合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

スポンサーサイト


タグ:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    前の記事『やる夫は、サムライの翼を撮り続けるようです 第一部 第二章 中編②』  
    次の記事『やる夫は、サムライの翼を撮り続けるようです 第一部 第二章 前編』  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫は、サムライの翼を撮り続けるようです 第一部 第二章 中編①


タグ:
309 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:05:10 ID:sR7U817U

       ,' /    \  |´   ', |
       ! /   ト-─-\| ─-.、!/
       レ ,.:'::|       代理´ ̄ ̄`ン
       /::::::::\>-──'‐'─<. 〈ハ
      />:::''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'<!
  ,..:::''"´::::::;;: -‐ ''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ` 、::::::::::::`::..、
 〈::::::::::::::7´   /  / ‐- /!  /  \:::::::::::::::':,   
  ヽ、_,'   ,'  ./!ァテ</|  /! ‐、  \::::::::::::i    っというわけで、>>1です。こんばんは。
     /    |   |八__rリ `!/ |ァt、 ,|  , !::::::::/  
   ., '    !   ! '"      〈ソハ/ ! ./レ'-‐''´   本日は、鈴木やる夫が、特派員になり、
   /     |   |       '   ゙ !/レヘ.       戦地へ向かうまでの話になります。
  ,'  ,'    .八   ト、   ` ー  /,!   \     
  | /   ,'.  \.∨|` 、,__, イ  /|    ヽ.    ここらへんは、原作でもあまり書かれていないところで、
  レ' ヽ!  />-‐ハ|` ー-‐ v'ーレ'´ ̄`r--、ノ_,ハ_   短いですが、よろしくお願い致します。
      )イ´     \  /ム」   />-─ 、こ   
       |     、ハ\i |::::::\.ア´ __,     \

310 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:06:03 ID:sR7U817U

                    / ̄`ヽ.
               ,. -─-、」_/___ \
              / / ̄\____ `ヽ.',
             ,レ'     レ'___`ヽ|ハ
            //   ,.::'"´::::::::ト 、 ̄|`ト 、
          </   __/__::::::::|.  代理-‐ァ
     「 ̄`ー--‐ ''<´/:::::::/:::::: ̄`¨゙:::ー-::、__」ハ
  r‐‐''"> ''" ̄ ̄ ̄`゙7:::::::/://_::|::::::/!::ハ:::::::`ヽ.
  /:::::;: '´    _,,. -─-/::∩::|/:::/ァr<!//:/_」:::::::;::::!>     感想合いの手、いつでもお待ちしています。
  |::::/   /     //´ |/'!:::八 j_り` レァr、!:::::/レ'、___
  ∨   /    ∠_八 ___ノ;ハ"     . りノ|/:!'\ ` <\
 /:|   ./|      !:く´_r-、_]::::::ト.、 ` ー   ゙,ハ:::::|  \  `ヽ!__
 |:::!    ',      レ'|´   ハ::/イ|>‐ァァ7__:|:::/     ` 、. \|
 ヽヘ.    '.,   |:::| 八   ´ ̄`Y-‐ァ‐<´  `ヾ.     _)  /|    それでは、どうぞ!
  |::::\   ヽ./::;'/ ./\     |:::/ト 、 `    !\-‐'"´|::|./:/
  `ー-、> 、.,_\/::! |::::| `ヽ、_ r':/ !:::\      、  /:/-‐''
     ヽ-rヘ__>-=ニニ二¨´ ̄ ̄ ̄`¨゙'' ー---‐< ̄`ヾ
      /|  |::/ ̄`>,--‐'´ ̄|`7¨゙''ァーr-、     \::::::|
      〈::|   \_/r7>、_!,  レ'  〈、:/レ'´\     ∨|
    _/[∧、  /::::::::/:::`ヽー--‐イ::\    ∧    |::!
   //   \>'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,   |:::!     レ'\
    |::! ,「 ̄´:::::::::::::::::::::::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::ハ  ヽ:!   /ト、 `゙'' ー--‐ァ
   \7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::!:::::::::::::::::::',  /!  /:/ ` 、___/
    .\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::::! |_レ'´ ̄
      |\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
      ∨  ̄`ヽァ─-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  〉
     ./ヽ.,__/>─‐-\___;;;:::--‐ァ<_/、
     ,'\__, ' ̄        `ヽ--‐''"´ ̄\   ,ハ
    .|`'ー7                   .〉'´_,ハ
     !、_j                    !__j
    前の記事『やる夫は、サムライの翼を撮り続けるようです 第一部 第二章 中編②』  
    次の記事『やる夫は、サムライの翼を撮り続けるようです 第一部 第二章 前編』  

311 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:06:53 ID:sR7U817U


=========================================================================
             第一部 第二章 遠く遥かなる日
                 ~ウソから出たマコト~
=========================================================================


312 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:07:15 ID:sR7U817U

召集解除となった僕は、読売新聞の静岡支局に帰ってきた。


     |┃
 ガラッ. |┃
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  \   / \   鈴木やる夫。
     |┃     /  (●)  (●)  \  ただいま、戻りましたお。
     |┃     |    (__人__)     |
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \


      / ̄\
     |     |
      \_/
       |
    /  ̄  ̄ \
  /  \ /  \
../   ⌒   ⌒   \  おう、よく帰ってきたな!
..|    (__人__)     |  いやぁ、良かったよかった。
..\    ` ⌒´    /
../ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

313 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:07:38 ID:sR7U817U

      / ̄\
     |     |
      \_/
        |
    / ̄ ̄ ̄ \
   /        \
 /     ::::\:::/:::: \      っとだ、帰って来て貰ってありがたい事だが、
 |    < ●>::::::< ●> |      お前も軍隊での疲れが残っているだろう。
 \     (__人__) / ))    勤務地もまだ決まってないから、
   リ     ` ⌒´/ ̄/ ̄/ チラッ  しばらくぶらぶらしてろ。給料はちゃんと払うからな。
  (|        /  / と)
  と|       /  /  /
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|                     |
|                    |


        ____
      /      \
    / ─    ─ \
..  /   (●)  (●)  \  あ・・・はい・・・
..  |      (__人__)     |  わかりましたお。
..  \     `⌒´    ,/
..  /     ー‐    \

314 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:08:06 ID:sR7U817U

それから僕は、言われたとおり2ヶ月ぐらい給料を貰いながら
ぶらぶらと生活していた。

          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \  本当に何もしなくていいのかお。
     |       (__人__)    |
      \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/

315 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:08:49 ID:sR7U817U

それから八月一日に沼津通信部に配属された。
勤務が始まった忘れもしない八月十日の事だった。
下宿先で昼飯の準備をしていたとき。


~~~~~~~~~~~~沼津下宿先~~~~~~~~~~~~
          ____              やる夫さん。支局長から電話ですよ>
        /\  /\ __
.     ./ .(ー)  (ー)'(_)( ゙ヽ        はい、支局長。やる夫ですお。
    /   ⌒(__人__)⌒ |.(  .',        どうしましたかお?
    |      |r┬-|  ._|.(  ..ト-a‐-a,
     \     `ー'´ _(_)(.__.ノ      'a,,
    ノ            ̄/        "'a,
  /´            ./  ._/「i__「i  .ノ
 |    l          i   /      Y"
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、  /       i
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ) (_______ノ



~~~~~~~~~~~~~静岡支局~~~~~~~~~~~~
         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\
    /   <●>::::::<●> \  君、健康状態はどうかね?
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │

316 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:09:23 ID:sR7U817U

~~~~~~~~~~~~沼津下宿先~~~~~~~~~~~~
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !  異常ありませんお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l  2ヶ月の休みでピンピンしてますお!
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


~~~~~~~~~~~~~静岡支局~~~~~~~~~~~~
        / ̄\
       |     |
         \_/
         |
      /  ̄  ̄ \      そうか、そいつはいい。
    /  \ /  \     じつはね、兵隊から帰ってきたばかりで
   /   ⌒   ⌒   \    申し訳ないんだが、従軍してもらいたいんだ。
   |    (__人__)     |
   \    ` ⌒´    /
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

317 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:09:45 ID:sR7U817U

~~~~~~~~~~~~沼津下宿先~~~~~~~~~~~~
         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・


     ____
   /      \
  /  ─    ─\   それは、やる夫に従軍特派員になれって事ですかお?
/    (○)  (○) \
|       (__人__)    |
/      |!!il|!|!l|  /
      |ェェェェ|

318 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:10:13 ID:sR7U817U

~~~~~~~~~~~~~静岡支局~~~~~~~~~~~~
         / ̄\
        |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /  u   ノ  .\
    /      u <●>:::::::\  そ・・・そうだ。
    |         (__人__)|  っでだ、実はな、もう社命がでておってな。
     \    u   .` ⌒/   
     /       __|___
    |   l..   /l´鈴木やる夫l
    ヽ  丶-.,/  |__辞令一式__|
    /`ー、_ノ /      /


~~~~~~~~~~~~沼津下宿先~~~~~~~~~~~~
     ____
   /      \
  /         \
/           \  それならば、しょうがないですお。
|     \   ,_   |  っで、場所は何処ですかお?
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

319 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:10:39 ID:sR7U817U

~~~~~~~~~~~~~静岡支局~~~~~~~~~~~~
      / ̄\
     |     |
      \_/
        |
    / ̄ ̄ ̄ \
   /        \
 /     ::::\:::/:::: \      ちょっと待てよ、
 |    < ●>::::::< ●> |      えーっと、場所は広東だ。
 \     (__人__) / ))    
   リ     ` ⌒´/ ̄/ ̄/ チラッ 
  (|        /  / と)
  と|       /  /  /


~~~~~~~~~~~~沼津下宿先~~~~~~~~~~~~
               _____
             / '⌒ヽ  ; '⌒゙\       ||  ||
            /        ∪     \      ||  ||
          /   /´  `ヽ/´  `ヽ   \     o   o
         /    (    ●ll●    )   \
       /      ヽ_   _ノヽ_  _ノ    ; \
       |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪   |  広東!?
       |  ∪      `┬─'^ー┬'′ ∪    |   広東ですかお!?
        \          |/⌒i⌒、|        /
         \ ∪    !、__,!    U  /
         /       、____,,      \
        /                        ヽ
        |  、                ,   |

320 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:11:16 ID:sR7U817U

~~~~~~~~~~~~~静岡支局~~~~~~~~~~~~
         / ̄\
        |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /  u   ノ  .\
    /      u <●>:::::::\     お・・・落ち着けよ。
    |         (__人__)|    そこでだな、本社では準社員雇用証まで
     \    u   .` ⌒/     一緒に発令したんだ。
     /       __|___    陸軍省の従軍免許証を貰うのに雇員じゃ
    |   l..   /l´鈴木やる夫l  ダメなんだ。
    ヽ  丶-.,/  |__辞令一式__|
    /`ー、_ノ /      /


            / ̄\
           |     |
             \_/
               |
 l^ヽ   /^l    /  ̄  ̄ \
 ヽ `_/ /   ./  \  /   \    うまくやったなぁ、君。
 r'ヽ   ヽ /  ⌒   ⌒   \   優秀な記者でも普通は雇用五年で準社員だ。
  ゝ、 r'ヽi|    (__人__)     |   長いと十五年もほっとかれる。
  `ヽー、ノ \    ` ⌒´    /    まぁ、しっかりとやるんだな!

321 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:11:42 ID:sR7U817U


~~~~~~~~~~~~沼津下宿先~~~~~~~~~~~~
        _____
      / ノ' ^ヽ_\
   ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\°
   / o'゚~(___人___)~o°\゜  ありがとうございます!
    |    ゚ |/⌒ヽ|  ゚   |   ありがとうございますお!
   \     ` ⌒ ´     /
     /`         ´\
    /       ``"´       ヽ
   .|   Y            Y   |
   .|  |          |  |


そして、書類関係の事もあるから、すぐに静岡支局まで来いっと言うので、
急いで駅まで行って切符を買い、列車に飛び乗った。

322 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:12:21 ID:sR7U817U

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                    _____
                  /        \
                 /___, -一ァ     _\
           __,-‐¬  ̄---┘'7    /    \
          -‐ ''"   / '´_ /,ィ`ヽ  //´  `ヽ  \
     /      __   ,イ|  ● l    l ●   )   \
   _/     -'     / ̄ )`  _ノ   ヽ_  _ノ    |
  ,r '       ,-、____ , イ⌒' (    i    )'⌒"'    |
 /      ノ '    \      `ー ─'^ー 一'      /
      /        \        ー一       /
              /                \
      「自分は新聞記者として、必ず前線に戻ってまいります」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                O
       ____    O
     /⌒  ⌒\ 。
   /( ●)  (●)\
  / :::⌒(__人__)⌒::::\  正直口からでまかせだったけど、
  |     |r┬ i      |  沼津着任すぐに現実になるとは
  \__ `ー‐' __/  思っても居なかったお。
  /::::::::ハ\/Vヽ/;:i:::::::ヽ
  | :::r::l::l  ハ  |:7::::::l::|

323 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:12:41 ID:sR7U817U
            ___
          / ⌒  ⌒\   __
        / (⌒)  (⌒) \〈〈〈 ヽ
      /   ///(__人__)/// 〈⊃  }  頑張ってよい記事を書くお!
      |   u.   `Y⌒y'´     |   |
     \       ゙ー ′   ,/   /
     /⌒ヽ   ー‐    ィ     /
     / rー'ゝ           /
    /,ノヾ ,>         /
     | ヽ〆         |
新聞記者が、身体から湧き出る幸福感に浸るのは、
新しい目標に向かって突進するときである。

324 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:13:29 ID:sR7U817U

僕は地方紙の清水通信部勤務時代の先輩から、

         ____
       /      \
      /   \ , , /\      
    /  ==⊂⊃=⊂⊃=\     ニュースというものは、
     |     ⌒(__人__)⌒ |       複数以上の人間が居るところには必ずある。
      \      ` ⌒´  ,/      よく覚えておくんだ!
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃   もし、「ない」っと思うなら、それはファイトが足りないんだ!
     |            `l ̄      それは、新聞記者として終わりなんだ!分かったか!

っと、教えてもらった。

325 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:14:27 ID:sR7U817U

そこで、毎日外回りをするときに一ヵ所追加して、
街外れや、都市近郊の村役場に行ってみた。
         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \  すみませーん。新聞記者ですが、
    |     |r┬-|     |  取材いいですかお~?
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......

すると、人の心を打つ美談や、涙を誘う哀話の種などが転がっていた。
              ____         
           メ ,, -──- 、._\           あの時、ハチが吼えてくれなかったらね・・・>
         メ/ u    ゚ 。 \\    
      / /    \  /   \\   
        ! | u ((●)) ((●))   |   ほうほう・・・それは素晴らしい忠犬ですお。
       \\  。 (__人__)   /く<   是非、記事にさせてくださいお。
        ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ   
        _/((┃))_____i |_    
       / /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \  
     /  /_________ヽ  \
     |                    ..|
     |                    ..|
     |                    ..|

326 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:14:55 ID:sR7U817U

僕は二十一歳で新聞記者になっていらい、日々新しい目標に
突っ走っていく幸福感の中で生きてきたようなものだったのだ。

そして、読売新聞での社歴一年、その内八ヵ月は軍隊生活
仕事をしたのは浜松での一ヶ月しかない。

               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ  やぁぁぁぁぁってやるお!
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \
カーッっせざるを得ないではないか!

327 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:15:08 ID:sR7U817U


=========================================================================
             第一部 第二章 遠く遥かなる日
               ~ウソから出たマコト~ 終
=========================================================================






328 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:15:19 ID:sR7U817U


=========================================================================
             第一部 第二章 遠く遥かなる日
              ~漢水の野に咲けコスモスの花~ 
=========================================================================


329 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:16:22 ID:sR7U817U

-静岡支局-
     |┃
 ガラッ. |┃
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  \   / \   鈴木やる夫。
     |┃     /  (●)  (●)  \  到着いたしました。
     |┃     |    (__人__)     |
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \


         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\
    /   <●>::::::<●> \  おお、やる夫きたか。
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │

330 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:16:45 ID:sR7U817U

   _____
 /        \
/    /   \   ヽ
|       /ヽ    |  お、君が鈴木やる夫君かね?
|      / ̄丶   .|
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

         ____
       /      \
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \ はい!鈴木やる夫であります!
    |      (__人__)     | (あ、しまったお。ここは軍隊じゃないんだお)
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \
僅か八ヵ月で叩き込まれた軍隊調が、
緊張するととたんに口からでてしまうのだ。

331 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:17:12 ID:sR7U817U

   _____
 /         ( ;;;;(
/    /   \   ) ;;;;)
|       /ヽ   /;;/  へぇ、分かりやすくていいや。
|      / ̄丶  l;;,´.|
/     ∩ノ ⊃━・'/   あ、申し遅れたね、僕の名前は渡辺です。
(  \ / _ノ |  |     よろしく。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \  渡辺さんですか。よろしくお願いしますお。
  |       ` ⌒´   |  
.  \           /   渡辺・・・渡辺・・・あ!
.   ノ         \
 /´            ヽ


332 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:17:59 ID:sR7U817U
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !  もしかして、
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   「漢水の野に咲けコスモスの花」
  |     |r┬-|       |  /  の渡辺さんですかお?
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


   _____
 /        \
/    /   \   ヽ
|   /// /ヽ /// |  おそれいったご挨拶だねぇ。
|      / ̄丶   .|  そうです、その渡辺藤四郎です。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

333 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:18:52 ID:sR7U817U

        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \  拝見しました!
  |  /// (__人__) ///   |  自分も将来あんな記事が書きたいと思います。
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ

334 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:19:03 ID:sR7U817U

「漢水の野に咲けコスモスの花」この記事を僕は、
ひとり取り残された名古屋の原隊で読んだのだ。

         ____
       /      \
      /  ⌒  ⌒ \   お。これは・・・
    /    (●)  (●) \
    .|    :::⌒(__人__)⌒::: |   __
     \      `ー' / ̄ ̄⌒/⌒  /
    (⌒\     /     /    /
    i\  \  ,(つ    /   ⊂)
    .|  \   y(つ    /,__⊆)

335 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:19:24 ID:sR7U817U
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ひとりの飛行兵の元へ、故郷の恋人からコスモスの種子が届けられた。

しかし・・・その飛行兵は、郵便が東シナ海を渡っているときに、
漢水平野の敵地に自爆して果てていた・・・

             、            ,r'
                   ,》' /    ノl         
             ヽ  ,        |lレ     |/    ,r'ノ
           ,r'l         `      '     ´
           |/、                          '
        i   '  ,                  /    ,r'l /
        l|.  、   j 、                      ヽ'  ' i
        |,;   .   ヽ .            i   , ´ ノl.,  :l
      . 、i :, |       ,         , '   .    ´.  ,',i
        ; 丶i:、 .  人 .  ,      ,r'/   /l'  |   ,:'. ,|
         i , ノ ;丶,r' ; ヽ            i´  ノi  / ´ ,i
        l:   .\  . |;、  ノ   ^ヽ、,.,ゝλ,v ,r', .;l, ,r' 〈 .,; ,l
     , . 、<、 ,.   、ヽノ \r,∧,、. ノl,/ .レゝ,/ ., ,:ゝ、 , .  ;,i
    `    '  ` ` ' `  `  `´ ´ "   ´  "   ´"   ´
'~''~'~'~'~'人人,,,人~'~'~'~'~'~'人,,人,ンヽ、。~'~'~'~'~'~''

336 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:20:07 ID:sR7U817U


ある日の爆撃行で、渡辺特派員が同乗飛行した時、漢水平野
対空砲火を浴びながら、機長が天窓を少し開けてケシの種子程度の物をばら撒いた。
                           .: .:...:.:.:.:.:.........:.:.:.:::... .. :.: :. . . .
                        ___________
 ヽ.(,.(⌒;);,⌒ヽ /            _/ / j┼┼┼┼―┤     _`""''' ‐-'
 (,.(,;( ; ,.)'.'.;';.'.)'';,ノ____,,...-‐i ''i""~i!i`ヽー ┴┴┴┴―┘.::: ̄ ̄``丶、
 ,.,(;,  ;:;',.'.)'',',;,.'.ノ´.,'"|::|┼─┼┤  |i!.rー―――‐,ー――,,/  ‐===‐
  /'ー''' '' ヾ―( : |::|┼─┼┤ ,,,i!l | :   i ‐|  :   `''ー- ,,,______
             ヽ、|::|‐- ...i,,_j (,_..:i!| :   i ‐|  :   :      :  ノ
             ~ 'ー ..,,,_    '|i!゙l :   i ‐|  :   :     _,,..‐''
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.(,.(⌒;);,⌒ヽ /
                                      (,.(,;( ; ,.)'.'.;';.'.)'';,ノ
                                      ,.,(;,  ;:;',.'.)'',',;,.'.ノ´.,
                                       /'ー''' '' ヾ

337 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:20:36 ID:sR7U817U

   _____
 /        \
/    /   \   ヽ
|       /ヽ    |  機長、今ばら撒いたあれ?
|      / ̄丶   .|  何の種子なんですか。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


!゙i         ,r'|
゙i゛r   、-‐‐-、 |
 ゛.,r-<', (, (,I I i゛゙ l
  ゙il、-‐゛ ̄ ̄゛'J|
   !,(,::::,.<))/´二⊃    コスモスの種子だ。
   ^!、/ /  '‐、ニ⊃   あいつが好きだった花なんだよ・・・
''" ::l::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
社会面のトップを大きく飾ったその記事を僕は名前と共に覚えていたのだ。

338 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:21:05 ID:sR7U817U

   _____
 /         ( ;;;;(
/    /   \   ) ;;;;)
|       /ヽ   /;;/  そういえば、君は若いなぁ。
|      / ̄丶  l;;,´.|   いまいくつなんだい?
/     ∩ノ ⊃━・'/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

        ____
      /       \
    /  ⌒   ⌒  \
..  /  (●) (●)  \ はい!二十三になりましたお!
..  l    ⌒(__人__)⌒    l
..  \     `⌒´     /
..  /              \

339 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:21:19 ID:sR7U817U

   _____
 /         ( ;;;;(
/             ) ;;;;)
|       /   \ /;;/  二十三かぁ・・・
|        /ヽ  l;;,´.|    ウーム、二十三なのか。
/     ∩ノ ⊃━・'/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

        ____
      /      \
    / ─    ─ \
..  / u (●)  (●)  \ (なんか、まずいこと言っちまったかお?)
..  |      (__人__) u   |
..  \     `⌒´    ,/
..  /     ー‐    \

340 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:21:41 ID:sR7U817U

     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     |    /    \ ヽ
     |      /\.   |  よし!やれ!君やるんだぞ!
     |    /  ̄ヽ  |
     \           /l!| !
     /         \ |i
   /        ヽ !l ヽi
   (   丶- 、     しE |そ
    `ー、_ノ   Σ  l、E ノ <
            レY^V^ヽl


   _____
 /        \
/    /   \   ヽ
|       /ヽ    |  俺は、読売を見直したよ。
|      / ̄丶   .|  特派員といえば、俺たちみたいな三十男ばっかりだ。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |   第一ねぇ、飛行機に乗るったって恐ろしくて仕方ないよ。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

341 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:22:23 ID:sR7U817U

         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /   /   \   丶
        │     /\     .|  ああ、いのちが惜しいって分けじゃないんだが、
        |    / ̄ ̄\    |  離陸したとたんに、何かゾーっとするんだよ。
         \            /
 r、     r、/          ヘ   そうすると、頭の中に、かーちゃんと子供の顔が重なってだな。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ  「撃墜されたら、どうしよう」って言う気分になっちまうんだ。
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |


   _____
 /         ( ;;;;(
/    /   \   ) ;;;;)
|       /ヽ   /;;/  あの時ほど、「俺が独身だったらなぁ」っと
|      / ̄丶  l;;,´.|   思ったことはないね。
/     ∩ノ ⊃━・'/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

342 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:22:50 ID:sR7U817U

        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
        |   /  \   |
        |    /\    |      その点、君ならやれる!いや、やるんだな!
..  r─一'´ ̄`<ヽ/ ̄ ̄\  /      地上なら尖兵中隊と一緒に歩く。
..  `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、    飛行機だったら爆撃機に乗るんだ。
     ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
..   /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、  覚えておけよ!
   (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
     / // / /         . . \_\_)、_)
     ー' {_/ノ              ."´


      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\  はい!わかりましたお!
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /
..  /     ー‐    \
僕にはこの時、身体の小さな渡辺氏が見る見る大きくなって、
僕の前に立ちはだかっているように見えたのだ。

343 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:23:38 ID:sR7U817U


=========================================================================
             第一部 第二章 遠く遥かなる日
              ~漢水の野に咲けコスモスの花~ 終
=========================================================================





344 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:23:48 ID:sR7U817U


=========================================================================
             第一部 第二章 遠く遥かなる日
                 ~きたか、不良青年~ 
=========================================================================


345 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:24:08 ID:sR7U817U

僕は初めて本社に行った、西銀座にある本社の白亜の建物も、
三階の編集室も、そして小島地方部長にもはじめての見参であった。



                        _____
                        |読売新聞 |
                        l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        |
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\
  |_____________                   |:  \
  |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\
  |_____________          _________________________|:  \
  |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|       |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|   | l\
  |_____________          _________________________|   | l  |
  |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|       |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|   | l  |
  |_____________          _________________________|   | l  |
  |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|       |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|   | l  |
  |_____________          _________________________|   | l  |
  |三|三|三|三|三| ノヽ |三|三|三|     ,.  |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|   | l  |
  |______ 彡;;i;ミゞ___     ,.ソ;:ミゞ____________.,ソ;:ミゞ,::____________|   | l  |
  |三|三|三|三|三ソ彡;ミミ|三|三|       彡ヽゞ'      ||        || 彡ヽゞ' ||        ||       :|三|三|   | l  |
  |           |i:              |i,          ||        ||    |i,  ||        ||       :|_____|   | l  |
IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII

346 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:24:38 ID:sR7U817U

―三階、編集室―

           _____
          /        \
        /           \
       /   , --、      ,.-- 、  \
     /    ., ーヽ   ,'. ー-、    \    
    /      ( ● l    l ● )    \   小島支局長初めまして!
    |         `ー ノ    ヽ.ー '       |  静岡支局の、鈴木やる夫であります!
    |      '⌒(____人____)⌒`     |
    \         `ー--‐´        /
      \                  /
       /                〈


    / ̄ ̄\
  /  \  ./\
  /   (●) (●)ヽ
 .|    (__人__) | ・・・・
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

347 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:24:55 ID:sR7U817U

           _____
          /        \
        /           \
       /   , --、      ,.-- 、  \
     / U  ., ーヽ   ,'. ー-、    \    
    /      ( ● l    l ● )    \  (う・・・また緊張して軍隊訛りがでてしまったお・・・)
    |         `ー ノ    ヽ.ー '       |   
    |      '⌒(____人____)⌒`  U  |
    \         `ー--‐´        /
      \                  /
       /                〈


    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ
 .|    (__人__) |  ・・・やっときたか!"不良青年"!
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

348 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:25:13 ID:sR7U817U

       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \
    /   ;:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \
  /   ;::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;    \
 │  /=≡==、、\::::::::::::::::,,/ ,,==≡=ヽ、  │
 │  //      ヾ、 :;:;:;:;:;:;: ツ 〃       ヾ,  |   ハ!?
 │            :;:;:;:;:;:;:;:;             │
 │  ``―==''" ":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:゛ ゛ー=====彳  |
 │   ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;     │
  \  ;::::::::::::::(___人___)::::::::::::::; U  /
    \ ;::::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::::;  /
     \:::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::; /
      /                   〈


    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ
 .|    (__人__) |  聞こえなかったか?"不良青年"っといったんだ。
 .|      `⌒´  |  ワッハッハッハッハッハ・・・!
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

349 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:25:33 ID:sR7U817U

              _    | | | | | | | | |
        _..-''''゙゙゙´   ゙゙゙゙'''ー,,、| | | | | | |
       /  :::::::::::::::::::::::::::::::::\  | | | | |
     /     :::::::::::::::::::::::::::::::::::`、. | | |
    .′      :::::::::::::::::::::::::::::::::::丶   | |
   /  ∪       ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  i            ::::::::::::::::::::::::::::::::i   (え、どうしてやる夫が不良青年なんだお。
  !          >一 、:::::::::::::::::::::: !   それに不良と青年は、意味が逆じゃないかお?)
   !     ∪   /__≦二_ \::::::::::::::::!
   \   _ 斗≦ ´ --  _`ーヽ::::::::::/
     > ´             `ミ丶、
  /                        \
  i   \                     \
  |    ヽ-―   ¨¨¨¨¨¨ 丁 丁¨¨  ‐-ヽハ
  |     丶 i        |  |      } i|


    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ  いやぁ、確かに言いえて妙だな。
 .|    (__人__) |  なぁ"不良青年"!
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

何故出し抜けに、地方部長がそういったのかぼくには全然分からなかった。

350 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:25:58 ID:sR7U817U

部長は、次長やデスク、整理などにぼくを紹介するときも、
同じように言ったのだ。

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|  こんど、広東特派が決定した"不良青年"、
 .|      ( <   |  鈴木やる夫君だ。皆、よく覚えといてくれ。
  ヽ     `-'  /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /  U (●) (●) \  う・・・静岡支局の鈴木やる夫であります!
 |       (__人__)    |  (あ・・・またやっちゃったお。)
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

351 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:26:23 ID:sR7U817U


そして、読売新聞の正力社長への挨拶となった。
この時は、人事部長も一緒だった。

     __
    /:::::::::::\
  /:u/⌒Y⌒ \
  |::::/ ( ●)(●)
  |::::>   (__人__)  正力社長・・・あの・・・その・・・
   | u   ` ⌒´ノ  今回実は、鈴木記者を選んだことにつきまして・・・
   |         }
   ヽ        }
    ヽ     ノ
    _,,ゝ    (,_
  /´  `ー-一´`


                  _ __
               ,.'"´    ``ヽ、
             ,r'´              `ヽ、
           ,、ィ'.:.::.               ト、
           j.:;;;!.:.::::.                ゙i ゞ
            j.;ミ、.:.:.:             /,イj!
          }゙ミソ.::_,,、-=-、、,,  _ ,,,_  jィ彡
          〉^リ"´_,,、ィェゥ''゙´ ,斤ェェz、,``iレ'゙{   よろしい、承知している。
          〈 ハ.:.: "  ''"´.:; i;.``''ー    ,イ !  
          ゙iト、!.:.:.   .:,ィ;;;  l!;.、     ノイ,!
           ゝj::',.:.:.:::.:.,r',``^ー''^ `ヽ  ,.:'i_丿
            `|.:::i.:.:..:.:``''ー==='''^ j;:. !
            j.:.:.!.:..、:.  ``二二´ ! !: |
          /|ヽ.:.゙,.:.゙、:.  ー‐一 ,' .,゙: イヽ
           /.:.::::!  ヽ、.:ゝ、,     ノ /:/ |;;;::\
     ,、-‐''/.:.:;;;;;;;;;|   ``ヽ`二二 フ'"´  |;;;;;:.:.:.\‐-、、,
    .:::::/.:.::::::;:;:;;;;;;;ト、     /;;;;:;::::::ハ    /l;;;;;;;;:;:;:;;::\;:;:;.
    :/.:.:.:.::::;;;;;;;;;;;;;;| ヽ   /ヾ;;;:;:;:/ ,!   / !;;:;:;:;::;;:;:.::.:..ヾ;

352 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:26:43 ID:sR7U817U

               _,..-─ ─- 、._
            ,.' ´         . . `ヽ、
             /            . . :.:. ヽ
        _,、/             . . :.: _, -ヽ、_
        {ニj             . . :.:j彡   __ヲ
        トノ      ,       . . :ノニ..、、   フ
        H  , -─、  i ゞ==ー、._. :.:.に二ニ   }
        〈ハ'´,rェエ,I>  r ニエユ,ミュ一 : `マ尨._  リ  若い記者を登用することは、大いにけっこう。
        Y    ‐f  ...       : : : : Y´r Y   鈴木君といったね。こちらに来給え。
         !   ,..」  . :.::.、      : :,: :  h |
         l   / ゞ、__,. -ーヘ、   . :.:〃:: : : ヲ,イ
         ゙i  i   __       `i. :.:. :ノ:: : し'´ ::|
         ゙i    ー─ -..、_  . ! :.:.:.:i: :: : |: : : :|
            l    ー‐-、 ..  . . :.::,': :: :: |: /|\
          l i    "''    : :../::/: :: :/  ,イ::::::\
          `、j       . :.::./:://  ,.'´/::::::::::::::\
       _, .イ¨|ヽ、   . . :.:::_ィ‐'´ ,. '´ _,/:::::::::::::::::::/`ー-、_
   ,. -‐ ´:::::::::/:::::|\ハー一イ´_,.‐'´ ,.‐'´/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::

353 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:27:11 ID:sR7U817U

        ヽミ;'''"´ニ 二三三! : .:. :     ``丶、
        ノノニ二三三三三{ : .:. :.         `ヽ
        ,ハニ二三三三三ヲ: .: .:.:.           ゙、
        ,ハヾミミ,r'⌒ヾ云ヲ:. :. :. :.               ',
       ,ハミミミ/   lヲ´. :. :. :.:.:.:. ‐-、、,,,,        !
        〈 ミミミ! 〈 〈. :.: .: .: .: .:.    :. .:.``ヾミ;、,,   1
       V ミミミ゙、 い.::.:;.        ` ,,r== ..㍊'′,,、1
       V.:.ミシ入_/.:.:.:..:'、          ̄´.:.;;  ,斤シ′
         `y''"´.:.:/.:.:.:.:.:..:;i           ...:.:.:;:;  i::Y  わが社の記者は読売魂を忘れてはならぬ!
        /.;;;;;.:..:;′.:.:.:.:.:.;: 、    ,,,,,,. ィ´,,, .:;, _,」 !  ことに従軍においては、絶対に各社にひけをとらぬよう、
        ./;:;;;;;;;.:.::;..:.:.:.:.:.:.:.:  ';. '" ・-、、,,. ``' 了/   身体に気をつけてがんばってくれ給え!
     /.:::. ``ヽ、';:.:.:.:.:.:.:.:.  l.       `` < /
   __/.:;:;;;;;;:.`丶、 `ヽ、:.:.:.:.   |     ー,.;;;;;'  /
 .:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:.、  ヽ、:.:.:::;:,          /
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;.、  `ヾ.:.゙.、.     ,r'
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;、   `ヾ;;;;:.:、,.;彡
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.、     /⌒ヽ〈
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.ヽ  /.:.:.:.:.:.:い


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  / :::⌒(__人__)⌒::::\  は!どうもありがとうございます!
  |     |r┬ i      |
  \__ `ー‐' __/
  /::::::::ハ\/Vヽ/;:i:::::::ヽ
  | :::r::l::l  ハ  |:7::::::l::|

僕はそうして社長室をでた。編集局長、社会部長、東亜部長と挨拶している間に、
繰り返し、社長と同じような言葉を聞かされた。

354 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:27:37 ID:sR7U817U

つまりは、こういうことだ。

各社が軍司令部などにとぐろを巻いているときは、

      \∧_ヘ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,, / \〇ノゝ∩ < 軍司令部ですが、今日は報告ありません。  ,,、,、,,
    /三√ ゚Д゚) /   \__________________  ,,、,、,,,
     /三/| ゚U゚|\      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)  ,,、,、,,,         \ ぶーぶーぶー /
      //三/|三|\              タリー
      ∪  ∪     (\_/)タリー    タリー   
                (  ´Д)    タリー  タリー
                /   つ  (\_/)   (\_/)ノ⌒ヽ、
               (_(__つ⊂(´Д`⊂⌒`つ(´Д` )_人__) ))

355 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:27:51 ID:sR7U817U

前線に近い師団へ行き。
                              ___
                             /ー  ー \     /'⌒ヽ
                            (● ) (● ) \ ./   ヘ  ヽ
 報告が入ってないだけかもしれないお!  / (__人__)       \   /  ヽ  ヽ_
 前線に近づいてみるお!           |   `⌒ ´         |  |    \___〉
                           ヽ   /⌒i     /.  │
                            \/.  ,r'._ ,,r'⌒ \   |
                            /   //ー\|    \  .|   __
                           i   ^ /.   (,        ,|  | ,r'゛
                           ゝ、__,〆  .    ヽ    i.._、,r' ヽ,/ |
                                     \.   |\  ゙i |
                                       \  ヽ \._、,/
                                        \ ゙ヽ
                                          ヽ ^ゝ
                                           \_|

356 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:28:03 ID:sR7U817U

師団司令部に各社がいたら、
       ____
     /_) (_\
   / 【●】| |【●】 \
  /    ._| |_,     \  師団司令部ですが、
  |     \/      |  本日の報告は・・・
  \     -==-      /
 /           \


 l|||||||||||||| ∩,,∩ ∩,,∩  ∩,,∩ ミ∩ハ∩彡
 (,    )(,,    )    ,,)(    )(    )  <ほうほう・・・

357 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:28:42 ID:sR7U817U

連隊本部へ行き。
              ____
      ―― [] ] /      三\
     | l ̄ | | . 三     \ 三/
     |_| 匚. | 三  .   ( ○) (○)'
        | |  三  u   (__人__)  |
         |_|   三    .  ` ⌒´ /  他の新聞記者と同じ事を書いても意味はないお!
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }    もっと!もっといいネタを探すんだお!
     //   三    i/ | ノヽ
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡
         ニ三   ./   /
        二≡、__./    /、⌒)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ

358 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:28:58 ID:sR7U817U

連隊本部に各社がいたら、

         __
    _, -' ´___\
  , '´ _,-'´, -――- ゝ、
/  ./ /      l ト、\
\__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
 l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !  連隊本部からの報告ですぉ!
 l | l | ( ○)三(●).」 |   本日、未明にXX連隊が・・・
 彡彡彡:⌒(__人__)⌒ .ミミ
   |     |r┬-|    |
   \      `ー'´    /
  /           \

 l|||||||||||||| ∩,,∩ ∩,,∩  ∩,,∩ ミ∩ハ∩彡
 (,    )(,,    )    ,,)(    )(    )  <ふむ・・・三面扱いかな・・・

359 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:29:27 ID:sR7U817U

最前線の中隊へ行く。
                                         /              /
                      ,   / ,i′            ./               ./
                      ,. /   / .,/.,,/  / .,. /. / . ,./            ./
                  ,i   ./ . /  ./  '".シ  ./ .,/. / / /  ./  .,    /
              / .,i"./ . ヾ  ゛   ‘         .‘ .ノ /   ./  ././  ./
              / / /  _,,,............-----.-  ...,,,_      '"  .'゙  ./ /  / 、
             l.! /.jレ`-"             ´"'-..,,,      ./ ./ .,ー  /   .,i
            l /               /    `''‐、、    .'"  ,│ ./ .〟 ,i"..
            i!./ ,.             /         `''-、   ‘  /.ノ/ ./ ./
           i./ . /  .,i'   /       ./    /    /. /`'-、   .゛ !./ ,ノンノ゙
           /゛ ./ , /    /      ./  /{/   // /    \    l_/ノ゙./  /
            ノノ./  ,./      //{/    / // /    /  .ヽ   "゛,i′ン./
          -   / ,ノ./    /.//{.     / / ./ /    /     .''、   / .,/./ .r./
          }    ノ./  .../. /{    / /  /  /    /       .′ .,ノ/゛.,//  .,
           !    .′///{.     / /   /  /    /         .'、  .,i'./  ,./
           l   /{ _ノ/    / /   /   /    /    .、      .l ゛" ./
             /{/      _, ⌒ヽ ⌒ヽ   /.  /     / . /  / .、     、│  ./ ./,
      ∧/{/  ___  /入  人    /.   /     /./ / ./ /      /  l  : .r'./
      l       /ノ ゝ、 _\/  ,.     /ヾ   /    /ノ./ ,, / / ./ / / .ii'゙..| ,//
     イ     (○ )}liil{(○ )  \/   / / /     ,/,i"'"./ ."./ / ./  'ソ¨.゙./ .`"
      )  /  (__人__)     \  / /  /    ,.i'./  .ヾ  / . " ."    ./ . /
     そ   l   |l!il!il!i|      l. ´ /  _/    / ゛     .゛        /
     く    ゝ  . lエエエ.l      /__/  (      /                 _.."
     )    ヽ_____ /    ( ̄       / _、        _,,,.. -‐″
     ヽ                ( ̄            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    報告が三時間遅い!?ならば最前線で聞いてやるおおおおぉぉぉぉぉ!!!!



     「常に各社よりも前へ前へ出る。これが読売魂というもんだ。」

っということである。

360 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:30:26 ID:sR7U817U

ぼくはどうやら一日で読売魂をたたきこまれたようであった。
その証拠には、終戦にいたるまでの三回、数年にわたる従軍行で僕は常に、
各社よりも後方にいたことがなかったのだ。
                                                 ,.    /~\
                                               , '.    /..:... :'|
                                              ,. '′    /.. ......: |
                         l` ' '' ' ‐ - 、 、, ,.        ,. '′      /    : |
                         |        ()  ,_  `l   ,. '.        /     :':|
      ,..                  ,_|r=_-、ー_- -、Fiヽ、|_ ;r''′         /     ;..:|
    _、" 、         , -`,      /i/|~/冫l ● ●) ヽー"_r',;:~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`; ̄`~`゛`' ー-y、:L、_
   ,.', ´゛ 、、      , '`"    _,r-‐"^´|ヾ~/|~l(人__) ノ<爆撃行同乗だお。 . . . . . . . . . (仁三二ニニ' '' '=ー-
  ',′´´,;゛ ,;、  _,__,;',",_   ,_r';く,   ,. -'`゙'"´ ̄ ̄      .. . . . _,,.;-;- 、,、、.. . . . . . . . . . . : : :;;li)
`~`゙ '`' 'ー ‐ - ,r'〔 `   ヽ``/L〃_il、''′コ コ:.           __,r'〔"  ,r‐ ´⌒゛~`ヽ 、_,_,,._ , 、、:;/-ー ‐ー '' '' 'ニ"^~´ ̄
゛`' '‐-、-_、_、,_/ヽ、_` ヾ   〈{」》=}=_l|;;..          /~; ̄ ,{ ,r'‐ ヾ   (_ ̄__ _ ., ; - ーー ― ,_ ニニ ー‐'' "^~´
       ~`l く )) 、_,;l_  ヾ_メ、,r' '' : : . . . . . . . . .......,:'ヽ二ニニl_{く )),}‐-}- `ー--ーーr‐'' '' ' "^~´ ̄
         、 ー" ノ    ̄  ゛,'‐、.、_               、 ー;,"  ノ      _ , '
       , ; ' ゙ ''ー"-、-ー‐''"´   |` ゙ ' '' ' ‐‐ー‐ー ‐ー‐ー'ー ;'"゙' 、、、;,.;'_ __ ,,. .-ー''"´
    , ; ' `"      、`_、 ,     」             , `      、、`、 _、
   ," ´   ,"      ,   ゙                ,. ",´   ,;     ゙、   ;,゛ 、
   、゛、_´ ,./       、   、;,゛ 、             ゛、_´ _,. 、      、、   、; ,`
    `  ''        、、; _,;'、; `               ` - '"       、_ ,-,

361 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:30:43 ID:sR7U817U


=========================================================================
             第一部 第二章 遠く遥かなる日
               ~きたか、不良青年~ 終
=========================================================================





362 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:30:53 ID:sR7U817U


=========================================================================
             第一部 第二章 遠く遥かなる日
                 ~場ちがいな従軍服~
=========================================================================



363 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:31:40 ID:sR7U817U

八月四日・・・東京駅。
僕は、大陸へ向かうために列車に乗ることになった。

      ________⊆二I
  ̄ ̄  匚]  / [ ̄| ̄] [ ̄ ̄ヽ
       匚] /  [_|_] [____\_
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄──_
                                        ̄─_
   ̄ ̄\        つばめ                     ̄)
        \                                /
       ∧,,∧  .∧,,∧____________________ /
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧______________//
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)____________//
 ̄| U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ ̄ ̄ ̄ ̄∧,,∧  .∧,,∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  u-u (l    ) (    ノ u-u   ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧    |
      `u-u'  `u-u'      (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)  |
                    | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ   |
                     u-u (l    ) (    ノ u-u   |
                         `u-u'  `u-u'


          ____
        /      \ 
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \
     |       (__人__)    | っと、あれだお。
      \      ` ⌒´   ,/  あれが特急 つばめかお。
      /         ::::i \  さーて乗るかお。
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/

364 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:32:01 ID:sR7U817U

つばめ車内。
 .        ____
..          /        \
       / ⌒  ⌒   \
      / (⌒)  (⌒)    \
      |   '" (__人__) "'     |  やっぱり、東京駅は見送りの人が多いお。
     \   `ー ´     /   静岡と大きな違いだお。
       / ゝ         ィ'ヽ    さて、やる夫の席は・・・
     /                 \
   /   ィ          r   \
    |   `||           |ヽ  ヽ
    /⌒ヾ|          | |,  |
   ヾ___,ソl          │(、__,ノ
       |          |
         l    Y´     /
         ヽ,   (     ,/
          ヾ  |   |
         ≒;|   |
         (.("_`゙_)


            ____   _____
           /      \/        \       ‐-、
     、-‐   /⌒   ⌒        ⌒   ⌒\   ___,ノ-、
   、- !、,__/(● ) (● )  彡   ( ●) ( ●)ヽ    ___,ノ
   !、,___ l  (__人__)           (__人__)   |    んーっと・・・
        \ `⌒ ´     彡      ⌒´   /     XX-Y番だったお。
         /                       ヽ

365 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:32:23 ID:sR7U817U

           ,,;;ニ''||lllllliiii;;;;;,,,,,_
           -''iii||||||||||||||||||||llli;;,,,_
           `'''iil||||!!l|||(''''i"'7''l||||<
             '||'δ|!' -_、  ´ノ
             lll〉キ   !iil!`' ノ  そこの青年。XX-Y番だったら僕の前だよ。
            _/  !   、_ 、 _,l
         _,,,,;;;;;( ` 、_` 、  `メ
   ,,;';;;::::、::::;;;;;;;;;;l;;;;;;;;ヽ  ` 、ニトく
_,,,,;;';;;;;;;;;;;;;:::、::::::::::'::、;;;;;;;`>  /::::〉;ヽ、__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::l::::::::::::::, -'  `:、`'':::l''トミ〉::::`、:ヽ
;;;;;;;;::::::;;;;;;;;::::::|::::::::::::`::、_:::::::::::、l::::l )::o〉::::::、::`、_
;;;;;;;;;;::::::::::::::::;ノ;;;;;::::::::::::::::::-、:::::ヽ::::y:::l::::::::::l;;;;::::;;、_
;;;_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::`::_::::、:::|:/::::::::::::l;;;;;;;;::::`,_
;;;;メ;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;、V/::::::::::::;;|;;;;;;;;::::::::ヽ
;;;;;;;;Z''''''''イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;YO;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;__:::::::ヽ
;;;;;;;;;;;;;、 `''、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;l;;;;;|`;;;;;メ;;;::::::::::::l
;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;l 〉;;;;;;;;;;;;:::::::::)

366 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:32:48 ID:sR7U817U

         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |  や、これはご丁寧に。
    \      `ー'´     /   ありがとうございますお。
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |  よいしょっと。
      \           /   ふー。従軍服もまだ着慣れないお。
        /         \   そういえば、今回の特派は・・・
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /  地方部から一人、社会部・写真部から一人、
       |   |       /  / |  それとやる夫の4人のはずなのに。
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ
(※・・・エロくない人には従軍服が見えます)

367 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:33:40 ID:sR7U817U

           ,,;;ニ''||lllllliiii;;;;;,,,,,_
           -''iii||||||||||||||||||||llli;;,,,_
           `'''iil||||!!l|||(''''i"'7''l||||<
             '||'δ|!' -_、  ´ノ
             lll〉キ   !iil!`' ノ
            _/  !   、_ 、 _,l
         _,,,,;;;;;( ` 、_` 、  `メ
   ,,;';;;::::、::::;;;;;;;;;;l;;;;;;;;ヽ  ` 、ニトく
_,,,,;;';;;;;;;;;;;;;:::、::::::::::'::、;;;;;;;`>  /::::〉;ヽ、__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::l::::::::::::::, -'  `:、`'':::l''トミ〉::::`、:ヽ
;;;;;;;;::::::;;;;;;;;::::::|::::::::::::`::、_:::::::::::、l::::l )::o〉::::::、::`、_
;;;;;;;;;;::::::::::::::::;ノ;;;;;::::::::::::::::::-、:::::ヽ::::y:::l::::::::::l;;;;::::;;、_
;;;_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::`::_::::、:::|:/::::::::::::l;;;;;;;;::::`,_
;;;;メ;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;、V/::::::::::::;;|;;;;;;;;::::::::ヽ
;;;;;;;;Z''''''''イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;YO;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;__:::::::ヽ
;;;;;;;;;;;;;、 `''、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;l;;;;;|`;;;;;メ;;;::::::::::::l
;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;l 〉;;;;;;;;;;;;:::::::::)
;;;;;;;;;;::::::::::`:、 l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;|O;;;;;;;;;;l;;;;;;Y;;;;;:::::::::::;;;;;;ノ
┌‐┴───┐;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;|;;;;;l;::::::::::::::;;;;;/


                          ,-'"´ ̄ ̄`'‐、
                     __ r‐"‐‐、''ヽ-‐-:、‐:`、
                     / ``:、ヽ ヽ i`i _,,ヽ`‐',
                       | .|  r'.\', ヽヽi´i''`i‐-.|
                        ヽ|', !、,rヽ', i  |`i',:i、` |
                     ` ',ヽ| '"' .',l ./ |'゙:、_ ヽ
                       ヽ,'ー、__,,,.|/ ,.:!  "`i
                          ヽ  / _,.-‐')ヽ
                           `'r,''i"゙i"i‐-"-./ ',-、,,,_
                               _// | | ',--=/  .',  .`',:=‐‐ー-:、
                      __,,,.-‐'/ ,:',  .i___:::', ,:,:'_  /  /     .i
                    ,.:' /  ,...!'..' .ヽ,_l゙ .!,'__!./ `">   .i        |
                   ,:' /.  ,' r'r‐:、 |''i,__r:|:/  /    l        ',
                   r'  .,'  l `/、 Y.| ,-l,.|'  /     |        l
                 /   i   i. ,', i-:' ,:'ー';::./  ,'     l        i
                ,:'   l   .| i .i | .// .,'  ,'        ヽ      __|
    ,-、          ノ    .|   | | `i/"   ,'  /        |     ./ .)',
    !,__`'''‐:、__  _,..:'"      .|   | .|  |o   i. ,'    ___,,,,,,r''=‐---、,,!_ ,:',,_.',
.    ,.:-'-、  `i,"   ヽ     |   | l  .|    .|. ,'    (-i:':、,_`ー'-::、 、 ./,  ',
.  / ,  `‐ .li`i   ヽ    ,|   | |   .|o   |.,'     `゙、'_ `゙-、_ 、`' ` ノ,.l   i
. / /、 _,,,_、 ._,l | |        /|.   ',|  .|    .|i         ヽ':、_  `‐  ノノノ   l
.(__,:'i゙ )'r'i',_.)-'r、)' i      _,r'  |    |  .|o   |      __ヽ、ニニ,,,-='ニ/--―‐

・・・車内には紳士服を着た人が二人。

368 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:34:16 ID:sR7U817U

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \  んー。みんなはまだ着てないのかお。
|       (__人__)    |  後、三人は従軍服の人が来るはずだお・・・
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

そうして待つこと、ホームには社長、編集局長をはじめ、
編集部の主立った人が集まり始めたのだ。

369 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:34:40 ID:sR7U817U

┌─────────────────────────┐
│        読売新聞四特派員壮行会場             │
└─────────────────────────┘
  ∥∧∧  ∥∧∧ ∥∧,,∧ ∥∧,,∧ ∥∧∧  ∥,∧∧
  ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)
   (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
   `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u´
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) 
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u                 ∧,,∧  ∧,,∧
     `u-u'. `u-u'                 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
                             ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
          ∧,,∧  ∧,,∧          | U (  ´・) (・`  ) と ノ
        ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧       u-u (l    ) (   ノu-u
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )          `u-u'. `u-u'
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ
        u-u (l    ) (   ノu-u
           `u-u'. `u-u'

        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;   こんなに、集まってるのに
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;  みんな遅れてるってどういうことだお!?
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;  送られる方が送る方より遅いなんてことがあるものかお!
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;
っと僕は、内心腹を立てていたのだ。

370 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:35:17 ID:sR7U817U

そして定刻五分前になったとき、ホームにいた人事部長が声をあげた。

           __
         /:::::::::::\
        /:::/⌒Y⌒ \
        |::::/ ( ⌒)(⌒)
        |:::::>   (__人__)    それでは只今から、
          |     ` ⌒´ノ    読売新聞四特派員の壮行会を始めます。
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ                    おおー!>
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|           読売新聞バンザーイ!>
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/


僕は、立ち上がり、とりあえずホームへでてみようとおもった。
          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \
     |       (__人__)    |  よいしょっと。
      \      ` ⌒´   ,/   
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/

371 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:35:57 ID:sR7U817U

すると目の前にいた紳士二人も同時に立ち上がったのだ。


                                    _,,,,,;;;;;iii'llllll||||llliii;;,,,
                                  ___,;;:|;;;lii;;;;;;;;;;;;;;;i;!!;;il||||li;;;;、
                          .        i;;llli;;;!li;||||||li;;i;;!;i;;i!;;;||||||||lii;ミ-
                     .             |;;;|||||〉=''''''":ヽ|iil;;l!i;||'=`'l||;l
ほう・・・                             .li;l;;l|i||i . __,.:,=|l'l||i||ll!_ィ )|;/
大分見送りがきているようだな。これだから嫌になる。 !|!`l'~lii;,` '`"'´! '||||!''-シl|;;l
まるで我々は読売の宣伝道具見たいじゃないか。    ' _/..ノ''| _  ノ |||/:::|´:ヽ|
なぁ、宮崎君。                         /.../-, `'、... --' .!´::/:::::::::|
                              ,---''ミニ`/:/  ヽ.. :::_,- __,..-'::'`iヽ
                             / ;...;::::/./.ィノ    >''i''`-'´::::::;;:;;;:::);;;;;i;;;;;、___
                             ノ :(_,...イl_//   // l ::::i-:: . . .:::::/;;;;;;;;i!;;;;;;;;;;;`;;-;;,,,___
                            /  .::::':::::::.ノ   // ,! .::::i!-::...__;i/;;;;;;;;;;_,>::::::::::::::::::_,--::::ミ;
                          /l''`、___-':::i-'´_,...,-;i' .,_i_ . ,-,_::::::|:::._/;;/`:::<::::::::::::::::::/:::::;;;;;;;;;;;;;;i
                         /::::ヽ ::::: ̄ン'::::::/:::::'-:..i;;,`_/::l:`,,.._/;;;;/::::::::::::::::>:::::::::/:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                        /:::::::::::;;;;、:: ノ:::::;;;;i;;::::/___::/--,::::/''|i|||||!::::::::::::::/:::::::::::::i:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                       /:::::::::::;;;;;;;;;;;-;i!;'i;;;;;;,i;;/;ノy::`-)':':::t-'::::|||l/::::::::::::/::::::::::::::::i::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                      /::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉;/;;:|:::`ィili:::.-l::::!,|l--'||!:::::::::::/:::::::::::::::::;;'::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                     /:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;l!;;;;::|::::l||;;;Y:::〉-||!!;;;;;/::::::::::/::::::::::::::::;;;、;|:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                   /:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;l!;;;::::l::::||!!!i|-'|!!';;;;;;;;;;l::::::::::/::::::::::::::::::::;;;;;;l!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|

372 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:36:08 ID:sR7U817U
             _,、-m‐'iiii'-、、,、
          _ ,、-'iiilll||||||!!゙-゙-ミ7!ソ      _ , 、..-..‐::ー、
        `'ニ=-'iiiilll|||ζ _,、- ' ,.!゙-,:::'::'::゙:::´::::::::;;;;;;;;;;;:::::::::ヽ
         `二'=彡.'゙ヾ!  '~lll ゙ 、 !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;::::::::::|
           `´'ヾ,'、'9l.  ,_  -;゙ ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;::::::::::::::!
             ヾ''ヽ. '-ミエエ!ーi;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;;;;;;:::::::::::::::/  例によって例の如しさ、
             _,.' .、_  、_ ノ _,,,_ ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::, ゙   別に今更驚くことでもないよ
    ,、-=,;;;;; - 、_,イ;;;\ `' -、_l、,;;';;゙;;;;;;;;;ヾ;;:::::::;;;;;;;;::::::::::, '
  _,ノ;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;ヽ.   i,iiヾ.、:::::::::::::;;;;:::::::;;;;;:::::::::, ゙
_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::゙、::::::::゙' -、/ヽ、_.!||||i゙;::ヽ:::::::::::;:::::::::::::::: , ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::;;;;:::',:::::::::::<゛:::::::::\`||i、i-<::::::::::::;::::::::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::!:::::::::::::゙'..、:::::::::゙.,|||||',::::゙;::::::::::,:::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::/:::::::::::::::::::::゙..、::::::::!|||i::::/:::::::::::;::, ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;:::::::::::::::::::::::::゙::、:::゙!||!:,'::::::::::::::i゙

373 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:36:51 ID:sR7U817U

その光景をみて僕は理解した。

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    あ・・・社から支給された従軍服は、
/    (○)  (○) \   戦場に行くまでに着ればいいのかお。
|       (__人__)    |   だから先輩二人は、あんな服なのかお・・・
/      |!!il|!|!l|  /
      |ェェェェ|


       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\       従軍服一人ぼっちとかちょっと恥ずかしいお。
  /   (__人__)  u. \      
  |ni 7   ` ⌒´    . |n     あ、きっと清野君もきっと従軍服なはずだお。
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)   そうすれば、後方と最前線の覚悟の違いみたいで
', U ! レ' /      . . | U レ'//)  いけるかもしれないお。
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''

374 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:37:45 ID:sR7U817U

そして、地方部の清野君も遅れて来たが服装は・・・

     _ _ _ _
    「 _     ̄ ̄ ̄`ヽ
    | | |  ̄ ̄ ̄.:.:.::::::1|
    | _i | _ __.:.:.:.:::::::::::リ
.  _,「. .:. :.:.:.:.:.:::::::::::::.:.:::::L--、
 〈 こL_ __ ___ _ ノ.::::::/
  \         .:.:. :.:::::::_/
   /.7`::ー ── ─ .:.::"::.ヽ
   |/:|::|  (●) (○) .|イ::レ′
    ||/   .(__人__)  .|/|    どうも、遅れて申し訳ありません。
    \    ` ⌒´  ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

・・・従軍服ではなく、平常服だった。

375 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:38:30 ID:sR7U817U

ものものしい前線のいでたちをしているのは結局、僕だけだった。
          ____
        / _ノ ヽ_\
       / ∩l^l^lnnl^l^|\     うおー!
     /  。ヽ   ∥  ノ \   今更着替えようと思っても、
     |   /   人   l   |   時間もないし、そもそも、
     \ /   /|ii!i!|\ \/   平常服一式は郷里に送っちまったお!
.      |    /. |;;;;;;|  \ |
            `ー´


                     ____   
           r⌒ヽ、   .  /ノ   ヽ、_\ 
          / \  \. / ( ○)}liil{(○)
         _/ / ヽ   /     (__人__) \  ええーい!ままよ!
        〈__/  . |  |     ヽ |!!il|!|!l| / |
             /  .\     i⌒ェェ|   /
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、`   \
       ."ヽ |  i,        ノ   .\\  |
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ_|
         .i /  //  ./    
         .ヽ、_./ ./  /      
             ./ /        
           .ノ.^/
           |_/
僕は平静をよそおい、ホームへ整列したのだった。

376 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:38:43 ID:Df7ucxAg
一人だけならむしろ気合いを見せれてOKでないかしら

377 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:38:55 ID:sR7U817U


=========================================================================
             第一部 第二章 遠く遥かなる日
              ~場ちがいな従軍服~ 終
=========================================================================


378 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:39:50 ID:sR7U817U


       ,' /    \  |´   ', |
       ! /   ト-─-\| ─-.、!/
       レ ,.:'::|       代理´ ̄ ̄`ン
       /::::::::\>-──'‐'─<. 〈ハ
      />:::''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'<!
  ,..:::''"´::::::;;: -‐ ''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ` 、::::::::::::`::..、
 〈::::::::::::::7´   /  / ‐- /!  /  \:::::::::::::::':,   
  ヽ、_,'   ,'  ./!ァテ</|  /! ‐、  \::::::::::::i   
     /    |   |八__rリ `!/ |ァt、 ,|  , !::::::::/   以上、投下終了。
   ., '    !   ! '"      〈ソハ/ ! ./レ'-‐''´   皆様、ありがとうございました。
   /     |   |       '   ゙ !/レヘ.       
  ,'  ,'    .八   ト、   ` ー  /,!   \     
  | /   ,'.  \.∨|` 、,__, イ  /|    ヽ.    
  レ' ヽ!  />-‐ハ|` ー-‐ v'ーレ'´ ̄`r--、ノ_,ハ_   
      )イ´     \  /ム」   />-─ 、こ   
       |     、ハ\i |::::::\.ア´ __,     \


379 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:40:23 ID:Wv77GZPw

これは恥ずかしいねw


380 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:40:34 ID:Df7ucxAg

おつ~


381 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:41:58 ID:Wv77GZPw

乙でした~


382 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:42:33 ID:sR7U817U

       ,' /    \  |´   ', |
       ! /   ト-─-\| ─-.、!/
       レ ,.:'::|       代理´ ̄ ̄`ン
       /::::::::\>-──'‐'─<. 〈ハ
      />:::''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'<!
  ,..:::''"´::::::;;: -‐ ''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ` 、::::::::::::`::..、    >>376様
 〈::::::::::::::7´   /  / ‐- /!  /  \:::::::::::::::':,    気合を見せるというのも有りだと思いますが、
  ヽ、_,'   ,'  ./!ァテ</|  /! ‐、  \::::::::::::i   どちらかと言うと、「安全な内地で従軍服ってのはなぁ・・・」っと
     /    |   |八__rリ `!/ |ァt、 ,|  , !::::::::/    思ったんじゃないでしょうかね。
   ., '    !   ! '"      〈ソハ/ ! ./レ'-‐''´   
   /     |   |       '   ゙ !/レヘ.       >>379様
  ,'  ,'    .八   ト、   ` ー  /,!   \      書物に書き残すぐらいですから、
  | /   ,'.  \.∨|` 、,__, イ  /|    ヽ.     相当恥ずかしかったのかもしれません。
  レ' ヽ!  />-‐ハ|` ー-‐ v'ーレ'´ ̄`r--、ノ_,ハ_   
      )イ´     \  /ム」   />-─ 、こ   
       |     、ハ\i |::::::\.ア´ __,     \




387 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/29(日) 00:50:04 ID:sR7U817U

       ,' /    \  |´   ', |
       ! /   ト-─-\| ─-.、!/
       レ ,.:'::|       代理´ ̄ ̄`ン
       /::::::::\>-──'‐'─<. 〈ハ
      />:::''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'<!
  ,..:::''"´::::::;;: -‐ ''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ` 、::::::::::::`::..、    
 〈::::::::::::::7´   /  / ‐- /!  /  \:::::::::::::::':,   
  ヽ、_,'   ,'  ./!ァテ</|  /! ‐、  \::::::::::::i   
     /    |   |八__rリ `!/ |ァt、 ,|  , !::::::::/   それでは、今日は以上になります。
   ., '    !   ! '"      〈ソハ/ ! ./レ'-‐''´   次回投下は、未定ということで、
   /     |   |       '   ゙ !/レヘ.       また、投下前に予告しますので
  ,'  ,'    .八   ト、   ` ー  /,!   \     その時は、よろしくお願い致します。
  | /   ,'.  \.∨|` 、,__, イ  /|    ヽ.    
  レ' ヽ!  />-‐ハ|` ー-‐ v'ーレ'´ ̄`r--、ノ_,ハ_   それでは皆様、よい一日を!
      )イ´     \  /ム」   />-─ 、こ   
       |     、ハ\i |::::::\.ア´ __,     \





290 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/28(土) 01:11:54 ID:sR7U817U


============================================================================
                     おまけ:最後の軍艦旗
============================================================================


291 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/28(土) 01:12:25 ID:sR7U817U

終戦後のある朝、三沢基地に集合し、最後の軍艦旗をポールに掲揚し、
司令官の短い訓示の後、静かに降下し、全員無言の敬礼の中に火をつけ、
軍艦旗、いや帝國海軍に別れを告げた。                 , '. .
                                         :;:, .:.
                            パチパチ…    . . .:', .:.
                                  .::... .   . .':::;:, .:.
                              _':;:. :::. . ..:.:λ:: :: .;;.'; ::,)、::.:;.:,:;.:
                    ____/ ..':;ヾ::.:ソ)人ノ 从:. ソ)ノ ):.: .;,.'
         |\_____/ ||||||  ,||||"  ,,;;|.::V      (ソ  ヘ (::.:.:'.,; :. .
         │ `||||||、  `|||、  |||||  ,||||"  ,,;|||||',:; .::)           て:;;':.
        │   `|||||、  ||||  |||| ,|||" ,,;;||||..:.(ノ            (::..
         │||ii、  `!||||、 `|||,,,||||,,,|||" ,,;|. . .::::)            ,ゞ.:.
        │!!|||||||ii、  `|||,,;||||||||||||||||||||".;: . .:::: .:ソ          (: :.
         │  ""''!!!||i;:||||||||||||||||||. . .::.: :::..::..:(            ):::...
        /,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,||||||||||||||||||||||||||||||||,,,,,,,,,,,,,,;;;;;iiiiiiiiiiiii|||||||||i
        /||||||||||!!!!!!""|||||||||||||||||||||||||||||||"!!!!!!!!!!||||||||||||||||||||||i
       /    ,,,,,,,;;iiii|||||||||||||||||||||||||||||iiii,,,,,,        """""|
       / ,,,;;iii||||||!!!"" ||||||||||||||||||||||||| `!!!!|||||||iii,,,,,       |
     /|||||||||||!""  ,;i|||!"`|||"|||!!!|||: `|||l、  `!!!!||||||||||||iiii、  /
    /||||||||!!"   ,,;;|||||!" ,i|||' |||| `|||、 `|||||、   `'!!!!!|||||||||||||(
  <|||||||||"   ,,;;i|||||!'  ,||||" ||||  ||||、 `!!|||||i     `!!!!|||||||||\
    \__ ,,,;;i|||||||"  ,;|||||" ,|||||__|||||、__`||||||||i、/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        \________/ ̄    ̄    ̄ ̄ ̄


          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /                  \
    ./         ───     ──\
   /                        \
  |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶
  .|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |
   |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/
   .|         。   ,/    |      \    ああ・・・・
    |        o   |     |     |     七十年余の海軍の歴史が終わるのか。
    |        O   |     |     |
    .|             \__/\__/     
    |.             ヽ  , ─ 、 ノ '
    .|                           /
     |                          )
      丶                         l
      \                        )
       .\                  /
        ヽ                /
        /                く
        |                 ヽ

赤い軍艦旗が青白い焔をあげて燃えてゆくその焔の中に、
自分の青春が、いや三十七年の人生が消えてゆく思いで見つめていた。

292 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/28(土) 01:12:54 ID:sR7U817U

そうして、基地の片付けをやっているある日、
飛行機の整備兵が二人、私のところにやってきて、
妙にもじもじしながら遠慮がちに・・・



          ┌ 、           ,. ┐    ┌ 、           ,. ┐
          | :,\____/,: |     | :,\____/,: |
          |  /      \  |     |  /      \  |
            V          V     V          V
          |   三三     U |  っ   |   三三     U |  っ
          |  三三三三 U  | っ    |  三三三三 U  | っ
          ヽ.  ,ー―、    /      ヽ.  ,ー―、 ・  /
                >`ー─'  <         >`ー─'  <
            「小福田少佐!お願いがあります!」

293 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/28(土) 01:13:11 ID:sR7U817U

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)  ん。なんだ?
.   |        ノ   言ってみろ。おれに出来ることなら・・・
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


   ┌ 、           ,. ┐
    | :,\____/,: |
    |  /      \  |
    V          V     実は・・・
    |   三三     U |  っ
    |  三三三三 U  | っ
    ヽ.  ,ー―、    /
      >`ー─'  <

294 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/28(土) 01:13:58 ID:sR7U817U
                ,..
              , ' `'
            , '  .,'
.            ,'  .,.'
.  __        ,'  ,.'__,,,,,,,,,,,,,,,,,,__                 i― ,,,,,__
  '、"゙'' -、  _,,,∠' , '        ",゙゙''';ー-- ,,,..y '/~!゙v-.、_   |      ゙゙̄"'''ー- ..,,,,,__
   ヽ , , '`"   `i''','i          ', .ュ     ~゙゙゙゙゙\'., ヽヽ.-!、          ./゙ .`,
     `.、    j .i.j           l _         `- ,,';-' , ',-,,_       /   ',
       ゙.>ー,(,,,`'<          | 'ー            ゙"'''--' "''-,_   /    |___,,,,,......,,,,,,,,,,,,,,,,,,..,_
        /., 'ヽミ`ヾ:;、        ,' ュ'        _      __,,,,,,,.... --`─''''''""゙゙工.. -─‐''''''''''''"""゙゙ 冫
 ェ;;;‐- :;;,,,.',.'...,,,,,,,,_`ヽ,, ` 、      ,' ,.'   ._,,,,,,,,..... -ー''''''''''"゙゙゙゙~ __,,,,...... -- '''''""゙゙゙゙~       _,,,... -ー '''' ゙゙"
   ~゙゙'''',.',.'- ..,,,,__ ~゙゙゙人三ノ` '- 、 , ' ., ' r '"゙~  .__,,,,,.... -ー,'''''"゙゙゙゙~     __,_,,. ___,,,.. --,':::::;;=======-
..    ,.',.'     ~"フzu''ー-- ....ノ...,,,,__' ,t..''"゙゙゙~      ',/ i`-`,, -ー ''''""゙ ヽ、.       ',
    '"       , '''jj',    '...,,,,,,__ , ー '!.! !_''''─----z' l弋rfヽ.  __,,,... -ー '' .,,,,...、.,-;'ー゙
           ,.'., -',))       ゙゙゙゙゙゙゙゙'''''-',   __/  |  l  l,"゙~   ̄ ̄ ̄   `@
           '-,' .,.' '/,               ,' /   |  |  .l
           '.,,__'', '              .l 弋;;,,_  |  l,   !
                             ' ,..,,. ' ~゙゙   l:.  ヽ
_________________________ l:.  ヽ__________________
                                     |::   ヽ、
                                     'l::.   `゙'''⌒ヾー'''=-、
                                      .ヽ::             ヽ、
                                       .i::              `ヽ、  __
   「今生の思い出に、あの戦闘機に乗って地上滑走し、     l::..        ,, -‐''ニ=-''''' ̄    `''''= 、
    思い切り格納庫に激突させてみたいのです・・・」      l:::::.      / ,, -''´               ヽ
                                     ノ´/:::::::.    //::.                  `ー-
                                   ,':::::::|::::::::::..   /,゙::::::::::
                          .            ヽ:::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::.
                                     \::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::.
                                      `::::::::::::l::::::::::::::::::::::::...
                          .                `ー-、|::::::::::::::::::::::::::::...
                                          l:::::::::::::::::::::::::::::::::..
                                          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
                                         (:::::::::i;:::::::::::::::::::::::::::::::::..
                                          \:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::...

295 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/28(土) 01:14:20 ID:sR7U817U

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ○)(○)
  |  U  (__人__)
  |         ノ   ・・・・
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   | U    (__人__) それでもう一人の君は?
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

296 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/28(土) 01:14:41 ID:sR7U817U

   ┌ 、           ,. ┐
    | :,\____/,: |
    |  /      \  |
    V          V     戦闘機の発動機の潤滑油を全部抜いて、
    |   三三     U |  っ  エンジン全速をかけ、発動機が焼け付くところが
    |  三三三三 U  | っ    みたいのです!
    ヽ.  ,ー―、 ・  /
      >`ー─'  <



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)  ふーむ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

297 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/28(土) 01:15:01 ID:sR7U817U

私はちょっと思案にくれた、当時中央からは、進駐軍の命令として、

「飛行機は全機、プロペラを外した後、現状厳守。
 後は、指定する飛行機(新型機等)は整備の上で、東京方面へ空輸」

っと言った、指令がきていた。私はそのあたりの事は知っていたが、
しばらく考えたあと・・・

298 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/28(土) 01:15:26 ID:sR7U817U


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  よし!よろしい。
  |     ` ⌒´ノ  やるなら、なるべく早くやれ!
.  |         }   他の者に一切喋るな、そして怪我をせぬよう注意しろ!
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´


           |\        /|       |\        /|
           |  .>‐…‐< . |       |  .>‐…‐< . |
           |/        \|       |/        \|
           /          .|      /          .|
           |  ⌒    ⌒  |      |  ⌒    ⌒  | ハッ!
           | ""    "" ./       | ""    "" ./ ありがとうございます!
            \  ー=‐''  /        \  ー=‐''・ /
             ゝ    く           ゝ    く
             /       \        /       \

彼らは長い間、「飛行機大事」と全身全霊を打ち込んで整備し、
大事にしてきたが、人間の気持ちの中にはその反動心理、
あるいは破壊の夢というような物があるようだ。



299 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/28(土) 01:15:58 ID:sR7U817U
                ,..
              , ' `'
            , '  .,'
.            ,'  .,.'
.  __        ,'  ,.'__,,,,,,,,,,,,,,,,,,__                 i― ,,,,,__
  '、"゙'' -、  _,,,∠' , '        ",゙゙''';ー-- ,,,..y '/~!゙v∧___∧ |      ゙゙̄"'''ー- ..,,,,,__
   ヽ , , '`"   `i''','i          ', .ュ     ~゙゙゙゙゙\'´∀`ヽ.<俺は風になるううう!`,
     `.、    j .i.j           l _         `- ,,';-' , ',-,,_       /   ',
       ゙.>ー,(,,,`'<          | 'ー            ゙"'''--' "''-,_   /    |___,,,,,......,,,,,,,,,,,,,,,,,,..,_
        /., 'ヽミ`ヾ:;、        ,' ュ'        _      __,,,,,,,.... --`─''''''""゙゙工.. -─‐''''''''''''"""゙゙ 冫
 ェ;;;‐- :;;,,,.',.'...,,,,,,,,_`ヽ,, ` 、      ,' ,.'   ._,,,,,,,,..... -ー''''''''''"゙゙゙゙~ __,,,,...... -- '''''""゙゙゙゙~       _,,,... -ー '''' ゙゙"
   ~゙゙'''',.',.'- ..,,,,__ ~゙゙゙人三ノ` '- 、 , ' ., ' r '"゙~  .__,,,,,.... -ー,'''''"゙゙゙゙~     __,_,,. ___,,,.. --,':::::;;=======-
..    ,.',.'     ~"フzu''ー-- ....ノ...,,,,__' ,t..''"゙゙゙~      ',/ i`-`,, -ー ''''""゙ ヽ、.       ',
    '"       , '''jj',    '...,,,,,,__ , ー '!.! !_''''─----z' l弋     __,,,... -ー '' .,,,,...、.,-;'ー゙
           ,.'., -',))       ゙゙゙゙゙゙゙゙'''''-',   __/  |  `ー '''"゙~   ̄ ̄ ̄   `@
           '-,' .,.' '/,               ,' /   |
           '.,,__'', '              .l 弋;;,,_  |
                             ' ,..,,. ' ~゙゙
海軍では整備員の場合、地上滑走はしてはならない規則だったし、
エンジンを焼きつかせるなどは懲罰ものだったのである。
この二人の心理も、その破壊の夢だったのであろう。

300 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/28(土) 01:17:21 ID:sR7U817U

整備員の夢を叶えてやったものの、まもなく進駐軍からの命令がきた。
そして空輸すべき飛行機が指定されたがもう遅い。

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) (あ・・・。候補に入ってるわ。)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


        . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |  あの飛行機は、この前の敵の空襲でやられて、
     r‐-;::::::. .     |  修理、整備は・・・ちょっと無理です。
     (三)):::::.. .   |
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|
結局、私は上司にこの一本槍で突っ張った。

                                   
                         原作:指揮官空戦記~ある零戦隊長のレポート~
                           著:小福田 晧文

301 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/05/28(土) 01:17:57 ID:sR7U817U


============================================================================
                     おまけ:最後の軍艦旗 終
============================================================================







402 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/06/01(水) 01:15:54 ID:sR7U817U

               ___   .,, .---、
              { .{ .ヽ//⌒)ノ
             ,;;ヽヽ//;;-、 ノ
            /;;;;;;;r、:i--ァ;;;;;ヽ   _
         ,--''ニニニr代理ニニニ'''ーァ / | ))
    ((  ,ヘ, `て;;;キ;ャ-λイ;ク;;サ-ン;;リ/ヾナ
       '、ノヽ レリ;i ○   ○ iレリ/| .丿  
        /  {|`!;ル""r-‐¬"".イ/}| /{   それではおまけです。
        }ヽ {||.ヽゝヽ、__,ノ_ノ/|} /{    メインが陸なら、おまけは海でいいじゃない。
         `}`r,_{ノ弋.ヽロ/ ノ「{〆ナ{
          .弋ト-ェ</|」-ェナ{ノ
            从-rュrュ-イ.ゞ
            /;;;;`;―;;;‐´;;ヽ
           ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、

403 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/06/01(水) 01:16:40 ID:sR7U817U


============================================================================
                        機関科気質
============================================================================


404 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/06/01(水) 01:17:14 ID:sR7U817U

上村嵐少佐が、軽巡洋艦「由良」の機械部隊長だったとき。
ミッドウェー作戦に参加、思わぬ敗戦となって、半年振りに母港の佐世保に帰ってきた。
夕食が終わり、当直以外の乗員は久しぶりの故国の土を踏んだのだった。

上村少佐もガランとした機械室に降りてみたが、ふと考えた。


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  そういえば、この由良という旧式軽巡洋艦で
|       (__人__)    |  長い間に渡る、戦闘作戦に参加しながら、
./     ∩ノ ⊃  /   何の怪我もせんかったお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ  これも、艦のいろいろな装備や機械が故障せず、
 |    (●)  (●) |  順調に動いてくれたお陰だお。
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \
(※・・・軽巡洋艦「由良」 1923年に佐世保で完成。
    ミッドウェー作戦は1942年の6月なので、艦齢約19年の老嬢)

405 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/06/01(水) 01:18:04 ID:sR7U817U
そう思うと、じっとしていられなくなった。
機械室に行って主機械の顔を見なければと思い、
機関科操縦室に降りていった。

          ____
        /      \
       /  ─    ─\   もうそろそろ、操縦室だお。
     /    (●) (●) \  ん?声?誰かいるのかお?
     |       (__人__)    |
      \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/             ボソボソ>
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/

406 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/06/01(水) 01:18:16 ID:sR7U817U
そうすると、操縦室から声が聞こえる。
静かに中を覗き込むと。

 |___
 |   \
 |  ,ノ  \ ・・ゴクリ
 | ( ●)u \
 |人__)    |  ・・・誰がいるんだお?
 |⌒´    /
(⌒ー─' )
 |___

そこには一人の先客がいた。
上村少佐の直属の部下に当たる特務少尉だった。

407 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/06/01(水) 01:19:00 ID:sR7U817U

そこには上村少佐の直属の部下に当たる特務少尉がいた。
特務少尉は、酒が入った一升瓶を持ち、機械達に少しずつかけていた。
そして、こう言っていたのだ。


    ,. ⌒ヽ  γ⌒ ヽ
   〈 ー- .i  人 -ー 〉
  c ヽ_____ノ Y 心_____ノ っ   行動中は、何の問題も起こさず、よう頑張ってくれた。
   /γ⌒     ⌒ヽ\     お陰で無事に佐世保に帰ることができたよ。本当にありがとう。
  /  |          | ヽ    
  |  |         | |   何も無いが、酒はもってきたからいっぱい飲んでくれ。
  \ ヽ__,人.____,ノ /    この次、出撃したら、またよろしく頼むぞ。
   >  `ーニニー´  <


まるで、自分の子供に言い聞かせるようにして、礼を述べている。


 |___
 |   \
 | ヽ、_  \
 |  ⌒゚o  \  これぞ・・・日本海軍の機関科魂だ。
 |人__)    |
 |⌒´    /
(⌒ー─' )

上村少佐はそう思った。

408 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/06/01(水) 01:20:05 ID:sR7U817U
この特務少尉は、作戦行動中、ずっと機械室に篭り、
もし機械に何か変調があった場合、それこそ徹夜してでも修理し、
完全なものにするという責任感の強いベテランだった。

      ノ L
      ⌒
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒
    )    Y    (       おい!そこ何やってる!
   /γ⌒     ⌒ヽ\     俺がやるから、若い奴はそのパイプ抑えとけ!
  /  |         |  ヽ    これが直らんかったら、みんなが困るんだ!
  |   ヽ__人__ノ   |    意地でも直すぞ!
  \     `ー'´     /


そして、上村少佐は続けて私にこういったのだ。

        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \    久しぶりに母港に帰ったのに上陸する前に、
   /  /⌒)   ⌒゚o  \   まず、自分が担当する機械達に向かって、
   |  / /(__人__)      |  まるで生きている人間に対するように礼を述べ、
   \/ /   ` ⌒´     /   激励している姿を見て、
   /           \   なんとも言えぬ感動に打たれたものですお。

                              原作:日本海軍のこころ
                                著:吉田 俊雄

409 名前: ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/06/01(水) 01:21:20 ID:sR7U817U

.   ~^ 、
. ⌒ヽ.  i            
 ,. -弋ナ 、    r.,.'´ ̄ヽ  
_,l_,-代理、!,_  ,ソ /   j .ノr‐,  
        (´ (  '´,Y_]_ノ   それでは、本日は以上になります。
     ,..-‐'" ̄ヾ`ソ        皆様おやすみなさい。
  /_:::::::::::::::::::::::::!        
  `く_,>‐ァ‐-、::::/
        `ー'´ヽ


410 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/06/01(水) 01:34:01 ID:ye1cduAk

|д゚)ジツハミテイタ

おやすみん~





第一部 第二章 中編②へ進む




第一部 第二章 前編へ戻る





まとめ一覧へ




 
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。