合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

現代文学のちょっとした裏話(リメイク版)  第8話 【宮脇と犬】


タグ:
282 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:05:12 ID:EUn6WeLY

と、いうわけで投下します。

現代文学のちょっとした裏話。



283 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:05:36 ID:EUn6WeLY

【宮脇と犬】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇俊三は犬が苦手だったのだろうか、
 自らの著作物において、「犬にほえかけられた」ことを書くことが多い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ____
       / ⌒  ⌒\
     / ( ●)  (●)\ヽ            わんわんお!
    / /::::::⌒(__人__)⌒::::\\
  /  ./     |r┬'|     |  \               わんわんお!
 (___ノ\__  ー ' ___,,人___) 
   こて  )         !
     i_..j⌒\ _._.)⌒ヽ_._.)


 
    前の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版)  第9話 【同じ新幹線でも……】』  
    次の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版)  第7話 【子どもの使い】』  

284 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:05:51 ID:EUn6WeLY

         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /          お、おい、来るんじゃないお!
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴           あっち行けお!
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)

        【宮脇俊三】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 例えば、福井県三国港を訪問したときは、
 「妙に犬が多くて、しきりに私に吠え」られ、立腹したりもしている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


285 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:06:20 ID:EUn6WeLY












━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この宮脇が、戦前のことを語る際に、なぜか話題に出すことが多かった犬がいる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


286 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:06:45 ID:EUn6WeLY

~昭和8年~

===========================================================fi
.ミ//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三/λ
ミ//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三/ λ
//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三/  λ______
/三//三//三//三//.ミ┌───────┐ 三//三//三//三//三/   λ──────
⌒@⌒`@⌒`@⌒`@⌒`|   駅 谷 渋   |⌒'@⌒`@⌒`@⌒`@⌒`    λ______
                └───────┘               |      |   ||   |  |
________ l二二二二二二二二二二二二二l        |      | ̄ ̄ ̄|  |  |
| || || || || || ||  |_||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;|.            |      |―――'、  |  |
~~~~~~~~~~~~~~~ ||  |  ||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|       ,---------,  . .|       .|  |
  ll┌───┐l ||  |  ||. ============= |   |.      | ̄ ̄| ̄ ̄|,l.  ..|二二二二二二
  ll│[] [] [l] │l ||  |  ||__________ |     .| ̄.. |.      | ̄ ̄| ̄ ̄|.|   .||| || || || || || ||
  ll│[,] [] [] │l ||  |_|| ̄|l「 ̄| |     .|   |  __    |   _|   _|.|   .||| || || || || || ||
  ll└───┘l ||  | o.||_|l|_」 |  □   [ ̄ ̄|. |.〒|   |  / .|  / .|.|   .||| || || || || || ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  | ̄||     |┬┼┬ |   |. |._|   |  | . | .| . |.|   .| ̄(◎)  ̄ ̄ ̄
             .|  || ''''''''''''''' |│││ │   |.  ||.    | ̄ ̄| ̄ ̄|.l,,  .|、,,,ヽ|ノ,,,,、,,、,,,、,,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

参考資料・ttp://www.shibukei.com/headline/photo/3679/(昭和28年)


287 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:07:04 ID:EUn6WeLY

       ___
      /―  ―\
    / ●   ●  \
    |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |  ん?
    >        ィ’

 【宮脇俊三(当時小学生)】


288 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:07:18 ID:EUn6WeLY


      !ヽ, __ ,/{
      !,ゞ´   ヾ
      ! !l iリノハリリ__   
   /ノ リ |- 。-ノ!|/\ 
 /| ̄ ̄∪∪ ̄|\/
   |   わっち  |/


289 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:07:35 ID:EUn6WeLY

     ___
    /―  ―\
  / ●   ●  \
  |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |        あのよぼよぼの小汚い犬、
  \  c 、n    ィ’        また駅に来ているお。
   (  て  ゝm )
    乂_入_  ノ


      ___
    /.ノ   - \
  / ●   ●  \         あっ、本当だ。
  |⊃  `  ⊂⊃ |
  ヽ  ⌒    ィ’

【奥野健男(当時小学生)】


290 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:07:52 ID:EUn6WeLY



  `¨ - 、                  ほら、パンだよ、ワンちゃん。
      | `Tー―ーヽ、
      |  !      `ヽ
      r /      ヽ  ヽ
 、    /´ \     \ \_j
  ` ー     ⌒ー、ヽ ヽ__j´
              ゛'^´


291 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:08:12 ID:EUn6WeLY


       ̄二=-=、      ヽ-=.,,,_
             ',` 、    ヽ   ''-,.,_
            ',,.=‐ミ      ヘ   ,' ,ミ
          _,. '          ヘ_ニ-'"
   _ニ -‐= '                   |
  /   /                  | |
  /   /  |  /  /| |  |  | | |
 /    |  ||  /|  / .| .|| | /  /l /| |
 |    ∥ | | / | /  | | レソ| / レ | /
     | | |_レ‐'´リ   ソ,.イ7 ソ   ソ        ムー……
     |'´~_,. -‐'l"    lヒノ/ |
     | く (゚_ ;:ノ     ', / |             (パンは嫌いじゃ……)
     |         / |
     |       ,.. /   /
     | ` ‐  __'´/|    /


292 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:08:30 ID:EUn6WeLY

      ____
     / ノ  ヽ_\
   /  ●   ● \
   | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|          鼻先にパンを置かれても、ピクリともしないお。
   ヽ     Lノ  ィ’
 c~、ノ        γーっ
  乂  ノ      i、_ノ’


        ___
      /.ノ    -\
    /  ●   ● \          焼き鳥でも置いたら、食べるんですかね?
    | ⊂⊃  `  ⊂|
    ヽ    ⌒  ィ           駅前、焼き鳥売ってるし。
’ c~、ノ        γーっ
  乂  ノ      i、_ノ’


293 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:08:47 ID:EUn6WeLY

     ____
    /―  ―\
  /  ●   ● \            いや、多分、リンゴだと思うお。
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ       i⌒ヽ
  /       λ  )

                ____
                  /ノ    -\
                /  ●   ●  \
             |⊂⊃   `  ⊂⊃|        犬はリンゴは食べないのでは?
            \    ⌒    /
             ( ~⌒γ⌒  )
             λ `ー'^ー' ;l


294 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:09:08 ID:EUn6WeLY

     ____
    / \  / \ キリッ
  /  ●   ●  \      普通の犬はリンゴ食べないけど、
  |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|      多分、あの犬は食べると思うお。
  \         /
  /        ヽ       さっき、そんな天の声というか何かが聞こえてきたんだお!
 (  <       |、ヽ      おそらく78年くらい先の未来の世界から。



        ___
      /.ノ    -\
    /  ー   ー \  
    | ⊂⊃  `  ⊂|         なんですか、それ……
    ヽ    O  ィ   
’ c~、ノ        γーっ
  乂  ノ      i、_ノ’


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その頃、渋谷駅には、
 いつも同じ時間に同じ場所に横たわっている犬がいた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


295 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:09:31 ID:EUn6WeLY


               /              \
             ./                 ヽ
             /                    ハ
            /                、      !
             l              /∨.l     !
            ,'             ,   !'`´`! ,   , !
            /イ  i    ,    .l.  .!l   !,イ. , 、.!'      ほーら、いい子にしてたか?
           .′|  |    !.,、.ト、 .M.  !l  ィムlィ/! l '
            l / レ1   ハ|メ‐ヽ厂!ヽ|` 'ニ  ,'/ ,、l                 r‐ 、
            ' И{.、', i リ ' ‐-‐ニ,   iヽ ̄ ,' .l. '                      l  .l
               l,ヘ_ヾY      ´    !  .ハ/'                  l  .l
               l `ー;          /  /                    .l  .l
               .!ハ l.ヽ        __  /、                   .l  !
              ./'l. リ、ヽ\    `''ニ´- ./ヽ`丶、            r‐ 、  _,_ l  |
            ,-'"_____',  \ ` 、, i i i i,//`ヽ:.:.:.`:.:ー. 、          ', ヽ /  `‐-'、
         ,..:.'´1l; ; ; ; ; ;',   `丶、 `ーァ‐ヘ: : : :ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ       .l   ソ  __,,  ヽ
       ,..:.'.:.:.:.:.:.l L_: : : ',. 、 j.  \/--ヘ: : : ;ゝヽ:.:.:.:.:.:.:.:.ハ       l .〈  /     .}
    ,..:.:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l l: : : : ̄`:', \、 ̄  ̄1 / , .',/: : ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.!      ', .ヽ/ __,, -   !
  ,..:.'´:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:! !: : : :_: :ヽ 二ニー'フ /.  ',: : : : :ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.!      .l  V´   __ |
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l├''": : :  ̄:',  -‐ .〈'´  , .',: : : /ヽ';.:.:.:.:.:.:.:!.     {  〈  /´`  .l
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l: : : : : : : : : ',、   `,  l  ',/: : : ', !:.:.:.:.:.:.:|      ヽ  .し′   . !
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l l: : :_: _; ; ;',\.   !.  !  .!: : : : : :ソ:.:.:.:.:.:.:.!      /ヽ {´    l
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:', ',´: : : : : :  ̄:', `  |  '    l: : : /.:.:.;.:.:.:.:.:.:!.      ,' / 〉-ミ_ __ィ7
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ: : : : : : : : : ',.   !    /!: /:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:l     /\/: : : l: : l: :/


296 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:09:50 ID:EUn6WeLY


 .、ー-¬-.、._.,ゞ -..,_ ̄``">'       ::.   :::ヽヽ::::\'´
  ヽ ` 、 `ヽヽ、  ``''.>   .:   :.   ::ヽ、 :.. ::ヽヽヽヽ
    |、      \   /  .:i::i :.  :::. ::. ::::ヽヽヽ、:::ヽ }::iヽ
    |ヽ       ヽ、|   ::ヽ 、  {、 、 、 } ,>、!ヽw、::}:::ハ
  .i! | !         .| |   ::::llヽヽ>、トー、ヽ|ヽ!  ,..,.._,|:::::::|`
  .}.|}         | .|   .::::l:トヽト `     '‐´  i:::::::|
  }.'          | .|   :::::ヽ  ..==、  ヽ     i::::::|
 }           | ヽ  :::::ヽ.‐´       ノ   /::::::ト、       いい子にしてたから、
/  ::    ::: : ::   .| .| ヽ  ::::::::ヽ      _,,.-1  /:::::::::|`ー..,_      わっちにリンゴをよこせでありんす。
/  .::::: .: .::::: .:::::: ..: |.| .ヽ  :::::::::ヽ、   ´ー-.'´ ./|  :::::|   ヽ
  . :::::::. :::::::::::::::::: .::: ./|i  :ヽ  :::::::::ヽ`ー-..,,,____/ .| i .:::::|    }
.:. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ .〉  .,!-.、  :::::::::ヽ     {   |.| .:::::|    .|
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ / /   ヽヽ :::::::::ヽ ー‐-   ,.| | .:::i:| /   .|
::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;V././    ヽヽ ::::::::::iヽ、ー.、 /.λi :λi .|    |
::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;{λ|    `、ヽヽ :::::::ヽヽヽ、У_.|.|| :ハ| |     .|
ヽ、::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;|.ハ .i     ヽ.ヽヽ ::::::ヽ 〉'´...../1 .:ハ.|     .|
.`ヽ;;;::::::::::::::::::::::::;;;;;;;|.|;;| |      .ヽ.ヽヽ :::、ヽ' `i‐ハヽヽ | .i!    .|
  `.ー=,,_::::::::::::ー‐;;ヽハλ      ヽ ヽヽ:ヽヽ {_'~`,.)ヽ|  {     |
      ー-...,,,,,,,.-‐'´~.{ ヽ      .ヽ .\ ヽ`ー""ー‐'"| .`、 ,..、 .|
   .-^``\,__    /  ヽ       ヽ,__,.>.、、..-'´ .`、|  ./ ,-‐-ヽ
    .\     ̄`ヽ |  `.ヽ       ヽー‐'"´ ,.-‐-.、`)| ´ ´    \
      ''‐-..__   ヽ、`iー¬ヽ       ヽ__,,.-‐'.-‐'⌒`>.ヽ  ,.-''"´``..‐-、、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 昔、この犬は、東大のとある教授の飼い犬であった。

 そして、その先生が帰ってくるのを、渋谷駅まで迎えに来ていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


297 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:10:08 ID:EUn6WeLY


       ̄二=-=、      ヽ-=.,,,_
             ',` 、    ヽ   ''-,.,_
            ',,.=‐ミ      ヘ   ,' ,ミ
          _,. '          ヘ_ニ-'"
   _ニ -‐= '                   |
  /   /                  | |
  /   /  |  /  /| |  |  | | |
 /    |  ||  /|  / .| .|| | /  /l /| |
 |    ∥ | | / | /  | | レソ| / レ | /
     | | |_レ‐'´リ   ソ,.イ7 ソ   ソ
     |'´~_,. -‐'l"    lヒノ/ |
     | く (゚_ ;:ノ     ', / |             アンニャロー、遅いでありんす……
     |         / |
     |       ,.. /   /
     | ` ‐  __'´/|    /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところがある日のこと。
 この犬はいつものように渋谷駅で飼い主が帰ってくるのを待っていたが、
 彼は現れることがなかった。

 彼は東大で倒れ、そのまま亡くなってしまったのだ。

 その日から、この犬は、毎日同じ時間に渋谷駅に行き、主人様の帰りを待った。
 絶対に帰ってくることのない、主人の帰りを……

 これが、この犬に伝わる「美談」である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


298 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:10:28 ID:EUn6WeLY

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \         いや、実物をこの目で見たけど、
        |      (__人__)     |        ありゃ「忠犬」とかそういうものじゃないお。
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ         やっぱりあれは、人が与えるエサ目当てだったんだお。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、この犬を実際に見た宮脇や奥野は、これと異なることを述べている。

 あれは、ご主人様を迎えに来ていたのではなく、
 単にえさほしさに来ていたのではないか、と言っているのだ。

 これは、宮脇や奥野に限らず、
 同様にこの犬を当時、渋谷駅で見た人の多くが述べていることでもある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


299 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:10:50 ID:EUn6WeLY


          ト-、,
          l、: : :``ヽ、,            __
.          l! `、: : : : : `'''ー‐-、,   ,、ィ'"´:.:`ヽ
          ,、ィ'´:.``'ー: : : : : : : : : : :``ヽi!、: : : : : :: :`、
______,、ィ": : : : :: : : :ヽ: : : : : :\: : : : :ヾj、: : : : : ヽ:.'、
ヽト、:.: : .:./: : : : : : : : : :.|: : `、: : : : : : '、: : : : :.ヾj: : : : : ヽ:.'j,
. \`'、:/: : : : : : :: : 、|:.|: : 、:`i: : : : : : :.i!:. :/:.:.l!: : : : :l: :ヽ:.',
   \/: : :.:|: : :.l:i!: :.:ト:|: :、ヽ:.l: : : :: : :.:|/: :/: :|: : :. :.:|: :: ト、:l!
    l:..|: l: :|!: : :|:.l: : :l:l、:i.、:`、:|: : : : : :.|: ://!:.|: : : : :.|: : :| |:.|
.    |:.|:.|: :|.、: : :ト、l|:::| `、!`ー'_|: : : : : :|: : ://: |: : : : :.|: : :| |:.|
.    |:.|:.:|: |. ヽ: :'、`ー'' r'cテモ!リ!: : : : :|: : : :/:/:.|: : : :.|: : :| |:.|
    |||:.:ト、!  ``'´  イヽひリノ|: : : : :|: : : :./: :|: : : :|!: : :|/:/
.     | ト、:|r'cョェ、    `''''´  .|: : :.|: |: : :./|: : |: : :: |: : :.|:./
.      |:.ト,弋ひ!         |: : :.|:.|!: :/ |: :.|: : : :|: : :.|/!
        |!: `、. ̄ i       |: : :.|/'、/  7: :.|: : ::.|: : :.| |!
      |!|: :.'.,      _,ィ  |: :: /  `、_//|: : : : .|: : : | .|!
        |! |: .:.:.'、   ー''´  イ: : :| _、ィ'´:::::∧ : : : |: :|: :l |!
.      |!. |: : : ::|.> .、,  / .|:./_:::::::_::::::::::::::ヘ; : :: :.|: :ヘ |!
      |! |: : : :.|    `´ /´´ ̄  ̄ .`、::::::::::::::ヘ; : : : : :ヘ、
     |!  .|: : : :|      /        `、:::::::::::::ハ : : : : : :ヽ、
.      |!  .|: : :.:|    ./        `、 .l::::::::::::::::l: : : : : : : :ヘ
     |!   |: : : |.    /     ノ     l:::::::::::::::::|: : : : : : : : :`ヽ、
.    |!   |: : :.ト、   / _,、ィ'´          |:::::::::::::::::| : : : : |: : : : ト、:`、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 果たして、この犬が、本当にご主人の帰りを待った忠犬だったのか、
 それとも、単にエサに釣られてのこのこと渋谷駅にやっていた犬だったのか……

 これは今となってはわからない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


300 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:11:16 ID:EUn6WeLY

               __
.               / ...::::::..\
           /ゝ  ...::::::::::.\
            ( ●)   ...::::::::::.\
         (人__)    ...:::::::::::::: |
         \、  ......::::::::::::::::::/
       _ _ ゞ    ...:::::::丶
     ⊆フ_)__./     ┌ヽ ヽ┐
二二二二二二l  /      |  |   | |
_l_____| /      |_|   |_|
  |       /  __,    ノ  |─l
  |───/  /lニ/   /二ニ luul.
  |    ___|  |  |   |_|.
 └─(    )(ニ|   |./二ニ)
      ̄ ̄  /   )
            `ー ´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ただ、このスレの作者である私は、
 宮脇の本心は、この犬が忠犬であるか否かではなく、
 別のところにあったのではないか、と思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


301 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:11:37 ID:EUn6WeLY

        ,_--── 、
      /   /  ノ \
  ,ー─' >   ̄    丶
  |´             ヽ
  \              丶
    `丶_.            丶
      |             ヽ
       |             丶
       |              ヽ
       /      _,-‐────\
       |_/ ̄ ̄´    _-‐─7 ∧
       )  /⌒ ̄ ̄ ̄´   / /  丶
       |   |         / /   丶
       | \\      / /      \
       ゙|   |     / /         丶
       |   |    | /           丶
       |   |    ∧'        ,-‐─   丶
       |   |    /  \     /´       丶
       |   |    |   |     |         `、
       |   l   /    |     |          l
       /  ノ   /    `!     丶         ̄`丶_
 .     / _」  /    ___|                   ``ー、
   l⌒ ̄ |「/  /   //  \/ ̄ ̄ ̄       /         ̄`ー、,
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|                                               |
|                                               |


      |\       |\
      l lヽ`-‐ '´ ̄ `ヾゝヽ
        シ~ /" `ヽ ヽ  `、l
     //, '///|! !∥ ヽハ 、_ヽ
     〃 {_{ノ 」」 L|lトl_ リ l │ |ヽ
     レ!小lノ    `ヽ 从 |、i| l           こんなピカピカの塊よりも、
      ヽ|l ●   ●  |  |ノハ '           わっちにたくさんのリンゴをよこしてくりゃれ……
      |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j.  | !ヽ
      | /⌒l,、 __, イァト | //ハ      ___
.      | /  /ヾ、 / ,/  ヽ/ハ !    , ',´;.;.,r´
      |lTTTl l丶× / ヒ....;彡, ∨,、,. '";.;.;.;.ソ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 昭和9年4月、渋谷駅の駅前に、この犬の銅像が設置された。
 この像の除幕式には、この犬も参加している。

 はたして、どうして、生前から「忠犬」として銅像を作る必要があったのだろうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


302 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:12:03 ID:EUn6WeLY

        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \
 |      __´___     |      そういや、小学校時代に、
 \      `ー'´     /      この犬の事跡を書いた分厚い本、買いましたね……学校を通じて。
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /


     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   /             \
  /                  ヽ
  l                   .::::::::|         買った、というよりも、「買わされた」だよね、あれ。
  |   (●)     (●)   :::::::::::::|
  |     \___/   ::::::::::::::::::::|         飼い主さんに飛びかかるところとか、お葬式の絵とかあったね。
  ヽ     \/  .::::::::::::::::::::::ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この犬の事跡をまとめた本が、
 なぜ学校を通じて、生徒が「買わされる」ことになったのか……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


303 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:12:30 ID:EUn6WeLY


           ,.z=='三ミミ=-,.、、
       .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
        r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
        l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
       尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、
        Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ
        ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l             諸君。
        klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈
         ヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ | iー - -、_       私は「二君に見えぬ者」が大好きだ。
          `Tヾ(____ノ __V ,イ /  !     ,ハ
         / . ヽ、''ー-=≠'"ノ /l    〈  /
        ,    〈l t― ー_´  r' i    v /  {
.        /   , 、 \ 丶 ̄   !    レ゙    i
       {  〈`ヽ  j__ \  ヽ  /    〉  {   ヽ
.        〉  ヽ ∨ ) }  >=、,`=v    /  ′   ゙,
      /  丶} ;'  厶_/ // /!  /   ! {    !
      |    ∨ /  / // , !  /   }!  ?@
      {     ′/、 / 〃丶′! .゙    ヽj    {
      ヽ    〈  ゙ y  /  /、丿イ      〉   ム
      丿   __>、 ′ ′// 丿     ∠     }
      〈_/┌/ `ーー-r匕 r''⌒ヽ z―‐t /ヽ  /〈
      く /  八        ∧/ ヘ、 く \ `く |/   `、
.       リ     `,      /  〉  ∧  ぃ   ̄ソ  ヽ
       \   !   /、 /  / j | \ イ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 帰らぬ主人を待って、日が暮れるまで立ち去ろうとしない老犬……
 このことは、この犬を「二君に見えぬ忠犬」とするのに十分なものであっただろう。

 そして、「犬でさえ、主君の恩を忘れないのだ。」と喧伝されたのだ。

 何事も忠君愛国に結びつける時代であったのだ。
 そしてこれこそが、宮脇がこの犬の件を話題にするときに、
 本当に伝えたいことだったのではないかとスレ作者は思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


304 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:12:51 ID:EUn6WeLY


            {⌒>==<゙⌒7
           ∨从∧从:\/
           (ヽ|:Y○ ○| l/゙)
             ∨人 `^′_| |7
           Ⅵ、:::兀::::ノ:八
           /: :7〈_〉_∨: :l\
             /ィ∨`ー‐一ヘ N_,、
                |      }":ノ              _____     ━┓
            (>ー―‐<厂             /:::::    \    ┏┛
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|         /:::::::::      \  ・
      |                  |       . |:::::::::         |
      |                  |       . |:::::::         /       こんなに小さかったかお?
                             . |::::::::::::::      /
                               \_:::::::       \
                                 /::::::        |
                             .     |::::::::::::       |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 戦後、しばらくして。
 宮脇は幾度か、渋谷駅前広場にある、この犬の像を見たという。
 また、上野の国立科学博物館のこの犬の剥製も見たという。

 「私の記憶にあるこの犬よりも小さい。私が子どもだったからだろう。」
 と、述べている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


305 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:13:12 ID:EUn6WeLY

                           _,, -ッ、
                    _,,, ‐''"..:_::i;;''}″
                   _ -ッ'゛...:::::::::...'へ ミ}
                 /...:::/:::::::::::::::;:::':::::、:::::..`'' 、
           ,  フ´..::::::/:::::::::::::::/:::;/i::;ハ::::;:::::::::...\
         ,. ´, 〃:::::::::::;:::::::::::::::::,'::/ j/ l:::リ:l:l:::::::::...´゙'''ー-,
.       // //:::::::::::::::::::::::::::::::レ'、__,,, `l,/j/リ:::|::リ::;::::r'lツ'″
     / '  /.,'::::::::::::::::i:::::::::::::::::l ,門心 `ヽヾ `'j/ l::l:::.'゙゙、
     ..::, '   '.::i::::::::::::::::::l::::::::::::::::| ヾ_少  ゙  __,,, l::l::::.l\:.、
.   , '::::,   ,.:::::l:::::::::::::::::::;::::::::::::::::l  `     ィ'ラヾj/l:.ノ   `丶
  /..::/    ,:::::'';:::::::::::::::::::',:::::::::::::::'        lシ /::'イ
. /..::,     ,!::::| ';:::::::::ヘ::::::ヘ::::::::::::::' rv- .,   > '::::::.ト、
 ,.:::,'    //i::::l ',:::::ヽ;:ヽ;::::ヽ;:::::::::.',、 `, `ッ、 ,':::::::::::l:::..、
 |.::|    .'::' ',:::', ',::::::/\\:::ヽ;:::::.',丶,,i/  〈\::::::::', ヽ:.、
. ,:::,    .l::i ,ィ'´ ̄``'ー'´`` ' 丶、::ヽ::',   , イ::::.、\::..\ ヽ::.、
  ,.ヘ   /7``''-..,_          `_`'_ゝ<:::::::::::::.ヽ  \::..\ヽヽ、
   ヽヽ / /     `' --‐‐'''"´ ̄,/‐''"  ヘ::::::::::::::..ヽ  ヽ:::::..ヽヽ.ヽ、
    ゙,ミイ             ,/¨      i:::::::::::::::::::..ヽ  ヘ;::::.ヘ ヽ:.ヽ、
.    / |゙ ` 、,         /  _ ,,     ,'ヽ::::::::::::::::::::::..\ i::::::.i  ヽ:.ヽ、
    | /    `゙ ' ー    _,,レ ´     /:l::::ヘ:::::::::::::::::::::;::::..'::::..'    ヽ:.ヽ、
   / │           /      __/::::l:::::::::;:::::::::::::::::::ヘ メ:::..'\    ヽ::.、
.  / /           /     ,, ''//::::::::'::::::::::!::::::::::::::::::::,':::::; 、::::..ヽ,    ヘヘ
  / /,          ./     / .//:::::::::,'::::::::::'::::ト::::::::::::/::../\ \:::ヘ    l::l
. | ./'´          /    ,,/  /〈:::::::::/:::::::::,'::::::l ヘ:::::/:/::::::::.ヽ '::::.',   ,':,'
  ゞ              /   "    /  ';::::/:::::::::/::::::::l  lノ''::::::::::::::::::.}  ':::.'  //
               /        l  /:::::::/:::::::::/ ノ::::::::::::::::::::::./ /ノ /'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「忠犬」と呼ばれたこの犬……ハチ公は、
 1935年……昭和10年の3月8日にこの世を去った。

 告別式は渋谷駅で盛大に行われ、それは人間さながらのものだったという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


306 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:13:44 ID:EUn6WeLY

        ,_--── 、
      /   /  ノ \
  ,ー─' >   ̄    丶
  |´             ヽ
  \              丶
    `丶_.            丶
      |             ヽ
       |             丶
       |              ヽ
       /      _,-‐────\
       |_/ ̄ ̄´    _-‐─7 ∧
       )  /⌒ ̄ ̄ ̄´   / /  丶
       |   |         / /   丶
       | \\      / /      \
       ゙|   |     / /         丶
       |   |    | /           丶
       |   |    ∧'        ,-‐─   丶
       |   |    /  \     /´       丶
       |   |    |   |     |         `、
       |   l   /    |     |          l
       /  ノ   /    `!     丶         ̄`丶_
 .     / _」  /    ___|                   ``ー、
   l⌒ ̄ |「/  /   //  \/ ̄ ̄ ̄       /         ̄`ー、,
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|                                               |
|                                               |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ハチの剥製は、上野にある国立科学博物館に保存され、
 またハチの臓器はホルマリン標本にされ、東京大学農学資料館にて保存されている。

 そして、渋谷駅、ハチ公前広場には、今でも彼の像があり、
 その前は今日も人でにぎわっている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                               (おしまい)



307 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:14:07 ID:EUn6WeLY

【登場人物紹介】

        Yヽ          )ト、
         }ト、\           /'|ハ
        }>.:\\   ___/j^|' ∧
        }>.:.ー=匕´     /j^ |/ ∧
       >ー=ミ    ^⌒ヽ | ' ハ
      〃'            `ヽ V  ハ        ハチ(1923~1935)
.     〃'      /'イ     ハ Vi  i
     /' '     /  j ノ  }   i i     |        1924年から東京帝国大学農学部の、
    { { i l‐{-{、 イ i ハ   i | i  i !        上野英三郎教授に飼われる。
      Ⅵ i xミ、 ノjノjノ`>xノリ i  i !        1925年5月21日に上野教授が急死した後も、
.       V从圦心    ^fう心/   从l        毎日渋谷駅前で主人の帰りを待ち続けたといわれる。
       i  ハ ゞ゚,     ゞ-゚/  j∠. i l
       |  i人:::: 、__  :::.:/ /´  `ヽ:、       近年、ホルマリン保存された臓器の調査により、
        |  i i个ト ` ´   イ ,′    Vヽ      重度のフィラリア症であったことに加え、
       !,rヽユ、'´ ̄__ ´ V       ヽ       悪性腫瘍を有していたことが明らかになっている。
         r'    Y"´   /      ,  ハ
        〉、    !ーつ /       /  ハ
       Y,ハ   l ̄\/       /  /
          / l     !``ソ       /  ,ハ
       ,./  l    l`/       /  / 


【出典】
「古代史紀行」宮脇俊三
「私の途中下車人生」宮脇俊三
「時刻表昭和史(増補版)」宮脇俊三
「昭和8年渋谷駅」宮脇俊三



308 :名無しのやる夫だお:2011/06/17(金) 21:17:57 ID:GPxy684w

乙でしたー。
ハチは思いのほか長く生きたんですねー。


309 :名無しのやる夫だお:2011/06/17(金) 21:20:11 ID:IIse61S2



後に海を渡って映画になるとはねぇ


310 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:24:25 ID:EUn6WeLY

以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

補足をいくつか。
まず今回の作品で大ちゃんで充てた人ですが、文学界とは関係ない人ですが、結構有名な人です。
横浜市で「天皇」と呼ばれるくらい影響力を持った人です。

しかしハチの臓器がホルマリン漬けになって東大に保存されてるのは知ってましたが、
そこから再分析してしまうとは結構すごい話だと思います。
まあ死因の特定までは至らなかったんですが。


311 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:24:55 ID:EUn6WeLY

「現代文学のちょっとした裏話」
次回は18日(土)21時からだお
               - - 、   , ' ^ ̄`丶
               ● ●) ヽ  ', ト从Vv〉  新幹線の乗り方として、
              (人__) ノ   i(レ゚ Δ゚リ   これってどうなんだよ……
      _/____(ξ)_ノ|__ (つとノ_________ _/_\_
       / ̄/ゝ ,_______________________________|_|______
     / ̄   /_|ロ|_|ロ|  口 口 口 口 口 口 口 口 口 口   |ロ|JR| |_|ロ| 口
  /       |,,,| [__] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄[__] ̄ | | [__] ̄ ̄ ̄
 く|_=_______________________________|_|_______
  /____イ◎〓◎  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└───┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ◎〓◎    ◎〓◎



312 :名無しのやる夫だお:2011/06/17(金) 21:29:39 ID:7DmpGF8o
>>307
>近年、ホルマリン保存された臓器の調査により、

ほ、ほるま…!?
なんでまたわざわざ保存なんて…


313 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:35:07 ID:EUn6WeLY
>>312
学術的にはフィラリアに寄生された臓器を保存したかったようですね。

ハチの場合、その辺の犬と違って、国立科学博物館に剥製として保存してますし、
そういうことを考えるといい標本だったのでしょう。


314 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:41:13 ID:EUn6WeLY

PDFかつグロありなので、閲覧は気をつけていただきたいのですが、
東大のその報告書のリンク貼っておきます。

ttp://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/byouri/vphome/syllabus02/hachiko.pdf



315 :名無しのやる夫だお:2011/06/17(金) 21:41:26 ID:/dDEb3qo
>>312
南極物語のタロとジロも、剥製になって飾られてますしね





第9話へ進む




第7話へ戻る




まとめ一覧へ




 
関連記事

本スレ304「こんなに小さかったかお?」って
うろ覚えだが剥製にすると縮むって聞いたことあるな
骨格は変わらんけど脂肪とか抜くから縮んだように見えるのかしら
[ 2011/06/24 14:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する