合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

できる夫はかつては言葉をなくした王子でした 第五話「鳳凰の冠」 その1


タグ:
73 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:00:43 ID:yjb1LXzz

   ┏┓                                              ┏┓
   ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
     ┃                                              ┃
     ┃                  やる夫の冠                      ┃
     ┃                                              ┃
   ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
   ┗┛                                              ┗┛
                              宮城谷昌光 著 「沈黙の王」より
                                       第五話  鳳凰の冠







                                               ,/,ニ''ッ‐
                                              ノ::::′ l
                                           '―ー''"
                             /゙'l                            ノヽ
                          ヽ/                           (::::::ヽ
   ________________________________      ヽノ
   |三 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 |
   |三|  。__。__。__。__。__。__。__。__。__。__。____。 |三|
   |三|  |三 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ノ⌒. |三|
   |三|  |三|                                    . : . ~''''"  |三|
   |三|  |三|     ,...‐.:ニ二'_`:..、                    ト、 . : . :|三|  |三|
   |三|  |三|.    /::/,,.-‐ーゝ:v\                   lノ . : . :|三|  |三|
   |三|  |三|   /ィ:iイ´i:.:,ヾ、::`i:::∀::',     ,/,ニ''ッ‐         . : . :|三|  |三|
   |三|  |三|   /V:::i:ム,ハぃ斗、ハ:::ト〉:i     ノ::::′ l               . :|三|  |三|
   |三|  |三|   !/|::::| zュ`  -=v':::|i::::|     '―ー''"               . :|三|  |三|
   |三|  |三|   |ト;::::∧  _ ,  i:::::|:::i.|                 ノヽ    . :|三|  |三|
   |三|  |三|   .!ハ:::i::::> _/イ:/:::リ                  (::::::ヽ  . : .:|三|  |三|
   |三|  |三|    り|:_:/"/´レヘノ                 ヽノ  . : .:|三|  |三|
   |三|  |三|    r/ /=ヌ   /" `      ____           : : .:|三|  |三|
   |三|  |三|   ,// ! /  ,イ,.ノ ,.|    ⌒   ⌒  \        : .:.:|三|  |三|
   |三|  |三|   /,.4、,.レ' ,./ノ´  /   (― ) (― )   \      . : .::|三|  |三|
   |三|  |三| /メi´ `'ーァ'´       ⌒(__人__)⌒    ヽ         : .:|三|  |三|
   |三|  |三|.〈´  ' 、  fj    ,イ  |    ー        |       : .:|三|  |三|
   |三|  |三| `ー-z.、,>、_ ,/ゝ   \             /        : ::|三|  |三|
   |三|  |三|   /.//         ヽ, -‐<  /乃ヘ   / ̄>‐-   _   .:.:|三|  |三|
   |三|  |三|.  i i           /    }/〈 フ∧/ , -‐==¬フフ⌒ヽ .:|三|  |三|
   |三|  |三|.  i i        /     j' 爪  / /⌒ヽ   ´ ′  〉|三|  |三|
   |三|  |三三三三三三三三三三三三三三三三/   厂` ー =-一_'三三|  |三|
   |三|_゚__゚__゚__゚__゚__゚__゚__,' / / ノ_゚__゚__゚__゚__厄]|
   |三三三三三三三三三三三三三三三三三三{ jイ三三三三三三三三三三三三|
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




 
    前の記事『できる夫はかつては言葉をなくした王子でした 第五話「鳳凰の冠」 その2』  
    次の記事『できる夫はかつては言葉をなくした王子でした 第四話「豊饒の門」 最終回』  

74 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:01:10 ID:yjb1LXzz


┌────────────────────────────┐
   時は戦国七雄せめぎ合う春秋戦国時代、紀元前570年頃。
└────────────────────────────┘





_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_l二二二ln_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
:.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| | || | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
森森森森森森森森п森::::::....∧Ali;'i゙i゙l'i,::;...;;.;;ii:i;;:ili、_,i斤il]il] ,,,,,__i;;ii:i;;ir=ュ;;;;;;;;,,,,,,............n.
ヮ,'l㌍l、l゚i: :.lA゙ill#「ll!l;l㌶ni|』┌==┬─ii┐.,,'#ll,』 |.lll,,т㍑i゙i゙lェli;'ュョョョ゙ill#‐「ll!l;li+;;ii: ;rヘ∧ /  彡
田┐工ユE∧ヰA┌─≡─!杢卦士⊂ニ⊃;:::┌┐;;;;;;;:::,,,,,ロ卅ユ鬥H出Tエニ斤彳∟ /    <
=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-i]__森森森森_トロロロi|::rーilil==┬≡┐| ̄|─r‐┬||irr-、v冖 /     <
、_|il]il]_三rー| ̄ ̄|─r‐┬|iΠп/____/|  |、__\| ̄冂ПーГ┬┬ヱ /`       ゥ
/三三三| ̄≡≡ ̄|/二三   〉====Π/  ゙.ヘ_===_\_ |FF|ニ|i ̄ ̄i|  /       フ
/二二 /∧ ̄∧\ 「 ̄ ̄ ̄/「 ̄ ̄二二|j  ゙、_三__|  i|三三三三. /     ミミ/
__,,.‐',. ‐'i| 田|「| | 田,. イ___/´|    |  il   |\ __] Πпr―  /      ミミ/
ェェェ=‐´ 田|/二ニ,ハ_,.-_‐=_二l  |__|  '|___|   |l二  ,.._   _,/      ミミ/
≡≡===> ,. - ‐''´‐ '' "´i i i i i i i| /             \    f゙   "''"        ミミ./
ニ―-┐γ´  r''´i i| i| i_l⊥l,.-‐''´       ::'' i ''::     '"ー゚ 、ヽ          ∠....
_,,... -┤ゝ、_゙丶i,''"´        \  .:'  :i:  ':.  /      ノ            <
  r┐:|-‐''´/|_ `ー-ァ―ァ、 _   |圭圭圭圭圭|     /              〈^
」 .i__| :|_,,/n |  / / / ||       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   /                〈
    :| | / ヽ|/∧’/ / i||    /             /        /        >'
-‐  /|| ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄ /i |       ノ/        >'
  /川||_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥ /    ト    ,. '゙ ゝノ! 〉 ヽゝ,.>''゙
/川 /                       /     |ヾヽ '゙
                           / / / ,,. ィ





┌───────────────────────┐
   晋という国の首都に、一人の貴族の青年が居た。
└───────────────────────┘




75 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:01:52 ID:yjb1LXzz



────ノ  |::::ヽ|::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  //::
    / /|ヾ::::|::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| //::
───    ┤::ヽ|::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| //::
─────┤ヾ |::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : /~ ヽ : : : : : : : : : : //::
┌──┐  |\ ゝ::::::::::::::::::::::: : : : : : : ∥ ∥ : : : : : : : : : //::
│[][]│  |::r::::|::::::::::::::::::::::: : : : : /干~~干 | : : : : : : : : : |
│ΠΠ│  |::|::|:|::::::::::::::::::::::: : : / イ干~~干 | : : : : : : : : : |
│| |..| |│  |::|::|:|::::::::::::::::::::: ::// | ∥ ∥ | : : : : : : : : : |
│|_|..|_|│  |::|::|:|::::::::::::::::::::イ/ _| ̄ ̄ ̄ ̄| : : : : : : : : :|
└──┘  |::ヽ!|::::::::::::::/ イ_|/| ̄ ̄ ̄ ̄/:: : : : : : : : |.
          |:::::::|::::::::://_|/ | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ : : : : : : : : |::..
          |:::::::|:::://_|/|/.|;;;;| : : : : : : : : : : : : : : : : |::::::..
          |:::::::|::// _|/|/,.‐´L⌒| ̄ ̄|⌒ヽ : : : : : : ::|:::::::::::::::
          |::::::://|_|/|/ /  ,.────ヽ `'、 : : : : : :|:::::::::::::::
          |:::://:::|/ /  ,i´ ,i´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'、 \ : : : :|:::::::::::::::
─┬───┬───┬、 . /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\  `: 、: :|:::::::::::::::
  │      │ ̄~/.|:::/| ヽ;;;;;;;;;;/ ̄ ̄ ̄ ̄\;;;;;`:、 i、: |:::::::::::::::
  │      │ ̄/ |::| | ,i;;i、;;;;;,iヾ ; ;ゞ|     `:、;;l_..l : |:::::::::::::::
  │    ┌│~/:::::::|::| | |;;;;l;;;;/::|;" "         l;;;|   |: :|:::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!──、 l;;;l:::| ̄|``'.、     │[二二]::|:::::::::::::::
────┬────┬ヽ;;;;;;;l:::|  |∥|       ヽ├┤: :|:::::::::::::::
────┴────┘  i_;;;l:::| |  /        |;;;;|  |: : |:::::::::::::::
_________,_:::::::::::│l:::|─!/....       |;;;;|─|: : |:::::::::::::::
        |       i: : :l:::::::::l::::|/::::::::::::::::......ヽ |;;;;|  |: : |``'‐.、
ー───┴──┴ :: : l:::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ┘| ̄ |: : | / ̄ ``
______      :::::::l::::::::::.i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::ヽ | , ‐´─/ √|::::
::::::::::::::::::``'‐|_├─イ:/::::::::         ::::\\::::::/  l:::::/::::::
     :::::::::::::::``'‐──ノ               ハ ヽ ノ─ヽ:::::
          _,,.. - ´      ____      )_〕 }  ヽ:::::::::
      _,,. - ´         /      \    / 丿 ) 丶
 _,,. - ´            /─    ─  \ / . / f
               / (●) (●)    \ 〈
       ……お?  |    (__人__)       | /
               \.   `⌒ ´      //. : : : : :
               / !::::         ヘ
                   ゝ_|::::       ヘ  ハ    ヨウゼツ キツ シュクキョウ
                    |::::          \/   【羊舌 肸 (叔向)】
                    |::::        |      (やる夫/2ch)
                      ヘ::::: /       i
          キュム キュム  \: |     /
                   ヘ\_/|
                    \_/



┌─────────────────────────────────────────────────┐
   名は肸、あざなは叔向。
   彼の家は羊舌氏といい、晋の武公(文公・重耳の祖父)から分家した、れっきとした公室の血を引く名門である。
└─────────────────────────────────────────────────┘



76 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:02:20 ID:yjb1LXzz


┌───────────────────┐
   叔向は一軒の店の前でふと足を止めた。
└───────────────────┘


.:
..   \\::...                                                   /
/ ̄ヽ  . \\                                              /
l:.  .|    .\\_____________________________,/
l:::..  |      \\                         | |                . ||    .    /
`丶、.|.   | ̄| ̄| \\                          | |二二二二二二二二二二||      /
`丶、`丶、|  |  |   .\\______________| |                 .||.    /|
    `丶、`丶、 .|   / ヽ.\\____.__________| |                    ||  /.  |: ・ .,,
. l^l.    `丶、`丶、l::. |   \,l    .                 | |                    |/    .:l ,,-''
/ ヽ        `丶、`丶、 ̄ ̄.|.  _________,    :| |              /  :l: ・ ,,-''
|::.  |   l⌒l      `丶、`丶、|  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||    :| |_______    / |   :|,, -'' : |: ・   ,,
`'' ー- 、|..,:;l . l⌒l    `丶、|  || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||    :| |:::::::::: :::::::::::::: :::|   |l :l:・,,-''l: ・ ::| ,,,-''"
`'' ー- 、`'' ー- 、.:,:|..|  ̄ ̄ ̄ |  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||    :| |:::::: ::::::::::::::::::::: |   |l,,-|'   l  ,,-'''|
 ̄| ̄l  `'' ー- 、`'' ー- 、| ̄| |  || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||    :| |:::::::::::: :::::::::: :::::|   |l :|: ・,,-l'"  .:|: ・
  |  | . / ̄ヽ  fl''' ー- 、`''ー|  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||   . | |::: ::: ::::::::::::::::::::,|   |l,,-|'"  :|: ・  | __,,-‐''
_|  | l:..   |.. / ヽ''──`''ー|  || ̄ ̄__. ̄||_,━_,||    :| |::::::: :::::: :::::::/ |   |l :|: ・ :l__,,,-‐''"
_  ̄`""ー-- 、|_|| | ̄| ̄| |  |l_,・ l || l_||_,━_,||    .| |:::::::::::::::::/   .|   ||__,|-‐''"|    |: ・
   ̄`""ー-- 、 ___ ̄`""''ー|  || ̄ l__||_,ゞ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|,,| |:::::: :::/     |   |l :|: ・ :|. ・ _,,|_,,,, --─
r‐''┬‐r‐‐、 ───┬─`""ー|  ||_,━_, .|l___ iー_' ̄- 二_ ,| ̄`|::::/      |   |l_,,,l--─'''' ̄ . |
|::. . | .|::. . | | ̄| ̄|.|┌┬‐┐|_||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     |   |l :| ・ |: ・  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:     |                  i____,|   || ̄ ̄ ̄






  +       ______  *
    i      r〃〃〃 f7⌒ろ)
  __人__     l∥∥∥ ||   f灯 +
   `Y´      |∥∥∥ ||   | |    *
    !       |儿儿儿._」  ⊥厶      i
      *   〔__o____o_≦ト、     __人__
                  +       `Y´
                          !




┌───────────────────────────────────────────────┐
   店の奥に目立たぬようひっそりと置かれた冠が、落日の光を受けて宝玉の塊のように輝いているのである。
   だがそれは宝玉で作られているわけではない。どうやら鳥の羽根で飾られているようなのだ。
└───────────────────────────────────────────────┘



77 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:02:45 ID:yjb1LXzz


                   ______
             /             \
            /  ´ ̄`    ´ ̄` \
           /   ,. ― 、     ,. ― 、   \
         /    ( ● )   ( ● )   丶
          |      ´"''"     "''"´      |    あんなに鮮やかな色彩に輝く羽根は見たことがないお。
          |   /// {     人     } ///  |
         \     ゝ-ィ´  `"j- '′   /     …きっと鳳凰の翼から取った羽根なんだお。
           丶.       |.r-‐''"     /
           / `゙'' ―U ――  '' "´ ヽ




┌───────────────────┐
   しばらく叔向はその冠に見惚れていた。
└───────────────────┘






             |               ______
             |                   /_______/|
             |  ______   .|| ̄| ̄l: ̄l: ̄||  |
                 /       /||   || ̄| ̄l: ̄l: ̄||  |
.              /      . / /||   || ̄| ̄l: ̄l: ̄||  |
           /       / / l__,|| _|| ̄| ̄l: ̄l: ̄||.∧_∧____
           /         / / |ー''/||   ||二二二二二 (´∀` )   イラッシャイ!
       /      /. / |ー'/___,||           _と  と_ヽ__
.     /      .  /. /|lー /|二/||_______ / /三/  /|_      /
    /      . /. //l|l/'ー'/l_||______/.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|./ /|    /
.  /      . /. /三,,/||__)/l'‐''/||     /  |_____|| ̄|/  /
/      .  /. /_l./____|l/lー'/┐,||      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|l/:) /,,,| /||ー'/:|ー/.|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
          ||ー'//l,/__||/:)‐'/ / ∧∧              /
          ||/三 /□ ./||ー'/ /   ( ,,゚Д)              .| ̄ ̄ ̄ ̄
          ||:  /__l ./__||/ /    〉  ,つ              .|
          ||/l  ./,_,,)/ |/.     ~  ノ              |
          ||ー'/l  ./ /          `し'                  |
          ||/lー'/ /                             |
          ||ー'/ /                            |
          ||/ /                                  |
_____||/                               |





┌──────────────────────────────────────────────┐
   まるで売りたくないように、その美しい冠を店の奥に置いているのには訳があることを叔向は知っている。
   あまり珍奇なものを並べていると妖惑の行為と見なされ、その品物を市場の役人に没収されてしまうのだ。
└──────────────────────────────────────────────┘



78 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:03:17 ID:yjb1LXzz


┌──────────────────────────────────────────┐
   没収されても文句は言えない。せいぜい無くなった商品の代わりに泣き言を並べるだけである。
└──────────────────────────────────────────┘






 |___
 |   \
 |  \ \    (欲しいけど、きっとびっくりするくらい高価なんだお。
 | ( ●) \
 |人__) /// |   自分のような軍尉の佐官の給料では、とても手がでないにきまってるお…)
 |⌒´    /
(⌒ー─' )








┌───────────────────────────────────────────┐
   軍尉とは、軍警察のことである。

   一般用のかんむりには二種類ある。弁と冠であるが、弁は礼装用、冠は普段につけるものである。
   男性貴族のおしゃれはその冠でする。貴族の贈答品も、主に冠である。
└───────────────────────────────────────────┘



79 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:03:55 ID:yjb1LXzz


┌────────────────────────── ─ -‐‐
└────────────────────────────── ─ -‐‐

┌───────────────────────── ─ -‐‐

└────────────────────── ─ -‐‐
┌───────────────────
└─────────────── ─ -‐‐

┌───────────── ─ -‐‐
└───────── ─ -‐‐


┌──────┐
   ところで。
└──────┘






         ___
       /      \
      /  ノ   \ \                                   ラン  カン
    /    (●) (●) \    ウチと同じように、晋の公室から別れた室は他に欒氏と韓氏があるんだお。
    .|      (__人__)   |
     \     ` ⌒ ,m /
    (⌒       8@3 つ、   この二家は卿(大臣)にも任命されて、臣下としては最上位の位にあるお。
    i\  \   /  ト'  ノ
    |  \   y( シ    |ー'                           タイフ
    |   ヽ_ノ    |      それに比べてウチはいつもせいぜい大夫止まり…
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ




                           ┌──────────────────────┐
                              大夫とは中級貴族であり、小領主のことである。
                           └──────────────────────┘



       ____   ウッ
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \      我が室ほどの名家で、大夫止まりなんてありえないお!
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /




80 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:04:19 ID:yjb1LXzz


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    それもこれも、代々の当主が揃いも揃って、
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /    小生意気なド堅物だったせいなんだお!






┌────────────────────────────────┐
   家格の高い家である。それに加え見識の高さも誇るあまりに高くとまり、
   政争を嫌い、時の権力者に煙たがられてきたのだ。
└────────────────────────────────┘











           / ̄\
             |    |
           \_/                ┌───────────────────────┐
             |                     これは叔向の父、職の昔のエピソードであるが。
         /  ̄  ̄ \              └───────────────────────┘
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l
             ショク
          【父・職】
        (オプーナ/2ch)




81 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:04:55 ID:yjb1LXzz


┌───────────────────────────────────────┐
   叔向が幼少の頃、職は官位を落とされ、中央を追われ、その上所領を大幅に削られて、
   支配する家の数は僅かに3戸しかないという貧しい生活を強いられることとなった。
└───────────────────────────────────────┘





         . .    _____
            ; /  \ ;   プルプルプル
      ;   ;/ \:::::/_\  ;
          ; /<●>.:::<●>  \
        | \ (__人__) /  | ;
       ; \ |. ` ⌒´ |  /
      ;  /        | ;
       ;(_)| ・   ・ || ;
      ; l⌒ヽΞ   Ξ/| |
     ;  | |\_(;;U;;;)_ ̄)) ;
     ; (_)      //
              ( _) ;







                  ┌───────────┐
                  │  お腹空いたおーー!  │
                  └/─────────\┘
                  -  - 、                -  - 、
                  / (≡ ≡)ヽ             <<① ①>>
                  (ヽ (_人_)/^)            (ヽ (_人_)/^)
              ヽ     /              ヽ     /
.                |      | .                |      |
              .し    J               .し    J







  , -―‐ 、  __
     , -―‐ァ=メンー―`、ヽ
    /  / //´ ヽ、ヾ  ヽヽ
      /  ,/从   !ノノリヽ  ヘ',
      l ,/(○)リノ(○)  ',   !l
       li !`'''    `'''   リ  !l
       li !         /'  ハl    今日食べるご飯にも事欠くこの有様。
       ヾハ; ; .トエエエイ;  イ 〃 .l
       ヾ`ゞ ,_ ; ; ≦ イ〃 |    融通のきかない当主を持つと家族は苦労します。
         トゝ{ニOニ(ノハ | ! il
         |i iく_ハ,,/ rイ ! l il    肸や、父のようになってはいけませんよ。
        _リ _!ノ ...../ /::::lリ l ハ、
        <(    <ニ>:::ス、_ハヘヽ
         '-' ̄ ̄'-' ̄ ̄"
            シュクキ
         【母・叔姫】
      (宮小路キル穂/2ch)




82 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:05:24 ID:yjb1LXzz


            〃´⌒ヽ
.     , -――  メ/_´⌒ヽ
   /   / ̄  ´ヽ ヽ
.  /  ,  /// ト. !  、 丶ヽ
  l  / /(((リ从  リノ)) '
  |  i  l (●) ヽノ(●)V l     肸や、こっちへいらっしゃい。
  l ,=!  l          l l
  l ヾ! ', l   トェェェェイ  l l      母とお勉強しましょう。
  |  ヽヽヽ  \ェェ/ //
  l    ヾ≧ , __ , イ〃      肸は賢い子だから、たくさんたくさん勉強して立派な人になるのですよ。
  li   (´`)l {ニ0ニ}、 |







                  , 、 、
               - ー) ヽ
                  (人__) ノ    ……はい。わかりましたお。
              /      ヽ
.                (|     し'
                   .し    J







              - - 、
                <① ①>>
                (人__) ノ   ……兄ちゃん、僕一人じゃ遊べないお。
                  l       |
            (⌒)Jし(⌒ノ
                 ̄    ̄





83 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:05:58 ID:yjb1LXzz


            〃´⌒ヽ
.     , -――  メ/_´⌒ヽ
   /   / ̄  ´ヽ ヽ
.  /  ,  /// ト. !  、 丶ヽ
  l  / /(((リ从  リノ)) '     フ
  |  i  l (―) ヽノ(―)V l    鮒は向こうで遊んでらっしゃい。
  l ,=!  l          l l
  l ヾ! ', l   トェェェェイ  l l     兄の邪魔をするのは悪い子ですよ。
  |  ヽヽヽ  \ェェ/ //
  l    ヾ≧ , __ , イ〃
  li   (´`)l {ニ0ニ}、 |





                 ,  、 、
                 <① ①>>
                  rっ人__)⊂7     僕、悪い子じゃないもん!
             ヽ     ./
               |      |
               〈_/ 〈__く









        ,r-;
     ,r'´;;;`、;`ゝ,
   ,/;;;`、;;;`、;;;`、;`ゝ,
 /;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、ゝ,     <キルキルキルキルキル
ぐ;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、::;'ァ
 |      _____|.:|
 |      |_|_|_||ヾ|
 |      |  |  |  ||..::|
 |        ̄ ̄ ̄ |.:|
vヘノV/y/W///7/y'/V7!y'V"メ/Wハ,.イ7_ノ7ヘノV/y/W///7/y'/V7!y'V"メ/Wハ,.イ7



┌──────────────────────────────────────────────┐
                                       フ      シュクギョ
   この寒村の家に住んでいるのは、父の職、母の叔姫、弟の鮒(あざなは叔魚)、そして叔向の四人である。
└──────────────────────────────────────────────┘




84 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:06:44 ID:yjb1LXzz




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                / ̄ ̄ ̄ヽ
             /       ヽ
              |   _,ノ ヽ、_  |
              |  (●)(●) |
             |  (__人__)  |
               ヽ.        ノ
                .>      く
            /        ヽ カリカリ
          _/((┃))____i |
       .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄(,_,ノ \
       /  /_______ヽ..  \
        . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               セキ ハクカ
            【兄・赤(伯華)】
           (やらない夫/2ch)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛







┌──────────────────────────────────────────┐
   叔向には長兄にあたる赤(あざなは伯華)が居るが、兄は晋の首都に留まって学問をしている。
   彼は叔姫の実子ではない、という説もある。
└──────────────────────────────────────────┘



85 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:07:09 ID:yjb1LXzz


┌───────────────────────────────────────────┐
   羊舌氏がまだ名門の名に恥じない程度の大きさの食邑を所持していた頃に、叔姫は嫁いできた。
└───────────────────────────────────────────┘





       , r'""`'' 、      ,、     , r-''''ニ==- 、
      '-‐- 、    ヽ  / /ヽヽ, - 、/   ´ ̄  ̄`ヽ、
  , r -‐-`=‐-,`ヽ、 / ,-、l l   l l'´ヽ ヽ -、    ,´ ̄
 /           ,ゝl l  l l   l l  l リ´l l  ,r'´_
''/ __, -= ___    l l`l l ヽヽ  ノノ、 ノノ ノノ '´´r-l
ソ´  _, r -='´   l l ヽゝ=<- ''ァ/`' ´、<  ´ _l ゞ ―、
  , '´,  - -―>r'''  ゞ、/  , ヽ`'/ 、  、 ヽ  ヽヾY
 ,'´     ,r'´    // l /l ,ヘ `' ノlノ`ヽ|ヽl ヽ /`/
      ,r'  ヾヽ  l l  ハl  ` `''´   ' lハ l l .l /フ
     /    \ヽlll l (○)  (○) |l kl 」 l       キルッ
     /       ,r\|l l           | l ||l」 |
     l     /  ||l l l  トェェェェイ    ノ/ リ| | l
    l    /    |ヾヽlヽ \ェェ/    ノ ノリ | l ヽヽ
    l   ,イ   l  ヾl `'  、__ , ィ' ン | ,! l 、 lヽ
     l  / l   |,'    ヽ  || \/ヾ、>、 |.| l 〉ハ | リ
      ヾ,'  l lヾ /  ,   Lr'´rヽz^r_l;入 \l  l/,リ  |ノ
        リ ,X,  l   |´`trh´ ̄ `ヾ > lK ,イ
         ノ l  |   l         V /l |ヽ Y
  ┌┐   ―‐ ┤ _l    l         l ヽl l _ノl
 .ヽ´ ヽ「 「. !  l l´ `l  l       .   l`l´ll
  ノ /|  |_|  | l  l  l_         l l l l
  '┐ |ヽ`ニニ l ┌  l l ヽ XニX-x、-rtK'Fフl /リハ
  .| | l | | | |  .Llヾ、 `ヾy )「l+チ| //_/ヾ
  .| | ノ ノ. | |tl (´ )  `l´/ ヽL+'フ
  '└  ´    `ー‐'  `   `    | /
                     ヽ'





┌────────────────────────────────────────┐
   姫が実家の姓であるので、彼女もまた晋の公室の支流である家の出身であると思われる。
   姫姓の国は他にもあるが、他国からはるばる嫁入りしてきた人ではないだろう。
└────────────────────────────────────────┘




86 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:07:35 ID:yjb1LXzz


┌─────────────────────────────┐
   叔姫の実家は厳格な家風を持ち、叔姫は厳しく躾けられてきた。
└─────────────────────────────┘





      ,  ´ ̄ ̄ ̄ 丶、,.'⌒ヽ               ┌───────────────┐
    ./          ヽ⌒ヽ.                  その目で夫の職をながめても、
   /         i /从从)                  └───────────────┘
   |         | |(0)lリ
   |        (`l l   |
   l        .|`l l ,ェェェ|
   |      L_ll,n.__ノ
   !      |`) 口      キル~
   !  |   !lト、゙リ
   !! !,! .ノ从リ l `´
    ヾH|´´´   |
     ιl    !
      ´゙゙i゙゙l゙゙゙i゙゙l゙`
       .ヒ!. ヒ!.





┌───────────────┐
   バカ正直に過ぎると思われた。
└───────────────┘


            / ̄\
              |    |
            \_/
              |
           /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \
        /  .<●>::::::<●>  \   キッ!
        |    (__人__)     |
       \    ` ⌒´     /
.         /           \
.        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  トン
      _(,,) オプーナ     (,,)_
      /  | 現在 \20      |  \
    /    |________.|   \





87 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:08:01 ID:yjb1LXzz


┌───────────────────┐
   この寒村の家でひとつの事件があった。
└───────────────────┘




        ,r-;
     ,r'´;;;`、;`ゝ,
   ,/;;;`、;;;`、;;;`、;`ゝ,
 /;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、ゝ,
ぐ;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、::;'ァ
 |      _____|.:|        __________
 |      |_|_|_||ヾ|                       \  
 |      |  |  |  ||..::|          ごめんくださーい!  >
 |        ̄ ̄ ̄ |.:|                       /
vヘノV/y/W///7/y'/V7!y'V"メ/Wハ,.イ7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





        __   __    __   __   __     ジャンッ
     ヽ|・∀・|ノヽ|・∀・|ノヽ|・∀・|ノヽ|・∀・|ノヽ|・∀・|ノ
      |へ_|   |へ_|   |へ_|   |へ_|   |へ_|
         >      >      >      >       >






         __
         .|・∀・|ノ    我々はこの邑に住む者ですが、
        <|__|へ    ご挨拶が遅れました。
         (







.   ____  どうぞ、我々の気持ちです。この羊をお納め下さい。
   | |・∀・| /⌒⌒ヽ
   | |\  |`イ  ノハぃ)
.  (( |_|_ィ⌒`」 ∥' 、 ソ|   <メ、メエェ~
    ノ と、_入`_,つ羊 う




88 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:08:40 ID:yjb1LXzz



          / ̄\          ┌──────────────┐
         |     |             職は露骨に嫌な顔をした。
          \_/          └──────────────┘
          __|__
       /::::::::::  u\
      /:::::::::\ 三. /\
    /:::::::::: <●>::::::<●> \    (盗んできた羊だな!)
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |
    \::::::::::   `⌒⌒´  ,/
    ノ::::::::::u          \
  /:::::::::::::::::      u     





┌──────────────────────────────────┐
   直感で分かる。
   実際この羊は、他所の村で飼われていたのが迷い込んできたものであった。
└──────────────────────────────────┘





         ,イ
         / |          ━┓¨
     ,r‐、λノ  ゙i、_,、ノゝ     ━┛
      ゙l   / ̄\    ゙、     ━┓¨
     .j´  |    |     (    ━┛
      {.   \_/     /    ━┓¨
      )    |       ,l~  ━┛
       /  ̄  ̄ \         (わたしが盗品をよろこんで受け取るような男に見えたか!?
     /  ::\:::/::  \
    /  <●>::::::<●>   \       さては舐められたものよ。
    |    (__人__)     |
    \    ` ⌒´    /       断じてこの羊は受け取れぬ。わたしのプライドにかけて!)





89 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:09:07 ID:yjb1LXzz



          / ̄\
             |    |
           \_/
        ノ L__|__
       ⌒:::\:::::/::\
       / <●>::::<●>\
      /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |
      \       l;;;;;;l    /l!|    ─────お、
      /     `ー'    \ |i
    /          ヽ !l ヽi
    (   丶- 、       しE |
     `ー、_ノ       ∑ l、E ノ
                レY^V^ヽ ワゴンッ!






            〃´⌒ヽ
.     , -――  メ/_´⌒ヽ
   /   / ̄  ´ヽ ヽ
.  /  ,  /// ト. !  、 丶ヽ
  l  / /(((リ从  リノ)) '     まぁまぁ立派な羊ですこと。
  |  i  l (⌒) ヽノ(⌒)V l
  l ,=!  l //     //l l      皆様のお心遣い、しかと受け取りましたわ。
  l ヾ! ', l   トェェェェイ  l l
  |  ヽヽヽ  \ェェ/ //      これからもよろしくお願いいたしますね。
  l    ヾ≧ , __ , イ〃
  li   (´`)l {ニ0ニ}、 |





         __
         .|・∀・|ノ    いやいや、よくできた奥方ですな。
        <|__|へ    では、我々はこれにて
         (




        __   __   __   __   __
        |・Д・ |  |・∀・ |  |・∀・ |  |・∀・ |  |・∀・ |    さらば!
        |.へ丿|  |.へ丿|  |.へ丿|  |.へ丿|  |.へ丿| ))
       ( ̄(   ( ̄(   ( ̄(   ( ̄(   ( ̄(





90 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:09:28 ID:yjb1LXzz


         / ̄\
        |     |
         \_/
           |           な────
       / ̄ ̄ ̄ \
      /ノ :::: \::::: u \     なにをしたか分かっているのか!?
    / <●>::::<●>    \
    |   (__人__)    u.   |   どういうことだ!
     \ u.` ⌒´      /
     /           |







            〃´⌒ヽ
.     , -――  メ/_´⌒ヽ
   /   / ̄  ´ヽ ヽ
.  /  ,  /// ト. !  、 丶ヽ
  l  / /(((リ从  リノ)) '
  |  i  l (○) ヽノ(○)V l    ……あなたは、晋の朝廷では受け入れられずに、
  l ,=!  l          l l
  l ヾ! ', l   トェェェェイ  l l        このような三戸の村までやってきました。
  |  ヽヽヽ  \ェェ/ //
  l    ヾ≧ , __ , イ〃
  li   (´`)l {ニ0ニ}、 |





91 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:09:52 ID:yjb1LXzz




                   r'⌒'´ `ヽ、
            〃´⌒ヽ   ヽ     ノ
.     , -――  メ/_´⌒ヽ  (、 ,   )
   ┛┗  / ̄  ´ヽ ヽ    //⌒ ー'
.  /┓┏ /// ト. !  、 丶ヽ
  l  / /(((リ从  リノ)) '
  |  i  l (○) ヽノ(○)V l    ここでも受け入れられなければ、この世のどこに、
  l ,=!  l          l l
  l ヾ! ', l   トェェェェイ  l l      あなたを迎えてくれる所があるというのですか!
  |  ヽヽヽ  \ェェ/ //
  l    ヾ≧ , __ , イ〃      羊は受け取りなさいませ!
  li   (´`)l {ニ0ニ}、 |








             / ̄\
           : |   u |
             \_/ :
             __|___         (まるでわたしが無能者のような言い草。
          :/    u \        違う。わたしが中央を追われたのは、
          /ノ:::::::::\::::  \ :      今の朝廷に臣の良否を見抜く目を持った大臣がいないからだ。
       : /<●>::::::<●>.   \ :
        |  (__人__)  . u.   |      いつか優れた大臣が職務につけば、わたしも返り咲けるに決まっている。
        :\u .` ⌒´      /
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ :     ……だが。)
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    |   陳     列      棚  |





92 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:10:34 ID:yjb1LXzz


       ./ ̄::\
       |   : : : ::|     (それまでの苦労を、叔姫と子らに押し付けることは出来ぬ、か。)
        \_:;;;;/
        |
     /  ̄ ̄ ̄\
   /;    . . : : : :\
 / ∪   . . : : : : : : \   ………わかった。
 |         . : : : : : : : :|
 \_    . : :〃 : : : :,/     羊は、受けよう。
   /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.
  / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\




┌────────────────────────────────────────────────┐
   職は折れた。
   妻にはいつもどこかで負けるのだ。
   もし「羊はそなたが受けたのだ。勝手にすればよい」と突き放せば、一生涯彼女は職と口をきかないであろう。
   誇張ではない。そうしかねない気性の激しさのある女だった。
└────────────────────────────────────────────────┘







      / ̄\
        |    |
      \_/
        |          (盗んだ品と知りつつ、わたしは受け取ってしまった。
     /  ̄u  ̄\       わたしは惨めに、汚れてしまった……)
   /!l|!::\:::/::  \
  /  .(一)::::::(一)  \
  |  u (__人__)゚ 。   |    肸と鮒のために、わたしが羊を煮てやろう。
  \    ` ⌒´    /



93 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:10:54 ID:yjb1LXzz


          ⌒ヽ〉
          . -―‐-  .
         .          \
      /            \
     /   l∨∨∨∨∨∨ `l ヽ
     ,′ / ( ○)}liil{(○) i丶 │
     { i i  ,   トェェェェイ    i  i    ……あなたったら。
     Vl \  .. \ェェ/  / l∨
      /\__>       イ<_/ ヽ
      /,    >l ^)ー(^|_ リ     ヽ
    ノイ ..:  γ::::lヽl□レl:::ヽ    :::i:::ヾ








     , (⌒      ⌒)
   (⌒  (      )  ⌒)
  (             )  )
    (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
          | || | |
       ノ L,l ,|| |、l、
       ⌒:::\:::::/::\
      / <●>::::<●>\
     /    (__人__)   \      なんだその目は!
     |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!|     お前はわたしを蔑むのか!?
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |    ドンッ!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ >
               レY^V^ヽ




94 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:11:20 ID:yjb1LXzz


            〃´⌒ヽ
.     , -――  メ/_´⌒ヽ
   /   / ̄  ´ヽ ヽ
.  /  ,  /// ト. !  、 丶ヽ
  l  / /(((リ从  リノ)) '
  |  i  l (─) ヽノ(─)V l    …いいですか、羊を食べてはいけません。
  l ,=!  l          l l
  l ヾ! ', l   トェェェェイ  l l
  |  ヽヽヽ  \ェェ/ // \ -、
  l    ヾ≧ , __ , イ〃  (__丿
  li   (´`)l {ニ0ニ}、 |







         / ̄\
        |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /ノ :::: \::::: u \
    / <●>::::<●>    \      なんだと!?どういうことだ?
    |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´      /
     /           |







  , -―‐ 、  __
     , -―‐ァ=メンー―`、ヽ
    /  / //´ ヽ、ヾ  ヽヽ
      /  ,/从   !ノノリヽ  ヘ',
      l ,/(○)リノ(○)  ',   !l
       li !`'''    `'''   リ  !l    こういうお話がございます。
       li !         /'  ハl
       ヾハ; ; .トエエエイ;  イ 〃 .l        ケンキツ
       ヾ`ゞ ,_ ; ; ≦ イ〃 |   南方に乾吉という鳥が居たのですが、
         トゝ{ニOニ(ノハ | ! il    彼は子供に肉を与えるのに、肉の良否をより分けることをしませんでした。
         |i iく_ハ,,/ rイ ! l il    そのせいで乾吉の子は、いずれも成長できなかったのです。
        _リ _!ノ ...../ /::::lリ l ハ、
        <(    <ニ>:::ス、_ハヘヽ      つまり。
         '-' ̄ ̄'-' ̄ ̄"




95 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:11:50 ID:yjb1LXzz



                             , -_ュ
                           //´   , -―_ュ
                             { {  // ̄
                       ,.  - ┴`く∠、
                       /  /    i ヽ \
                   / /   ! ! l´ l ! l l   ヽ
                  /   li   l, l l / ! l |l |  ! l
                      l   _l!  l,(○)/ l/ リl !  ! l    まだ肸と鮒は子供なのです。
                  l.  〈r:l.  N ""  , (○)/ ,! l 
                      ,'  ,∧_!  l ゞエェェェァ ", ' / /    あなたを見習って大きくなってゆくのに、
        ,.、       /  / / l  i `ー‐´ ,ィニ∠_  
        ヽ\ n    / ,/,ノ ,.-l,ヘl≧‐-ィ´      _ヽ___   このようにいかがわしい肉を与えるのはお止め下さいまし。
         rヽ l マヽ ///  _/r┬─‐xイ | ヽ  /        `i
          {ヽ! i、`_!´_/ //-:.Y:.:.:.:\_:_;>|         Y     !
            ,ブ' ´   ヽ /´ /:.:.:.,ハ.: : : /ヽ、l!| 、   _,フ ̄`!   i
      ., -‐ニ_」 , -_-_」 ! ,l_:_;/l。!ヾハ_、:.:.>l`  ヽ,/    l    レ
     , '´,. ´/ K厂  l ≠く:.:./ .l ! l;_:ノ  ̄ l.   〈      ,.-┴==ミ、
   ,//´/  ,/l   /  :lV  l゚l      丿  い    l'´     `!
 // , ´  /  l         l   Pl  _,. -‐´    入__ ! __ l
/// /  ,/   人   ,. イ^ゝ-‐ヤ`´            ´   `‐{  スFミタ









          / ̄\
          |     |
     /≡)  \_/ /ミ ヽ
  . /_ノ  ___|___ ヽ_ \    ……理屈は分かった。
  / /   /::\::::::/::\  \ \
  (  く  ./< >>:::::<<>u\  .> )
  \  / u  (__人__).    \'./    だが、それでは羊をどうしろと言うのだ!?
    ヽ|      `⌒´  u   |/
      \             /




96 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:12:09 ID:yjb1LXzz



           !ノ ___ _
       /´⌒ ' ~   `ヽ
      / ./ /     ヽ  `ヽ
      /( {.ノ{ ノ人ノハ )  ヽヽ
.     { /(○)  (○) 丿   `ゝ  ノ⌒    簡単なことではありませんか。
     | !            レ: : ) ,っ~ ⌒ ヽ
     i. !  トエエイ     リノ_勹 : : : : : . ヽ  羊は食べずにこのまま、埋めてしまえば良いのです。
.     i 、ヽ         ノ//: : : :.ノ⌒ヽミ
      iハヘ _   __ ノ勹/: : : : ノ   
        (⌒匚0勹 ⌒/-----~
      //| ヒハヽ 〉 |
      ヽ ヽ.个ー ー'  ヽ  ________
       ヾ ン        ̄  _ ノ)
        /          - : :ン









            / ̄\||i
              |    |
            \_/
              | |ii
         i||/  ̄  ̄ \||i
         /  ::\:::/::  \||i
      i||/  .<●>::::::<●>  \i    なんと!
       |    (__人__)     |
       \    ` ⌒´    /    そうか、その手があったか!
      i||/,,― -ー  、 , -‐ 、|i
       (   , -‐ '"      )
        `;ー" ` ー-ー -ー'|i
       そi|l           l て  カシーンッ!!
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    |   ワ     ゴ      ン   |




97 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:12:44 ID:yjb1LXzz


┌────────────────────────────────────────┐
   羊を生かしたまま飼っておけば、窃盗に加担したことになる。
   打ち殺せば骨が砕け、のちにその骨が発見された場合、食べたものと見なされるであろう。
└────────────────────────────────────────┘




            / ̄\
          |     |
           \_/
           __|___
        /      \
       / ─    ─ \
     /   <●>  <●>  \    (生き埋めにするとは思いもつかなかった。
     |  :::::: (__人__)  :::::: |
      \.    `ー'´    /ヽ    まこと叔姫は知恵の回る女よ。)
      (ヽ、      / ̄)  |
       | ``ー――‐''|  ヽ、. |
       ゝ ノ      ヽ  ノ  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







            〃´⌒ヽ
.     , -――  メ/_´⌒ヽ
   /   / ̄  ´ヽ ヽ
.  /  ,  /// ト. !  、 丶ヽ
  l  / /(((リ从  リノ)) '
  |  i  l (─) ヽノ(─)V l    (…ほんとうに、真っ直ぐにしか考えられない人なんだから。
  l ,=!  l          l l
  l ヾ! ', l   トェェェェイ  l l       朝廷から排斥されたのも、分かるというものですわ。)
  |  ヽヽヽ  \ェェ/ // \ -、
  l    ヾ≧ , __ , イ〃  (__丿
  li   (´`)l {ニ0ニ}、 |




98 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:13:14 ID:yjb1LXzz


┌──────────────────────┐
   この二年後、羊舌家に運命の転換が訪れた。
└──────────────────────┘




        ,r-;
     ,r'´;;;`、;`ゝ,
   ,/;;;`、;;;`、;;;`、;`ゝ,
 /;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、ゝ,
ぐ;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、::;'ァ
 |      _____|.:|        __________
 |      |_|_|_||ヾ|                       \  
 |      |  |  |  ||..::|          ごめんくださーい!  >
 |        ̄ ̄ ̄ |.:|                       /
vヘノV/y/W///7/y'/V7!y'V"メ/Wハ,.イ7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄








    |    \      /  |
    |     \r rイ   |
  「 ̄  , ィ´ ̄`7ハ^X^ヽ  ̄`7
  」   ,//  //i::l::ノノl l:、  /
/ L_//, イ/- 、 ! ,. -  Vコ
    /   ヘ二_爪_二ヘ ヽ ヽ      二年前、盗まれた羊がこの家に届けられ、
     |   ヾニ・ニハ ハニ・ニフ|   \
  .:.:.::::|     / | | \  l:.:.   ヽ   ここで消えたという情報が入っているが、お前たちが食べたのだろう?
_.:.:.::::::::l      ィニニニュ  /::::.:.:.   /
二三三ヽ           / ==ニイ     家の中を探させてもらうぞ。
``>.::::フ^rrー - 、 _, -─-、ニ二<
     /      ┌─((三(00)
     i   丶 ヽjiii五[トイッlf三(二(ニニニ0
     r     ヽ、__)一(_ i_}
     ヽ、___   ヽ  / l \
     と_____ ジ   _|_ .\_





┌───────────────────────────┐
   羊の盗難事件が暴かれ、都吏が家にやってきたのである。
└───────────────────────────┘




99 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:13:38 ID:yjb1LXzz


           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \    羊ですか。そういえばそのような事もありましたな。
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /    あれならおっしゃる通り受け取りましたが、不審な点がありましたので、
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )    食べませんでした。
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l








  │┃  ガラッ
  │┃         ./ ̄::\
  │┃         |   : : : ::|
  │┃          \_:;;;;/
  │┃          |
  │┃       /  ̄ ̄ ̄\    証拠をお見せしましょう。
  │┃     /     . . : : : :\
  │┃   /     . . : : : : : : \
  │┃   |         . : : : : : : : :|
  │┃   \_    . : :〃 : : : :,/
  │┃     /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.
  │┃    / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\




100 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:14:34 ID:yjb1LXzz

┌──────────────────────┐
   職は都吏を家に招き、炉のすみの灰を除けた。
└──────────────────────┘



    `
                                    くヽ
                   ト-、         (`=イ^)     lコ  `
                  )_ノ- 、        `\ \   ∠フ
                  「    \            \ \
             _ノo○ ∠  )ココュ        \ \     `
    `          /    r―= /^ヽ              \ \
          / ,イ  r'Z7´  |  ノ   「フ   「ヽ.    \ `'^)
           レ'/ / ̄   r「ノ r'   「フ   (人)     Lノ-'
          ノイ      シ /  `
                ノ-'´
                                r‐、               /´ ̄ヽ
   ト=z  r-、              r‐、_,,.. -‐ ''"´ イ           /    ノ
     ̄   しヘ!   `         く_,  _,,.. -‐''"ー'     `     |`Y⌒Y
                        し'´                      ゙==="



                    ┌─────────────────────┐
                       そこには、羊の骨が完全な形で残っていた。
                    └─────────────────────┘







    |    \      /  |
    |     \r rイ   |
  「 ̄  , ィ´ ̄`7ハ^X^ヽ  ̄`7
  」   ,//  //i::l::ノノl l:、  /
/ L_//, イ/- 、 ! ,. -  Vコ
    /   ヘ二_爪_二ヘ ヽ ヽ
     |     ⌒ ヽ / ⌒  |   \
  .:.:.::::|     / | | \  l:.:.   ヽ    おお、なるほど!ご立派です!
_.:.:.::::::::l      ィニニニュ  /::::.:.:.   /
二三三ヽ           / ==ニイ      紛うことなく、あなたは羊の窃盗とは無関係ですな!
``>.::::フ^rrー - 、 _, -─-、ニ二<
     /      ┌─((三(00)
     i   丶 ヽjiii五[トイッlf三(二(ニニニ0
     r     ヽ、__)一(_ i_}
     ヽ、___   ヽ  / l \
     と_____ ジ   _|_ .\_



101 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:15:15 ID:yjb1LXzz


┌────────────────────────────────┐
   この職の清廉さが都でも評判となり、間もなく職は朝廷に呼び戻された。
└────────────────────────────────┘




                                 ,.へ
  ___              / ̄\           ム  i
 「 ヒ_i〉           .|    |           ゝ 〈     ドーン☆
 ト ノ            \_/           iニ(()
 i  {              __|____           |  ヽ
 i  i           /::__,:::, ‐-::\           i   }
 |   i         /<●>::::< ● > \       {、   |
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     大 夫 に 復 位        │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ









            〃´⌒ヽ
.     , -――  メ/_´⌒ヽ
   /   / ̄  ´ヽ ヽ
.  /  ,  /// ト. !  、 丶ヽ
  l  / /(((リ从  リノ)) '
  |  i  l (○) ヽノ(○)V l
  l ,=!  l  U       l l
  l ヾ! ', l   トェェェェイ   l l    キルッ
  |  ヽヽヽ  \ェェ/   //
  l    ヾ≧ , __ , イ〃
  /      ∩ノ ⊃  ヽ
  (  \ / _ノ  |  |
   \  “ / ___|  |
   ,/\ / ___ /





┌─────────────────────────────────────┐
   もしも職が羊を村人に突き返していれば、村人は羊を分け合って食べたに違いなく、
   職は村民の監督不行届できつく叱責を受けただろう。
└─────────────────────────────────────┘




102 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:15:43 ID:yjb1LXzz








┌─────────────────────────────────┐
   この話がのちに広く世間に知られると、評判を集めたのは叔姫であった。
└─────────────────────────────────┘





         ,l、::::::::::::::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l          ┌─────────────────┐
        ,ハ::`丶、:::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,, -‐:〈             有識者は隠れた悪を戒める時に、
        {;;;;ヽ、:::::`丶、:::::::::::::l:;:;:;:;:;:; ィ";:;:;:;:;:;:;:}          └─────────────────┘
        ,l;;;;;;;;;シ丶、:::::::`:`:ー'‐::'':"::::::::_, ィ"´;;l
       fうl;;;ミミ、  ``丶 、::::::::,: - ''"´  リ;;;;;;f-、
       { l l;;;;;ッ=`   (三> `^´ (三シ  ム;;;;;;ソl}
       t !;;;リ    _,,...,,_     _,,..,,_    l;;;//
        ゙l ヾ;l  :'ィテヘ9ンミ   ,: ',シヒ9ン、  l;//
        `ーll!   `''==ヲ'  l:.:^''==彡'" ,!リノ
            ll   ` '' "   l:.:.:` '' "  ,i;;l´
          li,     ,r .: :.ヽ、    ,:,り
           t、   / ゙ー、 ,r '゙ヽ  /,K′    たれも見ていないと思ったら、大間違いでおじゃる。
           ゝ、 ,:'   :~:    } // /ヽ、
           /{lヽ ,ィ==ニニ==,ノ,ノ7 /:.:.:.:ヾニヽ
         , ィ/:.:い ヽ `` ー一 ''"/,/,/:.:.:.:.:.:.:.:ソ }- 、、
        / /:.:.:.:ヽヽ `' ー‐ -- '"//:.:.:.:.:.:.:/ /   ` 丶、
     ,, - {  ヾ:.:.:.:.ヽ丶     //:.:.:.:.:, -'" ,/       ` 丶 、
  ,, - ''"   丶、 `` ーゝ、ヽ.,_,,ィ"ェくユ- ''" , ィ"





┌────────────────────────────┐
   と言って、羊舌氏と羊の話を引き合いに出して叔姫を褒めた。
└────────────────────────────┘








103 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:16:14 ID:yjb1LXzz


┌────────────────────────────┐
   ──さて、職が晋の朝廷に返り咲いてからの羊舌氏であるが。
└────────────────────────────┘






                  ,  - -
              /  (● ●    今日もおべんきょう、明日もおべんきょう、明後日もおべんきょうだお。
              ゝ  (__人)
             (      |
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄








            〃´⌒ヽ
.     , -――  メ/_´⌒ヽ
   /   / ̄  ´ヽ ヽ
.  /  ,  /// ト. !  、 丶ヽ
  l  / /(((リ从  リノ)) '
  |  i  l (●) ヽノ(●)V l
  l ,=!  l //     //l l
  l ヾ! ', l   トェェェェイ  l l    叔向は本当に賢い子ですね。
  |  ヽヽヽ  \ェェ/ //
  l    ヾ≧ , __ , イ〃    母も教え甲斐があるというものですよ。
  li   (´`)l {ニ0ニ}、 |





┌────────────────────────────────┐
   叔向は幼い時から聡明で、その賢さから母から非常に愛されて育った。
└────────────────────────────────┘





104 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:16:54 ID:yjb1LXzz


┌───────────────────────────────────┐
   成長しても母の期待を裏切らず、叔向は大学においても抜群の賢さを示した。
└───────────────────────────────────┘




.        / ̄ ̄ ̄\
.       / ─    ─ \
     /  (●)  (●) ヽ
.     |    (__人__)    |
      \   ` ⌒´  __,/
     /         \
   _/((┃))______i |
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






105 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:18:10 ID:yjb1LXzz


┌─────────────────────────────┐
   その一方で弟の叔魚は、生まれた時から母から嫌われてきた。
└─────────────────────────────┘


|   |
|_ノ  |                                              /   ヽ
   |  }                                           /     |
   し |                                     /      |  i   |
     | 1            }                       |   |   ヽノ
     し l           /  _r‐-           /  、  |_.ノ  |
       し}       , - 十‐/‐ 、  .、          し  |
        い.   , '/         \        l  l
        ぃ   / / | /   ハ i i ヽ.\    { ノ
         、、 | /  ∧| リ\/ Viヘ  ヽ i  い
              | |  |(○)  (○)ヽ  | |
              ∨| i |{. } iェェェェli { } } i |ノ
              人| \|{ } |:    | .{ }// |/ '
            ,' / | i  ト、./エェェエ|」_/ /リ '   虎のような目、豚のような口、鳶のようないかり肩。
          /  Ⅵ ト 、二二´ゝ-「 |\
          / /  Vヽ:.:/: rヘ: :\_ー'_ノ     おまけに牛のようにふくらんだ腹。
.         / / i   |: : /: : : : : : : : ∨人
        /イ i   |: : |:.r― 、: : : :__∨ヘ> ',  この子は果てしなく貪欲ですわ!
       ノ  | |ハ /: :/ィ: : : :.|:./:.__人
          V 人__/ /レ''' フく,/: : : :,>vへ  どのようにしてもこの子の欲望を満たすことは出来ますまい!
           ⊂-ヘ人(_レく/::::/ \_/ / ]::::/
                  `ー'    `ーヘ./



          ⌒ヽ〉
          . -―‐-  .
         .          \
      /            \
     /   l∨∨∨∨∨∨ `l ヽ 
     ,′ / ( ○)}liil{(○) i丶 │
     { i i  ,   トェェェェイ    i  i    こういう子は収賄の罪で死ぬにきまってます!
     Vl \  .. \ェェ/  / l∨
      /\__>       イ<_/ ヽ
      /,    >l ^)ー(^|_ リ     ヽ
    ノイ ..:  γ::::lヽl□レl:::ヽ    :::i:::ヾ


┌───────────────────┐
   と言って、二度と叔魚を抱かなかった。
└───────────────────┘











        ____
      /    \
    |\/  ノ' ヾ  \/|
   |/ ≪①>  <①≫ \|
   |     (__人__)     |    うっせ、ババア
    \、  ` ^^^^ ´  ,/
.   / ヾ  `ー‐" " ⌒ヽ
      フ シュクギョ
     【鮒(叔魚)】
   (やる夫の悪魔/2ch)



┌────────────────────────────────────┐
   叔魚は自分の誕生時の母の言葉を聞いたからではあるまいが、
   人の言葉を素直に聞けぬひねくれたところがあり、扱いにくい弟に育ってしまった。
└────────────────────────────────────┘



108 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:11/09/21(水) 22:19:09 ID:RtZ7vBzR

生まれか、育ちか


106 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:18:36 ID:yjb1LXzz




                       ●

                       ●

                       ●




       ┌──────────────────────┐
          叔向が二十代の半ば頃、父の職が亡くなった。
       └──────────────────────┘






        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \               ┌───────────────────┐
  . /    /        -一'''''''ー-、.             家督を継いだのは、長男の伯華である。
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))        └───────────────────┘





107 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:19:03 ID:yjb1LXzz


┌────────────────────────────────────────────────┐
   職は亡くなる二年前に、軍尉の佐(補佐)という、かなりの高官を得ていたので、満足して死んでいけただろう。
└────────────────────────────────────────────────┘





               /7
                 //
             //
       __    //
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/
  l    (__人_,//l
.  |    `⌒// ノ    落ちぶれていた十数年前が嘘みたいだろ。
   l       // ./
.   ヽ r-‐''7/)/     貴族的に考えて。
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|






┌─────────────────────────────────────┐
   伯華もまた叔向に劣らぬ才能を持っていたので、父と同じ官職に就くことができた。
└─────────────────────────────────────┘



109 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:20:00 ID:yjb1LXzz


.        / ̄ ̄ ̄\
.       / ─    ─ \  +
    . /  (●)  (●) ヽ
   .   |    (__人__)    |  +     父上と我が家の過去はこんな感じだお。
.   .   \   ` ⌒´  __,/
    .   /            \     +  ところで軍尉の佐についてなんだお。
     .|. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|  トン
    _(,,)/      Y     ヽ (,,)_
 .. /. | l   幕  l  間  l. |  \
 /    | ヽ、__ ,人_ __ ,ノ |   \






             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |    昔、晋の軍は上・中・下の三軍で構成され、軍法の掌管者は司馬だったお。
        \     ` ⌒´    ,/
       r、/          \r 、   軍規違反した者は司馬の権限で罰せられたんだお。
       |:l1             l;l:|
      /|` }            { ´|ヽ
      ノ `'ソ              ゝ' `ヽ、     ところが。
    /´  /               ヽ、 ヽ
    \. ィ                   个‐´
        |                  |






晋の領土は段々増えていったお。そうすると三軍では足りないお。
軍の規模も領土にあわせて大きくなっていき、一時は倍の六軍までになったお。
人数にすると7万5千人だお。

┌────────────────────────────┐
│               l^丶                      .....│
│                |  '゙''"'''゙ y-―,                 .│
│               ミ ´ ∀ `  ,:'                  │
│             (丶    (丶 ミ                   │
│          ((    ミ        ;':          ハ,_,ハ      .│
│              ;:        ミ     ←    ';´∀`';,     │
│              `:;       ,:'          c  c.ミ    .│
│               U"゙'''~"^'丶)           u''゙"J     │
└────────────────────────────┘
                           ※晋、巨大化のイメージ図



110 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:20:28 ID:yjb1LXzz



           ___
           /⌒ ー、\       そんなにたくさんの人を、司馬一人で監視できるはずもないお。
          /( ●)  (●)\
.      /::::::⌒(__人__)⌒::::::\    いくら国が大きくなったからと言っても、急激に兵を増やしすぎたんだお。
  cー、   |     |r┬-/ '      |⌒,一っ
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、   だから軍を縮小させ、四軍(上・中・下・新軍)にまで減らした。
<<</ヽ                     /\>>>









            ____
          /       \    それでもまだ司馬の目が行き届かない部分があったお。
         / -‐''  `゙'ー \
       /   (●)  (●)  \ そこで新設したのが、軍尉の官だお。
  / ̄ ̄ |      (__人__)    | ._r、         _r、
_/     \   ´ヽ_/ `   /rト、ヽ\    rト、ヽ\   軍法では一概に裁けない犯罪などを扱わせるのが目的なんだお。
                 ー‐      ヽ ヽ ヽ \ 三 ヽ ヽ ヽ \
   y                   ヽ ヽ ヽ 〉   ヽ ヽ ヽ 〉                 ケイ
  /                    ├   / 三 ├   /    初代軍尉の長官はキ奚様だけど、
  |                       (    <     (    <     その時長官補佐についたのが、父上だお。
  |                      ゝ   ヽ    ゝ   ヽ





111 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:20:55 ID:yjb1LXzz




        / ̄ ̄ ̄\
        /        \     ちなみに軍尉の官は司馬の下にあるわけじゃなくて、
     /  ─   \   ヽ
      |  (●)  (●)   |    晋軍の主力軍である中軍に属し、かつ君主直属の査問機関になるんだお。
     \  (__人__)   __,/
     /  ` ⌒´    \
   _/________i | ケシケシ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /__凵_______ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄








              ____
          /⌒   ー \
.         /(●)  (●) \  +
         /:::⌒(__人__)⌒::::: ヽ
        |    |r┬-|     |  +      軍尉は司馬よりも君主に近いところに居るだけに、
         \_  `ー'´    _,/
.          /          \     +   徐々に司馬よりも強い職権を持つようになるお。
.        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  トン
      _(,,)   お わ り   (,,)_
      /  |             |  \
    /    |________.|   \






112 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:21:35 ID:yjb1LXzz








┌──────────────────────────────────────────────┐
   軍尉と司馬のエピソードについては、兄、伯華が軍尉の佐に任官されたばかりの頃、こういう事があった。
└──────────────────────────────────────────────┘






              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |   |  (__人__)  |
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ    あの時は驚いただろ。
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ










113 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:22:07 ID:yjb1LXzz

┌────────────────────────────────────┐
                               ケイタク
   時の君主・悼公は、晋国の東のはずれにある鶏沢に諸侯を招き、会合を行った。
└────────────────────────────────────┘



                      _ ‐"´ ̄ ヽ/ ヽ
                   ,. ,'"'´  / ̄ メ `ヽ \
                   //   //   /| , -、  ヽ
                / /   / /   ∧|/ヽ ヽ  ヽ
                   /〃   /  / /〃 |ヽ| ∧ハ ∧ ハ
               / ,' / / /  /〃/ | l 「`゙ ̄j ハ ∧` }
               ,' '/ l l  /〃/ |/l {    j ハ ∨}
                | |l  | | 〃/イ | | |八 _ ,,. 孑<l |l }ニ ‐ 、
              Ⅵ /| lフ/干〒ミミ、ン/イァ元タイ l| |l リ::::`ヽ、\
               ∨l | ∨|ゼ芹テ、  !  ` ̄  | //レ′:::::::::::\ヽ
               /ノ| |ヽ\\       l     ノイ/::::::::::::::::::::::::ハ }
             //::::::::\ミ\`ヽ       i      カ{{::::::::::::::::::::::::::/リ
               //::::::::::::::::`Yfヘ)ノ       '     / ハ!::::::::::::::::::::::://    諸君、同盟を結びましょう。
            | l::::::::::::::::::::::乂ハ\  ‐=二. -^´./ |リ:::::::::::::::::::::::://
            |〔::::::::::::::::::::::::::::`', `ヽ.     / _|r‐、::::::::::::::,.イノ,′    もちろんわたしが盟主です。
            | l::::::::::::::::::::::::/ヌ,__ ヽ--‐'_r'"´  く:::::::::;.イ/:::|
               | l::::::::::::::::::::_冫-/ r└‐ア´ /:|:. _二-┴//::/|:::!
             |l l:::::::::::::::::/ {. / /:.:/:/  :{://   / ,〈:::::::| |:::{
             |::l l:::::::::::;/  V /: ´ /  .:|′___   / /:::::::::::{ {:::;≧、__
            ,,|::::l l:::rイ人 /{ {:  /   :| ̄ _ / /::∧:::::: ∨{ 、 _  ̄"''‐- 、、,,_
 ,,..、、、   --─'''''"´ ]:::}}Ⅳ ハ /   {:. /     :|~ ̄ / /:::::Vヘ:::::::::/丶 、,,_` " '''' …‐ -  ̄ ニ ニ=ヽ
´_   ___,,,...、、 -‐''"´ |:::}}ヘV  {    '、 {     .:|ー// /::::::::::Vヘ:::/        ̄/"''''' …─ - - ---r┘
/  ̄| |  l ハ     ノ::ノ::::} }\ ',   (う     リ// /:::::::::::::::ヽ冫      ,'       l|       |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|、    ハ  _, ‐'´ ,'´,'::::::::::::::::::::/        l      |!  :l
                    │\  ,、‐´    .l l::::l\:::::::::/         | :i :i i  |:   |  l
                       トウ  シュウ
                      【悼公・周】
           (シュナイゼル・エル・ブリタニア/コードギアス)





┌──────────────────────────────────────────────┐
          キョクリョウ
   鶏沢の近くに曲梁という邑があるが、晋と他国の率いてきた軍は、そこで会合が終わるまで駐屯していた。
└──────────────────────────────────────────────┘




114 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:23:12 ID:yjb1LXzz



|| | |: : : : : : : : : : : : ||. | ::i/  ::://´  _, |  :|| | ´ ー, - 、 |  |
.|| | |: : : : : : : : : : : : ||. |::/l  ::/  _´ 'ヘ  ::|.l |  / ー-_ .|. |:
..|| | |: : : : : : : : : : : : ||. |/.| :::/ /´ ̄ ゙゙ヾヘ ::| ||   .ク ´ ̄` |. |::
. || | |: : : : : : : : : : : : ||ili| | :::ハ ヽ  ◎ ヽヘ :::| i  / ◎   |. |:::
 || |il!|: : : : : : : : : :/|: :|| | :::l(:|  `ー ― ::ヘ :l   ー ― ―' | |::::
. || | |: : : : : : : : /;:;|: :|| | :::ハ |       ::l ヘ::l         | } }     会合が終わったか!
  || | |: : : : : : ::/;;::;;l: ::|| |:::| ゝ|      ::::|  ヽl          |. | /:
.  || | |: : : : : :/;;::;;/: : :|| |::|'´∪|      :::ヽ _ ヾ       .|. | /::
  || | |: : : : /;;::;;/: : : ::|| |:|   ヽ    、_ _____、  |. lイ:::      よし、行くぞ!
.  || | |: : : :|;;:;;/ : : /l:::|| ||    |ヽ   ヾー―――――ノ   .|. l |:::::
   || | |: : : :|;/: : ::/;:;;| :|| |.  /| , ヽ   V´: : :`´: : ::`/   .| l イ}:::      わたしについて参れ!
.   || | |: : : : : : :/;;::::;;| :||i|!| /  |从レ丶  ヽ、     /  /.|.l/|::
   || | |: : : : : /;;:::::::;;|:::|| |   // |/レ { ヽ  `ー '   /_,イリ.  | }::
.   || | |: : : :/;;:::::::::::;;|:::|| |    / ソ | (ム、` ̄  /: : ○)   }/::
                  ヨウカン
                 【楊干】
            (マオ/コードギアス)



┌───────────────────────────────────────────┐
   曲梁に居た軍が移動を始めたとき、悼公の弟の楊干が隊列を乱し、勝手な行動をとったのである。
└───────────────────────────────────────────┘





            l、      , -‐─ー-、 、
            ヽ`ーー---´───-- \ヽ
          ,..:.':.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ)
        ///ヽ`ー-‐´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.):.:.ニ=-、
        {! /:.:./:.:.了 ̄/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.\
     ___ノ:.,..':.:  .:./.:/:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽ
     ``ー-/:.:./:. /.: ./.:./ :./.:.:.:./ .:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ
       //:.:./:.: ./.:. ,':.:./ .:/:./:./ :.:.:.:.:. :./.:.:. :. :.:.:.:.:.:.:.:.ヽ`
      ´ /:.:./:.:.:./:.:.:.:.|:/i:.:/:/:./:.: .:.:. :./:. .:.:./ :.:.:. :.:.:.:.:.:.:i:.|
       l:.:/}:.∠_/厶|/|:.|:.,':.:.:.:.:.‐=ニ二ノl.:.i:.:.:. :./:.:.:.:.|l:|
       |/ |.:.|l:.l 才テf-≧l:.|:..!.:.:.:///}:.:.ノ|:.:.{:.:.:./:. |.:.:.i リ
       ` ヽ|l|:.|ゝト-イ`ミヽヽ:l:.:(==ノ≦≠l:.|:.',:.(:.:.:.i.:.:{
          ノノ| ` ̄¬´ `ヽゝィf戈テ于ミ|ノ|::..:.ヽ:.|:i:.ヽ_
         ´ `l      ,'   -K二‐ } 》/ ノ〉:.//ヽ--´
           ノ.!     /       ̄ー=ー'/.-‐'
          ´ri\    }         ノr'´:/      楊干様が!?
           }ヽ ヽ  t ̄`ヽ    , ':./ヽ:(
           / ヽヽ \  ̄`  , イ:ノ)イ   `       まったく、あのお方には困ったものだ!
         /: : : : ヽヽ、`‐ ' ´ r‐´イ、
  , - ‐= ' ´: : : : : : : : ヽ//==//¨ : : : \
 ̄: : : : : : : : : : : : 〈〉 : : : //: : : : //〈〉: : : : : : `: : 、
                ギコウ
            【司馬・魏絳】
       (枢木スザク/コードギアス)



┌───────────────────────────┐
   司馬の魏絳は報告を受けると配下を率い、楊干を追跡し、
└───────────────────────────┘



115 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:23:42 ID:yjb1LXzz

┌───────────┐
   楊干を発見すると、
└───────────┘


   NM           kl .::/  /-={  | レ'"´ ̄`ヽ、| |
   NM           kl ,′ /  _ 」   | { ー,‐‐ 、 ゙l |
    NM           kl  /_x≠ミハ   トl  ,xァ=ミj l
    iNM         kl  / く  rg ㍉. l   〃 gj  | ト.
    NM     ,il|il kl ハ ー=ァ′i、ヽ  `==一| | 〉
     iNM    ,il' l|l kl ト 」      ,' ヽヽ、    | l/ハ
     NM   ,il  ill|' kl lイハ     i'  _ \!     l レ',イ    ん、んん~~?
     iNM  ,il  il' ,i kl   iハ  ,、______,、   j レ'.:|
     NM   i il ,il| kl   | ト、 ヽー── ァ'^` //}::::l    な ん だ い ?
       NM:. |il ,li' l| kl /| | i、  `二二´   .イ/ノ}::::}
       iNM  l il|l il kl'´  レイ / ,ト、      ∠_l′ |从
      」ijM   i|l  li kl    |イ/ | {tト、   /:(_)}  リ.::
_ .  -‐  NM  il!   l kl    {  l {r、:::`¨´:::::::(_)}  /.:::
        NM  l   l kl    l  `{r、::::::::::::::::::(_)}/}.::/
       NM  |    | kl    l  ` ー‐┬‐ ¬´ /:/






: : : : : : : : : : : : : : ' ., . . . . . `ヽ、 _ ,. ィ==__
: : : : : : : : : : : : : : : : ' , . . . . . .ィテ::::::i::::::::::::::≦ミ_,
: : : : : : : : : : : : : : : : : :' , : _,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ':, フ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_:::::::ト-'
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.i::::::::::::/::ハ:::::::::i::::j:::::::::::i=‐'
: : : : : : : :__: : : : : : : : : : :ヘ::::::::/i::i'、∨:::7:/,jハ:ヾ、{
: ,. <´ ,. イ: : : : : : : : : : :彳ヘ!キ弋ッ-{:::/弋ツフ/i'´`ヽ      御免!
    ≫: : : : : : : : : : : _: :i' <ヘ__  ,'イ   .イ´ヽ. . . \
    ∧. . . . . . . . , イ: : : :ヽ、: : :t i、 - -、 /.イ: j. . . . . .`ヽ、
..イ´ ̄``. . . .,---- 、. . . . . . .i. . ./ハ>、 イ!テ´: :.i-.イ ̄ ̄`ヽヽ
≫---< /    ハヽ. iヽ∧. . ヽ iヾ:} {::|ハ. . ../. .__. . .,ィ. . .ノハ
 . <´ r、'、 _  .<ニr-<ヤi j. . ハ.l.i:) i/i 7. . ./>'´. r-'´   }
:.r、:.:.:.:.∧ニニv':r-j: :i: /: :/ハイ フ================================y
:.{ミヽ廴三三三i|: :i: :i:ィ',: i---' /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニイ
:.:`ヽ:::::``ヽ、<:::ハ、ヽ_ヽ_人j=-'<.ir:Y r-7/  > ' ノ´ ̄7'´
:.:.:.:.:.:.``ヽ、:::::::::::::::i:::> 、:< ':,ヽ、=、_,.{_/イ´_,. -‐' .イ:::/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、ノ::::::::::::::::::::\--、_ハ / ´   ) .イ::::::::/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、:::::::::::::::::::::}  ヽ`ヽ   /: : : : :./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:::::.イ     '   /: : : :'´,':./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ' ´   ¨´ヽ、       //: : '  .:': /
:.:.:.:.:.:.:.: イ            i  >、x<: 〈'   ,:':./




116 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:24:05 ID:yjb1LXzz


┌───────────────────────────────┐
   かれの兵車を操っていた御者を、有無も言わさず処刑してしまった。
└───────────────────────────────┘




   _,,.. =---ァ‐‐一ー‐‐ミ.、             .:.:::::::::::::::;
. 7´::::::::::::/   , へ._   ヽ _
:´:::::::::::/     `ヽ.. 丶.   ',::` ー-=...、
::::::::/_        `¨´   . ',:::::::::::::::::::::丶
::/ {. . ヽ  ′         ',::::::::::御者:::::::::丶
':.:.:.:.:.:.`ー '     _       i、::,、:::::::::::::::::::::::::::丶
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:/   ヽ        ! ! !!:::::::::::::::::::::::::::::::丶
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ_・_ノ      ' ,i i::::::::::::::::::::::::::::,=―ヽ






┌──────────────────────────────────────────┐
   もちろん勝手な行動をとっていたのは楊干であるが、貴族を罰することは魏絳の管轄外である。
   なので魏絳は主犯である楊干に手を出さず、従犯である御者を罰したのだ。
└──────────────────────────────────────────┘




                 ,ィ__,
                f‐'.:.:.:.:.く
           _  -‐::::{:イト、:.:.:.:ト、
        r千、_  -‐ ¬`、`lイk〈`
       く_r」       `T´:::::::ヽ、    …隊列にお戻り下さい。
                 }:::、::::::::::>、_
                 l:::::`7⌒ヽ::::{
                rく::::::::{    i::::l
               . ヘ、:::::::::l    |::::}
         ≪三三三三三三三三||fーイ
             /.:::::::::::..ィ´:「l::/   `´
            ゙¨¨¨¨´ }::::l ゙′
                   /.::::{
               /__;;;」
              匚r‐┘
               三ニ
                二
                  ̄




117 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:25:01 ID:yjb1LXzz


┌───────────────┐
   このことが悼公の耳に入った。
└───────────────┘



   / / / / / ムV/}       ヽヽ ヽ.  ヽ
  / /   / /  {斗‐宀イ     i   ', ',  ',   '.
  {/ /  / / / / }    }    |     i i   i   i
  i / /, / / /jノ  _」    }    l l   }  }i
  {/ / / / /-‐. ニ = 、}     ,′   } }  i |  {l
  / , / ′/l/‐ ´_」.斗込}」  , /   / ,ハ  l |  |{
 i // /トfム {  ´ -‐┴ ¬ / /   / /⌒ } ! !  !}
 {/ ハ 小l ト7       ノ //   ノ ム  / } {  l 〉    なに!司馬がそのような無礼を!?
 { l iトl V     ー=彡'"´ァ‐‐イ/   ,イ ハ } //
 `l {、 V j`ト `     ノ⌒´   ̄´  f゙7イレi/ トイi//-‐ ──‐ ‐‐-  、
  \トメ/レハ ーrー__、__       / , l l |  {,」/」-‐ ¬ 二  -‐ ァ′
    ー=彡ハ  ー‐一      ノ / 」/」斗 二 -‐ ,二     /7 ′
        }         ∠/.斗  -‐ ´     / /   / //
        l、__ -‐ 二 ニ ´,ニ        / /   / / ′
     ,  .二 -─ァ」斗‐ ´      .||         ./ /   / 〃
.   // . -‐ァ´/         .||        / /   / 〃
 // /   //ヘ          ||     ,' ′  / 〃
/ /. ィ´   //  vハ           ||     l {   / 〃




┌─────────────────────────────────┐
   この時悼公は十七歳であった。この若さにして諸侯会同の首座に座り、
   見事同盟を纏めあげ、大満足で散会を命じようとした矢先の報告である。
└─────────────────────────────────┘








  |\     /\     / |   //  /
_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
\                     /
∠    赤!赤はおらぬか!    >
/_                 _ \       ┌──────────────────────────────┐
 ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄           可愛がっている弟に司馬が無礼を働いたと聞き、悼公は逆上した。
  //   |/     \/     \|          └──────────────────────────────┘






      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)
     |      ` ⌒ノ
      |        }    はい、ここに。
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ





118 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:25:35 ID:yjb1LXzz



               /    /   /  `V  \
              ,   ,    / /i ,fV ハ ヽ.  ヽ
               ,′/   /  /   l {ハ/ ',   ,  ',
            / / /  /  //  } f`'ヘ }  ',   }
                {  i /  /  // ,' /八{  l!  i ,'、      このような晴れがましい時に、
            」 !i′ // /i/}ムイ/ ___j/!   }/ミ、ヽ、     わたしの弟が他国の者も見ている前で恥辱を与えられた。
          / 乂j  { i リ云ミく`三'ーァ云ミv , /{   ヽヘ、
          /     仆、 Ⅳ`^~`三三三´~^ア / / ,′    vハ
         {{     从 ヽ {__,     {    彡'/イ /     } }   わたしにとって、これに勝る恥辱があるだろうか。
        vヘ     ヘ、 iト、      ′   {///     /〃
         ヽヘ.     ノi iト、  -‐一‐-  ,イ {      /,イ    必ず魏絳を殺せ。
           lヽヘ、   rヘjト、\  ´ ̄  /ノイハ.     //!
           l  vハ r‐┤  ヽ、_ヽ.__∠ __/  ト、  //  l     逃がしてはならぬぞ。
         ノ ∧ }j  '、  / /     ',  ',  ノ  V'/ 「i {
    _.. -‐¬ 〈/vハ  ヽ/  {     }   }/  //   L! 〉‐-  .._
二二 _ .. -‐¬、    vハ.   l    ',     j  l    //    /‐-   .._ 二二二
f!  ̄        l    } }  l     '.     ハ   !   i ト、   ,′      ̄ ̄ ̄f!
|!          l 辷」 l l\ l     ,   ,′   !   ,{ {\> ′           ||
|!         }    } }  f!    V⌒{   f!/ l l   {             ||





┌───────────────────────────────┐
   悼公は軍尉の長官を呼ばずに、いきなり補佐である伯華を呼んだ。
└───────────────────────────────┘




119 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:26:05 ID:yjb1LXzz


┌─────────────────────────────────────────┐
   初代長官のキ奚は引退したばかりであり、その席に新たについた息子のキ午では若すぎて、
   強い処罰はできまい、という判断が悼公にあったのだろう。
└─────────────────────────────────────────┘



                   / ̄\
                   |    |
                   \_/
                 7――|ーヽ、                       _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
.                ∠ -―‐--- 、 \\                   , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
               / / /  ,   `ヽ ヽ\                /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
             // , / /  // /,イ   Vハ ヽ              く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
             // // / // / //||l l!  \              ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
            {ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /              ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
             l l |l 〈f沁 {/ / ィ汽く l| j ,リ } rく               \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
              N八〉`゙′,   {゙りノ//〃/イ  |                l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l
              jヘ、 (__,!、__)  " 彡'//|l  |                 l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!|
               / / ,r―-、)_ , ィ7´ rク l   |     ┌─l\       ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !
               厶イ(;;;;O;;;;;)   //-|-/厂ヽ..    └─l/       '、:ヽ:| ヽ|   (__人__) .ノ l.
             / / l { ´´rク〈 | /´   〉 |                 ヽ lト、   . ´ー-'´/ /
                / / /八  }| ∨ ノ!     /!  、                  l ト从 ー┐ r‐:::イ:/::/
            / /イ {几こフl」__j   )}   ハ   ヽ                 ヽ| Vィ´ {X}ik'´l/!'´
                        ケイ                                  ゴ
               【初代長官・キ奚】                       【二代目長官・キ午】
                (南鮮石/2ch)                          (北鮮石/2ch)




120 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:26:45 ID:yjb1LXzz



   / ̄ ̄\
 /  ノ ヽ、\
. |   (●)(●)|
. |   (_人_)│
 |     ` ⌒´  |    わたくし、思いまするに……
  |           |
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |





┌─────────────────────────────────┐
   下命を受けた伯華は、魏絳の人柄を知っているのでさして慌てなかった。
└─────────────────────────────────┘






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   魏絳は二心のない人です。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   君のためならば危難も避けず、罪を犯せば刑罰を逃れることをいたしません。
.  |         }
.  ヽ        }    おそらく間もなくここへ参って、委細を申し上げるでしょう。
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \  わたくしにご命令を下されるまでもございますまい。
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





121 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:27:31 ID:yjb1LXzz


┌─────────────────────────────┐
   伯華の言葉が終わるか終わらないうちに、魏絳は出頭してきた。
└─────────────────────────────┘





              ,ィ7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                7.{.|:::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
            _, イ/:i V:_::::::::/::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、__
  _,  -──':´: :〃: :.ハ' ヘ::::::::::::::::::/::::::::/:::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::::ハミ='
:':.´: : : : : : : : : : : //: : : : : ヘ }:::::::::::/::::/:::::::!::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::i
: : : : : : : : : : : : :/:{: : : : : : :. ヘ::::::::/,//::!|::::::::|::::::::::}:::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::l
: : : : : : : : : : : :/: :|: : : : : : : : :.ヘ:::i、ji |:| V:::::i∨:::::i:::::::::i:::::|!::::::::::::::::/:::}
: : : : : : : : : : : i: : :l: : : : : : : : : : : :<{芯zz、V、:! i::::/::::::メ|::::ト!:::::::::::::///
: : : : : : : : : : :.i: : :.∨: : : : : : : : : : : ヽ ̄   ヾ V:::;イzzッ:/ j:::::::::::/:イ',
: : : : : : : : : : : : : : : ∨: : : : : : : , イ イ      -彳::.  .:/:::::::::/: : : ヘ          ┌──────────────────┐
: : : : : :_:_:_: : : : : : : : ∨: : r ' ´  イ        _j::::::.:-=彡i:ハ:i 7: : : : : :\            彼は配下に上書を持たせ、
: : : -- 、   ヽ: : : : : : : : :.|  ,イ:::}\ -===ニy . <//j/|:!//iノ: : : : : : : : ヽ           自身はためらいも見せずに剣を抜き、
: : : , ---ヘ   ∨: : : : : : :| / ヽヽ \__ <  /////>-'´,- ニテ`: : : : : 7          その刃の上に身を伏せようとした。
/           }: : : : : : :.| i'::::ノ }:j i:::{ r::::/   /イx<: :./ /: : : : : : : : :./       └──────────────────┘
            !: : : : : : :.!.i:-、 <:〈 〉≠〉,イ  7 /: : : :,イ  (, ---- 、: : : :/
, ィニニニヽ,   7: : : : : : ノ.{i',::::::i il〃,.::,イ   l./ i: : :,ノ            }:./
: : : : : : : :.}  /: : : : :_,.イ |.∨''´ ` ./    }' 八/ヽ   ___    //
: : : : : : : /  ``ヽ: :∧  | ∨ ./    , イ .// ,. イ: : : : :ノ ,イ:/





122 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:27:50 ID:yjb1LXzz



       ,.f"ミミヾ、
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
    ノ彡リノ/   中 \
    |リ||リ/  ─   ─ \
    (川/   (●) (●) \     ちょっと待つアル。早まってはいけません。
    ||ト|     /_人_\   |
    iリ\   §` ⌒´§ ,/
      /       | | |   ヽ        シホウ
      /   _   | | |   ヽ      【士魴】
.     {      ̄| ̄|| ̄| ̄  }    (ある夫/2ch)
     ゝ ___|_||_|_ ノ





            ______
           <ー\ヾiγ/rニミ
.            \ヾヽリ川//γ
              _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
            .( ◎)( ◎)  ..| / |
            (__人__)     .|./   /    そうだぞ。
             i⌒ ´ .r-、∴. |/  /
             {     ヽ, ',. .,/ :/',      君にその上書に目を通していただき、命令が下ってからでも遅くはあるまい。
             .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
              .ヽ . |   / , --'i|       チョウロウ
              /   {  V , --ヘ      【張老】
              |   ヽ  L| r= |   (サマーソルト・タメマチ・don't夫/2ch)




┌──────────────────────────────────────────────────┐
   たまたまその場に居た、長老とも言えるこの二人が取り押さえた事によって、魏絳の自裁は一応未遂で終わらせた。
└──────────────────────────────────────────────────┘



123 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:28:16 ID:yjb1LXzz


                  /: : : : : :      \  、\
                 -=彡:    , {:   .       ヽ  \丶
                /:/:  . ノ !l、\ : .     、_,ヽi
                  lイ: : . / ノ'、丶ニ=‐ .  ヽ‐ ´ `.ニ=‐
     ,   ̄ 丶、       l: /_ イ/l'!ハ: l: .ヽ: ! !: .  !:l   ヽヽ
   /ニニ. 、    > ._  -≠: :l : l|:l r|=l∧ : },| | ト、: | l l: .  lヽi
.   /   彡'  /l   ヽニ.lム: :l | llリ 、 (;)ヘ l//ソ:l|/=l: l//:l ゝ ',
  ∧, ,. ´  . イ  l    | |   トトトl`  三´彡'ノノt;¬!//: :l  ハ`\
. ハ/. -‐  ィ  |    | |   |ヽヽ〉      ̄「{ ミ、彡': :/:l l/      いやだ!
 {、/ 三三イ: ¬ l   | |   |レ 〉ス ,. 、_ ノ  ムルl/:/lム
 三三 / / : /人  //   |/ヘ.ヽ`__一'_ 、< ′ ̄ ´  ヽ     死なせろ!死なせてくれ!!
 ___l: :/: :└  _ //   / 〉 /`>ヽ< /       __   ハ
   , / /: : : : : ``''‐-、/ /_//:::::l レ/,. ニニニニ ¬ | {ム
    l/ /: : : : : : : : : ∧i´::::::::::f <//:::::::::::::::::::::::::| l  ヽ}
  r/ /: :/ ̄: : : : l: / l::::::::::::::\/::::::::::::::/:::::::::::ゝ\_ム
  l' /: :/: : : : : : : ̄ l  、:::::::::::::::::::::::::::::::∠ニニニ二::`ー、__}_
  | /: : l: : : : : : : : :l  ゝ二.\__/ ̄\――――---:L._
  └―‐ |: : : : : : : : |::...   , 7ーァ'´     丶、::::::::;;;:::::::::::::::::\
      |: : : : : : : : |   ,r彡' /         `ヽ、:::::::::::::::::::::::::`丶、
       |: : : : : : : : |  // /               ヽ、::::::::::::::::::::::::::::\
   __ /: : : : : : : : |  //ァ'´                丶、::::::::::::::::::::::::::\__




┌─────────────────────────────┐
   だが君命を待つ魏絳は、すきあらばまた剣で喉をつく気でいる。
└─────────────────────────────┘








   / / / / / ムV/}       ヽヽ ヽ.  ヽ
  / /   / /  {斗‐宀イ     i   ', ',  ',   '.
  {/ /  / / / / }    }    |     i i   i   i
  i / /, / / /jノ  _」    }    l l   }  }i
  {/ / / / /-‐. ニ = 、}     ,′   } }  i |  {l   ┌─────────────────────────────┐
  / , / ′/l/‐ ´_」.斗込}」  , /   / ,ハ  l |  |{      魏絳が自殺しようとしたと知った悼公は、急ぎ書面に目を通した。
 i // /トfム {  ´ -‐┴ ¬ / /   / /⌒ } ! !  !}   └─────────────────────────────┘
 {/ ハ 小l ト7       ノ //   ノ ム  / } {  l 〉
 { l iトl V     ー=彡'"´ァ‐‐イ/   ,イ ハ } //
 `l {、 V j`ト `     ノ⌒´   ̄´  f゙7イレi/ トイi//-‐ ──‐ ‐‐-  、
  \トメ/レハ ーrー__、__       / , l l |  {,」/」-‐ ¬ 二  -‐ ァ′
    ー=彡ハ  ー‐一      ノ / 」/」斗 二 -‐ ,二     /7 ′
        }         ∠/.斗  -‐ ´     / /   / //
        l、__ -‐ 二 ニ ´,ニ        / /   / / ′
     ,  .二 -─ァ」斗‐ ´      .||         ./ /   / 〃
.   // . -‐ァ´/         .||        / /   / 〃
 // /   //ヘ          ||     ,' ′  / 〃
/ /. ィ´   //  vハ           ||     l {   / 〃





124 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:28:35 ID:yjb1LXzz






                     ____
                 〃´/   7ヽ,
                 // /  / .//}
                   // /  / .// /' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄'7
               // /  / .// /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //
                  // /  / .// /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //
      ┌─────────────────────────────┐   //  //  //
           そこには司馬の職を忠実に果たそうとする烈々たる志操と、        //  //  //
         一身をなげうって君主に仕えようとする赤心がありありと見えた。       //  //
       └─────────────────────────────┘/  //  //
.             // /  / .// /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //
           //_/__/_.// /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //
         〃ィ7三ミヾ//./  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //
         {l「({{句j刈}}./  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //
         ヾ弋沁少ィjリ_,ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'___//
          ヾ=一"'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー'ー'′









125 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:28:54 ID:yjb1LXzz





                              :|
                             o       γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                              .;        l   おお、なんということだ………
                          O       ヽ、___________________
                           :
                           i
                           ;
                              .|
                           |
                           |:
                           。
                           |
                                !
  ┌────────────┐     :|
     悼公は烈しく感動した。        :
  └────────────┘     :!
                              .;: 。
                           、  .  |   .。
                            ゚ ,、人,、'
                         `^⌒^´







126 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:29:26 ID:yjb1LXzz


┌────────────────────┐
   書を置くとそのまま裸足で飛び出して行き、
└────────────────────┘

                /:|:::::::::i::::;iく ゙i;:lll!::::|||!
                  i::::::i::::::|;ィi|liリ  l::ii|:i:lil!
                  ゙-|--イilliil/   |||:||:|:l
                 ゙ー!´    ll:::i||:|!
                           |:|::l:!|
                          |:||!!:
                           l iil!
                          ||i!
                             |l



                                ┌─────────────┐
                                   自ら魏絳の死を妨げた。
                                └─────────────┘




  |\     /\     / |   //  /
_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
\                     /
∠     死ぬな、魏絳!      >
/_                 _ \
 ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
  //   |/     \/     \|
.          / / /. /. : : :/:/: :/ : /: : !: : :!: :!: : : : : : : : : : : : : : : :
        |/ /. /. : : : :/ / : ,′/: : : !: : :!: :!: : : \ : : : : : : : : : : :
        /. : /. : : : : : :{: :!: :|:|: : | : }: :l i: : ト、 ヽ: : : : : : : : : :
          { : : i: : : /:{: : :|: :!: : |: : |: : : :|: :厶孑!:メj: :ヽ: :ヽ、L: : |: : :
        ',: :|: /: ∧: :ト、|: :|: :|: : : :!:/ ,心l∧!: : /: :|:ーr─:r一
         ヽ八/: /: : ゝ≠メ、:ト、: ト、: : !代じ歹 ,j: / } : }: :rヘ: : }: :
        、_ ノ. イ: : :i:fi 之小| ヾ ヽ|ミ=≠=彡イ^7: /: /^ヽV. : :
         `¨¨{ |: : トl代歹ノ       Y⌒´`ヾf.厶//)  /. : : :
            ヽト、: : 、_うfハ      i!    i! ´ (  ノ. : : :(          |\     /\     / |   //  /
              1: :| ¦ _ . -‐‐-、i!、   i!___ .∠ :_:_:_:_:_:_ヽ       _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
             _ノ-小、i!  Vル'´ ̄`ヾ、ヾ. /  ______        \                     /
               厶ノo`ヾ ヽ::::/⌒⌒ヽ i! | /  _____        ∠    君よ!お放し下さい!    >
       ___    {/i! (ヽ、 }:::{    _j|! i! | {  {               /_                 _ \
r‐f^i⌒'⌒>、      ̄ ̄ ̄`o゚ ヽV^二二.ノi! i!∧ ∨∧               ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
ゝ`ー`ーく . ⌒ヽ         ∨∧`⌒`  //  ', ∨∧                //   |/     \/     \|
      `ゝく⌒ハ        ゚    ∨∧゚o=≦ , '    '. ∨
        i‐┼}、           ∨∧ トo、{    i  ¦
         L斗1 二二二二二二厶 ヽト、ヽ 、   | | |
        | i | | ト、            ヽ.| ヾヽ\  | | |




127 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:30:06 ID:yjb1LXzz




               /    /   /  `V  \
              ,   ,    / /i ,fV ハ ヽ.  ヽ
               ,′/   /  /   l {ハ/ ',   ,  ',
            / / /  /  //  } f`'ヘ }  ',   }
                {  i /  /  // ,' /八{  l!  i ,'、      まことにすまぬ。
            」 !i′ // /i/}ムイ/ ___j/!   }/ミ、ヽ、
          / 乂j  { i リ云ミく` 'ーァ云ミv , /{   ヽヘ、   弟のことはわたしの教訓が至らなかったせいだ。
          /     仆、 Ⅳ`^~`    ´~^ア / / ,′    vハ
         {{     从 ヽ {__,     {    彡'/イ /     } }   この上汝を自殺させれば、わたしは過失を重ねることになる。
        vヘ     ヘ、 iト、      ′   {///     /〃
         ヽヘ.     ノi iト、  -‐一‐-  ,イ {      /,イ
           lヽヘ、   rヘjト、\  ´ ̄  /ノイハ.     //!    たのむ、これ以上わたしに過失を重ねさせないでくれ。
           l  vハ r‐┤  ヽ、_ヽ.__∠ __/  ト、  //  l
         ノ ∧ }j  '、  / /     ',  ',  ノ  V'/ 「i {
    _.. -‐¬ 〈/vハ  ヽ/  {     }   }/  //   L! 〉‐-  .._
二二 _ .. -‐¬、    vハ.   l    ',     j  l    //    /‐-   .._ 二二二
f!  ̄        l    } }  l     '.     ハ   !   i ト、   ,′      ̄ ̄ ̄f!
|!          l 辷」 l l\ l     ,   ,′   !   ,{ {\> ′           ||
|!         }    } }  f!    V⌒{   f!/ l l   {             ||









     |. }   { /:::::::::::::::::\::::::}   { |
     ヽ|.   |/:::::::::::::::::::::::::\|.   |ノ
.      |   |::::::::::::::::::::::::::::::::::l   |            ┌────────────────┐
      !  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::!  l               と、手もつかんばかりに言った。
      |   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!  !、           └────────────────┘
    /, r- ヽ::::: :::::::::::::::::::::::::i  、、\
     !L{」_厂ゝ):  :::::::::::::::::::(.{⌒)_},},リ





128 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:30:37 ID:yjb1LXzz



           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:\
            {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::ヘヾ,
           ∨:::::::::::::::::::::::::::〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧、::::::::::::::::::::::} リ
              }::::::::::::::::::::::::::::iV::::::i:::::、::::::::::::::::::::::::::::::iV::::::::i:::::::::::!
          ヾ==|::::::::::::::::::::::i::::| V::::i 、:::ヘヽ:::::::::::::::::::::::}ィi::::::::i:::::j::::::ヽ-ノ
           ノ:|!:::::::::::::::::::i::::{ ∨ハ \:ヘ \::i、::::::i::/,...|::::/i:::/``-'
          /| .N:::::::::::::::∧、ヘ ニヾf_¨¨`ヾ==キ!::::,ィテ /::/.// ∧
         / .ハ  ∧:::iヽ::::::∧.ィ´{示zテ`゙    j/ ̄´,'}リヾイ   i
        /    V  ヽ{: i,`ヽ、ヽ、  ̄´        l:.  八     .!    もったいなき…
    ,. イ         V   \ヽヽ``ヾ           冫.イ-----t-z-イ
 , イ          }      .\ ヽ_     ,_-__ュ .イ/!     j i |      お言葉…!
'´          /iヽ      .>x > .   /.//j |    / i .|
          , イ  Vヽ、       |: :.| /: :7/j:j.//ノ<j} /://.j .|   ._
       /      .i:|ヽ    |___|,/イイ//i./ / /iヾ==イ'//| .|   / :>~ヽ,ィヘ
      /        ,i i_ \   .|ヽ__/////i.j / / |ト、 .| // i |  / イ . イ _, イ⌒i
---- 、 /         7ゝイ `ヽ、∧.l///////j .|' / .|.iヽ = イ i | | /        ノ !
     `ヽ、         ∪.||`ヽ、 ミr、//////j /´ /__.V .j   | | |ノ        ノヽ,ノ
       ヽ、 '、     ! ||    ̄ i |//////j.|  /// i l .l   | |./         }<



┌────────────────────────────┐
   魏絳は剣を放し、肩を震わせた。彼もまた感動したのである。
└────────────────────────────┘






          ,.f"ミミヾ、
        f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
       ノ彡リノ/  中  \
       |リ||リ/ ─   ─ \
      .(川/ o゚(⌒) (⌒)゚o \
      ||ト|     /_人_\    .|    いやいや、良かったアル。
       .iリ\.  § `⌒´ §  ,/
.           /    | | |    `、
         /      .| | |       、
          {    ̄| ̄|| ̄| ̄   }
.          ゝ __|_||_|__ ノ




  ______
 <ー\ヾiγ/rニミ
.  \ヾヽリ川//γ
.   /   _ノ   \
   |   ( ◎)(◎)
.  |     (__人__)
   | ∴∵ ` ⌒´ノ    まったくだぜ。
.   |         }
.   ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \




129 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:31:19 ID:yjb1LXzz


┌─────────────────┐
   悼公はこの時、即位三年目である。
└─────────────────┘





                     / /  /  / /        ` ,  }   ハ
                    /  / /   /ノ /   / /  /    、   ,
                      l  // /  /´ /    / ト、_j1 l ,   V  ┌─────────────────────────┐
                    | /,'  /  / / /  /! / j   ! | }   }!         レイ           チュウコウ ジュン
                   l!/   l  / / / / , / ハ !  j! l !    l   前君主の厲公を暗殺した欒氏と中行氏(荀氏の本家)に
                  |    ! l /,イ/ ,イ/1l |j  /イ !j! l  ,   迎えられて立っただけに、
                  l|! 、 l  !≠/7升-ノ !l, -─'/レ!十 ,  !   大臣たちの腹の黒さを不安に感じる時もある。
                  ハ l  , ∨l|辷≧r、7 ' , | _ ィた/ア /  / └─────────────────────────┘
                  / l ト、 \,jl       l     `¨´ / 7//!'/
                     /  !l__ゝ 、\       .:|       7 /ソ /
                  r≠ヘ \ト、ヘ      .::|     /イ´ /ト、
                 //::::::::::::::::!Nト、{`     :!'    /'7/ //::j:\' ,
                   | |::::::::::::::::::l:リ! \ -==== 、 , イ! ,//::::::::::::| |
                   | ト、:::::::::::::, -l! ', \  ̄ ̄  / /イ ノ:::::::::::://
                   ト、 ',:::::::::::|   \!   、__/  7- ,:::::::::::::::://:|
                ノ:/!ヘ',r-y'  、  `> 、   , -r'´  ,:::::::::://::::!
               /:://::::ヘ',Y     /   `Y⌒、 l ',   ト、::://::「|:',
              イ::://::::::::::ヘ,ヘ ,   7    !  l |! ハ/  l7'/:::::| ',::'、
         _ ,.  '´ |:::l/:::::::::::::::ヘ ヘ  7´!     |      Y 7 /::::::::\',:::Yー- .,__
_ - ─ '"´      j:::::::::::::::::::/7ヘ ヘ/ /         /   ∨'/:ト、:::::::::::\! l      ̄`ー-- 、





┌─────────────────────────────────────────────────────┐
   だがこの賢明な君主は、そうした不安や疑心を大臣たちの前では一切見せず、ましてや偏った重用をついぞした事がない。
└─────────────────────────────────────────────────────┘



130 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:31:49 ID:yjb1LXzz


┌───────────────────────────────┐
   そんな中で、この事件以降魏絳は悼公にとって特別な存在になった。
└───────────────────────────────┘



                           ___ _ 、 ヽ
                          _,. -─'"`ー-::,ヽ,}l _,.-
                        _,ィ´":.,:.-:.─:.:.:-:.:.:.:.:!:.:`⌒≦、
                        _zフ'"´,.‐'´:.:.:.:.:._,.-‐'´.:.:.:.!:.:.、:.:.:.:二ヽ、
                     ,イ/ ' _,.:.:.:.:.:.:/'",:.:.:.:.:.:.:.:l:::}:::::::. ̄≧,:ヽ
                    /'/´:.:/:.:.:.:.://':.:.:./:.:.:.:.:.l::::l:::::::::::.:`ヽ、ヘ
                    イ:./:.‐---':.:./:./:./:./:.:.:/ !:.lノ:!ヽ:::ヽ:\:.ヽア
                    フ:{:.:/ノ:.フ:.7:./:.:/:.{:.:.:./!:.lノノ::l:ヽヘ::::!:::::}:ヽ}
                      /:/:/:/:.:./:.:l:.:{:.:.{:.:.:l:.ー‐rイl:::::ハ:::l::l::::l::::::l:::}:j
                     ノ:.l_,ソ!:.:.l:.:.j!:/!:.:l:.:. l:.:.:.:.:.j:.:/l::/:::::}!:j!:.}::::::l}::!l
                     卞:イ、ヽ:lVチ=l:.lzl::lヽ.:.:.:.ハj/:/ノ::ノ斗r:::l:::/j
                    ヽ!ヽ:ヽ:.! r千ォzミヽヘヽ:.:l !/i≦チ,rヘノノノ'´
                     `ヘr≦ヽ}丐fェ!、:::ヾ{_ イrf月}ノイ彳〉
                        ヽ,l  ̄ ̄´ .::l `   ̄ ̄´ j_ノN
                         ヽ      ::|       /_,. -──‐,
                      _,. -、ノ:.\   __'__    / .| r───l
                     匸゙'.r-´ヽ  jヽ、´ ー-`' /r、__,| |:: :: :: .:::::|
                      l:::| |:::.::::.:::.lニz、` 、__,/z=〆 : :| |:: :: .: ::::::|_    _,. -──- 、
                      | :| |::.::::.:::: l:::::::`ヾ'/:::::::::::::`:::了| ヽ::.:::::::/,> '":: .::::: .:: :: :: :: ゙,
                      |:/..|:.::::.::/j::r-,:::j' }::: ィ-ヘ:::::/ | /.:::,.-‐'":: :: :: ..::::::: . :: :: :: :: :: l
                      |ヽ |:::/ /:{!^l }::lイ::l /⌒!}:/ ,.゙ /.::/:: :: :: :: .:::::: .:: :: :: :: ..::::::::::::.j
                  ___,.ノ}::| |´   /::::::/j::/ !::{ l::::::::/  ノ l:: :: :: :: :: .:::ィ, :: ::_.:::::::::::::::::::::_,.ノ- ─- 、
             r-─'´ ̄:: :: :: ::j: :| |  /:::::::ヽ!::V::/ノ::::::/.,_ j l:: :: :: :: :://,/:::::_,.-ニZ-''"ノ:: :: ..:: :: ::.ヽ
              | :: :: :: :: :: :: :: :: :::::| |r‐7、:::::::::::!l:::〆:::::::/  Y /:: :: :: :/ /'´:: ::_〆"´::j ,.- '´::::::::::::::::::::::::..ヽ
              |:: :: :: ::.::/:: :: :: :: ::j |  l  }:::::::j /:::::/7   / /: :: :: ノ"´〈:ノフ:: :: ..:::_/´,. - ── - .,_::::::::::::ヽ
              |::. ::::::ノ:: ::l!:: :: :: / j  !  `ー'´ 'ー'〃  / /:: :: :: _≫'´ ノ-‐- .,___::____ヽ、:::::::. `ヽ.,_::::::ヽ
              |::::::/:/:: :} l:: :: :,゙ l l!  ,.、  r-., ,/   /- 、ゝ'"´:: 'ー .,_      __,. -‐-、 ヽ、::::::::::.. ::`'ー-、
              |::/:: ,/、:: :l .|:: ::/ /  |、_/:::://:::::// r-くゝィ_二= - ── '、 ̄t ̄  /' _,.-、ヽ ヽ,:::::::::::::::::::.. ::
               ソ:: :/  |::/ l:: :/ /  |::::::: //:::::'rー'´ィ'"´ ___,.イr,    __/ヽ -‐'""´   `ヽヽ\::::::::::::::::::::



┌─────────────────────────────────┐
   帰国するとすぐに魏絳のために礼席を設け、新軍の佐(副将)に抜擢した。
└─────────────────────────────────┘



131 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:32:12 ID:yjb1LXzz


┌────────────────────────────────────────────┐
   もともと悼公は臣下の言をよく聞く人であるが、特に魏絳の言う事ならば素直に実行に移そうとした。
   このことからも、この主従関係は格別な濃度を持っていたのだろう。
└────────────────────────────────────────────┘




                      _ ‐"´ ̄ ヽ/ ヽ
                   ,. ,'"'´  / ̄ メ `ヽ \
                   //   //   /| , -、  ヽ
                / /   / /   ∧|/ヽ ヽ  ヽ
                   /〃   /  / /〃 |ヽ| ∧ハ ∧ ハ
               / ,' / / /  /〃/ | l 「`゙ ̄j ハ ∧` }
               ,' '/ l l  /〃/ |/l {    j ハ ∨}
                | |l  | | 〃/イ | | |八 _ ,,. 孑<l |l }ニ ‐ 、
              Ⅵ /| lフ/干〒ミミ、ン/イァ元タイ l| |l リ::::`ヽ、\
               ∨l | ∨|ゼ芹テ、  !  ` ̄  | //レ′:::::::::::\ヽ
               /ノ| |ヽ\\       l     ノイ/::::::::::::::::::::::::ハ }
             //::::::::\ミ\`ヽ       i      カ{{::::::::::::::::::::::::::/リ
               //::::::::::::::::`Yfヘ)ノ       '     / ハ!::::::::::::::::::::::://
            | l::::::::::::::::::::::乂ハ\  ‐=二. -^´./ |リ:::::::::::::::::::::::://
            |〔::::::::::::::::::::::::::::`', `ヽ.     / _|r‐、::::::::::::::,.イノ,′
            | l::::::::::::::::::::::::/ヌ,__ ヽ--‐'_r'"´  く:::::::::;.イ/:::|
               | l::::::::::::::::::::_冫-/ r└‐ア´ /:|:. _二-┴//::/|:::!
             |l l:::::::::::::::::/ {. / /:.:/:/  :{://   / ,〈:::::::| |:::{
             |::l l:::::::::::;/  V /: ´ /  .:|′___   / /:::::::::::{ {:::;≧、__
            ,,|::::l l:::rイ人 /{ {:  /   :| ̄ _ / /::∧:::::: ∨{ 、 _  ̄"''‐- 、、,,_
 ,,..、、、   --─'''''"´ ]:::}}Ⅳ ハ /   {:. /     :|~ ̄ / /:::::Vヘ:::::::::/丶 、,,_` " '''' …‐ -  ̄ ニ ニ=ヽ
´_   ___,,,...、、 -‐''"´ |:::}}ヘV  {    '、 {     .:|ー// /::::::::::Vヘ:::/        ̄/"''''' …─ - - ---r┘




┌──────────────────────────────────────┐
   この時、叔向もまた従軍して曲梁の地に居たので、この一連の出来事を知っている。
└──────────────────────────────────────┘




132 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:32:33 ID:yjb1LXzz


┌───────── ─ -‐‐
└───────────── ─ -‐‐

┌─────────────── ─ -‐‐
└───────────────────
┌────────────────────── ─ -‐‐

└───────────────────────── ─ -‐‐

┌────────────────────────────── ─ -‐‐
└────────────────────────── ─ -‐‐






        ___
     /      \
   /⌒   ⌒   \
  /(● ) (● )   \
  | ⌒(__人__)⌒      |
  \   `⌒ ´     /
    /            ⌒ヽ   あの曲梁の事件から、もう七年かお。
  / _        /  |
  '、__ヽ (  ̄ ̄ _/   早いものだお。
  /   \  / ̄ ̄ヽ  .|
  |   、   |      |
  、   \__|    | /
   \_  |  | _ /~´
   (__/  (__)





133 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:32:53 ID:yjb1LXzz



  +       ______  *
    i      r〃〃〃 f7⌒ろ)
  __人__     l∥∥∥ ||   f灯 +
   `Y´      |∥∥∥ ||   | |    *
    !       |儿儿儿._」  ⊥厶      i
      *   〔__o____o_≦ト、     __人__
                  +       `Y´
                          !







       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \   名残惜しいけど、何時までも眺めているわけにもいかないお。
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /  …さ、もうかえるお。
     ゝ  ノ
   /   /





134 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:33:25 ID:yjb1LXzz




 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!──、 l;;;l:::| ̄|``'.、     │[二二]::|:::::::::::::::
────┬────┬ヽ;;;;;;;l:::|  |∥|       ヽ├┤: :|:::::::::::::::
────┴────┘  i_;;;l:::| |  /        |;;;;|  |: : |:::::::::::::::
_________,_:::::::::::│l:::|─!/....       |;;;;|─|: : |:::::::::::::::
        |       i: : :l:::::::::l::::|/::::::::::::::::......ヽ |;;;;|  |: : |``'‐.、
ー───┴──┴ :: : l:::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ┘| ̄ |: : | / ̄ ``
______      :::::::l::::::::::.i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::ヽ | , ‐´─/ √|::::
::::::::::::::::::``'‐|_├─イ:/::::::::         ::::\\::::::/  l:::::/::::::
     :::::::::::::::``'‐──ノ               ハ ヽ ノ─ヽ:::::
          _,,.. - ´      ____      )_〕 }  ヽ:::::::::
      _,,. - ´         /      \    / 丿 ) 丶
 _,,. - ´            /─    ─  \ / . / f
               / (●) (●)    \ 〈    (あの時の魏絳殿のすばやい判断は、本当に見事の一言に尽きるお。
               |    (__人__)       | /
               \.   `⌒ ´      //      それにも増して、兄上の魏絳殿の有り様を正しく見抜いて、
               / !::::         ヘ
                   ゝ_|::::       ヘ  ハ      君主に向かって忌憚なくその意見を言える、態度の見事さ。
                    |::::          \/
                    |::::        |         僕もかくありたいものだ。)
                      ヘ::::: /       i
          キュム キュム  \: |     /
                   ヘ\_/|
                    \_/





135 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:33:44 ID:yjb1LXzz


: : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : ::::: : : : : :::: : : : ::::::: : : : : : : : : : : : : :
:::::::::: : : : : : :: : : : : :^^:::::::::::::カア:::::: : : ::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
::::::::::::::::::: ::::::: : : : : : : : ^^: : :::::::::::::::                       : ::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::カア:::::::::^^::::::::: ^^:::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: :::::::: : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;::;;;;;::::::::::::::::::::::::::: ::i;;:::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::      : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;:: ; ;ii;;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  / ̄ ̄ヽ      :::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::
;彡ミ;ミ〃ヾ     ; ;;;ixi;;;     ;;:;;;;;;;;;;:::::::i彡::;::;: l     | :;;:::::;:::  :;___  ;  :;    ;:::::
`ミ、;彡`i、ミ`,,,,----"ix;i;;^^^^^^^^^ーー----ミ彡i;::^^^`ー-__,,-^,;ミミ;^^'''^iiiiiiiiiiiiiiii ̄`''''ーーー´`-''';:
;`i:i`ミ彡、;:;ミ 〃;:ixxi;;(,;:,ゞ;:〃:;ヽ'fl;;;;;;ミミミ彡ミ        ミ彡ミ iiiiiiiii;、;;、、、;;;;、、、.、、、
ミ;i:i;;;、、`、;ヽ ;:;;;〃;ixxxi ;;;,;:,ゞ;:〃:;ヽ'l;;;;;;彡i〃巛i;、      ミ彡ミ;;;;(,;:,ゞ;:〃:;ヽ'fl丶、、';;;丶;;丶




                     ____
                 /     \
               /  ⌒  ⌒ \
              /   (●) (●) \
              |     (__人__)   |   (きっと一生のうちには抜き差しならず、
              \_    `⌒´  _/
             /         ヽ      人としての真影を見せねばならぬ時が一度はあるんだお。
            /  /        |
            \  \        |\     魏絳殿も兄上も、その人格の高さを際立たせる時に恵まれたお。
             (JJJ)       |JJ)
                ヽ       |       僕にもいつかそういう時が来るのだろうか。
                 /\  \/
                く  /  /         その時には、兄上ほど鮮烈な清心を見せられるのだろうか……)
                (_/ヽ_⌒)




136 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:34:18 ID:yjb1LXzz


         ____
       /⌒  ー\
      /(● ) (● )\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \    (…清心、などと考えるとは、父上に似てきたかな。
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /     僕の羊舌の血がそうさせるのだろうか。)
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'        ……あれ?
         |      /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......






::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........   :::::::::::::::::........
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;―''''' ̄ ̄'''''―;;;;;::::::::::::::::::::::::::.........  :::::::::::::::::::::::........
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ,,,,,―''''' ̄ ̄'''''―`;;,::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;――'''''''''''' ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ . /            \ ‐ '''''''''''' ̄ ̄ ,,,,,,,,,,――'''''''''''' ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;――'''''''''''' ̄ ̄丶/  ,,,,,―''''' ̄ ̄'''''―,,,,  `,ー'''''''''''' ̄ ̄
――'''''''''''' ̄ ̄,,,,,,,,,,――'''''''''''' ̄ ̄''''|   /i:: i  i:: i  i:: i  i:: i ヽ |
――'''''''''''' ̄ ̄              |  ,| .i:: i  i:: i  i:: i  i:: i
                      |  ,| .i:: i  i:: i  i:: i 
                      |  ,| .i:: i  i:: i 
                      |  ,| .i:: i        , -‐ー- 、─、─、-、
                      |  ,|          / , ニニニ 、ヽ ' , ', ヽ
                      |            | l::::::::::::::::::l |   ;  ; |
                              ∧,,∧ | l::::::∧,,∧ |   ;  ; |    ザッ……
                              /・・ ヽ | l:::::/・・ ヽ |   ;  ; |
                              (ω ノ ⌒ヽ (ω ノ  ⌒ヽ.,-‐'!
                              /ヽ /  ノ ̄/ヽ /  ノ`i_.iイ
                              ( へ /|.|:「~( へ /|.| |:{}|. !j
                              ヽヽ| | .Uレ   ヽヽ| | .U i_ッ
                                | |       | |
                                 U       U




      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \
 /  (__人_,)    \    (馬車?今から買い物かお?
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/     もうすぐ市場も閉まるというのに……。)
    ゝ  ノ
  /   /




137 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:34:47 ID:yjb1LXzz


┌────────────────────────────────────┐
   市場の門も閉じようという今から市中に入ろうとする者に、叔向は興味を覚えた。
└────────────────────────────────────┘




       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   (一体どんな人なのか見てみるお!)
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄






┌─────────────────────────┐
   馬車から降りた男女の影が二つ、叔向に近付いてくる。
└─────────────────────────┘




        ,. - ‐:..、                 ,.:‐:-‐:、
       ,':::::::::::::::::::',                 i'::::::::::::::::',
.         !:::::::::::::::::::;'                   '、::::::::::::;:'
     _ ..-':::::::::::::::::':‐...、              _,':::::::::'、
    ,.:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ,.:'´:::::::::::::::::`ヽ
   ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',            i::::::::::::::::::::::::::::::::!
   ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',          !::::::::::::::::::::::::::::::::i
  ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',       i:::::::::::::::::::::::::::::::::i
  .i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',       i::::::::::::::::::::::::::::::;:'
  ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!         ヽ::::::::::::::::::::::::;'
   ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'        ,'::::::::::::::::::::::i




138 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:35:15 ID:yjb1LXzz




       ___     て
     / ⌒  ⌒\  て
    / (○)  (○) \             ┌──────────────────┐
  /   ///(__人__)/// \               叔向の目が、女の目と眉をとらえた。
  |   u.   `Y⌒y'´    |            └──────────────────┘
   \      ゛ー ′   ,/
    /      ー‐    ィ          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              / . i :i: :i .i: . : : ハ:|  ̄|ハ: : :ト、 ハ
                              /i : :i :i: . |:ハ : : : |´l|,≠㍉V: |fハ:|
                         .    i ハ: :、: :i: : l'‐-ヽ: : | ノ'弋__リ|ル'ノハ
                         .    ゝハ:、:ヽ:\|代t㍉、|   `¨´  r1:从
                               ヽi丶、: : 戈tタ !      / V
                         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            、 〈     ̄  '´... イ:从                ┌────────────────────────┐
            ヽ t.ュ      / 从/                     そして次に鼻、次に唇と、一種のうちに克明に見た。
               \__  、´ /  {                  └────────────────────────┘
                  ハ /   ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





139 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:35:51 ID:yjb1LXzz


┌────────────────────────────┐
   そうせざるを得なかった。
   女は類まれな美貌で、叔向の視線を強く吸い寄せたのである。
└────────────────────────────┘



                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ,
                      Z::::::::::::::::::::::::Z三:::::::::::::::レi
                       ヽ::::::::::::::::::ィ^}:;-―‐z::::く
                        i:::::;ィィ:イ //´ 、 \从ト
                       ノ"´   U    fマ/
                     __/ ̄`ヽ.  /{      l
              . 、____/   ̄`ヽ \、ゝ  -‐┘
            / ,       , ̄ ̄ ̄` \ ヽ、/´                . -―-―- .
           ,  /        /        `ー--- 、            /... .. :.. .: : .:.:.:.:.:. `ヽ、
          ,、{ ,      /           / ̄.}          ,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:::.:.:.:.:.`、
           fi ゝi       /             /   /          /:.:.:.:.:./:::/::.::/;ハ::::::.::.:::i::.::.:.:::',
        /   . |     /         /    /          !l:.:.!:.:/:::イ:::://-―ヽ:l:::::::|:::::::::::|
      _  ´    _l    /      、  /    , '           | !::{斗:く.|::/  rテ示.}ハ:::リ、::::::::l
   _   ´     / |    ,         ヽ {   ::..イ             い::l;イrY   いソ j:/.ハ:::リ
,r'"´     _ '´   |   ,           `〉    /              ヽ:::いtリ   `"¨´ ′ン/:/{
ゝ    r''"´      |            /    /、               `i`〈         ィ::::{
.丶    ',      ,rl.   '         /    /                 ヽ. っ    /_ヘゝ'`
  ヽ     、 .へヘ/:ノ::::... '         ,    '                    \  ,._ '-‐´-‐`┐
  丶    V / {:::::::::::::/:..        .{    {                     `´/'´  ___,ヽ
                                                 /'"¨ ̄    |\
                                            ,.-‐.ニ´          |.  丶
                                            l     ヽ         l   \
                                            |     ',         |     〉
                                            l      l             /
                                             l      l            /
                                             !     ヽ       l     ,'{
                                             〉     //       l   /r′
                                             (     {        l   '|
                                              }    |      l   / !







140 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:37:08 ID:yjb1LXzz



       //: : . : :  . . : . . : :i:、 :  ヽ  /.水    ペコリ
       //: : . : : : . : /. : . : : : ノ~V: . : : i // /|ヽ
.      i/{: : : : : : : /: : : :イィ: /  V: : : :i{ ∨/|.ハ
.      i' i: : : : : ∠|: //// ̄ ̄!: : :|: >イ|j.| L
        ゝ: : : ムニi/、 /´不ニ癶|:i: :ル'  L...jT
        \ :{弋_t |   弋z之 j:ル'  f ノノ.| |八
          ``i ̄ ノ       ノ′  _/:从リ           ┌──────────────────────┐
           、 ヽ        /j: : |/                うるんだ大きな瞳、細く弧を描いた眉、
                \`二¨¨ ´  /  从/l                 少し気取りを見せるが、気高さも感じさせる鼻、
               \   . ´    ィへ                 艶があって形のよい唇。
                ‐ く    //f水ハ _            └──────────────────────┘
                 ハ  //水} / \
               //j}.//水f t/      \









          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (○) (○) \
     |    ///(__人__)/// |
      \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/




┌──────────────────────────────────────┐
   叔向は出口に向かって一歩踏み出し、彼女の顔を脳裏に描こうとした。
   だが、それら部分部分が独自の美しさを放ち、なかなか脳裏でひとつの貌にならない。
└──────────────────────────────────────┘





          ____
        /      \
       ─   ─    \
      (○)  ( ○)      \
      |/(__人__)////     |
       \` ⌒´       /
  (´ (..,,___ / ー‐       ヽ    クルッ
  ` ー--  /            `





141 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/09/21(水) 22:37:32 ID:yjb1LXzz



π:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::\\::|| ;;;;;;;;;|:::|)=、__
::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::\\ ;;;;;;|:::|__|゙l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::\\:::| | l:ヽ\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ::::: \:| | l`ll.゙ミ\                      (゙;;(゙;;,,, ;;)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ::::| | l__ll`ll.゙ミ\                ,,,,  (,;;;; ,,,,,;;;;;;;;;;;);;;;;)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | | l │]|[]|ミ.\             (゙;;;,,,, (゙;;;;;;;;;;;;,,, ,,;;; ;;;;,;>)
___________ _ _ _ _ ! | |i|''''|i|  l“』 :'ヽ\        :::::) ゞ;,,;;;;,,,,ヾ ;;;;;;;;;,,,,,  ,,,,;;;)::;;llir)
:::::::::::::::| \             \!|i|'.'.|i|'.'.|i| 』l| 』;;;;ヽlll     (::::::::::)::(;;,, ,;;, ゙'、 ;;;;;;;;;; ,,,;;;;;li;;;;l;;;/
:::::::::::::::|   \_________\!.,|i|,,,,|i| 』l| 』 'lr-、゙ll    ゞ,,,;;;;;;,ノゞ,,,;;;;;;,,, ゞ,,;;;;;;リ(;;;;;;;;(丿
:::::::::::::::| ̄ ̄ ̄ヽ~~~~~~~~~ヽ:..,,,,|i| 』l| 』!』l| 』|    ヾ_;iil;;' ゛ヾ_;;iil;;' ~゙ヾ;;:il;;;レ';''''''゙~
:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | |:: |/|l!i!i!|. lllllllll-l::l:::l | .|   ,,-、 |;:|.     |,ii!     l;l;ii;/
:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | |:: |_|l!i!i!|. lllllllll'll:.l:;;l,,''l,,-"   丶ヽ,|;:|ヽ     |;lil     |;i|ll|
:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | |".|  |l!i!i!i ̄~l;;;;;;;∩;,-"      \ヽ、~:;;,,,,、ーl;li;|ーァ、 l;iil;;!
__ .. .--|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | | |  |l!i!i!|  |;;;;-"           \r'''ヽ, ll~~ll~~ll~~ll|lil;;:l--ヽ,
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | | |  l:i!:!|l,- "               \γ'ヽ、,`ll\~~ll|;lli;;|~, ll\,
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | | |,,,.-"                    \γ'ヽ||,;; ll~~ll~~ll~~ll~~ll
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,| | ,.-- "                          """""""~~~~~~~~~~~~~~
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,.. .-- "
!.    |;;;,,,,.. .-- "
!,,,,.. .-- "



┌────────────────────────┐
   振り返ったが、そこにはすでに二人の影はなかった。
└────────────────────────┘



142 : ◆X0w9eXOmmQ [sage] 投稿日:11/09/21(水) 22:38:10 ID:yjb1LXzz

今日はここまでです。
ではまた来週☆


143 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:11/09/21(水) 22:44:55 ID:RtZ7vBzR

乙ー

盗んだ羊を食わなければそれでいいのか?とは思った


144 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:11/09/21(水) 23:01:04 ID:6H9zgRy9

乙ー。

伯華がやらない夫とはベストマッチングだなぁw

叔姫はどうもね…
強情というかなんというか





第五話 その2へ進む




第四話 最終回へ戻る




まとめ一覧へ




 
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する