合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

『できる夫はかつては言葉をなくした王子でした』 まとめ


                 Д_____________________Д
                 [[]!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!![]]
               |-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.|
               |.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=|
                  ノ-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.ゝ.
              ノ=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.-.=.ゝ、
            キIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIヤ.
           ノ_二三_-==-_─ ̄三─≡ ̄-三==_-二=三≡-_─_二三_-==ヽ、.
          /二=_-三 ̄≡_-==─≡_- ̄_=≡_二三二=_-三 ̄≡_-==─≡_- ̄_=\,,
      ,,_,,,-''''=_-三 ̄≡_-==─≡- ̄_=≡__二三二=_-三≡_-==─≡_- ̄=≡_二三''''-,,_,,.
_,_,,_,,,-'''____________________________________ "''-、,,,_,,_,_,,_
ヽ @==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@ ヤ
 `ヽ丶.}{ |艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸艸| }{  /
   \}{ |l|! ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄::┣━Д━┫:: ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄γ∴⌒∴⌒ .;}{./
     }{ |l|!: ::::::::|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiii|jjjjjjjjj.______jjjjjjjjj|iiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiii|ir;(∵ ∴丿;∵;∴ヾ∴ヽ
  γ;;⌒ ノヽ;;);⌒ ヽ|:::::::::::::::::| :::: :: ::::::| :: :::: :::::::||..r〃〃〃 f7⌒ろ) . |  .| :: :: :: :::::| :: :: : (:;;ソ∴∵丿∴ゝ∵∴):∴::∴):
r;;ゞ(;:: 丿;:: ;;;;;ヾ;;),,):.__|.___|..___||  l∥∥∥ ||   f灯..= |____|____`(∵(;ゝ(:::∴ ソ)::〆:ソ":(∴;(∴;ヾ)
(:: ;;;;ソ;; ) ;::ソゝヾ) ;;):::)==ii==ii==ii==ii==ii==|^| .|∥∥∥ ||   | |..._|^|==ii==ii==ii(ソ∴∵丿 ∴(;ゝ(:::∴ ソ)::〆:ソ" |;`ベ
(::: :(;;;;;(  ;::). (;ゝノ ::)Y...|| ̄ ̄`゙r| ̄ ̄ ̄/l-- |儿儿儿._」  ⊥厶 .--lヽ ̄ ̄ ̄|(∴ミ∵丿 ;`ベ∴;(∴ ∴(;ゝ(:::∴ ソ)::〆:
((:::(::;〆;;;ゝ;:: ;::))( ;::),ブ__||_________||________/l---〔__o____o_≦ト、.--lヽ____(∵ゝ丿;`ベ∴;(;ゝ(:::∴ ソ)(∴ ∴::〆:ソ"ヘ∴;
`ベ(; ゛(;;; (:::: ソ)::〆:ソ|il!li!li|il!li!li|il!li!li|il!li/l--- / ⌒  ⌒     \ .--|ヽ (;ゝノ∵∴;(∴)::(:;;ソ∴∵丿∴ゝ∵:(:;;∴∵丿∴;
: : : : : : : : ゝ|;il|!|ソ´~: : : : ; : : : : : : : : : : : ; : : : .|  (●) (●)     |.: : : : : : ; : : : : : : : : : : : ; : : :ゞ|;il|!|;il|!|/: : : : : ; : : : : : : : :
: : : : : : : : ノ;ハノリヽ_ : : : : ; : : : : : : : : : : : ; : : : : .|    __´___       | .: : : : : : ; : : : : : : : : : : : ; : :ノ;ハノリハノリヽ_: : : : ; : : : : : : : :
: : : : : : : :^"''`"" ^: : : : ; : : : : : : : : : : : ; : : : _ _\ r `ー'´ 〃   / ー- 、 : : : ; : : : : : : : : : : : : ⌒^"''`"" ^ : : : : : : ; : : : : : :
                              ,ィ(⊆≧リ≦⊇)〃   /     rク\
                            /   | ̄r少}¨ ̄〃   /    /′ ヽ
                        〃 l   |  l| | l| 〃    /     /    └ヽ


             .┏┓                                              ┏┓
             .┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
            ┃                                              ┃
            ┃       できる夫はかつては言葉をなくした王子でした         .┃
            ┃                                              ┃
             .┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
             .┗┛                                              ┗┛




『できる夫はかつては言葉をなくした王子でした』 まとめ



無事、全話完結いたしましたいたしました

    前の記事『できる夫はかつては言葉をなくした王子でした 「真紅で学ぶ老子の言葉 第1章 ─中国人と孔子と老子と─」』  
    次の記事『できる夫はかつては言葉をなくした王子でした 第五話「鳳凰の冠」 最終回』  

この作品は「沈黙の王(著:宮城谷昌光)」を原作とするやる夫スレです。



.           |     |         |  {(_/
          |     |        |i   |
            |     |       │  │
              |     |,  " ̄~"ヽ、|  │
.             |   /     ,';':、、|  │
            |r一1r一一‐、_;_;_;_;|   │
               |`7´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,辷_゙`|
            V;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;/   /|  原作者の宮城谷 昌光は、
                /;;;;;;;;;;;;;;;;厶一'¨7   ∧|
           /;;;;;;;;;;;;/, , "   |   / }  古代中国の歴史物をメインに書いてる作家さんだ。
             {;;;;;;;;;;彡 '''   ,'  │ :|
            `ト、ノ        ,'   / :{   歴史物に興味が無い人には馴染みがない名前かもしれないが、
                |       /辷_ /   |
            」; ,:      /   /   {   これで結構な人気作家なんだぜ?
.            厶;_;',    /   /,    |
           |;:;:;:;彡'; , .;.;/   /;    ,:|   そんな宮城谷氏の作品は長編が多いが、今回ネタにさせてもらったのは
           |;;;;;;;;'㍉; ;"/   /;: ;、㌻`|
.            |;;;;;;;;;;; ^T´    |ヾ'^;;;;;;;;;|   この人にしては珍しい短編集だ。
             |;;;;;;;;;;;;;/    │};;;;;;;;;; /
           ノ;;;;;;;;;.イ ト仆-'`l〈;;;;;;;;;;;;|   まぁ正直メジャーな作品とは言えないな。
.           └一'´ .| |    {. \__ノ
                | ト、  _」|


                  ,ィ;ー-、
              ,メ::::::::::::::ヽ、_,. --ー-、,,._,、、
                /::::::::::::::::::;彳´         `ヾ、,..-ー-、
             }::::::::::::::/              \:::::::::ヾ
             ヾ::::::::/    ,,._.,                `ミ::::::::',
              \:/    ,:'::::::::゙;      ,.:::..、   ヘ::::::::{
                 }'  ,.,:':::::::。:::;        ;:::::::::;.、   i::::ノ    だけどオレはこの短編集が、氏の作品の中では
                  |   ',::::::::::::;:'  ,__  ',:::゚:::::::;    ',"
                   |   `゙'''''"   ''、,:''   ゙、:::::,::'     i     2番目か3番目くらいに好きなんだぜ。
                    |        、_,人,_,        {
                 /:',          `゙'ー一''´          メ、    歴史物というより、神話を語るに近いストーリーだから、
             , :':::::ヾ、                  ,/:::::\
           /::::::::::::::::`メー--一-------―‐ー-::''"::::::::::::::::ヽ  まぁあまり史実は気にせず気軽に楽しんでくれや。
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
         ,;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,'::::::::::::::::::::::::,:'"`゙''''ー--ー-ヾj-リイ---ー''"`ヾ::::::::::::::::::::::::';,
         }::::::::::::::::::::::::i                      l::::::::::::::::::::::::::',


とのこと。

まとめ一覧


第一話「沈黙の王」 できる夫はかつては言葉をなくした王子でした
その1 その2 その3 最終回

第二話「地中の火」 軍曹は天下をねらうようであります
その1 その2 その3 その4へ進む 最終回

第三話「妖異記」 ミクは周王朝をみくみくにするようです
その1 その2 その3 最終回

第四話「豊饒の門」 阿部さんはフフンの意思を継ぐようです
その1 その2 最終回

第五話「鳳凰の冠」 やる夫の冠
その1 その2 その3 その4 その5 最終回


番外編『真紅で学ぶ老子の言葉』
第1章 第2章 第3章 第4章


作者殿の前作「やる夫と真紅は深い河を渡るようです」もよろしければどうぞ。


最終スレ:【宮城谷短編集】やる夫の冠【今度こそlast】


【宮城谷短編集】やる夫の冠【last】
【宮城谷短編集】阿部さんはフフンの意思を継ぐようです 他
【宮城谷短編集】ミクは周王朝をみくみくにするようです 他
【宮城谷短編集】軍曹は天下をねらうようであります2 【第二話】
【宮城谷短編集】軍曹は天下をねらうようであります 【第二話】
【宮城谷短編集】できる夫は言葉をなくした王子でした 【第一話】




 
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する