合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

スポンサーサイト


タグ:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    前の記事『やる夫はカゲ使いのようです その4』  
    次の記事『やる夫はカゲ使いのようです その2』  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫はカゲ使いのようです その3


タグ:
549 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 07:40:24 ID:FyyoiQao

                ,..  -―‐- ,.、
              , イ<` ----‐ ,、くミ 、
              /   く/フ__厂´ `´   \
          /         _ ... -―― ミ <ヽ
         /  ./ /   ,. イ:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.\`\ \
        ,厶rォ  /   /∧:.:........ iヽ ...:..:.ヽ:.ヽ ∨ \
       //クi》 / , イ:ト廴ハ:... ..::..|ハ,:.ィ :...i:...:ヽ、V⌒}
      //,〃/}}///: |ム{ミ.`ト:. : :|:匕__Vi: . .|:. :ヽ∨ ノ
   // /〃iム/⌒i__:《 {ぅ::ni`N:. :/}ィチ: }`y : リ: ト: N/
    {匕/乂ム'  〈i  l  ト乂ソ  ∨  ヒソノ,}:.∧:ハ:ハ
   //rく. ヽ、 廴j: 爪:>    '   く:ノム八}ハ ノ
  く/ 人 丶  }  }  /:.ト--(v`ー‐,   ノ/:.:.:从:V
      \`ー`个チヘ孑―ー‐く|`¨¨´....<:.:.:.. .:..|∧:.i
   ,. ―‐乂`了人/\ミ   /ト二´{:/}:ハ:i:....:|∧ト、
  /y≦孑爪 ソ/  ハ  \` く\ー‐ヘ{ーy、}ハ :リ/ミト \
 ‘ー<// {〈` {ノ  /|   \rヽ \ r‐ }\ }/〈    }`
     { { 人{`j\ノ} |          }__,.. __} ム′ ` ̄ }ハ
    ノ_{   `{  ノ {         /--ァ r≦::::∨    ' 人
    ■■■    ■■■    /:://:::::::::::::::V   ム  }、
  ■    ■       ■<{::/∠斗七二>:::厂 /   ノ \
  ■■■■     ■■■ PERSONA3::::::ノ} ハ_, く ,    ヽ
  ■            ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ■        .■■■─────『やる夫はカゲ使いのようです』
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    前の記事『やる夫はカゲ使いのようです その4』  
    次の記事『やる夫はカゲ使いのようです その2』  

550 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 07:43:47 ID:FyyoiQao

┌──────────────┐
│シャガール辰巳店:放課後    .│
└──────────────┘


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
───────────────────────────────────────
【やる夫】 色々あってやらない夫を連れて喫茶店に入ったお。

 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >急いで駆け出し、校門を出ようかという時に【備府出やらない夫】を捕まえた。
  ||○  >彼をやや強引に誘い出し、貴方は喫茶店に入った。
  ||○        
  ||○        
  ||○

551 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 07:45:50 ID:FyyoiQao

     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 確か隣のクラスの転校生だったな。 俺に何の用だろ?

 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >幸いにも彼──やらない夫は嫌がらずに付いて来てくれた。
  ||○  >貴方は特別課外活動部より先に彼と会うことが出来たのだ。
  ||○        
  ||○        
  ||○

552 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 07:46:29 ID:FyyoiQao

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
───────────────────────────────────────
【やる夫】 あ、入速出やる夫だお! やる夫って呼んでくれお!

553 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 07:47:50 ID:FyyoiQao

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 そうか。 それじゃ俺のことも【やらない夫】と呼んでほしいだろ。
  
          で、やる夫は俺に何の用なんだ? 
          お前とは初対面だし、いきなり呼び止められて驚いただろ。

554 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 07:49:36 ID:FyyoiQao

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|  U    (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
───────────────────────────────────────
【やる夫】 それは……


 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >貴方は彼を【天文部】に勧誘し【協力者】にしなければならない。
  ||○  >貴方には選択肢が与えられる。
  ||○        
  ||○        
  ||○                 1:全ての事情を打ち明ける ※
                     2:要所をぼかして説明する ※
                     3:その他(具体的な内容も)             安価下5

555 :名無しのやる夫だお:2011/03/05(土) 07:50:35 ID:14NjRHBs
『俺のものになれ』という

559 :名無しのやる夫だお:2011/03/05(土) 07:53:27 ID:Ekb/hUOg
2

562 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 07:55:52 ID:FyyoiQao

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
───────────────────────────────────────
【やる夫】 じつはかくかくしかじか……

 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  >【棺桶】と【デスザウラーに助けられた】話について加藤から聞いたことを話した。
  ||○  >そのうえで【影時間】【ペルソナ】【シャドウ】【特別課外活動部】について説明した。
  ||○  
  ||○  >ただし【メリー】や自身のことは伝えなかった。
  ||○        
  ||○

563 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 07:58:17 ID:FyyoiQao

      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ
.     |         }
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l`ー-一´\
 |  |. |   |       ト \
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .|
 |        |  .|.|   |  |  |   |
 |        |   |___|  |__|  |
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_|
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 ……なるほど。 俄かには信じがたいが、実際に俺はその【影時間】を体験しただろ。

          俺は【影時間】で活動でき、尚且つ【ペルソナ使い】の素養があり、
          そしてデスザウラー先輩達は【シャドウ】を殲滅するという目的を持つ【特別課外活動部】か。

 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  >思いのほかやらない夫の理解は早かった。
  ||○  >実際に影時間を体験していることからくる落ち着きなのかもしれない。
  ||○  
  ||○        
  ||○        
  ||○

564 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:01:24 ID:FyyoiQao

       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 だいたい話はわかったが、まだやる夫の目的が見えないだろ。

         今の話は、実際にデスザウラー先輩が俺を勧誘してくればはっきりすることだし、
         聞く限りじゃやる夫はその特別課外活動部には所属してないんだろ?

 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >……どうやらやらない夫は、それなりに頭がキレそうだ。
  ||○  >やる夫が何か隠していることや、
  ||○   特別課外活動部とは別の目的を持っているであろうことを悟られたらしい。
  ||○        
  ||○

566 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:02:48 ID:FyyoiQao

      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ
.     |         }
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l         \__ィ~っ
 |  |. |   |       ト、_"__冫く;'三}
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |____`ー‐"
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソノノ ̄`ヽ ̄⌒ヽ.'⌒lソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .||
 |        |  .|.|   |  |  |   ||
 |        |   |___|  |__|  ||
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_||
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 ……俺が特別課外活動部に入るかはともかく、
         お前の目的ははっきりとさせておきたいだろ。

         今の事情を説明したうえで、やる夫は俺にどうしてほしいんだ?

567 :名無しのやる夫だお:2011/03/05(土) 08:03:37 ID:Q3a/zu5s
うーん、話さざるを得ないか。

568 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:04:22 ID:FyyoiQao

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)   U |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
───────────────────────────────────────
【やる夫】 えっと……




 
                  1:全ての事情を説明する ※

                  2:要所をぼかしたうえで説得する ※           安価下3多数決

569 :名無しのやる夫だお:2011/03/05(土) 08:04:35 ID:14NjRHBs
>>567
仲間になる確約できるまでは話さないほうがよくね?

570 :名無しのやる夫だお:2011/03/05(土) 08:04:49 ID:rwVpp0Mw


571 :名無しのやる夫だお:2011/03/05(土) 08:05:19 ID:14NjRHBs
2仲間になるなら、全部話すで

572 :名無しのやる夫だお:2011/03/05(土) 08:05:21 ID:/ZY3dHsg
1

574 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:07:42 ID:FyyoiQao

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (ー)  (ー)  \
    |      (__人__)   U |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
───────────────────────────────────────
【やる夫】 ……実は……

 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >あなたは全ての事情を打ち明けた。
  ||○  >メリーのこと、契約のこと。
  ||○  >同じ目的を持ちながら特別課外活動部とは相容れないこと。
  ||○  >天文部を作る必要性、まだ残っている問題。 全てをやらない夫に説明した。
  ||○

575 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:09:17 ID:FyyoiQao

      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ
.     |         }
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l`ー-一´\
 |  |. |   |       ト \
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .|
 |        |  .|.|   |  |  |   |
 |        |   |___|  |__|  |
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_|
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 ……なるほどな。 お前の事情は解っただろ。

576 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:10:15 ID:FyyoiQao

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (ー)  (●)  \
    |      (__人__)   U |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
───────────────────────────────────────
【やる夫】 ……。

577 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:10:48 ID:FyyoiQao

        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |
     . (人__)      |
     r-ヽ         |
     (三) |        |
     > ノ       /
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 ……とりあえず、確実に保証できることから答えるだろ。

578 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:12:42 ID:FyyoiQao

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 まず、お前が今話した事情は、特別課外活動部を含め誰にも口外しないだろ。

          メリーかお前が死ぬとその【門】が開いちまう以上、
          このことが特別課外活動部に知られれば、やる夫は十中八九【殺される】だろうからな。

580 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:14:50 ID:FyyoiQao

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 だが、天文部に入ってお前に協力するかどうかはこの場では答えを出せないだろ。

          悪いが、一度特別課外活動部のほうにも話を聞いて、
          その上で結論を出してお前に答えを伝えようと思うだろ。

581 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:15:49 ID:FyyoiQao

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)   U |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
───────────────────────────────────────
【やる夫】 解ったお。 それじゃ、一応今週の金曜までには答えを聞かせてもらえないかお?

       天文部の部活の継続期限が4月24日の金曜なんだお。

582 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:17:50 ID:FyyoiQao

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 いや、明日までには答えを出すだろ。 

         実は今日の昼にデスザウラー先輩にお前のとこの寮に来るよう言われてる。
         これからお前の寮に行き、向こうの事情を聞いたうえで決めようと思うだろ。

583 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:20:09 ID:FyyoiQao

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|  U    (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
───────────────────────────────────────
【やる夫】 わ、わかったお。 

      それじゃ、向こうの説明が終わったら、帰る前にやる夫の部屋に寄ってほしいお。


 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >やはり、と言うべきか。
  ||○  >今やらない夫と会ってなければ、
  ||○    おそらくやらない夫は特別課外活動部に参加していただろう。
  ||○        
  ||○

584 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:23:33 ID:FyyoiQao

        / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\
      |  (●)(●) |
.      |  (__人__) .|
       |  . '´n`'  .ノ
       .ヽ .  | |  }
        ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 ああ。 それじゃ、俺はもう行くだろ。 やる夫はもう少し経ってから帰宅してくれ。

         念のため、お前と俺はまだ会ってないことにしておくだろ。
         接点があることがバレて、疑われたりしたらマズイからな。

 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >そう言うとやらない夫は去って行った…
  ||○  
  ||○  >……気づけば注文が書かれた紙がテーブルから消えている。
  ||○  >……どうやら悪い人間ではないようだ。
  ||○

585 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:23:58 ID:FyyoiQao

┌────────────────────────── ─ -‐‐
└────────────────────────────── ─ -‐‐

┌───────────────────────── ─ -‐‐

└────────────────────── ─ -‐‐
┌───────────────────
└─────────────── ─ -‐‐

┌───────────── ─ -‐‐
└───────── ─ -‐‐

587 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:25:50 ID:FyyoiQao

┌─────────────┐
│ポロニアンモール:放課後    .│
└─────────────┘




               ____
             /      \
           / ─    ─ \  
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
───────────────────────────────────────
【やる夫】 やらない夫が寮に向かってから1時間経ったお。 どうするお?






 
                 1:どうする?(具体的な内容も)           安価8:30


591 :名無しのやる夫だお:2011/03/05(土) 08:30:00 ID:14NjRHBs
ポロニアンモールを探索

592 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:36:50 ID:FyyoiQao

          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \
     |       (__人__)    |
      \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \                       【探索中…】
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/
───────────────────────────────────────



 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○        ・喫茶店
  ||○        ・ゲーセン
  ||○        ・薬局
  ||○        ・カラオケ
  ||○        ・交番
            ・クラブ             ……などがポロニアンモールにはあるようだ。

593 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:37:39 ID:FyyoiQao

          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \
───────────────────────────────────────
【やる夫】 そろそろ夜になっちまうお。 やらない夫との約束もあるし、寮の自室に戻るお。

594 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:37:59 ID:FyyoiQao



┌────────────────────────── ─ -‐‐
└────────────────────────────── ─ -‐‐

┌───────────────────────── ─ -‐‐

└────────────────────── ─ -‐‐
┌───────────────────
└─────────────── ─ -‐‐

┌───────────── ─ -‐‐
└───────── ─ -‐‐

595 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:38:49 ID:FyyoiQao

┌───────────┐
│4月20日:自室:夜    .│
└───────────┘


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
───────────────────────────────────────
【やる夫】 と、いうわけで自室なう。

597 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:41:18 ID:FyyoiQao

     /  / :::::::::::/ :::::::::::::::::|::::::::::\        ∨//|
.    /_/:::/:/::|:: / | : ::::::::::::∧ ::::|:::::::\      ∨/|
   /::/ /:/:/ :::| / |:::::::::::::斗十=:ト、::::|:::\     : \|
   ∨:/:::|::|::::イ丁`|::::::::::::::/  \|::::::X::::::∧       | 
    |:::| :::|::| ::::l=ミ.八 ::::::::::| チそ示ミx|:::::: ∧   ::/|     
    | リ :::|::|::::::{ _)心\::::::|   _)::ハ } |::/:::::∧  ://|
    |::|| : |::| ::小辷:::ソ  \{  辷:ソ_.ノ/:::::/::: 〉 ///|
    |::|'; ::|::| ::::|/\  ,         〈 /:::::/:::::::| :////|
    j/ 〉|∧ 人__/           Y:::::/:/::::::|/////|
.     / :/∧:::::\  ヤ::ヽ    ノ : /:/ :::: ノ:////∧
    |  :V//\{::::>:..    ...:イ:|:/:/:/::/|::| ///////}
.    八  :`|::|::::::::::::::::::::} ̄ :::::::::_/ :::/::/ :|::| //>―'´
       \__リ::::::::>‐〈く:::/ ̄:/| ::/::/:::∧{<
.        ∧/:| /   }:}/77777:|:::| ::|////^\
       /| :V/   //|〈/r‐<∧:::////    
.      / :| /⌒ーァ(::://X∨  |/∧{   |     |
     |  V/´ ̄ア ー―'   /:/     :∧     |
───────────────────────────────────────
【メリー】 やらない夫、天文部に入ってくれると良いわね。



 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  >心中でメリーが語りかけてくる。
  ||○  >そろそろ帰ってきて1時間経つ。 
  ||○  
  ||○  >そろそろ特別課外活動部の説明が終わる頃だろうか……
  ||○        
  ||○

598 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:42:25 ID:FyyoiQao

     ____
   /      \ て
  /  ─    ─\ て                
/    (●)  (●) \                            コン、コン>
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
───────────────────────────────────────
【やる夫】 お?


 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  >…!!
  ||○  >ドアをノックする音が聞こえる。
  ||○  
  ||○        
  ||○        
  ||○

599 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:43:56 ID:FyyoiQao

  /:::::::::::::::::::_ヽヽ::_>‐―‐- _
. /::::::::::::::::::::'´::::::::'"⌒:::::::::::::::::: ⌒丶
/::::::::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::: 丶::::::::::::\
:::::::::::::::::::: /::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::: \:::::\:\
::::::::: /:::: /:::::::::::::/::::::::{::::::::::::}:::}ヽ::ヽ:::::::::::::\
::i:::::::i:::::/{::::::|:::::::|::::::::::{\::::::|V⌒|ハ::::j::i::::⌒
::i::::::::::::i :|::::::|:::::::|::::::::八⌒\|  ___ レイ:::|\|
::i::::::::::::i八::八:::: i:|\| ___    〃⌒^Y∨
:::::::::::::::i:::::ヽ::::::::从__〃⌒    、   " ∨
ヽ::\::::::::::::i:\Y⌒\ ""        八ヽ
  ::::::::::::::::::i::::::::V⌒ ヽ.   、 _ノ     ヾ:、
  i:::::i::::::::::i ::::::: `ー'>ハ、   _..イ    }}
  |:::::i::::::::::i:::::::::::::::: 〈∨}}  ̄ ト、_广ト‐r-、リ
  |:::::i::::::::::i ::::::::::: r< リ  ̄\_ノ   | | ハ
 ノ:::::i::::::::::i::::::::xく\ \  ̄ /:∧\ | |  }
/イ::::i:::::::::::i::::/⌒\ \ \く:/|::トヘ::く| ∨ ∧
 リ:: i::::::::::::i:::{    ヽ.ハ \_|::|∨\> ∨ 〉
 |::::i:::::::::::::i::八     }V|    |:」___ノ   V/
───────────────────────────────────────
【ぽぷら】 こんばんは、やる夫くん。 こちら【備府出やらない夫】くん。

 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  >ぽぷらがやらない夫を連れてやってきた。
  ||○  >そ知らぬ素振りで応対することにした。
  ||○  
  ||○        
  ||○        
  ||○

600 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:44:39 ID:FyyoiQao


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
───────────────────────────────────────
【やる夫】 よろしくだお、備府出! 二人とも何かやる夫に用かお?

601 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:48:04 ID:FyyoiQao

           / : : : : /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : \: :ヽ
            |: : : : ://: : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : :\}
            | : : : :'/: : : :/: : : : : : : : :{ : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : ヽ
            | : : ::/: : : :/: : :.:/: : : : : :| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
           l: : :/: : : : : : : : :|: : ,'|: :./|: : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : \
               l∠ィ : : : |: : : : |:.:/ | :_ノ|: : : : : : : \|\: :|: : : : : : : :|⌒´
            ! : :| :/ : :| : : /T 厂∨ |: ∧: : : :/∨ ̄|八: : : : :|\|
            | : :|/|:..:八:.:/ |xテ芍弐∨ |: : /ィテ芋ミ |∧: :│
           │ : : :Y⌒ヽ| 〃 _ノJi |   |/  _ノJi | Y ハ:│
                | : : : :i V/〈 -ヘ 弋:::_ソ     弋::::_ソ ノ-′Ⅳ
               | : : : :i/八      ー           ー    ':イハ:ヽ
              │ : : :j' !::::::ーヘ         '      u∧.:| i:│
             /: : : : | レ-‐::人        , -、       人⌒ヽ|: |
       \_/ : : : : :| | ,   个 _    (_ノ   . イ     }|: |
.          \: : : : /: ∧∨   /...../{>   .__  <|......|    リ:/
            ̄{: :{ ヽ、  /.......| ヽ. \ _/ /|....│   /∧
              ヽ:|   \/.......│___,乂____ |........   /   |
             /  { /......./ ___/厂ト、__ \.....∨ / , ∧
            〈     ∨.........\∧ //| ハ { ∧_/.......∨ /
                \   /.................... ∨/ ∨∧∨..................∨    〉
───────────────────────────────────────
【ぽぷら】 あ、あのね。 実はセルベリア先輩がやらない夫くんを送っていってほしいんだって。
       そろそろ【影時間】だし、何かあったらマズイだろうからって。
       
       その……やらない夫くんもペルソナ使いの素質があるみたいだから、
       セルベリア先輩がやらない夫くんを勧誘したんだよ。

602 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:49:34 ID:FyyoiQao

        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |
    (__人__)     |
     (`⌒ ´     |
.      {          |
     {         ノ
  mm   ヽ      ノ
 (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
     ̄ ̄ ̄|    |
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 ああ、そういうわけなんだ。 

         出来れば送って行って欲しいんだが、良いか?

603 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:50:29 ID:FyyoiQao


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
───────────────────────────────────────
【やる夫】 わかったお! それじゃ、やる夫が送って行くお!


 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >貴方はやらない夫と共に寮を出た。
  ||○  
  ||○        
  ||○        
  ||○

604 :名無しのやる夫だお:2011/03/05(土) 08:51:18 ID:IwXWlu52
ふぅむこのメモの様なやつはシステムメッセージは面白いなぁ

605 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:51:41 ID:FyyoiQao

           , ..-─‐ -.、
         /. :. :.:.: .: .:. :.\    __
           /. .: .: .: .:. :. :. :., . .>'´. :. :.: `丶、
        / . :.: .: .:/ ., .:'´. :.,.. : .: .:. :. :.: .: .::.:\
        ,'. :: :: ::.:.:.:l.:./. :: .:./:./ . :: .: :. :`ヽ. : :. :.:\
        i: :: : :: : :: l/. :: :.:/: /: : : :.ト、. : .:..:ト、. .:}.:.:.:.:ヽ
        l. :: : : : : ::l: : : :/: /l: /ム:| ':.:.:.:.:jムV.:.:.:.:.:.:.',
       /. ::/: : .: : l: : イ:.{.:.Ⅳ'´ >テl∧:/ ,rテくヽ.:.:ト、}
      /.: .:/. : :: : : l: : : : l:l: |  ,イトrcj     トrィi∨V
 ト、 _.ノ:: ::/: :: : :..:.:.:l: : : ::从:{ー〈 ヒソノ     ゝ‐' l ト、
  ` ー- イ. : : : : : ::∧ミV⌒ヽ  `     ′  り ヽ
        /. :: . :: . ::.:i.:.:.:.:.ヽ い \        ..   ノ    ',
     /. :: .:. :: .: :.:.l.:.::.:.::.::.:ー'‐ r ヽ    ´  /     i
      /. :: .:: . :: . :: .l.:::::::::.:.:.::: r┤ l:「 >=く        |
    /. :: . :: . ::/. : : l.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ´ ̄ l:|‐ 、 レ'7       ノ
    ,′. :: .: : /. :: .:: l.: .:., -:<    リ  V /> 、
    i. :: .: :.: :/. :: .::.:.:l.:.:/ ⌒ヽ \ ノ  ,ィ介く `ヽ\
    |. :: .: :.:/. :: .:: .:: l:/      \\ く / |`ヽ\ i ∧
    |: : : :./. :: .:: .:: ..:l′       '. \_」L__ヽ:| V  i
    |: :.|. : :.: : .: :.::.:.:.|       |    |:|  |:| \ }
    |: :.|. : :.: : .: .:.:.:.:.|       |    |」   |:|    \
    |: :.|. :: .: :.:: :.:.:.::/        . |         ',    '.
    |: ∧. :: .:.: .:. :.:〈        : |          i      i
   V  ヽ. :: .: :.:.:.:.ト、        j |           }     ノ
───────────────────────────────────────
【ぽぷら】 暗いから気をつけてね、二人とも。 ……セルベリア先輩も自分でやれば良いのにね。

606 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:52:09 ID:FyyoiQao

┌────────────────────────── ─ -‐‐
└────────────────────────────── ─ -‐‐

┌───────────────────────── ─ -‐‐

└────────────────────── ─ -‐‐
┌───────────────────
└─────────────── ─ -‐‐

┌───────────── ─ -‐‐
└───────── ─ -‐‐

608 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:54:48 ID:FyyoiQao

┌───────────┐
│4月20日:寮の外:夜  ......│
└───────────┘



   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |     ( ●) )
. |      (__ノ、_)
  |      ` ⌒ノ
.  |         } 
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 ……よし。 寮からは十分離れたな。


 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >しばらく無言で歩き続けた後、やらない夫が足を止めた。
  ||○  >……答えを聞かなければならない。
  ||○        
  ||○        
  ||○

609 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:55:29 ID:FyyoiQao


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
───────────────────────────────────────
【やる夫】 ……答えを聞かせてくれお。

610 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:57:46 ID:FyyoiQao









































           
    / ̄|     / ̄ ̄\
    | ::|   /   ⌒   \
    | ::|  ( へ)( ●)  | 
  ,―    \  .(__人__)      |  
 | ___)  ::| . l` ⌒´    .|
 | ___)  ::|  {          .|  
 | ___)  ::|  {       _ |
 ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|
            ``ー―‐'| ..ヽ|
                 ヽ ノ
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 天文部に入るだろ!


 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  >…!!
  ||○  
  ||○  >【備府出やらない夫】が【天文部】に入部しました!!
  ||○        
  ||○        
  ||○

612 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:58:31 ID:FyyoiQao

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
───────────────────────────────────────
【やる夫】 ほ、ほんとかお!? え、お、マジかお?

613 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 08:59:34 ID:FyyoiQao

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 ああ、本当だ。 一応特別課外活動部には考える時間が欲しいって言ったけどな。

614 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:00:25 ID:FyyoiQao

         ____
       /      \
      / ─    ─ \ ゴクリ
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)   U |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
───────────────────────────────────────
【やる夫】 い、一応理由を聞かせてくれお。 何で特別課外活動部じゃなくてこっちなんだお?

615 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:01:52 ID:FyyoiQao

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 お前には悪いが、あまり褒められた理由じゃないだろ。

         まず、俺はペルソナ使いだからシャドウに優先的に狙われやすいらしい。
         身を守るには仲間が必要になる。 


         だから、必然的に特別課外活動部か天文部に所属しなければならなかっただろ。

616 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:04:30 ID:FyyoiQao

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 で、何でそのうえで天文部に入ったかと言うと、
         向こうには【桐条グループ】がついてるからだろ。


         いよいよとなった時に、俺個人の手に負えないし、
         向こうは強制的に俺に言うことを聞かせるだけの【腕力】がある。


         天文部がどういう面子になるかはまだわからんが、少なくとも巨大な組織力がない分まだマシだ。

618 :名無しのやる夫だお:2011/03/05(土) 09:05:54 ID:IwXWlu52
こっちがそういう強制力は確かになさそうだわな

619 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:06:15 ID:FyyoiQao

        / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\
      |  (●)(●) |
.      |  (__人__) .|
       |  . '´n`'  .ノ
       .ヽ .  | |  }
        ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 それとやる夫。 これは決定的だが、セルベリア先輩は【何か隠している】だろ。

          これは絶対間違いないだろ。 俺の【副次能力】的に考えて。

620 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:06:43 ID:FyyoiQao

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
───────────────────────────────────────
【やる夫】 お? ふくじのうりょく? 何だお、それ。

621 :名無しのやる夫だお:2011/03/05(土) 09:08:00 ID:rwVpp0Mw
なるほど、前の選択で全部打ち明けず誤魔化してたらやらない夫は仲間にならなかったわけだ

622 :名無しのやる夫だお:2011/03/05(土) 09:08:14 ID:IwXWlu52
それでやる夫にも何か隠していること見抜いて
胸襟開いたやる夫を信用にたると思ったのか

623 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:08:36 ID:FyyoiQao

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 セルベリア先輩が言うには【ペルソナ使い】には、
         ペルソナに覚醒することで得るちょっとした【オマケ】みたいな能力があるらしいだろ。

         これは向こうにも気づかれてないが、
         どうやら俺は【相手が嘘をついているかどうか】がある程度わかるらしい。

         理屈じゃなく、感覚的にこれがペルソナによってもたらされた能力だってのが解るだろ。

625 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:09:55 ID:FyyoiQao

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|  U    (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
───────────────────────────────────────
【やる夫】 なるほど。 それで喫茶店でやる夫に隠し事があるって解ったのかお。

627 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:11:34 ID:FyyoiQao

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(ー)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 そういうことだ。 

         ま、結局の所お前は俺に腹を割って事情を打ち明けたが、
         セルベリア先輩は俺に隠し事をした。

         これが一番の理由だろ。

628 :名無しのやる夫だお:2011/03/05(土) 09:12:28 ID:HB5pjz0o
士郎に言った能力が別人のものになったなw

629 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:13:01 ID:FyyoiQao

                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\
                |  (●)(●) |
.                |  (__人__) .|
                 |   ` ⌒´  ノ
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 そういうわけで、俺はお前に協力するだろ。

          天文部の一員として、コンゴトモヨロシクだろ。

630 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:14:31 ID:FyyoiQao

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
───────────────────────────────────────
【やる夫】 コンゴトモヨロシクだお!!

 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >やらない夫から強い【繋がり】を感じる……
  ||○  >新たな【繋がり】により、貴方の中に新たなコミュが生まれる。
  ||○        
  ||○        
  ||○

632 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:16:26 ID:FyyoiQao

                   ┏━━━━━━━┓
                   ┃.     ⅩⅦ     .┃
                   ┠───────┨
                   ┃  *  ☆    ,,┃
                   ┃* ☆    ☆  * ┃
                   ┃       *   ┃
                   ┃☆ ∧∧    ☆ ┃
                   ┃  (゚ー゚*)、_     ┃
                   ┃--、_U Uて )"   ┃
                   ┃;;;;  `-、'.' '.'    ~┃
                   ┠───────┨
                   ┃   The Star  .┃
                   ┗━━━━━━━┛
───────────────────────────────────────
 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >貴方の心の中に【星】のコミュが発生した。
  ||○  >やらない夫との【繋がり】が深まれば、このコミュも発展していくだろう。
  ||○        
  ||○        
  ||○

634 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:17:31 ID:FyyoiQao


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
───────────────────────────────────────
◆コミュ

【愚者/メリー】…LV1
【正義/衛宮士郎】…LV1
【星/やらない夫】…Lv1



【隠者/???】

636 :名無しのやる夫だお:2011/03/05(土) 09:18:42 ID:IwXWlu52
あれ? 隠者にはもう会ってる? ……ああ、なるほど

637 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:18:59 ID:FyyoiQao

┏━━━━━━━┓
┃      Ⅸ      ┃
┠───────┨
┃  。     _   .┃
┃ ,△⊂ /\\  .┃
┃ン|6|、`(∀` );;) .┃
┃  ̄   i X''';;;;;;;;l  ┃
┃    ,l   ;;;;;;;;l .┃
┃    l   ;;;;;;;;;;;l .┃
┃    / ;;;;;;;;;;;;;;;\┃
┠───────┨
┃  The..Heirmit ..┃
┗━━━━━━━┛
───────────────────────────────────────
 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >同時に、貴方の心の奥に【隠者】のコミュが発生しそうだ。
  ||○  
  ||○  >もしかしたら【今日接触した人物】が【隠者】のコミュに関係しているかもしれない。
  ||○        
  ||○

638 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:20:38 ID:FyyoiQao

┌─────────┐
│???:影時間  ......│
└─────────┘



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
───────────────────────────────────────
【やる夫】 あっ。


 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >どうやら歩いているうちに【影時間】になってしまったらしい。
  ||○  >あたりの風景が一瞬で変化した。
  ||○        
  ||○        
  ||○

640 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:22:04 ID:FyyoiQao

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 ちょうど良い。 いっちょ俺のペルソナを出してみるか。

 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >やらない夫は静かに息を整えると、声を発した。
  ||○  
  ||○        
  ||○        
  ||○

641 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:23:58 ID:FyyoiQao

                                               丶
              / ̄ ̄\                         `
             /      \                        !  '
                |          |                        / /
                |  \ /   |            _....-‐:::::::::::-..._/ //
               | (●) (●)  |/ー'´ヽ_....-‐:::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::' :ヽ/
             l  (__人__)  / ̄:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::://
             \ `ー-'  //\::::/::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::/
             /:::`ー- /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::/
             ||\∧/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_.../:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
              ヾ<ヽ\::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             /:::::::\\\::::::::::::::::::::::::::/_-‐::::: ̄ ̄`ヽ:::::::::/
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 来い─────

642 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:25:28 ID:FyyoiQao

                        ,     |
                           ,,..イ       |
       l          _,,,...イ´   |     |
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|    l     |
            |  ヽ:::::::::::::ノ   /      .|
            ヽ、    ̄   /        |
              `               |
                             |
                               |
               ヽ             |
               |             |
.人                /             |
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 ─────【カガセオ】!!!


 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >眩い輝きが一瞬あたりを包み────
  ||○  
  ||○        
  ||○        
  ||○

643 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:25:57 ID:FyyoiQao

                      /}
                     i: :|
                     |: :|
                     |: :ト、
                     |: :{ ヽ、
                     /i: ::ヽ_ヽ      __
             , -―- 、  ト,!ソ,ク7 ヽ    /     \
         _ /      \ j`ト、_// !\ /         `>--ァ
        ヾ          ,イ i|: : {i   {/        /-‐'/
         \、   _   { |  {{!: : | }} / |    r==〃: : : : /
          ヾ==" ヾ、ノ  l\ヽ/ /|  ヾ  〃: : ,: : : : i: : 」
           ヾ:: : : r‐、{    ̄r'⌒'i  ̄   ヽ//: : /⌒ヽ⌒|
             `ー}/ |    !、::ノ     ノ‐ヾ、{    ヽ{ヽ
       ィ、-‐、   {   ト 、_ノーへ__/   ヾ    }  }
      / /^i/`7ァ r'⌒ヽ/ヽ、 T |  |  T ヽ    人   丿r‐T^f^i
      ヽ__/ { {ト、ヽ  ヽ| \| |  /   |  ヽ /  ヽ、r'f | | | |
       ヽ`---ノノ  \_ノ / }| レ     }  /⌒      { !」_ !ノノト、
        `ー-イ、     / 〈 |    〃  {{        ト、___ノ !
          /  /ー- '´  | |    |  }}         ヽ、  f|ト_/
         /  /     「 ヘ/ j   | ,ヘ|             ̄ | |
        /  /     //!  }  i レ  |}、            ||
        ,´  ,'    /  / ヽ    /i   | ヽ            ||
        | /  /  /{   !   / }  ヾ  丶           ||
          /  /  !   |   {  j   ヽ  !           ||
         /  /    |  人  _j  ハ    ヽ|           リ
       // /     ハノ ‐--ハ { {     iヽ
      / //      /-‐イ  ト::::::{、 i     | \
      |  /      /   }  } |:::::| 〉ヽ    |  ヽ
      しハ   r‐'イ     jノニノ::::::{ |  \   |   i
      }/  ヽ_f}: : :|    /ヾ/:::::::::| ヽ  \ . !ヾ、|
     {:i __ノ  ノ: : :|`ーァ'   }ー:::::::}  \   V   {
      ヾー-‐イ: : :/_/   /:::::::::::::!    ヽ  |\ ト::}ヽ
      ゞ: : : : : /       {::::::::::::ノ    ィ{::ヽ|  ヽイ: :|
         ̄ ̄         `-‐'´     {: : `':{    }: :/ト、
                           ト 、:::ヽ _ノレ |  ヽ
                           |  \      |   |
                           !    !    !  /
                           ヽ    |    | /
                             \  ',    レ{
                                }  i   ヽ、
                                |  ∧   ./i
                                ト、//ヽ\/ :|

644 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:27:08 ID:FyyoiQao

                          ,.-、
                           ///」
                        ////´
                         ////
                          ///イ
                     //イ |、
                        ,|//{, ⌒丶
                    / !//ハ   '.
             . ーー 、      | 〈/ハ/〉ィ l、 ト
            //////ヽ_   ヽミヽ'/レ'  》  \
        _∠ _///////ハ}__  ヾ`   /'    ヽ     .. ´
         ム-‐- 、ヽ、/////ノ>、 `ヽ、}>-':i!      >‐/
       |´ ̄`ヽ ∨/>‐ ´   ノ>、.ノ i!:: ::i!   .. ´  /
      /    〉/≦==ミ 、 / , ´ ,イ|:: ::≫ ´:>     l    __
       /     |//////ヾ、 . < ト、 ヾミ〃::::/      |  ,::´-、ヽ
      ,イ     /ヽ´ ̄`ヽ'/´   レ ⌒ヽ`Y       、  {:{  }::}
    / { ∧  /    、   |!     {: :: :: :: } }       ノヽゝ::ー::ノ
   .l ./ } .l      |   {     ヽ _ノ '     ≫´  Y  ̄
    、/  .| .|     ノ、__ ノ、ヽ、_ . イ|::`T ` 、   .≫´     '.
     |    、 ヽ、_ ィ       }\ :r ´ {::::::!     `Y::/       '.
     |   ム-‐<__ ..ヘ ヽ::、  '.:::|     l:::|          ゝ、
     |   /ー― ´        ヽ. ヽヽ ヽ!     l:::|      /   \
───────────────────────────────────────


 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >────【カガセオ】
  ||○  
  ||○  >やらない夫の心の鎧。 ペルソナがその姿を現した。
  ||○        
  ||○

645 :名無しのやる夫だお:2011/03/05(土) 09:27:51 ID:IwXWlu52
AAはエレメンタルヒーローか

646 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:28:46 ID:FyyoiQao

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /\  /\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
───────────────────────────────────────
【やる夫】 おお…!! 何か力強い感じのするペルソナだお!!

647 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:30:03 ID:FyyoiQao

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 はは。 思ったよりすんなり出来たが、やっぱ慣れてないせいか少し疲れるだろ。


 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >額に汗を浮かべながら、やらない夫はカガセオを心の中に戻した。
  ||○  >さすがにまだペルソナを使いこなせてはいないようだ。
  ||○        
  ||○        
  ||○

648 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:30:45 ID:FyyoiQao

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /\  /\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
───────────────────────────────────────
【やる夫】 こっちも姿を見せるお、メリー!

649 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:31:46 ID:FyyoiQao

                       /       / く    \      _______
          ____      // ̄ ̄ ̄ ̄   ノヽ>  V⌒^ヽ_   //¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨う}
.      // ̄ ̄ \ヽ  /   >/x=< ̄ ̄ ̄   \{     }く く        //
      { {         \\|:  // /: :\         ヽ   \|: \ニニニニ二 <
.       \\_____r─┴/ //: : : : : : \          :.  \. \      \\
       `¨¨¨¨¨¨´ | /     ./: : : : :.| : : :: : : :ー─=ニ_.∧   丶  \____} }
                 /     ./: : : : : :.{∧.: : : : : : |\ /: : :}ハ    \⌒}¨¨¨¨¨¨¨¨´
           //      /.: : : :{/\| ',: : : : : :il ム≠ミ: : :∧     ヽ
            / /    _/: : : : : i|x=ミ、\: : :.:i|イr‐ハ i}ハ : : :.
.          //〃´ ̄ |: :.{: : : : : : :{! {::r‐ハ  \ :{ 乂cソ くノ| : : : :.      ’,
          { 廴.{_   :|: :∧: : : : : ::| 乂cソ    ,\      |: : :/ヽ      }
         /厂 ̄ ̄ \{:/ :∧: : : :.八_>     . -‐v     イ: :/  ∧     丿
.        //        { :八: :\ : : : :\   {    ノ  /: |:./  / /    /ハ
      〈/        /  \ハ : : : : |>  .` ー  /| | : | {  { {     / } :|
                     ∧: : : :.|     }  ̄    / :/八  \\ / .//
                    { \: :|!   /|    /イ }  \  \`¨´//
                     ┌─‐∧   ヽ}  ./ :l \   /:|/     丶   ̄ /
                     l   厂}  /  /  |      }     \ー=彡
                    { 八{八|/|\ {   |____{.    \   ヽ
                    廴     |  } :|___  __\     \   }
                / \    | ./ |::::::::::/ /:::::::::::::::::ヽ     \l
                \  \  :|/   } :::::/_ 二二二7::∧    }
───────────────────────────────────────
【メリー】 ようやく外に出られたわね。 やらない夫、私達に協力してくれてありがとね。

650 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:32:54 ID:FyyoiQao

       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |
     | U    (__人)
     |        ⌒ノ
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 あ、ああ。 何というか思ったよりおっかない感じじゃないんだな?

         もっとこう……化物チックなのを想像してただろ。

651 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:34:58 ID:FyyoiQao

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
───────────────────────────────────────
【やる夫】 メリー以外のシャドウは結構化物チックらしいお。 巨乳なおにゃのこはいないようだお。



            /. : : : : : :|/: : /l: : ::: : :∧: : :ト、: :.:.l: : : :Vノ)
         /: :/: : i: : :.|`メ、 l: : :l: : :.l ヽ:.レ : /}: : : ,ハ
         |:./: : :.:l: : .:|::/l_Ll: :.:.l: : :.レイ_|_: V: }: : / Y^ヽ
         |.ハ: :.:.:.l : : l V .不 .:.:..:.:.:.| 代不 V..: : : {  }  }
         { い..:.:.{.:.:.:.| Vヒりヽ:∧.:| ヒり沙 .i: : : : ヽノ _ノ
           `ト、ト∧| (>    ′    く)}:.: : : ::|:Lハ」
           } : i : : ヘ               ∧ : : :.::|: :|
           |: :j :l: :.: ヽ   /⌒ヽ   . イ::::l:: : :l::ト、l
          ノノ川: : {:.:..>    ̄   イ.::ノ:::ノ::/∧| '、
             ヽ: l: : :r{__ ` ニ ´ _L:::::/∧:// ノ
              \ ノ  `Y^Y´ `V /V/ ′
───────────────────────────────────────
【メリー】 まだ言うか。

653 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:38:15 ID:FyyoiQao

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 なるほど。 

         で、そのシャドウと戦ってレベルを上げるには【タルタロス】に入る必要があるってわけだな?

         そして現状入る方法はあるが、出る方法がない。 
         つまり【エントランスを経由せずタルタロスから出る方法】と【影時間中のアリバイ】が必要なわけだ。

654 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:39:29 ID:FyyoiQao

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
───────────────────────────────────────
【やる夫】 その通りだお。 ぶっちゃけ、そっちについては全然打開策を思いつけてないんだお。

655 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:41:33 ID:FyyoiQao

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 いや、【影時間のアリバイ】は何とかなるだろ。

          天文部の活動は夜間になるから、お前の場合、帰りはモノレールがなくなるだろ。
          俺の家は学園から徒歩で帰れる距離だから、活動日は俺の家に泊まるということにすればいい。

          幸い一人暮らしだしな。 いくらでもこのあたりはこじつけられるだろ。

657 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:43:54 ID:FyyoiQao

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|  U    (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
───────────────────────────────────────
【やる夫】 なん…だと…!? こんなあっさり解決するとは…たいしたやつだお……



            , ´  )_ノ. : : : : : : : : : : : :( Y⌒)
           (  /. : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ)⌒ヽ
          rイ_`y'. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ハ ノ
          V: : : : : : /:/: ::l: : ::: : : }: : : :ト、: : :i: :(_ く
            /. : : : : : :|/: : /l: : ::: : :∧: : :ト、: :.:.l: : : :Vノ)
         /: :/: : i: : :.|`メ、 l: : :l: : :.l ヽ:.レ : /}: : : ,ハ
         |:./: : :.:l: : .:|::/l_Ll: :.:.l: : :.レイ_|_: V: }: : / Y^ヽ
         |.ハ: :.:.:.l : : l V .不 .:.:..:.:.:.| 代不 V..: : : {  }  }
         { い..:.:.{.:.:.:.| Vヒりヽ:∧.:| ヒり沙 .i: : : : ヽノ _ノ
           `ト、ト∧| (>    ′    く)}:.: : : ::|:Lハ」
           } : i : : ヘ              u∧ : : :.::|: :|
           |: :j :l: :.: ヽ   /⌒ヽ   . イ::::l:: : :l::ト、l
          ノノ川: : {:.:..>    ̄   イ.::ノ:::ノ::/∧| '、
             ヽ: l: : :r{__ ` ニ ´ _L:::::/∧:// ノ
              \ ノ  `Y^Y´ `V /V/ ′
          / ̄`Y´  ゝ '´ T~T`ヽ ノ ``T ̄`ヽ
───────────────────────────────────────
【メリー】 やはり天才か……

658 :名無しのやる夫だお:2011/03/05(土) 09:44:32 ID:3QkH4j3Q
出る方法…原作能力があればスキマ妖怪さんに…
原作知らんけど

662 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:46:22 ID:FyyoiQao

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 だが、残る【エントランスを経由せず脱出する方法】は全然わからんだろ。

         これは俺が知恵を絞ってもどうにもならなそうだろ。

 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >【影時間のアリバイ】は解決できた。
  ||○  
  ||○  >残る問題は【エントランスを経由せず脱出する方法】ということになる。
  ||○        
  ||○

663 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:48:20 ID:FyyoiQao

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 とりあえず、今日はこれで解散するだろ。

         明日、放課後にやる夫のクラスに行くから、まずは残りの部員を一緒に勧誘するだろ。
         たしか、新聞部の加藤がそれらしい生徒に心当たりがあるんだろ?

665 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:49:04 ID:FyyoiQao

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /\  /\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
───────────────────────────────────────
【やる夫】 だお! 放課後になったら加藤さんに聞いてみるお!

667 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:50:36 ID:FyyoiQao

    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /ノ  ヽ、_      ヽ
 ( ●)( ●)      |
  | { .!  )        |.
  |. ¨´ `¨´      l.
.  |          /.
  |          /
   \__      (
     _)_ ===\
    /          \
   /            ヽ
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |
   |     |.        |. l
   l    |       |.│
  /    ノ        | |
  /     /        l /
───────────────────────────────────────
【やらない夫】 ああ、そうするだろ。 それじゃ、また明日だろ。



 ┌─────────────────────────────────┐
  ||○ 
  ||○  
  ||○  >やらない夫は去っていった…
  ||○  
  ||○  >新たな仲間を得るために、貴方は明日からも勧誘をしなければならない。
  ||○  >今夜はもう寮に戻って寝よう……
  ||○

668 :神 ◆t3BWP2Ah3Q:2011/03/05(土) 09:51:16 ID:FyyoiQao
と、いったところで投下終了。






その4へ進む




その2へ戻る




まとめ一覧へ


関連記事
[ 2011/03/09 02:21 ] やる夫はカゲ使いのようです | TB(-) | CM(2)

備忘録さんから来ました。
まとめお疲れ様です。
[ 2011/03/09 09:45 ] [ 編集 ]

やっぱやる夫+やらない夫が友人同士ってのが一番好きだから嬉しい展開だ。
[ 2013/02/14 22:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。