合いの手カット機能実装試験中(2012/1/8分以降の記事のみ)/  

スポンサーサイト


タグ:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    前の記事『できる夫はかつては言葉をなくした王子でした 第五話「鳳凰の冠」 その4』  
    次の記事『できる夫はかつては言葉をなくした王子でした 第五話「鳳凰の冠」 その2』  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

できる夫はかつては言葉をなくした王子でした 第五話「鳳凰の冠」 その3


タグ:
235 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:36:47 ID:N4WGMYYu

短めなので、予告なしでさらっと投下します。


236 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:37:18 ID:N4WGMYYu


┌─┐
│秦│
└─┘
___                       ,,;';';';';';';';':::.、
 \:\                  ,,;';';';';';';';';';';';';';';';';';';:.
  / /> 、                 ;;';' ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';
 ./ / / 7.∧                ';;' ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';':;'
../ _/ / /.∧.:∨ ̄`ヽ          ' :、;';';';';';';';'YY;';';';';';';',.:'
  / / /./.:∧/三三 ∧                |::!
、/ /_/./: /. /   / ̄〉∧                   l::|  ,.,.,.,
/: : : :/:.:/: /   /  //:::::〉、             |::! ;';';';';';'
ヽ、 /. ∧ 《_/  //:::: ,' .∧            l∧ ./;';';';'         _  ┌──────────┐
∨:/ .,'| !:./.:/ ̄∧lヽ,/ ./::∧              ∨|/               |:[:|     ここは戦場である。
::|く_ _// i/.:/  //:∨ ./::/:/j         ,;':':':; l∧    __      |:[:|  └──────────┘
::| .:// ./|/ _//_,人.,'::/:/.∧_         ゞiイ :!::!:\ /:::j::::|   ._ .〈: :.〉     / / ̄ // ̄> 、
/ /ム/_ 〉 /!/:\  /´/./:/ /\/ ̄∧     木くノ::l:Y::|>、_i.:::|  // _|: :|_   / ̄ ̄ /\//   /  \
`: .、__/,../.:/i》― -\!.三マ_./  /  / :!=y≦三!/州/ リ`ヾ!:>i、-//、 |: : : :| / ̄ ̄ ̄!\_/ ..,/ ̄>-:、
.:。_ ,,<    ,>'’!: .  >― 、上,,≦!_!_/ :;/:リ`ヾ!_!こ  ̄>.、 :>.、 ̄ `ヾ: .、,,≦三,,イ ̄ ̄ ̄
/`ヾ ,r<>'’ ̄> 、__: . : . : .>= 、三二>-《;川ー<三>'ー<>― >、 _ ,、,、,、,、_ ̄ ̄ ̄ ̄
_ ,.>'’て ̄ ,,< ,,<彡' ̄ : .  : . : . > 、 ,、,、,、,、,、,、 :. :. :. :. :. :. :. :. :../r≦三≧=.、 \__
三≧=― -、,,<三≧∨!"'' ; :. : . : . : . : . : . : ,r ー ≦ 三  ≧= 、 :. :. :. :. `ー ==< /   / \







       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \            ┌────────────────────────────┐
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \              叔向は晋軍の陣中で、夏姫とその娘のことばかり考えていた。
  |  l^l^lnー'´       |           └────────────────────────────┘
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /



 
    前の記事『できる夫はかつては言葉をなくした王子でした 第五話「鳳凰の冠」 その4』  
    次の記事『できる夫はかつては言葉をなくした王子でした 第五話「鳳凰の冠」 その2』  

237 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:37:46 ID:N4WGMYYu

┌────────────────────────────────────┐
   巫臣が夏姫を伴って晋に亡命してきた時、叔向は10歳に満たぬ少年であった。
└────────────────────────────────────┘






                 ..‐ ¨  ̄ ¨  ‐-
              /: : : : : : : : : : : : : : : : .`
              /:  -‐= = =‐  、: : : : : : : \
             'イ∠ -‐= = = ミ  \: : : : : : : :.\
             ∠/l : : : : : : : : : : : :/ :`ヽ 〉: : : : : : : : :.\
             //_」i/-八: : : : i : :/'( : : :/. : : ,イ、: : : : : :.\
         / : : : {.:/ニ、\: :从/-=\/: : /八 \ : : 丶⌒
         !: : : Y:《仡i!ヽ )ノ抖=ミ /: / ヾ: : \ .>: : : .\
          !: :/{: :! ゞ'     弋tリ》イ: i| 〉 }: : : : : : : : : : : .\
         ヽ {八 {'''〈     ,,,,,   ノ.: :リ_.ノ : : : : : : : : : : Y⌒
           \{、ミ、 、 __  ー=彡/ . : : :ノリ: : : : : : : :八
            乂 {\    厶イ 人:-=彡' : : : : : ⌒
               ヾ  `ー‐=≦ィ彡' ¨ ̄ ̄ヾ八(         ┌────────────────────────────┐
                  ヾ-‐≠: : : : : : : : . ⌒ヽ            夏姫の名を聞いたこともなく、
                  ,ィ:ァ"   \\: : : : : : : : : . \       
               /:'/  -‐=ミ .\\: : : : : : : : : . \         邢の一家についての関心もなくここまできたが、
               ヾY       X \二二二二二二}}r― 、 
            ,ィニx√≧}ミx       .〉           |! ハ√`く \   今改めて晋に来た夏姫は何歳であったのだろう、と考えていた。
          (_三三:彡'/        .//          |!  ヽ    └────────────────────────────┘
             ̄   /        .Y/           i    マ⌒ヾ{
               j          .リ            〉   ハ   |
              /          ./         / 〉   }   }
             /____       }           /、___彡'
          ,.∠二二二.、\    ノ /              \
      _ ..⌒)' 二二二 \\\ //             }
    /  ̄ )/        .ヾ\\∧彡            /、
  r=彡)=彡 ,..-         .ヾ::У j       ,.≧=―- ... _ノ
  | ,.イ  /             }::}} |   x< : : :_:_:_:_:_:_:_:_:_: : :ヽ.
  У /  /  ,/   __ ノ/   ̄}≧´: : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
  〈  八   〃 /   /  ,.ィニニx マx/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
.  \ゝL  j  /   .イ  //: : : : ヾ:、:Y: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
     `ヾ  | ,/ /  / /: : : : : : : : :\{:、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : :.
       .}_人 /ー-、/ /: : : : : : : : : : : : ヾ:、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
               {./: : : : : : : : : : : : : : : :\:、: : : : : : : : : : : : : : : : : :/ : :}
                j′: : : : : : : : : : : : : : : : :丶\:. :. : : : : : : : : : : : : : : : .|
            ヾ:、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : : : : : : :.」





238 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:38:13 ID:N4WGMYYu


     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・               ボク
/    (●)゛ (●) \    (夏姫の父は、鄭の穆公だと聞いてるお。
|  ∪   (__人__)    |                     ジョウ
/     ∩ノ ⊃  /     穆公と同世代の晋の君主は襄公(※重耳の子)だが、
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |      いまから五代も前の君主になるお。)
  \ /___ /







           ____
          /      \
        /   _  ,_\     (生きてたら相当な婆さんじゃないかと思うんだけど、
       /   ( ●)゛ (●) \
       |      (__人__)   |    彼女はまだ生きてるのか死んでるのか…。
       \       `⌒ ´  /
        /´⌒` ̄  ̄ ` 丶'      いや、それよりも、あれほど美しい夏姫の娘が、
         |      _゙_ 、  \
        ヽ イ´ ̄ /  ヽて   〉   なぜ今まで結婚しなかったんだお?)
          l     /  r  ヽ彡'
         ヽ   /    ,ヽ  ヽ         _-‐、
         ,ィヽ      /  Y   ゝ‐-、 ──´  │
      r_-ィ__ノ_ヽ、__ノ__「___ノ______」




┌──────────────────────────────────┐
   推測だが、夏姫の娘は少なくとも二十歳にはなっているだろう。

   この時代、女性の結婚適齢期は十五歳なのだから、いかにも不自然である。
└──────────────────────────────────┘




239 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:38:29 ID:N4WGMYYu


      / ̄ ̄\
     /  ⌒  ⌒\
     |  ( ●) (●)|
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |   いよっ、どうした。
     |       |
      ヽ      /    浮かない顔だな。
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |
  ヽ ヽ.        |' }
   \ソ`ー─‐一ヾ/
     |    ij  ノ







            l|     ト、
          l |     ヽヽ.
         l |、 -‐lヽ-ヽヽ.
         ,イ 」_  | ヽ._ヽヽ    ジャキンッ
       / └-...二|  ヽ/.゙l
       l    ,. -ー\,,/. 、  l
      |   /____';_..ン、 |
     /、./´<二> , 、<二ン ト!
   / /,----─'(__人__)`ー、!     あ、すみません。
  <-‐''"|       ` ⌒´   |
    `''‐.\           /     ぼんやりしてました。
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /





240 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:38:50 ID:N4WGMYYu


   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  ( ●)(●) |    ああ、気にするな。兜は脱いでおけ。侵攻はまだ先だ。
. |   (__人__)  |
  |   \_)  |    それに遠征は長引かないだろ。知主は戦をよくご存知だ。
.  |         }
.  ヽ        }     かたちだけ秦に攻め入って、さっさと退くはずだろ。
   ヽ     ノ
   /    く






┌─────────────────────────────────────────────────────┐
   知主(荀オウ)は、34年前行われた、晋と楚の戦いの最中に、楚軍の捕虜となったことを生涯の恥辱とし、
   晋に戻されてから、その恥辱をすすぐために励んできた。気性は烈しいが戦場においては進退の呼吸を誤ったことがない。
└─────────────────────────────────────────────────────┘







               ____    ヨイショット
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   …そういえば、知主が楚から晋へ帰る前に、楚の大臣が亡命してきましたお?
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/   たしか巫臣どのとか言われる。
          /     ー‐    \




241 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:39:11 ID:N4WGMYYu



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │    巫臣どのか?
  |   `⌒ ´   |
.  |           |     そうだ、邢邑を与えられた。頭の切れる方であったそうだが。
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |







         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |   巫臣どのは当然もうお亡くなりでしょう。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    ですが、ご令室はどうなさったのですか?
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




242 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:39:31 ID:N4WGMYYu


      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \      ご令室…   ああ、夏姫のことか。
  \          |
    \       /      俺はよく知らんが。お前なぜそんなことを気にするんだ。
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|







         .____    .i^マ'フ
       ./⌒  ⌒\  レ' /
       /( ―)  (―) ./ ,イ ヽ、
     //// .(__人__) ./ 、 /ーヘ_,.ヽ,     えっと…まぁその。
     |     .´ ⌒` ./ 、\`ヽ´__ .`t
.     \      .../   ヽ r'´_}__,   {
            ./  {'T /`7/ _,ノ  !
          .-'     `7'/ヽY´   |




243 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:39:51 ID:N4WGMYYu


          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |    そうか。
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /    晋都を発つ時から何か考え事をしていたようだが、もしかしてそのへんが原因か?
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ     なんだ。思うことがあるなら言ってみろ。
      | |/|     | |






       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \    その…夏姫の娘を妻にしたいのです。
 |     'ー三-'     |
 \              /






   / ̄ ̄\     ノし
 /   _ノ  \     て
 |    ( ○)(○)    (
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }     おまえ!
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、




244 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:40:16 ID:N4WGMYYu


            | | |

          / ̄ ̄ ̄ \  ペコッ
        /       . \
       /   \   /   \
      .|   (ー)  (ー) .  |    ですが、それには兄上のお許しが要りますお。どうか。
       \    (__人__) .  /
        /    `⌒´    ヽ






   / ̄三\
 /;;;; _ノ 三 \
 |;;;;;;;   ( ○)(○)
. |;;;;;    (__人__)
  |;;;    ` ⌒´ノ     ……
.  |;;;;        }
.  ヽ;;;       }
   ヽ;;;l    ノ   (俺はかまわんが、母上が何というか…。いや、親の仇のごとく、大反対するだろうな。)
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)





245 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:40:26 ID:N4WGMYYu



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)     …夏姫の娘なら、さぞ美しいだろうな。
  |      |r┬|}
  |      | | |}     俺は構わんが、帰ったら母上に許しを得てくれ。
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ      先方に申し込むのはそれからだ。
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、














                    ●


                    ●


                    ●



246 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:40:45 ID:N4WGMYYu



                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  ||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||.羊.||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴||.舌.||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬||__||
  ___________|   |││││││││││││││││|    |____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││|    |\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││|    |/\/\/\/\/\/\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄










  , -―‐ 、  __
     , -―‐ァ=メンー―`、ヽ
    /  / //´ ヽ、ヾ  ヽヽ
      /  ,/从   !ノノリヽ  ヘ',
      l ,/(○)リノ(○)  ',   !l
       li !`'''    `'''   リ  !l      怪我もなく、兄弟そろって無事に帰着。
       li !         /'  ハl
       ヾハ; ; .トエエエイ;  イ 〃 .l       なによりですわ。
       ヾ`ゞ ,_ ; ; ≦ イ〃 |
         トゝ{ニOニ(ノハ | ! il      それで話というのは。
         |i iく_ハ,,/ rイ ! l il
        _リ _!ノ ...../ /::::lリ l ハ、
        <(    <ニ>:::ス、_ハヘヽ
         '-' ̄ ̄'-' ̄ ̄"




247 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:41:10 ID:N4WGMYYu


┌──────────────────────────┐
   夏姫の娘のことは、母を前に、実に切り出しにくかった。
└──────────────────────────┘



         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |
      \           /     実はですお……
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |                 ┌──────────────────────────┐
       |  |      /  /  |                    というのも、予てより「妻はわたしの里方から娶りなさい」
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ                    としつこく叔姫から言われていたのである。
                                   └──────────────────────────┘







┌──────────────────────┐
   意を決して告げると、叔姫の表情が急変した。
└──────────────────────┘




          ⌒ヽ〉
          . -―‐-  .
         .          \   クワッ
      /            \
     /   l∨∨∨∨∨∨ `l ヽ
     ,′ / ( ○)}liil{(○) i丶 │
     { i i  ,   トェェェェイ    i  i
     Vl \  .. \ェェ/  / l∨     な、なんですって!!!
      /\__>       イ<_/ ヽ
      /,    >l ^)ー(^|_ リ     ヽ
    ノイ ..:  γ::::lヽl□レl:::ヽ    :::i:::ヾ
    |:::::i:: ::::  l:::::,l::::|ノ|::::!::::l: ::::::: i:::: │
     |:::::l::::::  ヽ::::;ノ  ゝ;:::ノ: ::::: ::: │   ガタンッ
    .\ハ::::  ノ   ,   , 八   ;;;//
          /   /  ハ  ヽ





248 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:41:32 ID:N4WGMYYu


┌───────────────────────────────────────┐
   自分の子の中では、叔向を偏愛してきた叔姫であり、叔向もそれを痛いほど知っていて、

   母の要望にはすべてと言って良いほど応えてきた。
└───────────────────────────────────────┘




           !ノ ___ _
       /´⌒ ' ~   `ヽ      ┌─────────────────────────────────┐
      / ./ /     ヽ┛┗        そのせいもあり、叔姫は叔向に不機嫌な顔をほとんど見せたことがない。
      /( {.ノ{ ノ人ノハ )┓┏ヽ
.     { /(○)  (○) 丿   `ゝ      だが、この時ばかりは違った。口舌に毒を含ませ、夏姫の娘をなじった。
     | !            レ: : ) ,  └─────────────────────────────────┘
     i. !  トエエイ     リノ_勹 : : : : : . ヽ
.     i 、ヽ         ノ//: : : :.ノ⌒ヽミ    シレイ
      iハヘ _   __ ノ勹/: : : : ノ         子霊の娘など!!!
        (⌒匚0勹 ⌒/-----~
      //| ヒハヽ 〉 |
      ヽ ヽ.个ー ー'  ヽ





┌───────────────┐
   子霊とは、巫臣の通称である。
└───────────────┘






               ____
           /      \
          /  ー) (ー  \    (なぜそのように……
        /  ,(●)  (●),  \    邢主の家を頭から軽蔑するのかお?)
        |      (__人__)    |
         \     ` ⌒´   ,/  ムカッ





249 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:42:09 ID:N4WGMYYu


┌────────────────────────────────────┐
   あえて叔姫にさからう気はないが、まともに口気の毒を被ったままでは堪らない。
└────────────────────────────────────┘


       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   …母上の里方は厳格すぎて、ちと懲りましたので。
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /
  /           \





          ┌─────────────────────────────────┐
             と、父の美妾が家に入った時のことを思い出しつつ、ちくりと切り替えした。
          └─────────────────────────────────┘






                             | ̄|.
                             |  |
                          ____,|  Lニ= ┐
 / {∧  /|斗┤ /:,,__|/ヽ ト、 \、 ヽ \ |___  __..  |  「 / rー;
./ /::::ヽ/:::::::::::|/:::::::::::::`ヽ}/:::::\} }   l  ヽ  ヽ |  |  | |  |/ |/ /\
  ,'::::《 )》::::::::::::::::::::::::::::::::::::《( 》: 从   |    ',  ', | |   ||     /.. -''"
∨:::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::::::::}  |     l  l V   |/     /'"
:::::::::::::::::::::.        ::::::::::::::::::::::::::| /    |  |
::::::::::::::   ____    ::::::::::::::::::!/l    |  |
      /エエエエエエ|    :::::::::::::〃 |     |  |
       /  /    |        /  ,'  ト、 |      なっ、なんですって!?
=== 、/ /.       |          /  /  ∧ }|
   ̄` \{      |       / ,イ   / ノ.|
      \\.      |       //〃   厶 ′ |      懲りたと言うなら子霊の妻は、三夫一君一子を殺して、
       \\.    !         /   /  |  |
        \\.__}        イ   ハ   l  l      さらに一国両卿を亡ぼしたではありませんか!
          ヽ ',    〃ヽ //  ,' l   l  l
           } }    {l _}く|/  /  |   l  l      これこそ懲りねばなりませんわ!
           l├─ーく{´  ヽ /   |  l  l







┌─────────────────────────────────────┐
   と、舌鋒すさまじく夏姫の悪評を並べ立てた。

   この叔姫の言葉を補足するなら、某やる夫スレ、あるいはぐぐるなど参照されたい。

   宮城谷氏著、『夏姫春秋』もおすすめである。
└─────────────────────────────────────┘



250 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:42:39 ID:N4WGMYYu


\_人_人∧从_人_∧_人_从_//
 )                  >
< くどくどくどくどくどくどくどく >
 <                 (
 /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^



                /  ̄ ̄ \
               /ノ  ヽ__   \
             /(―)  (― )   \
             |.  (_人_)   u |       ┌────────────────────────┐
                  \   `⌒ ´     ,/          『天、美をここに集めたり』
              /         ヽ            叔姫は夏姫について、そう評した。
             ./ l   ,/  /   i            口の悪いこの母が言うだけに、かえって信憑に足る。
             (_)   (__ ノ     l            叔向はそう思った。
             /  /   ___ ,ノ         └────────────────────────┘
             !、___!、_____つ






┌──────────────────────────────────────────┐
   この後も叔姫は、いかに美女が家を亡ぼすものであるか、というのを故事を引いてまくしたてた。
└──────────────────────────────────────────┘








                        \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                         )                  >
                        < くどくどくどくどくどくどくどく >
                         <                 (
                         /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
     ____
   /      \
  /         \
/           \    (本当に母は学問好きだな。)
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |                  ┌─────────────────────┐
.\ “  /__|  |                     ここまで言われると最早感心せざるをえない。
  \ /___ /                   └─────────────────────┘



251 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:43:13 ID:N4WGMYYu


┌────────────────────────────┐
                  ユウジョウ ゲンサイ
   例えば太古の美女である、有仍の玄妻の話は初耳であった。
└────────────────────────────┘




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                __ ,. -  、  , -- 、
        ,.  - 、 ,. '".:.:.:.:.:.:く.:.:.:.:.:.:.:.`- 、.:.:.:.:.:ヽ
      /.:.:.:.:.:.:.:.:'    .:.:.:.:.:.:'、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:ヽ.:.:.:.:.',
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:  /   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:'.,.:.:.:i
    ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.: /      玄妻:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',.:i.:.:.:.!   ┌────────────────────────────┐
     i .:  ..:.:.:.:/    ..:.:.:.:.:.:.:.:,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.i.:!.:.:.l      有仍の国の君主には娘が居て、
    l ,...:.:.:.:.:/.:, イ.:.:、.:.:.:/.:.:./ !.:.:.:./ヽ/ヽ.:.:.:.:ト'.:.イ
     /.:.:.:.:.:.:.'.:´.:..!.:.:.:.:`/! メ、  !.:.:/ イilヽ、 i.:.:.:/.:.:.:.:',      彼女の髪は鏡にできるほど黒く艶があり、豊かで美しかった。
   /.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:._j.:.:// i ノ! ` レ'  l'il } !ヾ'.:.:.:.:i.:.:.i
.   i.:.:.i.:.:.:.:.:./´ヾ 'ヾ l l j       `' '`lノ.:.:.:.:.:.l.:.:.:!     それ故、玄妻と名づけられた。
.   !.:.,l.:.:.:.:.:.!   ',  'ヽ `゛    ,   /.:.:.:.:.:.:.:.:lヽノ  └────────────────────────────┘
    レ' l.:.:.:.__l    i` ー 、    r―,  , ィ'.:.:.:.:.:.:.:.:./ '
     ヽノ ヽ、   l、  ,ト、` ー -- r' ヽ i.:.:.:.:,イ.:/ 
     l'    i`   ヽ-‐'´ ̄ ヽ !`ヽ `ヽ/ '                丶 l
    r'  i   l      _ _,.. ィ'  l、 /l-- 、                ,,.. - 、! L... ,,_
   ヽ ! l   l _ , イl !  ,イ ヽ   l'  !                , ''~         ヽ
    ヽヽ__ーr‐ '                            /    伯封     ヽ
                                      /    /!. ,ヘ、      ';
                                      !    /_l l 'ヽ ̄、   l
                                     l 、  /" l. l  ,-=ヽlヽ ,..、j  _,,,
                                     ヽ!ヽ !,.'rィレ'   lイl. l リ ' l‐''ニ-'
                                       ヽj l lイ!   ゞ' '' ,-'/
                                        ヾ!丶`"・ __ .   /'~
                                         丶、    _,./l-_=、
                                           ,二ユi'",. -'"   l





252 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:43:25 ID:N4WGMYYu


┌──────────────────────────────────────────────────────┐
   彼女は嫁して伯封という子を産んだが、その子は豚のように貪欲であったため、有窮国の后ゲイに滅ぼされた、というのだ。
└──────────────────────────────────────────────────────┘




_    ,、-'t,,、-、_/|                              、   ,,,,,,、-'"t     ..:::::
)  ̄ ̄        /                   、,,ni、rj、,,r、,     r' ~~~     `'ー'| .:::'' ..::::..'''::
  の 歴 真 こ 了                 (レ'"     ~''-,   i'~  后 屠 最   |.::: ,ry'''i/)::
  だ 史 の の  |                 ,{''` ,,, ,, ,,,,、 从  イ,  |  ゲ る 強   |r'Y ノ./ー,' ::
  //  は 強 后  |                ミj,ミ、,iツ(Y、iirリイ''ノ、,}  ノ  イ 者 の  |,ノ''リ ノ ,,r ::'' ::
 ・・   始 者 ゲ  |                'i ミ' ::~'':'、iir''イ"''〉"リ  |  // の 北  |{ ~j .リ__ i ,,'~'i ::
     ま の イ  〉                i{,i| ;;、ti;(从ノ,_,'、''j,,イ ノ  ・・.  名 斗  | ー',,"-ー't(  ', ::
     る    よ  ,>              ,r/ヽ't`""'ミ|~ミ''''''"イ)/ー-ヽ     は を   〉}  ,、 ''~  / ::
          り /   ,, 、、、、,,、r-ー――r―';/'"i |t " 、,j,/" ''/イヽ' 、;;;;i          /'i/)ヽ'"  r' ::
          _( ,、-'"::::::::::::::::~' 、''"""''ヽ|;;;;'i ,、'":ヽ ー==- ,i':::リ;;;;;)'ヽ,|        ,、-'./ー,':::::  / ::
        _)  (;;;:::::::::: ::::::::::::::::~'ー、三ーヽ;;t  ::::::'、"、~ /:: ::リ|ii;;;| ,t|,、-'),、-―、/'リ ノ ,,r::: / ::
~'''''i  __(    ,r'~'''''ー- 、、;;;;;;;::::::::::ヽ,三=::;ヽ ::::: :'''''''":::''::: :::リ;;;;ヽ"::ヽ ,ry'''i/) ~j .リ__ i ,'~'i ::
  |/        iリ ::'"    ::::: ::::,~ー、 ,、ー、 ,i;;`'、;;;;,、、、、 , -、 ,ー、;;;;;;|ir ,r'Y ノ./ー,''. ー',,"-ー't,i  i ::
       , ー、 ,,、ー、:::   ::r'''i  /、,,,ノ/、, ノ:::::,,、 、;;r'~'i /、,,,ノ/、, /~)リ ,' ,ノ''リ ノ ,,r~''"} :::,、 ''~ / ::
   r'''i  /、,,,ノ/、, ノ:::::,,、 、:j ;;イ. /,,, //, ,r",、 '~ ノ;;j ;;イ./,,, //, /,、/;/ i ー{ ~j .リ__ i ,'~'i /:::: r' ::  r''ヽ
   j ;;イ. /,,, //, ,r",、 '~ ノ:i、,-tj r'''レ::~'/,r'"、,、 '";;;;;j、-tj r'''レ::~'/ /;ノ'=i -' ー',,"-ー't,i  ',、 ,、-'" r''ヽr''ヽ( ヽ
   i、,-tj r'''レ::~'/,r'"、,、 '"::::,〉ー' ー'' 二,,,,,,'ーリ ー(、,,,,iー' ー'' 二,,,,,,(~ ヽ,,ノ ~''"}  ,、 ''~ /''";;; ,,ti''ヽr''ヽ, ヽ
   ,〉ー' ー'' 二,,,,,,'ーリ  :::::j ~'''''''""  ,,,、-~ノ    j ~''''''"" ,,,、-イヽ ''||   ヽ /   r'::::::, '( . '、 ''t,, ', r 、',
 ,r"j ~'''''''""  ,,,、-~ヽ ::::::::/:::  :::::~'''~   ヽ-("~,)/:::  ::::~''~  t /、(:、,,,,ソ、、 ,、-"::,、 '"  ヽー',〉-.〉 |.| .i
,、"'/:::  :::::~'''~   ア~'Y'"~_,) ),,;;;; ,,,;;;  ,',,,,、ー'"   t,,;;;; ,,;;; ,,、 '"'、;;;;`''ーー,、-'":::,,、 "_、,'''' 、 {ー ''ー t,,,,ii'ー|:
: 从;;;;;;;;,,,,,,,;;;; ,,,;;;  ,',,,,、、ー'"~'ー-- ーヲ''''ヲー'i ::::~'ー-- ーヲ''''ヲ'" '、,,,,,, ,、-ー'"::::::,、'"  (  ' 、,,,、''~ ~'''''ー、  :
:ヽミ;;`'''ー--- ーヲ''''",('''"(~'ー---ー''''"-'"从:::' 、;;;;;;r、;;;;;; 、-'"'ー 、~'''''',、 '":::::::::::,、 '"    `'-、   ~';;、 '' リ:: :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




253 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:44:04 ID:N4WGMYYu


     ____
   /      \
  /  ─    ─\     (母上はよほど豚がお嫌いなようだ。そういえば鮒を豚と言って嫌うのも、
/   (=・=)  (=・=)\
|       (__人__)    |     この故事があったためなのかもしれないお……)
\      ` ⌒´   /









        __
     , '´'" _ ` `ヽ、     \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
    /  ,ィ´ィ, ` ヽ、 ヽ      )                  >
   l   ハリl人l  ノリl  l    < くどくどくどくどくどくどくどく >
    |   | (O) `´(O)リ ||     <                 (
   l l ll゙゙゙     '''l  ll     /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
   ! ヽゞ、 ェェ、, イノノ/
    | (  l>(l)、lY/ |
   // l ' >イl,Kヽl  ヽ
  //  〉´   `l 、 ヽヽ
  l l /      ヽ l ヽリ
  ヽl、|       ヽl、__lリ
    l、_ _, _  _,/
     l`|  `~「ノ





┌───────────────────────────────────┐
   叔姫の舌は止まらない。
   カ  バッキ ショウ ダッキ    ホウジ    リキ
   夏の妺嬉、商の妲己、周の褒姒、晋の驪姫などは、叔向も知っている。
└───────────────────────────────────┘



254 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:44:26 ID:N4WGMYYu



.       /  _, --- 、_     _____
      / , -- ――>― ` ー ´      `   、
      /イ´  /   ヽ、_`ヽ、_         _,ヽ
.      | {  /   /   /   /ヘ==ュニ--- ―\
.      | | / /  /  /  / rイ//::::::}.   |\ ヽ ヽ   ヽ
      l / /  /l ///イ/::レ:/:::::::::ヽ   l::::ヽ ハ  } l  \
       リ/!   / | {〃j .リ<○>:::::::::::::::ヽノ:<○>}l:::', | |   ヽ
        j {  /l リ.}::::::::::::::::.. ___  .:::::: ̄::リ:::l /l /    ',    良いですか!?
        人 | { ∨:::::::    /エエェェェコ  .::::::::::ノ::::}l l   } l
        / ヾl へj      / _ -―-、|       / l. |   | |   ユウブツ
.       〃  | |  ト、    /        |   u   ノ/}/   | |   尤物は人を惑わすだけですよ!
       l {  人ト、_i    /       │   -≠7 /   | |
      j |  | ヽ人  /エエエエェェェェェ |       /-メ|    メ/    徳義に篤い人でない限り、災難に遇うことになるのです!
       l  |  メ \    ̄ ¨ ー‐‐-┘   / ヽ_/  //
        ヽ、レ´ \ ノ ヽ _        イ   //  /|








                 |ヽ/|_
          ___   .\   /
         /     \   |__>
       /   \ , , /\        カチン
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |
     \       ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \           ┌───────────────────┐
                                 それが叔姫のしめくくりの言葉だった。
                              └───────────────────┘




255 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:44:52 ID:N4WGMYYu


┌───────────────┐
   尤物、とは美女のことである。
└───────────────┘



      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \     (母上は僕を、徳義に薄いと見ていたのか…)
   /  (○)  (○)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /          ┌─────────────────────────────────┐
  /           \             徳義とは、道義、あるいは倫理と言い換えても良い。人の道のことである。
                          └─────────────────────────────────┘







┌─────────────────────────────────────────────┐
   常々、人の道に外れたことだけはしたくないと思って生きてきた叔向は、この皮肉に驚き、怒りを覚えた。
└─────────────────────────────────────────────┘




                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\     (ただ夏姫の娘をもらいたいと言っただけだお!
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                  |     ` ー'´  u   |    なのに、なぜここまで嫌味を受けねばならないんだ!)
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ   グッ
                               (〈⊃  } }





256 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:45:15 ID:N4WGMYYu


┌───────────────────────────────┐
   自室に戻って一人になっても、顔の火照りはなかなか冷めなかった。
└───────────────────────────────┘



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\    まったく。母のような人を妻にもらえば、男は長生きできないお。
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ









     ,..¨ ̄ ̄¨丶
    /        \      母に言わせれば、世の中の美女という美女はことごとく家を滅ぼすものになるが。
   / ヽ、:::::::::      ヽ,
.  /( ●):::::::::::, -‐    i     では、聖王と言われる商の湯王や周の文王の妃はどうだったんだお?
  i     ::::: ( ●)     |
  \ (_,、           /     美女ではなかったのか?
   \ ` ‐'    __/
    /         \




257 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:45:31 ID:N4WGMYYu


        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \
   /   (●)  (●)   \      見方を変えれば当時の王朝に対する反逆者でもあった彼らの徳義とは、
   |      (__人__)     |
   \     ` ⌒´     /ヽ     一体なんだったんだお?
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          {;;;;;;;}
           L;;;;」










| ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
| ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
| ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
| ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
| ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
| ├―┼―┼―┼―┤ ||  |  /
| ├―┼―┼―┼―┤ ||  |    コンコン
| └―┴―┴―┴―┘ ||  |  \
| ┌――─────┐ ||  |
| l_________,| ||  |
|___________||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




258 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:45:50 ID:N4WGMYYu



     |┃三   / ̄ ̄\
     |┃三 /  \,_.  \
     |┃  (●)(● )    |
     |┃  (__人__)      |
 ガラッ .|┃  ヽ`⌒ ´     |    よう。
     |┃   {         |
     |┃三  {        /     …不首尾らしいな。
     |┃    ヽ     /
     |┃  .   ン    ヽ
     |┃三   /     |
     |┃(⌒二_/|   . |







      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \




259 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:46:09 ID:N4WGMYYu


           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
          |   ( ●)(●)    よっこらしょっと…
          |    (_人__)
          |      ` ⌒´ノ
          |           i     しかし、お前が夏姫の娘を、とは驚いただろ。
            >         ノ
        /´⌒` ̄  ̄¨ ` <
         |       _゙_.、   \
        ヽ, イ´ ̄ /  ヽて   〉
           l     /  r   ヽ彡'
           ヽ   /   ヽ   ヽ         j ⌒l
         ,ィヽ      / Y   ゝ-、 ──´  │
      r_-ィ__ノ_ヽ、__ノ__「___ノ______」








           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ    ……
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\




260 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:46:30 ID:N4WGMYYu



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)     邢主は楚で生まれてるから、楚人とも見られてるだろ。
  |      |r┬|}
  |      | | |}     それに夏姫のこともあって、少々敬遠されてる家だ。
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ      お前は夏姫の娘をどこかで見たのか?その娘は本当に邢主の妹だろうな?
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、








..      ____       ┌───────────────────────────┐
     / ―  -\         鮒が突き止めてくれた、と言おうとして顔のほてりが冷めた。
.  . /  (●)  (●)     └───────────────────────────┘
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |     !
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ





261 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:46:57 ID:N4WGMYYu


┌────────────────────────────┐
   叔魚はあれくらいの嘘は軽くつける男だ。

   自分が市中で見た女が、邢主の妹という確証はどこにもない。
└────────────────────────────┘






           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |    わ、わかりませんお……
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;






┌──────────────────────────────────┐
   そう思うと、胸の中で張り詰めていたものが音をたててもろくも崩れていった。
└──────────────────────────────────┘







262 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:47:17 ID:N4WGMYYu


┌───────────────────────────┐
   その日以来、叔向は夏姫の娘のことを口に出さなくなった。
└───────────────────────────┘



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (─)  (─)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \








            〃´⌒ヽ
.     , -――  メ/_´⌒ヽ       ┌────────────┐
   /   / ̄  ´ヽ ヽ            叔姫は機嫌を直した。
.  /  ,  /// ト. !  、 丶ヽ        └────────────┘
  l  / /(((リ从  リノ)) '
  |  i  l (⌒) ヽノ(⌒)V l
  l ,=!  l //     //l l
  l ヾ! ', l   トェェェェイ  l l    キルッ
  |  ヽヽヽ  \ェェ/ //
  l    ヾ≧ , __ , イ〃
  li   (´`)l {ニ0ニ}、 |





263 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:47:39 ID:N4WGMYYu


┌──────────────────────────┐
   だが、叔向は家のなかで口数少なくなり、笑わなくなった。
└──────────────────────────┘



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::..:::::|
:::::::::::::::::::::/       \: .:::::::::::::::|
::::::::::::::;/   ヽ、     ヽ.:::::::::::::|
::::::::;:::(ー) (ー )      .ヽ:::::::::::|
:::::::::::| (__人__)'       i:::::::::::|
::::::::::: \_.       ⌒ゞ'´:::::::::::::|       ┌─────────────────────┐
:::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ /  |::::::::::::::|          叔姫に対して、心の中で盾をかまえたのだ。
::::::::::::::::::::(つ/_/ / \.|::::::::::::::|       └─────────────────────┘
:::::::::::::::::::(____/   .ヽ::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::;;;;/ /  \  ._丿::::::::::|
:::::::::::::::::::(__ (___):: ̄: :: .:::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,.. .. . ..,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        ┌─────────────────┐
   ..;.: ..,,:;:.,,;:;.:;.;.:;::,.:;:;.:;:;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;           もう夏姫の娘に対する執着はない。
        .. .,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;:;:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        └─────────────────┘
           、 ヽ        /j: : |/
            \`二¨¨ ´  /  从/l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





264 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:48:17 ID:N4WGMYYu


┌─────┐
   だが。
└─────┘


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      l / /  /l ///イ/::レ:/:::::::::ヽ   l::::ヽ ハ  } l  \
       リ/!   / | {〃j .リ<○>:::::::::::::::ヽノ:<○>}l:::', | |   ヽ
        j {  /l リ.}::::::::::::::::.. ___  .:::::: ̄::リ:::l /l /    ',
        人 | { ∨:::::::    /エエェェェコ  .::::::::::ノ::::}l l   } l   徳義に篤い人でない限り、
        / ヾl へj      / _ -―-、|       / l. |   | |
.       〃  | |  ト、    /        |   u   ノ/}/   | |  災難に遇うことになるのです!
       l {  人ト、_i    /       │   -≠7 /   | |
      j |  | ヽ人  /エエエエェェェェェ |       /-メ|    メ/
       l  |  メ \    ̄ ¨ ー‐‐-┘   / ヽ_/  //        ___
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ./::::::::::::::: \━━━━━━━━━━━━━
                                        /::::::::::::::::::::::::::::\
  ┌────────────────────┐     /::::::::::::::::::::::::::::::   \
     あの母の言葉を許すことが出来なかった。       .|:::::::::::::::::::::::::::(ー) .  |
  └────────────────────┘     \    (__人__) .  /
                                       /          \





┌───────────────────────────────────┐
   叔姫の言う『徳義』とは、彼女の育った家に根ざす思想から生じるものだろう。
└───────────────────────────────────┘



             / /´ ̄ `ヽ
       ,.  -──f≠-=== 、
     /          ` ヽ \
    '   /          \  、
   / / /              \!}
  '  i /   / /   ヽ        ヽ
  :!  |   /イ i 」|  !| ,ト !    ヽ
  :|  | |  !/T了 !|ヘ }ル'T7| | i !  !| !'|i
  ::i  } !  {イf´ |`ヽ V 1´ ト ! /リ |  |リ |!
  :!  ハ  ト、辷j    辷リイ /イ| /
  :|  j |       ,   / !  }'!/
  :::!. /ハ { ト、  トェェイ   イ | / ′
  :::|/ , ヘヽL__>  _ ,イ !  !イ!ハ
  :/ イ ! |\   ̄`Y´| ! | /  /i \
  / /  __r-- 、 r、 _|_」__ノ    |   ヽ
 :r'-< ̄ヽ r‐´ (\ヽヽ、 `ヾrL__!   
 !   ヽ. |i ヽ fr\ヽ  \」! |  !
/}     Y |i  〉' ヽ,_    ヽi  ヘ
 ! -  ヽ-、 L__  r介ヽ_  __」   ヽ



┌──────────────────────┐
   だが、羊舌の家には羊舌の家の徳性がある。
└──────────────────────┘



2 : ◆X0w9eXOmmQ [sage] 投稿日:11/10/13(木) 17:54:09 ID:N4WGMYYu


        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \   (僕は母から生まれた。それは違いないが、僕は羊舌家の考える徳に従って生きている。
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /    それが母とは相容れぬのだな…)
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ




┌──────────────────────────┐
   自分の母ではあるが、外の人として感じた瞬間であった。
└──────────────────────────┘





..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |    (そうだ。あのとき、父は羊を村人に返せばよかったのだ。)
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ             ┌──────────────────┐
                                思い返すと、叔向は妙に悔しくなった。
                             └──────────────────┘









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.   ____  どうぞ、我々の気持ちです。この羊をお納め下さい。
   | |・∀・| /⌒⌒ヽ
   | |\  |`イ  ノハぃ)
.  (( |_|_ィ⌒`」 ∥' 、 ソ|   <メ、メエェ~
    ノ と、_入`_,つ羊 う                              ____
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━/      \
                                           / _ノ   ヽ_    \
     (父の、断固たる姿を僕らに見せてほしかったお。      /( ●)  ( ●)    \
                                         |  (__人__)       |
      あの時母の助言に従ったせいで、              \ ` ⌒´       /
                                          /  ー‐      ヽ
      羊舌家の徳性が歪んだんじゃないのかお?)        /            `







3 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:54:34 ID:N4WGMYYu


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\     (それに鮒を産んだのは紛れもなく母上だが、
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     あのひねくれた性質を正そうという努力もしないで、ただ嫌って遠ざけるばかり。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |       それは正しいとは言えないんじゃないかお?)
.\ “  /__|  |
  \ /___ /







         ___
        /     \      (羊舌の家の家風は、直心を持ち、直行を好む。
      / \ , , /  \
    /  (●)  (●)   \    その家風を尊重して栄位を得るのは理想ではあるが、
     |     (__人__)     |
    \     ` ⌒ ´    ,/    たとえ零落し、あるいは死しても構わないではないかお!)
     ノ          \
  ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ
 ( l  l  l  l l
  ヽ      /





4 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:54:59 ID:N4WGMYYu


          ___
         /     \
       /         \
     /     \ , , /  \    (僕は次男だお。
      |      (ー)  (ー)  |
     \  u.   (__人__) ,/     家督がどうの、などは考えなくともよい…)
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /









         ___
       /     \
      /   \ , , /\      いいだろう。
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |    母の嗤う真っ直ぐな生き方を、羊舌家の徳性を貫いて、
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ    見せ付けてやるお!
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l




5 : ◆X0w9eXOmmQ [] 投稿日:11/10/13(木) 17:55:15 ID:N4WGMYYu



                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ   \キルキルキルキルキル……/
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  ||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||.羊.||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴||.舌.||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬||__||
  ___________|   |││││││││││││││││|    |____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││|    |\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││|    |/\/\/\/\/\/\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





6 : ◆X0w9eXOmmQ [sage] 投稿日:11/10/13(木) 17:56:23 ID:N4WGMYYu

今回はここまで。

それではまた。


7 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:11/10/13(木) 18:44:50 ID:17uPN6Uw

乙です

世渡りには母親みたく知恵を巡らせたほうがいいとはいえ、やる夫みたいな態度は清々しいよなあ
ただそれができるのも、次男で妻子を持たないからってが大きいわな


8 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:11/10/13(木) 19:09:04 ID:t68LAdRe



淀君と話し合いした加藤清正や福島正則もこんな「やってらんねー感」を
味わったのかな?

10 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:11/10/13(木) 20:42:48 ID:82FggeP2
乙でしたー

>>8
今は淀殿はむしろ対徳川和平派で、強硬派だったのは秀頼とその周辺だったと考えられている。


11 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:11/10/13(木) 22:36:32 ID:DuhQ0/a2

乙。

自分の価値観以外は認めない傲慢さがあるんだよね。
叔姫って






第五話 その4へ進む




第五話 その2へ戻る




まとめ一覧へ




 
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。