合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

スポンサーサイト


タグ:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    前の記事『やる夫は、サムライの翼を撮り続けるようです 第一部 第三章 その1』  
    次の記事『やる夫は、サムライの翼を撮り続けるようです 第一部 第二章 中編オマケ』  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫は、サムライの翼を撮り続けるようです 第一部 第二章 後編


タグ:
552 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:09:46 ID:0EhDMGj.


     ./'!   /!
     / / .//
    ./ / //― 、
    ゝ !┤/____ ヽ
   }>代理-―――- ゙」,
   /, , /、ヽ ヽ_ゝ ヽ、`ヽ    皆様こんばんわ!大変長らくお待たせいたしました。
  / //メ、!ヽヾ、{ィ:::l\ },.n'_    今日は第一部 第二章後編を投下いたします。
  ゝ| | !ィ=    ー'  ,y'〃)   
    ヽ|ヽ   ' /\ ノ/\`ヽ,
     |ル'` ‐-\_,ノ'´ゝノ |  j
       <´ゞー‐'´ノl ヽ、'、_,
        `/`ー‐'゛, ヘ  `ー'´
        /ヾ____,.ノ\
       (ニ/    \ニ)


553 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:11:10 ID:0EhDMGj.

           , '"´`>、 , '"´`>、
          / /   /  /   \__
 _r‐‐ァ''"´ ̄`>! ./   __| /       \_`>
/::::/    /ト、|/ァ'"´::::::::|/ ̄|>.、
:::/     /:::/ ー>代理<-‐   `7:::::':.、
/   _,,.∠ -'─::::''''''''""""´ ̄ ̄ ̄`゙゙゙''''::ー- ..,,,_
rr''"´:::::::::::::::::::::::_;;:: -‐ '''"´ ̄ ̄ ̄` 、::::::::::::::::::::`::..、
/、:::::::::::::::::::;: ''"/  /    !   ハ   .\::::::::::::::::::::::〉
  ' 、:::::::::/  /    |  ト 、 |_ /| |  |   ∨::::::::::::/
 /!:>/    | ‐-/.∧  ! ヽ! / ト|  |   |--‐<、      それでは投下いたします。
/ ./|//  ,   ! 7´l`メ\|  ァ─-、 !  |   '、\  \     はじまり、はじまり。
  |   .! /|  .! /!、j_,リ       ,.,./  ,'    ヽ.. \  \.__
  |  ∨、.!  |,ハ ,.,.   '      /  /       ':, \. ∨
  |    ,|/  ,!      -‐ '  /  /    /    ,ハ  ハ  |〉
  ',   /    /.ト 、;'´|     ,.イ  /|  /    ∧ ! |::!  |}
  \/  /   .!  ,! !,>r< !/ >--─‐ く ∨ |/ /
    !/|/∨ヽ|iン   !_ン|_,/ /          \ / /!
>,、   Y:l   l´、   |/ ム_,__/  /         `<:::|
ヽ;::ハ  |::{   し|   ∨::/::::|  ,'          ./|::/
 ∨:|   \\ /ゝ、__ノ ̄ `!:/   |        !/:://\
  |:::|    |::/ /くー' 、   ト、  /       _/::://    |]
  \\  rく  /  〉、__    イ \く     _/´:::://     //


 
    前の記事『やる夫は、サムライの翼を撮り続けるようです 第一部 第三章 その1』  
    次の記事『やる夫は、サムライの翼を撮り続けるようです 第一部 第二章 中編オマケ』  

554 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:11:30 ID:0EhDMGj.



=========================================================================
               第一部 第二章 遠く遥かなる日
                  ~告白する詩人の戦友~
=========================================================================



555 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:12:02 ID:0EhDMGj.

二階の広い部屋をいくつかの方型にしきってある、
その一室に僕達は入っていった。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ メ\
 |    ( ●)(●)  言いにくい話なんだけどな。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、    どうしたんだお?
    /::::::::⌒(__人__)⌒\   何でも話せお。
    |      |r┬-|    |   やる夫が出来る事なら、
    \       `ー'´  /   何だってやってやるお。
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ


556 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:12:29 ID:0EhDMGj.


             / ̄ ̄\
             /メ ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
           (__人__)      |  俺が進級しない理由がわかるか?
            l` ⌒´    |
           {         |
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \    理由・・・かお?
 /    ─   ─ ヽ   (他の同期は、もう上等兵の奴もいるお。
 |    (●)  (●) |   ふむ・・・岩木は、正直な兵隊だお。
 \  ∩(__人/777/   正直すぎて要領が悪かったお。
 /  (丶_//// \   あの時も・・・)


557 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:12:53 ID:0EhDMGj.


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                        / ̄ ̄\
                      / _ノ メ ヽ、_\
                     . | ( ●)(● ) |
                     . |  (__人__)  │
                      |   `⌒ ´   |
                     .  |           |
                     .  ヽ       /
                       ヽ      /
                        >     <
                        |      |
                        |      |
          「彼の眉間には、いまだに馭鞭で殴られた傷あとがある」


(※馭鞭・・・競馬等でみる乗馬用の鞭ではなく、
       輜重隊ではサーカスで猛獣使いが持っているような
       長いクルリと巻きつくような鞭のこと)


558 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:13:51 ID:0EhDMGj.

それは二泊三日の行軍の露営地でのことだった。


            , --- 、
       ,. -一'´      `ヽ、_
      /             `\
     r'´                 ヽ
     ノ  ,.ヘ、   ,. ‐'^ヽ、         l
    (.  /   /'l,ィi ´      ゝ      |
   ノ ,'   |l |l \、     ヽ     ヽ
   (  |    l' ヽ、 `'ー   _(      }
   ヽ. |´`==。、  ー=='。、  } ,r‐、  ノ
      )|.    }        { {,r‐.| 〈   この叉銃線を横切った者は、重営倉だ!
.    ヽ|    ノ         } } ;,リ  ノ   場合によっては軍法会議。
.       |   !._        ル'_ノ <´    敵前で故意にこれを行った者は、
      l.  `__         |_,r'´    敵前銃殺も認められている。
       l   ヽニニ二)     |      
         ヽ   ー    /   |
        ヽ.     _, ‐'´  _|、
         「l`T 「 ̄ ̄ ̄    |
         |.|| ̄|       │


(※・・・叉銃線: ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c9/Gunki.jpg wikipediaより
          上記の画像で作られた線)


559 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:14:52 ID:0EhDMGj.



助教がそういった数分後に、岩木は呼ばれた。
そして岩木は、駆け足のまま叉銃線の真ん中を横切ったのだ。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)   ハッ!岩木参りました!
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


                _
            , -、,. '´   丶//
        ,. ''´           ヾ、/ ̄
.         f                `ヽ
    ―‐-/                  L __,
      r'       ,. '"⌒ 丶        r<
     、         f  ) (   ヽ_     ノ
      }       ,ツ  ⌒    -‐'1ハ'´',. !
     /      彳    ̄\  / ノ .}√ニ、
    丶  / `i {     '´ 。ヾ ;!  ,// j\ `
    /7 ,f ヘf /   ミ  `゙   r'。" r'´
      /  !  }ヾゝ   ´      { ´ iヾ    バカ者!
      / ヘ,´ !            ノ  /    今、教えたばかりではないか!
.         l ~ |       , ' ` -、  /    貴様なぜ叉銃線を横切った!!
       |   ヽ     /     ./ /
        |     \   !    / /   つ  っ
      f ̄ ゙` ー- ヽ ヽ`‐-/ /   っ
      |┌_ _┐ 「ニ`' 二 r〈      つ
       |└  ̄ ┘ |  | | 「i /
     r'ー-  ...,,_ 」,_ | | |l |
  _,. -'´            |ヾ !,」
                  l l l \
  _                l l l   ヽ、_ 、
     ̄ ̄ ー- 、     l l l     ヽヾヽ 、
            \   l l l   / ̄  ̄i ヽ


560 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:15:20 ID:0EhDMGj.

              , '
             〆
           //
           ノ /
          /  i
          ,i  |i
         ,'  |i
         i|   |i
        i|   .|i
        |    .i、
        ゝ     i、   ビュン!!
        .i|      ゝ
         .i|      丶
         .i|       \
          .i|        丶
          .i|        丶丶、、,,
           i|         \ゞ`
            i|、       `\ 、、,
             ゝ       `丶`\ゞ
               \  ,.   ミ\丶 `
                 `;丶\丶  、`丶
                       \ 丶
                           \


                      ●

                      ●

                      ●


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


561 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:15:49 ID:0EhDMGj.


        ____
       /    \
.    /          \   (あの時は、顔中に大きなミミズ張れがあったお。
.  /    ―   ー  \  ミミズ張れは、治っても眉間の傷だけは
  |    (●)  (●)  |  いまだに治ってないのかお。)
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ   (また、同じようなことをやったのか?
 |    (●)  (●) |    けど今は訓練じゃなくて実戦だお。
 \  ∩(__人/777/    同じ事をやったら進級どころか命がないお)
 /  (丶_//// \


562 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:17:38 ID:0EhDMGj.

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \   ・・・また、詩でも書いたのかお?
  |       ` ⌒´   |   訓練中に書いた、「暗い兵舎にうごめくもの」みたいな
.  \           /   とりようによっては反戦的な奴を。
.   ノ         \
 /´            ヽ



岩木は、高名な詩人を師としており、その手紙の中に、
そういった詩も含まれていたのだ。

         / ̄ ̄\
       / メ ⌒   \
      ( へ)( へ)    |  詩か!ハッハッハ!
      .(__人__)      .|  おれはなぁ、詩どころか
       l` ⌒´      |  日記すら今は書けなくなっちゃったよ。
       {          |
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


563 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:18:44 ID:0EhDMGj.



         / ̄ ̄\
       / メ ⌒   \
      ( ●)( ●)    |
      .(__人__)      .|  ・・・今はな、どうやって毎日をごまかして行くか、
       l` ⌒´      |  それぐらいしか考えちゃいねぇんだよ。
       {          |
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


564 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:20:15 ID:0EhDMGj.


    / ̄ ̄\
  /   _ノ メ \
  |    ( ●)(●)  まっいいか!辛気臭いのはやめだ!白状しちゃおう。
  |     (__人__)   俺が進級しないのはな、三等症だよ。三等症。
  |         ノ  それでパァになっちゃったんだよ。
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /


       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\   なんだ、心配したお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  三等症か、なら少し遅れるぐらいで、
  |     |r┬-/ '    |  すぐに挽回できるじゃないかお!
  \      `ー'´     /
 /           \


565 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:21:08 ID:0EhDMGj.


         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\    で?どうして三等症になったんだお?
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \   仏山鎮で安物でもかったのかお?
     |       |::::::|   ,---、 
     \       `ー'   しE |
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ


     / ̄ ̄\
   /   _ノ メ \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)  いや、そうじゃないんだ。
   |      (__人__) /;;/  同期とみんな一緒に慰安所にいったんだが、
.   |        ノ l;;,´    俺一人だけが羅病したんだ。
    |     ∩ ノ)━・'    行かなかった奴は誰もいないよ。
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


566 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:21:34 ID:0EhDMGj.

          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、    "外出証"はもってなかったのかお?
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ メ ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l  持ってたけど使わなかった。
    | .l _ニソ    }   俺は、あれ嫌いなんだよ。
     /ヽ、_ノ    /   付けない方が好きなんだ。
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /
(※外出証・・・コンドーム)


567 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:22:09 ID:0EhDMGj.


     / ̄ ̄\
   /   _ノ メ \
   |    ( ー)(ー)  んで、実はな。これ3回目なんだよな。
.   |     (__人__)  流石に、これ以上部隊で治療を受けるわけにはいかない。
    |     ` ⌒´ノ  もう2回、衛生兵に「貴様!あれだけ衛生上使えといっただろ!」って
   .l^l^ln      }   ぶん殴られてるからな。
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


568 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:22:35 ID:0EhDMGj.


        ____
      /      \
     / ―   ー \
   /   (●)  (●)   \  ・・・
   |      (__人__)     |
   \     ` ⌒´     /ヽ
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       {;;;;;;;}   __
        L;;;;」  /::::::::::\
           /:::::::::::::::::::::\
           |::::::::::::::::::::::::::::::|  そこでだな。10日ぐらい広東で治療を受けたいから、
           |::::::::::::::::::::::::::::::|  キサマの力で何とか外泊をもらってくれないか。
           |:::::::::::::::::::::::::::::|  できなかったら、毎日俺を呼び出しほしい。
           {::::::::::::::::::::::::::::|
           {:::::::::::::::::::::::/   {;;;;;;;}
         /⌒丶_____人   L;;;;」
        /          ⌒\
      /  へ           ヽ
     / /   |        |丶  )
  ̄ / /  ̄ ̄          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


この時の岩木の顔は真剣そのものだった。


569 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:23:00 ID:0EhDMGj.



=========================================================================
               第一部 第二章 遠く遥かなる日
                  ~告白する詩人の戦友~ 完
=========================================================================



570 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:23:17 ID:0EhDMGj.


=========================================================================
               第一部 第二章 遠く遥かなる日
                  ~濁水悠々 珠江の流れ~ 
=========================================================================



571 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:23:42 ID:0EhDMGj.

       ____
     /_ノ  ヽ_\
   /。(⌒) (⌒)。\   ぷぷ・・・アッハッハッハ!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |     ヽr┬-/     |
  \      `ー'´     /
  /           \




   / ̄ ̄\
 /   _ノ メ\
 |   ( ●)(●)      おいおい、笑いごとじゃないんだよ。
. |     (__人__). rm、   この通り頼む!
  | u    ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´


572 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:24:42 ID:0EhDMGj.


     ____
   /      \
  /  ─    ─\   ふぅ・・・笑わせてもらったお。
/    (●)  (●) \  よし、分かったお。それなら薬を買うお。
|       (__人__)    |  ここらへんに薬局はないのかお?
./     ∩ノ ⊃  /  スルホンアミドっていう特効薬があるんだお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ メ ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|   支那人がやってる薬局なら、
    | ./´ニト━・' .l   確か近くにあったぞ。
    | .l _ニソ    }   ただ、その薬が売ってるかはわからん。
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


573 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:25:40 ID:0EhDMGj.


     ____
   /      \
  /  ─    ─\   よし、行ってみるお。
/    (●)  (●) \  もし、そこに薬がなかったら、
|       (__人__)    |  広東で買ってきてやるお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |   もし、仏印にいってしまったら、
.\ “  /__|  |   報道部を通じて部隊のキサマまで送ってやるお。
  \ /___ /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ メ \
 |    ( ●)(●)  それは助かる。けど、高いんだろ?
. |     (__人__)  その、スルホンアミドって薬。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄


574 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:26:41 ID:0EhDMGj.


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ  えーっと、確か二十錠入りで
 |    (●)  (●) |  十円くらいじゃないかな?
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


   / ̄ ̄\
 /   _ノ メ \
 |    ( ●)(●)  困ったな・・・
. | u.   (__人__)  とてもそんな金ないぞ。
  |     ` ⌒´ノ  なんたって、一か月八円五十銭だからな。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

(※・・・白米10kgで3円ぐらいの時代です。
    現在、白米10kgがネット価格で大体6000円なので、
    相当高価な薬だと思われます。)


575 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:27:47 ID:0EhDMGj.


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、   心配するなお。
    /::::::::⌒(__人__)⌒\  やる夫は三百円ぐらいもってるお。
    |      |r┬-|    |  安心するお。
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ



   / ̄ ̄\
 /   _ノ メ \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、  すまん、恩にきるよ。
  |     ` ⌒´ノr川 ||  召集解除になったらきっと返す。きっと。
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´


             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( >). (<)\   とにかく、薬局にいってみようや。
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \ 
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /


576 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:28:22 ID:0EhDMGj.


僕は、そう岩木をうながした。
歩くついでに、薬の使い方を教えてやった。

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |   ( ●)(●)  ほーう、そんな簡単に治るのか。
     |     (__人__)
     |      ``⌒´ノ          ____
     |   .     }         /      \
     ヽ       .}          /   ⌒  ⌒ \
       ヽ     ノ       /   (●) (●)  \  んで、食後に必ず飲むと。
     /      \      |     (__人__)    |
     /  /     } |      \_    `⌒´  _/
    /  /.      | |     /         ヽ
    |  |      .|  |     |  |         |
    |  |       ||  |     |  |        | |
    (__)    |   |し__)    ヽ  ヽ       | |
       |   }  |          (_) _   |_)
       |   | /          |   / |   |
       |   |/           /   /  |   |
      (_⌒)          ヽ_⌒)   (_⌒)


577 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:28:59 ID:0EhDMGj.


当時の中国には、何処にいっても、"仁丹"や"大学目薬"の広告があった。

 _______ _________ _________
||―――――――|///////////////////||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|| 。:゚.大学目薬  .| 仁 丹 | 大学目薬  ||::::::::::::らーめん処::::::::::||  ""
||_______| _________.||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||     ,,
||. , _,、  Uミ    |  .___  __.  ||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .||  __
||. 〉 〈 ≪__〉\  |  || ̄|| ̄|| |_|_|.  ||  | ̄| ̄|| | ̄ ̄ ̄|..|||  |   |
|| l__l ノ__ゝ.\ |  ||_||_|| |_|_|.  ||  | ̄| ̄|| |      |..|||  |   |
||_______|  || ̄|| ̄||...       ||  |_|_|| . ̄ ̄ ̄ ..|||  |  [|
||□□□□□□□|  ||_||_||...       ||  |_|_||     ........|||  |   |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

仁丹には仁義の"仁"と、丹心の"丹"という字が入っていて、
文字の国である中国では、大いに民衆に受けた。
同じように"大学目薬"は"大学"が、いかにもすぐれた薬であるという印象を与え、
大いに店が賑わったと言われていた。


578 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:29:38 ID:0EhDMGj.


僕と岩木は、雄渾な筆蹟の仁丹と大学目薬と書かれた大看板がかかげられている、
中国人の薬舗に入っていった。
                 .|     ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
                 .|    ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
                 .|   ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
                 .|  @==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
   ┌────┐     |      |             ┌─────────┐
   |  ∧w∧....│     |      |    ┌──┐ │  大 学 目 薬    |
   | (,, ゚Д゚) .|     |      |    │  特│ └─────────┘
   |  /   |   |     |      |    │仁  │  :========:.:========: 
   | 此者食逃 |    |      |    │  効│  |i.     l||i.     l| 
   | 見敵必殺 |     .|     |    │丹  │  |i.     l||i.     l|
   └────┘     |      |    └──┘  |i_____l||i_____l|
.                 |    /|              |┬┬┬┬||┬┬┬┬| 
.                 |  /  |              |┼┼┼┼||┼┼┼┼| 
__________|/    |_________________|┼┼┼┼||┼┼┼┼|_______
.                                  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄


579 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:31:01 ID:0EhDMGj.

店に入ると、きれいな娘が挨拶をしてきた。

       / ̄ヽ-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、´ ̄ヽ
        ヽ__/:::::::::::::::::::::::::::::::::\ノ
       //::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::ヽ
       〃::从::从::从::从::从:l::|::: i|
       レ!小l( ●) (●)从:::|;::i|
        レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::|ノ    イラシャイ、コンニチワ、ヘイタイサン
           ヽ、  ゝ._)   j::/     ナニ、サシアゲマスカ?
          ヘ,、 __, イ
       ,::ヽ::::::::ー|:ヽy/::1ー::ヽ、
       /:::::V:::_==:::::::::::::/::1
      |:::::::/= ̄:::::::::::::::::::r:::::::i
       |~ {:::::::::::::::::::::::::::::::::y~|~
       ヽ{:::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
       /::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
      ,.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::/.ノ
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ'


                   _____          _____
               /       `ヽ.    /´       \
             /            \ /      _ノメヽ
            /          ヽ、   ∨  u     ( ●),)
         , イ;    u        ヽ,_ j ,'i        ´(__ノ_)  ・・・困ったぞ。
   _ ___, ィ  j           ( ●) 7イ          `⌒ノ
'"´      i   |!              "´  〈           i'
        |   |           ( __ノ、ノ.・・・ああ。  }
      __」   !   u         `⌒ノ ',  \    _ノ
  ,r'"´     !   !                 /   '、 /ヽ   ハー- 、
 /        |   !          __ノ     V  `ヾ/ j!  \
,/        l / ヽ    , イ / 厂!  ``ヽ      \j!//    ト、
            i  ,r'´ヽ!/ / ,ハ     \      j 1   `,  ト、
             y′  / / /  ト、     ヾ|!    jリ    i| ノ j\
           /   / / /  j! |      ヽ    |! 「yara!,r,nt、 \
  i           / _ _ /イスフ  /  !       \ニニヽ!    リ/ //   \
 〈      / /yaruo7/   _/   !        ヽ  !ー ─ 、''"´  ̄ ̄``ヽ!
  !     /      ̄``7         |         L_」.:.:.:.:.:.:;;/ニニフ^ヽ、  |
  | ー--‐'/ ,r== _ /          |:::.:.:.        \;:;;:;:/        j
  //_/ /    / i           !:::::::::.:.:.        ト、``ヽ       /
ヽ/  , イ    /    | ゝ---‐ イ ニ二 ,|::::::::::::::::.:.:... .        ト、ー---‐'′
  \ /ノ  /     |    `二ニニニ ' ̄|\:::::::::::::::::::.:.:. . _ __   / |!

相手が娘さんだと、言葉が通じるか通じないか以前の問題があった。
僕らは"素人娘"が、全然苦手だったのだ。


580 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:31:53 ID:0EhDMGj.


町や電車で見初めた娘がいたとしても、顔を赤らめ、
物も言えなくなっている、そんな世代が僕らの世代なのだ。
|                                           、
|                                           }
| ̄ ̄\                              , -‐ ´ ̄` 、ノ
| _ノメ\\                            Y:::::/:::::::::::::::::::::::::\
|(●)(●)i                           /:::::::l,:::::、;:::,:::::,l_::::、::::ヽ
|.(__人__)///                         {:::::::::[]'W∀WWV∀7},、l
| .` ⌒´ |. ̄ ̄ ̄\                     |::ハ::::|―(●)‐(●)|ハ|
| . .  ノ _ ノ  ヽ、. \                   | ヾi::|  「!    ,  .ハ|
|. .  /  (●) (●) ヽ                  レハT、,| 「ト, - _. イlWイ
|    ヽ///(__人__)'///i                     ,.弋__ノ'<イ、
|     |   `⌒´  /                      }::::::|::::|:、/:::|::|


581 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:32:38 ID:0EhDMGj.


    / ̄ヽ-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、´ ̄ヽ
.   ヽ__/:::::::::::::::::::::::::::::::::\ノ
    //::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::ヽ
   〃::从::从::从::从::从:l::|::: i|  ナニヲサガシテマスカ、
.   レ!小l( ●) (●)从:::|;::i|  ヘイタイサン?
.     レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃::ノノ
.      ヽ、  ゝ._) u j:://
.       /⌒l,、 __, イシ丿
       ,/  /ー|:ヽy/:1ー::ヽ、
      /:|  l==:::::::::::::/::::1



   / ̄ ̄\
 /   _ノ メ \
 |    ( ●)(●)
. | u. ///(__人__)  いや・・・あの・・・その・・・す、鈴木!
  |     ` ⌒´ノ  
.  |         }   
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


582 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:33:09 ID:0EhDMGj.


       / ̄ヽ-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、´ ̄ヽ
        ヽ__/:::::::::::::::::::::::::::::::::\ノ
       //::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::ヽ  ン?ソッチノヘイタイサンガ、サガシテマス?
       〃::从::从::从::从::从:l::|::: i|
       レ!小l( ●) (●)从:::|;::i|
        レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::|ノ/
           ヽ、 ∩ノ )   j:://
          / _ノ イシ丿
       ,::::/ /|ヽy/::1ー::ヽ、



       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\     いや、やる夫に振られても困るお!
  /   (__人__)  u. \   違う、違う、そっちの白長の方が探してるんだお!
  |ni 7   ` ⌒´    . |n  ほら、岩木!ちゃんと言えお!
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''


583 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:33:49 ID:0EhDMGj.



             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ`メ\.
           /⌒`  ( ◯)(O):
          .:|   j(   (__人__) キサマ!戦友を売る気か!
           :|   ^  、` ⌒´ノ:
           |  u;     ゙⌒}:
           ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ:             _____
           /⌒\ ゚ (´ .                :/ ノし   \
          :|  ゚ \~、,⌒\.    _      :/ u ⌒     ゚ \  元はといえば、キサマが
          :| \j(,  \  r  \ :gj }`hi、.  :|,  。   :j    }  "外出証"を使わなかったから
          |   \ 〆ー───〆 八 ヽ (     u   〃ノ  いけないんだお!
         | :j    \__゚___' ,ノノー`Y \ \/⌒ヽ~ヽ
         |         |:    ー──‐‐\ . ィ ´ ゚ /    \
         |   ゚     :j  |:           \、__/l  ゚  :j  \


584 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:34:34 ID:0EhDMGj.


     |┃          ,.f"ミミヾ、
     |┃        f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
     |┃       ノ彡リノ/   中 \
 ガラッ. |┃       |リ||リ/  ─   ─ \  ′
     |┃  ノ//  (川/   ( ●) ( ●)\ ‐  モドタヨ。サワガシイネ。
     |┃三     ||ト|     /_人_\   | 、 オ?ヘイタイサン。ナニカオサガシデスカ?
     |┃        iリ\   §` ⌒´§ ,/
     |┃          人_   ー‐=丁
     |┃三  _, 、 -― "::::l:::::::\ー- ..,ノ,、 ゙,i 、
     |┃三 /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_



       ____
     /_ノ  ヽ_\
   /。(⌒) (⌒)。\     あ、すみません。
  /::::::⌒(__人__)⌒::#::\   スルホンアミドありますか?
  |     ヽr┬-/     |  (助かったおおおおお!!)
  \ #    `ー'´     /
  /           \


585 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:35:29 ID:0EhDMGj.


そうして、薬を買うことができた。
ここでは、細いガラスの筒に、
二十錠程入り一本のアルバジルという薬が十三円もした。
              ,   ,
           /   ,
             /○ /
         / ○/
.        /○ /
.          / ○/
         /○ /
      〈 ○ /
.       ヽ '

衝撃療法とうたっているこの薬は、
四日服用、三日休薬で、五回ぐらい服用すると、
大抵の化膿性の病気は治ってしまう、
ペニシリンが出る一時代前に活躍した薬だ。
(※アルバジル・・・ttp://item.rakuten.co.jp/tamateya/10000472/)


586 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:36:11 ID:0EhDMGj.


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |  五本あれば大抵治ると言っていたお。
   /( ●)  (●)\  !   !  けど、キサマは性懲りもなく繰り返しそうだから、
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l  十本ぐらい買っとけお!
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ メ\
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)  すまない、復員したら百三十円は必ず返すよ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


587 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:36:37 ID:0EhDMGj.


         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \   つまらん事をいうなお!
     |       |::::::|   ,---、  これでキサマとは貸し借りなし
     \       `ー'   しE |  っと言うことにしてくれお!
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ


      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ メ (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\    貸し借り?
. |   (__ノ ̄   \   俺が何か貸したか?
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|


588 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:37:00 ID:0EhDMGj.


       ____
     /⌒  ⌒\     
   /( ―)  (―)\    うん。やる夫一人が先に召集解除になって、
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   他の戦友はともかく、キサマには精神的負担があったんだお。
  |             |  これで一応、貸し借りなしにしてくれお!
  \              /
 /           \



   / ̄ ̄\
 /   _ノ メ \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  そうか・・・よし、わかった!
  |     ` ⌒´ノ  ありがたく貰っとく!
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´


589 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:37:33 ID:0EhDMGj.


そして、岩木とは仏山鎮車站で別れて、
緩慢な速度で走る列車にのり終点の石囲塘車站へ向かった。
             ,_______________         
           /ゞ、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\        
       ィ、   //  \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\       
 _,、-‐¬尖¨// _____\;:;:;:;:;:;:;ィ必ァ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;| ̄ ̄|;:;:;:;:\ iヽ,_,
'¨ll¨[厂¨似找 ̄|/;:;:;:;:;:;:;/| ¨「t戈_j¨´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄下、三三ヾ ̄「r┼┬ー
 ll   ̄尤奔キ/;:;:;:;:;:;:;/  |  l `ヾし孑 l二l二l   丁l| ̄丁||  l 「l ̄| 
 ll   ,爻愁戔¨「曰 ̄| El |  ド刄斗辻ァl_|_| [同| ||  │||  | | ! {|_
丕丕丕丕jl{丕凶_____!____!___|__j{_シwt_[[ O]__Tf_l_||_│||,__,| l_l___|丕
       "^            ` ̄ ̄ ̄´____________


590 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:38:33 ID:0EhDMGj.


改札口では、上等兵が「ごくろうさまです」と挨拶してくれたり、
         ┌ 、        ,、
         |ヽ \    / |  /⌒ ,
         | :::〉  `  ̄ ̄   |. /  /
          /     __    `ヽ/  /
       |      ´       }   /  読売さんですか、
       ヽ       ∀ .ノ  /   ごくろうさまです。
 .         >      <  /
          /         /
      /   /         l´
.    /   /        ,'
.  /   //        /


車站から珠江の渡し場では、公用外出と書かれた腕章をつけた下士官が、

              _
           /∧\
          // ∧ ヽ、     ,,ィ┐
         //  '"´    ̄ ゙̄''</  |
         / '"   _       `ヽl!
        /     '~´         ー-、',  自分も広東へ参ります。
      |                l  広大路の読売支社はよく知っとります。
       |        ノ´ ̄`ヽ    |  重そうですね、その荷物お持ちいたしますよ。
       |       |     |   |
      \          ̄ ̄ ̄     /
      , '" ~/\、_______,,/
    /   /___∧    ∧_> \
  /〃         \  /        |

そういって、無理やり僕のリュックを担いでくれた。


591 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:39:18 ID:0EhDMGj.


景色を見ると、満々たる濁水が、広い珠江の川幅いっぱいにゆうゆうと流れていた・・・
   ⊂⊃                                        ⊂⊃
            ⊂⊃
                       ./!''^゙'┐
                      ,/.'l.  .゙'┐     ⊂⊃
                 ,、....,/⌒′ ′  .\r
 -‐'^゙^'''ーv、..._,,、、.._  __   ,/ .ノ′    ,、     .)、               ,,rーv.,,,___,,,,,,,,_
      ‐''^′   ̄ ̄^'''''ト      _ノ      'v.,_      _,、、、、、ノ''^^^'″     .⌒
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,/ }     /¨「        .リhz:;r--,,,,ノ、,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;¬ノ、.「゙「|'ー、  `゙'<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;゙=、rミ, .ノi,      ¨'‐;:::::::::::::::::::::丿
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::: ,|.i7″         .゙'''‐z,/′
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|>゙              \_
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
 ─ー¬冖¬ー--、、- v、........,.,、、v--'''^ ̄ -、、- v、... v--'''′


592 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:39:34 ID:0EhDMGj.



=========================================================================
               第一部 第二章 遠く遥かなる日
                  ~濁水悠々 珠江の流れ~ 完
=========================================================================



593 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:39:53 ID:0EhDMGj.



=========================================================================
               第一部 第二章 遠く遥かなる日
                  ~決戦の大空へ飛ぶ~ 
=========================================================================



594 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:40:42 ID:0EhDMGj.


≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠

仏印、ドーソンに敵前上陸したのは昭和十五年九月の事だった。
(※仏印進駐・・・ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8F%E5%8D%B0%E9%80%B2%E9%A7%90)

ドーソンからハイフォン、ハノイに支局を設営すると、約二ヶ月で僕は広東に引き上げた。
翌年五月の福州作戦が終わると、僕は本社に帰り、地方部のデスクにいた。
(※福州作戦・・・ttp://www.google.co.jp/search?q=%E7%A6%8F%E5%B7%9E%E4%BD%9C%E6%88%A6)

≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠


595 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:41:50 ID:0EhDMGj.


昭和十七年三月上旬 読売本社地方部

    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ
 .|    (__人__) |  おい、"不良青年"。
 .|      `⌒´  |  従軍命令だいってこい。
 ヽ         /  明朝九時に東京駅出発だ。
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ●)三(●)\   ・・・え?小島地方部長、
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  ちょっといきなりすぎじゃないですかお?
  | u    |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
 /           \

(※過去に小島支局長となってましたが、誤りです。
  実際は、小島地方部長です。申し訳ありません)


596 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:42:33 ID:0EhDMGj.


    / ̄ ̄\
  /  _ノ ヽ_\
  /   (●) (●)ヽ
 .|    (__人__) |  まぁそういうなって、ちなみに今回はビルマだ。
 .|      `⌒´  |  戦闘がまだ行われているが、頑張ってこい。
 ヽ         /  期待しているぞ、"不良青年"!
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


         _______ ____
        /         (__ ゝ
      /           (___ヽ_
     /   ──     ──  (__ _ ヽ_   いや、まぁ・・・
   /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈   社命とあらば飛びますお。
  /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \   
  |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )
  |       (    i    )       |三三)
  \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
    \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
     〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|


597 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:43:05 ID:0EhDMGj.


    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ  あと今日の夜な、ニュートウキョウで
 .|    (__人__) |  ささやかだが壮行会をやるからこいよ。
 .|      `⌒´  |  フグだぞ、フグが食えるぞ。
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ


     _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'        \
   / ⌒         ヽ,  
  ( ●)    ⌒     ..i  ハッ!承知しましたお。
  i.     ( ●)    .|
 . \(_入_ノ      /
    \______/
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|


598 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:43:25 ID:0EhDMGj.


                    ●


                    ●


                    ●


599 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:43:43 ID:0EhDMGj.


同日夜。ニュートウキョウ
(※・・・現在のニユートーキヨーだと思われる)


    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|  おーい、"不良青年"。
 .|      ( <   |  ちゃんと食べとるか?
  ヽ     `-'  /   それと話があるからちょっとこいよ。
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


                ____
              /     \
            /   ⌒  ⌒ \    食べてますお、部長。
.         /    (●)  (●) \  話があるってなんですかお?
          |   、" ゙)(__人__)"  )
          \      。` ⌒゚:j´ ,/
        ノ       ∫ ∬\   ||
      /´      ,. -つ ̄ ̄ ̄,| \.n||
     |    l   /   ̄フー一'   ( こ)
     ヽ    -´   ̄ノ       \(⊆ソ
      ヽ ___,ノ ̄


600 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:44:13 ID:0EhDMGj.


    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|  お前が、どうして入社早々に
 .|     `⌒´  |  従軍記者に選ばれたか知っとるか?
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、   いえ、全然知りませんお。
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ


601 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:45:01 ID:0EhDMGj.


     / ̄ ̄\
   / ─  ─\
  |   ⌒   ⌒ .ヽ.  そうか、なら良かった教えてやる。
  |   (__人__)  .|  万一、お前が何も知らずに戦死したら
  |     `⌒´   |  心残りだからな。
  /         /
  /  ヽ      ノヽ
 /    ∩ノ ⊃  |  |
 (  / _ノ   .|  |
 .\__/    _|  |
      .___ /

そして、地方部長は社歴わずか一か月で仏印進駐の従軍記者に選ばれ、
また、ビルマへの二度目の従軍記者として、何故選ばれたかを語ってくれた。


602 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:45:27 ID:0EhDMGj.


     / ̄ ̄\
   / \  /\
  |  (●) (●) ヽ.  地方部ではな、
  |   (__人__)  .|  全国の支局や通信部記者の成績を
  |     `⌒´   |  たえず検討している
  /         /
  /  ヽ∩__   .ノヽ
 /   (  )   |  |
 (  / ノ    .|  |
 .\__/    _|  |
      .___ /



    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|  検討対象は三つで、
 .|      ( <   |  まず、第一に行数。
  ヽ     `-'  /   その次が、写真の枚数。
 /   ヽ     ノヽ  それと記事の質だ。
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


603 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:46:07 ID:0EhDMGj.


記事の質については、記事審査委員会が回答してくれるが、
回答が出なくても、大体行数でわかるんだ。


         【審議中】
             ∧,,∧  ∧,,∧
これよくね?   ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )  まじで?ここがちょっとなぁ。
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ 
          u-u (l    ) (   ノu-u
              `u-u'. `u-u'


604 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:46:47 ID:0EhDMGj.


    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ  その行数でだな、お前の応召前の一か月で
 .|    (__人__) |   最高の成績がでたんだ。
 .|      `⌒´  |   一か月何万行だったか数字は忘れたがな。
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ



    / ̄ ̄~\
  / ⌒   ⌒\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|  ともかく、それが我が社始まって以来の成績で、
 .|      (_/´  .|  仏印行きが決定したと。
 ヽ         /  それで、仏印でも地方版・本版問わず通じてよく書いてくれた。
 /   ヽ     ノヽ  じゃあ、次も大丈夫だろうと抜擢されたんだ。
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


605 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:47:09 ID:0EhDMGj.


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |  そうだったんですかお!
   /( ●)  (●)\  !   !  ありがとうございますお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /




         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\    (そういえば、応召が決まってから一か月、
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \   場所を問わず駆け回ってたお。
     |       |::::::|   ,---、  ただ、夢中で働いただけだったのにお。)
     \       `ー'   しE |
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ


606 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:47:36 ID:0EhDMGj.


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       . … .
       :____:
     :/_ノ  ー、\:
   :/( ●) (●)。 \:   やる夫みたいな身体の小さい男が
  :/:::::: r(__人__) 、 :::::\:  兵隊にとられるようでは、
  :|    { l/⌒ヽ    |:  日本もおしまいだお。          / ̄\
  :\   /   /    /:                        |     |
                                         \_/
                                          |
                                       /  ̄  ̄ \
                                     /  \ /  \
                      それも、そうだな。   /   ⌒   ⌒   \  
                                    |    (__人__)     |  
                                    \    ` ⌒´    /
                                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
と口走ったから丸山支局長にえらい迷惑をかけた、せめて応召前に、働けるだけ働こうと思って、
かけずりまわった結果だったのである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


607 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:48:03 ID:0EhDMGj.


    / ̄ ̄~\
  / ⌒   ⌒\
  /   (●) (●)ヽ  それでな、もうお前は地方版に送らなくていい。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|  本版に、自分が書きたい記事だけを書いて送れ。
 .|      (_/´  .|  八月十日がくると満三年だから本社員にしてやるよ。
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

        ____
       /⌒  ⌒\
     。o(゜>)  (<゜)o 。  ありがとうございますお!
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
   |     |r┬-|     |   て
    \      `ー'´     /( `´) そ
   /           \ノ ノミ
   |\ \・      ・ \____ノ


608 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:48:43 ID:0EhDMGj.


  ,r'ニニニ゙ヽ、
 ("´ ̄ ̄ヾ))  ___
 |   rー< ノと)/ ノ ′^ヽ\
 |   `フ"ノ /  (●)  (●)\  わかりましたお!
 ヽ、  ' ( l :::⌒(__人__)⌒゙::l  っとそれと・・・
   \  \|   `i-┬y'´  |
     \  \   `'ー'   /
       \  ヽ ー─ィヽ



          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、  もうそろそろ、その"不良青年"は勘弁してくださいお。
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ


609 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:49:12 ID:0EhDMGj.


     / ̄ ̄\
   / ─  ─\
  |   ⌒   ⌒ .ヽ.  あっはっはっは!
  |   (__人__)  .|  お前は少々堅すぎるんだよ。
  |     `⌒´   |  最初にあったときなんで、坊主頭で堅い口調だろ?
  /         /  兵隊そのものだったぞ。
  /  ヽ      ノヽ  
 /    ∩ノ ⊃  |  |
 (  / _ノ   .|  |
 .\__/    _|  |
      .___ /


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \  いや、ま、あの時は・・・
    |  /// (__人__) /// |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


610 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:49:39 ID:0EhDMGj.




    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|  それに今も、兵隊と喋ってるようだぞ?
 .|      ( <   |  それでからかったわけだ。
  ヽ     `-'  /   ま、気にかけるな"不良青年"!
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


611 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:50:38 ID:0EhDMGj.


部長の言葉は身に染みるものがあった。
僕はいつでも岩木達の事を思い出せるし、
                                            ,、
  ______________                   _〈 i,、
  | _____________ |               _、シ〈 i、、
  | _____________ |         _  _,,シ_、从ヾ、
  | _____________ |       /⌒ _ || _,,シ:'「|ヽ.・ヽヽ
  |_|_| ,. 、 !、   _|_|_|_|_|三}   .,イ /⌒  ̄ ||    |.|_ へ.、。_)
  |三三 l (● ●   三三三三三三三}    {.,イ{   ノ ||(   ,U
  |三/´| (__人)  三/´|`ヾ三三三ニニニニニニニニ0ニコ/
  └゙(─ !、    ,r' =====(─@─)=┘... - -| |/| |   } } j{
     \..,.へ    r     \._|_,ノ   ../ (● ●《_,ヒ}  《_,《_,/_}
     ○^゙i_  |G           ..ゝ  ー'- ノ
      !、__、゙i  ゙i            ○^゙i_  |G
         ゙i___)             !、__、゙i  ゙i
                            ゙i___)

馬糞やスピンドル油の匂いは、いまだに鼻腔の中からぬけないでいた。




             ____
            /⌒  ⌒\
          。o(゜>)  (<゜)o 。      よし!岩木達に負けないように
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      やれるだけやってやってみるお!
          |     |r┬-|     |   て  
         \      `ー'´     /( `´) そ
        /           \ノ ノミ
        |\ \・      ・ \____ノ
僕はそう決心して、現地に赴いたのである。


612 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:50:55 ID:0EhDMGj.



=========================================================================
               第一部 第二章 遠く遥かなる日
                  ~決戦の大空へ飛ぶ~ 完
=========================================================================



613 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:51:06 ID:0EhDMGj.


                 /)
                //
                //   ィ,7
              __」i_ ,.:/
           ,...:<::__::::ij 7/>.、
  _.. -‐- .._ r-― -f_ ヽr-‐ 、::::::::::ヽ
  '、::::::::::::::::::>::`::::‐-..... 代 理 ノ <::::::ハ
   `  -:/:::::::::::::::::::::::::::::ト`::::- _ `、ハ'-=y、 _
      ,'::::::::::::ハ::::::::::::::::::l ヽ:::::::,::`::-::、i  ` ヾy、
     r,l::/::i V  ヽ:::::ト、:::::l ヽ::::ハ:::::::ハ::::>:.、 ハb
   rf/´/:::; ' ー---   ー―-- l::::::::::ハ:::::::::::>:.、   以上、本日の投下終わりです。
  ry'  ':::::l              l:::::::::::::ハ ` r 、_::::j   皆様、ありがとうございました!
  d  i:::::ゝ       、‐┐    i::::::::::::::::l-fフ,f-'
  '-i、 f)、iヽ、::`lヽェ -,,_.,- -  エ,.i:::::ノ.ヘ::jt-' ´
    ヽij `ー'、r_、_,_ ./ノ^ヽ \ r_f- ´ , ィ_y´
     ー、_、 _ _  .7 .丶ヘ -`  ゝ ,.ィ_r-'
       `´`'` 7`,t、 _ ィ、ヽ/j`'
           し' r'==='l `J_
         、´,/::::::::::::::::::::Xj`'<y
         /:::::::::::::::::::::::::::tiヽ_ ィ_r'
          ` ‐-::::::___::..::::-‐´
            L/  Lj
            し'  し'


614 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:51:30 ID:pmJ.54AE

おつっ! そっか、やる夫は働き者だったのかw

ない夫が使わなかったってのは、いわゆる“突撃一番”だったのかしら


615 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:55:00 ID:ATTfRNK2

乙でした
やる夫働いてたんだなぁw


616 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:56:10 ID:0EhDMGj.


           , '"´`>、 , '"´`>、
          / /   /  /   \__
 _r‐‐ァ''"´ ̄`>! ./   __| /       \_`>
/::::/    /ト、|/ァ'"´::::::::|/ ̄|>.、
:::/     /:::/ ー>代 理<-‐   `7:::::':.、
/   _,,.∠ -'─::::''''''''""""´ ̄ ̄ ̄`゙゙゙''''::ー- ..,,,_
rr''"´:::::::::::::::::::::::_;;:: -‐ '''"´ ̄ ̄ ̄` 、::::::::::::::::::::`::..、
/、:::::::::::::::::::;: ''"/  /    !   ハ   .\::::::::::::::::::::::〉
  ' 、:::::::::/  /    |  ト 、 |_ /| |  |   ∨::::::::::::/
 /!:>/    | ‐-/.∧  ! ヽ! / ト|  |   |--‐<、     >>614様
/ ./|//  ,   ! 7´l`メ\|  ァ─-、 !  |   '、\  \     "外出証"の種類まではわかりませんが、
  |   .! /|  .! /!、j_,リ       ,.,./  ,'    ヽ.. \  \.__   たぶん、"突撃一番"だと思います。
  |  ∨、.!  |,ハ ,.,.   '      /  /       ':, \. ∨  あと、主人公である鈴木英次さんは、物凄い働き者です。
  |    ,|/  ,!      -‐ '  /  /    /    ,ハ  ハ  |〉  前書きでもあったように、爆撃機に飛び乗って
  ',   /    /.ト 、;'´|     ,.イ  /|  /    ∧ ! |::!  |}  作戦に文字通り"同行"してしまうくらいに。
  \/  /   .!  ,! !,>r< !/ >--─‐ く ∨ |/ /
    !/|/∨ヽ|iン   !_ン|_,/ /          \ / /!
>,、   Y:l   l´、   |/ ム_,__/  /         `<:::|
ヽ;::ハ  |::{   し|   ∨::/::::|  ,'          ./|::/


617 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 22:59:02 ID:0EhDMGj.

           /`!
          /  ,'
          ,'  /       /|
      _, -r‐'!  /、, -─、   / /     ./|
     / | .|. | /  /  /   /      / /
     '、,j__ノ_,イ./   ./   !  |    /  /
     /!     '、  /`ヽ  '、 '、   |   !         i
     ト 、___/  /   \ ':、  ',  |     _ _人_ _
     |\        /|>=<]_`ヽ ヽ--、| ./       `Y´
 +    ', ヽ---─ '  !       ̄| |  //ヽ-- 、._     !
     |          / .| ̄`' 、-‐! ト.//   ̄\\
     |         .|,.::'!   --\:|/__|>-──‐ァ'-{   
     ,ハ         |_,,」 -──-代 理--‐‐  .∧__ \_
    〈 |        |_;;:: -──- 、::;;_:::`''::..、  |   `}__}.      i
     `|7 /    //  /__  /    !`'' 、::\ハ.    | |   ‐ ┼‐
  ┼   ∨    , ' /  /_」_ `|     /!__./!. \:::ヾ.   |_r'       l
     /|    /  ,' 7´ ァ=、`|  ./_」_/`| | \::\ / .|
    / r' |     |/ | 八 j__rリ !/  ァ‐、`Y |  |:::ヽ;::l /   皆様、乙ありがとうございます
   .| | ハ      ./|' |""     ,   l__rリ ,ハ. !  !:::::::)'_」..   それではおまけを投下いたします。
    } } ',    ,' |八    rァ‐- 、   ""/ ハ 八イ |_ {     今日のおまけは、次回予告です!
    ヽヽ |   レ'´| / \ ヽ  ソ   ,イ ,'     \| {.  
     \-ヘ   _r'./  /|\   _,,.. イ7 /|.   、  ∨   
  _人_ . \|  r' /  / '、  ̄ ソ  | |/ ̄\ ト、 ,ハ   
  `Y´  _ノX} /   /  /{__},.イ  |/      `ヽ.∨_{   
     r'´/ ト‐'   /|/ /,ム ,ハ   /     _r‐'ノ-'/   
     }_/   \ /   /   | | /_r─ァ'"´!___ト-へ' ̄`ヽ._
    / |    /`ヽ-r─-、__.」 -‐' /| ̄、 ̄   ,__  \  |_{
     }__|、__八   \ ̄      /r'  ,ハ r/      `Y }


618 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 23:00:33 ID:0EhDMGj.



=========================================================================
               第一部 第三章 あヽ加藤隼戦闘隊
                        -予告-
=========================================================================



619 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 23:01:40 ID:0EhDMGj.

遂に最前線、ビルマに渡った鈴木やる夫。
そこで彼は、新たな戦友たちと出会う。


                  ' l'l   r====、   lr'
                   ヽ、  `ー‐ '  ,ィ'´  俺が白色電光のxxxxxだ。よろしく。
                   r-j->、_ ,.r<l_  読売さんだろ?しょっちゅうピストにいるから知ってるぞ。
.                  l 、 ∧!-、r∧   l
                  ,/ 。ll i! l∧l/ l   ,.ヽ、____
            ,._、,;-‐''"´`ヾ'、/ ヾ./ ,.ゝ,.∠-- 、__r並ニヽr=r--、__,.
         _,.ィ'"´7./         r'ヘrfヽ 、,.、       `l    l!
        / l'´ //    _.     /. {l ! l,. ⌒!       l    l!
       l  ! //    //    , '.  }l.ヽ、`¨ソ  、_ノ  l    l!
       l  l l l  _(r-)__  , '    ヾニy'´    ,.イ´T`l    l!
      r‐!  l l l   /‐/  /     ( r'クェニr几 l  ヾl___〃
      〉、ヽ  l! l   / ,イ  , '       `´〃  l!  ヽ、  /  >―---、


620 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 23:01:59 ID:0EhDMGj.


    /  l ::|   : ::l/-`‐ヘ'´'         ll::|::: :!;;;;',:ク
    }  ヽ、| |l ::: ::l    ヽ    l,    /;l:|;|:::|;;;;;;;;',   義足だ!義足をもってこい!!
   ハ  /!l |;! ::::::l  ゚     - '    ./;;;:l:|;|::!;;;;;;;;;;',   俺はもう一度飛ぶんだ!
   ! V 。:::'、|;;', :::l:::ト:、   _,..-- ケ´/ノ;;;;;;l;;|/;;;;;;;;;;;;!
  ハ , イ ::::l;;;:',:::ト、l‐、ヽ、_´ ̄  ,-'´ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'、
  { `'/  :::|;;;;;ヽト、ヽ`ヽ:::`''ー‐_´‐'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
  入‐'´   .:::::l;;;;;;;;;;;;;ヽ、  ‐、:/;;;;;;;;;;;;,--'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;\
. r{ミヽ、  .:::::/!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、_ /;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;',
( ヾ、=!二フ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`';;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;',;;;',


621 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 23:02:48 ID:0EhDMGj.


         У          _/  ) / |
        〈/ 、ノ- 、 ==x  |     ノ   、   __
           Y´:.:. : : :ゝ: ノ │  :|     .〉≦/∧      ええい!クソ!面白くない!
.           |'⌒ ー‐一’ .ノ   .:|  ィ≦//////ヽ.__  いいか、見ておれ!
.          ゝ ´ ̄` ー一     彡//////////≠ .)三  今から超低空飛行の模範飛行をおこなう!
          { 、        ィ≦////////才:'三ゝイ三三
             ゝ-ー=ゥx≦////////>'" イ7777777777
             ォ≦x仆 、/////>'" ィ≦////////////
           |∧//| |\\.ィ" ィ≦////////////////
           ||/キ/:! !// ー 7///////////////////
           lj//ゞ:!_!//////////////////////////
           ///ー三三三三三`ヾ/////=≠=ヘ/////


622 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 23:03:06 ID:0EhDMGj.


                   {r{ 、 _〈__, lr}  _l::::::::::::::::::/
                  ゝ. ∨   } レ /::|:::::::::::::::/
               _ト、 ー‐ ' イ:7´::l::::::::::::::::/  おかげでどうやら出撃できそうです。
                _/::::。≧''≦:::/:::::::l:::::::::::::/   いやぁ、一晩かかって直したかいがありますよ。
            , -=ニ二::::\/::::l||l:::∨:::::::::l::::::::::/
         ∧::::::{H}::::::::::::::::://\:::::::::::::l:::::::/
        l::::\{H}::::::::::::::://::::::::》==弌[:/
        |::::::::{H}:=(=)=://::::::::/:|::::::::::::::{:|
        /::::::::{H}::::::}i::://::::::::/::::|::::::::::::::::|


623 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 23:03:37 ID:0EhDMGj.


そして彼は、辛い別れとも出会うこととなる・・・


        ,:';;;;;:;:;::.::...        ∨  クソ・・・
      i;;;;:;;:;;::.:.:.:         |   あの七十五サンチ参謀め!
       |;;;;:;:;::.:.::.:.  (;;;;)   f;;;!   まだ殺したりないのかよ!
      'i;;;;;:;:;:.:.::..      △ ,'
   、-─┴-:::.:.:....      /


624 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 23:04:02 ID:0EhDMGj.


次回・・・
                               / ̄ ̄ ̄`ヽ
                            / . : : : : : : : :.:.:l
                         / . : : : : : : : : : :.:|
                            / . : : : : : : : : : : : ;
                         / . : : : : : : : : : : : :,'
                      / . : : : : : : : : : : : : ;
                         / . : : : : : : : : : : : : :,′
                      / . : : : : : : : : : : : : :.,'
                       _ / . : : : : : : : : : : : : : ,'                  , -=-、
       /`ヽ          / / . : : : : : : : : : : : : : :,'              /⌒ヽ./. : : .:/
        l   |,r――――――/ . : : : : : : : : : : : : : : ,'                 /   /. : : : .:/
=========================================================================
.        <二二): : : :やる夫はサムライの翼を撮り続けるようです。ヽ   ̄ ̄ ̄´}
        |ヽit : : : : : :「第一部 第三章 あヽ加藤隼戦闘隊」: : : : :}_}ニニニニニニニソ
=========================================================================
.          | !     /. : : : : : : : : : : : : : :,..-''´             {__/
.          レ    / . : : : : : : : : : .:.:,.-'´
             / . : : : : : : : : :.:,.-'´
            / . : : : : : : :.:.:,.-'´
.         / . : : : : : : :, -'´
         {____, -'''´
                                     ・・・やる夫、遂に決戦の空へ


625 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 23:04:17 ID:0EhDMGj.



=========================================================================
               第一部 第三章 あヽ加藤隼戦闘隊
                        -予告- 完
=========================================================================



626 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 23:04:58 ID:0EhDMGj.

                 /)
                //
                //   ィ,7
              __」i_ ,.:/
           ,...:<::__::::ij 7/>.、
  _.. -‐- .._ r-― -f_ ヽr-‐ 、::::::::::ヽ
  '、::::::::::::::::::>::`::::‐-.....´ _ヽ_ ノ <::::::ハ
   `  -:/:::::::::::::::::::::::::::::ト`::::- _ `、ハ'-=y、 _
      ,'::::::::::::ハ::::::::::::::::::l ヽ:::::::,::`::-::、i  ` ヾy、
     r,l::/::i V  ヽ:::::ト、:::::l ヽ::::ハ:::::::ハ::::>:.、 ハb
   rf/´/:::; ' ー---   ー―-- l::::::::::ハ:::::::::::>:.、   以上です、ありがとうございました。
  ry'  ':::::l              l:::::::::::::ハ ` r 、_::::j
  d  i:::::ゝ       、‐┐    i::::::::::::::::l-fフ,f-'
  '-i、 f)、iヽ、::`lヽェ -,,_.,- -  エ,.i:::::ノ.ヘ::jt-' ´
    ヽij `ー'、r_、_,_ ./ノ^ヽ \ r_f- ´ , ィ_y´
     ー、_、 _ _  .7 .丶ヘ -`  ゝ ,.ィ_r-'
       `´`'` 7`,t、 _ ィ、ヽ/j`'
           し' r'==='l `J_
         、´,/::::::::::::::::::::Xj`'<y
         /:::::::::::::::::::::::::::tiヽ_ ィ_r'
          ` ‐-::::::___::..::::-‐´
            L/  Lj
            し'  し'


628 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 23:05:18 ID:pmJ.54AE

おぉぅアンコールがあったw 改めておつー♪

いよいよ前にチラッと出てきてた“あの”有名部隊かー。これは期待せざるを得ないね!?


630 :名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 23:05:40 ID:ATTfRNK2

もういっちょ乙でしたー


632 : ◆E0.8YDkXYc[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 23:09:00 ID:0EhDMGj.
>>627様
ご想像の通りです。
名前は、まだ秘密としておいてください。



本日の投下は、これにて完了となります。

次回投下は、未定とさせていただき、
また、改めて投下日時を連絡させていただきます。

皆様、本日もありがとうございました。






第一部 第三章 その1へ進む




第一部 第二章 中編オマケへ戻る




まとめ一覧へ




 
関連記事

ついに「彼等」が来るか
干戈交ゆる幾星霜 七度重なる感状の…
[ 2011/10/04 02:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。