合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

スポンサーサイト


タグ:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    前の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 小ネタ17』  
    次の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 小ネタ16 「多磨霊園」』  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 番外編14 「ある童話作家」


タグ:
632 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 22:47:43 ID:NMLU28Og0
                             iヽ
                      /     |\| } _
                  {℡ (/´从从j    レ::7
                      ≧=‐-┌- _/ /::::::::(
                     从从从i{   /⌒:::::r‐ 、
                     从从从从 /`::::/⌒ヽ   i
                  从从―一(:::::::/::{    i、●\
                    从災ヽ__γ´/::::::::!  ●     ヽ__
                从災災/:::::/ :::::::::::/`ー'          `Y⌒:.
                    从i災∠::::7::::::::::::: ヒ            」 ,へ
               从災災災L二ゝ:::::::::::`ー―、       i´  \\
                   ノ从災災災災災`ー'ー⌒´災j \    | <\) \\
               /⌒i災災災災災災災災災i災'ヽ `ー λ_\\  \\   チューチュー
               /    '災災災災災災災災災'  ⌒\    \\  \\
        _/         '災災災災災災i災'        ヽ    //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
         ィ災| {    /     '災i災i災i災i災''     })   };:、 〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
        災災、\  i        '災i災災i災'       /    /災  i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
      災災災、 \ |     /´⌒)''''''''''´        ヽ __ノ災'  l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
      災災災≧、_`ーY´  | (  / ⌒7/`7 /⌒)   \i災'   li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
        災災災災災i ̄    ゝニ人_ノ  し `¨´      ヽ    !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
        災災災災災   ヽ \     _彡'⌒'    i    }i、   ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
       r:::::::::::::;イ災'     λ `¨  ̄´ |○       ノ     |災    Yl:ト、    ヾ==r  ノ/  なんか頭が涼しくて軽くて、
                                          iN \.  ` ニ′/}'
                  【鈴木三重吉】               丨   丶、  /     いい気持ちだなぁヒャヒャヒャwwww
                                       ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
                                    _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                               __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
                              /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
                              |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
                              ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥

 さて、つい先日……
 児童文学の兼ね合いで、鈴木三重吉の話題を出しました。

 「赤い鳥」の創始者で、発刊直後に半ば強引……かどうかは知りませんが、
 漱石山脈の後輩である芥川龍之介らに児童文学を書かせたこととかです。



    前の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 小ネタ17』  
    次の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版) 小ネタ16 「多磨霊園」』  

633 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 22:48:04 ID:NMLU28Og0

      ,.vv、
     、∧Λフ__
    、-(・)(・)フノ
   (:・:・:)二) >>             新美南吉君とか、結構いい作品書いてるピロ。
    ̄:i:::;:':;'.';;::i;
     ;i;:;:;;::';:;:';;i:,,             これはなかなかいい新人発掘できたピロ
    , .,:;:':;:';;;::';:;;'/ヽ
 .,:<   ヽ  /'   \
/:;;;:\>CA| /R Pヽソ/.;,.
i:;;';/    i /    'i;:';;:';;i;
ヽ0    / |     :(:;;';o;i;
 8、.__|__|___);( ))
  'i::;':;:;::'':;:;::;:;:::;':;';;;::'';::i:;
  '':i::'':;:;::;::';:;::::'';;':;..;;ノ:''
   ヽ:;::;:;:'::/ヽ.';:;:':;:イ
    i:;::'':;:;i  i::;:;:::;'i
    i::':;:::;'i  i:;:;::'':;i
    i:;':;;:::;'  i::;::';::;i
   /i i ヽ' (::/ヽヽ

 「赤い鳥」は児童文学における新人発掘にも熱心でした。
 特筆すべきは「ごんぎつね」を書いた新美南吉の作品を評価し、世に出したことでしょうか。



634 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 22:48:27 ID:NMLU28Og0

             '\,、/',,
             ゙,、∧∧ミ
            <( ・)( ・)ゝ      
              |  ( 二;;oo;           う~ん……
             l   l        
     ⊂⌒ヾ  ./⌒   ⌒i::::/⌒つ         コイツは子供らしくなくて、あまり好きじゃないピロ。
        \\/ /i    i レ / ̄    
         \_/ i    .L__/:::
              )     |:::
              /    .|:::
           / ,. フ /:::
          / / / /:::
         (  く / /:::
           \ ( (:::
            \|  iヽ:::
             | /(:::
             | .|し:::
        .___ノ i________
           (_ノ

 しかし一方で、見落としていた……というか、
 まったく評価していなかった作家も結構います。

 有名なところとしては稲垣足穂が挙げられましょうか。
 「一千一秒物語」なんかは、現代語訳化するだけでも、今でも十分通用する作品なのに、
 三重吉は完全にスルーしていました。



635 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 22:48:45 ID:NMLU28Og0

      ゚\,、/゚,,
      ミ゙,、∧,、ミ
     ミ<(・)(・)ゝ , , ,,,
     ミ/   ( ` ̄ ;;oo;         今の世の中の、あのモダニズムってヤツは、
     /´ ̄`ヾ| ̄ ̄`゙`゙         子供の気持ちとは相反するものピロ
    /η   \ヽ       
   /μ   /ミ,,ヽ
   | o ゙゙ ミ  ミ}
    |___゙ミ∠,,,)
 ;;゙``゙`    `  ノ
  ゙`;;'゙丶、、,,,,  ミ
   ミ  ミ ミ   ミ
  ( ̄ ゙̄ヽ( ̄ ゙̄ヽ
   ``~~~′ ``~~~′

 一説によると、これは、
 三重吉が大正モダン的な作品に価値を見出せなかったからだといわれています。



636 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 22:49:06 ID:NMLU28Og0

   ヘ ヘ ヘへ
       ピゝ )∧^て'""',、
      >ヘヘハ∧lノ   '"'、
      `'(・( ・), 、フ  , ; "',、             うーん……これは評価できないピロ
       ノ   ノ,,    , ;  ,.ミ 
      ,,Yヽ /'; ,,   ,,ー' ̄ ̄ヽ           あんな童話はロシアにでも持っていくピロ
      (0.0 ) "';''';;;''´ , ー 、 \
           ノη/)i' (ロ彡 `i  ヽ
    ,__、    人} ./ー|_,__,___,,_、`i   \
    ピロ)"'''"'"´へi,,''"" ;;  ' " ミ亅   ゝ
      || , ' "(ヾヽ,'"   ';   ,;-'""´ー-、  >
     ''' "';, ''"ヽ´ノ,'",,, ,.;.,.,,;''"ノ ̄ ̄`ヽー-'}

 稲垣足穂と同様に、モダンすぎて鈴木三重吉に評価されなかった児童文学作家は多いのですが、
 その中にはとんでもないビッグネームも混じっていたりします。

 「あんな童話はロシアにでも持っていくんだなあ」

 その人物の作品を読んだ三重吉は、開口一番、このように言い、嫌悪感を示したようです。



637 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 22:49:29 ID:NMLU28Og0


                                     ,,,,,,,,,,,
           ,,,,,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,   ,,,,,,,,,,,,,,,        [|,,★,,|]       ,,,,,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,,,   ,,,,,,,,,,,,,
          [,,|,,,★,,|]  [,,|,,,★,,|]  [,,|,,,★,,|]      O( ゚Д゚#)      [|,,★,,,|,,].  [,,|,,,★,,|]  [,,|,,,★,,|]
          ノル,,‘ヮ‘)  ルリ,, ゚ヮ゚) 从,*゚ー゚)       ゝ.~¶¶ ~)       (`c_,´ ,,)  (・∀・ ) (^ヮ^ゝ0)
.          (” |::”)  (”::<iy>) (:”:::::”) .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|. (“|:: “.). (“:|:::“:) ( 《iv》 `)
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       CCCP       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                              (「やる夫は赤い皇帝になるようです」様より拝借)
                              (ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1364130896/




 当時のロシアはロシア革命の真っ只中にありました。

 そのロシアに持っていけという辺り、なんとなくその作品のアカっぽさを感じていたのかもしれません。

 その作品、そしてその作家とは……



638 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 22:49:48 ID:NMLU28Og0


             .....-―=ニニニニニ=ミ、
.          ,..:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
.         /.:::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::.:.:.ヽ
        /;イ::}::::::::::|、::::::::::::::::::}:::}::::::::::}::::i:::::::::::::::::::}
.       〃/:/.::::::::::| ヽ:::::::::::::/.:/.::::::::/.::::}:::::::::::::::::::!
     / /イ:::;:::::::::|| 二、:::::/.:/.:::::::/:|:::/.:::::::::::::::::::|
      〃 |::,'.::::::/||'´ij:} `V.:/.:::::::/ヽ}/.::::::::::::::::::::::|
.     /  |'::_::ノ l! .ゞ'´ //.::::://i } }:::::::::::::::::::::::ト:|
.          !ヽ        〃.:::::// y /.::::::::::::::::::::i:| ヽ、
           {ハ __, ////' ,r‐イ:::::;:::::::::::::ハ::l:|        「赤い鳥」に載るといいなあ……
            ヽ{ヽ -   / / / .||::::;'.::::::::;イ! .l:ト|
           { }     . イ  ||:::;::i:::::::l || || ヽ
            ー  ´l . -‐ '´ |!::l!::|::::::| || リ
               ,.-‐ ´       |/|:::|::::::! |!
                 }       . -,ノ=ヽl::::::|t、
            /   . -=ニ     {\{  \
             ノ -              `    \
      , -‐ ´                         \
.      /   ヽ                      ヽ
     l     \    }   i         i

               【宮沢賢治】

 宮沢賢治。

 作品は「タネリはたしかにいちにち噛んでいたようだった」という作品だったようです。
 ttp://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/4600_11971.html
 (「注文の多い料理店」だったとする説もあります)



639 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 22:50:11 ID:NMLU28Og0

                /.::::::::::::::::::::::::::::::::::.`丶、
                /.:::::::::::::::::::/.:::::::::::::. :: ::::::. .ヽ.
             /.::/.:::::::.::::::::/. .:::!:::::::::::. : :. :::.:::::ヘ
               i′:′.: .:.::::::/.::::.:::l、:、:::::::. ::. l::::::::ハ
               |:::::i ::: :: :!:::/.:: .:/.:jヘ、\:: .::::::ト、:::::::ト、
               |:::::l: :. ::::l:/|::!::/}:/ ,rァ≠fト、::::::|/.::::ト|
               |:::::|::::::::::|kl::|:{ /  ィ代fiツ:::::::::{::::::::ト|             イーハトーブは……
               l:i{::ト、::ゝ㌘f沁′    ̄ |:::/:/ l::::i:|
               爪:l::::ヽ::::\¨´ }       |/l/  }:::ト!              大小クラウスたちの耕していた野原や、
             ノ ヘ.::.::トxヘ、 ` t一ァ  /  .イ|从              少女アリスが辿った鏡の国と同じ世界の中……
                メ、 ─‐`┐. _  /,r',仆、l、 ゙ー‐-   .._
                /      `二丁{、「 ̄ヾマヽ f           >‐‐、   テパーンタール砂漠の遥かな北東、
                /      .イ」 /} }/〉、  ヽマk」`      /    i   イヴン王国の遠い東にあるのさ。
           r'´     ∠  -‐〈/  {/iハ   メ}    i     .′     l
           {   `rイ            } }  | |   i   /        l
           l__,/,小、        | |  | |   ',  /  /      |
         /{ // | ヽ        | |  { >ニニV  /    / j
        /__//   j      r‐─ 二ソ        「」 } .′    / /{
        {-- ´     ト、    { 「」´          | |/     / / }
          ',      |} 丶、   ト、ヽ            \|/   /    .イ
          ',      {ー‐‐一ァj ヽヽ           .′ /  / . {
          ',       l   /,イヘ. ヽヽ         .′   /  .′ !
          '.      l   //  ヽ `、`、     / .  /   .′ |
           l      l    /    ヽ  ', ',   // /    .′  .!
           |     {  .′     `、} }   ′/     .′  .|
           |      ヽ/       トイ   {/        /     .|
           |       !        | { jr‐┘      /     |
           |       }        { |」」く二 ‐ 、    /        |
              ',       /   _   -‐   ̄     ヽ、   .′       |
    __      ヽ    /-‐====──‐‐--      {__     |
 /     ` ー一‐--`、'"´                   _j         l
/              ` ー‐---- ─……    ¨ ̄ ̄            |

 宮沢賢治というと、架空の理想郷「イーハトーブ」を繰り返し出す事で有名です。

 「イーハトヴとは一つの地名である。
  強て、その地点を求むるならば、大小クラウスたちの耕していた、野原や、 少女アリスが辿った鏡の国と同じ世界の中、
  テパーンタール砂漠の遥かな北東、イヴン王国の遠い東と考えられる。
  実にこれは、著者の心象中に、この様な状景をもって実在したドリームランドとしての日本岩手県である。」

 これは、初版が出た当時の「注文の多い料理店」の広告文なのですが、
 署名こそありませんが、どうも賢治が書いたものではないかといわれています。

 このようなファンタジックな理想郷を出す童話は、当時の日本にはありませんでした。
 せいぜいヨーロッパのおとぎ話にあったくらいではないかと思います。



640 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 22:50:41 ID:NMLU28Og0

          ,.:.:.:´.: ̄.:.:.:> 、
       ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> 、
     /.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> 、
    /.:/.:.:.:l.:.:./.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:/.:.:.:l.:.:.:.:.:.ヽ
   ,.:.:./.:.:.:.:|/.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:爪
  /イ./.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.::/.:.:.:.:.:.トー-、.:爪
 '/,.:l.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:.:人.`ー 、VL',\   ,_,
 '  ,イ.:.:.:.:.:.:.:|//フ>く//V.:.:.:.:/ゝ、`ーム ゝ┴  ̄    \-、-、
   | |.:.ム.:.:.:.:|〃隹不 フ /.://≠―チ> 、_     ァγ ´/イ: :\
   ’ , l.:ll.:.:八ゝヒ角ムメ./.:彡´ テri一 ,.:.:.:.:.:.:.:lヽ ー " /| イ/: : : : : : \
   ' ,.:.ヽヽ: ヽ     '  l 〔角7 "/.:.:.:.:.:r ' ̄'__./  | 'V: : : : : : : : : :\
     l.:.:ゝヽ.:`        /   ` //.:/.:.:/" ̄      Y: : : : : : : : : : : : :.\
     从.:.:.:.:l>\ ____   ,.:.:/.:/V         乂: : : : : : : : : : : : : : \
   , ´//リ.:.! \   ̄ ̄ "  イ.:.:.|/レ'           ` <: : : : : : : : : : : : :ヽ
    //j.:.不  \    ィ ´.:.:.:.:|乂"                ` <: : : : : : : : : :.\
      / ⊂ニテニ> <ニ乂|乂                     ` マ: : : : : : : : :
       イ: : : :| |: : : : | |: :从       _____              ヽ: : : : : : : :
         |リ厄 | |: : : : | |う||__/ヽー ´      ヽ - 、       __ _V: : : : : : :
      人ク: : | |: : : : | |: )ル: ノ: : : : : : : : : /: : /: : : : ヽ―――≦: : : : :/: : : : : : : :
     /: 丁: : :! !: : : : | |: : :/: : : : : : : : : /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : :<: : : : : : : : : : :
  __/: : : : : : : :| |: : : : | |:/: : : : : : : : : : : !:/: : : : : : : : : : : : : : : <: : : : : : : : : : : : : : :
<: : >: : : : : : : :| |: : : : 片V: : : : : : : : : : :/: : : <: : : : : : : : <: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

 どうして、このような理想郷的な話を宮沢賢治は書いたのか。
 これについてはいろいろな研究がなされています。

 よく言われているのは、白樺派的なユートピア思想を持っていたからではないかというものです。



641 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 22:50:59 ID:NMLU28Og0

       /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
      l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
      {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
      |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
      |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|     うちに金を借りに来る人たちは、
      |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|      飢えて困っている人たちだ……
        |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|
        ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ      それに高利をつけて貸し付ける我が家は、
           \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l       なんて悪どいんだ!
            |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|
            |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ
            l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {
                `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l
      _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
   /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  {  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
   l   l/  / ヽ | ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \

 この辺の考え方は、どうやら賢治の出自などに関係するようです。

 彼の生家は質屋であり、とても裕福でした。
 そんな彼の家に、多くの農民たちがお金を借りに来たといいます。

 そういう苦境に追い込まれている人々を見ることによって、
 贖罪の意識と、強者に対する嫌悪感、そして自己犠牲精神を抱いたといわれています。

 そのような考え方が、文学的に結実したのが「イーハトーブ」であり、
 一方で実世界で結実させようとしていたのが「羅須地人協会」なのかもしれません。



642 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 22:51:17 ID:NMLU28Og0

      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  , ':.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.: /.:.:.:./:.:.:.|:.l .:.:.:.:.:.| .:.:.: .:.:.:.: .:.:.:,
  }:.:.:. l.:.:|: :.:.:. :./.: .:./:.:.: .l|:.|:. :.:. :.:.:l :. |:.:.| .:.: .:. :.:|
  |. i:. |:.:.l: :.:. :./. :./.:. ./ l:.l:.:. : .:. :| :.:l :.:l: .:. .:.ト:.:l
  l. |:. |:.:.|. .:./l :./ :/ /  ',ヽ:.: .:. l :.,'.:.,':.:. :.:.l |:l
  |. l: .l:.:.|:. :.,' .| :./ /:./   ヽヽ.:.:.,':.:/:./7、.:.:l:.| l:|
  l.:.|:.:.|:.:.|:.:.ト、|:.,':././∠=-‐'弋´∨.:/:.,':./} }:.:|.| ヽ、
  ,:.:ト.:.l.:.:.l:.:|㍉l:.:/:/〃彡z辷テミフ./:./:./)/.l:.|l|
  /´|:l:.:|:.:.l:.:.,ゞ'}:/:イ    ` ̄ ̄7/:/./_ノl:.:.l|:l
   ',{ヽヽ:ヽ∧' / |       ///:/ l:.:.l:|ソ |i     ケホッ ケホッ
    ヽ\\ヽリ\ヽ、 _     /´/ r‐フ)
        ヾ __.>-‐、ニ‐  ∠///{
        /  <ヽ \イ-‐r/./ / ヽ
       /   \ \´/フ ,'. / .///>、
       /   \ \ノ- '   |彡////: : `‐--- 、_
, -‐ー: : :/   \ ヽノ彡   |////: : : : : : : : : : : : : : ̄
: : : : : : : /     \ノ(:::) l|  l///: : : : : : : : : : : : : : : : : :

 さて、宮沢賢治ですが、若いときに肋膜炎にかかったことがあったからか、
 「自分の命もあと15年ほどしかない」と思っていたようです。
 これが魔法使……もとい結婚しなかった理由の一つといわれています。

 実際に肋膜炎にかかってから15年後の37歳のときに肺炎でなくなっています。
 晩年は肺病の療養をずっとしていたようです。



643 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 22:51:38 ID:NMLU28Og0

     ヽ  , -‐   ̄ ̄ ̄ ̄     `ヽ、 /
       Y    仁}二二二二ニ ‐- 、 }/
         {. ィi:T 「::::|フ7ミァト、___`ヽ{′
.       /.:/`!:W.::i::ト仭トiメ、// /.:77ト、 \
      /.::::ト、ハ:::::::!:|`¨¨¨´ ´ /代メiイ::ト[
     ノイ.::i::::゙トヘ:::トト、      {  ,'::::ト!
      |::::|:::::{  ヽl   、___'′イ::::/
      }/イ::ハ|  \     一 .ィi::/イ/
       「 ̄ ̄`丶、丶、 .イ{/|
    /7 /       ` ー`´┐
.   / / 厶-‐‐‐‐--  .._    {
  / レ    , -‐  二二ニ厶、
  .′ {   , ´,.  , -‐  ̄  二厶
  {   ヽ/ / /  , -‐  ̄    `ヽ、
  i ヽ.  ゙ く./  /      , -‐ ¬ 、l
  l   ヽ   \/      /       V
  |    \  \    /´丶、      }

 しかしつい先日、小学校時代の通信簿が公開され、
 体育を含むオール甲だったことが明らかになっています。
 ttp://blog.livedoor.jp/waruneko00326-002/archives/27259140.html
 
 おそらく肋膜炎にかかる前は、文武両道だったのではないかと思います。



644 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 22:51:56 ID:NMLU28Og0

       .':.:.:.:.:.:.|: .:.:/:.: .:./:. .:.:./i:.:.: .:. ./:.:.:.:.:.:.ヽ、 ヽ:.:.:.:.:.
        l.:.:.:.:.:.:.l :. .:.l:.:.:.:./ :.:.///l:.:. :. /:.:.:.:./:.:.:.∧ \:.:.
         |.:.:.:.l.:.:.|:.:. .:.|.:.:./:.:.∠_//_.|:.:.:./.:.:./ /:./ヽ:.ヽ }:.:
       ,':l:.:.l^l:.:.l:.|.: l:/イ<ヽ、/‐、|:.:.:.レ'´/:/l  |.:.:.|  |:.:
      /:.|:.:.}}|.:.|:.|.:.:.|、{rf夊仏\|:.:./rフ´/_.|  {:.::.|  |/
.     /:./|:.:.| l.:.l:.|.ト:.'. ̄¬‐┴ヽ',:.//‐´ \_/  ヽ_l
     // }:.l:ヽrヽl:.l:.ヽ:ヽ      ヽ, ,}\       ヽ
   /´  .':.ハ.:.{=l:.'.:.ヽ:.',-\     {_ ̄ ̄ ̄ヽ      ',
        /:/ }:.:|FT〕、:.\        ヽ ̄ヽ        l
       // /|:.:l|{≡}|ヽ-、\ 、__ _  / .|  | ',
      /´   l:.|}:|f i:|. \    ___ ¨ヽ {  l ',
          /´l:ハヽヽ、 \    ¨   `才:.ハ
          ノ _}:.:|\\ \   , ' ´/:.:./ /,ヽ
           }二二匁≡⊃><ヲ‐≠ォ{! ./´  \
          /:∧: : / /: :  ̄7 / ̄ ̄l ヽ     _〉___
           /: ∨: :/ /: : : : :/ /-、〈〉/     __|____
_____ / 《〈〉》 l { : : : : { {^}} }{}ヽ_   |_____
: : : : : : : : : : : : :.≧≦ / /: : : : : | |: :巛r: : : 卜-'|: : : : : : : : : :


 ちなみに宮沢賢治というとこの写真が有名ですが……
 ttp://artium.jp/images/exhi/08-08c-kenji.jpg

 これは、ベートーヴェンを真似たものだといわれています。

 ユーモアというか何と言うか……
 やっぱり宮沢賢治も「アレ」な人だなあ……って感じがしたのは私だけでしょうか?



645 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 22:52:46 ID:NMLU28Og0

以上、宮沢賢治で番外編を一つ作ってみました。

ご清聴ありがとうございました。



646 :羊羹が意見募集中、詳しくは一休で[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 22:53:06 ID:buIjO4Z20

乙です


647 :羊羹が意見募集中、詳しくは一休で[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 22:54:14 ID:qk5Veq2Y0

乙です


648 :羊羹が意見募集中、詳しくは一休で[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 22:55:30 ID:buIjO4Z20

若くして亡くなったしまったのが残念です
もし宮沢賢治が戦後まで生きてたらどういう作品を書いてたんだろうとは妄想したりします


649 :羊羹が意見募集中、詳しくは一休で[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 01:02:09 ID:PIfu8prU0

乙です
流石シスコンの賢治はこのAAですねw
彼の政治思想は、日蓮宗系の国柱会の系譜なので、割と石原莞爾あたりと近いらしいですね


650 :羊羹が意見募集中、詳しくは一休で[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 01:42:13 ID:ZHOhrAQY0

賢治のAAは風邪薬か

たしかに一つ間違えばこんな○○○○になってただろうな

頭が斬れるから


651 :羊羹が意見募集中、詳しくは一休で[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 17:41:03 ID:ljofqhWUO

賢治は2.26事件と関係が深い日蓮宗のカルトにいたことがあるからなあ
なかったことにしたい賢治研究者も多いみたいだけど


652 :羊羹が意見募集中、詳しくは一休で[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 18:10:35 ID:7X3c6W760

國柱會つながりで宮澤賢治と石原莞爾をネタにした短編を歴史短編スレで見た記憶がある


653 :羊羹が意見募集中、詳しくは一休で[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 18:39:09 ID:EfnYd8KI0

國注会と宮沢賢治と石原莞爾のセットは、
『孔雀王』の荻野真が確かネタにして書いてたな。
『銀河鉄道の夜』と妹さんネタを上手く使ってた。


654 :羊羹が意見募集中、詳しくは一休で[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 21:14:09 ID:YSgAhn0A0


白樺派的な思想から国柱会に流れてったのかな
とはいえ一水会の鈴木邦夫じゃあないが
彼は国柱会にのめりこんで死ななかっただけ小林多喜二よりも幸いである……


655 :羊羹が意見募集中、詳しくは一休で[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 21:18:19 ID:KzAdE2GY0

当時の子供には『赤い鳥』よりも『少年倶楽部』の方が人気でしたね。
宮澤賢治も大人の方に熱心な読者が多いあたり『赤い鳥』に似ているかも。


656 :羊羹が意見募集中、詳しくは一休で[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 21:32:37 ID:ZO7Xi2SYO

東北の農民の困窮を救うと言う点でずっと悩んでいた辺り
長く生きていたら満州への移民の推進や2・26事件への共感をしていそう
逆に2・26事件をきっかけに決別するかも知らんが


657 :羊羹が意見募集中、詳しくは一休で[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 21:44:31 ID:7X3c6W760

五・一五事件に関わった橘孝三郎もトルストイアンで農本主義右翼だったから
ひょっとすると宮澤も彼らに同情を寄せていたかもしれないな


658 :羊羹が意見募集中、詳しくは一休で[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 21:44:58 ID:YSgAhn0A0

国柱会は石原莞爾とかのエリート将校組と関係が深いようだったから
どっちかというと落ちこぼれ将校組が中心の二・二六やその他昭和維新運動にはどう反応しただろうなあ
手段はともかくその心意気は良し、と反応したか、東北を体良くダシにされたと憤ったか


659 :羊羹が意見募集中、詳しくは一休で[sage] 投稿日:2013/07/01(月) 00:10:02 ID:aDWlO2ws0

やはり読んでいると、純朴な国家社会主義的要素は感じられますね
彼の詩なんかで見受けられる科学への憧憬も、当時の社会主義の科学万能な風潮の中のもののように見えるし

>>657
話が脱線してしまうけど、橘孝三郎といえば、甥っ子が文藝春秋の看板ジャーナリストの立花隆ですね
前にも話に上がってた、文壇の親子関係と似たような、論壇全体での血縁関係って興味深かったりする


660 : ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2013/07/01(月) 20:32:21 ID:201FQmyY0
>>659
親子作家ですら、おそらくばななで打ち止めかな……って印象がありますね。
池澤春菜も作家でどうのこうの……って感じには見えないですし。

どうも二世作家って意味では、親世代1920年代までがピークで、
1930年代生まれ以降はどうも子供が文壇デビューって感じにはならなくなってる感じがしますね。
その代わり親のすねかじりがすごく増えてるような気もしますが……

論壇・学術の世界でのの親子関係で有名なところとしちゃ、鶴見祐輔・俊輔・太郎ですかね?


661 :羊羹が意見募集中、詳しくは一休で[sage] 投稿日:2013/07/01(月) 23:43:42 ID:mcwLiIWk0

金田一京助・春彦の方が一般的なんじゃないかな?


662 :羊羹が意見募集中、詳しくは一休で[sage] 投稿日:2013/07/01(月) 23:50:02 ID:aDWlO2ws0

政治学とか政治史とかだと、五百旗頭家だとか
防大総長だった二代目のイメージ強いけど、三代目もあと10年すれば、てところかな


663 :羊羹が意見募集中、詳しくは一休で[sage] 投稿日:2013/07/02(火) 07:06:12 ID:i1yjPInw0

伊福部家も作曲家に科学者に劇作家と優秀な人材が揃ってる







小ネタ17へ進む




小ネタ16へ戻る




まとめ一覧へ





 
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。