合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

スポンサーサイト


タグ:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    前の記事『できる夫はかつては言葉をなくした王子でした 第三話「妖異記」 最終回』  
    次の記事『できる夫はかつては言葉をなくした王子でした 第三話「妖異記」 その2』  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

できる夫はかつては言葉をなくした王子でした 第三話「妖異記」 その3


タグ:
185 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:07:59 ID:qKdpoD1Q

どもです。

もうすぐで、また海の向こうです。
帰りたくないであります……
日本ってほんといい国だから!


とりあえず、出来た分投下していきます。


186 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:08:19 ID:qKdpoD1Q


┌──────┐
│新邑建設現場│
└──────┘
                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `



    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  /  /\    \ヽ  \
  リ、 /    )ノ\\     '、
   ヾ/\  /⌒ \ヽ     |
    | /    \   \     .|
    / " /    ``   ミ⌒i .|   新邑が完成すれば、虢の者は優先的に住めるぞ!
    |  〈__)、_    ミ_,ノ 〈
     '、  'cっ       ノヘ从リ   さぁ、頑張って僕たちの邑を建設するんだ!
     \  ⌒       // /\
      >、___,    / /  /  \
    /\ \___/ /  ./    .\
   /    \ \_/  /       ',




 
    前の記事『できる夫はかつては言葉をなくした王子でした 第三話「妖異記」 最終回』  
    次の記事『できる夫はかつては言葉をなくした王子でした 第三話「妖異記」 その2』  

187 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:08:50 ID:qKdpoD1Q



          ┃                              ┃ ┃
        ┏━━ ┃                         ┃ ┃
             ┃                 ━━━━  ┛ ┛
             ┃ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋         ┛ ┛
                                         f¨゙!
:┐         n /〉               <ヽ          /^〉'
 !         }”/              ,、  <`ヽ        ./:::/.,、
⌒!ィ        f¨゚{             <´ 'ヽ Vハ   |ヽ Y¨! |::::}イ { , -ー 、  _ /¨>  r-‐,、 <⌒!
::〈人_r-ー- 、_r<}| >:::: ̄:`ヽ__, - 、__r 、r=¨>‐-! /:::::}__Vヘ }:::|__}::::{.ィ1.|:.:.:.:.:.:.}_, くノ ̄! ./;;;;;;;;;}_, ヘ⌒',
/:.< /::::::::::::::::Y::/|i /::::::::::::::::::::::Y:.:.:.:.:.YVイ!:::::}::::::::|/::::::/:ァ<! V_::| ',く/⌒!}:.:.:.:.:ノ/ /:/^V__〈ヽ;;;;;/_!__ノ::::::ヽ
:.:.:.:}|:::::::::::::::::::|:{:. }:!:::::::::::::::::::::::: l:.:.:.:.:.:.|ィ ゝx}:::::: |::::::/:.:/  / > ¨⌒ヽ:'.  V¨¨ヒ{_. V==<:::::`ヾア´:f⌒!ヽ:::::}
\f':!::::::::::::::::::lハ:.:リ'.:::::::::::::::::::::::∧:.:.:.:./ >イ::! :::: |:::::{Y/' 〈 /:::::::::::::::::}:'   V::::::::::{ .}  .}::::::::::|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.}-:'
  ヾ!,、:::::::::__/_/  ヽ::::::::::::::::/|レVWハ/::::::::/:::::: |::::::|ハ   V!::::::::::::::::::!:/  ./:::::::;:::Y  /^!:::::::{:ト、: |:.:.:|:./:::::
    `Y゚ ̄    _/VレvイW:::::`ー-::__/:::::::::/:::::::| ヽ  `!:::::i:::::::::::|'   /:::::::/L_|   ̄⌒¨}>ヘ}:.:.:|”::::::::
、      f´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|  ヽ .|:::::l::::i::::::|  /:::::::::|  >- ._  }}   |:.: |ヽ:::::::
                                                 ※虢の人たち




┌─────────────────────────────────────────┐
   東方も西方も異民族が暴れているこの現在、どう考えてもこの新邑に住む方が安全である。
   また分家を作って、財産をこの邑に移しておくという手もある。
   人民の考えることは、君主である虢仲の考えることと同じであった。
   それだけに工事は良くはかどった。
└─────────────────────────────────────────┘



188 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:09:28 ID:qKdpoD1Q


     / ̄~~~ ̄ ̄ヽ
    /          ヽ
  /  /\    \ヽ  \
  リ、 /    )ノ\\     '、
   ヾ/==-、 /-==-\   \ヽ
    |〒ラ〉 ::::t〒テ  \     .|   なに!幽王から人員の派遣とな。
    / "" /    ``   ミ⌒i |
    |  〈_/ヾ、_ノ     ミ_,ノ〈
     '、  '‐ー-‐      ノヘ从リ
     \  ⌒    /. // /\
      >、____,/ / /  /  \
    /\ \___/ /  ./    .\
   /    \ \_/  /       ',


┌──────────────────────────────────┐
   さらに幽王の命令で、近畿の民が新邑の工事現場に送られてきた。
   普段は表情の乏しい虢季も、このときは目を丸くし、失笑気味に破顔した。
└──────────────────────────────────┘







┌──┐
│上陽│
└──┘
              ___,      IIIIIIIII   ┌─‐┐
         ┌‐┐ |ロロロ!==,___loooo|─| ̄|ロロロロ|───┐
         ̄| 日| ̄|ロロロ|〔〕| 田 |┬┬|回|00|ロロロロ|:[]:[]:[]:[]:|'' ̄
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┌────────────────────────┐
   こうして新邑は完成した。この邑は上陽と呼ばれる。
└────────────────────────┘



189 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:10:11 ID:qKdpoD1Q


┌───────────────────────────────┐
   さらに虢仲は、黄河を挟んだ対岸にも下陽と呼ばれる邑を作らせた。
└───────────────────────────────┘



┌──┐
│下陽│
└──┘
 ....................................::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 :::::::::::::::::::::::::::::::: _____::::::::::::::::::::::「|:::::::::::::::::__:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::
./三三三\   |-_.__=_ __=| /三三三\    |FF|ニ|   |!_____i|   /⌒\
| ̄同 ̄同 ̄|  |= |+| |+| |+| |  | []_[]_|  /二二ニ,ハ /=‐::::::::::::::::::: ∧ ]皿皿[
|==/\==\_ | _ ‐=‐   =-| ./[Atelier.C]ヽ |E E E|日|  | ̄田 ̄田 ̄| | /≡≡≡
                 ____
/ ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\ /_____ヽ i|三三三三三三三三|i |二二二二二! /
| | 田|「| 田 田  |「|[[[!| | ロ ロ ロ ロ ロ | .|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|. |ロ ロ ロ ロ ロ ロ| |:::




┌───────────────────────────────────────────────┐
   これによって黄河の水上交通を抑え、なお、南北の防御力を高めるといった一石二鳥を可能にしてしまった。
   のちに上陽と下陽は、西方でめざましい繁栄を遂げることになる。
└───────────────────────────────────────────────┘



190 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:10:34 ID:qKdpoD1Q


┌──────┐
   一方……
└──────┘





      ,r;;;;ミミミミミミヽ,,_
    ,i':r"      `ミ;;,
    彡        ミ;;;i
    彡 ,,,,,、 ,,,,、、 ミ;;;!
     ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ,
    ヾi `ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r'   最近、わが邑を虢と近畿の民がぞろぞろ通っていったようですが、
    `,|  / "ii" ヽ  |ノ
     't ←―→ )/イ     何かあったのでしょうか?
       ヽ、  _,/ λ、
    _,,ノ|、  ̄//// \、
_,,..r''''"   | \`'/  /    ̄`''ー
      |  /\  /
      |/)::::/\/
      | ,r":::ヽ /  
      |i´:::::::::| /
     テイ  ユウ
     鄭公 友
    (福田康夫)



191 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:10:59 ID:qKdpoD1Q


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:;:;;:;:;:;;:;:;;:;::;::::;:;::;::;::;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.::......:..  .....:.:.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:;:;;:;;:;:;:;:;;:;::;:::;::;:;:;::;:;::;:::::::::::::::::::.::.::.:.:.::.:.:.:.....  .. ...:.:......::.:.:.:.:.:
:::.:::.:.:.::.:.::.::.:.::.:.:.:.::.:::.:.:.::.::.::.:.:.::.:.::.:.:.:.::.::.::.::.::.::.:.::.::.::.:.::.::.::.:.::.:.::.:.:.::.:.::.:.:
..:..:.:..:...:.:.:..:..:.:.:..:.:..:.:.:.:..:..:.::..:.:..:.:.:.:.:..:.:..:..:.:.:..:..:..:.:.:..:.:.:..:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:.:.:.:..:
  ..:.:.. .. . ...:.:.:..:... ..:.:.:... . .  ..  .:.:.:.:....   ....:.:.:.. ..:.::..:...  ....:..
...  ...     ...:.:.             .    ...   ....:.:.:.:.::..


┌─────────────────────────────────────┐
   鄭公・友は、先代の王である宣王の末弟であり、母の違う庶弟であった。
   だがその賢明さを兄に愛され、封地を授けられた。
   その地は首都・鎬京から渭水にそって東へ二百余里であり、近畿の一部といえる。
   その近さは友が宣王に信頼されていた証拠でもある。
└─────────────────────────────────────┘




参考地図↓
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:%E6%98%A5%E7%A7%8B%E6%99%82%E4%BB%A3.PNG



┌────────────────────────────────────────────────────────┐
   友は作った邑に「鄭」という名前をつけたが、新しい命名ではなく、そのあたりは商王朝の頃から鄭と呼ばれていた地であるらしい。
   この国の建国は、宣王の二十二年(紀元前806年)である。
└────────────────────────────────────────────────────────┘



192 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:11:36 ID:qKdpoD1Q


┌─────────────────────────────────────────────────────┐
   こうして鄭は建国されたが、友は国内の政治に専念するふりをして、王政に参加することを避けてきた。
   というのは、宣王は若いうちは聖王ぶりを発揮したものの、老いてからは臣下の良否の見境を失ったところが見え、
   そんなときに友が王座に近付くと国政に関する無用の干渉をうけかねず、
   また王に媚を売る臣下に反感を持たれると、どんな讒言をされるかわからないので、友はなるべく国もとに居ることにした。
└─────────────────────────────────────────────────────┘



             ,,,,,,,,,,_
           ,ィヾヾヾヾシiミ、
          rミ゙``       ミミ、
          {i       ミミミl
          i゙i ,,,ノ 、,,-=、 ミミミ!    愛されることと憎まれることとはほとんど差が無いことですから。
          {_i=・}-{_=・`} ̄レゥ:}
             l ̄,,,,_,゙ ̄` :::ン    善政をしているとの私の良い評判が、
           |/ _;__,、ヽ..::/l     いつ王に疎ましく思われるか分かったものではありませんからね。
           ヽ.~ニ~ ' .::::ノ/ }\_
         _,,.-‐' `ー '"::/ /  |   ̄`''ー-、
      r‐''"   ./  i\/  /    |     / ヽ    フフン
      /     /   | /;;;ヽ、 l ヽ /     ノ /}
     ノ |   >   |' }::{ ノ   \   / // ハ
     { ヽ |   {    | l:::l /   o /  .:{ /ノ / |




┌───────────────────────────────────────────┐
   友の保身能力は優れていた。
   そのおかげで宣王の住む宮殿から吹く凶風は、鄭の上空を吹きすぎて、そして幽王の代になった。
└───────────────────────────────────────────┘



193 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:12:47 ID:qKdpoD1Q


      ,r;;;;ミミミミミミヽ,,_
    ,i':r"      `ミ;;,
    彡        ミ;;;i
    彡 ,,,,,、 ,,,,、、 ミ;;;!
     ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ,
    ヾi `ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r'   王宮は不安定な時期ですし、今度の王はちょっと頼りないみたいですし、
    `,|  / "ii" ヽ  |ノ
     't ←―→ )/イ     少し助けてあげますか。
       ヽ、  _,/ λ、
    _,,ノ|、  ̄//// \、
_,,..r''''"   | \`'/  /    ̄`''ー   フフン
      |  /\  /
      |/)::::/\/
      | ,r":::ヽ /  
      |i´:::::::::| /



┌─────────────────────────────────────┐
   甥にあたる幽王を陰から援助したいと考えた友は、王宮へ出かける回数を増やした。
└─────────────────────────────────────┘




        ノ´⌒ヽ,,
    γ⌒´      ヽ,
   // ""⌒⌒\  )
    i /   ⌒  ⌒ ヽ )
    !゙   (・ )` ´( ・) i/   え、鄭公また来たの。僕呼んでないよ。
    |     (__人_)  |
   \    `ー'  /    老人は自邑でゆっくりしてたらいいよ。
    /       .\



┌────────────────────────────────────────┐
   しかし幽王はこのおとなしい叔父を頼もしく思わなかった。武の人を好んだという事である。
   実際友は見かけとはちがい武事も達者であったが、幽王の目にはそう映らない。
   かといって幽王はこの叔父を毛嫌いする風もなく、ただ眼中に入らないようであった。
└────────────────────────────────────────┘



194 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:13:08 ID:qKdpoD1Q


     .,,iiillllllllllllllllllllllllllliiiii,、
    ,illlll!!l゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!lllllllllli、
   .,ill!l゙”       ゙゙llllllll、
   .llll             llllllll,
   .゙llii、u .,    ,,,,.  ゙゙ll!゙i
    .゙!!l    "' ''",,--i、./ .|
    ヽ|r'"゙゙ニ゙|゙゙!゙ ー' 〕 ,ノ    あ、そうですか。
     .゙'モ、,,,,,-j′.゙ッ―''" l"
      |、 ,/゙"''r'" `'、 ,l゙
       ヽ,゙―--‐''゙″,l゙
        `'‐,,,,、_,,,,-'"


┌────────────────────┐
   こうして友の足はまた王都から遠のいた。
└────────────────────┘


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:;:;;:;:;:;;:;:;;:;::;::::;:;::;::;::;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.::......:..  .....:.:.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:;:;;:;;:;:;:;:;;:;::;:::;::;:;:;::;:;::;:::::::::::::::::::.::.::.:.:.::.:.:.:.....  .. ...:.:......::.:.:.:.:.:
:::.:::.:.:.::.:.::.::.:.::.:.:.:.::.:::.:.:.::.::.::.:.:.::.:.::.:.:.:.::.::.::.::.::.::.:.::.::.::.:.::.::.::.:.::.:.::.:.:.::.:.::.:.:
..:..:.:..:...:.:.:..:..:.:.:..:.:..:.:.:.:..:..:.::..:.:..:.:.:.:.:..:.:..:..:.:.:..:..:..:.:.:..:.:.:..:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:.:.:.:..:
  ..:.:.. .. . ...:.:.:..:... ..:.:.:... . .  ..  .:.:.:.:....   ....:.:.:.. ..:.::..:...  ....:..
...  ...     ...:.:.             .    ...   ....:.:.:.:.::..




195 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:13:37 ID:qKdpoD1Q


        ______
     ヾ/::::::::::::::::::::::::::ヾヽ
     i:::::::::(((((((((⌒);)
      |:::::::/        .iノ
      |::::/    ヘ  / |
    ,⊥|:|----(=・)-(=・)
    l  !:;     ⌒´⊃` |    なんでも虢の新邑を建設中だとか。
    ゝ_┃     ´___/
       |┗━⊃<二二y'     王の民までも賦役に使われているそうですよ。
      |   \_二/
    /ト、   /7:`ヽ、_
  /::::::::| ~''x‐''''~~ /::::::::::::::`ー
/::::::::::::::::| ,,イ;;;;>、 /::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::| /:::::| /:::::::::::::::::::::::::::::::






      ,r;;;;ミミミミミミヽ,,_
    ,i':r"      `ミ;;,
    彡        ミ;;;i  て
    彡 ,,,,,、 ,,,,、、 ミ;;;!  そ
     ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ,
    ヾi `ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r'
    `,|  / "ii" ヽ  |ノ     王の民までも!
     't ←―→ )/イ
       ヽ、  _,/ λ、     ならば王命による封建ではないか。
    _,,ノ|、  ̄//// \、
_,,..r''''"   | \`'/  /    ̄`''ー    普通ならば、臣下が新邑を建設するとなると、大功を立てた場合に限るだろうに…
      |  /\  /
      |/)::::/\/
      | ,r":::ヽ /  
      |i´:::::::::| /




196 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:13:58 ID:qKdpoD1Q


        ______
     ヾ/::::::::::::::::::::::::::ヾヽ
     i:::::::::(((((((((⌒);)
      |:::::::/        .iノ
      |::::/    ヘ  / |
    ,⊥|:|----(=・)-(=・)
    l  !:;     ⌒´⊃` |    虢公がそのような功を立てた、という話は聞きませんね。
    ゝ_┃     ´___/
       |┗━⊃<二二y'
      |   \_二/
    /ト、   /7:`ヽ、_
  /::::::::| ~''x‐''''~~ /::::::::::::::`ー
/::::::::::::::::| ,,イ;;;;>、 /::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::| /:::::| /:::::::::::::::::::::::::::::::





             ,,,,,,,,,,_
           ,ィヾヾヾヾシiミ、
          rミ゙``       ミミ、
          {i       ミミミl
          i゙i ,,,ノ 、,,-=、 ミミミ!   うむむ…これはもしや、王宮の中で嫌な取引があったのかもしれぬ。
          {_i=・}-{_=・`} ̄レゥ:}
             l ̄,,,,_,゙ ̄` :::ン   気になるな。王都へ参ろう。共をせよ。
           |/ _;__,、ヽ..::/l
           ヽ.~ニ~ ' .::::ノ/ }\_
         _,,.-‐' `ー '"::/ /  |   ̄`''ー-、
      r‐''"   ./  i\/  /    |     / ヽ
      /     /   | /;;;ヽ、 l ヽ /     ノ /}
     ノ |   >   |' }::{ ノ   \   / // ハ                 はっ>
     { ヽ |   {    | l:::l /   o /  .:{ /ノ / |




197 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:14:17 ID:qKdpoD1Q


     .,,iiillllllllllllllllllllllllllliiiii,、
    ,illlll!!l゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!lllllllllli、
   .,ill!l゙”       ゙゙llllllll、
   .llll             llllllll,
   .゙llii、  .,    ,,,,.  ゙゙ll!゙i、
    .゙!!l    "' ''",,--i、./ .|
    ヽ|r'"゙゙ニ゙|゙゙!゙ ー' 〕 ,ノ    (太史の伯陽に聞いてみよう。彼ならば信頼できる。)
     .゙'モ、,,,,,-j′.゙ッ―''" l"
      |、 ,/゙"''r'" `'、 ,l゙
       ヽ,゙―--‐''゙″,l゙
        `'‐,,,,、_,,,,-'"



















198 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:14:35 ID:qKdpoD1Q


┌─────┐
│王宮、書庫 │
└─────┘
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(ゝ__________ノ):::::::::;;;;
::::::::::::::::::::::::::::::::::ε(@ )3))__))__))__))__))__))__))__))3 :::o;:::::。::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/A ヘ∧ ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ:::;:::::::::::::;;:::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::く`77/''λ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ::::::;:::
::::::::::;:::::::::::::::::::く777/⌒λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ:::::
::::::::::::::::::::::::::ぐ777/⌒゙λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ'
::::::::::::::::::::/`777/⌒`λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ:;
;;;;(乂_/`777,,γ⌒ヽ∧゙_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ/乂_ノ
;;;;;乂んんんんん乂(0)んゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ_(,,ノ;
:;;;;;:;;;;;:ロ/ ロ/ ロ/ ロ/─|"|""|-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ''''':;;:
:;;::;;:;;:;;;::|"||r────|. |  | ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|| ̄|  | : :::;:;;::
::::::::::::::::|. || r──┐ |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | .:::::::;::;
::::::::::::::::|. || |「「「「「| |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | : :::;::::;
::::::::::::::::|. || |l_l_l_l_l_| |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | ..::::::::::
::::::::C=============○===Ω ||「「「「「「|「「「「「「||  |Ω==○ :
::::::::|}|::::|. ||,,____|}{|  | | i| || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||  || i||::::|}{| :
:::::『[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[【】]]]]]]]]]]]] ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|]]]]]]]]]]
: : : | | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. |  |;;;;;;;;; |   ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;| | :
  . | | 二二二二二二|. |  |二二|    :  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| .




                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!    鄭公が?わかった。すぐにお目にかかろう。
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、
         !      i:    ヾiiヽ  |lii| V  ヽ
        i      ー ' /  l iil、|lii|  !    i
         !     , 、-、-く    ヾヾ洲   ,  ヽ
.        l    \\\\ ___ヾ:ぐ,ィーi′ _ ヽ
       |    、 \\\\─┴==イヱ-'´   ゙i-ー=ー-、
        |   ヽ 丶-\\\\-f、^ヽ、``丶、   ゙、__ )_ヾ \



199 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:14:58 ID:qKdpoD1Q

┌──────────────────────────────────────────────────┐
   実はこの書庫の新築費用は、鄭公がすべてまかなったと言ってよい。
   王室の蓄財はまずしく、大地震後の修築工事は、近畿の諸侯が人と財を提供してくれたおかげで出来たのである。
└──────────────────────────────────────────────────┘




 (( (ヽ三/)
     (((i )   ノ´⌒`ヽ
   /  γ⌒´      \
   (  .// ""´ ⌒\  )
    |  :i /  \  /  i )     オカネ、ポッポー!
    l :i   (・ )` ´( ・) i,/
     l    (__人_).  |  (ヽ三/) ))
     \    `ー'   /   ( i)))
      `7       〈_  /





┌─────────────────────────────────────────────────┐
   なので王室直轄の邑の民には重い税金が課せられ、しかも虢の新邑建設へはるばる夫役へやられるとあって、
   早くも各邑で怨嗟の声が起きていた。
└─────────────────────────────────────────────────┘




200 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:15:26 ID:qKdpoD1Q


                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!    いや、このような狭く埃っぽい所へお招きするのは心苦しい。
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ  私が鄭公の元へうかがおう。
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ




┌──────────────────────────────────────────────┐
   伯陽は友のことを「文事におもいやりのある人」と見ていて、好意を抱いていた。
   どちらかといえば人嫌いで、人から意見を求められなければ積極的に会話を楽しもうとしない彼にとって、
   この発言は珍しいことであった。
└──────────────────────────────────────────────┘





  |/|  |/||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三
/|  |/|  ||三三三i三三三i三≡≡i≡≡≡i三三三i三三
  |/|  |/||三三三i三三三i三≡≡i≡≡≡i三三三i三三
/|  |/|  ||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三
  |/|  |/||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三
/|  |/ ..:::||□■□■□■□■□■□■□■□■□■
  |/...::::::/     /     /     /     /
/.....:::::/     /     /     /     /
...:::::::/     /     /     /     /
..:::/     /     /     /     /




201 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:16:03 ID:qKdpoD1Q


      ,r;;;;ミミミミミミヽ,,_
    ,i':r"      `ミ;;,
    彡        ミ;;;i
    彡 ,,,,,、 ,,,,、、 ミ;;;!
     ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ,
    ヾi `ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r'
    `,|  / "ii" ヽ  |ノ    お久しぶりですね。太史。
     't ─―→ )/イ
       ヽ、  _,/ λ、    少々お疲れの様子ですが、大丈夫ですか?
    _,,ノ|、  ̄//// \、
_,,..r''''"   | \`'/  /    ̄`''ー
      |  /\  /
      |/)::::/\/
      | ,r":::ヽ /  
      |i´:::::::::| /




                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}    あ、いや。
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!    仕事の目処がついたせいで、かえってここの所筆記に没頭しておりまして。
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\   その疲れが出ているだけでしょう。
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ   それに来春になれば地方に行っております2、3の史官が戻ってきます。
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、   人手も増えるので、夏の間に残りの書物の修復も終わり、書庫を閉じる事ができそうです。
         !      i:    ヾiiヽ  |lii| V  ヽ
        i      ー ' /  l iil、|lii|  !    i
         !     , 、-、-く    ヾヾ洲   ,  ヽ
.        l    \\\\ ___ヾ:ぐ,ィーi′ _ ヽ
       |    、 \\\\─┴==イヱ-'´   ゙i-ー=ー-、
        |   ヽ 丶-\\\\-f、^ヽ、``丶、   ゙、__ )_ヾ \




202 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:16:20 ID:qKdpoD1Q


             ,,,,,,,,,,_
           ,ィヾヾヾヾシiミ、
          rミ゙``       ミミ、
          {i       ミミミl
          i゙i ,,,ノ 、,,-=、 ミミミ!
          {_i=・}-{_=・`} ̄レゥ:}    おお、それは良かった。
             l ̄,,,,_,゙ ̄` :::ン
           |/ _;__,、ヽ..::/l
           ヽ.~ニ~ ' .::::ノ/ }\_
         _,,.-‐' `ー '"::/ /  |   ̄`''ー-、
      r‐''"   ./  i\/  /    |     / ヽ






               /   _`ヽ、   /
              /ト、 ,-__, ー_ i、  ─
                 lイミF fr'三テ fヨ!  \
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}    いえいえ、鄭公のご助力があっての事です。
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、




203 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:16:40 ID:qKdpoD1Q


     .,,iiillllllllllllllllllllllllllliiiii,、
    ,illlll!!l゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!lllllllllli、
   .,ill!l゙”       ゙゙llllllll、
   .llll             llllllll,
   .゙llii、  .,    ,,,,.  ゙゙ll!゙i、
    .゙!!l    "' ''",,--i、./ .|   私など金銭を援助したにすぎませんよ。
    ヽ|r'"゙゙ニ゙|゙゙!゙ ー' 〕 ,ノ
     .゙'モ、,,,,,-j′.゙ッ―''" l"    大変なお仕事です。それをなせる者は、博識な太史しかおられません。
      |、 ,/゙"''r'" `'、 ,l゙
       ヽ,゙―--‐''゙″,l゙
        `'‐,,,,、_,,,,-'"






               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!   フッ
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}   …王宮の一室にこもっている者の博識が、
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!   何かの役に立つと思われてのお褒めの言葉ですか。
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、




204 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:17:02 ID:qKdpoD1Q

      ,r;;;;ミミミミミミヽ,,_
    ,i':r"      `ミ;;,
    彡        ミ;;;i
    彡 ,,,,,、 ,,,,、、 ミ;;;!
     ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ,    無論ですよ。
    ヾi `ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r'
    `,|  / "ii" ヽ  |ノ     太史が修復なさった書物は、大いなる遺産として、後世の者に英知の光をもたらしましょう。
     't ←―→ )/イ
       ヽ、  _,/ λ、
    _,,ノ|、  ̄//// \、
_,,..r''''"   | \`'/  /    ̄`''ー
      |  /\  /
      |/)::::/\/






               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!   そうありたいものですね。
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!   ところで史官を各地へ遣ったせいで、その報告から各地の事情に詳しくなりました。
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}   いずれ折を見てお話もできましょう。その方が現世ではお役に立ちそうだ。
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\  \ -、  フゥ
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ  (__丿
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、




205 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:17:37 ID:qKdpoD1Q


             ,,,,,,,,,,_
           ,ィヾヾヾヾシiミ、
          rミ゙``       ミミ、
          {i       ミミミl
          i゙i ,,,ノ 、,,-=、 ミミミ!   それはありがたいですね。
          {_i=・}-{_=・`} ̄レゥ:}
             l ̄,,,,_,゙ ̄` :::ン    ところでこれ以上お引止めすると、お仕事の邪魔になりそうですが、一つ、聞きたい事がありまして。
           |/ _;__,、ヽ..::/l
           ヽ.~ニ~ ' .::::ノ/ }\_     …王と褒姒と虢の関係の事ですが。
         _,,.-‐' `ー '"::/ /  |   ̄`''ー-、
      r‐''"   ./  i\/  /    |     / ヽ
      /     /   | /;;;ヽ、 l ヽ /     ノ /}





                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!   (そろそろ話を切り上げたいのだが…、それに気付きつつもなお引きとめようとするとは、
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}    柔和に見えてあんがい粘り強い人ですね。
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!    このまま退室しても良いが、それでは鄭公との交誼は形ばかりの物になってしまうか…
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\   それもつまらないな。)
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ    ……では、簡潔にお話しましょう。
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、
         !      i:    ヾiiヽ  |lii| V  ヽ
        i      ー ' /  l iil、|lii|  !    i
         !     , 、-、-く    ヾヾ洲   ,  ヽ
.        l    \\\\ ___ヾ:ぐ,ィーi′ _ ヽ
       |    、 \\\\─┴==イヱ-'´   ゙i-ー=ー-、
        |   ヽ 丶-\\\\-f、^ヽ、``丶、   ゙、__ )_ヾ \





                 ●

                 ●

                 ●



206 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:17:58 ID:qKdpoD1Q


     .,,iiillllllllllllllllllllllllllliiiii,、
    ,illlll!!l゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!lllllllllli、
   .,ill!l゙”       ゙゙llllllll、
   .llll             llllllll,
   .゙llii、  .,    ,,,,.  ゙゙ll!゙i、
    .゙!!l    "' ''",,--i、./ .|
    ヽ|r'"゙゙ニ゙|゙゙!゙ ー' 〕 ,ノ    うーん、なるほど。そういう事でしたか。
     .゙'モ、,,,,,-j′.゙ッ―''" l"
      |、 ,/゙"''r'" `'、 ,l゙
       ヽ,゙―--‐''゙″,l゙
        `'‐,,,,、_,,,,-'"





             ,,,,,,,,,,_
           ,ィヾヾヾヾシiミ、
          rミ゙``       ミミ、
          {i       ミミミl
          i゙i ,,,ノ 、,,-=、 ミミミ!    しかし後宮というのは不思議な所ですね。
          {_i=・}-{_=・`} ̄レゥ:}
             l ̄,,,,_,゙ ̄` :::ン    奥の奥にひっそり住んでいた褒姒が王の目にとまったのは地震のせいであるなら、
           |/ _;__,、ヽ..::/l
           ヽ.~ニ~ ' .::::ノ/ }\_   まるで褒姒は地が割れたことによって出現した精霊のごときひとですな。
         _,,.-‐' `ー '"::/ /  |   ̄`''ー-、
      r‐''"   ./  i\/  /    |     / ヽ
      /     /   | /;;;ヽ、 l ヽ /     ノ /}
     ノ |   >   |' }::{ ノ   \   / // ハ
     { ヽ |   {    | l:::l /   o /  .:{ /ノ / |




207 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:18:23 ID:qKdpoD1Q


               /   _`ヽ、   ノし
              /ト、 ,-__, ー_ i、   て
                 lイミF fr'三テ fヨ!    (
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}     (そうか、褒姒が大地の霊であれば、まさしく陰の気だ。
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\     地表に現れた陰の気が帰するところは地中。
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ   すると褒姒を寵愛している王は、褒姒の魅力にひきずられたまま、
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、
         !      i:    ヾiiヽ  |lii| V  ヽ 死しても天へは昇れず、地へ沈むのか。)
        i      ー ' /  l iil、|lii|  !    i






      ,r;;;;ミミミミミミヽ,,_
    ,i':r"      `ミ;;,
    彡        ミ;;;i
    彡 ,,,,,、 ,,,,、、 ミ;;;!
     ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ,   しかしどのようなわけで褒姒は後宮へ入ったのでしょう。
    ヾi `ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r'
    `,|  / "ii" ヽ  |ノ    太史は何かご存知ですか。
     't ←―→ )/イ
       ヽ、  _,/ λ、
    _,,ノ|、  ̄//// \、
_,,..r''''"   | \`'/  /    ̄`''ー
      |  /\  /
      |/)::::/\/




208 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:18:52 ID:qKdpoD1Q


               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!   ハッ
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}   あ、ああ、それは宣王が西方や南方を討伐なさった時に、
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!   褒の国は王軍に助力をしなかった。
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ  その事で宣王がお怒りになったため、
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ 褒の君主は慌てて自分の娘を人質として王室に差し出したことがあります。
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、
        i      ー ' /  l iil、|lii|  !    i   褒姒はおそらくその人質でしょう。






     .,,iiillllllllllllllllllllllllllliiiii,、
    ,illlll!!l゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!lllllllllli、
   .,ill!l゙”       ゙゙llllllll、
   .llll             llllllll,
   .゙llii、  .,    ,,,,.  ゙゙ll!゙i、
    .゙!!l    "' ''",,--i、./ .|    そうでしたか。
    ヽ|r'"゙゙ニ゙|゙゙!゙ ー' 〕 ,ノ
     .゙'モ、,,,,,-j′.゙ッ―''" l"    頼りない境遇であった褒姒が、今や閨閥を作ろうとしている。
      |、 ,/゙"''r'" `'、 ,l゙
       ヽ,゙―--‐''゙″,l゙     すると褒姒の姓である姒の族は、これから栄えますか。
        `'‐,,,,、_,,,,-'"




209 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:19:29 ID:qKdpoD1Q


               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!    いや、それはありえますまい。
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}                   ウ
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!    かつて夏王朝をひらいた禹王の姓が姒であると言われております。
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\   禹王は帝舜を補佐し、帝舜の死後王位につき、その後夏王朝は四百数十年続きました。
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ  そのように姒氏は位人臣を極めてしまったのですから、
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ 再び天が姒氏を栄えさせることはありえないのです。
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、
         !      i:    ヾiiヽ  |lii| V  ヽ
        i      ー ' /  l iil、|lii|  !    i






             ,r;;;;ミミミミミミヽ,,_
            ,i':r"    + `ミ;;,
      ≡     彡        ミ;;;i
        ≡  彡 ,,,,,、 ,,,,、、 ミ;;;!
  __,,--、_  ..   ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ, ≡
/"  \三=ー"."ヾi `ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r'  ≡  ほうほう、そういうものですか。
\ヾ、  ヽTf=ヽ  `,|  / "ii" ヽ  |ノ
:ヽ;;:     | l |  l  ''t ←―→ )/イ^    ≡
  ::\;::    | |  |  ヽ,,-‐、i'  / V
   :;;   l //  l く> /::l"'i::lll1-=:::: ̄\
:::::::::: :::::ゞ ノ/   L/〈:::t_イ::/ll|─-== ヾ




210 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:20:57 ID:qKdpoD1Q



               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、    はい、そういうものです。
                 lイミF fr'三テ fヨ!                                         トウ
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!    今姒姓の国は、褒もそうですが、公の国である鄭の近くにある彤もあります。
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!    あの邑は衰弱することはあっても、繁栄することはありません。
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ  だから公のわずらいの種になることは、なんら無いでしょう。
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、





      ,r;;;;ミミミミミミヽ,,_
    ,i':r"      `ミ;;,
    彡u       ミ;;;i
    彡 ,,,,,、 ,,,,、、 ミ;;;!
     ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ,   …ずいぶんはっきり申されますね。
    ヾi `ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r'
    `,|  / "ii" ヽ u|ノ    では最後に、太史はこれからどの姓が栄えるとお考えですか。
     't ←―→ )/イ
       ヽ、  _,/ λ、
    _,,ノ|、  ̄//// \、
_,,..r''''"   | \`'/  /    ̄`''ー
      |  /\  /
      |/)::::/\/





               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}    キョウ エイ  ビ
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!    姜、嬴、羋。
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、



211 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:21:17 ID:qKdpoD1Q


                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ    ただしその三姓は、姫姓と争うことになりましょう。
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、  では、これにて。
         !      i:    ヾiiヽ  |lii| V  ヽ
        i      ー ' /  l iil、|lii|  !    i
         !     , 、-、-く    ヾヾ洲   ,  ヽ
.        l    \\\\ ___ヾ:ぐ,ィーi′ _ ヽ
       |    、 \\\\─┴==イヱ-'´   ゙i-ー=ー-、
        |   ヽ 丶-\\\\-f、^ヽ、``丶、   ゙、__ )_ヾ \
         | ./   _,-─==LiLz<Σヾlii:ヽ、 ヽ\   ゙、 `ー- ヽ、
.       | /  /  /´/'´_, -ェェェェュ、゙ト、lli、   \ i 丶、 ヽ ヾ-、,_
.        l /, イ   /  / /タ'゙´ ̄`ヾミミlト、li、 、  ヽ|    ヾi, lヽ、 `'-、,_
       // , '   /  / /シラ/ '´   `ヽ、\i|ト、li、i   ゙i\ `丶、 lii ヽ  ``'-、ヽ
.      ,′イ     / /彡イ        ヽ.ヾilli| |   |  ヽ丶 ミlll|  ゙、     ヽヽ
      i /      / /彡ソ′_ン--、      ', ヾl|; !    l    iヽ ミiト、  ',     | l





==| l l||===||===||===||===| | |
    | l l||      ||      ||      ||      | | |
==| l l||===||===||===||===| | |
    | l l||      ||      ||      ||      | | |
==| l l||===||===||===||===| | |
    | l l||      ||      ||      ||      | | |
==| l l||===||===||===||===| | |
    | l l||      ||      ||      ||      | | |    ピシャッ
==| l l||===||===||===||===| | |
    | l l||      ||      ||      ||      | | |  /
==| l l||===||===||===||===| | |  ─
    | l l||      ||      ||      ||      | | |  \
二二| l |||二二二二二二二二二二二二二:|| | |
.:.:.:..: | l |||.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.|| | |
.:.:.:..: | l |||.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.|| | |
.:.:.:..: | l |||.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.|| | |
.:.:.:..: | l |||.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.|| | |
.:.:.:..: | l |||.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.|| | |─
二二|_l_||l二二二二二二二二二二二二二二|/==



212 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:22:30 ID:qKdpoD1Q


      ,r;;;;ミミミミミミヽ,,_
    ,i':r"::::::::    `ミ;;,
    彡:::::::::::::::    ミ;;;i
    彡:::::::::::: ,,,,、、 ミ;;;!
     ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ,
    ヾi `ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r'
    `,|  / "ii" ヽ u|ノ    (王室も、わが室も、それら三姓の族を敵とすることになるのであろうか…
     't ←―→ )/イ
       ヽ、  _,/ λ、    ここまで王事に無関心でありすぎたかもしれぬ。
    _,,ノ|、  ̄//// \、
_,,..r''''"   | \`'/  /    ̄`''ー  これからは自国を富ます策を大胆に実行すべき時にきているのか。)
      |  /\  /
      |/)::::/\/





┌───────────────────────────────────────────┐
                         シン リョ キョ セイ
   姜は羌とも書かれ、その姓の国には申、呂、許、斉などがある。申は幽王の正后の出身地である。
            シン コウ             ソ
   嬴姓の国は、秦、江など。羋姓の国には楚がある。
   姫姓は周王室の姓で、王室からわかれた室はすべてそうで、もちろん鄭も姫姓である。
└───────────────────────────────────────────┘






     .,,iiillllllllllllllllllllllllllliiiii,、
    ,illlll!!l゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!lllllllllli、
   .,ill!l゙”::::::::::::::::   ゙゙llllllll、
   .llll:::::::::::::::::        llllllll,
   .゙llii、:::::::.,    ,,,,.  ゙゙ll!゙i、
    .゙!!l    "' ''",,--i、./ .|   (王室は傾いている。それにもたれかかることもあるまい。
    ヽ|r'"゙゙ニ゙|゙゙!゙ ー' 〕 ,ノ
     .゙'モ、,,,,,-j′.゙ッ―''" l"     だが王室に倒れてもらっては何かと面倒だな。)
      |、 ,/゙"''r'" `'、u,l゙
       ヽ,゙―--‐''゙″,l゙
        `'‐,,,,、_,,,,-'"




213 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:22:46 ID:qKdpoD1Q


             ,,,,,,,,,,_
           ,ィヾヾヾヾシiミ、
          rミ゙``       ミミ、
          {i       ミミミl
          i゙i ,,,ノ 、,,-=、 ミミミ!
          {_i=・}-{_=・`} ̄レゥ:}
             l ̄,,,,_,゙ ̄` :::ン   よし、王に拝謁しよう。
           |/ _;__,、ヽ..::/l
           ヽ.~ニ~ ' .::::ノ/ }\_     使いをこれへ。
         _,,.-‐' `ー '"::/ /  |   ̄`''ー-、
      r‐''"   ./  i\/  /    |     / ヽ
      /     /   | /;;;ヽ、 l ヽ /     ノ /}
     ノ |   >   |' }::{ ノ   \   / // ハ























214 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:23:07 ID:qKdpoD1Q


┌────┐
│周の宮廷│
└────┘
          ハ                    ハ
        ハレ' _>                 <_ `Jハ
        {_ >                  < _}
       ∧才 三三三三三三三三三三三三三三 下∧
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ト- '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ーイ
   `マu=u=u=u=u=u=u=u=u=u=u=u=u=u=u才´
     \|                           |/
       |       [][][][][][][][][][][][][][][]        |
     /|______________________|\
    <______________________>
        | |  | |  | |  |ミ| |从| |ミ|  | |  | |  | |
     {工 二二二二二二二二二二二二二二二二二二 工}
        | |一| |一| |\______/| |一| |一| |
        | |一| |一| |  |        |  | |一| |一| |
天天天天| |二| |二| |  |        |  | |二| |二| |天天天天
 ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄| | ̄| |  |        |  | | ̄| | ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄
        | |  | |  | |  |        |  | |  | |  | |
区区区区|._.|_|._.|_|._.|/            \|._.|_|._.|_|._.|区区区区






        ノ´⌒`ヽ
    γ⌒´      \
   // ""´ ⌒\  )
  .i /    ヽ、_  i )
   i  (・ )` ´(・ ) i,/
   l .::⌒(_人_)⌒:: |   今日は一体どんな用なんだい?
   \l^l^lnー'´  /
    ヽ   L  /    僕は多忙なんだから手短に頼むよ。
     ゝ  ノ
    /   /




215 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:23:28 ID:qKdpoD1Q


      ,r;;;;ミミミミミミヽ,,_
    ,i':r"      `ミ;;,
    彡        ミ;;;i
    彡 ,,,,,、 ,,,,、、 ミ;;;!
     ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ,   では手短に。
    ヾi `ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r'
    `,|  / "ii" ヽ  |ノ    虢の新邑を建設されていると聞き及びまして。
     't ←―→ )/イ
       ヽ、  _,/ λ、    微力ながら、わが国の民もお手伝いさせていただけないかと。
    _,,ノ|、  ̄//// \、
_,,..r''''"   | \`'/  /    ̄`''ー
      |  /\  /
      |/)::::/\/
      | ,r":::ヽ /  
      |i´:::::::::| /






        ノ´⌒ヽ,,
    γ⌒´      ヽ,
   // ""⌒⌒\  )
    i /   ⌒  ⌒ ヽ )
    !゙   (⌒)` ´(⌒)i/    えっ、ほんとに?気が利くじゃないか、鄭公。
 (⌒\    (__人_)  |  )
  \ .\  ヽ、__( / /.
    \         /.




216 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:24:31 ID:qKdpoD1Q


         /: : : : ||: : : : : :ゝ==ニt_,,..--‐‐''´´ ̄ ̄``ヽ.
        /: : : : : : ||: : : : : : ,,.-‐'''//////// \
         /: : : : : : : : j|__,,==''´´ ..////////// ヽ.
.       /: : : :_,.イ=<       ___../////// ',
     _j、 /: : : : /´´`ー‐─''==--、_ ̄``ヽ. //////l|
   /⌒゙}V、: : : :彳  , '´     \__ソ    \ ///// i!
   ,イ/ヒス! |: : :/       `==ニ=、`ヽj   /ニ、j ////ノ
   i {   / i |: : :|ゝ、 ',        ` ノ /´_´ ̄ヽ} /// /
  弋ゝ____) ! il: ::!  ヽ         /  l `ニ-、 ム..__,.-'
    \__   |川   ,' ,,     r´ ゙   }   ` /
      |\j彡:.,  ,;:',',    ,,.. ゝ´‐= ,._ノ   '
      |  |.,:': :彡':.: ,'  ,;','';,:'`゙--'゙l_´ヾ    ,'
      |  |.;: ::,' ;,,':'..,,'´,リ'´ ̄ ̄`ー'、ヾ、.  /     鄭公のご好意、いたみいります!
      |  、,: ;,',' ,':,,'´彡' ゝ、-ュェ、_  ヽノリ '
      |  \.,;:'::'',',' ':、   `ヽ._こ`ー',:' ,./
      |    \..,;:'、ミ.,''´´゙ヾ.. `゙¨---' ;:'
      l     >=、,:;':,';:,'::;;,,'',';、..,;:彡ミ/
     /|        `ー''、..,,;:'_,;';;;;ヾ/ ̄``ー―--.=....__
 _,.-=V| |`ー-...._   `ー‐-->─‐'''     ,' l     \``ー







⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ

┌─────────────────────────┐
│             ゼイ                     .│
│             芮      河水(黄河)        .....│
│    渭水       ●        ↓           ..│
│    ↓          ─────────────  │
│──────────′    ● ●     ●      │
│   ●   ◎           焦 新邑   東カク     │
│ 西カク   鎬京   ●             (制邑)    ..│
│             鄭                       │
└─────────────────────────┘

これらはすべて姫姓の国。新邑が建設されれば姫姓の国が並び、一つの安全地帯を形成できる。
これは姫姓の室のつながりを深めておく絶好の機会……!
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ
                   ○
                 о
                。
             ,,,,,,,,,,_
           ,ィヾヾヾヾシiミ、
          rミ゙``       ミミ、
          {i       ミミミl
          i゙i ,,,ノ 、,,-=、 ミミミ!    いえいえ、我ら同姓の国同士。
          {_i=・}-{_=・`} ̄レゥ:}
             l ̄,,,,_,゙ ̄` :::ン    こういう時にこそ助け合わねば、ですよ。
           |/ _;__,、ヽ..::/l
           ヽ.~ニ~ ' .::::ノ/ }\_
         _,,.-‐' `ー '"::/ /  |   ̄`''ー-、
      r‐''"   ./  i\/  /    |     / ヽ   フフッ
      /     /   | /;;;ヽ、 l ヽ /     ノ /}
     ノ |   >   |' }::{ ノ   \   / // ハ
     { ヽ |   {    | l:::l /   o /  .:{ /ノ / |




217 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:25:16 ID:qKdpoD1Q


┌─────────────────────────────────┐
   友が王都去る時には寒風吹きすさぶ中、虢仲は門外まで見送りに現れた。
└─────────────────────────────────┘



                , -─- 、
              ,. '. : .´ : .c: \
                /. :   、: . :ノアrzヽ
            / >''´ ノ . 弋>ゞ⌒i
               (/ /ミ、-- :、._:__;_;_|
          _/_ -┴┐ \_: . : : _\
         /   、_,ヘ│ `ャォ、`ミ. ,.巧\二ヽ
       /    厂ソしア     ;'~'厂   `ー '′   では、道中お気をつけて。
     _/\   ,' ` イ  _ ゝ、 j./
   /::::ヽ:::::::\イ_ ィ公、: ' `. ‐-ニ´
 /::::::::::::::::::ヽ::/   il {>.、,_;_;イ、
    :::::::::::::/|l   il  {//  \|゙:l






             ,,,,,,,,,,_
           ,ィヾヾヾヾシiミ、
          rミ゙``       ミミ、
          {i       ミミミl
          i゙i ,,,ノ 、,,-=、 ミミミ!
          {_i=・}-{_=・`} ̄レゥ:}   ありがとうございます。
             l ̄,,,,_,゙ ̄` :::ン
           |/ _;__,、ヽ..::/l    虢公も新邑建設、頑張ってくださいね。
           ヽ.~ニ~ ' .::::ノ/ }\_
         _,,.-‐' `ー '"::/ /  |   ̄`''ー-、
      r‐''"   ./  i\/  /    |     / ヽ
      /     /   | /;;;ヽ、 l ヽ /     ノ /}   (これで私が何をやっても虢公がうまくさばき、王の耳目が尖ることはあるまい。)
     ノ |   >   |' }::{ ノ   \   / // ハ
     { ヽ |   {    | l:::l /   o /  .:{ /ノ / |



┌────────────────────────────────┐
   こうして友は虢の新邑建設を隠れ蓑にして、自邑を富ますことを始めた。
└────────────────────────────────┘



218 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:25:50 ID:qKdpoD1Q

┌────────────────────┐
   年が明け、春になり、鄭公から財が届いた。
└────────────────────┘



              r―-、__r―-、
           |―‐z__,r:、__)
              |  |   /  /___r-、
           >―-、__ノr―‐┴'′
       ,. -‐'''" ̄ ̄`―〇ニニニヽ
.      /           \    `〇
     |              ヽ
     |              |
     ヽ             /
      \_______/




┌────────────────────────────────────────────┐
   「どうか文史にお役立て下さい」と鄭公からの添え書きがあり、伯陽はためらいなくそれを受け取った。
   賄賂ではない。いつの世でも文官に賄賂を贈る者など皆無に等しいのである。
   伯陽は受け取った財を官府に届けた。必要なときにはそこから引き出せば良いのである。
└────────────────────────────────────────────┘



219 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:26:13 ID:qKdpoD1Q


┌─────────────────────────────────────────┐
   たまたま鄭を通って東方から帰ってきた史官が居たので、伯陽は鄭の国情について尋ねた。
└─────────────────────────────────────────┘


               . -―- .     
             /       ヽ
          //         ',   
            | { _____  |   
        (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨
        ヽ、..二二二二二二二. -r‐''
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ 
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  (    民の表情を見れば、善政がおこなわれていることは瞭然ですよ!
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY 
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ 
           |   「匸匸匚| '"|ィ'(
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  {
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |、  
\___,/|  !  ::::::l、  \  \| \




                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ    ほう。善政とは、久しく聞かぬ言葉よ。
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、
         !      i:    ヾiiヽ  |lii| V  ヽ
        i      ー ' /  l iil、|lii|  !    i
         !     , 、-、-く    ヾヾ洲   ,  ヽ
.        l    \\\\ ___ヾ:ぐ,ィーi′ _ ヽ
       |    、 \\\\─┴==イヱ-'´   ゙i-ー=ー-、
        |   ヽ 丶-\\\\-f、^ヽ、``丶、   ゙、__ )_ヾ \
         | ./   _,-─==LiLz<Σヾlii:ヽ、 ヽ\   ゙、 `ー- ヽ、



220 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:26:45 ID:qKdpoD1Q


┌───────────────────────────────────────────┐
   伯陽は鄭公の容貌を思い浮かべた。
   本来人民の喜ぶ政治のできる君主の性格というのは、温厚でも善良でもなく、烈しいものである。
   その烈しさを秘せずに露呈してしまうと、暗君や暴君になる。
   伯陽は史書から学んだ見方で、そう暗君と暴君を規定していた。
└───────────────────────────────────────────┘



⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、
             ,,,,,,,,,,_
           ,ィヾヾヾヾシiミ、
          rミ゙``       ミミ、       (『そうか、鄭公とは烈しい人なのだな』)
          {i       ミミミl
          i゙i ,,,ノ 、,,-=、 ミミミ!
          {_i=・}-{_=・`} ̄レゥ:}
             l ̄,,,,_,゙ ̄` :::ン   フフッ
           |/ _;__,、ヽ..::/l
           ヽ.~ニ~ ' .::::ノ/ }\_
         _,,.-‐' `ー '"::/ /  |   ̄`''ー-、
      r‐''"   ./  i\/  /    |     / ヽ
      /     /   | /;;;ヽ、 l ヽ /     ノ /}
     ノ |   >   |' }::{ ノ   \   / // ハ
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、



┌─────────────┐
   と、伯陽は得心がいった。
└─────────────┘



221 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:27:05 ID:qKdpoD1Q


┌───────┐
   夏になった。
└───────┘
                            \
                             \
          ┼┼ ヽ ,    ───────  ○  ───
            ノ   /             /    、
                  ┼┼ ヽ ,     /  / | γ⌒ヽ
            r´⌒ヽ.     ノ   /  /   /  |(   ⌒
   , ⌒ヽ    γ⌒  ⌒ヽ        /    / ,'⌒
  (    '   (      ⌒ヽ⌒ヽ、 /     γ'⌒
  ,ゝ    `ヽ(              )      (⌒
 (      γ⌒ヽ, '⌒         ヽ- 、 γ⌒


┌─────────────────────────────────────────────────┐
   宮室の外へ一歩でも出ると汗をかきそうな暑い日であるが、室内に居る伯陽は心地よく流れる雲を眺めていた。
└─────────────────────────────────────────────────┘


                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ    やっと今日で、書物の修復が終わる。
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、
         !      i:    ヾiiヽ  |lii| V  ヽ
        i      ー ' /  l iil、|lii|  !    i
         !     , 、-、-く    ヾヾ洲   ,  ヽ
.        l    \\\\ ___ヾ:ぐ,ィーi′ _ ヽ
       |    、 \\\\─┴==イヱ-'´   ゙i-ー=ー-、
        |   ヽ 丶-\\\\-f、^ヽ、``丶、   ゙、__ )_ヾ \
         | ./   _,-─==LiLz<Σヾlii:ヽ、 ヽ\   ゙、 `ー- ヽ、



┌─────────────────┐
   実に足掛け三年の作業であった。
└─────────────────┘



222 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:27:25 ID:qKdpoD1Q


             ...................      ........:::::::::::........
           ....::::"  ......... ゛:::...
 .......::::::::::::.....  ..:::::"   ............ ゛:::...
         .:::::" :::::::::::::.     ゛::::..    ........:::::::::.......
         .::."...........   :::::::::::  ::::..
    _,. - ''"~゛~` - ''""~゛` - ''""~゛~`''` ‐- ,._
,. - ''"~  .,.      '''   ,.,    '''゛     ` ‐ - ,._









                                         よし、完成だ。>

         / ̄ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄7
.  .     . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
.      . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
...      /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
. . . .  /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
       /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
.      /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
     /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
.    /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
.  . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
 . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
 /_,ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'___/
 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー'




223 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:27:43 ID:qKdpoD1Q


                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!    これを納めれば、書庫を閉じる事ができる。
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ  みなよく頑張ってくれた。
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、






             /          八{ ミ::::::::::..、j〃.::_,_,   \::::::::;=ミ::ヽ ヽ、__ ノ
          〃 >‐ _ . ニ==-‐ヘ{:::::>、::::::::」j{_(9_,ノ °  ';::::' うハ:::i _ノ
            {/,x≦::::::::::::::::.:.,∠、ヽ:i{ (9ィ^-‐‐.::::::::::7 u / V{ し' }:::!>  や  や
              ヽ⊆{ ,ニミ:::::::j八(9 ) u:::「l:::}  -、 `ヽ::;   '    r ノ:ノ>   っ  っ
            ( ハ'( (9`Y^ヽ{::::::, , ヘヽ:::ー-='  u ' , {   ┌彡 '⌒ヽ  た
             ゝい:::7(:::ト、r‐、 ' u ',ハ /fこフ丶、     u |:::     ノ  ッ
             ヽ}',{__jヾ'^_,. -‐, 、  '. , V.:::::::/\      l:::   /   !!
                八ヽ:::{ く_,>'^^ _}  uハ ヽ::;'   ノ}    /.:: /⌒ヽ
                   \' ;.、ゝ'"´_ノ   ∧ 込. _彡'′ u /.:::     )
                  \ ヽ~「:::(    .イ  \ヽーァ   /.:::.:/
                    />  -=≦ニフ   }::\::(  /.:::: : /





224 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:28:06 ID:qKdpoD1Q


┌──────────────────────────────────────────┐
   史官たちは自分たちが困難な仕事をやりおえたという感動を楽しみ、しばらく歓談の時を持った。
└──────────────────────────────────────────┘



  _____          || ヨ || ヨ  ||
  /.::.ヽ ハ     ,r‐-っ  || イ || イ ||
_c!::::(・)o(・)___ノ:::ノ`´  || ヤ || ヤ ||
::::::( `ー―' ):::::::/    || サ || サ ||
::::゛==="::ノ ̄      ||   ||   ||
:::::;;;;;;;::::;;;;;ノ                   r.、
=====、                ))_.ノ ノ       ,.、
ii ii ii ii ii i iヽ      __        ヽ) /       ∧ヽ、
i ii ii ii,,ii,,ii,,ii ヽ   rニ二_ ヽ       ノ /       |l::::|lミヽ 
'"''""\:::::ヽ"`   ,.-  -、ヾ|      / /        .|l::::::|lミ|
     \::::\  l,.= =、|リ__r‐y'フ‐( /         |l:::::::|lミ|
     /.:::/  (  3  小 /  /__ノ         _|l::::::|lミl
   /.:::::く   ,.<` ー..く ノ !/ /             )):::::::!ミ/
   `ー---' / ヽ(;;Y;;;;>,.-‐-、       ,.-‐‐- 、  ヽ`Yノ
       /ヾ  ヘ___/ 人__ミ、    / ,.-‐‐-、、   |  l
      /   ヽ/Y  /_|  f三y!   l./ ノ` ヘ リ  !ヾvヽ
      \__ハ\__ノノノ  | ) ソ   !! (・) (・)  /   /
       /   ◇O◇ )  | ヽ    ヾ   ーo.∠   /
      ∠____/ー‐\_)  ト、|\ _/ミ|\ー‐'::.ミ/  /
     /.:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ  | `  Vミミ/\/;;ノ'ヽ;;>ヽ /
     /.::::::::::::::::/ヽ.::::::::::::::::::) |   ノヾ    \ヽリ  | 



┌───────────────────┐
   そして伯陽は史官たちを早めに帰した。
└───────────────────┘



225 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:28:31 ID:qKdpoD1Q


                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!    そのうち吉日を選んで、祝いの会でも設けてやらねばならんな……
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、



┌──────────────────────────────┐
   一人になった伯陽はそう呟いて目をあげ、奇妙なことに気付いた。
└──────────────────────────────┘




||||||||||| |||||||| |
||||||||||| |||||||| |
!!!!!!!!!!| |!!!!!!| |
!!!!!!!!!!| |!!!!!!| |
!!!!!!!!!!| |!!!!!!| |
‐-!!!!!!| |!!!!!!| |
  `‐.i |!!!!!!| |          ん?はて……>
≧=ュ、 `‐-.! |
ュ、三/| |≧ュ、.|
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
L|:.|:.|::| |ニニ| |
  ̄ ̄ `ー-'...|



226 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:29:07 ID:qKdpoD1Q


┌───────────────────────────────────────────────┐
   目前の棚に、手元の一巻の書物を納めるはずの隙間がないのである。
   何事も丹念に行う性格の彼は書物の配列まで指示し、最後の書物を納める空きを作っていたはずだった。
└───────────────────────────────────────────────┘


                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!    (私の思い違い…?
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i} 
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!     いやいや、昨日確認した時には確かに空きがあったはずだ。
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ   誰かが配列を乱したのか?調べるか)
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、


┌───────────────────────┐
   伯陽は手にした書物を足元に置き、棚を調べた。
   が、どこも乱れたところはない。
└───────────────────────┘




||||||||||| |||||||| |
||||||||||| |||||||| |
!!!!!!!!!!| |!!!!!!| |
!!!!!!!!!!| |!!!!!!| |
!!!!!!!!!!| |!!!!!!| |
‐-!!!!!!| |!!!!!!| |
  `‐.i |!!!!!!| |
≧=ュ、 `‐-.! |
ュ、三/| |≧ュ、.|
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
L|:.|:.|::| |ニニ| |
  ̄ ̄ `ー-'...|



┌───────────────────────────────────────────┐
   他に空いている棚はあるのだからそこへ納めれば済む話なのだが、それでは彼の気は済まない。
   今から書庫の中の全巻を調べなおすとなれば、深夜まで及ぶ作業になるだろう。
└───────────────────────────────────────────┘




227 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:29:36 ID:qKdpoD1Q



               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!   今日は早く帰って家人と酒でも酌み交わそうと思っていたのだが、仕方あるまい。
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}   そのままにして帰れば今夜の酒は旨くないだろうからな。
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\  \ -、  フゥ
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ  (__丿
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、



┌────────────────────────────────────┐
   考え事をしながら、ぼんやりと書庫の棚を赤く染める夕陽を何気なく眺めていた。
   奥のほうまで差して、ようやく衰えつつある光は埋み火のように見えた。
└────────────────────────────────────┘


                               ___,,,,,, ―
                         ,,, ―''''         /
                     ,,, ― '''               /
              ,,, ― '''               /
       ___,,,,,, ― '''            ,.         /
  ,,,,, ―''''                , - '"     /
                    , - '"       /
                  , - '"        /
              , - '"          /
           , - '"           /
        , - '"              /
                     /



229 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:29:57 ID:qKdpoD1Q


┌─────────────────────────────────────┐
   伯陽はふとその光の先が気になり、奥に入り、光が当たっている書物を手に取った。
└─────────────────────────────────────┘

―  ̄   ...|
_, -! r‐==|
|ir-=i|| |ニ|ニi| |
|t|-i!|!| |ニ|ニi| |
| |l|l||!| |ニ|ニi| |
| |l|l||!| |ニ|ニi| |
| |l|l||!| |X|Xi| |
| |l|l||!| |X|Xi| |
| |l|l||!| |X|Xi| |
| |l|l||!| |X|Xi| |
| |l|l||!| |X|Xi| |
| |l|l||!| |X!-´..|
L|l!=-' ´   .」
   _ -‐ ´
-‐ ´



                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!    「訓語」か。
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i} 
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!    これは分かりやすい言葉で書かれた説話集だったな。
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、



┌────────────────────────────┐
   書物を棚に戻し、左右を見てから肩をまわした瞬間であった。
   伯陽は一つのことに気付いた。
└────────────────────────────┘



230 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:30:35 ID:qKdpoD1Q



               /:::::::::_`ヽ、   ノし
              /ト、::::::::__, ー_ i、   て
                 lイミF fr'三テ:::::fヨ!    (
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}    ……まてよ、「訓語」の巻数が多すぎやしないか。
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、
         !      i:    ヾiiヽ  |lii| V  ヽ
        i      ー ' /  l iil、|lii|  !    i



┌──────────────────────────────────────┐
   衿から冷水を注がれたような心地であった。
   伯陽は書庫に納め直した訓語を全部読んだわけではないが、巻数は頭に入っている。
   横に並んだ巻数の多さに、異常を感じた。
└──────────────────────────────────────┘



                     ____
                 〃´/   7ヽ,
                 // /  / .//}
                   // /  / .// /' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄'7
               // /  / .// /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //
                  // /  / .// /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //
              // /  / .// /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //
                // /  / .// /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //
            // /  / .// /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //
              // /  / .// /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //
.             // /  / .// /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //
           //_/__/_.// /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //
         〃ィ7三ミヾ//./  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //
         {l「({{句j刈}}./  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //
         ヾ弋沁少ィjリ_,ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'___//
          ヾ=一"'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー'ー'′



┌───────────────────────────────────────────────────┐
   伯陽は次々に棚の「訓語」を下ろし、巻数と内容とを確認しようとして腰を下ろすと、夕陽が消えてあたりが暗くなった。
└───────────────────────────────────────────────────┘



231 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:31:17 ID:qKdpoD1Q



               /:::::::::_`ヽ、
              /ト、::::::::__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ:::::fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}   ええいっ、燭を早く!
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、
         !      i:    ヾiiヽ  |lii| V  ヽ
        i      ー ' /  l iil、|lii|  !    i



┌───────────────────────────────────────┐
   宮中で走ってはならないと定められているが、この時ばかりは小走りで倉庫へ向かった。
└───────────────────────────────────────┘



        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        | |二二二二二二二二二|| |二二二二二
        | |=|≡=y=]         .|| |
        | |==================|| |==========
        | |       .━=γ=γ .|| |
        | |======/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄
        | |     : | |二二二二二二二二二|| |二二
        | |===== | |-≡≡y≡y        || |
____| | : 口 :: | |==================|| |===
               |_|ニニニニ::| |=|≡=y=]  .|| |
               | |==================|| |==
               | |        ━=y=y=]|| |
               | |==================|| |===
               | | ===≡γ≡]       || |-
               |_|二二二二二二二二二|| |二二



┌────────────────────────┐
   燭を掴んで書庫へ戻ると、さっそく「訓語」を紐解いた。
└────────────────────────┘



232 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:32:11 ID:qKdpoD1Q



               /:::::::::_`ヽ、
              /ト、::::::::__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ:::::fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}   …やはり変だ。
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、
         !      i:    ヾiiヽ  |lii| V  ヽ
        i      ー ' /  l iil、|lii|  !    i




―  ̄   ...|
_, -! r‐==|
|ir-=i|| |ニ|ニi| |
|t|-i!|!| |ニ|ニi| |
| |l|l||!| |ニ|ニi| |
| |l|l||!| |ニ|ニi| |
| |l|l||!| |X|Xi| |
| |l|l||!| |X|Xi| |
| |l|l||!| |X|Xi| |
| |l|l||!| |X|Xi| |
| |l|l||!| |X|Xi| |
| |l|l||!| |X!-´..|
L|l!=-' ´   .」
   _ -‐ ´
-‐ ´



┌─────────────────────────────────────────────┐
   元あったように全巻を棚に並べなおしたところ、中ほどに最後の巻があり、その巻には見覚えがない。
   そういう並べ方をさせるはずはなく、また一巻多い。
   この一巻がすべての書物をずらし、棚の余地をふさいだのであろう。
└─────────────────────────────────────────────┘



233 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:32:34 ID:qKdpoD1Q


                  __
               /   _`ヽ、    チッ
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!    誰かは知らぬが、念の入ったいたずらをしたものだ。
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i} 
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、



┌──────────────────────┐
   伯陽は「訓語」の不審な巻をひざの上で開いた。
└──────────────────────┘



         / ̄ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄7
.  .     . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
.      . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
...      /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
. . . .  /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
       /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
.      /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
     /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
.    /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
.  . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
 . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
 /_,ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'___/
 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー'




234 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:33:16 ID:qKdpoD1Q



                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!    どれどれ………
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i} 
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ    む?まさかそんな!?
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、



┌───────────────────────────────────────┐
   その「訓語」には、およそ信じがたい物語が記されていた。それは次のような内容である。
└───────────────────────────────────────┘



                                    □

                                        ┌┐
                                        └┘

                                 ┌─┐
                                 │  │
                                 └─┘

                     ┌──────┐
                     │            │
                     └──────┘




235 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:33:45 ID:qKdpoD1Q


┌──────────────────┐
   夏王朝が衰えた頃のことである。
   二匹の竜が王宮の庭に降りてきた。
└──────────────────┘



_,r;=;く`'ー≧=ゝ,\               ヘゝ__\_Y \\,.-、
≦r入`ャ .∠=弍イ入_             彡\、/ニ二ニゝレヘ\__
く<<<ム,Y三弐弋xX_ヾ;、           巛巛ヽ彡三三く\メXy,=ミ:、
くく<<<'ハヾ三うゝ__ヾく`'y)_          巛巛ヾヽミ三三ゝゝゝ ゞ-'゙ヽ
ェ≦≦ィ彡,゙ミえ'/,r‐ミ, ゞ> ^≧ぅーャ、     ニ‐ニ彡ヾ三三く>/⌒ヾミゝゝゝ`ー--、
´\ネ彡ソハヾヌ 〈::..、 `ヾイrテメry、_ソ       -_,.彡ヘヘ三=ヾf;:,,   \ ,-=〒'__ヾ}       我らは褒の二人の君主である。
,>''フ彡ソ人ヾ;=ヽ.    ノ广'マメム′     _ -'´~77∧ゝミ-_ゝ ...._〃'^^ ,.イ´彡シソリゝ,く⌒'ーノム⌒>ァ′         /Xレ公ゞー三=三彡ヘー--、_ソ
./ヘセ{フ,イヘ从レ个テ〒イ´`示<_          /ヘ//へへヘヘィ'了`7ー-<
从レ'ノヘ从/ハ,ノ-'<ノ / `入ヽ       /ヘ//ヘヘヘ/'"レ_ノ_ノ  ノ ゙ヾ:、
」ブ/ヘ从ソ/レ′   `ヾtー''´ ∧゙!       /ソ//ヘヘヘ//レ´  ̄`ー、-''´ _,.ノヾ':,
ィソヘ从V人ノ         ヾー'''´ } |       //ヘヘヘ/|/      ヾ''´ __,,.ノヘ







|夏王
|ニニ二i  て
|ノノヽ)))  そ
|リ゚ -゚ノリ
|⊂/   ヒャア、びっくりだよ。一体この竜は殺すべきか、追い払うべきか、引き止めるべきなのか。
| /     史官、ちょっと占ってみてよ。





236 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:34:21 ID:qKdpoD1Q


       _r-._,-,_
      r‐'史官1~t_
     j'/"il li ~\〈      えいっ、とうっ!
     rf/l |_l_l| |l_l_ i゙ト'、
   /"ハl U  U |l゙i l    出ましたのだわ。
  / / li.ゝ γニ ヽノ | l |
.  l /  il f:`l .l i_| | j l |   …うーん、どれも凶なのだわ。
  |/  ξ ゞ_`,-ィイ ξ l|
  彡    /:::::::::::〇,   ミ
  ソ    i::::::::::::::l_l:l   リ





      , ^史官2^、
     !iノ从ノ))))
     ノ从∂ヮ゚从     そういえば竜の口から泡が吹き出ていますね。
    ( (とt,,,ξtつ)
    ) )(,,ζ,,,,)( (    あの泡をもらって、収蔵したらどうかしら。
   ( ( (  UU ) ) )





    i-夏王-i
   i二ニニ二i
   ,´ノノノヽ)))∩    おお、きらきーてば大胆な発想!
    Wリ゚ -゚ノリ彡
    ⊂)_介⊂彡     それは吉だろうか?占ってみて、しんく。
     〈___l___〉
     し ⌒ J




237 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:34:44 ID:qKdpoD1Q


       _r-._,-,_
      r‐'史官1~t_
     j'/"il li ~\〈
    ,rf/l | l l| |l l i i゙ト'、
   i l''ハl ー  ー |バl i    むむむ、今度は吉なのだわ!
    | l | ヽ __ ノ | l |
.   | l ll○ゝ_.ノ  j l |
.   |l. i:::::l、_`@_´フ ξ !|
   彡 '、::ノ:::==〇)  ミ
   ソ   i:::::::::::::::::::l   リ



      ┌夏王┐ *``・*。゚
     i二ニニ二i┃   `*。
      i´ノノノヽ)∩  。:*゚
* '``・* ...Wリ゚ -゚ノl/ 。*・        ヨシ、祭りの用意をして、祭文を書いて、竜にお願いしよう!
 ゚*:。:**。⊂:。.*:。/.。.*:。.
      ( ヽ/     +゚
   。:*゚*。し(_)+。*・ ゚






┌───────────────────────┐
   そして竜に告げると、竜は失せて泡だけが残った。
└───────────────────────┘



                      ○ 0   O     。
                       (__)O  。
                        O O
                          ○  。
                        ○   O
                        O
                        (__)O



238 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:35:28 ID:qKdpoD1Q


 ┌夏王┐
 i二ニニ二i
 i´ノノノヽ)))
  Wリ゚ -゚ノリ       この泡消えてなくならないんだね…不思議だなぁ。
  ⊂)_介」つΟΟ
   〈__l__〉   Χ    とはいえ使い道もないし、とりあえず箱に閉まって、「開けるべからず」と言い伝えて郊外で祀ることにしよう。
   〈_ハ_〉

            ●

            ●

            ●





┌────────────────────────────────────┐
   そして一度も開けられる事がないまま、夏王朝は滅び、殷、周の王朝が続いた。
└────────────────────────────────────┘







        , -=-‐~--へ__,,- 、
      <     王ヽ   ゝ
       ノ    二、___ゝ,/_/ヘ  |
      |    ヲ          | |
      |    ┤  ===、 , ==|  |
     ノ   彳  ―ェ 〈‐ェ〈  ゝ
    ゝ、  イ6|ゝ    / \ |‐"
      く   .^|        - ゝ
       ヒi_,| \l  [ ――.|
        ,,, -/\  \____,|
     ―'|  \  \    |\_
       |   \  \.  / 〉 \ ̄
        |__,\  / ̄〕/ 、/



┌──────────────────────────────────┐
   周の宣王の父を王という。
   この王の時に箱の存在に気付いた者がいて、王の許しを得て箱を開いた。
└──────────────────────────────────┘



239 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:35:57 ID:qKdpoD1Q


┌──────────────────────────┐
   すると泡があふれ出て、庭いっぱいに広がったのである。
└──────────────────────────┘

                                                   _
                                               Y´    `ヽ
                    ,, ー''''ー、            __         {      .}        _   /
             _.. -- ,,. /     .゙l,      ..-'"゛  .`''-、     ヽ    ./     γ    `Y′
       r-=-,    /      .`′     }      /         `!、     .`'―‐'″      .!
     l   !  ./          ,,_. ._,/     !          !                   \,,__,..-i
     `-=-´  .l             | ´   ,..-―-..!             !                       ヽ
           !             ,!    ./               メ‐'¨¨ ̄¨¨ー 、.      ,-'" ̄`'-、   `‐
  r'" ̄`''、    .ヽ        /     .!       i 、                   \    l゙      l
  .!     .!     `-..__   __./     .l.     ./  ゙ー-==-‐/                ヽ  .!      }   _
¨''''′  . _./   _..-ー¬-..,  ̄    Y´¨ヽ  `'- 、   `''、    .l゛                }  ヽ.    ..,ノ゛ ,/
    .'.l   ,i″     ヽ      廴__ノ     l      .!   !                   |   `¨¨¨″ /
      l  l           !            l     /   .!              l        l
      .| .!           ゙‐'ー-、        `' -==-'゛    .ヽ            /          |
     ./  ヽ           ヽ                    __/            /             ヽ
     /    .`'ー ._ イ       |       γ ̄`''、      /        __,,,,,..-'"       __      \
_ -'"      , --、 ヽ      /      .l    .廴.,,_  /        Y     .,..-¬¨ーイ  ヽ       ̄
            !   .!  `'ー- --'"       ゙>      `'-′        !    /           ノ    
            ゝ--'゙ _ -''''¨¨¨'ー、      /                    /    │         !   γ¨ ̄¨
 ̄¨''-、        ,i′      ヽ     !          ト ,,___,, ,ノ      │        /   !
    . l       ,!           !    │          |            ヽ       /    `'-=-‐
    .|       |           l     ヽ           /              `'ー-==-‐"     
    ノ        ヽ       /       \、    ,.ノ
¬'''´           ゙''ー---‐″             `゙゙¨¨゙´


┌───────────────────────────────────┐
   官人たちは慌てて泡に立ち向かったが、どうにも泡を取り除くことができない。
└───────────────────────────────────┘



240 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:36:13 ID:qKdpoD1Q



  ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
,,彡彡彡ミミ王彡彡彡彡
ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡
ミミ彡゙         ミミ彡彡
ミミ彡゙ _    _   ミミミ彡
ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡
 彡|     |       |ミ彡
 彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ
  ゞ|     、,!     |ソ    男でだめなら、女ならどうか。
   ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /
    ,.|\、    ' /|、
 ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
    \ ~\,,/~  /
     \/▽\/



┌──────────────────────────────────┐
   という王の提案で、下半身を裸にした婦人たちを泡に向かって騒がせた。
└──────────────────────────────────┘



241 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:36:33 ID:qKdpoD1Q


┌───────────────────────────┐
   すると泡は一匹の黒いトカゲと化して、王宮に入って行った。
└───────────────────────────┘

    _
  .,..::::゙:´::::`;;;..,,
 ,´....,,,,.......,,,゙゙:::::::`;,,
.丶,,..  o∴,,,,,,.,,  ヽ,
  丶,;;;;;:::::...........゙゙゙l|:::::::ヽ,                   ,
    ``ヽ......::::::::::::;;;;;;;;;;;`ヽ,,               ヽ,i;,
       ヽ.....::::::::::::;;;;;;;;;,,,,,,,`゙;;丶;,,:..,,,....,,,,,....,,    ,,;゙´;;丿
         ヽ,........:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´゙´゙゙´;;;;;;;;;´.,,
          ヽ,.. ;:::::::::....;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::;;;´`゙;丶,
           ,ヽ,;;;\........,.,.,.;,.;,.;,.;,.;,.;,.;,.;,.;,.;,.;,.;,.;,.;,.;,,::::::゙ヾ,;::::::ヾ`,,
         ,,. `゙丶;;,,,丶゙,,,....,;..,;;,.,;,.,;,.,;,.,;;,...,;,.,;,/,,,;;;,.;,.;`,...::;;;i;;;;;;;;i;,,
         ー`:;;;;;;丿   ```゙゙゚゙゙;;,,゚゙゙゙゙゙゚゙゙ヽ;;;;;,::.....丿`゙゙゙゙ゞ:::::i;;;.,;
           /`゙゙´          ``````ヾ;;;;ヽ     ,;`,;´;;;;;:
                          ...;;;;;l|l|l|,i!,,  ,,,;i´,;゙゙;;;;;;; '
                            /゙゙i´,,,,ヽ;;;´,,;・゙;;;;;;;;・´
                    ,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;=゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;・´
                 ,,;;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,...・・・´´
               /;;;;;;;;;・・・゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙´
               /;;;;;;/
               i;;;;;/
               \;;`-,
                 ´´






    彡ミミミ王ミ彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < 感動した!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_____
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /




242 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:36:58 ID:qKdpoD1Q


┌───────────────┐
   後宮に、一人の童妾が居た。
└───────────────┘


        ヘ/ヽ、
   _,,ィ≦斗―ミヾ_,, -┐
   r} ,斗、´ o`l,ヘ. _ ヽノ
  (,|/  「  ,, _ ´oヽ/}ア
    ト_-ァハ   レ′  7ィ´
   \ ヾ:ト,   _,才´ ハ
     `ーУ冂ヾ∧;-‐┘    うにゅっ!?
      / | |.!|ハ∨
     ./ ! l |.| ハ,ゝ
    ../  .!.| |.| ハ_)
    厶__」_| |_!_,ゝ
    ゝ-、__ __,__,、_ノ
      |__,「  |__,|
      ゝィ  ゝィ



┌───────────────────────────────────┐
   彼女はたまたまこのトカゲに遭い、のちに成人となると、ひとりでに孕んでしまい、
   宣王の御代になって出産した。
└───────────────────────────────────┘




         , -――‐-v冖v-―――- 、
        く: : : :r>―^ーヘノ)==ミ : : : :|
       rクヘ:/  ,    ,  ヒr┬- 、: :/
.      rク : :/   /   l |  厶:ヾ、:_:》 :\
      K_:_:/  / ,′  l |l  | 厶 : : : : /
        /| l/| レ1  / lメ、_/l  l|ヽ、/ヽ、     キモチワルイの~
.       / l |イ/| / / \`7 リ=ミ__〉
.     厶イ>l | ○  ′○ /| /ヽ、`二}      この子はこっそり王宮の外に捨てるの~
       く// ,小⊃ 、_,、_,, ⊂⊃=<|  \
       {_{_fて(ヘ  ゝ._)  ィ /⌒i } 匸´
       /⌒ヽ__>,、 __, イァ/  / ` ̄
       \ // : : :_:_∨_:__: :ヘ__∧
         // : : { {:r介、: :}}:ヾ:::彡'




243 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:37:45 ID:qKdpoD1Q


┌──────────────────────┐
   そのころ、巷ではこういう童謡が歌われていた。
└──────────────────────┘



     , --― -- 、
    /}        \
   / /        ト、
  ./ /         l \
 / /  ,-、   r;;;ヽ  |  \
 i  l , イ;;;ノ   iト;;;ノ\ト、  \
 |  |(  /  ,、 ヾヽ_ノノ| \   ヽ       コ キフク
 ! ハ  ̄ , Y  ,`ー' |  ヽ、_)    エン狐箕服で周は滅びるぅ~♪
 {_ノ ゙、   `TTT"   ノ
   /人____ `ー' , - ァ<
   / | |  `)二{  ∧ \
  / | `ー"  `ー' ヽ  \
  {  |            ト、   ヽ
  |  |          } \___)
  | ,|         人
  し' |           \



┌─────────────────────────────────────┐
   エン狐とは山桑の弓のこと、箕服は箕と呼ばれる木で作った箙(えびら)の事である。
└─────────────────────────────────────┘






       、z=ニ三三ニヽ、
      ,,{{彡 宣王 ニミヽ                  エン狐箕服で周は滅びるぅ~♪>
     }仆ソ'`´''ーー'''""`ヾミi
     lミ{   ニ == 二   lミ|
.      {ミ| , =、、 ,.=-、 ljハ
     {t! ィ・=  r・=,  !3l
       `!、 , イ_ _ヘ    l‐'     ふざけた歌じゃねぇか。俺を誰だと思ってるんだ。何?子供の歌うことだ?
       Y { r=、__ ` j ハ─
.  r‐、 /)へ、`ニニ´ .イ /ヽ     子供だからって何でも許されるとか、バカ言ってんじゃねぇぞ!
  } i/ //) `ー‐´‐rく  |ヽ
  l / / /〉、_\_ト、」ヽ!
  /|   ' /)   | \ | \




┌──────────────────────────────────┐
   宣王が外出した際、その歌を聴いて機嫌が悪くなったちょうどその時である。
   折り悪くそれらの武具を売り歩く夫婦が見えた。
└──────────────────────────────────┘




244 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:38:13 ID:qKdpoD1Q


      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ,
.     /: : : : r'"´´´´´´〃〆∠: : : : : : : : :i
    /: : : 彡      宣王`ー─- 、: : : 〉
    〈: : : 彡                ',: : :l
    lヾ: : l                 }: : }
   〈 ヾ:}   〃ニ=、,          l: :ノ
     ',、{ミl   _,rtテ=、`ヽ ',i (=ニヾ、 l:/j
_,. -─‐}ヾ`   ノ´)¨´ l / 、ィtテ=、_, ///
: ヽ: r'"ヽ、l  r'"=/ ¨´ l l  ヾ、二ノ  lf/--、_     ちょうどいい。あいつらを捕らえて見せしめに殺せ。
: : レ': : : : :l  ノ 、_//(__ ノ } ',     レ': : : : : : ¨
: : l: : : : : :トノ_,.-: :∧: ∨ブ    ヽ_,,ニ_/_   ', / /:: :∨:: :: :: :: ::
::/: : :f゙ ¨ー-≠、  〉⌒>_,.ニ=- //: : : : ∨:: :: :: ::
〈: : f゙  ー-、  ヽ_j_,ノ   _,.-'l: : : : : : : ∨:: :: :: :
: : >ト、 _  `ヽ_ノ/ー─‐'"  /\: : : : : : 〉: : : : :
: : :イ ヽヾマ =ィ゙/ /三',   l: : : : `ヽ、: <: : : : : :
∨ ',、__ ノゞ,-"i /l三ミ∧  l: : : : : : : : : : ヽ、::: :::






                      r―-、
               ィ弋. __       |
          ,;洲lli巛|l丞≧ュ。. ,ノ
          洲||'”~  \” 乂'i゙              キ、キャアァーー!
              ,|||! 〃(._ ̄r‐ __.!   ,x‐j
            ,|||’   /`\(\ i _{_ ,.kn_
          ,||'!   /   ./ 〃〆、ヽ乂ll爿fひyn、    ファック!
           |l’ゝt_ ′  /  丿 ◯  弋t{薔}f}ア
          ー┼爻/ ̄`ー 、_zイ ''''     ◯゙Tス^’    とばっちりもいいとこなのかしら!
         //       `ゝ 、 ∠!  '''' ./~X,..    みっちゃん、逃げるかしら!
        //    'ー=_     ̄ `ー 、イ
.       /'′    /,.=イ¨' ー 、__  ,)
      /      ,イ~!   ,,  人   ゚̄}ヘ
       /      ./ `\, /―イ:.:.:.\.T  ̄`ー,.
      :       /    ./¨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|    ノ┘
     |      {    {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'廴乂゙



┌────────────────────────────────────────────────┐
   宣王の臣に追われた夫婦は路上で殺されそうになったが、何とか追っ手を撒き、夜道を手を取り合って走った。
└────────────────────────────────────────────────┘




245 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:11/08/21(日) 22:38:46 ID:h1hJsi6N

カナー!w


246 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:38:50 ID:qKdpoD1Q


   <ホギャホギャ

      /}
     _ !l ,.- 、
    //|| ̄ `ヽ⌒',
  / /  ヘ入ヽ  ∨
  !|  //ー, \, }
  l  .// ○  ○{    あれ?なんだか赤ちゃんの泣き声がするのかしら。
   \(⌒リ"  △"ノ
    {こ.フ>、ー,.イ
   〈二}/  ∞Y_〉
    └ 〉  ハ〈┘
       /     ヘ



                       _,.r:‐:-:、
                         _∠:_:::`ヽ、:ヽ
                    //::::::::::`ヽ:::}:::::\
                  ,.ィ:::::::::::::::::::::::::::`:\:::::\
                  /:::::::;:::;::;:::、:、:::::::::::、::::ヽ:::、::ヽ、
                ハ;:::i::l:::!::!゙"',:ト:ト::ト、:::}::i::l::::i:::ト、!
                 {::|:::!::!_ム{  i:l_!i_!::}i:::;!:i::l::::}:::! "
                ',:i,::ト,i,!i、ヽ ' リ ,!;' l::l从:!:::ト、ゝ
                 {从k 三ノ¨ゝ三.ノiハy<∨     あっ、こっちの木の根元に居たわ、可哀そうに。
                       圦."" 、_,、_,"" ノ  .〉
                     |::::i>    ,.イ  / ´`ヽ    捨て子のようね。
                  ,|::::l ハ 〉、r<.ヽ _スト、 i
                   {|::::l Y^ヘ ! Vy'/  ', }



  __     @
"`"/,'3/⌒ヽ-、_ヽレ
`"i /____/ ""
"@  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ "`"
ヽレ `" "`" " ``" "




247 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:39:27 ID:qKdpoD1Q


          ,,==、
          |l
          ヽ-‐ ´ ` ヽ、
          / 入  `,'´⌒ヾ、
            i´ / ヽ、 !,‐-、/´⌒i
         (,○  `ヽ-レ、ゝ'ト::ヽノ
          (     ○ ノエニ'ナ'´
       (⌒)ヾl二二i‐--,ーノ〃、    そうだ、うちに子供は居ないし、この子を連れ帰って養子にしましょう。
        ハ´ ヽr':ヾi -=゙ラ、,∠
          ! `Vン:、 ノ 、  ヽ ッ,コ
        `´/ヲ´`、7 |   ヽ″
         !´ 、   ヽ.|   ノ
          `r-rゝtー┼rく´
           ヽフ  ヽフ `´



┌─────────────────────────────┐
   こうして二人は赤子をつれ、はるばる褒の国まで逃げていった。
└─────────────────────────────┘



                          ___
                   i〔 ヘ´:::::::::: ,.ヘヽ〕iヽ
                   / 〃::∧::::ト、:: : ',ヽゝ:ム
                    l イ: :i_∨krr.、: : Fll、.∧
                   !代: lrr.、ヘ!ゝン Y |」j.... ∧
                ノへ ゝン    ".kヘ∧: : :∧
                 /.:.:.:∧ト" ニ´イ||ヘゝ∨: :.∧
                   / : : / ゝrl/=l/.リ01i |:. : :.∧
                 ,.'.: : :/.   /《 /l_《! │ !: : : :.∧
                /: : : / .  /_// .| ̄.|l._l | : : : : ∧
            ,:': : : : : .′///:::::| _.ム‐弋 |:. : : : :..∧
              / : : : : : ,'//.../ヨ:::::|  |   ヘ.!: : : : : :..∧
          /.: .: : : ://.\∧::::,.へ/| Ⅶ ヘ: : : : : : : ∧
           /. : : : : / <           ,'.: .: .: .:/___Τ T=ヘ  マ|  Ⅶ/ァ:. :. : :. :.∧
        ;. : : : : : : : レレ' |__!   ',__|_/レヘゝ:. :. : : :.∧
         i.: .: .: .: .: .: !   l ̄ |   ', ̄ヘ   !: : : : : : : : :..∧
         |: : : : : : : : |   l  |    ',  .ヘ.  !: : : : : : : : : :∧
        l: i : : : : : : l   |  |    ',   ヘ !: : : : : : : : :..:∧
.         l |',.: : : : : :l   !  |     ',  ヘ ! /!.: .: .: : : ,': :,′
         l:| ', .: .: .: :|  i   l     i   ヘ/│.: .: : :, '! /
.          l| ヽ : : : |   l   ヽ.    ノ    ヘ.│: : / l/
.           ',   \.:.:i   |r─‐‐ヽ  r──‐ム l , '    '
               ヽ、  \___丿  ヽ__ノ .ノ′



┌───────────────────────┐
   そしてその赤子はやがて、美貌の少女となった。
└───────────────────────┘



248 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:40:15 ID:qKdpoD1Q


┌─────────────────────────────────────┐
   その噂を聞きつけた褒国の君主、褒狗は、その少女を自分の娘として引き取った。
└─────────────────────────────────────┘



          ,.. -‐::´ ̄`:ヾー-、__
        /::/::.::.::.:/::.::ハ::.\ ヽ \
.        /::.::/::.:褒狗 :/ V::.:|ヽ ヽ/
       /::.::.:l::.:/_://::/_ l::.:|::.l |
.      l::.::.::|:'´::ノ//  ` l::/::.| |  , -、
        |::.:l::.!ィ●    ● ノ/::.: | レく  }    うちには女の子が少ないから、
       ヽ::\__  、_,、_,  /::. /リ |ヾミ Y′
.    / ̄`ヽ二トニ  ヽ_}   フ://  ハ_/_    かわいいと評判のその子を、うちの子にいただきたいですぅ。
    ヽ   /,'  |  |`¬‐イ_7 ̄|  ! : : : : : >
     `</_ハ   ∨r―介―/  / _:_:_:_/
         /: : ヽ_〉ヽイ|ヽ|_/:/::.|
.         ̄ ̄ ̄刀  | |    l }'::.::.:|




┌──────────────────────────────────┐
   その後、褒狗が罪を犯したときに、宣王に取り入るためにその女をささげた。
└──────────────────────────────────┘




            , -―― - 、 _
             ∠,-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、`ヽ
            /.::/::./:.::.ハ::.\ ヽ \
.           /:.:./::.::.褒狗  y::..ヽ ヽー`
        〃.:ノ ノ  ツ `ヽ l::/::.| |:.|
        |:l::.!ィ●    ●ノリ::.:.| |:.|   養子をとっておいて良かったですぅ。あうあう
        ヽヽ ||、_,、_ || リ:} *{:|
       /⌒ヽ__|ヘ || ゝ._) ||//⌒i |:|   この子はうちで一番かわいい子ですよ。大事にしやがれですぅ。
      \_/  i * i>、 __, イァ/ ヽ/ }|
.         \./}  {:〉 {><} {ヘ、__∧ |:|
        く.::{ * }:|i i介i ilヾ:::彡* i:|




249 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:40:36 ID:qKdpoD1Q


┌─────────────────────────────────┐
   宣王の子、幽王はこの女をいつくしんで后にし、伯服が生まれたのである。
└─────────────────────────────────┘


   i^l rヘ _.((........ _ /ヽ
  くノ l:/: : : : : : : : \:::く
.  ├‐/: :/ \: : /ヽ: : : :ヽ:\
   Y:l: :/ ┰ V ┰`i: : /::ヽ: ヽ
   ∧l:.l ┃   ┃ l: /::::::/: : :.',
   l: :`(__r‐‐、_l/‐‐イ: : : : ',
.  !: : : l \l::V:::Y、 >、  l: : : : :i
  l: : : :l  / /: : ヽゝ::::〉 l: : : : :l
  l: : : :! l /: : : : :〉-く   !: : : : l
  l: : : l  7::ヽ∧/:::::::/  l: : : : l
.  ',: : :l  ト、:::::::::::::, イ  l: : : :./
.   ヽ: :l. l::::|   ヽ: :l  l: : : /
.       ヽ.」   ヽ_l    ̄



                                    □

                                        ┌┐
                                        └┘

                                 ┌─┐
                                 │  │
                                 └─┘

                     ┌──────┐
                     │            │
                     └──────┘



250 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:41:48 ID:qKdpoD1Q


                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!     (…これを、一体誰が書いたのだろう。
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ   私の配下の史官には違いないだろうが、文献の蒐集に褒国へやったものは居ないはずだ。)
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ




         / ̄ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄7
.  .     . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
.      . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /    (褒国までいかなくても西方へ行った者は数人居るから、
...      /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
. . . .  /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /      その中の誰かが聞き及び、自分の祖父などから聞いた話を
       /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
.      /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /        まぜあわせて、こうした話を作ったのかもしれぬ。)
     /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
.    /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
.  . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
 . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
 /_,ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'___/
 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー'





┌──────────────┐
│       、z=ニ三三ニヽ、    ..│
│      ,,{{彡 宣王 ニミヽ     │
│     }仆ソ'`´''ーー'''""`ヾミi   .....│    (だが辻褄のあわない所もあるな。
│     lミ{   ニ == 二   lミ|    .│
│.      {ミ| , =、、 ,.=-、 ljハ   ....│     宣王が即位してまもなく褒姒が生まれたのだとすれば、
│     {t! ィ・=  r・=,  !3l   ....│
│       `!、 , イ_ _ヘ    l‐'   .....│     計算すると褒姒の年齢は四十九から五十ということになるが、彼女はどう見ても三十歳以下だ。
│       Y { r=、__ ` j ハ─    .│
│.  r‐、 /)へ、`ニニ´ .イ /ヽ     .│     それに……)
│  } i/ //) `ー‐´‐rく  |ヽ  ....│
│  l / / /〉、_\_ト、」ヽ!    │
│  /|   ' /)   | \ | \  ......│
└──────────────┘




251 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:42:22 ID:qKdpoD1Q


                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!    (最後に、「王は褒姒を后にした」とあるが、正后は申后で、褒姒は妾だぞ。
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!     やがて褒姒が正后になると推測して書いたのか、
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ   それともまさか、神による予言なのか。)
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、




                     ____
                 〃´/   7ヽ,
                 // /  / .//}
                   // /  / .// /' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ
               // /  / .// /  //  //  //
                  // /  / .// /  //  //  //
              // /  / .// /  //  //  //
                // /  / .// /  //  //  //    (だが予言の書ならば、不吉な物ゆえ普通赤文字で記されるはず。
            // /  / .// /  //  //  //
              // /  / .// /  //  //  //      これは黒文字だ。
.             // /  / .// /  //  //  //
           //_/__/_.// /  //  //  //        この書体、誰のものであるか分からぬか……?)
         〃ィ7三ミヾ//./  //  //  //
         {l「({{句j刈}}./  //  //  //
         ヾ弋沁少ィjリ_,ヵ'_ヵ'_,ヵ'
          ヾ=一"'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ー




┌───────────────────────────┐
   伯陽は書体の鑑定をはじめた。
   そのあと、王と宣王の逸話をさがしてみるつもりである。
└───────────────────────────┘



252 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:42:49 ID:qKdpoD1Q


┌────────────────────────┐
   燭は書庫を照らして、夜はしんしんとふけていった。
└────────────────────────┘




                        ,′
                     /
                  ,..、 ィ/
              丶  / V/
                `Y  i′
                ィケ  ト、
               /{'⌒'} `丶
                 /  ヽiノ
             /  ,r'┴'ヽ.
              .    ,イ::''n::::,f'
                i:: ll::iYll!
                !:: :l:: : :l
                l::l l:: l ll
                 {i l:: . l!
                |j:i:::::li l,
                }i::::::::ll !
               (!..:::::..lll      ,ノ入
                l...::::::..ll     fy' l l!
          .. .:.:. --―リ..::::::ハl―--:::.:.ム!,_//
       r''"´:;:;:;:;:;'   ,ク.::::::::i::ll..,,  '';:;:''" `丶
       `丶、:.:_  .:;:;:;ム;:;_:;:;_ゞ、:;:_,,   _ ,,. ノ
       ......:.:.`ヾ" '' :.:.―---―.:.: '' 7"´
    . . .:.:.:.:.:.:::::::::::::丶、::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::.:.:.: ..
    : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:
       : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.: : : : : :




253 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/08/21(日) 22:45:25 ID:qKdpoD1Q

今日はここまで。
ありがとうございました!

続きは近日公開です。多分一週間後くらいに…


254 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:11/08/21(日) 22:47:12 ID:h1hJsi6N

乙でしたー
海外、頑張ってください!日本良い国ですよね……


255 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:11/08/21(日) 22:52:21 ID:HhpYth7k

乙でしたーw

老子の存在感が凄いw
AAもたいしてないというのに


256 : ◆X0w9eXOmmQ [sage] 投稿日:11/08/21(日) 23:06:53 ID:qKdpoD1Q

老子はこの全身のaaがかっこよくて思わず採用してしまいました。これ一枚しかないのれす。
水牛に乗ってしまってるから、ノーカットで出せそうな場面がなかなか無いのが残念。

                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、
         !      i:    ヾiiヽ  |lii| V  ヽ
        i      ー ' /  l iil、|lii|  !    i
         !     , 、-、-く    ヾヾ洲   ,  ヽ
.        l    \\\\ ___ヾ:ぐ,ィーi′ _ ヽ
       |    、 \\\\─┴==イヱ-'´   ゙i-ー=ー-、
        |   ヽ 丶-\\\\-f、^ヽ、``丶、   ゙、__ )_ヾ \
         | ./   _,-─==LiLz<Σヾlii:ヽ、 ヽ\   ゙、 `ー- ヽ、
.       | /  /  /´/'´_, -ェェェェュ、゙ト、lli、   \ i 丶、 ヽ ヾ-、,_
.        l /, イ   /  / /タ'゙´ ̄`ヾミミlト、li、 、  ヽ|    ヾi, lヽ、 `'-、,_
       // , '   /  / /シラ/ '´   `ヽ、\i|ト、li、i   ゙i\ `丶、 lii ヽ  ``'-、ヽ
.      ,′イ     / /彡イ        ヽ.ヾilli| |   |  ヽ丶 ミlll|  ゙、     ヽヽ
      i /      / /彡ソ′_ン--、      ', ヾl|; !    l    iヽ ミiト、  ',     | l
    /     , ´ ノFレ'f  ̄ <-⌒ヾ丶、  ', lリ     l    i _ ミi、  i     ノノ
    ,'      _,ィ个シ   巛l川∟__ ヽ-、ヽ、  ゙!、  ,′,   | Yヽ ミ、 | ,〃´
   l  _,,、-=ニ三ニシ    ンン ン"´     ヾミヽ, ヽ ! i    | lヒニi, ミ! l| r爪
    | /シ三ニ=‐''゙´     シ ´   `ヽ、    lミミ\ ヽ  |   liノ=二! Y! リ リ州ト、
   |!ツ´  丶  /″     r'´ , ---、\ヾ i、ヾミ,\   _, -'´-三イ ミl ト化㏍ヒ_
 fて,!l{    , i lァ, /   /    ,、-''ン_,,``ヾミミミ\ミ゙ー≒ニ三フ/ 、ミミ! | ヾ爪´
 \/.)ー-ニ」_l_!_i/r |シ / /_ _,r‐=ニ`⌒    `"''ヾー=二三-''´i人リハミi !
   ゙トニL_ヽ、ヽ、\ヽ ̄ヽ ̄ヽ`ヽ7′_ ,.、、 ,_、    "''-iミY ̄ニ-、_.ソ ノリ /
    |   `'ー-ニL_>_冫 ! ン ヽY_ィ_ ィ、_,r -、、      ミl|三二ニ.イ三リメ
   |゙、   ヽ ヾヾヾ''´_二ニTシ _三-ー_二  ̄`     _ l|⌒ー''´ l三!/ }
   l!、   _,、-'´∠´_ 三ニヨンイ   _ニ--、       '",ィリ!     lハ! ゙if′
    i、  ー--∟_   _ィ-'ヤ i    サrュ、`ヾ'、    ヾ'゙ソ iミ!リ  lリ |!
    ゙、  `、   ヾ丁ヒ_」ソハ    ミニ^Y 、ヽヾ、   、ハ| "`,"_ィ  l!
     ゙ト、       ヾ、 `ヾミミ、、   -≡三ミミミミミ、  ヾ!'´ ̄仄 ー=ヤ
      ヾヽ、      ヾ、  ヾミミミミ、、     `ヾf-シン ー`)  lY′ 、_丿
        \        `f" ̄>=ニニヾ、   ヨ辷ェ' _ _,,ィi′ 冫=シ ラ|
          `i、      ヾノ-<二ニ-イ ソ `ヽ、 i、   _∠!   K=ー -!、
         !ミヽ、ヾ   、|     l! |'    ,r\ _, イ _丿 | \_ ィ ハ
         ヽ   ヾ、、 /      ヌ   i 「   `フ´ ̄     l、   l、 |
          i) ヾ ` fl{      厶-、_ Xr  ,レ′       `ヽ、!ヽ'
          iツ    jl !     /:Y   f二ュiフ
            ぐ     リ     i ソ  イ ィタi′
          i `''´           |` v' i「 ソ


257 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:11/08/21(日) 23:09:06 ID:h1hJsi6N

老子椅子とか床に座ってたんじゃなかったのねw
一枚で回せるのがスゲェ






第三話 最終回へ進む




第三話 その2へ戻る




まとめ一覧へ




 
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。