね……
              )|   : :                : : ノ │
      丶 _ ___彡¦ 人: :                : : イ   |    まあこの辺はちょっとした余談。
               !  ヽ>: :        : :<ノ    |



473 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:05:46 ID:cjksz1xo0

                     ____
                 /       ` ヽ
                 __ /            \, へ
             l  /             斗-<  ヽ
                l / /  i /   ',  ,    lフ' l   ',
             l l l  .l l,    l  ,'  i l l //l    l    まあ、そんなわけで、
                l l , l _,l-l、l l l l 7i丁フ /l"/l     .l   徐々に童心主義への批判が強まり、
             l lハ l レト、l .l /l/l / レ',' / l/./l    l   そんなときに三重吉も死んで、
                l   l、l l,イ示ハ/ ' lイ示ハ,ィ l6゛}' .l    l   「赤い鳥」廃刊につながるわけだ。
             l   l ゙l l z::::::l    z::::::イ  l_/  l    .l
               l  ,.' l 'l ゛''"、_,、_, ゛''",l l§   .l    l   じゃあ、そんな「赤い鳥」を一番批判してたのは誰か。
.             l  l  l l \.  ゝ._)  イ| l§   l    l
              .l  l  l l   ≧―≦二|l  l__   l    l   まあお約束のプロレタリア系の人たちなんだけどね。
             l  l  .l l __.イ::∧     l  l::::r‐ 、 l    l
             l  l  .l l'  l::::::∧゚ o ゚/:l  l:::::}   ヽl    l
              l  l  .l l   l:::::::::\ /::::l  l::::::l、  l.l    l
              l  l  .l l  l::::::::::::::::::::::l .l::::::::::ヽ, l.l     l
.             l  l   l マ二ヲ:::::::::::::::::::::l  l、_;:;:;::>:lコ     l
            l  l   / |  {::、_::;:;-‐:::::/  L:::::::::::::l |     l
              l  l /  イ==,ヽ::::::::::::::::/  /::::::::;===コ     l
          l  l .l  /_l::;へ:`ヽ、:::::::/ /_,zュ:::::::l:::::::::l      l
          l  l L'二'__  }:::::l:::::::::l '´  /:::::::::l::::::::l   l,  l



474 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:05:59 ID:cjksz1xo0

 |:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/! `i:.:.:.:.:.:.iヽ:.:l:.:.:.:.:.:∧ 、:',
 |:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.: 、//  |:.:.:.:/:.l ∨!:.:.i:.:.:.∧ \
 |:.:/://:.::.:.:.:/ >、__,, |:.:./レ'/|:.l:.:.:!:.:.:.:.:|
 |:.|:/:,、':.:.:.:/_____ !:/ ___ !::!:.:.|:.:i:.:.:|
 |:.|/:{ !:.:/:.|  ̄ ̄ ̄ |'  ,  ̄ ・::.!:.∧:ト、:.!
 |:/:.:.ヽ|:/:.:.:!        ,_  }:.:lレ !' V        まーた、戦前から終戦直後辺りの、
 |':.:.:.:.:>'´ ゙̄ヽ、     ゙ー、! ':.:.|             お約束な流れだねー、それ。
 ':.:.:./     ヘヽ `Tニ' ┴ー‐┴i
 :.:./       l \ ´  -───┤



475 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:06:19 ID:cjksz1xo0

         />'´ ̄     `ヾ\
       ./ /       \ 、   ‐-Y⌒ヽ
       / 〃ハ     ヽヽ ヽ \=┤   ‘,       まあ、この辺は、
     /イ l |l l | | .|ト、 .|.|  l|  ゙, ノト、   l       文化史とか見るうえでは「お約束」みたいなもんで。
     //ハ l< |l十十l.\|十-リ| l │ i|ヘ.  l      
     〃i ハル小l( ●) (●) 从 |、i|∧ヘ l
    i ハハ レ ヽ⊂⊃、_,、_, ⊂⊃ |ノ .,ハ ヽ l        それはさておき、プロレタリアの人たちが、
    〃′|| .| |ヽ、  ゝ._)   ノ| |/ lヘヽ |       子供をどう考えてたかは知らないけどさ……
   |l l i|/  ././.  ヘ、 __, イ,/ヽヽ .l ヘ  、|      
   r、     r、ヽヽ::::/.`@''"´1ー::仁二] ヘ ヘl        彼らは
   iヽヾ 三 |:l1V:::::',    /:::::::仁二]∧ .ヘ       「今、子供が置かれてる状況を文学にしろ」
   |l.\>ヽ /|` }:"::::::',   ./:::::::::r'[二メ.∨ ハ ヘ       って感じなのよね。
.   八ノヘ  ノ `'ソ::::::::::ヘ  /::::::::::::`:y |ゝ}ヾ∧ l|
   /∧ヽ ./´ /:::::::::::::::ヘ,/::::::::::::::::::::} || / /ヽ| l|      そんな中で生まれた名作が、
  // } } \.ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/.{ .{ / .}      佐多稲子の「キャラメル工場」からなんだけど……
  .∧ ./ .}   `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」  ヽ∨ /



476 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:06:32 ID:cjksz1xo0

         />'´ ̄     `ヾ\
       ./ /       \ 、   ‐-Y⌒ヽ
       / 〃ハ     ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
     /イ l |l l | | .|ト、 .|.|  l|  ゙, ノト、   l      プロレタリア文学の「名作」とはいえるんだけど……
     //ハ l.>‐'つ,,イl.\|ト、_ リ| l │ i|ヘ.  l
     〃i /.ノトl( ●) (●) 从 |、i|∧ヘ l       じゃあ「児童文学」の「名作」と言えるかと言うと、
    i ハ/! }/゙ヽ⊃、_,、_, ⊂⊃ |ノ .ハ ヽ l       ちょっと疑問なんだよね……
    〃′|.|{ (´/ヽ.).  ⌒   ノ| |§'゙lヘヽ |
   |l l i|/ヽ( イ- )ヘ、 __, イ,/ヽヽ l ヘ  、|      
   |l /  / .\ `ヽ:::/`@''"´1:::仁二].l ヘ ヘl       主人公の不遇さをよく表してるんだけど、
   |/ ノ.   {〉   ):',    /:::::::仁二] ∧ .ヘ      じゃあそれが子供に理解できるのかというと、
   |l |   /  ノノ:::::',  ./::::::::::r'[二メ ∨ ハ ヘ     私としてはちょっと疑問。
.   八ノ.   /  ./::::::::ヘ ./:::::::::::::`:y |ゝ}ヾ∧ l|
   /∧ヽ. /  ./:::::::::::::ヘ/::::::::::::::::::::} || / /ヽ| l|



477 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:06:44 ID:cjksz1xo0

                   ,../´ ヽー―――-- 、
      、ー- ..__   __,. ‐'´:/: : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
        `丶、   ̄ ,.. '´: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         ,.> '´ : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       ,. '´/: : : : : :/: : : |: : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     / ,/: : : : : : : /: : : ,.!: : : : : : : :l : : : : : : : : : : : : \ : : : : : ';
    /:,. '/: : : : : : : : /: : : / | : | : : : : : |、: : : : : : : : : : : ヽ: ヽ : : : : |
  /:/ / : : : : : /: : :l : : /  |: :l:!: : : : : | ヽ:__: : : : : : : : : :!: : ',: : : : |
  //  /: : : : : :/: : : :!:,. /-、 l: : !: : : : : l ''´\` 丶: : : : : :l: : ハ: : : l
 /'   /: : : /: : l: : : : |: :/    l: :!: : : : : |   \: : : : : : : |: : : l: : :|
.      !: : ,イ : : |: : : : |: l _    !:|、: : : : |     \: : : : : ト、: : l: : |
     |: :/ |: : : |: : : : :!:| ヽ! ̄`ヽl:! ヽ : : |. ´! ̄ ̄ l'7、: : :| ,!: : | : |
     | / |: : : ,!: : : /|' ヽ 'r'、__,| !  ヽ: :l  r'、__ノ | l:|ヽ: : |´ヽ: ! : |     多喜二の「蟹工船」とか、「党生活者」とか、
      |/   !: :/ ヽ: : ! |: : '、ヽ___,!     ヽ: ! ヽ._,ノ |:|: ヽ: |-‐ヘ|: : |     読んじゃった私としては、
     __ヽ:|  ヽ: | |: : : !    '   ヽ!     ・|:|: : ヽ|: |: : : : :|     ちょっと面白みに欠けるかなって感じが……
,. -‐ ' ´__ ` 丶、 ヽ! !: : : ヽ、,. -‐ '" ̄ ̄ ̄ `丶<!:!: : : :|: :l: : : : :|
‐ '"´    `ヽ、  \ |: : ,. ''´ ,. -‐ ''´ ̄ ̄ ` '' ‐- 、`ヽ: : ト 、! : : : |
          \_∨´ /             `'ヾ. |/> 、: |
、 キャラメル工場ヽ  `ヾ                     |:l/ / ヾ、
ヽ       から ヽ   ヽ              r--┴、/   ',
(`丶、          ヽ   ヽ              r--`=-  ヽ     !
.〉-`、´._           ヽ   ヽ            ( ' ー-    ヽ   ヽ
ヽ ---‐'、           ヽ   ヽ               `丶、    \   \



478 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:06:55 ID:cjksz1xo0

                 ,. -──‐-.、
              , . .: ´. : : : : : : : : : :`ヽ、
             , .:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.::...:.:.:.:.::.:.:.:\
           /. : : : : :/: : : : : : i: : : : : ::、:ヽ: : :\
             /: : : /: :/: : : : : : :.:|: : : : : : |: :i: : : : :ト、
              i: : :.:.|: : {.:.:.:l: : : :l: :ト、: : : : :.|: :|: : : ,.イ: :',
              |: l: : |: :ム: :l: : : :l: :|ー\: : :.|: :レイ:∧: :.',
              |: l: : Ⅳ  Vヽ: :∧/   i: : :|: :レ:.//:./: : :',
           V: : .{ r=r.テ V  rテ テ V.:/: :.レ'/.:∧: : : :',
           V: :ハヽヒソ     トヒ辷ツV: : :.ハ::::l::::ト、: : : ',      ちょっと、誰をメイン読者にしてるのか、
            i: :i:::} ,,,      .,,,,  /l: : : レ'::::l:: | ',: : :.i     分からない文章ですよね……
           ∧:l:::i    __    u l/: : :/: l::::l:::|  l: : :.|
           /: ∧ :ゝ、   `   ,. イ: :.:./、:::l::::l:.:|  l: :.:.:|     子供の多くには工場労働のことは理解できないだろうし。
             /. : i ',.:.:.:| >r- <  /: : /: :i:丶、: :|  l: : : |
            ,': :.:.:l  \:|イ: :/.:/\ /l : /: : :|: : : :\. l: : : |     無理矢理労働者文学を子供主人公にしてるような……
            i:.:.:.:.:| ,.イ::::,':/: : レ芥ヽ.l:/. : : :.|: : : : : :\: : : |
            |.:.:.:::.レ': :i::::i:〈: :./ /.ハト、V: : : : : |: : : : : : : .ヽ: :|
            |.:.::.:.:ハ : |::::|: :X 〈ノノ l Lノ::.\ ̄./ : : : : : : : i: :|
            |.:.:.://: : |::::|:/: :V  L/: : :: /: : l: /: : : : : :.:.|: :|



479 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:07:10 ID:cjksz1xo0

                         /  ̄ミ 、
                     ,. -─…─-ミ    \
              . ⌒>ー=ミ     `    ヽ
            _ / /              \  .
         /   /                 ヽ
       /⌒  //
        .′             i       i| ¦! i     .
        ⅰ  /          |i     i| _,」⊥|、    i .       実際、プロレタリア児童文学の作品が、
        |  .′    ′   |i   ∧ i|´仏以ハ / i| i       あまり残ってないのは、その辺の事情かもね。
        |  │    |i  |i 八   ′Ⅵ刋::}ハ ∨  i| |
        │  |i |    |i  _j仏以 /    乂 ノ⊂⊃八:       もっとも、文学の共産主義的な流れは、
.      :  八 |、  八  イ升:}ハ          ハ/  |       児童文学にも影響を与えていて、
        | /   | \ 个.人 乂 ノ    `     /| i  |       戦後の児童文学は、童心主義を否定しながら、
        | /       \| ⊂⊃       ,   .イ :| i  |       子供を主人公として、
        |      /  i八 'マ个: ..,_     个:| | i  |       その子供を中心とした社会を描こうとするのね。
        |    /    | ハ ∨Tアヘ,      ト‐ャノ 厶以
        |  /      レ'⌒, ∨   }       //  }: : `ヽ     典型例は山中恒の「あばれはっちゃく」、
.      |/       / : : ′ \       /   ′ : :}    そして那須正幹の「ズッコケ三人組」シリーズかしら。
     /        {_: :人   \         人: : /|
    /         「⌒\{ \ _,}   {,__ /}//  |     ここから先はちょっと私も研究不足だから、
  .          / |   )\ __,}   {,__ / (   ;    これくらいしか言えないけど、
   ーく      . < \│  / : : ー=ミ、___,.ノー=彡 : : ヽ  |    彼らの価値観にも限界、破綻が出始めてる感じはする。
       ー一     \│  .′              : : ; ¦    あまり上手くは言えないけど。
              )|   : :                : : ノ │
      丶 _ ___彡¦ 人: :                : : イ   |
               !  ヽ>: :        : :<ノ    |



480 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:07:21 ID:cjksz1xo0

        , '  `>x   ‐‐  <⌒`ヽ
          /     . : ´         `: 、   \
       ,    /    〃        \  '
       !   〃            ヾ    i
       !   {l    |l  :i    l| )     ‘,|
       i!  {l  リハ iハ iト、 リ /∧   :l} |
       i!  {l゙ Υ,r=≠. ソ i ィ≠ミ ソ.  /.メ          まあ、その先輩さんには、
       i!   八从弋zラ.    vツ/从/ン′i          とりあえず「赤い鳥」のことを、
        i!     ヾ ゙゙     '    ゙∧ l}   i!          詳しく説明してあげればいいんじゃないかな。
       !!    :l}ハヽ  ` ´ , ' |!i:l}    i!
       !!    :トソ. }.≧- ≦、=ー‐! l}、  i!          参考になればいいけど。
       !i /   {lハ/   ,  〉ハ.〃 l}‘,メ、
       !i ,'  , '´{ミ>\     / 彡イィ´_⊥  \
        У | {l_彡'ハ   /  \ ニミ/ハ    \
     /   _|,,..∧  7_ \//⌒ ソ/マハ.    \
    /     ゙l/イ ` ー ´  @        ∧ハ    ツ
   ヾ   x<、|'八      =.〉\ヾ ー ヾ//∧ x ≦
      ` ^ソ/.|//心ー ‐=´ /   ', \  V//へ ゞ
       /  !////∧   l|    l}  __   \//∧
            l}'//~~´ ヽ l|.    lレ´ |`¨ ' ‐'//∧
          ,'//≧.x   ,|        ハ__/V///∧
           ///////`¨ '´     i    ',   V/////7、、
        //// ン            ‘,  V/////ノノ



481 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:10:07 ID:cjksz1xo0

以上でございます、突発的な投下の中、ご清聴ありがとうございました。

昨日「ごんぎつね」の感想文の話題がいろいろとあったものですから、
読書感想文の意義とか児童文学史みたいなのを即興で作ってみました。



482 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:12:14 ID:xmzLXWWA0

乙でした
あばれはっちゃくやズッコケ三人組が子供が主役なのは、単純にメインターゲットが子供だから共感しやすいようにだと思うが
あれは昔から読み続けたって人ならともかく、大人は読まないだろ


484 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 22:18:04 ID:sQeZM2p60


ズッコケは作者が児童文学サークルで「大人が自分たちの理想の子どもに読ませたい話」を書いてたことに対する自虐みたいなのがあったっけ
大人が思うほど子供は無垢でもないし、おバカでもないんだよね
大人の「子供だと思って舐めてる」オーラを敏感に感じ取ったりもしてるし


486 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/12(日) 00:38:08 ID:DiQ/In9M0

乙でした。お忙しいのだろうが、久々に長い投下来たのでうれしい
そういやこのスレで宮澤賢治って出てきたっけ?


487 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/12(日) 00:51:30 ID:ztieq02I0

乙ん
ズッコケ文化祭事件だと那須先生とおぼしき児童文学作家が登場して
大人である自分の作中の「子供」と現実の「子供」との埋められない距離が
描かれていたような気が


488 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/12(日) 01:16:46 ID:YZRbqTpY0

>>487 うすうす感づいているんだけど認めたくない、書けない、って風に描写されてたな
中年編では結局鳴かず飛ばずで終わっちゃったみたいだけど


489 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/12(日) 17:18:56 ID:R.fBxnjQ0

俺、40近いエロゲライターだけど、
作中の学園生と現実の高校生の埋められない距離を
感じています。


490 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/13(月) 00:44:31 ID:BXyWt.E60

そいつは埋めちゃダメだw


485 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 23:46:54 ID:Q3/d698c0


安倍能成が名前だけとはいえ出てきたか、戦時中の一高校長時代を竹山道雄や
片山敏彦とからめて描いてくれないだろうか


491 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/14(火) 04:35:45 ID:mdQDympI0

乙!
ただ教育における読書感想文は普通の意味でのそれとは違うと思うけどね。



492 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/15(水) 23:14:29 ID:CWxrJrh.0


戦中なら軍需工場に児童も動員されたりしたんだから
わかるやつもいるだろう



493 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/17(金) 22:35:48 ID:KSa9Lshk0

>>492
戦時学徒動員は1943年(昭和18年)からのことです。
児童生徒の勤労奉仕が定められたのが1938年(昭和13年)ですが、
これは長期休暇のときの短期の勤労奉仕とのこと。

いずれにしても「キャラメル工場から」と時代背景は合致しませんね。

ちなみに、戦前学制によると、
義務教育は尋常小学校6年間だけでしたので、探すと意外に小学校卒→就職という人がいたりします。


                  _         __  _
                   /´__ `ヽ . --<二二`ヽ `ヽ
                レ'´ ___`ヽノ'      f´ ̄ `ヽく`ヽ
                /´/´  /  、  、 `ヽ.`ヽ、 }} ハ
                  レ'     /  ! \__\   ヽ. V Y リ___
               /  / /  ト、\\ `\  i lト.j }´   \        働かせてください……
                ,'   i   i _ l lヽ. \\__.ヽl l| V´ \   i
                  il   l  .ィ´ __.N  \ 〃 j;::ヾl l|.八   \ノ
                  |l   l  l イrへ.    |lr' ;;リ| l|__ \   〉        ,. -───- 、
                  |l   ト. 、ハ { !r':l|    `ー‐'' | l| `ヽ. \/       /. --──--、 ヽ
               八_  N l lハヘt''ソ   _  """ /| リ   ヽ.     //        〉 ハ
          /.|  ̄ ̄  ̄ ̄.| l |入"""____ , .イ lレ'     i ヽ ̄ ̄/ /  ̄|.\      /   }
          /   |       | l |    i´Y´Y´ Y Y /  /   j   ヽ / /   |   \   {  ij |
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | l | ̄ ̄t人.人 人ノ { /     ノ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.!  ノ  リノ
       |.             リハl          / /     }                 |∠ . イ´
       |    「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ /       !  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |
       |   |                 〈 '       |            |   |
       |   |   拾 っ て く だ さ い  〉         |            |   |
       |   |                 〈     / .}            |   |
       |   |  名 前 は 「 池 波 正l\ __∠. __.ノで す 。     |   |
       |   |                       |      }             |   |
       |   |                 /`ー── 'l              |   |
       |   |                  (_/l  i i i |               |   |
       |   |   * よ く 食 べ ま すl  /l l l |               |   |
       l.   ノ                  ゝイ .しノノ''        r─‐'/   |____________ __, ,.
       |  く                                  | /     !三三三 三 三 二ニ 一
       |   ` ー ────────────────────''´      |三三三三 三二ニ=
       l____________________________________|三三三三 二 ニ =


例えば、池波正太郎さんは、小学校卒業後、奉公に出されました。
東京・浅草育ちの池波さんですらこれなんですから、地方だと小卒勤労者は結構いたのではないかと思います。



494 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/17(金) 22:36:23 ID:KSa9Lshk0

             / ̄ ≧ー―― 、    / ̄⌒`ヽ
          fヘ ̄ノ ´    >    > 、;/⌒⌒´\l
        /|/´ /   .,          \      l
       〈 /   :/    /            ト、
       .∧/   :/   ./      /   ハ    ヽ
      / i   /   ./   :/ / /  ./j :|   ハ
      入レ ヘ :/   ./_ ,ノノ ノ :/./ j .j  .l   l
     / .:l  _/   .//ソノ`タ丿 :ソノ ./ イ  j :l :|
     \ _|,/ l   《フ≡ヲ乂 ./.ノソ  / イ  / /|ヽゝ
     (ヽ :〈 H    代心ノ  `   /√`代 ,イ イ ノ
      >ト、.|   :| ゝ゚-       と壬レタ ノノノ
     /:::/.:.:|ソ   |.:|         /じ.ノ 》/j/|´          今日も仕事が終わったわ!
     //.:.:/l:.|.|  |.:|        :i  ヽ"〈 /   |
     \.:.:.:」.|:.|.|  :| |.    √`>   ゙゙゙ /  l :|           さっそく映画見に行こっと♪
     /:.:.:.:| |:.V、 | |      ´    .ノ|   | :|
  / ̄ ̄ ̄l⌒\ヽ |ヾ. \_     <  .j   j :|
 /      .\  \ヽ   /         .l  ノ|ノ
./         \  >-仆-、      .| ノ ソ
l          .| 、   ハ  .〉、_____レ   ト、
|          .| \ ├ヘ,/、   } 、  \  ノ )   ー=ァ
|          .|   ,〉=〉:.:.):.:.\  l     j /  ´   ~ ̄´了
|          .|  ./:.:.:.ト+、.:.:.:\.l .l   .〉          ̄又
∨         .ト l.:.:.:.:.|:.:|l:ヾヽ:.:.:.:.}  .l ,ノ--=、     ∠⌒.ノ
..∨         ヽ|:.:.:.:.:.|:.:.ト.:.:\j.:.:ノ  〉     )/ ~ ⌒´ノ
 |∨         l{.:.:.:.:.:」:.:レ.:.:.ノ ~ --=´`\   ノ て /
 | ∨         l ̄[:.:.:.:.」:.:.://´      j/j~ ̄ ̄/

もっとも、小卒の勤労者といっても、その置かれた境遇は千差万別だったようです。

例えば「ああ野麦峠」のように、厳しい状況に置かれた子とかもいるのでしょう。

一方で、池波さんなんかは、証券会社の丁稚だったわけですが、
定時とかが決まっており、そこまで厳しくなかったようです。



495 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/17(金) 22:36:43 ID:KSa9Lshk0

            ,ィ======t:、
            /         ヽ\
          /       ,..   ´ ̄ヽ| ̄¨    .
               //  /  ,         \
               //  /   / /  i   ヽ ヽ.___
              /.ィ゙  /    ,.イ /1 |    |  \\
           〃/  /|   / ハ/i | /|    |    |_,ノ
          / |  /| /  | ,ハ/\_!    |    ト、
               |. /  V    | /  |/ |``ト _|    | 〉
            ,ハ/       j/   ヽ、 \|\ ||  },/
              / / / /       \、__,. ヽ||  |\
          / |             ` ̄とつ ||  |.  〉       うーん……
            | ,ハ    {_    r'´ / /     ||   j,/
            | | \   `iー{             j ,   九         この甘みがなんとも♪
            |,/|  /\  ヽ,」          //  厶ノ
      / ̄`Y´ ̄`ヽ \         r''//  /
     _/         }   ヽ __   '"´ i.//i.j /
   /     ト、 _,ィ   ⌒ヽ  _}     //ハi/ /
    {     _,ノ   {      } /ヘ__   / 〃 ノイ

しかも収入も他の業界なんかと比べて数段良かったようで……

この丁稚時代に、たくさん映画を見に行ったり、いろんなものを食べまくったり……としたようです。



496 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/17(金) 22:37:09 ID:KSa9Lshk0

    / ,'ヽ                /´     i  、 ヽ、 ヽ、   ヽ____ ミ;ヽ,)ヽ
   ,' !:::::i,              //  i ,  /'i  |\ ヾ_、 i     l    _.iヽ,l
    l l:::::::::l,           /イ   l |  l ヽ l,:-<ゝ;>、l   |-‐‐' /K !
.   l |:::::::::::l             |/l | ! |、 | 、,,Xヾイ::;ヽ i' |   |r=く /,! 〉
.   ! .|:::::::::::::l,           l |、 トx‐!ヾ    ' ヾソ'´ |  .|'ノ  }/j〈
   | |:::::::::::::::l           ヾ ヽ'i メ:`i          |   |ノ ノノ///    小鍋だてはねえ、2種類か、せいぜい3種類。
   l |::::::::::::::::|               | .l ゞイ           |   |;ン', '/く
   l |:::::::::::::::::l             | l  ヽ _      |  .|ヘ,,/ヽ::\   ごたごた入れたらどうしようもないんです。
   | |::::::::::::::::::|            | ヽ  ´ -        |  | |::|:|::i:!ヾ:::!
   | l:::::::::::::::::::l             |   \         |  l ,ゞソ!:::l:::トノ
.   | |::::::::::::::::::|             l   l. \  _,. ‐   l  /'´  ヽ!:::|!::|  ,. - ─ - 、
    | |:::::::::::::;:::;|              l    |   `´ l ,. -イ /    ヽr‐;! '´       ヽ,
   L_|:::::::::::{  ヽ、          ヽl.  |    r' ヘ / /    ///            l
      ̄,>'ー 、 ヽ            ヾi l    /イ::/ヽ '/   / 〃               l
      r'´  ,! `ヽ.ヽ            ヽ ! ,ノ'::::i‐!:::::l  /  //   ,.:-‐''      /
    〈 ,..-‐'⌒ヽ、 ) }       ,. ‐''''ヽゞ!'〃:::::| |:::::::l/    /_j-,.:-''´           /
    ,..ノ;-‐''´ ̄`ヽ、 } l        /    / ,//:::::::l  !:::::::::i,   r'-‐''          ,.イ′
   (   ̄ ̄`~`''' `ヾ、    /       ,!'//::::::::::|_|:::::::::::〉--ソ              ,.ィ' /
   `t- 、        \,/     ,../-''-ヽ;:::/i . .ヽ;::/. . /         ,. '/ /
     {           ゝー--‐‐ー-ヾ'ノ. . /:`:::|. . . .|::::::|. ./          ' / /

この時期に食べていたものが、後々池波作品の描写として出てくることが結構あります。
有名なところでは、「小鍋立て」でしょうか。
一人前くらいの小さな土鍋とかで鍋物をするもので、
池波作品では良く出てくる料理法です。

これも、池波さんが当時よく食べていたものだといわれています。

ちなみに上の「小鍋立ての具は2種類か3種類」というのは、
証券会社の丁稚時代に、取引先の老人から聞いた話とのことだそうです。



497 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/17(金) 23:34:42 ID:QAYDU1Nk0

乙でした
高等小学校からの丁稚奉公は戦後すぐもあったみたいですね、と祖母の体験談

宮澤賢治の銀河鉄道の夜にも子供が活版工場で働いているシーンとかもありましたし、実際の児童労働ってどこまでキチンと規制されてたのか気になりますね



498 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 22:31:06 ID:kJJ9lLkU0

              .zニニニニ/ニニニニニニニニ≧、 、
            /ニニニニニ/ニニニニニニニニニニニ\ ヽ
              /ニニニニニニ/ニニニニニニニニニニニニニヽハ
          /ニニニニニニ 'ニニニニニニニニニニニニニニニ}リ
          .'ニニニニニニニlニニニニニニニニニニニニニニニソ
          丶ニニニニニニlニニニニニニニニニニニニニ,入}
             `>、ニニニニ{ニニニニニニニニ≫{区l}_イ:.\
            {≧、___{{____{{_z≦/:::::::.:.:.ト;:.:.:.:ト
            人ニニニニニニニニニニニニ,イjルイ:.:.:.:.:l}|:.:.、:.\
          ノ ト辷ニニニニニニニニ,イ妁;メ ,::.:.::./,ノ、::ト、 ̄
               :.:.:.::ト ` ̄j从リ  ´ ^` /:::::::/7jト、\
             从::「`  |      〃:::::/:/八
               从:.、   ヽ     {八ノイ:{ム
                 ノ \  -__-  /   lニニニム
               /ニニニ≧、_ .   .ィ彡lニニニニム
           __/ニニニニニ,ハ____//彡'ヽニニニニム
         ___ノ /ニニニニニ/厶イ〔_〕人ノ    》ニニニニム
.        /70ニソ ニニニニニ|  /:/|o}ハ       /ニニニニニニム二ニヽ
       / / ̄巛ニニニニニニl /:/ { }ハ    /ニニニニニニニムニニ0}}\
       / ,'ニニニトマ,ニニニニニl /:/ 〈o l ハ   /ニニニニニニニニソ==='ニニ }

                【小林多喜二】

プロレタリア文学、というとまず名前が挙がるのは、小林多喜二なんじゃないかと思います。
このスレでも何度かネタとして使ったことがあります。



499 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 22:31:26 ID:kJJ9lLkU0

    /    | ハ  \ `    ヾ  /  |i      |
.   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ ::.:.ト、 /∨     !
   , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソヽ,'  :.  リ   |
  l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ  廴丿ヽ     |
  レl  |ヽ`z'ヒ十个ヽ\ヽl L__,, ルl / l ∧   l
  |ハ ハヘヾィ_ー一  ヾ   ¦  リ`}イ/ イノ :.ヽ |     ゲロゲロ。
   ∨、ルヽヘリ  ゞ丿     `‐'とつ/ |      ハ l
     マlヾ| |とつ             /} | ヽ      l     こんなアジ文じゃあ、参考文献として使えねーじゃん……
    ヾ ' .l ハ、    、¬   , イ イ ハ   \  ∧
     `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ
.      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ
      ,′/≧ュ、__|_|_,イ.   |__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ
      | ./ r孑‐-┐ノ|:.:.:.:.l>リ、‐_,‐<ヽイ/:::|::::.../ )
      レ  / ト‐-┘  // /´ ̄ ̄""'''ー--、,__/_ /
     ,′ ,  にこ}| ::::::「:/              _/ム _
     ,  '  ィヾ `丶:::::/           f゛―-、 __ 丿
     | /   ノ´⌒``:::::/           > 、_  ノ
     | /   ,'    ::::/           r| 〈` ヽ イ
     レ    {    _::/            ヽ ニ7 /
     /   人、 ヽ、:/             /‐―"/

もっとも、この小林多喜二、研究論文などの文献数は多いのですが、
参考文献として使えるものがあまりございません。

というのは、執筆者が共産党関係、もしくは左派系の人が多く、
どうしてもそっち側のバイアスがかかってしまうからです。

まあはっきり言ってしまえば、「小林多喜二の死」を使ったアジ文ばかり、といったところです。

もっとも、ある程度事実を追うには重宝しますが……



500 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 22:31:43 ID:kJJ9lLkU0

                 __
              / -―‐- 、:丶
             〃´      \:ヽ
             {{ __       }.::}
       _, - ―‐‐┤ \ー‐――'<
      /.::_/.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\
______//_/____::/|.::{.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ::.::ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ~|lll|'.::|.::|.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.l.::.::. ',
_             |lll「.::j.::l::.::.::l\⌒.::.::.::|.::.::.::l
│            |lll|::ハ.l:.::.:: |  ヽ.::.::.: |.::.::.::|
│            |lll|  ',.::.::.│  \.::.|.::.::. |
│            |lll|三 ヽ ::.:|三三7:ヽ|.::.::.`ヽ       なんか面白い書評ブログとかないかな~
│            |lll|"    \| ""・l.::.::|⌒l:ド、l
│            |lll|、 ‘ー'ー'     j.::.::|-イ.:|
│            |lll|:l>ー‐rーt< リ .::|.: l :|
│            |lll|:|_j;斗<_,>/.:: /! ::.: |
│            |lll|:| >、 __/.:: / ヽ.::. |
├‐tュ‐‐┬‐tュ――|lll|:| /     /.:: /   i.::.|
│ ∥  ∥ ll    |lll|:V      ,'.::.:/   .|.::.|
│ ∥  ∥ |!____ |lll|.::ヽ    i/.:/l    |.::.|
_j ̄|! ̄`|! ̄|! /  ̄ l\{     Ⅳ /    |.::.|

多喜二に関する研究などについては、
実は書評ブログのほうがあまりバイアスがかかっておらず、面白いものが多かったりします。
まあ、ブログ関係にも「赤い人」はいますので、取捨選択が必要でしょうが。

この辺の事情については、やはりネットの思想的自由さとか、そういうものを感じさせます。



501 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 22:32:05 ID:kJJ9lLkU0

                ____
            ,  ' ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.ー- 、
          /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
       __/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:!:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ:.:.:.:.',:.:.:.:.:',
     /:::::i:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:,:.:.:.:ハ.::.:.|.:.:.:.:.:.:.: i  ',:.:.:.!:.:.:..:..',
.    /::::::::::|:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.!:.:.:/ ',:.:.!ヽ.:.:.:.:./―-!:.:.:!:.:.:..:.:ハ
   /:::::::::::::!:.:.:.:.:.!:|:.:.:.:.|:.:/,.斗ヘ:! ',:.:.:.,′  ',:..|:.:.:..:.:.:.i      小林多喜二が共産党から離脱……
   /::::::::::::八.:.:.:.:.!ハ:.:.:.:!イ    !  i:.:/ ,. x=xV!.:.:..:.:.:..|
.  !:::::::::::/  \:.:.:|.:.:、:.:|  x==x   |/  ん价}リ.:.:..:.:.ハ}      もしも虐殺されなかったとしても、
.  |::::::::ム--、__,>:|.:.:.:ヽ!〃 ん:ハ      v少 ,:.:.:.:.:.∧      そんなこと、ありうるのかな……
   !::::/::::::::::::::::八|:.:.:.:.:.| ヽ vとツ      、、 i:.:.:.:./::::::,
   |:/:::::::::::::::::::::::::!:.:.:.:.:|r‐-、 、、     '     ,.:.:.!/:::::::::ヘ     ……でも、ジョン(・レノン)は、
.  /::::::::::::::::::::::::::::{!:.:.:.〈` ヽ〉         ,ハ.:./:::::::::::::∧    晩年ゴリゴリに保守化してた、って話もあるし……
  /::::::::::::::::::::::::::::: 八ゝ┴ 、  \   ° , イ:.:.:./::::::::::::::::::人
. /:::::::::::::::: ̄ ̄ ̄¨ヽ::::::::::::::\ }`  , -く|:::::!:.:./:::::,.:::-――‐ヽ  ありえない話じゃないのかも。
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::∨ ,X.  /::斗レ':::´:::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::C::| /-┴‐':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / ̄ ̄ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( / / /,、  〉::::::::C::::::::C:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


さて、そんな小林多喜二に関するネット書評を読みますと、
いくつかのサイトで、
「もしも虐殺されていなければ、小林多喜二は共産党を離脱していたのではないか」
という憶測が書かれていたりします。

まあ、実際にそんな憶測は無意味なのですが、
多喜二の作品とかから推察すると、なかなかに興味深い憶測だと思います。



502 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 22:32:37 ID:kJJ9lLkU0

ヽ、人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人
、)
_)  蟹工船!!!!! か、かーっ、カニィィーッ!! カァーッ!!
 )
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /
         カニィーッ  ,-‐-、  /   /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、     カニィィーッ!!
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |

例えば、「蟹工船」。
あの作品には、実は「主人公」というものがいません。

しいて言えば、経営サイドに抵抗する船員たちというところでしょうが、
それにしても、個々の船員たちがよく分からないような書き方になっています。



503 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 22:33:03 ID:kJJ9lLkU0

         _ ____
      //: : : : : : : : : >、
     /: : {: : : : : : : : :/: : : :\
     ヽ-  ̄ ̄` ー-:: _: : : : : : :\
     /-―― -.__  ヽ : : : : : : :ヽ
    /.: .: .: .: .: .: .: .: .: ‐  \ : : : : : i
   /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \ \ : : /
 ∠イ.: /.: .: .: .:/.: .: .fィ l.: . N_ヽ、j:/
  ル.: /.: イ.: .:/ .: ./ {i_l |.: .:l iソ !:〈
   |/ l.:/ .: /.: .: .l .: 〉 i.: .:l ` 从::!、               革命に、明確な主人公がいてはまずいだろう。
     ソ.: .:l/.: .イ. /i l.: .!  _」 トv‐、‐-、            主人公をリーダーとするような構図があってはおかしい。
     /.: .: イ.: / Vリ l  V c┘ | イ { r→、           革命同志はみな平等だから。
    ル/l/l/l/::: ‐-ヽ_ /   l ヽ Ll_t }
    l::::::::::::: >    !  ゝ ‐ l
    「 ̄ ̄ ̄ ̄`ー―┴――、 ヘ (  /
   /         /      l/ニニ= 、<
  イ         /       l    ヽ〈
 / l         l        l_   /
. 〔 l_ -―┬―¨ \  こ二ニ‐ニ〕  /
  ヽl      !     \      \/
   i|      l       \      〈
   l     l         \    \


504 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 22:33:43 ID:kJJ9lLkU0

                  _ _ __
                 ,,<゙  ( )    "゙> 、
              /       ′         彡 \
             /       /           彡∧
               /                  彡]
            {        丨             彡イ
            \      !        ,,≫彡彡|
                 {`ー-〟⊥___,,〟≪ .彡彡彡ヘ
                バ. ー ..__ ____ _彡 ,,イ  ノ八        そうなると、革命文学というものは、
              ノソへ       ,,/、ノイ ,か人        「特定の人」が主人公となるのではなく、
              厶ハ爪赱ケー-ァ'グf赱ジノソソリ八         「群集」が主人公となり、
               ヘ从    '     ,ノンノハ          それをつぶそうとする支配層と対峙する……
                   j、   j)     从,人
                  r リ丶  ー -‐   ,ク乂!ヘ           そういう構図が妥当と思って、
               {{ 'リ'ハ>..`_, イ゛/|リ  }}          あえてあのようなスタイルにしたんだ。
                  ∨ ,/リ  | _√` ,,\ ク、
         ___,,〟ー<゙V',人 /{_/ ゙} /〕,〈  \_
          /{       へミミY ,4  レ゙ ./  {     ヽ,,_
         { i         ヽミ |0 ー':/ /          >、
      ,,ノ  .}           ゙∧. {   //`           ィ,ノ
       _V  .i          ヘト0/         /,// }
     /  \!'Y             r゙イ    ,,.= 、  //   /
    /   ゙\}∧、_ _         i :|    {{ Y }} /\    ハ
  /    ソ  A   〝「 '' - i :| -  ,, ゙''_ '' _ 」   Y イ
/     / ン'゙ Y   |     i◎!     「  /|  /.  |

この辺、多喜二本人は何も言っておりませんが、多くの書評ブログの作者たちは、蟹工船のこういう描写を、

「群集を書くことを意識した小林多喜二の実験」

とみなしているようです。

確かにそのように考えると、つじつまがあるように思います。



505 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 22:34:01 ID:kJJ9lLkU0

      (ヽ、00  ∩
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
/ ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ( ⊂ニニ   / /⌒) )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'

「革命同志」は皆平等だから、「特定の主人公」を作るのではなく、
同志集団と言う「群集」そのものをメインに描く……

小説としては面白い手法ではあります。

しかし、現実問題、リーダーのいない社会運動とか、考えられないように思います。
なぜならば、目的のために統制して動くために運動集団を作るのに、
その中にリーダーとかを作らなければ、結局統制できず、行動はバラバラになって、内から瓦解するからです。



506 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 22:34:18 ID:kJJ9lLkU0

         _                                                    _
       /三三"ヽ                                               ./.ニ三ミ\
     /三三三三ミ`、                                             ,'ニ三三三ニ.ヽ
.     lニ三三三三ミ〉                                            ヽ三三三三三.l
     ',ニ三三三ミ/ _,-‐、                                       r-、_ . ',三三三三ミi
      ',ニ三三三.,' i´三ミ`h                                     .ィ´ニニ`i ',ニ三三三.,'
    _, ,/ニ三三.ノ .'、ニ三ミ.l                                     .!ニ三ニノ `._三三三ヽ,,_
. ,.r ''三三三三三.i、  r'三_/                                     `_ミヽ  .ノニ三三三三ミ -、
i三三三三三三三ミYニ/三三"ヽ                    _ ,, ,,_                  /.ニ三ミ\Yニ三三三三三三ミ`
',ニ三三三三三三三/三三三三ミ`、                 ,r'ニ三三ミヽ                ,'ニ三三三ニ.ヽ三三三三三三三ニl
..',三三三三三三三.lニ三三三三ミ〉               ,'.ニ三三三ミ',.              ヽ三三三三三.l三三三三三三三ミ.,'
 `、三三三三三三 ',ニ三三三ミ/ _,-‐、         lニ三三三三.j           r-、_ . ',三三三三ミi三三三三三三ニ/
.  `、三三三三三三 ',ニ三三三.,' i´三ミ`h.           {ニ三三三ニ.}.          ィ´ニニ`i ',ニ三三三.,'三三三三三三ニ,.'
   ',三三三三三_, ,/ニ三三.ノ .'、ニ三ミ.l.         ,r'ニ三三三ニヽ           !ニ三ニノ `._三三三ヽ,,_三三三三ニ/
.    ',.三 . ,.r ''三三三三三.i、  r'三ミ/       _,.r.'ニ三三三三三三`.‐ 、.    `、ニミヽ  .ノニ三三三三ミ -、三ニ,'
    i.ニ i三三三三三三三ミYニ三ニ{.    ,r.'"三三三三三三三三三三ミ 、.    〉ニ三ニYニ三三三三三三ミ`三三.i
    ,'ニ三',ニ三三三三三三三三三ニ/.   ,'ニ三三三三三三三三三三三三ミ',   `、ニ三三三三三三三三ニl三三',
   ,'.ニ三..',三三三三三三三三三ミ,'     ,'ニ三三三三三三三三三三三三三.',     ',ニ三三三三三三三三ミ.,'三三.',
        `、三三三三三三三三〈    ,'三三三三三三三三三三三三三三ミ',.    〉ニ三三三三三三三ニ/
           `、三三三三三三三三.',...... /.三三三三三三三三三三三三三三三`、 . ,'ニ三三三三三三三ニ,.'
          ',三三三三三三三...n f.in.'ニ三三三三三三三三三三三三三三三ニ`n.fi..n..゙三三三三三三ニ/
             ',.三三三三.゙,- .-‐.!.ト!.ll.三三三三三三三三三三三三三三三三三ミll ヒ!.!‐- -,......三三ニ,'
           i.ニ三三三...`"''、ミ三三三三ミ,イニ三三三三三三三三三三ト三三三三三ミr'"´......三三三.i
          ,'ニ三三三三三...`´` 、ミ三ミ, ィ'..jミ三三三三三三三三三三ミ', ゝニ三ミ,イ.`'..三三三三三三',
          ,'.ニ三三三三三三三三.` .´   .{三三三三三三三三三三三ミl  .` ´..゙三三三三三三三三.',

実際、今の日本共産党を見ても分かりますが、委員長だの書記長だのいるわけです。

おそらく、そういう人をやシステムを決めておかないと、
たとえ些細なことであっても、党員全員を集めた総会みたいなもので議決を諮らないといけないでしょうし、
そもそもその総会だって議事運営だって出来なくなる。

そんなわけで、たとえ共産主義や市民主義であろうとも、リーダーは必要になるものです。



507 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 22:34:33 ID:kJJ9lLkU0

             _,, =--← r'´ ̄ _ゝー-= _
          ,.ィ ´.: : : : : : ;>:´: ̄: `:< : : >、
.         ,ィ´: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : :\: : : \
        / : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : :ヽ
       V : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :'; : : : ヽ
.       ヽ、: : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i : : : : j
          i ` ≧ー=≦_: : : : : : : : : : : : : : : }: : ;r'´
         ! /  /  /   / ̄ 7ー-,== __==-テ'´i
         ├=≦_ /   /  / _,/__/__ム.ノヽ
         _,_イ:::::::::::/::::庁==ニ三_____   _ ,,.ノ
       ̄,r'::/:::;:::{::::/:::\´::・:::r゚},.イ:::::!}:ノ ̄ ̄l::::::::ヽ、
.        /:/::;イ:::i:;:へ:::::::ヾ ̄ ´  }:::;バ     .!::}::::::;ヘヽ、
       '´イ´:;ノ:::il !^ヾ;::::::::ミ、   ノ'´  〉   !:::i:::::{ '、          ・ ・ ・ ・ ・ ・
        /イ:::}ヽヽ_ヽト.;:::::ト- 、  _   ,'::::ハ::;ヘ
.            ノ'リ从::`ー→;::::::ヾ、  ´ ‐   /ハ:l リ
          ノ ノヾ;::::::fヾ:::;rヾ;、      /≧ュ、
               ノ >、:{__ヾ.__≧=-<- 、   i
               V'´xxxxxxr' yヽxxヽ ij.}__ .l
               >xxxxxxヽ_!ノxxxxヽ,ヘi 圭≧ー- 、
          _,,.. -=≦´三二ー==≦圭≧イ厄ヘ \圭ニ}

そのように考えると、多喜二の「蟹工船」で使った手法や、その元になった考え方は、
フィクションとしては面白いものと言えますが、現実的には不可能といえましょう。

ただ、フィクションとして「自由」に考えたものとしたら、それはそれで面白いものだと思います。

小林多喜二は、自由にいろいろと考え、自由に文学にしていた……

そのような考え方もできるかもしれません。



508 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 22:34:55 ID:kJJ9lLkU0

         _                                                    _
       /三三"ヽ                                               ./.ニ三ミ\
     /三三三三ミ`、                                             ,'ニ三三三ニ.ヽ
.     lニ三三三三ミ〉                                            ヽ三三三三三.l
     ',ニ三三三ミ/ _,-‐、                                       r-、_ . ',三三三三ミi
      ',ニ三三三.,' i´三ミ`h                                     .ィ´ニニ`i ',ニ三三三.,'
    _, ,/ニ三三.ノ .'、ニ三ミ.l                                     .!ニ三ニノ `._三三三ヽ,,_
. ,.r ''三三三三三.i、  r'三_/                                     `_ミヽ  .ノニ三三三三ミ -、
i三三三三三三三ミYニ/三三"ヽ                    _ ,, ,,_                  /.ニ三ミ\Yニ三三三三三三ミ`
',ニ三三三三三三三/三三三三ミ`、                 ,r'ニ三三ミヽ                ,'ニ三三三ニ.ヽ三三三三三三三ニl
..',三三三三三三三.lニ三三三三ミ〉               ,'.ニ三三三ミ',.              ヽ三三三三三.l三三三三三三三ミ.,'
 `、三三三三三三 ',ニ三三三ミ/ _,-‐、         lニ三三三三.j           r-、_ . ',三三三三ミi三三三三三三ニ/
.  `、三三三三三三 ',ニ三三三.,' i´三ミ`h.           {ニ三三三ニ.}.          ィ´ニニ`i ',ニ三三三.,'三三三三三三ニ,.'
   ',三三三三三_, ,/ニ三三.ノ .'、ニ三ミ.l.         ,r'ニ三三三ニヽ           !ニ三ニノ `._三三三ヽ,,_三三三三ニ/
.    ',.三 . ,.r ''三三三三三.i、  r'三ミ/       _,.r.'ニ三三三三三三`.‐ 、.    `、ニミヽ  .ノニ三三三三ミ -、三ニ,'
    i.ニ i三三三三三三三ミYニ三ニ{.    ,r.'"三三三三三三三三三三ミ 、.    〉ニ三ニYニ三三三三三三ミ`三三.i
    ,'ニ三',ニ三三三三三三三三三ニ/.   ,'ニ三三三三三三三三三三三三ミ',   `、ニ三三三三三三三三ニl三三',
   ,'.ニ三..',三三三三三三三三三ミ,'     ,'ニ三三三三三三三三三三三三三.',     ',ニ三三三三三三三三ミ.,'三三.',
        `、三三三三三三三三〈    ,'三三三三三三三三三三三三三三ミ',.    〉ニ三三三三三三三ニ/
           `、三三三三三三三三.',...... /.三三三三三三三三三三三三三三三`、 . ,'ニ三三三三三三三ニ,.'
          ',三三三三三三三...n f.in.'ニ三三三三三三三三三三三三三三三ニ`n.fi..n..゙三三三三三三ニ/
             ',.三三三三.゙,- .-‐.!.ト!.ll.三三三三三三三三三三三三三三三三三ミll ヒ!.!‐- -,......三三ニ,'
           i.ニ三三三...`"''、ミ三三三三ミ,イニ三三三三三三三三三三ト三三三三三ミr'"´......三三三.i
          ,'ニ三三三三三...`´` 、ミ三ミ, ィ'..jミ三三三三三三三三三三ミ', ゝニ三ミ,イ.`'..三三三三三三',
          ,'.ニ三三三三三三三三.` .´   .{三三三三三三三三三三三ミl  .` ´..゙三三三三三三三三.',

しかし、日本のほかの文学者とことなり、小林多喜二には、面倒な事情があります。

みなさんもご存知のとおり、共産党の存在です。



509 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 22:35:38 ID:kJJ9lLkU0

      ,_-_;:ニ二,:`ヽヽ._
   , :.゙´:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:,、:.:.:`l
.., ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:゙:.:|,:丶二ヽ
.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__:.:l:.:r゙ー'´`ヽ',. ヽlヽ
´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:r ´!:.!::::::::::::::::ヾ r.,', ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ l:l.:::::l:l::::::::::::::::::::|.i/::|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::ll:::::::゙、_..:.:..._,:::::iィ;!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ::::゙ - ´:::::::__:::::::::::ー'丶
;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{::::::::::::::::::''て;:!::::::::::::`ー-,          多喜二君。
.l:.:.:.:.:.:.:.:.r 、'.、     `´     /
.' ,:.:.:.:.:.:.:|  `'            )          プロレタリア文学は「主人持ちの文学」だ。
 ,.丶:.:.:.:l_.,-‐テ7ー-,     , -〈
=- ._ `ヾ´l l / ゞ_.l__      |         君なら……主人なんて必要ない文学が書けるはずだよ。
   ` ヽ'., ! '       `ヽ  __ノ
      ゝ、_        ヽ´            君には、「人をうつ」力がある。
        '.,¨ー .、__,..    ,'
         ',  r'- 、   l
         !  |    `ー .l、

       【志賀直哉】


小林多喜二が共産党に関与しつつ執筆活動をすることについて、
志賀直哉は「プロレタリア文学は「主人持ちの文学」だ」と、批判的に言っています。

おそらく、「自由に執筆すること」が是である志賀直哉にとっては、
「共産党」という主人に従いながら執筆しないといけないプロレタリア文学というものの不自由さを、
感じ取ってのこの発言なのかもしれません。



510 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 22:36:01 ID:kJJ9lLkU0

                                       `::ー---―‐¬''"フ彳/ハ
                                       _:::::::::::::::::::.:. .,ィキテ'//i^iハ、
                                       ゝ='フ¬メy'´.   ̄/イ/l,ノ ハ、
                                       `    ´ ´    ,//イj ヘ、
              ・ ・ ・ ・ ・ ・                  ゝ、   、._.,    /´/`
                                       ヾ、   ー--‐'  /i从`i
                                       `"`ヽ、 `~  ,. 'rr'"}ヾ; l
                                        ヾ" rー、 ̄ ./:l ./ソ' /、
                                       、__,!:、:l:  l゙i ./ |。'/ '> \

もっとも、この発言を受けたとき、多喜二は何も答えず、苦笑したといいます。

多喜二が「共産党の支配」というものをどのように考えていたかは分かりませんが、
少なくともそれに束縛されているつもりはないし、
仮にそれに束縛されていたとしても、それ以外は自由に執筆できる環境と考えていたのでしょう。
だから苦笑せざるを得なかったのかもしれません。



511 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 22:36:28 ID:kJJ9lLkU0

         _                                                    _
       /三三"ヽ                                               ./.ニ三ミ\
     /三三三三ミ`、                                             ,'ニ三三三ニ.ヽ
.     lニ三三三三ミ〉                                            ヽ三三三三三.l
     ',ニ三三三ミ/ _,-‐、                                       r-、_ . ',三三三三ミi
      ',ニ三三三.,' i´三ミ`h                                     .ィ´ニニ`i ',ニ三三三.,'
    _, ,/ニ三三.ノ .'、ニ三ミ.l                                     .!ニ三ニノ `._三三三ヽ,,_
. ,.r ''三三三三三.i、  r'三_/                                     `_ミヽ  .ノニ三三三三ミ -、
i三三三三三三三ミYニ/三三"ヽ                    _ ,, ,,_                  /.ニ三ミ\Yニ三三三三三三ミ`
',ニ三三三三三三三/三三三三ミ`、                 ,r'ニ三三ミヽ                ,'ニ三三三ニ.ヽ三三三三三三三ニl
..',三三三三三三三.lニ三三三三ミ〉               ,'.ニ三三三ミ',.              ヽ三三三三三.l三三三三三三三ミ.,'
 `、三三三三三三 ',ニ三三三ミ/ _,-‐、         lニ三三三三.j           r-、_ . ',三三三三ミi三三三三三三ニ/
.  `、三三三三三三 ',ニ三三三.,' i´三ミ`h.           {ニ三三三ニ.}.          ィ´ニニ`i ',ニ三三三.,'三三三三三三ニ,.'
   ',三三三三三_, ,/ニ三三.ノ .'、ニ三ミ.l.         ,r'ニ三三三ニヽ           !ニ三ニノ `._三三三ヽ,,_三三三三ニ/
.    ',.三 . ,.r ''三三三三三.i、  r'三ミ/       _,.r.'ニ三三三三三三`.‐ 、.    `、ニミヽ  .ノニ三三三三ミ -、三ニ,'
    i.ニ i三三三三三三三ミYニ三ニ{.    ,r.'"三三三三三三三三三三ミ 、.    〉ニ三ニYニ三三三三三三ミ`三三.i
    ,'ニ三',ニ三三三三三三三三三ニ/.   ,'ニ三三三三三三三三三三三三ミ',   `、ニ三三三三三三三三ニl三三',
   ,'.ニ三..',三三三三三三三三三ミ,'     ,'ニ三三三三三三三三三三三三三.',     ',ニ三三三三三三三三ミ.,'三三.',
        `、三三三三三三三三〈    ,'三三三三三三三三三三三三三三ミ',.    〉ニ三三三三三三三ニ/
           `、三三三三三三三三.',...... /.三三三三三三三三三三三三三三三`、 . ,'ニ三三三三三三三ニ,.'
          ',三三三三三三三...n f.in.'ニ三三三三三三三三三三三三三三三ニ`n.fi..n..゙三三三三三三ニ/
             ',.三三三三.゙,- .-‐.!.ト!.ll.三三三三三三三三三三三三三三三三三ミll ヒ!.!‐- -,......三三ニ,'
           i.ニ三三三...`"''、ミ三三三三ミ,イニ三三三三三三三三三三ト三三三三三ミr'"´......三三三.i
          ,'ニ三三三三三...`´` 、ミ三ミ, ィ'..jミ三三三三三三三三三三ミ', ゝニ三ミ,イ.`'..三三三三三三',
          ,'.ニ三三三三三三三三.` .´   .{三三三三三三三三三三三ミl  .` ´..゙三三三三三三三三.',

この当時はそれでよかったのかもしれません。
「革命思想」の点を除いては、共産党は小林多喜二の文学性を束縛することはなく、
そして多喜二自身が強い「革命思想」を持っており、そこは苦にならない。

しかし、仮に、多喜二の文学性、文学的な自由さと、共産党の意向が対立した場合はどうでしょう?
共産党が多喜二に執筆させないとか、下手をすると内ゲバでリンチして殺してしまうとかありうるかもしれません。

実際に共産党には、戦前戦後を通じて、こういう事件が多かったりします。
文学とは関係ありませんが、野坂参三除名事件とかは疑わしい部分があります。



512 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 22:36:45 ID:kJJ9lLkU0

         r≦Y7´{ニニニニ=-
        /ニニ/ニニ{ニニニニニニ}
          /ニニ/ニニニi{ニ=- ≫'
       ′ニ′ニ=- ≫ ≦ニニニヽ
       {ニニ{=- ≫ ´r{: : : 込\
         ーv≫ ´: : :八ゝ: : ト  〈
         } ト : : : : : ト  ` `  ,j  _
          从 〉从人{ミ 、,  -‐'  ' }
           }    __ ≧x、   ! {
          __ ノ ≠ ´   . ⌒ヽ | i`i 、
         . ´ :: /     ′    、   }
       {     {     i   ー=彡へ L__
        八_ _ _ _  - ‐ ‐ ¨¨ `トミ      \}
                 i     / 八 \、    \
         }i      i    /    ヽ. \、     ヽ
          }i      i           }   \、_ _ _ }
          }i    i         ′   `ー一
         /'      i      /
          /_ _     i       /
       /   ¨ ¨ ー - 、  /
      ノ _ _ _          ヽ/

運が良かったというか悪かったというか、小林多喜二と共産党は、そういう破滅的な対立をせずに、
小林多喜二が特高警察に虐殺されることによって、関係良好のまま終わったといえます。

しかしそれは、本当にタイミングが良かっただけなのかもしれません。



513 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 22:37:02 ID:kJJ9lLkU0

         /                    \
        /                      ヽ
     /                   /        ',
      /               /|         l
     ,'              /   ',        |
     l           _,,..-''"    ヽ     .l
    ',      ,..-‐''"´         ヽ   ,'
      ∨    /               l  /         人は平等だ……
_,,..-――ヽl⌒ヽl ―‐-..,,_     _,,...-―‐ |/⌒l―--..,,__   しかし政治や社会を統制するシステムは必要になる。
::::::::::::::::::::::::∨ .|-r'" ̄ ̄ヽ__r'" ̄ ̄ヽ |   /、:::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::/::ヽ、l ヽ __ ノ  ヽ __ ノ l ノ:::∧::::::::::::::::   では、どういうシステムを考えるべきか?
:::::::::::::::::::/:::::::::::`i         l       .i´:::::::::::∧:::::::::::::
::::::::::::::::/::::::::::::::::|.',        .|         ./|::::::::::::::::∧::::::::::   ……やはり、議会制民主制に頼るしかないだろう。
:::::::::::::/:::::::::::::::::::| .', _,,..-''"  ̄"''‐-..、  //|::::::::::::::::::∧::::::::
::::::::::/::::::::::::::::::::::>'"r''"´ ̄ ̄`"''-.、_jヽ<./:::::::::::::::::::::∧:::::   ただ、問題は、私たちは、
:::::::/:::::::::::::::::,,-'´   `"''"´ ̄ ̄`"''-、  `''-..,,:::::::::::::::∧:::   議会制民主制にいかに関わっていくべきなのか……
::::::::\::::::::/     r‐''"´ ̄ ̄ ̄"''"      .`ヽ、::/:::::
::::::::::::::>''´       ヽ-―< ̄>'            \:::::::::
::::::::/           -,‐‐-...,,_`ヽ、,,..、-         ヽ::::::
:::::/          /  r'",.-''ヽ_j  ヽ、        ヽ::

             【丸山眞男】

ちなみに、小林多喜二が「蟹工船」で描こうとした「群集」、
もっというと、何者にも統制されない人の集まりが、どのように行動を起こしていくかと……

小林多喜二と共産党の間の問題、すなわち自由な文学性と集団の思想との兼ね合いについては……

戦中戦後にかけて、多くの思想家たちが、がっぷり四つにぶつかり、いろいろと考えてきた問題だったりします。
丸山眞男なんか典型例でしょうし、吉本隆明なんかもそうかもしれません。
しかし丸山にしても吉本にしても、ある答えを出すと批判を受ける……なんて感じになってました。

それくらい、この問題は難しい問題といえそうです。
しかし、安易に逃げるわけにもいかない問題なのかもしれません。



514 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 22:38:11 ID:kJJ9lLkU0

以上番外でした。ご清聴ありがとうございました。



515 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 23:32:49 ID:yWpGgtzA0

乙です
思想があるからこそ何か伝えたいと思えるのかもしれないし、けれどその思想故に伝えるべきことを曲げてしまうかもしれない・・・


516 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 23:36:24 ID:aRTnraB20

乙でした

早く死んだからこそ晩節を汚すことがなかったのかもしれない。



518 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/22(水) 19:58:54 ID:/PXWmlQw0

啄木もそんな感じだったな 早死にしたからそっち系の悲惨さを知らずに済んだ

以前あった志賀と阿川せんせの共産党に関するやり取りを思い出すな


519 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/22(水) 21:24:04 ID:sQC8Zk460

啄木はまた別の意味で……
短い人生で駄目人間を全うしたようなw


520 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/05/23(木) 22:58:13 ID:2kaQQmdg0

(余談・某日2chより)
ttp://blog.livedoor.jp/waruneko00326-002/archives/27259140.html

5: 名無しさん@恐縮です 2013/05/18(土) 14:12:51.38 ID:yLTbMu5eO
成績優秀だからよかったが、これ悪かったら最悪だな・・・
死後何十年もたってから成績表晒されるとかイジメだろw


21: 名無しさん@恐縮です 2013/05/18(土) 14:23:32.77 ID:uE2S0dI7O
>>5
実際宮沢賢治の成績はこうして良かったんだし、この間黒歴史メモが発見された太宰治の方が悲惨だと思う

(>>417参照)



























   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \
 |    ( ○)(○) \ \
. |   o゚ (__人__)  __               宮沢賢治も太宰治も俺よりはマシだろぉぉぉぉぉぉ!!!!!!
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\
.  |     /  }         \           常識的に考えて……
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \






小ネタ15へ進む




小ネタ14へ戻る




まとめ一覧へ




 

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。