合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

スポンサーサイト


タグ:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    前の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版)  第10話 【誰かさんの別荘】』  
    次の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版)  第8話 【宮脇と犬】』  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

現代文学のちょっとした裏話(リメイク版)  第9話 【同じ新幹線でも……】


タグ:
317 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:00:55 ID:YKRocb7.

みなさんこんばんわ。

それでははじめますかね。

現代文学のちょっとした裏話。


 
    前の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版)  第10話 【誰かさんの別荘】』  
    次の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版)  第8話 【宮脇と犬】』  

318 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:01:25 ID:YKRocb7.

【同じ新幹線でも……】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「どくとるマンボウ航海記」など旅行記を書いていることから、
 北杜夫を旅行好きな人間と思っている人が多いらしいが……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



















































       / ̄ ̄\
._     /   _ノ  \   __
| |======|    ( ●)(●)===| |
| |     |     (__人__)   .| |
| |     |     ` ⌒´ノ   | |            実はベッドからも出たがらない、
| |____|        }__| |           とんでもない出不精なんだよな……
| |\ ( . ヽ       } ヽ  \ 
| |  \ヽ   ヽ     ノ  )   \
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \

         【北杜夫】


319 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:01:52 ID:YKRocb7.

               ____
             /      \
           / ■□■□■\          そうは言われても北さん。
          / ■□■□■□■\         今回は旅行に行っていただかないと、
            |■□■(__人__)■□■|        出版社としても困るんですお。
          \■□■□■□■,/
          /     ー‐    \         何しろ「どくとるマンボウ途中下車」って企画だお。

        【担当編集者M(仮名)】


320 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:02:15 ID:YKRocb7.


       / ̄ ̄\
._     /   _ノ  \   __
| |======|    ( ⌒)(⌒)===| |
| |     |     (__人__)   .| |
| |     |     ` ⌒´ノ   | |            適当にちゃっちゃと書けばいいでしょ。
| |____|        }__| |           
| |\ ( . ヽ       } ヽ  \ 
| |  \ヽ   ヽ     ノ  )   \
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \


             ____
           /      \
          / ■□■□■\
        / ■□■□■□■\        いや、それは社としては困るお。
        |■□■(__人__)■□■|
        \ ■□■□■□■/        と、いうわけで、新幹線で関西に行くお。
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 というわけで、「どくとるマンボウ途中下車」では、
 半ば無理矢理に担当編集者M氏(あくまで仮名)に新幹線に乗せられた、ということを書いていたりする。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


321 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:02:42 ID:YKRocb7.

                           / ̄ ̄\
                         /  ヽ、 _  \
                        ( ー)( ー)   |
                         (__人__)     |
                          (`⌒ ´    .|      ストリップだろ、常識的に考えて。
                           {       |
                           {       .ノ
                          ヽ    ノ
                          / ̄`゙  \
                    ,.- 、    !   r  , 、|
              / ̄ヽ /   ヽ   ゙!  .| ノ | .|
            /    \ .i.  ヽ   |゙i  i  ' ./
           /   入.   \゙i   _\/ | ゙i   /|
         /  ,.-'  ∧.     \|  ソ .| ` | / |
  n、    ./  ,._'´`-.、/ 入     `-"  ゙i  .|/"´
  ミ ` - ノ  / `' .、 , /   \      、|  |
  ^ー-、 , /     ヽ_.」'    \    , | .|
     .ー´              ` 、__.ノ_r'" ヽ
                         ゝ!_'uu_/


        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /   ヽ三 _ノ  u  ヽ }}
      :/ ̄ ̄ ̄\■□■|ー、           男の裸なんて見たくねーんだお!
    ;/   ノル(<)\; __,/  、 `、
    ;|  (>)  _)  \  λ. ;  !
    ;|::: ⌒(__ノェソ   リ/    リ
     \ u ´   ソ―、´  _,.- '"
   {{  |   ̄`ー-⌒   ノ<´_ ヽ.
      !、__,,,_/´ く_,ソ    \
     /   /、       \ \   `、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 余談だが、北は京都到着後、現地在住の文学者の案内で、
 京都市内のストリップ劇場に行った後、飛行機でとんぼ返りした、と言われている。

 ちなみにストリップ劇場で何が起きたか、誰もが一切語っていない。まあどうでもいい話の類である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


322 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:02:59 ID:YKRocb7.


  /                    丶
. /             ,ィ  |:         ヽ.
/    l    ィ  / |: /|:  /|:  :i:    :ト、:|
     !   i i / .|; / | / |: 丿、 l   | .リ
    !: !、: i |/   ∨, .|/  iイ  | ノ|  |
ハ:::::rーi: i.ソ ´ ̄ ̄ ̄      ー--、ソヘ|ハ/|                    /.: ̄ ̄  ̄ ̄ \
 i::::i ヘi: :i  =工 丁     エエ=i、 ヽ                    /: : :             \
 iイ i  i: i      丿  i ヽ、__ i::::! ゝ                 /: : : :            \
  /iヽ.i .i     ̄      i     i::::/ /                /: : : : : :              \
/.;.;| !::i: i         丿    ir´ ! |                : : : : : : : :.._        _      \
.;.;.;.;.! !、 i丶.    /    、 ,. '´   ./                 : : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
.;.;.;.;.;!  ヽ  \  { ´ ̄ ̄ }'´    /                  ====( ̄ ̄ ̄)=ノヽ=( ̄ ̄ ̄)=====.|
.;.;.;.;.;.;!   ヽ.  \   ゙゙゙ .i´     /                  : : : : : : ´"''",       "''"´       l
.;.;.;.;.;.;.;!   ヽ  r' ー┬イ     .イ                   : : : : : : . . (    j     )      /
.;.;.;.;.;.;.;.;!   ∧  ノ r.└i.     丿∨i                 \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
.;.;.;.;.;.;.;.;.;!  ∧ /o`ソi | i    丿 /.;.;i                 /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.! ∧∧  ∧i |∠i___ノ  /.;.;.;.;:i                : : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!./ ∨i!⌒ゝ/ |   ,,, '´.;.;.;.;.;.;i                : : : : . : : . :                   \
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.!  {i!i!i!i!i!}  ヽ/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!  {i!i!i!i!i!} /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i

       【阿川弘之】                               【宮脇俊三】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、同じ新幹線乗車記でも、
 この2人だと、かなりディープな世界の話になる。

 時は1987年、二階建て新幹線がデビューした頃のはなし。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


323 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:03:21 ID:YKRocb7.

                  __,,,、,,   ,,、- 、
               /´    `´    ヽ
            /             \
              /                ヽ
           /     i   .∧  :il   i  ヾ :',
          ,'     l  / ./ ∨:ハ i! l   i
            l: l i l /!/∨   |/ ∨∨!   l
           レ! .! l i´""'''ー-   ,、-ー'''` l  :ヘ!
           ∨ヘ i | r==ァ   , r≡=、/ ∧|
              !ヘ∨ゝ    丿 .i ヽ  ∧ソ
            レヽi l       }     ∧ノ        年をとってものぐさになって出かけなくなるんだが、
               レヘ  /______ 、  /ノ         二階建て新幹線に乗って博多まで行って、
              ∨\ ヽ __ / / ′         河豚食わすなんていうから、
             /i{  \  ` /i            朝の6時からもぞもぞと、やっとったよ。
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',
 l::::::::::::`::、::::::::::::::ヘ::::::::::::::::l     l::::i,   l::::::::::::::ゝ::::::::l:::::::::',
 l:::::::::::::::::::`:、:::;:::::::∨::::::::::::i    l;::::;l   i::::::::::::::/:::::::::!::::::::::i
 i:::::::::::::::::::::::::`ヘ::::::::∨:::::::::::l   l;:::::;i    l::::::::::::i:::::::::::l:i:::::::::l


324 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:03:45 ID:YKRocb7.

       ____
     /      \
    /  ─    ─\         やる夫は二階建て新幹線は3回目だお。
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |       しかし阿川さんとの付き合いは30年になるけど、
  \   ⊂ ヽ∩     <        こうして汽車に一緒に乗るというのはなかったお。
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/



       __. --─-- 、
     ∠        \
.   /,r / /  ヽ ヘヽ  \
   /// , | |    | | ヘ  ヽ
.  |/ l / | ∧ | | :| |、:||  ',
.  | l | 、ト、.|. |ハ ハ |ヽ!ヽ'V  |        今でこそ鉄道ブームとかいいますが、
.  lイ lヽ| _ム-- ` レニニT | N         あの当時、宮脇さんは名編集者で、
    ∨| |´='モシ´   ゙ー'=|| |         こっちは半人前の小説家という感じだったんだけど……
    |ハ!  ノ   ヽ、  |//
      ヽト、    l    /            どっちにしても「汽車が好き」などというのは、
      ヽl\ { -─ } .イ            人さまにあまり尊敬されない感じでね。
         l`  ._  / ノ、
        / |    ,rく. ヽ
.       / ,ヘ   / ∧|
       | ハ ', / / ∧!


325 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:04:14 ID:YKRocb7.

               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \
            l    ⌒(__人__)⌒    l       そういえば、阿川さん、速い汽車お好きでしたよね。
          \     `⌒´     /
          /              \



                  __,,,、,,   ,,、- 、
               /´    `´    ヽ
            /             \
              /                ヽ
           /     i   .∧  :il   i  ヾ :',
          ,'     l  / ./ ∨:ハ i! l   i
            l: l i l /!/∨   |/ ∨∨!   l       それは田舎者だからですよ。
           レ! .! l i´""'''ー-   ,、-ー'''` l  :ヘ!       広島の市電は京都や大阪のに比べると遅くて遅くて。
           ∨ヘ i |=でラ`    ,  f∃ソ/ ∧|
              !ヘ∨ゝ    丿 .i ヽ  ∧ソ         それが山陽線の急行に乗るとね、
            レヽi l       }     ∧ノ          蒸気機関車がスピードを上げる感じが、
               レヘ  /______ 、  /ノ           もうなんともたまらなくて。
              ∨\ ヽ __ / / ′        
             /i{  \  ` /i              しかしこれはノスタルジーかもしれないけど、
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\            汽車そのものは、新幹線などできる前のほうが、
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_         味があったなあ……
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',
 l::::::::::::`::、::::::::::::::ヘ::::::::::::::::l     l::::i,   l::::::::::::::ゝ::::::::l:::::::::',
 l:::::::::::::::::::`:、:::;:::::::∨::::::::::::i    l;::::;l   i::::::::::::::/:::::::::!::::::::::i
 i:::::::::::::::::::::::::`ヘ::::::::∨:::::::::::l   l;:::::;i    l::::::::::::i:::::::::::l:i:::::::::l


326 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:04:33 ID:YKRocb7.

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |         大体、昭和13年くらいの頃かお?
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


                  __,,,、,,   ,,、- 、
               /´    `´    ヽ
            /             \
              /                ヽ
           /     i   .∧  :il   i  ヾ :',
          ,'     l  / ./ ∨:ハ i! l   i
            l: l i l /!/∨   |/ ∨∨!   l
           レ! .! l i´""'''ー-   ,、-ー'''` l  :ヘ!
           ∨ヘ i | r==ァ   , r≡=、/ ∧|
              !ヘ∨ゝ    丿 .i ヽ  ∧ソ
            レヽi l       }     ∧ノ         そうそう。
               レヘ  /______ 、  /ノ         
              ∨\ ヽ __ / / ′          上りの「燕」が夕方ぐらいに東京に着く。
             /i{  \  ` /i            
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',
 l::::::::::::`::、::::::::::::::ヘ::::::::::::::::l     l::::i,   l::::::::::::::ゝ::::::::l:::::::::',
 l:::::::::::::::::::`:、:::;:::::::∨::::::::::::i    l;::::;l   i::::::::::::::/:::::::::!::::::::::i
 i:::::::::::::::::::::::::`ヘ::::::::∨:::::::::::l   l;:::::;i    l::::::::::::i:::::::::::l:i:::::::::l


327 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:04:55 ID:YKRocb7.

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \          「燕」は夜9時だお。
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|         夕方は「鴎」だお。5時20分。
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )



  /                    丶
. /             ,ィ  |:         ヽ.
/    l    ィ  / |: /|:  /|:  :i:    :ト、:|
     !   i i / .|; / | / |: 丿、 l   | .リ
    !: !、: i |/   ∨, .|/  iイ  | ノ|  |
ハ:::::rーi: i.ソ ´ ̄ ̄ ̄      ー--、ソヘ|ハ/|
 i::::i ヘi: :i  =工 丁     エエ=i、 ヽ
 iイ i  i: i      丿  i ヽ、__ i::::! ゝ
  /iヽ.i .i     ̄      i     i::::/ /
/.;.;| !::i: i         丿    ir´ ! |          まったく、うるさいんだから。
.;.;.;.;.! !、 i丶.    /    、 ,. '´   ./
.;.;.;.;.;!  ヽ  \  { ´ ̄ ̄ }'´    /           こういうことになると。
.;.;.;.;.;.;!   ヽ.  \   ゙゙゙ .i´     /
.;.;.;.;.;.;.;!   ヽ  r' ー┬イ     .イ
.;.;.;.;.;.;.;.;!   ∧  ノ r.└i.     丿∨i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;!  ∧ /o`ソi | i    丿 /.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.! ∧∧  ∧i |∠i___ノ  /.;.;.;.;:i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!./ ∨i!⌒ゝ/ |   ,,, '´.;.;.;.;.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.!  {i!i!i!i!i!}  ヽ/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!  {i!i!i!i!i!} /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 とまあ、こんな感じだったり……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


328 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:05:24 ID:YKRocb7.

< 次は~、名古屋~、名古屋~

              _, -‐--....、
           /        ヽ
              /            ヽ
          /..   / i  ,|  l  ;   ヽ
          l  l  /l / | /{ /| /l }  i
          l/i l N`|メ、_|ム|/.,j/レ| | ト!
          f^i:::l ''ZTー   ィ'Zト.| | レ'^ヽ、
     ,...-',,⌒ゞミ、l::|.      l   l !Y::::::::::::::.ヽ、        よーし、ホームに下りるぞ!
    /::/..::::::::::::..ヽl_      〉   /v':::::::::::ノ::_;;:::::j,ト、
   /:::::::::::::::::::..`ー-、:l、  f===r  ,ヘ:::::;::::::/ ̄ ゙''ヘュ_ノ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::;;_ヾ;:、L_,,リ /:>:l/:::/
  ./:::i|:::::::::::::::::::::::::::::::..`''ヾ、ー_-イ, 〉<.|/ _ノ⌒ ー - ,,,__  _
  }:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..゙ヾ!、!;::|:|,r‐ '゙           //   ヽ
 「::::ヾ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ヽf     ヽ        l /    l
../::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,-''',ニ,-'"      \___        /
/:::::::::::..ヽ;::i:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ./ l          \X=-、,,__/
:::::::::::::::::..ヽl;:::::::::::::::::::::::::::::::| |  ノ     ` 、      ヽ ,ヘ./
:::::::::::::::::::::..ヽ、:::::::::::::::::::::::::::| l i´       ` 、    ノ ヾ|
:::::::::::::::::::::::::::..`ヽ;::::::::::::::::::::| | |    、     `'rイ  ,ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::.::..\∩:::::::::| l\      `=、..__,ノ   ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::i\∩:/  | ヽ、_    ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  \:!`ー、  ,,=''::::`、'‐-'゙
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::l  l ヽ_;;ァ'~ヽ;::::::::::.ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  | i    ヽ;::::::::::..\


329 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:05:40 ID:YKRocb7.


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \            ・・・・・・
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


330 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:05:57 ID:YKRocb7.

<次は、京都~、京都~

                  __,,,、,,   ,,、- 、
               /´    `´    ヽ
            /             \
              /                ヽ
           /     i   .∧  :il   i  ヾ :',
          ,'     l  / ./ ∨:ハ i! l   i
            l: l i l /!/∨   |/ ∨∨!   l
           レ! .! l i´""'''ー-   ,、-ー'''` l  :ヘ!
           ∨ヘ i | r==ァ   , r≡=、/ ∧|
              !ヘ∨ゝ    丿 .i ヽ  ∧ソ
            レヽi l       }     ∧ノ         よしよし。
               レヘ  /______ 、  /ノ         
              ∨\ ヽ __ / / ′          次の京都もホームに下りるぞ。
             /i{  \  ` /i            
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',
 l::::::::::::`::、::::::::::::::ヘ::::::::::::::::l     l::::i,   l::::::::::::::ゝ::::::::l:::::::::',
 l:::::::::::::::::::`:、:::;:::::::∨::::::::::::i    l;::::;l   i::::::::::::::/:::::::::!::::::::::i
 i:::::::::::::::::::::::::`ヘ::::::::∨:::::::::::l   l;:::::;i    l::::::::::::i:::::::::::l:i:::::::::l


331 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:06:14 ID:YKRocb7.

     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/            あのう……
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |             駅に止まるたびにホームに下りるのは癖ですかお?
  \ /___ /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 とまあ、駅に到着するたびに、阿川がホームに下りてあっちこっち行くわで、
 結構大変な旅だったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


332 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:06:45 ID:YKRocb7.

  /                    丶
. /             ,ィ  |:         ヽ.
/    l    ィ  / |: /|:  /|:  :i:    :ト、:|
     !   i i / .|; / | / |: 丿、 l   | .リ
    !: !、: i |/   ∨, .|/  iイ  | ノ|  |
ハ:::::rーi: i.ソ ´ ̄ ̄ ̄      ー--、ソヘ|ハ/|
 i::::i ヘi: :i  =工 丁     エエ=i、 ヽ
 iイ i  i: i      丿  i ヽ、__ i::::! ゝ
  /iヽ.i .i     ̄      i     i::::/ /
/.;.;| !::i: i         丿    ir´ ! |
.;.;.;.;.! !、 i丶.    /    、 ,. '´   ./              癖だが……何か?
.;.;.;.;.;!  ヽ  \  { ´ ̄ ̄ }'´    /
.;.;.;.;.;.;!   ヽ.  \   ゙゙゙ .i´     /
.;.;.;.;.;.;.;!   ヽ  r' ー┬イ     .イ
.;.;.;.;.;.;.;.;!   ∧  ノ r.└i.     丿∨i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;!  ∧ /o`ソi | i    丿 /.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.! ∧∧  ∧i |∠i___ノ  /.;.;.;.;:i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!./ ∨i!⌒ゝ/ |   ,,, '´.;.;.;.;.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.!  {i!i!i!i!i!}  ヽ/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!  {i!i!i!i!i!} /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 阿川のこの癖は、それこそ昔からのものだ、と本人が言っている。
 相当混んでいる列車でも、人を掻き分けてホームに下りたというのだから、筋金入りである。

 阿川のせっかちさ、落ち着かなさを表す癖といえよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


333 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:07:17 ID:YKRocb7.

         ::     :: : : : : ::: :.: .: .:.:.:::.:::; 、             | | i
          ..,,::::::.:.: .: :    : ::: :: : :: ::::::;  `・、          | | i
           ;.:::.: .:     ;;:;.:.: .:.:.:.:::::;´      ` '' ・ー----|◯ !
          ::: .:: : ::.:.     . ..:::;:::;'´               | | i
    ====::.    :::.:..  ;;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:≒====≠====| | i=
          ::    ;::;'   .:.:.:;;;;:.:.:;:;;'      ii            | | i/
          :.   "     ,;;.:.:.::;'´´´´´´´ii´´´´´´´´´´´´´゙| | i`ヽ_
           ゙:. _n__, '´_: , ‐-、 `ヽ_______ ii        `ヾl | i  { `ゝ
              ¶ i i      {{r、uj}     i i i ====== ニ| | i=!=
         ,. '´ li i_i  __∩ `ニニ´    i_i ト、__          | | i‐+‐
       r'´ ´(>r|‐r;i‐‐p=‐ ´ ̄ `   ‐‐‐=ヽヽ       | | i ii
       i'´l_`ヽi´i=ァ' / ´_____ ° 、    L_|! ̄}─r‐┬rl | i__jl_
       i (K); ii' / / /  l!D 51498 i!    〈l' `)iヽ! ̄`'''¬ー--i ┤!___
       i!: |ニ|i:;ijヽ ,' ,'    ̄ ̄ ̄ ̄     '   ! ! ̄`'''¬ー‐-i::::|..!___ ̄
       i!: l__jiノイij ヽ{ {‐、   (X))       :  i l ii ii ii i; ;: :::::i::::i::i ::
       i!i l:l  i   ', .   /`i!´   o  ij   ! ; ii ii ii i; ;: :::.:i:::.i::i ::
       i!i l:l  i   ' ,            ,'     i ii ii ii i; ::   ! !!i ::
       i!i l:l"""         ,,=、、          i!i! ;; ;; ;;   i ii:!
       i!: l;|             {{幺}}           i!i!===‐-- ! !!: ___
       ヽ.:!      __________v ー'ヽ          i!i!      ;::::iョ
        ii |il________ || ___i[] ̄´ii ̄´;; 。__      i!i!__       iョ
          `|i!_____:__ || ____jj。  ji_ o  __o   i「「´i         iョ
         |ii ii ̄ ̄ ̄  ゚:ll l「 `  :                 iョ
         jii lf、 0     jj lj_j                 ,'´` ,. iョ  ,...
          {{ |p ii_゚j_j__ ヾ.__             ..  ;:: .: : .:  `''´ `ヽ
    ,..     .`r‐rー r────┐゚゚         ,::´  `´`、       ∧
`ヽ._,'  `"ヽ.: .: ┼''ー'┘      |         r;'.:.::.:..    ;     ||1l
         .;;\___二二ニニ!      ___/::.:::. : .    ゙;;..:.   .||‐|
  ,,,,______,,;; ; ;:::::::::;;;;;` t- 、、_   rー--=:::::.:.:..... _____,,,,,,. ..,,,.,,;;;__||2|
  ∵∴∵∴∵∴∵∴∴:`'' ーo。.、j__  ̄}”””””}`"''''''''' ¬========ー─
      ∴∵∵∴∵∵∵∴∵∴∴∴∴∴”””"" ……‐---   、、、、_
”"" '''¬===──‐----゚ ° ゚  ゚

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 どうしてこうまでしてまで、ホームに下りたのか。

 どうやら、阿川は自分の乗る列車の先頭から、末尾までを、
 ちゃんと確認しなければ気がすまない性分であったらしい。

 例えば昔の列車なら、先頭の蒸気機関車から……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


334 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:07:39 ID:YKRocb7.


        ________
      /                \
    /                    \
   |━━━━━┓┏━━━━━|
   |          ┃┃          |
   |   ∧_∧ ┃┃          |
   |.  (´∀` ) ┃┃          |
   |━━━━━┛┗━━━━━|
   |======┌────┐======|
   |  O   |__ 銀. 河 __|   O  |
    |.         ̄─ ̄        .|
    |=====================|
    \____[]=]___/
                 
       /        \ 
      /          \
    /             \
  /                 \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一番後ろの客車まで、見なければすまない性分であった。

 戦前の場合、一番後ろに一等車(今で言うグリーン車よりもグレードが高い車両)を連結し、
 展望スペースなどがあったので、なおさらそうだったようである。

 ちなみにこれは「阿房列車」で有名な、内田百(※)も同様の癖があったという。

※門の中に月
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


335 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:07:59 ID:YKRocb7.

.    ,---┴───┴───┴---,
  / l"l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l"l \
.  | , l' l' V1.       |    (´_ゝ`) 'l 'l , |
  | l -'-─────┴─────-'- l |
  |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |
  |                        |
  ||                          ||
  | |                        | |
  | .|                        |. |
  |ニ,.        _,,..──..,,_         ,ニ|
  |-''      i'"        "'i      ''-|
  |  (二二) |.           | (二二)  |
  |       'l,,.       ,,l'       |
.  |____      "l'''──'''l"      __|
  | |  ̄"""''''''┴-----┴''''''""" ̄ | |
   | |   __         __   | |
    |.__|___l___l__l_____l__l___l___|__.|
    ―//――──――\\―

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところがご存知の通り、新幹線に代表される電車特急は、
 先頭車と最後尾が全く同じケースが多い。
 簡単に切り離しとかができないのでやむを得ないのだが、
 これが阿川にはつまらなかったようである。

 それでも、フラフラと見に行ってしまう辺り、
 このオッサンの、鉄道マニアっぷりがわかると思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


336 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:08:18 ID:YKRocb7.

  , -、                        , -――- 、
  !   ',                   く ̄`'ー 、 ,rz:yェュヽ
  ヽ.  ヽ     __            /.:ト 、 ー-{{ rャz_}}ハ
   ヽ   \  /´ }           / '}   丶、 ヽ,:クー'ヽ.〉 li
   r‐ヽ.  ヽノ   /          l.: /     >‐ゝ〃ヽl l|
  r |   {:. ,     九、         l: /- 、   ' ,ィfメ、 \ l :!
. 「', \_}l   ノ }' \           ヽ!:y=、     ヘ:りj  、Y´Vl     阿川さんは子どもの頃から、
 l ヽ_〕 _ イ _〕\´l\       _ハ:り 、    ´xXx  fヽjノ
 ` ー 't--イ  __j´ / _} \    //⌒ヾ  _, -'´)   ,rー」      汽車に向かって万歳万歳と叫んでいた、
     フ⌒K´ '  ヽ、|   ヽ、__./ ̄ `ヽー 、ニ´  r '´ ̄ ̄¨ヽ
     厶ィ l \    / |  、 ヽ `丶 -  V 」ト-イ_V´ . 二 _ 」、   というのを聞いたことがあるかしら。
     /  ハ.  丶、{_ 」   `     ヽ   /   _}。 Y゙-―‥チ:〉
      └ 'イ. ヘ    / イ    /‐t―     ヽ、, イノ  l:ト、 , -_」{
        / ,  l   'ーォ /    /  \__ ,    f´ ̄`フ|」 匕.-'‐i|
       ´} '´\  / {   /      /     ≦三} 。  K≧イ!
        ¨´ケ ハ フ | /      /     └=' 、  /ハ  l
         {.ノ} し'イj'       /          /`ヽ }'´ :|
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □         ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \       と、【某小説家(男性)】が言ってましたが、
        |      (__人__)     |       実際のところ、どうでしょう?
         \    ` ⌒´    ,/
         /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
        /      ,⊆ニ_ヽ、  |
       /    / r─--⊃、  |
       | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


337 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:08:37 ID:YKRocb7.

       __. --─-- 、
     ∠        \
.   /,r / /  ヽ ヘヽ  \
   /// , | |    | | ヘ  ヽ
.  |/ l / | ∧ | | :| |、:||  ',
.  | l | 、ト、.|. |ハ ハ |ヽ!ヽ'V  |
.  lイ lヽ| _ム-- ` レニニT | N
    ∨| |´='モシ´   ゙ー'=|| |         ああ、そりゃ【某小説家(男性)】のつくり話ですよ。
    |ハ!  ノ   ヽ、  |//          あの人、こういうホラ言うの好きだから。
      ヽト、    l    /
      ヽl\ { -─ } .イ
         l`  ._  / ノ、
        / |    ,rく. ヽ
.       / ,ヘ   / ∧|
       | ハ ', / / ∧!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ……とまあ、【某小説家(男性)】のホラのネタにされた上に、
 かつそれが真実であるかのように流布するくらいなのだから、
 この人の鉄道マニアっぷりがすごいものであることは「お察しください」ということで。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                               【おしまい】

【出典】
「マンボウ交友録」北杜夫
「マンボウ途中下車」北杜夫
「我らが愛しき汽車よ永遠に!」阿川弘之×宮脇俊三(KAWADE夢ムック「宮脇俊三」)




338 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:09:08 ID:YKRocb7.

以上でございます。ご清聴ありがとうございました。


339 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:09:27 ID:YKRocb7.

         /⌒⌒ヽ        「現代文学のちょっとした裏話」
         //ゞ\☆        次回は19日(日)21時かしら。
       §*゚ ヮ゚ノ§
┬┬┬┬┬0-∞‐0┬┬     ついに私も本格的に出るかしら!
‐┼┼┼┼┼‐┼┼┼┼┼
┼┼┼┼┼┼‐┼┼┼┼┼


340 :名無しのやる夫だお:2011/06/18(土) 21:27:19 ID:UUEHorlo

乙でしたー
同行者には傍迷惑な癖だなぁw


341 :名無しのやる夫だお:2011/06/18(土) 22:05:48 ID:U/EHmww.


某小説家(男性)って大体分かるような気がする……

342 : ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 22:09:07 ID:YKRocb7.
>>341
多分、その予想で当たってると思いますよ。

実はこのシリーズ作ってて、一番悩んだ人選。





第10話へ進む




第8話へ戻る




まとめ一覧へ




 
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。