合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

現代文学のちょっとした裏話(リメイク版)  第24話 【「1970年11月25日」……第10話】


タグ:
779 名前:質問スレッド稼動中だお[sage] 投稿日:2011/07/24(日) 21:29:36 ID:iJ0uy7k.

表現は違うけど、ワンフィンガーの人の感想に近いような感じかな


784 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:05:09 ID:Bp1jYBNI

こんばんわ。

まず前回の団藤先生ネタについては、
三島が法学部卒だったのは知ってたんですが、まさか三島が団藤先生のこと書いてるとは思わなかったし、
団藤先生が三島論書いてるとは思いませんでしたね。

実を言うと今回のシリーズにはネタ本があるのですが、
団藤先生のネタについては、その本にも書いてなくて、ネット検索したら偶然って感じでした。

>>779
実は村松友視先生にもこの事件に関してとんでもない大ネタが1本あるんですが……
これは他の小説家が絡むので後日の話題にしようかと思ってます。


785 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:05:39 ID:Bp1jYBNI

と、いうわけで投下します。

現代文学のちょっとした裏話。


 
    前の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版)  第25話 【「1970年11月25日」……最終話】』  
    次の記事『現代文学のちょっとした裏話(リメイク版)  第23話 【「1970年11月25日」……第9話】』  

786 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:06:01 ID:Bp1jYBNI

【「1970年11月25日」……第10話】


                                / ̄ ̄\
                              /       \
       ___                  |:::::       |
      /     \                . |:::        |
    /        \                |::::         |
    /::::::           ヽ               .|::::       __}
    |:::::          i              /::::        \
    ヽ:::        __/              |:::         _)
    /::::        \              |::::         i
    |:::         _)             |::::        i  |
    |::::         i              |::::        |  |
    \___、_____  ノ _)             \___、_____  ノ _)

     【宮脇俊三】                  【北杜夫】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、このスレの常連出演者は、三島由紀夫の死をどう受け止めたのだろうか?

 実のところ、三島事件について何も言及していない人が多いのだ。
 当時、中央公論の編集者でそもそもつながりのなかった宮脇俊三はともかく、
 北杜夫もこのときは疎遠になっていたらしく、全く言及をしていない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


787 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:06:23 ID:Bp1jYBNI

                      .:::::::::::::::::::::::::::::l
                     .:::::::::::::::::::::::::::::::ト、
                 .       .:::::::::::::::::::::::::::::::::|
   :   ::.        .:       .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
   :.  ::::.     :  .::    .::  .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
l   ::. :::::.    .:: .::::   .:::: .:::::::::::::::::::::/〉:::::::::ハ::l
| l  ::.. ::::::.   ..::: ..:::  .::::::..:::::::::::::::::::://:::::::::/ Ⅳ
ヽハ  :::. :::::::.  :::::.:::::: .:::::::::::::::::::::::::::::/  {::::::イ::/
  ヽ ::. ::::::::. :::::::::::..:::::::::::::::::::::::::::::/\ l:::::}Ⅳ
    、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.イ   し!::〃
    ヽハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/ |    |::/                ・ ・ ・ ・ ・ ・
     /|:::::::::::::::::::::::::/:::/レ'  |    レ
    r─;|:::l::::::/::::/:::::イ::/ /      /
   / YjⅥ:::ハ/|:::/ |/    ,    /
  __/   \!/   |/      / ̄ ̄
/ ヽ     \         /\
    ト、     `   、   ,イ   `ーァ- 、
    l \       丶、   \   くハ  \
   |   \        7i   l   ヾ、   ;
   |    \      / \_}__    〉   |

         【阿川弘之】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島と特に親しかったといわれる阿川弘之も、
 三島事件そのものについては、なんらの言及もしていない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


788 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:06:41 ID:Bp1jYBNI

        , >――≧ー-、_,
.         /     ´  \i/ ̄\
     /      \   |   r-y≧^ヽ
.    /   t \    ヽ  !  ヽ いノ__i__
    /   />' \ へ   ヽァ、 ノ i  > /
   i! | ./ _ ` ヾ _  .\  ヽY_/ -' レ'
   i  ! / ィ  i,    `> 、\ !   ! i
   |ハ 'i|.  } ツ     イ  ,|丶ヘ   |. /
     ヘ!         } ツ  ヾ!_ .レ'
   / ̄!!                ー 、         今でも市ヶ谷の前を通るのは嫌かしら。
   i  ̄心    !` ー ,     r<   ノ
    `>y > 、 ー―'    ノ_` ̄{
    `Tミニニ >ー--‐―<ケ `ヽ,(
     // /!≧'''7vハ-、/  !><,ハ に
     i ヽ!_.  丶 /!^|ヘ.(   >ヘ__,=≦
    ヽ、|-'   i! i. !. !_>y ヾk-'   ト、
     <    !,iニ-!r (  て  _,ィ  \__
       )   |i/⌒ヽ'    t―'     nつ
     __>i!   !、  /`/  |ーへハ'^ー'ヽ、_
    i'´   !    |ー'/    {,        ) )-テヽ
    `ー―!____K'      |ヽ    __//ニ--'
        /  ヽ >--'ヽ_/__,,>'
        i_/^-' 'ー^ヽ-'
          【遠藤周作】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 遠藤周作は、事件からしばらく経った後に、
 「今でも市ヶ谷の前を通るのは嫌だね」とだけ、言っている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


789 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:07:07 ID:Bp1jYBNI

       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',         なんかざわついてますね……
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、        どうしたんですか、みなさん。
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !
           ソ.    /   ン      、 ', l
           /    /   /          ', ', 'i
          /    '   /            i. ', l

                【辻邦生】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 辻邦生。
 北杜夫の松本高校時代の先輩であり同級生であり後輩でもあるが、
 北の第一の親友と言っていい人物である。
 フランス文学の研究家として立教大学で教鞭を執るかたわら、
 当時「背教者ユリアヌス」を執筆していた。

 さて、その辻だが、講義を始めようとしたとき、
 教室が妙にざわついていることに気がついた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


790 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:07:34 ID:Bp1jYBNI

/::::::::::::::/!:::ヽ::::::::::::::::::::::::::!:::::::`ヽ、`ヽ二ニニ==‐‐--、__:_:::::::::::::::`゙‐-、__:::::::::::::
/::::::::/:::::|!::::ヾ、::::::::ヽ::::::::::i`゙‐--、_ヽ∠´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙`ヽ、,,_`゙ヽ、ヾ‐、_:::::::::::`゙‐-:
'::::イ/:::::::::::i !:ト::ヽ:::::::::::ヽ:::::::::l    //`‐゙ニ=‐ __       `゙ヾ、, ゙!::`゙‐ニ=‐-:::::::::
:/::ソ::::::::::::::ハ.l! !:::l!::::::::::ヽ:::::::::ヽ   //    r'´(;;)゙)      /ツ'' |:::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::/:::ハ ト、:\ヽ:::::ヾ、::::::ヽ. | !    `‐-‐"     /彡" U !::::::::::::ハ:::::::::::
::::::::::::::::/::/___ ヘ ト、::::::ヽ、::::::ヾ::::ヽ::ヽ|           /彡''    |:::::::::::| !:::::::::
::::/:::::::/:(´r‐‐ヾ.ヾト、\::::\::::\:::\ゞ、,,_     __,,. '"彡"     |::::::::::i  |:::::::::
/!:::::::::|::::V;}  / |! \ヾ::::ヾ\:\:::\ヾ、ー‐--‐''"彡''        |::::::::|   !::::::::
/::::::::::i:::::{;ij/      \::::::ヽ、\:::::'::ヾ、≡=三彡           |::::::::i  |::!::::
〃:::::r‐''´          \:::ヽ.  ゙‐-、_ヾ、              |::::::/  |::|!:::         ・ ・ ・ ・ ・ ・
|!::|:::::|              ヾ、      ` ̄          i     |:::/    !:|i:::
li::|::::::ヽ、                              l !  |:/    |:!|:::
::::|!:::::|::lヽ、   ー‐-、.                       し'  ,リ    |:i|::::
::::|i::::i::::|  ヽ、    ゙       ヽ.                   |!    |:l|::::
ヾ|!::::i:::::l   `!           ヾヽ、_                      |:|l::::
 ゙i:::::l::::::l、   '              `ヽヽ                     リ::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 辻は、どうしてざわついているのか、生徒に質問した。
 そのとき、初めて事件が起きていることを知った。

 「一瞬、私は、顔面に激しい打撃をくらったように感じたが、かろうじてそれをこらえた」

 辻は、三島とは一度も会ったことがなかった。

 どうしてそういうことが起きたか判らなかったし、半信半疑だったという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


791 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:08:09 ID:Bp1jYBNI

            _      ヽ、、
           __三ー:::::::ェ-::、._ヾ:::ー 、   i.
      _.......ェ=三::::::::::::::::::::::::::::`ー:::::::::::ヽ i::l
       `'ー=、:::::::::...-==-:::::ニニ:::::::::::::、::ヽ::::l
        _,,...ネ:::::;;-‐:::::::::::::ー―-::::::::_::::::、、:::::!
     _:ィェ::'::::::::::::::::::::::::::::::::::ンニ=‐::::::::::::::::ン,.)::i::ヽ
       ,シ::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::'ー=::=ニテ::::'"ン://:,'
     <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ン彡ン::::::::::::::::ン':,:',:'::;'::ヽ.            えー、みなさん。
       ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::/イ::::::_:::-::::::,,:: '::::,:':、::iヽ
       ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::":::::_::::::::/:::::,::'::::::::::', !            人という字は……じゃなくて、
     ∠::::::::,:'::::::::::::::::::::::::::::__シ_'::::::; '::::::::,::'t:::!:::::iヾ
        ,::'ィ::::::::::::::::::::::,r''ゝ、r:j,゙シ'ン::::,:',ケrj.ナ::!从i `            こうした生のアイロニーのことを考えて、
       ´_/ンi:::::::::::::::::::i   ` ̄ '"/ 'i ゙"",':::ハ::i             いたずらに極端な考えに走らず、
-ーー-ー''""" 〈 i ン''リ;:::::j::::i       _  .i:  ,':::,' ヾ             生の現実について、考えていただきたい。
   ト、ヽ\ ヾ゙:'、ヾ ' ',::i i:::゙、       '´ イ::/__  `
`ヽ ! !i    ,、、t、ヽ : リ ! ! ヽ.  <ニア /!.lリ  `ー、
  ヽリi!_,-=ニ、 `ー、` t、、_.ヽ  ::\ ''''''´イ:/ , ゙!   i ヽ        ,、-、-、:::
__, ァ‐''´    `'ー、 `'、`、ヽ、ー:::::::`=´ン /     .l i , i ヽ_     / r;;;' ;;
      ァ彡ミアi '、 ',. i、 Xー-─‐‐'´/      i〃,;r''''''':ヽ,   / // ,ノ,
   _, =''":. :. :._,,:.>; ;、 ', fヽ.) ̄''''''''i''''''''''''ー─ 、i!.__i:::::::::::、::::iゝ/_ , '(_フハ='イ
 ;;;;_;;::::ィ'  ´  i ハ ', ,i       l           / ヽ:::::::::::ゞヾ゙ー'"ー--゙L__::
'"゙i´ // i |    '、ィ iーー'     l        /     ̄ ゙゙''ヾヽ、    /ヽ
 l!、 / ヽ |      l       |       /  /     /. \\  /
 l!゙! /  ::. |      |       l       /  /    /    \\
 ト、シ  i:  |      l         l        /  /    /      ヽヽ
 |j゙j !   l:  l  \   lヽ      l      /        ,' 、_     /. ヽヽ
,ィ// ,'     l     l  ー   l      /       i  `   /   \
"/ ,'     |  /  l       l  \   i´  _,. -‐''´ i,,..-    /
、  ,'     |  /   l       l    \.l       /    、_i
‐― --、、、,,,|,,,,,,__  l       l     l      /      /
            ̄ ̄'''''''''''ーー----、、、、、、、、,,,,,,,__i      /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「われわれは身も心も震撼させられるような大事件に見舞われることがある。
  そしてそのため、もう夜は二度と明けないのではないかと思うことさえあるが、
  しかしどんな激動の事件のあとでも、やはりふだんと変りなく太陽は東の空に上がる。
  それはわれわれの激情を嘲笑するように何事もなかったような顔をしている。
  しかし、われわれが生きてゆく以上、こうした生のアイロニーを知らなければならない。
  いままだ私は三島さんの死は信じられないが、もしそれが真実だとしても、
  どうか、生のアイロニーのことを考えて、いたずらに極端な考えに走らず、
  生の現実について考えていただきたい。」

 こう述べた後、辻は小説論の講義を始めた。

 「アイロニー」とは、反語や二重性のことをいう。
 辻は死を「生のアイロニー」とすることによって、むしろ生を考えることこそ大事と主張したかったのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


792 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:08:41 ID:Bp1jYBNI

           ,;.:_:;.:_;.:_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶、
          /::. : : : : :`丶、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        ,イ!::::. : : : : : : : : :`丶、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
       r:::/:!::::. : : : : : : : : : : : :ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
       イ::/::::!::::. : : 、: : : :ヽ、: : : : : \: : : \ : : : : \: : : : : ヽ
      イ/:::/::::ハ:::::.::\: : : : \: : : : : :\: : : ヽ: : : : :ヽ: : : : : ヽ
      イ/::::f:::,イ ヾ::ト、: : \: : : : :\: : : : : :ヽ : : ヽ: : : : : ヽ: : : :}
.     イ::::!::f::::! ヾ:::k \: : ヾ: : :: : :丶、: : : ヽ : : : \: : : : ヽ: : ト
     j::::!:::!::::! .,,_ ヾ:ヽ  \ヽ、  _ ,、-‐ゞ、: : : : ヾ: : : : ヽ: : : i : : !
.     i::::!:::!:::::ヽ, `゙ヽ,   ヾ,r'",,.-=z \: : : : ヾ: : : :i : : 1: :/!
      !::::!::ト、::::::ヽt〒ハ、    '゙ゞ-'‐゜   )ヽ: : : : 丶: : ヽ! ノ
      !::::ハ::! ヾ :::::l`¨´ i`            ヽ: : ,.: : : ゞ: :イ
      !:::! ヾ i:::::::!.  /                 ソ:, ヽ:ヽ:ヾi
       ii    ヽ::::ヽ 〈.,__                ゞレ :ハ:ト、
            ヾ:::i 丶、` __,             ヾレ/ヽ、 _ ___
               ヾj   \  ー     ./  /   /
                      丶、.__,,.イ   /    /
                        丶_,/    /

                【吉行淳之介】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一方、吉行淳之介は、そのとき、自宅でテレビを見ていた。
 誰かに教えられたわけでもなく、偶然テレビを見ていて、三島事件を知ったらしい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


793 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:09:04 ID:Bp1jYBNI


       . /: : : : : : : :/ : : /: : : :| i: :ヽ: : : ト、: :゙ヽ、
        |: : : : : : : :/ : : / ,:ィ¬ i : : ヘ: : : :ヘ: : : : ヽ
        .|: : : : : :_ / : : /::/   . | i,: : ハ: : : :i : : ハ :ヘ
      |: : : :,彳i: : : : | ト⊥_ . |:iヘ: : ハ : : i: : : : iヽ!
      ル: : ::i<! i: : : ,|:iィ'宇戈、:i ヘ: : |ヘ: : i : : : i
     '". |: : : :ヘ"i : : ハ  ̄   ゙、 .孑七i: :iヘ: : :i
        `l: : : :¶i: : i          i .`丁 ::/i ハ: :i     自衛隊は三島さんにとって、親戚みたいなものでしょう。
       |: : : :ノ i : i        i! ノ: :/. i:! .i:;'
       ./'/l: :/. i :i     , 、___  ´./: /    ~      それが、どうして?
    , --ィ .i/   i:i \   ` ニ ´, へi:/
    /     `ヽ、i;  \_  / i  ~
   く、       `ヽ、 i   ̄  '"
   /. `ニ=- 、   二
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 吉行は最初、ことの次第がつかめなかったらしい。

 「自衛隊は三島さんにとって親戚のようなものだと思っていたのに、
  その自衛隊に白刃を持って乱入した」

 ということが理解できなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


795 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:09:49 ID:Bp1jYBNI

                             /´ /;イ: : : ! : : l: : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : l、 : : : : : : ヽ: : : : : :
                              // /: : : :l: : : :l: : : : : : : : 、: :ヽ: : : : : : lヽ: : : : : : : l: : : : : :
                             /'´  /: : /: :!: : : :l: : 、: : : : : ヽ: : l: : : : : : !: ヽ: : : : : :l: : : : : :
                            /'    ./: : /l: : l: l: : : ',: :ヽ :、: : 、:ヽ :l: : : : : :l\ヾ、: : : : :ト、\: :
                                l : /イ: : l: :l: : : :l: : ヽ \: \ヽ! : : : : l\ヽ:ヾ: : : : l、: : :\
                                ,': :/ l: :/ヽ:ヽ: : :ト、 :、: : :_ :\ヾ: : : : l : ヽヽ:ヽ: : l:l:\: : :
                                l /  l: /: :/l、ヽ: : l>、\\:ヽ: :\ヽ: :l: : : lヽ: : ',: : l:', : :>
                                l:l  l/: :/: l: ヽヽ ','´L__ゝ_≧:ヽ: l`:\': : : l: :ト: :l: :!.l !: : :
                                !l  /:/ヽ: :l`Уヽ:ヾ'´ {泌、イ \ヾ,: :/`\:!: :l: :λ!: l !l,: : :
                                ! /:/  ヾУ  \ヽ. ̄´`ヽ  l`メ: : : :メ、l: :/ ヾl:トリ}: : :
                                ' /'    /     ヾ    `  l:/l: :>: l: /:/ ( ゞl ノ!: : :
                                ,--=‐ 、.  ヽ      \    /イ l: : : : :l:/' /イ>.7: : :
   バカなことをしたものです……           / , -、 ̄ヽ\ ヽ         /'  l: : : : :l/ r-イ´ l: :l:ヽ: :
                              , -' ´  `>'ヽ、_`ヽ _        l: : : : /イ    .l: lゝ/
   これじゃあ、犯罪者として扱われる。     l  ,/' ´ /`丶ニ,〉` ̄`       .l: : : :/'     /!´
                              l /  /y'´ ̄:: ̄:::丶         l : : /     /  l
                             .〈   ヽ':::::::::::::::::::::::::::::',_ _ , <:::ィ: : /    /
                              ` 、 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-‐匕ヘ l: /   /       /
                                 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::h!   .乂、 ./        /
                                 ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l  />'´         /
                                  `> 、::::::::::::::::::::::::::// >'´λ‐-、        /
                                     <::::::::::::::::::::::/' /   l ヽ \     ./   /
                                     /:::::::::::::::::::::::/'´   _」 -十―-ヽ   /  ィ/::
                                    ./::::::::::::::::::::::::/、    \ -‐ ヽ   \ / / /:::::
                                   /:::::::::::::::::::::::::/  \   .lヽ  ヽ   ∨ / /::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 事件報道を聞いているうちに、乱入したの意味がわかってきた。
 そして「クーデター」という言葉が聞かれるようになって、吉行は事件の輪郭をつかんだ。

 「バカなことをしたと感じました。三島さんは事件以後、犯罪者扱いされている。」

 と、吉行は嘆いた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


796 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:10:24 ID:Bp1jYBNI

::|       i-ー'ーヽ  ヘ::..   \      i::.  i:. ヽ  ̄`ヽ=、
::|         !     ヽ.  ヽ:::..   ヽ      '::.  l::.  ヽ
::|      :   l     ヽ:.  ヽ、::..  ヽ:..   ':::.  !::.  i
::l  :   .:   !       ヽ:. ヽヽ、::.. ヽ::/  ':::.  !、:. |
:::i ::  :l:   l          \ ヽ \/ヽ:::.   ':.  | ヽ:. !
r┤:::  :l::  |  ̄ ̄```ー- \ ヽ ,r‐ァォヤ、::.  i::: |  ヽ|
.ト| ::::  :l::: | ,r≠T〒ト    \ヽ-┴'´ |、:::. !::: |
.i' i :::::.. :ヘ::. l `ー┴ー'      \、   !::l:::. |::::::|
ヽヾ, :、:. ::ヽ::.!            、 \. |:::ハ:::ハ:::::|
::::\!:::l::.::::::lヽヘ                 ヽ  i::/ }:;' ',::::|            これは……「焼身自殺」だな。
::::ヽ:.::::ヘ:::::::! ヽ            / /::/ |'  ',::|
ヘ:::}ヽ::、::',:::::!               /!::{     ヾ           でも、私には……是認できない。
 '::| !::Xlヽ:::',、       -―‐‐'  ィ l::i
  '.i ';' ト ヽ:! ヽ、       -  / ! ヽ!ヽ_
  ,/  |  ヽ   ` 、      /  l    、`ー、
.//    !  \     ` ー-r-'   l    !   ` ヽ 、
 /     !     \     /       l      !        ̄ ` ヽ 、
./       l       \ /         !      !             ヽ、
      |    ,-‐‐'\        l      ',                | ヽ
      |  イ::::::::::::::::::ヽ        l      ',              |  i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 吉行は、三島の行為を一種の「焼身自殺」と思っている。
 しかしそれは、意味のない行為だとも考えていた。

 吉行は自分の内心を「市民としての自分」と、
 (本人は嫌がりつつも)「芸術家・物書きとしての自分」に分け、
 まず「市民としての自分」について、この行動を是認できないとした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


797 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:10:49 ID:Bp1jYBNI

                _ ,, --
              /::::::::::::::::::::::ヽ
             ゝrリ:::::::::::::::::::::::::i
              i、ヾー、:::::::::::::::::|
               | } リ、:::::::::::::::l
               ', イ ル、::::::::::',
               ヽ_/´ ̄ ̄ ̄ヽ_
             ,ィー‐'ー─ ̄二=三'ー 、_
                /   ヽ         ',   `ヽ
           /,--、 ',          ',    ∧
           tー--‐' ,         '     }
         _/ ` 、  l      >     i     .}
          //      リ  >      i    |              ____
       /;;/        ,、 < __..      | ヽ,  |             , '´::::::::::::::::::, ' - 、:: ̄ ̄二 - '´
       レi     / i "´         i   ヽi            /_:::::::::::_:::::::::/::,_:::::::::`ヽ`゙ヽ
        .} 、.   /   .',          l    ,'          , '´~:::::::::::::/`ヽ/:::::::ヽ:::::::::ヽ、::::ヽ.   
       `ー''´       ',             l    '          /::::::::::::::::::l:::::::::::!,ヘ::::、::::\   ヾヽ',
                i /         l    ,'         l:::::::::::::::::::::l  | l'''''ヘ ヽ   ヽ::::::::ヽ ヽ.
                    }/    -‐ーー‐‐  '          j::j     _l:::::::l!.|  ヽ_::ト、::ォ'´:::::トヘ
                   i/ -‐ " ̄ ̄ i   ,'          /イ::::::::::::::ノ }:::::::ハ.!, ''´,_〉、! ゙処ニ:::::::| ヽ.
                                       ′リ:::::::::::/ .ハ:::::::l ヽ <ゞ' `ヽ、Y、:::l
                                        ヘ::::|// .ム-,..,.j  ` ´    ノヘ:/
                                        ノイ.ヽ! ' ' ! ヽ     , ィ'|
                                         |フ入     l    ー'ィ'ヘl
                                         ,ヘ ヘ      ト 、 _ノ、 `
                                       /   ヽ ',    jァ / / ! ヽ
                                     /     /ゝ.._..ノ`Y Y /   }
                                    / ,..........    ',       l}_|./   j
                                   /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /
                                  //         ∨ ``  ̄    l  ./〉
                                 j j       、    l        l ,._ll′
                                 l |      `ヽ  ヘ        l! /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 作家・芸術家としての吉行はどうだったのか。これは少し事情が複雑であった。

 吉行は三島よりも一つ年上である。しかし文壇デビューは三島のほうが先であった。
 さらに三島は都会育ち、代々エリート官僚の家系であり、貧困とは無縁だったのに対し、
 吉行は作家であった父エイスケが早世したこともあって、貧困を経験していた。

 境遇や立場が全然異なっていたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


798 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:11:23 ID:Bp1jYBNI

             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|           「仮面の告白」ぐらいですかね、最後まで読めたのは。
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
           l\l|    |    //ィ N           あとは、読みきれなくて挫折しました。
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのせいであろうか。
 吉行は、三島由紀夫という存在は、常に意識していた、という。

 しかしその文学については、理解できなかったとも言っている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


799 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:11:48 ID:Bp1jYBNI

                                 `   、:.:.:.:.:7:.:.:.:.:.,、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                                    /:. /:.:.:.:.:. |ミ\:.:\:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.',
                             .      /:.:/:/:.:.:.:.:.:.:.|  ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:.: i:. i:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.l
                                  /:.:/:.:.:.l:.:.:.:.:.:.: i    、:.:.:i:.:.:.:.:.:|i:.|ヽ:.:. i:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.!
                                   |:./i:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.: !   _:.: ト、:.:.:.:l:l:!_:.!:.:.:|:.:.:.:.:.:.i:.: i:.:l:.:ヽ
                                   !' |:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.| .ィ´   ヽl:.:ヽ:/:.|',‐ヽ:.:.l:.:.: i:.:.l:.: |:.:ト:.:.ト、_
                                   |:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.!´ ィヽ7 i:!:.:.:!':.: l )i }:/:.:.:.:.l:.:.l:.:.|:.:| ヽ\
                                   |:.: /i:.:.:.:.:.:/ヽ  ゞ'  lハ:.:.:.:.: ' ,´./!':.:.:.:.:.:l:.:.l:. |:.:l
                                   !:./ ',:.:.:.:/:.:./       ! l:.:.:.:/┌く:.: i:.:.:.:.:.|:.:.|:.:l:.:!
  私と三島さんとは、                       }'  丶: {、:/         .|:.:./ : : ヽ:l:.:.:.:.:.l、:.!: !:{
  最初の出発点から違いますからね……               ヽ!. ` 、     | /  :   }:' ヽ: :リ ヽ -―― 、
                                            ー、´   !'        i/  ´      l
  物書きとしても是認できないですね。                          ヽ    丶       '           ‐〈
                                               ー ´  ヽ /         ´     \
                                                 /  <     / - -      \
                                                f丶   iヽ   ´               \
                                                   ', ヽ  l ! '                ヽ
                                                  ,i /, ‐' /                   ',
                                                   / !ヘヽ  l                -、   i
                                                    l   ヾ. !               /       !
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「物書きとしては、
  ぼくと三島さんは最初の出発点がものの考え方が違うから、
  従って、是認できません。」

 吉行は、作家としての自分がみた三島事件について、このように述べている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


800 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:12:09 ID:Bp1jYBNI

                           / /     | |  |   |            :::::::::::::::::::::::::::::::
                          / /     .| | .|  .|               :::::::::::::::::::::::
                        __,/,,_/      .| | |   |                   :::::::::::
                      //⌒/''''---,,,,,__.!`´| .|   |                      :::
                     / / :/       .:ヽ,_|.|   |                          /
                  _ /  ! :/        .:::::ヽ!   !,,,,_
                 /´ .:i´           ..:::::::::|l       ゙゙̄''''ー-,,,,,,_                 ガ
                ./  .::}:           ..::::::::::lー-,,,__            ゙゙゙̄'''ー--,,,,_
             _,,,,j'  .:::|:          ..::::::::::::/‐‐,,,,,__ ゙゙゙̄''ー―,,,__             ゙゙̄''ー     チ
           f´ .:::::::!|  ::::|:          .::::::::::::/  ゙゙''ー ゙7  ,--,,,,,,__ ゙゙゙̄'''ー―,,,,,_
        .!^!'j/|  :::/|  .:::|:         ..:::::::;;;ノ ''''''ー--,,,!  .,!  ゙゙''ー .゙7   ,--,,,,,,____ ゙゙̄''ー―,,,      ャ
        }/ .:::|  .:::|/:|  :::|       ..;;〆、/   ,,,,,__     ゙゙゙゙''''ー-,,,,!   .,!  ゙゙''ー゙゙゙'i   .,--,,,__
       / |  .::|  :::|:::|  .::::!;       / .:!'//   .,!   ゙゙゙゙'''--i  .,,_      ''''ー-,,,,,__,!   ,!  ゙゙'''      !
      / .:::j  :|  ::::!ノ;  :::::ヽ     :j゙  :::|   ,!   1   .,! .,! ゙゙゙゙''''ー-,,,  .__       'ー-,,,,__
     { ::::::{!,  ;; i,  j! .:::::: \   ::}   :}   __゙゙゙゙'''''-,,,,,__,!  ,!   2   ,! .,! ゙゙゙゙'''ー-,,,,_        \
      !, ::::!, !,  ! :::!:  :! :::::   ヽ, ..:::丿 .::i゙  .,! ゙゙゙'''ー-,,,__   ゙゙゙''ー-,,,,,,___,!  ,!   3   ,!
     . .!, ::::Y  !: ::!;   .:::     .!;:::ノ  ..:::|  ,!   4   .,!  ,!゙゙゙'''ー-,,,,__   'ー-,,,,,,,___ ,!
       .!, ::´  .!; .;;   .::      .:|、|  .:::::|  ゙゙゙゙''''-,,,,___ .,! .,!   5   ,!  i''''ー-,,,,,__ ゙゙
       { '   ::    .::       .::´  .::::::|,!''''ー-,,,,,,__ ゙゙  .'--,,,,,,__  .,!  ,!  6   ゙7
       |:: .  .::    ::      .:::  ...::::::/!       .7  ,i--,,,,,__ ゙゙゙'''  !,,,,___    .,!
       |::..::  :             ...::::::::/ !,,,,__ 7   .,!  ,!     ゙゙'''j  .,,,,__  .゙゙゙゙'''ー'
       .|:::i             ..::::::::::::j' _   .゙゙゙''''ー-'  !   8   ,!  ,!  ゙゙゙'''ー--i
       .iヘ;j゙      ;:     ..:::::::::::::::/ .,! ゙゙゙'''ー-,,,__   .゙゙゙'''ー--,,,,__!  ,!   9   .,!
       | {_,,,,==,,,,_::::::   . :::::::::::::::ノ .,!  *   .,!  .,!''ー-,,,,__     .ー-,,,,,____  .,!
..r-zr--''' ̄'''ー-ァ、_  ̄`ヽ、 ..:::::::::::::/_  ゙''ー-,,,,,_  ,!  .,!     ゙゙''7  ,j-,,,__   ゙゙'''
-´''''' ̄'''''丶、  {  `ヽ_  ヽ,..:;;::::/;;  ゙゙゙'''''-┐  ゙゙'''  .!,,,_ 〇   .!  .,!   ゙゙゙''''-ッ
         `ヾ丶,,_)\  .};j/ /'''ー-,,,,__  |  |"'''''--,,,,,_ ゙゙゙'''ー-,,,!  .!   #   !

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 吉行淳之介が、その日、三島事件について、
 どれだけの人と電話で話したのか、その具体的な人数や対象はわかっていない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


801 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:12:38 ID:Bp1jYBNI

                   , '´ ̄`¨ー- 、_
               _,.-‐''"`::::::::::::::::::/`ヽ`¨ー-、_
               /::::::::::::::::::::/ヽ/,ヘ:::::::::\:::::::::`ー- 、_
            /::::::::::::::::::::/:::::/!::/!::::ヽ:::::::::::ヽ::::::::ヤ´ ̄
          /::::::::::::::i::::::/:::::: //,、,、,!:::::::ヽ::::::::::ヽ::,、::ヽ
           /,.イ::::::::::::l::::/:::::://   !:::l:::::ト、.:::::::::!::::!ヽ::i
           /イ::::::ハ!:::!:::,イ/`¨'ー-、!:::l::::::!_」.::::::::!::::| ヾ!
           !∧::〈(`!!:!::,'|/ .r'ヒア`!:ハ::::ヒア!::::::::ト、::|
            !:::ヽ、_!:::::!      リ ヾ! l:::::::::! リ
            ノ,::i::i::i::ハ::.!        _> ノ::/!:/
            ,.ハ|::,ハ| ヾ!、.    r‐-‐ァ ./::/ |/
          /!  レ'\.   \   `ニ´/|∧!          大岡さん、ときに、ビッグ・ニュースお聞きになりましたか?
         /  ヽ   ヽ、_.  `i'ー-<`ヽ
        /     \   ,ヘ} 〈  ,' /  !
.      /         \/  |ー! ./    !    ___
    /,r-―- 、           !o| /    /  , '´      ̄ ̄ ̄`)
   / ,/     `ヽ        ∨{    〈 /   `ー< ̄j ̄ ̄
  ./ /        ヽ        |o!   //./    `'ー-〈 ̄
 //         !  /     .! | r'7 /ノ     ー--/
../           !  /      | ! .! !/      ,ー--'

                               
                                          ____
                                       /        \〟
                                       i──────┐ ヽ
                                       | ⌒ヽ ⌒ヽ\ |   |
                                       |  >|・   |─-|_ /
                 ウ フ フ                j ーc ─ ′    ヽ
                                       ⊂____ /!   _ノ
                                   _(\ \ \ __/ /
                                  (─   ヽ、 ` ─_──イ- 、
                                  ヽ二_ノ \/|/\ /   \
                                      \
                                        【大岡昇平】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ただ、吉行が大岡昇平のところに電話をし、三島のことを話したのだけは記録に残っている。

 そのとき、大岡は「ウフフ」と笑ったという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


802 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:13:00 ID:Bp1jYBNI

          , -────- 、
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ
    /     , -| / (|)\ | \
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ
.   /    /       ̄ ●   ヽl
   i    /      ̄ ̄   | ── |           う~ん……死んだ人を笑うのは、どうかと……
   |.   l      ̄ ̄   | ── !
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ
   |.    |           __|___ノ
   ヽ   |   / ̄ ̄     /
    >━━━━━━,-、━━く
   /   /       '、フ  ヽ ヽ

        【埴谷雄高】
                                        , ── 、
                                       /__     \〟
                                       l⌒ヽヽ_|     ヽ
                                       |‘  |-| |     l
     あれにはいろいろと事情があってね……           c、 __ノ lノ、    ノ
                                      .l       \ヘ/
                                      ヽ、 _     l
                                         ∠ニ二二l
                                         /      |
                                        .l─ |     |
                                        .|   |     |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 大岡は、この「ウフフ」と笑った件について、
 後に埴谷雄高と対談した際に、いろいろ説明をしている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


803 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:13:32 ID:Bp1jYBNI



  ,-、            __
     \_ ___ /⌒―、ヾ
  / \/# / #  Σ| 〉 ○| ミ     へ、
    ̄ |  |#  / #.人_〉_'±ミ   ┌―OO
  ――└ ξ_ヾ /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 大岡昇平。
 第一次戦後派の巨匠として挙げられる人物である。
 主に自分の体験に基づいた「俘虜記」「野火」などといった戦記小説が有名だが、
 推理小説なども手がけるように、幅広い関心を持つ作家である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


804 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:14:00 ID:Bp1jYBNI


        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 大岡と三島の関係、当初のそれは良好だったといわれている。

 しかし、「憂国」以来、大岡と三島の関係は疎遠となった。

 大岡に限らず、「憂国」を機会に疎遠となった人が多いようである。
 「憂国」という作品は、それだけ評価が難しい作品と言えるのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


805 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:14:21 ID:Bp1jYBNI


            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ
             ト.i   ,__''_  !                 大岡さん、久々に、対談やらないか。
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 状況が変わったのは1970年の夏、大岡が富士山麓の別荘で過ごしていたときのことである。

 三島から対談の申し込みがあったのだ。

 三島も避暑のために富士山麓で過ごしていた。
 一説によると、富士吉田の映画館でヤクザ映画ばかり見ていたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


806 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:14:50 ID:Bp1jYBNI


       , ──── 、
    ゝ/ _______ヽ
     i  | / /⌒ ヽ/⌒ヽ
     | _| _|   ・|・  |__
  , ─i 、    ヽ __ o__ ノ  ヽ           ……じゃ、東京に帰ってからやろうか。
  !  `-、          |  !
  \   ヽ、   ──┘ ノ /
    \   \二二へ二ヽ/
     \ |        |
       |        |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 対談は2人が帰ってから、東京でやることになった。

 もっとも、この対談は実現しなかった。
 諸事情により、大岡の帰京が、10月までずれ込んだからである。

 そしてそのまま、11月25日を迎えることになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


807 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:15:14 ID:Bp1jYBNI


           , -──- 、
       ゝ/ ______\
        /   | / - 、 - ヽ!
.        |   |  /     |   |
       ヽ   |─|    ‘|‘   |
        /⌒` ` ー   ヘ ー l         「なんか起こる」とは思ってたんだ。
   ( \  ヽ_   /⌒ー──つ
    (ヽ ヽ/ ) \ ヽ __//         ……死ぬ前の気持ち、って奴かね。
   ( )'   ノ   /` ──く
    ` ー、  ` ┬´ \/ \/ヽ
      \._|_ノ      |_|
           |         | |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 大岡は三島の対談の申し出について、
 「向こうから手を差し延べて来た。死ぬ前の気持ちだね。」
 と述べている。

 「なんか起こるだろうと思っていたんだよ。」
 後日、このように語っている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


808 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:15:39 ID:Bp1jYBNI


         ___
     ゝ/_____\
      / | / -、 -、l
 (\   |___|─|  (・|・) |              例えば全共闘と切りあうつもりだったとする。
  > ⊂) (    ` - o-ヽ              しかし、全共闘がバテちゃって実現できなかったからって、
 (_ /\ヽ /⌒──┘ノ              自殺って結論とることは考えられるかい?
   \  \ヽ`_─_´/  /)
     \ ノ\/\/ ̄ ̄||  |三! ))
   ((  |      l──┴─-´
      |      |

                                           ______
                                         / -、 -、   \
                                        /   |  ・|・  | 、    \
                                       / / `-●-′ \    ヽ  
                                       |/ ── |  ──   ヽ   |  
           確かに……考えにくいね。            |. ── |  ──    |  |  
                                       | ── |  ──     |  l
                                       ヽ (__|____  / /
                                        \           / /
                                         l━━(t)━━━━┥

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「本当は全共闘と斬り合って死にたかったんだろうけど、
  向こうがバテちゃって実現できなかったからって、自殺という結論は出てこない。」

 大岡は埴谷に対して、このように述べている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


809 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:16:11 ID:Bp1jYBNI

          , ─── 、
       ゝ/_________\
      /  | / / ⌒ ヽ ⌒ヽl
       l   |─|   ‘|‘   |
      Y⌒   ` ー  oー ヽ
      ヽ_     ___   ノ      そうなると、最初から自殺を意図してたんじゃないかと思うんだ。
          \   \ __ / /
         ,-` ー── <        だとすると、ぼくもそう怒る必要もなかったな、って思うんだけどね。
       / __l/l ,-、-く ヽ
      /  // ̄ ヽノノノ  |
    , ┴‐ 、ヽ  __ / |
   /    /  ̄ `\      |
    |──|/       \‐──|
    |   /  ̄ ヽ/     |    ノ
    |  /    / \_ノ   /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「自殺を最初から意図していたんなら、
  俺もそう怒る必要もなかったな、って思うんだけどね。」

 大岡のこの発言を見る限りだと、
 彼は三島が最初から自殺をやるつもりで、あのような行動を取ったと考えていることがわかる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


810 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:16:43 ID:Bp1jYBNI

       ___
     /_____ ヽ〟
     |- 、-、ヽ |  |
    | ー|・  |─|x/
    |-c -′ |. )          ……ああいうことはあったとはいえ、
     ヽ└─  ノ           弔問には行かないとな。
      / ▽▽ヽ、
     i  |    |,,,\
      |_|    |_)/
      (__) ──|
      |_r____|
     /  / |  |
    /\/  |─|_
   (__) (__ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 事件の翌日、大岡は三島の弔問に訪れている。
 
 「一応お通夜に行ったんだ。心から弔問したつもりだよ。」
 彼はこのように述べている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


811 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:17:17 ID:Bp1jYBNI

      ゝ/____\
     / | / ─ 、- 、!
     !___|─|   ‘|<  |
     (    ` - o -|
      入    へ  ノ
     /ヽ-、` ┬┬ ィ´
     | (/`v二)|
     ヽ_入 _ ノ
     |───┤
     |____|[
      |  |  |
       |__||__|
     __|__||__|_
    (__ ノヽ__)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、内心は複雑であったことは、大岡本人も認めている。

 「私兵をたくわえるんなら、三島は暴力で殺されてもしょうがないと俺は思っていた。
  だから自殺したということについて、なんだ自殺なんだというぐらいな感じだったからね。」

 「だから俺は吉行にウフフって笑ったんだよ。」

 この言葉からだと、大岡の真意は読み取りにくい。おそらく受け手によっていくらでも解釈可能だろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


812 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:17:42 ID:Bp1jYBNI

              , ─- 、
          ∠_      \L
           llヽ _|      ヽ
           |l ̄| |       l
          /  ´\     /
           ヽ、_   `^イ
       _ __ lニ二二l、
     ⊆フ_)__./   ┌ヽ ヽ┐
二二二二二二l  /    |  |   | |
_l_____| /`ー─‐|_|   |_|
  |       /`ヽ__, ─ 、ノ |─l
  |───/  /lニ/  /二ニluul.
  |    ___| ̄ |  |  |_|.
 └─(    )(ニ|  ̄|./二ニ)
      ̄ ̄  /   )
            `ー ´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 翌年、文芸誌に特集された、三島追悼特集において、
 大岡はこのような書き出しのエッセイで、追悼の意を示している。

 「突然の死によって、三島由紀夫の生涯は一つの宿命として必然化された。
  しかも自決によって、強引に必然化された。
  そして作品は「行動化」されるのである。」

 レトリックだけで、何も言っていない文章になっている。

 大岡昇平は、三島の死から何かを感じ取ったのは間違いないと思う。
 しかし彼の言葉から、それを読み取るのは、とても難しい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                               【つづく】




815 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:19:34 ID:Bp1jYBNI

以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

大岡昇平の三島に対する考え方は、同時代の作家とかの中では一番わからんです。
読めば読むほど分からなくなる感じです。


813 名前:質問スレッド稼動中だお[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:18:25 ID:YfkeSPMY

もうなんかやって死ぬことはわかってたから「なんだ、自殺ぐらいですんだのか」って笑いなのかな?

よくわからん



821 名前:質問スレッド稼動中だお[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 22:05:31 ID:8Pc59x1I
>>813
本当の意味での死線を経験してる大岡にとっては
三島が思いつめてるようなことがバカバカしかったんじゃないかとも思えるね


814 名前:質問スレッド稼動中だお[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:19:09 ID:YfkeSPMY

乙でした

大岡もなかなか食えない人物っぽいな


818 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:20:43 ID:Bp1jYBNI

次回ですが29日(金)21時から投下します。


819 名前:質問スレッド稼動中だお[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:22:07 ID:XMJMDvhk

乙でした。吉行さんのリアクションは素直で分かりやすいけど
大岡さんの言動は難解ですね。

それと個人的に大好きな辻邦生さんが登場して嬉しいです。


820 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 21:36:27 ID:Bp1jYBNI
>>819
辻さんは北センセの青春時代(松本高~航海くらいまで)のキーパーソンですからね。
どこかで出さなきゃとは思ってたんですけど、やっと出せました。

青春記のネタはいつかしっかり作ろうと思ってます。


822 名前:質問スレッド稼動中だお[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 22:48:55 ID:vx2/cEZI

乙でしたー
野火ちゃん……w


823 名前:質問スレッド稼動中だお[sage] 投稿日:2011/07/28(木) 03:05:12 ID:Jo6/KLeU

あ、だからのび太なのかw





第25話へ進む




第23話へ戻る




まとめ一覧へ





 
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する